2007年09月26日

アラスカ デナリ国立公園の大自然


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りしていますえいと@のアラスカ紀行。


今回はデナリ公園内をバスで巡る13時間の旅をお送りします。(^▽^)/

 今までのアラスカ紀行の記事はこちら ↓ を見てくださいね♪
     アメリカ的生活(旅行アラスカ編)



さて、アラスカ旅行では絶対に外せない自然公園,デナリ国立公園にやって来ました。(^-^)


a-denarikantisyuna9.jpg


この地図の緑色で囲んだ部分 ↑ がデナリ国立公園です。


広いんですよー。


公園だけでマサチューセッツ州と同じくらいの面積で、


日本の四国より大きいんだそうです。(*゚o゚*)


このデナリ国立公園は野生動物と自然の宝庫なんですねー。


で、デナリ国立公園はその自然を徹底して保護する方針を持っているんです。


人間の存在による影響を極力避け、原始的な生態系を残そうという方針なんです。


デナリ公園が運営するバス以外の一般車両は、公園入り口から14.8マイル(23.8キロ)の地点のSavage Riverまでしか乗り入れることは出来ないんですね。


そして公園内には公園入り口から終点カンティシュナまでの1本道しかなく、


そのほとんどの道は未舗装なんですねー。


極力 自然は自然のままに…という方針なんですね。



さて。


えいと@夫妻はそんな自然体のデナリ公園の姿を観せていただこう!(*゚▽゚)ノ


…と、カンティシュナ ウィルダネス トレイルというバスツアーに参加しました。


a-denarikantisyuna1.jpg


このバス ↑ でのデナリ公園内の自然や野生動物を観る13〜14時間のツアーです。


朝7時に集合し、解散は夜の8〜9時 (@∇@) という丸1日出っぱなしのツアーなんですねー。


a-denarikantisyuna5.jpg


こんな ↑ 未舗装の道路をバスに揺られながらの終点カンティシュナまで片道約6時間の道のりです。


a-denarikantisyuna3.jpg


a-denarikantisyuna11.jpg


だんだん標高が高くなってきましたよ。(^○^)


a-denarikantisyuna13.jpg


このあたりの標高は平均1000メートルと結構高いんですけど、


マッキンリー山に比べたら1/6くらいの標高なんで雪は少ないんですねー。


a-denarikantisyuna8.jpg


とちゅう何度かトイレ休憩があります。


カンティシュナより手前でUターンする他のバス ↑ も同じ場所で休憩です。


この休憩の間に短いトレイルを歩いたり散策することも出来るんですよー。


さて! いよいよ終点カンティシュナに近づいて来ました。(⌒∇⌒)


a-denarikantisyuna10.jpg


カンティシュナの近くはこんな ↑ 道になってるんですねー。( ̄▽ ̄;)


a-denarikantisyuna14.jpg


すごいでしょう? ガードレールなんてものはありませんしねー。(゚ー゚;A


a-denarikantisyuna12.jpg


こんな壮大な景色 ↑を見ながら片道6時間。


え?


長い道のりで大変だったでしょう…って?


うふふ。(*゚v゚*)


それがねぇ〜。


道中野生動物がたくさんいたんですよ〜。(⌒ο⌒)b


もうね。


「バスを止めて! あそこに○○が!」 拝|゚Д゚|p


…って誰かが叫んだら、ドライバーはバスを止めてくれるんですよ。(*゚▽゚*)


そして野生動物を観るんですね〜。


いったい何がいたのか…は次回の記事にUPいたしますね〜。


せひ! 見に来てくださいませ〜。(=^▽^=)



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)




この記事へのコメント
うわーーー!次の記事が楽しみぃ〜!
でもその山道はメチャメチャ怖いですねー。
ザザーーーッと落っこちて行きそうですもん。
まさか、対向車は、来ないですよね、来るの?コワッ!
Posted by しみ at 2007年09月26日 11:24
ひゃ〜!!!
さすがにやる事がデカイ!
四国と同じくらいの自然公園とは..。
すごいなぁ。
どんな野生動物と出会えたのか楽しみで〜す♪
Posted by コメット at 2007年09月26日 12:53
始めまして!主夫のkumaです。
先ほどは舞うブログへご訪問頂き、ありがとうございました。
ご夫婦でアメリカ生活、羨ましいです。
凄いですね!アラスカ。ドキュメントで見させて頂くと一段とリアリティーがありますね。
全てのスケールが日本とは比べものにならないこんな原初の自然に身を置いたら、考え方も性格も変わるでしょうね。
また見させてていただきます。
Posted by kuma-boo at 2007年09月26日 12:56
うーん、アメリカは広い。そして山がある。
スケールが違いますね…。
オランダの最高地点は300メートルです…。
国土は九州くらいだし…。
Posted by ミツフィ at 2007年09月26日 18:47
(*^-^)ノこんばんわっ☆
片道6時間のバスの旅!
すごいですねぇ♪
景色が本当に素敵っ♪
あの砂っぽい崖なんか落ちたら蟻地獄みたいに
下までいっちゃいそうだし!(゚ロ゚*)
すごいなぁ〜☆
ワクワクドキドキしちゃいますね!
本日のポチp(*'-^*)。
Posted by エイジレス美人の作り方★NANA at 2007年09月26日 20:10
こんばんわ、えいと@さん
この、山の中を進むバス、すごいですね。
四国よりおおっきいだなんて、びっくりです!
スケールがでかいですね。
野生の動物がたくさんいそう。宝庫なんですね。
すごいなあ。アラスカって、どんな動物がいるんでしょうね。
こないだいった動物園では、−70度(摂氏)まで大丈夫。という動物がいましたけど、どうやって試したんでしょうね。
まあ、謎ですが。
次回の動物も楽しみにしてますね!
もちろん、ダブルポチ!しちゃいますね!
Posted by go-ya at 2007年09月26日 21:09
なんだかすごいとこ行ってますねー!
しかし、、四国より大きい公園なんて。。
一日で回れないかも、、っていう規模じゃないね!?
次の更新が楽しみねーー!!
どんな野生動物がいたのかしらん!!^^
Posted by hiro_mei at 2007年09月26日 21:26
四国より広い公園かぁ〜……さすがですねッ^^
どんな動物が居るのか、想像するだけでドキがむねむね!

でもバスに置いて行かれたら怖いですね!
Posted by たまてん at 2007年09月26日 23:12
ぬあ〜〜!!剥き出しの風景ですね〜。
ガードレールなどないところが人間を突き放していていいですねぇ。
それにしても片道6時間・・・。真に自然を楽しむ余裕がなければ参加できない道程です。覚悟が必要ですね(笑)
ムースはいましたか?
Posted by るーくまま at 2007年09月27日 00:00
こんばんは、
四国よりおっきいデナリ公園w(°o°)w
景色がどんどん変わっていきますね。

バスもアメリカン〜レトロ 
乗り心地はすこし、お尻いたそう

カンティシュナの道 
スリップしたらおしまいだね。怖〜い
でも 凄い公園
あしたの動物さんが楽しみです。
Posted by わこv(●^v^●)v at 2007年09月27日 00:26
色々なブログを応援中です!
応援ポチッ!
Posted by マルコ at 2007年09月27日 01:09
アメリカ生活長いんですが、アラスカは
行った事がないです。
夫が好きな所なんですよ。
四国より大きな公園、サイズを考えただけでも
驚きですよね。
親切なバスドライバーですね〜!
バスを止めて野生動物を眺められるなんて
いいバスの旅です。
未知のアメリカがいっぱいです。
ポチ!
Posted by Mrs. Krabs at 2007年09月27日 02:09
しみさん、こんにちは。

>その山道はメチャメチャ怖いですねー。
>ザザーーーッと落っこちて行きそうですもん。

本当にそうなんですよーーーーっ!
道は狭いし舗装はされてないし。もちろんガードレールもないしねー。
運転手さんの運転スキルを信じておまかせするしかない…って感じですね〜。

>まさか、対向車は、来ないですよね、来るの?コワッ!

これねー。
実は対向するために向こうのバスが止まってるんですよ。
えいと@はこっち側にいるんですねー。バスに乗ってるんです。
もうすれ違う時は怖かったですよー。
えいと@は右側の座席だったんで、
おぉぉーーーーーーっ! 崖下が見えるぅううううぅうぅーーーーっ!!!!!っ こわーーーいっ!!!!! 
…って叫びそうでしたー。(笑)

でも、落っこちませんでしたよー。生きて帰って来てるんで…。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 04:31
コメットさん、こんにちは。

この自然公園は自然区域を国立公園にしてるんで、その区域が四国より大きい…ってことなんですねー。
アメリカってやはり広いですよねー。
アラスカの一部の国立公園だけで、四国なんですからー。

野生動物の写真、次回の記事にUPしますね〜♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 04:34
kuma-booさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます〜。うれしいです♪

>ご夫婦でアメリカ生活、羨ましいです。

いやー。
夫婦でのアメリカ生活,山あり谷ありですよー。(笑)
ま、えいと@はお気楽な性格なんで、なんとかなるさー♪で生きてます。(爆)

>凄いですね!アラスカ。ドキュメントで見させて頂くと一段とリアリティーがありますね。

ありがとうございますー。なんだかうれしいですぅ。
写真の腕はまだまだなんですけど、少しでもアラスカのすばらしさをお伝えできたらなー…って思ってます。

>全てのスケールが日本とは比べものにならないこんな原初の自然に身を置いたら、考え方も性格も変わるでしょうね。

そうですねー。
日本には日本の良さがあありますけど、アラスカはまた違った良さがあるんですよねー。
歴史も複雑ですし。いろいろ考える旅になりましたよー。
行って良かったです♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 04:44
ミツフィさん、こんにちは。

>オランダの最高地点は300メートルです…。
>国土は九州くらいだし…。

ぶぶぶ…(爆)
ご、ごめんなさーい! おもわず笑っちゃいましたよーっ!
アメリカとオランダの国土の広さや高さを比べちゃ、オランダがかわいそうーっすよ!(笑)

北アメリカってもともと自然の大地でしたからねー。
今はもう、人間が入っちゃって人工的になっちゃいましたけどね。
その中で、このデナリ国立公園はできるだけ自然体を残そう…って試みられてる公園なんですねー。
広大でしたよ〜。行って良かったです。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 04:49
NANAさん、こんにちは。

>片道6時間のバスの旅!
>すごいですねぇ♪

1日の1/4をバスに乗って過ごすんですもんねー。
正直お尻が痛かったですー。(笑)

>あの砂っぽい崖なんか落ちたら蟻地獄みたいに下までいっちゃいそうだし!(゚ロ゚*)

そうなんですよー!
あそこは怖かったんです! ちょうどね、写真のバスとえいと@達が乗ってるバスがすれ違う地点だったんですね。
えいと@のバスの右側があり地獄!(笑)
で、えいと@は右側の座席だったんで「おぉおぉおーーーーっ! こえーーーっ!」って叫びそうでしたよ。(笑)
楽しかったです♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 04:53
go-yaさん、こんにちは。

>四国よりおおっきいだなんて、びっくりです!
スケールがでかいですね。

そうなんですよー。アラスカ州自体が全米No.1の広さなんですよ。
なのでその中の自然公園も広いんですよねー。

>こないだいった動物園では、−70度(摂氏)まで大丈夫。という動物がいましたけど、どうやって試したんでしょうね。

えぇえーーーっ! 摂氏−70度ですか???
そ、そんな気温があるんですかー。すごー。どこに住んでる、どんな動物なんでしょ? 凍っちゃわないの?
激寒地域に住んでるジャコウウシでも、−70度って死んじゃうんじゃないのかなーって思っちゃいますね。

次回の記事でデナリ公園に住む動物をUPしますね〜♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 05:20
hiro-meiさん、こんにちは。

>しかし、、四国より大きい公園なんて。。一日で回れないかも、、っていう規模じゃないね!?

はははー、そうよねー。
広さは四国より広いんだけど、実は見て回れるところは一部なんですよー。
人間が入ってはいけない区域がほとんどなんですね。保護区がほとんどなんです。
なので片道6時間かけたら一周できちゃう…ってわけです。

それだけ自然を守るのに懸命なんですよね。
サファリパークとかにしちゃうと、確かに動物を近くで見れるんで楽しいかもしれないけど、
自然な生態系は守られにくいもんね。
なので次回の記事の動物も、本当に遠くから見る…って感じだったんですよー。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 05:25
たまてんさん、こんにちは。

>でもバスに置いて行かれたら怖いですね!

これは本当に怖いと思いますねー。
えいと@夫妻はツアーのバスだったんで、メンバーは行きも帰りも同じなんですよ。
で、出発する時にドライバーが「前後,横に座ってた人は全員いますかー」って声をかけるんですね。
人数もきちんと数えるし。なので大丈夫なんですけど。

こういうツアーのバス以外に、公園が管理するシャトルバスもあるんですよね。(写真の緑色のバス)
このバスも予約制(有料)ではあるんですが、公園の奥まで行かないバスは1日に何本かあるんで乗り降り自由なんですよ。
で、一回降りちゃって、次のバスが満員だと乗れなかったりするんですね。
なのでちょっと怖いかもー…ですねー。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 05:32
るーくままさん、こんにちは。

>ガードレールなどないところが人間を突き放していていいですねぇ。

わははー。ホントホント。
本当に突き放してますよねー。落ちたらおしまいだからね〜♪って感じ?
バス同士がすれ違う時は、すごく怖かったですよー。
もうギリギリでしたもん。
で、えいと@は崖側に座ってたんで「おぉおーーーっ! こえーーっ!」って叫びそうでしたよ。(笑)

>それにしても片道6時間・・・。真に自然を楽しむ余裕がなければ参加できない道程です。覚悟が必要ですね(笑)

自家用車やハイキングでは、公園の奥までは入ることが出来ませんからねー。
この1日はカンティシュナで使う!って決めて予約しましたねー。
だって朝7時から夜の9時までですもんねー。(笑)

野生動物は次回の記事にUPします〜。ぜひ、また遊びにお越し下さいね〜♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 05:38
わこさん、こんにちは。

>四国よりおっきいデナリ公園w(°o°)w
>景色がどんどん変わっていきますね。

そうなんですー。
標高が変わると景色も全く違って来るんですねー。
前回ご紹介したマッキンリーも、同じデナリ国立公園内にあるんですよ。
でも、違うでしょう? 広大さを感じますねー。

>バスもアメリカン〜レトロ 
>乗り心地はすこし、お尻いたそう

そうなんですよー。片道6時間も乗ってなきゃならないのに、バスはめっちゃオンボロ…。
座席部分はビニールでしたよー。お尻,痛かったっす…。(苦笑)

>カンティシュナの道 
>スリップしたらおしまいだね。怖〜い

その通りなんですよー。こんな道でバス同士がすれ違うんですよねー。
怖いのなんの。
すべり落ちたらあり地獄だよーぉ。…って感じですよね。
無事に帰り着きましたんで…よかったです。(汗)

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 05:43
マルコさん、はじめまして。

ご訪問とコメントをありがとうございます。
また遊びにお越し下さいね♪

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 05:46
Mrs. Krabsさん、こんにちは。

>四国より大きな公園、サイズを考えただけでも驚きですよね。

そうですよねー。
四国全体が自然で、野生動物がいる…って考えるとすごいですよね。

この公園に人間が入り込めるのはほんの一部なんですね。
一部だけ、おじゃまさせていただく…って感じなんです。
道も写真のような一本道しかないし。
アメリカって自然保護に関しては力を入れてるなーって思いましたね〜。

>親切なバスドライバーですね〜!
>バスを止めて野生動物を眺められるなんて

バスのドライバーも野生動物を見つけたら自ら止まってくれたんですが、
乗客が一声叫んだら、もうウオッチング開始なんですねー。
なかなか楽しかったです。

旦那さまがお好きでしたら、いずれはきっと行かれますね!
アラスカはどこへ行っても感激でしたよ〜。
えいと@もまたいつの日か訪れたいですね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年09月27日 05:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。