2012年02月24日

南京事件〜敗戦国は真相を明らかにすることさえ許されないのか?


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



ご存知の方もおられると思いますが、先日名古屋市長の河村たかし氏が「南京虐殺はなかった」という発言をいたしました。


友好都市である南京市の共産党幹部が訪問した際に,その幹部に対して発言したということのようですね。

 河村市長:南京事件発言 現地市民は深い失望感 毎日JP


その後の日本政府や外務省、そして一部の国民の反応を見ていて考えさせられることがあったので、今回 それを記事にしたいと思います。



ところで,皆さまは南京事件についてはご存知ですよね?

1937年12月、日本軍は支那事変を終結させるため南京へ侵攻。
12月13日にそこを占領しました。
いわゆる「南京大虐殺」とは、その占領から約6週間の間に数十万人単位の人間(市民や捕虜)が日本軍によって南京で虐殺されたとする説です。
中国共産党が公式に述べてきたものとしては、その数30万人。
中国にある南京大虐殺記念館の外壁には、大きな文字で「300,000」の数が、犠牲者数として掲げられています。

     「南京大虐殺」は捏造だったより抜粋。


中国側は30万人もの南京の一般市民を虐殺した 非人道的な日本軍の罪であると主張しています。


しかし、この30万人虐殺を疑問視する声は多く、いろんな説があるのが この「南京事件」なのです。


皆さまは、どう思っておられますか?


南京大虐殺はあったと思われますか? それともなかったと思われますか?


私は戦争中だから軍人同士の殺戮はあっただろうが、30万人もの市民や捕虜を虐殺したとは思えない、という意見です。


こちらの動画 ↓ をご覧ください。


   南京の真実1(6分44秒)
   南京の真実2(5分28秒)


この動画 ↑ は2005年に放送された たかじんのそこまで言って委員会で「南京事件の証拠写真は捏造か?」というテーマで放送された動画の一部です。


英語の字幕も入っています。ぜひご覧になってください。


番組では、『南京事件「証拠写真」を検証する』の著者である東中野教授をゲストとして招き、


南京事件の証拠として使われていた写真を使い、どの点が捏造されているのかということを ひとつひとつ丁寧に説明されています。


これだけの証拠写真を集め、またその出版元を調べるのにどれほどの年月と根気が必要だったことでしょう。


歴史学者とは こんな風に歴史を検証しておられるのです。ものすごく大変な気の遠くなるような仕事です…。


さて、アメリカで大ベストセラーになった「ザ・レイプ・オフ・南京」という本がありました。


中国系アメリカ人の、アイリス・チャンというジャーナリストが書いた本ですが、


この本がベストセラーになったことで 南京での日本軍による大虐殺は定評となってしまったのです。


しかし、その後の東中野氏をはじめとする歴史学者の研究により、


「ザ・レイプ・オフ・南京」に使用された証拠写真は 100%捏造であったことを証明したのです。


この動画 ↑ にゲスト出演しているデーブ・スペクター氏は「南京事件はあった派」であり、


番組のはじめのうちは「世界の常識。聞くまでもなく南京虐殺は事実」と言い切っていました。


しかし、番組の最後にはたかじんさんの「デーブ、でここまで聞いて意見は変わったの?」という問いかけに対して、


渋々ながらも「南京事件はなかった」と発言したのです。(動画には入ってませんが…探したけど すでに消されてありません 残念…)


つまりデーブ氏は証拠とされた写真がすべて偽物であった事が証明されたことで 南京虐殺があったとは言えないと考えを変えたわけです。


動画の途中で,金美麗氏がこのよう ↓ に言われています。

あったということを証明するためには 本当の証拠を出さなくてはいけない。
この「南京虐殺」があった、という証拠にされてきた写真がすべていい加減なものであるということがわかった時点で、
この事件は本当にあったのかどうか、原点に返って見つめ直すことが必要だし、
それが普通の人間の感覚であると思う。



その通りであると思われませんか…?


この番組が放送されてから、もう7年が経過しています。


日本人の中には「南京事件の20万人も30万人も虐殺ってありえないんじゃないの? せいぜい2〜3万人だったのでは?」という認識を持つ人が多くなったようには感じますが、


まだまだ「日本は侵略国家だったんだから、残酷なことをきっとやってたはず」というお考えの方もいらっしゃるでしょう。


先日の河村市長の発言で、中国側はまたしても恫喝(名古屋市と南京市の交流中止だそうな)してきていますし、


日本政府の認識は 村山談話をそのまんま引きずったものですし、


ネット上でも河村市長を応援するネットユーザーと、河村市長を叩きまくるネットユーザーにまっぷたつに割れてます…。


まぁ、中国側が抗議してくる事に関しては理解できるんですよ。腹立たしいですけどね。


だって抗日は 中華人民共和国の国策ですから。


南京事件が いかに非人道的で残酷であったか…ということで国民に対して抗日感情を持たせているのです。


しかし、日本人がなぜ 史実の検証に背を向けるのでしょうか。


今回の河村市長の「南京事件」発言で、中国との友好関係が壊れるから発言を撤回しろと言う政治家もいたそうですけど…。


いったいどういう考えなのか聞きたいですね!


日本が何も言わないことが友好関係を保つ唯一の方法なのですか?

歴史を封印し、我々の先人を侮辱したままでいることが、友好のためには必要なんですか?



ところで南京入場の際の写真が多数残されています。


これらの写真をどうかじっくりとご覧になってみてください。
  (以下の写真は こちら 及び こちら のサイトよりお借りしました)


nankin12-1.jpg
      日本軍による南京城への入城式

nankin12-3.jpg
     南京中山路を行進する 日本海軍 軍楽隊

nankin12-2.jpg
   戦死した戦友の位牌と遺骨を持って南京入城式に参列する日本兵


これら ↑ は南京入城式の写真です。


残虐な虐殺をした後に こんなにも整然とした入城式が行えるものでしょうか?


戦友の位牌と遺骨を持って入城式に参列する兵士が、敵国とはいえ一般市民を虐殺できるものでしょうか?


そして、一番不思議なのは 虐殺をした死体です。


死体がないんです。


死体はどこに消えたのでしょうね? 誰かが大至急に片付けたのでしょうかね?


30万人の死体を処分するって たいがいものすごいことだと思うのですけど…?


nankin12-6.jpg
戦禍の終わったことを知り 防空壕から出てきた南京の女性たちを庇護する日本兵
    (南京陥落の翌日12月14日。朝日新聞1937.12.16付)

   nankin12-7.jpg
     南京の中国人家族に紙幣を渡す日本兵
(1937.12.27影山特派員撮影 南京占領の14日後 朝日版支那事変画報1938.1.27刊)

nankin12-8.jpg
     日本兵から菓子をもらって喜ぶ南京の家族
   (1937.12.20撮影 朝日版支那事変画報1938.1.27刊)


これらの写真 ↑ を見ているととても30万人の一般市民を虐殺した後の南京の町とは思えないとは思われませんか?


自分の親や兄弟姉妹、近所のおじさん、おばさんを虐殺した日本兵に助けてもらったり、食べ物を売ったりするでしょうか?


子供がこんなにも喜んで集まってきて、日本兵からお菓子をもらうなんてことをするでしょうか?


兵士も おじさんもおばさんも、子供達もみんな笑顔ですよ?


虐殺があった後だというのに こんなにもほんわかムードの空気が流れるものでしょうか?


それに虐殺があったとされる数年後には南京の人口が増加しているそうなんです。


虐殺があった場所に人が集まってくるものでしょうか…?


とても30万人もの虐殺があったとは思えないのですけど。



これらの写真はいつどこで誰が撮影したものかが明らかなのに対し、


「ザ・レイプ・オフ・南京」に使われた証拠写真は100%捏造です。


このことからもわかるように南京で30万人もの虐殺が行われたということは断言できないということははっきりしているのではないでしょうか。


100%なかったとも言えないが、100%虐殺が行われたとも言い切れないということです。


だからこそ歴史の検証が必要なのです。



日本は先の戦争に負けました。

戦争に負けた国は なかった罪も受け入れなくてはならないのでしょうか?

歴史の検証をやり直すことを提案する事も許されないのでしょうか?

戦争に負けた日本は、歴史の真相を明らかにすることすら許されないのでしょうか…?



こちら ↓ で河村市長発言 歴史認識はしっかりとという記事を中日新聞が書いています。
   河村市長発言 歴史認識はしっかりと 中日新聞


正しい歴史認識とは いったい何なのでしょうか?


かつて小泉純一郎首相の靖国神社参拝で悪化した日中関係を改善しようと、


双方が歩み寄った知恵が共同研究というものがあり、それを両国で共有したという経緯があります。


その共同研究は 日本側のみが譲歩したものではないのですか?


しかも、日本の総理大臣が靖国神社に参拝して 日中関係が悪くなったからと なぜ一方的に日本が譲歩する必要があるのでしょうか。


これこそが自虐史観なのではないでしょうか…?



ところで こちらの動画 ↓ をご覧になってください。


   「南京大虐殺記念館は日本人が造った」(4分54秒)


中国にある[南京虐殺記念館」の建設を押し進めたのは…なんと日本人なのです。


中国側は 建設資金が捻出できないので無理だ、と消極的だったらしいのですが、


なんと…日本の政治家が中国に強く勧めて 建築費用まで日本が出したそうですよ!(怒)


旧社会党の田辺誠委員長です!


何てことをしてくれたのでしょうか…!


こういう日本人が存在するんです。


そして,今でもこういう人間が 日本の政治の中に潜んで日本を貶めようとしているってことなんですよ…。


きっと河村市長を攻撃しているのは…そういう反日感情を持った日本人、あるいは在日の外国人なのでしょう。



あぁ日本はいったいいつまで自虐史観を引きずっていかないといけないのでしょうか…?


日本とはこんなにも誇れる国だ!


…と、いつになったら大きな声で言えるのでしょう。


多くの近隣諸国との問題は 日本人自身の心の中に一番の原因があるのではないか…と私は思います。。。






       【お知らせ】

河村たかし名古屋市長にエールを送りませんか?

河村市長は「南京事件」に関する発言の撤回も謝罪も必要なし!

…と思われる方は、ぜひ! 

メールはこちら → http://takashi-kawamura.com/contact 

電話・FAXでの応援はこちら → 電話番号 052-972-3054 
              ファックス番号 052-972-4105


気さくな62歳が 中国の恫喝や 反日勢力の中傷に負けないように 応援しましょう。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 06:19| Comment(40) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この南京大虐殺ですが、右翼団体かのビデオで当時、南京に攻め入った日本軍の方が必死に当時の南京の状況、つまり「南京大虐殺はなかった」、このことを主張しているのを見た記憶があります。また、日本兵が南京に入ると中国兵がトーチカから銃を撃ってくるわけですが、攻略してトーチカに入ると足に鎖で縛られ、逃げられない状況にしていた中国兵の死骸が見つかったそうです。詳しい事情はわかりませんが、正規軍も南京にはいなかったように聞きます。ですから、戦争ですから数人の死者はあったでしょうが、全くのでっち上げではと思ってます。

当時、アメリカのコミュンテルの連中が蒋介石やらといろいと画策していたと聞きます。また、GHQの中にも多くのコミュンテルが存在していたのも事実でしょう。現に私は例のハルノートですが、当時の国務長官Hullさんは尊敬さている人物ですが、実際にはハリー・デクスター・ホワイトがこのハルノートを差し替えたといわれてます。この人はユダヤ系アメリカ人でですね。話しは飛びますが、ヒットラー時代のドイツで共産党員を捕まえると8割ほどがユダヤ人だといわれてます。もちろん、マルクス、エンゲルスはユダヤ人でしょう。こうした関係かどうか推測ですが、このホワイトはコミュンテルの一員であったであろうと推測します。彼は最期は自殺したような話を聞きます。
ハリー・デクスター・ホワイト;
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88

まあ、戦争に負けたこで、慰安婦の問題や南京大虐殺が波紋を拡大してます。政治も含めて強い日本の復活を期待します。
私は 秦郁彦さんの「昭和史の謎を追う(上下)」読みました。その中で彼は2,3万人の虐殺を述べていたと想います。また、100人切りの話やら・・こうした話には尾びれが付き物です。日本の政治家の毅然とした態度を期待しますが、今の民主党には何も期待できないですから・・。
Posted by 夢見る親父 at 2012年02月24日 08:35
南京虐殺は、完全な嘘です。
南京の人口は20万人ぐらいいたとされています。あと10万人どこからでてきたの。
日本軍との戦闘が始まる前に南京にいた中国軍の幹部は逃走しています。その後残った中国兵の間で意見が分かれ残って日本軍と戦うことを選択した中国兵が逃げようとした中国兵を殺しています。
日本軍の南京入城後、南京に中国人が戻ってきて日本軍が南京に入る前より数万人増えています。
虐殺がなかったから、日本軍のいるところは中国兵のいるところより治安が良いことを中国人が知っていたからでしょう。
百人斬りも南京大虐殺も嘘。中国に腹がたちますが日本の中にいる反日はもっと許せません。朝の番組で電波芸者のみのもんたは、あったと言ったそうです。日本のテレビのレベルの低さにうんざりします。

後に処刑された松井石根司令官は陸軍きっての親中派だったようですね。

英語で世界に発信!UndertakerRachのコピペでGO!
彼女は一人で黙々と南京虐殺の嘘を発信しています。えいとさんと同じアメリカに住まれているようです。ご存じですか。
彼女のことを知ったのはWJFさんが紹介していたのを見たからなのですが、応援しています。




Posted by さくら at 2012年02月24日 12:14
私もこのニュースを聞いた時最初にやった事は、河村氏への応援メールでした!今の日本では、このような正論を言うと徹底的にイジメられますからね。特ア連中の真実を口にするだけで叩かれちゃうんですから。

中共のアホ共が早速、南京虐殺には山ほど証拠があるとか言ってますが
だったら堂々と何と何と何とか証拠だ!とでも出して来たらどうですかね。
南京の虐殺記念館にさえ嘘捏造モノしか無いわけですから無理でしょ(笑)。
殺された人の名簿さえ無いのに年々犠牲者の数が増えるシナの不思議♪

河村氏発言のような正論がまさか日本から出て来るなんて思ってもみなかったでしょうから、相当シナ様はビビってるはずですよ。
シナは、本当は日本人が世界で一番強くて怖い存在だと分かってるんです。正義の民族ですからね。
だから、日本人が目覚めるのを一番恐れている事でしょう。
どんどんやってやりましょう〜♪
Posted by ケロケロ at 2012年02月24日 14:41
アロハ〜!
河村知事の理の通った発言に、正直びっくりでした。
こう言うことが中国に言える日本の政治家は、いないと思っていたので。
しかも、中国のように、自分の主張を相手に押し付けるのではなく、キチンと理にかなった言い方ですよね。
中国はひたすら証拠があると言っていますが、今だ出してないですよね。
しかし、こうした自虐歴史が、日本からの発信というのが、本当に腹が立ちます。
慰安婦にしても、南京にしても。。
靖国問題にしても、言いだしっぺは日本の反日勢力。。
今まで、積極的に何もしてこなかった日本政府にも腹が立ちます。。
これからも、余り期待できないですよね。

竹島の問題など、詳しい話をしたくても話をそらされてしまいます。
もう、聞きたくないという感じ。。
そんなの、政治家に任せておけばいいのよって。。
政治がなにもしない(出来ない)のは、それなりの理由があるからでしょって。。
確かに、日本の危機を感じている人たちが財産を海外に移してしまったら、日本衰退に繋がりますね。。
これまた、問題だ。。
Posted by モリオリママ at 2012年02月24日 18:42
こんばんは(*^_^*)

「南京事件はなかった」ですよ〜
事件があったとされる時から人口も増えてるそうですしね。
普通はそんなことがあったら増えませんよね?
だいたい当時20万だかの人口なのに どうして30万殺せるのか?
殺し方も どうやったらそんなに殺せるのか?
あの原爆でさえ、そんなに死んでませんよ。
考えれば考えるほど 不思議ですよね〜

写真を見たってそんなことがあったとは信じられません。
http://photo.jijisama.org/china.html

それにしても…ウソの歴史本がベストセラーになるとはねぇ…(―_―)!!


Posted by リボン at 2012年02月24日 19:28
えいと@さん、私も河村市長を応援しています。

>今回の河村市長の「南京事件」発言で、中国との友好関係が壊れるから発言を撤回しろと言う政治家もいたそうですけど…。
昨日の中日新聞の社説や大村愛知県知事も河村市長の足を引っ張っています。
本来なら強力に後押ししなければならない立場なのに。

>戦争に負けた日本は、歴史の真相を明らかにすることすら許されないのでしょうか…?
【公職追放】:昭和21年(1946)1月4日 「好マシクナイ人物ノ公職ヨリノ除去覚書」の発令により政界/官界/財界/言論界からGHQの方針に反する人物(約21万人)を除去
占領下では何も言えなくて、戦勝国から押し付けられた事に従うしかなかった。
しかし、今こそ真実を明らかにして後世に伝えなければならないと思います。

>河村たかし名古屋市長にエールを送りませんか?
昨日は応援の電話をしました。今日はメールを送りました。

>気さくな62歳が 中国の恫喝や 反日勢力の中傷に負けないように 応援しましょう。
bunkataisiは65ですから、えいと@さんよりもっと頑張って河村さんを応援しなければ・・・。
桜井よしこさんのお話を聞いて、中韓と日本人の根本的違いを皆さん良く知っていただきたいですね。

【ねことオートバイと哲学】こりこりさんが河村市長の応援記事を多く書いています。
http://ameblo.jp/franny-the-cat/page-2.html#main
Posted by bunkataisi at 2012年02月24日 21:06
連投です。(今、気がついたこと(>_<))

えー!
「南京虐殺記念館」の建設を押し進めたのは
『日本人』で
建築費用も
『日本』が

出してたんですかー!!

知りませんでした!もう驚愕の事実ですね!

これってどれだけの日本人が知っているんでしょう。
もう信じられません。
Posted by リボン at 2012年02月24日 23:49
私も嘘だと思いますよ。
虐殺があったのは事実と思いますが、兵士に対してだったんじゃないかと思います。
それは逆も、つまり日本兵も虐殺された、と思ってます。
証拠として示す物がないので、証明は難しいと思いますが、口を閉ざす事は認めた事と同じ事。
だからどんどん相手の思う壺になっちゃうんですよ(怒)!!
Posted by ree at 2012年02月25日 00:49

>夢見る親父さん。

>戦争ですから数人の死者はあったでしょうが、全くのでっち上げではと思ってます。

同感です。
戦争中ですから一人の殺戮もなかったということはないでしょう。
中国兵はたくさん戦死したでしょうし、同じように日本兵も戦死しています。
日本兵は多くの一般人を殺戮したと非難されていますが、中国の便衣兵が市民の中に紛れ込んでいたという事実が明らかになっています。
便衣兵を殺害したこと=一般市民を殺害したと誤解されている部分が多々あるでしょうね。

>戦争に負けたこで、慰安婦の問題や南京大虐殺が波紋を拡大してます。

戦争に負けたことで 日本は何にも言い返せなくなってしまったのが原因でしょうね。
東京裁判を受け入れてしまったのですから(そうしなければサンフランシスコ条約は締結できませんでしたから)やむを得ない部分はあるのですが、
もう戦後70年近くになるんです。
慰安婦問題も南京虐殺も、歴史は検証されているのです。
そんな事実があったとは言えないと証明されているのです。
それなのに、日本人自身が声を大にして言わないのです。

>政治も含めて強い日本の復活を期待します。

どこまで期待できるでしょうね…?
石原慎太郎氏が河村市長の発言を擁護しましたね。
これは大きいなとは感じますが、その他の政治家はだんまりです。

こういう発言があると必ず中国は圧力をかけてきます。
現に「名古屋市との交流を中止する」と言ってきたそうです。
中国はわかっているのです。日本は押せば引く国であると。

そうではない! 日本は押しても引かない時は引かない!
そういうメッセージを与えなくては、これからもずっと同じ状況が続くでしょうね。

Posted by えいと@ at 2012年02月25日 06:09

>さくらさん。

>南京虐殺は、完全な嘘です。
>南京の人口は20万人ぐらいいたとされています。あと10万人どこからでてきたの。

そうですよね。
人口が20万人しかいない南京で、どうやって30万人も、しかもあんな短期間でこれといった武器(空襲とか原爆とか)なしに虐殺ができたというのでしょう。
もしそれが本当なら、どんなスーパー軍隊だったのでしょうね。(笑)
しかも、記事にも書いていますが、死体は誰がどうやって片付けたのでしょうね。
30万人もの死体を短期間にきれいさっぱり跡形もなく片付けてしまうなんて、あり得ないことです。

>日本軍の南京入城後、南京に中国人が戻ってきて日本軍が南京に入る前より数万人増えています。
>虐殺がなかったから、日本軍のいるところは中国兵のいるところより治安が良いことを中国人が知っていたからでしょう。

その通りです。
治安の悪い場所(30万人も虐殺があり、その犯人の日本軍が駐屯しているような場所)に わざわざ移り住む人間なんていませんよね。
治安がいいから移り住んで、その結果、人口が増えたんですよね。
普通で考えたら「あぁ、そうだよね」って思えるようなことも、
なぜか南京虐殺があった派は、そんな風には考えないようです。

>中国に腹がたちますが日本の中にいる反日はもっと許せません。朝の番組で電波芸者のみのもんたは、あったと言ったそうです。日本のテレビのレベルの低さにうんざりします。

そのTV番組は見ていませんが、お友達ブロガーのさくらにゃんさんの記事を読みました。
ひどいですね。本当に呆れます。
 http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-cd34.html

>英語で世界に発信!UndertakerRachのコピペでGO!
>彼女は一人で黙々と南京虐殺の嘘を発信しています。えいとさんと同じアメリカに住まれているようです。

こういう女性がおられるんですね。
頭が下がります。
英語が流暢な方は、こういう活動をしていただきたいです。
私は…残念ながら タイトルにあるように英語が苦手ですので…。すみません。。。

この方のサイトを拝見しました。攻撃コメントやメールがあると書かれていますね。
こういう活動をすると攻撃してくる輩がいるんですよね…。
私もこんな記事を書いていますと、たまに反論、いや批判コメントがつきますもの。しかも執拗に。
本当の歴史、史実を日本国民に知らされたくない派がいるってことでしょう。
この本当の歴史、史実を日本国民に知られたくない輩が問題ですね。
日本がひとつになれないのは…こういう輩が日本にはたくさん存在するってことなのでしょうね。

Posted by えいと@ at 2012年02月25日 06:26

>ケロケロさん。

お久しぶりです〜。

>今の日本では、このような正論を言うと徹底的にイジメられますからね。

そうなんですよね〜。
この「正論を言うと叩かれる」ってどんな国なんでしょうね。

>特ア連中の真実を口にするだけで叩かれちゃうんですから。

これは個人のお付き合いの場でもそうですよね。
以前、ケロケロさんが紹介くださった掲示板でもそうでしたもんね。
歴史(戦争時代)の話が出たら、はじめに謝っておけばいい〜なんて書き込みもありましたもんね。
なんで謝る必要がある?
謝るってことは、それを認めるってことに等しいのに。
結局、波風が立つのが怖いのです。
とにかく相手の逆鱗に触れないように対応しているのです。

日本の政治も同じですね。
そういう政治家が多いから、謝罪外交,弱腰外交などと言われているのでしょう。

>中共のアホ共が早速、南京虐殺には山ほど証拠があるとか言ってますが
>だったら堂々と何と何と何とか証拠だ!とでも出して来たらどうですかね。
>南京の虐殺記念館にさえ嘘捏造モノしか無いわけですから無理でしょ(笑)。

そうなんですよね。
「証拠がある!」って言われただけで、日本側はしぼんでしまうんです。
証拠なんてないのに。
南京虐殺記念館に納められている写真だってほとんどが捏造なのに。

>殺された人の名簿さえ無いのに年々犠牲者の数が増えるシナの不思議♪

日本がなんにも言わないから、調子こいてどんどん人数が増えているんですよね。
韓国の慰安婦と同じです。
あれも20万人に増えたんです。(笑)

>河村氏発言のような正論がまさか日本から出て来るなんて思ってもみなかったでしょうから、相当シナ様はビビってるはずですよ。
>シナは、本当は日本人が世界で一番強くて怖い存在だと分かってるんです。正義の民族ですからね。
>だから、日本人が目覚めるのを一番恐れている事でしょう。どんどんやってやりましょう〜♪

ビビっているのは確かでしょうね。
だから恫喝をしてきているのでしょう。

しかし…今日のニュースでこんなのが…!↓
http://mainichi.jp/select/today/news/20120225k0000m010130000c.html
「河村市長:「礼儀欠いた」 中国の批判報道に戸惑い」
あぁあ〜って思いますね。
南京に住んでいる日本人に悪影響が出てるんですって。
中国ってこんな国なんですよ。南京在住の日本人をいじめるのでしょう。
こうやって恫喝をするんですよ。
河村市長、撤回しちゃうのかなぁ。。。

Posted by えいと@ at 2012年02月25日 06:47

>モリオリママさん。

>河村知事の理の通った発言に、正直びっくりでした。
>こう言うことが中国に言える日本の政治家は、いないと思っていたので。

今までもこういう発言があったことはあったんですが、そういう意見を言う人は罷免されてきた経緯があるんですよね。
羽田孜内閣の時代(1994年)に永野茂門法務大臣がこれと同じような事を言って罷免されたことがあるんです。
一番最近では田母神氏ですね。政治家ではないですが。
田母神氏は「日本は侵略国家ではなかった」という懸賞論文を出してクビになりました。
そういうことがあるから、なかなかこういう発言はできないのですよね。
発言したら 今回のように中国からは恫喝されるし、マスコミも叩きまくりますからね。(ため息)

>中国はひたすら証拠があると言っていますが、今だ出してないですよね。

そうなんです。
動かぬ証拠がある!…って言うんだったら、ちゃんとその証拠がきちんとしたものかどうか証明しなさいよって言いたいですよね。
南京大虐殺では集団的な虐殺、強姦、強盗行為が行われ、それは否認できない事実だとしているんです。
本当にそうならその証拠をしっかりと提示すべきです。

>こうした自虐歴史が、日本からの発信というのが、本当に腹が立ちます。
>慰安婦にしても、南京にしても。。
>靖国問題にしても、言いだしっぺは日本の反日勢力。。

そうなんですよ、すべて日本が発祥です。
しかもね、動画を本文に貼付けましたが、なんと 中国にある南京虐殺記念館は日本が建設費用の一部を負担しているんですよ!
あり得ない…! 何てことをしてくれたのでしょうか…?(怒)

>今まで、積極的に何もしてこなかった日本政府にも腹が立ちます。。これからも、余り期待できないですよね。

…できなかった…ということもあるのでしょうね。

>竹島の問題など、詳しい話をしたくても話をそらされてしまいます。もう、聞きたくないという感じ。。そんなの、政治家に任せておけばいいのよって。。
>政治がなにもしない(出来ない)のは、それなりの理由があるからでしょって。。

話をそらされてしまうのですか…。(ため息)
そういう人達って、話したくないのではなく、話の内容がしっかりわかっていないから話ができないのではないでしょうかね?
しっかり内容がわからないから話し合いにならないと自覚しているんでしょう。

政治家に任せておけばいい…ですか。
そんな風に言う人ほど選挙に行かない傾向があるんですよね…。
無関心が今の状態を招いているんだってことが理解できないと、日本は変わっていかないでしょうね…。

>日本の危機を感じている人たちが財産を海外に移してしまったら、日本衰退に繋がりますね。。これまた、問題だ。。

そうなんですよ、大問題ですよ。
危機感をもつ日本人がもっと増えないと…ホントに日本に先はないですよ〜。
私たちの祖国が…なくなってしまったり、中国の一部になったりなんて…いやです〜〜〜。(泣)

Posted by えいと@ at 2012年02月25日 07:38
reeさんのところで紹介されていたのでたまに覗いてました。いつもはコメント残さないんですが今回はつい書きたくて来てしまいました。

私は当時南京に居た方に会った事があります。その方は首をかしげて「そんな事はなかったと思うんだがな〜」と。近所のおじいちゃんなんですが。

そして最近ちょっと子育てで悩んでいてある教育者のメルマガを登録したらなんとその方は南京大虐殺があったのに日本人は認めたくないとかつらつら書いていて驚きました。と言うかあなたは一体誰の見方?と思いました。

私はフィリピンに住んでいますがフィリピンでも戦争ですから日本人はアメリカ兵だけでなくアメリカ兵に加担するフィリピン人民間兵を殺したと思います。詳しくは知らないのであまり言いたくないのですが、フィリピンの小説家で日本軍が居た当時のことを書いてる方は何人かおられ、それらの小説を読む限りでは南京のような残酷な殺し方をした形跡はないです。残酷な殺し方をするのはパールバックの大地でしたっけを読んでも中国に昔から伝わる殺し方だと思います。日本はフィリピンを占領した時、自分の国としてインフラ整備にもの凄くお金を投資したんですよ。これから将来自分の国として守っていこうと思っている国だからです。主人の叔父2人は有名なバタアンの死の行進の生き残りですが炎天下の中を行進させられ多くの方が亡くなったとはいえ、南京のような殺され方はされてません。その一方で別の祖父は東大の医学部に留学させてもらい医者になりました。もう亡くなりましたが日本語も勿論話せました。

実は私はチャンネル桜でアナウンサーをさせて頂いた事があるので水島監督のお元気そうなお姿を見て懐かしく思いました。
Posted by 菜の花 at 2012年02月25日 08:02

>リボンさん。

>「南京事件はなかった」ですよ〜

私もそう思いますね〜。
戦争中なので全くなかったとはいいませんが、30万人もの一般市民や捕虜を無差別に殺戮したのはなかったと思います。

>事件があったとされる時から人口も増えてるそうですしね。普通はそんなことがあったら増えませんよね?
>だいたい当時20万だかの人口なのに どうして30万殺せるのか?
>殺し方も どうやったらそんなに殺せるのか?あの原爆でさえ、そんなに死んでませんよ。

矛盾だらけなんですよ。
B-29を300機以上を投入した東京大空襲で死者約10万人、原爆の死者でも約20万人なのに、空襲や原爆などの特殊兵器を使わずして 短期間に30万人も殺戮できるものでしょうかね?

 http://www5b.biglobe.ne.jp/~nankin/page022.html
こちら ↑ は『南京大虐殺否定論13のウソ』という本の内容を検証したHPです。
南京虐殺肯定派のウソを暴いています。

>写真を見たってそんなことがあったとは信じられません。
 http://photo.jijisama.org/china.html

この写真を見ると、日本の軍人さんってなんてすばらしいのだろうと思いますね。
敵国の無名兵士の墓を慰霊しているのです。
涙が出ますよ,これが日本の軍人の姿なのです。
悔しいです。
こんな素晴らしい我らの先人を侮辱する人間がいることが、それが日本人の中にもいるんだってことが悔しくて仕方がありません。

>それにしても…ウソの歴史本がベストセラーになるとはねぇ…(―_―)!!

一種のロビー活動ですよ。
アイリスチャンは中国のスパイであったという噂があるんです。
アイリスチャンは自殺をしたそうですが、消されたという噂もあります。。。

Posted by えいと@ at 2012年02月25日 08:03
今日のニュースで私も心配になってしまいましたが、撤回をしないでほしいという願いも込めて、先程になってはしまいましたが、河村市長に応援メールを送らせていただきました。もっともっと早くに応援メールを送りたかったのですが、私の様なまだまだ不勉強な者が送っていいものかと迷っていました。しかし、えいと@さんのブログの記事を最後まで拝見させていただき、奮い立ちました。えいと@さん、本当にありがとうございました!
Posted by 里 at 2012年02月25日 08:15

>bunkataisi さん。

>昨日の中日新聞の社説や大村愛知県知事も河村市長の足を引っ張っています。本来なら強力に後押ししなければならない立場なのに。

大村知事も結局は保身なのでしょうね。
こういうことを発言すると叩かれるのは明白ですから。

>【公職追放】:昭和21年(1946)1月4日 「好マシクナイ人物ノ公職ヨリノ除去覚書」の発令により政界/官界/財界/言論界からGHQの方針に反する人物(約21万人)を除去
>占領下では何も言えなくて、戦勝国から押し付けられた事に従うしかなかった。

その通りです。
占領下の時代は情報制限され、発言の自由は認められなかったのです。
愛国心のある人間は公職追放され、その代わりに要職に就いたのは赤く染まった人間でした。
その影響が今でも残っています…。

>しかし、今こそ真実を明らかにして後世に伝えなければならないと思います。

そうなんです。その通りです。
しかし、政治の世界ではなかなか変わっていかないのが現実です。
ちょっとでも中国や韓国の逆鱗に触れるような発言をすると、中韓はものすごい勢いで恫喝してきますからね。
今回は南京に住む日本人に迷惑がかかり始めているそうですよ。
中国政府の差し金でしょう、きっと。
そういうことをするから、政治家は正しいことを発言できないのです。

河村氏、頑張って欲しいですね…。
どうなっちゃうかなぁ〜心配です。。。

>桜井よしこさんのお話を聞いて、中韓と日本人の根本的違いを皆さん良く知っていただきたいですね。

櫻井よしこ氏の主張を もっと多くの日本人は聞いて欲しいですね。
櫻井氏はもどかしいと思っておられると思いますよ、いつまで日本人はボケてるんだと思われていることでしょうね。

Posted by えいと@ at 2012年02月25日 09:07

>リボンさん。

>えー!
>「南京虐殺記念館」の建設を押し進めたのは『日本人』で
>建築費用も『日本』が出してたんですかー!!
>知りませんでした!もう驚愕の事実ですね!

ひどい話でしょう?
私も知ったのは最近です。いつだったかな…。
このチャンネル桜の動画で知ったんですよ。もう唖然としました…!

>これってどれだけの日本人が知っているんでしょう。もう信じられません。

知っている人はいるでしょうが、まだまだ少数派でしょうね。
こういうことするんです。
日本人ですよ? 
出したお金はどっから出たのでしょうね?
まさかポケットマネーじゃあるまいし。
ホントに腹立たしい! 売国奴そのものです!

Posted by えいと@ at 2012年02月25日 09:21
えいと@さん、コメントが不十分な気がして、もう少し援護させて下さい。

私は「南京虐殺記念館」が日本人(田辺誠)の影響で作られたところを読み飛ばしていました。情けない以上に「怒りのやり場に・・物凄い苛立ち」を感じますね。

別の知人のところも、この「南京大虐殺」を取り上げていました。今日、アメリカ人の彼女にハルノートの件、それを書いたとされるホワイト、そして、ここで取り上げた動画、捏造写真の数々を送りました。真珠湾攻撃の問題点も前に話したりしましたが、広くアメリカ人に知らせる必要もあると想います。
私はこの歳になるまで、こうした事に触れる機会がなく、多少平均以上の理解で済ませていましたが、知れば知るほどマスゴミのウソや政治家の欺瞞に気付かされますね。

本多勝一ですか、この人は教科書にも乗るような人でしたよ。 私も世界の隠れた部分のルポで高く評価していた人でしたが、周りのいろんな情報を繋ぎ合わせると「恣意的」「意図的」な部分を感じますね。

私は穏やかに書いてますが、内面は物凄い怒りです。
民主党、旧社会党を含め皆殺し、八つ裂きにしてやりたいくらいに錯乱してます。朝日新聞も潰したい(怒)
Posted by 夢見る親父 at 2012年02月25日 09:55
河村市長って人がどんな人かは、よう知らんのやけど、政治家、しかも市長さんって立場で、こういうこと堂々と言えるっていうのは凄いね。
堂々と言えて当たり前やねんけどさ、なんかタブー?っていうの?あとが怖くてうちらみたいな一般市民でさえ、大きな声で言われへんって雰囲気あるやん。この人が突破口になってこうして話題になるだけでも立派な功労やと思う。
もうこれからは、どんだけ左巻き教師やら、政治家、メディアが日本人を洗脳しようとしても、ネットがあるからね、今まで通りにはいかんやろね。
実際、自分みたいな考え方してる人は少数派やろなって思っててんけど、ネットで他にもたくさんいてること知ったし、おそるおそる知り合いに話したら、やっぱり同じように考えてたってわかって、心強くなったもん。
レイ●されてんは、南京やのうて日本やよ、ほんま。
Posted by ジェニ at 2012年02月25日 09:57
事故って(私自身が)ブログから遠ざかっていたら日本で大変なことがおこっていたのですね!!

河村氏の発言に「よく言ってくれた!」と思っていたら、うちの旦那に「ネットで河村氏の発言を聞いて呆れ果てちゃったよ。」と、言われ、ここダーラムでも密かに内戦が勃発しております(私と旦那)。早く旦那を目覚めさせたいです。。。正直これこそが日教組の教育の賜物と言えるんじゃないでしょうかね。。。いっそのこと、えいと@さんのブログを強制に読ませようかと。。。。

それにしても南京虐殺記念館建設を後押ししたのが日本人だなんて知らなかったです。。。。ショックすぎです!!
なんのメリットがあってこんなものを作らせたんでしょうか。と、いうか、田辺某は日本人なんでしょうかね???こんな先人のせいで、我々が苦労してるわけですが、何故そんなことをしたのかという訳をとことん聞いてみたいです。。

ああ、あまりに腹がたちすぎて、勢いに任せてかいてしまいました。。。すみません。ううう。
Posted by おえし at 2012年02月25日 12:34
えいとさん 菜の花さんのコメントの中にバタアン死の行進が書かれているのでそのことについて書かせてください。私は本当に何も知らないので時々歴史の勉強会に参加させていただいています。そこで世界史の先生が死の行進について少しだけ話されたのですが、投降してきた捕虜は日本軍と戦う前からマラリアや赤痢に感染した者が多く日本軍と戦えるような状態ではなかった。捕虜収容所までの間に鉄道もなく歩くしかしかたがない場所があったので歩かせた。日本軍はジュネーブ条約を守ったけれど、これだけ多くの兵士が投降して輸送手段がなかったらアメリカなら射殺していたかもしれない。死の行進で検索したら、花うさぎの世界は腹黒い2の2011、9.8日に投降してきた兵士に日本兵が紅茶をふるまう写真が載っています。アメリカとフィリピンが戦争になったときにダグラス・マッカ―サーは何十万人ものフィリピン人を虐殺していても罪に問われていませんが、行進の責任を問われて本間正晴中将は処刑。南京の松井石根大将も処刑、複雑な気持ちです。
Posted by さくら at 2012年02月25日 12:43
今晩は えいとさん

河村市長さんのような発言をされる方も日本にいらっしゃるんですね
南京虐殺の話は 完全な作り話という事なんですね
戦争には人の命が犠牲になるものですよね

大切なのは えいとさんが最後にいわれた

あぁ日本はいったいいつまで自虐史観を引きずっていかないといけないのでしょうか…?
日本とはこんなにも誇れる国だ!

そこに行くと感じます



Posted by はちきんイジー at 2012年02月25日 14:57
朝日新聞に抗議したいです。

本多勝一らから始まって今に至ってるんですよね。
 日本の国民は 社会の教科書や資料集に載っているため、それが真実だと思っています。
 河村市長の発言も祖父への思いや認めたくない気持ちが言わせているとしか思っていません。
 家で話をしてもまわりは半信半疑で・・・。

 朝日新聞は、でたらめな本を出し、写真(アサヒグラフの説明とのくい違い)を使ったことを詫びなさい。
朝日新聞と工作員のような政治家が扇動し、今に至ったことを 時系列で実名をあげて、大きく特集記事で連載しなさい。あんた達のデマで酷いめにあってるんだから。
 そうしないと国民には何が真実なのかわからないです。
 アサヒることばかりしててはいけません。

 「南京の嘘も従軍慰安婦の嘘も朝日から!
フジテレビより悪質で責任感のかけらもない売国奴。
英霊に謝れ!」
と朝からぶつくさ。 家族に引かれてます。

Posted by T.T at 2012年02月25日 16:32

>reeさん。

>私も嘘だと思いますよ。虐殺があったのは事実と思いますが、兵士に対してだったんじゃないかと思います。それは逆も、つまり日本兵も虐殺された、と思ってます。

そうなんです。
戦争中なのですよ。だから軍人同士の殺戮はあったんです。
でも、日本兵が一般人を対象に無差別に大虐殺をした…っていう証拠はどこにもないんです。
実際、虐殺があったという証拠写真は,他の戦闘で行われていたもので、
しかも、日本兵が行ったものではない写真まで紛れ込んでいるのです。

>証拠として示す物がないので、証明は難しいと思いますが、

虐殺はなかった、と言い切れる証拠は実はないんですよね。
しかし、あったとされる証拠が全て捏造であったということは証明されているんです。
で、後は証言ですね。
虐殺があったと証言する人物もいれば、なかった、そんな場面を見たことも聞いたこともないと証言する人物もいるわけです。
証言だけではあったとは言えませんし、なかったとも言えません。

>口を閉ざす事は認めた事と同じ事。
>だからどんどん相手の思う壺になっちゃうんですよ(怒)!!

そうなのです。
今までは口を閉ざしていたのです。
そうすれば中韓は何も文句を言ってきませんでしたから。
その間に、中韓はしっかるロビー活動を行っているのですよ。
つまり、日本は情報戦で負けているってことです。

先の戦争の時も同じです。
結局情報戦に弱いってことですね、日本は…。

Posted by えいと@ at 2012年02月26日 01:14

>菜の花さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>私は当時南京に居た方に会った事があります。その方は首をかしげて「そんな事はなかったと思うんだがな〜」と。近所のおじいちゃんなんですが。

…これは当時、南京におられた中国人の方が言われたことなんですね。
中国人の中にも、あの虐殺説はおかしいんじゃないか…と思っておられる方はけっこうおられると聞いています。
しかし,それがけして大きな声にはなることはないのでしょう。
中国では反日、抗日が国策ですから…。

>なんとその方は南京大虐殺があったのに日本人は認めたくないとかつらつら書いていて驚きました。と言うかあなたは一体誰の見方?と思いました。

それは日本の方なんですね?
実は、日本人の中には そういった方がたくさんいるんです。
大東亜戦争(太平洋戦争)は日本の侵略が目的で始まり、
多くのアジアの国を侵略。中国では南京だけでなくあちこちで虐殺を繰り返し、
朝鮮と台湾を植民地にして奴隷のように扱ったと、真剣に信じている人がいるんですよね…。

パターンの死の行進についてですが、
あれはアメリカ側のプロパガンダとも言われていますね。
↑でさくらさんがコメントに書いてくださっていますが、
良かったら、こちらの記事 ↓ をご覧になってみてくださいね。
 http://hanausagi2.iza.ne.jp/blog/entry/2434264/

戦争というものはひとつの国のみが悪いということは絶対にありません。
日本が一方的に戦争を始めたかのように一般的には言われていますが、
なぜ日本が東南アジアに進出しなくてはならなかったのか、
なぜ真珠湾攻撃を実行するに至ったのか、
その経緯を知らないで、あの時代のことを語ることはできませんね。

国の数だけ歴史があります。
アメリカはアメリカの、フィリピンにはフィリピンの、そして日本には日本の歴史があります。
日本は戦争に負けました。
だからといって他国の歴史を日本の歴史として受け入れなくてはならないということはないのです。
戦争とは国益のぶつかりあいです。
どちらにも言い分という物があるのです。

中国は歴史問題をうまく外交に使っている国です。
日本はそれにいままでずっと従ってきました。
もうそろそろいいのではないか…と思います。
日本は日本側から見た近代史を、しっかりと振り返り、検証し、
誇りある日本を子孫に伝えていかなくてはいけない…と 私は思っています。

>実は私はチャンネル桜でアナウンサーをさせて頂いた事があるので水島監督のお元気そうなお姿を見て懐かしく思いました。

そうなのですか! 菜の花さんはアナウンサーでいらしたんですね〜。
チャンネル桜、水島社長さんにはぜひ頑張っていただきたいと思っています。
多くの方に見ていただきたいですね。チャンネル桜の番組を…。

Posted by えいと@ at 2012年02月26日 07:37
いわゆる南京大虐殺は日本の共産主義者が捏造し、今では中国共産党のプロパガンダとして日本を言いなりにさせるためのカードの一枚になってしまいましたね。

大東亜戦争がなぜ起こったのかちゃんと検証する必要があると思います。

アメリカでは当時の民主党にロシアのスパイ共産主義者(コミンテルン)が対日開戦を煽った事がヴェノナ文書で明らかになっていますし、日本国内でもゾルゲ事件が明らかになりゾルゲと尾崎秀実がスパイであった事が分かっています。

実際に近衛文麿が北進ではなく南進を決定し、その結果中国共産党が台頭しアジアが赤化されました。

特に日本の反米保守はアメリカが悪かったと言うだけでなく「本当は」日本で何が起こっていたのかを検証する必要があると思います。

もし良ければ、『近衛文麿の戦争責任』読んでみて下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E8%BF%91%E8%A1%9B%E6%96%87%E9%BA%BF%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%B2%AC%E4%BB%BB-%E4%B8%AD%E5%B7%9D-%E5%85%AB%E6%B4%8B/dp/4569791166
Posted by 名無し at 2012年02月26日 16:22
私は河村さんのことを「減税〜」などと言っているのをきいて、ああ、パフォーマンスだなあ、って思っていましたが、今回のことで「よく言ってくれた!」と感謝しています。
私のブログでも、河村さんを激励するURLを入れました。電話もお葉書も、ちょっとした時間でできることです。いろんな方法で激励と同意をしたいと考えています。
ちょっと前向きになってきましたが、「真正保守」の出足が鈍いのを心配しています。
「真正保守」といわれた誇り高い党の中にも汚染された何ものかが入り込み、中枢も排除できないのではないかと思い、私は西田議員に期待することにしました。
南京事件について、今がチャンスです!
おもいきり拡散したいものです。
日本人が手を貸したなど、絶対に許せないことで恥です。動画をお借りすると思いますがよろしくお願い申し上げます。
多少の意見の相違があっても、こうした日本の名誉にかかわることなど、保守の政治家はもっと動くべきです。
竹島の日もスルーですし・・・私のブログの「Pの円卓」の名で竹島の日へお祝いメールを島根に送っておきました。当日の会場はたくさん電報やメールでお祝があったと思います。
こうしたことで国民の意思を発信することも必要ですし、・・・そうそう、カレンダーにも「竹島の日」って書いてほしいですね。
そして国旗はコンビニでも手軽に安く買えるようにしてほしいです。
Posted by ベッラ・カンタービレ at 2012年02月26日 16:50

>里さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>もっともっと早くに応援メールを送りたかったのですが、私の様なまだまだ不勉強な者が送っていいものかと迷っていました。しかし、えいと@さんのブログの記事を最後まで拝見させていただき、奮い立ちました。えいと@さん、本当にありがとうございました!

ありがとうございます! 嬉しいです。
一人の力は小さくても、よれば大きな力になります。

勉強をしてくださっているのですね。
私もです。私も日々勉強です。
知らないことがたくさんあります。
こうやってブログに書くことで、そして、多くの方とコメントをしあうことで、私自身も勉強になっています。

子供時代、学生時代に習ってきたことだけが全てではないんだ。
そういうことをここ数年でしみじみと感じています。
日本という国はどういう国なのか、先の戦争は何であったのか?
それを知らないまま、次世代に日本を受け渡してもいいのか…?
それをいつも考えています。

頑張っていきましょう。
里さんの応援メール、きっと河村市長の心に響いていますよ!

Posted by えいと@ at 2012年02月27日 05:21

>夢見る親父さん。

>私は「南京虐殺記念館」が日本人(田辺誠)の影響で作られたところ、情けない以上に「怒りのやり場に・・物凄い苛立ち」を感じますね。

私もこのことを知った時には…怒りで震えましたよ…!
こんな政党が、一時は「オタカさんブーム」でもてはやされていたんですよね…。
しかも,あの時にパチンコを大々的にブームにしたんです。
北朝鮮とつながっているなんてことを国民は知る由もなかったのでしょう…。

>真珠湾攻撃の問題点も前に話したりしましたが、広くアメリカ人に知らせる必要もあると想います。

アメリカは日本と戦争をしていましたから、
こういうプロパガンダを信用してしまう人が多いのは仕方がないことであろうと思います。
真珠湾攻撃にしても、パターンの死の行進にしても、
戦闘意欲を沸き起こさせるために 日本を悪者にするプロパガンだは必要であったのでしょう。

そして、戦後は欧米の植民地政策、そして日本に対する戦争犯罪(原爆投下や都市部への空襲による市民の無差別殺人)を正当化するために、
日本を悪者にしておかなくてはなりませんでした。
それがアメリカにとっては国益なのです。

日本にとっての国益とは何でしょうね。
まずは日本人自身が正しい歴史,日本から見た歴史を共有することだと思います。
それができていない現状では、いくらアメリカ人に理解を求めようとしても難しいと思います。
だからといって 何もしなくても言い訳ではありませんけどね。
誤解は時間をかけてでも解いていかなくてはならないと思っています、

>私はこの歳になるまで、こうした事に触れる機会がなく、多少平均以上の理解で済ませていましたが、知れば知るほどマスゴミのウソや政治家の欺瞞に気付かされますね。

そうなんです。
知れば知るほど、なんと戦後の日本はごまかされてきたことが多いのかを思い知らされますね。
田中角栄元総理の日中国交回復を 今でも絶賛している人はいますが、
あれこそが日本を売る第一歩になったのだと 私は思っています。

本田勝一氏は最低な人間ですね。
日本をこんなにも窮地に追い込むようなことをやって、訂正も何もしないのです。
中国や韓国に行って「あれは間違いでした、私の作り話ですと」言いに行け!と思います。
袋だたきにあったとしても、そのくらいすべきでした。

>私は穏やかに書いてますが、内面は物凄い怒りです。
>民主党、旧社会党を含め皆殺し、八つ裂きにしてやりたいくらいに錯乱してます。朝日新聞も潰したい(怒)

同感です。
日本の中にはどうしてこんなにも 日本を貶めようとする勢力がいつまでも蔓延しているのか…と思いますね。
朝日新聞がまだ 悠々と創業していること自体、日本は腐っていますね。。。

Posted by えいと@ at 2012年02月27日 05:42

>ジェニさん。

>河村市長って人がどんな人かは、よう知らんのやけど、政治家、しかも市長さんって立場で、こういうこと堂々と言えるっていうのは凄いね。

河村市長ってね、名古屋の市長さんなんやけど、減税を掲げて当選したんよ。
過去記事に書いてるから こっちを参考にしてね。↓
 http://eight-americann.seesaa.net/article/186157917.html
減税したって、必要なものにはお金は必要なんよ。
財源もないのに減税したら、どっかにしわよせくるん目に見えてるやん。
日本人は手当もらえるとか税金が安うなる〜いうたらすぐ飛びつくねん。
これがあかんねんな。
せやから河村市長は私は支持してなかったんやけど、
今回の件は思いっきり支持するわ。
負けたらあかん。

>堂々と言えて当たり前やねんけどさ、なんかタブー?っていうの?あとが怖くてうちらみたいな一般市民でさえ、大きな声で言われへんって雰囲気あるやん。

最近だいぶマシになったけど、タブーってあったよな〜。
中国や韓国のこと、悪ぅ言うたらあかん雰囲気とか、あったよな。
私もな、こんな記事いっぱい書いてるけど、(笑)
はじめの頃は これでもドキドキしててんでー。
どっかに自虐史観が残ってたからやろな。
こんなこと書いてもええんやろか…って思うこともあった。
せやけどいつまでもこのままやったらあかん!…って気持ちが勝って、今に至るんよな〜。(笑)

>この人が突破口になってこうして話題になるだけでも立派な功労やと思う。

そやね。謝罪もしてへんし偉いわ,河村市長。
こういうことを発言して、中国側はかなりビビったと思うわ。
ちょっとの間、恫喝を続けてきよるやろうけど負けたらあかんね。

>もうこれからは、どんだけ左巻き教師やら、政治家、メディアが日本人を洗脳しようとしても、ネットがあるからね、今まで通りにはいかんやろね。

そうそう。
だいぶちゃんとした歴史認識を持つ人が増えたさかいにな。
今までみたいにコロッと騙される日本人ばっかりやないでーっていうことを中国側に示さなアカン。

>実際、自分みたいな考え方してる人は少数派やろなって思っててんけど、ネットで他にもたくさんいてること知ったし、おそるおそる知り合いに話したら、やっぱり同じように考えてたってわかって、心強くなったもん。

まだまだ数としては少ないよ。
こういうことをオープンに話せる日本は まだ少数派やで。
せやけど以前に比べたら多くなってきたし、ブログのつながりとかでお互いに気持ちを言いあえるし、
このへんはネットの時代になって良かったなーって思うわ。

>レイ●されてんは、南京やのうて日本やよ、ほんま。

その通り!
日本こそが中国や韓国・北朝鮮、ロシアにレイ●されとるんや。
このことをしっかり自覚せんとあかんな。

Posted by えいと@ at 2012年02月27日 05:59

>おえしさん。

>事故って(私自身が)ブログから遠ざかっていたら日本で大変なことがおこっていたのですね!!

事故の記事、見ましたよ〜〜〜。
コメントしようと思いながら、ちょっと最近、時間がとれなくてコメント残せませんでした。ごめりんこ〜です〜。

>河村氏の発言に「よく言ってくれた!」と思っていたら、うちの旦那に「ネットで河村氏の発言を聞いて呆れ果てちゃったよ。」と、言われ、ここダーラムでも密かに内戦が勃発しております(私と旦那)。

え…! 旦那さま、自虐史観の持ち主だったんですかー!
うーむ。
そんな身近(旦那さん)にそういう人間がおったとは…。

>早く旦那を目覚めさせたいです。。。正直これこそが日教組の教育の賜物と言えるんじゃないでしょうかね。。。

特別に強烈な日教組教育を受けていなくても、
旦那さまのように考える人はたくさん存在すると思いますよ〜。
私がそうだったもん。
覚醒する前の私だったら、ぜったいに「河村市長、とんでもないやっちゃ!」って言ってますよ。(苦笑)
結局、教育現場以外でも、TV番組や読む本の中に自虐史観を育てる要素がいっぱいあったってことなんですね。

>いっそのこと、えいと@さんのブログを強制に読ませようかと。。。。

わはは〜〜〜ホントね。読んで欲しいです。
しかし、旦那さまは今、忙しい時期だし、私の記事は長ったらしいしね。(爆)
なかなかじっくりと読む時間がとれないと思いますわね。

旦那さまの時間がある時に動画な度を見せる…って手がいいかも〜です。
私がまだ左巻きの時代に夫と結婚したんだけどね。(夫は昔から保守派)
夫がやたらと私に動画を見せるんです。
はじめは見るのがイヤだったけど、見ているうちに、何か糸がプツッと切れる感じがしたんです。
自分が考えていたことと違うことに気がついたんですよ。
そしてだんだん自分から進んで動画を見るようになりました。
そして、今の私になったんですよ。
旦那さまには時間がある時に動画を見手もらって自分で考えてもらう…っていう方法がいいかも…です。

「凛として愛」なんかがいいかも。
ちょっと長いけど、明治維新から先の戦争に至るまでの歴史がよくわかります。
 http://youtu.be/Hpz5rFqI7jA(全部で60分くらい)

>それにしても南京虐殺記念館建設を後押ししたのが日本人だなんて知らなかったです。。。。ショックすぎです!!
>なんのメリットがあってこんなものを作らせたんでしょうか。と、いうか、田辺某は日本人なんでしょうかね???こんな先人のせいで、我々が苦労してるわけですが、何故そんなことをしたのかという訳をとことん聞いてみたいです。。

日本の中に、日本を共産主義国のようにしたいと真剣に考える部類の人間がいるってことです。
信じられないけど、中国や北朝鮮の一部になったらいいと 真剣に考えているんですよ。
今の民主主義を倒すためには 日本そのものを壊す必要があるんです。彼らにとっては…。

>ああ、あまりに腹がたちすぎて、勢いに任せてかいてしまいました。。。すみません。ううう。

私もこの事実を知った時にははらわたが煮えくり返りました。
そして、こういうことをする人間が集まった政党が、今でも存在するんですよ。
社民党と 今の政権与党の民主党ですよ…。
怖いと思いませんか…?
こういう政党に政治を任せているのが今の日本…ってことなんですよ…。

Posted by えいと@ at 2012年02月27日 06:37

>さくらさん。

パターンの死の行進ですが。
あれは五万人もの米軍捕虜を遠く安全な場所に移動させることが目的だったのですよね。
僅かな日本兵で誘導するのに輸送車もないので、犠牲者が出たということなのですが、
あれが果たして捕虜の虐待に当たるかどうかです。
捕虜を安全な場所に移動させないで,その場に放っておけば良かったというのでしょうか。
その方が虐待に当たるのではないかと思うのですがね…?

まぁ、いろんな説があるのでこのへんにしておきますが…。
先の戦争では、とにかく日本軍は悪者でなければいけなかったんです。
真珠湾攻撃にしても、パターンの死の行進にしても、
戦闘意欲を沸き起こさせるために 日本を悪者にするプロパガンダは必要であったのでしょう。
そして、戦後は欧米の植民地政策、そして日本に対する戦争犯罪(原爆投下や都市部への空襲による市民の無差別殺人)を正当化するために、
日本を悪者にしておかなくてはなりませんでした。
それがアメリカにとっては国益ですからね…。

決めつけられた歴史とは、なんと惨いものでしょう。
敗戦国はこういったことに反論することさえ許されないのでしょうか…?
先人は きっと子孫である私たち日本人みんなが理解してくれる日が来るのを待っていることでしょうね…。

Posted by えいと@ at 2012年02月27日 07:16

>はちきんイジーさん。

>河村市長さんのような発言をされる方も日本にいらっしゃるんですね

そうですね。
多くの政治家はこういう話題を避けたがります。
河村市長さんには頑張って貫き通して欲しいと思いますね。

>南京虐殺の話は 完全な作り話という事なんですね 戦争には人の命が犠牲になるものですよね

そうなんです。
日本だけが戦争で一般人を殺したかのように言われていますが、そんなことはありません。
他の国はもっと残虐に殺しています。
旧ソ連の満州や樺太への襲撃などは明らかに国際法違反です。
しかも、戦争が終了して多くの日本人をシベリア抑留をしました。
夫の父はシベリア抑留者の一人です。7年間も抑留されていました。
よくぞ生きて帰ってこられた…と思います。

日本だけが残虐だったのではないのです。
むしろ,日本は国際法を徹底的に守っていたんです。
しかし負けた国は何も言えなかったのです。
作り話がいつのまにか本当にあったことのように言い伝えられているのが現実です…。
こんなに悔しい、悲しいことがあるでしょうか…。

>大切なのは えいとさんが最後にいわれた
>あぁ日本はいったいいつまで自虐史観を引きずっていかないといけないのでしょうか…?
日本とはこんなにも誇れる国だ!
>そこに行くと感じます

日本人が持つ自虐史観は,日本人自身の問題だと 私は思っています。
日本人自らが日本を貶めているのです。
そのことに気がつかないと…日本の再生はない…と思います。

Posted by えいと@ at 2012年02月27日 08:28

>TTさん。

>朝日新聞に抗議したいです。
>本多勝一らから始まって今に至ってるんですよね。
 
そうなんです。
戦後、日本には共産主義の人間であふれかえりました。
左翼、共産主義はみなインテリと言われたものです。
多くの知識人の中に左翼が存在し、日本の常識を自虐史観で染めていきました。

>家で話をしてもまわりは半信半疑で・・・。

そうなんですか…。
ずっと信じてきている人に、いきなり考えを変えろと言っても無理かもしれません。
やはりきっかけでしょうね…。
それと、いろんな考えを受け入れる柔軟な脳を持っていないと無理かもしれませんね。

>「南京の嘘も従軍慰安婦の嘘も朝日から!
>フジテレビより悪質で責任感のかけらもない売国奴。

フジTVなどは朝日に比べたらかわいいもんですよ。
本当に悪質なのは朝日新聞とNHKでしょうか…。

>英霊に謝れ!」
>と朝からぶつくさ。家族に引かれてます。

家族に引かれちゃってるんですか…。(苦笑)
こういうことを家族間で話し合えたらいいんですけどね。
なかなか,考えが異なると…難しいことなのかもしれませんね。。。

Posted by えいと@ at 2012年02月27日 08:45

>名無しさん。

>いわゆる南京大虐殺は日本の共産主義者が捏造し、今では中国共産党のプロパガンダとして日本を言いなりにさせるためのカードの一枚になってしまいましたね。

そうですね。
はっきりと外交カードであると言えますね。
そのお膳立てをしたのは…日本人ですから…もう呆れ果ててしまいます。

>大東亜戦争がなぜ起こったのかちゃんと検証する必要があると思います。
>実際に近衛文麿が北進ではなく南進を決定し、その結果中国共産党が台頭しアジアが赤化されました。
>特に日本の反米保守はアメリカが悪かったと言うだけでなく「本当は」日本で何が起こっていたのかを検証する必要があると思います。

そうですね。
当時の民主党内にコミンテルンが多数侵入してたことは有名ですね。
ルーズベルト元大統領の側近もコミンテルンであったと言われていますしね。
結局、アメリカもコミンテルンに翻弄されていた…ということなのでしょう。

戦後に日本を占領したGHQ内にもコミンテルンが入り込んでいたとも言われています。
マッカーサーも初期の頃はコミンテルンの存在を知らなかったそうです。
戦後、日本が赤く染まっていったのは…コミンテルンの影響が大きいでしょう。
その結果、出来上がったのが…日教組や労働組合ですね…。

>『近衛文麿の戦争責任』読んでみて下さい。

近衛文麿の件は理解しているつもりです。
この本は知ってはいますが、まだ読んでおりません。機会があれば読んでみようと思います。

Posted by えいと@ at 2012年02月27日 08:55

>ベッラカンタビーレさん。

>私は河村さんのことを「減税〜」などと言っているのをきいて、ああ、パフォーマンスだなあ、って思っていましたが、今回のことで「よく言ってくれた!」と感謝しています。

私も全く同じです。
減税日本を掲げて市長選挙に出た際は支持をしませんでした。
減税したって、必要なものにはお金は必要です。
財源もないのに減税したら、どっかにしわよせくるん目に見えてますよね。
日本人は手当もらえるとか税金が安くなる…っていうとすぐに飛びつくんです。
これがダメなんですよね…。
なので 河村市長を私は支持してなかったんですが、
今回の件は思いっきり支持しています。
中国の恫喝に負けないで欲しいですね。

>南京事件について、今がチャンスです!

そうですね。
他の政治家も発言していただきたいですよ。
石原都知事は河村市長を支持しましたね。
他の政治家支持、応援しないと、今回の問題はしぼんでしまいます。

>日本人が手を貸したなど、絶対に許せないことで恥です。動画をお借りすると思いますがよろしくお願い申し上げます。

私がこのこと(南京虐殺記念館に日本の社会党が関わっていたこと)を知ったのは少し前なのですが、
その時は本当に驚き、呆れ返ってしまいました。
これが戦後の日本の姿なんですね…。

>多少の意見の相違があっても、こうした日本の名誉にかかわることなど、保守の政治家はもっと動くべきです。

そうなんです! ここなんですよね。
日本の名誉に関わることなんですよ。
保守派の政治家は、野党でいる間にしっかりと歴史認識を統一しておいていただきたいです。

>カレンダーにも「竹島の日」って書いてほしいですね。
>そして国旗はコンビニでも手軽に安く買えるようにしてほしいです。

いいアイデアですね!
コンビニや普通のスーパーで国旗を売って欲しいですね。
カレンダーには尖閣諸島の日、北方領土の日、そして竹島の日を書いて欲しいですね!

Posted by えいと@ at 2012年02月27日 09:21
コメントのお返事を書くと言っておいてもの凄い遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

私の書き方が不明瞭だったんですが南京で虐殺はなかったんだがな〜と言った近所のおじさんは日本の実家の側に住む日本人の方です。つまり元日本兵だった方ですね。

そしてメルマガで南京を持ち出して日本を批判していた方は「はやし浩司」って人です。教育に関しては役立つこともたまに言ってる方ではあるんですが戦争に関してはちょっとずっこけてる方です。

リンクして頂いたバタアンの記事も読みました。
私はその場に居たわけではないし何とも言えませんが、例え何かあったとしても兵隊vs兵隊の出来事ですから、つまり戦争だったわけなので、だって戦争って殺し合うのが戦争ですよね。もし殺し合う事そのものに罪の意識を感じさせられたり国の責任が問われるのだったら戦争そのものが成り立たないですよね。

えいとさんのおっしゃる通り、つまりは国益の為に、自分を守ろうとするのは当然なのでその国から見たらその国の言い分があるわけです。視点が変われば景色も違って見えて当然ですね。

頭痛発作だったんですか。結構頭痛が定期的に襲ってきて悩んでる方って多いみたいですが、これだけ読者の多いえいとさんなのでネットも関係してるかもしれませんね。私は目にきました。ネットを止めないので治りが遅いです。気をつけなくてはいけませんね。

パワオのこと、勉強になりました。日本はフィリピンにもインフラ整備に投資したし、韓国でもそうでしたよね。あのお金がない時代に他国の為に大金を使うなんて、それだけ考えても日本が侵略戦争をしたのではないと分かります。
Posted by 菜の花 at 2012年04月06日 06:01

>菜の花さん。

>メルマガで南京を持ち出して日本を批判していた方は「はやし浩司」って人

この方は育児関係の方なんですね。
こういう方がきちんとした歴史観を持っておられないとは…。(ため息)

>戦争って殺し合うのが戦争ですよね。もし殺し合う事そのものに罪の意識を感じさせられたり国の責任が問われるのだったら戦争そのものが成り立たないですよね。

そうなんです。戦争は国同士のケンカ、真剣勝負のケンカです。
できるだけ相手をたくさん殺して相手の力をねじ伏せる、それが戦争です。
どちらが正しくて、どちらが間違っていた…なんてことは言い切ることはできません。
日本だけが悪かった…と言われている方は、今の時代の常識であの時代のことを語っているに過ぎないのですね。

>国益の為に、自分を守ろうとするのは当然なのでその国から見たらその国の言い分があるわけです。視点が変われば景色も違って見えて当然ですね。

その通りです。
日本は中国に侵略し、多くの中国人を虐殺した、日本は中国に対して多大なる迷惑をかけた、というのは、中国側に立った歴史観です。
日本は、日本の国益を考えて中国へ進出したのです。
真珠湾攻撃も、アメリカ側としては奇襲攻撃だったかもしれませんが、
日本側は 戦争を回避できない状況になっていたため、ああするしかなかったのです。
日本が真珠湾を攻撃をした、その行為のみを非難するのではなく、
攻撃した理由をしっかりと見つめなくてはなりません。
日本側に立って…です。
自虐的な考えを持たれている方は、こういう視点で物事を考えることができないのです。

>頭痛発作だったんですか。ネットも関係してるかもしれませんね。

そうですね〜。夫にも言われました。ネットやりすぎちゃうのって。(笑)
目にも来ますね。
コンタクトレンズ(ハード)なんですが、しょっちゅう目薬をさしています。(苦笑)

>パラオのこと、勉強になりました。日本はフィリピンにもインフラ整備に投資したし、韓国でもそうでしたよね。
>あのお金がない時代に他国の為に大金を使うなんて、それだけ考えても日本が侵略戦争をしたのではないと分かります。

うれしいです。そんな風に考えて下さって…。
日本ってこんな国だったんだよ…先人はこんなに素晴らしい人達だったんだよ…と、多くの日本人に知ってもらいたいですね。
自国を誇りに思う。
これこそが国力であると思っています。

Posted by えいと@ at 2012年04月13日 03:08
本当にあった南京大屠殺…シナ残虐史のリメイク

ブログ 東アジア黙示録 
http://dogma.at.webry.info/201203/article_1.html
Posted by 桜 at 2012年04月27日 22:24

>桜さん。

サイトのご紹介、ありがとうございます。
石平さんの言われることは真実であろうと思います。
こういう話、もっと公的な場でしていただきたいですね。

Posted by えいと@ at 2012年05月01日 05:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。