2007年10月31日

大学でハロウィーン♪ 童心に戻る大学生たち


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ



先週の金曜日に、大学内でハロウィーンパーティがあるって聞いたんで、見に行ってみました。(=^▽^=)ノ


大学全体でしてるわけではなく、えいと@夫の学部内でこじんまりと行われてたんですねぇ〜。


   a-daigakuka-bingu1.jpg


しかしね…。


これ、どこでやってると思います? ( ・◇・)?


廊下ですよっ! 廊下!!! w(゚听;)w


見たとき「え」 ( ̄△ ̄;) …ってびっくりしましたもん。。。


どこかの教室を借りることは出来なかったんでしょうかねぇ〜? (-_-)ウーム


 a-daigakuka-bingu9.jpg


皆さん、けっこう真剣にカボチャに取り組んでいましたよー。(^○^)


キリのようなもので穴をあけて絵柄を写していく方法もあるし、


こんな風 ↑ にマジックで書いて写す方法もあるんですね。


   a-daigakuka-bingu2.jpg


まずヘタを取るんですね。


これが大変なのかな? 2人掛かり ↑でやってましたよ。(^▽^;)


 a-daigakuka-bingu3.jpg


    無事にヘタがとれました〜〜〜。(*゚▽゚)ノ


   a-daigakuka-bingu6.jpg


ヘタがとれてからが一番大変なのかな〜。時間がかかりますよね〜。


ちょっとクサいしね。(=^‥^A アセ


 a-daigakuka-bingu7.jpg


こちらの方 ↑ はだいぶ中のワタを取り除く作業が進んでいました。


ちょっと中を見せてもらいました。(*゚v゚*)


 a-daigakuka-bingu8.jpg


中はこんな感じです。↑ センイってかんじですねぇ〜。('▽'*)


   a-daigakuka-bingu4.jpg


中のワタを直接ゴミ箱に捨ててる人 ↑もいましたねぇ。(^0^;)


   a-daigakuka-bingu5.jpg


これ ↑ はペポ種 Ambercupっていうカボチャで、


カービング用に品種改良されたようなんですね。


なので実が少なく、中はワタと種ばかりだそうなんですねー。


食べられないことはないようですけど、あんまりおいしくないようですよ。


今回、こんな風 ↑ に楽しみながら頑張ったのは大学の学部の留学生の方々のようです。


皆さん、童心に戻ってEnjoyされてたようです。(〃⌒ー⌒〃)


大学院生の方は…おられないようでしたねぇ〜。σ(^_^;)


えいと@夫が忙しいので、出来上がりを見ずにこの場を去りました〜。(*゚ー゚)ノ〜〜〜



   【おまけ】


アメリカは明日が31日、ハロウィーンの本番です。


小さいお子さんのおられる方は楽しみにされてると思います。(*^^*)


でも!


注意は怠らないようにしましょうね〜。


以前にも記事に書きましたが、


ハロウィーンは犯罪が多発する日でもあるんです。

 関連記事はこちらを見てくださいね〜 → ハロウィーンの日は要注意!


子供が各家庭を訪問し、お菓子をもらいにくる分には問題はないんです。


かわいいお客様として歓迎されます。


でも、大人が仮装して他人の家に入り込んで泥棒などの犯罪を犯したり、


放火をしたりなどの事件に結びつくこともあるんですよ〜。


なのでハロウィーンの日は要注意日なんですね。


訪問者が来たら覗き窓などから誰が来たかの確認はするようにした方がいいでしょう。


そして、訪問する側も気をつけなければいけないのは、


全ての家がハロウィーンのお客さんを歓迎しているとは限らない


…ってことです。


飾り付けのない家には行かないほうがいいでしょう。


ハロウィーンの飾り付けがある家であっても、


全く知らない家には訪問しない方がいいと思います。


以前の記事にも書いていますが、


かつて起こった日本人留学生射殺事件 ↓という、悲しい事件を忘れてはいけません。

    http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/nihonjin.htm


ふだん、知らないお宅に訪問することや、むやみに玄関のドアをあけたりすることはないでしょう。


ハロウィーンだからといって簡単にドアをあけてしまうことは、


非常に危険なことである!…と認識
しなければいけません。


ここはアメリカ。日本ではないのです。


お祭りの時には特に気をつけましょう。


自分自身の身を守るために。




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



     burogurannkinngu .gif 
        
 心優しいあなたのワンクリックが更新の励みになっています♪ 
 ぽち☆っとよろしくお願いしま〜す。
わーい(嬉しい顔)



posted by えいと@ at 10:40| Comment(26) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(イベント編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
カボチャのカービング、私もずっと昔に一度やったことあります。
あれって結構やり始めると、夢中になってしまうんですよね。
写真の皆さんもなんかとっても真剣ですよね(笑)。
明日はとうとうハロウィーンですね〜。
うちは結構子供達来るのですが、小さい子供は親が一緒に歩いていて、子供がそれぞれの家を訪れるのを道路でしっかり見守ってますね、やっぱり。
Posted by reiko at 2007年10月31日 11:23
私も「え?!」でした。
だって大人がずら〜と並んで
かぼちゃと向き合っているんですもん。
驚きというか笑ったというか・・。

私は穴あけの方法で下絵でしたが
コッチのマジックの方が簡単だったかも・・。
来年はそうしよう。。

えいと@さんもすればよかったのに〜〜
あのぬるぬる〜〜をぜひ実感していただきたいわ♪
え?!もう体験済みですか?

ウチって玄関にのぞき窓がないんですねぇ。。
普段はガレージしか使っていないから
未だに「ピンポーン」は緊張します。

今は「外の明かりがついていない家にはいかない」
とか市によって「○時から○時まで」
と決まっているようですが
昔は関係なしに子どもがきて
お菓子くれなかったって窓ガラスを割ったとかききました(知り合いのダンナさまの子どもの頃の実話です)

あとタウンハウスなんかもおとなしいもんらしいですよ。
ウチはその指定時間にはショッピングモールに
行ってしまうのですが
一応ちょっとだけお菓子は用意しておきました。苦笑
Posted by おね太郎 at 2007年10月31日 11:25
なるほど〜
確かに気を引き締めねばですね。
borarnもジャックオーランタンつくって喜んでおりますが、今一度!
とはいっても、わが家はオートロックの集合住宅なので、どうやってくるのかいまだに疑問なのです。同じところに住んでいる方に聞くと別にかぼちゃを設置しなくても来るとか?う〜ん・・・・はじめてなので謎ばかりです。ほんとにくるのか?玄関になにか出すことはないのですが・・・明日はちょいとドキドキです。念のため、お菓子を用意しておこうと思います。まだ買ってないけどね(爆)
Posted by borarn at 2007年10月31日 11:41
去年はマジックで下絵を描いて掘ったのですが、
マジックのあとが残ってきれいじゃなかったんですよー。
だからやっぱりプツプツ穴をあけて印をつけるやり方がベストかなーと。
種、食べてみました。でもーやっぱりあんまりおいしくなかったですー。
アメリカ人によると、このパンプキンの種はシーズニングを振って
オーブンで焼いて皮ごと食べるらしいんですけど、
皮、固くてねー。食べられませんでした。かといってむいてもいまいちでしたよ(涙)

明日は子供たちも楽しみにしてるTrick or Treat!
我が家はタウンハウスなのですが、飾りつけしている家は少ないし、
子供のいるうちは住宅街に繰り出すようです。うちも同じく。
もう3度目なので気楽に構えてましたが、気を引き締めて訪問しようと思います。
Posted by しみ at 2007年10月31日 12:14
ハロウィンと言っても、全部の家庭でやるわけではないのですね〜。
こわいですね。
せっかくのお祭りも悲しいことになっては困りますものね。
えいとさんも気をつけてね!!

Posted by コメット at 2007年10月31日 12:38
はるばるBUFからご訪問、コメントありがとうございました
今日(31日)お休みだったので近くの商店街へ行ったら
子供達がかぼちゃのお面をかぶって各お店に入って何か貰っていました
ご年配の店主さんが多いので対応出来ているのかな?ってちょっと心配でした
日本でも少しずつ浸透しているようです・・・
楽しい事はいっぱいあったほうがいいですよね・・・♪
Posted by at 2007年10月31日 19:45
黒髪の人多いのですね
以外です
バッファローにアジア人多し!

普通のナイフでカービングはかなりの重労働でしょうね
カービングセットを買ってくると簡単に下手も取れるし、彫るのもあっという間ですよ

いよいよ今日はハロウィン本番!
我が家にとってはじめてのハロウィンです
ご忠告いただいたとおり、私は二人に付き添ってあまり暗くならないうちに出かけるつもりです
ハロウィンの飾りも少し早めに取り外さないと、昨年は22時ごろコンコンされた家もあったと聞きました
ダンキンドーナツに行くと色々無料でくれるという噂も聞きましたが、遠いからパスかなぁ
Posted by M家 at 2007年10月31日 19:57
なるほど〜、楽しいことばかりではないのですね。
犯罪にも気をつけなければ・・
ハロウィンの時にみるこのカボチャってもともと食用としては作られてないんですね!知らなかった。
てっきりくりぬいた分はパイにでもして食べるものかと
思ってましたよ。
いいな〜くりぬいてカボチャおばけ作ってみたいです。
Posted by フタコトリ at 2007年10月31日 20:58
日本でも最近ハロウイーンを意識した
グッズなんかも売ってたりするけど
どうもピンと来ない私でございます・・・

>ハロウィーンの日は要注意!
読みました!
そっかぁ、ただただお祭さわぎと浮かれていてはいけないのですねぇ
子供が襲われたりしたら、ほんと悔しいもんね。
楽しい行事につけ込んだ犯罪!
許せないね!!ポチっ!!
Posted by hiro_mei at 2007年10月31日 21:10
(*^-^)ノこんばんわっ☆
ハロウィンのかぼちゃのくりぬき作業、
初めてみたので面白かったです♪
そうやって作るんだぁーってね(*´艸`)
うちの子達もハロウィンは好きですが、
日本じゃお菓子貰いにとかはないですからねぇ;
でも、そちらでもほんと犯罪など気をつけないといけない日なのですねぇ、やっぱり・・。
でも、日本にもそんなお祭りがあってもいいかなーなんて思いもします☆
楽しそうだものっ♪♪
本日の応援p(*'-^*)。
Posted by エイジレス美人の作り方★NANA at 2007年10月31日 21:57
んまぁっ、立派なカボチャ!!

ちっこいカボチャですら 硬くてガンコだから
こんなデッカイのは大変でしょうね・・(笑)
くり貫いていく作業も根性ですね。
繊維もヒモみたいですなぁ(笑)

そっかぁー、お祭りだからって浮かれてては危ないですね。
自分の身は自分で守らないとね。
日本も物騒になっているので やっぱり警戒してないと(笑)
私は近所の人の顔も覚えてないので
こないだお客さんが来たときですら警戒しましたよ。
主人の親戚でしたけど(爆)
Posted by せい at 2007年11月01日 00:12
reikoさん、こんにちは。

>あれって結構やり始めると、夢中になってしまうんですよね。
>写真の皆さんもなんかとっても真剣ですよね(笑)。

やりだすと夢中になっちゃいそうですねー。
写真の方々はみんな留学生なので、ちょっと物珍しさもあるんでしょうね♪
楽しそうでした。

>うちは結構子供達来るのですが、小さい子供は親が一緒に歩いていて、子供がそれぞれの家を訪れるのを道路でしっかり見守ってますね、やっぱり。

そうですねー。4つ、5つくらいの小さいお子さんだとお母さんが必ずついて来ますよね。
そういう場合は大丈夫でしょうね。
訪問を受ける側も気をつけないとダメですしね。

お祭りは楽しいけど、どこかに危険が隠れてる…ってことも頭の中においておく必要がありますね。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月01日 02:36
おね太郎さん、こんにちは。

>私も「え?!」でした。
>だって大人がずら〜と並んでかぼちゃと向き合っているんですもん。
>驚きというか笑ったというか・・。

彼らは大学の学部の留学生なんですよー。
なのでちょっと物珍しさもあって、こんな風に夢中で楽しんでるんでしょうねー。
まだ若いしね。20代前半の人が多いでしょうし。

>私は穴あけの方法で下絵でしたが
>コッチのマジックの方が簡単だったかも・・。来年はそうしよう。。

↓ のしみさんのコメントによると、マジックは黒いあとが残ることがあるんできれいに出来ない…ってありますねー。
マジックの部分をきれいにくり抜くことが出来たら簡単かもしれませんね〜。

>えいと@さんもすればよかったのに〜〜

やろうかな…って、ちょっと考えたんですけどねー。
えいと@夫が待ってたもんで、やめました。
これをやり始めると1〜2時間はかかるなぁ〜…と思いまして。
院生はいなかったですからねー。やっぱ学部生は無邪気ですね。(笑)

>あのぬるぬる〜〜をぜひ実感していただきたいわ♪

あはは〜。ぬるぬるなんだー。(笑)
来年か再来年か…。機会があったらチャレンジしてみます。

>今は「外の明かりがついていない家にはいかない」とか市によって「○時から○時まで」と決まっているようです

いろいろ事件があったようですからね。
ルールを決めないとね〜。
だってアメリカって移民国家だから、ハロウィーンをしない国の方も住んでるわけだしね。
お祭りといえばそうだけど…ね。
実際、アメリカ人のお宅でも、飾り付けをしてないお家もありますし。

>昔は関係なしに子どもがきて
>お菓子くれなかったって窓ガラスを割ったとかききました(知り合いのダンナさまの子どもの頃の実話です)

これって最近のお話ですか?
だったら怖いですねー。一種の犯罪ですよ〜。
生卵を車にぶつけたり…もあるようですし。
あくまでお祭りなんですからねぇ。参加しない権利もあっていいと思います。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年11月01日 02:55
borarnさん、こんにちは。

>なるほど〜 確かに気を引き締めねばですね。

日本でもお祭りで屋台なんか出ると、事件が起こることもありますよね? 
いつもいつも起こるわけじゃないけど、気を引き締めることは必要だと思います。

>わが家はオートロックの集合住宅なので、どうやってくるのかいまだに疑問なのです。

えいと@のアパートもオートロックです。
今まで、オートロックのアパートの場合は子供が来ることはなかったですね〜。

>はじめてなので謎ばかりです。ほんとにくるのか?

カービングしたカボチャを玄関に飾っておくとかしたほうがいいのかな〜?
一軒家>タウンハウス>アパートメント>オートロック付きアパートメント
…この順に訪問者が来るようですよ。
そして、そこの立地条件にもよるんじゃないですかね?
子供が多い地域とか、近くにキンダーやエレメンタリーがあるとか…。
かわいいお客さんが来てくれればいいですね。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月01日 03:22
しみさん、こんにちは。

>去年はマジックで下絵を描いて掘ったのですが、
>マジックのあとが残ってきれいじゃなかったんですよー。
>だからやっぱりプツプツ穴をあけて印をつけるやり方がベストかなーと。

なるほど〜〜〜。
マジックの外側をうまく彫っていけば、黒い部分が残らないでしょうけど、難しいかもしれませんね〜。

>種、食べてみました。でもーやっぱりあんまりおいしくなかったですー。
>皮、固くてねー。食べられませんでした。かといってむいてもいまいちでしたよ(涙)

このAmbercupっていうカボチャはカボチャ自体がおいしくないですもんね。
種もおいしくないんですねぇ〜。
皮は確かに固いですよね〜。むくのはめんどくさいと思います。

西洋カボチャの種はおいしいですよ〜。
Acorn squashの種はまだやってないんですよねー。乾かした状態でおいてあります。そのうちやってみますねー。

>もう3度目なので気楽に構えてましたが、気を引き締めて訪問しようと思います。

頭の中にちょこっと「こういう危険もあるんだ」…ってことを置いてたら大丈夫ですよー。
なにも考えずにただ無邪気に楽しむ…っていうところに落とし穴や危険があるんですから。

Enjoyしてくださいね〜♪

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年11月01日 03:34
日本でもハロウィンを根付かせようという動きがありましたけど
ちょっと無理があったかな。(^_^;

アメリカの暗い側面ですね、日本も最近はとても物騒ですよ。
銃があまり出回ってないのがせめてもの救いですが・・・

そういえば、昔、車かバイク雑誌に載っていた記事で、
道路でパトカーに止められて、免許証かIDカードかを
見せろと言われたので、胸ポケットに不用意に手を差し込んだら
警官に撃たれそうになったって話を聞いた事がありますなあ。
怖いですねえ!。
ちゃんと自衛の知識と準備が必要なんですね。アメリカって。





Posted by sukositiger at 2007年11月01日 03:37
コメットさん、こんにちは。

>ハロウィンと言っても、全部の家庭でやるわけではないのですね〜。

全ての家庭がするわけではないですね〜。
子供さんがいるお家では学校行事になってるので、ほとんどが参加するでしょうけどね。

霊に対する考え方が違いますからね。
アメリカや欧州にとって霊は「邪悪なもの」ですからねぇ。
日本人なんかはご先祖様の霊を大事にするでしょう?
お祭りと割り切って楽しむ分にはいいんでしょうけど。

>こわいですね。
>せっかくのお祭りも悲しいことになっては困りますものね。

そうですよね。
せっかくみんなが楽しんでるのに、こういう時に犯罪が起こるなんて…悲しいですね。

えいと@も気をつけま〜す。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年11月01日 03:43
E店長さん、こんにちは。

>ご年配の店主さんが多いので対応出来ているのかな?ってちょっと心配でした
>日本でも少しずつ浸透しているようです・・・

ハロウィーンが日本で浸透して来ている…っていうのはちょっと不思議な感じもしますけど、
まぁ、日本人もアメリカ人と似たところがあって、楽しいことには目がないですからね。
クリスチャンが少ないのに、クリスマスが賑わってる日本ですから。(笑)
お祭りとして浸透していくのはいいことなんでしょうね。
経済効果も望めますしね。

リンクしていただいてありがとうございました。
えいと@もお友達リンクに入れさせていただきました♪
今後もよろしくお願いします♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月01日 03:50
M家さん、こんにちは。

>黒髪の人多いのですね
>以外です バッファローにアジア人多し!

いや、えとね。彼らは留学生なんですよ。
大学の学部の留学生たちです。だからアジアが多いんですよ。
インド人が多いかなー。あとは中国人、韓国人とか、日本人もいます。欧州からの留学生もいるようですよ。

>普通のナイフでカービングはかなりの重労働でしょうね
>カービングセットを買ってくると簡単に下手も取れるし、彫るのもあっという間です

この重労働が楽しかったりするんじゃないですかね?
子供だとセットがなかったら大変ですけどね。
20代前半のヤングな学生たちですからね〜。(笑)

>私は二人に付き添ってあまり暗くならないうちに出かけるつもりです

そうですね。お子さんが小さいお家はお母さんがついてるんで、大丈夫でしょうね。

>ハロウィンの飾りも少し早めに取り外さないと、昨年は22時ごろコンコンされた家もあったと聞きました

そうなんですかー。
22時頃に外で作業する方が危ない気もしますけど…。(汗)
ハロウィーンランプなどの明かりを消しちゃうのはいいかもしれないですね〜。

>ダンキンドーナツに行くと色々無料でくれるという噂も聞きましたが、遠いからパスかなぁ

へぇ〜、そんなしゃれたことをするんですかー。ダンキン。
MA州にはそこら中にありましたけど、BUFにはないですねー。
ナイアガラ近くまで行くと1〜2件あったかな?
MA州の子供はいいですねー。あちこちのダンキンで何かもらえますよね〜。うらやましー。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月01日 04:04
フタコトリさん、こんにちは。

>なるほど〜、楽しいことばかりではないのですね。
>犯罪にも気をつけなければ・・

そうなんですよねー。
日本でもお祭りの時って治安が悪くなるじゃないですか。
あれに「銃」が加わった…って感じですかね。
仮装する…ってところもポイントなんですよ。
子供だけじゃなく、大人も仮装しますからねー。
仮装してたらわかりませんもんね。パーティ参加者なのか、犯罪を犯そうとしてるヤツなのか…。

>ハロウィンの時にみるこのカボチャってもともと食用としては作られてないんですね!知らなかった。
>てっきりくりぬいた分はパイにでもして食べるものかと
思ってましたよ。

昔はね、食べてたそうなんですよ。パイやスープにしてたらしいです。
でも、最近はカービング用に改良されてるんで、味は落ちてるようなんですね。
食べようと思ったら食べれるとは思いますけど…。あえてねー。まずいのを食べなくってもいいかなーって思いますね。

>いいな〜くりぬいてカボチャおばけ作ってみたいです。

日本ではこういうカービング用のカボチャ、作ってないですもんねー。
普通の西洋カボチャでは雰囲気でないしね〜。(苦笑)
そのうち、アメリカから輸入されるようになったりして…。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月01日 04:16
hiro-meiさん、こんにちは。

>日本でも最近ハロウイーンを意識したグッズなんかも売ってたりするけど
>どうもピンと来ない私でございます・・・

まぁねー。今まで日本にはなかったお祭りだもんね。
しかも霊に対する考え方が全く違うしね〜。ピンと来ないと思いますよ。

日本でなじんでいくとしたら、ハロウィーンの内容を無視して、
単なるカボチャ祭りとして広まるんだろうなーって思います。
ま、クリスチャンが少ないのにクリスマスも定着してるもんね。

>そっかぁ、ただただお祭さわぎと浮かれていてはいけないのですねぇ
>子供が襲われたりしたら、ほんと悔しいもんね。

事件は起こってからじゃ遅いんですよね。
特にアメリカは銃社会。自分の身は自分で守る、そういう国なんです。
そんな国で生活してる限りは、危ないところには行かない、お祭りの時には特に気を引き締める…ってことが大事かな…って思います。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年11月01日 04:28
NANAさん、こんにちは。

>ハロウィンのかぼちゃのくりぬき作業、
>初めてみたので面白かったです♪
>そうやって作るんだぁーってね(*´艸`)

なかなかおもしろいですよねー。こういう作業って。
見てるだけでも楽しかったですよ。
やったらもっと楽しいのかも。えいと@もいつかチャレンジしますね♪

>日本じゃお菓子貰いにとかはないですからねぇ;

子供にとっては楽しいお菓子もらいの訪問♪…ですけど。
これって問題も多いんですよー。
この時期、いっぱいお菓子をもらうんですよねー。
それでなくてもアメリカの子供はお菓子やスナックを食べる子が多いのに、ますます肥満が増えちゃいますよねー。
だってボックスいっぱい、お菓子をもらってくるんですもん。(笑)

>そちらでもほんと犯罪など気をつけないといけない日なのですねぇ、やっぱり・・。

お祭りって気が緩んじゃいますからね。
日本でもお祭りの時期には事件があったりしますもんねー。
仮装してるんでよけいにね。
えいと@も気をつけます〜!

>日本にもそんなお祭りがあってもいいかなーなんて思いもします☆
楽しそうだものっ♪♪

少しずつ定着して来てるのかな? 地域によるのかな?
霊に対する考え方は無視して、単に「カボチャ祭り」として定着していきそうな感じかな?
日本人もアメリカ人同様、お祭り大好きですもんね。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月01日 04:38
せいさん、こんにちは。

>ちっこいカボチャですら 硬くてガンコだからこんなデッカイのは大変でしょうね・・(笑)
>くり貫いていく作業も根性ですね。

はじめのヘタ取りは大変なのかな〜? カボチャの外側は固そうですもんね。
でも、中の実は柔らかいみたいですよ〜。
カービング用に改良されたカボチャらしいんで、彫りやすいみたいです。

>繊維もヒモみたいですなぁ(笑)

なんかねー。覗かしてもらったらこんな感じで。センイの紐ですねぇ〜。

>お祭りだからって浮かれてては危ないですね。
>自分の身は自分で守らないとね。

そうなんですねー。お祭りって気分がHIになっちゃってますからね。
気を引き締めて、危険もあるんだ…って認識は必要ですよね。
誰もかれもが危険なわけじゃないけど、まったく知らない人は一応警戒しなきゃ…ですよね。

>私は近所の人の顔も覚えてないので

前に、日本のTVでやってたけど、ご近所さんとは挨拶するのが防犯につながるらしいんですよー。
泥棒さんって顔を見られるのがイヤだから、挨拶されると「顔を覚えられたか?」って焦るんですって。
みんなが挨拶すると「この街はヤバいな」って思って、泥棒さんは去っていくらしいですよ〜。(笑)

>こないだお客さんが来たときですら警戒しましたよ。
>主人の親戚でしたけど(爆)

これこれ、せいさん…。(・∇・)ヾ(^o^;)

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月01日 04:49
スコシタイガーさん、こんにちは。

>日本でもハロウィンを根付かせようという動きがありましたけどちょっと無理があったかな。(^_^;

地域差があるんでしょうかね〜?
定着しつつあるところはグッズなんかも売ってるようですしね。
アメリカ並みに定着は…難しいでしょうねぇ〜。
霊に対する考え方からして異なりますからね。
日本人に取ってご先祖様の霊は大切なものですもんねー。

>昔、車かバイク雑誌に載っていた記事で、
>道路でパトカーに止められて、免許証かIDカードかを見せろと言われたので、胸ポケットに不用意に手を差し込んだら
>警官に撃たれそうになったって話を聞いた事がありますなあ。

これはその通りです。今、現在もそうです。
警察官に止められたら、まず両手は出さないといけないんですね。
で、免許証を見せろ…って言われても、すぐに出してはダメなんです。
「ここにあるから出してもいいか?」と警察官に許可を求めなくてはいけないんです。
不意に服の内ポケットに手を入れたりしたら、銃を持ってると判断されて撃たれます。
これで撃たれたとしても文句は言えません。警察官の正当防衛の権利なんですから。
知らなかった方が悪いんです。

>ちゃんと自衛の知識と準備が必要なんですね。アメリカって。

その通りなんですね。日本人にとって、アメリカは外国なんですね。
その国のルールがあるんですね。
自分の国の常識が当てはまらないことだってあるんですね。

自衛の知識は必要ですね〜。えいと@も気をつけます!

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月01日 05:01
アメリカといえども、ハロウィーンをしない家もあるんで
すね〜。
確かに色々と問題があれば、やる気も失せますね。
子供がいない人は、飾り付けも面倒かも^^;;

日本では、数人の外国人が山手線でハロウィーン パーティ
をしたとかで、酷い事になってました。
電車の運行に支障は出るわ、普通の利用客は乗れないわ、
一部では物を盗まれた人もいたとか・・・。
自国のお祭りを祝いたい気持ちは解りますが、その国の
ルールは守って欲しいものです(-_-||||
こんな状態でも警察は注意も警告もしない日本・・・
いつまで白人コンプレックスなんだ?と、呆れるばかり
です。
Posted by たまてん at 2007年11月01日 07:55
たまてんさん、こんにちは。

>アメリカといえども、ハロウィーンをしない家もあるんですね〜。

えいと@と同じアパートメントで北欧から来た一家がいます。
帰化してアメリカ人になっていますが、そのお宅では小さい子が二人いるのに何も飾り付けをしてませんねー。

アメリカって移民の国ですからねー。
自分の祖国の考えと異なるものは取り入得にくい…っていうこともあるでしょうね。
単純にお祭り〜♪でもいいんでしょうけどね。

>確かに色々と問題があれば、やる気も失せますね。

一時はひどかったって聞きますね〜。
もちろん治安のいい地域では大丈夫なんでしょうけどね。

>日本では、数人の外国人が山手線でハロウィーン パーティをしたとかで、酷い事になってました。
>電車の運行に支障は出るわ、普通の利用客は乗れないわ、
>一部では物を盗まれた人もいたとか・・・。

えぇえーーーっ! そんなことが…。
これはあかんでしょう! 逮捕せにゃ!(怒)
だって電車の運行に支障が出るって、かなり問題ですよ〜。
ものを盗むって、りっぱな犯罪ですし!
日本の警察は何しとんじゃ? しっかりしてくれよぉ!

アメリカでもパーティで騒ぎすぎたら警察に通報されますよ!
どこの国でも、マナーとルールは守らないとねぇ〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年11月01日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。