2012年01月22日

シーリングファンで部屋の中はぬくぬく〜♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



本日、雪が降りましたー!


…って、去年まで住んでいた NY州バッファローでは この時期は毎日が雪だったのですけどね。


バッファローは オンタリオ湖とエリー湖があるために レイクエフェクトのための大雪が降るのです。


その雪の量はハンパなく多いのでありました…。


雪の無い日がないほどの雪国だったのですねぇ。


それに対して 今、住んでいるPA州東側は 雪がそんなに降らない地域なんですよね〜。


気温は下がっても雪がない!


これ ↑ が どれほど暮らしやすいことか…!


PA州は バッファローと同じくアメリカの北国ですから寒いのは同じでとっても寒いんです。


だけどPA州は雪がほとんど降らないのですよ〜。


ま、10月に季節外れの大雪が降って 大停電になっちゃったですけどね。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
  10月の大雪で大停電!
  停電が回復しました! 〜災害時の心構え〜


この季節外れの大雪 ↑ 以来、まったく雪が降らなかったのですよ、うちのエリア。


ホントに暮らしやすいですわ〜。


今までの5年間は 毎年ホワイトクリスマス、大雪の年末年始を迎えていたのですけれども、


2011年は 雪のないクリスマス、年末年始でございました〜。



そんな雪の少ない我がエリアに夕べ「雪警報」が出されまして。


そのおかげで昨日の夜は スーパーに多くの人が買い出しに来ておりまして、


すんごい混みようでありました。


大雪で外出できなくなったら困りますからねぇ。


食料の買い込みですわな。



で、夕べの深夜から降り始めて 今朝には真っ白! 銀世界!


朝の6時から アパートメントのメンテナンスの人が 敷地の歩道の雪かきをしておりましたよ…。


まだ暗いうちから大変ですなぁ〜。寒いのに。。。


雪そのものは 大雪〜ってほどでもなく、15〜20センチくらいの積雪でございましたよ。



ところで。


えいと@夫妻のアパートメントのリビングの天井に ファンを取り付けております。


うちのアパートメント、窓が各部屋にあるんですけど全部の窓が南側Onlyにあるのです。


つまり向かい合って窓がないために窓を全壊にしても空気がスムーズに流れないのですよね〜。


そこで、こういうファン ↓ を 引っ越してきた際に取り付けたのです。


 a-Fan12-1.jpg


リビング、全ての部屋に取り付けたのですが、これはリビング用 ↑ です。


壁にコントロールスイッチをつけることができる便利なタイプなのです。


で、こういうファンがあると 風通しが良くなって 夏でも冷房がそんなにいらないという利点がある他に、


とーってもいいことがあるのです。


そう、今の時期! 冬にも大活躍なファンなのですよ〜。


このファンは スイッチを変えると羽が反対方向に回るのです。


そうすると、ファンの風を直接 身体に感じることがないんですね。


それの何がいいのか…と言いますと。


暖房をつけた際に ファンを回すと部屋全体が温かくなって 暖房の効率がいいのです。


セントラルヒーティングで暖められた空気って天井付近にたまりやすいのですよね。


ファンを回すことで 天井の暖かい空気を部屋全体に循環させることができるってワケです。


羽を反対に回すことで、身体に風は感じないし、


部屋がはやく暖まり、暖房を常にONにしていなくても 部屋が暖かいのです。


これはいい〜〜〜。



前に住んでいた気密性のない、すきま風がピューピュー入るアパートメントの時には苦労をいたしました。。。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜。
  寒いと思ったらすきま風がぁ〜っ!Σ(´□`;)
  ぎぇ〜っ!┌|゚□゚;|┐補修したはずなのに…寒い我が家
  嗚呼! すき間風が漂うアパートメント!


ホントに…前のアパートメントは すきま風が大変でございましたよ…。寒いのなんの…。


…とともに、去年までは 冬の電気代がけっこう高くついていたのですねぇ。


今のアパートメントは部屋が広くなったにもかかわらず、電気代はそんなに高くないのですよ。


これは嬉しいですね〜。



で、こういうファンは 業者に取り付けてもらうこともできるのですが、(もちろん有料)


何でも自分でやっちゃうアメリカでは 自分たちで取り付けるのが普通なんですねー。


えいと@夫も頑張ってくれちゃいましたよー。


   a-Fan12-2.jpg


これ ↑ はPA州に引っ越してきた 去年の7月の時の写真であります。


3つのファンをすべて取り付けてくれた えいと@夫でございました。


こういう作業が得意な旦那って…ありがたい & 便利でございます〜♪ ムフフ。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)




posted by えいと@ at 08:58| Comment(17) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(雪国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

冬用の車を購入〜雪の日に備える〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



暖かいですぅ〜〜〜♪


ただ今(11月9日のお昼過ぎ)のPA州リーハイバレーエリアの気温は華氏で65度(摂氏18度)です。


しかも快晴〜♪


ついこの前の大雪の大災害がウソのような天候の変化です。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   10月の大雪で大停電!
   停電が回復しました! 〜災害時の心構え〜


ところでこの災害から12日が経過した現在でも停電が継続している地域が残っているそうですよ…。


12日間も停電…! これは…大変ですよね…。


ここまで停電が長引くとホテルなり親戚や知り合いの家なりに避難しないと無理ですよね…。


冷蔵庫や冷凍庫の食品も…ダメになっているでしょうし…。


えいと@夫妻のアパートメントは幸いにして3日間の停電ですんだのですけど、


聞くところによるとうちの近所でも 4〜5日間停電が継続したエリアがあったようです。


なんかね、うちのエリアの停電は山の上に設置してある送電の鉄塔が雪のせいで倒れたのが原因だったようです。


で、今でも停電が継続している地域は、大雪のために倒れた多くの木々が道路を塞いでしまい、


その木々を除去するのに時間がかかり、停電回復の作業がなかなか進まない状況が続いたそうなんです。


アメリカって住宅地でも木が多いんですよね…。


これってとってもステキではあるんですけどね…。


緑がある風景って 殺伐としてなくて素晴らしいんですよねぇ。


しかし,今回のような災害には…う〜〜〜ん。。。


難しいもんですね。。。



ところで、この大雪のためにお亡くなりになった方が 20数名おられたそうです。。。


お亡くなりになった方の中には、なんと部屋の中でチャコールグリルを使ったというのがあったんです!


チャコールグリルっていうのは 炭で火をおこすBBQ用のグリルです。


何で 部屋の中でチャコールグリルを使ったのか?ということですけど…。


暖をとるためだったそうです…。


チャコールグリルによる一酸化炭素中毒ですって…。


確かに寒かったですよ? 


気密性のない住宅などは 室内の気温が氷点下にまで下がることもあるでしょうし。


だけど部屋の中で,締め切った状態でチャコールグリルに火をつける…って…。


あり得ないんですけど…。


寒さで思考回路が働かなくなってしまったのでしょうか…?



そしてお亡くなりになった方の多くの原因は…交通事故でした。


雪でスリップした車同士の衝突事故であるとか、


道路が凍り付いてブレーキが利かなくなっての交通事故など、


死亡事故には至らなくても 大怪我をまねいた事故がたくさんあったようです。


こういう災害時には車で外出しない方がいいのでしょうけどね…。


だけど、私たち夫婦は停電の間は毎日 車で出かけましたよ。


だって〜電気がなかったら何にもできないんですもんー。


最近は日が暮れるのもはやくなって 部屋の中は暗いし寒いし。


出かけないと…やってられないわ〜♪ 状態でした。



で,ここからが本日の本題です。(長い前置き ごめりんこー)


先日車をね、もう1台買ったのです。


…っていうのは、実はPA州に引っ越して この8月に新車に買い替えたんですよ。


以前乗ってたシビック,気に入っていたんですけどね…。


でも、シビックのブレーキの状態が怪しくなってたんですよ。


ブレーキを修繕して乗るか…新車に買い替えるか…。


いろいろ考えた結果、新車に買い替えたのでありました。


でね、このブレーキの状態が怪しくなった原因が…雪なんですね。


NY州バッファローは 雪が多い地域で,冬はほとんど毎日が雪なんです。


雪が多いので 道路の路面凍結抑制のため、薬剤(塩化ナトリウム)がまかれます。


これがね…塩化ナトリウムが車にはとーっても悪いんですよね。


冬はマメに洗車をして 塩化ナトリウム剤を洗い流していたんですけど、


うちは1台しか車を持っていないので、毎日車を走らせていたために 洗車しても追いつかないのです。


車底やタイヤの部分に錆びが付き、そのためにブレーキパッドがすり減ってしまう状態になってしまったのですねぇ。


バッファローでは冬専用の車を持っている方が多いようです。


えいと@夫も 教授から冬専用の車を持った方がいい…とのアドバイスをもらっていましたけれど、


何せ貧乏学生でしたからね…。


冬専用の車を買う…なんて余裕はなかったのです。



で、話を戻しまして。


今回の大雪で多発した交通事故のこともあるし(自分が事故しなくても もらい事故の可能性もありますからね)


新車を雪で錆び付かせたり傷つけたくはないということもあり、


冬専用の車を1台購入することにいたしまして、10月31日に購入いたしました〜。


もっちろん中古車ですっ。


何と1998年製の車! 13年前の車です!


あと10年くらいしたら クラシックカーの域に入るようなデザインの車なんですよー。


走行距離は68000マイル(10万9500キロメートル)です。


アメリカで13年ものの車だと10〜20万マイル(16万キロ〜32万キロ)くらい走ってるのがほとんどなんですけど、


今回買った車は古いけど走行マイルは少ないし、車の状態がとても良かったのですねー。


しかも3年間のメーカー保障つき♪



他のお店で同じ年代で 走行距離が18万マイル(29万キロ)っていうのが売られてて、


その日に購入したら4900ドルを2900ドルに値引きできるとオファーされた車もあって、(ハロウィーンのホリディ割引らしい)


ちょっと悩んだんですけど、その2900ドルの車はメーカー保障はないし、車の中がタバコ臭かったというのもあったし、


メーカー保障がなくて 走行距離が30万キロ近くの車って危険かも〜と思ってやめました。



今回買った車は5990ドルの値札がついていたんですけど、


このお店もハロウィーンのホリディ値引きをしてくれまして、


4000ドル+TAX & 諸経費で購入することができました♪


これで雪が降った日や 道路が凍結した時には この1998年製の車でお出かけすることができます。


車が2台になったので、えいと@夫が大学に行っている時に 私一人で出かけたり買い物も行けるしね♪


軟禁状態から解放〜♪でございます。



ちなみに…車の写真をUPしようかと思いましたが、おそらく今回買った車は もうちまたでは走っていない、いわゆる「今では珍しい系」の車であるため、


個人情報保護の観点から車の写真を載せるのをやめました。ご了承くださいませ。




        【お知らせ】


昨日の記事でお願いした中国共産党によるチベットの人権侵害に抗議する!の署名をしてくださった方、


本当にありがとうございました!

  詳しくはこちら ↓ の過去記事をご覧になってくださいね。
   緊急! チベットを救うための署名のお願い【追記あり】


署名を募っておられたくっくりさんよりお知らせが入りました。


ICT単独での呼びかけによる署名の成果のみをみると、まだまだ足りないように思えますが、

実際には他の組織や他のサイト経由の署名と合わせて25000人を超える署名が集まり、

米国政府と議会に対しては既にTYC(Tibet Youth Congress)の在米代表が署名を提出し、

米国議会での議論がすでに始められたと伝えられているそうです。

ITNでは、G20カンヌ・サミットが終了したことを受け、次のステップとして、12月10日の世界人権デーまでに累計50000人の署名を集めて世界に訴えることを次の目標に掲げました。

決してあきらめず、次のステップである12月10日に向けて、これからもお力添えをいただければ幸いです。




署名にご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました!


そして、こちら ↓ でもネットでの署名「Tibet's cry for help」を募っておられます。

  https://secure.avaaz.org/en/save_tibetan_lives/?wtsujcb


署名提出先は世界の大統領や政治家 米仏英豪印そしてEU外相宛てだそうで、


目標は50万人の署名だそうです。


良かったら皆さまも署名をお願いいたしますね。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 04:34| Comment(13) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(雪国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

停電が回復しました! 〜災害時の心構え〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



前回の記事で大雪に夜停電の被害のお見舞いのたくさんのコメントをいただきました。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   10月の大雪で大停電!  


皆さま、本当にありがとうございましたー!


無事にっ! 我が家の電力が回復いたしました!\(*^▽^*)/


昨日、1日出かけておりまして、夜の11時頃に自宅に戻ってみますと…。


うちのアパートメントに明かりが戻っているではありませんか!


あの時の喜び! 安堵感!


部屋に入り、電気のスイッチをつけるとぱぁ〜っと部屋が明るくなりましたよ!


明かりがあるって 心までぱぁ〜っと明るくなりますね。


ホントに良かった。。。涙が出るほど嬉しかったです。


実は、昨日のローカルニュースではうちのエリアの電気回復は水〜木曜日になるだろうって言っていたんですよ。


水曜日で5日間、木曜日では6日間の停電となっちゃいます。


5〜6日間の停電…ってかなりこたえますよねぇ。


今回は3日間の停電で何とか回復してくれました。


はぁ〜本当に良かった〜。嬉し涙が出ましたねぇ。(;∇;)



オール電化で停電になると ライフラインが全てストップしてしまいます。


今,住んでいるアパートメントはお湯だけはガスだったので本当に助かりました。


お湯も電気だったら何日もシャワーができないってことになりますから…ホテルに避難するしかないですもんね。


PA州東側のホテルはどこも満室状態だったようなのでホテルを探すのも一苦労だったでしょうね。


何日も停電が継続すると、ホテル代だけでも大変なことになってしまいますもんね。



ところで、前回の記事でこのようなコメント ↓ をいただきました。

うちはハリケーンによる3日間の停電に遭った時、地下水から水道水に替えたんですよ。
シャワーは我慢出来てもトイレが流せないのは困りますから。
(By reeさん


確かに水を汲み上げるのも電力だったら,停電が起こると断水になってしまいます。


そうなったら…お手上げですよね。


水が出なくなったら トイレが一番に困りますから…。


うちのアパートメントは停電が起こっても水とお湯は出たので本当に良かったです。。。



前回の記事に書いたように備えあれば憂いなしですよ。


停電になってからあわててランプなど買おうと思っても,売り切れて手に入らないことが多いですから。


電池も同じです。予備の電池は必ずランタンと一緒に常備しておくのがいいと思います。


   a-ooyuki11-11.jpg


これ ↑ です。ランタン。


これ、かな〜り明るいですから、停電時には本当に役に立ちますよ!


そして手動式の懐中電灯も絶対に役に立ちます。


a-teiden1.jpg


こちら ↑ がその手動式の懐中電灯です。


これは電池なしでもOKなので 不意の非常時に役立つんです。


 a-ooyuki11-12.jpg


そしてもうひとつはカセットコンロ ↑ です。


これは卓上で鍋料理をする時のみならず、キッチンコンロがIHヒーターの場合は絶対に役に立ちますから。


ぜひ! こられを災害時のグッズに加えてくださいね。



さて。


今回の災害は 季節外れの雪が大量に短時間に降ったことで起こりました。


 a-ooyuki11-1.jpg


こちら ↑ は雪が降り始めた,10月29日(土)の午前8時頃のうちのアパートメントの様子であります。


 a-ooyuki11-2.jpg


どんどん降り、ドンドコ雪が積もっていきます。


 a-ooyuki11-3.jpg


わずか2〜3時間で真っ白 ↑ になってしまいました。


季節外れの雪は湿気を含んでいるため重く、葉を落としていない木々にはかなり負担になるのです。


その結果、木の枝を折り,木をなぎ倒し、多くの電線を切断してしまいました。


そして大規模な停電を引き起こしてしまったのです。


PA州、NJ州、NY州の一部、CT州の一部に非常事態宣言が出るほどの災害になってしまったんですよ〜。


 a-ooyuki11-5.jpg


停電で信号が点灯しなくなり、交通が乱れます。


こういう場合はオールウェイストップのルールで交差点を渡ることになるのですけど、


たまにルールを知らないのか、守らない車があるのですよね。


雪でスリップしたり、事故も多発するので、かなり注意して走らないと危険です。


 a-ooyuki11-6.jpg


こちら ↑ は高速道路です。


高速道路は優先的に除雪されるので下道を走るより安全なのですね。


しかし、除雪をしても すぐに雪が積もってしまうので追いつかないようでした。


 a-ooyuki11-7.jpg


ここ ↑ も高速道路なのですが,こんな風 ↑ に折れた木が道路のあちこちに落ちています。


こういうのに気がつかないで車を走らせると…スピードが出てる分危険ですよね。。。


   a-ooyuki11-8.jpg


29日は夜になっても雪はやむ気配がなく、しんしんと降り続きました。


そして,翌朝(30日の日曜日)は…といいますと。



            ↓





            ↓





            ↓



 a-ooyuki11-10.jpg


ピーカンの快晴〜でございましたよー。


しかし…大規模な停電は継続中でありましたー。


幸い、えいと@夫妻のアパートメントは31日(月曜日)の夜に電気は回復したのですけど、


まだ停電中の地域がたくさん残っているそうです。


今回は 何と200万世帯に停電の被害があったそうです。


電力会社の方はまだまだ頑張ってくださっています。


本当にありがとうございます! そして一刻も早く すべての家庭に電力が戻ることを祈っています。



ところで、昨日の記事で次のようなコメント ↓ をいただきました。

停電、冷蔵庫は大丈夫ですか? そちら、寒いからハワイよりは、ましですかね。
こちら、停電になったら、冷蔵庫の物全部ダメです。。
(By モリオリママさん


そうなんですよね。


停電が長く続くと 冷蔵庫の食品が心配になりますよね。


ハワイのような気温が高い地域だと…全滅になっちゃうでしょうね…。


PA州の停電時の気温は氷点下、部屋の中も気密性があるといっても寒かったので、


冷蔵庫,特に冷凍庫を開けた閉めたりしなければ大丈夫でした。


実は、5年前のNY州バッファローでの災害時に経験していたのです。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧になってくださいね。
     災害時は冷静に


5年前の災害時に,私は冷凍庫が気になって何度も開けたい衝動にかられたのですけど、


えいと@夫が「冷凍庫は開けたらダメだ! 閉めていれば保冷機能はしばらく継続する」とえいと@をたしなめたのです。


その結果、冷凍庫の食品は 多少はとけかけていたけれども、全滅することはなかったのでした。


今回も同じです。


一度も冷凍庫を開けなかったおかげで食品はセーフでありました。


まぁ、停電があと1〜2日長かったら…食品はあきらめなきゃいけなかったでしょうけどね…。


停電時は冷蔵庫、特に冷凍庫は開けないこと!


これ ↑ は鉄則でございます。



それにしても…。


ここ最近、地震は頻発していますし、タイの大洪水、フロリダの南部でも洪水が起こっているとニュースでやってますし、


アメリカでは 今回のような季節外れの大雪が降ったり、竜巻が異常なほどに起こったり…自然災害が頻発しております。


大自然の前では人間ってちっぽけな存在なのだ…ということを痛感いたします。


大自然にはどんなに抵抗しても かなわないとは思いますが、


日頃からの備え、心構えがあるかないかで 命が助かることも多いでしょう。


人間は自然の中で生きているのだということを しっかり認識して生きる必要がある…ってことですね。。。




  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
ラベル:停電 大雪 災害 備え
posted by えいと@ at 03:27| Comment(20) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(雪国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月31日

10月の大雪で大停電!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



大雪ですぅ〜〜〜!


PA州からNJ州、CT州、NY州とMA州の一部などの東海岸の一部にでっかい低気圧がやってまいりまして。


気温がググ〜ンと下がって氷点下。


おかげで季節外れの大雪となってしまいましたー。


季節外れの大雪で問題なのは 湿った雪がドカッと降ることなんですね。


葉を落としていない落葉樹が湿った重い雪に耐えきれなくて折れたり倒れたりするんです。


で、折れたり倒れたりした木が 電線を遮断してしまうのですね。


その結果…PA州の東部だけで30万世帯の大停電となっておりますー。


この30万世帯というのも はっきりわからない状況なんだそうで、


リポーティングシステムすら停電で役に立っていないのだそうです。


うちの近所のエリアではハロウィーンパーティは中止ですって。


楽しみにしていた子供は さぞかし残念に思っているでしょうね。。。



さて、どか雪が降ったのは29日(土)の朝からでした。


どんどん大粒の重そうな雪が降り続き、どんどこ積もっていきました。


えいと@夫妻の近所では11.5インチ(30センチ)積もったようですねぇ。


で、お昼過ぎにはあちこちで停電がはじまり、徐々に範囲が広がっていったんですね。


丸1日が経過した現在は 雪はやみましたが停電は継続中です。



そんなわけで…ただ今Wegmansっていうスーパーに避難中〜。


Wegmansには 売ってるお惣菜を買ってその場で食べることができるスペースがあるんです。


そして、嬉しいことにインターネットがFREEでつなげちゃうのですよー。


これはありがたいですね〜〜〜。


ここにはお茶をしたり、夕飯の時間には食事をしたりする人がやって来るんですけど、


普段はわざわざインターネットをしにくる人は少ないんですけどね。


今日はラップトップをかかえてやって来ている人の多いこと多いこと!


そして長時間滞在組がたくさんいましたねぇ〜。(えいと@夫妻含む 笑)


えいと@夫はPCに研究のデータを入れているため、PCがなかったら仕事にならないんですよね。


なので停電やネット接続が切れることは大問題なんです。


今時の研究者は 電気がなかったらなーんにもできないってことですなぁ。



あぁ〜いつ電気が回復するかなぁー。


えいと@夫妻のアパートメントはお風呂のお湯はガスなんです。


なのでシャワーは停電中でも浴びることができるんですよ。


これは助かりますね〜。


髪を洗った後、ドライヤーが使えないのが悲しいですけどねぇ〜。


キッチンはオール電化なので全滅ですわ。


こういう時にはカセットコンロが役に立ちますね。


今朝はカセットコンロで 缶のスープを温めて朝食にいただきました。


昼食や夕食は外食になっちゃいますけどね。


これは仕方がありません。。。


部屋の明かりはランタンです。


けっこう明るいんですよ、ランタンって。


他には手動の懐中電灯もむっちゃ便利です。


手動なので電池いらずですしね。


不意の停電でも大丈夫です。


夜はアパートの階段が真っ暗なので懐中電灯が必要なのです〜。


備えあれば憂いなしってことですね。



実はね。


大雪に寄る大停電は えいと@夫妻はアメリカで一度経験しているんです。


なので今回で2回目なのです。


このブログを始めた5年前の2006年の10月、NY州バッファローで大停電の被害にあった経験があるのですよ。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
アメリカ的生活(災害編)


あの頃に住んでいたアパートメントはお風呂もキッチンも何もかもオール電化だったこと、


アパートの気密性がなく、すきま風だらけで部屋の中は寒くて過ごせなかったんですよね。


だって…気温が氷点下になったんですもん…。寒いよ、そりゃー。


なので1泊、ホテルに避難いたしました。


幸い、2日間で えいと@夫妻のアパートの電気は回復しましたが、


場所によって2〜3週間も停電が続いた地域があったんですね。


2〜3週間も停電なんて…耐えられませんよ。


車で行ける範囲に家族や親戚がいて、その地域が停電でなかったらラッキーですけれども、


外国人は行くところがないですからね…。


今のアパートメントは気密性がしっかりあるので、部屋の中はそんなに寒くはないんですよ。


暖房が入らないので、暖かくはないのですが、


前のアパートのようにすきま風が入らないので 寒さはそんなに感じないのです。


車で10〜20分走ったところにインターネットができるスーパーやカフェがありますし。


ホテルに泊まらなくても なんとかいけそうです。


これはありがたいですね〜。



とにかく!


はやく停電がなおって電気がきてほしいですー。


他の州の電力会社から修繕の応援がやって来ているとのニュースがありました。


ありがたいことです〜〜〜。


人間って誰かのお世話になって生きているんだってこと。


こういう災害時に特に強く感じますね。


感謝の心を持ち、いつか何かあった時には恩返しをしたいと思います!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 09:23| Comment(14) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(雪国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

アトランタから戻りました〜BUFの大雪 その後


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。 (o^∇^o)ノ



昨夜、無事にアトランタからバッファローに戻りました。


えいと@夫妻がアトランタに滞在している間中、バッファローはガンガン雪が降ったようですが。


何とか飛行機も無事に飛んだし、空港の駐車場に置いていた車も雪に埋もれていることはなかったです。


良かった〜。


…っていうのは、2年前の2月にハワイに行って、えいと@夫だけバッファローに戻った時に、(えいと@はハワイから日本に一時帰国いたしました)


車を空港の駐車場に置いていた所、雪で車が完全に埋まっていたということなんです。


車の雪かきするのに1時間くらいかかった、凍死するかと思った…。


…と、その当時、えいと@夫が申しておりました。


今回もそんなこと(車が雪に埋もれている)になったらイヤだねぇ〜って言っていたのですが、


空港のあたりはそんなに雪が多くなかったようで、助かりましたよー。



さて、えいと@夫妻の家はバッファローの北部にあるので、今回はえげつないほどの雪は降らなかったようです。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    バッファローがえらいことになってます


でも、えいと@夫妻がアトランタに滞在している間に、確実に雪は積もったようでした。


   a-hatuyuki10-1.jpg


こちらがアトランタに行く直前の えいと@んちのベランダの様子 ↑です。


   a-berandayuki10-1.jpg


そして こちらはアトランタから戻った翌日(本日)のベランダの様子 ↑です。


BBQグリルの上の雪は確実に増えておりますのぅ。


ライオンさん、オットセイ君 状態には まだなっておりませんけどね。


 a-ooyuki10-5.jpg


   こちら ↑ がライオンさん。(2010年1月はじめ)
     ベランダにライオンさんが〜〜〜っ!


 a-ooyuki10-7.jpg


こちら ↑ はオットセイ君。(2010年3月はじめ)
  大雪ですぅ〜オットセイ君がベランダに〜


よくもまぁ、これだけ積もるものですよねぇ〜。


今のとこ、ここまで はひどく積もってはいませんが…。


近いうちにえいと@んちのベランダはすごい状態になるでしょうなぁ〜。


いよいよバッファローに雪の季節がやって来たということでございます。



ところで。


アトランタ 楽しかったです♪


今年の1月にアトランタに行った後は、


アトランタにはもう来たくない!…って言っていた えいと@夫でありましたが、

 前回のアトランタに関する記事はこちら ↓ です。
    えいと@のアトランタ旅行記 (2010年1月1日〜6日)


今回はアトランタってなかなかいい街やなぁ〜と申しております。


どういう心境の変化??? 何があったの?…って聞きたい気分。


治安の悪さは 前回とさほど変わりはなかったですしねぇ。


あ、でも、ちょっと変化はありました。


そのあたり、またおいおい記事にUPしていきますね。


前回のアトランタ旅行記もまだ未完成ですし。


忘れないうちに記事にしていきたいと思っています。



あぁ、疲れた。


トシと共に旅行疲れがとれにくくなってきています。


風邪はだいぶいいんですけど、完治にまでは至ってないし…。


体力が年々落ちてる気がいたしまする。。。(´Д`|||) ドヨーン




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 12:30| Comment(21) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(雪国編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。