2012年02月17日

保守の中に潜む共産主義思想〜他力本願な日本人〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



最近の日本、日本人を見ていて感じることがあるんです。


今の日本、なんか変な方向に向かっていっていないか…?ということです。


過去記事でも書いていますが、


ちょっとでも意見が合わないと即、全面的に批判し、排除しようとする傾向があるのではないかと思うんですね。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
   橋下市長の教育改革を支持! 日本の教育にメスを入れろ!


いろんな意見や考え方があるし、批判をするなとは言いませんが、


「マスコミがこれだけ押すんだから絶対に悪いことだ!」
「民主党が推進してることは全て売国的な政策だ! だから反対!」



こういうムードになってやしないか…?…と思うのです。


確かにマスコミの偏向報道はすさまじいし、民主党政権の政策は売国的なことが多いと 私も思いますよ。


だけど、だからといってどういうものかを理解していないのにも関わらず 何でも反対!…って言うのはどうかと思うし、


少しでも考えが違ったりしたら コイツの言うことは全て信用ならない…と言い切ってしまうのは間違っていると思うんですよね。



私が懸念すること…


それは保守と見せかけて 実は保守ではない人間がいるということ、


そして見せかけの保守(実は共産主義、社会主義)にコロリと騙されている人が多いのではないだろうか…?ということです。


保守のようなことを言っているので支持をされているのでしょうが、


よくよく聞いていると、実は保守ではなく、かなりの共産主義,社会主義的な考えを持っているのではないか?


…と思える人物がいるのです。


そして怖いのは、その人物が大きな影響力を持ってしまっているということです。


影響力があるだけに 多くの人が妄信してしまっている…ということにとても危険なニオイを感じるんですよね…。



ところで、こちらの方 ↓ の記事を読んでみてください。
オノコロ 心定めて「経済破綻の現実 リフレ・ハイパーインフレ期待という妄想」

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

a-umayadoburogu1.jpg


この国がこのまま社会福祉という放蕩をつづけ、
財政破たん、経済破綻になれば、
「占領軍」は、中国・朝鮮・ロシアであり、
すべての日本人は地獄の業火に焼かれるだろう。

最近、固定金利がじりじりと上がっている。
金融機関も、住宅ローンで固定金利を進めなくなっている。


a-umayadoburogu2.jpg

ゼロ金利政策をとっていた、
バブル後の10数年、
上のグラフをみても分かるように、
固定金利と変動金利が大きくかい離したことはなかった。
変動金利が高ければ固定金利も高く、
変動金利が低ければ固定金利も低い。

しかし、ここ数年、固定金利がおかしい。
変動金利より固定金利が高い。
まして、サブプライムローン破綻以来、
金利を下げたのに、固定金利は下げなかった。

これは金融機関が、
将来の金利上昇を読みこんでいる、
ということである。

一方で、国民新党は公然と、
リフレーション政策を提唱している。
日銀が青天井で紙幣をすりまくれという政策である。(読売新聞)

自民党の一部や民族系団体も、
いまこそ「真のケインズ政策だ」と言い、
徹底した赤字国債の発行を支持している。(政府紙幣論、丹羽春喜)

民主党ははなから歳出削減の気などない。
政策自体がバラマキであるし、
仕分けも詐欺だったことはいまや明らかだ。
最近は増税と言っているが、
これも、歳出削減しないアリバイにすぎない。(宮島理のブログ)

それどころが、新年度予算は、
野党に反対させて、
国家が混乱するのをみせつけて、
責任を野党になすりつけようという構えである。(読売新聞)

国民は国民で、
もっと弱者にやさしく
もっと福祉を
もっと年金を
もっと無料に
もっと政府に

と、タカリぐせ、乞食根性を加速させている。

クレジットカードでの買い物は楽しかろう。
つぎつぎと、手形で投資するのは楽だろう。

しかし、ある時
「それ以上貸してくれなくなる」時がくる。
その時おきるのは、
取り付け騒ぎであり、
一日でモノの値段が倍になるというような、
ハイパーインフレである。

取り付け騒ぎは、97年の金融危機の時に起きたし、
ハイパーインフレは、敗戦後の昭和21年2月に発生した。
ドイツでは、第一次大戦の敗戦により、
1年で7ケタも貨幣価値が下落するハイパーインフレもおきている。

今回のは、97年の金融危機のレベルのものではない。
1000兆円にも膨れ上がった、
日本国債そのものがけし飛ぶ
本物のハイパーインフレになる。

ハイパーインフレが起きれば、
現金・預金は紙くずになる
年金・保険はパーになる
借金はチャラになる(但し固定金利のもののみ)

こういう現象がおきる。

ソ連の崩壊の後、ソ連時代の年金はいまなおロシアで支払われているが、
20万円支払われている年金も、
貨幣価値が一万分の一になっていれば、
実質20円しかないことになる。
こういうことは、現実に「破綻国家」で起きている事だ。

上のを読むと、
すこし知恵が回れば、
固定金利で借金しておいた方が得だな
と思うものだ。
現金預金をできるだけ減らして、
無理してでも借金しておこう。

こんな事を考える。

実際、
ハイパーインフレ待望論、
リフレ待望者、
政府紙幣発行歓迎論者
は、
こういう対策を個人で取った上で、
ムードをあおっているのである。

しかし、そういうものの見方は、
すこし、単純に過ぎると私は思う。

ハイパーインフレが起きるような財政破たんが生じた時、
実は、経済の秩序が壊れるだけではなく、
社会の秩序もまた無茶苦茶になることを忘れているからだ。

戦後のハイパーインフレの時は、
闇市経済となり、
人は食うにも困って、
農家に土下座して食糧をゆずってもらった。

今なら、どうなるであろうか。
それは、ヨーロッパの財政破たんを見てみれば、
すこし推測が利くであろう。

ギリシャが破綻し、
アイスランドが破綻し、
ポルトガルが破綻するというヨーロッパで、
借金を肩代わりしてやろうと
「パトロン」をかって出た
のは誰だったろうか。

  他でもない、中国である。

世界最大の外貨準備を誇り、
国家がファンドを発行して、
国策で金を動かす「赤い金」
である。

あとは、地域の金持である。
ヨーロッパなら、ユダヤ資本である。

それに、資源持ちである。
天然ガスパイプラインを盾に、
ロシアががめた。

さて、我が国で財政破たん・経済崩壊・ハイパーインフレが発生すれば、
どこが「パトロン」をかって出るのだろうか。

金をもっている国
我が国を買い占めたい国
我が国で荒稼ぎしたい国


そんなところが出張ってくる。
言うまでもないことだが、

アメリカにも
ヨーロッパにも


金はない。
自分のところで精いっぱいだ。
だから、それ以外のところが出てくる。

なら、どこが・・・

その現実は
中国
韓国
ロシア

である。

我が国は、この3国に席巻される。
我が国の、財産はこの3国に切り売りされ、
女たちは、身売りすることになるだろう。
町には、この3国の人間が我が物顔で歩き回り、
我々は、土下座をして暮らすことになる。


中国には金が余っている。
中国は日本の水資源、良港、技術、
なにより「日本」というブランドと信用がほしい。
移民1000万人とひきかえに融資とか、
人民解放軍との安保条約とひきかえに融資とか、
やるだろうねぇ。

韓国にも金が余っている。
いまや日本の金持は、在日ばかりである。
パチンコ・サラ金・生活保護や社会福祉の胴元をつとめて
いまや「パチンコ財閥」というべき集団に成りあがっている。
反日の為にはなんでもやる人たちであることを、
我々はワールド・ベースボール・クラシックでも、サッカーでも、
ソフトバンクの広告でも知っている。

ロシアは、虎視眈々と北海道を、列島を狙っている。
すでに、北方領土に中国・韓国資本をけしかけている。
チャンスとあれば、出てくる事は間違いない。
中韓からの融資を抑止するためにロシアの融資が必要だ、
とか、また「もっともらしい虚偽の情報」が流れるだろう。

財政破たん、ハイパーインフレ。
借金は、チャラになるかもしれない。
しかし、その時は同時に、
日本自体が、チャラになる時である。
我々が、民族あげて乞食となる時である。

日本文化の破壊、
日本民族の破壊

「あらゆる精力」が傾けられるだろう。

民主党万歳、
小沢万歳、
リフレ万歳、
年金・福祉万歳、
住民自治の「大阪都」万歳


というのは、

究極の「反日」であり、
究極の「売国」である。

そんな事に気付いているだろうか。

「売国・維新の会」
などという妄想に酔う時ではない。

眼を覚ませ、日本人
滅びの時が、刻一刻と近づいている。



橋下知事・大阪維新の会がすべきことは、
知事の立候補の原点に戻ること。
大阪を食い物にしている
「自治体労組、エセ人権、エセ福祉、パチンコ」
補助金や公営住宅にたかる乞食根性を叩きなおす事。
額に汗して働き、始末をつける人生に戻る事。
「正しい商人」の原点に大阪が帰ること。

下らん政策は不用




     日本は日本らしく
     我々は我々らしく


             〜〜〜転載ここまで〜〜〜


いかがでしたか…?


怖く感じませんでしたか…?


私は背筋が凍り付きましたよ…。


日本を狙う国は 日本周辺にたくさん存在するってことは もう多くの方に理解していただいていると思います。(まだ気がついていない人もいるでしょうけどね…)


しかし、日本を動かすほどの影響力のある人間が、保守の仮面をかぶった共産主義、社会主義である場合があるってことに気がついていない人は案外多いのではないかな…と思うのです。


その、保守の仮面をかぶった共産主義者は、純粋に「日本をなんとかしたい!」と思っている国民を取り込んでいくのです。


日本のために良かれと思っていることが、


実は「日本を崩壊させることに加担していた」としたら…。


後で悔やんでも…悔やみきれないではありませんか…?



前回の記事に書いたことをもう一度繰り返します。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
   デフレ&円高=不景気という勘違い〜経済を勉強しよう〜


円や国債を大量に刷ることで 意図的にインフレを起こすことは危険です!


景気が回復すれば 自然とインフレ傾向になります。


しかし意図的にムリヤリインフレにした場合、「期待インフレ」という現象が起こり、


インフレーションが加速、暴走する可能性があるのです。


暴走したインフレを誰が止めることができるのでしょう。


バブルがはじけた時のように、突然インフレが終わることになるのではないでしょうか?


その時、日本はどういう状況になっているのでしょうか…?



景気を回復するためには 他力本願ではダメなのです。


政治にはもちろん頑張っていただかないといけないのですが、


国民も頑張らなくては景気は回復しないんですよ。


円や国債を刷ったら万事解決〜♪ なんて思っていてはダメなんです。


今の、デフレの状況はモノが売れないことが一番の問題です。


お給料が下がって買えないというのはわかります。


でも、こういう時だからこそ、日本国内でモノを買って消費をしないと景気は回復しないのですよ。


いくら 円や国債を刷っても、お金が回らなければ 景気の回復などのぞめないんです。


他力本願ではダメなんですよ!



日本の皆さん、気がついて欲しい…。


私たち国民が頑張らないといけないんだ…ってことに。


いつまでも気がつかないままでいたら…。


いつかは日本の財政は破綻し、民族上げての乞食となってしまうかもしれないってことに…!




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)

posted by えいと@ at 02:46| Comment(38) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前回に続いて書き込みさせていただきます。

中国・韓国という国の過大評価はおいておきます。

国内消費を惹起するための文章をお書きですが。

日本人が国内で消費を日常においてするものを増やす
ためには、意識の改革だけでは無理でしょう。

基本的に、消費をするためには資産の裏打ち、もしくは
資産の獲得の予想ができないとなかなか難しいものです。

今の現状で給与の上昇や雇用の確保などに対する不安が
ある中ではどういっても景気を好転させるほどには消費
はされません。

だからこそ、今の不景気でデフレななかでは、一時的で
マネーの供給を増やし、資金の投入先としては公共事業
なども行なって、雇用の確保も図るといった施策が必要
なのではないですか?

お金をするだけで解決などとは言いませんよ。

貴殿は「朽ちるインフラ」といった本を読んでおられま
すか?

必要な公共事業はあるものです。国民の生活を守るため
にも列島改造論の時代から今に至る経年の中で劣化した
インフラの整備など民間ではできない、国がするしか
ないものもあるのです。

もう一度言います。今の環境下で消費の拡大は難しすぎ
ます。国民の不安に裏内された消費抑制は解けません。
第一若年層にそれほどの資産はありません。声をかける
のであれば、高齢者そうでしょうね。暇もお金もお持ち
ですから。
Posted by トミシン at 2012年02月17日 16:32

みたいな人が、大量発生してるんですよ。

不景気なら不景気でしゃーないな、
という感覚がないようなんですよ。
Posted by うまやど at 2012年02月17日 17:45
アロハ〜!
他力本願。。本当感じます。
専門家に任せておけばいいのよという言葉、耳が痛くなるほど聞きます。
専門家は絶対間違ったことはしないと、思い込んでる感じです。
日本に住む、私の知り合いでは、今の自分達の生活が、危機的に変わると思っている人はいないようです。
海外に出て、やたら愛国心になったのなんて言われたり。。
国民が理解することで、政治も変わると思いますし、世の中を動かす力になりますよね。
こちらの人と普通に議論できることが、日本の人と出来ないジレンマ、感じています。
Posted by モリオリママ at 2012年02月17日 18:05
私は、リフレ派じゃないあえて言うなら衣替え派です


>円や国債を大量に刷ることで 意図的にインフレを起こすことは危険です!
>景気が回復すれば 自然とインフレ傾向になります。

衣替えをするように、政策を変えればいいんじゃありませんか?
寒い時は暖かい服をきるように、景気が回復するまで、デフレ対策
熱い時は涼しい服を着るように、景気が回復すれば、インフレ対策
景気が回復したら円や国債を刷るのをやめたらいいんです。

ハイパーインフレになっても、
ハイパーインフレになると同時に円が暴落して、
日本で作ったほうが人件費が安くなり、
海外にいった製造業が戻ってきて、
内需拡大→景気回復するんじゃないでしょうか?


デフレ円高は悪くないっていうけど
私の勤めていた縫製会社は中国に移転して、国内の縫製工場は閉めてしまいました。
次に勤めた縫製会社は、中国人研修生でいっぱいでした。
中国人のほうが賃金が安いんです。
円高の日本はかないません。
デフレをなんとかするためにお金を使おうなんて、
これから賃金が上がる気配がないのに使えません。
Posted by 里香ママ at 2012年02月17日 19:48
【復興こそチャンス】

>景気が回復すれば 自然とインフレ傾向になります。

とても分かり易い言葉ですが、震災復興がなかなか進んでいない現状を見るとため息が出ます。



「どうしたら景気が回復するかが誰も分かっていない!」と毎日嘆いています。

今は復興の為に金を使う事が一番有効な使い方と誰もが思っています。

復興関連の公共投資や住宅再建ならば、いくらでもやる事が有る筈ですが、少しも進んでいないようです。

「何をして欲しいのかとか何が困っているのかしっかり要望を出せ!」と言っているのに少しも言って来ないと言うのが今の政府と役人のやり方でしょう。

相手は困っているのですから、手を差し伸べて一緒に歩いてみなければ、本当の事は分かりません。



名古屋市の河村市長は震災が発生した直後から、陸前高田市を全面的にバックアップすると宣言し着実に成果を上げています。

当初から復興支援はこのように被害を受けなかった地域の自治体がその規模に応じて被害を受けた自治体を支援する方法が最良と思いましたが、河村市長の方法を追随する自治体が出て来なかった事が残念です。

政府や役人はどうせ大した事はできないのですから、全国の自治体の支援活動の組み合わせをすれば、復興はもっと急速に進んだと思います。



被災地の職員は自分も仲間も被害に遭っている中で、地域は壊滅的な打撃を受けている訳です。

人材が半分になって仕事は5倍になっていれば、震災前に比較して一人に10倍の仕事が乗りかかっているのです。

「案を出さなければ助けないぞ!」と凄んだ大臣がいましたが、山ほどの仕事を抱えてみんな考えるゆとりが無いのです。

地元の自治体の事が分かっている方に、地元が優先してやらねばならない最も大切な仕事をやって頂けるように、他の自治体が支援しなければ前に進みようが無いと思います。



極端な話が、「戦争すれば景気が良くなる」と言う事も聞きますが、戦争なんかしなくても大震災で甚大な被害を受けたのですから、復興に頑張る事が景気回復のチャンスだと思います。



逆風にめげず日本のトップ企業としての誇りを忘れずに頑張っている地元のTOYOTAも、今期は震災の影響での販売も落ち込みも有り、大幅減益との報道です。

”今期は震災の影響での販売も落ち込みも有り、大幅減益”では無くて”復興需要の新車販売増加で、大幅増益”と有るべきではないでしょうか?
Posted by bunkataisi at 2012年02月17日 22:22

>トミシン さん。

>日本人が国内で消費を日常においてするものを増やすためには、意識の改革だけでは無理でしょう。

もちろん、意識の改革だけでは無理です。
しかし、国民皆が「日本の景気を何とかしないと」という意識を持たないと、景気は回復していかないと 私は思います。

個人が「景気回復」の意識を持つことは簡単なことではないと私も思いますよ。
給与の上昇や雇用の確保などに対する不安があるのも よくわかります。
明日のお米にも困っている人に、買い物をしろ、どんどんしろ!…とは言えませんし、言うべきではないですしね。

しかし、給料が下がっているとはいえ きちんとお給料をもらっている層もいます。
お金を持っている年配の方もいます。
国民全員がお金に困っている状況にはなっていないはずです。
豊かではないにしろ、余裕資産がゼロ…という人ばかりではないでしょう?
…にも関わらず、今の日本は「お金をできるだけ使わずに貯蓄に回そう」というムードになっていませんか?

>だからこそ、今の不景気でデフレななかでは、一時的で
>マネーの供給を増やし、資金の投入先としては公共事業なども行なって、雇用の確保も図るといった施策が必要なのではないですか?

今の日本は確かに 財政の引き締め政策を行っていますが、
日本国内の円が余っているのをご存知ですか?
どこにあるかというと…銀行ですよ。
銀行が「債券」という形で保有しているのです。

前回の記事のコメントのお返事に書いたことと重なりますが、もう一度書きます。
資金が民間に流れていないことが 今の日本の不景気の原因です。
しかし、その解決策がお金を刷ることなのでしょうか?
お金をたくさん刷って、それで資金が回るとお考えですか?
私は、たとえ円や国債を刷ったとしても、資金が民間に流れていくとは思わないのです。

バブル崩壊後に政府は法律上、多くの規制をかけました。
再度、バブル経済を引き起こさないための策だったのですが、その結果、今のような状況がうまれてしまったのです。
これが現状ままである限り、いくら国内にお金の量が増えたとしても民間に流れることはないでしょう。
政府がやることは、超インフレやバブル経済を起こさないように注意を払いながら法律を改正し、規制を緩和することです。
それをしなくては、いくらお金の量を増やしても意味がないのですよ。

>貴殿は「朽ちるインフラ」といった本を読んでおられますか?

この本は読んでいませんが、アマゾンをググってみて、どういう本かだいたいわかりました。

>必要な公共事業はあるものです。
>国民の生活を守るためにも列島改造論の時代から今に至る経年の中で劣化したインフラの整備など民間ではできない、国がするしかないものもあるのです。

私もこの意見には賛成ですよ。
私は何も、国民だけが頑張るべきだ!…とは言っていません。
政府がしっかり景気対策をしなくてはならないのは当然です。
意味のない箱物を造るのはダメですが、日本にはまだまだ必要なインフラがありますし、震災の復興事業もあるでしょう。
30年、50年と経過した老朽化しつつあるインフラのメンテナンスも必要です。

私が言いたいのは、政府やお偉いさんにだけ任せておいてはいけないということです。
国民も自覚しなくてはダメなんですよ。
激安を歓迎し、ちょっとでも安い物を求め、必要な物も我慢して節約に回したり。
こういう日本のムードが景気を押し下げているんだということに気がついて欲しいな…と思っています。

Posted by えいと@ at 2012年02月18日 00:32
忘れないうちに書いておきます。
経済の見方です。

1、>http://ecodb.net/exec/trans_weo.php?d=NGDP_D&s=1980&e=2010&c1=JP&c2=US&c3=GB&c4=IT&c5=DE&c6=CA&c7=FR

2、>http://www29.atwiki.jp/nightintunisia/
3、>http://www.sakura-tv.com/blog/

ちょっと書いておきますが、これは何もえいと@さんを揶揄するものではありません。ものの見方、解釈です。

一番目は日本のデフレの状況です。
二番目は海外の経済政策、と全体の経済の考え方です。
三番目は最近の「さくらじ」です。
これは中野剛志さんが出てます。彼の見ているポイントは面白いです。一番解り易く、丁寧に説明してます。

えいと@さんには頑張って欲しいです。応援もしてます。
景気が・・景気が・解りますが、これはマクロ経済と物凄く関連してます。これこそ自力本願が、他力本願に頼らなければならない事態です。経済の初歩の言葉に「合成の誤謬」があります。これは皆、いい事だと想って皆が同じ行動取るとダメになることです。皆節約すると、日本全体の経済は立ち行かなくなります。デフレとは金の価値が上がり、物を買わなくなり、貯蓄に回し始める流れなんです。

今日のエントリーとは場違いですので、また後でコメントします。 取り急ぎ・・

誤字、脱字、推敲はしてません。
Posted by 夢見る親父 at 2012年02月18日 00:45

>うまやどさん。

>↑ みたいな人が、大量発生してるんですよ。

そう感じますね…。
日本をなんとかしなくちゃいけない…と思っておられるとは思うんですけどね…。

前回の記事にもコメントをくださっているのですが、
インフレに対してとても楽観的でおられるのです。
実際、自分がインフレーションの結果 起こりうる損害の被害を実際にこうむらないとわからないのかもしれませんね…。

Posted by えいと@ at 2012年02月18日 00:50

>モリオリママさん。

>他力本願。。本当感じます。

他力本願ですよね。
景気が悪いときって内向きになるのは仕方がないことではあるんですけどね…。

>専門家に任せておけばいいのよという言葉、耳が痛くなるほど聞きます。
>専門家は絶対間違ったことはしないと、思い込んでる感じです。

専門家に任せておけばいい…確かに間違ってはいないのですが、
今の日本のムードを作り上げているのは専門家ではないのです。
この「円を刷って日本中にばらまけばいい」という自称経済評論家は専門家ではありません。
学位も学術論文もない自称経済評論家が、今の日本の世論を巻き込み、動かしているんですよ。

日銀は1%のインフレ目標を立てましたが、
きっとインフレには傾かないよう調整すると思います。
日銀はよく考えていると思いますよ。
積極的なことはできないにしろ、物価が激しく変動しないようコントロールをするはずです。

>日本に住む、私の知り合いでは、今の自分達の生活が、危機的に変わると思っている人はいないようです。

結局ね、今の日本はデフレではあるけど、
生活が激変しなかった人が多いってことなんです。
デフレで確かに給料はさがっているけど物価も同時に下がっていますからね。
だから生活ができているんです。
ハイパーインフレになる可能性はあっても、ハイパーデフレっていうのはありませんから、
きっと、インフレに歯止めがかからなくなってしまった時のことが想像ができないのでしょうね。

>海外に出て、やたら愛国心になったのなんて言われたり。。

だって日本人ですから。(笑)
日本では当たり前であることが 外国では当たり前でない…ってことが多々ありますもんね。
アメリカはまだ価値観が日本に似ているので、それほど強くは感じていない人もいるかもしれないけど、
その他の国では…本当に日本って国はすばらしいって実感するそうです。

日本以外で暮らしたことがない日本人にはわからないんです。
日本がどんなに危なっかしい国であるかが…。
ほんとに日本は、日本人は暢気です。
いいかげんに気がついてよ…!…っていろんな部分で思いますよね。

>国民が理解することで、政治も変わると思いますし、世の中を動かす力になりますよね。

そうですね。
他力本願では何にも変わりません。
転載させていただいたオノコロさんの記事にありますが、
もっと弱者にやさしく、もっと福祉を、もっと年金を、もっと無料に、もっと政府にと、タカリぐせ、乞食根性を加速させているのが今の日本です。
その結果、生まれた政権与党が…民主党なのですよ。
民主党はばらまき政策がメインです。
タカリ根性の日本人が…民主党のような政党を与党にしてしまったのです。

>こちらの人と普通に議論できることが、日本の人と出来ないジレンマ、感じています。

一旦、思い込んでしまったことはなかなか変わらないですからね…。
自虐史観もしかり、こういうデフレ=不景気という思い込みもしかり…です。


Posted by えいと@ at 2012年02月18日 01:33
モリオリママさんとのやり取りの件で・・・。
本当、そうなんですよ。
国外に出て初めて日本を客観的に違う角度から見れるんです。

今日ね、ニュースを見てたら、アイドルグループを中国の親善大使に、ってのがあったんですよ。
はぁ?何やってんの日本は?ってPC前で毒づいちゃいました。

日本にとって最も危険な3国・・・これってすごく怖いですよね。

今どこもお客を獲得しようと必死ですから、旅行でも色んな特典がありますね。
実は旅行するいいチャンスなのかもしれないですよね。
海外に行くよりいいんじゃないの?って思います。

ちょーっとコメントがずれてしまいますが、私がお世話になってるチケットセンター、勿論日本の会社なんですが、直にエアラインから買えばもっと安いから、って断ったらその値段にしてくれたんです。
これも日本の会社の利益になりますからね、勿論お願いしました。
Posted by ree at 2012年02月18日 03:50
どうにも食い違うようですが、もう少しだけ。

私もお金の供給を増やすのが最初だといっているつもり
はないのですが。

銀行から企業に資金が流れるための金融政策も当然必要
といっているつもりです。金融政策が変わらなければ、
企業に対する融資姿勢には変化がなく、企業の投資も
厳しいままです。

また、個人消費の上昇もなければ、企業の投資も増えず
同じく企業サイドからの投資拡大による景気回復は難し
いですよね。

そして、個人の消費について余裕資産がある人もいる
はずという発言をされますが、余裕資産がどれほどで
将来不安が消えるかなんて想定できますか?
将来不安があるがゆえに、消費を抑えざるを得ないので
あれば幾ら消費をしましょうといっても無理があります
よね。

不景気なら不景気でしゃーないな、とかいって暢気に
消費拡大するような人間の方が余程心配ですけれど。


だからこそ、公共事業などで必要なインフラ整備を行い
、そのために資金が必要ならマネーを増やせばいい、と
こういう順序のはずです。

使い道のないお金は金融機関の更なる国債の購入にまわるだけで国民生活の向上には寄与しないのはなのはわか
って書いているつもりなのですが、そう読めなかったのであれば申し訳ありません。


ただまあ、うまやどさんのような書き方をされるので、
これで意見の表明はやめにしておきますね。
Posted by トミシン at 2012年02月18日 09:22
こんにちは(+_+)

いやいや怖いですね。 
戦後の教育のお蔭で(!?)日本人はとかく平和ボケしてますから
この平和はず〜っと続くと思って暮らしている日本人が大多数だと思います。
日本を取られる脅威は常にあるのにね・・・

先日(2月8日)田中防衛大臣になってからロシアの空軍(5機)が日本の領空に
接近しました。
またロシアの軍事専門家は
「ロシア空軍がその気になれば、20分以内に日本を地球から消滅させることもできる」
とも述べていたそうです。
20分以内ですよ〜! ビックリですよね!!!
なのに今の日本は軍事費を減らして、あげく田中防衛大臣ですよ。
最近、田中大臣は20分近くも国会からいなくなってコーヒー飲んでたことがわかりました。
TV中継中の国会は騒然としてましたよ。
そりゃあ、そうでしょう。大事な国会で閣僚がいなくなったんですから!
まるで徘徊老人ですよね。
有事のとき田中大臣で大丈夫なのか?ホント不安ですよね。

最近、元横浜市長の中田宏さんのお書きになった本を読みました。
タイトルが「政治家の殺し方」です。
中田さんはある日突然身に覚えのないスキャンダルに遭いました。
もちろんそういった事実はなく裁判で事実でなかったことを証明するのに
3年かかったとか。
では なぜスキャンダルの餌食になったのか?
それは利権構造にメスを入れたからだそうです。
彼らの意のままに操られる市長であったなら、ハレンチ市長など不名誉な
レッテルを貼られることもなかったそうです。
市長になったからと言って、なんでもできるわけでなく議会が
それに反対すれば改革は難しいんですね。
日本は財政が厳しくて今までのやり方では国は持たないことはわかっていても
政治家が真面目に真摯にやろとうとすればするほど叩かれる。
今の日本は異常だと思います。

ところで今日は天皇陛下の心臓手術の日です。
もちろん成功だと思いますが、心配なのは術後ですね。
とにかく寒いですからね。体力の弱ってるときにお風邪でもひかれたら大変ですからね。
…陛下は来月の震災の式典に出席をなさるそうですが、お体を大切にして
くれぐれもご無理をなさらないようにお願いしたいと思います。



Posted by リボン at 2012年02月18日 13:24
えいと@さんの話、つくづく考えさせられます。

 
 マスコミは橋本さんを煽り、既成政党の困惑を伝えるばかりです。
 また、内閣が野党に事前協議を呼びかけ、応じようとしない事も問題である。政党の枠を越えて真摯に協議に応じるべきと言っています。

 橋本さんは大阪市長です。
彼が大阪から 問題が多い労組や日教組を排除し、子供達が日の丸に向かい堂々と君が代を斉唱できる学校にして、自虐史観を植え付けの為の捏造された展示物をいろいろな施設から破棄してくれたり、府と市の無駄をはぶき経済力を高めてくれる事に異論はありません。大阪都構想にも反対はしません。

 でも今の立場で 国の舵取りをするような素案をマスコミに出し、塾を開き(本人が立候補できないから)6月の選挙までに自分の考えを託せる立候補者を育成するってどういうことですか。
 参院廃止、道州制、・・・・・。塾生も国民もそれらの説明を聞いて熟慮し判断する時間が必要です。

 私の判断の基準として、国を預かる人が外国人参政権に賛成の立場をとるのは危険で反対です。 民主党の政権交代の時と同じで、その事も伝えないままで この煽りかたはマスコミが反日活動をしているように思えます。

 また「与野党の事前協議」という言葉もまやかしです。
内閣が法案を出し、野党も対案を出し、国会で質疑応答し法案をまとめる。まとまらなければ解散し、どちらがいいのか国民が選挙で決めればいいのです。
 国会に出す法案を自分達で決めきれず、反対をおそれて、その法案作りに野党を取り込み、そのまま成立させようなんて卑怯な話。

ここでも「談合」を「事前協議」などと耳障りのいい言葉に書き換え、国会と民主政治をないがしろにし、国民を惑わすマスコミは 反日活動をしているとしか思えません。
 
 国民は騙されないよう消去法でもいいから慎重に選挙をする事が大切だと思います。
 共産党と同一な考えを持ったまま君臨した元自民党の野中広務議員のような政治家もいました。民主党の中ではまともにみえた野田さんはただの操り人形のくせにしたたかです。マスコミが偏向している状況では 何が正しいかの判断は難しいですが。
 
 愛国心と正しい歴史感・国家感で隣国にも毅然とした態度をとれる人。
 「国際主義(金融ユダヤ・市場原理主義・三極委員会)に協力する人」ではなく、恐れずに「日本国民のために利益を守れる人」を選びましょう。
日本にはなんと国内にこれらの国際主義に協力する多くの強敵がいます。
マスコミ(戦後利権者達)は、ずい分前からその強敵側です。 もう素人議員の太刀打ちできる相手達ではありません。
あの中川さんが亡くなり、麻生さんが激しいバッシングに遭いました。誰がそれほど二人を恐れマスコミにあそこまでさせたのか。
国民が正しい眼で判断し「国民の利益を守れるひと」を支持して増やしていかなければいけません。
 
 一個人の立場でどうする事もできず、悩んでますが、こういう話ができてうれしいです。
 すっごい長文、すみません。
Posted by TT at 2012年02月18日 18:42

>里香ママさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>衣替えをするように、政策を変えればいいんじゃありませんか?

日銀は今でも その時の状況に合わせて金融政策を変えていますよ。
ご存知だと思いますが、東北の大震災が起こった時には 日銀は大量に通貨を発行して被災地の多くの金融機関が倒産するのを防ぎました。
全く何もしていないことはないんです。
その時と場合によってちゃんとやってるんですよ。
震災以外の場合においては、景気の回復の予兆もないのに意図的にインフレにすることでの弊害が出ないようにやっているせいで、だから劇的な変化がないのでしょうけどね…。

>ハイパーインフレになっても、ハイパーインフレになると同時に円が暴落して、日本で作ったほうが人件費が安くなり、海外にいった製造業が戻ってきて、
>内需拡大→景気回復するんじゃないでしょうか?

えっ! 真剣にそんな風に考えておられるんですか?
円が暴落することがどういう意味を持つのか、理解されていないのでしょうか?
いやはや…、ちょっと、いや、かなりびっくりしました。
ハイパーインフレなんか起こしちゃったら、まず、国の信用は100%なくなりますよ?
紙くずになってしまった紙幣をだれが、どこの国が信用しますか?
それまで国内で頑張っていた企業も外国へ逃げていくでしょうね。
人件費は安くなるけど、同時に国民の暮らしは地に落ちますよ?
社会の秩序も乱れるでしょうね。

>デフレ円高は悪くないっていうけど

悪くないとは言いません。
しかし、だからといってインフレにしていいかというとそうではないということなんです。
日銀の役割は「物価の安定」と「金融システムの安定」です。
急激に物価の変動を引き起こすような金融政策はしない、できないということですよ。

中国に多くの企業が工場を移したことが、今の日本の景気の悪化につながっているってことを理解されているでしょうか?
企業はできるだけ経費を削減したい。
そのためには人件費を削ることが一番だと考えたのでしょう。
その結果、日本における雇用は減り、安い商品が日本に入ってきて モノの価格は下がり、日本の零細企業はどんどんつぶれていきました。

なぜ、こんな風になったのでしょうね。
できるだけ安いものを日本人が求めたからではないでしょうか?
激安商品に群がる日本人。
これに対抗するためには中国などに製造の拠点を置くしかなかったのでしょう。
その結果、どんどん価格は下落しデフレを引き起こし、
零細企業はのきなみ倒産、日本人の雇用もなくなってしまっているのが今の日本の現状です。

>デフレをなんとかするためにお金を使おうなんて、これから賃金が上がる気配がないのに使えません。

そうかもしれません。
無理にお金を使うことはないと 私も思いますよ。
しかし、日本人の意識がいつまでもこのまま変わらないままでいたら、
金融政策をどんなに緩和しても、不景気は解消できないでしょうね。
私は、結局のところは日本人の意識の問題であると思っています。

Posted by えいと@ at 2012年02月20日 01:55

>bunkataisiさん。

>>景気が回復すれば 自然とインフレ傾向になります。
>とても分かり易い言葉ですが、震災復興がなかなか進んでいない現状を見るとため息が出ます。

そうなんですよね。
景気を回復させること そのものが難しいのですから、簡単に自然にインフレに傾くことは期待できないでしょうね。
でも、だからといって意図的にインフレにすることは大変危険です。
不景気のまま,給料が上がらないままモノの値段がどんどん上がっていくわけです。
これは怖いですよ〜。

>今は復興の為に金を使う事が一番有効な使い方と誰もが思っています。
>復興関連の公共投資や住宅再建ならば、いくらでもやる事が有る筈ですが、少しも進んでいないようです。

今の政府が民主党だから…ということは大きいでしょうね。
民主党はコンクリートから人へ…というのをスローガンにしていますからね。
簡単に公共事業に税金をどんどん使おうとはしないでしょう。

復興がこんなに遅れているのも、私は民主党の責任が大きいと思います。
自民党でも100%満足のいく復興はできないかもしれませんが、
少なくとも、今よりはかなり進んでいただろうと思いますよ。

こんな政党を選んでしまったのは…他でもない、日本の有権者なのです。
他力本願なのですよ。
転載させていただいたオノコロさんの記事にありますが、
もっと弱者にやさしく、もっと福祉を、もっと年金を、もっと無料に、もっと政府にと、タカリぐせ、乞食根性を加速させているのが今の日本です。
その結果、生まれた政権与党が…民主党なのですよ。
民主党はばらまき政策がメインです。
タカリ根性の日本人が…民主党のような政党を与党にしてしまったのです。

>極端な話が、「戦争すれば景気が良くなる」と言う事も聞きますが、戦争なんかしなくても大震災で甚大な被害を受けたのですから、復興に頑張る事が景気回復のチャンスだと思います。

そうなんです。
震災起こってしまったことは悲劇でしたが、復興は景気回復のチャンスなんですよ。
しかし、民主党は仮設住宅なんかも外国から調達したりしましたよね?
これがダメなんですよね。。。
日本国内で経済を回さないとダメなんです。

これから被災地の公共事業、インフラは必要となってきますから、
これでちょっとでも雇用が生まれたらいいなと思っています。
景気の動向ってムード次第なんです。
国民が希望を持ち始めたらメードが良くなります。
そうすれば景気も上向きになっていくものなんです。

>逆風にめげず日本のトップ企業としての誇りを忘れずに頑張っている地元のTOYOTAも、今期は震災の影響での販売も落ち込みも有り、大幅減益との報道です。

これは、世界中が不景気ですからやむを得ないのではないでしょうか…?
アメリカでも車の販売台数は下がっていますからね。
しかし、今後、被災地では車は売れていくんじゃないでしょうかね?
今はまだ避難生活をされている方が多いので、今すぐには無理かもしれませんが、
今後、復興が進んでいけば期待できるんじゃないかと思っています。

Posted by えいと@ at 2012年02月20日 02:20

>夢見る親父さん。

>一番目は日本のデフレの状況です。

このグラフですが。
専門家に聞いたところ、これだけで日本だけが著しいデフレであるとは言い切れないということです。
どの年度を基準にしているかは国によって異なるので、このグラフだけでは何ともいえないんだそうですよ。
それに、デフレでなかったら良いのか悪いのかの検証も必要ですよね。
イタリアなんてインフレですけど、経済状態はギリシャに次いでひどい状況ですもんね。
デフレ=悪、インフレ=善ではないという証拠ですね。

>二番目は海外の経済政策、と全体の経済の考え方です。

FRBのバーナンキ氏は、リフレ派だと日本では言われているようですが、
彼の政策は確かに金融緩和路線ですけど、
けしてリフレ派だと ご自身は思っておられないだろうということです。
それに、2008年のリーマンショック時には、アメリカだけでなく日本でも金融緩和政策が行われましたね。
だから、あの時期にものすごい大不況は日本では起こらなかったんです。
ああいうショッキングな出来事の際には ちゃんとした国は動いているんです。
あのまま麻生政権が続いていたら…今頃日本はもうちょっと景気がマシになっていたんじゃないかと思いますよ。

>これは中野剛志さんが出てます。彼の見ているポイントは面白いです。一番解り易く、丁寧に説明してます。

申し訳ないですが、私は 経済に関しては中野剛志氏の言われていることは信用できないと思っています。
中野剛志氏は経済学者ではありません。
専攻は国際関係論、政治思想、都市社会工学ですよね。
経済についても勉強はしておられるのでしょうが、氏は経済学の専門家ではありません。

>皆節約すると、日本全体の経済は立ち行かなくなります。デフレとは金の価値が上がり、物を買わなくなり、貯蓄に回し始める流れ

その通りです。
今の日本はそういう状況です。皆が貯蓄に回してしまっているために経済が回っていない状況なのです。
確かにデフレになると通貨の価値が上がりますから、
今すぐに物を買わなくてもいいという考えが起こるでしょう。
給料が下がっていることもあって 豪勢に買い物ができない人もいると思います。
しかし。
それでは景気は回復しないんですよ。
このへんは、夢見る親父さんだったらおわかりいただけていると思いますが…。

>いい事だと想って皆が同じ行動取るとダメになることです。

そうなんです。
ネット内に限ってかもしれませんが、ほとんどの人が同じことを言っています。
それが正しいことであればいいのですけど…ちょっと首を傾げたくなるようなことでも熱くなっているんですよね…。
今の日本のムードは何だか変です。
きっとよかれと思っているからなんでしょうけど…。
しかし、時にはちょっと冷静に考えなくてはいけないのではないかと思うんです。
果たして通貨を発行するだけが解決策なのか?
政府や日銀だけに任せていたらいいものなのかどうか?
日本国民は何をしたらいいのかを考えて欲しいのです。

今の日本は他力本願です。
国が、日銀が何とかすればいいんだ。
私たち国民には何もできないし、するつもりもない。
そんな雰囲気が漂っているように感じるんですね。

>えいと@さんには頑張って欲しいです。応援もしてます。

ありがとうございます。
いろんな考えがあることは理解していますし、
どの人物、どんな考えを支持するかは個人の自由ですけれども、
今の日本のムードはちょっとおかしいと思って、反論覚悟でこういう記事を書きました。
また気がついたことがあれば記事にしていきます。
今後もよろしくお願いします♪

Posted by えいと@ at 2012年02月20日 03:02

>reeさん。

>国外に出て初めて日本を客観的に違う角度から見れるんです。

そうですね。
私も同じです。
日本国内にしか住んでいなかったら、きっと気がついてなかっただろうと思うことがいっぱいありますね。

>今日ね、ニュースを見てたら、アイドルグループを中国の親善大使に、ってのがあったんですよ。はぁ?何やってんの日本は?ってPC前で毒づいちゃいました。

わかります〜。
中国の親善大使…ってねぇ〜? 中国が日本に対してどんなことをしているのか、アイドル達はわかっているのでしょうかねぇ?

>日本にとって最も危険な3国・・・これってすごく怖いですよね。

怖いですよ。
特に中国とロシアは露骨ですしね。
韓国も、最近、ものすごい勢いでロビー活動をやっています。
もし、日本が内側から崩壊するようなことがあれば…。
この3国はどんなに喜ぶでしょうね。

>今どこもお客を獲得しようと必死ですから、旅行でも色んな特典がありますね。
>実は旅行するいいチャンスなのかもしれないですよね。海外に行くよりいいんじゃないの?って思います。

そうなんですよ。
特に今こそ、日本国内を旅行してもらいたいですよね。
なのに…日本のマスコミは韓国旅行をやたらを押しているんです。
私が日本に帰国している時もそうでした。
「韓国に行っておいしいものを食べよう〜」ってものすごく押してましたよー。
おいしいものだったら日本の方がよっぽどおいしいんじゃないのって思いません?

>私がお世話になってるチケットセンター、勿論日本の会社なんですが、直にエアラインから買えばもっと安いから、って断ったらその値段にしてくれたんです。これも日本の会社の利益になりますからね、勿論お願いしました。

良かったですね〜。
いつも利用している…っていうことでサービスをしてくれたのでしょうね〜。
日本人はできるだけ、日系の企業のものを利用したり買ったりしたいですね。
アメリカに住んでいたら限界もありますけど、
それでも協力できる部分は協力していきたいですね。

Posted by えいと@ at 2012年02月20日 03:37

> トミシンさん。

>私もお金の供給を増やすのが最初だといっているつもりはないのですが。

そうなんですか。
トミシンさんはそんな風にお考えだったのですね。
しかし。
今の世論はそうではないですよ。
とにかく円を刷れ〜国債をドンドン発行しろ〜ですよ。
これに対して私は懸念しているんです。
一般人がいくらわぁわぁ騒いでもそれですぐに日本の方向性が決まってくるとは思いませんが、
ムードってけっこう怖いんです。
何となく日本が変な方向に向かっているように 私は感じるんですよ…。

>個人の消費について余裕資産がある人もいるはずという発言をされますが、余裕資産がどれほどで将来不安が消えるかなんて想定できますか?
>将来不安があるがゆえに、消費を抑えざるを得ないのであれば幾ら消費をしましょうといっても無理がありますよね。

おっしゃることはわかります。
余裕資産といっても人それぞれ価値のレベルは違うでしょうし、
日本の場合、ある程度貯蓄しておかなくては老後の生活が心配だということもあります。

今の日本のこういった状況(不景気)を招いた原因のひとつは、日本人の節約にあると思っています。
元々、日本人は無駄遣いを好まない民族です。
そのために、高くても品質の良いものを買おうという傾向が、かつてはありました。
しかし、バブル崩壊後は…どうでしょうか。
激安商品がものすごくもてはやされていませんか?
高くて品質のいいものが 今では売れなくなってきているのですよ。

中国に多くの企業が工場を移したことが、今の日本の景気の悪化につながっていると私は思っています。
企業はできるだけ経費を削減したい。
そのためには人件費を削ることが一番だと考えたのでしょう。
その結果、日本における雇用は減り、安い商品が日本に入ってきて モノの価格は下がり、日本の零細企業はどんどんつぶれ、モノ作り日本の姿はどこかに消えてしまいました。

激安商品に群がる日本人。
これに対抗するためには中国などに製造の拠点を置くしかなかったのでしょう。
その結果、どんどん価格は下落しデフレを引き起こし、
零細企業はのきなみ倒産、日本人の雇用もなくなってしまっているのが今の日本の現状だと思うのです。

>不景気なら不景気でしゃーないな、とかいって暢気に消費拡大するような人間の方が余程心配ですけれど。

たしかに。(笑)
暢気にかまえてはいられませんよね。

>だからこそ、公共事業などで必要なインフラ整備を行い、そのために資金が必要ならマネーを増やせばいい、とこういう順序のはずです。
>使い道のないお金は金融機関の更なる国債の購入にまわるだけで国民生活の向上には寄与しないのはなのはわかって書いているつもりなのですが、そう読めなかったのであれば申し訳ありません。

そうでしたか。
それでは、私の意見には同感でいらっしゃるということですね?
文字での意見交換は難しいものです。
トミシンさんのコメントを拝見しておりますと、私の意見に反論がおありのように読み取れましたから、
それに対して私の意見を再度述べさせていただいておりました。

今の日本のムード、これを変えないと日本の経済は浮上しません。
日本政府はしっかりと景気回復させるために税金を投入する。
そして、国民も他人任せにしないで、ちょっとでも国内の経済が回るようにお金を使うこと。
これが大事なのです。
できるだけ日本製を買うとか、たまには外食をするとか、旅行は日本国内にするとか。
ちょっと意識するだけでもだいぶ変わると思うんです。
円高だし、海外旅行をしたくなるのはわかりますけど、
大きな震災が起こってしまった日本の今の状況を考えると、外国にお金を使うのではなく、日本にお金を使って欲しい。
日本経済を支えるのは、国民のちょっとした意識なのです。
そういうムードになっていけば景気は必ず上向きになっていくと 私は思います。

Posted by えいと@ at 2012年02月20日 04:10

>リボンさん。

>いやいや怖いですね。 

怖いです。
日本のこのムードがとっても怖く感じますね。
なんだか大東亜戦争前のようなムードですよ。(…って、大東亜戦争前を経験したわけじゃないですけど 笑)

>戦後の教育のお蔭で(!?)日本人はとかく平和ボケしてますから
>この平和はず〜っと続くと思って暮らしている日本人が大多数だと思います。日本を取られる脅威は常にあるのにね・・・

そうなんですよね。
民主党政権になって、日本が危ない!…ということがわかったという方も多いのですが、
それでも そういう方達でも保守の仮面をかぶった共産主義者の誘導に簡単に乗せられている国民が多いんです。
これも平和ボケの一種だろうと思いますね…。

国防に関しては民主党ではダメです。
まったく国防が何たるかをわかっていませんし、根が社会主義ですから、防衛よりばらまき政策に重きを置いているんですよ。

有事の時に社会主義的な思想を持った政党が与党であれば…日本はおしまいでしょうね。
東北の震災、あれも有事ですけど…どうでしたか?
菅直人氏という とんでもないトップのおかげで、ひどい状況になってしまったじゃありませんか。
もちろん、自民党が与党であっても不満はあったと思いますよ。
でも、こんなにひどい状況にはならなかったと思いますね。

中田氏の本、私は読んではいないのですが、いろんな評価がなされていますね。
自己弁護だけの本だという酷評もあります。
でも、邪魔な政治家は潰される…というのはあるでしょうね。
このままでは橋下氏も潰されてしまうのでしょうか…?

>日本は財政が厳しくて今までのやり方では国は持たないことはわかっていても
>政治家が真面目に真摯にやろとうとすればするほど叩かれる。
>今の日本は異常だと思います。

結局、何が国のためになる政治なのかを日本国民が理解していないことが大きな原因でしょうね。
改革は必要だと思っていても、今の日本ではダメだということはわかっていても、自分に不利益が被りそうなことになると大反対です。
国のためになるのであればちょっとくらい痛みを伴うのは当然です。
しかし、リスクをとりたくないと思っている人がほとんどです。
国のためより自分のため。
多くの企業が中国に進出したのも、結局は国を脅かしてしまうことにつながったのに、
激安商品を望む国民のために日本を売ってしまったのです。
国が衰退したら自分たちの生活もなくなるのに…ね。

>ところで今日は天皇陛下の心臓手術の日です。もちろん成功だと思いますが、心配なのは術後ですね。

手術後の経過も良いとのこと、安心しています。
日本にとって今上陛下はなくてはならない存在です。
ご無理をなさらないように、はやく元気なお姿を見せていただきたいものですね。

Posted by えいと@ at 2012年02月20日 05:04
こんにちは

日本人は マスコミやトップに人たちの意見に左右されやすい国民だと あるアメリカ人が話していましたね
だから トップの人間を手にいれるだけとか、、

毎年クリスマスやバースデーギフトは日本のネットを利用していましたが円高で今年はアメリカから郵送しました

私たちが住んでいる町は小さいんですが 小さなビジネスをサポートすることは町のためになるんですよね
隣の町で買い物せず できるなら この町で  と心にはかけています

Posted by はちきんイジー at 2012年02月20日 06:59
こんにちは。

>できるだけ安いものを日本人が求めたからではないでしょうか?

こちらのえいと@さんの意見なのですが、こういう事も背景にあるのではないでしょうか?

安さが求められるようになる以前の話。
それまではどこでモノを作るかで付加価値がついていました。
だから日本製がそれだけ評価されていました。
でもグローバル化が進むにつれ、どこで作っても同じになってしまった。
つまり価格競争への突入ですよね。
それなら人件費の安い国に工場を移転した方が企業はメリットを受けるようになったわけですよね。
そういうグローバル化の根っこの部分が一番の問題じゃないのかと思えるのですが。
いかがでしょうか?
結局、他の国々からすれば日本には技術の面では勝てない、日本を自分達の土俵に落とし込むための作戦だったのではないですか?
それにこれから伸びてきているアジア諸国も付加価値のついたモノより、価格の安いモノに目が行くように感じます。
別に日本人が安さだけを求めているとは思ってないようにも感じます。
確かに安売りにわーっと人が集まる面もありますよ。
でもよくよく話を聞けば安いからって、逆に品質が悪くなりあまり買わなくなったという人もいます。
こういういろんな事情が絡み合って日本でモノが売れなくなってるのかもしれないですよ。

日本人が他力本願になっているという考えには賛成です。
福祉、福祉となんでも頼る前に自助、共助が先だと思うんですよね。
以前、フィフィさんが日本人は政府に求めすぎと言っていたのを思い出しました。





Posted by kuri at 2012年02月20日 10:51
>>ハイパーインフレになっても、ハイパーインフレになると同時に円が暴落して、日本で作ったほうが人件費が安くなり、海外にいった製造業が戻ってきて、
>>内需拡大→景気回復するんじゃないでしょうか?

>えっ! 真剣にそんな風に考えておられるんですか?
>円が暴落することがどういう意味を持つのか、理解されていないのでしょうか?
>いやはや…、ちょっと、いや、かなりびっくりしました。
>ハイパーインフレなんか起こしちゃったら、まず、国の信用は100%なくなりますよ?
>紙くずになってしまった紙幣をだれが、どこの国が信用しますか?
>それまで国内で頑張っていた企業も外国へ逃げていくでしょうね。
>人件費は安くなるけど、同時に国民の暮らしは地に落ちますよ?
>社会の秩序も乱れるでしょうね。


*こういう風に考えてます
・現在の商品の値段
中国で作った商品<日本で作った商品

・円が暴落した時の値段
中国で作った商品>日本で作った商品

中国の製品が高くなくなり、日本で作ったほうが安いので、
日本人を雇って日本で工場を作って、失業率が下がり
日本製の商品が国内需要を満たします。

私が勤めていた会社は、中国のほうが安いという理由で日本を出て行ったので、
日本で作って、中国に輸出すると思います。


「紙くずのような紙幣=強い製造力」
中国とか韓国はこういう世界戦略で戦っていると思うんですがいかがでしょうか?
Posted by 里香ママ at 2012年02月20日 19:33
ほんま、怖いわ。
私みたいな能天気な人間でも、外から日本を見てると、なんか漠然と「20年後も日本って国存在すんねやろか」って心配になるもんね。
ちょっとずつちょっとずつ、国民に気づかれんように、日本をおかしな方向に持って行ってる人たちがいてることは確かなんよね。
Posted by ジェニ at 2012年02月21日 04:38
ご無沙汰しております。
忙しくて自分のブログも放置状態でございます。

この保守から共産ってわかるような気がします。
ある一定まで主張が合致するんですよね。
私の住まいの直ぐ近くの公園から高い放射線が出ました。
役所にかけあった人たちがいるのですが、役所は対応すれば
住民不安がますだけとの理由で放置です。
それを聞いたので、地域の各政党議員を捕まえて直接談判しました。私。

そしたらいち早く反応したのが共産党。
それからは勝手に新聞は入れられ、反原発集会には誘われ、入党まで!
完全なる共産主義者だと思われてます。^ロ^;

今度きたら君が代日の丸の徹底と、9条改正し自衛権行使とか言ってみようと思います(笑)
Posted by ちょびまめ at 2012年02月21日 10:05

>TTさん。

>えいと@さんの話、つくづく考えさせられます。

ありがとうございます。考えてくださって嬉しいです。

>橋本さんは大阪市長です。
>彼が大阪から 問題が多い労組や日教組を排除し、子供達が日の丸に向かい堂々と君が代を斉唱できる学校にして、自虐史観を植え付けの為の捏造された展示物をいろいろな施設から破棄してくれたり、府と市の無駄をはぶき経済力を高めてくれる事に異論はありません。大阪都構想にも反対はしません。

私も同感です。
何としても橋下氏に大阪の教育を変えて欲しい、日教組にメスを入れて欲しいと願っています。
橋下氏ほどの強さがなかったらできないことだと思います。
日本は教育を根本的に変えないとダメです。
日教組が存在する限り、根本的な問題は解決の方向に導くことはできません。

>今の立場で 国の舵取りをするような素案をマスコミに出し、塾を開き(本人が立候補できないから)6月の選挙までに自分の考えを託せる立候補者を育成するってどういうことですか。

政治家の育成をしようとしているのでしょうが、
政治学を学んだこともない人間が政治を行うことは危険です。
しかも6月って、あと3〜4ヶ月でいったい何が学べるというのでしょう。
こういうのは賛成できませんね、確かに…。

>私の判断の基準として、国を預かる人が外国人参政権に賛成の立場をとるのは危険で反対です。 

同感です。
私も外国人参政権付与は反対です。
橋下氏は、民主党や社民党のように、すべての永住外国人に参政権を…とは考えてはいないようですが、
国民の権利である参政権は日本国民だけのものです。
このラインを崩してはなりませんね。

>国民は騙されないよう消去法でもいいから慎重に選挙をする事が大切だと思います。
>マスコミが偏向している状況では 何が正しいかの判断は難しいですが。

そうですね。
日本人の投票率の低さには…本当に呆れてしまいますね。
おっしゃるように消去法でいいのです。
100%満足な人間なんていないのですから。
誰が政治をやっても同じと棄権をする人は、どんな政治をされても文句が言えないのです。
棄権するということはそういうことなのだという自覚がなさ過ぎですね。

>あの中川さんが亡くなり、麻生さんが激しいバッシングに遭いました。誰がそれほど二人を恐れマスコミにあそこまでさせたのか。
>国民が正しい眼で判断し「国民の利益を守れるひと」を支持して増やしていかなければいけません。

そうなんですよね。
しかし、今の日本ではそれが難しいのです。
なぜなのか…?
私は教育に問題があると思っているんですよ。
政治に関心を持たせるような教育が行われていません。
政治を正しく見る目を養うには,子供の頃から政治に関心を持ち、
選挙権を持つ頃には支持政党が出来上がっているくらいでなくてはならないのです。

しかし、今の日本はどうでしょうか?
教育現場で「棄権することも国民の権利だ」なんてバカなことを教えているのです。
棄権すること=モノを言わぬことです。
つまり、この世がどうなってもいい,良きに計らえ…ってことなんですよ。
投票率の低さに現れていますよね…。
日本の教育はダメです。
これを根本的に直さなくては、日本の将来は暗いと思います。。。

長文コメントOKですよん。
私のお返事もかなりの長文ですから。(笑)
読みにくかったら申し訳ありません。

Posted by えいと@ at 2012年02月23日 01:00

>はちきんイジーさん。

>日本人は マスコミやトップに人たちの意見に左右されやすい国民だと あるアメリカ人が話していましたね 

アメリカにもその傾向はあるんですよ。(笑)
ほとんどの人はマスコミに流されています。
しかし日本の場合、そのマスコミの中に売国傾向が潜んでいることが問題なのです。
日本のためになるような広報が常に行われていればいいのですが、
日本の場合そうではないですからね…。それが問題なのです。

>毎年クリスマスやバースデーギフトは日本のネットを利用していましたが円高で今年はアメリカから郵送しました

円高は、外国に住む者にとっては割高で買い物し辛いですよね。
日本に住む者にとっては…逆ですよね。
円の価値が高いからと日本人はそんなにも悲観することはないんです。(輸出企業は大変ですが,反対に輸入企業はホクホクのはずです)
なのに、円高が悪いーと大騒ぎをしているんですよ。おかしいでしょ?

>私たちが住んでいる町は小さいんですが 小さなビジネスをサポートすることは町のためになるんですよね
>隣の町で買い物せず できるなら この町で  と心にはかけています

私も同じように心がけています。
できるだけ、住んでいるカウンティーで買い物をしようと思っています。
街の収入は納税することにつながりますからね。
自分が住む町の納税が増えたら、いろんなインフラや公共サービスが良くなりますから。
イジーさんのその心がけはいいと思いますよ〜。


Posted by えいと@ at 2012年02月23日 01:09

>kuriさん。

>どこでモノを作るかで付加価値がついていました。だから日本製がそれだけ評価されていました。
>でもグローバル化が進むにつれ、どこで作っても同じになってしまった。つまり価格競争への突入ですよね。

これは私は違うと思います。
どこで作っても同じだとは思いません。
日本製は日本で作られていたから価値があるのではなく、
日本の技術、モノ作りの精神が評価されているから価値があるのではないかと私は思いますよ。

例えば、アメリカでは日本製の車が爆発的に売れていますが、日本で製造しているわけではないですよ。
工場はアメリカにありますし、働いている工員のほとんどはアメリカ人です。
価格も安くはなっていません。日本車は高いんです。それでも売れるんです。
では、何が評価されているのでしょうか。
製品の質です。ブランドの力ですよ。
日本車の安全性が買われているわけです。
金額が高くても安全な車に乗りたい、そう考えるアメリカ人が多いということです。

>人件費の安い国に工場を移転した方が企業はメリットを受けるようになったわけですよね。

人件費が低い国に工場を移した企業は、日本のブランドは捨ててしまいましたよね?
とにかく原価を下げることに賢明になり、品質は二の次ですよね?
激安商品を望む日本人が多いということです。
だから企業は原価を下げて品質を落として、量で勝負するという戦略をとったんでしょう。

>そういうグローバル化の根っこの部分が一番の問題じゃないのかと思えるのですが。
いかがでしょうか?

グローバル化には多少問題はあるでしょうが、一番の問題だとは思いません。
世界中がグローバル化したわけですしね。
日本だけが自由貿易をしないで経済発展することは不可能でした。

>他の国々からすれば日本には技術の面では勝てない、日本を自分達の土俵に落とし込むための作戦だったのではないですか?

これはあるでしょうね。
中国などはまさにそうです。
中国が日本企業を誘致する際、10年か何年かは忘れましたが、法人税等の税金の免除を行いました。
そうしてでも日本の企業の中国進出を望んだんです。
その結果…日本は多くの技術を盗まれてしまいました。
危機管理の浅さが露呈したってことですね。

>これから伸びてきているアジア諸国も付加価値のついたモノより、価格の安いモノに目が行くように感じます。
>別に日本人が安さだけを求めているとは思ってないようにも感じます。

これは国によってどうこう…ではないと思いますよ。
アジア諸国の人も、高くても日本のモノがいいと評価している人はたくさんいると思います。

>確かに安売りにわーっと人が集まる面もありますよ。
>でもよくよく話を聞けば安いからって、逆に品質が悪くなりあまり買わなくなったという人もいます。

アメリカの話ばかりで恐縮ですが、
アメリカでも安い物に群がる人はいます。それはどの国の人だから…という事ではないと思います。
安いものに群がる人もいれば、品質を重視する人も多いのがアメリカです。

アメリカでは高級車や高級家具が想像以上に売れています。
こんなに不景気でも売れているんです。
旅行で泊まるホテルも、高級ホテルに泊まるお客さんがいます。
お金を使える層は 使う時にはしっかりとお金を使っているのです。
お金を使える層はしっかり消費し、その結果 企業は利益を上げ、納税されることにつながっているんです。

対して、日本はどうでしょうか。
お金を持っている人でも、財布の紐を固くしめています。
これが問題なんです。

物には適正価格というものがあります。
価格を限界以上に下げてお客を呼び込んで儲けようとするのです。
限界以上に価格をさげるということは、どういうことなのか?

焼肉屋での食中毒事件がありましたよね。
あの事件なんかが典型です。
限界以上に価格を下げるためには どこかを削らなくては経営は成り立ちません。
結局、あの店は原材料の質を大きく下げてコストを削減したんですよ。
その結果、あの食中毒です。
安けりゃいい、そういう考えが日本をダメにしてしまっていると 私は感じますね。

>日本人が他力本願になっているという考えには賛成です。
>福祉、福祉となんでも頼る前に自助、共助が先だと思うんですよね。

2009年の政権交代で、日本が社会主義に向かっていることが証明されてしまいましたね。
子ども手当、農家個別手当が欲しい〜高校や高速道路を無料にして欲しい〜
社会主義まっしぐらです。
それを望んだのは…日本の有権者…ということです。
今の日本は確実に社会主義化傾向にあるますね…。

Posted by えいと@ at 2012年02月23日 01:39

>里香ママさん。

>*こういう風に考えてます
>現在の商品の値段 中国で作った商品<日本で作った商品
>円が暴落した時の値段 中国で作った商品>日本で作った商品
>中国の製品が高くなくなり、日本で作ったほうが安いので、日本人を雇って日本で工場を作って、失業率が下がり日本製の商品が国内需要を満たします。

う〜〜〜ん。。。
結局、里香ママさんは 日本が最貧国のうちのひとつになってもいいとおっしゃっているのですか?
日本が果てしなく貧乏な国になって、日本国民は裸足で生活するような国になればいい…とお考えなのですか?
日本の円が下落して中国の通貨の方が高ければ、日本で働くよりも中国へ出稼ぎに出た方が収入は得られますね。
中国へ出稼ぎに行く日本人が増えますが、それでもいいんですか?
今は中国人や東南アジア人が高い円を稼ぎに日本にやってきていますが、日本人も同じようにすればいいとお考えなんですか…?

今、日銀は 国が貧しくならないように調整しているというのに、
それを否定して、貧しい国をお手本にしろと…。
ため息しか出ません。
中国は今では世界第2位の経済大国にのし上がりましたが、
元(げん)が変動相場になっていないこともあって、あそこまで経済大国になったんです。
あの国全体を見れば、まだまだ貧しい国なんですよ。
13億か15億とも言われている人口のたった1割だけなんですよ、豊かな中国人は。
残りの大多数は 靴も買えないような生活をしているのです。
日本が中国のような国になればいいとお考えだとしたら…本当に驚きです。

>「紙くずのような紙幣=強い製造力」
>中国とか韓国はこういう世界戦略で戦っていると思うんですがいかがでしょうか?

中国経済は張子の虎と言われています。
韓国経済も借金だらけでボロボロです。
そいいう国の経済をお手本にすればいいとは思いません。

日本製品の人気が世界中で高いのは、製造力があるからではありません。
品質です。日本のモノ造りの品質の良さが評価されているんですよ。
いまやアメリカでは中国製品は避けられつつあります。
メイドインチャイナ=品質が悪くただ安いだけ、という評価です。
毒入り歯磨き粉や風邪薬の事件があって以来、中国製の食品はアメリカのスーパーから姿を消しました。
日用品ではメイドインチャイナはまだまだありますがね…。

前にも書きましたが、
ハイパーインフレになったら国の信用は100%なくなり、
日本国内で創業をしていた企業は外国へ逃げ、雇用はドンドン減り、
国民の暮らしは地に落ち、社会の秩序も乱れます。
そんな社会がいいと、私は絶対に思いません。

Posted by えいと@ at 2012年02月23日 02:05

>ジェニさん。

元気になったみたいね? 良かったわ〜。安心した♪

>ほんま、怖いわ。

やろ〜? 上のコメント見てみ、マジで怖くなってくるで。
日本が最貧国になってもいいんやて。
そこからのし上がったらええねん、って考える人もいるねん。恐ろしいわ〜。
そうならんようにせなあかんっちゅーのにな。

>私みたいな能天気な人間でも、外から日本を見てると、なんか漠然と「20年後も日本って国存在すんねやろか」って心配になるもんね。

外から見てるとさ、何か、今の日本って変ちゃう?って思うよな。
原発やTPPあたりから特におかしなってきたよな〜。

>ちょっとずつちょっとずつ、国民に気づかれんように、日本をおかしな方向に持って行ってる人たちがいてることは確かなんよね。

そやねん。
ものすごっくわかりやすい反日はな、ええねん。
最近はかなり気がついてる人も多なってきたし。

怖いんは「保守」って仮面かぶっている共産主義者や。
みんな信じてるねん。
あの人が言うことやったらその通りなんやって、
内容も吟味せんと、そのまま鵜呑みにしてるねん。
それをツィッターやブログで広めてんねん。
これがな…一番怖いんやわ。

なんかさ、日本て内部から崩壊しそうやわ。
中国はほくそ笑んでるやろな。
このまま放っといても、勝手に衰退してくれよるわって。
その時が日本を奪うチャンスや…って思てるで、きっと。
もう…泣きとうなる。。。

Posted by えいと@ at 2012年02月23日 02:16

>ちょびまめさん。

おぉお〜〜お久しぶりです。お元気で何よりです。

>この保守から共産ってわかるような気がします。
>ある一定まで主張が合致するんですよね。

そうそう! そうなんです。
日本共産党や社民党のような共産主義、社会主義だったらわかりやすくていいんですけど、
そうじゃない、保守の中に潜んでいるんです。
そして、ある程度までは保守と同じようなことを主張するんですね。
だからわかりにくいんですよ。

>いち早く反応したのが共産党。
>それからは勝手に新聞は入れられ、反原発集会には誘われ、入党まで!
>完全なる共産主義者だと思われてます。^ロ^;

あらら〜そんなことがあったんですか〜。(苦笑)
私ね、日本共産党の主張は100%反対ではないんです。
領土問題などは惚れ惚れするほどの素晴らしい主張をしていますし。
経済問題にしても真っ当なことを述べています。

しかし。
天皇反対、国旗国歌法に反対、日本の国防反対、憲法9条死守。
これでアウトです。
これほどわかりやすい共産主義はないですね。

>今度きたら君が代日の丸の徹底と、9条改正し自衛権行使とか言ってみようと思います(笑)

ぜひぜひ!
すぐに赤旗新聞がポストに入れられることはなくなるでしょう。(笑)

Posted by えいと@ at 2012年02月23日 02:50
>結局、里香ママさんは 日本が最貧国のうちのひとつになってもいいとおっしゃっているのですか?
>日本が果てしなく貧乏な国になって、日本国民は裸足で生活するような国になればいい…とお考えなのですか?


今の日本はデフレで円高なんです。
ハイパーインフレになりません。
その手前で絶対止まります。

しまむらや西松屋で買い物したことありますか?
中国産に交じってバングラディシュ産があります。
品質は中国産と変わりません。しかも安いです。
バングラディシュはアジアの最貧国といわれたところです。
つまり向こうで工場を建てたほうが絶対安いからです。

日本には技術も工場も人もいます。世界と戦える企業もあります。
円高で外に出ていく企業は出ていく価値がなくなります。
Posted by 里香ママ at 2012年02月28日 19:52
×バングラディシュ→○バングラデシュ

えいとさんが考える最貧国ってどこですか?


そういえば高度経済成長時って長期インフレでしたね
ハイパーインフレになる前にいくらかの段階があると思うんです。
インフレになるような対策だけですぐにハイパーインフレになるのは早いと思うんです。
20年間のデフレの需要不足を直すのは国民だけではできません。
需要を出すような政策、つまり1人でも多くの国民に安定的な仕事を与えるのが政府の仕事です。
国債を発行して震災復興とかリニアとか軌道エレベーターとか
多くの人とモノが動く大型公共事業が必要です。
そしてバブルになりそうになったら増税して国債返済したらいいんです。

Posted by 里香ママ at 2012年03月01日 19:28
中国・韓国・ロシアが日本を買いたたく事になっているけど

中国:世界の工場だが世界が不景気なので金がない
韓国:絶賛ウォン安中なので金がない
ロシア:資源はあるが、EUが不景気なので・・・

買い叩くとすれば、海外ハゲタカファンドでしょうか?



日本の歴史の自虐があるとすれば
日本の経済の自虐もあると思います。

毎年「日本経済はだめだ。円はだめだ。海外に資産を移すべきだ。」といった本を出す
藤巻とかいう元海外証券会社の人がいます。
いつも本屋で平積みになってるので影響されてる人も多いと思いますが
正直中身は株屋のポジショントークとしか思えません。

日本人の資産を集めるために日本経済を悪く書いているのです。
「日本はハイパーインフレになる」そればかり書いている本でした


*「デフレ対策をするとハイパーインフレになる」といって適切に処理せず放置して得する者
→日本から資産を引き出すために経済の自虐を広める(ハガタカ)
→増税のために自虐を広める(財務省)
→デフレが続けば日本の生産設備が移転してくる(中国・韓国)
→できるだけドル安にし、日本に農産物を売り込む(アメリカ)

→これらに乗せられるマスコミ

デフレで毎年3万人も自殺者が出るんです。このままでいいわけありません。
Posted by 里香ママ at 2012年03月01日 19:31

>里香ママさん。

お返事が遅くなってすみません。

>今の日本はデフレで円高なんです。ハイパーインフレになりません。
>その手前で絶対止まります。

↑ こう言いきれる根拠はあるのでしょうか?
誰がどうやって加速したインフレーションを止めるのですか?


>えいとさんが考える最貧国ってどこですか?

う〜ん、どこでしょうねぇ。
購買力平価 (PPP) ベースのGDPで考えた時に、今の日本は約44000億USドルです。(IMFの資料より)
最貧国となると100〜200億ドルのレベルにまでいくでしょうが、
日本がそこまでの最貧国になることはまずはないでしょう。
ちなみに 里香ママさんが上げられているバングラディシュは2580億ドルです。


>20年間のデフレの需要不足を直すのは国民だけではできません。
>需要を出すような政策、つまり1人でも多くの国民に安定的な仕事を与えるのが政府の仕事です。

これ ↑ は同感です。
個人の力では限界がありますし、個人の消費だけで景気を戻すことは不可能です。
国が動かないとどうしようもない部分はたくさんあると思います。

ただね、その方法がなぜ円を大量に刷ることなのか…ということなんですよ。
それが解決策だと本気で考えられているのですか?
それってマルクス経済そのものですよ。
今の時代に、マルクス経済を適応させるのは大間違いです。

円や国債を大量に刷ってインフレにすることは大変危険なことなのです。
バブル時代のインフレーションは、今の状況とはまったく違います。
あの頃は、物がよく売れました。欲しいと思うものがたくさんあった時代です。
それでどんどん物価が上昇していったのです。
今は違います。
物が売れなくなっています。
物が売れない状況で,自然なインフレではなく意図的にインフレーションにして、
その結果、どういうことが起こるのかを想像できないのだとしたら…。
おめでたいとしか言いようがないですよ。

物が売れない状況で物価だけが上昇する。
当然、個人の給料は上がりません。
インフレのせいで、個人の資産(土地や家屋、預貯金、生命保険など)の価値がどんどん下落します。
その結果どうなるでしょうね?
私は今よりもずっと自殺者が増えると思いますよ。


私は日本には底力があると信じています。
だからこそ、TPPに参加して可能性を増やすべきであると思っています。
こういう時だからチャンスなんです。
今のままでは日本経済は閉塞します。
何をやっても今とそんなに状況は変わりません。
今のまま放置しておくと かえって悪くなるでしょう。
TPP参加に反対されている方の多くは TPPで日本が喰われる、アメリカに潰されると怖がっておられますが、
私は日本の底力を信じています。
日本の企業、農業はそんなやわじゃない、そう思っています。

TPPに反対して日本の可能性を潰し、円や国債を大量に刷ってインフレにすればいい…と考える似非経済学評論家たちは、
日本を壊そうとしか思っていないのではないか…とそんな風にさえ感じます。


Posted by えいと@ at 2012年03月02日 01:23
たびたびの長文すいません。
>ただね、その方法がなぜ円を大量に刷ることなのか…ということなんですよ。
>それが解決策だと本気で考えられているのですか?


世界中でやってると思います。アメリカでもQE2(国債買い取ってドルを刷る)やったでしょ。
アメリカでは今、インフレが加速してハイパーインフレになってますか?



>だからこそ、TPPに参加して可能性を増やすべきであると思っています。
>こういう時だからチャンスなんです。

TPPに参加してチャンスをつかめるのは
大企業の経営者とかじゃないでしょうか?
後進国の労働者を使ってしまい先進国の労働者はわりをくうんじゃないですか?
高級品は景気が良い時にしか売れないので、不安定になりますよ
アメリカでもTPP反対運動ってあるでしょ
国内の厚い中間層の需要(国内である程度競争して強くなった商品を世界に売る)で経済をも回している
日本とアメリカには不向きだと思うんですが



Posted by 里香ママ at 2012年03月05日 19:57

>里香ママさん。

>アメリカでは今、インフレが加速してハイパーインフレになってますか?

FRBはバカではありませんからね。
ハイパーインフレにならないようにコントロールしていますよ。
しかし、確実にインフレになってきています。
住んでる人間は感じていますよ。いろんな物がけっこうなスピードで値上がっている事を実感しています。
しかし給料は上がる傾向はないですし,不景気は継続しています。

日銀は金融緩和したからといって急激にインフレにしようとは考えてはいません。
ちまたのエセ経済評論家がいくら「円を刷れー国債を発行しろー」と叫んだところで、
急激なインフレ政策をとることはないでしょう。日銀もバカじゃないので。


>TPPに参加してチャンスをつかめるのは大企業の経営者とかじゃないでしょうか?

そんな風にお考えの方がTPPに反対しているのでしょうね。
大企業だけにチャンスがあるのではないですよ。
チャンスは中小企業でも、零細企業にもあるんです。
TPPに加盟するといろんな部分で変わる事があります。
それがイヤな人は反対するでしょうね。既得権益を守りたい人も大反対でしょう。

それに大企業が儲かる事を毛嫌いする方がTPP反対派の方には多いですけど、
大企業が儲からなくては日本の国の富はないですよ。
大企業がちゃんと儲けてこそ従業員はお給料をもらえるのです。
下請けの中小、零細企業にも仕事が回って来るのです。
経済は回り回っている…ってことをお考えにならないのかと思いますね。

>後進国の労働者を使ってしまい先進国の労働者はわりをくうんじゃないですか?

これは大きな間違いです。
TPP反対派の方は、安い労働者が大量に入ってくると勘違いしています。
TPPに参加したからといって、安い労働者が日本に制限なく入って来ることはありません。
そんなことしたら国境が必要でなくなるではありませんか。
人を自由化する、というのは国境をなくしてしまう事ではありません。

TPPはこの記事のテーマではないのでこのへんにしていきますが、
TPP反対派の意見を聞いていると、何だか「日本だけが食い物にされる」かのように言われています。
どの国もメリット、デメリットを抱えているんですよ。
で、メリットとデメリットのどちらにウェイトがあるのかを考えた時に デメリットよりもメリットの方が大きいと判断しているんです。
でないと参加国が増えるはずがありません。
どの国も、今のことだけじゃなく、将来的なことを見据えて参加を決定しているんです。
日本も将来を見すえて考えるべきです。
どの国との協定を結べばいいのかをしっかり考えないといけないんです。
今、わぁわぁ騒いでいる人達は…はっきりいって現在の事しか考えていないように感じます。


今、多くのネットユーザーに支持されている エセ経済評論家達は、保守の皮をかぶった社会主義者です。
言っている内容はケインズ(とどのつまりはマルクス)経済そのものです。
そういう人たちの言う事にコロリと騙されないで欲しい。
わからないまま妄信しないで欲しい。もっといろんな人の意見を聞いて欲しい。耳を傾けて欲しい。
そう願っています。。。


Posted by えいと@ at 2012年03月06日 11:28
続き

ハイパーインフレーションの定義 年率1万3000%

戦後の焼け野原の日本が360% 

今の日本がハイパーインフレーションになるには
戦争以上のよっぽどの事がないとないと思うんです
だからハイパーインフレにはならないと言えます



「デフレ対策の為にインフレ化させるとインフレが加速してハイパーインフレになる」
何がどのように加速するかわかりません
長期のデフレによって生じた問題が解決してゆくはずなのに
なにがインフレを加速するんでしょう?
そしてハイパーインフレに行き着くんでしょう?


インフレ化させる
 需要>供給 
 まず需要を生み出さなければいけません。
 モノがない状態にさせるのではなくて
 モノが必要な状態にする→国が公共事業をする
 仕事があったら、その仕事に使う商品を買う
 公共事業が大きくて海外でも前例がないような事なら
 外国に売りに行けるでしょ そしたらさらに需要が生まれるでしょ
 

これをどうしたらインフレが加速して国民が貧乏になるかわかりません。
景気が良くなった時点で服を着替えるように
やり方を変えたらいいだけでしょ
Posted by 里香ママ at 2012年03月06日 12:02

>里香ママ さん。

>需要>供給 まず需要を生み出さなければいけません。
>モノがない状態にさせるのではなくてモノが必要な状態にする

このことがおわかりなのに、その対策がなぜインフレなのでしょうか。


>モノがない状態にさせるのではなくてモノが必要な状態にする→国が公共事業をする

意味のないハコモノを造る公共事業は論外ですが、
震災の復興に関連する公共事業や、日本の利便性を整える公共事業は必要であると私も思っていますよ。
そのための国債発行は必要です。

民主党政権になってからは「コンクリートから人へ」などというスローガンで公共事業が極端に減らされてしまいましたが、
それ以前の自民党政権下では公共事業は行われていましたよ。
そのための国債発行も行われていました。

ここではそのこと(普通の国債発行)を言っているのではありません。
「デフレだから円をどんどん刷れ〜国債をじゃんじゃん発行しろ〜インフレにすれば全てが解決する〜」
これ ↑ が問題であると申し上げているのです。


>仕事があったら、その仕事に使う商品を買う
>公共事業が大きくて海外でも前例がないような事なら外国に売りに行けるでしょ そしたらさらに需要が生まれるでしょ
>景気が良くなった時点で服を着替えるようにやり方を変えたらいいだけでしょ

そう物事が簡単にいけば不景気になどならないんですよ。
自民党時代には公共工事がけっこう行われていました。それでも景気は回復しなかったんです。
だから国民は民主党を選んだのでしょう?
「コンクリートはダメだ!」っていう民主党の主張に多くの人が賛同したのではありませんか。
つまり公共事業だけでは景気が回復しないと判断したのです。国民自身が。

景気というものはムードが大きく関与します。
インフレに傾くと その時のムードはどんどんインフレに拍車をかけます。
そして突然にそれが崩壊するんです。
1987年にアメリカで起こったブラックマンデーも、1990年頃に日本で起こったバブル崩壊も、
それまでの好景気が一転して不景気になっていきました。
雪崩が起こるようにバブル景気は崩れていったのです。
予想できたとしても誰も止めることが出来なかったのですよ。
服を着替えるように 政策を変えても無理で、ヘタすりゃ最悪な状態に陥ってしまうのです。
景気というものはそういうものなんですよ。

>どうしたらインフレが加速して国民が貧乏になるかわかりません。

この記事の里香ママさん以外の方へのコメントのお返事も読んでください。
そして前記事と,そのコメント欄も。
 http://eight-americann.seesaa.net/article/252333346.html
いっぱい書いています。
それでもおわかりいただけないのでしたら仕方がないですね。
インフレ=好景気だと信じている方には どれだけ説明しても理解していただくことはできないのかもしれませんね。

Posted by えいと@ at 2012年03月07日 04:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。