2011年05月02日

BUFの停電で改めて「電気の必要性」を考える


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



4月中旬にアメリカ南部〜中西部にかけて暴風雨と巨大竜巻が発生し、大きな被害をもたらしました。


お友達ブロガーのモリオリママさんが記事にされていたので ご紹介します。
  モリー イン パラダイス + オリー<マウイの日々>
   「アメリカでも大災害」 「まだまだ続く竜巻被害」

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

14日から16日にかけて、アメリカ南部が暴風雨に見舞われ、竜巻も発生しました。

 a-tatumakisaigai11-1.jpg

   スライド写真はこちら。。↓
 PHOTOS: Storms in the southern U.S.

オクラホマ州で発生した暴風雨では、ソフトボール大のヒョウが降ったとか。。

その後、6州をまたがる竜巻が発生。。

発生した竜巻の数は241、そのうち50が竜巻と認定されたそうです。。

死者45名、多数の負傷者、広範囲の停電と火事・洪水など。。

甚大な被害をもたらしたもようです。

そして、バージニア州にあるサリー原発の2基が送電施設の被害で、自動停止。。

予備電源の作動で、今は安定した状態だそうです。。

  (中略)

この災害には、
非常事態宣言が出されました。。

そう言えば。。日本の大震災。。


非常事態宣言出てないですよね?何故?

***********************************

先週起きた、アメリカ南部の竜巻被害。。

今だに、場所をかえ。。続いています。

日本の余震のように、まだまだ続いている竜巻被害です。。

22日(金)には、中西部のミズリー州、セントルイスの空港を直撃した竜巻。。

   a-tatumakisaigai11-2.jpg

ランバート・ セントルイス国際空港の立体駐車場で、屋上にひっかかっているバン。。

空港のフィールドを竜巻が通り過ぎ、コンコースのガラスが割れたりで、数人の怪我人も出た模様です。

そして、立体駐車場の屋上に停めてあったバンをも、巻き込んだようです。

 MiSSOURIAN新聞 ↓
  「Van hangs over parking garage at Lambert Airport」

周辺地区では、4万世帯の停電もあったそうです。。


                     〜〜〜転載ここまで〜〜〜



    米南部の竜巻、死者297人に(34秒)


こちら ↑ のニョースでは最も被害の大きかったアラバマ州では死者が210人、1万戸以上が停電となったそうです。


お亡くなりになられた方のご冥福をお祈り申し上げます…。



アメリカは地形の関係で巨大竜巻が多く発生しますが、


今回のアメリカ南部〜中西部にかけての竜巻は「面」で襲いかかって来たことで、


広範囲にわたり大きな被害になりました。


そしてサリー原発を直撃したんですね! 


今回の場合は無事に自動停止し,予備電源がきちんと作動したおかげで で大きな被害は出なかったようです。


本当に良かったです。。。


写真 ↑ を見ているとまるで津波に襲われた東北地方の写真を見ているかのようですね…。


自然の猛威は恐ろしいと つくづく感じます。




ところで、一昨日NY州バッファローにものすごい強風が吹き荒れました。


グォングォンうなる音で目が覚めたのであります。


えいと@夫妻は おんぼろアパートに住んでいるわけですけれども、


「このアパート、大丈夫? こわれない???」(@Д@;


…って真剣に心配になっちゃうくらいの強風だったんですよ。


アメリカNY 北西部にも竜巻が来る可能性があると ウェザーチャンネルでやってたので、ちょっと(かなり)心配いたしました。


起きて,シャワーを浴びて、ちょこっとネットをやっておりますと…。


ぷっつん。。。。。


ぎぇー! 停電キターーーーーーーーーッ!!!!!(/TДT)/


シャワー後、髪をまだドライヤーで乾かしてないのにぃ〜っ!・゚・(ノД`;)・゚・


もう、イヤになっちゃいますよ。


アメリカの電気ってすぐに停電するんですから…。


まだ外は びゅぅびゅぅ グォングォン うなっておりますし。


こんなに風が強かったら停電になっても仕方がないか…と半ば諦めモード。


それにしても…電気がないと ネットもできないし、お腹がすいても調理も出来ない…。


そう、えいと@んちはオール電化なのですよ。


キッチンもシャワーも何もかも電気なので停電になると『だるまさん状態』になっちゃうわけです。


しばらく待ってみましたが…3時間くらい経っても電気が回復する気配がなかったので、


仕方がないのでパネラブレッドというベーカリーレストランにご飯を食べに行きました。



車で町を走ってみますと…!


あちこちで 木が倒れて電線が切断されておりました。(カメラを忘れたので写真はなしです〜失敗〜)


うわーこりゃ〜電気が回復するのに時間がかかりそうー!


2006年の10月の季節外れの大雪によるバッファロー大停電を思い出しましたよぉ。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧になってくださいね。
     アメリカ的生活(災害編)


この時 ↑ は短い地域で2日間、長い地域では2〜3週間もの長期にわたる停電でした。


えいと@夫妻の住んでいた地域は、幸いなことに2日間の停電ですんだのでした。本当に助かりましたよ…。


あれは、えいと@夫妻がバッファローに引っ越して来た年だったんよな〜。思い出すな〜。


あの時 ↑ は10月だったけど気温がすごっく低くて寒かったんですよね…。たった2日間でも辛かったですよ…。


今回の停電では、うちのアパートは夜9時には電気が回復していました。ホント、良かったです〜。


だけど、近所ではまだ夜中でも停電が継続していました。


完全に電線が切断されて地域は もしかしたら電気が回復するのは時間がかかるかもしれませんね…。


今回の強風は「ダウンバースト」であったような気がします。

  ダウンバーストについてはこちら(ウィキペディア)を参照してください。


ホントにものすごかったんですよ〜〜〜。台風みたいな感じでした。


根っこごと掘り起こされて倒れていた木がありましたしね。


風の力もあなどれませんよねぇ。



ところで、電気のない生活って改めて大変であると感じました。


今回のようないきなりの長時間の停電も困りますけど、


日本で行われた計画停電(無計画停電)は めちゃくちゃ大変だっただろうと思います。


4月中旬に えいと@夫が東京に3日間行っていたのですが、


計画停電はもう終了していたにもかかわらず東京全体が暗かったそうです。


えいと@夫は 日本円をたくさん持ってなかったので成田空港にあるATMで日本円をおろそうとしたところ…。


節電のためATM の電源が落とされ、使用できない状態であったそうです。


町の中のATMじゃなく 成田空港の中のATMですよ?


成田から東京の中心まで行くにも 交通費などのお金が必要じゃないですか〜〜〜。


5000円ほど持たせておいて良かったです、いやホンマに。


成田エクスプレスが日によって動かないなんてこともあってバスでの移動もあったとか。


東京の繁華街はネオンが消えていて 暗いムードが漂っていたとのことです。


そんな中、パチンコ店のネオンは明るかったそうです。

パチンコに関する過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
 日本人の精神を蝕み 電力消費の大きいパチンコは日本にはいらない!


飲食店も 寂しい雰囲気(閑古鳥状態)だったみたいですよ。


東京に到着したその日に えいと@夫は大学時代の友人と会って、お魚専門の居酒屋に食事に行ったらしいのですが。


お客さんはまばらだったそうです。


何ででしょうね…? 自粛しているのでしょうか…?


それとも風評被害の現れなのでしょうか…?


   j-izakaya11-1.jpg


こちら ↑ は えいと@夫と友人が食べた魚料理の写真です。(友人が携帯メールで送って来ました)


日本の魚はやっぱりめちゃくちゃおいしかったそうです!


アメリカに残っている私を むちゃくちゃうらやましがらせてくれやがりましたよー。



…話がそれちゃいました。(´ε`*)ゝ 停電の話にもどしますね。


えいと@夫は東京の ある大学に行ったわけですが、


大学内の廊下が真っ暗!だったそうです。


使用する部屋だけしか電気をつけない状態だったそうで、


とても大学の雰囲気ではない様子をかもしだしていたそうです。


こんな風に自主的に節電する日本の姿があるんですね…。



今回のバッファローの10時間あまりの停電でも感じましたが、


電気はやはり必要です。


私のアパートメントはオール電化なので 電気がなかったら何もできないのです。


冷蔵庫も長時間停電が続くと大変困ることになりますしね。


人間は一度手に入れた電気のある生活を そう易々とは手放せないと思います。


「原発反対派」の中には 原子力発電をすべて即座にとめ、廃止するべきだと言われる方がおられますよね。


そういう方は現実的なことを考えているのか?…と疑問に思います。


ちょっと我慢するくらいできないのか?


みんなが少しずつ節約すれば何とかなるじゃないか!


…と、そんな風 ↑ に言われますが…。


確かに今の状態であればそれ(みんなが少しずつ節約する方法)で何とかなるでしょう。


今後、必要以上の電気を使うことは改めていかないとダメであると思います。


でも、生きていくために絶対に必要な電力があるのも事実です。電気は必要不可欠なのです。


今、稼働している原発をも全て止めてしまうとなるとそんな簡単な話ではすまないのではないでしょうか?


きれいごとは言うだけならなんぼでも言えます。


例えば北海道の冬は本当に厳しいと思います。バッファローの冬と同じでありましょう。


厳冬の地域に「暖房を節約しろ」というのは「凍死しろ」と言うのと同じことなのですよ。


そして電力があっての経済発展ということも忘れてはならないと思います。


3月には関東で計画停電がおこなわれたことで、継続的な電力を要する工場を持つ中小企業が倒産するという事態が起こってしまいました。


もし日本全体が長期間 電力が大きく不足するような事態になれば…。


ここに書かなくても おわかりになられますよね…。



ところで、原発の話を書くとえいと@=「何が何でも原発推進派」であると誤解される方がおられますが、


そうではありません。


危機管理が全くなっていない日本の政府、保安院や安全委員会等のお役所仕事に対しては強い怒りを感じていますし、


日本は地震が多い国であることをしっかり考えた安全対策をとるよう改善していく体勢に変わって欲しいと願っています。


現在の体勢が改善されない限り、私は日本は原発を持つ資格はないとも考えています。


原発に限らず、何でも「100%絶対に安全」なんてものはありません。


だからこそ、今後どうしていけばいいのかを考えないといけないのではないでしょうか?


原発に賛成、反対に関わらず…です。


まずは、今の福島の現状をはやく収束させていただくこと、


その後に「日本の原子力」をどうしていくのかを考え、


日本の将来を見据えてしっかりと議論していく必要があると思っています。




       【お知らせ】


当ブログにお越しの皆さま。

いつもご訪問と温かいコメントをありがとうございます。お返事が遅れて申し訳ありません。

コメントのお返事 ↓ を書きましたので、お時間がある時にご覧になってくださいまし。

のろいの菅総理〜やはり原発事故は人災だ!
日本人の精神を蝕み 電力消費の大きいパチンコは日本にはいらない! 
民主党惨敗! これが民意だ! & 福井県敦賀市の選挙結果を考える
国民一流・政治は三流〜政治の話題を出すとドン引きされる日本




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 02:35| Comment(19) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(災害編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

あの災害を忘れまい! 災害で折れた大木を使った記念の彫刻


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



10月も20日であります。はやくも1/3が過ぎましたね。


だんだん紅葉も美しく色づきはじめ、


秋が深まって来たな〜と感じますね。(*^^*)


しかし。


ここ最近、暖かいんですよ。


えいと@の住むバッファローが。(゚o゚*)


アメリカの北国は今頃は初雪がふってもおかしくないんですけどね。(-_-)ウーム


最近の外気温で暖かい時は華氏75度(摂氏23〜24度)を超える日もあるんですねー。(゚ロ゚屮)屮


どうしちゃったんでしょう?


地球温暖化の影響ですかね? (?_?)


この反動で11月以降がめちゃくちゃ寒くなったらイヤだなぁ〜。


ちょっと不安であります。(´ヘ`;) 



さて、ちょっと前のこと。


えいと@夫とバッファローダウンタウンに行った時のことです。


広場を囲むように何体かの彫刻を見つけましてね。( ・◇・)b


   a-BUFdowntown3.jpg


これら ↑ ↓ は去年のバッファローを襲った季節外れの大雪で倒壊した木々で作った彫刻だそうです。


   a-BUFdowntown1.jpg


そうなんです。


皆さまに感謝! 明日でブログ1周年であります〜!の記事でも書きましたが、


去年の今頃、季節外れの大雪がここバッファローを襲ったんですねぇ〜。(T□T)

 関連記事はこちらを見てくださいね♪ → アメリカ的生活(災害編)


忘れもしません。2006年10月13日のことでした。(≡д≡)


停電で心細い夜の間中、


バキバキ〜〜〜ッ!!! ザザザーーーッ!!!


…という木がなぎ倒される音が一晩中続いたんですよ。( ̄_ ̄|||)


翌朝、起きてみてびっくりしました。(; ̄Д ̄)


一晩で1メートルほどの雪が積もってることにも驚きましたが、


多くの木がまっぷたつに裂けていたり、


真ん中から折れていた
(@Д@; んですね。


なぜ、そんなひどいことになったかというと…。


10月はまだ木々たちは葉をつけているんです。


落葉には時期がはやかったんですね。


そこで季節外れの大雪! (゚Д゚;)


10月に降った雪は水分をたくさん含んでおり、とても重い雪であったわけです。


その雪の重みに耐えられなくなった木が、次々に倒壊していったんですね。


かわいそうな木々たち…。号(┳◇┳)泣


倒れた木の中には樹齢100年を超す立派な木もあったようです。


そこで、ボランティア達が集まり、


その樹齢100年以上の木でこれらの彫刻を作成したということらしいんですね。


a-BUFdowntown2.jpg


  これ ↑ はバッッファロー(牛)ですね。


  a-BUFdowntown4.jpg


これ ↑ はアメリカのシンボル、イーグルです。



災害は忘れた頃にやって来る…って言いますよね。


備えあれば憂いなしともいいます。


今後、災害などがないことを祈りつつ、


何かあった時にはあわてないで対処できるようにしたいと思います。



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)

posted by えいと@ at 10:48| Comment(18) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(災害編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

大雪、災害 その後

10月13日金曜日にニューヨーク州バッファローを襲った大雪の災害(詳しくはこちら)

広範囲に停電となり、地区によっては雪解け水でベースメントが浸水し、

住民は不便な生活を余儀なくされた。


はやい地区で2日間、遅い地区では2週間、停電が復旧するのにかかった。


…あれから1ヶ月。

バッファローの街はどうなっているのであろうか?

住民の生活はほぼもとに戻っている。

停電も復旧し、暖房も、TVもインターネットももとどおりである。

災害後3週間くらいは、水道水を飲まないように。飲む場合は必ず沸かして飲みましょう。

…とローカルニュースでやっていたが、今はもう大丈夫のようだ。

バッファローは基本的に水道水を普通に飲むことが出来る。

えいと@はブリタを使って水道水で料理したり、お茶を作っていた。

災害後しばらくはミネラルウオーターを買った。

料理のためには結構な量のミネラルウオーターが必要であった。

買いに行くのも大変だ。

今は、ブリタで浄化した水道水を沸かして使っている。

だいぶ楽になった。


今回の災害で、かわいそうに思ったのは木々たちである。

10月に降った想定外の大雪は水分を多く含み、かなりの重さがあった。

大雪の夜、バキバキバキ〜ッ! ザザザ〜ッ!とものすごい音を聞きながら寝ていたのを思い出す。

木々が雪の重みに耐えることが出来なくて、折れたりさけたりしていたのだ! 

          写真をクリックすると拡大します ↓

        saigai8.JPG  saigai5.JPG  

     saigai6.JPG  saigai7.JPG

 木だって生きてるのに…。かわいそうな折れてしまった木々。木の叫び声が聞こえそう…。(TдT)

       

     そしてその後、折れた木々が道の端に寄せられている光景を見た。

     saigai4.JPG  saigai3.JPG

  左の杉の木は葉をつけたまま…。右の木は赤い実がなってたのに…。(T-T)

              saigai1.JPG

      丸裸になっちゃった木。春にはまた芽が出ますように…。





木の再生を願ってくださる方よろしく┌|-.-|┐yajirusi.gifburogurannkinngu .gif
こちらもぽちっとよろしくお願いします(^-^)yajirusi.gifburogumura.gif
タグ:災害
posted by えいと@ at 03:42| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(災害編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

まだ広範囲に停電が…

野菜や牛乳が少なくなってきたので、そろそろスーパーに買い出しに行かなくっちゃ。

…と思い、よく行くスーパーマーケットへ行ってみた。

なんかいつもと感じが違う。

陳列してある冷凍食品や冷蔵の肉類が極端に少ない。

棚がガラガラである。

いつもは牛肉や鶏肉があふれんばかりにあるのに。。。

停電(詳しくはこちらを見てね♪)の影響だろうな〜。

とりあえず目的の物を買って、そのスーパーマーケットを後にした。

ちょっと違う道を走ってみた。

あれ、このへんの信号機がまだついていない。

このあたりの家には全く電気がついてない。

停電がまだ復旧してないんだ〜。

ケーブルのトラブルでTVを見ることが出来ないので、今停電の復旧がどこまで進んでるのか、その情報が全然入らない。

大雪が降って6日が経つのに。。。

えいと@夫の先輩が「昨日まで電気が来てたのに今日は停電になってしまった。」と言っていたらしい。

はやく復旧してくれないと、本当に辛いよね。

うちのケーブルもはやくつながってくれ〜〜〜〜!



ぽちっとクリックよろしくお願いします(^-^)yajirusi.gifbanner_04.gif



posted by えいと@ at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(災害編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

ドライアイスの配給

今、バッファローのローカルTVでドライアイスの配給のお知らせをやっている。

へ〜っ。ドライアイスの配給。はじめて聞いた。

停電が復旧していない家庭の冷蔵庫の中の食品を守るためにドライアイスの配給をするわけかぁ〜。

なるほどな〜。

月曜日と火曜日の10時、12時、16時に配給します〜って言ってる。

アメリカ人は1回にどっさりと冷凍食品や肉類を買い込んで、でっかい冷凍庫に保存するお宅が多いから、
これが全部腐ってしまったら金額的にもけっこうな損失だもんね。

食材を無駄にしないためにもドライアイスの配給はいいことだ。うん。(^○^)




ぽちっとクリックよろしくお願いします(^-^)yajirusi.gifbanner_04.gif
posted by えいと@ at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(災害編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。