2012年03月06日

パフォーマンスが楽しい〜火鉢でファイアー!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



えいと@夫のお給料が入ったらどこかで外食を楽しむことにしている えいと@夫妻。


2月29日(今年はうるう年〜♪)に和食レストランに行ってまいりました〜♪


以前、ご紹介した Robata of Tokyo です。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
   お寿司がまいう〜♪ Robata of Tokyo


 a-RobataT12-1.jpg


こちら ↑ はリーズナブルで ネタが抜群にいい 日本人の板前さんが握るお寿司屋さんです。


PA州リーハイバレーエリアでは 一番のお気に入りのお寿司屋さんなのです。


でね、このお店には火鉢があるんですー。


そう、火鉢ですよ。HIBACHI♪


  a-hibati12-1.jpg
         wikipediaより画像拝借


   こちらは日本の火鉢!!! ↑


   そして こちら ↓ が…。


   アメリカのHIBACHI !!!
  

 a-RobataT12-2.jpg


うふふ、このノリは お友達ブロガーのおえしさんのブログ ↓ から拝借いたしました〜♪
  おえしのアメリカ漂流記〜ノースカロライナ編〜


アメリカで鉄板焼きのことを「HIBACHI(火鉢)」っていうんですよね。


長いことアメリカに住んでながらPA州に来て初めて知りましたわ…わたくし。。。


アメリカの日本食レストランにはよくあるんですよ。


この「HIBACHI(火鉢)」が…。


で、アメリカで「HIBACHI(火鉢)」初体験をいたしました!


ここ Robata of Tokyoでっ!



Robata of Tokyoには平日限定 「HIBACHI スペシャルメニュー」ってのがありましてね。


ドリンク各1本、前菜1コ、HIBACHI(鉄板焼き)と デザートがついて、2人前で52.5ドル+TAX!


2人分で52.5ドル+TAXはお得でしょー?


今回は その平日限定 「HIBACHI スペシャルメニュー」をオーダーしてみました〜。



HIBACHI 以外にお寿司も食べたかったので 今日のおススメを聞いたところ、


特別に入ったネタでボタン海老の握りがあるとのこと。


もちろんそれをオーダーいたしました。特別ってのに弱い えいと@夫妻ですー。


他にもウニやイクラ、鰻,アナゴなどをオーダーしようとしたのですが、


お店の方に日本人はそんなに食べられないから、お寿司は後でオーダーした方がいいよ〜ってアドバイスをいただきましてねぇ。


HIBACHI を食べた後のお腹の具合で追加オーダーにすることにいたしました。


   a-hibati12-2.jpg


こちらがボタン海老の握り ↑ でございますぅ〜。


もうね〜〜〜とろけるようにおいしいの〜〜〜♪ しあわせ〜♪ 


でね! ボタン海老の頭でスープを作ってくださったんです!


それがこちら! ↓


 a-hibati12-5.jpg


カツオだしのいい香りがしてすんごくおいしいスープ!


海老のミソがとけてまいう〜♪


   a-hibati12-3.jpg


「いい湯だな〜ははは〜ん♪」


…ちょっと遊んでみました〜。わははー(笑)



さて! いよいよHIBACHI(鉄板焼き)ですっ!


 a-hibati12-6.jpg


こちらは前菜の蒸しシューマイ ↑ です。なかなかおいしかったですー。


ところで、シェフに どこから来たのか聞いてみたところ南ベトナムから移民して来られたんだそうで、


アメリカに28年ほど住んでおられるそうです。


ベトナム戦争が終わって8年ほどしてアメリカに来られたのですねー。



さて、このHIBACHI のウリはパフォーマンスなんですねー。


フライ返しやナイフを放り投げたりするのが楽しいのであります。


わたくし、フライ返しで上にある換気扇のスイッチを入れたのを見逃しませんでしたわよぉ〜。


おもわず笑っちゃいましたが、ま、お愛嬌〜♪ということで 見なかったことにしておきましょうー。(笑)


さて、ここからが見せ場ですっ! ↓


   a-hibati12-7.jpg


  油をまいてマッチを擦りましたよーー!


   a-hibati12-8.jpg


おぉお〜っ! ファイアーーーッ!!!!!


いや〜〜〜楽しい〜〜〜っ!


写真に取り損ねたーって言ったら、2回もやってくれちゃいましたよー。ファイアー!を。


サービス満点でございますねー。


 a-hibati12-9.jpg

        出来上がりの図 ↑



おえしさんが ご自身のブログで こんな風に感想を書いておられます。

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

ちなみに、
味については、まあ普通。
私がオーダーしたステーキは結構しょっぱい味付けだったな〜。
醤油かけすぎかとwww

正直言ってヒバチスタイルは一度行けば、じゅ・・ゲフゲフごフォ・・(略)


                       〜〜〜転載ここまで〜〜〜


そうなんですよー。


お味はね、ふつーなんです。


おえしさんが食べたのは ちょっと醤油が強くて辛かったようですが、


えいと@夫妻が食べたのはちょっと塩辛かったのですよねー。


…っていうのは、私たちがいちいち「わー!ぱちぱちぱち〜」なんて大喜びしちゃったもんだから、


シェフさんったら 調子に乗っちゃってねぇ〜〜〜。


パフォーマンスしながらバンバン塩をかけてくれちゃったのですよねー。


まぁ、食べられないほど辛いわけじゃ〜なかったですけど…ね。


焼き飯はおいしかったです。これはプロの味でございましたー。


また、おえしさんは コメントで次のように書かれてました。

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

正直いって、火鉢はそれといって美味しくないよね。。。
食べられないとかそういう次元ではないんだけど、一回見れば良いって感じよね。
具をただ焼いただけ。。。。それじゃ寂しいのでパフォーマンスつけましたって感じかな〜。。。


                      〜〜〜転載ここまで〜〜〜


これ、全く同感ですねー。


確かにパフォーマンスは楽しいです。


アメリカ人にはバカウケすると思います。


しかし、味を重視する日本人としては…HIBACHI は1回経験したらいいかな〜って感じですわ。


結局、お腹いっぱいになっちゃって、ウニ、いくら、アナゴのお寿司を食べられなかったしね…。残念。。。


デザートもお持ち帰りさせていただきました〜。


 a-hibati12-10.jpg


お持ち帰りをしたので 見栄えは悪いけど、このレアチーズケーキ ↑ すんごくおいしかったですー!



あぁ〜ウニ、イクラを食べられなかったのが心残りです。。。


次回はお寿司メインで食べにいくぞーっ!


…と、誓った えいと@夫妻なのでありましたー。




       【おまけ】


お腹いっぱいになって このお店を出ると…こんなものが目に飛び込んできましたー。



            ↓





            ↓





            ↓



 a-hibati12-11.jpg


駐車違反 ↑ ですっ!


アメリカって駐禁の取り締まりは厳しいんですよ〜。


ちょっとの違反も見逃さない!って感じなのです。


それにしても…このタイヤの固定はきついですね。


こんなのはじめて見ましたよ。やっぱ都会は厳しさ倍増ですなぁ。


あ、これは えいと@夫妻の車ではありませんよー。えいと@夫妻はちゃんと駐車場に停めてましたからね。


皆さん、駐車違反にはお気をつけ下さいませ〜。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2012年02月09日

お寿司がまいう〜♪ Robata of Tokyo


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



今日は珍しく雪です〜。雪


…なんて、いやはや、こんなことを言う日が来るとは…。


去年までは豪雪地域で有名なNY州バッファローってとこに住んでいたので、


11月中旬から3月末〜4月上旬まで ほぼ毎日が雪でしたからねー。


出かける時には、必ず車に積もった雪かきをしないといけない毎日でございましたから…。


雪が少ない地域って,なんて暮らしやすいんだろう〜としみじみ感じておりまするー。



さて。


えいと@夫妻が住むPA州 東部にはおいしいお寿司屋さんが数件あるんです。


1件目は、えいと@夫の大学の同僚の方に教えてもらったKome(米)というレストラン。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜。
    嬉しい初任給〜お祝いはちょっとリッチに♪


いや〜このお店 ↑ は雰囲気はいいし、お味もなかなか良かったのですが、


何せお値段がかな〜りが高かったのですよね〜。


ちょっと少なめ〜に頼んでもかるーく100ドル近くになっちゃうんですもん。お酒なしで!ですよぉー。


やっぱ和食レストランって高いのね〜って思っちゃいますよねぇ〜。



で、ふたつ目のお店はネットで見つけたお店なんです!


日本人夫婦でやってるお店のようで、けっこう評判がいいようなので行ってみました!


 a-RobataT12-1.jpg


こちらのレストラン、 Robata of Tokyo ↑です。


ここ、えいと@夫妻の自宅から車で15分〜20分くらいの場所にあるんですけどね。


やや治安の悪い場所にあるのですよ〜。なのであまり夜遅くには行かない方がいいようですね。


 a-RobataT12-5.jpg


こちらは入ってすぐの場所にある お寿司のカウンター ↑ です。


ここ ↑ でご主人がお寿司を握ってくださいます。


 a-RobataT12-3.jpg


お寿司屋さんには ちょっとなじまないショットバー ↑ があります。


アメリカ人のお客さん向けなのでしょうね〜。


お酒がメインで、お寿司をおつまみに〜というスタイルで飲みたい方用ですね。


 a-RobataT12-2.jpg


こちらはHIBACHIコーナー ↑です。


アメリカで鉄板焼きのコーナーを「HIBACHI(火鉢)」っていうんですね! PA州に来て初めて知りましたわ…。


HIBACHI(火鉢)は「KOME」にも、バッファローの「京都」レストランにもありましたね、確か。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜。
   豪華 & 笑っちゃう なんちゃって日本食〜♪


派手なパフォーマンスをすると アメリカ人って喜びますもんねー。根が単純だから。(笑)



さて、オーダーしたメニューです。


   a-RobataT12-6.jpg


  まずはビール! 日本のビール、サッポロ〜♪


 a-RobataT12-7.jpg


突き出しの カニかまサラダ(ポン酢)↑ です。


 a-RobataT12-8.jpg


これは,メインのメニューを頼んだらついてくる野菜サラダとお味噌汁 ↑ です。


う〜ん。。。お味噌汁にレンゲがついてきちゃいましたわ。。。(苦笑)


日本人のお客にもレンゲを出すのねぇ〜。


日本語でオーダーしてるのに…。


お味噌汁にレンゲ。こちらではルーチンになっているのかもしれませんね。(ため息)


 a-RobataT12-9.jpg


こちらは、えいと@夫が食べたい!…と主張した生牡蠣 ↑ です。


私は、たま〜にだけど牡蠣に当たることがあるので、牡蠣専門店以外では食べない事にしているんです。


えいと@夫いわく、新鮮でおいしかったとのことでしたー。


アメリカの生牡蠣は(赤い色の)辛めのドレッシング(ドレッシングの名前はわかりません)で食べる事が多いのですが、


ここはポン酢をつけてくれているので、これは日本人にとっては嬉しいですねぇ。


   a-RobataT12-10.jpg


こちらは揚げ出し豆腐 ↑ です。


正直、ここの揚げ出し豆腐はイマイチでした…。辛かったんですよねー。関東風なのかな〜?


 a-RobataT12-14.jpg


  こちらは海老の天婦羅 ↑ です。**


 a-RobataT12-16.jpg


こちらは魚のカマ ↑ です。**


この魚、なんだったかなぁ〜。サーモンだったかなぁ〜。


おいしかったですねー。和食って感じで。


 a-RobataT12-15.jpg


こちらはイカフライリング ↑ です。**


イカの事を「カラマリ・Calamari」っていうんですねぇ。


英語が苦手な えいと@ の脳みその中にはイカ=Squidしかなかったのですが、


どーやらスルメイカのような筒イカをSquid、紋甲イカのような甲イカをCuttle Fishというらしい。


で、Calamariはイタリア語のようですね。


アメリカではタコはあまり食べないけど、イカはよく食べるんですよねー。


イタリア移民がアメリカに持ち込んだからでしょうかねぇ〜?


ご存知の方、おられたら教えてたもれ〜。



さて、いよいよメインのお寿司ですぅー!


 a-RobataT12-11.jpg


じゃん! これは舟盛りのお寿司 ↑ ですー! * **


写真の一番手前 ↑ のは中トロ! とろける柔らかさでしたよー!


 a-RobataT12-12.jpg


そしてそして…! ウニ! イクラ! ↑ 


この感激するほどの ウニとイクラの豪快な盛りつけ方! ↑


ウニなんて最高〜♪ とろけるような舌触り〜♪


あぁ〜〜〜アメリカでこんなにおいしいウニのお寿司がいただけるなんて…。


涙チョチョギレちゃいますわよぉ〜。


 a-RobataT12-13.jpg


単品でオーダーしたお寿司 ↑ です。**


鰻、あなご、いなり寿司なんかもありましたよ。


 a-RobataT12-17.jpg


こちらはアボカドロール ↑ です。**


アボカドだけでもけっこうおいしいもんですねぇ。


アボカドとお醤油ってあいますもんねぇ〜。



以上ですー!


とにかくおいしかった! 


やっぱ日本人の寿司職人が握るお寿司は違いますっ!


大満足ですっ。



ところで、上の写真のメニュー、1回で全部食べたのではないですからね。(笑)


いくら和食好きの えいと@夫妻でも 二人でいっぺんにこれだけは食べられませんから。(爆)


このRobata of Tokyoには、秋と年末に2回食べに行ったんです。


1回目は えいと@夫と二人で、2回目は えいと@夫の職場の同僚の方のご家族と一緒に行ったのでありました。


*印はえいと@夫妻で行った時にオーダーしたメニュー、


**印が えいと@夫の同僚のご家族と行った時にオーダーしたメニューです。


お寿司の舟盛りは どちらもオーダーいたしました。


で、同僚の方は、ウニを生まれてはじめて食べたのだそうです。


おいしい〜と感激されていましたよ。


ウニって見た目がね、ちょっと…ですもんね〜。


外国の方は はじめは抵抗があるでしょうねぇ〜。


おススメして「うぇー」とか言われたらどうしよう〜って思ったけど、喜んで食べてもらえて良かった〜♪って思いました。



でねっ。ここのお寿司屋さん、そんなに高くはないんですよー。


2人で行ったときも同僚の方と行った時も、税金,チップ込みで1人当たり40〜45ドルくらいでしたから。


ビールも飲んで、お寿司以外に居酒屋メニューもオーダーしてこの値段!


この満足感で一人40〜45ドルって安いっ!


ここはきっと何度もリピートするでしょうね〜〜〜。


次回は火鉢(鉄板焼き)に挑戦してみよっかなぁ〜♪ 楽しみ〜♪



 「Robata of Tokyo」のHPはこちらです。興味がある方はどうぞ〜。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2012年01月16日

シカゴ名物! ディープディッシュピザ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@のシカゴ旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  シカゴ旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
     シカゴ旅行記 目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいったのでございます。( ´艸`)



さて、今回はシカゴの名物料理でございますー。


シカゴにはいろいろ名物料理がございまして、


過去記事でご紹介したBBQリブ、ホットドッグシカゴ名物として人気があるメニューでございますが。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
  シカゴ名物! BBQリブ!
  シカゴ名物! Portillo'sのホットドッグ


今回はピザであります。


ピザといってもシカゴのは普通のピザとはちょっと(だいぶ)違うようなんです。


シカゴに来たらとりあえず食べとけってことなので、


とりあえずランチタイムに えいと@夫と行ってまいりました〜。


   a-ChicagoD12-1.jpg


えいと@夫妻が行ったお店はここ。ジノス・イースト・ピッツェリア ↑ ってお店。


ガイドブックによりますと世界一ピザがおいしいお店と地元住民の間では評判なんだそうな。ホンマかいな。


ランチタイムでも混みあうということだったので、ちょっとはやめの11時過ぎにお店に行きました。


ガラガラでした。(笑)


 a-ChicagoD12-3.jpg


お店の中はこんな感じ ↑ ↓ で壁という壁は落書きだらけ!


 a-ChicagoD12-2.jpg


もちろんお客さんが書いた落書きではなく、お店のデコレーションとしての落書きですから、


すでに落書きされているから〜と勝手に落書きをしてはダメでございますよー。


   a-ChicagoD12-5.jpg


えいと@夫妻が通された席の真横に、こんなでっかいお腹のお人形さんがでーん!


ピザばっかり食べてると、こんなお腹になっちゃうかも〜ですよねぇ〜。



さて、オーダーです。


先ほども書いたように、シカゴ名物のピザは 普通のピザとはちょっと違うのですねぇ。


その名もDeep dish Pizza(ディープディッシュピザ)!


お店の人 いわく、出来上がるまでに40分もかかるそうなので、


待っている間のためにホットドッグ1コとビールをオーダーいたしました。


   a-ChicagoD12-6.jpg


昼間っからビール!(笑)


しかも、えいと@夫は午後から学会に参加するってのに…いいのか???


それにしても、このビール ↑ はおいしかったぁ〜♪


シカゴのビールなんですって。


「GOOSE ISLAND」IPAってビール。


PA州に戻って探してみたけど…売ってない〜〜〜残念〜。


 a-ChicagoD12-7.jpg


こちらのホットドッグは ミートボールがはさんであるのですよー。変わってません?


おおざっぱな盛りつけ方が アメリカ〜ンでございますー。(笑)



さて、40分経過いたしまして。


運ばれてきましたー! シカゴ名物のピザがー!



          ↓





          ↓





          ↓



 a-ChicagoD12-8.jpg


じゃん! これ ↑ がDeep dish Pizza(ディープディッシュピザ)でございますー。


えいと@夫妻がオーダーしたのはシカゴファイアーってピザです。


一番小さいサイズで4枚分あるんですねぇ。。。


 a-ChigagoD12-10.jpg


普通のピザとどう違うのかというと、厚みがあるのですよ。


ピザの耳の高さが 何と、5センチほどもあるのです。


これはかなりボリューミィ〜ですなぁ〜。食べきれんな、こりゃ…。


   a-ChicagoD12-9.jpg


中にとろけるチーズが入ってて こ〜んなに ↑ 伸びます〜♪


いや〜これはおいしい〜っ!


でね、ピザの耳(パン)の部分ですけど、


ほんのり甘いんですよ〜。


う〜ん、確かに普通のピザとは違う感覚ですねー。


いやーおいしかったですよ。お腹いっぱいになりましたし。



で、もちろん残った2切れはお持ち帰りいたしました。


翌日の朝食にホテルで残りのピザをいただいたのですけどね。


えいと@夫妻が泊まったホテルには電子レンジなどなかったので、仕方なく冷めたピザをいただくことになっちゃいました〜。


でも! でもね!


びっくりすることに冷めてても おいしかったのです。


パンの部分も固くなってなかったし。


アツアツでも冷めてもおいしい シカゴのディープディッシュピザ!


機会があったら食べてみてくださいね〜♪



あ、そうそう。


えいと@夫妻が入った午前11時過ぎにはお店の中はガラガラだったのですけれども、


私たちが食事を終えて店を出る時間(12時半〜午後1時)には お店はいっぱいで、待っている人もいましたよー。


待つのがイヤな方はランチタイム、ディナータイムを外していかれることをおススメいたします〜。


ジノス・イースト・ピッツェリアのHPはこちらです。興味のある方はどうぞ〜♪



     【おまけ】


Deep dish Pizza(ディープディッシュピザ)についての動画がありました。

ピザがどんな風に出来上がるかも動画 ↓ で見ることができますよ〜。


    Man V. Food: Gino's East in Chicago(4分42秒)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2012年01月14日

アメリカでも大晦日はやっぱり「年越しそば」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



本日は、ちょっと日を遡りまして…。


2011年12月31日、大晦日の年越しそばについてです。


皆さまは31日の大晦日の日には 年越しそばを召し上がられますか?


えいと@夫妻は必ず食べることにしています。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
  年越しそばとカウントダウンと花火
  大晦日はニシンそば〜♪
  えいと@家の年越しそば〜年越しカウントダウン & 愛国心


さて、なぜ年越しそばを食べるのか?ですが…。


ウィキペディア(Wikipedia)によりますと、次の理由 ↓ で縁起をかついで年越しそばを食べるということのようですね。


年越し蕎麦の由来とされる説は「細く長く達者に暮らせることを願う」というものがもっとも一般的。

他に「蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないよう願った」という説もある。

また、金銀細工師が金粉を集める為にそば粉の団子を使用した事から「金を集める」縁起物ともされる。

薬味のネギは、「ねぎらい祈る」また神職の「祢宜」の言葉に掛けて使う人もいる。

また、ソバは風雨に叩かれてもその後の晴天で日光を浴びると元気になる事から、縁起かつぎで食べるようになった。
        


今年の災厄を断ち切り、翌年はお金に困ることなく、健康で長く生きることを願って食べるのが「年越しそば」ということなんですね。


日本に住んでいた頃は、普通に食べていた年越しそばも、


アメリカ暮らしをするようになって 年越しそばのための準備を意識的にするようになりました。



ところで、えいと@夫妻は2011年〜2012年の年末年始は、ニューヨークシティで過ごしたのでありまして、


今年は年越しそばは無理かなぁ〜?…って思っていたのです。


しかしっ! 何でもありな ニューヨークシティ!


おそば屋さんがあったのですよぉ〜〜〜!


しかも! 普通のそば屋ではなくて自家製のそば粉を使った 手打ちそばのお店というではありませんか!


これは行かなきゃーって思い、探すと、何と、えいと@夫妻が宿泊したホテルから徒歩5分の場所にありました。


31日も営業しているのか電話で確認して,行ってきましたよ〜。


 a-oomisokasoba12-1.jpg


ニューヨーク ミッドタウンにある「そば日本」↑


「そば日本」は、カナダに55エーカーの畑を持っているそうで、


その半分の25エーカーが そば畑なんだそうです。


その そば畑でとれたそば粉で毎日、そばを打っているそうなんです。


なので手作り! 手打ちのおそばが ニューヨークで食べることができるのですよ!


もちろん板前さんは日本人!


これは期待が高まりますねー。



まずは居酒屋風に、焼き鳥と 揚げ出し豆腐とビールなんぞを注文いたしました。


 a-OOmisokasoba12-3.jpg


この揚げ出し豆腐 ↑ が絶品!


アメリカの和食レストランに行った際には、まず揚げ出し豆腐をオーダーするのが えいと@夫妻の お決まりなんですが…。


アメリカで「あぁ〜ここの揚げ出し豆腐はおいしい〜」と心から思えたお店は少なかったのですよね。


ダシが辛かったり、大根おろしがなかったり、豆腐が固かったり…。


なかなかアメリカでは満足する揚げ出し豆腐に出会うことはなかったのです。


しかし! ここの揚げ出し豆腐はめっちゃおいしい!


これこそが揚げ出し豆腐だ!…って思えるほどおいしかったのです。


ダシ良し! 豆腐良し! 大根おろしはついてるし、おろし生姜もついていた!


お世辞抜きに本当においしかったです。


 a-OOmisokasoba12-5.jpg


こちらは焼き鳥 ↑ です。これは普通においしかったですね〜。柔らかい鶏肉でした。タレもおいしかったしね。



ここは丼物もおいしいという評判なので、ミニ丼を注文してみましたよ。


メインはお蕎麦なので ミニ丼があるのは嬉しいですねぇ〜。


 a-oomisokasoba12-2.jpg


左のは えいと@夫がオーダーした鰻丼 ↑ 、右のは 私がオーダーしたネギトロ丼 ↑ です。


かなりおいしい〜〜〜! ネギトロ丼なんて とろけるような舌触り!


鰻丼も満足なお味でしたよ。


でね、この丼のご飯、酢飯なんです!


これには驚きましたけど、そんなに違和感がなくて、おいしい丼でございました。


酢飯っていうのはちょっと変わっているけど、


日本人の板前さんが作った丼だわ〜って しみじみ思いましたねぇ。



さて、いよいよメインの年越しそばです。


 a-oomisokasoba12-6.jpg


こちらは えいと@夫がオーダーした鴨南蛮そば ↑ です。


 a-oomisokasoba12-7.jpg


こちらは 私がオーダーした天ぷらそば ↑ です。


感想は…。


おいしい、確かにおいしい。そばはさすがに手打ち。かなりおいしかったです。


ただ…。


ここのおダシは関東風のダシなんですね。


私個人の好みでいうと関西風のダシが好きなんです。


関東風のそばが好きな方は100%満足されると思いますが、私にはちょっと辛かったのですね…。



ところで、お隣の席でニューヨーク在住(たぶん)の国際結婚組の家族が食事をされていましてね。(旦那さまがアメリカ人、奥さまが日本人)


この店には何度か来られている様子で、慣れた感じでオーダーされてたんですけど、


何と、年越しそばに「ざるそば」をオーダーされていたんですよ!


う〜〜〜ん。


確かにここはざるそばがとびきりおいしいという評判のようですが、


日本人って年越しそばに「ざるそば」って食べないと思いません…?


普通は温かい汁そばを食べますよね?


何度も来ておられるような様子の、その家族はあえて「ざるそば」をチョイスした…ってことは…。


ここのそばは 汁そばよりも ざるそばの方がおススメということなのでしょうか…?


まぁ、汁そばもおいしかったのですけどね。私的にはちょっと辛かったけど。


次回,来ることがあったらざるそばをオーダしてみようと思ったのでありました。



いろいろ書きましたけど…全体的には 本当においしいお店です。


自家製のそば粉の手打ちそばなんて…日本でも珍しいのではないでしょうか?


それをアメリカ、ニューヨークでいただけちゃうんですから〜。感激です。


ただし…。


お値段は 高めでありました。


合計で130ドルを超しましたもんね。


NYシティはチップが20%以上必要ですから…ね。チップを合計するとけっこうな金額になっちゃいますでしょ。お高かったです。。。


だけど大満足でしたよー。


NYシティで年越しそばを食べることができたこと、


そして表現しがたいほどおいしかった揚げ出し豆腐、とろけるようなネギトロ丼に出会えたので、


ものすごく満足でございました〜♪



     【インフォーメーション】

  Soba Nippon・そば日本

19 West 52nd Street, New York NY 10019
5番街と6番街の間 52丁目

 営業時間:ランチ 月−土 12-3pm / ディナー 月−日 5:30-10pm
 
 電話 212-489-2525





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2011年10月05日

嬉しい初任給〜お祝いはちょっとリッチに♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



いよいよ10月ですね。


えいと@夫妻が住むペンシルバニア州も秋が深まってまいりましたよー。


早朝の気温は華氏で45度(摂氏7度)を下回る日が出てまいりましたー。


寒いっす!


そろそろフリースが必要になってきておりますー。


ぼちぼち紅葉が始まっておりますしね。


今週末か、来週当たりに紅葉狩りに行こうかって 夫と話しておりまする。



さて。


先日、とーってもうれしいことがあったんです。


何かと言いますと…。



       ↓





       ↓





       ↓



9月末日にえいと@夫が初任給をいただいてきたのでございますよぉ〜〜〜。


えいと@夫の勤務は8月15日から始まっていたのですけれども、


初給料は9月末までお預け状態だったんですよね。


アメリカの場合はチェック(小切手)でお給料をもらうことが多いのです。


現金手渡しほどではないものの、銀行振込よりかは「お給料をもらったんだ〜♪」という実感が持てますねぇー。


えいと@夫からお給料の小切手を手渡された時、本当に嬉しかったです。


おぉ、我が夫は就職したんだなぁ〜としみじみ実感いたしました。


「お仕事 お疲れさまでした♪」と えいと@夫に感謝の言葉を心から申しましたよ。


私が働いていた時の 初給料をもらった時のことを思い出して ジーンときましたねぇ。


あぁ、ありがたいことです。


今、私は専業主婦で仕事はしていないので、(ビザの関係で働くことはイリーガル,違法なのです)


えいと@夫が今後もしっかりと仕事ができるよう、


妻としての役割を果たしていきたいと思っておりまする。



さて。


初任給をいただいた そのお祝いに ちょっとゴーカなレストランに行ってきました。


行った先はこちら。↓


   a-KomeR11-1.jpg


KOMEという日本食レストランです。


このお店は日本人シェフがお寿司を握っているということで、けっこう評判が高いレストランなんですねぇ。


ニューヨークシティでお店を出して 成功して,その後、PA州で商売を始めたそうです。


 a-KomeR11-5.jpg


 お店の中はこんな感じ。↑ ↓ しゃれた感じのお店です。


 a-KomeR11-3.jpg


お寿司を目の前で握ってもらえる カウンター ↑もあります。


a-KomeR11-13.jpg


鉄板焼きコーナー ↑もあるみたいです。アメリカ人、こういうの好きそう〜。
 

 a-KomeR11-2.jpg


お酒を楽しむためのBar ↑もあります。日本酒もあるそうです。



さて、メニューですが。


私たち夫婦は以前に一度、ランチタイムにこのレストランに来たことがあるのです。


えいと@夫が 大学に職が決まり、この地にアパートメント探しをしにきた際に、


えいと@夫の同僚になるfacultiesの方に連れてきていただいたんです。


その時のメニューがこちら。↓


 a-KomeR11-7.jpg


こちらはランチスペシャルメニューの「寿司セット」↑です。


これ ↑ にお味噌汁とサラダがつきます。それで13ドル。


ランチはお得ですよね。


この時に食べたお寿司がかなりおいしかったので、今回、ディナーをいただきにやって来ました。


で、オーダーしたメニューがこちら。↓


 a-KomeR11-9.jpg


揚げ出し豆腐 ↑です。


私たち夫婦は日本食レストランでは 必ず「揚げ出し豆腐」をオーダーするんです。


これはね〜〜〜。うーん。。。


揚げ出し豆腐はおいしいんですけど、トッピングが甘辛く煮たシイタケだったんですよね。


これはこれでいいのですけど、私はオーソドックスな 出し醤油と大根おろし& おろし生姜でいただきたかったですねぇ〜。


 a-KomeR11-8.jpg


こちらはまぐろのタタキ ↑です。


なんという上品な盛りつけ!


しかもまぐろのタタキとひじき、ピクルスという、ちょっと変わった組み合わせでありましたが。


これはこれでけっこうおいしかったですね〜。


ひじきってこんな風にして食べてもおいしいのね〜って思いました。


で、器がステキなんですよね!


こんな風に大き目の器にちょこんと盛りつけるっていうのは アメリカではなかなかお目にかかれないんですよー。


さて、いよいよメインのお寿司ですっ!


 a-KomeR11-10.jpg


じゃん! シェフがチョイスするお寿司の盛り合わせ ↑です。


8種類16ピースのお寿司にカリフォルニアロール2本がついて50ドルです。


カリフォルニアロールのうちの1本をネギトロ巻きに変更してもらいました。(差額3ドル)


 a-KomeR11-11.jpg


こちらは中トロ ↑ですー。なんてきれいなのー!


もうね、とろけるような舌触りでしたよ。


本当においしかった!



アメリカのおスシって シャリ(米)の部分が大きくて、ぎゅーっとかたく握ってあるモノが多いんです。


なぜかというと…。


多くのアメリカ人は大食いで、小さなシャリのお寿司では満足感が得られないということ。


かたく握ってあるのは、シャリの部分にドップリとお醤油をつけるからなんですよ。


日本風にふわっと握ったお寿司では シャリが崩れてしまうんですよね。


だからギューっとかたく握ってあるのですよ。


ホントにね…アメリカ人のお寿司の食べ方を見ていると…ガッカリします。


醤油皿に醤油をナミナミと入れて、その中でお寿司を泳がせているんですから…。


どんな食べ方をしても自由だろ…って思われる方もおられるかもしれませんけど…。


私はお醤油はネタ(魚)の部分につけて食べて欲しいのですよね…。


醤油で真っ黒になったシャリのおスシを見ると…ホントにガッカリしちゃいます。


そーいう食べ方をしている知り合いのアメリカ人がいたら…教えてあげてくださいね。マジでお願いしますよ。



さて、話を戻しまして。


このKOMEレストランのお寿司は ふんわりと握ってあったのです。


あぁ〜日本のお寿司だぁーっ!


本当に感激しましたね!


シェフが日本人であるお寿司屋さんは「なんちゃって和食レストラン」のスシとは全く違います!


このお店にやってくるアメリカ人のお客さんはきちんとしたお寿司の食べ方を知っている人たちなのでしょうね。



本当は雲丹(ウニ)もいただきたかったんですけど…。


そうなると100ドルはくだらないお値段になっちゃうので…あきらめました。


あーでも本当においしかったー! 大満足でしたよー。


量はけして多くはないんですけど満足感は大きかったです。


ちょっとお高いお店ですから、しょっちゅうは食べに行けませんが…。


特別なイベントの時などに食べに行きたいお店です♪


 KOMEのHPはこちらです。興味のある方はどうぞ〜。
  (音が出るので注意してください)
    



        【お知らせ】

いつも温かいコメントをありがとうございます。

お返事が遅れておりました。以下のコメントのお返事 ↓ を書きましたので、お時間がある時にご覧になってくださいね。
   
 自虐史観からの脱却
 危険な日本の教科書〜自虐史観を持つ日本人はこうして作られていく  
 野田佳彦氏はヒーローか? 〜ひどすぎる閣僚の国会答弁〜




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。