2007年10月04日

誰が一番悪いのか? 悲しい出来事を検証する


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


昨日は えいと@のクラ〜い思い出話にお付き合いくださいましてありがとうございました。<(_ _)>

 記事はこちらをご覧くださいね〜♪ → デナリでの悲しい出来事


多くの方がえいと@に共感してくださり、励ましのコメントをくださいました。


おね太郎さん。わこさん。haruさん。コメットさん。フタコトリさん。
go-yaさん。しみさん。NANAさん。hiro_meiさん。Yogacatさん。
たまてんさん。M家さん。



本当にありがとうございます! えいと@はウルウルしちゃいましたぁ〜。(;∇;)


昨日の記事を読みながらツアーには参加できたのかどうか、ヒヤヒヤした方が数人おられまして。


いやー。すみません〜〜〜。(∩。∩;)ゞ


昨日の記事のバスツアーは9/26、9/27、9/28、9/30の記事の、カンティシュナ ウィルダネス トレイル バスツアーのことなんですね。

関連記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
    アラスカ デナリ国立公園の大自然
    アラスカ デナリ公園で出会った野生動物たち その1
    アラスカ デナリ公園で出会った野生動物たち その2
    片道6時間の終点、カンティシュナの村
    ゴールドラッシュ時代の雰囲気を味わう! 砂金採りに挑戦!


時系列がヘンテコになっちゃったんで、紛らわしかったですね〜。


まことに申し訳ない。(;^◇^;)ゝ


     a-kantesyunahana1.jpg

       カンティシュナで見つけたお花たち Part1



さて。コメントのお返事を書きながら、いろいろ考えたんですよ。(コメントのお返事の内容とちょっとかぶりますが、ご容赦くださいね。)


えいと@夫妻がドイツ人カップルにバスの席を譲ったことで、


ドイツ人カップルはハッピーになり、


譲った側の えいと@夫妻はとてもイヤな思いをさせられてしまった。。。


ヘタすりゃツアーそのものに参加できなかったかもしれない。。。


何でこんなことが起こってしまったんだろう…。


いったい誰が悪かったのか???
( ̄へ ̄|||) ウーム



登場人物
 
 ドイツ人カップル。
 初日の女性バスドライバー。
 日にちの変更の手続きをしたスタッフ。
 翌日の怖い顔の女性バスドライバー。
 本部で電話を受けた人。
 男性バスドライバー。
 えいと@夫妻。




はじめにドイツ人カップル。


彼らが自分たちのスケジュールをきちんと把握して予約していれば、今回の座席の変更等の必要はなかったわけです。


でも、勘違いや間違いなんて誰にだってあることですもんね。


ま、彼らには罪はないでしょう。


次に初日の女性バスドライバーですが…。


彼女は座席を翌日と交換してもらえないか頼んで来た人です。


翌日はお休みのようでしたが、仕事が終わるのが午後9時頃なので引き継ぎはせずに帰宅しています。


でも、彼女は引き継ぎの義務はなく、問題はなかったと思われます。


ではお次ぎに日にちの変更の手続きをしたスタッフです。


彼女は仕事はきちんとしてたと思うんですね。


本部に電話もしていたし、翌日の参加メンバーの書き換えもきちんとやっていたんです。


ただ…。


翌日しっかりと伝わるように用紙を書き換えてくれたのか?


これが疑問なんですね。(゚-゚;)ウーン


実際、翌日の女性バスドライバーは前日と違う人で、事情が全く伝わっていなかったんですから。


横のつながり、引き継ぎが出来てないことが多い! (`Д´) =3


…とアメリカ住まいの方々は口を揃えておっしゃいます。


このへん、おおいに問題があるような気がしますね。(-""-;)


a-kantesyunahana2.jpg

      カンティシュナで見つけたお花たち Part2



さて、問題の顔の怖い女性バスドライバー。


えいと@はこの顔の怖い女性バスドライバーに対して一番腹を立てていました。


対応が本当にひどかったんです。(▼皿▼#)


いくら事情がわかってなくても、あの刺すような、犯罪者を見るような目つきはひどいと思いましたね。


そんな目つきの人だったのかもしれなせんけど、口調もきつかったんですよね。


でも、考えたら彼女は悪くはないんです。


事情が全くわかってなかったんですから。


だけど、えいと@がこの怖い顔のバスドライバーを許せないのは、


バスツアー中のトイレ休憩や、終点のカンティシュナで何度か えいと@夫妻と顔を合わせてるのに、


一言の何もないし 目をそらすようにしてすれ違うんです。(=n=;)


これは彼女の人間性ですね? アメリカだからどうの…って問題じゃないですね。


こんな人が観光客相手の仕事をしてるんだなぁ〜…って思うと、ため息しか出ませんでした。(;-_-) =3


次に本部で電話を受けた人ですが…。


これはどうなんでしょうね? ( ̄ー ̄?)


単に変更があったことがわからなかったんでしょうかね?


前日には本部に電話連絡はされてるはずなのに、その記録がなかったんでしょうか?


記録した用紙が机の下に落ちちゃってたんでしょうか? どこかに紛れ込んじゃったんでしょうか?


…よくわかりません。(〜ヘ〜;)


   a-kantesyunahana3.jpg

       カンティシュナで見つけたお花たち Part3


さて、次は男性バスドライバーです。


彼のおかげで えいと@夫妻はこのバスツアーに参加できたわけで、感謝しています。(^-^)


ところで、彼は前日も翌日も、両日勤務でした。


そして座席を交代した事情も知っています。


今考えると、なぜ翌日の朝に顔の怖い女性バスドライバーに、昨日こういうことがあったから…と言ってくれなかったのか。


顔の怖い女性ドライバーが事情を知らないことを、知らなかったのかもしれませんが…。(-_-;


まぁ、彼は誠心誠意、よくやってくれましたよ。


バスツアーが終了した時にも えいと@夫妻に謝ってくれましたし。


彼がいなかったら えいと@夫妻はこのカンティシュナ ウィルダネス トレイル バスツアーには参加できなかったでしょうしね。


本当に彼が2日続けての勤務で良かった。。。(。・・。)(。. .。)ウン


さて、最後にえいと@夫妻。


えいと@夫妻のミスは変更したことを証明する書類を受け取らなかったことですね! (≧ヘ≦)


あの時はまさかこんなことになるなんて夢にも思わないわけですし。


こんなに横のつながりがない、引き継ぎ、伝達が出来ていないとは思わなかったですからね。


今回のことでイヤになるほど痛感しましたよ。


絶対に! 絶対に!


何か契約の変更をした時には、そのことを証明する書類をもらうこと! (。`Д´。)ノ


旅行であっても契約ですから。d( ̄‥ ̄)=3


アメリカよりヨーロッパはもっとひどい状況らしいですから、(By Yogacatさん)


旅行や仕事でアメリカやヨーロッパに行かれる方は、十分に気をつけてくださいね〜!!! (* ̄0 ̄)/ オゥッ!!



a-kantesyunahana4.jpg

     カンティシュナで見つけたお花たち Part4




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)





posted by えいと@ at 10:20| Comment(17) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(愚痴編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごめんなさいね〜
過去のをよく記憶していれば分かったはずなのに・・。
今、兄が着ていてこの時間はビール飲んでいますので
酔っ払いって事でお許しください。(;´・人・`)ゴメンネ*。゚o。
今日のは、また写真とのギャップがヽ(´∀`)ノハハハッ

えいと@さんは悪くないですよー!
私も今日、教育委員会から電話があって
今ままでの学校に娘の荷物を取りに行きたい
って言ったら
「じゃ今日の3時すぎに(つまり学校が終わった時間)
私が連絡しておきますよ」
ってなったんですよ。
で、行ったらドアホン鳴らしても誰も出ない。
しばらく待っていたらボランティアらしき親御さんが・・。
「あら〜今日は水曜で30分早く終わるから
今ミーティングで誰もいないのよ〜」
って。。
まさしくえいと@さんと同じ。
水曜は早く終わるのは知っていたのに
私は確認を取らなかった。(水曜って忘れていた)
教育委員会の人は連絡は多分してくれた。
でも、今日は水曜だから誰もいない・・。
明日は半日で明後日は休みなので
明日朝行くことにしました・・。
一人ひとりはいい人なんですよ〜〜
今日のお母さんにしても英語のできない私に
一生懸命事情を話してくれたし。。

でもね、やっぱり横の連絡が・・。
きっとこのお母さんも学校に
私が明日行くなんて連絡はしてくれないのでしょうね・・。

でも乗せてくれなかったドライバーも
きっと後味が悪かったでしょうにね。。
アメリカよりヨーロッパ、特にフランスはきついとよく聞きますね。
オットの会社でも
「なんのかんのあってもやっぱり(海外赴任なら)
アメリカが一番住みやすい」って言うそうですよ。
個人主義、訴訟社会とはいっても
移民の国ですから。
兄も「シカゴってなんて人が親切なんだ!」
って感激してましたもん。
そう。一人一人の個人としての付き合いはいいんですよねぇぇ・・・
Posted by おね太郎 at 2007年10月04日 10:40
まさにおね太郎さんがおっしゃる通り。
ひとりひとりは本当にいい人なんですよ。
アメリカの人っていい人!日本人よりずっと親切じゃん!って思うんです。(←これホント)
ただ、誰かに何かを伝えるとか、そういうことをあんまりしないですね。まさに引継ぎとか伝達とか、そういうことしないんですね。きっと。
そういうお国柄なのかもしれません。
自分のことは自分で。人に頼らないで自分できっちり確認とらないといけないのかも。
Posted by しみ at 2007年10月04日 11:11
こんにちわ!
えいとさんのお気持ちよくわかりますよ。
ほんと嫌な想いしちゃいましたね;
でも、
この可愛い花を見てると嫌な事も忘れそうですよね☆

今日はおはずかしながら、
私の22年前の写真!を、
ページ左側のひとこと日記の方にUPしちゃいました^^;
まぁ、勢いで(笑

本日の応援p(*'-^*)。
Posted by エイジレス美人の作り方★NANA at 2007年10月04日 11:11
おね太郎さん、こんばんは。

>今、兄が着ていてこの時間はビール飲んでいますので
>酔っ払いって事でお許しください。(;´・人・`)ゴメンネ*。゚o。

あはははーーーっ!(爆笑)
大丈夫! えいと@もこの時間、飲んでますからっ!(笑)

>今日のは、また写真とのギャップがヽ(´∀`)ノハハハッ

何かねー、この3日間、愚痴ばっかりのブログになっちゃったもんで、(断水の記事に始まり…笑)
ちょっと写真なぞを添えてみようかなーーーなんて思っちゃったんですよぅ。
このバスツアーの終点で撮った写真ですしね〜。

おね太郎さんの学校に荷物とりに行った時のこと…。
まさしく伝達不足ですよねぇ〜。
これが、学校がめちゃ遠い、とかタクシーで行ったのに…とかだと怒りで爆発しそう…。

>えいと@さんは悪くないですよー!

ありがとう〜〜〜。なんかうれしいですよ。そんな風に言ってもらえると。
でもね、やっぱ考えたらえいと@夫妻のミスが一番あかんかった気がするんですよね。
書類さえあったらこんなことにはならなかったわけで…。
契約社会ですからね。。。

>でも乗せてくれなかったドライバーもきっと後味が悪かったでしょうにね。。

きっとバツが悪かったんだと思いますね…。
日本だとさっさと「さっきはごめんなさいね〜、連絡がなかったんで…」って言い訳まじりに謝っちゃいますもんね。
そのほうが楽になれるのに…。
えいと@も「いや、いいですよー。しょうがないですよねー、連絡がなかったんだったら。気にしないでくださいね〜♪」なんて言えたのに。
このちょっと謝る…てのはしないんでしょうかね?

>アメリカよりヨーロッパ、特にフランスはきついとよく聞きますね。

これは昨日のコメントでYogacatさんも書かれてますね。
やっぱフランスってひどいんだ…。
フランスって素敵なイメージがあるのにね。でもいい加減なイメージもありますよね〜。(苦笑)

>「なんのかんのあってもやっぱり(海外赴任なら)アメリカが一番住みやすい」って言うそうですよ。

うんうん! そうだと思います!
一人一人は本当にいい人ですもんね! 住みやすい国だと思いますよ〜。アメリカって。
この横のつながりをもうちょっと何とかしたらいいのにね…。
…って贅沢ですかね?(笑)

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年10月04日 12:18
しみさん、こんばんは。

>ひとりひとりは本当にいい人なんですよ。
>アメリカの人っていい人!日本人よりずっと親切じゃん!って思うんです。(←これホント)

えいと@もそう思いますねー。
特に電車に乗ったりした時には感じます。
お年寄りや障害者の方、妊婦さん、荷物の多い人が乗って来たら、すぐに席を替わりますしね!
一人一人は本当にいい人が多いと思うんですよね〜。

>ただ、誰かに何かを伝えるとか、そういうことをあんまりしないですね。まさに引継ぎとか伝達とか、そういうことしないんですね。きっと。

なんでこれが出来ないんでしょうねー。
伝達をしないことで悪い気分になる人がいるのに…。
お国柄? これがまかり通ってるから…なんでしょうか?

>自分のことは自分で。人に頼らないで自分できっちり確認とらないといけないのかも。

もうね、めっちゃ痛感しましたよ。
「大丈夫」って言われても「いや,書類をください! 証明書をください!」
これしかないですね! めんどくさがられても。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年10月04日 12:24
NANAさん、こんにちは。

>この可愛い花を見てると嫌な事も忘れそうですよね☆

そうですよねー。
この3日間、愚痴っぽいブログになっちゃったので、お花で癒しを求めてみました♪
お花の名前がちょっとわかんないんですけどね〜。
高山植物かもしれません。

>私の22年前の写真!を、
>ページ左側のひとこと日記の方にUPしちゃいました^^;

おぉ! 早速見に行きますね! 素敵なNANAさんの若かりし頃を…♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年10月04日 12:27
私もドイツに8年半ほど暮らしていましたので、
わかります。わかりますよ・・・。
だから、どんなことでもわからないことはわかるまで聞く、自分が納得するまで、たとえ言葉が拙くても!
というクセがつきました。
おかげで、日本に帰国してからしばらくは浮いてましたが、あはは。
今じゃすっかり日本人だわ(^。^)ゞ
いわれない差別も受けましたね・・・、日本はつくづく平和だと思いますよ。
でもさ、いいところもいっぱいあるから、アメリカ!
(てゆっても一番長くてボストンに1ヶ月滞在・・てへ。)
いい人もいっぱいいるから!(妹の旦那はアメリカ人)
なんだよ、自分の告白かい・・・!? ごみん(汗)
Posted by るーくまま at 2007年10月04日 15:56
上のコメント、↑URLを間違えてしまった(汗)
ごめん。
Posted by るーくまま at 2007年10月04日 16:00
仕事への姿勢&考え方が、日本とは根本的に違うのは間違い無い
ようですね・・・(-_-||||
本当にビジネス成り立っているのか?て、疑問に思えてならない
ですけど…。

書類、書類、証明書、証明書…て、聞いてると何だかナチスみ
たいですね(´〜`)
ま、それが一番間違いないのだろうけれど、何かを提供する側、
特にお金を取って客商売してる場合は、ミスの無いようにする
のが基本だと思うんだけど…。
これがどこぞの大統領とか、王室だったらきちんとやるんでしょ。
出来るなら普段からやれよ!
て、思いますわ。

海外に住む、て大変ですよね〜〜〜〜。
嫌な事は溜めずに吐き出すのが一番ですよ(^ー^)b
日本人にしか解らない感覚って、外人さんには説明のしようが
ありませんもの!
Posted by たまてん at 2007年10月04日 19:24
こんばんわ。えいと@さん。
今日の展開は面白かったです!!
まるで、何か世間話しながら、ケーキセットを食べている貴婦人のようでしたよ!!
問題を、わかりやすく展開しながら、
写真をはさむのもわすれない。
とってもよかったです。
アメリカの発明した偉大な料理は、ケチャップだ。
ときいたことがありますが、
それを連想させてくれるような女性バスガイドでしたね!!
えいと@さん、お花撮るの、最高に上手ですね!!
今日も愛の2ぽちですぞ!
Posted by go-ya at 2007年10月04日 20:59
こんばんは素敵なお花の数々(☆☆)
ロゴの入れ方もセンスがいいです♪(#^ー゜)v

さて 昨日の記事で もう1度かんがえると
ドイツ夫妻に優しくできるドライバーもいるのに、

予約がない!!と拒否した女性ドライバー

社員教育がなっていない!!!!そうだよ ( ̄□ ̄;)!!

ほんとうにもう ね!?!?腹がたつね。

縦のつながりは、どうなんだろう 縦もなかったら
もうぐちゃぐちゃだよね。

でも この花で イカリを沈めます ♪(*⌒ー⌒)o∠★:゜*Poti poti !
Posted by わこv(●^v^●)v at 2007年10月04日 22:33
お花のステキな写真が
なにより救いですねぇ

誰も悪くない、、ような、、
だけど、傷つい人が確実にいるわけですから!!
どのシチュエーションでも
「言い方」ってあると思うんで、、
女性ドライバーの方がもうすこし優しく言ってくれたら
きっとえいと@さん夫妻だって
こんな嫌な思いをしなかったかもしれないですよねぇ・・・・
言い方にも思いやり。
最近の日常にもそう思う、今日このごろです。
ぽちっとな
Posted by hiro_mei at 2007年10月04日 22:42
るーくままさん、こんにちは。

>私もドイツに8年半ほど暮らしていましたので、
>わかります。わかりますよ・・・。

おぉー、ありがとうございますー。わかっていただけてうれしぃ〜。
るーくままさんは8年半もドイツで暮らされてたんですか〜。
ドイツもけっこういい加減らしいんですねぇ〜。
イメージ的にはきっちりしてる感じがするのに…。

>だから、どんなことでもわからないことはわかるまで聞く、自分が納得するまで、たとえ言葉が拙くても!
>というクセがつきました。

なるほどー、そうなんですねー。
自分を守るためには、自分がきちんと管理しなきゃいけないんですね。
日本のように「お客様は神様」で、徹底した管理をしてもらえることなんてないんですよね。。。

>おかげで、日本に帰国してからしばらくは浮いてましたが、あはは。

うんうん。なんかわかります。
長年、そういう国に住んでると、日本でも同じようにしちゃいますよね!
日本だと「何でそこまで…。こちら(会社)を信用してくださいよー」って思われちゃいそうですもんね。

個人を見るとほんとうにアメリカ人っていい人が多いんですよね。
スーパーのレジの人とかもフレンドリーだし。
しみさんへのコメントのお礼にも書きましたが、電車に乗った時には「なんて優しいんだろう!」って思いますもん。
日本人は時間に追われてて余裕がないからかもしれませんけど、
目の前に障害を持った方や妊婦さんや赤ちゃん連れのお母さんとかがいても、知らん顔ですもんねぇ〜。

何ていうか、他人に対して優しいんですよね。アメリカ人は。
日本人は身内や知り合い、お友達にはすごく優しいんだけど、赤の他人に対しては…ちょっと…ですもんねー。

ボストンに1ヶ月滞在されてたんですか!
えいと@もボストンに住んでましたよ! 1年弱ですけど。
なんか親近感がわきますねぇ〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年10月05日 04:22
たまてんさん、こんにちは。

>仕事への姿勢&考え方が、日本とは根本的に違うのは間違い無い
ようですね・・・(-_-||||
>本当にビジネス成り立っているのか?て、疑問に思えてならない
ですけど…。

そうなんですよねー。
よーこんなんでビジネスが成り立ってるもんだ…って感心しちゃいますよね。
求めても無駄…ってみんながわかりきってるのかもしれませんねー。
これがアメリカやヨーロッパのスタンダードなんだ…って。

>何かを提供する側、
>特にお金を取って客商売してる場合は、ミスの無いようにする
のが基本だと思うんだけど…。

そうですよねぇ。日本人的感覚だとそうなんですよ。
でも、アメリカやヨーロッパでは違うようです。
このへんが個人主義なんでしょうか? 自分は自分で守るしかないんですね。
お金持ちの人は、自分の代わりにそういうことを全部やってくれる人を雇うんでしょうね。
雇えない人は自分で確認や管理をするしかないんでしょう。

>海外に住む、て大変ですよね〜〜〜〜。
>嫌な事は溜めずに吐き出すのが一番ですよ(^ー^)b

本当にね、いろいろとあります。(苦笑)
カテゴリーの【アメリカ的生活 愚痴編】なんてダントツ多いですよー。(笑)…あ、右のサイドバーにあるヤツです。
いろいろ習慣の違いとか、考え方の違いがあるんで戸惑うことが多いんですよね。
郷に入れは郷に従え…ですけど、「なんでぇ〜〜〜? うそでしょう〜〜〜?」ってことが余りにも多くて。。。
こうやってブログに書くことでずいぶん救われてるんですよね。
共感してくださるとうれしいし。

今後もまたいろいろ出てくると思いますけど、
またアメリカ生活の愚痴を聞いてやってくださいましね〜。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年10月05日 04:33
go-yaさん、こんにちは。

>今日の展開は面白かったです!!
>まるで、何か世間話しながら、ケーキセットを食べている貴婦人のようでしたよ!!

ありがとうございますぅ〜〜〜。嬉しいですよ。そう言っていただけると。
でも…貴婦人…ですかー。ハレ〜〜〜。(照)

>アメリカの発明した偉大な料理は、ケチャップだ。
>ときいたことがありますが、
>それを連想させてくれるような女性バスガイドでしたね!!

わははーーーっ! おもしろい比喩ですね!
うん、なんとなくわかります。
ケチャップってアメリカの味なんですよね。
何でもかんでもケチャップです。よくも悪くもケチャップなんですね。
ケチャップかけときゃ何とかなるさ…てな感じでしょうかね?
あの女性バスドライバーはそんなおおざっぱさがにじみ出てる感じの人でしたねー。(笑)

>お花撮るの、最高に上手ですね!!

ありがとう〜〜〜。そう言っていただけるととてもうれしいです。
またいい写真を撮れるように頑張りますね!

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年10月05日 04:41
わこさん、こんにちは。

>こんばんは素敵なお花の数々(☆☆)
>ロゴの入れ方もセンスがいいです♪(#^ー゜)v

ありがとうございます〜。うれしいです。
久々のお花の写真のUPなんですよねー。
このカンティシュナのお花はちょっと見かけないものが多かったんで、時間をかけて撮りました。
ロゴ、いいですか? うふ。「お気楽フォトえいと@」なんですよ。(笑)

>予約がない!!と拒否した女性ドライバー
>社員教育がなっていない!!!!そうだよ ( ̄□ ̄;)!!

こういう観光客相手の仕事って、接遇がとても大事だと思うんですよね。
お客さんにどう接するかで、その後の評判にもなるじゃないですか。
この顔の怖い女性ドライバーは、普段からこんなしゃべり方をする人なんだろうか…。
参加者リストになくても、お客さんが事情を話してるんだから、それなりの対応があっていいと思うんですよね。
アメリカって社員教育なんてするのかなぁ?
敬語とかがあまりない国ですからね。

>縦のつながりは、どうなんだろう 縦もなかったらもうぐちゃぐちゃだよね。

一応上司,部下なんかはあると思うんですよね。
でも、ドライバーっていうのは技術者みたいなもんだから、どうなんでしょうね。
日本のように組織で動いてるのかなぁ?

>でも この花で イカリを沈めます

うふ。そうですね! 
内容が愚痴っぽくなっちゃってて、それが3回も続いちゃったもんで。
お花の写真でも載せて気分を沈めよう…って思ったんです♪

今回でこのバスツアーのイヤな思い出は封印しますね。
これからは気をつけよう…っていう戒めみたいになりましたから。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年10月05日 04:54
hiro-meiさん、こんにちは。

>誰も悪くない、、ような、、

そうなんですー。
結局誰も悪くはないんですよ。
それぞれはきちんと仕事をしてるんですよね。
あの顔の怖い女性ドライバーも、その場で「じゃあいいわ、乗って」って言うわけにはいかなかったんですよね。

>だけど、傷つい人が確実にいるわけですから!!
>どのシチュエーションでも「言い方」ってあると思うんで、、
>女性ドライバーの方がもうすこし優しく言ってくれたら
>きっとえいと@さん夫妻だって
>こんな嫌な思いをしなかったかもしれないですよねぇ・・・・

そう! ここなんですよね!
あの怖い顔の女性ドライバーはハナから えいと@夫妻を疑ってかかってたんですよね。
もちろん、彼女も確認がとれなかったわけですから、その場でえいと@夫妻をバスに乗せることは出来なかったと思うんです。
でも、でもね。
捨て台詞のようなものを残してバスを出発させなくてもいいじゃないですか。。。
あの時の彼女の対応がもう少し人間味があったら、えいと@はここまで腹が立たなかったんですよね。。。


ま、もうすんだことだし。
こうやって皆さんに聞いてもらって、えいと@はだいぶ気持ちが楽になりました。
今後はえいと@夫妻が気をつけたらいいんですよね。
自分を守るのは自分だけ…なんです。すごっく勉強になりましたよ。

>お花のステキな写真がなにより救いですねぇ

うふ。
このお花はきっとカンティシュナ特有のお花だと思うんです。
めずらしいなーと思ったんで、ちょっと真剣に時間をかけて撮ってみました〜♪

 えいと@


Posted by えいと@ at 2007年10月05日 05:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。