2008年08月14日

安全な航海のために〜クルーズの避難訓練


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


これはえいと@夫妻の昨年の7月のアラスカ旅行に関する記事です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m


今までの記事アラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいね。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



ただ今アラスカクルーズ セレブレティについてお送りしております。(^-^)

 アラスカクルーズに関しての今までの記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    セレブレティクルーズ【SUMMIT】
    【SUMMIT】でのセレブ(汗)な体験(ルームサービス編)
    【SUMMIT】でのセレブ(汗)な体験(レストラン編)
    【SUMMIT】での食事メニュー(前菜編)
    【SUMMIT】での食事メニュー(メイン編)
    【SUMMIT】での食事メニュー(デザート編)
    熟年になっても…I Love You…♪
    氷とお料理の芸術品! 【Le Grand Buffet Magnifique】
    船上のカジノ The CASINO of Celebrity Cruises
    JAZZの歌声とおいしいカクテル〜船上のJAZZ BAR
    すっごい迫力! 船上の絵画オークション
    間近で鑑賞! 船上のミュージカル
    うっとり〜聞き惚れる! 船上のピアニスト! ANTONIO SALCI



動くホテルといわれるクルーズ船 セレブレティ。


乗客数2034名の大型クルーズ船であります。(*゚▽゚)ノ


クルーズスタッフは乗客とほぼ同数の人数であることから約4000名が乗船してるんですね。


非常にたくさんの人間を乗せてアラスカ インサイドパッセージを8日間航行するわけです。


我々乗客は安全な航行を信じて乗船します。


しかし。100%安全であるという保障はないわけです。


もちろん何かあっては困りますが。(;^_^A


えいと@夫妻が乗船したアラスカクルーズ、セレブレティは、


乗船したその日に避難訓練が行われました。


 a-kuru-zunoanzen4.jpg


こんな風 ↑ に救命胴衣をつけてホールに集合します。


この救命胴衣は一人一人きちんとあわせるんですねー。


あわせた救命胴衣を自分の部屋に置いておくわけなんです。


 a-kuru-zuanzen10.jpg


えいと@夫妻もしっかり参加 ↑ していますー。(*^^*)(全員参加です)


   a-kuru-zunoanzen5.jpg


甲板に出て、さらに避難の説明を受けます。


こういうことをきっちりしてくれるってありがたいことですね。


クルーズの旅が始まることでウキウキしてるわけですから。((o(^∇^)o))


万が一のことなんてぜーんぜん考えてませんもんね。(・Θ・;)


それにちょこっと釘を刺す意味でも、


こんな風に万が一の危険があることをしっかり説明してもらうことは必要であります。(*゚v゚*)b


   a-kuru-zunoanzen8.jpg


   a-kuru-zunoanzen7.jpg


この救命ボート ↑を見てタイタニックを思い出しましたよ。σ(゚・゚*)


タイタニック号は船の外観(美しさ)を重視するあまり、


乗客人数分の救命ボートを設置しなかったんですよね。(゚^ ゚ ;)


船が沈むなんて誰一人思っていなかったんでしょう。


何でもそうですけど備えあれば憂いなし。


何があるかわからないのですから、しっかりと備えだけは整えておきたいものですね。(-_-)ウーム




    【おまけ】


乗船前にこんな風景 ↓ を見ました。(^_^)


   a-kuru-zunoanzen2.jpg


       麻薬犬です。


   a-kuru-zunoanzen1.jpg


船に運び込まれる荷物はものすごい量です。


一生懸命に働くワンコ。


このワンコもクルーズの安全のために働いてくれてるんですねー。


ありがとう〜。ワンコちゃん♪ お疲れさまでした〜。\(o^▽^o)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



2008年08月06日

うっとり〜聞き惚れる! 船上のピアニスト! ANTONIO SALCI


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


これはえいと@夫妻の昨年の7月のアラスカ旅行に関する記事です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m


今までの記事アラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいね。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



ただ今アラスカクルーズ セレブレティについてお送りしております。(^-^)

 アラスカクルーズに関しての今までの記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
      セレブレティクルーズ【SUMMIT】
      【SUMMIT】でのセレブ(汗)な体験(ルームサービス編)
      【SUMMIT】でのセレブ(汗)な体験(レストラン編)
      【SUMMIT】での食事メニュー(前菜編)
      【SUMMIT】での食事メニュー(メイン編)
      【SUMMIT】での食事メニュー(デザート編)
      熟年になっても…I Love You…♪
      氷とお料理の芸術品! 【Le Grand Buffet Magnifique】
      船上のカジノ The CASINO of Celebrity Cruises
      JAZZの歌声とおいしいカクテル〜船上のJAZZ BAR
      すっごい迫力! 船上の絵画オークション
      間近で鑑賞! 船上のミュージカル



動くホテルといわれるクルーズ船 セレブレティ。


今回も船内のエンターテーメントであります。(o^-^o)


昨日はミュージカルを間近に見ることができ感激した記事を書きました。


今回はピアノ演奏です。


ミュージカルとは別の日にピアニストの生演奏があったんですねー!(*゚▽゚*)b


ピアニストの名前はANTONIO SALCI !


   a-Xkuru-zu23.jpg


この方がANTONIO SALCI ↑です。


ご存知の方もおられることと思います。(^_^)


ANTONIO SALCI幼少の頃からピアノを始め、


何と若干14歳でプロになったという天才なんですね〜!


ピアニストであると同時に、


ハリウッド映画音楽のプロディユースを勤める音楽家でもあります。



ANTONIO SALCIの魅力はピアノ演奏ももちろんですが、


演奏の合間にトークを交えたりして観客の心をグッと引きつける、そんな魅力があるんですね〜!(⌒o⌒)b


ミュージカルの時と同様、えいと@夫妻は前から3番目くらいの席をとって鑑賞しました。(*゚v゚*)


こんなに間近にこんなすごい人のピアノの生演奏が聴けるなんて…。


とっても幸せな気分になりました〜。(*´∇`*)


a-Xkuru-zuenta10.jpg


  体全体で演奏するって感じでした。


  本当にすばらしい演奏で、時間を忘れちゃうくらいでしたね〜。(´∀`)


 a-Xkuru-zuenta22.jpg


えいと@夫妻は彼のピアノ演奏のCD ↑を買っちゃいましたよ〜。


購入時に、えいと@夫はANTONIO SALCI 氏と話をし握手をしてもらったそうです。(この時えいと@はその場にいなかったんですねぇ〜! 残念!)


そしてCDにサインをしてもらっちゃいました〜♪ o(*^▽^*)o~♪



それにしても、本当にまさか船上でピアノの生演奏を聴けるなんて思わなかったですねー!


すばらしい!の一言でしたよー。(゚▽゚)v


こちら ↓ に一部分だけANTONIO SALCI の演奏を聴けるサイトがありますので、


興味がある方はどうぞ〜。→ http://www.antoniosalci.com/videos.html


a-Xkuru-zuenta11.jpg


しかし…。


船の中にグランドピアノ ↑を持ち込むって…。


すごいなーーーっ! (@∇@)


…って思いましたぁ〜。(=^‥^A




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2008年08月05日

間近で鑑賞! 船上のミュージカル


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


これはえいと@夫妻の昨年の7月のアラスカ旅行に関する記事です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m


今までの記事アラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいね。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



今回からしばらくアラスカクルーズ セレブレティについてお送りしたいと思います。(^-^)

 アラスカクルーズに関しての今までの記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
      セレブレティクルーズ【SUMMIT】
      【SUMMIT】でのセレブ(汗)な体験(ルームサービス編)
      【SUMMIT】でのセレブ(汗)な体験(レストラン編)
      【SUMMIT】での食事メニュー(前菜編)
      【SUMMIT】での食事メニュー(メイン編)
      【SUMMIT】での食事メニュー(デザート編)
      熟年になっても…I Love You…♪
      氷とお料理の芸術品! 【Le Grand Buffet Magnifique】
      船上のカジノ The CASINO of Celebrity Cruises
      JAZZの歌声とおいしいカクテル〜船上のJAZZ BAR
      すっごい迫力! 船上の絵画オークション



 a-Xkuru-zu3.jpg 


動くホテルといわれるクルーズ船 セレブレティ。


今回は船内のエンターテーメントであります。


大型客船のクルーズには必ずといっていいほど劇場があります。


セレブレティクルーズはかなり大きな劇場がありました。


a-Xkuru-zuenta-1.jpg


この劇場でエンターテーメントがいろいろ行われるんですねぇ〜。


でねっ!


ミュージカルがあったんですよ!


えいと@はミュージカルが大好き!(*゚▽゚*)v


しかも生のミュージカル!


これが自由な席で観れちゃうんですよ。


本物の劇場そのものの音響で、すばらしかったですっ! (*⌒▽⌒*)b


毎日配ってくれる予定表に「本日のエンターテーメント」が書いてあって、


自分の行きたいエンターテーメントをチェックして、参加するんです。


もちろん無料!(クルーズ代金に含まれています)なんですよぉ〜。ヽ(´▽`)/


たいていミュージカルは夕食後に行われます。


ディナータイムは前半(午後6時〜8時)と後半(午後8時半〜10時半)に別れてるんですね。


クルーズの乗客の人数がすごい多いので、一度に同じレストランで食事が出来ないんです。


で、えいと@夫妻は後半のディナーであったので夜の11時から開演の部を観に行く…っていうスケジュールでした。


a-Xkuru-zuenta4.jpg


a-Xkuru-zuenta6.jpg


a-Xkuru-zuenta7.jpg


乗船中、2本のミュージカルを楽しむことが出来ました。


えいと@夫妻は前から2列目で鑑賞したんですよー!


役者さんたちの表情まではっきり見えて、すごい迫力でしたー!(* ̄▽ ̄*)v


   a-Xkuru-zuenta3.jpg


この女性ダンサー ↑ はめっちゃ踊りがうまかった!んです!


長身でスタイルも抜群!


この時は脇役でしたけど、きっとそのうち主役を勝ち取っていくような気がしました。(*゚v゚*)


a-Xkuru-zuenta5.jpg


これ ↑ はバレエとサーカスをミックスしたような、


とっても美しい踊りうっとりしちゃいましたねぇ〜。(*´∇`*)


   a-Xkuru-zuenta8.jpg


彼女は主役のプリマドンナ ↑です。


「とっても美しい声で感激した」って言うと、すごく喜んでくれて、気軽に写真撮影に応じてくれました。(*^^*)



本当に見応えのあるミュージカルで楽しかったです。


クルーズ船に乗った時は こういうエンターテーメント要チェックですねっ!(≧∇≦)b




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)

2008年07月31日

陸の孤島 バローで売られてないものとは…これだっ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


これはえいと@夫妻の昨年の7月のアラスカ旅行に関する記事です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m


今までの記事アラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいね。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



昨日に引き続き北緯71度23分、北米大陸最北端の地,バローであります。


バローに関する記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪

      陸路のないアラスカ最北端 バローに向かう
      永久凍土の村 BARROW 真冬には気温が−50度にも!
      エスキモーの必需品 毛皮で厳冬を過ごす
      舗装されていない村 バロー
      村にひとつしかないもの…それは…これだっ!
      素朴なバローの子供たち
      ツンドラに咲く可憐な花々
      真夜中の太陽! MIdnight Sun!
      真夜中に遊ぶバローの子供たち
      「世界の頂点」という名前のホテル 
      北極圏でメキシカン
      北極海で日本料理(もどき)



昨日の記事の続編です〜。


【おまけ】でクイズをお出ししまして。


たくさんの方にお答えいただきました〜。(*゚▽゚)ノ


Skyさん、E店長さん、つなみさん、おね太郎さん、
どれみさん、borarnさん、naotoさん、コメットさん、
かげさん、hiromeiさん、まーさん、Yogacatさん、reeさん。



ありがとうございました〜♪ (*^-゚)v Thanks!!



さて、その「あるもの」でありますが…。


まず日本料理レストランの「Teriyaki 将軍」で聞いてみたんです。


すると「ないわよ〜。このあたりじゃーどこのレストランにも置いてないねぇ〜」


…って答えでした。


えっ! レストランに置いてないんですかー! w(゚听;)w


なんでだろう??? (・・?)


で、アラスカのスーパーに行ってみたんですよ。


探してみましたがありませんでしたねー。


で、店員さんに聞いてみたんです。


すると「売ってないよ」といともあっさり言われちゃいました。( ̄Д ̄;


バローではその「あるもの」を手に入れることは無理なようです。c(゚^ ゚ ;)


そこで なぜ売ってないのか聞いてみますと…。


「ありえない! だれも飲まない」…ってことでした。


そうなんです。


正解は飲みものだったんですねー!


えいと@夫妻が大好きな、アレです。(^○^)b


そうっ! お酒! アルコールでございました〜。(^▽^)/


お答えくださった全員の方が正解でございましたー!


皆さまっ! おめでとうございますぅ〜♪ (⌒ー⌒)∠☆.:*:・'゚☆Pan!


おぼれるというキーワードと、


えいと@夫妻が大好き…っていうことが大きなヒントになったようですね。(⌒∇⌒)v



さて、なぜバローではお酒を売っていないのか。


その理由でありますが…。


実はバローには禁酒法という法律があるんだそうです。


え? 禁酒法? (@.@)???


それって1920年から1933年までのお話なんじゃないのぉー?


もう禁酒法は過去の話なんじゃないのぉ〜?


…って思いますよね? (・◇・ )b


アメリカでは今でもお酒の販売に厳しい州があります。


これは禁酒法のなごりお酒を買うのに時間帯が制限されてたり、


普通のスーパーでは購入出来ない州があるようですが、


バローではお酒そのものが買えない、どこにも置いてない…ということなんですねぇ。c(゚.゚*)


どうやらバローの禁酒法は、アメリカの禁酒法とは別ものであるようです。


禁酒法ではなかった時代、つまり自由にお酒が飲めた時代に、


バローにおいてお酒に酔っぱらった人間による事件や事故が多発していたんだそうな。


それで住民の意思(選挙)で禁酒の法律を独自に作ったんだそうです。


どの程度の事件,事故だったのかはわかりませんが、


多くの住民が お酒は危険! ないほうがいい!


…って判断したわけですから、よっぽどだったのかもしれませんね。(゚-゚;)ウーン


バローの冬は夜が長いんですよね。


で、娯楽があまり多くないこともあり家で酒を飲むことが多かったんでしょう。


もしかしたらこの長いバローの冬の夜が、


お酒を多量に飲む環境を作り出していたのかもしれませんね。(-_-)ウーム



ところで。


バローのスーパーマーケットですけど。


けっこう大きなスーパーが1軒ありました。


 a-barrowsu-paa.jpg


中の写真を撮らなかったんですが、米系スーパーとさほど変わらない感じでしたよ。


もっとこじんまりしたスーパーが何軒かあるにかなーと思ってたので、意外でしたねー。


牛乳や野菜、牛肉など普通に売ってました。


でね。


驚いたのはその値段です。


めちゃくちゃ高いんですぅー!(@Д@;


牛乳などの乳製品、油類、野菜類がすごっく高かったんですねー。(; ̄□ ̄A


バローの地はツンドラ(永久凍土)ですからね。

 永久凍土についてはこちら ↓ の記事を見てくださいね〜♪
    永久凍土の村 BARROW 真冬には気温が−50度にも!


バローでは農業はできないし、牛や豚も飼育できないため、


アメリカ内地から全て運ぶ必要があるんです。


陸路がないために物資の輸送はすべて空輸に頼ることになります。


それでこんなにも物価が高いんでしょうね。( ̄_ ̄ i)


陸の孤島と言われているバロー。


過酷な地で生きるということは、我々にはわからない苦労がたくさんあるんでしょうねー。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
(注)クリックでランキングのページに飛びます。北米在住の方のブログが満載です♪

2008年07月27日

真夜中に遊ぶバローの子供たち


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


これはえいと@夫妻の昨年の7月のアラスカ旅行に関する記事です。


たいぶタイムラグがありますが、ご容赦くださいませ。m(*- -*)m


今までの記事アラスカ紀行2007はこちらの目次 ↓ からご覧になってくださいね。

 えいと@のアラスカ紀行(2007.7/5〜7/24)目次



昨日に引き続き北緯71度23分、北米大陸最北端の地,バローであります。


バローに関する記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪

      陸路のないアラスカ最北端 バローに向かう
      永久凍土の村 BARROW 真冬には気温が−50度にも!
      エスキモーの必需品 毛皮で厳冬を過ごす
      舗装されていない村 バロー
      村にひとつしかないもの…それは…これだっ!
      素朴なバローの子供たち
      ツンドラに咲く可憐な花々
      真夜中の太陽! Midnight Sun!



昨日の記事に書きましたように北極圏に位置するバローは、


5月10日〜8月2日までの85日間は太陽が沈まないんですねぇ〜。


つまり! 白夜(びゃくや、はくや)なのでございます!(゚▽゚*)


で、えいと@夫妻は真夜中の太陽、Midnight Sunを見るためにホテルを出て,海に向かいました。


すると…! 


こんな光景を見たんですねー! 俳(*'o'*)o



        ↓






        ↓






        ↓



a-barrowkouen1.jpg


公園で遊ぶ親子ですっ! w(゚ロ゚;)w オォー


え? なんでそんなに驚いたのかって?


だって、だって…。


子供たちが遊んでる時間は…。


Midnight! 午前0時! (ёロё)ホエー!! だったんですもん!


子供が遊ぶ時間ではないでしょ〜〜〜? 普通に考えて。( ̄ェ ̄;)


でも、この時期のバローは白夜。


薄暗くなってるとはいえ十分明るいんですねぇ〜。



話はちょいとそれますが、遅くまで明るいと生活リズムが狂うことがあります。d(・ロ・)


えいと@が住むNY州バッファローも、夏は日照時間が長いんですね。


夏至の頃は午後10時でも明るいわけです。


なので何度夕食の準備が遅くなったことでしょう。\(;゚∇゚)/


いつまでも明るいので余裕をかましてたら 夫の「お腹減ったな」ってヒトコトでフと時計を見ると…。


えぇえーっ! もうこんな時間なのぉ〜っ! |)゚0゚(| ホェー!!


…ってことが何度も懲りずにありました。(^o^;) オットヨ、スマン


a-barrowkouen11.jpg


うっすら暗くなるとはいえバローの夏は24時間明るいんですねぇ。


真夜中でも遊んじゃう子供がいてもおかしくないかもしれません。(゚ー゚;A


親がついてたしね。


治安の問題もないんでしょうし。


キャッキャ言いながら遊んでましたよー。夜中の0時にっ!


楽しそうでありました。(=^▽^=)b



さて、この親子が遊んでた公園は北極海のすぐ側にある公園でありました。


翌朝ピーカンな快晴であったので公園を散歩してみることにしました。(*゚▽゚*)


a-barrowkouen6.jpg


   素朴な感じの公園ですよね。(*゚v゚*)


a-barrowkouen2.jpg


    全面 砂地の公園なんですねー。


   a-barrowkouen3.jpg


これはバスケットゴール ↑ですが、網がないですねー。σ(^_^;)


で、地面が舗装されてない砂地なんですけど…。


ドリブルができるのかしら??? (=^‥^A


a-barrowkouen4.jpg


   a-barrowkouen8.jpg


     この恐竜ちゃん ↑ かわいい? 怖い? (^^;)


   a-barrowkouen9.jpg


これ ↑ は前日真夜中に子供が遊んでたブランコですねー。


日本のブランコとはちょっと違いますよね。座る部分が…。(゚▽゚)



ところで。


この日は日曜日の朝だったんですけど、


子供が誰一人公園で遊んでいなかったんですねー。


なぜでしょうね? ?(゚_。)?(。_゚)?


もしかしたら…。


土曜日は真夜中まで遊んで,日曜日の朝は寝坊してるのかもしれませんねー。(;^_^A


夜がいつまでも明るいと ついつい夜更かししてしまうのかな?


短い夏の夜を楽しんでいるのかもしれませんね。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と押して応援していただくととっても嬉しいです♪

     burogurannkinngu .gif 
  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)
(注)クリックでランキングのページに飛びます。北米在住の方のブログが満載です♪

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。