2007年08月26日

アラスカを襲ったM9.2の地震


皆さま、こんにちは、えいと@です。(o^∇^o)ノ


シリーズでお送りいたしておりますえいと@のアラスカ紀行。
(今までの記事はこちら→【アメリカ的生活 旅行アラスカ編】をご覧くださいね♪)



さて今回はアラスカで起きた地震について書きたいと思います。


アンカレジからポーテージ渓谷、ウィッティアへ向かうスワードハイウェイを車で走っていると、
  関連記事 → レンタカーで寄り道しながらポーテージ渓谷へ 
        驚き! こんなトンネルはじめて!!!


こんなもの ↓ を見つけました。


a-jisinntumani3.jpg


壊れた家のようです。(゚o゚*)


車を近くのInfoに停めて、歩いて見に行くことにしました。


   a-jisinntumani7.jpg


   a-jisinntumani6.jpg


屋根の中をのぞいてみますと…。


a-jisinntumani5.jpg


うわぁ〜〜〜っ! 中は空洞なんですねぇ!( ̄△ ̄;)


実は1964年3月27日にアラスカでマグニチュード9.2の地震があったそうなんです。


現地時間3月27日の午後5時36分(UTC3月28日午前3時36分)、プリンス・ウィリアム湾近くのカレッジ・フィヨルドで太平洋プレートと北アメリカプレートの境の断層が破綻した。
大きな余震も含めて地震は3分間から5分間続いた。
海底の変動により、いくつかの津波が発生し、最も多くの死者と被害を出す要因になった。
地表は最大で11.5mの隆起を記録し、アラスカ州内の250,000平方キロメートルが地震の影響を受けた。
31人が地震で死亡。
9人は建物の倒壊など地震による直接の被害での死者であり、106人がアラスカ内で津波の影響で死亡した。
また、アラスカ外でも16人が津波の影響で死亡した。被害額は、当時の貨幣価値で3億ドルを越えた。

            フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』参照


かなり大規模な地震であったようで、


津波は日本列島はもちろん、南半球沖まで達したようです。
  参考URL → http://timing.wni.co.jp/timing/html/alaska.html



この写真の壊れた家は津波により流されて来たようですね。(゚-゚;)


a-jisinntumani8.jpg


    自動車も朽ち果ててしまっています。


a-jisinntumani9.jpg


これ ↑ ↓ は立ち枯れている木々であります。


   a-jisinntumani2.jpg


   a-jisinntunami1.jpg


なぜ木々が立ち枯れしてしまったのか…。


それは津波による海水の塩分のせいなんですね〜。


海水に浸かってしまった木は枯れてしまうんだそうです。(:_;)


アンカレジ周辺にはこういった立ち枯れの木がたくさんあるんです。


アラスカ鉄道スワード→アンカレジ間の車窓から多くの立ち枯れた木々を見ました。


かわいそうな木々たち…。゚゚・(≧д≦)・゚゚



地震では多くの人々や動物、植物の命が奪い去られます。


自然の力って本当に恐ろしいですね。


日本では地震の研究がかなりすすめられています。


その研究により日本をはじめ世界中の地震の被害をできるだけくい止めて欲しいと切に願います。



それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



      banner_04.gif   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
    良かったら愛の揺れるハート2ぽち☆↑ して行ってくださいまし〜♪わーい(嬉しい顔)


この記事へのコメント
(*´▽`)ノシこんばんわ☆
わわわっ
すごいですねぇ!
津波で流された家・・・
崩れそうで危ない気もしますが、
そうやって残して皆が考えるキッカケとなる事も必要ですね。
海水の塩分で木まで枯れてそのままなんですね。
すごいなんか自然の驚異って感じです。
日本も地震王国なので、予知などもっと発達して欲しいです。
この頃、千葉や北海道でも地震がありました。
新潟の後から結構あちこち多い気がします。
本日の応援p(*'-^*)。
Posted by エイジレス美人の作り方★NANA at 2007年08月26日 20:31
こんばんは〜。
こんなに前に起きた地震なのにまだ、爪あとが
残っているのですね・・・怖いな。
この廃墟いまにも倒壊しそうで怖い。
だめですよこんな所にはいちゃー。
ドリフのコントみたいになっちゃいますよ(苦笑)
マグネチュード9.2震度はどれぐらいだったんだろう。。。
この規模の東京で、起きたらと思うとガクブルです。ポチッとな。

@akira
Posted by aa_ar at 2007年08月26日 22:45
こんばんは(*^-^)ニコ
この家は当時のままってことなんですね。
それも凄いですね。

津波で・・・塩水で・・・・自然の爪あとが残ったままのこの光景をみたら、
すぐ復興する都会と違って いつまでも教訓として
受け継がれていく、光景ですね。

驚きました (@_@)。
Posted by わこv(●^v^●)v at 2007年08月27日 00:08
NANAさん、こんにちは。

これはわざと残してる…って感じじゃなく、放置してあるように思いましたね〜。
道路から奥に入ったところなんで、じゃまにはならないんですよ。
動物の住処になってるのかも…。

地震、日本でも世界でも最近頻繁に起こってますね〜。
なんだか大地の怒りのような気がしてならないんですよね〜。

地震対策、大切ですよね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年08月27日 01:25
akiraさん、こんにちは。

そうですよね〜。もう40年以上も前の地震なのにその跡が残ってるんです。
家や車は放置状態なんですけど、(確かにあまり近よったら危なそ〜〜〜。ドリフのコントになっちゃいますね! 笑)
広範囲にこういう立ち枯れた木があったんですよね〜。

M9.2ってすごいですよね。想像できません。
1995年の阪神淡路大震災でM7.2らしいですからね〜。
あの時もすごかったですからね〜。地震は恐いです。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年08月27日 01:38
わこさん、こんにちは。

アメリカって復興するところと放置するところとを徹底的に分けてるんですよ。
アラスカのポーテージあたりは壊滅状態だったらしくて、復興をあきらめてそのままの状態らしいんですね。
この流された家と車も、気がつかないような場所(道路から少し奥まった茂み)にあったんですよね〜。

立ち枯れた木については、アラスカ鉄道の車内アナウンスでも説明がありましたね〜。
この地震を忘れないようにしてるのかもしれません。

でも、立ち枯れた木の下から、新しい緑が、命が芽生えてるのには嬉しく思いました。
生命力のたくましさを感じましたね〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年08月27日 01:44
自然の力ってほんと怖いね・・
しかも1964年ってまだ生まれる前だったりする。
そんなのがまだ残ってるんですねー

海でボディボードやってて思ったけど
波の力も相当強いもんね。
あっという間に飲まれて流されて・・
パニくっちゃうし、災害時なんかは特にそうなんでしょうねー。
今日のポチっと2していきまーす★
Posted by hiro_mei at 2007年08月27日 06:36
こんにちは。
地震ってホント怖いです。
自然の力を思いっきり知らされますよね。
日本にいた時は1年に数回は小さいものの地震を感じていたのに、ココ中西部に来てからは地震の心配をしなくていいのが本当にありがたいと思います。
ミネソタの人にあの怖さを説明することもあるのですが、やっぱり経験が無いとなかなか分からないみたいです。
Posted by reiko at 2007年08月27日 08:33
M9.2なんて想像もできません。
沖縄でも大きな台風の後に山の木が枯れていることがあります。そう、風でとばされてきた海水が木にかかったんですね。それを思い出しました。
自然の力ってすごいです。
Posted by Yogacat at 2007年08月27日 13:08
hiro-meiさん、こんにちは。

もう40年近く前の地震なんだよね〜。
それがこうやって残ってるんですよね〜。爪痕って感じです。

海の力ってすごいよね!
波もそうだし、やっぱ津波は異常なエネルギーがあるみたいなのよね〜。
スマトラの津波もすごかったもんね〜。自然の力って恐ろしい〜。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2007年08月27日 13:23
reikoさん、こんばんは。

アメリカは西海岸は地震が多いですけど、中西部や東海岸は地震はほとんどないですよね。
経験しないと地震の恐さは理解できないでしょうね。
えいと@は阪神淡路大震災時に大阪にいたので、震度5を経験しましたよ。
あれでもかなり怖かったのに、M9.2ってどんなんだったのか…。

この立ち枯れた木々たちはこれからもこうやってたたずんで地震の歴史を語ってくれるんでしょうね。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年08月27日 13:27
Yogacatさん、こんにちは。

沖縄は台風が勢力を保ったまま上陸するからいつも被害が出ますね〜。
沖縄も立ち枯れの木があるんですね。
台風で海水が飛ばされて来るなんて、すごい力なんですね。

自然を甘く見ることはできません。
台風にしても地震にしても、怖いですよね〜。
過去の経験を無駄にしないで、これからの対策に役立てたいですね。

 えいと@

Posted by えいと@ at 2007年08月27日 13:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。