2013年12月07日

「特定秘密保護法案」の反対運動に思うこと


皆さま、お久しぶりです。

日本に帰国後、わたくしは元気で暮らしております。

日本の良さ、日本に住めることのありがたさを実感しながら暮らしております。

さて、すっかり放置状態の 当ブログ。

ほったらかしちゃって、本当にすみません。。

読んでくださる方はほとんどいないかもしれませんが、ちょっとつぶやいてみます。



先日から 国会やニュースで大騒ぎになっている「特定秘密保護法案」でありますが、

これ、皆さまはどうお感じになられていますか?

「国民の知る権利が阻害される! 反対!」
「何でもかんでも秘密にして 日本がいつの間にか軍事国家に逆戻りする! 反対!」
「表現の自由が守られない! 何も言えない国になってしまう! 反対!」
「一般人が ブログやツイッターなどで なにげに発信したことによって逮捕される恐れがある! 反対!」


…と、反対派は大きな声を上げて反対していますが…。

この「特定秘密保護法案」って、そんなに大騒ぎしないとけないほど危険な法律なのでしょうか…?

マスコミは 日本国民のほとんどが反対しています!…という報道をしていますが、

そうなのでしょうか?

反対意見やデモばかり大きく取り上げ、賛成意見をいっさい無視するのはフェアではないのでははいでしょうか…?

昨日のTV朝日のニュース番組(報道ステーション)で朝日の記者が「今回の法案は反対の国民76パーセント、賛成の国民14パーセントしかいない」なんて言っていましたが、

どこが、どんな風に集計した結果なのでしょうね?

偏向報道そのものではありませんか。

こんな いい加減なことを、全国放送で言ってもいいのですか?

マスコミのひどさ、えげつなさには呆れるばかりです。



そもそも、「特定秘密保護法案」って、どんな法律なのでしょうか?

自民党が例示した 特定秘密の4分野18項目は次の通りです。↓

    a8574304.jpg

「防衛、外交、スパイ防止、テロ対策」

これって国を守るためにものすごく重要なものなのではありませんか?

こういうことって、何でもかんでも公表する必要はないですし、

実際、今でも機密として扱われている事項です。

それを漏らした公務員がいたとしても、今の法律では処罰がないんですよ。

だから情報が日本と友好国でない国や 反政治活動を行っている団体やグループに漏れてしまっているのが現状なのです。

日本はスパイ天国であると言われる所以です。


日本には長い間「スパイ防止法」がありませんでした。

日本は「性善説」で物事を考える国ですからね。

「そんな悪いことをする人間は この世にはいないだろう、話せば理解し合える。」という考え方です。

実際はどうでしょうか?

世の中には悪い人間がわんさかいますよね。

うっかり頭から信用してしまうと ととんでもないことになってしまいます。

国同士の関係も同じです。

笑顔で握手する その裏の顔があるのです。

どの国も、まずは自国の利益を考えますからね。

自分の国の国益になることが、他の国に取ってはとんでもないこと…というケースは山のようにあります。

何でもかんでも情報を漏らしてたのでは、外国の思うつぼですよ。

「スパイ防止法」がないことで、国の重要な機密情報を漏らしたとしても、

その犯人を取り締まる法律がないのです。今の日本には…。

つまり、やり放題なわけです。

今のままでいいと 皆さまは思われますか…?


国民が知る権利。

確かに重要でしょう。

だけど、だからといって何でもかんでも知る必要があるのでしょうか?

一般人が知らなくてもいい情報なんて、いっぱいありますよ。

一般人が知る、ということは、スパイも知るということです。

そのへん、反対している人はどう考えているのでしょうか…?

それに、処罰する法律ができたとしても 一般人には何ら関係ありません。

関係あるのは、スパイ活動をしている人だけです。

今までは スパイ活動をして見つかったとしても裁かれませんでしたが、

今後は裁かれるのです。

今、必死になって反対している人はスパイ活動に関わっているか、実際に怪しいことをやっている張本人なのではないか…とさえ思えてしまいます。

学生さんや 普通のノンポリの一般の方々は、必死で反対する人たちの言い分だけを聞いて 一緒になって反対しているのでしょうね。

このブログで何度も書いていますが、

片方だけの意見を聞いただけで判断しないことが大切なんです。

もっと冷静になって欲しいと思いますね…。



私が「スパイ防止法」は 日本に絶対に必要だと思ったのは この動画を見たからです。↓


    【青山繁晴】「スパイ防止法」に答える!
   
青山繁晴氏が「スパイ防止法」に関してかなり詳しく、なぜ必要なのかを説明されています。

スパイって、別にジェームズボンドのような、あんなわかりやすいのがスパイじゃないんですよ。

公務員や一般の国民、誰にでもスパイになってしまう可能性がある…ということなんです。

それが怖いんですよね。。

日本にとって重要な仕事に携わっている人間が スパイに取り込まれてしまう可能性があるということです。

万が一、それが発覚しても取り締まるすべがないんですよ、今までの法律では…。

いかに、日本が甘いか…ということです。

スパイ防止法がないまま、これを放置しておくとどうなるか…このことを青山氏が動画でわかりやすく話されています。

動画は27分ありますが、お時間がある方は是非ご覧になってみてください。



かつて、1980年代にも同じような法案が出されたことがあるのですが、

その際にも、もう、ものすごい勢いでマスコミや知識人が大反対したのです。

暗黒の時代が来る! こんな法律を作れば日本はとんでもない国になってしまう!

国民にそういう大きな誤解を与えて 世論も反対に回り、その結果 廃案になったのです。

今回と同じような騒ぎだったのでしょうね。

今回は、安倍総理と与党がぶれなかったので 無事に成立いたしました。

ホントに良かったです。



ここで、安倍内閣をつぶしてしまわないようにしないといけません。

国政が最も力を入れるべきことは 国防です。

日本の国が安定してこそ 私たち国民は安心して生活ができるのです。

万が一、尖閣諸島を中国に奪われたらそれだけでは終わりませんよ。

国を守る、国家主権を守る。

これが国政がすべき一番重要な役割です。

国が安定しなければ、国家がぐらついていては 国民の暮らしは安定しませんし、暮らしていけません。

きれい事を言うばかりの政党ではダメです。

自民党の政治に100%満足しているわけではありませんが、

国を守る、ということに関して 一番よく考えているのは、自民党であると思います。

皆さまも、マスコミに惑わされないようにしてくださいね。

いろんな方面の意見に耳を傾ける。

その上で、しっかり自分の頭で考える。

それが今の日本人には必要だと 私は思っています。




       banner1.png  にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
posted by えいと@ at 13:05| Comment(18) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
お帰りなさい!!

ようやく成立しました。
ホッとしました。
でも、反日勢力は
「とんでもない法律ができてしまった」
「自民党に力を持たせ過ぎだ」
と、批判の矛先を「単独与党」に向けています。
今後も安心はできませんね。
Posted by 保守ですが何か? at 2013年12月07日 13:41

>保守ですが何か? さん

こんにちは! お久しぶりです〜。
さっそくのコメントをありがとうございます。

ようやく成立しましたね。
ホッとしました。
だからといって、反日勢力の今後の行動には要注意ですけどね。

保守ですが何か? さんのブログ記事、拝見しました。
コメントを入れたかったのですが、
実は、アメブロで別ブログをやっておりまして、
そちらの方のアカウントが出ちゃうのです。(そちらのブログでは いっさい政治的なことは書いておりませんので…)
なのでコメントを入れることができません。ごめんなさい。。

保守ですが何か? さんのブログ、私が言いたいことをすべて網羅しています!
反日なマスコミや 特定の運動をしている人たちに惑わされている人に読んでいただきたい記事がいっぱい!
ホントに、どうして日本人って こうも「大きな声」になびいてしまうのでしょうね?
もっとしっかり、自分の頭で考えて欲しいと思いますね。。。



Posted by えいと@ at 2013年12月07日 15:16
はじめまして。長いお休みでしたね。
今回も法案についても分かりやすい記事で良かったです。

特定秘密保護法案についての賛成の声はアタシの耳にも届きませんでしたネ。

アタシは民主党時代が終わって、今まだ自民党好感度がある内に、なぜこのような総スカンくらいそうな、あるいは自民党のイメージダウンになりそうな法案にこだわったのか?が気になったんです。
アタシ思うんです。きっとギリギリ今がチャンスだったんじゃないかと。
現在、中国が設定した東シナ海上空の防空識別圏とか沖縄に食い込む朝鮮半島の人々、尖閣問題等々、とっても恐ろしげ且つ きな臭い状況がどんどん進行していますからねえ。
おかげでノンポリのアタシも考えることが多くなって忙しい。。。
とりあえず自分のブログに一点 色を添える意味で、こないだ日の丸設置しました(ブログイメージに合わせたやつで小ちゃいのを)。
えいと@さん、また勉強&意識覚醒の為に寄りますのでよろしく。
Posted by おせん at 2013年12月07日 16:18
えいと@さん、お久し振りです〜〜〜〜〜!!
えいと@さんのお休み中にブログを引っ越しました。

日本国にどれくらいの工作員がいるのだろう・・・って思いますよね。
スパイ防止法はあって当たり前、国の機密を守る法があって当たり前。
そんな当たり前の事を報道していれば納得される方も多いしここまで反対数はないですよね?
反対するよう仕向けている?
日本をそこまでして潰したいの?
その潰したい人の中に日本人がいるって事が悲しいですよね。
Posted by ree at 2013年12月08日 03:09
いや、本当に久しぶりですね。 偶然開いて「あっと」おもいました。 今後ともよろしくお願いします。

早速、「特別秘密保護法」成立してよかったです。これでも甘いといわれているようですが・・、一つの前進です。
青山氏の動画も見せてもらいました。海外経験の豊かな人の意見は大切です。細かい内容はまだ、判りませんが、こうした話の流れから感じることは日教組の活動に制限が加わるのでは・・・動画を見ながら感じました。

安倍政権は政治、経済、外交・・・一つ一つ外堀を埋めている感じがします。消費増税で揶揄する人も多かったり、今回の「特別秘密保護法」で支持率が下がったと、中央日報あたりは書いてますが、今後じっくり見守りたいと思ってます。

えいと@さんの切り口で、突き進んでください。
今後の活躍を期待してます。

Posted by 夢見る親父 at 2013年12月09日 22:46
お久しぶりです
1年近くブログ更新を心待ちにしていました
特定秘密保護法案の件はとっても解りやすく説明していただいたので
政治音痴のEにも理解出来そうです
これからもどんどんえいと@節を聞かせて下さい
更新楽しみにしています♪
Posted by at 2013年12月10日 16:08
こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。
えいとさんのブログは、私が初めて渡米した
時に拝見したブログで、色々なことをわかりやすく教えて頂く先生のような存在のブログでした。
最近更新されていなかったので、お元気にされているのかな?と心配でしたが、このタイミングでの更新は、待ってました!と言わんばかりのものです。
特定秘密保護法案に関しては、本当の理由を分かっていない方がとても多いと思います。
フェイスブックを見ても、私の友人の多くは反対のいいねをしていました(笑)
メディアの力が大きく関与していることは確かです。悪い悪い、と言い続けたら悪いものだと思いこんでしまうのは当然ですよね。
日本も変わってきたな、と思い始めた昨今ではありますが、まだまだ油断出来ない状況であると思います。
Posted by HK at 2013年12月10日 23:47
お元気そうで何よりです。
相変わらずわかりやすい説明ありがとうございます。
Posted by masa. at 2013年12月14日 20:43

>おせん さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

>特定秘密保護法案についての賛成の声はアタシの耳にも届きませんでしたネ。

そうですか…。
まぁ、そうでしょうね、こういう話題は普通の一般人はしないのが普通ですから。
マスコミがやたらと騒ぎ立てているから、話題になっているだけです。

>アタシは民主党時代が終わって、今まだ自民党好感度がある内に、なぜこのような総スカンくらいそうな、あるいは自民党のイメージダウンになりそうな法案にこだわったのか?

確かに何で今?…と思いますよね。
でも、どの法案でも同じですよ。常に何で今?なんです。
秘密保護法に関しては、マスコミがあんな風に騒いでますが、
必要だと考えている国民は意外に多いのですよ。
先進国で日本くらいのものですから。スパイ防止法がない国なんて。

おせんさんが書かれているように、中国の関係もあると思います。
日米しっかりタッグを組んで対抗しないといけませんからね。
アメリカと情報を共有するためにも この法案は絶対に必要です。
秘密を守れない国に 重要な情報を共有しようと思う国はありません。
日本って秘密が守れない、情報はダダ漏れ、そんな評価がされている国なんですよ。
情けないと思いませんか?

最近の中国、韓国の反日はすさまじいものがありますが、
そのおかげさまで(苦笑)、何かおかしいと気がつく日本人が増えてきたように思います。
いい傾向ですね。
もっと多くの国民が、真の歴史を知り、今後の日本はどうあるべきかを考えていただきたいと願っております。

Posted by えいと@ at 2014年01月01日 17:09

>reeさん。

明けましておめでとうございます。
お久しぶりです。
お返事が遅くなってごめんなさい。。。

>日本国にどれくらいの工作員がいるのだろう・・・って思いますよね。
>スパイ防止法はあって当たり前、国の機密を守る法があって当たり前。
>そんな当たり前の事を報道していれば納得される方も多いしここまで反対数はないですよね?
>反対するよう仕向けている?
>日本をそこまでして潰したいの?

ホント、その通りです。
日本の周辺国の中には 何とかして日本の国力をそぎたいと思っている国があるんです。
スパイ防止法が出来たら、今までのように簡単に日本の情報が入ってきません。
日本の国力をそぎたい国や人間にとっては 邪魔な法案なんですよね。
だから必死になって抗議するわけです。

>その潰したい人の中に日本人がいるって事が悲しいですよね。

そうなんですよね。。
日本の真の敵は 実は中国でも韓国でもなく、反日日本人なのです。
日本人でありながら 日本の国力をそごうとしている国に加担しているんです。
今の中韓の反日運動や反日感情は、反日日本人が起こしたものですからね。。
昔に比べて 今の状況が多くの国民に知られるようになっていたことは いい傾向ですが、
マスコミをはじめ、まだまだ反日な声が大きいのが現実です。

そんな中、強硬的だと非難されながらも この法案を通した安倍総理。
よくやってくれた!と感激しました。
靖国参拝もあって、支持率がーと言われていますが、
これまた 支持する国民が多いのです。
マスコミが あおっているだけです。
安倍総理には引き続き、頑張っていただきたいと思います。

ブログ、お引っ越しされたのですね!
リンク、張り直しておきます。
なかなか遊びに行けなくてすみません。。
子供ちゃん達、大きくなりましたね!

更新をあまりしなくなっちゃいましたが、
時折、こっそり更新しているかもしれませんので、
また、たまにお越しくださいね。
本年もよろしくお願いいたします。
Posted by えいと@ at 2014年01月01日 21:16
新年あけましておめでとうございます
時々訪問させていただいています
たまには更新して下さいね(笑)
Posted by at 2014年01月11日 10:12
ようやくブログ上で考えを同じくする(私の一方的な思い込み?)方を見つけました。
とてもうれしい気持ちです。
何でも反対することを「職業」にしている人が多くいます。
「職業」ですから、反対に全力を注げます。
仕事をしながら、あるいは勉強をしながら、「国の在り方」を考える人とは
使える時間が違います。
でも、自虐史観に囚われた人、日本の利益より外国から個人が得る利益を取る人、
自国を非難し続ける人、達の跋扈を許してはいけません。
見て見ぬふり、聞いて聞かぬふりをせず、声をあげて行きましょう。
時間がある時に私のブログにもお立ち寄りください。
 http://blog.goo.ne.jp/powellmarket です。
Posted by 秋月一彦 at 2014年01月19日 18:31
こんなことが!


『慰安婦をユネスコ記憶遺産に 韓国が計画、記念日制定も』
ttp://sankei.jp.msn.com/world/news/140211/kor14021116000004-n1.htm

このようなことが、まかり通るのでしょうか?
韓国では活発なロビー活動が効して、『日本海』と『東海』の併記が、幾つかの州で認めらるように、法律が改正されたようです。

そんなこんなしている間に、上記の案が通れば、日本はトンでもない国になります。
自分の国を自分で卑下する大手新聞社!

私たちよりも、未来の子どもたちの将来が心配です。

それより、どうして、こんなに大事なことが大々的に報じられないのでしょうか?
Posted by マダム@にゃん at 2014年02月11日 23:43

>E店長さん

こんにちは。お久しぶりです。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

こちらのブログは放置状態で…すみません。。
書きたいことはいっぱいあるのですけどね。
アメリカに住んでいた頃は ガンガン書いていましたが、
日本に住むようになって…いろいろありまして…。
言論の自由のなさを痛感している今日この頃なのでございます。。
Posted by えいと@ at 2014年03月12日 12:21

>夢見る親父さん。

お久しぶりです! お元気でおられますか?
お返事が遅くなって申し訳ありません。。

「特別秘密保護法」成立して良かったです。
親父さんが言われるように、この法案でもまだまだ甘いのです。
その甘い法案すら、ここまで反対する日本のマスコミ、そして反日左翼の連中たち。
いつまで日本を丸腰しにしておけばいいというのでしょうか…?

かつての戦争の敗戦国、日本。
日本だけが永久に軍隊、武器をもってはいけない、自国を守るための機密、秘密を持つことすら許されないとでもいうのでしょうか…?
国を守るということはどういうことなのか、
日本人はマスコミや反日左翼の言うことを鵜呑みにすることのないよう、
しっかり考えて欲しいと思います。

安倍政権になって だいぶ日本がまともな政治になってきていると思いますが、
自民党の中で足を引っ張る政治家が存在しているんですよね。。
そういう輩に負けないようにしていただきたいと思っています。

Posted by えいと@ at 2014年03月14日 17:02
コメントお返事頂けて光栄です
そろそろ桜の季節になりました
日本でのお花見楽しんで下さい
アメリカに比べると日本ってやっぱり堅苦しいですか?
ここでしか生活したことが無いのでよくわからないですが
きっと自由の国なのでしょうね
またの更新お待ちしています♪
Posted by at 2014年03月31日 10:34
アメリカで前代未聞の医療事故発生↓
http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/blog-entry-421.html
Posted by w・S at 2014年04月01日 05:07
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。
Posted by 鬼藤千春の小説 at 2014年08月29日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382104339
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。