2012年04月21日

NYCに響いた君が代〜日米友好バンザイ!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



前回の記事の続編です。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧下さいね♪
  アメリカの桜♪「桜祭り2012」100周年記念のお祭り


Sakura Parkで桜祭りのオープニングセレモニーが行われた後、


お隣のグランド将軍国立記念公園で「ハーレム・フォージャパン TOMOフレンドシップコンサート」が開催されました。


 a-sakuramaturiNY12-30.jpg


   開会の挨拶が行われた後国歌斉唱がありました。


     a-sakuramaturiNY12-32.jpg


米軍兵士が日章旗と星条旗を持ち 舞台の前に立ちます。


   a-sakuramaturiNY12-33.jpg


まずは日本国歌「君が代」が、


そして次にアメリカ国歌「星条旗」が歌われました。


もうね…感激しましたよ!


ニューヨークシティに「君が代」が響きわたったのです。


アメリカの地で「君が代」を聞けるなんて…!


黒人のアーティストが素晴らしい声量で、美しい日本語で「君が代」を歌ってくださいました。


そして、こちらをご覧になってください。↓


   a-sakuramaturiNY12-34.jpg


「君が代」と「星条旗」が歌われている間、こちらの兵士(おそらく上官)の方がずっと敬礼をされていました。


これが 国歌に対する敬意なのです。


もちろん、参加している一般の人達も 全員起立しておりましたよ。


「私は歌いたくない! 座りますからっ!」なんて言う人は誰一人いませんでした。


その場にいる全員が起立し、斉唱する。


これが普通の国の 自国、そして他国の国歌に対する態度ではありませんか?


日本とアメリカは戦争をしあった国です。


かつてはお互いに憎みあった時代がありました。


でもそれは過去のこと。歴史なのです。


どの国だって歴史があります。


どんな国でも 良い歴史だけではないのです。


善や悪、いろんな歴史があって 現在の国家となっているのではないでしょうか。


日本では3月には卒業式、4月には入学式がありますが、


未だに式典で起立しない教師が存在し、


保護者の中にも「君が代斉唱に起立をしなかった」と ツイッターに書き込んでいる人もいました。


一旦起立した上で、君が代斉唱が始まるとわざわざ着席したんですって。


日本って本当に自由ですよね。信条の自由を盾にして自由奔放すぎるのではないか…と思います。


国旗や国歌に敬意を払うことは、国民であることの最低条件であると思うのですけどね。


これも戦後教育の賜物なのでしょうね…。



話がそれました。桜祭りに話を戻します。


国歌斉唱の後、いろんなパフォーマンスが行われました。


 a-sakuramaturiNY12-35.jpg

和太鼓 ↑ です。


和太鼓って聞いてる方も楽しいけど、演奏している人も楽しいでしょうね〜。


運動にもなるし いいなぁ〜って思いました。


   a-sakuramaturiNY12-36.jpg

      日本の歌の独唱 ↑


 a-sakuramaturiNY12-37.jpg

   日本ゴスペラーズの合唱 ↑


 a-sakuramaturiNY12-39.jpg

   お琴の演奏 ↑


お琴の演奏って 日本を感じますよねぇ〜。


特に「さくら〜さくら〜♪」の曲は お琴が一番しっくりくるなぁ〜と思います。

  
 a-sakuramaturiiNY12-41.jpg
     こちら ↑ の画像は Wikipedia「さくら」よりお借りいたしました。


   a-sakuramaturiNY12-38.jpg


このお琴の演奏は 二重奏だったのですが、


もう一方は 何とアメリカ人の男性だったのです。


過去記事に書いたように、NY州バッフォローでの「JAPAN DAY」というイベントで、


アメリカ人の方による「尺八の演奏」がありました。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧下さいね。
  世界中の人が 頑張り屋 日本人を応援してくれている!


外国人の方が 日本の楽器を習得される…って、嬉しいことですね。


着物姿もバッチリ決まってますし!


男性の着物姿ってかっこいい!ですよね。


女性の着物姿は美しいし♪


私も自分で着物の着付けができるようになりたいですー!



   a-sakuramaturiNY12-31.jpg


たくさんの見物のお客さんが来場されておりましたし、


とっても楽しいイベントでございました。


こうして日本の文化に親しんでもらって、日米の友好がもっともっと深まっていけばいいな…


そう思います。


   a-sakuramaturiNY12-40.jpg

桜祭りのスタッフの方が着ていた「桜祭りシャツ」↑です。


これ、欲しかったけど非売品なのですねぇ。残念ー。


スタッフの方にも感謝です。


日米友好 バンザイ!です♪




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 23:45| Comment(24) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(NYシティ編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エイトさん、いい写真ですねー。思わず涙。



私、「日本海の名称を守るため」ホワイトハウスに投票しました!↓

米国に住む 韓国系コミュニティーを中心として米国ホワイトハウスのホームページ上で 米国内の教科書中の日本海の表記を「東海」に改めるよう嘆願活動が行われ 署名が規定の25,000人(30日以内)に達したことから、ホワイトハウスは一定の対応を迫られることとなった。

ところが4/13、同じホームページ上で日本人による逆襲が始まった。 在米中の「ナリヒラ」と名乗る日本人が 「我々は子どもたちに正しい歴史を教えているのに、どうして日本海の呼称を変えなければならないのか」 という嘆願を掲載したのだ。

ホワイトハウス HP
http://wh.gov/UCX

この署名が規定数に達した場合、先だっての韓国系コミュニティと同じ次元で公聴会の開催、懸案などが行われることになる。
4/19現在で4100人の署名が集まり規定に達するためには残り3週間で2万人以上の署名が必要となるが 今週に入ってネット住人を中心に急激に拡散が始まり、署名活動はにわかに活気を見せてきた。 東海表記に異論を唱える住人達は引き続き継続的な拡散を行う構え。

投票方法などを解説した参考サイト:
http://www.gogakudojo.com/article9/index.html


Posted by NY de OL at 2012年04月22日 02:12
大増税やまだまだ、東北大震災で苦しい生活を余技なくされている国民が多いのに、なんでこんなこと軽く決めるのでしょうか!

つい最近、国際通貨基金(IMF)融資基盤強化のために600億ドル(約4兆8900億円)の拠出メコン地域に6000億円の経済援助のニュースで、驚愕したのに、今度は、
過去最大の3000億円放棄=ミャンマーの債務問題決着のニュース。気絶しそうです。

他にも、
韓国には5兆円のスワップ。(97年のときの通貨危機の金すら返済してくれてないです)
欧州対策には4.8兆円の出資。
中国には1.75兆円。
アフガンには5000億円。

こんな巨額の金があるなら、増税する必要ないでしょうに。それとも、海外バラマキのために増税ですか?
こんなことにお金を使うなら、東北大震災の復興費用にあてるという考えは毛頭ないようだ。まだ、多くの国民が災害で今でも苦しい生活している人が多いというのに。
それに、こんなニュースを世界が知ったら、「なんだ、日本は金持ってるじゃないか。義捐金は必要ないな。」と思われるだけ。
Posted by 日本が心配 at 2012年04月22日 07:10
桜祭りいいですね〜〜
どの写真もみんな臨場感があってまさにその場所に
自分も参加している気分になれました(アリガトウ)
お琴いいですね<実は昔独身の頃習っていたんです>
それとスタッフTシャツ欲しいです(笑)♪
Posted by E at 2012年04月22日 09:54
こんにちは、ありがたいですね。
このような催し物が続いていて、100周年のお祝いができて、日本人に誇ることができる文化があって、米国人が日本人の文化を尊重してくれて琴や太鼓を奏でて、お祭りができる。

先人に感謝です、美しい日本を残したいものです。
Posted by masa. at 2012年04月22日 10:23
素敵なイベントに参加できましたね

そして それをシェアーしてくださって ありがとう

読みながら 私も感動しました

ありがたい いい感動です

Posted by はちきんイジー at 2012年04月22日 11:46
アロハ〜!
桜祭り、良かったですね〜。
桜外交、天皇陛下並の効果ありますよね。
君が代を黒人の方が。。
それも感激。。
また違った君が代が聞けたんじゃないですか?
本当に国旗と国歌に敬意を表するって、当たり前のことが出来ない人間がいる。。
そんなことがニュースになること事態、信じられないですよ。
これは、本当に教育ですよね。
こういう反日人間、追放して欲しいです!
自由と権利のはき違いもはなはだしい。。
こういう教師に、教わらなくてはいけない子供達が、かわいそうです。。
こういう人は、海外に行って、その国の国旗国歌の前でも、同じことするんでしょうかね?

Posted by お祭り at 2012年04月22日 18:20
こんばんは〜♪

いつも興味深く拝見しています。
昨年サンフランシスコを訪れた際には、AT&T球場で野球観戦をしました。国家斉唱の時は、もちろん規律されました。敬意を払っておられる姿勢が伝わってきて、感動しました。国旗と国家に敬意を表すことは、当然ですよね。橋元さんの仰ることも尤もでございます。

きょうは、えいと@さんにお伝えしたいことがあります。
最近、公共の仕事を長年なさっておられた方が、国から表彰を受け、授与式は皇居で行われた時のお話を伺う機会がありました。
皇居まではバスで行かれたそうです。途中に松の木が生い茂っているところがあり、迂回されたそうです。「松ノ木は切らないでください」という、陛下の御言葉に沿って、配慮されておられるそうです。陛下のお気持ちに感激しました。
今回の授与式には、ご病気の陛下が出席なさることができないので、殿下が代役を勤められたそうです。殿下がいらっしゃると、みなさん自然に敬礼されたそうです。(多分、その方も含めてのことだと解釈しました。)
「誰にも言われた訳ではないのに、自然に頭を下げることに感動しました!」と、その方は仰っておられました。
昨年の天皇誕生日に一般参賀に足を運ばせて頂いた私です。殿下のお姿を拝見し、今は苦しい状況かもしれないけれど、天皇になるのは殿下であることは、その立ち姿を拝見して瞭然!と思いました。

( 皇居の空気は、下界の門や駐車場辺りとは、全く違うのです。清涼感が漂っていて、ある地点になると、ガラリと変わったことを感じました。<私0能者です>
国民の為に、毎日神事を行ってくださっておられる天皇に感謝します。)

・・・・なんだか、話が飛んでしまいました。

Posted by マダム@にゃん at 2012年04月22日 21:27
あるブログ
2012/4/22(日) 午後 9:36
石原叩きに懸命な寺島実郎 鳩山の外交ブレインだった人

今朝のTBSサンモニから@
今朝のTBSの石原都知事批判は度を越していた。
毎日新聞が社説で「都が出るのは筋違い」だ、「日中国交正常化40周年の節目に無用な摩擦は国益を損ねる」と石原氏を非難したことは当ブログでご紹介した。
当然、TBSは同じ論理で、いや論理と言うより感情というか劣情で石原氏をこき下ろした。
忘備録的な意味で以下文字起こししてご紹介する。
TBSコメンテーター達が如何に反日勢力であることが証明されている。・・・・
続きはこちら
  
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/MYBLOG/yblog.html
Posted by J at 2012年04月23日 08:32
えいとさん
こんにちは。さくら祭りも開催され、この時期のN.Y.いいですね。
ボストンにいる時に行っとくべきでした〜。
アメリカにいる時に国旗・国歌の重要性を再確認した身ですので、こういう素晴らしい映像を見ると、また感動します。
うちの娘は現在6年生なりたてほやほや、先月卒業式の練習をしている時は5年生で国歌斉唱の練習の際、国歌を歌えない子が続出(涙)
娘は幼稚園の頃から式典で何度も歌っていたので(改めて通っていた幼稚園の教育方針に感謝)、歌えない子の多さにビックリしたようです。
音楽の授業でアリランや中国の歌を教える前にまず国歌を教えて下さいと今度の個人面談でお話しようと思っています。
4月29日に靖国神社で開催される「こどもの日親子の集い」に家族で参加してきます。
私は大阪出身で、今は幸運なことに近くに住むことができているので、こんな機会を逃しては!と今から楽しみです。親も勉強になること間違いないと思います。

では、これからの緑深くなる季節を楽しんで下さいね。
ボストンコモンにお散歩に行きたいマッキーでした。

Posted by マッキー at 2012年04月23日 12:19
こちらに『祭座』と言う和太鼓チームがあるんですが、ミックスの子供ちゃんが多いのは当たり前ですが、ピュアなアメリカ人も何人も参加してるんですよ。
お琴も三味線もアメリカの生徒さんが熱心、友達が言ってました。

特に私はこちらでミックスの母親ですから、我が子に誇れる日本であって欲しいと願ってます。
国歌斉唱は当たり前の事。
敬意を示すのも当たり前の事です。
Posted by ree at 2012年04月24日 04:01
こんにちは(*^_^*)

海外にいると自分が日本人であることを意識させられることがけっこう
あるんじゃないでしょうか?
日本にいるとそうでもないんですけどね。
日本人の愛国心のなさは異常です。
これが戦後の教育だったんでしょう。

アメリカの方が、君が代を歌ってくれたり、着物を着てくれたり、
琴の演奏をしてくれる!
そりゃあ、日本人にとっては涙が出るほど、うれしいですよね。
ありがたいな〜って思います。
日本の文化を尊重してくれてるんですからね。
日本なんか君が代を聞くと反吐が出ると言っていた女性が今大臣をやってますよ。
国会議員で愛国心のない人がなるなんか論外です。
愛国心のない人が国や国民を守れるわけがありません。
先日、石原都知事が「尖閣は東京都が守ります」と言ってワシントンで講演しました。
石原さんは愛国心のある政治家の代表です。
ワシントンでの講演はすばらしいものでした。
そういう場を提供してくれたアメリカには感謝感謝ですね。
いつまでも日本とアメリカの友好が続くことを祈ります。

それと
春の園遊会で台湾の駐日代表が招待されました。
陛下は「台湾ありがとう」とお声をおかけになったそうです。
いいお話です〜^^
http://exawarosu.net/archives/6988711.html

日本は友好国がたくさんありますね♪

Posted by リボン at 2012年04月24日 12:45
本当に素敵!!!
チェケラッチョ系のお兄さんが着てるTシャツも最高^^
いろんな国の人とお話する機会があるけど、結局一番理解しているのはアメリカ人なのかもしれないと、思わされること多いです。

こういった関係は大事にしていきたいね!
Posted by おえし at 2012年04月26日 08:19

>NY de OL さん。

「日本海」「東海」呼称問題。
どう考えても韓国側の言いがかりとしか言えませんよね。
こんなことを国際的に訴える、その気持ちがわかりません。
一般の韓国人は「東海」こそが〜と重っっていたとしても、
韓国の要人はことの真相をわかっているはずです。
慰安婦問題にしろ、韓国のトップはいったいどうなっているのかと思います。

> 在米中の「ナリヒラ」と名乗る日本人が 「我々は子どもたちに正しい歴史を教えているのに、どうして日本海の呼称を変えなければならないのか」 という嘆願を掲載

そうだったんですか…。
本当にそうですね。「正しい歴史を教えたい」のに、こんなことが世界で取り上げられ,問題となっている。
この世は理不尽なことがまかり通っている感じがしますね。

Posted by えいと@ at 2012年05月04日 00:19

>日本が心配さん。

いろんな意味で日本は心配が多いですね。
震災後の復興も進んでいないし、原発、電力のこと、税金のこと。
民主党ではきっと荷が重すぎるのでしょう。
はやく解散総選挙になってほしいです。

Posted by えいと@ at 2012年05月04日 00:34

>E店長さん。

>桜祭りいいですね〜〜
>どの写真もみんな臨場感があってまさにその場所に自分も参加している気分になれました(アリガトウ)

ありがとうございます〜。
そういっていただくととても嬉しいです。
ホントにいいお祭りでした。
参加できて良かった〜と思っています。

>お琴いいですね<実は昔独身の頃習っていたんです>

えっ! そうなんですか!
すばらしい〜〜〜。難しいんでしょう〜?
お琴、いいですよねー。日本〜って感じがしますね。
音色もステキです。

>それとスタッフTシャツ欲しいです(笑)♪

ね〜そうでしょう〜? 欲しいですよねー。
こういうのを販売して、震災の義援金にしてもいいのにって思いました。
非売品とのこと…
スタッフの制服のようなものなのかもしれませんね。残念だけど仕方がないですね〜。


Posted by えいと@ at 2012年05月04日 00:38

>masaさん。

>ありがたいですね。

ありがたいです〜。

>このような催し物が続いていて、100周年のお祝いができて、日本人に誇ることができる文化があって、米国人が日本人の文化を尊重してくれて琴や太鼓を奏でて、お祭りができる。
>先人に感謝です、美しい日本を残したいものです。

本当にその通りで、先人に感謝ですね。
そして、途中、戦争があり、日本が敵国になったにもかかわらず、100年もの間 桜を守って来てくれたアメリカにも感謝です。
日本の文化は愛されているなぁ〜と感じた「桜まつり」でした。



Posted by えいと@ at 2012年05月04日 00:40

>はちきんイジーさん。

>素敵なイベントに参加できましたね

ハイ、本当に参加できて良かった〜と思いました。
お天気もよかったし、最高でした。

>そして それをシェアーしてくださって ありがとう
>読みながら 私も感動しました ありがたい いい感動です

そういっていただくと嬉しいです。
日本とアメリカの絆、友情を多くの人に知っていただきたいな…と思いました。
NYCに住んでいる人には当たり前のイベントかもしれませんが、NYC以外に住んでいる人は、日本人でも知らない方も多いでしょうから。


Posted by えいと@ at 2012年05月04日 00:43

>モリオリママさん。

>桜祭り、良かったですね〜。桜外交、天皇陛下並の効果ありますよね。

ホントにそうですね。
天皇陛下の存在と同等の 外交効果ですよね。

>君が代を黒人の方が。。それも感激。。
>また違った君が代が聞けたんじゃないですか?

そうなんです。
日本人が歌う「君が代」とはまた違った感覚で聞きました。
黒人の方の声量は素晴らしいですよね。感動しましたよー。

>本当に国旗と国歌に敬意を表するって、当たり前のことが出来ない人間がいる。。
>そんなことがニュースになること事態、信じられないですよ。

こんな国、日本だけですよ。
日本人が自国の国歌や国旗に敬意を示せないなんて。

>これは、本当に教育ですよね。こういう反日人間、追放して欲しいです!

私もそう思います。
例えば、アメリカに住む黒人さんは 昔はアフリカから奴隷として連れてこられました。
もし、黒人の歴史を100%否定してしまったならば 今のアメリカはありません。
黒人学校で「アメリカ、白人は鬼だ、悪魔だ」と教えられていたら、
アメリカもきっと日本と同じような状況になっていたことでしょう。
星条旗反対運動とかあったかもしれません。
でも、教育でしっかりと愛国心を教えられているアメリカはそうならなかった。
悲しく辛い歴史もあったでしょう。でも、歴史は歴史、過去のことなのです。
歴史があって 今があるのですから。

>自由と権利のはき違いもはなはだしい。。
>こういう教師に、教わらなくてはいけない子供達が、かわいそうです。。

本当に子供がかわいそうですね。
ふたつの考え方があれば、両方教えて、その判断は個人に任せるべきです。
なのに、日本の反日サヨク教師達は 自分と同じ考えに子供を染めようと教育します。
とんでもないことですよね。

>こういう人は、海外に行って、その国の国旗国歌の前でも、同じことするんでしょうかね?

ツイッターで「子供の入学式での君が代斉唱時に わざわざ座った」とつぶやいている人と会話しました。弁護士の方です。
すると「外国ではきちんと起立する」と書いてましたよ。
日本の国歌が心情的にイヤなんですって。
外国で日本の国歌が流れた際には起立をしないのかを聴くのを忘れちゃいました。
聞けば良かったな〜。
今回のように、お祭りやイベントで君が代が流れた時はどうするんだろ???


Posted by えいと@ at 2012年05月04日 00:58

>マダム@にゃん さん。

お久しぶりです〜。

>昨年サンフランシスコを訪れた際には、AT&T球場で野球観戦をしました。国家斉唱の時は、もちろん規律されました。敬意を払っておられる姿勢が伝わってきて、感動しました。
>国旗と国家に敬意を表すことは、当然ですよね。橋元さんの仰ることも尤もでございます。

そうなんです。当然のこと、当たり前のことなのです。
その当たり前のことが日本にはできていない。ここが大きな問題ですね。

>最近、公共の仕事を長年なさっておられた方が、国から表彰を受け、授与式は皇居で行われた時のお話を伺う機会がありました。

いいお話をありがとうございます。
皇太子殿下にはオーラがあると 以前、ブログのコメントに書いてくださった方がいました。
次期 天皇陛下になられる皇太子殿下です。
今、いろいろ外野がモノを言っていますが、そういうことこそマスコミが抑えるべきなのです。
マスコミが率先して皇太子殿下や妃殿下のことを悪く書くなんて…どういうことでしょうか。
報道の自由をはき違えていると思いますね。

>(皇居の空気は、下界の門や駐車場辺りとは、全く違うのです。清涼感が漂っていて、ある地点になると、ガラリと変わったことを感じました。<私0能者です>
国民の為に、毎日神事を行ってくださっておられる天皇に感謝します。)

霊感がない私でも感じましたよ。
皇居は空気が違います。何でしょうね? あの雰囲気は…。
何か不思議な力があると そんな風に感じられますね。

天皇陛下、万歳! 
いつまでもお元気でいてくださることを願っています。。。


Posted by えいと@ at 2012年05月04日 01:12

>Jさん。

ブログ記事のご紹介、ありがとうございました。


Posted by えいと@ at 2012年05月04日 01:15

>マッキーさん。

お久しぶりです〜。

>さくら祭りも開催され、この時期のN.Y.いいですね。

そうですね。毎年行われているんだそうです。NYCの桜祭り。
今年は100周年で大々的に行われました。
参加できて良かったです。

>アメリカにいる時に国旗・国歌の重要性を再確認した身ですので、こういう素晴らしい映像を見ると、また感動します。

アメリカに来て国旗、国歌の重要性に気がついた方って多いですよね。
アメリカ人の国旗や国歌への態度を見て「え? 日本とえらく違うじゃない? 何で何で???」ってびっくりしちゃうんですよね。(笑)

>うちの娘は現在6年生なりたてほやほや、先月卒業式の練習をしている時は5年生で国歌斉唱の練習の際、国歌を歌えない子が続出(涙)
>娘は幼稚園の頃から式典で何度も歌っていたので(改めて通っていた幼稚園の教育方針に感謝)、歌えない子の多さにビックリしたようです。

そうなんですか…。(ため息)
教えない学校が普通にあるんですよね、今でも…。
知り合いの中学校でも「君が代」を教えていた音楽教師が1年でいなくなったと聞きました。
その後に赴任した音楽教師の授業では「君が代」は一度も歌うことはなかったそうです。。。

>音楽の授業でアリランや中国の歌を教える前にまず国歌を教えて下さいと今度の個人面談でお話しようと思っています。

ぜひぜひ! よろしく願いします〜!
マッキーさんのような保護者が増えてくれたらいいのにな〜。

>4月29日に靖国神社で開催される「こどもの日親子の集い」に家族で参加してきます。
>私は大阪出身で、今は幸運なことに近くに住むことができているので、こんな機会を逃しては!と今から楽しみです。親も勉強になること間違いないと思います。

いやはや! すばらしいのひと言です!
感想をお聞かせくださいね。

>では、これからの緑深くなる季節を楽しんで下さいね。
>ボストンコモンにお散歩に行きたいマッキーでした。

ありがとうございます。
ボストンコモン! なっつかしぃ〜〜〜。
アヒルの親子像、また見に行きたいな〜。

Posted by えいと@ at 2012年05月04日 01:24

>reeさん。

>こちらに『祭座』と言う和太鼓チームがあるんですが、ミックスの子供ちゃんが多いのは当たり前ですが、ピュアなアメリカ人も何人も参加してるんですよ。

そうなんですか〜。嬉しいですよね、日本の文化が好きって言ってもらえると。
和太鼓、いいですよね。ものすごいいい運動になりそう。
私もやってみたくなりましたよー。

>お琴も三味線もアメリカの生徒さんが熱心、友達が言ってました。

お琴や三味線を演奏する際には着物ですよね。
外国人の方が着物を着てくれる、これも嬉しいですよね〜。
お琴や三味線を習得する際に、日本の心も習得して欲しいですね〜。

>特に私はこちらでミックスの母親ですから、我が子に誇れる日本であって欲しいと願ってます。

本当にその通りですね。
reeさん、日本の文化、歴史を誇れるよう 子供ちゃんへの教育をお願いします。

>国歌斉唱は当たり前の事。敬意を示すのも当たり前の事です。

その当たり前のことが日本ではできていないのです。
今までそれを問題とさえしてこなかった。
国旗や国歌に敬意を示し、国歌斉唱時には起立をする。
この「当たり前」のことを「当たり前」と受け止める国民になれるよう、今後も運動が必要なんだろうと思います。
こんな運動をしなくてはならない…ということが大きな問題なんですけどね…。

Posted by えいと@ at 2012年05月04日 01:31

>リボンさん。

>海外にいると自分が日本人であることを意識させられることがけっこうあるんじゃないでしょうか?
>日本にいるとそうでもないんですけどね。

そうなんです。
外国に住むと 日本人であるという自覚がものすごく出ますね。
「どこから来たの?」ってよく聞かれますしね。
日本の恥にならないよう生きなきゃって思いながら生活をしています。

>日本人の愛国心のなさは異常です。これが戦後の教育だったんでしょう。

愛国心がないわけではないと思うんです。
国を守るために命をかけるだけの覚悟はないのだろうと思います。
戦後には「国よりも家族、家族よりも個人を重視」する教育が中心となりましたからね。
外国人の愛国心は、いざという時には国を守るために戦士になります。
日本人にはそれがないのです。

>アメリカの方が、君が代を歌ってくれたり、着物を着てくれたり、琴の演奏をしてくれる!
>そりゃあ、日本人にとっては涙が出るほど、うれしいですよね。ありがたいな〜って思います。日本の文化を尊重してくれてるんですからね。

そうなんです。
黒人のアーティストの方の君が代。すばらしかったです。
きっと一生懸命に覚えてくださったのでしょう。
時々発音がずれるのです。そこがまたいい感じでした。(笑)
アメリカ人の着物姿もステキですよね。
男性の袴姿、うっとり〜ですよー。

>日本なんか君が代を聞くと反吐が出ると言っていた女性が今大臣をやってますよ。国会議員で愛国心のない人がなるなんか論外です。
>愛国心のない人が国や国民を守れるわけがありません。

「国壊議員」なんて言ってるバカもいますしね。

>先日、石原都知事が「尖閣は東京都が守ります」と言ってワシントンで講演しました。石原さんは愛国心のある政治家の代表です。
>ワシントンでの講演はすばらしいものでした。そういう場を提供してくれたアメリカには感謝感謝ですね。
>いつまでも日本とアメリカの友好が続くことを祈ります。

はじめ、聞いた時にはビビりましたが(笑…理由はこちらに書いています → http://eight-americann.seesaa.net/article/266675575.html
すばらしい演説でしたね。
あの演説をする場を提供してくれたアメリカの懐の深さに感謝ですね。

>春の園遊会で台湾の駐日代表が招待されました。
陛下は「台湾ありがとう」とお声をおかけになったそうです。いいお話です〜^^

今上陛下はよくわかっておられるのでしょう。
大切にすべき国はどこなのか…を。
日本には友好国がたくさんあります。そういう国を大切にしなくては…と思います。


Posted by えいと@ at 2012年05月04日 01:43

>おえしさん。

>本当に素敵!!!

でしょ〜? こんなイベントがNYCで毎年行われていたなんて〜。
NY州に5年も住んでたのに、知らなかったですよぉ〜。(苦笑)

>チェケラッチョ系のお兄さんが着てるTシャツも最高^^

ね? 素敵でしょー? 私も欲しい〜って思いましたよ〜。
売ってたら買ったのになー。

>いろんな国の人とお話する機会があるけど、結局一番理解しているのはアメリカ人なのかもしれないと、思わされること多いです。
>こういった関係は大事にしていきたいね!

同感! 
なんやかんや言って、一番日本と価値観が近いのはアメリカだと思うんです。
大切にしていきたいですね、この関係。

Posted by えいと@ at 2012年05月04日 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/265993453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。