台湾名物「小龍包」の実演見学


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。m(*- -*)m



さて、昨日の記事の続編です。

  昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    台湾に来たら絶対にはずせない「小龍包」


昨日の記事にも書きましたが、鼎泰豊は人気店で、いつ行っても混み合っているんですねぇ。


待たずに食べるコツとしてはランチ時間を避けて午前10頃に行くとか、


昼食と夕食の間の時間の午後3時頃に行くと、待たなくても店内に案内してもらえるそうです。(^○^)b


混む時間帯だったら1時間〜2時間くらい平気で待たされるようですからねー。ε-(;ーωーA


時間の余裕がある時はいいけど旅行で 食事するのに1時間も2時間も待つのは時間がもったいないですしね。(〃´o`)b



ところで、台湾には日本の百貨店が多数進出しております。


三越、SOGO、高島屋などがあるそうです。


t-syouronp10-2.jpg t-syouronp10-1.jpg


こちらは台湾のSOGO百貨店 ↑です。(*"ー"*)b


左がSOGO復興館、右がSOGO忠孝館です。


これね、びっくりすることに2つとも同じ駅(MRT忠孝復興駅)にあるんです。


同じ駅にあるんだけど道路を隔てた場所に建つ違うビルなんです。


さらに、写真には撮らなかったんですけど同じ駅にもうひとつ SOGO敦化新館が別にあるんですって!


何で同じ地区に3つも同じ百貨店を造ったのでしょうかねぇ?(゚ペ?)???


ちょっと不思議ですよね? それぞれ趣向の違う店舗が入っているんでしょうか???


緑のSOGO復興館が新館のようで、2006年12月にオープンしたばかりのようですよ。


えいと@が連れて行ってもらった鼎泰豊「復興支店」は緑のSOGO復興館の中にありました。


この鼎泰豊「復興支店」も 時間帯によっては混み合いますが、本店程ではないようです。


待つとしてもカードを取っておおよその待ち時間を計算して、


ブラブラと百貨店内をウィンドーショッピングをして待てますからいいですよね。(*^-°)v


デパートの中なので涼しいし♪


他の店舗だと外で待たなくてはならないので暑い日は大変でしょうしね。 d(゚д゚)



さて、この鼎泰豊「復興支店」でございますが。


何と小龍包を作っているところを見学することが出来るんです。(゚∇゚*)


   t-syoronp10-15.jpg


こちら ↑ は鼎泰豊のマスコット人形なんでしょうねー。


お顔が小龍包になってるんですね。


何となく日本のアニメチックでかわいいですねぇ。(*゚∀゚)


このお人形さん ↑ の後ろにガラス張りになっている場所があるんです。


そこが実演コーナーなんですねー!


 t-syouronp10-16.jpg


じゃん! 実演コーナー ↑ですー。(*゚▽゚)ノ


じーーーっとしばらく眺めていましたが、なかなかすごいんですよー。


 t-syouronp10-21.jpg


小龍包のパテ(…っていうのかな?)をきちんと量ってカットしてるんです!


これはすごい〜〜〜って思いました。(ノ*゚▽゚)ノ


慣れて来たらカンでだいたいわかるんでしょうが、一応スケール(量り)が置いてあって量ってましたよ。


 t-syouponp10-18.jpg


そしてカットされたパテを平べったく伸ばす作業の素早さ! ↑ w(*゚o゚*)w


これも分厚さや いかに均等に伸ばせるかの技術が必要なんでしょうねー。


   t-syouronp10-17.jpg


そして平べったく伸ばされたパテに肉を詰め込んで口を締める作業も 熟練された感じでしたねー。


奥では蒸す作業が行われているんですねぇ〜。


こんな風にガラス越しにお客さんにジーッと眺められると緊張しちゃうかな? σ(^_^;)


でも、見られているからこそ いい仕事ができるのかもしれませんね。(゚ー゚)(。_。)ウンウン


 t-syouronp10-6.jpg


こうやってこのおいしい小龍包 ↑が出来上がっているのですね〜。


えいと@は食事の後にこの作業を見学いたしましたが、


待ち時間にこの一連の作業をボーッと眺めるのもいいかも〜って思いました。


こういう実演コーナーって楽しいですもんね♪



あぁ、記事を書いてたら小龍包を食べたくなってきたですよー。( -ω-) グー


でも、バッファローでは小龍包は手に入らないんですよね〜〜〜。(TmT)ウゥゥ


食べさせてくれるお店もないしー。(TmT)ウゥゥ


自分で作るなんて、そんな技術もないし、めんどくさいし…。(´_`。)


くぅ〜〜〜っ、悲しー! (。>0<。)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 08:56| Comment(18) | TrackBack(0) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

台湾に来たら絶対にはずせない「小龍包」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。m(*- -*)m



先日、台湾名物「牛肉麺」について」書きましたが、

   関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
     地元っ子しか知らない うんま〜い牛肉麺♪ in 台北


もうひとつ、台湾にやって来たらぜったいに外せない名物があるのです。(^◇^)b


それは何かと言いますと…。



            ↓





            ↓





            ↓



 t-syouronp10-6.jpg


じゃん! 小龍包(シャオロンバオ)です〜〜〜!(^▽^)/


日本でも中華料理屋さんに行けば食べられるし、アメリカでも飲茶レストランに行けば食べることができるんですけど、


台湾の小龍包は何を置いてでも食べに行くべき!


…っていうくらいうんま〜いらしいのです。(=^▽^=)b


何でも小龍包を食べるために台湾旅行をする日本人が多数いるほどなんだそうですよー。


そんなにおいしいのなら行かなきゃ〜っていうことで、タイワニーズのOさんに連れて行ってもらいましたー!

   Oさんに関してはこちらの記事 ↓ をご覧になってくださいね。
     驚き! 銀行の両替レートの交渉! in台北
     痛 気持ちいい〜♪ 台湾で足マッサージ


   t-syouronp10-3.jpg


えいと@が連れて行ってもらったのはここ ↑ 鼎泰豊(ディンタイフォン)っていうお店。


鼎泰豊っていったら日本人の間ではあまりにも有名らしいんですねぇ。


本店の鼎泰豊はいつ行っても混み混み状態ということなので、今回は復興支店に行きました。


この復興支店MRT忠孝復興駅からすぐのSOGOの中にあるので、探す必要なく簡単に見つけることができます。


午後5時頃に行ったのですが、待つことなく席に案内してもらえました。ラッキ〜♪


この復興支店も ランチタイムや夕食時には混み合うそうですので、


鼎泰豊に行きたい時には混み合う時間を避けて行かれることをおススメします。



さて、鼎泰豊は日本人のお客さんが多いせいか日本語のメニューがあります。


これは日本人にとってはうれしいですねぇ。(*゚∀゚*)


で、ここに来たら小龍包は絶対にオーダーしなきゃですね。


それ以外はOさんにおまかせ〜しちゃいました。


 t-syouronp10-6.jpg


これで小龍包 1人前 ↑です。(*^^*)


これだけオーダーするんだったら1人前ではちょっと足らないけど、他にもいろいろ食べるのならOK!


   t-syouronp10-5.jpg


ご丁寧に食べ方まで日本語で説明してくれちゃってます。(*^m^*)


 t-syouronp10-10.jpg


こんな風 ↑ に小龍包をレンゲに乗せて醤油、薬味を好みで加えて一口でパクっと食べるそうです。


う〜ん、おいしい!(*´∇`*)


アツアツではなかったのがちょっと残念でしたけどね。


猫舌の方には十分過ぎるくらいアツアツですが、えいと@的にはもうちょっとアチチ〜がお好みです。


でも、とーってもジューシーでおいしいです。


皮が薄いのがいいのかもー。



で、他にオーダーしたメニュー。


 t-syouronp10-7.jpg


蒸し餃子 ↑です。中には海老が入ってたかな。


こちの餃子はちょっと皮が厚めです。


   t-syouronp10-8.jpg


こちらはお肉の乗ったパイコーチャーハン ↑というメニュー。


すっごいボリュームですね〜。お味はGood! おいしかったです。(*⌒▽⌒*)v


   t-syouronp10-9.jpg


こちらはスープ ↑です。


何のスープか忘れちゃいました〜。辛くて酸っぱいスープだった気がします。



全体的においしかったです。


もうお腹いっぱいになっちゃいましたー。ちょっと頼み過ぎちゃったかしら〜って感じでしたねー。


これだけ食べて 一人1000円ちょっとだったかな〜。はっきり覚えてないけど。


名物の小龍包は180元(約500円)です。


今回行ったのは鼎泰豊っていう日本人の中では超有名店ですが、


他にも京鼎樓など、おいしい小龍包屋さんがたくさんあるので、


お時間がある方は食べ比べをするのもいいかも〜ですよ。(o⌒∇⌒o)/



     【インフォーメーション】


 鼎泰豊(ディンタイフォン)

  本店
    台北市大安區信義路二段194號
    MRT中正紀念堂駅から徒歩約20分(タクシー利用奨励)
    電話:02-2321-8928

   忠孝分店
    台北市忠孝東路四段218號1F
    MRT忠孝敦化駅から徒歩約5分
    電話:02-2721-7890

  復興店     
    台北市忠孝東路三段300號B2F(SOGO復興新館地下2階)
    MRT忠孝復興駅2番出口すぐ
    電話:02-8772-0528


  その他の支店はこちらのHP ↓ を参照してください。
    http://www.dintaifung.com.tw/jp(日本語HP) 





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 08:33| Comment(20) | TrackBack(0) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

地元っ子しか知らない うんま〜い牛肉麺♪ in 台北


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。m(*- -*)m



さて、皆さまは牛肉麺ってご存知でしょうか? (^○^)b


そう! 読んで字のごとし。


牛肉が入った麺類のことなんです。


牛肉麺は台湾語でグーバーミー。
牛骨や筋からダシをとったスープにやや太めの麺を入れ、牛肉の角切を煮込んだものや香菜などをトッピングしたもの。
元来台湾では貴重な農耕具でもあった牛を食べる習慣はなく、牛肉麺も戦後外省人によってもたらされたものと言われている。
現在では台湾料理の最もポピュラーなメニューの一つとして定着している。
八角など中華料理特有の香辛料をふんだんに使ってあるため、日本の中華麺とは異なった独特の風味がある。
牛肉に加えて牛筋をトッピングしたもの、辛口のもの(紅焼牛肉麺)、カレー風味のもの(咖哩牛肉麺)など、いろいろなバリエーションがある。

            ウィキペディア 「台湾料理」 参照


牛肉麺は台湾では地元の人にも観光客にも大人気なB級グルメなんですねー。(*^^*)


麺の種類は「扁麺=平たくて厚みのある麺、


細麺=細くて丸状の麺、


刀削麺=小麦粉を練って固めたものを、包丁で削って湯の中にいれていく。歯ごたえに弾力がある麺」
の3種類に別れるそうです。


スープは「紅焼=砂糖を油で炒めて醤油を加えたもので、台湾の場合これに唐辛子などが入って濃厚な味に仕上がるスープ、


清燉=牛骨ベースで割とあっさりしたスープ、


蕃茄=トマト味のこってりスープ」
の3種類があるそうですが、


お店によってはオリジナルの特製スープを提供するところもあるようです。



さて。えいと@が タイワニーズのOさん(日本語がペラペラ♪)に連れて行ってもらった牛肉麺屋さんのご紹介をいたします。

  Oさんに関してはこちらの記事 ↓ をご覧になってくださいね。
      驚き! 銀行の両替レートの交渉! in台北
      痛 気持ちいい〜♪ 台湾で足マッサージ


 t-gyunikumen10-1.jpg


こちら ↑ で〜す。


…って、どのお店かわかります? 「(゚ペ)???


右に見える「牛肉麺屋」さん?…って思いますよね?


違うんです。実はこっちなんですー。



            ↓





            ↓





            ↓



 t-gyunikumen10-2.jpg


えっ? ここって 食べ物屋さんなの???ヾ(゚0゚*)ノ


…って思いますよね〜〜〜。(^▽^;)


しかも正面ではなく 横の道からお店の中に入るんです。


   t-gyunikumen10-3.jpg


人が立ってるあたりが入り口なんですよー。


しかもね、お店の名前がないんですよ!


観光客にはぜーったいにわからないですよね? (;´▽`A


そうなんです。


ここはガイドブックにも載ってない、地元の人間だけが行く牛肉麺屋さんなんです。(*゚▽゚*)b


 t-gyunikumen10-5.jpg


お店の中は地元のお客さんでいっぱいですねぇ〜。


OさんもOさんの友人に教えてもらったんだそうです。


きっとクチコミで広まっていったお店なんでしょうねー。d(*⌒▽⌒*)


 t-gyunikumen10-6.jpg


メニューはこれだけ ↑なんですよー。


150元は430円くらいです。お手軽価格ですよね。


牛肉湯ていうのは思(小麦粉を焼いた硬いパン)をちぎって ふやけた状態で入っている牛肉のスープのことらしいです。


湯麺っていうのはタンメンなんですって。


ここのおススメは牛肉麺なので、もちろん、Oさんも えいと@も牛肉麺をオーダーいたしました。


2種類のスープがあるとのことなので、Oさんおススメの辛いスープでお願いすることにしました。(*゚v゚*)


 t-gyunikumen10-7.jpg


じゃん! 牛肉麺でございます〜〜〜。(*゚▽゚)ノ


シンプルでしょー? 


スープはこってり〜&ピリリと辛くて すごーっく うんま〜〜〜ぃ♪ (=´▽`=)


スープはお代わりもできるようです。


麺はちょっと固い感じです。弾力性がない麺って感じですねー。


沖縄のソーキソバの麺に似てるかなぁ〜。σ(゚・゚*)ンー


 t-gyunikumen10-8.jpg


各テーブルにこういうモノ ↑ が置いてあるんですけど、なんだと思います?


これはお漬け物なんですよ。


日本の高菜漬けとすごっくよく似ているんです。


このお漬け物を牛肉麺に乗っけて食べるのが台湾風らしいんですねー。



そうそう。


地元の方達の麺の食べ方を見ているとひとつ発見がありました。


どんな発見かというと、ほら、日本人って麺を食べる時にはレンゲを使わないでしょう?


日本人がレンゲを使うのは麺を食べる時ではなくて スープを飲むときじゃないですか?


台湾人は麺を食べる時にも レンゲを使うようなのです。


すごっく器用にレンゲを使って牛肉麺を食べてましたよ。


レンゲってこういう使い方もあるのね〜って感心しちゃいましたね〜。(⌒ο⌒)b




     【おまけ】


このお店は 相席が普通のようで、


えいと@のとなりには 見知らぬおじさんが座りました。


そのおじさん。とーってもフレンドリーで えいと@に何やら話しかけて来たんですね〜。


えいと@が台湾語を話せないのがわかると、「日本人か?」と聞いて来て、そうだと答えると、


それからニコニコしながら 台湾語で えいと@に話しかけてくるんです。


おじさんが何を話しているかはちーっともわかんなかったんですけど、


おじさんの表情を見ていると、えいと@はとーってもいい気分で牛肉麺をいただくことができましたねぇ。(^∇^)


そんなおじさんの満面の笑顔 ↓がこちら。(*⌒―⌒*)



            ↓





            ↓





            ↓



   t-gyunikumen10-9.jpg
 



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 06:19| Comment(18) | TrackBack(0) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

台湾の歴史を知る〜二二八事件


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の台湾旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  台湾旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    台湾旅行記 (2010年6月15日〜6月23日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたー。( ´艸`)


少しタイムラグがありますが ご了承くださいまし。m(*- -*)m



台湾には二二八和平公園という広い公園があります。


 t-228kinenkan10-1.jpg


ここは庭園風の池や涼亭などがあり、市民の憩いの場になっている公園なのですが、


その中心には二二八事件記念碑があります。


   t-228kinenkan10-2.jpg


この慰霊碑は1995年に建立されたそうです。


この慰霊碑の入り口に「碑文」が刻まれています。


   t-228kinenkan10-3.jpg


こちら ↑ がその「碑文」なんですが、


この「碑文」の中で「蒋介石総統」の責任を明確にしていないと、台湾住民から猛反発が起こったそうなんです。


何とかまとまって除幕式が行われたのは慰霊碑建立の2年後の1997年だったそうです。


この「碑文」を眺めていますと、台湾の方が話しかけて来られました。


「日本人の方ですか? この歴史をご存知なんですね。


たくさんの苦しみがこの地であったんですよ…」
…と話されました。



ところで二二八事件、皆さまはご存知ですか?


私は 恥ずかしながら今回、台湾旅行をするまでは「二二八事件」の内容まで詳しくは知りませんでした。


台湾に行く前に少し台湾の歴史を勉強し、そして二二八事件の真相を知りました。


 ーー台湾二二八事件とは――

大東亜戦争が終わるとともに日本人が台湾より去り、蒋介石率いる中華民国が大陸からやって来ることになる。

二・二八事件(にいにいはちじけん)は、大東亜戦争後の1947年2月28日に台湾の台北市で発生し、その後台湾全土に広がった、当時はまだ日本国籍を有していた本省人(台湾人)と外省人(中国人)との大規模な抗争。
約40年後、戒厳令の終了と政府側の遺族への謝罪により漸く終結した。
本省人はこの事件を「台湾大虐殺」と呼んでいる。

1947年2月27日、台北市で闇タバコを販売していた本省人女性に対し、取締の役人が暴行を加える事件が起きた。
これが発端となって、翌2月28日には本省人による市庁舎への抗議デモが行われた。
しかし、憲兵隊がこれに発砲、抗争はたちまち台湾全土に広がることとなった。本省人は多くの地域で一時実権を掌握したが、国民党政府は大陸から援軍を派遣し、武力によりこれを徹底的に鎮圧した。

事件の際発令された戒厳令は40年後の1987年まで継続し、白色テロと呼ばれる恐怖政治によって、多くの台湾人が投獄、処刑されてきた。
また、内外の批判によって国民党政府が漸く戒厳令を解除した後も、国家安全法によって言論の自由が制限されていた。
今日の台湾に近い形の「民主化」が実現するのは、李登輝総統が1992年に刑法を改正し、言論の自由が認められてからのことである。

                ウィキペディア「台湾二二八事件」参照


1992年に初めて発表された「二二八事件」の報告書によると、


事件で殺害されたものは354人、その後の「白色テロ」の犠牲者は18000から28000人にものぼったそうです。


わずか13%の外省人(戦後に大陸からやってきた中国人)が多くの本省人(もともと台湾に住んでいた人々)を弾圧したという歴史があるのです。


   t-neikayo10-14.jpg

これほどの国民党(外省人)による 台湾 本省人の残虐な殺害があったんですね…。



この碑の中には こんな風 ↓ に手を置く場所がありました。


 t-228kinenkan10-5.jpg


ここで手を置いて過去に亡くなった方のために祈るのでしょうか…?



 t-228kinenkan10-6.jpg


公園の一角に二二八紀念館 ↑があります。


ここは日本統治時代はNHK台北支局が置かれ、


戦後は中国広藩公司放送局が置かれていたそうです。


この放送局が二二八事件発生時に民衆代表の報告を放送したことで、


1997年に事件の記念碑として開館したそうです。


 t-228kinenkan10-7.jpg


二二八事件で亡くなられた方の肖像があります。


   t-228kinenkan10-9.jpg



今回、紀念館の内部は改装中とのことで見学が出来ませんでした。


非常に残念でしたね…。内部を見学したかったです。


台湾に旅行等に行かれることがあったら二二八事件紀念館に足を運んでみてくださいね。


台湾のおいしもの食べ歩きも もちろん楽しくていいのですが、


台湾の歴史を知るのもいいんじゃないかな…と思います。



     【インフォーメーション】


   台北二二八事件紀念館
    
     住所:台北市中正区凱達格蘭大通3號
     電話:(02)2389-7228
     FAX:(02)2389-5228

  開放時間:火曜日〜日曜日 10:00〜17:00
  休館日:毎週月曜日、祝日、祝日が月曜日に当たった場合、その翌日、旧正月
  MRT最寄り駅:新店線 台大醫院下車 徒歩3分




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

       ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 05:13| Comment(12) | TrackBack(0) | ニホン的生活(旅行 台湾編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。