2012年02月29日

保守の仮面をかぶった革新派に騙されてはいけない〜女性宮家創設問題


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



2月26日のたかじんのそこまで言って委員会 という番組の中で皇室がテーマに取り上げられました。

  まだご覧になっていない方はこちらをどうぞ。↓(はじめにCMが入ります)
      その1(← 皇室のテーマはこちら) その2


この時のゲストは京都産業大学教授の 所功氏でした。


この番組では皇室のテーマの時には 所氏がパネラーやゲストで出演されることが多く、


物腰は上品だし、いいことを言われていたので 皇室を真に大切に思われている方であろうと 私は信じていました。


今までは…!


今回の番組を拝見して、びっくりしたんです。


まず、所氏は「皇室の制度」と発言されています。


こちら ↓ の過去記事で書きましたが、
  天皇と日本のパスポートと不平等


皇室は制度ではありません。


「天皇制、皇室制度」という言葉は左翼が作った言葉です。


制度であれば壊すことができるものなんですね。


日本の朝廷、天皇は「制度ではなく伝統」です。


心から皇室を守ろうとする人間は,皇室を「制度」などとは言わないでしょう。


それと、一番驚いたこと…それは所氏がキレた部分です。


パネラーの三宅久之氏が所氏に対して「新憲法に毒されている」と指摘した際に、


所氏がキレた!


「新憲法に毒されているというのを取り消してください!」と声を荒げたのです。


キレた後の所氏の発言は 明らかに興奮したものであって、


とても皇室を真に大切にしている人間の発言ではないと 私は感じました。



ところで、こちらの方のブログ ↓ をご覧ください。
  ぴーちぇの別館「所 功教授の本性」


所功氏は「女性宮家創設 推進派」です。


今から6年前の2月14日の日本TVの討論番組中に、


所氏と 女性宮家創設に反対する旧宮家の竹田恒泰氏とが討論した際に、


所氏が竹田氏に対し、怒りをぶつけ暴言を吐いたということがあったそうなんです。


所氏の振る舞いが あまりにも酷いものであったとのことで、竹田氏が日記に書かれていた内容をご紹介します。


   〜〜〜転載ここから〜〜〜

 日本テレビ討論番組の収録「所功氏との対決」

今日は日本テレビで、討論番組の収録がありました。

これまでテレビにはたくさん出演してきましたが、全てVTR出演でした。

ところが、今日初めて討論番組に出演しました。

自分にとっては大きな挑戦になります。

17日の放送だそうです。番組名は「金曜発言中」スカイパーフェクTV(NN24)。


いろいろな議論がされ、とても面白い2時間だったのですが、

私はひとつ、非常に不愉快な思いをしました。

それはいっしょに出演していた京都産業大学の所功教授です。

番組収録中、私が

「旧皇族の一族の中には一定の覚悟を決めている人が複数いる」と発言すると、

所氏は「そのようなことをいうべきではない」と、

半ば言論を封じるような発言を浴びせてきました。

所氏はそれでもおさまらず、私が本を執筆したことについて

「出すべきではなかった」「マイナスばかりだ」などと、本を出したこと自体を強く非難しました。


2時間の収録中、女系天皇問題について議論が繰り広げられたものの、

個人を攻撃するのは、所氏の私に対する攻撃のみでした。

所氏のこのような発言には会場もびっくりしたようでした。


私は所氏の発言について、

「自分は歴史の一大事にいても立ってもいられなくなり、

火中の栗を拾いにいく決意をして本を出しているのであり、

そのようにいわれる筋合いは無い」と、強く反論しました。


私に言わせれば、

所氏の指摘は「大きなお世話」以外のなにものでもありません。

寛仁親王殿下がマスコミでご発言なさっていることについて

朝日新聞がこれを非難する社説を掲載して話題となりましたが、

所氏は朝日新聞と同じような論旨で言論を封じようとしたのです。

私もこのような心無い非難があることを予想していましたが、

面と向かい合って言われると頭にくるものです。

もう一度いいますが、とにかく「大きなお世話」であります。


所氏は私が本を出したこと自体に違和感を抱いているようです。

しかし、それは女系容認派

(最近は女系容認派を「朝敵」と呼ぶ人が多くなってきましたが、

 所氏は、あまり皇室を侮辱する発言を繰り返していると、

 そのように言われても仕方ないのではないでしょうか。)

にとって都合が悪かっただけの話なのではないでしょうか。

確かに、日本中からたくさんの読者カードが寄せられ、

この本を読んで考え方が変わった(「女系容認」から「女系反対」に変わった)

という人が山ほどいました。

すくなくとも、

所氏などの女系容認派に褒められるような本を書かなかったことに

ほっとしているところです。


そうこうしている内に収録は終わったのですが、

何故だか、所氏の私に対する攻撃的な姿勢は、控え室に戻った後も続きました。

所氏は、寛仁親王殿下のエッセイの話を持ち出し、

そのエッセイに側室の復活について記されていることを述べて、

私に意見を求めました。


私は「少なくとも現代社会で側室の復活は現実性がありません。

ただし、遠い未来においては価値観が変わる可能性はないでしょうか?

所先生はこの価値観が300年先まで維持されるという確信がおありなのですか?」

と、逆に質問を投げかけた。


すると所氏は、鬼の首を取ったように

「竹田さんは側室を肯定するのですね。分かりました、

 以降方々で私は、旧皇族の竹田氏が側室を肯定したと口外することにします」


この人は私に喧嘩を売ってきたのです。

よほど私に個人的な嫌悪感を抱いているのでしょう。

その控え室には、出演者6名、司会2名、

その他関係者複数がいましたが、場が凍りつきました。


私はすかさず所氏を強く非難しました。

「私は、300年後に価値観が変わっていない確信があるか、ないか、

 尋ねただけであり、側室を肯定するなどとは一言もいっていない。

 私の側室に対する考え方は自分の本に記したとおりであり、

 それ以上でもなければ、それ以下でもない。

 揚げ足をとっておいて、しかも方々で口外するなどというのは何事か。

 なんて失礼な言い方をするのだ」

私が、所氏の質問に答えずに、

逆に質問をしたということを述べると、


所氏は「私の質問に答えなさい!」ときた。


この人は私に命令するほど偉いのだろうか??

私は次のように答えた。

「私はあなたの問いに答える義務はないと思う。回答を強要される筋合いはない」


周囲は私と所氏との問答に釘付けになっていたのですが、

さすがに所氏の横暴な態度と、揚げ足を取る卑怯な論法にうんざりしたのか、

出演者の一人、西部邁先生が所氏にこう言いました。

「いくらなんでも竹田さんに失礼だ。あなた(所氏)の話はひどすぎる」

周囲のスタッフもびっくりした様子でしたが、

その内の一人は「すくなくともこの席の話はオフレコですので、

口外するなどは控えてください」二人の助け舟をもらいました。


その後、西部先生をはじめ、複数の先生と、

関係者といっしょに夜遅くまでご一緒させていただきましたが、

所氏の話で持ちきりになったのはいうまでもありません。

いったいあの方は何なのでしょう?

未だに頭の中が混乱しています。


ところで話は変わりますが、

所氏は「寛仁親王を説き伏せた」などと豪語しているといいます。

これほど不敬な話はありません。

皇室を崇敬している人が聞いたら涙がでるほど悔しい言い方ではありませんか。

氏の発言の節々には、皇室を屈辱するものを感じます。


やれやれ

こんなことでついにカッとなってしまったけど、

私もまだまだ子どもです。

私個人が侮辱されるだけならいいけども、

どうも皇室が侮辱されている気がしてなりませんでした。


        2006/2/14(火)  竹田恒泰日記より


            〜〜〜転載ここまで〜〜〜



過去記事で経済を述べる人間の中には隠れた共産主義者がいるということを書きました。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧ください。 
  保守の中に潜む共産主義思想〜他力本願な日本人〜


経済面だけでなく、皇室を考える人間の中にも 保守の皮をかぶった革新派がいたのです。


日本共産党とか、社民党,旧社会党などの共産主義、社会主義だと わかりやすいのですが、


完璧に近いほどの保守の仮面をかぶっている革新派、共産主義が 日本国内に存在し、


これが大変わかりにくいのですよね…。


たかじん〜の番組でも所先生の言うことは素直に受け入れられる〜なんてことを言うパネラーもいましたし…。


こうやって騙されていくのですね。。。



ところで女性宮家創設の危険性について、当ブログでは何度か記事にしております。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
  皇室が危ない! 女性宮家の創設は皇室の破壊につながる
  なぜ女性宮家創設を急ぐのか…? 女性宮家の危険性


女性宮家を創設するということは女性の宮さまはご結婚されても皇室に残られるということです。


つまり、女性の宮さまのご結婚相手のことも考えておかないといけないということなんです。


一番大きな問題は女性宮さまの配偶者となられる方のことです。


女性宮さまとご結婚される方は一般人から…ということも考えられるわけですから、


女性宮さまの配偶者は 日本人に限るのか,それとも外国人でもOKにするのか?


もともと一般人であった その配偶者の男性に、皇室のご公務をどこまで担っていただくのか?


こういうこと ↑ まで しっかりと考えておかないといけないわけです。


旧皇室典範ではもちろんのこと、新憲法下での皇室典範でも 女性宮さまはご結婚と同時に一般人になることを決められているわけですから、


一般の男性が皇室に入って来ることは 未だかつてなかったことです。


誰がどんな風に 一般人であった男性皇族を教育するのか…ということも新しい課題になってきますよね。


私を含め、多くの女性宮家創設反対派が危惧していることは、


反日感情を持った人間が 女性宮さまのご結婚相手となる場合があるかもしれないということなんです。


日本人だから安心とは言い切れないからです。


例えば、日本国籍を持った中国、または北朝鮮などの国のスパイを学習院に紛れ込ませることだってあり得るんです。


そうなったら…皇室の破壊など簡単にできてしまうでしょうから…。



所氏は「一般の女性が皇室に入ることは可能なのに、一般の男性が皇室に入れないということはおかしい」と言われていますが、


それは「万世一系」の男系を維持しているからではありませんか。


皇室の方々には人権はないのです。戸籍もない、選挙権や被選挙権もないのです。


我々一般人のように 職業を選択する自由もなければ、言論の自由もないのです。


皇室には人権がないのに、男女平等に反するなどということ事態おかしい発言なのですよ。


女性宮家創設を推進している人達の多くが女性天皇容認派です。


女性天皇容認派は「男性にしか皇位継承権がないのはおかしい,男女平等に反する」という考えなのです。


歌舞伎は男性だけに、宝塚は女性だけにしか門戸が開かれていませんけれども、


これ ↑ も伝統といっていいのではないですか?


伝統というものは 守っていくものなのです。


女性天皇を認めてしまうと、女系の皇太子が必ず出現ます。


つまり、それで「万世一系」の男系という伝統は終了してしまうということです。


崩してしまうのは簡単ですが、一度壊せば 二度ともとには戻らないのが伝統というものです。



125代、ずーっと男系男子で守られてきた日本の伝統を、


我々の世代で変更してしまっていいのでしょうか…?


お世継ぎに関しては、秋篠宮悠仁(あきしのみやひさひと)親王殿下がおられます。


数年で皇位継承者がいなくなってしまうことはないのです。


女性宮さまがご結婚と同時に皇室を離れることで、ご公務をする方が少なくなることが問題なのであれば、


旧皇室典範 第44条を復活させればいいだけのことです。


旧皇室典範 第44条にはこのように書かれています。↓


「皇室女子の臣籍に嫁したる者は、皇族の列にあらず。
ただし、特旨に依り、なお内親王・女王の称を有せしむることあるべし」



一般人とご結婚された場合であっても、内親王・女王として皇室のご公務をお助けすることができるということが旧皇室典範に明記されているわけです。


宮家の数が少なくなることが心配されるのであれば、


旧宮家の方々に皇室にお戻りいただく…という方法もあるわけですから、


女性宮家を創設する方法と並行して検討すればいいのではありませんか。


未だかつて経験したことのない「一般男性の皇室入り」を認めることも含めて、


女性宮家創設は 日本にとって良い選択となりうるものなのかを、


もっともっと時間をかけて議論すべきであると私は考えます。


…皆さまはどうお考えになられますか…?




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 07:42| Comment(25) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
転載頂き、どうも有り難うございます。
これからもよろしくお願い申し上げます。

・・・お暇な時にでもホームページも読んで下さったら嬉しいです。
また、大和言葉についても「おうちラジオ」という企画で、
語り始めました。
私達の大事な言葉、日本語のルーツを探るこころみです。
在外の方に、大変好評です。

今回は、ヤマトコトバでの「カミ」です。
GODとは違う。神と言う漢字でもない・・・んですよ!
http://zaigainihonjin.iku4.com/Entry/35/
Posted by びーちぇ at 2012年02月29日 10:33
たかじん・・・を観て
所氏の考えに疑問を感じていたところでした。

 こちらのブログで考えがまとまりました。
所氏は物腰が柔らかく、皇室を守る為研究し、皇室を頂いている事の有り難さを私たちに解りやすく話してくれる方だと思っていました。

 でもそれは本当の意味で皇室の伝統を守る為ではなかったんですね。
 伝統よりも制度を維持するため、安定した数を維持したいだけのものだったんですね。
 
 昨年、竹田氏の
「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」と
「日本人はなぜ日本のことを知らないのか」を
読んで、心にすっと納得でき、日本人で良かったと安らぎさえ感じたのを覚えています。
 
 ふたりの日本と皇室を思う気持ちは雲泥の差です。
人垂らしのような笑顔で皇室の事を語る所氏に油断してはいけないですね。
 明治天皇の玄孫にあたる竹田氏にくってかかっていたなんて 何様ですか。
 自由にお暮らしになっておられる旧皇族の方々が皇室を守る為、覚悟をお持ちになるというのは どれだけ皇室が危うい状態かということです。

マスコミは 所氏のような人物をちやほやするからつけ上がるのです。

ああっ気づいて良かった。@えいとさんに感謝。
保守のふりした人ばっかりで騙されるところでした。
Posted by T.T at 2012年02月29日 15:14
アロハ〜!
本当に仮面を被った・・が怖いんです。
すべての事に知識があるわけではない、私達なので、うまくのせられてしまいます。
しかし、言葉巧みな割りには、おかしなところで尻尾がでますね。
今の政党になってから、言葉の端切れから、真実を理解する術に長けたきましたよ。(笑)
両陛下が手術前のご静養中に、銀座でショッピング。。
これも、東京と葉山に分かれていたほうが良いという、もっともらしい言い方ですが。
一般人の私達でさえ、父親が大きな手術を控えているのに、銀座にショッピングに行く気になりますか?ということですよね。
視点のすり替えですよね。
まさに、ニコニコ仮面に隠れた胡散臭さを感じる方でした。
この動画見たかったんです〜!
ありがとうございました。

Posted by モリオリママ at 2012年02月29日 16:43
えいとさん、こんにちわ。今回のたかじんの番組を動画で見ました。所教授の正体がこれを見てわかりましたよ。

東京と葉山に分かれているということは天皇と次期天皇が一緒に行動すべきでないなんていう説明、飛行機に一緒に乗るか乗らないかならわかることですが、東京と葉山に別れている必要性ってなんですか!

また女性も皇族と結婚すると皇族になるのだから男性も女性皇族と結婚すれば皇族になるのは当然とも言ってましたよ。男女平等を皇室に持ち込むな!と言いたいです。

この人は男系皇統を断絶する片棒をかついでますね。皇室専門というからもっとマシなこと言うかと思ったらとんでもない女系容認派ということがわかりました。

きょうの女性宮家創設に出席した田原総一郎氏も今谷明・帝京大特任教授も容認派。反対意見を持つ人の意見は聞かないわけ?

もう日本の伝統を壊そうとする人たちばかりで不安でたまりません。
Posted by remmikki at 2012年02月29日 18:41
えいと@さんの仰る事はごもっともですし、全面的に賛成です。

先日、学生時代のテニス部の仲間で泊まり込みで1杯飲んだ時の事です。

10年の長い間中国で大会社の役員として仕事をしていた仲間が、すっかり洗脳されて帰って来たのには驚きました。

私はアメリカに単身赴任して、日本人の素晴らしさを改めて認識しました。
ですから、皇室や天皇陛下は国民の心の支えとしてとても大切な存在と思っています。

心が洗脳された彼は、皇室カレンダーを私に貰って欲しいとの事でしたので、一つ返事で貰う事にしました。それが今日届きました。
皇室カレンダーを喜ばれる人に譲る気持ちが有る所を見て、まだ少しは日本人の魂が残っていると感じました。
これから、年に何回か集まる機会に、誇りある日本の歴史と文化を仲間に説いて行きます。
Posted by bunkataisi at 2012年02月29日 21:39
酷いですね〜、その控え室での揚げ足取り。
卑怯すぎ。

とあるところでお付き合いしてる人が、やはり同じように「なぜ女系じゃいけないのか?」って話になり、ちょっと討論になってしまったんです。
彼女は民主派。
子供手当てももらって嬉しい人で、最後には話すのも嫌になりましたが、洗脳どころじゃないですよ。
こちらの意見には聞く耳を持ちません。
こう言う方が本当に多いんだな・・・と感じた出来事でした。
Posted by ree at 2012年03月01日 01:07
所教授のいいそうなことでした。
びーちぇさまはよく私のブログにおいで下さって、このたびも天皇陛下の手術のことで、フローラはなさまが
専門医にきいてくださったことで、感動的なコメントをなさって下さっています。
ソプラノ歌手でもあります。
またびーちぇさまはご存知ないかも知れませんが、そのブログの中で解説されていた

「すでに前侍従長(現侍従職御用掛)の渡邉允氏が、

平成21年(2009)11月11日付『日本経済新聞』朝刊に

掲載されたインタビュー記事の中で、

『皇統論議は将来の世代に委ね……

女性宮家設立に合意できないものか』と述べておられる


この渡邊氏は私のブログの賓客、フランスでご活躍中のバリトン歌手、Kenさまのご一族です。
Kenさまはあの東郷元帥のご子孫、おじいさまは有名な軍医でフィリピン戦線の本をお書きになっています。

いろんな縁がありますね。

もちろん、私は女性宮家は女系宮家へのステップになると危惧してきました。
断固として反対しています。

所教授はなぜ「たかじん」に何度も出演をたのまれるのかわかりません。
何度も出てくると、保守が勘違いしますね。
他は出ていないように思うのですが。
Posted by ベッラ・カンタービレ at 2012年03月01日 07:54
書きそびれましたが、渡邊氏はもちろん女性宮家は反対です。Kenさまもそうです。
Posted by ベッラ・カンタービレ at 2012年03月01日 08:12
残念ながら皇位継承において男系を追求してきたという史料はありません

一般女性が皇室にはいることも、一般男性が皇室にはいることも同じでしょう

本当は華族制があるといいんだけど

このままでは悠仁様おひとりになってしまいます
内親王の方々は皇室に残っていただきたいです

旧宮家の復帰は絶対反対です
復帰もなにももともと皇室の人じゃないし
彼らが皇位継承資格を得るのでしょうか?

政略結婚で、内親王がたと結婚されて、男の子が生まれるかどうかも分からないし

すくなくとも男系を125代追求してきたわけではありません
勉強してください
結果的になっているだけで
女系継承を考えたり(吉備内親王と長屋王の子供を親王にしたり)したこともあったわけで
長屋王の子供だから男系とも考えられるけど
他の女性との子供は親王にはされませんでした
吉備内親王の血筋も考えられていたのです
もし男系継承が原則なのであれば
どうして史料として残っていないのでしょう

もういちど歴史の勉強をするべきです
Posted by po at 2012年03月01日 13:10
こんにちは。
ご無沙汰しちゃってます。

「そこまで言って委員会」、私も動画見て来ました。
テレビ業界がおかしい!と気づいてから、政治を語る番組は一切見てなかった事もあって、この所氏は知らなかったんですが…
私、この人嫌いです。。。
動画その1の19分頃、三宅さんが女性天皇の件について話されている時の所氏の半笑いで人を馬鹿にしたような顔!
もうこの顔がこの人の人となりを語ってると思います。
自分と異なる意見の人には話し方も上から目線だし、竹田氏の日記の内容を裏付けるような態度だなと感じました。
この人に政治や日本を語って欲しくないですね。

保守仮面を被った影響力のある人が多過ぎて、騙されないようにする事に精一杯になってしまいそうです。
いつのまにやら洗脳されないように、テレビとか何かを読んだりする機会を制限してしまうと、必要な情報まで入ってこなくなるし、もうほんと、マスコミをどうにかして欲しいです。。。

女性天皇を認めるかどうかは、なんでこんなにも今急いで問題にしているんだろう?と思います。
まぁ、民主党がここぞとばかりに潰しにかかりたいんだろうとは思いますが。
私も、そんなに焦らなくても、秋篠宮悠仁さまがおられるじゃないか!と思います。
そんな2、3年ちょろっと考えただけで決めてしまえるような事じゃないと思いますね。
Posted by 日向夏 at 2012年03月01日 14:30
今晩は

Youtube 見始めていますが

皇太子ご家族の買い物とかなにか
はじめの方ですが遅くなったんで 今晩は全部はみれそうにないです

えいとさんがおっしゃっている所氏の事も知らずなんともいえませんが
話に聞くには こういった方が一番危険かも知れませんね

騙されやすいですよね

もともと マスコミとかに弱い日本人は、、、、
  

Posted by はちきんイジー at 2012年03月01日 15:31
こんばんは
一時的に女性天皇は、あっても良いかなと思いますが、男系による皇位継承に尽きると思います。
旧宮家の皇族復帰が最良でしょうね。

結果的に125代男系で続いてきたことが重要であり、今後も続けるべきだと思います。
ミンスが急いで決めようとしていることも怪しいし、皇室(元皇族)含むが決めるべきで女系容認だけ?集めた有識者会議??などで決めるべき事ではないと思う。
Posted by masa. at 2012年03月01日 23:11

>ぴーちぇさん。

ご訪問とコメントをありがとうございます。
そしてツィッターのフォローもありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

ぴーちぇさんのブログにも訪問させていただきますね♪

Posted by えいと@ at 2012年03月02日 02:54

>TTさん。

>たかじん・・・を観て所氏の考えに疑問を感じていたところでした。
>こちらのブログで考えがまとまりました。
>所氏は物腰が柔らかく、皇室を守る為研究し、皇室を頂いている事の有り難さを私たちに解りやすく話してくれる方だと思っていました。
>でもそれは本当の意味で皇室の伝統を守る為ではなかったんですね。

私も今までは、所氏は心の底から皇室を大切にされていると信じてきました。
しかし、以前「女性宮家創設は必要」って所氏が発言されて「ん?」って疑問がわいたんです。
でも「女性宮家を勧める理由があるはず」と思ったのですよ。
所氏が考えもなしに発言されるとは思わなかったので。
でも今回のたかじん〜を見て確信しました。
この人は「皇統」など考えちゃいないってことを。

>伝統よりも制度を維持するため、安定した数を維持したいだけのものだったんですね。

これも私は怪しいと睨んでいます。
皇室を制度と捉えること自体、守る気持ちなどないのではないかと思うのです。
制度であればどうとでも変更できます。
皇室を外国人ばかりにすることだって可能ですからね。
何のための「皇室典範」なのでしょうか。
勝手に自由に変更できるものであれば、日本の天皇,皇室は重要ではないってことですから。

>ふたりの日本と皇室を思う気持ちは雲泥の差です。
>人垂らしのような笑顔で皇室の事を語る所氏に油断してはいけないですね。
 
そうですね。しかし多くの人が騙されています。
所氏は、ずっとこの機会を待っていたのではないか…と思いますね。
なぜいきなり「女性宮家」なのか。
皇室を心から大切に思うのなら、なぜもっと多くの選択肢を表に出して検討しようとしないのか。
所氏の狙いは「女性天皇」の誕生なのでしょう。

>明治天皇の玄孫にあたる竹田氏にくってかかっていたなんて 何様ですか。
 
はじめ、この日記を読んだ時には「え? あの所氏がそんなこと言うかなぁ〜」と思ったのですが、
今回のたかじん〜の中での、所氏のキレ方,その後の興奮した口調を見て「あぁ〜あり得るな〜」と思いました。
ホントに「何さま?」って思います。

>自由にお暮らしになっておられる旧皇族の方々が皇室を守る為、覚悟をお持ちになるというのは どれだけ皇室が危うい状態かということです。

その通りだと思います。
かなり緊迫しているのだと思います。
終戦直後に皇籍離脱した旧皇族の多くが、皇位の男系継承を維持するために皇籍復帰を要請されれば、「一族として応えるべきだ」とする意向を固めておられるそうです。↓
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120229/imp12022909290001-n1.htm
旧皇族の方々のお気持ちを大切にしなくてはいけないと思います。

>ああっ気づいて良かった。@えいとさんに感謝。保守のふりした人ばっかりで騙されるところでした。

良かったです〜。
他にも隠れた革新派がいますから、気をつけないと…ですね。
人の話を聞く時には一応用心してかかった方がいいということでしょうね。

Posted by えいと@ at 2012年03月02日 03:14

>モリオリママさん。

>本当に仮面を被った・・が怖いんです。
>すべての事に知識があるわけではない、私達なので、うまくのせられてしまいます。

そうなんです。
うまく乗せられてしまうところに問題があるのですよね。
だからこそ、自分でも調べてみる…ということが必要になってくるんだと思います。

>言葉巧みな割りには、おかしなところで尻尾がでますね。

そうなんですよね〜。
はじめのうちはわからないんですよ。
でも、なんかの拍子に「あれ? ちょっと変じゃない?」って気がつくと、おかしな部分がドンドン見えてくるんですね。
この「気付き」が大切なのでしょうね。

>今の政党になってから、言葉の端切れから、真実を理解する術に長けたきましたよ。(笑)

そうそう。
さすがに民主党を100%信用する人は 今では少なくなってきたでしょう。
民主党以外の人でも、よ〜く聞いていると保守派の中にもおかしなことを言う輩がいることに気がつきますよね。

>両陛下が手術前のご静養中に、銀座でショッピング。。
>これも、東京と葉山に分かれていたほうが良いという、もっともらしい言い方ですが。
>一般人の私達でさえ、父親が大きな手術を控えているのに、銀座にショッピングに行く気になりますか?ということですよね。視点のすり替えですよね。

そうなんです。
確かに、天皇陛下がご療養のために皇居を離れられている時には,皇太子殿下が東京におられる必要がある、ということあると思います。
これは納得いくんです。
しかし、その間にどうしてショッピングなのでしょうね。
ママさんが書かれているように、一般人の私たちも「家族が手術」という事態になれば心配で、買い物にルンルン気分でお出かけ〜なんてできませんよね。

>この動画見たかったんです〜! ありがとうございました。

このサイトはCMが入るせいか、消されにくいようですね。
海外在住者も日本のTVが見れるって嬉しいですよね〜。

Posted by えいと@ at 2012年03月02日 03:43

>remmikkiさん。

>今回のたかじんの番組を動画で見ました。所教授の正体がこれを見てわかりましたよ。

ですよね。
キレたあとの興奮した所氏の様子を見て、この人はこういう人なんだと思いました。

>東京と葉山に分かれているということは天皇と次期天皇が一緒に行動すべきでないなんていう説明、飛行機に一緒に乗るか乗らないかならわかることですが、東京と葉山に別れている必要性ってなんですか!

これはね、そうなのかな…とも思いましたよ。
天皇陛下が療養されている間は、皇太子殿下が代役を務められるわけですから、
天皇陛下、皇太子殿下が共に東京を離れられるのは問題があるのかもしれません。


>女性も皇族と結婚すると皇族になるのだから男性も女性皇族と結婚すれば皇族になるのは当然とも言ってましたよ。男女平等を皇室に持ち込むな!と言いたいです。

そうなんです。
このへんの考えが、まざにフェミニストそのものですよね。
なぜ皇室に男女平等を持ち込むのかと、びっくりしました。
かつて一般男性の皇族入りが認められてこなかったこと、その理由を全く無視した発言ですね。

>この人は男系皇統を断絶する片棒をかついでますね。皇室専門というからもっとマシなこと言うかと思ったらとんでもない女系容認派ということがわかりました。

そうなのですよ。
皇室を「制度」ということに現れています。
皇室の伝統、日本の宝を守る気持ちなんてないのです。
制度を維持する=中味はどうでもいいという考えなのでしょう。


>きょうの女性宮家創設に出席した田原総一郎氏も今谷明・帝京大特任教授も容認派。反対意見を持つ人の意見は聞かないわけ?
>もう日本の伝統を壊そうとする人たちばかりで不安でたまりません。

有識者会議のヒヤリングのメンバーには呆れましたね。
なぜ田原総一郎氏が入るのか…? この人、皇室のことなんてしっかり考えたことがあるのでしょうか?
もっと皇室の研究をされている人物がいるでしょうが。
しかも、女性宮家推進派ばかりです。
公平なヒヤリングを望みますね。民主党では無理かもしれませんが…。(ため息)

Posted by えいと@ at 2012年03月02日 04:18

>bunkataisiさん。

>えいと@さんの仰る事はごもっともですし、全面的に賛成です。

ありがとうございます〜。


>10年の長い間中国で大会社の役員として仕事をしていた仲間が、すっかり洗脳されて帰って来たのには驚きました。

えぇえ〜〜〜、そうなんですか…。
中国よりの考えに染まってしまった…ということなのでしょうか…?

>私はアメリカに単身赴任して、日本人の素晴らしさを改めて認識しました。

私もそうです。
アメリカで暮らすようになって、日本のすばらしさを実感しましたし、
皇室のことをこんなにも好きになったのはアメリカに来てからですよ…。

>皇室や天皇陛下は国民の心の支えとしてとても大切な存在と思っています。

去年の東北の大震災の時もそうですし、15年前の阪神淡路大震災の際にも、
天皇・皇后両陛下が被災地をご訪問されて、どんなに国民は励まされたことでしょう。
これなんですね。
何かあった時には天皇陛下が見守ってくださっている、その気持ちが大切なんですね。

>心が洗脳された彼は、皇室カレンダーを私に貰って欲しいとの事でしたので、一つ返事で貰う事にしました。それが今日届きました。
>皇室カレンダーを喜ばれる人に譲る気持ちが有る所を見て、まだ少しは日本人の魂が残っていると感じました。

そうなんですか…。
いったい何があったのでしょうね…?
きっと、片方の意見のみを吹き込まれてそれを信じてしまったのでしょう。
悲しいことですが、そういうことってあるんですよね…。

>これから、年に何回か集まる機会に、誇りある日本の歴史と文化を仲間に説いて行きます。

そのご友人の洗脳が解き放たれる日がくることを期待しています。。。

Posted by えいと@ at 2012年03月02日 04:35

>reeさん。

>酷いですね〜、その控え室での揚げ足取り。卑怯すぎ。

自分の考えに背くヤツは徹底的にねじ伏せる。
これは左翼のやり方ですよ。
いろんな意見があるのは当然だし、竹田氏の言い分は旧宮家の方のご意見として耳を傾けるべきなのに恫喝するとは…。
とても皇室を大切にしようとする人間の行動とは思えません。

>とあるところでお付き合いしてる人が、やはり同じように「なぜ女系じゃいけないのか?」って話になり、ちょっと討論になってしまったんです。彼女は民主派。
>子供手当てももらって嬉しい人で、最後には話すのも嫌になりましたが、洗脳どころじゃないですよ。こちらの意見には聞く耳を持ちません。

民主派…ということは左翼がかった方なのではないでしょうか?
左翼系の人は、聞く耳を持たない人が実に多いのですよね。
なんでしょうね? あの洗脳に近い思い込みは。
戦争の話なんかしようものなら、もう100%日本が悪者ですよ、きっと。
そういう前提で物事を考えているのですから、どうしようもありません。

>こう言う方が本当に多いんだな・・・と感じた出来事でした。

話すのもイヤになる…っていうの、よくわかります。
疲れるんですよね…。
だから、徹底的に凝り固まった考えを持った人とは話をしなくてもいいと思います。
そういう人の考えを変えるのは無理ですから…。

日本の教育は罪ですよ。
強烈でなくても、自虐史観がぜったいに心のどこかに巣くうように教育されてきましたからね。
女性天皇と女系天皇の違いがわかっていないとか、
そういう方とはぜひ、話をしてほしいな…と思いますねぇ。
アメリカで子育てをしているお母さんには、日本の歴史をきちんと理解してもらいたい…と心から思います。

Posted by えいと@ at 2012年03月02日 04:50

>ベッラカンタビーレさん

>所教授のいいそうなことでした。
>びーちぇさまはよく私のブログにおいで下さって、

おぉ、そうでしたか。
ベッラカンタビーレさんも 以前から所氏のことを見破っておられたのですね!
ぴーちぇさんは6年も前から感づいておられたんだそうです。

>ソプラノ歌手でもあります。

おぉお〜〜〜そうなんですかー。
すばらしいー。


>私は女性宮家は女系宮家へのステップになると危惧してきました。断固として反対しています。

絶対に「女性天皇」へのステップでしょうね。
そしていずれは「皇統が崩れた女系天皇」の誕生となっていくのです。
絶対に反対です!

>所教授はなぜ「たかじん」に何度も出演をたのまれるのかわかりません。何度も出てくると、保守が勘違いしますね。

そうなんですよね〜。
私もすっかり騙されておりました。
今回の「女性宮家」の話が出てこなかったら、所氏の本性には気がついてなかったろうと思います。
それだけ完璧に保守の仮面をかぶっている…ということなのでしょう。
今回の件で 所氏が隠れ保守であることに気付いた方が多いのではないかと思いますが、
まだ気がついていない方も多いでしょうね…。



Posted by えいと@ at 2012年03月02日 05:37

>poさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>残念ながら皇位継承において男系を追求してきたという史料はありません

なぜ、そう言い切れるのでしょうか?
もしかして、皇極天皇から天智天皇への皇位継承、元明天皇から元正天皇への皇位継承のことを言われていますか?
皇極天皇から天智天皇への皇位継承は母から息子、元明天皇から元正天皇は母から娘に皇位が継承されています。
これを女系継承のように言われる方がおられますが、そうではありませんよ。
皇極天皇から天智天皇への皇位継承=皇極天皇の夫は34代舒明天皇であり 天智天皇の父であります。つまり男系ですね。
元明天皇から元正天皇への皇位継承=元正天皇の父は草壁皇子であり、草壁皇子は天武天皇(父)と持統天皇(母)の子であります。こちらも男系です。
双系という方もおられますが、父が天皇、皇族であることから男系であるといえますね。

女性天皇が即位されていた時代は、天皇が政治を行っていたので権力争い的なことがあったことが予想されます。
それと、皇族同士での結婚がほとんどであった時代です。
今と同じ状況ではないし、同じように考えるべきではないと思います


>一般女性が皇室にはいることも、一般男性が皇室にはいることも同じでしょう

同じではありません。
「万世一系」の男系という伝統がある限り、一般男性が皇族になることはありえません。
日本の皇室が伝統でも何でもなく、単なる制度であると考える人や 男女平等とかを皇室に当てはめようとする人にとっては同じことであると考えられているのでしょうけどね。


>旧宮家の復帰は絶対反対です
>復帰もなにももともと皇室の人じゃないし 彼らが皇位継承資格を得るのでしょうか?

旧宮家が皇族でないと言い切る その理由を教えていただけますでしょうか?
旧宮家が皇室から離れることになった理由をご存知ではないのでしょうか?


>すくなくとも男系を125代追求してきたわけではありません 
>結果的になっているだけで

結果的になっているだけですか? 追求しないで偶然に125代男系で継続されてきたとお考えなのですか。
いやはや…びっくりです。
まぁ、どんな風にお考えになるかはご自由ですけど…。

>女系継承を考えたり(吉備内親王と長屋王の子供を親王にしたり)したこともあったわけで

先ほども書きましたが、その時代は皇族が政治に関わっていたのですよ。
皇族の間で皇位継承権を争うことがあったと十分考えられるのです。
poさんは時代が違うということをまったくお考えになっておられませんね。


>もういちど歴史の勉強をするべきです

このお言葉 ↑ はそっくりそのままpoさんにお返しいたします。

もちろん,私自身も勉強は必要ですし、やっています。
実際、私は数年前までは女性天皇と女系天皇の違いや、「万世一系」の男系という伝統の意味をよく理解していませんでした。
小泉政権時代に「女性天皇」問題が、そして今回「女性宮家創設」問題が出てきたことで私なりに勉強したのです。
その結果、導きだした結論が「女系天皇に結びつく女性宮家創設」には絶対に反対ということです。

poさんは皇室はなくなってもいいと思われているのですか?
poさんが日本には天皇はいらない、と思われている方であれば 私の意見には耳を傾けてくださらなくてもけっこうです。
しかし、poさんが「日本にとって、日本人にとって天皇陛下がなくてはならない存在である」とお考えであるのなら、
もう一度勉強し直してみてください。お願いです。
女性宮家創設は皇室を破壊する第一歩なのだということをわかっていただきたいと思います。

Posted by えいと@ at 2012年03月03日 02:40

>日向夏さん。

>所氏は知らなかったんですが…私、この人嫌いです。。。
>動画その1の19分頃、三宅さんが女性天皇の件について話されている時の所氏の半笑いで人を馬鹿にしたような顔! もうこの顔がこの人の人となりを語ってると思います。

所氏は「皇室のことは自分が第一人者」であるという自負があるのでしょう。
だから「自分に意見するとは何事か」と思われるのでしょうね。

>自分と異なる意見の人には話し方も上から目線だし、竹田氏の日記の内容を裏付けるような態度だなと感じました。この人に政治や日本を語って欲しくないですね。

竹田氏は竹田宮恒徳王のお孫さんであり、明治天皇の玄孫にあたられる方です。
そのような方に上から目線ってどういうことでしょうね。
旧宮家は皇室とは全く関係なしの100%一般人だと考えているとしか思えませんね。


>保守仮面を被った影響力のある人が多過ぎて、騙されないようにする事に精一杯になってしまいそうです。

そうなんですよ…。かなり難しいことです。
一見、本当にわからないのですから…信じ切ってしまうのですね。
影響力があるからこそ怖いのです。

>いつのまにやら洗脳されないように、テレビとか何かを読んだりする機会を制限してしまうと、必要な情報まで入ってこなくなるし、もうほんと、マスコミをどうにかして欲しいです。。。

日本のマスコミはガンですね…。
マスコミの中には反日勢力がわんさかいますからね。
普通にTVを見てしまうと、知らないうちに洗脳されてしまいます。


>女性天皇を認めるかどうかは、なんでこんなにも今急いで問題にしているんだろう?と思います。
>まぁ、民主党がここぞとばかりに潰しにかかりたいんだろうとは思いますが。

宮内庁の中の赤いグループが急がせているのです。
なぜか…。
民主党政権だからですよ。
民主党だったら不勉強な人が多いし、思想が左翼だし、うまく事を持っていけますからね。
自民党ではこうはいきません。
秋篠宮悠仁親王殿下がお生まれになられる前、小泉政権下で「女性天皇」の議論が行われましたが、
なかなか決まりませんでした。
あの時には「「万世一系」の男系を理解していた政治家が与党にいたのです。
そして、議論が紛糾しているその時に 秋篠宮悠仁親王殿下のご誕生です。
神がかってましたよね、あの時は…。

>私も、そんなに焦らなくても、秋篠宮悠仁さまがおられるじゃないか!と思います。
>そんな2、3年ちょろっと考えただけで決めてしまえるような事じゃないと思いますね。

全く同感です。
なぜこの夏までに…なんて大急ぎで決めなきゃならないのでしょう。
民主党には次がないからですよ。
この勢いで決めてしまわないと民主党は与党ではなくなりますからね。
次の選挙では民主党はもう与党ではあり得ないですから。

お世継ぎは秋篠宮悠仁親王殿下がおられます。
秋篠宮悠仁親王殿下がご結婚されて男のお子さまが2〜3人できたら安泰ですし、
ここ数年で焦る事ではないのです。

本文に書いていますが、
女性宮さまがご結婚と同時に皇室を離れることで、ご公務をする方が少なくなることが問題なのであれば、
旧皇室典範 第44条を復活させればいいだけのことです。
宮家の数が少なくなることが心配されるのであれば、
旧宮家の方々に皇室にお戻りいただく…ということを考えるべきです。

なぜこの数ヶ月で 日本の国体を変えてしまうような方向に決定しないといけないのでしょうか…?
政治だけでなく、宮内庁の中にさえ赤い勢力が巣くっているのです。
この赤い勢力が今、牙を剥いて来ています。
日本は今が正念場であると、私は思っています。

Posted by えいと@ at 2012年03月03日 03:22

>はちきんイジーさん。

>話に聞くには こういった方が一番危険かも知れませんね
>騙されやすいですよね
>もともと マスコミとかに弱い日本人は、、、、

騙されやすいですね…。
わかりやすい場合はいいのですけどね。
わかりにくい場合が困るのです。
騙されているよって忠告しても聞く耳をもってもらえませんからね…。



Posted by えいと@ at 2012年03月03日 03:30

>masaさん。

お久しぶりです。

>一時的に女性天皇は、あっても良いかなと思いますが、

masaさんはそうお考えですか?
過去に8人10代の女性天皇が存在したのは事実です。
しかし、過去は皇族同士の結婚が普通で、女性天皇は政治的な意図で即位されていた可能性が強いと考えられます。
今の時代で女性天皇をいったん認めてしまうと、女系天皇の誕生につながりかねないのではないでしょうか。
私は女系天皇は絶対に認めてはいけないと思っているので、女性天皇も容認できない派です。


>旧宮家の皇族復帰が最良でしょうね。
>結果的に125代男系で続いてきたことが重要であり、今後も続けるべきだと思います。

同感ですね。
なぜ、宮内庁、有識者達は「旧皇族」のことに言及しないのでしょうか。
なんだか、わざと避けているとしか思えませんね。


>ミンスが急いで決めようとしていることも怪しいし、皇室(元皇族)含むが決めるべきで女系容認だけ?集めた有識者会議??などで決めるべき事ではないと思う。

この流れを絶対にストップさせたいです。
皇室に敬意を示さない民主党に「皇室典範」を触らせたくはないです!
宮内庁の赤い一派が、民主党政権のうちに「女性宮家」を作ってしまおうと考えているとしか思えません。

Posted by えいと@ at 2012年03月03日 03:47
はじめまして。
最近竹田氏のおかげで古事記に目覚めた者です。
竹田研究会の古事記完全講義のDVDを友人に回し見させているところです。
ホント、すべての日本人に見てもらいたいDVDです。
ところで、
そういうわたしの啓蒙活動によって目覚め始めた主婦友たちに
「たかじん」の番組を勧めているうち、過去動画を見て欲しくて
(ネット難民がいるので)過去DVDを購入して「超・天皇論」
というのを見たのですが、唖然としました。
そこでは、所氏は皇室研究家として
神のように祭り上げられているではありませんか。
せっかく皇室についての見識を深めてもらおうと購入したのに、
とてもそれは友人に見せられませんでした。
だって、あれを見たら、所氏の論理は100%正しくて信頼できて正当性があって、
そして、何よりもおそろしいと思ったのは、
あれではまるで所氏は皇室を心から尊敬し、尊い伝統を固守せんとしている・・・
というおそろしい誤解を生んでしまうと思ったからです。
一見保守のように見せかけて、信頼関係を築いたところで
いきなり掌返し・・・!!
これって、まるで日本の多くの若者を皇室の大切さや天皇の偉大さを尊さを啓蒙しておいて、
いきなり女系天皇容認どころか男系否定までするという
悪名高き小林よりのりとまったくいっしょではありませんか!

なんかもう、もやもやしていたところ、
まったく同じ意見のこちらに辿り着き、賛同者もたくさん来ていらっしゃるようで
内心ホッといたしました。
Posted by 元うさんぽ at 2013年02月19日 21:16

>元うさんぽさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。
お返事がおそくなって申し訳ありません。

所氏が 心から皇室を尊重する人間なのか、保守の仮面を被った人間なのか…
本人以外はわからないでしょうが、
女性宮家を推進している…というだけで、たとえ心から皇室を尊重する考えての発言であったとしても、結果的には皇室を壊すことになってしまうだろうと私は思います。

小林よしのり氏は 愛国者だと思っていたらなんだかおかしな方向に向かっていますね。
顔まで歪んで来ているような…そんな気がします。。


自民党政権になって 女性宮家創設の話は白紙に戻りました。
本当に良かったです。
まっとうな政治が戻ったな…と安堵しています。


Posted by えいと@ at 2013年02月23日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。