2006年10月17日

災害時は冷静に

当たり前のことであるが、停電になると冷蔵庫は食品を冷やす機能が失われ、ただの箱と化す。

停電が短時間の場合は、ま、問題はない。

問題になるのは数日間もの間、停電が続くときだ。

今回の雪害で停電が起こった初日には、復旧のめどがなかなかつかなかった。

えいと@夫がいきなり「ベランダの雪を入れとこう」って言った。

えいと@「へ? どこに?」

えいと@夫「冷蔵庫と冷凍庫に決まってるがな。ビニールに入れて保冷剤として使うんや」

なるほど!。そうだよね。確かにそうだ。

停電で軽くパニクってたえいと@に対し、なんと冷静なえいと@夫。

さっそくベランダの雪をビニールに詰め、溶けた時に水が漏れないように2重にしてしっかりとくちを結び、
冷蔵庫、冷凍庫にそれぞれ入れておく。

えいと@は冷凍庫の中が気になって何度も開けたい衝動にかられたが、
えいと@夫は「冷凍庫は開けたらダメだ! 閉めていれば保冷機能はしばらく継続する」とえいと@をたしなめた。

そうだね。うん、うん、確かにそうだ。

ラジオで「冷蔵庫や冷凍庫は可能な限りドアを開けないようにしましょう。
中の物が腐る恐れがあります〜」って言ってる。


えいと@夫と同じこと言ってるよ。

こういう時ってみんなパニクっちゃって、普通の時にはわかるようなことでもわからなくなっちゃうんだろうね。

アメリカって牛肉などはめっちゃ大きい塊肉が売ってるんだけど、
多くのアメリカ人は家にでっかい冷凍庫を持ってて、それに保存してるんだよね。

今回の停電でダメにしてるお宅もあるんだろうな〜。もったいないね〜。

それにしても、バッファローは外気温が低いから、冷蔵庫の中の食品がすぐに腐っちゃうことはないけど、
ハワイの停電は大変だろうな〜。

バッファローもハワイも、全世帯が早く復旧することを願っています。



ぽちっとクリックよろしくお願いします(^-^)yajirusi.gifbanner_04.gif






posted by えいと@ at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(災害編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。