2007年11月11日

かつて栄えたニューヨークセントラル鉄道 Lockportの駅


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



先月のある日、とてもお天気がよかったのでドライブでお出かけしました。


1ヶ月前の10月はお天気がよくお出かけ日和が多かったんですね〜。


そこであるひとつの駅を見つけました。


a-lockporteki1.jpg


この駅 ↑ はニューヨークセントラル鉄道のLockportにある駅です。


ニューヨークセントラル鉄道は、


1853年 にニューヨーク州のオールバニとバッファローを結ぶ鉄道として創業されたものなんですね。



1853年 - ニューヨーク州のオールバニとバッファローを結ぶ鉄道として創業
1867年 - 鉄道王の一人であるコーネリアス・ヴァンダービルトに買収される
1869年 - ハドソンリバー鉄道と合併、ニューヨーク・セントラル・ハドソンリバー鉄道としてニューヨークに乗り入れる。
1877年 - 買収によりシカゴに乗り入れを実現する
1902年 - 看板列車となる20世紀特急の運行が始められる
1913年 - ニューヨーク市街に新駅「グランド・セントラル・ターミナル」を設ける
1914年 - ハドソンリバーの文字を外し、旧名ニューヨーク・セントラル鉄道に戻す
1968年 - 経営再建のためにペンシルバニア鉄道などと合併、ペン・セントラル鉄道へ
1970年 - ペン・セントラル鉄道倒産
1973年 - 国により再建への模索が行われる
1976年 - 他の倒産した鉄道と共に、半公営企業、コンレール(統合鉄道会社)として再建の道を歩み始める

          フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照



かつてはニューヨークシティとバッファローを結ぶ足として栄えた鉄道でしたが、


エリー運河の物流と競合し、


そして自動車やトラックなど車社会への移行に伴い、


現在は旅客は廃止され、貨物のみの運行となっているようです。


a-lockporteki3.jpg


a-lockporteki2.jpg


なかなか趣のある素敵な駅ですよね。


しかし…。


a-lockporteki4.jpg


旅客としての役割が終わった駅は、現在はこんな風 ↑ になってしまっています。


かつては旅客車用の駅として栄えたであろうこの駅は、


保存されることなく、また、壊される事もなく廃墟として存在しているんですね。


文化財的な駅だったのに…。


もったいないですね…。


a-lockporteki6.jpg


    a-lockporyeki5.jpg


アムトラックなどアメリカの長距離電車はあることかあるんですが、


限定された地域にのみにしか走っていません。


かつては原油が安かったということで、


車社会に拍車がかかり、


現在においての中距離の移動手段は車が中心になってしまいました。


採算の取れない線は廃線になったり、本数が減ってさらに利用しにくくなってる線もあるようです。


原油価格が高騰してしまった現在において、


利用したくてももう存在しない長距離列車もあるのです。


そして利用されなくなった駅はこんな風に朽ち果てていくのでしょうか。


この廃墟となった駅をみて、ふと寂しい気持ちになってしまいました。。。



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)



この記事へのコメント
おはようございます!
お出かけいいですね、とってもお天気も良さそう
ニューヨークセントラル鉄道なんて映画の世界ですぅ
生写真が見れて感激!!
いつも楽しみにしています♪
前記事のかんたんホワイトソース・・やってみますね
Posted by at 2007年11月11日 11:01
えいとちゃん
ご心配頂いてありがとうございましたm(__)m
全快しました♪

ところでこの駅、おとぎ話に出てくる
お菓子の家みたいですね〜。
クリスマスケーキにも乗っかてそう・・。
食べる事しか思いつかない・・(^_^;)

応援ポチ
Posted by maglie at 2007年11月11日 11:05
古い建造物を大事にするアメリカ…と思っていましたが、
こんな風に朽ちかけてる建物もあるんですね。
電車の旅っていいですよね。
我が家はNYまで行くのも電車。渋滞がひどいし駐車場もないし。
DCへもアムトラックで行きました。
車好きな夫も、アメリカほどの大きな国だと電車のほうが楽チンって思うようです。
Posted by しみ at 2007年11月11日 12:24
アメリカって廃墟も多いですよね。
町ごと捨てられたり・・。
しっかしこの駅は勿体無い・・。
こちらにも通勤電車の「メトラ」がありますが
「いつ来るのか分からない」らしいです。苦笑
オットの英語の先生が以前これでダウンタウンに
通勤していて困ったのだそうで・・。
カッコいい電車なんだけどなぁ。。

PS今日オットから聞いたのですが
このあたりから車でナイアガラ行く人って多いそうです。同僚も車で行ったそうで。。
春になったらそちらに行くかも〜〜??
えいと@さんは飛行機だったから、それが当たり前と
思っていたのに「ナイアガラなら車の方が便利がいい」
そうです。
Posted by おね太郎 at 2007年11月11日 13:06
えいと@さんおはようございます。

素敵な建物ですねー。
このくらいの建物って日本の明治時代の趣があって、妙に懐かしいような感じがしますよね。

きれいにこの廃墟のまま保存して博物館とかにすればいいのに。

アメリカって土地が広いのでそのままに出来るんですね。
日本とかイギリスだと、「そのまま置いておくなんてもったいない」となってしまうんでしょうね。

ところでロンドンのユーロスターの乗り入れ駅がウォータールーからセントパンクラスに変わります。

つい数日前、駅がオープンしたのですが、グランドセントラルターミナルをイメージして改装されたそうです。

このセントパンクラスも昔は華やかだったのに、使われなくなっちゃった駅なんですよー。

日本の人には「ハリーポッターの2作目で外観がキングスクロス駅として登場したあの建物です」というとわかりやすいかも。
Posted by みき at 2007年11月11日 18:01
アメリカの人は目と鼻の先の距離でも車を使う、と聞いた事があります。
車社会・・・日本もそうですよね。かつて栄えた町の中心部は寂れ、交通の便のいい郊外型のショッピング・センターが主流。
それを嘆いても仕方ありませんが、こんな素晴らしい建築が放り出されたままというのは、寂しいです。
Posted by るーくまま at 2007年11月11日 18:08
ドライブいいですねー
今日は天気悪くてずっと家にいましたよ・・・・

かつて人が行き交ったこの駅を
見てみたかったですね
ステキな駅だもん。。なんだかもったいないような気がします。

しかし〜旦那様と仲いいね!
えいと@さん夫妻が「ここ寄ってみよう〜」なんて
ドライブ中の車を止めて写真を撮る姿が目に浮かんじゃいます^^
Posted by hiromei at 2007年11月11日 21:28
こんばんは勝手は栄えた駅だったのですね。
すっかり廃墟となっても 
しっかり フェンスで
建物を残しているのですね。

三匹のこぶたが作ったレンガお家を思い出しました。

♪(*⌒ー⌒)o∠★:゜*Poti
Posted by わこv(●^v^●)v at 2007年11月11日 23:26
電車が定刻通りに来る日本と違い、欧米は遅れるのが
当たり前ですからね〜。
時間通りに目的地に到着したいと考えたら、やはり
車になってしまうのでしょうね。そうなると自然と
廃止されちゃいますよね・・・勿体ないな〜(-_-|||
貨物輸送としてのみでもイイから利用すれば、かなり
便利な気もしますが、利用が少なければそれも難しい
か・・・。
鉄道経営も大変なんでしょうね。
Posted by たまてん at 2007年11月12日 00:41
こんにちは。
電車の旅、私も大好きです。
昔一人でアムトラックでバーモント州からワシントンDCへ行った事がありましたが、ホント満足の旅だったことを覚えてます。

先日のAcorn Squashの記事、美味しそうです〜!
カレーっていうのは思いつきませんでしたが、合うでしょうね。
グラタンは私も試してみたい、と思ってます、いつか。
Posted by reiko at 2007年11月12日 01:58
E店長さん、こんにちは。

>お出かけいいですね、とってもお天気も良さそう

ここんとこ、BUFはずーーーっとどんよりなお天気ですね〜。
スカッと晴れないです。
これは10月の時の写真なんですが、10月は毎日いいお天気でした〜。

>ニューヨークセントラル鉄道なんて映画の世界ですぅ
>生写真が見れて感激!!
>いつも楽しみにしています♪

ありがとうございます〜。
今、NY中央鉄道が実際に走ってたらもっと感激もんなんですけどねー。

>前記事のかんたんホワイトソース・・やってみますね

このホワイトソースの方法はめっちゃ簡単ですよ〜。お鍋一個で出来ちゃうし♪
ぜひ! やってみてくださいね〜♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 03:31
maglieさん、こんにちは。

回復されて良かったですね〜。
季節の変り目は風邪なんかも引きやすいので、お気をつけ下さいね〜♪

>ところでこの駅、おとぎ話に出てくるお菓子の家みたいですね〜。
>クリスマスケーキにも乗っかてそう・・。

あ、そういえばそうですね!
ホント、そんな感じですねぇ〜。
そういえば、もうあと1ヶ月ちょっとでクリスマスなんですねー。
きゃー! はやいですね!

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 03:38
しみさん、こんにちは。

>古い建造物を大事にするアメリカ…と思っていましたが、
>こんな風に朽ちかけてる建物もあるんですね。

アメリカって両極端なんですねー。
保存に力を入れるところは徹底的にお金をかけて保存、
保存しないって決めたらまたこれも徹底的に放置なんですよねぇ〜。

>電車の旅っていいですよね。

えいと@は電車が大好きなんですよ〜。
アラスカ鉄道も感激ものでしたし。
日本では寝台電車に乗りましたねー。大阪から青森まで電車で移動した事があります。
楽しかったなぁ〜。

>我が家はNYまで行くのも電車。渋滞がひどいし駐車場もないし。
>DCへもアムトラックで行きました。

NYとNJはアムトラックが通じてますよね。
MAとNYもアムトラックが走ってます。そういうところは絶対に電車ですよー。
電車が通ってる地域はうらやましいですね〜。

>車好きな夫も、アメリカほどの大きな国だと電車のほうが楽チンって思うようです。

そうですねー。電車がある地域はそうですよね。
でも、アメリカって意外に電車が通ってないんですよ。
不便な州の方が多いんです。南部なんて特にそうですよ。
知り合いで、TX州に住んでる方で「え! この距離を車で移動するのぉ〜〜〜?」って距離を車で動いてましたもん。(旦那さまの実家へのお里帰りで…)

えいと@夫妻もBUFとBOSの移動は車ですしね…。ため息。。。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 03:55
おね太郎さん、こんにちは。

>アメリカって廃墟も多いですよね。
>町ごと捨てられたり・・。

そうですね〜。
実はね、BUFも廃れてる町のひとつなんですね。
BUFのダウンタウンに行ってびっくりしました。いつか記事にしようかな…って思ってますけど。

>しっかしこの駅は勿体無い・・。

本当にもったいないですよー。
何らかの方法で残せなかったのかなぁ…って思いますね。
せっかくの歴史的な建物なのに…。
NY中央鉄道は、ある意味アメリカの歴史を物語るものですよね〜。
残念ですよね〜。

>こちらにも通勤電車の「メトラ」がありますが「いつ来るのか分からない」らしいです。苦笑

MA時代の近距離電車のTもそうでしたよ!
時刻表はあることはあるんですけど、いつ来るかわからない、来た電車に乗る…って感じでしたねー。

>このあたりから車でナイアガラ行く人って多いそうです。同僚も車で行ったそうで。。

BUFとシカゴは車で移動できる距離ですよー。
ちょうどBUFとBOSとの距離と同じくらいかな?
前にシカゴに行った時に飛行機を使ったのは、駐車場の問題があったからなんですよ。
シカゴのダウンタウンって駐車場がめっちゃ高いんです。
普通、ホテルに泊まったら、宿泊客は無料か少しは安くなってもいいじゃないですか?
一般と同じ料金だったんですよ! しかもアホみたいに高い!
4日間滞在したんで、駐車料金を考えると飛行機の方が安いかなーって事になったんですね。

>春になったらそちらに行くかも〜〜??

ホントに??? いつぐらいの予定ですか??? 会えるといいですね〜♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 04:03
みきさん、こんにちは。

>素敵な建物ですねー。
>このくらいの建物って日本の明治時代の趣があって、妙に懐かしいような感じがしますよね。

そうですよね。昔なつかしいレトロな建物…って感じですよね。
こんなステキな建築物を放置なんて…、もったいないですよねー。

>きれいにこの廃墟のまま保存して博物館とかにすればいいのに。

ホントですよね〜。
NY中央鉄道の歴史の博物館にしてくれたら、歴史も学べるのにね。
もういつ崩れるかわからない状況なんで無理でしょうね。

>アメリカって土地が広いのでそのままに出来るんですね。
>日本とかイギリスだと、「そのまま置いておくなんてもったいない」となってしまうんでしょうね。

確かにそうですね。
日本やイギリスは国土が狭いから、こういうものは「残す」か「取り壊してしまう」かのどちらかを洗濯せざるをえないんでしょうね。
アメリカは、特に田舎の方は土地はなんぼでもありますもんね…。
それにしても、そのまま放置って…何て言うか…。
寂しげに感じましたね。

使われなかった駅が改装されて使われるようになった…っていいですね!
このLockportの駅は…たぶん無理でしょうね。悲しいけど。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年11月12日 04:37
るーくままさん、こんにちは。

>アメリカの人は目と鼻の先の距離でも車を使う、と聞いた事があります。

本当にその通りです。
Door to Doorっていうんでしょうか?
どこへ行くにも車が当たり前で、歩く事をしませんね。
なのでアメリカは肥満が大問題なわけです。とくに南部の州はそうですね。

日本とアメリカの車社会は微妙に違う部分があるんですよ。
アメリカは車がないと生活できないんですね。
歩ける範囲に何もないんです。
えいと@の住むBUFも車なしでは生活できません。ちょっとしたものを買いにいくにも車です。
たいていの家族が2台以上車を保有してますね。
えいと@家はそこまで余裕がないので1台しか保有してません。
だから夫が大学に車で行ってる間は、えいと@は家に軟禁状態(笑)なんですよー。

NYシティやロサンゼルス、ボストン、シカゴなどの大都市の中心地であれば、車じゃない方が動きやすい場合が多いですね。
電車やバスがありますからね。
MA州ボストンのど真ん中に住んでる知り合いは、みんな車なしで生活してますね〜。

>こんな素晴らしい建築が放り出されたままというのは、寂しいです。

そうですね。
こういう歴史を感じる建物は残して欲しかったですね。
きっと立派な駅だったろうに…って思います。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 04:52
hiro-meiさん、こんにちは。

>かつて人が行き交ったこの駅を見てみたかったですね
>ステキな駅だもん。。なんだかもったいないような気がします。

ホントにね、もったいないなぁ〜って思いますねぇ。
かつては賑わってたんでしょうね。
近代的な駅よりもこういうレトロな駅の方が味があっていいのにね。

>えいと@さん夫妻が「ここ寄ってみよう〜」なんて
>ドライブ中の車を止めて写真を撮る姿が目に浮かんじゃいます^^

えいと@夫の方から「ここ写真に撮らなくていい?」って聞いて来る事もありますね〜。
でもたいていは、えいと@が「あ! ちょっと停めて! ここ撮りたい!」っていう事が多いかな。
スピードが乗ってて停められない事が多いんですけどね〜。(笑)

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 04:58
わこさん、こんにちは。

>すっかり廃墟となっても 
>しっかり フェンスで
>建物を残しているのですね。

このフェンスは残す意味で囲っているのかなぁ〜?
よくわからないですけど、もしかしたら崩れそうで危険だから…かもしれませんよね。
囲ってなかったら子供が中に入って遊びそうですもんね。

>三匹のこぶたが作ったレンガお家を思い出しました。

あはは〜! ありましたね! 3匹の子豚!
レンガってやっぱ強いんでしょうかね。こうやって廃墟になりながらも崩れずに残ってるんですもんね。

この駅、ホントに残ってて欲しかったなぁ〜。
博物館か図書館かになってたら良かったのになーって思います。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 05:02
たまてんさん、こんにちは。

>電車が定刻通りに来る日本と違い、欧米は遅れるのが当たり前ですからね〜。

日本の定刻通りの電車と違って、アメリカはほんとにアバウトです。
はじめは「いつ来るのぉ〜?」ってイラつきましたが、慣れてくると不思議なもんで「そのうち来るだろう」って思えるんですね。
アメリカ人って電車が遅れてもだまーって待ってるんですよ。
イラチな日本人だとぜったいに一人は文句を言う人が出て来そうなのに。(笑)
でね、アメリカ人って時間の約束をしててもはやめに行く事をしないし、遅れたとしても怒らないんですね〜。
そのへんが日本人と感覚が違うところですね〜。

>時間通りに目的地に到着したいと考えたら、やはり車になってしまうのでしょうね。
>そうなると自然と廃止されちゃいますよね・・・勿体ないな〜(-_-|||


んーとね。アメリカの場合、昔は原油がメチャクチャ安かったんですよ。
100%輸入に頼ってる日本と違って自国で生産してますしね。
で、移動手段としては電車よりも車の方が断然コストが安かったんですよ。
3年前のガソリン代なんてリッターあたり30円くらいだったんです。
今は3倍以上になっちゃいましたねー。それでも日本よりかはまだ安いですけどね。

>鉄道経営も大変なんでしょうね。

その通りなんです。
利用者が減れば採算が取れなくなって、旅客車は廃止されたわけなんです。
将来、原油がなくなった時に旅客電車を復活させたいと思うようになるんだろうか…。
貨物車が走ってるんで、線路は残ってるんですけどね。
駅も残して欲しかったですね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 05:17
reikoさん、こんにちは。

>電車の旅、私も大好きです。
>昔一人でアムトラックでバーモント州からワシントンDCへ行った事がありましたが、ホント満足の旅だったことを覚えてます。

お一人で! わぉ! すごいですね〜。
でも、いいですよね。電車の旅って!
えいと@もアラスカ鉄道の旅、感激しましたもん。
アラスカ鉄道は庶民の足…というよりは観光用の列車として走ってますよね。
そうやってでも残すっていいことだなぁーって思います。

あ…そろそろアラスカ紀行、再開させよかな〜。(笑)

>先日のAcorn Squashの記事、美味しそうです〜!
>カレーっていうのは思いつきませんでしたが、合うでしょうね。
>グラタンは私も試してみたい、と思ってます、いつか。

こうしてみるとAcorn squashっていろいろできますね〜。
淡白な味がかえっていいかも! 日本の甘いカボチャより使いやすいかもしれません。
グラタンにAcorn squashはぴかいち! 合いましたよ〜〜〜。
reikoさん風に素敵なグラタンを作ってみてくださいねっ♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 05:23
こんばんは、(^-^)

おお!趣のある建物ですなー、
ほったらかしにされるのは、なんかもったいない気がするです。

よくTVなんかの紀行もので見かける”アムトラック”って
かっこいいですね。銀のボディーに青赤ラインだったかな?確か、
あれで大陸間の移動なんてのすごく楽しそうですね。(*^_^*)
Posted by sukositiger at 2007年11月12日 07:40
スコシタイガーさん、こんにちは。

>おお!趣のある建物ですなー、
>ほったらかしにされるのは、なんかもったいない気がするです。

そうですよねー。
こういうレンガ造りの駅って、今じゃあまり見かけませんからちゃんと保存して残してもらいたかったですね〜。

>よくTVなんかの紀行もので見かける”アムトラック”って
>かっこいいですね。銀のボディーに青赤ラインだったかな?確か、

いろいろありますけど、有名どころは銀のボディに赤か青のラインですよね〜。
でもね、アムトラックって時間にルーズだし(平気で遅れたりはやくなったりする 笑)時間はかかるし…。
時間を気にしないゆっくりした旅行にはいいかも…ですねー。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月12日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。