2007年09月30日

片道6時間の終点,カンティシュナの村


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回は昨日の記事の続編 デナリ公園の終点 カンテシュナの村をお送りします。(^▽^)/

 関連記事はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
    アラスカ デナリ国立公園の大自然
    アラスカ デナリ公園で出会った野生動物たち その1
    アラスカ デナリ公園で出会った野生動物たち その2



 今までのアラスカ紀行の記事はこちら ↓ を見てくださいね〜♪
     アメリカ的生活(旅行アラスカ編)




かわいい野生動物たちを見ながら片道6時間 バスに揺られ、


デナリ国立公園の終点地 カンティシュナに到着しました〜。(*゚▽゚)ノ


a-kantesyunaend6.jpg


まずは昼食です。このロッジ ↑ のダイニングでいただきます。


えいと@夫妻が参加したカンティシュナ ウィルダネス トレイルのツアーはランチ付きなんですね。


朝7時からスナックみたいなものしか食べてないので、お腹がペコペコです。


さーぁ、どんなランチかな〜♪ ((o(^∇^)o)) ワクワク


a-kantesyunaend1.jpg


じゃん! これ ↑ であります。


………。( ̄_ ̄ i)


えいと@の感想…。「えっ…。これだけ?」 (;¬д¬)


…でありました。


ランチビュッフェって聞いてたのに…。


ビュッフェはあんましおいしくない豆のスープだけ…。(ToT)


あとはメキシカン風のサンドとちょびっとのポテトサラダ、クッキーだけでした…。


ちょっと(だいぶ)がっかりでした…。|||(-_-;)||||



さて。


デナリ公園入り口から90マイル(約144キロ)の地点にあるカンティシュナ。


カンティシュナはゴールドラッシュ時代に採掘者たちがここに滞在した場所なんですね。(^-^)


a-kantesyunaend8.jpg


こういった ↑ ロッジに寝泊まりして金を探していたそうです。


ほとんど改装されて事務所等になっているようですが、


当時のままのロッジが一部残されていました。


a-kantesyunaend4.jpg


お部屋の中はこんな感じ ↑ だったんですねー。(*゚o゚*)


a-kantesyunaend5.jpg


ベッドはこんな感じ ↑ なんですねー。


この狭いベッドに横たわりながら、明日こそは金を掘り当てるぞ!


…って採掘者たちは夢見ていたんでしょうねー。(o^-^o)



このカンティシュナは宿泊も出来るんです。


a-kantesyunaend7.jpg


a-kantesyunaend13.jpg


a-kantesyunaend16.jpg


なかなかいい雰囲気のロッジですよねー。(^_^)


入り口ドアにムースやベアーなどのマークがあるのがデナリらしいですねー。


ここカンティシュナはお天気がいいとすばらしく美しい景色が臨めるですね。


カンティシュナの夕陽,朝日は宿泊者のみ見ることができるんですよねー。(=´▽`=)


a-kantesyunaend10.jpg


これ ↑ ↓ はワンダーレイクです。


カンティシュナまで来ると、お天気がよかったらここから、なんとっ! (*'▽'*)


マッキンリーが臨めるそうなんですねー。

 マッキンリーの写真はこちらを見てくださいね〜♪ ↓
    感激! 植村直己の眠るマッキンリーに小型飛行機で接近!


a-kantesyunaend9.jpg


この日のお天気は曇りだったので、残念ながらマッキンリーは見えませんでした。


この辺りは本当にお天気が悪いことが多く、雨が降らなかっただけでもラッキーだったんですねー。(゚・゚*)


この宿泊施設カンティシュナロードハウスの宿泊は2泊以上からで、


2泊3日で一人770ドル(全食事,往復のバス代、遊覧飛行を除くアクティビティ込み)だそうです。


延泊は 1泊につき一人300ドルだそうです。


かなーり高めですけどゴールドラッシュ開拓時代の雰囲気を味わいながら、


すばらしい景色、朝日や夕陽を眺め、


お天気がいい日にはここからマッキンリーが臨める!


…ということで利用者は多いそうです。(⌒ο⌒)b



a-kantesyunaend12.jpg


宿泊者たちがのんびりとくつろいでいますねー。↑ 気持ち良さそう〜♪ (´▽`)



さて! 次回はゴールドラッシュの雰囲気の醍醐味【砂金採り】にチャレンジします〜♪


また見に来てくださいね〜。(o⌒∇⌒o)/



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)




この記事へのコメント
今日私もワイナリーのお祭りに行って
食事にがっくりきたので
お気持ちわかりますよ〜〜
あとオットの出張先でかなりさみしい食事だったようで
そのがっかり感よ〜く分かります。苦笑

770ドルかぁ・・
天気がよければいいけど
ずーっと悪かったりしたら、かなり損な気分に
なりそう。。

でもゴールドラッシュできた人は
当時夢を持ってきていたのだな〜
ってロッジを見ると思いますね。

なんか佐渡の金山とは全然違うのかな〜とか
想像しちゃいました。

ポチ♪
Posted by おね太郎 at 2007年09月30日 11:08
こんにちはo(^-^)o
当時のままのロッジ
カンティシュナまるで ミニュチュアの箱のようですね。 
マッキンリーへぇ〜かっこいい

金をもとめて・・・夢があったのですね。
お食事が残念でした。

宿泊の方たちがのんびりとくつろいでいる様子
本当に絵になる景色 バックも小物も
いいな〜*Poti poti !(*⌒ー⌒*)
Posted by わこv(●^v^●)v at 2007年09月30日 13:28
おね太郎さん、こんばんは。

>今日私もワイナリーのお祭りに行って食事にがっくりきたので
お気持ちわかりますよ〜〜

お祭りの食事、どんなんだったんですか? 興味津々♪

しかしね…。
ビュッフェっていったら、いろんな食べ物が並んでて…って期待しません?
豆のスープだけ…。1種類…。
あれってビュッフェなのぉ〜? ただ単に自分でよそえやっ!って感じじゃなかったのかなぁーなんて思っちゃいますよ。
腹が立ったからお変わりしましたっ! まずかったけどっ!(笑)

>770ドルかぁ・・
>天気がよければいいけどずーっと悪かったりしたら、かなり損な気分になりそう。。

おね太郎さん、つぼ、ついてますねぇ〜。(笑)
そうなんですよねー。
高いでしょう? だって! 一人770ドルですよぉ〜。ひとり!
一部屋じゃないんですもんねー。
このあたりは本当にお天気が悪い日が多い…っていうか、よくても雲が多くて、なかなかスカッと晴れないそうなんですよねー。
1週間くらい滞在すりゃ、お天気のいい日があるかもしれないけど。
そうなると…一人!2270ドル!!!(約27万円!!!!!) そりゃ…無理ってもんでよすねー。

>佐渡の金山とは全然違うのかな〜とか想像しちゃいました。

いや、根本的には同じでしょ。(笑)
鉱山の質(堅さとか)は違うかもしれませんけど。
日本の伊豆かどっかの金鉱山に行ったことがありますけど、
あれも楽しかったなぁ〜。思い出すなぁ。若かりし頃の旅行の思い出ですなぁ〜。

ここまできたらゴールドラッシュの雰囲気を味あわなきゃ〜ですよねっ!
次回の記事にUPしますねー。乞うご期待♪(←こればっか…笑)

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月30日 14:13
わこさん、こんにちは。

>当時のままのロッジ
>カンティシュナまるで ミニュチュアの箱のようですね。

こうやって当時のままの姿を残すって、いいですよねー。
ミニチュアの箱のようですが、大きさは普通なんですよー。
あー、こんなキッチンだったんだー。このキッチンで何を作って食べてたんだろう〜。
このベッド,腰が痛くならなかったのかなー…。
なんていろいろ考えちゃいました。

>お食事が残念でした。

ホントですよー。けっこう高いツアーだったから期待したのに…。
クッキーが大きく写ってますけど、10センチくらいのクッキーなんですよ。
スープはおいしくなかったし…。でもお替わりしましたよ〜。(苦笑)

>宿泊の方たちがのんびりとくつろいでいる様子
>本当に絵になる景色 

そうですねー。絵になりますね〜。
雰囲気はいいところでした。空気はきれいだったし♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月30日 14:24
ヽ(〃^-^)/こんにちわ☆
わぁ☆
すごいなぁ〜!
まるで童話に出てきそうなロッジですねぇ☆
こんなとこで寝てみたい♪
あのトムソーヤみたいな小屋も入ってみたいぃ〜〜♪
本日の応援p(*'-^*)。
Posted by エイジレス美人の作り方★NANA at 2007年09月30日 14:28
こんにちは!
すごく素敵なロッヂですね。
こんなところに泊まってみたいですけど、
770ドルかあ。
ちょっと、まだ、そんな身分ではありませぬな。
それより、いつか、こんなロッジで一階は喫茶店、
2階には一日2組限定のペンション。
そんなお店を自分で構えられる様、夢を詰めていかなくては!
いい刺激になりました。
ありがとうございます。
Posted by go-ya at 2007年09月30日 14:28
たしかに1泊300ドルは高いけど
ちょっと夢があっていいなー。
その当時の雰囲気そのまま味わえるなんて
ちょっとしたタイムスリップ体験だね^^

今度は砂金堀り!?
採掘者えいと@さん! 
次の記事も楽しみにしていまーす!^^
Posted by hiro_mei at 2007年09月30日 14:55
最後の写真に写っている小屋が気になるわ!
なぜ、そんな高い位置にあるの???
何かの観察小屋なのかしら?

お天気がスッキリしなかったのは残念でしたね。
(お食事もショボくって…^^;;)
それでも、写真だけでも素敵な眺めだから、現地は
さぞや素晴らしかったことでしょう♪
Posted by たまてん at 2007年09月30日 22:38
NANAさん、こんにちは。

>すごいなぁ〜!
>まるで童話に出てきそうなロッジですねぇ☆

ほんとですね♪
童話の中のお家…って感じですね。

>こんなとこで寝てみたい♪

え、そうですか?(笑)
なんか固そうなベッドですよぉー。腰が痛くなっちゃいそう。
寝返りも出来なさそうだし…。

こういう風に昔のままの姿で残してくれてるっていいですよね。
当時の様子とかが想像できますもんねー。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年10月01日 08:56
go-yaさん、こんにちは。

>すごく素敵なロッヂですね。
>こんなところに泊まってみたいですけど、
>770ドルかあ。

そうなんですよー。
デナリ公園はどこも宿泊は高めなんですよー。
その中でも、公園の中での宿泊となると特に高いんですよね。
きっと環境を守るためだと思うんですよねー。

>いつか、こんなロッジで一階は喫茶店、
>2階には一日2組限定のペンション。
>そんなお店を自分で構えられる

おぉ! そういう夢がおありなんですねー。
ステキですね♪
どのあたりでお考えなんでしょう〜。
夢に向かって頑張ってくださいね♪

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年10月01日 09:02
hiro-meiさん、こんにちは。

>たしかに1泊300ドルは高いけど

そうなんですよねー。
一人、ですからね。一人2泊まで770ドルで3泊目から300ドルプラス。
3泊夫婦で宿泊するとなると、2140ドル(約25万円!!!)ですもんね。かなーり高いですよね〜〜〜。
環境を守るためだと思うんですよね。泊まるってことはお水を使ったりシャワーしたりしますからね。

>その当時の雰囲気そのまま味わえるなんて
>ちょっとしたタイムスリップ体験だね^^

そうなんですー。
えいと@夫妻は1時間半の滞在だったんだけど、その当時の雰囲気を肌で感じることが出来て、良かったですよ〜。

>今度は砂金堀り!?

いや、その…。掘りはしないんですけどねー。(笑)
砂金セットなるものがあって、それで砂金を探すという…。(笑)
次回の記事にUPしますんで、見に来てくださいまし〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年10月01日 09:09
たまてんさん、こんにちは。

>最後の写真に写っている小屋が気になるわ!
>なぜ、そんな高い位置にあるの???
>何かの観察小屋なのかしら?

これはきっと…。遊具だと思います。
古いものではなく、宿泊者のために造られたものではないかと…。
ブランコのようなもので遊んだり、上に登れるようになってるんだと思いますよ。

>お天気がスッキリしなかったのは残念でしたね。

まーねー。ちょっとすっきりしないお天気だったんですけど。
このあたりはこういうお天気が多いようで、仕方ないですねー。
マッキンリーはタルキートナで満喫したし、えいと@夫妻は満足でしたよ〜♪

>(お食事もショボくって…^^;;)

これがねー、めっちゃショックでしたのよん。
こんなランチだったらはじめから【軽食】って書いとけよ!(怒)…って思いましたね。
だって【ビュッフェランチ】って書いてあったんですよー。
しかもスープ、まずいし…。これでおいしいスープならまだよかったんですけどねぇ〜。
詐欺みたいだっ!(怒)

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年10月01日 09:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。