2012年03月25日

自由の女神が見えるホテル 「The Ritz-Carlton」in NYC


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



先日、とんでもない最悪のサービスを提供してくれたNYCのホテルの記事を書きました。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧下さいね。
   最低最悪なNYCのホテル


このホテル ↑ はバスターミナルやタイムズスクエアーからすごく近くて,利便性は抜群で良かったのですが…。


2日間もお湯が出なかったことと、その対応が最悪であったためもう二度と泊まりたくないホテルとなってしまいました。


で、先週の週末に用事でNYシティに行った際、どのホテルに泊まろうか悩んだのですね。


で、いろいろ調べてみると…3月の第3週目のNYシティのホテル代が どのホテルものすごっく高い価格設定になっていたんです!


中級ホテルクラスで余裕で200ドル越えなんですよー!


なんでぇ〜〜〜?


あの、悪名高い最低最悪なNYCのホテルは、な、な、なんと!


1泊250ドル以上!!!


えいと@夫妻が泊まった去年の11月と、今年の2月中旬の価格は、1泊朝食付きで130ドルくらいだったんですよー?


ほぼ2倍の価格じゃないですかぁ〜〜〜!


まぁこのホテルには二度と泊まるつもりはありませんからねっ。どんなけ安くても!


それにしても…他のホテルも同じように高かったんですよねぇ〜。


あとで考えてみると…3月17日は St Patrick's Day(セントパトリックス・デー)だっかからでしょうねー。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧下さいね。
    アイルランドのお祭り「St Patrick's Day!」in NYC


今年の St Patrick's Day は土曜日とあって、NYC以外に住んでいる人達が泊まりで見物に来ると睨んでのことなんでしょう。


普段の倍の値段ですよー。もう…まいっちんぐ。



でも、用事は避けられないし、日帰りではちょっとしんどいし〜って思ったので、


他にいいホテルがないか探しました。


するとっ!


エクスペディアバッテリーパークの近くの The Ritz-Carlton(リッツカールトン)が意外に安くで出ていたのです!


The Ritz-Carltonっていったら5つ星の高級ホテルじゃないですかー!


正規の価格だと、一番安いクラスの部屋でも350ドル〜という 普段はちょっと手が出ないホテルですよねぇ。


それが、St Patrick's パレードがある週末だというのに 他の中級クラスのホテルと価格が変わらないんですよ!


もうびっくりしましたよー!


どーして安いのか、考えてみたところ、


バッテリーパークの The Ritz-Carlton はウォール街に近く、タイムズスクエアーからはちょっと遠いホテルなんです。


主にビジネスマンが利用するホテルなのですねー。


なのでウィークディは高く、ウィークエンドは価格が安くなるようなんです。


タイムススクエアーから遠いっていっても地下鉄を利用すれば10〜15分くらいで行けるし、


地下鉄の駅からホテルまで徒歩5分ほどだし、そんなに不便さは感じないですしね。


こりゃ〜この機会を逃したらThe Ritz-Carltonなんて泊まれないぞーって思い、予約をいたしました。



   a-Ritz12-1.jpg 

   こちらがThe Ritz-Carlton BatteryPark ↑ ↓です。

 a-Ritz12-2.jpg


このホテルからは自由の女神像が見えるんです。


せっかくだし自由の女神が見える「ハーバービュールーム」を予約いたしました。


 a-Ritz12-5.jpg


お部屋はこんな感じ ↑ で、けっこう広かったです。


ベッドのお布団は羽毛布団で寝心地満点♪


シャワールームもシャワーとバスタブが別れているタイプで、トイレも独立しています。


さすが! 高級ホテルですねぇ〜。


 a-Rotz12-10.jpg


窓からの景色 ↑ はこんな感じです。


見えていますね〜。自由の女神さまが♪


でね、スィートとハーバービュールームには 望遠鏡があるんですよ〜。


   a-Ritz12-6.jpg


この望遠鏡 ↑ で自由の女神を見ることができるのですね〜。


ちょっと覗いてみましょう。


 a-Ritz12-11.jpg


おぉお〜〜〜! 自由の女神が見えましたー!


望遠鏡にカメラをくっつけて移したらちゃんと写りましたよー。ちょっと感激♪


ズームかけても写るかな〜。


   a-Ritz12-12.jpg


おぉお〜〜〜大きく写真に撮れましたっ!


嬉しい〜♪



a-Ritz12-7.jpg a-Ritz12-8.jpg


こちら ↑ はチェックイン時にもらう ホテル近郊の地図です。ユニークですねー。


 a-Ritz12-9.jpg


ホテルのカードキーも自由の女神 ↑ であります。



それと、このホテルはベットメイキングを2回してもらえます。


チェックインして シャワーを浴びたり、一眠りしてから夕方出かけたりしても、


夜に部屋に戻ると タオルの補充がされており、ベットも整えられています。


そして、チョコレートとお水がベッドサイドのテーブルに置かれていました。


このへんが5つ星のサービスなんですね〜。



タイムズスクエアーの近くはパトカーのサイレンの音などで騒がしいことが多いんですが、


バッテリーパーク付近は 繁華街からは離れていることもありとても静かです。


NYシティの騒がしさを味わいたい人には向いてないかもしれませんが、


ゆっくり落ち着いてスティしたい方にはいいホテルだと思います。


バッテリーパークのThe Ritz-Carltonは週末の宿泊がお得ですよ〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 04:39| Comment(20) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(ホテル編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

最低最悪なNYCのホテル


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



あぁ〜〜〜暖かい〜〜〜♪


アメリカの北国だっちゅーに初夏のような陽気です。


昨日と今日の最高気温が 何と華氏75〜77度(摂氏23〜25度)まで上昇いたしましたよ!


窓を全開! 気持ちがいい〜♪


えいと@夫は半袖のワイシャツを着て 大学に行きましたわよ。


もちろん上着なしで!


学生さんなんて、Tシャツ1枚とか、タンクトップらしいですー。


3月中旬とは思えない気候ですなぁ。


これって異常気象ということなのでしょうか…?



さて。


先月、2月の中旬にニューヨークシティに行った えいと@夫妻でありますが。


今回はNYシティの あるホテルのお話です。


実はえいと@夫妻が泊まったホテルが…最低最悪だったんです!


このムカつく話に 今回はお付き合いくださいませ〜。


ちなみに…。


ホテルの名前は…今回は伏せておきます。(ホテルAとしておきます)


もし、NYシティに行く予定がある方で このホテルは避けたいから教えて欲しい〜と思われる方は、


個別にお教えいたしますので、コメントに知りたい旨をお書きになって、メルアドをコメント欄のお名前の下の欄に入れてくださいね。(メルアドは公開されません)



何が最低最悪だったのか…と言いますと、


お湯が全く出なかったのです。


…つまりお風呂に入れない状態だったわけですよ。


今回は2泊したわけですが、


もちろん2泊ともお湯が出ませんでした。


えいと@夫妻は朝にシャワーを浴びる習慣にしておりますので、


お湯が出ないことに気がついたのは 1泊目の翌朝のことなんですけど、


フロントにお湯が出ないことを言いますと、


その時は空いている部屋に シャワーに行くよう言われました。


こういう時のために予備の部屋が用意されているのでしょうね。


お湯が出る部屋があるんだったら 部屋を変えてもらえないか聞いてみました。


するとボイラーの状態を確認しているので 夜にはお湯が出るはずと言われまして。


まぁ仕方ないか〜と思い、空いている部屋にシャワーをしに行ったわけですが…。


なんと!


その部屋、他のお客さんが使ったままの状態だったんですよ!


他にもお湯が出ない部屋の人がいて、この部屋にシャワーをしにきたのでしょう。


えぇえ〜〜〜掃除が終わってない部屋を割り当てたのかよー(怒)って思いましたが、


午後から出かけたかったので 掃除を待ってる時間がもったいなくて そのまま入りました。


ジムとかのシャワールームと思えばいいって考えたんです。


しかしね…。


この予備の部屋のシャワールームの水はけが最悪だったんです。


普通は排水溝の方に水が流れるように造ってあるでしょ?


設計ミスかなんか知りませんけど、逆だったんですよ。


シャワーを浴びた後のお湯がいつまでも足もとにたまっている状態なんですね。


これって思いっきり不快なんです。


もう〜最悪〜!!!(怒怒怒)って思いながらシャワーを使いました。



で、夜になってもお湯が回復することはなく、翌朝を迎えたところ…。


やはりお湯は出ません。


また違う部屋にシャワーを浴びにいかないとあかんのか〜(怒)と思いながら フロントに電話をいたしますと…。


掃除がまだできていないから 10分間待つように言われました。


もしかして昨日のバスルームの掃除ができていなかった件、


他にも同じような目にあった人がいて クレームを付けたのかもしれません。(笑)


で、20分間くらい待っても連絡がなかったので 再度フロントに確認すると、


掃除の確認ができないから もう10分待てと言うのですよ。


それが3回くらいあって、時間は10時20分を過ぎてしまいました。


Aホテルのチェックアウトタイムは11時。


今からシャワーしてたんでは11時のチェックアウトには間に合わない旨をフロントに言いますと、


チェックアウト時間を午後1時まで伸ばすとの返事をもらいました。


そして、さらに待たされて、シャワーに入れないまま時間は12時近くになり、


これ以上待てない! と えいと@夫妻はキレた!


えいと@夫がフロントに電話で「支配人を呼ぶよう」に言ってくれたんです。


ま、キレた…といっても口調はあくまで穏やかにですけどね。


支配人にクレームを付けたことで、かなり丁重に謝罪をしてくれて、


ホテルAと提携しているホテルグループの無料宿泊ポイントをもらうということで話がつきました。


はじめは高級ホテル1泊分、または中級ホテル2泊分の無料宿泊ポイントでしたが、


家に帰ってから確認すると、高級ホテル2泊分、または中級ホテル4泊分のポイントをつけてくれていました。ラッキ〜♪



ところで、えいと@夫妻がこのホテルAを選んだ理由ですが…。


Port Authority Bus Terminal からホテルAまで徒歩4〜5分という素晴らしい立地だったからなんですね。


えいと@夫妻はPA州リーハイバレーエリアから 直行バス(片道2時間)でNYシティに行くわけですが、


バスターミナルから電車等に乗らなくてもホテルに徒歩ですぐに行けるというところが楽チンで良かったのです。


それにネット接続はフリー(無料)だったし、(都会は有料のところが多い)


ロビーには常にコーヒーが常備されていて飲み放題だし、


さらにフリーの朝食がついていて、部屋に運んでゆっくりと食べることができるし、


部屋には冷蔵庫がついていて ビールなどを冷やしておけるというのもポイントが高かったんですよね。


それと、去年の11月にNYシティに来た際にも このAホテルを利用したのですが、


その時は夕方にワイン&ビールサービスがあったんですよ。


夕方の時間限定で ワイン&ビールが飲み放題(無料!)だったんです。


これ、けっこう嬉しいサービスだったんですよね。


今回も期待したんですけど、ワイン&ビールサービスはなかったんですよ〜。


サービスが落ちたかな〜って感じがいたしましたね。


さらに今回はお湯のトラブルでしょ?


あ〜このホテルはダメだーって思いました。



このAホテルはけして安いホテルではないんですよ。高級ホテルでもないけど。


普段の宿泊費は150〜250ドルくらいするホテルなんです。


タイムズスクエアーに近いこともあって、


年末年始には500ドルの価格がついてたんです!


決して格安ホテルの部類には入らないホテルなわけです。


だからシャワーのお湯が出ないトラブルなんてあり得ないわけですよ、このクラスのホテルでは。



お詫びの無料宿泊ポイントをくれたので まぁ、許しますけどね。


でもねクレームをつけなかったら この特典はもらえなかったんですよ。


こういう時に ちゃんと主張,交渉ができる英語力は必要だなぁ〜ってつくづく思いました。


私一人だったら…きっとうまく交渉ができず 泣き寝入りだったことでしょう。


交渉を頑張ってくれた えいと@夫に感謝です♪



この無料宿泊ポイントは Aホテルでは絶対に使わないつもりです。


てか、このAホテルには二度と泊まるつもりはないですから。


このポイントは 7月にえいと@夫の学会で SFに行く予定があるので そこで使うことにいたします。


高級ホテル2泊分〜♪


ちょっと(かなり)嬉しいです〜わはは〜。\(*^▽^*)/




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 05:39| Comment(24) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(ホテル編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

極上のサービス「The Peninsula New York」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



先日、えいと@夫と雑談をしている際に、今までに行ったレストランの話題が出ましてね。


5段階評価であれば たいていのレストランは☆3つから☆4つだよねー?


よっぽどマズいところも少ないけど、忘れられないほどおいしい〜って感激するようなレストランも少ないよねぇ〜。


まぁ、普通においしいところが多いよね〜。


…なんて話をしていたんですよ。


そう言う話をしていて思い出したんですけどね。 


最近行ったところで忘れられない味を提供してくれたレストランがあるんです。


それはどこかといいますと…。



          ↓





          ↓





          ↓


   a-NYhotel12-1.jpg


じゃん! こちら ↑ です。NYシティにある「The Peninsula New York」というホテルの中にあるレストランです。


このホテルは えいと@夫からの結婚10周年のプレゼントで宿泊したホテルなんです。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
   結婚10周年のアニバーサリーは 超高級ホテルで♪


このホテルはファイブスターの高級ホテルです。


なぜ、こんな高級ホテルに宿泊しようと思ったかといいますと、


結婚10周年記念でちょこっと張り込んだっていうこともありますが、


実は年末年始のNYシティ・マンハッタンのホテルって、どこもめちゃくちゃ価格が跳ね上がるんですよ。


例えば普段であれば100〜150ドル前後で宿泊できるホテルであっても年末年始は500〜600ドルくらいに跳ね上がるのですよ!


いわゆる ホリディ価格(休日料金)ってヤツですよね。


年末年始のNYシティは 価格が跳ね上がってもお客が泊まってくれるから、ここぞとばかり高い価格に設定するんです。


飛行機だって観光地だって温泉地だって、休日は価格が高いですもんね。


ま、仕方がありません…。


でもね、「The Peninsula New York」は 普通の時とそんなに価格が変わらなかったんです。


確かに1泊900ドルと、目が飛び出るような価格でしたが、


普段でも700〜800ドルはするホテルなんですよ。


普段は1泊100~150ドルなのに500~600ドルするホテルを選ぶか、


それとも、普段は700〜800ドルのところ900ドルのホテルを選ぶかだったんですよね。


えいと@夫妻は1泊900ドルの「The Peninsula New York」をチョイスしたってわけなんです。


a-NYhotel12-3.jpg


こちらはホテルの玄関ホール ↑ ↓ です。ステキでしょ〜?


   a-NYhotel12-5.jpg


この階段 ↑ を上がるとその 忘れられない味のレストランがあるのです。


 a-NYhotel12-17.jpg


ピアノの生演奏付きでございますよぉ〜〜〜。


このレストランは朝食で利用したんです。


えいと@夫妻が利用したお部屋は朝食が一人20ドル分含まれていたプランだったんですね。


もちろん、このレストランは20ドルで朝食がいただけるようなメニューはなくて、追加分は支払わないといけないのですけどね。


とりあえず無駄にするのはもったいないので、2日間ともこのレストランに朝食をいただきに行きましたよ。


えいと@夫は2日間とも「中華ブレックファースト」を、


私は1日目は「コンチネンタルブレックファースト」、2日目は「和朝食」をいただきました。


で、その,はじめに書いた忘れられない味というのが、こちらのメニュー ↓ なんですよ。


   a-NYhotel12-21.jpg

 a-NYhotel12-22.jpg


えいと@夫がオーダーした中華ブレックファースト ↑ です。


このね、上の写真の真ん中のお粥が最高だったんです!


お粥の炊き方が完璧!


そしてお粥の上のトッピングが何とも言えないほどおいしかったのです〜。


だけど、このトッピング、忘れられないほどおいしかったのに、味が思い出せないのです。(涙)


絶対に再現できないお味なのですー。


これほどお粥で感激するって、今までになかったことです〜。


あぁ〜もう一度食べたい〜〜〜!


しかし…この中華ブレックファーストは 45ドルくらいするんです…。


朝食で45ドルは高すぎる〜〜〜。(大泣)


幻のお粥ですねぇ〜。



ところで、この「The Peninsula New York」、お値段は高いけどサービスも極上でございました。


例えばね、レストランに朝食やアフタヌーンティーをいただきに行った時にね、


何と! レストランのマネージャーが 挨拶にわざわざ席まで来てくださったのですよ!


アフタヌーンティーは予約をしていたんです。で、その予約した時間に挨拶に来られたんです。


もうびっくりしましたね〜。



ホテルのお部屋のサービスも完璧でしたし。


ベットメーキングは2回来るんですよ。


午前中のベットメーキングがすんだ後に、タオルや石鹸などのアメニティを使ったら夕方にはその補充がされているんです。


それだけでなくこんなステキなサービス ↓ もあったんです♪


 a-NYhotel12-11.jpg


チョコレートのルームサービスです♪ もちろんフリー♪


こんな気のきいたサービスをしてくれるんですね〜。


こういうちょっとしたことって嬉しいですよね♪



でね、一番感激したのは これ ↓ なんですっ!


   a-NYhotel12-20.jpg


実は、えいと@夫がホテルに忘れ物をしてきちゃったんですよ。


チェックアウトの時に忘れ物がないか、私が点検するんですけど、


えいと@夫がベットサイドテーブルの見えにくいところに パソコンのコードを置いていたらしいのですね。


そこまでチェックしなかった私…。失敗でしたよ…。


チェックアウトしてから3日くらい経過してから忘れてきた事に気がついたんです。


で、そこからさらに3〜4日経過してから、ダメ元でメールをしてみたんですよ。


もし、忘れ物を取り置きしてくれているのなら、NYシティに行った際に取りに行こうと思ったんです。


すると…!


送ってきてくれたのです! Fed Exでっ!


ホテルからの送料の請求はありませんでした。


「またのご宿泊を 心よりお待ち申し上げております」…と書いてありました。


こんなサービス受けたの、はじめてですっ! 感激しまくりました!


忘れ物をきちんと保管してくれていたんですね〜。


ファイブスターのホテルは ハウスキーーパーの教育も徹底しているのでしょう。


高級ホテルというのは設備がいい…というだけではないということですね。



ホテルは寝るだけ〜と割り切ってリーズナブルなホテルに泊まるのもいいと思いますが、


たま〜には100%満足なサービスを提供してくれる、こういう高級ホテルに泊まるのもいいな〜と思いますね〜。


もちろん、お財布の中味と相談の上…ですけどね。(苦笑)



ところで日本にもあるようですね? 


The Peninsula Tokyo!


いつの日か、泊まってみたいな〜って思います。


興味がある方は、こちらのHP ↓ をご覧になってみてくださいまし〜。

   The Peninsula Tokyo
   The Peninsula New York


   a-NYhotel12-2.jpg




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 10:50| Comment(10) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(ホテル編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

結婚10周年のアニバーサリーは 超高級ホテルで♪


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



本日は12月31日! ニューイヤーイブでございます。


いや〜1年なんてあっという間ですなぁ〜。


いろんなことがあった2011年ももうすぐ幕を閉じようとしています。


皆様にとって2011年はどんな1年でしたか…?



さて、今、えいと@夫妻はニューヨークシティにやって来ています。


この年末年始を ニューヨークシティで過ごすことを えいと@夫が準備してくれたのですよ〜!


…というのは、来年、2012年は えいと@夫妻の「結婚10周年」なのです。


そう! スィートテンのアニバーサリーなのですよ〜〜〜♪


で、えいと@夫がサプライズなプレゼントをしてくれたのです。


そのプレゼントとは…。



       ↓





       ↓





       ↓



The Peninsula New Yorkのニューイヤーの宿泊ですっ!


ご存知の方もおられるでしょう。


このホテルは超高級ホテルなんですね。


何と! 一番下のクラスのスーペリアルームで、1泊700〜800ドルもするホテルなんです。


上から二番目のデラックススィートが1泊が3800ドル以上!


1泊が35万円以上! どんなけ〜〜〜って感じでしょー?


広さは98平方メートル!


最も高級な ペニンシュラスィートなんて 何と! 307平方メートルもあるんですよ!


ペニンシュラスィートのお部屋の価格は非公開! いったいいくらなんでしょうねぇ〜?


98平方メートルのスィートで1泊35万円以上だから…! 想像もできない価格なんでしょうね。


そんな高級ホテルを2泊 プレゼントしてくれたんですよぉ〜♪


あ、もちろん、えいと@夫妻のお部屋は 下から2番目のクラスのデラックス キングルームです。


それでも1泊900ドル+TAXでっせー! たっかー!


だけどスィートテンのお祝いだしね。ちょっくら贅沢しちゃいましたぁ〜♪


もうね、むちゃくちゃ居心地がいいんですよー! 極楽でございます♪


大、大、大満足ですっ♪


こんな素敵なプレゼントをしてくれた えいと@夫に感謝です♪

  The Peninsula New YorkのHPはこちらです〜♪



さて、ニューヨークシティの年末年始はものすごい人、人、人です。


きらびやかな部分もあるし、騒がしい部分もある街ですねぇ〜。


アメリカ生活7年、5年間NY州に住んだ えいと@夫妻ですけど、


新年をニューヨークシティで迎えるのは はじめてですっ!


この雰囲気を楽しんじゃおう〜と思っています。



今宵はいよいよニューイヤーイブ、カウントダウンですね〜。


今夜はニューイヤーシンフォニーを聴きにに行く予定です。これも えいと@夫のプレゼントなんです♪


楽しみ〜♪


皆様はどんな風に年をこされているのでしょうか?


もうすぐ2012年! 辰年です!


来年こそ解散総選挙が行われて、日本のため、日本人のための政治をしていただき 日本が安定しますように…。


   a-sinnen12-1.jpg


皆様、良いお年をお迎えください〜♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 21:21| Comment(16) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(ホテル編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

謎の地下室を持つB&B〜The SAYRE MANSION


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ




今日は暑いバッファローでございますぅー。(;´ρ`A)アチィ・・・


暑ぅなったり,寒ぅなったり。


徐々に体温調整がうまくいかない年齢にさしかかってきた身としては 辛ろうございますよ、ホント…。(;´д`)



さて、先日のペンシルバニアの豪邸 B&Bの記事の続編です。

 先日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
  豪邸(B&B)に宿泊〜The SAYRE MANSION


 a-SayreM11-1.jpg


こちら ↑ が1980年代まで実際に富豪が住んでいたという豪邸を改造し、B&B(ベッド&ブレックファスト)として使用されている「The SAYRE MANSION」です。


旋回はお部屋&朝食をご紹介いたしました。


今回はリビングルームと地下室のご紹介です。


   a-SayreM11-31.jpg


こちらがメインダイニング ↑です。


えいと@夫妻は毎朝 このダイニングでおいしい朝食をいただいておりました〜♪!o(⌒囗⌒)oΨ


   a-SayreM11-30.jpg


  テーブルもおしゃれにコーディネートされています。


   a-SeyreM11-32.jpg


こちらはリビングルーム ↑です。


ここでゆっくりとお茶することもできるんですよー。


   a-SayreM11-33.jpg


こちらはゲストルームに行く階段 ↑です。


この階段が 絨毯敷きでいい雰囲気だったんですよ〜。



ところで、このThe SAYRE MANSIONには地下室があるんです。


そのことを教えてくださったのはえいと@夫の上司になる 学部長先生なんですねー。


到着した日にディナーにご招待してくださって、その際にいろいろ教えていただいたのですが、


このB&Bの地下で 会議をすることがあるんだそうで、見せてもらったらよいと教えていただきました。


で、午後の忙しくない時間帯を選んで 見せてもらうよう頼んでみますと、快く見せてくださったんです。


ちょっと暗めの階段を下りると…。


   a-SayreM11-37.jpg


壁が全て石という すごい雰囲気のスペースが出てまいりました。


a-SayreM11-34.jpg


こちらが地下の会議室 ↑です。


B&Bの方に昔はここを何の部屋として使っていたのか聞いてみたのですが…。


よくわからないんだそうです。


小さな窓が1コしかない暗い地下室…。


倉庫として使われていたのか…? 


それとも何かの目的の部屋として使われていたのか…?


謎めいた部屋ですね…。( ̄ー ̄;)


   a-SayreM11-36.jpg


そして こちらはワインセラー ↑です。


外はすごく気温が高くて暑い日だったんですけど、このワインセラーは冷房もかかってないのにヒンヤリしていました。


ワインって保管する際の温度がものすごっく大切ですもんね。


現在は、このB&Bはお酒を販売する許可を受けていないため、ワインの保存はしていないのだそうです。


それにしても…ステキなワインセラーですね…。


この邸宅の持ち主はきっとワインが大好きな方だったのでしょうね。


ここでワインのグラスを傾けて 何を語り合っていたのでしょうか…?


   a-SayreM11-35.jpg


置いてある家具 ↑ も古そうです。


博物館のような地下室ですよね〜。



話は変わりますが、毎朝の食事の時に使っていたマグカップがとーっても気に入っちゃって。


販売はしてないのか聞いてみたところ、15ドル+TAXで販売しているとのこと。


で、1コ、記念に買って来ちゃいました〜♪


   a-SayreM11-38.jpg


この手前の黒いマグカップ ↑です。


絶対に他では売ってないマグカップですからね〜。



ところで、旅行に行ってた際にどういう所に泊まるかで旅行のスタイルは変わってくると思います。


寝るだけと割り切って、安いホテルの泊まるのもいいでしょうし。


えいと@夫妻は古いお屋敷が好きなので、


今回、このThe SAYRE MANSIONに宿泊できて大満足でございました。


オフシーズンだったためか、価格もそんなに高くなかったんですよ。


平日に3泊連泊したので30%引きだったんです♪


 a-SayreM11-2.jpg


こういうお屋敷に宿泊して ちょっとリッチな気分を味わうってのもいいものですよん〜。


このB&B! おススメですっ!


興味がある方は こちらのHP ↓ をご覧になってみてください。
    http://www.sayremansion.com/


PA州のLehigh Valleyに行かれることがあったら ぜひ! 泊まってみてくださいね♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 07:19| Comment(18) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(ホテル編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。