2006年12月30日

カルボナーラ、失敗の考察とリベンジ

先日カルボナーラを作りました。

えいと@のカルボナーラデビューは……。

失敗の巻き〜(T◇T)でありました〜。(詳しくはこちらのおまけを見てね♪)

おいしかったんですけどね。なんかボソッとしてたんですねぇ、これが。

何が悪かったのか??(?_?)

少ない脳みそでいろいろ考えてみたわけであります。σ( ̄、 ̄=)


  【失敗の考察】

*このパスタはオイルたっぷりが基本。

 えいと@の失敗その@→ベーコンを炒めずにキッチンペーパーにベーコンを入れて電子レンジでチンする方法でやってしまった。

 えいと@の失敗そのA→ベーコンが入ったフライパンにパスタを入れた後のオリーブオイルも少なめにしてしまった。

 えいと@の失敗そのB→ベーコンの量が全体的に少なめであった。


*パスタを茹でた後はしっかりとザルなどで湯切りをする。

 えいと@の失敗→いつものくせ(パスタはいつも↓これでフライパンに入れてます)でザルを使って湯切りをしなかった。

    tongu2.JPG  tongu1.JPG


*牛乳か生クリームを入れる。本場のイタリアンは入れないこともあるそうだが、入れた方がうまく作れることが多い。

 えいと@の失敗→牛乳を完全に忘れていた。



以上がえいと@の失敗の考察であります。|||(-_-;)|||

もしかして他にも失敗の原因があるかも…。お気づきの方はコメントしてくださいね〜。



さて。

失敗は成功の元。

失敗したまま新年を迎えてなるものか〜っ!

…と意気込んだえいと@ ( ̄‥ ̄)=3

昨日の夕食にカルボナーラ、リベンジ編

を作成したのでありまする。(*^^*)


  【カルボナーラ お気楽クッキング】

*フライパンで1センチに切ったベーコンとみじん切りにしたニンニク(お好みで)を炒める。

    karubonara1.JPG

*ベーコンは油がここまで出るまで↓カリカリによ〜く炒める。

    karubonara2.JPG

*茹で上がったパスタはザルで湯切りをし、ベーコンのフライパンに投入する、

karubonara4.JPG  karubonara5.JPG

フライパンに入れた後は手早く混ぜ、オリーブオイルを加え、塩こしょうで味を整える。

 こしょうは粗挽き胡椒がBetter!


*ボールが冷たいとパスタが冷えるので必ずボールは暖めておこう!

 ガラスかプラスチックのボールを電子レンジで30〜40秒チン。

 金属のボールの場合は熱湯を入れておくのも良い。


    karubonara6.JPG

暖めておいた牛乳と粉チーズをボールに入れ混ぜ合わせる。

    karubonara7.JPG

*牛乳と粉チーズが入ったボールにパスタを入れ、その上に卵黄を加えて手早く混ぜる。

 手早く混ぜないと卵黄が固まってしまうので注意!

 フライパンに直接卵黄と粉チーズを入れてもよいが、卵が固まってスクランブルエッグ入りパスタになる恐れあり。
(^_^;)

 karubonara8.JPG           
   じゃ〜〜ん!  出来上がりの図 ↑

いかがでしょう〜?

まぁまぁの出来でありましたよ〜♪

少なくとも前回カルボナーラよりかはかなりいい出来だと思います。(⌒o⌒)

         karubona-ra.JPG

           前回の失敗作↑ 

写真をクリックして比較してみると、いかにひどい出来であったかがわかりまする。


二人分でパスタ200〜250g ベーコン60〜80g にんにく1片 牛乳または生クリーム120〜150cc 卵黄2個 粉チーズ20〜30g 塩 こしょう(粗挽き)適量です。

えいと@のお気楽クッキング↑は一方法です。

他に、卵黄と生クリーム(または牛乳)と粉チーズをあらかじめ混ぜ合わせておく方法もあるようです。

玉ねぎやマッシュルームのスライスを一緒に炒めて入れてもGood!

パスタはフェットチーネ(平べったいパスタ)を使うと卵黄や粉チーズがからみやすいようですよ〜。



ところでカルボナーラって簡単に作れるように思いますが、

実はとても奥の深いレシピなんだそうですよぉ〜。

聞いた話によると料理学校のイタリア料理部門の卒業試験で、

「カルボナーラを作る」

…っていう学校が多いらしいです。

それだけ奥が深い、難しいレシピなんでしょうねぇ。


ま、どんな作り方でもおいしけりゃGood!なわけであります。

レストランの一流シェフにはきっと負けるけど、

お気楽クッキングで楽チンカルボナーラ♪

おいしく楽しく食べましょうね〜♪ ヾ(●⌒∇⌒●)ノ


      banner_04.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
   1日1回の愛揺れるハートのクリック↑ で歳末助け合い♪ひらめき


posted by えいと@ at 06:28| Comment(8) | TrackBack(0) | お気楽クッキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カルボナーラ、食べたぁ〜〜いっ!
大好きです、カルボナーラ!
でも、でもっ…(号泣)

子供に卵アレルギーがあって、卵にしっかり火が通らないカルボナーラは、
食卓に出せないのです。
考えてみたら、子供が生まれてすでに10年以上…。
その間、一度もカルボナーラを作っていない私…。
もう作れないだろうなぁ〜。
お昼に、”一人カルボナーラ”でも、作ろうかしら…。
Posted by Peach at 2006年12月30日 10:21
Peachさん、こんばんは。

そっかー、息子さんアレルギー持ってるんだ〜。
そりゃ辛いですねぇ。
卵を使えないってけっこう大変ですよね。メニュー。
オムライスとか、卵丼とか、スクランブルエッグとか…。お好み焼きもダメですね? ケーキにも卵が入ってますよね?
うわぁ〜、大変だー。

う〜ん、こうなったら一人でランチカルボナーラ!ですね。
一人分の方が作るの楽かも…ですよ〜。混ぜる作業は量が少ない方がやりやすいですもんね!

 えいと@
Posted by えいと@ at 2006年12月30日 13:18
お〜〜〜美味しそうじゃないですか!?
そうそう、、【カルボナーラ】は奥が深いんですよね。
私は毎回、違う味になります〜(汗
私の場合、いつもいい加減に混ぜ混ぜしちゃうのが原因だと思いますけど(苦笑

スゴイです!!
細かい分量まで・・・脱帽です〜!!
見てたらまた食べたくなって来ました。
Posted by チャーリーママ。 at 2006年12月30日 13:42
チャーリーママさん、こんばんは。

うふふ〜。おいしくできましたぁ〜♪
でもね、実はベーコンと牛乳と粉チーズの分量はかな〜りアバウトに入れちゃったんですよ〜。
この分量は他の、ちゃんとしたレシピを見て書いたもんです。(笑)
ま、てきとーでもおいしくできるってことですよね!

リベンジ成功でぇ〜す!

 えいと@
Posted by えいと@ at 2006年12月30日 14:20
美味しそう〜〜〜〜〜っ
カルボナーラ大好きなのに自分で作ったことはありませんでした!
卒業試験で出るほど奥が深くて難しいレシピなんですね…
えいと@さんのレシピを参考に、今度作ってみようかな♪
愛のクリック ポチッ☆
Posted by bos-yo at 2006年12月31日 05:31
bos-yoさん、こんばんは。

カルボナーラは奥深いレシピですけど、お好きでしたらぜひ! 一度作ってみてくださいね〜!
一度は失敗するかもしれませんけど、失敗がまたいろいろ研究材料になっておもしろいですよぉ。
次はこうやってみよう…って。
いろんな作り方があるパスタなんで、ご自分にあった方法を見つけてくださいね〜!

愛のクリック、ありがとう〜。うれしいデス。

 えいと@
Posted by えいと@ at 2006年12月31日 09:43
ほんと、美味しそうにできてる〜〜〜(≧∇≦)
あぁ食べたいw年越しそばやめて年越しカルボナーラしたいくらいw

そうそう、カルボナーラってむずかしーんですよねえ。
イタリアン勉強してた友達が2人とも「店はカルボナーラで判断する」って言ってたけど
卒業試験になるんじゃホンモノだ〜
えいと@さんは卵チーズ牛乳をボールで混ぜるのか、なるほどなるほど。
私は前にテレビで有名シェフたちが先にボールでソースを作ってから
ベーコンのフライパンにパスタ→ソースの順で入れて
さくっと火を通しながら混ぜるのを見て真似してました。
私も全卵使うものだから時々玉子焼きになっちゃうのwww
卵黄だけ使うほうがこってりしてて失敗しないかもです。
有名シェフたちは全員卵黄だけでした。もったいなーい。
ちなみに私の相方は牛乳入れないやり方で作ります(ローマ風なんだそうです。牛乳を入れるのはミラノ風なんだって。本当かな?)。
ローマ風は成功してもパサパサでちょっと馴染みがないから美味しいと感じるのに時間がかかるかもw
Posted by ゆきち at 2006年12月31日 14:03
ゆきちさん、こんにちは。

年越しそばの由来は、そばの麺のように長く生きる…ってことだから、年越しパスタでもいいかも〜〜〜ですよぉ。(笑)

カルボナーラ、卵黄だけっていうのもったいないですよねぇ。
えいと@は捨てずにしっかり使いますよぉ〜! 

卵焼き…(笑)、うまくまぜまぜしないとそうなっちゃうみたいですねぇ。
やっぱむずかしい! でもおいしい!

牛乳を入れないのはローマ風なんですか〜。へぇ〜。
じゃ、えいと@のはミラノ風ですね!
絶対、ミラノ風の方が簡単ですよ! 生クリームだともっとうまくしっとりカルボナーラになるかも?!

 えいと@
Posted by えいと@ at 2006年12月31日 14:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。