2012年03月09日

今一度【絆】を考えよう〜東北大震災から1年を迎えるにあたって〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



もうすぐ3月11日です。


そう、2011年3月11日に発生した東北大震災から1年を迎えようとしています。


あれから日本はどう変わったのでしょうか…?


人の心はどんな風に変化しているのでしょう…?



さて、震災の復興がなかなか進まないということをよく聞きますね。


津波で発生した瓦礫の処理が進んでいないそうです。


なぜ進まないのでしょうか…?


いろいろ原因はあると思いますが、一番の原因は政府にあると 私は思います。


被災地だけでは瓦礫の処理には限界があるために 他の地方に処理を依頼することを表明しましたが、


その瓦礫の処理をする費用の一部負担を 地方に求めたそうですね。民主党政権は!


そんなことをしたらどの自治体も受け入れを拒否するでしょうよ。


地方の財政には余裕はないでしょうから、負担をしてまで受け入れるのは無理だと思うのが普通でしょう。


で、国は やっと瓦礫処理の費用を全額 国庫負担とすることを決めたことで、


東京をはじめ、青森・岩手・山形(の一部の自治体)が受け入れを実際に始めていますし、


北海道・埼玉・神奈川・静岡・山梨・京都・大阪・高知(一部の自治体は反対)が受け入れを表明をしています。


 2012年3月現在の 瓦礫受け入れ自治体の状況はこちら ↓ をご覧ください。
  がれき受け入れ自治体一覧マップ(PDFで開きます)


こちらのマップ ↑ の白い部分は検討中、青い部分は受け入れに反対している自治体です。


青い自治体が非常に多いですね…。


いろんな意見があるために なかなかまとまらないのでしょうか…?



この意見がまとまらない、受け入れに消極的になる原因のひとつに「反原発派・脱原発派」の運動があります。

  震災がれき受け入れに抗議殺到
東日本大震災被災地のがれき受け入れをめぐって、松本崇大村市長が6日、前向きな姿勢を示したことに対し、同市役所に7日、抗議のメールや電話が相次いだことが分かった。
メールの文面は「がれきの放射能で長崎の食の安全を脅かすのか」「震災がれきは被災した3県で処理すべき」「大村にがれきを運ぶ途中で、放射能をまき散らすのか」などと放射線への不安を訴えるものが多く、
中には「馬鹿なことはやめていただきたい」「がれきはお金になるってことですか」などの表現も。
電話では「がれき処理で被災地に雇用が発生するのに、なぜ大村市が雇用を奪うのか」との意見もあったという。
発信元が県外とみられるものも相当数に上った。

      震災がれき受け入れに抗議殺到 ながさきニュース


放射線に対する不安から こういう風な意見 ↑ が出るのでしょう。


気持ちはよくわかります。


しかし、冷静になってよく考えて欲しいのです。


福島第一原発付近の 放射性物質に汚染されている瓦礫の処理ではないのですよ。


東北全体が 放射能に汚染されたわけではないのですから。


この抗議メールの中に「震災がれきは被災した3県で処理すべき」なんていうのがあったそうですが。


こんなこと ↑ をいう人がいるなんて…! 呆れるやら悲しいやら…。情けなくなりますね。


被災地では処理が限界を超えているから 他府県に依頼しているのです。


だから被災地以外での瓦礫の処理をお願いしているのではありませんか…。


震災後に【絆】といった日本はどこへいってしまったのでしょう。


【頑張ろう! 日本!】って言っていたのは「被災地だけで頑張れ」ってことなのでしょうか。


発信元が県外…というのは 明らかに「反原発・脱原発派」の活動でしょう。


沖縄の米軍基地に反対する本土の左翼の活動と同じではありませんか…!



他には、こんな悲しいニュースもありました。

  福島の子、公園で遊ぶな…学校でのいじめも最多
法務省は2日、全国の法務局が昨年1年間に扱った「人権侵犯事件」の状況を発表した。総数は2万2168件(前年比2・2%増)で、「学校でのいじめ」が3306件(同21・8%増)で過去最多を更新した。
子どもに関する人権侵犯事件が急増した理由について、同省は「いじめや虐待が増えたのではなく、相談してみようという意識が子どもたちの間に広がったためだろう」と分析している。

東日本大震災に関連した人権侵犯も29件あった。
福島県から避難した人が、近隣住民から子どもを公園で遊ばせないよう言われたり、
保健所に自動車の放射線量を測定されたりしたケースなどだった。
各法務局が、ポスターを掲示するなどして、偏見による差別をしないよう呼びかけたという。
震災に関する人権相談は昨年末までに計491件。
「福島ナンバーを理由に駐車を拒否された」「転校先の学校でいじめを受けた」などの声が寄せられた。

   福島の子、公園で遊ぶな…学校でのいじめも最多(読売ニュース)


これ、ひどくないですか…?


他にも福島県から避難してきた子供の、保育園入園を断るというニュースもありました。


まるで福島県に住んでいた人間が 何かものすごい伝染病にかかっているかのような扱いではありませんか。


子供を持つ親が 異常に神経質になっているということなのでしょう。


自分の子供の安全を守りたい、という親御さんの気持ちは理解できるのですが、


「放射能=危険」という恐怖で疑心暗鬼に陥っているとしか思えないですね…。



放射能に関しては いろんな学説があるため、いったいどれを信じていいのかわからなくなってしまいがちです。


しかし、明らかに「放射能はちょっとでも触れると命に影響がある!」かのように、


恐怖を煽るような報道をしているのは事実ですし、


そういう報道だけを妄信して 過剰反応している人が多いというのも現実としてあるのでしょうね。


その結果、被災地の人を差別し、復興を遅らせているという現実があるのです。



世の中には危険なものはいっぱいあるのに、なぜ放射能だけが特別なのでしょう。


自動車の事故で命を失う人は後をたたないのに、車社会をやめてしまおうという声は上がることはないですよね。


お酒だって煙草だって、健康に害があると理解されているのに 根絶しようという声は上がらないです。


なぜ放射能だけがこんな騒ぎになってしまうのでしょう。


その答えのヒントがこちらのサイト ↓ にありました。
   放射能リスクの考え方〜科学と哲学の狭間で〜

   〜〜〜ここから転載〜〜〜

◆ゼロリスクを求めたために失ったもの◆

我々は「幸福感」を失ってしまった。
自動車を運転し、喫煙し、アルコールを摂取し、塩分過多・高脂肪食の生活を送ることのすべてにリスクが存在している。
我々はリスクを受容しながら楽しく生活してきた。
しかし、新たに加わった放射線リスクはわずかでも受け入れられないのが現状だ。

ゼロリスクという実現不可能なものを求めた先にあるのは、「幸福感」ではなく「不安感」「絶望感」「虚無感」だ。
我々はまた、日本人の美徳である「相手の身になって考える姿勢」「発言や行動が与える影響に配慮する姿勢」「自ら学び考える姿勢」を失った。
「燃やせない」「打ち上げられない」「売れない」「うつす」「載せられない」などの社会性のない無責任な発言や行動がいまだに目の当たりにする。


◆なぜゼロリスクが求められるのか◆

なぜ放射線にだけゼロリスクが求められるのか。以下の理由が考えられる。

○リスクが突然与えられた
私の住む福島で、原子力災害は降って湧いたような話だった。通常の「徐々に」ないしは「予想された」リスクではなかったために、その妥当性を天秤にかける処理がいまだにできていない。
○強制され、回避困難なリスク
通常のリスクは、選択・回避が可能なことが多い。一方、今回の放射線リスクは強制され回避に努力を要する。
○情報氾濫
初期の専門家の見解に若干の相違がみられたために、リスクを天秤にかけた評価が困難だった。また過去のフォールアウトの事実が広く周知されていなかった。
○関係者全員が被災者
一言でいえばこれに尽きる。今回の震災では皆が損害を被った。


◆どうすれば皆が幸せに暮らせるのか◆

不安感の原因の一つが「ゼロリスクが実現しないこと」だと仮定すれば、どこかで「放射線ゼロリスクの追及」を止めないと国民の不安を解消することはできない。
放射線リスクに対する考え方を改めないと、風評被害や差別は続き、「幸福な生活」「日本人の美徳」回復の妨げになる。

国民は今一度根源的な問いに立ち返る必要があるのではないか?
「生きる目的は何か」「何を重要視するのか」「子供たちに何を残したいのか」
それは「子孫に責任感や倫理観を伝えつつ健康や安全な環境を残す」ことなのか、「自分だけが幸せになる」ことなのか。
こうした問いかけの中で、叶わぬ「ゼロリスクの追求」を止めて、リスクと共に「幸福な生活」を清く生きることに目標転換できた時に、国民の不安が少しは解消されるのではないか?
救急医には最も似つかわしくない哲学的な話になったが、今はただ、「どうすれば皆が幸せに暮らせるのか」を福島に暮らす一医師として真剣に考えている。
「国民(福島住民)の放射線リスクに対する考え方」を論ずることは、一医師には荷が重いが避けて通れない問題だ。
我々だけでは解決できないと考え、広く意見を伺いたく問うた。


                  〜〜〜転載ここまで〜〜〜


結局、ゼロリスクを求めているからなんでしょうね。


放射能で不安を煽っている団体は リスクがゼロでないと許せないということなのでしょう。


この世にリスクがゼロなものなどないのに…。


放射能は危険! …と、僅かな放射能でもヒステリックなほどに騒ぐ人々にお伺いしたい。


あなたは外国旅行をする際にはいっさい飛行機に乗らないのですか?


あなたは健康診断や病気になった時のレントゲン検査をいっさい拒否するのですか?


あなたは自分の子供がパイロットやスチュワーデス,放射線の医師や放射線技師、宇宙飛行士等になりたいと希望したら全力で阻止するのですか?


…と。



それと、こちらの方のブログ ↓ とても参考になります。
  リスクとどう付き合うか、エネルギー政策編


原発だけにリスクがあるわけではなく、すべての科学技術にはリスクがあるということを書かれています。


どんな科学技術にも メリット、デメリット、そしてリスクを伴うものなんです。


原発だけが 特別級の危険性があって、その他のエネルギー政策は安全ということはないということですよ。




日本人は いったい何を求めて生きているのでしょうね。


「子孫に責任感や倫理観を伝えつつ、健康や安全な環境を残す」ことなのでしょうか?


それとも「自分だけが,自分の周りだけが幸せになる」ことなのでしょうか?


瓦礫の受け入れを強く拒否したり、福島の人々を差別する人達は、


私には自分だけが,自分の周りだけが幸せであったらいいと思う利己的な人間であるように感じます。


何も危険なものを受け入れろというのではないのです。


日本がひとつの家族であると考えたとき、家族の一員が困っている場合は 手を差し伸べることが必要なのではないでしょうか?


原発の事故で汚染されたのは 人間の心なのではないかと、


最近のニュースを見ていると そんな風に感じてしまいます。



もうすぐ3月11日、震災の日から1年を迎えます。


今一度【絆】という言葉を思い出し、日本全体で被災地の復興を考えて欲しいと思っています。




       【おまけ】

こちら ↓ は「たかじん」の番組で 阪大の中村仁信教授が低線量の放射線について説明されている動画です。

とてもわかりやすく説明されているので、まだご覧になってない方はぜひ、ご覧ください。



  中村仁信 低線量の放射線は健康に良い!(5分50秒)


人間には修復能力があります。


活性酸素で壊れた細胞は 時間がたてば修復され回復するということを説明されています。


参考になるのでは…と思います。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 06:13| Comment(24) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、沖縄那覇市では例年実施している雪遊びのイベントがあります。
自衛隊が青森から雪を運んできて子供達がその雪で遊ぶという物ですが今年は、放射性物質が心配という申し出により一度、中止になりました。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201202/2012022101133
中止を要望したのは、(この記事では、自主避難者となってますが)沖縄2紙では、見出しに大きく「被災者」と書かれてましたよ、被災者の心情に配慮しなきゃって思わせといて、でも実は横浜からの自主避難者と市民団体でした。福島の方ではなくてなんで横浜??ですね、反原発団体とお友達な反日・反米・嫌自衛隊沖縄サヨクの恣意を感じましたね。

文科省によると放射線量は、その青森より沖縄の方が高いそうです。www
Posted by masa. at 2012年03月09日 09:27
確かに政府の指導力というか、世間に対する発信力のなさが、問題だと思います。
それと各マスメディアの「単に不安を煽るような報道」の仕方もまずいですよね。もちろん危険なことは危険と報道するのは良いのでしょうけど、「で、それで?その次は?対応は?」というところまで踏み込まないところが人々の不安にさせるのだと思います。言ったら言いっ放しのマスコミには本当にがっかりさせられますよね。


>【頑張ろう! 日本!】って言っていたのは「被災地だけで頑張れ」ってことなのでしょうか。

本当にそうですよね。これは日本人の悪い所で直ぐに忘れようとするんですよね。あの震災直後の団結力はなんだったんでしょうか。。。とても寂しいです。
「遠くに住んでいるから」とか、「お金が無いから」とか、「子供がいるから」とか、そういうことが被災地を助けない理由にはならないと思うんですよね。本当、私も支援し続けたいと思います。
Posted by おえし at 2012年03月09日 11:42
アロハ〜!
今の政府のやり方への不信が、この問題の根底にもある感じもしますよね。
そして、やたらに多い被災者の方々や子供達へのいじめや差別報道。。
なんだか、民主が通そうとしている、人権侵害擁護法案の必要性を、暗黙に植えつけようとしているなんて、思ったりしてしまうのですが?
もちろん、実際に心ない人達もいるのでしょう。。
マウイに被災者の方々を受け入れたプログラムの時、私の知る限り、放射能の危険性で反対した人もいませんでしたし、考えもしなかったです。。
Posted by モリオリママ at 2012年03月09日 15:47
こんにちは(+_+)

瓦礫処理は復興するにあたってのABCのAですよね!
「瓦礫受け入れ自治体map」はブルー(受け入れ困難、反対)ばっかりじゃないですか!
1年近くも経ってるのに信じられません。
復興しなくてもいいんですか? あまりに国の先導がお粗末です。
そりゃあね 反対する人はいますよ常に。
石原知事はそういう人たちに対して「黙れ!と言えばいい」とおっしゃってました。
でも反対の要因には処理費用の一部負担を地方に求めたこともあるんですね。
あれ?義捐金はどうなったんでしょう?
そういうことに使うためにくださったのじゃないんでしょうか。

放射能のことにしても過敏になるあまり生活が立ち行かなくなったら本末転倒ですよね。
ひめのブログさん↓ (こういった事実もあります。勇気づけられます)
http://ameblo.jp/000hime/entry-11144230498.html
長崎で被爆したおばあちゃんのお話ですが、相当の放射線を浴びてる筈だし内部被爆もした筈なんですが、おばあちゃんは今もぜんぜん元気だし、おばあちゃんの兄弟もみんな元気。ひいおじいちゃんもおばあちゃんもみんな長生きしたそうです。

震災から1年が経とうとしてるんですね。厳粛な気持ちになります。
たくさんの人が亡くなりました。
震災のダメージは相当のものです。
被災した方が今どんな気持ちでいるかと思うとたまりません。
まだまだ長期的な援助が必要です。
自分になにができるか考えたいです。
Posted by リボン at 2012年03月09日 16:52
>津波で発生した瓦礫の処理が進んでいないそうです。
>いろいろ原因はあると思いますが、一番の原因は政府にあると 私は思います。
>その瓦礫の処理をする費用の一部負担を 地方に求めたそうですね。民主党政権は!

瓦礫の処理費用を含め全ての復興対策費用、当然人件費もですが、国が責任を持つのが当たり前です。
瓦礫は何としても片付けないと次の復興が進まない、最も緊急を要する事ですから、少しは費用が掛っても国が持つのは当然です。
国が費用は負担するからと全国の自治体に被災自治体の瓦礫処理の割り付けをするべきです。

今日、名古屋市が陸前高田市に対する丸ごと支援の素晴らしさをNHKの特別番組で紹介しています。
23年度は常時20人以上の市の職員を数カ月単位で派遣して、4億5000万円を支出しています。
陸前高田市で災害支援を経験した職員は、名古屋市にとっては危機管理のスペシャリストとして貴重な人材に育ってくれた筈です。
河村市長が丸ごと支援を発表した時、これこそ東日本大震災の最高の災害支援方法だと、自分でも記事を書きました。

【未だに被害全容分からず】2011-04-10 22:04:25
http://ameblo.jp/bunkataisi/day-20110410.html
見栄えのパッとしない河村市長ですが、考え方は総理大臣に相応しい立派な方です。

私も最近【絆】と言う記事を書きました。
我が家の山林と隣接して、家から300mの所に大きな埋め立て処分場が有りますが、検査済の瓦礫の焼却灰の埋め立てがされても反対するつもりは有りません。



>あなたは自分の子供がパイロットやスチュワーデス,放射線の医師や放射線技師、宇宙飛行士等になりたいと希望したら全力で阻止するのですか?

以前にもお話したと思いますが、シカゴに赴任していた時にお世話になった今上陛下と学習院初等科から同級生だった方の事です。

2009年の2月に夕食をご馳走になった時、奥様が話して下さいました。
「主人は講演会の講師として豊田市に出掛けるのを以前から楽しみにしていた。
家の中でも10m歩くと座り込んでいた主人は、スタッフに抱えられるようにして出掛けて行った。
旅の途中で動けなくなったと連絡が有るだろうが、仕事に手加減する人ではないからと覚悟をして送りだした。
しかし、1週間後にはピンピンして帰って来たのには驚いた。」

夕食を食べながら先生は猿投温泉がとても良かったと話して下さいました。
私はピンと来ました。我が家から近い猿投温泉は、ラドン温泉としての効能をうたっていますので、先生の体の悪い細胞の増殖が抑えられたのだなと思いました。
私が身近に感じた、放射能の医学的効能を体験したお話です。

もう一つ、貴重な体験を披露します。
45年ぐらい前の話です。兄が東海村の原子力研究所に居ましたので、学生の時に訪ねて行った時、原子炉のプールの上を歩かせて貰いました。
ペンをプールに落としたら大変な事になると注意されました。つなぎの防護服を着て、被ばく検査も受けた記憶が有ります。

えいと@さんと同様に、今一度【絆】という言葉を思い出し、日本全体で被災地の復興を考えて欲しいと思っています。
Posted by bunkataisi at 2012年03月09日 21:09
えいと@さん!!大好き!!!!

ちょっと前にえいと@さんに言いましたが、知り合いで瓦礫処理に反対してる人がいると。
彼女はここに住んでて去年他州に引っ越したんですが、私が福島出身である事、忘れて口を滑られたような感じ。
口論になりそうな感じでした。

私も子供みたいだけど、表面上では福島は大変ね、何か出来る事は・・・と言いながら、本音はそっちね、と。

まぁ発表されてるのがどこまで本当か?な状態ですから、母親である彼女の気持も分からなくはありませんが。

今日ね、キッチンを片付けながら音声だけで日本の報道を流してたら「日本は上が嘘をつく国ですから・・・」って言ったコメンテーターがいたんですよ。

おぉ〜どんどん言っちゃってくれ〜!!って私(笑)。

以前も書きましたが、実家の弟には今仕事がありません。
履歴書を書くとしたら無職。
だから彼は定期的に他の県に出稼ぎに行ってますし、それでも短期アパートの支払い、生活費を差っ引くと県内で仕事をしてた頃の3分の1にも満たない。
うちの弟には学がないから、体で稼ぐ方法しか知らないんですよ。
昔から福島は地元就職の数も多く、大学進学する子供達が少なくても私達世代までは少なかったんです。
同じ福島でも直接的な震災の被害がなかった地域でその状態。
まずは彼らが生活出来る状態にして欲しいと、切に、切に願います。
Posted by ree at 2012年03月10日 06:02
福島県より沖縄のほうが放射線量が高い。
沖縄は長寿国日本の中でも特に長寿です。これってどういうことなんでしょうかね。
マスコミは日本人をあおるのが好きなので、いつものことながら瓦礫処理に反対する人がたくさんいるような報道に疑問を感じてしまいます。
反対している人のなかには、子供の健康を考えて反対している人もいると思いますが、大半は左翼の大騒ぎのような気がしてなりません。
東京に行く用事があったので、東京から東って2回しか行ったことがないので、ここまできたら福島までと思い行ってきました。
福島のかたと話をする機会があったのですが、被害がなかった地域で働いているその人の給料は4割カットになったそうです。若い女の子なんかもともと月給が低いのでカットされたら1か月働いても10万を切るこもいるだろう。バイトの時給も680円ぐらい。部屋の掃除を断っていたのですが、掃除をしているのは20代の男の子が多く中には50代の男性もいました。掃除を断るってことはこの人達の仕事をとってしまうんだと思いました。
話をさせていただいたかたが福島から人がいなくなっていくと心配されていました。
ユニセフや赤十字などに集まった義捐金は5000億円と発表されていたとおもうのですが、さっさとだしなさいと言いたくなりますしこれを取り上げないマスコミもおかしい。
毎日毎日オセロの中島さんのことをひつこくひつこく放送するのは、何を隠したいのと考えてしまいます。
今まで正直に真面目に働いてきた人が打撃を受けていることを思うとやりきれない思いになります。
Posted by さくら at 2012年03月10日 08:12
何か、がっくり来ましたね。
これが日本、日本人の姿ですか? マスゴミや政府にも問題はあるでしょうが、自分で考えることも必要です。

この放射線は人間だけに害を及ぼすものなんですか?
それと、日本で何人の方が病院で治療を受けているんでしょう? 何人の方が亡くなっているんでしょう?

所詮、こんな話をしても意味ないのでしょうね。

これが日本であると想いたくないですね。こんな日本だったら、いらないですね。この対応措置は取られていすんですか?
言葉を失いました。明日はわが身・・・と考えないのですか
Posted by 夢見る親父 at 2012年03月10日 12:05
>原発だけにリスクがあるわけではなく、すべての科学技術にはリスクがある
>結局、ゼロリスクを求めているからなんでしょうね。

えいと@さん、愚痴を聞いて下さい。

地域の代表役員として、4月15日に地域の集会所の広場で、地域団結事業を計画しています。
目的は「絆」と「防災」で、隣近所の名前や顔を知って困った時には助け合おうと言うことです。
集会所の広場は通学団の集合場所と避難場所に指定されていますが、奥が2mの崖になっていて、足を踏み外せば大怪我をします。
広場に危険なところが有ると分かっているのに、大勢の住民を集めて催しを開く事はまずいと考えましたので、催しの前に杭を打ちロープを張って柵を設置したいと考えています。

私の考えを隣人と家内に相談しましたが二人は「事故が起きたら訴えられるから何もするな」と言う意見でした。
家内の言うには「何もない所から落ちたら2mだが、柵に登って落ちたら3mになるから余計に危険だ」との事です。
物は言いようですね。
明日の夜の第1回の会合で委員から家内と同じような意見が出そうです。

身近な人のゼロリスクを求める後ろ向きの意見を知って、何も決まらない進まない日本の国会は、「さもありなん」との思いです。

市が指定した子どもの集合場所や避難場所が、危険な状態で放置されているのは何故かと月曜日に担当部署に聞いてみます。

「今出来る事をする事が改善と進歩」こんな考えで、定年まで危険な製造職場で高度成長を乗り切って実務と管理をして来た自信が有ります。
柵を設置する方向で意見をまとめたいのですが・・・。
Posted by bunkataisi at 2012年03月10日 21:14

>masaさん。

>沖縄那覇市では例年実施している雪遊びのイベントがあります。
>自衛隊が青森から雪を運んできて子供達がその雪で遊ぶという物ですが今年は、放射性物質が心配という申し出により一度、中止になりました。

このニュース、知っています。
もう唖然としました。なぜ青森の雪を拒否するのか? あり得ませんよね。
楽しみにしていた子供も多くいたでしょうに…。

>中止を要望したのは、(この記事では、自主避難者となってますが)沖縄2紙では、見出しに大きく「被災者」と書かれてましたよ、被災者の心情に配慮しなきゃって思わせといて、でも実は横浜からの自主避難者と市民団体でした。福島の方ではなくてなんで横浜??ですね、反原発団体とお友達な反日・反米・嫌自衛隊沖縄サヨクの恣意を感じましたね。

結局、沖縄の反米、反基地運動と同じですね。
数としてそんなに多くなかったのではありませんか?
どうしてそういう根拠のない要望をすんなりと聞き入れるのでしょうね。

>文科省によると放射線量は、その青森より沖縄の方が高いそうです。www

地球嬢には多かれ少なかれ放射線が自然に出ているのです。
放射能怖い〜の方々はリスクゼロがあり得ないということを理解していません。

Posted by えいと@ at 2012年03月11日 06:01

>おえしさん。

>確かに政府の指導力というか、世間に対する発信力のなさが、問題だと思います。

これが一番問題ですよね。
こういうことって世論の意見がわかれることはわかっているんですから、
政府が全責任を持って、全自治体に命令を出してもいいと思います。
そうでもしないと復興は進みません。

>それと各マスメディアの「単に不安を煽るような報道」の仕方もまずいですよね。もちろん危険なことは危険と報道するのは良いのでしょうけど、「で、それで?その次は?対応は?」というところまで踏み込まないところが人々の不安にさせるのだと思います。言ったら言いっ放しのマスコミには本当にがっかりさせられますよね。

まずいですね〜。
震災直後の政府の隠蔽が根本的な問題ですが、
その後のマスコミの報道も…不安を煽るばかりです。
これでは疑心暗鬼になってしまう人がいるのは仕方がないと思いますよね。


>【頑張ろう! 日本!】って言っていたのは「被災地だけで頑張れ」ってことなのでしょうか。
>本当にそうですよね。これは日本人の悪い所で直ぐに忘れようとするんですよね。あの震災直後の団結力はなんだったんでしょうか。。。とても寂しいです。

私はみんな忘れてはいないと思うんです。
「被災地だけで頑張れ」って言う人は、結局は「自分の身だけが大切」なのでしょう。
そりゃ、放射線に汚染されまくった瓦礫を日本全国にばらまくのだったら問題があります。
でも、違うんですよ。福島の第一原発周辺の瓦礫ではないのです。
東北=被爆地域ではないのに…。

>「遠くに住んでいるから」とか、「お金が無いから」とか、「子供がいるから」とか、そういうことが被災地を助けない理由にはならないと思うんですよね。

いろんな理由はありますし、遠くに住んでいたりお金がないことで協力できないことはあると思います。
でも、協力って何もお金を出したりすることだけではないんですよね。
何も出来ないことにジレンマを持つ必要もないと思っています。

>私も支援し続けたいと思います。

その気持ちが大切だと思います。
忘れないこと、目を背けないこと、これが一番の支援じゃないでしょうか。

Posted by えいと@ at 2012年03月11日 15:45

>モリオリママさん。

>今の政府のやり方への不信が、この問題の根底にもある感じもしますよね。

そうなんですよ、根底にあるのはこれだと思うのです。
原発事故が怒ってからの政府の対応、「直ちに問題はない」の一点張り。
で、結局、被害が拡大したわけでしょう。
そりゃ〜信用できないですよ。これは仕方がないことでしょうね。

>そして、やたらに多い被災者の方々や子供達へのいじめや差別報道。。
>なんだか、民主が通そうとしている、人権侵害擁護法案の必要性を、暗黙に植えつけようとしているなんて、思ったりしてしまうのですが?

マスコミは視聴率さえとれたらいいですからね。
無責任なもんです。
人権侵害救済法…どうなんでしょうかね。あり得るかもしれませんね。

>私の知る限り、放射能の危険性で反対した人もいませんでしたし、考えもしなかったです。。

明らかに放射能の汚染地域の瓦礫であれば反対の意見が出るのは理解できます。
しかし、東北全体が放射能汚染されているわけではないのです。
そういう地域の瓦礫すら拒否するってどういうことでしょうか。
わけがわかりません。
これが【絆】と言っていた日本人の姿なのでしょうか…。
もちろん一部の人間でしょうが…。
16%の人達の意見で復興が進んでいないのです。悲しいことですね…。

Posted by えいと@ at 2012年03月12日 04:50

>リボンさん。

>瓦礫処理は復興するにあたってのABCのAですよね!
>「瓦礫受け入れ自治体map」はブルー(受け入れ困難、反対)ばっかりじゃないですか! 1年近くも経ってるのに信じられません。

震災後数ヶ月ではなく、1年も経っててこれですよ。
もう呆れて言葉もありません。
阪神大震災のときの瓦礫は 岡山、千葉、三重、川崎市、横浜市、埼玉東部などが引き受けて処理を行いました。
その結果、とてもはやく処理が終わり、復興のスピードもはやかったのです。
あの時は原発事故はなかったので 今回とは事情は確かに違いますが、
放射能汚染されている瓦礫ではないのになぜこんなにかたくなに拒否をするのでしょうか…。

>復興しなくてもいいんですか? あまりに国の先導がお粗末です。

復興よりも自分の,自分だけの安全が大切なのでしょう。
自分を一番に考えることを否定はしませんが…瓦礫処理に関してはひどいと思いますね…。

>反対の要因には処理費用の一部負担を地方に求めたこともあるんですね。

そうなんです。
はじめの頃は一部負担を地方に求めていたんです。あり得ませんよね…。
そして、国が全額負担,ということになったら、反対派は利権がーって言い出しましたよ。
いい加減にしろと言いたい。

>あれ?義捐金はどうなったんでしょう? そういうことに使うためにくださったのじゃないんでしょうか。

義援金、わからないですね〜。
被災者にきちんとわたったのか、公共工事などの費用にプールされているのか、
配分の責任が民主党政権になったでしょう?
怪しく感じちゃいますよね。。。

>放射能のことにしても過敏になるあまり生活が立ち行かなくなったら本末転倒ですよね。

そうなんです。
安全〜の意見だけを聞いて無頓着になってもいけませんし。
危険〜の意見だけを聞いてやたらと心配して疑心暗鬼になってもいけません。
今回の受け入れ拒否は後者でしょうね…。

>長崎で被爆したおばあちゃんのお話ですが、相当の放射線を浴びてる筈だし内部被爆もした筈なんですが、おばあちゃんは今もぜんぜん元気だし、おばあちゃんの兄弟もみんな元気。ひいおじいちゃんもおばあちゃんもみんな長生きしたそうです。

そうなんですよね。
爆発時の放射線を一時に浴びてしまった場合は著名な健康被害が出ますが、
そうではない、低放射線をあびても健康にそれほど問題はないというデーターが出ているんです。
もちろん、個人の年齢、健康状態、ストレス等で変わって来るのでしょうが、
全ての人に健康被害が出るわけではないって証明ですよね。

>被災した方が今どんな気持ちでいるかと思うとたまりません。
>まだまだ長期的な援助が必要です。自分になにができるか考えたいです。

同感です。
長期的な支援、応援が必要です。
自分になでが出来るか、何をすれば1日もはやく復興し、被災者の方に笑顔が戻るのかを考えなくてはなりませんね。

Posted by えいと@ at 2012年03月12日 05:32

>bunkataisiさん。

>瓦礫の処理費用を含め全ての復興対策費用、当然人件費もですが、国が責任を持つのが当たり前です。

そうですよね。それをはじめは自治体に一部負担をして欲しいなんて言っていたんです。
あり得ませんよね…。

>名古屋市が陸前高田市に対する丸ごと支援の素晴らしさをNHKの特別番組で紹介しています。
>河村市長が丸ごと支援を発表した時、これこそ東日本大震災の最高の災害支援方法だと、自分でも記事を書きました。
>見栄えのパッとしない河村市長ですが、考え方は総理大臣に相応しい立派な方です。

こういう時にこそリーダーシップを発揮できる人が、真の政治家ということなのでしょう。
河村市長の減税日本の政策は、問題の先送りにしかなっていないことから 私は支持しておりませんでしたが、
南京事件の発言、そして震災時の決断力。
見直しました。

>シカゴに赴任していた時にお世話になった今上陛下と学習院初等科から同級生だった方の事です。

ステキなお話、ありがとうございます。
放射能は扱いを間違えるととんでもない悪魔と化しますが、
うまく付き合えば病気を治し、健康増進に役立つものなのです。
飛行機のパイロットの寿命が,一般に比べて長いとも言われていますしね。(もちろん、元が健康な方なのでしょうが)

>今一度【絆】という言葉を思い出し、日本全体で被災地の復興を考えて欲しいと思っています。

そう願いたいですね。
日本人自身が自分たちの国を見捨ててどうするんだ…って思います。
原子力発電のおかげで 毎日の生活を豊かにしてきたはずの日本なのに。
事故が起こったからとそっぽを向いてしまっていいのか…と思います。

Posted by えいと@ at 2012年03月12日 05:43

>reeさん。

>知り合いで瓦礫処理に反対してる人がいると。
>彼女はここに住んでて去年他州に引っ越したんですが、私が福島出身である事、忘れて口を滑られたような感じ。口論になりそうな感じでした。

直接自分に関係ないことだから 簡単にそういう発言ができるのでしょうね。
じゃぁ、瓦礫処理をしないでどうやって復興すればいいのかって そういう人に聞いてみたいですよ。
反対する人はいつも反対だけ。
対処法を全く考えないでただ反対なのです。

>まぁ発表されてるのがどこまで本当か?な状態ですから、母親である彼女の気持も分からなくはありませんが。

政府の責任はとても重いと思います。
結局ね、事故が起こった際の政府の対応が 国民を疑心暗鬼に陥らせてしまっているんですよ。
こんな大災害の時に何で民主党が与党なのだと つくづく悲しく思います。
日本にとって最大の不幸ですよね…。

>今日ね、キッチンを片付けながら音声だけで日本の報道を流してたら「日本は上が嘘をつく国ですから・・・」って言ったコメンテーターがいたんですよ。
>おぉ〜どんどん言っちゃってくれ〜!!って私(笑)

100%隠さずに全て公表しろとは言わない。
しかし、国民の安全をないがしろにしてまで嘘をついた民主党を許せません。

>実家の弟には今仕事がありません。履歴書を書くとしたら無職。
>だから彼は定期的に他の県に出稼ぎに行ってますし、それでも短期アパートの支払い、生活費を差っ引くと県内で仕事をしてた頃の3分の1にも満たない。
>同じ福島でも直接的な震災の被害がなかった地域でその状態。まずは彼らが生活出来る状態にして欲しいと、切に、切に願います。

そうなんですか…。
仕事がない、これが一番辛いですよね…。
一刻も早く復興の道筋がたって雇用が生まれることを願っています。
はやく弟さんが安定した職に就けますように。。。


Posted by えいと@ at 2012年03月12日 06:49

>さくらさん。

>福島県より沖縄のほうが放射線量が高い。沖縄は長寿国日本の中でも特に長寿です。これってどういうことなんでしょうかね。

ホントですよね。どういうことなんでしょうねぇ〜?

>マスコミは日本人をあおるのが好きなので、いつものことながら瓦礫処理に反対する人がたくさんいるような報道に疑問を感じてしまいます。
>反対している人のなかには、子供の健康を考えて反対している人もいると思いますが、大半は左翼の大騒ぎのような気がしてなりません。

瓦礫処理に反対しているのは2割にも満たない人達なんです。
それなのに、その声が大きくて瓦礫処理が進みません。
もちろん、中には子供の健康を心配して…という方もおられるでしょう。
そういう方もよくよく考えて欲しいですね。
日本の復興が進まなかったら、将来、日本はどうなってしまうか…ってことを。
左翼のイデオロギーに乗ってしまって欲しくないですね。。。

>福島のかたと話をする機会があったのですが、被害がなかった地域で働いているその人の給料は4割カットになったそうです。
>話をさせていただいたかたが福島から人がいなくなっていくと心配されていました。

えっ! 4割もカット? それはひどい。。。
みんな避難しちゃってますもんね…、仕事自体が減っているでしょうし…。

>ユニセフや赤十字などに集まった義捐金は5000億円と発表されていたとおもうのですが、さっさとだしなさいと言いたくなりますしこれを取り上げないマスコミもおかしい。

義援金、どうなっているのでしょうか。
全く不透明ですよね…。

>毎日毎日オセロの中島さんのことをひつこくひつこく放送するのは、何を隠したいのと考えてしまいます。

マスコミがやっきになって人湯の報道をえんえんと流すときは要注意です。
裏で人権侵害救済法や外国人参政権などの闇法案が動いている可能性があります。

民主党ではだめですよ。。。
復興はなかなか進まないだけではありません。
国債だけものすごく膨らんでいるのです。GDPの200%以上ですよ…! 麻生政権時で100%ちょっとだったのに、民主党政権になって以降、ものすごい伸び方です。
なのに景気はちっとも戻らない。返って悪くなっています。
こんな政権、もうダメです。
日本を潰してしまうだけ。
たとえ、近々解散をして政権が自民党に戻ったとしても、この2年半で失われた国益を取り戻すにはものすごい努力が必要でしょう。
大変ですよ、日本は…。

Posted by えいと@ at 2012年03月12日 11:14

>夢見る親父さん。

>何か、がっくり来ましたね。
>これが日本、日本人の姿ですか? マスゴミや政府にも問題はあるでしょうが、自分で考えることも必要です。

がっくりですよね…。
もちろん、2割弱の方々なんですが、それでもこんな風に大きな声にして復興を妨げているのは事実ですから…。

>この放射線は人間だけに害を及ぼすものなんですか?
>それと、日本で何人の方が病院で治療を受けているんでしょう? 何人の方が亡くなっているんでしょう?

そうなんです。
こういう放射脳(放射能こわい〜の人達のことです)な方々は、ちょっとでも放射能があったらもうダメなのでしょう。
しかし、病気になったら検査も受けるでしょうし、ガンになれば放射線治療だって受け入れるでしょう。
ラドン温泉にだって入ったことがあるでしょう。
だけど違うんでしょうね。原子力にアレルギーがあるってことでしょうね。

>所詮、こんな話をしても意味ないのでしょうね。

だと私も思います。。。

>これが日本であると想いたくないですね。こんな日本だったら、いらないですね。この対応措置は取られていすんですか?
>言葉を失いました。明日はわが身・・・と考えないのですか

多くの人は「瓦礫を受け入れよう」と言っているんです。
皆で復興の力になろうって思っている人もたくさんいると思います。
だけど…一部の人たちが…。
悲しいですね、これが日本なんですね…。

Posted by えいと@ at 2012年03月12日 11:22

>bunkataisi さん。

うわ〜大変ですね…。

結局,事故でも起こらない限り何もするな…ってことですよね。
柵を取り付けたことが原因で、万が一何かあったら責任はどうする…ということでしょう。
うーん。これって日本の特徴ですよね…。

アメリカは訴訟社会です。
この訴訟社会は困ったものなんですが、
bunkataisiさんのケースであれば、万が一 柵がない状態で事故があったら、間違いなく主催者が訴えられます。
だから柵は絶対に取り付けるでしょうね。
もちろん、事故が起こらないような柵にしないといけませんが。

日本は「何かあるまで放置」ということが多いですね。
このへんが危機管理のなさにつながっているような気がしますね。

Posted by えいと@ at 2012年03月12日 11:30
はじめまして、えいとさん、
私はNew York CityでOL してます。

私がよく読む某ブログで、えいとさんのブログを紹介していましたので、飛んできました。
内容がとても良いし、読みやすい文章で、とても面白いです!
私の楽しみが一つ増えました。ありがとうございます。


MSN産経ニュースから

(科学)
放射線論文が最優秀賞 「福島県民は誰も甲状腺がんにならない。

http://sankei.jp.msn.com/science/news/120115/scn12011512010000-n1.htm

オピニオン
(正論)拓殖大学客員教授・藤岡信勝 河村氏への反響に時代の変化が

河村氏が人気取りの思いつきを口にしたかのように受け取られるコメントも、日本の新聞に載ったりしたが、実は、氏の問題意識の原点には、父親から体験談を聞かされていたということがある。・・・

続きは、サイトへ

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120313/plc12031303200001-n1.htm

New York de OL



Posted by New York de OL at 2012年03月14日 08:11

>New York de OLさん。

>内容がとても良いし、読みやすい文章で、とても面白いです! 私の楽しみが一つ増えました。ありがとうございます。

うわ〜嬉しい〜。ありがとうございます! 

高田純教授の論文が最優秀賞! これは嬉しいニュースですね。
放射脳(ワーワー教ともいいます 笑)の方に見ていただきたいですね。
反原発派の方々は なかなか考えを変えてはくれないでしょうけど…。

河村名古屋市町への反響に時代の変化…というのは私も感じていました。
これが10年前なら河村市長の意見に賛同する人は少なかったと思いますし、
賛同はしても世論の声にはなかなか上がらなかったろうと思います。

田母神氏が「日本は侵略国家ではない、日本はいい国だ」と言う論文を書いてクビになりましたが、
あれがきっかけになったようにも感じます。
なんか変じゃない?…という疑問を持つ人が増え、ブログやツィッターで広まって、
今のように世論の声として上がってきたのでは…と思います。

日本の自虐史観は徐々に変わっていくような気がしてきました。
日本は大丈夫! 日本は必ず変わる!
そう信じて、私もブログで自分の意見を発信していこうと思います。

またブログにお越し下さいね。お待ちしています♪

Posted by えいと@ at 2012年03月15日 07:49
皆さんに知ってほしい。
韓流をごり押しり、マスコミをコントロールする電通だけじゃない。

朝鮮人犯罪があまり報道されない理由
みんな、日本のテレビ局のビル内

日本放送協会 (NHK)〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1
韓国放送公社(KBS) 〒150-0041 東京都渋谷区神南2-2-1NHK東館710-C

韓国文化放送(MBC) 〒135-0091 東京都港区台場2-4-8 18F
フジテレビジョン  〒137-8088 東京都港区台場2-4-8 

韓国聯合TVNEWS(YTN) 〒105-0000 東京都港区赤坂5-3-6
TBSテレビ       〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6  ←
↑オウムに坂本弁護士の自宅の住所を教えたテレビ局

大韓毎日        〒108-0075 東京都港区港南2-3-13 4F
東京新聞(中日新聞社東京本社) 〒108-8010 東京都港区港南2-3-13

京郷新聞      〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-2
産経新聞東京本社  〒100-8077 東京都千代田区大手町1-7-2
(サンケイスポーツ、夕刊フジ、日本工業新聞社)

朝鮮日報      〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1 4F
毎日新聞東京本社 〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1

韓国日報      〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 8F
読売新聞東京本社 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1

東亜日報      〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2(AFP、NYT)
Posted by 通りすがり at 2012年03月16日 11:42

>通りすがりさん。

コメントをありがとうございます。

ホントに知らないことが多いですよね。
韓国のゴリ押し、ヨンさまあたりはまだ良かったのですが(私はいっさい韓流は見ていませんが)
ここ1〜2年ですごいですもんね。
徐々に気がついてきている人が増えていると思います。
それが救いですね。

Posted by えいと@ at 2012年03月16日 13:21
日本の知人と電話で話したら、日本ではもう東北大震災のことや今でも避難所で暮らしている被災者のことは、テレビのニュースなどで、話題にならないそうです。
話題と言えば、増税と放射能と五輪のことだけ。
街のインタビューでも「可哀そうだと思うけど。。」と他人事のように、若者が答えていたそうです。

あれだけ「絆」「私達は、絶対忘れない」とかかっこいいこと言って、もう他人事ですか?それでも、同じ国に住む同じ国民ですか?と言いたいです。

こんな国民になってしまったのかと思うと、本当に心が痛みます。
天皇陛下のお言葉なんて、もう意味がないと思っているのですよね。

外国に住んでいる日本人の方が、今でも募金のための活動をしています。

このままでいくと、本当に日本は滅亡してしまうような気がします。
Posted by 日本は絶対渡さない at 2012年04月08日 03:10

>日本は絶対渡さない さん。

>日本の知人と電話で話したら、日本ではもう東北大震災のことや今でも避難所で暮らしている被災者のことは、テレビのニュースなどで、話題にならないそうです。
>話題と言えば、増税と放射能と五輪のことだけ。

そうなんですか…。
まだまだ被災地は大変な状況なのに…ね。

15年前の阪神淡路大震災の時も、1〜2年経つと ニュース等には取り上げられないようになりましたね。
あの時の 震災の復興は去年の震災とは雲泥の差ですけどね。
復興が速かったから、皆が忘れるのも速かったのかもしれませんが…。
だけど。
知り合いが兵庫県に住んでいたので、時々行ってたのですが、
震災後6〜7年くらい経過しても、まだ仮設住宅は残っていたんですよね…。

まして、まだ1年。
しかも、今の民主党政権のせいで,震災の復興は遅れに遅れています。
こんな状況で増税〜はないですよね。

私が一番悲しく思うのは、反原発派の激しい運動です。
瓦礫処理に関しては、もう…言葉にならないほど愕然としました。
被災地で処理できるのであればとうにやってます。
できないから、他の地方にお願いしているのに…。
それさえも受け入れに反対する一部の人々…。
これが同じに日本人かと思うと…悲しくなります。

イデオロギーは人間の心を失わせてしまいますね。
それにうまく乗せたられてしまうお花畑の人も…同罪です。
日本をいったいどうしたいのだ…と思いますよ。
悲しいですね。。。

Posted by えいと@ at 2012年04月13日 02:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256528948
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。