2012年01月27日

天皇と日本のパスポートと不平等


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



皆さまは海外旅行をされたことがありますか?


海外旅行や 仕事、留学等で外国に住む場合には 必ずパスポートが必要です。


パスポートを使って外国に出かけた時に「日本のパスポートってすごい」って思われた事はありませんか?


私はあるんです。


まだユーロになる以前のヨーロッパに旅行に行った時のこと。


陸続きの国境を越えるとき、日本のパスポートを持った私たちはほとんどフリーパスだったのです。


パスポートの表紙の部分を見せるだけで、中を確認される事なく通過できたのですね。


それに対して他の国の人は、一人7〜10分くらいかけて調べられていたんです。


中にはなかなか通過できなくて 子供がぐずって泣き出したり…という場面も見ました。


若かった私は、その頃は日本のパスポートがすごい力を持っていることなど知らなかったので、


ただびっくりして、ホントにこのまま通過しちゃっていいの?…って思ったのでした。



こちらのブロガーの方 ↓ が日本のパスポートの秘密という記事を書かれていたのでご紹介します。
  くれば の ひとり語り「日本のパスポートの秘密」

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

皆さんは
日本のパスポートの表紙に、
何が刻まれているかご存知ですか?


 A-PASUP2012.jpg

パスポートの表紙は日の丸ではなく 十六菊。
これは、御皇室の紋章です。


海外で
日本人一人一人の身元を保証し護って下さっているのは
天皇陛下です。


上記からわかる通り、
日本の国体は天皇陛下です。
2672年、変わらず続いてきました。

国体。
国体とは、その国の基礎的な政治の原則を指し、
日本語の文脈で使用される際には「天皇を中心とした秩序」を意味する語となっている
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E4%BD%93

実はこれ、とてつもないことなんです。

世界を見渡せば
過去から今にわたり
沢山の王朝や権力者が姿を消してきました。


*********************

フランス革命(1789年 - 1794年)
アメリカ独立戦争(1775年 - 1783年)
ハイチ革命(1791年 - 1804年)
フランス7月革命(1830年) 
1848年革命(フランス、ドイツ、オーストリア)
ロシア革命(1905年)
メキシコ革命(1911年 - 1920年)
ロシア革命(1917年)
ドイツ革命(1918年 - 1919年)
トルコ革命(1922年 - 1923年)
国共内戦 (1945年 - 1949年、中国)
キューバ革命(1959年)
4・19学生革命(1960年、韓国)
文化大革命(1966年 - 1979年、中国
イラン革命(1979年)
ポーランド民主化運動
ハンガリー民主化運動
ビロード革命(チェコスロバキア)
ルーマニア革命 (1989年)


*********************

しかし
日本は王朝交代がまったく無く
「変わらず」2672年続くとてつもない国なのです。


天下統一を目指した戦国武将でさえもその刃を
国体に向けることはありませんでした。
壊してしまえば、
「変わらない」ものが「変わって」しまうことを知っていたのではないでしょうか。

日本のパスポートは、
査証取得免除で訪問できる国が多いです

理由は 日本 だから。

「理由は日本だから」
>日本人の身元保証人が天皇陛下であられること、
>祖先達が築きあげた信用という名の貯金があること。


「理由 日本だから」
これは、当たり前のことではありません。

2671年、変わらない」ものが「変わって」しまえば
日本が日本としての体(てい)を成さなくなれば
「理由 日本だから」は成立しなくなるでしょう。


だからこそ
反日国家は日本の国体を煙たがり排除しようとし
戦後の占領下で、
日本の国体を「天皇制」などと位置づけたのでしょう。
(制度にしてしまえば廃止が可能)

だからこそ
日教組という反日思想の人間がはびこる日本の教育現場では
上記に記載したような内容を一切日本人には与えないのでしょう。

与えれば、
日本人として誇りを持ち
2672年の間、日本を守り保った日本人と同じように
守ろうとするから。
続かせようとするから。


         〜〜〜転載ここまで〜〜〜


私たちが安心して生活できるのは 日本が平和であるからです。


私たちが安心して外国に旅行したり 暮らせるのは、日本という国が信頼されているからです。


その日本をずっと平穏であるようにお祈りをしてくださっているのは天皇陛下なのです。


その天皇陛下を、皇室を壊そうとする勢力があります。


反日感情を持つ国の人間であれば、


日本の国体を弱める目的で皇室を破壊しようと目論む勢力があるのはわかります。腹立たしい事ですけど。。。


しかし。


日本人であるのに、日本のパスポートを持ち天皇に守られながら日本と外国を行き来しているのに、


なぜ日本に天皇はいらないなどと考えるのでしょう。



過去記事で このようなコメント ↓ をいただきました。

天皇制を廃止すべきだと私は思います。
天皇・皇族だって同じ人間なのに、公務を担うというレールがしかれ、
自分の考えを自由に述べる権利、職業選択の自由、プライバシー、海外に移住する自由など、国民が当たり前にもっている自由もなく、
また、病気の治療を終えて間もないときでも公の場に出れば容赦なくキャーキャー騒がれてしまいます。

特に、跡継ぎの皇太子をはじめ天皇から近い皇子は意思による皇室離脱ができないので、一生選挙権も被選挙権もないまま生きていかなければならないというわけですから、かわいそうです。

戦前まであった華族・士族も廃止されたんだから、皇室も廃止でいいんじゃないでしょうか。
日本もアメリカとか韓国とか台湾みたいな国民が大統領を選ぶ共和国になるべきだと思います。

もちろんイギリスの王制にも反対です。『英国王のスピーチ』のジョージ6世は本人はイヤだったのに国王になったという世襲制では避けられない運命になったので、かわいそう、こんな制度早く撤廃されてほしいと思いました。



このコメントをくださった方は天皇の存在は不平等なことであるという考えをお持ちのようです。


この方がどういう経過でそのように思われているのかは知りませんし、


世の中にはいろんな考え方があるので、こういった意見を否定しようとは思いません。


でも、こういう意見を言われる方は日本にとって天皇陛下の存在がどれほどの国益になっているのか、


日本人にとって、どれだけの心の支えになっているのかをご存知なのか…?と疑問に思います。


「天皇は日本にはいらない」と言われる方々は、


天皇陛下の存在の意味、日本にとって、世界にとって天皇陛下がどのような存在であるのかを理解しておられない場合が多いのです。


あるいは日本人でない方(または帰化をした日本人の方)で、反日感情を持たれている方は「皇室を廃止すべき」と強く思っておられるようです。


>天皇・皇族だって同じ人間なのに、


そうですね。


人間はすべて平等という観点で言えば、皇室の存在はけっして平等ではないでしょう。


皇室の中には「普通の人間として生きたい」と思われている方もおられるかもしれません。


だけど、皇室に限らず 一般の人間が自由,平等であるといえるのでしょうか…?


どの国に生まれたのか、どの地域に、どの家に生まれたかで 人生はあらかた決まっているということもあるのです。


決して自由で平等なんてことはないでしょう。


そして人にはすべて役割があると私は思っています。


どんな人間にも役割があるのです。


その国、その地域、その家らしさを保つためには、自分の我を主張し自分のためにだけ生きることのみを考えるのではなく、


その国、その地域、その家のために、自分はどのように生きるべきなのか、どういう役割を果たせばいいのか、


そういうことを考えることは大切なことではないでしょうか…?


どんな人でも誰かに助けられ、そして自分自身の存在も誰かのためになっている…ということなのです。


天皇陛下は日本人にとって「心の支え」になる…という役割があると思います。


「別に支えになんてないっていない」と思われている方もおられるかもしれませんが、


多くの日本人は支えに思っているのです。


東北の大震災の天皇・皇后両陛下の被災地ご訪問が、どんなに被災者の方々の励みになったか…。


天皇・皇后両陛下だからこそ 被災者の方々は ご訪問を喜び 励まされたのです。


菅直人元総理(当時は総理大臣)が被災地に行っても、国民はちっとも喜ばなかったではありませんか…?


日本にとって天皇がどれだけ重要な存在であるのか…。


天皇陛下の外交が 日本にとってどれほどの国益になっていることか…。


2672年も続いている皇室を「不平等だから」となくしてしまっていいのかどうか…。


「皇室の廃止」を叫ばれる方は、天皇を心の支えにしている多くの国民の心を踏みにじることをしているのだ
ということ、


一度壊してしまえば 二度と元には戻らないものだということ、


皇室の歴史を今一度、しっかり振り返り、考えて欲しいと思います。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 14:56| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たかじんの番組にでてきたタイ人が中国の最終的な目的はタイの王室をつぶすこととおっしゃっていました。
日本にもそういう人達がいるようですが理解できません。
以前一緒のツアーの人が本人がおっしゃるにはパスポートを落とされたのですが、その時の状況を聞くと赤い国の人に取られたとしか考えられませんでした。また南米人の親子のパスポートをチェックするときには他の係官もでてきてみんなで虫眼鏡で見ていました。
先人がこれまで築いてきた信用を汚すようなことはできないと思います。
日本海を東海表記に7対8 1票差。次はもっと必死になるでしょうから、いつか、、、と思うと私気分が悪くなりました。
それからキムチ、韓国ではキムチの中からねずみの頭がでてきているし、スナック菓子の中からもでてきているのに
食べ物までゴリ押ししないでと言いたくなります。
世界で高い評価を得ている和食が一番です。
Posted by さくら at 2012年01月27日 19:19
アロハ〜!
パスポートの菊の語紋章、確かに〜!
深く考えたことなかったです!
日本のパスポートの威力は、色々なところで耳にしますが、本当にすごいことですよね。
日本人に生まれて、良かったと思うことのひとつです。
天皇制という言葉に、そういう裏があったとは、それも知りませんでした。
天皇の存在は、国民の平等に反するですか。。
天皇のような、国民の心の支えを持たない国の方が、嫉妬で言うような理論ですね。
日本国民として生を受け、日本人としての誇りを持っていたら、自然に天皇皇后両陛下に尊敬の気持ちを持ちます。
存在に、一切疑問を持ちません。

Posted by モリオリママ at 2012年01月27日 20:03
ここに来られる方には「釈迦に説法」かも知れませんが、何度も海外に出られる方は日本のパスポートは貴重ですね。
私の息子が今より若いとき、日本のパスポートの威力と言うか、まあそんな理由で日本のパスポートを欲しがってました。子供達はアメリカのパスポートで、私だけが日本のパスポートです。ノービザで行ける国も多いですから、それだけでもよくやってきたなと想います。
私が始めて国外に出た1970年のパスポートは確か、東ドイツと北朝鮮だけが国交のない国であったと想います。
このパスポートの話題は日韓の間でもお互いが張合う話題ですね。

それと菊の御紋も深く考えていませんでしたが、天皇家の紋章ですから、別な言い方をすれば「この印籠が目に入らぬか・・」に通ずるものでもありますね。
有史以来天皇制(王朝)は変わらぬままですから、信じられないことです。

話しはずれますが、社会党の村山氏が総理になったとき、社会党は自衛隊を認めない党であったわけですが、総理は自衛隊の最高指揮官なんですね。そう言った認識も無く、観閲式で祝辞を述べなければならない立場でもあったわけです。天皇制に異論唱える人が海外で活躍するのにこのパスポートを使うわけです。 このパスポートにしても天皇制が大きく拘っているわけで、私達の意識の枠を越えた所で天皇制の重大な意味が含まれているんだなと実感しますね。

人間は現状を単純に判断して語ることがほとんどですが、やはりそこには表には出ない空気の様な存在ですかね、無いと死んでしまうが、普段意識しないものがあるんです。それは歴史が長いとそれだけ目に触れなくなっているのかも知れません。


Posted by 夢見る親父 at 2012年01月28日 00:42
ちょいとこれから出掛けるんで簡単コメになってしまいますが・・・。

パスポートについて、今まで考えた事がなかったです。
確かに日本人だから・・・信用される事ってありますね。

天皇制度廃止?
考えられない事。
それこそ終戦の際、誰がその一切の背金を負ったのでしょう?
ラジオで天皇陛下からの降伏と終戦のお話を聞いて、国民は悔しい気持はあったでしょうが、天皇陛下からのお言葉だったからこそ、心穏やかになったんじゃないかと思います。

反天皇を唱える方々は日本人としての誇りがないんじゃないでしょうかね。
Posted by ree at 2012年01月28日 01:30

>さくらさん。

>たかじんの番組にでてきたタイ人が中国の最終的な目的はタイの王室をつぶすこととおっしゃっていました。

言われてましたね〜。動画で見ましたよ!
ネパールの王制が2007年に廃止され、タイの王室も狙われていると聞きます。
そして、最終的には日本の皇室にも魔の手が及ぶのでしょう…。

>日本にもそういう人達がいるようですが理解できません。

そうなんです。
中国人や韓国・朝鮮人は反日ですし、日本の皇室の存在を疎ましく思っている人は多いでしょう。
しょせん外国人には日本の文化、伝統など理解ができないのでしょう。
しかし、日本国籍を持つ日本人が、なぜ日本の皇室はなくなったほうがいいと考えるのか…。
私も理解不能です。

>南米人の親子のパスポートをチェックするときには他の係官もでてきてみんなで虫眼鏡で見ていました。

ですよね?
日本のパスポートは、日本人自身が驚くほどフリーパスなんです。
日本の祖先の功績でしょうね。ありがたいことです。

>日本海を東海表記に7対8 1票差。次はもっと必死になるでしょうから、いつか、、、と思うと私気分が悪くなりました。

今回はかろうじて否決されましたけど、油断は禁物です。
これで諦めるような事は絶対にないですから。
アメリカにとどまらず、世界中でロビー活動していますからね。
今までは無視で良かったかもしれませんが、もう黙っていてはいけないとおもいます。

>韓国ではキムチの中からねずみの頭がでてきているし、スナック菓子の中からもでてきているのに食べ物までゴリ押ししないでと言いたくなります。

えっ! ネズミの頭! なにそれ!
信じられない。。。
もう韓国のものを輸入するの、やめようよーって言いたくなりますね。
皆が買わなければいいのです。
売れなければ輸入も意味がなくなりますから。

>世界で高い評価を得ている和食が一番です。

そうですね。
和食が一番ですね。胃にやさしいしヘルシーで健康にいいし。
和食を食べましょう!

Posted by えいと@ at 2012年01月28日 13:17

>モリオリママさん。

>パスポートの菊の語紋章、確かに〜! 深く考えたことなかったです!

ですよねー?
私も菊の御紋ってのは知ってましたけど、天皇陛下の御紋っていうところまで考えた事は無かったんですよー。
すごいことですよね?
私たち、常に天皇陛下に守られているのですね〜。

>日本のパスポートの威力は、色々なところで耳にしますが、本当にすごいことですよね。日本人に生まれて、良かったと思うことのひとつです。

私もそう感じます。
ヨーロッパに旅行した際のあの驚き!
これほどに日本のパスポートに威力があるとは、知りませんでしたから…。

>天皇制という言葉に、そういう裏があったとは、それも知りませんでした。

そうなんです。天皇制…っていうのは,左翼が作った言葉なんです。
皇室の存在は制度ではないのです。
制度とすることで,簡単に内容を変更できたり、また壊す事さえも可能になるんですね。だから左翼が好んで使う言葉なんです。
日本の皇室は制度ではなく、伝統なのです。

>天皇の存在は、国民の平等に反するですか。。
>天皇のような、国民の心の支えを持たない国の方が、嫉妬で言うような理論ですね。

ですよね…。
平等という意味では、皇室の存在は確かに平等ではないですけど、
何でもかんでも平等でいいのか、平等っていったい何なのか…?
皆が同じ生活をするのが平等?
人間の役割も何もかも無視で、頑張った人もそうでない人も同じ=平等。
そんなのつまんないですよね。

>日本国民として生を受け、日本人としての誇りを持っていたら、自然に天皇皇后両陛下に尊敬の気持ちを持ちます。存在に、一切疑問を持ちません。

同感です。
日本人全体で、そういう雰囲気にしていきたいですね。
天皇陛下がいてくださるから日本は安泰なのだと。
世界に誇れる天皇と言う存在がいてくださる日本に生まれて良かったと、そう思える事が幸せな気持ちになる事につながるのに…って思います。

Posted by えいと@ at 2012年01月28日 13:30
パスポートの話は先日の台湾のガイドさんに教えてもらいました
外国人が一番欲しがるのが日本のパスポート
ほとんどの国への出入国が可能だからだそうです
絶対になくさないで下さい
狙われていますよと何度も注意されました
ただ天皇陛下の御紋だとは知りませんでした
Posted by E at 2012年01月28日 18:17
おはようございます
今回アメリカのパスポートを手にして なにやら 軽いイメージをもちましたが そうか 日本のは こうして 紋章いりでしたね

>日本の国体を「天皇制」などと位置づけたのでしょう。
(制度にしてしまえば廃止が可能)


そういう事なのですね 知りませんでした。

日本の皇室の存在は世界でも大きく認められていますよね
一般には見えない力で 私たちが守られていることを知ることですね




Posted by はちきんイジー at 2012年01月28日 23:40

>夢見る親父さん。

>何度も海外に出られる方は日本のパスポートは貴重ですね。
>私が始めて国外に出た1970年のパスポートは確か、東ドイツと北朝鮮だけが国交のない国であったと想います。

私の今までの外国旅行でビザが必要だったのは、エジプト(これはきっとエジプトの儲けのためでしょう。現地の空港で切手のようなビザを購入したら即入国できました 笑)
他はインドネシアも必要でしたね。
中東やアフリカ、社会主義国はビザが必要のようですが、
だいたいの民主国家はノービザでOKですから 旅行する際は本当にありがたいです。

>このパスポートの話題は日韓の間でもお互いが張合う話題ですね。

えっ! 張り合ってるんですか?
いったい何を張り合うのでしょうね。(苦笑)
だって…! 韓国のパスポートは信用ないですよ。偽造がとても多いそうですし。
張り合う意味が分かりません。

以前住んでたBUFはカナダとの国境の街で、しょっちゅうアメリカとカナダを往復していたのですが、
私たちはほとんど簡単な質問だけ通過できることが多かったですけど、
韓国人は よく別室に呼ばれるって聞くし、細かく取り調べされることが多いみたいですよ。

>それと菊の御紋も深く考えていませんでしたが、天皇家の紋章ですから、別な言い方をすれば「この印籠が目に入らぬか・・」に通ずるものでもありますね。

ホント、そうですね。
この菊の御紋が信用の源になっているんですもんね。すごいことです。

>話しはずれますが、社会党の村山氏が総理になったとき、社会党は自衛隊を認めない党であったわけですが、総理は自衛隊の最高指揮官なんですね。そう言った認識も無く、観閲式で祝辞を述べなければならない立場でもあったわけです。

そうなのです。
自衛隊は違憲だとする社会党の党首が総理になって、その結果、社会党は分裂しましたね。
17年前の阪神淡路大震災で 救助するために自衛隊を向かわせるその指示を、当時の村山総理はなかなか決断できませんでした。
その結果、亡くならなくても良かった命がたくさんあったのです。
イデオロギーで政治をやって欲しくない!
そう思いますね…。

>天皇制に異論唱える人が海外で活躍するのにこのパスポートを使うわけです。 このパスポートにしても天皇制が大きく拘っているわけで、私達の意識の枠を越えた所で天皇制の重大な意味が含まれているんだなと実感しますね。

夢見る親父さん。
天皇制、という言葉は左翼が作り出した言葉なんです。
制度にしてしまえば変更もできるし、壊す事だってできますから。
日本の王朝は制度ではなく伝統です。
私も、その事に気がつくまでは「天皇制」という言葉を使っていました。
今は使いません。

日本という国が不安定になってしまったら、きっと国民の生活は崩れます。
今が平和だから、その事に気がつかない人が多いのです。
天皇の存在がどんなに日本の国の国益になっているか、日本の国の安定につながっているのか、なかなか自覚する事は難しいでしょうが、
こうやってちょっとずつ知る事で認識できたらいいな…と思っています。


Posted by えいと@ at 2012年01月29日 05:22

>reeさん。

>パスポートについて、今まで考えた事がなかったです。確かに日本人だから・・・信用される事ってありますね。

日本ほど信用の高い国ってないんですよ。
これ、本当なんです。
先人の努力、そして天皇陛下の存在が いかに大きいか…ということでしょうね。

>天皇制度廃止? 考えられない事。
>それこそ終戦の際、誰がその一切の背金を負ったのでしょう?

考えられませんよね。
昭和天皇は戦争犯罪者だなんて言う人がいますけど、
開戦に最後まで反対されたのは昭和天皇です。
そして、終戦時も、陸軍と海軍が互いに責任の押し付けあいでもめて なかなか終戦の決断がされなかったところ、
昭和天皇が、このままでは日本の国全体に戦火が及ぶと判断され、
終戦の命令をくだされたのです。

そして、マッカーサーとの対談で陛下は、
「我が身はどうなってもよいが、国民が飢えることのないように その配慮をお願いしたい」と言われ、天皇家の債権(有価証券)を差し出されたのです。
自分は死刑になってもいいが どうか国民を救ってくれとお願いされたのですよ…。
こんな元首、どこの国にもいません。
マッカーサーは はじめは日本の皇室を潰す事を考えていたのですが、
陛下と対談され、気持ちが変化したと言われています。

>ラジオで天皇陛下からの降伏と終戦のお話を聞いて、国民は悔しい気持はあったでしょうが、天皇陛下からのお言葉だったからこそ、心穏やかになったんじゃないかと思います。

私もそう思います。
そして、昭和天皇は 敗戦後の昭和21年2月〜29年8月まで全国の各都道府県を巡幸されました。
陛下のお姿を見て、国民はどんなに感激した事でしょう。
戦後の奇跡の復興は、天皇陛下のお力があったからだろうと、私は思っています。

>反天皇を唱える方々は日本人としての誇りがないんじゃないでしょうかね。

日本人でありながら「反天皇」を唱える人は、
天皇陛下の事を知らないのだと思います。
いったい何をされているのか、天皇陛下の存在の意味がなんにもわかっていないのでしょう。
日本人でいられる事の幸せ、誇り。
これを感じる事ができない日本人はかわいそうですね。。。

Posted by えいと@ at 2012年01月29日 05:44

>E店長さん。

>パスポートの話は先日の台湾のガイドさんに教えてもらいました
>外国人が一番欲しがるのが日本のパスポート ほとんどの国への出入国が可能だからだそうです 絶対になくさないで下さい 狙われていますよと何度も注意されました

いいガイドさんでしたね。
きちんとそういう事を教えてくださったのですね。
そうなのです。狙われているのです。
日本のパスポートは世界一信用度が高いのです。

>天皇陛下の御紋だとは知りませんでした

実は、私も今まで意識した事が無かったんです。
くればさん(紹介したブロガーさん)の記事を読んで、あぁそうだったのか…と思ったのです。

私たち日本人は旅行する際にも、天皇陛下にお守りしていただいているのですね。
世界で日本の天皇陛下の評価がとても高いという事が、私たち国民も信用につながっているのです。
ありがたいことですね…。

Posted by えいと@ at 2012年01月29日 05:52

>はちきんイジーさん。

>今回アメリカのパスポートを手にして なにやら 軽いイメージをもちましたが 

軽いんですか〜。(笑)
アメリカのパスポートの表紙はハクトウ鷲ですよね? 確か?

>そうか 日本のは こうして 紋章いりでしたね

そうなんです。
天皇陛下の御紋がついているんですねー。

>日本の国体を「天皇制」などと位置づけたのでしょう。
(制度にしてしまえば廃止が可能)
>そういう事なのですね 知りませんでした。

「天皇制」という言葉にそういう意味が含まれていたのです。
驚くとともに,なんと左翼はしたたかなのか…と思います。

>日本の皇室の存在は世界でも大きく認められていますよね 一般には見えない力で 私たちが守られていることを知ることですね

そうですね。
世界がどう評価しているか、日本人は意外に知りません。
知ると、反天皇の気持ちなど持てないはずです。
知らないってことは…罪な事ですね。


Posted by えいと@ at 2012年01月29日 05:56
本当に考えてみると、日本は奥深いくにですね。
全く天皇制は、制度ではないですね。言われて気付きました。日本の歴史そのモノですからね。

それと日韓のパスポート談義は、えいと@さんが言っている内容のことです。要は世界はパスポートとその背景ある国民性を見ているんですよと言ったお話です。
韓国のパスポートは偽造が多くて、イミグレーションでちょっとした言語テストをさせられる様な話を聞いたことがありますね。

>韓国人は よく別室に呼ばれるって聞くし、細かく取り調べされることが多いみたいですよ。

多分、このことなんでしょうね。
Posted by 夢見る親父 at 2012年01月29日 13:24

>夢見る親父さん。

>全く天皇制は、制度ではないですね。言われて気付きました。日本の歴史そのモノですからね。

偉そうにすみません。。。
私自身も、かつては「天皇制」って言ってたんです。
でも、制度じゃないよって 夫に言われ、ネットでも同じように書かれていて…。
あぁそうなんだって思いました。

>日韓のパスポート談義は、えいと@さんが言っている内容のことです。
>要は世界はパスポートとその背景ある国民性を見ているんですよと言ったお話です。

なるほど、そうでしたか。
私はまた、韓国人が「韓国のパスポートの方が日本のよりも信頼がある」って言っているのかと思いました。(笑)
この件に関しては、さすがの韓国人も「日本のパスポートは信用がある」と認めているのでしょうね。(笑)


Posted by えいと@ at 2012年01月30日 00:55
外国に暮らしていると、「日本のパスポートって価値があるな〜」と改めて思わされますよね〜。
いろいろなところでビザが免除されたりとか、他の国と比べて優遇されているなと感じることがありますし。

菊の御紋のお話はとっても勉強になりました!
今の今まで気が付きませんでしたが、確かに日の丸じゃないですね!
こういったことを学校で教えてくれればいいのになあ。。。
Posted by おえし at 2012年01月31日 12:46

>おえしさん。

>外国に暮らしていると、「日本のパスポートって価値があるな〜」と改めて思わされますよね〜。
>いろいろなところでビザが免除されたりとか、他の国と比べて優遇されているなと感じることがありますし。

ですよね〜。

私は、去年まで国境に隣接したバッファローに住んでいたので、何度もしょっちゅう国境を行き来していたわけですが、
ホントに日本のパスポートは信用度が高いのです。
これは毎度毎度、実感をしてまいりました。

>菊の御紋のお話はとっても勉強になりました!

でしょー?
私も言われてみてはじめて「ほんとだ〜」って気がつきましたよ。
菊の御紋だって事は知っていましたが、それが即、天皇陛下に結びつかなかったのですね〜。
こういう事を子供の頃に学校教育で教えるべきですよね?
教えられたら「なるほど〜私たちって陛下に守られてるんだ」って嬉しくなるじゃありませんか。

しかし…。
今の左傾化した学校教育では…といてい無理でしょうね…。
はぁ〜。(ため息)


Posted by えいと@ at 2012年02月01日 06:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。