2009年11月11日

飛騨高山の+α ビクターのワンコ


ただ今 日本に一時帰国中の えいと@です、こんにちは。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の飛騨高山 旅行記でございます〜。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   1泊の同窓会で学友との再会 & 美しい日本の紅葉
   飛騨高山のホテルでのお食事に舌鼓♪
   名古屋名物「ミソカツ&えびふりゃ〜」
   活気あふれる 飛騨高山の朝市
   江戸幕府直轄領「高山陣屋」
   ステキな古い町並 & 手長・足長像 〜 in 飛騨高山



今回は飛騨高山旅行記の最終回です!


…な〜んて前回の記事で書いたのですが。


私ね、実家に帰ると、いつも通学に使ってた道を歩くんですが、そこのレコード&時計屋さんの前に、ビクターのあのワンコがずーっとそこに座ってるんですよ。
物心がついた時には既に座ってたので、そう言うのを見ると、本当に嬉しくなります。
(By reeさん


…っていうコメントを昨日の記事でいただいたのですねぇ。


実はreeさんが書かれてたビクターのワンコがいたのですよ!


飛騨高山の古い町並のはずれにっ!



           ↓





           ↓





           ↓


   j-hidameibutu09-1.jpg


じゃん! ビクターのワンコ ↑ですー。


この憂いのある うつむき加減な表情が何とも言えないんですよね。


何となく物悲しさを感じるのは えいと@だけでしょうか…?


このビクターのワンコの原画は1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって描かれたそうなんですね。


フランシスの兄マーク・H・バラウドは「ニッパー」と呼ぶ非常に賢いフォックス・テリアをかわいがっていましたが、彼が世を去ったため、彼の息子とともにニッパーをひきとりフランシスが育てました。

たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれていた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っているようでした。

そのニッパーの姿に心を打たれたフランシスは早速筆をとって一枚の絵を描き上げました。

その時の蓄音器は録音・再生ができるシリンダー式でしたが、その後円盤式に画き変えられました。そして、「His Master's Voice」とタイトルをつけたのです。

亡き主人の声を懐かしそうに聞いているニッパーの可憐な姿は、円盤式蓄音器の発明者ベルリナーを感動させ、彼はこの名画をそのまま商標として1900年に登録しました。

それ以来この由緒あるマークはビクター商品に美しく記され、最高の技術と品質の象徴としてみなさまから深く信頼され、愛されています。

                      ビクターマークの由来 参照


この憂いのある もの悲しいワンコの表情は、亡きご主人様の声を聴いていたからなんですねー。


昔は電気屋さんやレコード屋さんの前にはこのワンコが座っていたものですが、


最近はあまり見なくなっちゃいましたね〜。


今はレコード屋さんはないし、量販店の電気店が増えたために町の電気屋さんが少なくなってしまったからでしょうね。


このビクターのワンコは 町の電気屋さんが無くなりつつあることも憂いているように感じちゃいました。




さて、ついでに…と言っては何なのですが。


飛騨高山の名物かどうかはわからないんですけど、


おいしい鯛焼きが売られてましたよ。


宿泊したホテルで一人5個無料券がもらえたので、しっかりもらいにいきました♪


   j-hidameibutu09-3.jpg


この鯛焼き屋さんは飛騨高山の「古い町並」の一角にあるのですねー。


で、普通の鯛焼きとはちょっと違うんです。


何が違うのかと言いますと…。


   j-hidameibutu09-4.jpg


わかりますか? 一口サイズの「小鯛」なのですね〜。


   j-hidameibutu09-6.jpg


小さくてもちゃんと鯛焼きの形をしてるんですよ。かわいぃ〜。


そして鯛焼きの中味も特徴的なんですよ。


オーソドックスなあんこ(あずき)の他、


チョコレート、胡麻、チーズ、ソーセージなんていう鯛焼きがあるんですよー。


なんか斬新な鯛焼きですよね。


 j-hidameibutu09-7.jpg


この小鯛みたらしダンゴのように飛騨名物になるかどうかはわかりませんが、


けっこうおいしかったですし、何と言っても一口サイズっていうのがいいですね。


大きな鯛焼きだと1個でお腹いっぱいになっちゃうけど、


この小さい鯛焼きだったら古い町並を散策しながら買い食いしても胃にどっしりこなくていいですよね。



さて、えいと@たちご一行は、飛騨高山を離れる前に、あるお蕎麦屋さんに入りました。


 j-hidameibutu09-9.jpg


高山といえばラーメンなんだそうですけど、


このお蕎麦屋さん ↑は、地元でもけっこう有名なお店なんだそうですよ。


ここのウリはざる蕎麦だそうです。


 j-hidameibutu09-8.jpg


えいと@はなめこ入り山芋のとろろ ざる蕎麦 ↑をオーダーしました。


見た目は少なそうなお蕎麦ですが、食べてみるとた〜っぷり入ってて満足感大でした。


麺もおいしかったしつゆもGood!


そば湯を入れておつゆまで味わいましたよ〜♪



飛騨高山旅行ではおいしいものをいっぱい食べることができたし♪


江戸幕府直轄領「高山陣屋」や「古い町並」「朝市」そして美しい紅葉を満喫できたし♪


何といっても懐かしい恩師や学友に会えたこと!


大大 大満足な旅でありました〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年11月10日

ステキな古い町並 & 手長・足長像 〜 in 飛騨高山


ただ今 日本に一時帰国中の えいと@です、こんにちは。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@の飛騨高山 旅行記でございます〜。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   1泊の同窓会で学友との再会 & 美しい日本の紅葉
   飛騨高山のホテルでのお食事に舌鼓♪
   名古屋名物「ミソカツ&えびふりゃ〜」
   活気あふれる 飛騨高山の朝市
   江戸幕府直轄領「高山陣屋」



今回は飛騨高山旅行記の最終回です。


1泊2日の同窓会旅行だったので、


あまり多くの観光地を回ることをしませんでした。


恩師の先生もおられたこともありホテル周辺の近場を楽しむことにしたのです。


そんな中、えいと@が一番気に入った場所、それは…。



           ↓





           ↓





           ↓



   j-furuimatinami09-1.jpg


飛騨高山の「古い町並」です。


飛騨高山の古い町並みは商家の町並みなんだそうです。


j-furuimatinami09-4.jpg


飛騨高山の「古い町並」は昭和54年に「高山市三町伝統的建造物群保存地区」、


更に平成16年に「高山市下二之町大新町伝統的建造物群保存地区」が国の重要伝統的建造物群保存地区に指定
されたんだそうです。


j-furuimatinami09-2.jpg


とーっても静かな町なんです。


えいと@は こういう静かな町並みを歩くのって好きなのですね〜。


   j-furuimatinami09-6.jpg


    お坊さんが托鉢 ↑をされていました。


j-furuimatinami09-7.jpg


   j-furuimatinami09-3.jpg


なんてステキな町並なんでしょう〜。


着物を着てこういう古い町並を歩いてみたいものですね〜。


   j-furuimatinami09-8.jpg


「フィルムあります」がこんな ↑になってるんですね〜。


なんかほっこりと笑っちゃいました。


こういう看板も古くて いい感じですね〜。



この飛騨高山の「古い町並」は観光地なので、


シーズンのいい時期の日中は観光客がとっても多いんですね。


この静かな「古い町並」を十分に堪能するには、


早朝、夕暮れ、真冬などに訪れるのがいいのではないかなと思いました。



ところでこれは何だと思いますか?



            ↓





            ↓





            ↓



 j-furuimatinami09-15.jpg j-furuimatinami09-16.jpg


左はやたらと手が長く、右はやたらと足が長いですよね。


これはいったい何なのでしょうか…?




           ↓





           ↓





           ↓



   j-furuimatinami09-11.jpg


    じゃん! 手長像 ↑なんですね〜。


    そして…。


   j-furuimatinami09-10.jpg


じゃん! 足長像 ↑でありますー。


高山市街の安川通りと国分寺通りをつなぐ「鍛冶橋」の欄干に向かい合うように設置されている像なんですねー。


名工、谷口与鹿(たにぐちよろく)が、出雲神話の登場人物をモデルとして彫刻した像なんだそうです。


この2つの像はその昔、出雲神話から簸川の川上に住んでいた 足名椎命(アシナヅチノミコト)、手名椎命(テナヅチノミコト)で、


このこの「足名椎命、手名椎命」は夫婦で 娘が一人いたそうですよ。


娘の名前は「奇稲田媛(クシナダヒメ)」というそうです。


この手長像・足長像が夫婦だなんてっ !!!!!


びっくりですね!


どちらが夫で、どちらが妻なのでしょうねぇ?


足長像のお腹が大きいですよね。


なんだかお腹の部分が顔のようにも見える気がします。


これって娘さんがお腹にいる…ってことなのでしょうか?


お腹に手をやって守ってるようにも見えますしね。


えいと@は足長像が奥さまなんじゃないかなって思いました。


皆さまはどう思われますか…?


飛騨高山の「手長像・足長像」


とっても不思議な像でございましたー。




以上でえいと@の飛騨高山旅行記は終了です。


長らくお付き合い、ありがとうございました〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年11月09日

江戸幕府直轄領「高山陣屋」


ただ今 日本に一時帰国中の えいと@です、こんにちは。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



えいと@の飛騨高山 旅行記でございます〜。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   1泊の同窓会で学友との再会 & 美しい日本の紅葉
   飛騨高山のホテルでのお食事に舌鼓♪
   名古屋名物「ミソカツ&えびふりゃ〜」
   活気あふれる 飛騨高山の朝市



陣屋朝市のすぐ横に高山陣屋という江戸時代のお役所があります。


j-takayamajinya09-1.jpg


陣屋とは江戸時代に郡代・代官が治政を行った場所で、御役所や郡代(代官)役宅、御蔵などを総称して陣屋と呼びます。

飛騨代官は安永六年(1777)に飛騨郡代に昇格し、当時3ヵ所あった郡代役所(関東・西国・美濃)と並んで幕府の重要な直轄領となりました。

幕末には全国に60数ヵ所あったと言われている郡代・代官所の中で、当時の建物が残っているのはこの高山陣屋だけです。

全国で唯一建物が現存する遺跡で、昭和4年に国史跡に指定されました。


                      国史跡「高山陣屋」 参照


   j-takayamajinya09-3.jpg


高山陣屋は高山城主金森家の下屋敷(向屋敷)として使われていたそうですが、


直轄領となってからは「陣屋」として代官や郡代がここで飛騨の政治を行っていたようです。


   j-takayamajinya09-6.jpg


居住区間も残されており江戸時代の暮らしの一部を垣間みることができます。


   j-takayamajinya09-7.jpg


  急な階段 ↑ですねー。降りる時が怖そうです。


j-takayamajinya09-8.jpg


   こちらは台所 ↑ & 土間 ↓です。


j-takayamajinya09-9.jpg


この土間で女中たちが食事をとっていたそうです。


この台所の近くに女中部屋があるのですが、


その女中部屋には「雨戸」がなかったようです。


当時の女中たちは早朝から仕事を始めるため、窓から差し込む朝日で起きていたんだそうですよ。


目ざまし時計なんて 江戸時代にはありませんからねー。


朝の弱い えいと@ニャ〜〜〜勤まらないお仕事ですなぁ。


j-takayamajinya09-10.jpg


これはお風呂 ↑です。


釜のお風呂だったのですねー。冬は寒そうですねぇ。


   j-takayamajinya09-11.jpg


こちらはお手洗い ↑です。


板がはめ込まれているだけなんですねぇ。


   j-takayamajinya09-13.jpg


こちらは男性の小用のトイレ ↑です。


なんかこぼれちゃいそうなんですけど〜〜〜。(笑)


j-takayamajinya09-15.jpg


こちらは吟味所・御白洲 ↑という刑事事件を扱った場所です。


犯罪者を籠に入れてこの場所に運び、取り調べを行っていたようです。


責台、箒き尻、抱き石(40Kg)↑がありますね〜。


これで拷問のようなことを行って裁いていたのでしょうね。


j-takayamajinya09-4.jpg


    廊下から庭 ↑が見えますね。


   j-takayamajinya09-12.jpg


    美しい庭 ↑じゃありませんかー。


j-takayamar09-5.jpg


10月末でしたけどきれいな紅葉でございました。


ステキな飛騨高山です。


皆さまも、飛騨に行かれたら日本で唯一残る「高山陣屋」を観に行ってくださいね。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年11月08日

活気あふれる 飛騨高山の朝市


ただ今 日本に一時帰国中の えいと@です、こんにちは。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



えいと@の飛騨高山 旅行記でございます〜。 (*^▽^*)~♪

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   1泊の同窓会で学友との再会 & 美しい日本の紅葉
   飛騨高山のホテルでのお食事に舌鼓♪
   名古屋名物「ミソカツ&えびふりゃ〜」


飛騨高山には「朝市」があります。


朝の6時から正午まで毎日、宮川と陣屋で朝市が開かれているのですねぇ。


 j-asaiti09-10.jpg


飛騨高山の朝市には宮川朝市、陣屋朝市があります。


宮川の朝市の創業は なんと江戸時代前期のようで、かなり歴史のある古い朝市のようです。


陣屋朝市の創業は大正11年だそうです。


 j-asaiti09-2.jpg


今は活気あふるる観光名所となっている朝市でありますが、


戦後になると朝市の移転や立ち退き命令など、


朝市の運命は揺らぐことになります。


 j-asaiti09-13.jpg


昭和47年に朝市廃止の話が持ち上がり、


朝市は廃業に追い込まれていったそうです。


 j-asaiti09-14.jpg


昭和60年代には大型スーパーやホームセンターが郊外にできたことで、


地元住人の朝市利用者は激減していったそうです。


その反面観光ブームが起こったことで朝市は観光客向けに変わっていったのですねぇ。


 j-asaiti09-12.jpg


時代の変化とともに揺らいできた飛騨高山の朝市の歴史があるようですが、


現在今後の飛騨高山の伝統ある朝市を このままの姿で護り続けていくかを考える時期にきている…ということのようです。

                    飛騨高山 朝市の歴史 参照


 j-asaiti09-3.jpg


歴史ある「飛騨高山の朝市」


長期にわたり存続していくには乗り越えなければならない多くの問題があるのでしょうね。


でも、市場で商売をされているおじいさん、おばあさんのイキイキした表情や、


買い物にやって来る地元の人々、観光客を見ていると、


とても活気のあるステキな朝市だな〜って思いました。



さて、飛騨の名物が「朝市」でたくさん売られていましたよ。


 j-asaiti09-7.jpg


こちら ↑ は飛騨高山のみたらしだんごです。


飛騨高山のみたらしだんごは甘くないのが特徴のようですよ。


醤油で焼き上げるみたらしだんご。


珍しいですよね?


関西のみたらしだんごは「甘辛ダレ」なので、


醤油のちょっぴり辛めのお団子ははじめて食べました。


なかなかおいしかったですよー。


 j-asaiti09-5.jpg


こちら ↑ は飛騨高山牛の串焼きです。


目の前で焼いてくれてアツアツがとってもおいしいのですぅ〜。


飛騨牛はやわらかくておいしいですね〜。


ホテルの夕食では飛騨牛のしゃぶしゃぶをいただきました。


とろけるような味わいでございました〜。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   飛騨高山のホテルでのお食事に舌鼓♪


   j-asaiti09-4.jpg


こちら ↑ は飛騨高山名物「げんこつ飴」です。


実演販売されていました。


試食してみますと作り立ては飴なのにやわらかいんですねぇ。


甘味も少なくておいしかったです。


時間が経つと固くなるようです。


   j-asaiti09-6.jpg


こちら ↑ は天然鮎の塩焼きです。


飛騨高山は水がきれいなので天然鮎が生息してるそうなんですね。


おいしそうな鮎の塩焼きですねっ。



他にもたくさんいろんなものが朝市で売られていました。


見るだけでも十分楽しめますし、試食を食べ歩くのもとーっても楽しかったです。


歴史ある「飛騨高山の朝市」を ぜひ、存続させてもらいたいものですね。




     【おまけ】


と〜ってもかわいらしい カボチャが売ってましたよ〜。



            ↓





            ↓





            ↓



 j-asaiti09-8.jpg


じゃん! 飾りカボチャ ↑ ですー。


キュートですねぇ〜。


この飛騨高山の飾りカボチャはほっこりするかわいらしさがありますね。


こんな表情で生きていきたいものですねっ。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2009年11月04日

名古屋名物「ミソカツ&えびふりゃ〜」


ただ今 日本に一時帰国中の えいと@です、こんにちは。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



昨日は寒い1日でしたー!


バッファローなどのアメリカの北国に比べたら気温的には暖かいのでしょうが、


急に気温が下がると寒く感じます。


昨日の日本は全国的に寒波がやってきて 12月中旬〜下旬の気温だったそうです。


あちこちで初雪が見られたそうです。


今日も朝は肌寒いですが、お昼頃がら平年並みの気温になるそうです。


明日はお出かけするので暖かくなるといいなぁ〜。



ところで、こういう寒い日には温かい鍋物がおいしいですよね。


夕べの えいと@家の夕飯はおでんにしました。


厚揚げやこんにゃくが入ったちゃんとした「おでん」ですよぉ。


おいしかったぁ〜。


鍋って体も心も温まりますねっ♪



さて、本題に移ります〜。


えいと@は、先週末に1泊2日の飛騨高山の旅をいたしました。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   1泊の同窓会で学友との再会 & 美しい日本の紅葉
   飛騨高山のホテルでのお食事に舌鼓♪


新大阪〜名古屋まで新幹線、名古屋〜高山まで特急「ひだ」を利用しました。


j-hidaJR09-1.jpg


こちら ↑ が名古屋〜高山までの電車特急「ひだ」です。


ちょうど特急「ひだ」に乗る時間帯がお昼時になりまして。


駅弁を買って特急「ひだ」の中で食べることになりました。


ところで駅弁を買ったのが名古屋駅なのですよ。


名古屋っちゅーたら…!


そうです!


名古屋名物「えびふりゃ〜」があるんですねー。


この「えびふりゃ〜」っていうのは「海老フライ」のことなんですねぇ。


これって名古屋弁だそうですが、


名古屋出身のお友達ブロガーのyokoさんによりますと、


えびふりゃ〜っていうのは、今の若い人は言わないそうなんですねぇ。


70歳以上くらいの高齢の方が使われていて昔の方言のような感じなんだそうです。


そして! 名古屋は「ミソカツ」も有名ですよね。


えいと@が買った駅弁は…!



          ↓





          ↓





          ↓



 j-hidaJR09-2.jpg


じゃん! 「みそかつ&えびふりゃ〜」↑ですぅー。


 j-hidaJR09-5.jpg


これがみそかつ&えびふりゃ〜 ↑です。


海老フライとカツが八丁味噌とソースで真っ黒!


はじめ焦げてるのかって思いましたよー。


これは味噌とソースの色なんですねぇ。


あぁ〜名古屋だなぁ〜って思いました。



友人が買ったお弁当 ↓ も見せてもらいました。


 j-hidaJR09-3.jpg


   おぉ〜! ミソカツ ↑が入ってますね〜。


 j-hidaJR09-4.jpg


こちらも海老フライとミソカツ ↑が入ってますね。


えいと@が買った「ミソカツ&えびふりゃ〜」は海老がでかくて食べごたえがありましたよ〜。


 j-hidaJR09-5.jpg


えびふりゃぁ〜っ!…って主張 ↑してるようなお弁当でした。


さすが名古屋の駅弁ですねっ。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくと更新の励みになります♪


      banner1.png

   ひらめき携帯の方はこちらで応援をよろしくお願いいたします♪ひらめき

   ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。