2007年11月24日

晩秋のナイアガラの滝(アメリカ側編)


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



日本の皆さまは3連休のまっただ中、


そしてアメリカにお住まいの方はサンクスギビングHolidayですねー。


それぞれ楽しく過ごしておられることでありましょう。(^-^)



さて。本日、えいと@夫妻はバッファローウィングでも食べに行こうか…って話になりまして。(*゚▽゚)ノ


バッファローウィング…っていうのはチキンの手羽のお料理なんですねー。


ここバッファローが発祥の地とのことで、


有名なアンカーバーっていうレストランがダウンタウンのはずれにあるんですよね。

 アンカーバーに関する記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
     めちゃうまっ! バッファローウィング!


夕方はやめにアンカーバーを目指して出かけたわけであります。(^▽^)/


が、しかし…。


時間が午後5時半であったにもかかわらず、チョーーー満員!!! (@Д@;でありまして。


仕方がないからTake OutにしようとTake Outコーナーに行きますと…。


Take Outの待ち時間が45分〜1時間!!! |)゚0゚(| ホェー!! …ってことのようでして。


こりゃあかんわ…。(;´д`)ノ


他のレストランも駐車場に車があふれんばかりに停まっていましたよ。


つまりどこのレストランも混み合ってるのですね。


そんなわけで、今日はおとなしくおうちで晩ご飯になりました。(;==)


  【教訓】


サンクスギビングの翌日はレストランはどこも混み合うので、


外食をする場合はランチで行くか、はやめの夕食にするか、


あるいは、外食を考えない方がいい!
d( ̄‥ ̄)=3


…ってことですねー。




さてっ! 本日の本題であります。(*⌒▽⌒*)b


晩秋のナイアガラの滝!であります。


えいと@夫妻は20日と22日の両日、ナイアガラの滝に行って来ました!(*゚v゚*)


20日は気温が摂氏12〜13度あって寒くなかったんですが、


22日は一転して気温が摂氏−3度と寒かったですよー。{{ (>_<) }}


a-syotounotaki1.jpg


これ ↑ はアメリカ側から見たカナダ滝です。


向こうの方に紅葉が見えるんですね〜。(*´∇`*)


a-syotounotaki4.jpg


これ ↑ もアメリカ側から見たカナダ滝です。


向こう側はカナダなんですよー。


屋根に雪が残ってますね〜。


滝の水も冷たそう〜〜〜。{{(>∇<)}}


    a-syotounotaki7.jpg


こちら ↑ はアメリカ側から見たアメリカ滝です。


水量が多くかなり豪快な音の滝で迫力がありましたよ。w(*゚o゚*)w


久々のナイアガラの滝。


いつ来ても感激しますねぇ〜。(*゚▽゚*)



         【おまけ】


   a-yukigesiki4.jpg


この銅像はNIKOLA TESLAさんです。


ニコラ・テスラ(Nikola Tesla, Никола Тесла, 1856年7月10日-1943年1月7日)
電気技師・発明家。交流電流、ラジオやラジコン(無線トランスミッター)、蛍光灯、空中放電実験で有名なテスラコイルなどの多数の発明、また無線送電システム(世界システム)の提唱でも知られる。
磁束密度の単位テスラにその名を残す。

          フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照


ナイアガラの滝を発電に利用した偉大な発明家のようです。


    a-yukigesiki5.jpg


お顔にまで雪が積もっちゃって寒そうですねー。((´д`))


季節的には晩秋ですが、


アメリカの北国は冬に突入でありますー。



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)



2007年02月14日

最高級! うすい琥珀色のメープルシロップ

昨日の記事の書いたほんまもんの日本食が食べられるレストラン(記事はこちら♪)の1階は、

日本人が経営するお土産物屋さんになっています。(^_^)


   (写真はクリックすると拡大しま〜す! Photo by えいと@)

canadagift2.JPG  canadagift3.JPG 

カナダらしくトーテンポールのミニチュア版 ↓ がかざってありました。

     canadagift7.JPG

白熊のはく製 ↓ですね〜。これも、ま、カナダらしいですな。

     canadagift5.JPG

「Please don't touch me! 手を触れないでください!」って書いてますねぇ。

きっと子供がさわっちゃうんでしょうねぇ〜。(^_^;)

それにしても…。

左側のクマさん。カールおじさん ↑のような口まわりですね。(^o^;)


   canadagift6.JPG

ん? ↑ バッファロー? なして? カナダに生息するのかな?


さて。

カナダのお土産といえば…。

皆さまご存知のメープルシロップですね〜。(*^^*)


【メープルシロップ 豆知識】

*サトウカエデの樹液を濃縮した甘味料。独特の風味がある。

*樹液は、2−4月の春先、寒暖の差が最も大きくなる季節に、直径 30 センチメートル以上の木に小穴をあけて採取される。

*2%−2.5% の糖分が含まれ、1本の木から約 40−80 リットル採れる。

*シロップの琥珀色は薄いほど高級となる。

*最高級のエキストラライト(Extra Light)はわずか2週間しか採取できない。


      フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照



このお店には日本人スタッフがいるので、日本語で質問することができるんですよ〜。

ありがたいことですねぇ。(=´▽`=)

えいと@夫妻がここのお土産物屋さんに入った時は、OFFシーズンであったので他にお客さんはいませんでした。

それでかどうかわかりませんが、お店の方から「何か商品のご説明をいたしましょうか?」と声をかけてくれました。

メープルシロップについていろいろ教えていただきました。


 でっ! えいと@が今回購入したメープルシロップはこれ! ↓

canadagift10.JPG  canadagift11.JPG  
これ ↑ は最高級とされるエキストラライトのメープルシロップです。

ちょっとおっしゃれ〜♪な瓶でしょ? カナダっぽくて。(*´∇`*)ウフ

このシロップは一番搾りらしいんですねぇ〜。…なんかビールみたいだな。


メープルシロップについてもちょっとおりこうさんになったし♪

ご機嫌さんでお店を出たえいと@なのでありました〜♪ (=^▽^=)


      【おまけ】

   こんなポッキー ↓がありましたよ。(*゚o゚*)

   canadagift4.JPG

カナダ限定のポッキーなのであります。

メープルシロップが入ってるみたいですね〜。(゚‐゚*)

買おうかな〜…って思ったけど、高かったんでやめました。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

食べたことのある方、ぜひ! 感想を聞かせてくださいね〜♪


       banner_04.gif  にほんブログ村 海外生活ブログへ 
  1日1回の愛揺れるハートのクリック↑ での応援が励みになってます♪かわいい


もうすぐ確定申告!会計・経理ソフトの導入に困っていませんか?無料相談実施中!

2007年02月12日

感激! 真冬のナイアガラの滝と美しい虹

真冬のナイアガラの滝の続編で〜す。

昨日はRainbow Bridgeを徒歩で渡り、

カチンコチンに凍ったNiagara Riverアメリカ滝の様子をお届けしました。(こちらの記事を見てくださいね♪)

本日は真冬のカナダ滝の様子をお届けしたいと思います。(o^∇^o)ノ


(今回の写真は画素数が大きいため拡大できません。Photo by えいと@)

n-fuyutaki4.jpg

その日の風向きや天候によって、水煙の上がる方向は変わってきます。

今回は滝壺が凍っていたこと、風がなかったことから

水煙がほぼ真上に上がってくれていたため

カナダ滝にかな〜り近づくことができました。(*^▽^*)〜♪

n-fuyutaki5jpg.jpg

   がかかっていました。キレイでしたよ〜。(*´∇`*)ウットリ

n-fuyutaki3jpg.jpg

虹が滝壺に突き刺さる様子の写真も撮ることができました。

「おぉお〜っ」(*'0'*)…って歓声があがっちゃうくらい感動しました。

その様子 ↑ はえいと@のお気楽写真館【突き刺さる七色の光】と題した記事を載せてますので、良かったらそちらもご覧になってくださいね〜♪


n-fuyutaki1.JPG

カナダ滝に近い部分のNiagara Riverの表面の様子 ↑ です。

n-fuyutaki2.jpg

  かな〜り大きな虹でしたよ〜。

  完全な虹全体を見ることができました。(*^^*)

  残念なことに写真には納まらなかったんです。大きすぎて…。


今回はカナダ滝にかなり近づけたのでめっちゃうれしかったです。

この日は風がなく体感温度がさほど低くなかったようなので、

防寒さえきちんとしてれば長時間歩いても大丈夫でしたよ。(^∇^)v

観光客の方もけっこうおられましたねぇ。(^○^)

ナイアガラの滝夏から秋が大変人気だそうですが、

冬のナイアガラもいいですよ〜!

天候に左右されちゃいますけど、感動ものです! (=^▽^=)

カチコチに凍りついたナイアガラ!

機会があればぜひ! 体験してみてくださいね〜♪ (o⌒∇⌒o)/


       banner_04.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
  1日1回の愛揺れるハートのクリック↑ での応援が励みになってます♪ひらめき


2.3月がお得な海外ツアーがてんこ盛り! 海外航空券.パッケージツアーはHIS!

2007年02月11日

凍りつく! カチンコチンのNiagara River


「水道の水が出ぇへんで」

昼前にえいと@夫がえいと@を起こしに来て ← 何時まで寝とるんじゃ (;゚∇゚)

起きて確認すると…。

ブシュブシュ〜ッ

ありゃ、ホントだ。水が出ない。( ̄Д ̄;) ガーン

…っつーことは…。

食事の準備もできないし、トイレにも行けない

…ってことであります。(=n=;)

どこかの水道管が破裂したのか?

…それだったらもっと大騒ぎになってるはず。

きっと近くで水道管の工事かなんかをやっているんでありましょう。

以前にも同じことがありましたもん。(●`ε´●)

以前も2〜4時間くらいでお水は出てきました。何事もなく。

アメリカってお知らせがなくいきなり!

…ってことがよくあるので、もう慣れちゃいましたねぇ〜。┐( ̄ヘ ̄)┌ヤレヤレ


さて。2〜4時間もお水がない状態で家にいても仕方がない。

そこで!

ナイアガラの滝を見に行こう!

…ということに決定いたしました。(^▽^)/

外気温は摂氏−6度。そんなにめっちゃくちゃ寒くないし。(^_^)

先週末に−17度にまで下がったから、きっと滝の様子も一変してることでありましょう♪


…てなわけでまたまたやって来ました、ナイアガラの滝!(o^∇^o)ノ

えいと@は歩いてRainbow Bridgeを渡ることにしました。

えいと@夫は「寒いからイヤ」ということであったので(ま、風邪ひいてたしね)

車でRainbow Bridgeを渡り、カナダ側で落ち合うことにしました。(⌒o⌒)b


 (写真はクリックすると拡大しま〜す! Photo by えいと@)

kokkyou2.JPG  kokkyou3.JPG  

以前と同じ(当たり前)徒歩での国境越えのゲート ↑を通りまして…。

いざ! Rainbow Bridgeへ!\(^▽^)/


  fuyunotaki3.JPG

  さて、いよいよ橋の上からナイアガラの滝を臨みます。

  えいと@はめちゃくちゃ感激!しましたよぉ〜。

  わかりますか? 

Niagara Riverがカチンコチンに凍ってる ↑のでありますよ〜! (*'0'*)

  rainbow-canonkiss3.JPG

 この写真 ↑ は1月24日のナイアガラの滝の様子です。


  fuyunotaki4.JPG

      Niagara Riverの表面 ↑です。

     すごいですよね〜。ここまで凍るんですもの! (@.@)

     月の表面みたいになっちゃうんですね〜。


  fuyunotaki2.JPG

     冬のアメリカ滝 ↑の様子です。


  fuyunotaki1.JPG

カナダ側からRainbow Bridgeの方向を見るとこんな感じ ↑ になります。


fuyunotaki5.JPG  fuyunotaki6.JPG

この案内図 ↑ は表側と裏側の両方を写したものです。

滝の水煙で表側がカチンコチンになっておりました〜。(⌒▽⌒;)


1月24日にナイアガラの滝に行った時も感激しましたが、

今回は言葉がなくなるほど感激いたしました!

ここまでびっちり凍ってしまうなんて…。w( ̄▽ ̄;)wスゴスギル〜


次回は真冬のカナダ滝の様子をUPします。

カナダ滝もすごかった!ですよ〜。

水煙が上の方に舞い上がっていたおかげで、

かなりカナダ滝に近づくことができました。

ぜひ! 見に来てくださいね〜♪ (●⌒∇⌒●)ノ


       banner_04.gif  にほんブログ村 海外生活ブログへ 
 1日1回の愛揺れるハートのクリック↑ での応援いつもありがとう!わーい(嬉しい顔)

2007年01月28日

自然が生み出す氷のオブジェ! カナダ側から見るナイアガラの滝!

「感激! 冬のナイアガラの滝!」の第4弾で〜す!

以前の記事はこちらで〜す。↓

 第1弾 感激! 冬のナイアガラの滝!
 第2弾 超感激! 冬のナイアガラの滝! その2
 第3弾 歩いて国境を越える!Rainbow Bridgeから見るナイアガラの滝!


さて。

いよいよカナダへとやって来ました〜。(^∇^)/

夏の間はきっと賑わってるであろう川沿いのスタンドは全部クローズ。

クリスマスやニューイヤーなどのイベントの時には

冬の時期でも賑わうカナダ側でありますが。

さすがに何にもない時にはひっそりしたものであります。

観光客はゼロではないでしょうけど、とても少ないのです。

この時期にナイアガラの滝に来る人っていうのは…。

冬のナイアガラの滝が見たい!と思っている人

あるいはよっぽど滝が好きな人

あるいは地元の人間

…ぐらいでありましょう。(^ー^;)


昨日の記事にも書きましたが…。

カナダ滝の水しぶき(水煙)はすごい高さまで上がります。
(詳しくはこちらを見てね♪)

その日の風向きによって水しぶきはアメリカ側に、

またはカナダ側に雨のように
降るのであります。(;゚ ロ゚ )


  (写真はクリックすると拡大しま〜す! Photo by えいと@)

   compact-na-canada2.JPG

compact-na-canada1.JPG  compact-na-canadai.JPG

      compact-na-canada4.JPG

ここ最近、気温がぐっと下がり、摂氏−10度以下になる日がたびたびあります。

カナダ滝の水しぶきは、外灯や木々を氷で覆ってしまう

…のでありますねぇ〜。(^0^;)

自然が生み出すオブジェ。↑ 芸術品のようです。

毎日氷の形が変化するんですねぇ〜。神秘的です。(*'v'*)


campact-na-canada6.JPG  compact-na-canada.JPG

     柵 ↑ もガチガチに凍っていますねぇ〜。

     文字盤は字が読めませんし…。(0д0:)


さて!

いよいよカナダ側からみたナイアガラの滝 ↓であります。

       Canon EOS Kiss デジタルNで撮影。

(以下 ↓ の写真は画素数が大きいので拡大できません。Photo by えいと@)

kiss-taki36.jpg

kiss-taki35.jpg  

kiss-taki34.jpg
 
     こちら ↑ はアメリカ滝です。

夜景の写真を見てみたい方は2006年12月27日の記事をご覧くださいね〜♪


     こちら ↓ はカナダ滝です。

kiss-taki32.jpg

kiss-taki33.jpg

       kiss-taki31.jpg           

kiss-taki30.jpg

この日は風向きが上方向、もしくはアメリカ側に向かっていたため、

カナダ滝のカナダ側への水煙は比較的マシでした。

そのため、かなりカナダ滝に近づくことができたのであります。(*^-^*)

水煙がカナダ側に上がっている間は滝に近づけません。

ややきつめの雨が降っているのと同じだからなんです。

濡れてもいい人は近づけますけど。(今の時期は寒いのでかな〜り辛いです)

一眼レフカメラを持ってる人間は近づくことができませんよねぇ〜。

今回あと100メートルくらいで滝のすぐ側!

…というところで風向きがカナダ側に…。

残念でしたが引き返しました〜。((((((〃_ _) ガックリ


今回の徒歩での国境越え。

冬のアメリカ滝、カナダ滝の徒歩観光
は…。

寒かったけれどめっちゃ楽しかったですぅ。(´V`)♪

帰り道、何かキラキラするなぁ〜。

雪が降ってるわけでもないし…。 (・_・?)

…って思ってよ〜く見たらダイヤモンドダストなんですねぇ〜。

キラキラキラ…。きれいでしたぁ〜。ぴかぴか(新しい)


ゆっくり写真を撮りながらですけど、往復3時間半歩きましたよぉ。

よー歩いたなぁ〜。寒い中。(^-^;)

えいと@夫は文句一つ言わずに、えいと@に付き合ってくれました。(´∀`o)

えいと@夫よ、ありがとん黒ハート



       banner_04.gif  にほんブログ村 海外生活ブログへ 
   1日1回の愛揺れるハートのクリック↑ でこの感激をあなたにも!ひらめき
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。