2011年09月17日

ボストン旅行記 目次



 えいと@のボストン旅行記その1
   (2006.10/26〜28)



  ボストンへ小旅行

  アメリカの高速道路

  ボストンは都会だ!

  チャイナタウンをうろうろ

  ヘイマーケットでお買い物〜♪

  宿泊場所を探しウロウロ

  宿泊場所を探しウロウロ その2

  179ドル+TAXのホテルに宿泊

  Best Western Bass Rocks Ocean Innに宿泊〜♪

  漁師の街グロスター(マサチューセッツ州)

  アメリカの高速道路 その2



:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.*



 えいと@のボストン旅行記その2
   (2007.8/29〜31)



  ボストンに行ってきま〜す♪

  ドライブ7時間! 無事にボストンに到着〜♪

  女同士で昼間っから飲むビールはうまい!

  アメリカの高速道路 その3

  ごっつい値上げにびっくり仰天!

  ギュートな像がいっぱい♪ ボストンコモン

  産業革命の街 Lowell を訪ねる

  CANAL(運河)をボートで巡る

  いい雰囲気♪ テラスのレストラン & ちょっとまじめに環境問題

  ボストンのホテルは高い! リーズナブルなホテルを探せっ!

  癒される♪ 小さい子の写真集



:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.*


 えいと@のボストン旅行記その3
   (2010.10/6〜10/8)



  アメリカの長距離ドライブ〜BUF−BOS往復1600キロ!

  オバケのデコレーションが楽しいホテル in セーラム

  魔女狩りの街セーラム〜本当の悪魔はだれか?

  魔女の街 セーラムのデコレーション&パレード



:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.*


 えいと@のボストン旅行記その4
   (2011.6/8〜6/11)



  ボストンに行ってきます〜♪

  昼間っからビールを飲みながらガールズトーク♪

  海の幸がうまい! ボストンでシーフード♪

  クインシーマーケットで楽しいパフォーマンス

  楽しい銅像がいっぱい♪ クインシーマーケット in ボストン

  カジュアルに楽しめる ボストンポップス

  ボストンポップスで感じたアメリカ人の愛国心

  

:*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・::*:・'゚☆。.*


 えいと@のボストン旅行記その5
   (2011.9/2〜9/4)



  ボストンに行ってました♪

  ボストン「フリーダムトレイル」をついに制覇っ!

  恐怖の階段 294段! バンカーヒル記念塔 in ボストン




posted by えいと@ at 10:00| アメリカ的生活(旅行ボストン編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恐怖の階段 294段! バンカーヒル記念塔 in ボストン


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@のMA州ボストン旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  ボストン旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    ボストン旅行記 目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいりましたわ。うほほ♪ ( ´艸`)



さて、昨日の記事の続編ですー。

 昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
  ボストン「フリーダムトレイル」をついに制覇っ!


私は去年の10月にフリーダムトレイルを歩こう!と決心(おおげさ? 笑)して「ボストンコモン」をスタートいたしましたが、


トレイルの1/3ほどのところにあるクインシーマーケットでストップしちゃったんですね。


多くの方がトレイルを歩くのを挫折してしまう「魔のクインシーマーケット」なんですよねぇ。

 クインシーマーケットについては こちら ↓ の過去記事をご覧くださいね♪
  海の幸がうまい! ボストンでシーフード♪  
  クインシーマーケットで楽しいパフォーマンス
  楽しい銅像がいっぱい♪ クインシーマーケット in ボストン


こんなにも楽しい場所 ↑ がトレイルの途中にあるのは反則ですよぉー。


ここを素通りするには かなりの勇気が必要ですもん。



そんなわけで今回のボストン滞在中に 残りのトレイルを歩くことにしたわけですが、


昨日の記事に書いたように逆のルートつまりゴール地点からスタートすることにいたしました。


その理由はなぜか…?


最後にヘイマーケットで買い物をしたかったというのも理由のひとつなのですが、


実はとっても重要な理由があるんですよー。


その理由というのは…こちらです!



            ↓





            ↓





            ↓



    a-BosBa11-1.jpg


じゃん! バンカーヒル記念塔 ↑ですっ!


実はね、このバンカーヒル記念塔がフリーダムトレイルの最終地点なわけですよ。


まぁ、フルーダムトレイルを歩き、最後にこの塔の頂上からボストンの街並を眺めるという目的で最後にしてあるのでしょうが。


いやいやいやいや!


この塔を最後にもってきたのは大間違いですからー!


だってね。


この塔を上るには階段しかないのです。


しかも! 


この塔は高さ67メートル! 階段は294段もあるんですからー!


4キロも歩いて、ヘトヘトになった状態で294段の階段を上れ…って!


拷問ですか?…って言いたくなっちゃいますよね?


多くの方は最後の最後に この階段を見てげんなりしちゃうんだそうですよ。


中には最後の力を振り絞って上られる方もいらっしゃいますけど、


上るのを諦めて 上らずに帰られる方も多くおられるわけです。


そういうブログの記事を多々読んでましたのでね、私は最後にこの塔を上るのは 私にはとーてー無理っ!と判断し、


ゴール地点のバンカーヒル記念塔からスタートすることにしたってわけなんです。


ここに来るまでの道も上り坂が多くて大変なんですからー。


体力のある方は最後に残しておくのもいいでしょうけど、


順番を気にされないのであれば体力のあるうちにバンカーヒル記念塔に上ることをおススメいたしまする。



このバンカーヒル記念塔ですが。


どういった塔なのかに興味がある方はこちらのサイト(Wikipedia)をご覧くださいね。


モリオリママさんが コメントに次のように ↓ 書いてくださいました。

バンカーヒルズ、独立戦争の有名な激戦地のひとつですよね。
本当に昔から、国を守るために戦争をしてきた人類ですね。
この犠牲があるから、今のアメリカがある。。
なんだか、考えさせられました。



アメリカという国は、戦ってきた歴史があるからこそ 植民地から解放され独立したのです。


どれほど多くの犠牲が出たことでしょう。


多くの犠牲を払ってでも独立を勝ち取りたかったアメリカ。


この歴史がなかったら…今頃アメリカはどんな国になっていたでしょうか…?


どの国にもいえることですが、歴史を無視したり、歴史をなかったことには絶対にできないということです。


   a-BosBa11-2.jpg


この塔を真下から見あげるとこんな感じ ↑ ですー。



さて、いよいよバンカーヒル記念塔の中に入っていきますよー。


 a-Bosba11-17.jpg


こちら ↑ が塔の入り口です。


中にレンジャーがいるので 質問すれば答えてくれるんだそうですよ。


この塔は、先ほども書いたように階段で上にのぼる方法しかないんですね。


しかも螺旋階段で とっても狭く、上りも下りも同じ階段を使うので シーズン中は入場制限があるそうです。


今回は9月ということもあり、そんなに人が多くなかったので待つことなくすぐに入ることができました♪


さて、その螺旋階段がこちら ↓ですー。


   a-Bosba11-5.jpg


この階段ね、50段、75段、100段、200段と書いてくれているのですね。


私、ホントに体力がないなぁ〜って感じたのは75段を過ぎたあたり〜100段あたりで息が切れてきたのですよー。


ゼイゼイ言いながら 休み休み上っておりましたら、


200段あたりで 後ろから来たおじいちゃまに追い越されてしまいましたぁ〜〜〜。(涙)


そのおじいちゃん、息切れしてる 私を見て「後もうちょっとだよ、がんばれ」って声をかけてくれましてねー。


声をかけてくれたのは嬉しかったんだけど、ホントにとほほ〜でございましたよん。


 a-Bosba11-7.jpg


ふと上を見ると こんな感じ ↑です。


これがずぅうーーーーーっと続くんです。


何度上を見上げて「まだかいなー」ってつぶやいたことか…。


   a-Bosba11-8.jpg


おぉお〜〜〜やっと294段! 頂上に到着でありますぅー!


ゼイゼイ言いながら頂上に到着いたしますと、先に到着していた方々の暖かいまなざしを感じましたよ。


頂上には椅子が2個ほどあるのですが、私がゼイゼイ息切れしてたせいか席を譲ってくださいました。皆さん、優しいねぇ〜。ウルウル。



頂上には窓が4カ所ありまして、そこからボストンの街並を眺めることができます。


 a-Bosba11-12.jpg

 a-Bosba11-9.jpg

 a-Bosba11-10.jpg

 a-Bosba11-11.jpg


このような風景 ↑ を眺めることができるのです。



ところで、頂上にはこんな格子のマンホール ↓があります。


 a-Bosba11-13.jpg


これね、マンホールの上に立って下を見るとけっこう怖いんですー。ほら。


   a-Bosba11-14.jpg


ちょっとわかりにくいですかねー?


これね、一番下まで空洞になっているんですよ。


 a-Bosba11-15.jpg


高所恐怖症の方は、このマンホールには乗らない方がいいかもーですよ。


私がこのマンホールの写真を撮っていると、他の方も真似っこして写真を撮り始めましたよ。(笑)


ワーーキャーー言いながら撮ってました。なんだかアメリカ人ってかわゆぃ〜。



15分ほど頂上に滞在して階段をおりました。


シーズン中はどんどん人が上がって来るので、ゆっくりと頂上には滞在できないでしょうね。


何せ狭いですからねー。


降りる時には息は切れないのですが膝がガクガクしちゃいまして。


降りた後、普通に歩けず、膝が笑っておりました。


階段を下りるって けっこう膝に負担がかかってるものなんですねー。


   a-Bosba11-16.jpg


こちら ↑ は塔の出入り口のところにある何か(これが何かよくわからなかった)なのですが、


「あぁ〜頂上のマンホールから見えた光はこれだったんだ〜」って思いました。


あのマンホール、抜けたりすることはないんでしょうね〜〜〜。


万が一抜けるようなことがあったら…! 


一番下まで真っ逆さまですもんね?


怖すぎですぅ〜〜〜。




     【インフォーメーション】

   バンカーヒル記念塔

 開館時間:9:00〜17:00(7,8月は18:00まで) 
   ※塔に上る場合は16:30(7,8月は17:30)までに入場
 休館日:11月第4木曜日、12/25、1/1
 入場料:無料




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2011年09月16日

ボストン「フリーダムトレイル」をついに制覇っ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@のMA州ボストン旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  ボストン旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    ボストン旅行記 (2011年9月2日〜9月4日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいったのでございます。( ´艸`)



今回は2泊3日という短いボストン滞在でありましたが、


好天に恵まれ、観光日和でございました。


ところで、えいと@夫妻がボストンに滞在している間、PA州の えいと@夫妻の自宅の隣町で 大雨による大洪水の被害があったようです。


車でほんの1時間ほど離れた町が水没しちゃったようで えらいことになっていたとのこと。


大型ハリケーン・アイリーンがやってきて以降、PA州、NY州の、NJ州の一部が洪水の被害に襲われて 大変な状態になっております。


私のブログの読者の方で、被害に遭われた方がおられないことを祈っております…。



さて。


以前の記事に書いたように、ボストンには「フリーダムトレイル」という歩いてボストンを観光しよう♪というルートがあります。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
   ボストンに行ってました♪【追記あり】


赤い線で書かれた通りに歩くと、おおまかな観光ができちゃうってわけなんですねー。


1年間ボストンに住んで、引っ越しをした後、ボストンに来る機会は何度もあったというのに、


今までフリーダムトレイルをずーっと制覇できずにいたのでございますよ。


でっ! 


去年の10月にボストンに来た時に「今度こそフリーダムトレイルを歩こう!」と思ったのです。


このフリーダムトレイルは 全長4キロ! 市内の主要な観光地16ヶ所を巡るルートになってます。


フリーダムトレイルの主な観光地は次の通り ↓


@ボストンコモン → Aマサチューセッツ州会議事堂 → Bパークストリート教会 → Cグラナリー墓地 → Dキングス・チャペル → Eキングス・チャペル墓地 → Fベンジャミン・フランクリンの銅像 → Gオールドコーナー書店 → Hオールドサウス集会場 → I旧マサチューセッツ州会議事堂 → Jボストン虐殺地跡 → Kファニエル・ホールとクインシー・マーケット → Lポール・リビアの家 → Mオールドノース教会 → Nコンスティテューション号 → Oバンカーヒル記念塔


   a-BosFre11-13.jpg


こちらがフリーダムトレイル ↑です。(青い丸が観光ポイント)


これだけの距離を「歩いて」巡っていくってわけなんですねぇ〜。


4キロも歩くって けっこう体力がいりそうですよね。


このフリーダムトレイルのいいところは、赤い線で道案内がされているところなんですね〜。


   a-BosFre11-1.jpg


こちら ↑ は出発地点である「ボストンコモン」です。


   a-BosFre11-2.jpg


こんな風 ↑ に横断歩道などにも赤い線が書かれているので迷うことがないんです。


ただし。


道路工事をしている場所は とちゅうで赤い線がなくなってる〜なんてこともあるので、ちょっと注意が必要です。


ま、たくさんの人が歩いてるので、迷ったら観光客風の人(たいていカメラを持ってます 笑)を見つけて ついていっちゃいましょー。(人に聞いてももちろんOK♪)


あ、そうそう! 必ず歩きやすい運動靴で行ってくださいね。


たまに高いヒールのサンダルで歩いておられる方がいますけど、


坂が多いし、歩きにくい道もありますので、できるだけ履き慣れた運動靴で行かれることをおススメいたします。


それにしても…全部ゆっくりひとつひとつ観光して歩くには2〜3日かかってしまいそうですねぇ〜。


お時間のない方は 一部分をピックアップして観光して あとは前で写真を撮って素通りという方法がいいと思います。


お時間のある方は 2〜3日に分けて行かれたらいいと思います。



で、私は去年の10月に「ボストンコモン」をスタートをいたしましてね。


実はクインシーマーケットでストップしちゃいました〜。(苦笑)


     a-BosFre11-14.jpg


こうやって地図を見ると1/3しか歩いてなかったんですねぇ〜。


なんでクインシーマーケットで止まっちゃったのかといいますと…。


クインシーマーケットがあまりにも楽しくて フードコートがおいしくて〜♪


クインシーマーケットで時間を思いっきり使っちゃったってわけです。

 クインシーマーケットについては こちら ↓ の過去記事をご覧くださいね♪
  海の幸がうまい! ボストンでシーフード♪  
  クインシーマーケットで楽しいパフォーマンス
  楽しい銅像がいっぱい♪ クインシーマーケット in ボストン


で、今回再挑戦!ということで残りのルートを歩いたってわけなんです。


で、普通だったら前回ストップした クインシーマーケットからスタートしますよね?


でも、私は逆のルートをとりました。


逆のルートとは「ゴール地点からスタートする」ってことです。


ところがねー、ゴール地点の最寄り駅が けっこう離れている場所だったんですよ。


     a-BosFre11-15.jpg


最寄りの駅が 何と ノースステーション駅 ↑なんですよねー。


もしかしたらバスやボートなどの近い駅があったのかもしれないけど…よくわかんなかったんですよね。


なので電車 T でノースステーション駅まで行って、


そこからチャールストンブリッジを渡って Nコンスティテューション号 → Oバンカーヒル記念塔を観光し、


そして またチャールストンブリッジを渡り Mオールドノース教会 → Lポール・リビアの家を観光し、


最後にヘイマーケットで買い物をしてホテルに戻りました。


ヘイマーケットというのはボストン近郊の農家の方が直接野菜などを売りに来る ファーマーズマーケットなんですね。


店舗を構えているファーマーズマーケットよりも さらに安い価格で買い物ができるんですよー。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
   ヘイマーケットでお買い物〜♪


ヘイマーケットでの注意点は次の通りです。

1ドル札+小銭を準備していくこと(お釣りをくれないことがある)
腐りかけ、あるいは完全に腐ったものも売られているので よく商品を見て買い物をしよう
商品を選ばせてくれないお店がある(そういうお店では買わないほうがいいかも 腐りかけの商品を混ぜられる可能性あり)
スリがいる場合があるので カバンには常に注意を払うこと



今回、私はキャベツ(2個で1ドル♪)、大根(小さいのだけど2本で1ドル♪)、ローマレタス(3つ入り袋が1ドル♪)、ナン(5枚で1.5ドル♪)を買いました〜♪


キャベツと大根がメチャクチャ重くて、ホテルまで戻るのが大変でしたよー! はひー。



あらら、ちょっと脱線してしまいましたわ。話を戻しまして…と。


そんなわけで逆ルートを歩いて 今回「フリーダムトレイル」を制覇したというわけなんですね〜。


ところでなぜ 逆のルートをとったのかおわかりになられますか…?


実はそれには理由があるんです。


その理由は…長くなるので次回、記事にいたします。


ぜひ、見にお越し下さいまし〜♪



      【インフォーメーション】

 ボストン「フリーダムトレイル」

ボストン近距離電車 T のグリーンライン or レッドライン「パークストリート駅」下車。
駅を出たすぐのボストンコモンの観光案内所より出発。赤いラインに沿って歩く。
無料です♪

  フリーダムトレイルHP(英語版)



   ヘイマーケット

ボストン近距離電車 T のオレンジライン or グリーンライン「ヘイマーケット駅」下車してすぐ
毎週金曜日〜土曜日 早朝〜夕方5時頃まで
クリスマス以外は 真冬でも営業しているそうなので 1ドル札を準備してGo!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2011年09月12日

ボストンに行ってました♪【追記あり】


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



しばらく更新がなくてご心配をされていたことと思います。(…え? 誰も心配なんてしてないって? 苦笑)


実は、今、マサチューセッツ州 ボストンに来ているんです。


今回も、いつものごとくえいと@夫の学会があったからなんですね〜。


んで、宿泊したホテルのインターネット接続が有料だったのでつなげなかったんです。


だって…めっちゃ高いんだもん。。。


1日13ドル…って なんでやねん?…って思いません?


かなりお高いホテルなのにー。…てか高級ホテルほどネット接続は有料であることが多いんですよね。


高級ホテルに宿泊するお客は、ネット接続が有料でも問題はない〜って考えるのでしょうかね?


私は13ドルゥ〜? たっかー!って思っちゃいますがねぇ。


今は、学会の会場に来てネットをつなげております。タダです。わはは。



さて、今までだったら えいと@夫は学生であり、お金はなくとも時間はある〜♪状態だったので、


学会でどこかへ行った際には ついでに観光旅行ができていたのですが、


今回からはえいと@夫が仕事を持ったことで 週末のみしかお休みがとれなくなっちゃったのです。


そう、お金もないけど時間もない〜状態になっちゃったってわけですな。くすん。


てなわけで、2泊3日の短いボストン滞在なのですねー。


しかも自宅から車で往復するためにボストン滞在の時間はとーっても短いのでありますー。


まぁ、それでも えいと@夫が学会に参加している間、私はヒマなのであちこちウロウロ歩きましたよー。


今回、やっとボストン・フリーダムトレイルを制覇いたしましたっ!


フリーダムトレイルっていうのは ボストンを歩いて観光しようというルートがあって、


赤い線で書かれた通りに歩くと、おおまかな観光ができちゃうっていうルートなのです。


1年間ボストンに住んで、引っ越しをした後、ボストンに来る機会は何度もあったのに、


フリーダムトレイルをずーっと制覇できずにいたのでございますねぇ。


今回、やっとこさ 制覇できました〜。マンゾク〜♪


フリーダムトレイルを歩いたことに関しては、写真とともに 後日記事にいたしますね♪



そして!


今回もボストン在住のお友達ブロガーに会ってまいりました〜!


「ボストン生活」の管理人、bos-yoさんですー。


直前に連絡をしたのに お時間を作ってくださって本当に嬉しかった〜。


今回もガールズトーク炸裂!


楽しかったー。


昼間からビールを飲みながらおしゃべりに花が咲きましたよ。


女同士のおしゃべりって なんでこんなに楽しいのでしょうかね?


時間があっという間でした。



さて、ただ今 9月11日の午前11時過ぎです。


お昼過ぎにはボストンを出発して 自宅に向かいます。


バッファローからボストンまでよりかは近いのですけど、(車で片道8時間)


車で片道6時間はかかってしまうので あんまりゆっくりできませんからねー。


短いボストン滞在でしたが、楽しめした♪



*******************************************************


        【追記】

先ほど、11日の午後10時半頃に、無事に自宅に到着いたしましたー。


はひー疲れたぁ〜〜〜。


6時間全部 えいと@夫が運転してくれたたので、


一番お疲れなのは えいと@夫ですが、私も十分お疲れですー。


トシを取るとなかなか疲れが取れないんですよね。(涙)


フリーダムトレイルを歩いたせいか、しっかり筋肉痛がきちゃってるしー。


しばらく休養が必要ですな。。。とほほー。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

2011年06月17日

カジュアルに楽しめる ボストンポップス


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@のボストン旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  ボストン旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
       ボストン旅行記 目次



ボストン滞在の最終のイベントで えいと@夫妻はボストンポップスのコンサートに行きました。


 a-BosP11-1.jpg


昨日の記事の最後にチョコッと書きましたが、


ボストン交響楽団(Boston Symphony Orchestra)は世界屈指のオーケストラで、去年で125回目のシーズンを迎えた歴史と伝統あるオーケストラなんです。


そのボストン交響楽団(Boston Symphony Orchestra)の本拠地が Symphony Hallなのですね〜。


 a-BosP11-2.jpg


こちら ↑ がSymphony Hallでございますー。


この Symphony Hallは、ハーバド大学の物理学者のWallace Clement Sabine氏によって、科学的な根拠に基づいて音響が設計された世界初のホールなんだそうです。


つまり豪華さや観客の居心地よりも 音響第一に設計されたホールということなんですね〜。


このファーストバルコニー中央の一番前の席は あの小澤征爾氏が音響の確認をするために座った席なんだそうです。


   a-BosP11-3.jpg


Symphony Hallに飾られていた小澤征爾氏の若かりし頃の肖像画 ↑です。


小澤征爾氏は1973年〜2002年まで このボストン交響楽団の常任指揮者・音楽監督でありました。


小澤征爾氏は 観客を巻き込む形式を取り入れた指揮者なんですね。


音楽に合わせて観客に拍手してもらったり、一緒に歌を歌ったり…という形式をシンフォニーに取り入れた音楽家なのです。


なので ここボストンでもとっても人気のある指揮者なのですね〜。


小澤征爾氏! 日本人として誇りですね!



さて、えいと@夫妻の席は小澤征爾氏が好んで座った席の5列くらい後ろの ファーストバルコニーの真っ正面の席でございました。


そこから舞台の方を見ますと、こんな感じです。↓


 a-BosP11-5.jpg


ね? 真っ正面でしょ?


写真でおわかりいただけるでしょうか? 1階席はお酒や軽食を楽しみながら音楽を聴く席なんです。


演奏中にもウェイターやウェイトレスさんが会場を歩くのが バルコニー席から見えました。


それが気になっちゃう人はバルコニー席のほうがいかも…ですね。



ところで舞台にパイプオルガンがあるんですが、


このオルガンは1949年にシンフォニーホールの50周年とバッハの死後200周年を記念してそなえつけられたものなんだそうです。


全部で5134本のパイプがあり、一番短いパイプはわずか4インチ、最も長いパイプは32フィートもの長さがあるんだそうですよー。


 a-BosP11-6.jpg


こちら ↑ は観客席の壁にある彫刻です。


全部で16個の彫刻があり、そのうちの10個はギリシャ神話の中の神様なんだそうです。


これはボストンが「アメリカのアテネ」と呼ばれることに由来しているんだそうですよ。

パイプオルガン&彫刻についてはこちらのHPを参照させていただきました。
ボストンについて とーっても詳しく書いてくださってますので、興味のあるかたは訪問してみてくださいね。



ボストンポップスは 日本人もなじみのある音楽が演奏されるのでとーっても楽しめちゃいます。


   a-BosP11-12.jpg


こちらがボストンポップスを率いる20代目の指揮者の Keith Lockhart氏 ↑です。


若くてハンサムな指揮者なので、奥樣方に人気があるのでしょうねぇ〜。


ところで、この日はイギリスのコーラスの6人組の特別出演がありました。


ゴスペル調の歌声でとーってもきれいな歌声だったんですよねー。(ゴスペルではないですけど)


ゴスペル調で歌うビートルズの曲があったのですが、


ビートルズとは まったくの別物になっちゃいますね!


本当に楽しかったです〜。


機会があったらぜひ! ボストンポップスを聴きに行ってみてくださいね♪




        【おまけ】


2010年はボストンポップス125周年だったということで125周年記念グッズが売店で売られていました。


なんと! 125周年記念グッズは30%OFF!


今は2011年なので いわゆる売れ残りバーゲンなのですね〜。


んで、買っちゃいました。えいと@夫用に。


   a-BosP11-9.jpg


こちらのポロシャツ ↑です。


しっかりとした しかも肌触りのいい生地のポロシャツでございました。


ブルーでMサイズはこの1枚だけしか残ってなかったので 即! GETです。


そしてこちらも。↓


 a-BosP11-10.jpg


かわいいマグカップでしょー?


こちら ↑ は125周年グッズではなかったので定価販売でしたが…。


こういう楽器のマグカップって他ではないよなーって思って2個、買っちゃいました。




        【おまけ その2】


ボストンポップスのフィナーレは「星条旗よ永遠なれ」が定番のようです。


 a-BosP11-7.jpg


舞台には星条旗が現れます。


そして大歓声の観客たち…。


この曲を聴きながら…この状況を肌で感じながら…いろいろと考えることがありました。


それについては長くなるので、次回、記事にしたいと思います。


また見にお越し下さいまし〜♪




    【インフォーメーション】

  Boston Symphony Hall

ボストン近距離電車 T のグリーンラインE Symphony駅下車してすぐ。

チケットは直接 シンフォニーホールのチケットオフィスに行くか、電話、あるいはインターネットで予約をします。

直接チケットオフィスで購入する場合は手数料不要。


シンフォニーを聴きに行く時は ドレスアップすることが多いのですけど、

ポップスなのでフォーマルでなくてもOK! ドレスコードなしです!

だからといって、短パンや草履ではちょっと…と思いますけどね。


独立記念日などのイベント時には野外コンサートが無料で楽しめるそうですので、

機会があればぜひ! 聴きに行ってみてくださいね。


 617-266-1200  1-888-226-1200
 
 HP → http://www.bso.org/bso/





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。