2012年08月26日

【昭和天皇の玉音放送現代語版】本当の歴史を知らないのはどの国の人間か?


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。


お久しぶりでございます。久々の更新になります。。。(汗)


ちょいと長期で旅行に出かけておりまして、先日戻って参りました。


またすぐに忙しくなる予定で、ブログの更新は9月中旬までお休みの予定にしていたのですが、


久々にネットを覗いてみますと日韓の関係がかなりギクシャクしているニュースがてんこ盛りではありませんか。


その中で、どうしても許せないニュースがあったので 記事を更新することにいたしました。


長文ですが、よろしければおつきあいください。



許せないニュース、それは韓国大統領の「天皇陛下は謝罪すべき」発言です。


「天皇制は保守化あおる時限爆弾」韓国紙の対日非難エスカレート
【ソウル=加藤達也】25日付の朝鮮日報など韓国各紙は、竹島(韓国名・独島(ドクト))をめぐり日本の領有権を強調した野田佳彦首相の記者会見での発言や、李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸などに抗議した衆院の決議に一斉反発した。
韓国メディアの対日非難は竹島領有権の主張に対するものから昭和天皇の戦争責任論にまでエスカレートしており、竹島の領有権主張や天皇陛下への非礼に対する抗議を強力に打ち出した日本に対し、一歩も引けない韓国側の現状を露呈している。
朝鮮日報は、日韓併合条約発効(1910年)から29日で102年となることに関連し、日本の朝鮮半島統治における昭和天皇の責任を問う特集を掲載した。
同紙は社説で、天皇陛下に対する李大統領の謝罪要求に日本側が反発したことについて「天皇の問題となると理性をなくし、判断力を失い行動した第2次世界大戦以前の日本の姿が再現されている」と指摘。「天皇に対する発言は一言も聞き捨てならないという日本政府の態度も同様だ」と主張した。
特集記事では、昭和天皇をめぐり「戦後長期にわたり戦争責任論が取り沙汰されてきた」と言及。
批判を天皇制にまで拡大し「戦後、米占領軍が日本統治に利用するために維持した天皇制」が「日本の保守化と極右化をあおる時限爆弾のような存在となった」と論じた。
また、日本が竹島領有権を主張していることなどを「過去を直視しない姿勢」とし、その理由を「昭和天皇が戦犯責任を免れたため」と断言してもいる。
李大統領の謝罪要求問題については当初、韓国でも大統領を批判する論調もあったが、こうした見解は既に影を潜め、日韓関係が「最悪」の状態に陥ったとの見方が出始めている。

 「天皇制は保守化あおる時限爆弾」韓国紙の対日非難エスカレート 産経ニュース


もうね、呆れると同時に怒りがわいてきましたねぇ。


よく、韓国人は「日本人は歴史を知らない」と言いますけど、


本当の歴史を知らないのはどちら?と聞いてやりたいです。


よくもまぁ、「戦後、米占領軍が日本統治に利用するために維持した天皇制」だの、


「天皇は日本の保守化と極右化をあおる時限爆弾のような存在となった」だの言えたもんです。


日本にとって、日本人にとって天皇陛下の存在がどのようなものであるのかを知らない証拠ですよ。


日本人の中にも「日本に天皇はいらない」などという人間がいますが、


それはきっと日本にとっての天皇陛下の存在の意味、意義を知らないからであろうと思います。


こちらの過去記事 ↓ をご覧になってください。
 知れば知るほど驚きの「世界最強の天皇陛下」
 近代日本の偉大なる天皇陛下〜天皇は日本の宝物〜


戦後、米占領軍が日本統治に利用するために維持した天皇制なんかではありません。


日本は敗戦後にGHQにより「天皇を神をすることを禁止」されてしまいましたが、


多くの日本人の心の中には 天皇陛下を敬う気持ちが、戦後もずっと受け継がれてきたのです。


syouwatennou.jpg


こちら ↑ は大東亜戦争後に 全国を回られた昭和天皇の写真です。



  昭和天皇の広島巡幸_1947.S22.12.7(25秒)


こちらの動画 ↑ は原爆が投下された広島のご巡幸の時のビデオです。


こんなに多くの広島県民が 昭和天皇を歓迎したのですね…。


敗戦後に全国をご巡幸された昭和天皇を 多くの国民が歓迎したのです。


こういう光景は 現在でも見られますよね。


天皇陛下がご訪問されると それだけで「天皇陛下が来てくださった!」と多くの国民は励まされるのです。


去年の東日本大震災の時も、天皇陛下のご訪問で被災者の方々はどんなに励まされたことでしょう。


特別な「神」のような存在である天皇が、日本人の心の中にあるからです。


天皇陛下が毎日祈ってくださる、国民を見守ってくださっている。


これが日本人の大きなパワーにつながっているのだと 私は思います。


敗戦後、あんなにボロボロで焼け野原になった日本を甦らせた日本人。


戦後わずか19年で東京オリンピックを、戦後25年で万国博覧会を開催するまでに至った日本。


これは奇跡といってもいいのではないでしょうか?



国民の幸せを毎日お祈りしてくださる天皇陛下。


そして天皇陛下が悲しまれるようなことは決してするまい、


天皇陛下に恥じないように生きようとする日本人。


これが日本が持つパワーであると 私は思っています。


そういうことが理解できないのです。韓国人には…。



昭和天皇に戦争責任を求める声も 他国や一部の反日日本人から聞くことがありますが、


敗戦した時の 昭和天皇の「玉音放送」の内容を知っていて、そんな風に言うのでしょうか?


こちらのブロガーの方 ↓ が昭和天皇の玉音放送の現代語訳をしてくださいました。
   Chikirinの日記「終戦の詔勅(ちきりん語訳とともに)」


ぜひ、読んでみてください。↓ 涙が出ますよ。。。

 〜〜〜ここから転載〜〜〜

世界の情勢と日本の現状をよくよく検討した結果、ありえないと思われる方法をあえてとることにより、この状況を収拾したい。常に私に忠実であるあなたがた日本臣民の皆さんに、今から私の決断を伝えよう。

私は日本政府担当者に米国、英国、中国、ソビエト連邦の4カ国に対して、日本が(ポツダム)共同宣言を受け入れると伝えることを指示した。
そもそも私たち日本国民が穏やかで安心な暮らしができ、世界全体と繁栄の喜びを共有することは、歴代の天皇が代々受け継いで守ってきた教えであり、私自身もその教えを非常に大事なことと考えてきた。

最初に米英2カ国に宣戦布告した理由も日本の自立とアジアの安定を願う気持ちからであり、ほかの国の主権を侵したり、その領土を侵したりすることが、私の目指すところであったわけではない。

けれども戦争はすでに4年も続いており、我らが陸海軍人たちの勇敢な戦いぶりや行政府の役人らの一心不乱の働きぶり、そして1億人の庶民の奉公、それぞれが最善を尽くしたにも関わらず、戦況は必ずしも好転せず、世界情勢を見るに、日本に有利とはとても言えない状況である。

その上、敵は残虐な新型爆弾を使用して多くの罪のない者たちを殺傷し、その被害の及ぶ範囲は、測ることもできないほどに広がっている。もしもこれ以上戦争を続ければ、最後には我が日本民族の滅亡にもつながりかねない状況であり、 ひいては人類の文明すべてを破壊してしまいかねない。

そのようなことになれば、私はどのようにして1億人の民を守り、歴代天皇の霊に顔向けすることができようか。これが私が政府担当者に対し、共同宣言に応じよと指示した理由である。

私は、アジアを(西欧列強から)開放するために日本に協力してくれた友好国にたいして大変申し訳なく思う。また、日本国民であって戦地で命を失った者、職場で命を落とし、悔しくも天命をまっとうできなかった者、そしてその遺族のことを考えると、心も体も引き裂かれんばかりの思いがする。戦争で傷つき、戦災被害にあって家や仕事を失った者たちの暮らしについても、非常に心配に思っている。

この後、日本が受けるであろう苦難は言うまでもなく尋常なものではないであろう。みなさん臣民の悔しい思いも、私はよくよくそれを分かっている。

けれども私は時代の運命の導きにそって、耐え難きを耐え、忍び難きを忍び、これからもずっと続いていく未来のために、平和への扉を開きたい。

私はこうやって日本の国の形を守ることができたのだから忠誠心が高く善良な臣民の真心を信頼し、常にあなたがた臣民とともにある。

感情の激するがままに事件を起こしたり、もしくは仲間同士が争って世の中を乱したり、そのために道を誤って世界からの信頼を失うようなことは、最も戒めたいことである。

何とか国全体が1つとなり、子孫にまでその思いを伝え、神国日本の不滅を信じ、任務はとても重く、行く道は非常に遠いことを覚悟して、将来の建設に向けて総力を結集し、道義を守り志と規律を強く持って、 日本の力を最大に発揮することを誓い、世界の先進国に遅れをとらずに進むのだという決意を持とうではないか。

私の臣民たちよ、ぜひともこの私の意思をよくよく理解してもらいたい。



現代語訳は、私の個人的な訳なので必ずしも正確ではないかもしれませんが、声を出して読んでいると涙が出てきます。感動して思わず右翼になっちゃいそーですね。

また、昭和天皇の玉音放送音声はこちらから聞くことができます。これを耳で聞いて理解できた当時の人ってすごいです。現在の皆さんは、現代語訳を見ながら聴いてみてください。

NHKのサイト→ http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/sp/movie.cgi?das_id=D0001410387_00000
バックアップ (http://www2.tokai.or.jp/isya/souko/gyokuon.html

                      〜〜〜転載ここまで〜〜〜


いかがでしょうか…?


昭和天皇の玉音放送を現代語版で読んで、どうお感じになられましたか…?


これを読んでも なお、昭和天皇には戦争責任があるなどと言う輩には…もう何を言っても無駄なのでしょう。



有名な耐え難きを耐え、忍び難きを忍びというフレーズは、


これからもずっと続いていくべき日本国の未来のために、


あの動乱の時代に生きた国民に対して 天皇陛下がお願いされたことだったのです。


国民は涙を流して 天皇陛下のお言葉を受け止め、


後に生まれてくる子孫のために一生懸命に働き、


そして戦後、奇跡と呼ばれた復興を成し遂げたのではありませんか。


しかも、昭和天皇は、GHQ総司令官ダグラス・マッカーサと会見された際に、


昭和天皇は 我が身の安全など一言の述べられず、国民の命、安全を願ってくださったのです。


それだけではなく「国民が飢えることのないように その配慮をお願いしたい」と天皇家の債権(有価証券)を差し出されたのです。


実は、マッカーサーは昭和天皇にお会いするまでは日本の天皇は命乞いして来るだろうと思っていたのです。


戦争や革命で国家が崩壊した場合、国王や元首は 死刑を免れるために亡命する…というのが歴史上普通にあったことですから。


世界中どこを見ても、国と国民を捨て 我が身の保身を望む元首や国王がほとんどなのです。


しかし日本の天皇は違ったのです。


これにはマッカーサーは大変驚き、感動したと言われています。


天皇陛下がこれほどの人格者であることに誇りを持てない日本人は、日本人ではありません!


天皇は 日本の国体そのものです。


天皇陛下を「時限爆弾」だの「戦争の象徴」などと言うことは、


日本の国体を侮辱することになるのです。


そういうことを平気で言うのが隣国の大統領だということですよ。


韓流だ 韓流スターだ、韓国ドラマだと夢中になるのはご自由ですが、


こういう国なんだってことをよくよく知った上で、おつきあいをしなくてはならない国だってことを忘れないでいただきたいと思います。


隣国の人たちに「日本人は歴史を知らない」と言われたら、


「本当の歴史を知らないのは あなた方の方だ」と言い返してやりましょう。



自我自賛などではなく日本はすばらしい国なんです。


それは日本には天皇という存在があるからです。


天皇を持つ国、日本を誇りに思って生きていこう。


私は日本人として生まれて良かったと 心から思っています。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 07:52| Comment(36) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!!
お忙しいようなのに更新されていたので読みふけってしまいました
朝から陛下の「玉音放送」の現代訳文を読んで
ウルウルしています
耐えがたきを耐え・・・の箇所はよくドラマなどでも引用されていますが
きちんと現代国民に伝わっていなかったように思います
こんな大切な事こそ教科書で教えるべきだと思います♪
Posted by at 2012年08月26日 09:38
こんにちは。お帰りなさいませ〜
お忙しい中、ブログ更新お疲れさまです。

「玉音放送」の現代訳文、初めて読みました。「玉音放送」というと、あの有名な「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・・」という部分しか出てこなかったんですが、今回通して読んでみて、いかに天皇陛下が日本と国のためを思って心を痛められ決断されたのかよく分かりました。

韓国大統領の「天皇謝罪発言」は、現地では天皇ではなく「日王」と言ってるみたいですね。「天皇」とは「王」より上位だと認識していて、中華思想では「日本は下位」の分際で「しゃくにさわる」から絶対「天皇」とは言わないらしいです。
日本のメディアでは報道されないですけど。

こんな国際常識もなにも通じない国と友好もなにもあったもんじゃありません!!粛々と経済制裁をするべきです。

さやーむ
Posted by さやーむ at 2012年08月26日 13:13
アロハ〜!
ハワイは予定に入ってなかったかな?
ちょっと期待していたのですが。。(笑)
玉音放送の現代訳、始めて読みました。
短い文章の中に、悔しさと国民への思いやり、兵士たちへの賞賛、アジア諸国への謝罪、すべて網羅されてたんですね!?
これは、学校で教えるべき文章です。
私たちは、全く教わっていないので、学生アルバイトで行った職場で、高齢のご婦人が、天皇陛下のお陰で日本国民は助かった、天皇陛下がご自分を犠牲にして、助けてくれた、それにマッカサーが感激して、今の日本があると等々のお話をしてくれた時、何?この方天皇崇拝?なんて、ピンとはずれなこと思ってしまいました。
私自身は、天皇陛下をはじめ皇室が大好きでしたが。。
ちゃんとした歴史を教えてもらっていなかった、結果ですね。
本当に、国際儀礼も知らない国とまともな友好など、ありえません。
これをチャンスに、日韓の本当の関係を韓国と世界に暴露して欲しいです。

Posted by モリオリママ at 2012年08月26日 17:52
おはようございます
ご旅行中だったんですね

また そんなお話も楽しみにしています

皆さんがおっしゃるように
天皇陛下の玉音放送の現代訳ははじめて読みました
テレビドラマなどでラジオから流れる陛下の生の声を一部きくだけでしたが

えいとさんのおっしゃるように心から感動するお言葉ですね
胸にじんときます

 
Posted by はちきんイジー at 2012年08月26日 23:55

>E店長さん。

お久しぶりです〜。

>朝から陛下の「玉音放送」の現代訳文を読んで ウルウルしています

ウルウルしますよね。
私は、何となくの内容は知っていたんですが、ここまできちんとした現代語版を読んだのははじめてで、
もう感動してしまいました。
これほどまでに熱いメッセージはあるでしょうか。。。

>耐えがたきを耐え・・・の箇所はよくドラマなどでも引用されていますが きちんと現代国民に伝わっていなかったように思います

「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」というのは、
昭和天皇が後世のために、後の日本の国のために、
当時の国民に「今の苦難を乗り越えて欲しい」とお願いされたことだったのです。
国民は天皇陛下のお言葉をしっかり受け入れ、天皇陛下の言われるように懸命に働き、そして今の日本があるということなんですね。

>こんな大切な事こそ教科書で教えるべきだと思います♪


同感です!
なぜこれを教えない! 日本の教育はおかしい!
こんなすばらしい方が日本の国家元首、天皇陛下であられたことは誇りです。
多くの方に知っていただきたいですね。


Posted by えいと@ at 2012年08月27日 03:08

>さやーむさん。

お久しぶりです〜。
ただいまです〜。まだまだ忙しいのは変わりがないのですが、
あまりにも怒りがわいて黙ってられなくて記事を更新いたしましたー。(笑)

>「玉音放送」の現代訳文、初めて読みました。

ですよね。私もですよ。
何となくの内容は知っていたんですが、ここまできちんと現代語版を読んだのははじめてで、
もう感動してしまいました。(うるうる)

>「玉音放送」というと、あの有名な「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・・」という部分しか出てこなかったんですが、今回通して読んでみて、いかに天皇陛下が日本と国のためを思って心を痛められ決断されたのかよく分かりました。

この玉音放送を現代語版にして表に出さないのは、
日本は侵略国家であり、天皇が侵略戦争の首謀者であると決めつけておきたいからではないでしょうか。
陛下のこのお言葉を聞けば、日本は侵略など考えてなかったこと、陛下の決断で戦争は終結し、そのおかげで多くの日本人は救われたこと、
日本の国が滅亡することを避けられたことが容易に理解できるのに。

>韓国大統領の「天皇謝罪発言」は、現地では天皇ではなく「日王」と言ってるみたいですね。「天皇」とは「王」より上位だと認識していて、中華思想では「日本は下位」の分際で「しゃくにさわる」から絶対「天皇」とは言わないらしいです。

中国にも朝鮮にも王朝はありましたが、なくしてしまいましたよね。
だから日本がうらやましいのです。
日本だけが2672年も継続して皇室を維持していることが許せないのです。

>こんな国際常識もなにも通じない国と友好もなにもあったもんじゃありません!!粛々と経済制裁をするべきです。

私が思うに、韓国大統領は中国から何か言われたのではないか…という気がします。
日本を挑発しろと。
もし韓国が経済制裁されたとしても中国からの援助を保証すると。
だからこそ日本は堂々と経済制裁すれば良い。
もう韓国に気を使うことはないのです。
友好国とは、日韓のこのような関係の国同士では言わない。
日韓は(日中も)友好国なんかではないと断言します。

Posted by えいと@ at 2012年08月27日 03:21

>モリオリママさん。

お久しぶりです〜。

>ハワイは予定に入ってなかったかな? ちょっと期待していたのですが。。(笑)

ハワイ、また訪れたいって思っているのですが…。
今回の旅行には入っていませんでした。
また機会をみつけて、マウイ島にも行きたいって思っています♪

>玉音放送の現代訳、始めて読みました。
>短い文章の中に、悔しさと国民への思いやり、兵士たちへの賞賛、アジア諸国への謝罪、すべて網羅されてたんですね!?

そうなんです。
陛下のこのお言葉の中にどれほどの気持ちが詰まっていたことでしょう。

「私は、アジアを(西欧列強から)開放するために日本に協力してくれた友好国にたいして大変申し訳なく思う。」
このお言葉こそ、日本が侵略のために南に侵攻していったのではない証拠です。
白人からのアジア諸国の解放が、先の戦争の目的であったことが明白です。

そして、未来の日本のために、後に生まれてくる我々の同胞のために、陛下は今のこの苦難を乗り越えることを国民にお願いされたのです。
国民は天皇陛下のお言葉をしっかり受け入れ、天皇陛下の言われるように懸命に働き、そして今の日本があるということなんですね。
国民が陛下を心から信頼していたからこそできた、奇跡の復興が成し遂げられたんです。

>これは、学校で教えるべき文章です。
>私たちは、全く教わっていないので、学生アルバイトで行った職場で、高齢のご婦人が、天皇陛下のお陰で日本国民は助かった、天皇陛下がご自分を犠牲にして、助けてくれた、それにマッカサーが感激して、今の日本があると等々のお話をしてくれた時、何?この方天皇崇拝?なんて、ピンとはずれなこと思ってしまいました。
>私自身は、天皇陛下をはじめ皇室が大好きでしたが。。ちゃんとした歴史を教えてもらっていなかった、結果ですね。

私も教わらなかったです。
単に象徴天皇としか教わっていません。
教わってなかったら理解できませんよね。当たり前です。
あの当時を生きた方々(今の80歳後半〜90歳代の方々)は、天皇陛下のありがたさをしっかり理解しておられます。
そういう方々のお話をぜひとも聴き、それを後世に残していかなくてはなりませんね。

>本当に、国際儀礼も知らない国とまともな友好など、ありえません。
>これをチャンスに、日韓の本当の関係を韓国と世界に暴露して欲しいです。

最近、韓国に対して眉をひそめる国が多くなっているそうです。
騒げば騒ぐほど、韓国が理不尽な国だってことが暴露されていきますね。
韓国は負けずにロビー活動を行っているので、それに対して日本は同じ土俵にたつことなく、
その上でしっかり抗議をしていく必要があると思います。


Posted by えいと@ at 2012年08月27日 03:36

>はちきんイジーさん。

お久しぶりです。
旅行は終わったんですが、忙しいのはまだ当分継続しそうです。
なのでブログの再開はまだ先です。
旅行記、もうちょと先になります。すみません。。。


>皆さんがおっしゃるように
>天皇陛下の玉音放送の現代訳ははじめて読みました
>テレビドラマなどでラジオから流れる陛下の生の声を一部きくだけでしたが

ですよね。「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」というフレーズは有名ですが、
その前後の文章の意味があってこそ、この「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」という一文の意味が理解できるのです。
しかしドラマなどでは、この一文のみクローズアップされがちですよね。

>えいとさんのおっしゃるように心から感動するお言葉ですね 胸にじんときます

本当に、胸にじんときます。
どのようなお気持ちで陛下はこのお言葉を述べられ、国民はどのような気持ちで聞いたのか…。
あの時代に生きた人々に感謝せずにはいられません。


Posted by えいと@ at 2012年08月27日 03:43
確かにそやわ。国家が崩壊した時は今も昔も国王なり元首なりは、そのほとんどが亡命したり、しようとするのが普通やよね。
外国人にまで、日本人と同じ感情を天皇陛下に持てとは言わんし、心の中でどう思ってるかまではわからんけど、少なくとも国のトップや重要な立場にいてる人間なら、他国のトップをリスペクトするのはごく当然の礼儀でしょ。あんな人間が国の大統領っていうだけでお里が知れるというか、もう国民のレベルが知れてしまう(それを言うと日本の民主党もあれやねんけどさ・・・)
もうね、私としてはこの際韓国に徹底的に基地外ぶりを世界に知らしめてほしい。私の周りで、今まで政治的な話なんか一切した事なかったふつーーの主婦や、韓国のこと悪く言うたことなかった人も今は話題にしてるし、怒ってるしね。だからどんどん愚かさを見せてほしいわ。これで目が覚めた日本人も多いと思う。もっともっとアホなことやって、日本人の目を覚ましてー!
Posted by ジェニ at 2012年08月27日 08:18
敗戦後、マッカーサーに天皇陛下が御会いなされた際に、自分の命と引き換えにしても、日本国臣民の安全だけは保証してほしい、とのお言葉を何度も繰り返されたと聞いています
そしてその時の天皇陛下は、マッカーサーいわく、「震えていた」との事も伝わっています
たとえ陛下といえども、命を捨てる覚悟なのですから、恐くないハズがありません
勇猛果敢な特攻隊員でさえ、特攻日の前日には恐怖に震え、アチコチの柱に軍刀で切りつけた痕が今でも残っているのですから
陛下もわが身を賭して、日本国臣民の身の安全を願ってくれたのです
それほどまでして国民の安全を最優先した陛下を貶すような輩を、私は絶対にゆるせません!
Posted by MUU at 2012年08月27日 12:13
えいとさーーーーーーん!! 

うれしい!!まっていましたーおかえりなさい!!

PCが、とろくって日本語もかけたりかけなかったりでコメントもなかなかかけなかったんですけど、昨日お友達のご主人になおしてもらい、今日訪問したら!!更新しているじゃないですかーーうれしいいー

ところで、、、、あああああああ、、前から、おかしいことをいう国で、逆に、あの国の国民がかわいそう、、なーーんておもっていましたが、、、あそこまで子供じみているとは、はっきりいっておもっていませんでした。(わたしも甘いか??)

いま政府のご意見番にメールしたところですけど、、、役にたつのか???

尖閣諸島にも、テントもって張り込みにいきたいです。(あそこにつくまでの船酔いにたえられるか??とか、かんがえちゃいました。。爆)

慰安婦問題も、きちがいじみていますが、わたしが、ぎぎぎぎぎーーーーーーーって本当に頭に血がのぼったことは、天皇陛下を侮辱されたっことですわ。きっと、ほかの日本人の方もそういう方がおおいのかもしれません。

自分のブログでぶりぶり怒るよりも、自分の子供たちにしっかりとした日本の歴史や、日本人としての誇りをもたせたいとおもって、しばらくブログをとおざかっていたわたしですが、、、、最近(じゃあないですが)のまぬけな日本政府の対応には、ひやひやします。

英国にいて、たぶん、英国人としてそだっていくであろう自分のこどもたちに、すこしでも、日本との架け橋になってほしい、日本の心を世界にひろげて(彼らの友達でもいいし)ほしい、、とおもって地道にやっていこうとおもっていますが、このままでは、うちの子が、成人するまでには、日本国はなくなってしまうのではーーーーー???なーーんて、あせってしまっていますわ。大げさかもしれませんが。。

なんだかおもうのですけど、大東亜戦争が始まる前みたいですよね。。日本がいつもなにもしないで、下手にでて、通州事件でも何も手を打たないで、世界にうったえないで、そのくせ、満州の鉄道開発のときだけ、アメリカと共同はいやだとつっぱねて、、(まあわかりますけど、、)それを根にもたれ、、

なんだか、、にているなーーーっておもcっちゃうんですわ。

日本は海外、欧米に、宣伝対策をしなくてはいけないとおもいます。

いくら日本がただしいって主張しても、今の状況では、日本は不利だとおもいます。

って、えらそうにかいていますが、、、きっと、政府はわかっているのでしょうね。わたしよりずっと、頭がいいはずですし、一生懸命寝る間もおしんではたらいているはずですから。。


あああーすみませーーん。えいとさん。。ぐちになりましたわ。

とにかく!!!一時期でも、復活!!!うれしいです!!

それではまた!!お忙しい中、お体をお大事に!!!!!!
Posted by のんちゃん at 2012年08月27日 20:42
初めまして。

玉音放送の翻訳は有名ブロガーちきりんさんによるものです。

翻訳したちきりんさんの名前を出さずに、さも自分が訳したかのようにツイッター上で拡散した方が後日ちきりんさんに謝罪していました。

翻訳にも権利があるので、ぜひ本文に明記して頂きたいです。

よろしおねがいします。
Posted by サラダ好き at 2012年08月28日 03:40

>サラダ好きさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>玉音放送の翻訳は有名ブロガーちきりんさんによるものです。

そうでしたか。
私は、ツイッター上で玉音放送の現代語訳を見つけたので、リンクと転記をさせていただきました。
ツイートをされていた方にはリンクの了解を取りましたが、
その方からは ちきりんさんのお名前は出てこなかったですね…。

著作権があることは理解しております。
本文に明記をすべきとも思っております。
有名ブロガーさんとのことですが、すみません、私は ちきりんさんのことを存知あげておりません。
サラダ好きさん、ちきりんさんのブログのURLを教えていただけますか?
事後承諾になりますが、ご挨拶に伺い、リンクのことをお知らせに参りたいと思っております。

よろしくお願いいたします。

Posted by えいと@ at 2012年08月28日 05:46
リンクを貼るとどうしてもエラーになってしまうのでお手数ですが下記を参考に検索して頂けますでしょうか?

すみません…。


Chikirinの日記
2008-8-15
終戦の詔勅
(ちきりん語訳とともに)

Posted by サラダ好き at 2012年08月29日 03:48

>サラダ好きさん

教えてくださってありがとうございます。
ブログの方にコメント欄がなかったので、ツイッターでご挨拶をさせていただきました。
記事内のリンクも変更いたしました。

また何かあればお知らせくださいね。


Posted by えいと@ at 2012年08月29日 05:03
えいとさん
はじめてコメントします。40代主婦です。
私も今まで日本の歴史に無縁の生活を送ってきました。
自虐史観という事に気がついたのは、元航空幕僚長の
田母神氏の発言からという情けない国民です。
母方の祖父は高校教師でした、南方戦線へ行き
なんとか帰国するもマラリアで亡くなったと聞いています。父方の祖父は技術者で国内の軍事工場にて終戦を
迎えたそうです。
Posted by きくまる at 2012年08月30日 22:36
えいとさん、コメントが途中でUPされてしまいました。
きくまるです。
自分の祖父達が命がけで守ったこの日本なのに、私は戦争をした昔の日本人が悪いんだと学校教育のみを信じていました。
しかし殆どの時間を日常生活に費やし、正しい歴史認識とは無縁の生活を送ってきました。
結婚し出産し母となり、子供の将来を考えて、教育は大事だと感じていた頃、田母神発言や尖閣、竹島、北方領土
今まで意識してこなかった歴史認識をもう一度学び直そうと思うようになりました。
主人は歴史が好きでえいとさんのように自分で学び自虐史観から脱却している人でした、夫婦でこのような話をして来なかったので始めて知りました。
主人は自分から気がつかなくては、この話をしても無理だと思っていたそうです。多くの日本人がそうですよね。
今まで教えられて来た事が戦勝国が作り上げた間違った事だとは思えない。
私は日清、日露戦争、当時の世界情勢、人種差別、大東亜戦争、東京裁判、パール判事、マッカーサー元帥と昭和天皇、色んな本を読んだり、ブログをみたり(えいとさんのブログにも辿り着きました)
ようやく自虐史観から脱却しました。

戦争で日本を守る為に亡くなった方々に少しでも報いる事が出来るように子供達に事実を伝えていこうと思っています。中曽根元総理が靖国参拝を止めなければ、日本の閣僚の参拝を問題にする隣国は今のようなゆすり国家になっていなかったかもしれません。

私も今、主人の仕事の関係で北米在住です。
ここに住む事になり、戦勝国側の都合の良い歴史を目の当たりにしたのも、日本の歴史認識を見直すきっかけになったと思います。人種差別は今もある所にはあります。
そして日本にいた頃はあまり気がつかなかった日本の素晴らしさを実感します。
資源の無いこの国の宝は日本国民だと思います。
しかしこのまま自虐史観教育をしていくと、日本人の良さが失われていくのではないでしょうか。
だらだらと書き連ねて申し訳ありません。

えいとさんこれからも色々と発信して下さいね。
私ももっと学びます!英語も頑張りますが全然上達しません。我が家も家では日本語オンリーです。
Posted by きくりん at 2012年08月30日 23:10
なんどもスミマセン。
さきほど名前入力を間違えました。
ただしくは→「きくまる」です。失礼しました!
Posted by きくまる at 2012年08月30日 23:19
遅くなりましたが、 お帰りなさい。

何か身が引き締まりますね。玉音放送の全文の訳ですね。
これは日本の皆さん全てに是非伝えたいですね。

中韓との軋轢が酷くなってます。
毅然として立ち向かわないといけません。

これからも期待してます。
Posted by 夢見る親父 at 2012年08月31日 18:30
いいサイトにたどり着きました。
何回聞いても涙がこぼれる昭和天皇陛下のお言葉。

天皇陛下に対しての「謝罪せよ」は、正確には、「ひざますいて、謝罪せよ」でした、そして韓国では、この意味は、両手を後ろに縛って跪き頭をさげろ」という罪人の姿なのです。

これほど、天皇陛下を侮辱されても、まだ韓国に融資する銀行や企業をつくる日本企業の思考がわかりません。

Posted by ゆるせん at 2012年09月05日 08:41
このブログ主Yohkanさんの風刺作品最高です。

愛国画報 from LA
ロサンゼルスより愛国心を込めて。大日本帝国万歳。

http://yohkan.iza.ne.jp/blog/

Posted by ばんざい in USA at 2012年09月05日 13:12
えいとさん
初めてコメントさせていただきます。前々から存じ上げてはいたんですが。
昭和天皇陛下のお言葉。涙が止まりませんでした。
そしてなにを隠そう私も自虐史観というのにかなり浸かっていたようです。今回の事で私も歴史をもう一度考え直し、勉強もしました。
そういう意味ではかの国の大統領に感謝しなくてはいけないのかも??
政府もマスコミも信用できない昨今、私達国民が声をあげていかなければならないと思うのです。何が正しくて何が正しくないのか。
アジアの国で反日は中国と韓国だけです。インドもマレーシアも台湾も私達と同じ小さい東洋人が大きな西洋人をおっばらってくれた、インフラも整備してくれて病院や立派な学校も作ってくれたと感謝しているのです。
いつまで謝罪せよと言われなければいけないのでしょう?私達の血税でいつまで融資しなくちゃいけないのでしょう?
日本を抜いたと小躍りしてる国にもう融資は必要ないでしょう。
いくらA級戦犯であろうが国の為に亡くなった人を、死者を日本人が弔って何が悪いのでしょう?
もう大人な対応なんて言わないで、言いたい事ははっきりと言う、Noと言える国になりましょう。政府ができないなら私達が微力でも我慢強く発信していこうじゃありませんか。
従軍慰安婦問題も先日、慰安婦決議 撤廃ホワイトハウス請願に署名して参りました。外国人参政権にも断固として反対していきます。
私は日本人です。日本人である事に誇りをもってます。私達日本人の手で日本を守っていきたいと切に願います。
Posted by apiapi at 2012年09月09日 15:32
●島根県隠岐の島町で、限定発売中の焼きまんじゅう 「竹島ものがたり」(12個入り、840円)が売れていることが16日、分かった。

隠岐の島町役場観光課によると、同品は町内3店舗だけで販売している“幻の商品”。
隠岐空港内の売店では前日15日に在庫分の約50箱が完売。女性店員は「先月まで1日1箱 程度しか売れませんでしたが、ここ数日間は飛ぶように売れた。完売は初めて」と目を丸くした。 女性店員によると、主にお盆期間中の帰省客や観光客の購入が目立ち「珍しさから1人で10箱 以上買う人もいた」という。同町の特産品を扱う隠岐特産センターでも、この日までに40箱が 完売。売り切れの理由について、女性店員は「間違いなく竹島報道が増えた影響だと思います」と説明した。

同品は06年8月、都内の菓子製造会社「大藤」が企画。竹島を構成する東島と西島をかたどった まんじゅうの表面には「竹島」の焼き印、日の丸のつまようじも付いている。パッケージには 「二月二十二日は竹島の日です」と記されており、同日のみ県のアンテナショップ「にほんばし島根館」 (東京・中央区)で販売する。

同品を巡っては06年12月に、同社が特許庁へ「竹島−」の商品登録を申請したが「日韓両国の 混乱を招く」という理由で認められなかった。これに対し同庁への抗議が殺到し、再審査の結果、 07年2月に登録が認められたという経緯がある。同社の大久保俊男社長は「政治的意図はない。 竹島の場所を多く人に知ってもらうためのお土産です」と話した。
[2012年8月17日9時13分]
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20120817-1001886.html

Posted by ハタ坊は愛国者 at 2012年09月11日 13:03
こんばんは〜 お久しぶりで〜す♪

いえね…もううれしくって…うれしくって〜♪
だってね、今日自民党総裁選があったんですけど
石破さんと接戦で安倍さんが新総裁に選ばれたんですよ〜
どうなるかな〜と思ってたんですけど…よかった〜

「日本を取り返す。日本を守る」と言っていた安倍さん。
自民党は賢明な選択をしたと思いますね。

安倍晋三の実績
就任わずか3カ月で、教育改革と防衛省昇格を成し遂げ、
就任早々から各国との外交を精力的にこなし、
経団連の圧力に負けずにWCエグゼンプションの対象者を
目標だった年収1000万円以上の近くで踏みとどめ、
それでいて企業側に非正社員の社会保険と厚生年金の適用を認めさせ、
児童福祉と子育て手当てとフリーター自立支援を予算に設けつつ、
国債を減らして財源建て直しをスピードアップ、
北朝鮮制裁をガンガン強化して朝鮮総連をガサ入れ、
パチンコ屋を税務調査の波状攻撃で締め上げて総連を逆ギレさせ、
貸金規正法を改正してグレーゾーン完全廃止で悪徳サラ金業者を締め、
「負けたら即引退スペシャル」の重圧下でも重要な選挙に連勝し、
「女系天皇容認」を白紙に戻し、
「日本海」を「平和の海」に改名しようと提案した盧武鉉大統領の
アホな要求を見事に拒否し、
人権擁護法案を凍結し日本国民の言論と表現の自由を守って、
国民の大多数が疑問に感じていた「ゆとり教育」の見直しを明記し、
中国への武器輸出禁止解除反対をEUに働きかけて、
在日や凶悪犯罪を取り締まる共謀罪成立に全力をあげた政治家。
これが、在任1年での功績。しかし、報道されなかった。

えいと@さんが他の方を応援してたらごめんなさいね。

それにしても陛下の広島訪問はものすごい歓声ですね。
戦後2年経っているのにびっくりです。
いかに国民にとって皇室が支えになっていたかがわかりますね。
Posted by リボン at 2012年09月26日 20:17

>ジェニさん。

お久しぶりー! 返事遅くなってごめん!

>確かにそやわ。国家が崩壊した時は今も昔も国王なり元首なりは、そのほとんどが亡命したり、しようとするのが普通やよね。

そやねん。
他の国のトップって 自国が崩壊したりしたら国民そっちのけで自分だけ助かろうとするねん。
ま、人間やしね。自分の命は大事やわな。
せやけど、日本の天皇陛下は違うねん。自分の命より国のこと、国民の命を一番に考える人やねん。
これは神さんとしか言いようがないで。

>少なくとも国のトップや重要な立場にいてる人間なら、他国のトップをリスペクトするのはごく当然の礼儀でしょ。あんな人間が国の大統領っていうだけでお里が知れるというか、もう国民のレベルが知れてしまう(それを言うと日本の民主党もあれやねんけどさ・・・)

私さ、今の韓国の大統領はかなりマシな人間やって思ててん。
前の大統領の盧武鉉と違ってかなり公平な考えを持ってる人やしね。
せやけど、今回のことであかんわー。
こんな人やったんや…って愕然としたわ。
この人は在日韓国人やんか? 日本で暮らしてたわけやん。
多少なりとも日本国民にとって天皇陛下がどういう存在かって、ある程度は知ってるはずやん。
それがこれや…。あり得へんわ。

>もうね、私としてはこの際韓国に徹底的に基地外ぶりを世界に知らしめてほしい。

同感。
この際、世界中に「韓国って何ちゅー国や」って思わせたらええねん。

>私の周りで、今まで政治的な話なんか一切した事なかったふつーーの主婦や、韓国のこと悪く言うたことなかった人も今は話題にしてるし、怒ってるしね。だからどんどん愚かさを見せてほしいわ。これで目が覚めた日本人も多いと思う。もっともっとアホなことやって、日本人の目を覚ましてー!

ホンマやね。これで目が覚めへん人間は、もう何て言うか…見込みなしやわ。
何が起こってもきれいごと言うんやろうな、そういうタイプの人間は…。


Posted by えいと@ at 2012年10月10日 09:52

>MUUさん。

お久しぶりです! お返事が遅くなってすみません。。。

>敗戦後、マッカーサーに天皇陛下が御会いなされた際に、自分の命と引き換えにしても、日本国臣民の安全だけは保証してほしい、とのお言葉を何度も繰り返されたと聞いています
>そしてその時の天皇陛下は、マッカーサーいわく、「震えていた」との事も伝わっています
>たとえ陛下といえども、命を捨てる覚悟なのですから、恐くないハズがありません

陛下も人間ですから…。
しかも、あの時代ですしね。日本は戦争に負けた側ですし。
他国に原子爆弾を落とすアメリカという国は、あの時の陛下にとっては それこそ鬼か地獄の閻魔大王のように思えたのではないでしょうか?
そんな状況でも、国民のために、日本国の存続のために勇気を振り絞ってくださった昭和天皇だったのですね…。

>陛下もわが身を賭して、日本国臣民の身の安全を願ってくれたのです

本当に感謝です…。
あの時、昭和天皇が、他の国のトップと同じように命乞いをしたり、亡命などをしていたら…。
今の日本はなかったと思います。

>それほどまでして国民の安全を最優先した陛下を貶すような輩を、私は絶対にゆるせません!

大統領の座を降りれば逮捕が待っているお国ですから、
それこそ自分の身を守るために必死なのでしょう。
自分の身を守るためには、他国の元首を平気で貶すのです。
許せません。
お隣の国はこういう人間を大統領にするのです。そのことをしっかり覚えておかなくてはいけませんね。



Posted by えいと@ at 2012年10月10日 10:07

>のんちゃん。

お久しぶり〜! お返事が遅くなってごめんなさい!

>前から、おかしいことをいう国で、逆に、あの国の国民がかわいそう、、なーーんておもっていましたが、、、あそこまで子供じみているとは、はっきりいっておもっていませんでした。(わたしも甘いか??)

同感! 私もそう思ってましたー。
今の韓国の大統領はかなりマシな人間だと思ってたの。
前の大統領の盧武鉉と違ってかなり公平な考えを持ってる人だと思ってた。
でも、違ってたみたいね…。
こんな人やったんか…って愕然としましたわ。。。
この人は在日韓国人で日本で暮らしてた時期があったんですよね。
多少なりとも日本国民にとって天皇陛下がどういう存在かということは ある程度は知ってるはず。
なのに…。もうガックリ。。。
大統領の座を降りれば逮捕が待っているお国だからねぇ。
それこそ自分の身を守るために必死なのでしょう。
自分の身を守るためには、他国の元首を平気で貶すのが韓国のトップの姿ってことですね。

>慰安婦問題も、きちがいじみていますが、わたしが、ぎぎぎぎぎーーーーーーーって本当に頭に血がのぼったことは、天皇陛下を侮辱されたっことですわ。きっと、ほかの日本人の方もそういう方がおおいのかもしれません。

天皇皇后両陛下って日本人にとって「心の中のお父さん、お母さん」なのですよ。
自分の親をバカにされたら、しかもとんでもない誤解で貶められたりしたら腹が立ちますよね。
今、まさにそういう状況なんじゃないか…と思います。

>自分のブログでぶりぶり怒るよりも、自分の子供たちにしっかりとした日本の歴史や、日本人としての誇りをもたせたいとおもって、しばらくブログをとおざかっていたわたしですが、、、、最近(じゃあないですが)のまぬけな日本政府の対応には、ひやひやします。

日本に住んでいるお母さん方が皆、のんちゃんのようなお母さんだったらいいのに…って思います。
親の教育って本当に大事だと思う。
今の日本の現状を見ると、親自身が日本の歴史を知らないし誇りを持っていないんだもんね。
ため息が出ちゃうよ。。。

>英国にいて、たぶん、英国人としてそだっていくであろう自分のこどもたちに、すこしでも、日本との架け橋になってほしい、日本の心を世界にひろげて(彼らの友達でもいいし)ほしい、、とおもって地道にやっていこうとおもっていますが、このままでは、うちの子が、成人するまでには、日本国はなくなってしまうのではーーーーー???なーーんて、あせってしまっていますわ。大げさかもしれませんが。。

国が消滅してしまうことはないかもしれないけど、日本が日本でなくなってしまっている可能性はあるかも…。

>なんだかおもうのですけど、大東亜戦争が始まる前みたいですよね。。日本がいつもなにもしないで、下手にでて、通州事件でも何も手を打たないで、世界にうったえないで、そのくせ、満州の鉄道開発のときだけ、アメリカと共同はいやだとつっぱねて、、(まあわかりますけど、、)それを根にもたれ、、
>なんだか、、にているなーーーっておもcっちゃうんですわ。

同感! とっても似ていると思う。
外国に気を使って、世界の目を気にしすぎて 状況をきちんと世界に発信していなくて、日本は誤解されて、
アメリカと手を組むことに難色を示して、
その結果、日本が孤立してしまう可能性は十分あります。
その裏には中国が糸を操っている…。
本当に今と状況がよく似ていると思います。

>日本は海外、欧米に、宣伝対策をしなくてはいけないとおもいます。
>いくら日本がただしいって主張しても、今の状況では、日本は不利だとおもいます。

政府が主張していませんからね。
一般人やジャーナリストがいくら主張してもダメなんです。
政治で日本の姿勢を示さないと…。

>きっと、政府はわかっているのでしょうね。わたしよりずっと、頭がいいはずですし、一生懸命寝る間もおしんではたらいているはずですから。。

民主党ではダメでしょうね。社会党系の考えを持つ政党ですから。
自民党でもあまり強くは主張しては来なかったかもしれないけど、それでも日本の方針として一つの方向性があったと思います。
民主党になってからぶれ始めて、どっちに向いて政治をしているのか…という状況になっているのですよ。
このままいくと…日本は四面楚歌です。

>とにかく!!!一時期でも、復活!!!うれしいです!! それではまた!!お忙しい中、お体をお大事に!!!!!!

ありがとう〜〜〜。嬉しいです。
まだまだ忙しさに負けてきちんとブログを再開できてないんだけど、
時期を見て復活しますねー。

Posted by えいと@ at 2012年10月10日 10:34

>きくまるさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

>私も今まで日本の歴史に無縁の生活を送ってきました。自虐史観という事に気がついたのは、元航空幕僚長の田母神氏の発言からという情けない国民です。

田母神氏の件で気がつかれたんですね! すばらしいですよ〜。
日本の歴史に無縁な生活をしてこられた…というのは、ほとんどの日本人が同じです。
だって教育されてこなかったんですから…。

自虐史観にいつの段階で気がつくか、気がつかないまま人生を終える人もいます。気がつくかどうかで人生は変わってきます。
私も変わりましたよ。
日本という国のすばらしさ、先人のすばらしさを知り、自分の心の中にある自虐史観を克服した時、
私の心の中はどんな変化をしたか…。ここには書ききれないほどの変化でした。
日本人として生まれて良かった、今では心からそう思っています。

>自分の祖父達が命がけで守ったこの日本なのに、私は戦争をした昔の日本人が悪いんだと学校教育のみを信じていました。

戦争は確かにいいことではないですよね。
多くの人間の命がなくなってしまうことですし。合法的に人殺しができるのが戦争です。
でも、戦争はどちらかの国だけが悪いから起こったということは絶対にありません。
戦後教育は戦勝国からみた大東亜戦争であり、そうなると日本が悪者になるのは当然です。
そういう教育を戦後、ずーっと継続されてきたのです。我が国日本は…。

>結婚し出産し母となり、子供の将来を考えて、教育は大事だと感じていた頃、田母神発言や尖閣、竹島、北方領土
>今まで意識してこなかった歴史認識をもう一度学び直そうと思うようになりました。

すばらしいです!
世の多くのお母さん方は、教育には熱心ではあるけれども 歴史教育は抜けていることが実に多いのです。
今の日本があるのは歴史があってこそ。
日本側から見た歴史を しっかりと子供さんに教えていただきたいな…と思います。

>主人は歴史が好きでえいとさんのように自分で学び自虐史観から脱却している人でした、夫婦でこのような話をして来なかったので始めて知りました。
>主人は自分から気がつかなくては、この話をしても無理だと思っていたそうです。多くの日本人がそうですよね。

すばらしいご主人ですね!
私の夫も歴史に詳しく、子供の頃から「今の歴史教育はおかしい」と感じて来た人です。
私は結婚してから、しょっちゅう夫と日本の歴史のことを話しました。
やや左翼がかった考えを持つ私の思考を180度変えたのは夫です。なかなか考えを変えない私に、よくまぁ、夫は根気づよく話し続けたと感心します。
よくけんかになりましたが(笑)、夫に感謝しています。

>今まで教えられて来た事が戦勝国が作り上げた間違った事だとは思えない。
>私は日清、日露戦争、当時の世界情勢、人種差別、大東亜戦争、東京裁判、パール判事、マッカーサー元帥と昭和天皇、色んな本を読んだり、ブログをみたり(えいとさんのブログにも辿り着きました)ようやく自虐史観から脱却しました。

戦勝国側からの歴史も間違ってはいないのです。
でも、それはあくまで戦勝国から見た歴史なのです。
国というものは自国の利益を考えて動きます。それは国によってまったく違うものになることもあります。
利害が相反すると戦争になるんですね…。
日本には日本から見た歴史があります。
よく、第二次世界大戦は「真珠湾攻撃」から始まったかのように言われますが、違います。
明治維新からつながっているのです。
なぜ日本は大政奉還をし、明治の時代に文明開化を行い、日清戦争、日露戦争をするに至ったのか。
そして、なぜ大東亜戦争を行うことになっていったのか。
ずーっとつながっているのです。
日本は日本の国益のために戦争をせざるを得なかった。
そういう歴史を教えられてこなかったんですよね、私たちは…。
これが、今の日本の「自虐史観」につながっているのです。

>戦争で日本を守る為に亡くなった方々に少しでも報いる事が出来るように子供達に事実を伝えていこうと思っています。

戦争で亡くなられた先人たちは、今の日本を見てどう感じられるでしょうね…?
こんな日本のために命を投げ出されたのか…と思うと、心が痛みます。
なんとか、私たちの世代で この歪んだ歴史認識を改め、
日本の国のためには何が必要かを考えることができる若者を育てていきたい…と、そんな風に思います。

>中曽根元総理が靖国参拝を止めなければ、日本の閣僚の参拝を問題にする隣国は今のようなゆすり国家になっていなかったかもしれません。

結局、政治はかけひきなのです。
押せば引く国というメッセージを、日本は発信してきてしまいました。中曽根氏は中韓に気を使って参拝をやめたのでしょうが、
それが返って問題をこじらせる結果となり、今に至っているのです。
中韓にとって靖国参拝は政治の手段にすぎません。

>私も今、主人の仕事の関係で北米在住です。
ここに住む事になり、戦勝国側の都合の良い歴史を目の当たりにしたのも、日本の歴史認識を見直すきっかけになったと思います。

おぉお…きくまるさんは在米でおられましたか…。
外国に住むと、また違った目で日本を見ることができますよね。

>資源の無いこの国の宝は日本国民だと思います。
>しかしこのまま自虐史観教育をしていくと、日本人の良さが失われていくのではないでしょうか。

その通りです。
日本の宝は「天皇」であり、国民です。
日本人は「日本人として生まれたことを誇りに思う」べきですね。
こんなにすばらしい国はない。私はそう思っています。

>えいとさんこれからも色々と発信して下さいね。
>私ももっと学びます!

ありがとうございます!
私もまだまだ勉強中です。知らないことがいっぱいです。
一緒に勉強していきましょうね! 
またブログに遊びにお越し下さい。お待ちしています〜♪

Posted by えいと@ at 2012年10月10日 11:23

>夢見る親父さん。

お久しぶりです〜。お返事が遅くなって申し訳ありません。

>何か身が引き締まりますね。玉音放送の全文の訳ですね。これは日本の皆さん全てに是非伝えたいですね。

本当にそう思います。
昭和天皇が「日本の国の存続」と「国民のこと、子孫のこと」をどんなにかお考えになっておられたか…。
それがよくわかります。
こういうことをちっとも教えない日本の教育…。歪みきっています。

>中韓との軋轢が酷くなってます。
>毅然として立ち向かわないといけません。

そうですね。
ここで引いてしまえば、また将来に同じ問題が起こります。
日本は今まで引いてきました。その結果、今の状況になっているのです。
その場しのぎの対応がいかに問題が多いか、結局、問題の先送りにしかなっていないことを日本人は認識すべきだと思います。


Posted by えいと@ at 2012年10月10日 11:33

>ゆるせん さん。

お返事が遅くなって申しわけありません。

>何回聞いても涙がこぼれる昭和天皇陛下のお言葉。

ほんとに涙がこぼれますね。
こんなにも国のこと、国民のことをお考えになってくださっていたとは…。
こういうことを教えない日本の教育。本当に許せない気持ちです。

>天皇陛下に対しての「謝罪せよ」は、正確には、「ひざますいて、謝罪せよ」でした、そして韓国では、この意味は、両手を後ろに縛って跪き頭をさげろ」という罪人の姿なのです。

まるで罪人扱いなんですね。
日韓併合を許せないのでしょうが、あの時代は併合がなかったら朝鮮という国の存続さえ危うかったのに。
もし旧ソ連が併合していたら…朝鮮という国はなくなっていたかもしれません。
日本が戦争に負けたことで 手のひらを返して反日政策を行った朝鮮。
時代の流れを、歴史を読み取れない韓国。
哀れにすら感じます。。。

>これほど、天皇陛下を侮辱されても、まだ韓国に融資する銀行や企業をつくる日本企業の思考がわかりません。

戦後教育のおかげさまで、愛国心を持たない国民が増えてしまいました。
結果、自分の会社が儲かればそれで良いのでしょう。国がどうなってもどんなに貶められても平気なのでしょうね。
悲しいことですね。。。

Posted by えいと@ at 2012年10月10日 11:47

>ばんざいさん。

愛国画報 from LAさんのブログ、存知上げています。
ユニークなイラストを描かれていますよね。
すばらしいと思います。

Posted by えいと@ at 2012年10月10日 11:49

>apiapiさん。

はじめまして。ブログへのご訪問とコメントをありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。。

>昭和天皇陛下のお言葉。涙が止まりませんでした。

私も全文を現代語訳で読んだのははじめてです。
ここまで国民のこと、国の将来のこと、子孫のことまでお考えになっておられたとは…。
この方こそ神ですよ、冗談抜きで…。本当にそう思います。

>そしてなにを隠そう私も自虐史観というのにかなり浸かっていたようです。今回の事で私も歴史をもう一度考え直し、勉強もしました。

多くの国民がそうなのです。戦後の教育が自虐教育でしたから。
愛国心をもぎ取り、自尊心を失わせることが「国力を弱める」ことにつながるわけですからね…。戦勝国は 日本を弱い国にしたかったのです。戦時中はアメリカをかなり手こずらせましたからね。
戦後ずーっとそういう教育が行われて来たわけですから、多くの日本人の心の中には「自虐史観」が植え付けられています。
どこで気がつくか…。これが大事なのですね。

>そういう意味ではかの国の大統領に感謝しなくてはいけないのかも??

まぁ、そうかもしれませんね。。
大統領だけでなく、反日活動する中韓人にもある意味感謝かもしれません。
ただ、怖いのは、反日運動は世界中で行われているんだってことです。
シンパシーを感じる外国人もいるわけですよ。そういう外国人は、中国、韓国の反日運動に加担します。
日本は情報戦では弱いですからね…。

>いつまで謝罪せよと言われなければいけないのでしょう?私達の血税でいつまで融資しなくちゃいけないのでしょう?
>日本を抜いたと小躍りしてる国にもう融資は必要ないでしょう。

日本は押せば引く国であると いつまでも、メッセージを与え続ける限り継続するでしょうね。
軍隊を持たない日本は、何をされても黙り込まなくてはなりません。
戦争を回避したいがために、多額のお金を準備し、謝罪を継続しなくてはならないでしょう。
それを多くの日本国民が望んでいるのです、いまだに…です。

>いくらA級戦犯であろうが国の為に亡くなった人を、死者を日本人が弔って何が悪いのでしょう?

悪いはずはないですよ。常識で考えても当然のことです。
どんな国でも、自国のために戦ってなくなった方を弔っていますしね。
結局、いい悪いではなく、政治のカードなのです。
歴史問題を出されると どんなに理不尽なことを言っても日本は黙り込んでしまう、日本はそういう国なのだと思われているのです。

>もう大人な対応なんて言わないで、言いたい事ははっきりと言う、Noと言える国になりましょう。

大人の対応っていったい何なのでしょうね。
結局、日本が引けばまるく収まる…ということなのでしょう。
今までがそうでしたからね。日本が引いて一件落着です。
今、こんなに問題になってるのは、日本が引かないからです。Noと言うとあそこまでやるんですよ、中国韓国は…。

>政府ができないなら私達が微力でも我慢強く発信していこうじゃありませんか。

きちんとした歴史認識をもった政治家を選ぶ。
そこから始めないと、日本は変わらないでしょうね。
国民が意見を言える時代になりましたし、こんなふうに発信することができるようになりました。
大変いいことだと思います。
でも、政治が変わらなければ根本的には変わらないと私は思います。
国民が政治に関心を持ち、目先の利益だけで投票することがないような、そんな雰囲気にならないと…日本は変わらないでしょう。

>従軍慰安婦問題も先日、慰安婦決議 撤廃ホワイトハウス請願に署名して参りました。外国人参政権にも断固として反対していきます。
>私は日本人です。日本人である事に誇りをもってます。私達日本人の手で日本を守っていきたいと切に願います。

すばらしいと思います。
日本人として誇りをもつ。この当たり前のことができない日本人が実に多いのです。
国を愛し、日本人としての誇りを持って生きる、一人でも二人でも、そういう日本人が増えて欲しいと心から望んでいます。

またブログにお越し下さいね。お待ちしています♪


Posted by えいと@ at 2012年10月10日 12:17

>ハタ坊は愛国者さん。

情報をありがとうございます。

Posted by えいと@ at 2012年10月10日 12:20

>りぼんさん。

お久しぶりです〜。お返事が遅くなってごめんなさい。

>いえね…もううれしくって…うれしくって〜♪
>だってね、今日自民党総裁選があったんですけど 石破さんと接戦で安倍さんが新総裁に選ばれたんですよ〜
>どうなるかな〜と思ってたんですけど…よかった〜

そうですね。
私も安倍さんが総裁に選ばれて良かったと思います。
一度退かれているからこそ、今度こそという信念をお持ちだと思うし、
次期政権で日本を取り戻し、「美しい日本」を作っていっていただきたいと思います。
力一杯 支持します。
一刻も早く政権交代をし、本来の日本の政治を行って欲しいと心から望みます。

>それにしても陛下の広島訪問はものすごい歓声ですね。戦後2年経っているのにびっくりです。
>いかに国民にとって皇室が支えになっていたかがわかりますね。

そうなんです。国民にとっていかに天皇陛下の存在が大切か…ということですね。
戦後の広島は左翼思想が広まり、自虐史観ならぬ「被害者史観」を植え付けられてしまいました。
沖縄と同じです。
結局、戦後の教育なのです。
戦争直後は愛国心は失われていなかったんです。
戦争に負けてぼろぼろになったけれども、
天皇陛下のために、日本のために、家族のために頑張る日本人の姿があったんです。
戦後教育でそれが否定され、そして現状ですよ。。。
何もかも誤った教育のおかげだったのですよね。。。

安倍政権になって、日本の教育を正常にしていただきたい。
だいぶ膿みが出てきました。あとは絞り出すだけ。
今のままでは日本はダメです。
もっと自尊心のある国民になって、強い国にしなくては…と思います。



Posted by えいと@ at 2012年10月10日 12:29
国士 故中川昭一氏の会見の前日に、「明日はおもしろいことになるわ
よ」と、ロイター記者に得意げに話していたの読売新聞記者、越前谷知子が、ニューヨークへ特派員として転任させたもよう。
しかし名前を出さないのは、どこからか圧力がかかっているのか?)

雑誌FACTA11月号より抜粋

「故・中川財務相の「酩酊会見」の「マドンナ記者 」がNYへ
自民党の政権奪取は、時間の問題――。新聞・テレビ各社が取材体制を強化する中、興味深いハナシが飛び込んできた。自民党の下野の遠因になった故・中川昭一財務相の「酩酊会見」の真相を知る読売新聞経済部の女性記者が今秋、ニューヨーク特派員に転任するというのだ。」

このブログの生前の中川氏の姿に、思わず涙
このブログもいいです。
http://ameblo.jp/yu-suzuki117/entry-11370673464.html


Posted by 拡散希望 at 2012年10月25日 11:17

>拡散希望さん。

情報をありがとうございました。
Posted by えいと@ at 2012年11月12日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288424862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。