2008年03月30日

太陽の塔の顔をクローズアップ!


ただ今、日本に一時帰国している えいと@です、こんにちは。(o^∇^o)ノ



先日、3月中旬に大阪の万博公園に行ってきた えいと@であります。


お天気がよくポカポカ暖かい(暑いぐらいでした〜)1日でございました。

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
     梅のお花見を楽しむ & 今日がお仕事最終日だーっ♪
     昨日で仕事終了と思いきや… & 春を楽しむ梅のお花見



さて。


皆さまもご存知だと思いますが、この万博公園には故岡本太郎氏の作品があるんですね。


1970年に開催された万博博覧会のために制作された作品です。


そう! 太陽の塔です。


   j-taiyounotoukakakudo9.jpg


じゃん! この塔 ↑ が太陽の塔でありますっ!


去年の記事に書きましたが、太陽の塔は4つの太陽の顔を持っているんですね。

 関連記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
      4つの顔をもつ太陽
      【過去の太陽】のクールな眼差し
      表情が変化する!(えいと@のお気楽写真館)


こちらの記事 ↑ に詳しく書いていますが、


背面に描かれた冷たい表情の【過去の太陽】


正面に描かれたちょっとすねたような怒ったような表情の【現在の太陽】


黄金色に輝く【未来の太陽】



そして【太古(地底)の太陽】4つの顔を持つんですね。


今回はそんな太陽の塔の顔をクローズアップしてみたいとおもいます〜。



まずは黄金の【未来の太陽】↓です。


   j-taiyounotoukakudo5.jpg

j-taiyounotoukakudo6.jpg



次はクールな眼差しの【過去の太陽】↓です。


   j-taiyounotoukakudo1.jpg


   j-taiyounotoukakudo3.jpg


そしてちょっとすねた感じの【現在の太陽】↓です。


   j-taiyounotoukakudo4.jpg


j-taiyounotoukakudo2.jpg


   j-taiyounotoukakudo8.jpg
   

   j-taiyounotoukakudo7.jpg



いろんな角度からクローズアップしてみました。


ちなみに【太古の太陽】は現在行方不明になっているため観ることは出来ません。

  万国博覧会が終了した後、
  当時兵庫県が新設する予定だった美術館に展示する
  …という理由で引き取ったものの、 
  美術館の話がぽしゃってしまいそのまま太陽は放置。
  管理すべき筈の兵庫県もその行方を全く把握していなく
  行方知れず…ということのようです。

        (HP『太陽の塔』を参照させていただきました)


【太古の太陽】は、故岡本太郎氏が4つの太陽の中で最も気に入っていた太陽であったらしいんですね〜。


どこかに眠っているのでしょうか? 残念でなりません。


ぜひ! 観てみたいものですね〜。



この4つの顔を持つ【太陽の塔】


故岡本太郎氏の強いメッセージが込められているように感じます。


どんな風に感じるかは、個人でそれぞれ異なるんだろうな…って思います。


去年の記事でたくさんの方がいろんな風に感じてくださいました。

  コメントその1   コメントその2   コメントその3


皆さまはどんな風にこの4つの顔を感じられたでしょうか?




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



お手数ですが こちら ↓ をついでにポチッ☆としてくださったらうれしいです〜♪

        burogurannkinngu .gif 

  ありがと〜〜〜♪ いつも応援ポチ☆ 感謝ですぅ〜♪ ☆^∇゜)





この記事へのコメント
正直、芸術がからっきしの自分にはよくわからないですが、
でも、岡村太郎さんの作品は迫力がありますよね。

あと、言動とか結構共感できたり。

すきなひとです。

長生きしてたらもっとすごいものを作ってたのかなあ、、?
Posted by かげ at 2008年03月30日 13:23
こんにちは!
太陽の塔ってそんな深い意味があったんすね!
万博公園にもいったことないんで、全然知らなかったです。
いつか行ってみたいなー^^
Posted by まー at 2008年03月30日 15:16
4つの太陽には名前がついてたんですね。
懐かしいなぁ〜
太陽の塔。

p(*'-^*)。
Posted by エイジレス美人の作り方★NANA at 2008年03月30日 15:25
太陽の塔、すっごく好きです!
携帯ストラップとかもありますよねっ。キュート♪
でも小さい時は怖かったです。
大阪のイトコの家に行く時、名神から見えるんですが、
いっつも姉と泣きながら
「ちゅぶしぇ!ちゅぶしぇ!!」(つぶせ!つぶせ!!)
と言ってたと親に言われました。てへ。
4つも顔があるなんて知りませんでしたー。
3つしか見れないのは残念だけど、
今度行く時3つちゃんと見てみようと思います。
応援ポチッ
Posted by ちい at 2008年03月30日 15:59
去年の太陽の塔の記事覚えてますよ!
ストーリーもなかなか興味深いですね。
いつか本物を見て見たいなぁ〜。
Posted by Yogacat at 2008年03月30日 16:57
なつかしいです〜〜
万博に数回は行きました。今から考えると
ありえませんが・・ブームだったのか。
アメリカ館の「月の石」を見るために
2時間以上並んだのを思い出します。
ああ〜〜年とったのう。(笑)

応援ポチ☆
Posted by Sky(更年期主婦) at 2008年03月30日 17:03
こんにちはー!
帰ってきましたん♪

太陽の塔を見ると小学生の頃を思い出します。
万博行きたいけどどこぞでやっているのか。。。
聞けばとってもとっても遠いところでやってるので
見にいけないんだ〜と
小さいながらもガッカリした記憶があります。

万博のシンボルでしたよね。
あの口元が、、オカモトタローっぽい!
Posted by hiromei at 2008年03月30日 18:05
「太陽の塔だ」と思いながら車で走り抜けることが多く、じっくりと見たことがないです
この記事を読んで、日本に帰ったら万博公園に行ってじっくり観察してみようと思いました
Posted by M家 at 2008年03月30日 21:23
かげさん、こんばんは。コメントをありがとうございます〜。

えいと@も芸術のことはよくわかんないんですけど、
この太陽の塔を見た時にはすごい強烈な印象を受けましたねー!
岡本太郎氏のエネルギーを感じましたよ。

長生きしてたら…どうでしょうね?
天才は短命ですね。
エネルギーを使い果たしちゃうんでしょうか?

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月30日 21:56
まーさん、こんばんは。コメントをありがとうございます〜。

まーさん、大学は近畿だったのに万博公園に行ったことがなかったんですねぇ〜。
広島からだとなかなか行く機会も少ないですね〜。

近くから見ると、すごい迫力なんですよ〜。
岡本太郎氏の叫びが聞こえて来そうな感じです。
この太陽の塔はずーーーっと保存して行ってもらいたいですね。

いつかは万博公園に行って間近に見てくださいね〜。きっと何かを感じると思いますよ〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月30日 21:59
NANAさん、こんばんは、コメントをありがとうございます〜。

そうなんです。
4つの太陽にはそれぞれ意味が込められてるんですねー。
岡本太郎氏の強いメッセージが込められてる気がしてなりません。
去年、間近で見てそう感じました。
すばらしい芸術品だと思います。

応援、いつも感謝です〜。 

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月30日 22:01
ちいさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

携帯のストラップをお持ちですかー。ミニチュア、かわいいですもんねー。

えいと@も昔は「ヘンテコな顔やなー。岡本太郎って変な人!」って思ってたんですよ〜。
だけど、去年、間近で写真を撮って見て「はっ!」としたんです。
この4つの太陽たちにはメッセージが込められてるんじゃないか…って。

特に現在の太陽は見る角度で表情が変わるんですよね。
これは何を意味するのか…って。

岡本太郎氏は天才ですね!
こんな強いメッセージが込められた塔は他にはないと思いますね。
すばらしいです! 日本の誇りですね!

日本に帰国されたらぜひ! 間近でご覧になってみてください。
きっと何かを感じると思いますよ〜。

応援、いつもありがとう〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月30日 22:06
Yogacatさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

いつか関空経由の便をとって観に行ってください。(笑)

…なんて。ドイツにすんでおられたらなかなか難しいですね。
でも、こういうすばらしい芸術品が日本にあるんだ…ってことはめっちゃステキなことですね。

1970年のあの時代。
戦争が終わって高度成長期にかかって人類が前に進み出した年代なんですね。
日本がやっと世界に大きな一歩を踏み出した時代です。
あの時期に、岡本太郎氏は何を見てたのか…。

この太陽の顔を見てると、本当にすごいなーって感じます。
今後の地球はどうなって行くのか…。我々次第なんですもんね。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月30日 22:12
Skyさん、こんばんは。コメントをありがとうございます〜。

Skyさんは何度も行かれたんですね!
万国博覧会に!
ブームはすごかったんだと思いますよー。すごい数の入場者だったんですよね?

アメリカ館の月の石ですかー。
2時間以上も並んだんですかー! すごい!
今の夏の時期のTDL並みですね!(笑)

太陽の塔の中、見たいですねー。
一度2003年に一般公開されたそうですね。応募したらよかったなー!…って思います。

応援、いつも感謝です〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月30日 22:25
hiromeiさん、こんばんは。コメントをありがとうございます〜。

おかえりー! 疲れなかった? 今日はゆっくりね。

関東に住んでたらなかなか大阪まで出て来て万博に行こう…とは思わないよね。
えいと@も名古屋の万博は行かなかったもん。
だから海外から来られてる人がたくさんいたけど…すごいなーって思いましたよ〜!

口元が岡本太郎氏っぽい? きゃははー。そうかも〜。
現在の太陽の正面から見た顔の目も、岡本太郎氏っぽいよね。
睨みきかせてますっ!…って感じで。(笑)

いろんな見方が出来るから面白いよね〜。
いつかほんまもんを見に大阪においでね〜♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月30日 22:30
M家さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

えいと@も今までじっくり観ることはなかったですね〜。
写真を始めて、こんな風にいろんな角度から太陽の顔を見て「はっ!」としたんです。
写真をしてなかったら何も感じないままだったかもしれません。

日本に帰られたらぜひ! 間近でご覧になってみてくださいね。
岡本太郎氏の叫びが聞こえるかもしれません。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月30日 22:32
あ〜〜去年を思い出します〜〜笑
もう一年たったんですねー
って、太陽の塔とはちょっと違うか・・。笑

今見ても迫力と存在感がありますもんね。
すごいわ。。
しかkし何百年も前じゃないんだから
「行方不明」って・・・。
Posted by おね太郎 at 2008年03月30日 23:28
応援逃げしてくわよ〜。オホホホ〜。
Posted by さりすけ at 2008年03月31日 02:39
はじめまして。オレンジと申します。
いつも、NY移民さんのところでお名前拝見しております。今日はブログランキングをさーっとみておりましたらお名前見つけて、遊びに伺いました。

太陽の塔のお話。とても興味深いものですね。写真では知っていますが、実物は知らず、その詳細も知りませんでした。

うちの夫は70年の万博で見ているので、「ちょっと、知ってた?」と聞きましたら、「NO」だったようです。何となく人ごみにもまれて観光して、何となく戻ってきたのですね。汗
夫も38年ぶりに、どれほど貴重なものを現地で見たかと思い当たったようです。

夫婦で勉強させていただきました。ありがとうございました。

応援置いてまいります!☆
Posted by オレンジ at 2008年03月31日 03:46
個人的に2番目の顔が好きですねぇ。
でもまさか行方不明の顔があるなんてびっくりです。
実際に見たことは1度しかないですが迫力はすごかったですね。

それでは応援ポチっと!
Posted by naoto at 2008年03月31日 07:40
おね太郎さん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

そうそう。去年、おね太郎さんもコメントくださってましたもんね〜。
あれからもう1年…。はやいですよねー。

ホントに行方不明なんてひどい話ですよね?
どういう管理がされてたのか…。まったく腹立たしいですよ。
こんな芸術品を野ざらしで置いといて、どこに行ったかわかりません〜なんて!
無責任すぎ!

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年03月31日 10:53
さりすけさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

応援、いつも感謝です〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月31日 10:54
オレンジさん、はじめまして! 

えいと@のブログへのご訪問とコメントをありがとうございます〜。

そうなんですかー!
旦那さまは万博で実物をご覧になってるんですね〜。
でも、きっとその頃ってまだ小さかったから、何かを感じる…っていうまでには至らなかったんでしょうね。

えいと@も去年、間近で太陽の塔の写真を撮るまでは「へんてこな顔の塔だなー」…としか思ってなかったんですけど、
写真を撮って見て「はっ!」としたんですよ。
真下から見上げた塔のすごく大きいこと!
そして表情が変わること!
感激でした。
岡本太郎氏って偉大な芸術家だなーってしみじみ感じたのであります。

もし、日本に一時帰国されることがあったら見に行って直に感じてみてくださいね。
本当にすばらしい塔です。

応援、ありがとうございます〜。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年03月31日 11:08
naotoさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

2番目の顔…というと「過去の太陽」ですね?
なるほど〜。
クールな眼差しでしょう?
この太陽の表情はいったい何を表しているのか…。
過去の人間が起こして来た戦争や環境破壊を冷ややかに見つめているのか…?
それとも…?
いろいろ考えさせられます。

行方不明の太陽は「太陽の塔」で検索すると1番目か2番目に出てくるHPで見ることができます。(リンクを貼ることが出来なかったんです〜)
こんな偉大な芸術家の作品を行方不明にしちゃうなんて…。
信じられませんよね。(ため息)

応援、いつもありがとう〜。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2008年03月31日 11:15
恥ずかしながら、初めて太陽の塔を見ました!!!
たしかクレヨンしんちゃんで、描写されているのはみましたが、
実物はこれが初めてです!!!
4つの太陽があるんですね〜。
太古の太陽、行方不明って・・・
そんなに小さなものでもないだろうに、
どういう風にしたら、行方不明になってしまったんでしょうね・・・。
そこらへんが一番気になります。
Posted by cafelattecat at 2008年03月31日 12:20
cafelattecatさん、こんにちは。コメントをありがとうございます〜。

はじめてですか〜。
実物はもっとすごいですよ! なにせ大きいですからね。

太古の太陽、残念ですよねー。
記事にも書いてますが、兵庫県の美術館が引き取ることになってたらしいんですけど、計画倒れになっちゃったようで、
太古の太陽は野ざらしで放置されていたようなんですよ〜。
これにはびっくりですよねー。
だって、あんな偉大な芸術家の作品を放置…って。信じられません。
で、いつの間にかどこかに行ってしまってわからないそうなんですー。
こんなひどい話ってないですよね? 

万博博覧会開催時期に撮られた写真は観ることが出来るんですよ。
「太陽の塔」で検索して1~2番目に出て来たHPに写真が載っています。(リンクが貼れませんでした)
のーんびりほのぼの〜とした太陽の顔ですよ。よかったら観てみてくださいね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月31日 12:34
 こんばんは。
太陽の塔。通天閣。グリコの看板。
大阪に行くことがあったら見たいものです。
Posted by ショウノジ at 2008年03月31日 19:34
ショウノジさん、こんばんは。コメントをありがとうございます〜。

太陽の塔、通天閣、グリコの看板ですかー。(笑)
そうですね。大阪名物って感じですね。

一番時間をとっていただきたいのは太陽の塔ですねー。
ゆっくりご覧になっていただきたいですね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2008年03月31日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。