2012年04月11日

日本とパラオ共和国との絆


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



親日国、パラオ共和国の続編です。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧下さいね。
  友好の国「パラオ共和国」と英霊
  パラオ共和国『カープアイランド』での出会い



日本の真南に位置する小さな島、パラオ共和国という国は、


大正時代から日本と深い関わりのある、大変な親日国であります。


先の戦争では ペリリュー島で日本軍と米軍の死闘が繰り広げられ、


日本軍は全滅いたしました。


米軍がペリリュー島を占領した後、米軍は戦死した仲間(米兵)の遺体を整理していきましたが、


日本兵の遺体には見向きもしなかったといいます。


その日本兵の遺体を埋葬してくれたのが…


現地のパラオの人々であったのです。


パラオの人々は 涙を流しながら日本兵の遺体を丁寧に埋葬してくれたそうです。



そして…国旗です。


こちらが我が国,日本の国旗、日の丸 ↓ です。

  nisyouki1.jpg


そして…こちらがパラオ共和国の国旗 ↓ です。

  PalauKyouwakoku.jpg


日本を尊敬し、日本に親しみを持っているからこそ、


日本の国旗、日の丸と似たデザインが パラオ共和国の国旗のデザインに採用されたのですね…。



さて、パラオ共和国にはライフラインとなっている重要な橋があります。


その橋がこちら。↓


 Palauhashi5.jpg
    画像はすべてこちらのサイトよりお借りいたしました。


この橋 ↑ は 実は日本製なのです。


橋の名前は「Japan−Palau Friendship Bridge」(日帛友好橋)


この橋が完成したのは2002年1月のことでした。


今からほんの10年前の出来事です。


え? それまではいったいどうしていたの…?


小さい島が集まった国であるため、橋は流通などで重要なはずなのに、


2002年まで橋がなかったの…?


…って思われましたか?


違うんです。実はあったんです。


KBブリッジ (Koror-Babeldaob Bridge) と呼ばれる橋 があったんです。


橋はあったのですが…。


1996年に橋がまっぷたつに折れる事故があり、崩落してしまったのですね。


その橋がこちらです。↓


 Palauhashi1.jpg


こちらが その橋 ↑ です。この橋は韓国製なのですね。


1977年に韓国の建設会社により建設されたコンクリート製の橋でした。


しかし…この橋は1996年9月26日午後5時35分頃、轟音と共に 突如中央部から真っ二つに折れて崩落してしまったのだそうです。


まっぷたつに折れて崩壊した橋は こんな状態 ↓ でありました。


 Palauhashi2.jpg

 Palauhashi3.jpg


私は5回ほどパラオ共和国にダイビングに行ったことがあるのですが、


そのうちの一回がこの橋の崩落事故の直後だったんですね。


なのでこの事故後の橋の様子を 実際にこの目で見ているんですよ…。


橋の途中に止まっている赤い車も見ましたよ…。


よく覚えています。。。


何ともむごい風景が展開されておりました…。


この事故は交通量の少ない時間帯に起こったため、


大きな被害は出ませんでしたが、それでも2名の死亡、4名の負傷者が出たそうです…。



この橋ができるまでは船のみが流通の手段であったのですが、


橋が完成して以降、橋は流通や交通手段の他、ライフラインの要としての役割があったのです。


橋にバベルダオブ島からコロールへ供給されていた電気、水道、電話などのライフラインが通っていたのですね。


なので、この崩落事故で、パラオの首都機能が 全部麻痺状態になってしまったのですね…。


こんなことを言うのは何ですが…。


韓国企業が手がけた工事は ずさんなものが多いのです。


「マレーシアの象徴」と言われている「ペトロナスタワー」の傾きや、


韓国国内での 地震も起こっていないのに突然ビルが崩壊する等、


韓国では建築技術に関しては問題が多いようなんですね…。

   http://www.asyura2.com/0406/idletalk10/msg/584.html
   http://jsmind.blog18.fc2.com/blog-entry-2924.html



さて、日本が建築した橋ですが。


パラオ政府が財政的な理由から自国の資金による建設を断念したため、


1997年に日本の無償援助による橋の再建を決定し、鹿島建設によって再建されたのです。


それが、はじめに紹介した日本・パラオ友好の橋(通称:日帛友好橋)↓ なのです。

 Palauhashi5.jpg


何と美しい橋なのでしょう。


   Palauhashi7.jpg


この新しい橋のそばに建立された碑文 ↑ には、


日本とパラオ親善の橋(Japan-Palau Friendship Bridge)と刻まれ、


日本とパラオ共和国 両国の国旗も描かれています。


 Palauhashi6.jpg


こんな風 ↑ に日本に感謝する看板も設置されているんです。


それだけではありません。


 Palauhashi8.jpg


2012年1月に 日本・パラオ友好の橋 10周年の記念切手が発行されたのだそうです。


嬉しいではありませんか…。



そして、まっぷたつに折れて崩落してしまった 旧KBブリッジに関しては、


かつて韓国により造られた橋があったことを示す碑があるそうですが…。


 Palauhashi4.jpg


誰がやったのかはわかりませんが、こんな風 ↑ に「KOREA」の文字が削り取られて消されているのだそうです。


何だかね…お里が知れる…っていうか…。(呆)



我が国 日本は、戦後、経済大国に発展しました。


そして多くの国に 経済や技術の援助や協力を行っています。


その中にはこんな風に 日本の援助に感謝してくれる国があるのです。


日本とパラオ共和国は 戦前から現在に至るまで ずっと深い関わりのある国なのですね。


私たち日本人は もっと歴史を知る必要があると思います。


戦前、戦中、そして戦後〜現在に至るまで、


悪い部分だけでなく、また 良い部分だけでもなく、


しっかりと日本という国を見つめる必要があると思います。


その日本が今、大きく揺れ動いているということも、


今を生きる 我々はしっかり見つめ、発言していく必要があると、私は思います。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 04:51| Comment(21) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんま二つに折れて死人出すような橋やったら作るなよ!ってとこやけど、韓国製の橋は無償やったんやろか?それとも入札で安い値段出して請け負ったとかなんやろか?
ほんでまた石碑から自分とこの国の名前削り取ろうなんて、どんだけ卑しい根性なんやろ。あれかな、そのうちこの時代を知ってる人がおらんようなった時、日本製の橋が折れたとか捏造する気満々なんやろか・・・


Posted by ジェニ at 2012年04月11日 08:11
アロハ〜!
この橋の事故、びっくりでしたね〜。
本当にこれだけではなく、色々なところで崩壊事故。。
安かろう悪かろうの仕事ですね。
メキシコ湾の原油事故も原因部品は韓国製。
倉敷の海底トンネル事故の掘削機も韓国製。。
なんともですね。。
文字を消しても、やっぱりまだ読めます。(笑)
こんなことをするということは、事故で亡くなった方に対する、哀悼の意もないということですよね。
ちゃんと友好の橋と、後世にも知らしめてくれていること、本当に感謝の気持ちを感じますね。
全く、そういうことを国民にも知らせない、国もありますからね。


Posted by モリオリママ at 2012年04月11日 15:32
いつもいつも愛読しております。
六十年自堕落的ノンポリで通してきたツケのせいなのか?
今は、日本の現状に限りなく焦燥感を抱いております。
この記事文中の
『悪い部分だけでなく、また 良い部分だけでもなく、
 しっかりと日本という国を見つめる必要があると思います。』
の言葉を我が身、我が頭に叩きこんで(今後は)生きるぞ!
と思っています。

いつも啓発的な記事、ありがとうございます。



Posted by みさび at 2012年04月11日 16:53
さすがですね、 この橋の全体像を見たことが無かったのです。かなり立派なものですね。
あやふやな知識しかないのですが、現地に行くと地元人との交流もあり、戦前と戦後の違い、時代の経過を実感するんでしょうね。

パラオだけではないですが、日本が教育に力をいれ、現地の日本語学校、日本語教育を受けた人の日本語を聞くと、かなりの年月を経過していても良い発音の日本語が聞けますね。あの日本語の発音を聞いているだけで当時の様子や日本がやろうとして来たことの意義が感じられます。

二人の出会いも、パラオという場所は神様が意図的に結びつけた因縁の場所かも知れませんね。
Posted by 夢見る親父 at 2012年04月12日 01:23
文字を削ったところで、どこの国が・・・ってのは分かるのに、おバカすぎです〜。
立派な橋が完成したんですね。
無償の・・・困っていたら手を差し延べられる・・・わが国はそう言う事が出来る国なんですよね〜。
きっと削られた名前のお国は、ビル崩壊?橋が壊れた?だからどうした?って考えですよね。
だから懲りないし、これからも続く。
Posted by ree at 2012年04月12日 03:52

>ジェニさん。

>ほんま二つに折れて死人出すような橋やったら作るなよ!ってとこやけど、韓国製の橋は無償やったんやろか?それとも入札で安い値段出して請け負ったとかなんやろか?

調べてみた。↓
「建設業者選定入札において、SOCIOが鹿島建設の半額の入札価格を提示し落札した。なおこのSOCIOは、1994年に崩落した韓国の聖水大橋(施工は韓国の東亜建設)にも関わっている。」Wikipedia「KBブリッッジ」より

金取っとるんや! 
しかも半額の入札やて! そら、貧しい国は安い方を取るわな。
安い金で仕事を受注して、いいかげんな橋を造っとるんや。
人が亡くなってるんやで! 許されへん。

>ほんでまた石碑から自分とこの国の名前削り取ろうなんて、どんだけ卑しい根性なんやろ。

国の文字が消す…ってあり得へんな。
自分らは、アメリカにウソの碑をバンバン作るくせに、
嘘偽りなく書かれた碑をこんな風にするんやね。

>あれかな、そのうちこの時代を知ってる人がおらんようなった時、日本製の橋が折れたとか捏造する気満々なんやろか・・・

しそうやね〜〜〜。
せやけど、パラオの国の人々が真実をちゃんと知ってるから大丈夫や。
戦後もな、アメリカ統治になって、教科書に日本のことを悪く書くようにとのアメリカからの指示があったんやて。
せやけど、パラオ人が「そんなことはできないしするつもりもない。事実を子供に教える」って言うて、
アメリカに逆ろうて教科書を作ったんやて。
で、今でもパラオ統治時代の日本のことが 継続して教えられてるんやて。
うれしいやんか〜。ええ国や。大事にせなな。


Posted by えいと@ at 2012年04月12日 05:56

>モリオリママさん。

>この橋の事故、びっくりでしたね〜。

ママさん、ご存知でしたか〜。
私はね、実際に見たんですよ。折れて落ちた橋を…。
ものすごい衝撃でした…。

>本当にこれだけではなく、色々なところで崩壊事故。。安かろう悪かろうの仕事ですね。
>メキシコ湾の原油事故も原因部品は韓国製。
>倉敷の海底トンネル事故の掘削機も韓国製。。なんともですね。。

韓国の手抜きの突貫工事は有名ですよね。
それにしても…こんなに事故が多いんだから、外国の公共工事の仕事を請け負わないで欲しいです。
原発も輸出しようとしてるでしょう? 怖いですよ〜〜〜。

>文字を消しても、やっぱりまだ読めます。(笑)

ホントですね、読めますね。(笑)
読めるって知ったら、もっと深く彫るんじゃないですか?

>こんなことをするということは、事故で亡くなった方に対する、哀悼の意もないということですよね。

そうですよね。追悼の意があれば、こんなことはできないですよね。

>ちゃんと友好の橋と、後世にも知らしめてくれていること、本当に感謝の気持ちを感じますね。

ふたつの国旗を並べてくれているあたり。
嬉しいですよね〜〜〜。感激しちゃいました。
私は、この新しい橋は知らないんです。実際には見てないんですよ。
出来上がった頃はダイビングをしなくなっちゃいましたので…。
でも、いつか行きたい! パラオに! 絶対行きます!

>全く、そういうことを国民にも知らせない、国もありますからね。

中国、韓国はそうですよね。
中国にはどれだけのODAの援助を行っていることか。
まったく国民には知らせません。
この間、ツィッターで知ったのですが、
中国四川大地震時、アメリカの20倍もの世界最高額の支援をしたのが日本。
しかし中国がその後感謝を表明した25カ国の中に、日本はなかったそうです。。。orz

Posted by えいと@ at 2012年04月12日 06:08

>みさびさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>いつもいつも愛読しております。

おぉ〜〜〜そうなんですか〜〜〜嬉しいです♪

>六十年自堕落的ノンポリで通してきたツケのせいなのか? 今は、日本の現状に限りなく焦燥感を抱いております。

みさびさんだけじゃなく、ほとんどの国民がそうですよ。
戦後60年あまりの長い間、日本人はお花畑な平和ボケ状態でした。
危機的状況がなかったわけではなかったのですが、国民がボーッとしていても何とか政治が頑張って習性してくれていたのです。
しかし、2009年に民主党政権になって状況が変わりました。
売国政治まっしぐらです。
衆議院で300議席以上とられてしまっては、保守派の政治家がどんなに頑張ってもどうにもなりません。

>この記事文中の
>『悪い部分だけでなく、また 良い部分だけでもなく、
  しっかりと日本という国を見つめる必要があると思います。』
>の言葉を我が身、我が頭に叩きこんで(今後は)生きるぞ!と思っています。

ありがとうございます。
今まで教育現場では「日本は悪かった」ばかりを教えられてきました。
最近、ずいぶん近代史を知る人が増えてきて、喜ばしく感じているのですが、
ちょっと行き過ぎている部分もある気がするんですね。
日本は確かに素晴らしい国ですが、100%素晴らしかったわけではないんです。
反省すべき点もあるんです。
それをしっかり見つめなくては、歴史は繰り返します。
日本のいいところ、悪いところ、両面をしっかりと見つめて、
日本人として何が必要なのか、何を行えばいいのかをしっかり考えて生きていけたらいいなと思っています。

>いつも啓発的な記事、ありがとうございます。

こちらこそ〜〜ありがとうございます〜。
またご訪問くださいね。お待ちしています。


Posted by えいと@ at 2012年04月12日 06:21

>夢見る親父さん。

>さすがですね、この橋の全体像を見たことが無かったのです。かなり立派なものですね。

素晴らしい橋ですね。
そして、パラオの方々が「友好の橋」として掲げてくれている。
二国の国旗を並べて碑にしてくれている。切手まで発行してくれました。
嬉しいですね。

私は古い方のKBブリッジは何度か渡り、崩壊した橋の状態もこの目で見ました。
しかし、新しい日本製の「友好の橋」は,まだこの目では見ていないし渡っていないのです。
いつか行きたい! この橋を渡りたい! そう思っています。

>あやふやな知識しかないのですが、現地に行くと地元人との交流もあり、戦前と戦後の違い、時代の経過を実感するんでしょうね。

そうですね。
私は、パラオに行った時は歴史をちっとも知らなかったので、
現地の人とのコミュニケーションはあまり取らなかったのですね。残念なことをしました。
お年寄りのお話を聞いてみたかったです。
カープアイランドでは,現地の人が働いていましたね。
若い人なので、言葉は通じなかったのですが、みんな優しくていい人でしたよ。

>パラオだけではないですが、日本が教育に力をいれ、現地の日本語学校、日本語教育を受けた人の日本語を聞くと、かなりの年月を経過していても良い発音の日本語が聞けますね。あの日本語の発音を聞いているだけで当時の様子や日本がやろうとして来たことの意義が感じられます。

そうなんですよね。
過去記事に書きましたが。インドネシアのアンボンに行った際、温泉に入ったんです。(水着着用)
そのとき、地元のおじいさんが入っておられて、話しかけられたんですよ。日本語で。
流暢な日本語でした。
日本を懐かしんでおられましたよ。
「この温泉は日本人が作ってくれた。日本人はいろんな物をわしらに作ってくれたし、作り方を教えてくれた」と話してくれました。

>二人の出会いも、パラオという場所は神様が意図的に結びつけた因縁の場所かも知れませんね。

今となってはそう思いますね…。
私は、夫に出会わなかったら、今のような歴史観になることはなかったと思います。
パラオのおかげですね。
パラオに感謝です。


Posted by えいと@ at 2012年04月12日 06:33

>reeさん。

>文字を削ったところで、どこの国が・・・ってのは分かるのに、おバカすぎです〜。

ですよね〜。
他の国の人間がするわけないじゃない〜ねぇ。

>立派な橋が完成したんですね。
>無償の・・・困っていたら手を差し延べられる・・・わが国はそう言う事が出来る国なんですよね〜。

そうなんです。他の国に手を差し伸べる、これが日本です。
こういうODAなら大歓迎ですね。

>きっと削られた名前のお国は、ビル崩壊?橋が壊れた?だからどうした?って考えですよね。だから懲りないし、これからも続く。

うーん、どうなんでしょうね〜?
これだけあちこちで突貫工事の事故が起きているのです。
何も考えないのか…わけがわかりませんね…?
「橋が崩れた? あっそ」てな感覚を持ってるんだとしたら…最低最悪ですね。


Posted by えいと@ at 2012年04月12日 06:55
海の色に見とれていました

綺麗ですね

日本が建てたという橋も美しい

もとの橋の事故には びっくりされたことでしょうね

死傷者はすくなくとも その家族にとっては ただ一人の愛する家族です

ほんとうになんという事でしょう

Posted by はちきんイジー at 2012年04月12日 10:28
こんにちは(*^_^*)

パラオの海きれい〜♪ 

そうなんですよね〜
パラオの橋!折れたんですよね〜 
ビックリでした!
どうも韓国が安い価格で受注したようですね。

最近のニュースでも気になったのは韓国がアラブ首長国連邦が行なっていた
原発建設を落札したそうですよ。
李明博大統領が自ら現地入りして強力な売り込みを展開したそうです。
勝因はやはり極端な受注額の安さだそうで日米は900億ドル韓国は400億ドルだとか…
大丈夫かな!?

パラオの国旗は日の丸をモデルにして作ったそうですね。
バングラディッシュの旗もそうらしいです。
☆バングラディッシュの国旗
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%81%AE%E5%9B%BD%E6%97%97
バングラディッシュも独立時に日本がいち早く承認したことや最大の援助国であることも
あって大の親日家だそうですよ。

ミャンマーも親日だしインドもタイもサイパンも(まだまだたくさん)
そう考えると「日本はアジアの人に悪いことをした」って何を根拠にしたのか
さっぱりわかりませんね〜
これが「歴史は先勝国が作る」ってことなんでしょうかねぇ…(歴史をねつ造)

日本は戦後19年でオリンピックを開催しました。
敗戦後ここまで経済成長したのは努力もさることながら、こういった日本の信用の土台があったからこそだと思っています。
日本の信用の土台を先人が作ってくれていたのです。
ほんとに感謝感謝ですよね。
Posted by リボン at 2012年04月12日 10:45
☆日の丸には兄弟がいた。パラオ、バングラデシュ
http://www.youtube.com/watch?v=-HhKQa-6aeU
Posted by リボン at 2012年04月12日 11:28

>はちきんイジーさん。

>海の色に見とれていました 綺麗ですね

きれいな海ですよ〜。
海の幸も豊富なんでしょうね、きっと。

>日本が建てたという橋も美しい

鹿島建設は日本を代表する企業です。
技術力が違いますね。すばらしい橋を造ってくれました。
嬉しいことですね。

>もとの橋の事故には びっくりされたことでしょうね

旧KB橋は、日本と韓国が入札を競っていたんです。
で、韓国は日本の半額の価格を提示して勝ち取ったんだそうです。
貧しい国は安い方を選びますよね。仕方がないことです。
まさか、20年やそこらで崩落してしまうなんてパラオ国は思わなかったでしょうし。

何でもそうですが、物には適正価格というものがあるのです。
規定の半額で工事を請け負って、設計通りに造れるものでしょうか。
どこかを削らなくては赤字になりますよね。
韓国の企業の技術の問題もあるのかもしれませんが、
材料費を削った…というのも事故の原因だったのではないか…といわれているのです。

>死傷者はすくなくとも その家族にとっては ただ一人の愛する家族です
>ほんとうになんという事でしょう

その通りです。
遺族にとってはかけがえのない家族を失ったのです。
こんな事故はあってはならないですね。
極端に安いものには理由がある…という教訓ですね。

Posted by えいと@ at 2012年04月13日 04:22

>リボンさん。

>パラオの橋!折れたんですよね〜 ビックリでした!
>どうも韓国が安い価格で受注したようですね。

リボンさんはこの事故をご存知でしたか。
半額で請け負ったらしいですよ。SOCIOって韓国の企業だそうです。
何でもそうですが、物には適正価格というものがあるのです。
規定の半額で工事を請け負って、設計通りに造れるものでしょうか。
どこかを削らなくては赤字になりますよね。
韓国の企業の技術の問題もあるのかもしれませんが、
材料費を削った…というのも事故の原因だったのではないか…といわれているのです。

しかもね!
このSOCIOって会社、この事故の補償もせずに逃げたんですって。
で、パラオ国が韓国に対して賠償を請求したところ、韓国は「国が関わった工事ではない」とはねつけたらしいんです。
それで、日本が手を差し伸べた…ということのようですよ。

>最近のニュースでも気になったのは韓国がアラブ首長国連邦が行なっていた
原発建設を落札したそうですよ。
>李明博大統領が自ら現地入りして強力な売り込みを展開したそうです。
>勝因はやはり極端な受注額の安さだそうで日米は900億ドル韓国は400億ドルだとか…大丈夫かな!?

大丈夫じゃないでしょう〜〜〜。
こういう事故があったってこと、何で学ばないのかなぁ〜。
安けりゃいいってもんじゃないのに。
原発を半額で造るなんて…! あり得ないんですけど。。。


>バングラディッシュの旗もそうらしいです。

そうですね! バングラディッシュの旗も日本と似ていますよね。

>バングラディッシュも独立時に日本がいち早く承認したことや最大の援助国であることもあって大の親日家だそうですよ。

こういうことをちゃんと教えろよ!…って思いますよねぇ。

>ミャンマーも親日だしインドもタイもサイパンも(まだまだたくさん)
>そう考えると「日本はアジアの人に悪いことをした」って何を根拠にしたのかさっぱりわかりませんね〜
>これが「歴史は先勝国が作る」ってことなんでしょうかねぇ…(歴史をねつ造)

そういうことでしょうね。
日本がアジアに悪いことをした、ということにしておかないと、
欧米列強の植民地政策は白人のみの悪行と非難されますからね。
中国と韓国・北朝鮮の反日は国策ですし。
自国のゴタゴタから目をそらすために、何にも文句を言わない日本を悪者にしてホルホルしているんです。

>日本は戦後19年でオリンピックを開催しました。
>敗戦後ここまで経済成長したのは努力もさることながら、こういった日本の信用の土台があったからこそだと思っています。

そうですね。
どんなに洗脳されても、日本人のDNAが,戦後の復興の力となったのだと思います。
国って、数年では出来上がるものではないですからね。
本当に感謝です。
日本人に生まれて良かったと、心から思います。

 http://www.youtube.com/watch?v=-HhKQa-6aeU


Posted by えいと@ at 2012年04月13日 04:34
速報

当然のことです。そして、結論先送り ではありません。本当に前進しない
しつこい国だわ。

●「日本海」単独呼称を維持 国際水路機関総会、韓国側「結論先送り」と反発
2012.4.26 19:19 [韓国]

 世界の海図や海、海峡の名称などを調整する国際水路機関(IHO)は26日、モナコのモンテカルロで開催中の総会で、韓国が「日本海」の呼称を「東海」と併記するよう求めている問題を討議、「日本海」単独呼称のままとすることを決めた。

 韓国代表団はこの決定を「結論先送り」と受け止めており、今後も国際機関の会合の場などで併記実現を働き掛けていく方針。

 IHO総会は5年に1度開かれ、今回は23日に開幕。「日本海」の呼称問題は初日から断続的に協議された。閉幕は27日。(共同通信)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120426/erp12042619210004-n1.htm
米政府も迷惑でしょうね。↓
●日本海呼称めぐり請願合戦 米政府HPが一時ダウン
2012.4.21 22:34 [米国]

 韓国紙の朝鮮日報(電子版)は21日、米国の教科書に記載されている「日本海」の呼称を「東海」に変更するよう求める韓国人と現状維持を訴える日本人がそれぞれの要望文を米ホワイトハウスのホームページ(HP)の「請願コーナー」に互いに大量にアップしたため、同HPが一時ダウンしたと報じた。

 同紙によると、米首都ワシントン郊外のバージニア州の韓国人会が3月下旬、「子どもたちが間違った歴史を学ばされている」として「呼称の訂正」を要求する請願文を寄せたのを機に韓国人の請願運動が始まった。

 今月半ばにはこうした動きに反発する日本人の文章がアップされ、双方が懸命に呼び掛けを行っている。同HPに寄せられた呼称変更を求める署名は計2万5千人以上といい、大半は韓国側のものとみられる。(共同通信)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120421/amr12042122340005-n1.htm

Posted by NY de OL at 2012年04月27日 09:02
世界で唯一の親日博物館…北部タイ英霊街道を辿る

ブログ 東アジア黙示録 
http://dogma.at.webry.info/201101/article_1.html
Posted by 桜 at 2012年04月27日 22:04

>NY de OLさん。

韓国の「東海」呼称は本当にしつこいですね。
「東海」がダメなら「韓国海」にしよう…なんて。
結局「日本海」が気に入らないだけなんですよね。
それを国挙げて運動しているんですから…。
呆れてモノが言えません。

国際水路機関総会では「日本海 単独の呼称とする」と決定したにもかかわらず、
韓国は「先延ばし」だと言い張っています。
もう、いい加減にしろよと言いたいですね。
世界も気がついて欲しい。こんな国なんだってことを…。


このアメリカのホワイトハウスの嘆願についてですけど…。
日本と韓国の問題に、なぜホワイトハウスを使うのか?
その意味がよくわからないんです。
まぁ、韓国側に勝手にさせておけばどんどんエスカレートするから…ということなのでしょうけどね。
ホントにどうすれば委員でしょうね、このどうしようもない国…。(ため息)


Posted by えいと@ at 2012年05月01日 05:27

>桜さん。

サイトのご紹介、ありがとうございます。

タイ、ありがたい国ですね。
どこかの国と大違いですね。

Posted by えいと@ at 2012年05月01日 05:31
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by りれきしょ at 2013年11月11日 11:28

>りれきしょさん

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございました♪

Posted by えいと@ at 2013年12月30日 14:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263681247
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。