2008年05月06日

川遊びをする子供たち & 少なくなった安全な遊びの環境


ただ今、日本に一時帰国している えいと@です、こんにちは。(o^∇^o)ノ



昨日の記事の続編です〜。

 昨日の記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
    元気に泳げ! 河原の鯉のぼり軍団!


子供の日のイベントとして河原で鯉のぼり祭りが行われていたんですね〜。(^_^)


 j-kodomonohi3.jpg


数えるのが大変なくらいのたくさんの鯉のぼりが泳いでおりました〜。


なかなか壮大な風景でありましたよ〜。('▽'*)



さて。


今回は河原で遊ぶかわいい子供達でございます〜。(*⌒―⌒*)


 j-asobukodomotati1.jpg


男の子たちが一生懸命に何かを獲っています。


虫??? カエル??? それとも…??? (゚_゚i)


えいと@夫に言わせるとナマズやフナ、ブラックバスの稚魚が獲れる…ってことらしいです。


あ〜、ですかぁ〜。σ(^_^;)


しっかし…。男の子ってこういうのを獲るの、大好きですよね〜。


何で男の子はこういうことに夢中になるの? (?_?)


…って、えいと@夫に聞いてみますと…(えいと@夫は子供の頃、野生児でした。。。)


「狩猟本能!」 d( ̄  ̄)


…ということのようです。ホンマカイナ? ( ・◇・)?



 j-asobukodomotati2.jpg


今度はかわいらしいカップル ↑(兄妹?)です。(*゚v゚*)


何をしてるのかなーって見てますと…。


川に落っこちた鯉のぼりをとってたんですね〜。


 j-asobukodomotati4.jpg


これを持って行ってどうするのかなー??? (^-^;)


なんか微笑ましかったですね〜。(o^-^o)


 j-asobukodomotati5.jpg


この飛び石は小さい子供にとっては怖いんですよー。


おそるおそる飛んでる姿がかわいらしかったです〜。(*^o^*)



こんな風に元気いっぱい遊んでる子供達を見るととてもうれしくなっちゃいますね。


元気に育っていって欲しいものですね〜! (*゚▽゚*)




    【おまけ】


河原でこういうもの ↓ を見つけました。


 j-asobukodomotari3.jpg


素足厳禁! w(゚ロ゚;)w


あー。ガラスの破片などが落ちてるかもしれませんからね〜。


裸足で遊ぶと怪我をする危険があるんでしょう。(-_-;)


えいと@の子供の頃は普通に裸足で遊んでましたよ。


子供だけで川で遊んだり遠くの公園に行ったりしてましたしねぇ〜。


今は子供だけで遊べる安全な環境が減ってきてるんでしょうね。(ーヘー;)


田舎の子供はまだまだ自然と触れ合いながら成長する環境が残っていますが、


都会の子供自然と触れ合う機会はほとんどないでしょう。


自然と触れ合うことで学ぶことってたくさんあるのに…。(-_-)ウーム


悲しいことですね。。。(ノ_・。)




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



お手数ですが こちら ↓ をついでにポチッ☆としてくださったらうれしいです〜♪

        burogurannkinngu .gif 

  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ☆ 感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)



posted by えいと@ at 11:57| Comment(18) | TrackBack(0) | ニホン的生活(日常編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちは。昨日は惜しいゲームだったカープです。

たくさんの鯉のぼりの下ではこのように楽しく遊んでる子供達がいたんですねー。僕が見たトコでも同じような風景が繰り広げられてたのかな??
僕が子供の時はどこでも遊んでたんですが、今はそうもいかんのですかね。。ちょっと寂しい。。
Posted by まー at 2008年05月06日 12:15
たのしそ。

自分の子供のころは裸足の子も何人かいましたね〜。
(自分も、、)

ガラス破片とかは落ちてなかったし、親や先生もあまり多くは言わなかったのを覚えてます。
Posted by かげ at 2008年05月06日 13:14
まーさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

昨日、1点差にまで迫ったのにねー。残念でした〜。

そうなんですよー!
鯉のぼりの下で、たくさんの子供達が楽しく遊んでました。
いい感じの風景だったんで、おもわず写真を撮ってましたよ〜!

今の時代、どこでも楽しく遊べなくなっちゃいましたよね。
怪しい人間が多くなったせいで 親の目の届かないとこでは遊べない。
どろんこになって遊べない…。
場所によっては川も汚れてて、川に入ることさえできない…。
悲しい時代になっちゃいましたね。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年05月06日 15:04
かげさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

楽しそうですよね〜。
こんな風に無邪気に遊べる環境があるっていいですよね。

ホントに我々の子供の頃は、裸足で川に入って遊んでましたよね!
危険がなかったわけではないけど、親もおおらかだったっていうか…。
今の親はちょっと神経質になりすぎかな???…って思うこともありますね。
怪我をしながら学んでいくってこともあるのにね。
ま、我々の子供の頃と今とは、いろいろ違ってるんでしょうけど…。
悲しいことですね。。。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年05月06日 15:28
こんばんは、

今は浸かって遊べる川も少ないんでしょうね〜
できれば自然の中で自由に遊ばせてあげられたら
いいんでしょうけど。。。
そういう場所はもう少ないんだろうなあ、
残念ですよね、
今時はインドアでの遊びがほとんどだろうけど
こういうのも凄く楽しいって
知ってほしいですね。
Posted by sukositiger at 2008年05月06日 19:02
川で遊ぶの懐かしいなー。
わたしは小学生の頃、よく加茂川に行ってました。
学校からクラスみんなで歩いて行って、課外授業とか。
川に入る時はサンダルを履くよう言われてました。
でもサンダル流される子が絶対いるんですよねー。
懐かしい思い出です♪応援ぽちっ
Posted by ちい at 2008年05月06日 19:17
私はもう川で遊んだこと無いですねぇ。
せいぜい公園の噴水くらいです。
川は都会はもう汚いでしょうけど田舎の方ならまだ遊んでるかもしれませんね。

それでは応援ポチ!
Posted by naoto at 2008年05月06日 21:08
こんばんは!
いいな〜こんな風に自然の中に遊びを見つけるのは
決められた範囲の中で決められた遊びをするよりも
ずーっと創意工夫が出来て子供の成長にはいいですよ
こんな安心して遊べる自然を残してあげたいな〜♪
Posted by at 2008年05月06日 23:19
毎年水の事故が多いけれど、この程度の深さなら心配ないですね。
私も子供の頃、川で遊びましたよ。
メダカもおたまじゃくし、ザリガニなどあの頃は沢山いたのに、今じゃ殆ど見れない状態です。
自然で遊ぶのは、子供にとっていい勉強にもなるんですよね〜。
Posted by ree at 2008年05月07日 00:19
いいですね〜
色んな事を考えて遊んでるのでしょうね。
そーいえばウチの息子はプリでミミズ取って持ってかえってきました( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!

川はね、水も冷たいし滑りやすいから靴を履かせるのでしょうね。
あと、思い出したのが日本の児童館なんかは
「靴下を脱いで裸足で遊んでください」だったのに
(遊具で滑るから)
アメリカではプレイマックなんかでも
「靴下を履かせてください」なんですよねー。
これって文化の違い???笑
Posted by おね太郎 at 2008年05月07日 00:55
私も男の子の遊び大好きですよ〜〜!
むしろ、男の子としか遊んでいなかったので、
おままごとなどが苦手です^^;;
カエル、トカゲ、ヘビ、昆虫、魚、ザリガニ
なんでも捕ったし、持って帰っては母が悲鳴を
上げていましたね〜。
お陰で、大人になった今でも平気で触ったり、
掴む事が出来ますよ(-_^)b

生き物に触れる、観察するのって不思議な魅力が
あるんですよね。どうしてこんな形しているんだ
ろう?どうやって動いているんだろう?
そういった興味と発見、知る楽しさなど色々な要
素が混ざり合っているように感じます。
旦那様の言う「狩猟本能」は、大人になってからの
感覚じゃないかな〜^^
子供の頃に生き物に触れるって本当に大切だと思い
ます。その中で学ぶ事は一杯ありますからね。
今の子供達がもっと自然に触れ合える環境で過ごせ
たら・・・甥っ子達を見る度に思ってしまいます。
Posted by たまてん at 2008年05月07日 08:25
スコシタイガーさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

一時、川が汚染されてとんでもない状態になった年代があったようなんですが、
最近はだいぶきれいになって来ているそうです。
工場などの排水処理がされるようになりましたからね〜。
あとは個人が川を汚さないような生活を心がけないといけませんね。(家庭排水など)

都会は自然が減ってますよね〜。
開発でやむおえない部分もあるんでしょうけど、子供の成長には自然は欠かせないものなのにね。。。
インドアでゲームばかりでは、生き物と触れ合ったり…危険を回避したりなど身に付かないでしょうね。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年05月07日 12:42
ちいさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

加茂川ですか! そっかー。ちいさんは加茂川で遊んでたんですねぇ〜。
川に入る時はサンダル必須だったんですねー。
危険なものが川の中に落ちてるかもしれませんし、すべっちゃうかもしれないしね。
サンダル! 流される子いますね〜。で、泣いちゃってるの。
そういうこっていつも同じ子じゃなかったですか?(笑)

子供が自然の中で遊ぶ…って大事ですよねー。
今の都会の子はホントにかわいそうですね。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年05月07日 12:49
naotoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

naotoさんは川遊びをした経験がないんですか〜。
岡山でしたっけ? 川がなかったのかな? それとも「川で遊んじゃダメよ」って言われたんでしょうか?

最近は川の浄化がすすんで、だいぶきれいになって来てるようですよ。
この写真の川も、昔はもっと汚かったみたいです。今は透明できれいですもんね〜。

もっと子供達が遊べる環境があればいいのにね。
都会の子も外で遊べる社会になって欲しいですね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年05月07日 12:53
E店長さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

そうですよね!
こんな風に遊ぶと、いろいろ工夫しますよね。創造力豊かな子供に育ちますよね。
あとは動物(魚やカエル)などを捕まえたりすることで、生き物の扱いを学べますし。
うっかり殺しちゃったらその時は悲しいけど、こうしたら死んじゃうんだーって学べますよね。

外で遊ばない子供は、そんな経験が出来ないからかわいそうに思います。。。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年05月07日 12:58
reeさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

水の事故、多いですね。
今日も潮干狩りで子供がひとり行方不明ってニュースがありました。

どんなところでも安全な場所はないですよね。
川でも海でも、危険はあります。
どういうところが危険なのか、危険を回避する方法などは普段から外遊びすることで学ぶこともあると思うんです。
普段からインドアで遊んでる子って、そういうことが学べませんよね。

今後はどんどん、創造力豊かな子供が減っていくのかなぁ〜。
もっと外で遊べる環境が必要ですね。。。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年05月07日 13:05
おね太郎さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

きゃははー!
ミミズですか! そりゃーかないませんね!
でも、きっと息子ちゃんには宝物なんでしょう。(笑)

えいと@夫も子供の頃、いろんなもの(ミミズやカタツムリ、虫など)を家に持ち帰って母に「ぎぇーっ! 捨ててらっしゃい!」って怒られたそうです。(爆笑)

裸足はすべりやすいからもあるんでしょうねぇ〜。なるほど〜。
外で遊ぶっていろんな危険があると思うんですけど、その回避方法も怪我をしながら学んでいくもんじゃないのかなーって思いますけどね〜。
もちろん、取り返しのつかない怪我はシチャー困りますけどね。
親が「あれはダメ! 危険だから行っちゃダメ!」って口で言うだけでは、危険回避の方法は身に付いていきませんよね〜。

ま、環境が整ってないっていうのはありますけどね〜。
今の都会の子供は本当にかわいそうだなぁ〜って思います。

靴下は??? 何ででしょうね?
アメリカは人前で裸足にならない文化だから…かなぁ??? 水虫予防???(笑)

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年05月07日 13:16
たまてんさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

うほほ。たまてんさんは野生児だもんね〜。そんな感じしますよ〜。(笑)

えいと@はたまてんさんほどではないけど、けっこう男の子の中に入って遊んでました。
探検もよくやりましたし、川でも遊びましたね〜。
でもね、虫はダメなんですー。さわれません。。。怖くて。。。

>どうしてこんな形しているんだろう?どうやって動いているんだろう? 
>そういった興味と発見、知る楽しさなど色々な要素が混ざり合っているように感じます。

その通りだと思います! 
その「何でだろう?」っていう疑問がいろんな発見につながるんですよね。
うっかり殺しちゃったらそのときは泣いちゃうけど、それがまた経験になって、どう扱ったらいいのか、そして生き物には命があるって学ぶんですよね。

>旦那様の言う「狩猟本能」は、大人になってからの感覚じゃないかな〜^^

今思えば…って感じだそうですよ〜。
自分で獲った魚や虫などは自分のもので、絶対に持って帰りたい!…って思うんだそうですね。
えいと@夫が子供の頃は、ミミズやカエル、虫などをいっぱいズボンのポケットに入れて持って帰っては、母親に怒られてたそうです。(爆笑)

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年05月07日 13:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。