2012年06月01日

韓国の歴史捏造を止めよう! 署名活動に参加のお願い【追記あり】


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



ご存知の方もおられると思いますが、


去年、アメリカ・ニュージャージー州パリセイズ・パーク市に慰安婦記念碑が建立されました。


その碑がこれです。↓


 a-ianfumondai12-2.jpg

 a-ianfumondai12-3.jpg
     画像はネット上からお借りしました。


この碑には「日本の帝国軍人により強制的に連行,拉致された20万人の韓国人女性が性奴隷として働かされた」という内容の碑文が入っています。


これは明らかに捏造であり、根拠のないウソです。

 慰安婦に関する関連過去記事はこちら ↓ をご覧下さい。
  「従軍慰安婦」の真実を知ってください
  「私が見た従軍慰安婦の正体」〜小野田寛郎〜


しかし事情を何も知らない外国人がこの碑を見た時に、捏造であるとは思わないでしょう。


韓国系米国人の団体の働きかけで この碑が建立されたとのことですが、


許可なく無断ではこのような碑を建立できるはずはないのです。


つまりニュージャージー州、あるいはパラセイズ・パーク市が許可を出したということなのです。


NY韓国人会「従軍慰安婦追悼碑を続々と建設予定」
米ニューヨーク韓国人会は10日、米ニュージャージー州パラセイズ・パーク市内の公立図書館に設置された旧日本軍従軍慰安婦の追悼碑の前で行われた糾弾声明を通じ、
追悼碑をニューヨーク市内をはじめ、米国各地に続々と建設していくことを明らかにした。
韓国の複数のメディアが報じた。

ニューヨーク韓国人会は集会で「アメリカの他の地域の韓国人たちと一緒に、日本帝国主義の歴史的蛮行や虐殺、そして自らの過ちを反省していない厚顔無恥の姿を世界に知らせていく。
そのため、第2、第3の追悼碑建設を推進して行く」
と明らかにした。
また同会は「ニュージャージーに続いて、ニューヨーク、コネチカット、ロングアイランドなどにも記念碑を設立し、日本の反人権的行為を告発。米国と世界の平和の重要性を知らせて行く」と説明した。

同会は「日本軍強制慰安婦問題は、米国をはじめとする国際社会が認めた事案なのに、日本の政治家らが過去の罪を否定し、追悼碑の撤去を主張することは反人権的な行動」だとし、日本政府の公式的な謝罪を要求した。

一方、韓国人有権者センターでは、慰安婦決議案通過5周年を迎える7月31日までニューヨーク市のフラッシングなど米国の3つの地域での追悼碑建立を推進している。
フラッシングの韓国人街は、米国で初めて慰安婦を追慕する名前の付いた道路ができることでも注目を集めている。

韓国人有権者センターに続き、ニューヨークの代表的な韓国人団体も追悼碑の支援に加わったことは、日本政府の追悼碑撤去外交への民間レベルでの対抗に、いっそう弾みがつくものとの見方を示している。

   ニューヨーク韓国人会「従軍慰安婦追悼碑を続々と建設予定」 サーチナ


ニュージャージー州だけでなく 他にも慰霊碑を建立する計画があるというのです。


そしてニューヨークシティ・マンハッタンの道路に「慰安婦通り」という名を付ける計画もあるとのこと。


それだけでなくニューヨーク州の韓国人会が旧日本軍の従軍慰安婦被害者を追悼する切手の発行を推進しているニュースもあります。
 ニューヨーク韓国人会 慰安婦追悼切手の発行推進 総合ニュース


これだけではありませんよ。


韓国系団体が29日付の米紙ニューヨーク・タイムズに、


「慰安婦に心のこもった謝罪をしなければならない」という内容の全面意見広告を掲載したそうです。

     a-ianfumondai12-1.jpg
      画像はこちらよりお借りいたしました。

「覚えていますか?」と題した広告は、1970年に西ドイツのブラント首相がワルシャワのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)慰霊碑前でひざまずいている写真を掲載し「この行為は、ドイツが世界との和解を真摯に請う象徴となった」と説明。
「日本はドイツの行為から学ぶ必要がある」とした。

  慰安婦問題で謝罪要求 韓国系団体、米紙に広告 東京新聞


もう…ホントにやり放題ですよ…。


まるで日本がホロコーストをやったかののような書き方ですよね。


呆れてしまいます。


このまま放置しておけばどんどんエスカレートしていく可能性がありますね。


それによくもまぁ〜こんなにも金をかけれますねって言いたいですわ。


新聞広告を出すほどのお金があるのなら 慰安婦のおばあさんにあげたらいいのにって思いません?(笑)



過去記事に何度も書きましたが、従軍慰安婦などいませんでした!


戦時中に商売としての慰安婦(売春婦)は存在しましたが、


軍による強制労働やただ働きではなく、きちんとお給料は支払われていたし、健康管理(性病予防)も行われていたのです。


それに戦争中に慰安婦を抱えていたのは日本だけではありません!


しかも韓国に対しての戦争に関する賠償は 日韓基本条約で完結済です。


個人の賠償は 韓国政府に言うべき事です。


謝罪に関しても、日本は犯罪を犯したわけでもないのに なぜ謝罪が必要なのでしょうか。


日本は今まで何度も謝罪してきたから、強く出たら日本はおじけづく。


今回も謝罪させてお金を引っぱり出してやろう♪


そういう魂胆が見え見えです。


このことを日本人はしっかり認識する必要があります。



そんな中、この慰安婦碑に対して 日本の国会議員が立ち上がりました。


自民党の山谷えり子議員をはじめとする 4人の有志の議員さん達です。

参院議員・山谷えり子 自覚や資質養う教育再生を
今月6日(現地時間)、私はニューヨーク・マンハッタンから車で約30分のニュージャージー州パリセイズパーク市を有志国会議員と訪ねた。
公立図書館の敷地内に「日本帝国政府の軍によって拉致された20万人以上の女性や少女」などと事実無根のことが記された慰安婦碑が建てられ、その撤去を求めるためである。
この問題をめぐっては3月の予算委員会で私は野田佳彦首相に碑の記述は事実かをただした。

首相は「数値や経緯を含め根拠がないのではないか」と答弁されたが、その後、日本政府は撤去に向けた強い姿勢をとらず、在米日本人保護者たちから大きな悲鳴が届いた。
“下劣な日本人”と、子供へのいじめが始まる不安や、韓国系米国人により、日本人学校で竹島を日本の領土と記した教科書を使うのは「偏向だ」と補助金停止運動が起こる中で、日本の名誉と教育の公正、史実を守ってほしいという声である。

パリセイズパーク市は韓国系米国人が約52%に達し、市議の定数は6人で約1千票で当選できる。
副市長も市議会議長も韓国系米国人である。
私たち4人の議員団は当時の新聞や米国立公文書館の資料をもとに2時間以上にわたって市長や市議らに「軍による強制連行」の事実はなかったことを説明したが、市側は聞く耳を持たなかった。
今後も互いに資料に基づき議論をしようと別れたが、その後、記念碑撤去と日本人への国際的嫌がらせを支持せぬよう求めるホワイトハウスへの請願が私たちの行動がきっかけとなり始まっている。

歴史に対して謙虚であるべきで事実でないことの喧伝(けんでん)は慎むべきである。
日韓、日米の友好関係が脅かされ、日本の名誉が損なわれ、子供たちがいじめられ悲しい思いをすることは許されることではない。

左派の教職員組合や運動家は今も「日本断罪史観」がお好きらしいが海外の反日活動家らとの連携活動は米国や韓国では過激な形となり日本の名誉と国益を損なう。
子供たちを守り日本国民としての必要な自覚や資質を養うための教育再生に一致団結して働ける日を願っている。

   参院議員・山谷えり子 自覚や資質養う教育再生を 産経ニュース


韓国系の米国人や 永住者が多い地域にも 日本人の家族が住んでいるケースがあるでしょう。


子供達がいじめにあったり、日本人会で使う教科書に文句を言われたりするのです。


私たちの同胞が 韓国人による捏造、歪曲された歴史観で 攻撃を受けているのです。


国会議員も頑張ってくださっていますが、私たちにも何かできることはあるはず。


今、ホワイトハウスへの嘆願書名が行われています。


実は、私はこのホワイトハウスの嘆願書名には消極的でした。


TPPの反対署名や 日本海の東海呼称問題をホワイトハウス宛に署名しているのを知っていましたが、


最終的にTPPの交渉参加をするかどうかは日本政府が決定する事であり、アメリカが決定することではないですし、


日本海の東海呼称問題は 日本と韓国の問題であって、アメリカには関係のないことですから。


しかし、今回のNJ州の慰安婦碑に関しては、


アメリカ国土に建立されたものですし、


NJ州 あるいは、パリセイズ・パーク市が建立の許可を出したものですからね。


アメリカに関係のないお話ではありません。



 ぼやきくっくりさんのサイトより 署名の方法を転載させていただきます。

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

○「ホワイトハウスへの請願署名」の方法については、下記のURLにアクセスし、詳細説明をご覧ください。
 http://www.nipponkaigi.org/wp-content/uploads/2012/05/whi-H-Syo01.pdf

○ホワイトハウスの署名サイトへ http://wh.gov/yrR
 (アカウント作成は13歳以上、1人1アカウント)

○激励先・お問い合わせ先 参議院 山谷えり子事務所(TEL03-6550-1107)


 オバマ政権への請願署名の内容(仮訳)

 碑を撤去し、この問題(いわゆる従軍慰安婦問題)に関する日本の人々へのいかなる国際的嫌がらせも支持しないこと

 韓国の従軍慰安婦問題に関する誤った非難は、数十年にわたって日本人をはずかしめてきた。過去数年の間に、元々の非難の多くは誤りであるか完全なねつ造であることが明らかになった。
 しかし、この新情報にもかかわらず、合衆国は、ニュージャージー州の碑やニューヨーク州の通りの名前を以て従軍慰安婦を記念することで、元々の誤った非難に信用を与え続けている。これは、歴史的な不実を侵すのみならず、無用の人種間摩擦を起こし日系の人々を傷つけるものである。
 我々はオバマ大統領に対し、碑を撤去するとともに、この問題に関する日本人に対してのいかなる国際的な嫌がらせも支持しないことを強く求める。



趣旨に賛同される方は、何卒ご署名のほど宜しくお願い申し上げます。
同時に、拡散にもご協力いただければ幸いです。

さて署名方法ですが、当然英文ですので、初めての方はもちろんリピーターさん(前に別の案件で署名したことのある方)も戸惑われるケースが多々あるようです。

そこで、署名方法をマニュアルとしてまとめてあるpdfファイルを2つ紹介しておきます。

(1)http://www.nipponkaigi.org/wp-content/uploads/2012/05/whi-H-Syo01.pdf


 a-ianfusyomei12-6.jpg

初めて署名される方向けです。シンプルで分かりやすい図解です。


(2)http://muryo-juku.goo-fla.com/tpp/howtoWH.pdf


 a-ianfusyomei12-7.jpg

こちらは別の署名のマニュアルですが、要領は全く同じです。リピーターさんはこちらをご覧下さい。
また、初めて署名される方で、(1)の説明でスムーズに署名ができない場合はこの(2)をご覧下さい。解決策がきっと見つかるはずです。


                〜〜〜転載ここまで〜〜〜


署名の期限は6月9日までだそうです。


現時点(6月1日)の段階で、まだ1万1千ほどの署名が不足しています。


黙っていればウソが真実になってしまいます。


われわれの先人の名誉のためにも!


韓国人の主張は捏造だ!


我々も 声をあげていきませんか?


こういう署名があることをブログやツイッター、メールでお知り合いに教えていただけませんか?


賛同いただける方は どうかよろしくお願いいたします。 m(*- -*)m




       【追記】

尖閣諸島購入の寄付金が10億円を突破しました!

寄付10億円超える 石原知事「強い思い受け止める」
東京都の石原慎太郎知事は1日の定例会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)購入に向けて募っている寄付金が10億円を超えたと明らかにした。石原知事は「都民、国民の国土を守りたいという強い思いを受け止め、購入に向けて手順を踏んでいく」と語った。

4月27日の口座開設以来、6月1日正午時点で10億1048万5228円、件数は7万333件に上った。

寄付金口座は、みずほ銀行東京都庁出張所(店番号777)、普通口座1053860「東京都尖閣諸島寄附金」。寄付金控除対象。

   寄付10億円超える 石原知事「強い思い受け止める」 産経ニュース


すばらしいではありませんか!

国民が国家主権をしっかりと考え始めたということです。

今までの日本人の多くは 事なかれ主義でもあり、

今回のように音頭取りをする人もいなかったこともあって、

外国(特に中国・韓国)からは「何をやっても怒らない日本」と思われ、

その結果、外国にとって「やり放題な国=日本」でありました。

今回の尖閣諸島の寄付金は、単に金額だけの問題ではなく

「日本はもう黙ったままではいないぞ!」というメッセージを発信するものです。


寄付をしてくださった方、これからも寄付をしようと思っておられる方、

本当にありがとうございます!

まだ尖閣諸島の寄付の事を知らないお知り合いがおられたら、

ぜひ! 教えてあげてください。

よろしくお願いします!

関連過去記事はこちら ↓ をご覧下さいね。
 私たちの尖閣諸島を守り抜こう! 尖閣諸島寄付金のお知らせ

   j-senkakubokin12-2.jpg




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 07:07| Comment(50) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

日本人ならば日の丸に親近感を持たないはずはない


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



ご無沙汰しております〜〜〜。


ここ最近、ちょっと忙しくて、ブログを書くまとまった時間がなかなかとれなくて、


気がついたら1週間以上もブログを放置してしまっておりました。。。(汗)


ツイッターは気軽に書き込めるため、こちらではちょくちょくつぶやいておったんですけどね…。

  えいと@のツイートはこちらで見れます → Twitterボタン



更新が滞っているにもかかわらずご訪問くださった方、応援クリックをしてくださった方、


本当にありがとうございます! 感謝でございます〜!


今後ともよろしくお願いいたします♪



それにしても暑い!


めちゃくちゃ暑いPA州東部であります。


今日の最高気温は なんと華氏95度!(摂氏35度)ですっ。


ついこの前まで寒くて ランチはきつねうどん とかラーメンを食べてたっていうのに。


ここ数日は暑くて 冷やし中華を連続で作っちゃったですよー。


しかもこの3日ほど 毎日 Thunderstorm警報が出てて、


ものすごい湿気でありますー。ジメジメ〜〜〜


不快指数100%ちゃうのん?…ってほど暑苦しい毎日なのですよー。


で、昨日はちょっと出かけたのですが、車に乗っている最中にものすごい豪雨に見舞われましてね。


ホントに視界がほとんどなくなるほどの豪雨!


すぐ前に走っている車も見えないの!


運転、恐怖でしたよぉ〜〜〜。(えいと@夫が運転していたのですけどね。笑)




さて。


本日、アメリカはMemorial Day(メモリアルデー)でございました。


Memorial Dayとは 戦没者追悼記念日のことです。


南北戦争から現在までの米国の軍事任務における戦没者を追悼する日です。


アメリカにおいては「国のために戦った軍人」に対して多大なる敬意がはらわれているのですね。


まぁ、アメリカに限らず、どこの国も「国のために戦って亡くなった先人」に対して敬意を払うのは当たり前の事なんですけどね。


唯一 ある国を除けば…。


その、ある国とは…残念な事に我が国、日本です。


どの国であっても 戦争を含めた歴史の上に現在があるといっても過言ではありません。


何も 日本だけが戦争をしてきたわけではないんです。


戦争によって 世界中で国同士の国益のぶつかり合いがあったわけですよ。


どの国も 自国の国益のため、後世のために必死で戦ったのです。


その結果、今がある。


国のために戦争で戦い、命を落とした先人に敬意を払うのは、


けして特別な事ではなく ごく当たり前の事なんですね。


しかし、日本には 国全体で戦没者をお祀りする日がないのです。


靖国神社には戦没者が英霊としてお祀りされており、


7月13日〜16日には御霊祭りが執り行われますし、
  詳しくは「靖国神社 みたままつり」のHPをご覧下さい。


8月15日の「終戦の日」には 多くの方が靖国神社を参拝しますが、


国としての行事にはなっていないのです。残念ながら…。



私は日本が特別に愛国心がないとは思いません。


よほど強いイデオロギーがあるとか、反日活動をするために日本の国籍を取って日本人になった人間でなければ、


自分の生まれた国が大嫌い…なんて思っている国民はいないと思うのです。


オリンピックなどのスポーツ大会では 一丸となって自国のチームを応援しますし、


日本って食べ物はおいしいし、治安はいいし、いい国だよね。日本に生まれて良かったよね♪


…と、こんな風 ↑ に思っている日本人は多いと思うんです。


それなのに…なぜ 日本人は国旗を堂々と掲げる事ができないのか…。


やはり戦後の教育に問題があったことに 大きな原因があるのだと思います。


強いイデオロギーをもつ教員がたくさん存在する日本。


しかも公立の小学校〜大学に イデオロギーを持つ教員が多数存在するのです。


そういう教員が国旗掲揚、国歌斉唱の否定を生徒に強要するのです。


強要なんてしていない!…って言われるかもしれませんが、


何も教えられないのに日本の国旗や国歌を否定する子供がいるでしょうか?


大東亜戦争後の米国占領下の日本で、


GHQは「戦前の日本は卑劣な侵略国家であり、米軍は軍国主義者の抑圧から日本国民を解放した救済者」だとし、


「先の戦争に対する罪悪感」を徹底的に教え込む「自虐史観教育」が行われ、


自虐史観が日本人の心に植えつけられるようになっていきました。


GHQの占領が終了すると、日教組による教育が始まります。


日教組は戦後60年以上にわたり、


国旗・国歌反対、反道徳教育、自虐史観教育、平和人権教育、ジェンダーフリー教育を子供に教えすりこんでいったのです。


日教組教師による「平和教育」を受けた子供たちはこういう感想文 ↓ を書くのです。

「私は日本に生まれなければよかった。」
「人殺しをした日本人は大嫌い」
「僕のおじいちゃんたちは人殺しをした。こんな日本の国は大嫌いだ」

      「WiLL」2009年7月号【民主政権は“日教組政権”だ】より引用


こんな風 ↑ な感想をもつ子供たちが存在することを 英霊の知るところとなったら…


どんなに感じられる事でしょうね…?



ところで、私のブログにコメントを下さる方が 素晴らしい事 ↓ をご自身のブログ書いておられたので ご紹介します。
  実録!翔の『極楽カナダ生活』

 〜〜〜転載ここから〜〜〜

カナダ国民にとって、カナダの国旗は、とても身近なものです。
特別な日でなくても、町のいたるところに、国旗がはためいています。

学校でも、assembly (朝礼)のたびに、全員で起立して、国旗に向かって National Anthem 国歌 (O Canada)を歌います。
もちろん、僕も歌います。
僕は日本人だけど、僕を受け入れてくれたカナダに、とても愛着を持っています。

それと、僕は、どこの国の国旗に対してであれ、きちんと尊重すべきだと思っています。
ましてや、自分がお世話になっている国であれば、なおさらです。


                 〜〜〜転載ここまで〜〜〜


翔さんはカナダ在住の男性の方で 何と御年 12歳なのです。


12歳という若さで これほどしっかりとしたお考えをもっておられる翔さんを 私は尊敬いたします。



過去記事でご紹介した日の丸の由来とい動画があります。


     日の丸の由来(8分16秒)


この動画をご覧になって、翔さんがご自身のブログ「那須与一と日の丸の起源」をご紹介されていたので、転載させていただきます。

   〜〜〜ここから転載〜〜〜

那須与一と日の丸の起源について、書かれている文章を見つけたので、紹介します。
読んで、とても勉強になりました。
こちらです。→ つれづれ記 日の丸の扇(那須与一)一部引用します。

  ..............................ここから引用................................................
日の丸の扇をかざして弁慶を家来にした牛若丸(源義経)は、元暦2年(1185)2月、四国屋島に陣をしいていた平家をわずか150騎の軍勢で背後から攻めたてました。慌てた平家は船で海に逃れ海辺の源氏と対峙することになりました。戦は一進一退が続き、やがて夕暮れに近づきます。この時平家方から立派に飾った一艘の小舟が源氏の陣に近づいて来ました。見ると美しく着飾った女性が、日の丸を描いた扇を竿の先端につけて立っています。「この扇を弓で射落としてみよ」という挑戦でした。
 義経は、弓の名手那須与一を呼び寄せ「あの扇を射て」と命じました。与一は何度も辞退しましたが、聞き入れられず意を決して馬を海中に乗り入れました。このとき与一は弱冠20歳。「平家物語」では、このくだりをおおよそ次のように書いています。

 時は2月18日、午後6時頃のことだった。折から北風が激しく吹き荒れ、岸を打つ波も高かった。舟は揺り上げられ揺り戻されているので、扇は少しも静止していない。沖には平氏が一面に船を並べ、陸では源氏がくつわを並べて見守っている。(中略)与一は目を閉じて「南無八幡大菩薩、とりわけわが国の神々、日光権現、宇都宮、那須温泉大明神、願わくはあの扇の真ん中を射させてくれ給え。これを射損じる位ならば、弓切り折り自害して、人に二度と顔を向けられず。今一度本国へ向かへんと思し召さば、この矢外させ給うな」と念じて目を見開いてみると、風はいくぶん弱まり的の扇も射やすくなっているではないか。与一は鏑矢を取ってつがえ、十分に引き絞ってひょうと放った。子兵とはいいながら、矢は十二束三伏で弓は強い。鏑矢は、浦一体に鳴り響くほどに長いうなりをたてながら、正確に扇の要から一寸ほど離れたところを射切った。鏑矢はそのまま飛んで海に落ちたが、扇は空に舞い上がったのち春風に一もみ二もみもまれて、さっと海に散り落ちた。紅色の扇は夕日のように輝いて白波の上に漂い、浮き沈みする。沖の平氏も陸の源氏も、これには等しく感動した。

  ...........................ここまで引用...................................................

これは ↓ 狩野休圓が描いた那須与一扇の的の絵です。赤い扇に白か金の丸が見えます。

 j-hinomaru12-1.jpg
   狩野休圓(1641〜1717) 江戸時代の作品
 (香川県高松市公式ホームページ那須与一扇の的から借用)

ゆれている船の上。ゆれている扇の的。両軍が見守る中。
ものすごいプレッシャーだったろうなあって、想像します。僕が、クラスのみんなからの応援と期待を受けて、クラス代表としてスピーチ大会に出たときや、学校代表としてディストリクトで闘ったときのプレッシャーの比じゃないなあ、文字通り、命をかけていたんだろうし、家名のこともあるだろうし、そもそも源氏側として平家側に挑戦されて退くわけにはいかない気持ちだろうし、主君やみんなからの期待はすごいものがあるだろうし・・・って思いました。
でも、矢を放つ瞬間は、無心 になっていたのかもしれない。

平家の女人が、船首でかかげたときは、こんな風 ↓ だったのかも。

   j-hinomaru12-2.jpg
  (あでやかで美しく粋なイラストです。浮世絵風美人画から借用)

これ ↓ は、西野神社の合格絵馬です。これも、赤い扇に白い丸になってます。

 j-hinomaru12-3.jpg
   西野神社の合格絵馬(西野神社 社務日誌から借用)
   すごく、ごりやくがありそうな絵馬だなあって思いました。

こちら ↓ は、五条大橋での、牛若丸(義経) 対 弁慶 です。牛若丸(義経)が放った扇は、白い扇に赤い丸、つまり、「日の丸扇」ですね!

 j-hinomaru12-5.jpg
  牛若丸(切り絵/大西良介から借用。躍動感あふれる感動的な切り絵です。)

               〜〜〜転載ここまで〜〜〜


こういうこと ↑ を知ると日本人であるならば 日の丸に親近感を持てないはずはないのでは…?と思いますが…。


いかがでしょうか…?


nadesiko2011-1.jpg
    時事ドットコムより画像をお借りしました




       【お知らせ】

いつも温かいコメントをありがとうございます。

お返事が大変遅くなって申し訳ありません。

以下の記事 ↓ にいただいたコメントにお返事を書きましたので、お時間がある時に読んでくださいまし。

広島カープの元内野手 ルイス・ロペス選手に遭遇! えいと@夫 大興奮!
アメリカの大学院の卒業式〜2012〜
私たちの尖閣諸島を守り抜こう! 尖閣諸島寄付金のお知らせ
「従軍慰安婦」の真実を知ってください
日米友好「桜祭り」& 韓国の主張「桜祭り起源」
在日外国人の「通名」の廃止を検討すべき!〜政治家の外国人献金問題〜
近代日本の偉大なる天皇陛下〜天皇は日本の宝物〜
〜沖縄の真実〜日本は内側から崩壊する…?
万が一の災害時 72時間自力で生き抜く知恵と家族の絆
アメリカの原発を見て感じたこと〜日本の原発の早急な再稼働を!




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 08:07| Comment(14) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

広島カープの元内野手 ルイス・ロペス選手に遭遇! えいと@夫 大興奮!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日、えいと@夫とFedExに行った時の出来事です。


あ、FedExっていうのは空路や地上で、重量貨物やドキュメントなどの物流サービスのことです。


翌日配達などの指定ができるので、至急の郵送物の際にはよく利用するんですよね。


で、昨日、日本宛に国債郵便をだす必要があったのでFedExに行ったのですが…。


その際に、あるアメリカ人男性の先客がいたんです。


そのアメリカ人、FedExのお店の人と何やらゴチャゴチャしゃべってて、時間がかかっていたんですよね。


何やら困っている様子です。


どうしたのかなーと思っていますと、


会話の中に「JAPAN」とか「Tokyo」とか「Yokohama」とかが聞こえて来たんです。


ん??? 日本宛に何かを送ろうとしているのか…?


さらに会話を聞いていますと郵便番号がわからなくて困っている様子だったんですねぇ。


そこで、えいと@夫が助け舟を出しました。


そこから、そのアメリカ人の方と会話が始まったのですが…。


話をしていると、あることがわかったんです。


そのアメリカ人、実は有名人だったんですよ!


何と! こういう人 ↓だったんです!



            ↓





            ↓





            ↓


 a-hirosimaC12-6.jpg
     画像はネット上よりお借りしました


じゃん! 広島東洋カープの元内野手、ルイス・ロペス選手です!

ルイス・ロペス選手についての詳しい説明はこちら(Wikipedia)をご覧下さい。


 a-hirosimaC12-7.jpg
    画像はこちらのサイト様よりお借りしました。 


こういう独特のフォームでバッティングする選手 ↑です。


いや〜〜〜それにしてもびっくりしましたねぇ。


こんなアメリカの田舎町で 日本の元野球選手に出会えるなんて!


実はえいと@夫が 広島カープの大ファンなんですよ。


なのでそばにいる人が ロペス選手だとわかった時の えいと@夫の喜びようといったら…!


もちろん!


写真を撮らせていただきましたよぉー!


 a-hirosimaC12-1.jpg


野球ファンだったら きっとこの感動を理解していただけることでしょう。


えいと@夫は、この写真を宝物にするって言ってます。(笑)


それほど嬉しかったのでしょうね〜。



でも、はじめはすぐそばにいる男性が ロペス選手だってぜーんぜんわからなかったみたいなんです。


あとで えいと@夫に何でロペス選手だってわからなかったの?と聞いてみたところ、


ユニフォームを着てないってこともあるし、


それにまさか、引退したロペス選手がこんなところにいるとは 夢にも思わないから わからなかったそうで。


まぁ、確かにね。


どんな有名人でも SPもつけずに普段着でそのへんに立ってたらわからないですもんね。


何となく似ている人がいるな〜くらいにしか思わないかもしれません。


とにかく一番のお気に入りのチームの選手に アメリカの田舎町で会えるって…。


えいと@夫にとってはものすごいラッキーなことでした。


…だってものすごい確率ですもんね。


ちょっと時間がずれてたら 会えなかったわけですしね。


握手もできましたし♪


良かった、良かった。


昨日、えいと@夫は1日中ご機嫌でございましたよー。



ところで、ロペス選手が なぜPA州の片田舎にいたのか?その理由は…といいますと。


ロペス選手ご本人が教えてくれました。


今、ロペス選手は横浜ベイスターズのスカウト部門に所属しているそうです。


で、PA州リーハイバレーエリアの大学の野球部の視察に来ているそうなんですね。


いい選手がいたら日本の野球チームにスカウトするんだそうです。


えいと@夫の大学にも来たみたいですよ。


もしかしたらえいと@夫が勤めている大学から 日本のプロ野球選手が出るかもしれません!


いや〜〜〜これは楽しみです〜〜〜。




       【おまけ】


去年の12月に私だけ日本に一時帰国した際に、


これを買って来てと、えいと@夫に頼まれた物があります。


それがこちら。 ↓


 a-hirosimaC12-3.jpg

 a-hirosimaC12-2.jpg


広島カープのユニフォームTシャツ ↑ です。


上の白いのが現在のホームグラウンド用ユニフォームで、


下のグレーのは 昭和50年に広島カープが優勝した時のホームグラウンド用のユニフォームの復刻版だそうです。


そして、これ ↓ も(えいと@夫に頼まれて)買って来たんです。


   a-hirosimaC12-5.jpg


真ん中の「カープカツ」は「カープ勝つ」を意味しているんでしょうねぇ〜。(笑)


このカープカツ、昔懐かしい味がいたしましたよ。


右のふたつはカープふりかけで、左のはオタフク お好みソース広島カープ版です。


チームを応援する意味で 買ってきましたよー。



えいと@夫が広島カープのファンである理由は、広島カープが選手を育てる球団だからだそうです。


広島カープは完成した選手を受け入れるのではなく、


未開の選手を育てる、そういうポリシーを持った球団なんだそうで、


その精神が好きで 小学生の頃からカープファンなんですって。


以前、ご紹介したパラオのカープアイランドに えいと@夫行った理由も、


実はカープ、という島の名前が気に入って行くことを決めたんだそうです。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧下さいね。
   パラオ共和国『カープアイランド』での出会い



それにしても…関西に住んでいたのに広島カープファンって珍しいですよねぇ。


えいと@夫が小学生の頃は同級生や友達のほとんどは阪神タイガースファンで、


広島カープファンは えいと@夫 以外にはいなかったそうです。


えいと@夫は広島カープのキャップを持っていたのですが、


学校にかぶって行くことができなかったらしいですねー。


クラスメートの野球ファンは みんな阪神タイガースのキャップを持っていたので、


えいと@夫は仲間はずれにならないように 一応 阪神タイガースのキャップも持っていたようです。(笑)


子供の世界って けっこうシビアですからねぇ。


特に大阪の阪神タイガースファンは ものすごい情熱的ですからね。


もう大変です。(笑)


子供の頃からいろんな意味で苦労が多かった えいと@夫であったようです。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 00:38| Comment(29) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(日常編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

アメリカの大学院の卒業式〜2012〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



めでたく5月11日に えいと@夫の卒業式が行われ、


その後にナイアガラフォールズ観光に行ってまいりました。


そして、今はソーダスポイントという町にやって来ております。


この近くの大学に えいと@夫の用事があって来たのですが、


小さいながらもリゾート地で なかなかいい感じの町ですよ。


今はまだ、シーズンオフなので人は少ないのですけど、


夏のシーズン中にはけっこう賑わう町だそうです。


こちらの町の様子は、また後日記事にいたしますね♪



さて、えいと@夫の卒業式ですが、無事に終了いたしました〜♪


やっぱりいいもんですね〜〜〜卒業式って。


感激してウルウルきちゃいました。


式のはじめには アメリカ合衆国 国歌斉唱時には全員起立し、斉唱します。


今回の国歌斉唱は 今までで一番感動いたしましたね〜。


だって…えいと@夫を受け入れ、学位を取らせてくださった大学で歌う国歌ですもの。


心から アメリカと、夫の大学に感謝いたします。


国歌斉唱後に 数名の教授陣からの祝辞があり、


修士号、博士号の方の学位の授与が行われます。(学士の卒業式は会場が別です)


この時の学生諸君の顔が すばらしい!


誇りに満ちた顔・顔・顔!


アメリカの大学は 入学の門戸は広いのですが、


卒業は困難なところが多いのです。


えいと@夫の大学で学士(大学生)で40%しか卒業できないようですし、


学部にもよりますが修士課程は70〜80%、


博士課程に至っては10~15%しか修了できないのです。


だからこそ卒業式は感無量なのでしょうね。


一生のうちで最も喜びを感じるセレモニーなのではないでしょうか。

 卒業式の写真をご覧になりたい方はこちら ↓ の過去記事をどうぞ。
  アメリカの大学の卒業式〜2011



ところで、えいと@夫はアカデミックドレス(ガウン)を購入する予定だったんですね。

 アカデミックドレス(ガウン)に関する過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
  これがアカデミックドレスだ!


で、卒業式の1ヶ月までに大学に博士ガウンの購入の問い合わせをすると…。


なんと博士ガウンは3ヶ月以上前に申し込む必要があったそうで。


博士ガウンはあつらえになるので1ヶ月前ではTOO LATE!でございましたのよ〜〜〜。


残念〜〜〜っ!


仕方がないので博士ガウンをレンタルしました。


レンタル代は 何と! 85ドル!


たっか〜〜〜〜っ!!!!!


レンタルだったら20〜30ドルくらいだと思っていたので、もうびっくりー。


えいと@夫は仕事上、ガウンが必要なので後日、購入することになるでしょう。


二重の出費になっちゃいましたー。


でも、ま、仕方がないですよね。注文が遅すぎたんですから…。


ちなみに。


博士ガウンの販売価格は 820ドルだそうですっ!


これまたたっか〜〜〜〜〜い!!!!!


だけど、他では買えないし、これも仕方がないのであります〜。


いや、でも、しかし。


えいと@夫のガウン姿、なかなかかっこ良かったですぅ〜。


惚れてしまうやんか〜♪でございましたよ、わはは〜。


そんなわけで、無事に卒業式は終了いたしました。


私も感無量でございます〜。ウルウル。



ところで、今年の えいと@夫の学部の博士課程修了者は、夫以外一人もいませんでした。


就職が難しいからでしょうね〜。


留学生は特に、就職が決まらないまま修了してしまうと ビザの関係でアメリカに滞在することができませんから。


最長10年までは在学できるので、景気が戻って 就職状況が良くなるのを待っている学生さんが多いのかもしれません。


日本だけでなくアメリカもカナダも欧州も 厳しくなっているんですね、就職が…。


厳しい時代になったもんです、ほんとに。。。




       【お知らせ】

いつも温かいコメントをありがとうございます。

まだ出先ですので、自宅に戻ってからコメントのお返事をさせていただきますね。

ナイアガラの滝の記事も後日UPいたします。

楽しかったですよ〜ナイアガラの滝のアトラクション!

ではでは、またのご訪問をお待ちしています〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 01:55| Comment(19) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(イベント編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

卒業式に行ってまいります〜♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



明日から ちょこっとお出かけいたします。


どこに行くのかと言いますと…。


以前、住んでいた街でございます〜。


何しに行くのかと言いますと…。


タイトル通りえいと@夫の卒業式でございます〜。


すでにAssistant Professorとして勤務しているのに、なぜ卒業式???


…って思われましたか?


実はアメリカの大学院は 2月、5月、9月卒業と、卒業の時期を選択できるのです。(大学によって違いはありますが)


えいと@夫は2011年の9月にPh.D学位を取得、修了したんですね。


2月、5月の卒業生は その年度に卒業式を行うのですが、


9月の卒業生は 翌年度の卒業式に参加することになるんですね〜。


…そんなわけで。


懐かしのバッファローに行ってまいります〜♪


いや〜楽しみですぅー。


車で片道5時間半〜6時間の旅であります。


ま、運転はえいと@夫にお任せ定食で行きますので、私は楽チンです♪ わはは。(鬼嫁w)



でね、卒業式の翌日にはナイアガラの滝にも寄ってくる予定なんですよ。


5年間バッファローに住んでいる間に 何度も何度も足を運んだ「ナイアガラの滝」でありますが、


実は滞在中の5年の間に ナイアガラの滝のアトラクションをまったくしなかった えいと@夫妻なのでありまして…。


近いんだし、いつでもアトラクションには参加できるから焦らなくてもいいよなっ♪


…なんて思っておりますと なかなかできないもんですな。


オンシーズンは混むし〜宿泊は高いし〜駐車するのも大変だし〜とか思っちゃうと、なかなか行けませんでしたよ。


結局アトラクションをまったくしないまま 引っ越してしまったというわけなんです。


そんなわけで、卒業式にBUFに行った際に お天気が良さそうだったらナイアガラの滝のアトラクションをやって来ちゃおう〜♪


…と、去年からずーっと思っていたんですねぇ。



ところで、ナイアガラの滝のアトラクションといえば、ほら、アレですよ。


霧の乙女号という船で滝の間近に寄ってずぶ濡れになってみたり、
   霧の乙女号 Maid of the Mist のHP


風の洞窟で アメリカ滝の際まで歩いて行って、これまたずぶ濡れになってみたり、
   風の洞窟 Cave of the WindsのHP


カナダ滝の滝壺に行って 濡れながら滝の裏側の様子を見てみたり、
   Journey Behind The Falls のHP


他にもいろいろありますが、ナイアガラの滝に来たら この3つ ↑ は体験しなきゃ〜って感じですもんね。


そして、今回はナイアガラの滝のカナダ側に宿泊するんです!


皆さまはミノルタタワーってご存知ですか?


a-naiataki10-10.jpg


こちらの写真 ↑ に写っていますよ〜。(この写真は2010年の1月に撮影した写真です)
  1月のナイアガラ 滝の夕暮れ


この頃の写真を見ると、寒い時期ばっかりにナイアガラに行ってたんですねぇ、私たち。


ミノルタタワー、ほら、これ ↓ です。アメリカ側から撮った写真です。


 a-Niagaraminoruta10.jpg


これは展望タワーだそうですけど、ちょっと変わった形のタワーですよね。


このタワー、展望台の他に,ホテルもあるんだそうで。


知らなかったわ〜。


調べてみると このホテル、レーティングはなかなかいいし、展望タワーなだけにホテルのお部屋からの眺望が抜群ってところがウリのようですね。


眺望がいいってのはポイント高いですよね〜。


…ってことで、いつもお世話になっているエクスペディアのHPで このホテルの空室を探してみますと…。


ありました!


フォールズビュー デラックスキングの部屋が1室残ってたのです!


ひゃ〜これはラッキーですっ!


だって昨日ですよ? 予約とったの!


夏休みのオンシーズンだったらこういうわけにはいかなかったでしょうねぇ。


フォールズビュー(滝側)の部屋は シティビュー(反対側)の3倍以上の価格で、ちょっと(かなり)お高いんですけど。


せっかく行くんだし、ちょっとはりこんじゃいました〜♪


どんなお部屋かな〜? 楽しみ〜♪ ワクワク〜♪



他にも用事があって行くところがあるので、今回のBUF訪問はとてもハードスケジュールです。


BUFの友人に会う時間が取れない〜残念〜。



…そんなわけで、明日からしばらくお出かけいたしますー。


もしかしたらひょっこりブログの更新をしているかもしれませんので またご訪問くださいませ〜♪


では行ってきまぁ〜す♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 07:42| Comment(10) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(イベント編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。