2011年12月06日

12月8日は日米開戦の日〜凛として愛


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



あさっては12月8日、日米開戦の日です。


ここ数日、TVやネットニュースを見ておりますと、


12月8日は「日本が真珠湾攻撃を行ったことで 太平洋戦線が始まった」かのような扱いをなされていますが、


大東亜戦争は 真珠湾攻撃で始まったのではないのです。


日本が真珠湾を奇襲攻撃をしたことで戦争が始まった…と日本人が信じているのだとしたら…。


日本人は 歪められた歴史認識にどっぷりと浸かっているということなのでしょう。


歴史が歪められていることに気がついていない日本人はどれほど存在するのでしょうか…?



過去記事に書いたように、私の夫の叔父は桜花特攻作戦で戦死をいたしております。


えいと@夫は 若い頃から何度も靖国神社に参拝をしておりましたが、


私は2年前にはじめて靖国神社を参拝したのでありました。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
   靖国神社にて昇殿参拝を行う
   愛する人のために命を捧げること


そして今回の一時帰国を利用して、私は日米開戦の日の12月8日に靖国神社に行くことを決心いたしました。


あの時代の日本が、日本人がどんな気持ちで戦争に突入していったのか…。


靖国神社でしっかりと考えてこよう…!と思っています。



私は靖国神社に行く前に こちらの動画 ↓ を昨日、再度 観ることにしました。


何度観ても感動的です。


       凛として愛


 The Wartime History of Japan, 凛として愛 (英字幕版) 1/7(9分43秒)
 The Wartime History of Japan, 凛として愛 (英字幕版) 2/7(8分55秒)
 The Wartime History of Japan, 凛として愛 (英字幕版) 3/7(9分51秒)
 The Wartime History of Japan, 凛として愛 (英字幕版) 4/7(9分38秒)
 The Wartime History of Japan, 凛として愛 (英字幕版) 5/7(9分38秒)
 The Wartime History of Japan, 凛として愛 (英字幕版) 6/7(9分54秒)
 The Wartime History of Japan, 凛として愛 (英字幕版) 7/7(9分47秒)


以前もご紹介したこちらの動画 ↑ は日本が大東亜戦争に突入していった歴史の真実が語られています。


日本人であればぜひご覧になって欲しい、いや観るべき動画です。


まだご覧になられていない方は ぜひ! ご覧になってください。


英語の字幕付きですので、英語圏のご家族やお知り合いにも観てもらってくださいね。



戦争に行かれた方が動画の中でこんな風に語られています。↓

何としてもこの国の国土を守る。
国土を守ることは、親を守ること、郷里を守ること。
これに尽きる。



日本人は降伏することを知らない。
もうここで全員戦死だと覚悟を決めた。
私もその一人です。

その時に何と言ったか。
皆で「靖国神社で会おうぜ!」と言うたもんだ。
「靖国神社で会おう」と…!

靖国神社に代わる国営の戦没者墓地を造るなんて言っているが、
戦友たちが何と聞いただろうかと、涙が出る。


皆、靖国神社で会おうと誓い合って死んだ。
あの魂が日本の国を守っているんだ。
今でも…。



戦争経験者の方の 絞り出されるようなこの言葉…!


どんな思いで戦争を行い、どんな思いで死んで行かれたのか…。


何とも感じない 現代の日本人がまだまだ多いのだとしたら…。


こんなに無念なことはないでしょう…。


家族や友人と楽しい時間を持てること、おいしいものを食べ、おいしいお酒が飲める今の時代は、時の流れで自然にこうなったのではないのです。


六十数年前、日本はアメリカを始め世界百十数国を相手に大戦争をした。
しかし、その戦争は、国家国民の安全と平和を護るため、アジアの安定を築くため、世界の平和を請い願ったものであることに間違いなかった。

戦場に出ていった将兵は、みな、同じ考えであり、力の限り、彼らは戦った。
だが、こと志しと違い、戦いに敗れたことで日本の掲げた理想は実ることはなかった。

日本は敗れたままでいる。
平和を享受する現代日本から遠く離れた異国には、未だ収拾されない将兵の遺骨が山野に埋もれている。
いつになったら日本は、戦いに散った将兵を暖かく迎えてくれるのだろうか… 。
全国民が祈りを捧げてくれるのだろうか。

靖國神社に祀られる246万6千余柱の英霊は、未だ侵略戦争の汚名を着せられたままでいる。
かつて、南方の島々で戦った日本軍に援軍は来なかった。
ならば、今から援軍を送る。日本を変える援軍を送る。
あなた方の真実を、痛みを私たちは伝えていきます。



これ ↑ は「凛として愛」の ナレーションの一部です。


国のため、家族のために命をかけて戦ってくださった我々の先人が、


いまだに「侵略戦争を行った侵略者」としての汚名を着せられたまんまなのです。


日本は敗れたままの状態なんですね…。


今、多くの方が真実に気がつき始めています。


だけど、まだまだ気がついていない、自虐史観に陥ったまんまの日本人も多数存在するのです。


正しい歴史認識を持つことで 自国に誇りを持った日本国民を取り戻したい!


取り戻さなければ 日本は永久に敗戦国のままです。


私は12月8日に靖国参拝をする際に、


日本人が正しい歴史認識を持ち、自国に誇りを持って生きる時代が1日もはやく訪れるよう 祈ってまいります。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 21:06| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
我が家はその逆で、父ちゃんの親戚(義母方)に真珠湾攻撃で亡くなった方がいます。

著しく発展する日本を潰す為に、奇襲攻撃をかけさせた様に言われてるこの出来事。

これから友達が来ますし、ちょっと学校に行ったりするので動画は後でもう一度見に来ますね。
Posted by ree at 2011年12月07日 03:22

>reeさん。

>父ちゃんの親戚(義母方)に真珠湾攻撃で亡くなった方がいます。

reeさん、以前に言われてましたね…。
アメリカ人は祖国アメリカのためにリメンバーパールハーバーを合い言葉に戦ったのですから、
アメリカ側の歴史観として、真珠湾攻撃によって太平洋戦線が始まったと考えるのは当然だと思います。
アメリカ人の軍人や兵士もまた、たくさんの方が亡くなられたわけですからね。

だけど、日本側の歴史観はそれではいけないと思うのです。
日本は侵略するために戦争をしたのではないのです。
あのときの日本人は誰一人としてそんな風には思って戦争をしていなかったのですよ…。
そのことを今の日本人の多くが知らない…ということに問題があるのだと思います。

>著しく発展する日本を潰す為に、奇襲攻撃をかけさせた様に言われてるこの出来事。

人種差別がまかり通っていたあの時代。
アジアで唯一先進国の仲間入りをした日本は、欧米諸国にとっては脅威であったのでしょう。
出る杭は打たれてしまった、ということですね…。

動画、ぜひご覧になってくださいね。
英語の字幕もあるので、子供さんにももう少し大きくなったら見せて上げて欲しいと思います。


Posted by えいと@ at 2011年12月07日 06:01
字幕つきですね


最近 日本の映画を主人と観ているんですよ。

5年?ぐらい前の映画でしたが

主人の評判はあまり良くなく

3本目は 途中で眠ってしまいました、、。

これは

私も全部見ていないので 一緒に見てみたいと思います

Posted by はちきんイジー at 2011年12月07日 13:14
アロハ〜!
靖国行かれる予定なんですね〜!
私も将来、できることならと思っていますが、たぶん無理なので。。
勝手なお願いですが、私の分もお参りお願いします。
今だ、私の知り合いにも、靖国のついて自虐見解を真に受けている方がいます。
また、戦争では日本軍がひどいことをしたと。。
真珠湾も日本の一方的な、奇襲だと。。
やはり、海外に出てみないと、愛国の本当の意味、他国からの他国に都合の良い見解ではない、自国からの見解や歴史を理解するべきということが分からないのかと、がっかりします。
日本人とこう言う論議をするのも嫌です。
なぜ、自国を愛することで、同じ日本人と口論しなくてはいけないのか。。
本当にやるせないですから。
Posted by モリオリママ at 2011年12月07日 17:01
この国はおもしろいなぁ〜とつくづく思いました。
今朝テレビをつけいていると、「真珠湾攻撃による日米開戦が」と始まるわけですよ。
まぁそれはいいのですが、「真珠湾攻撃によって犠牲者2千数百人(細かい数字は忘れた)」と
しきりに詳細な数を繰り返し発表してるのですが、これってなんでしょうか?
まるで米国が自国民に向けて発表してるような感じ。
「日本が一方的に仕掛けた戦争」との印象付けがまた始まったのかとウンザリです。
真珠湾攻撃での犠牲者数を発表しても、日本の犠牲者数を声高に発表しない
近年の報道にはウンザリだわ。
この戦争、アメリカを含め世界中の国が日本の犠牲になったと言わんばかりな姿勢。
日本の戦死者は浮かばれませんわ。
自国民に戦犯扱いですからね。

Posted by ちょびまめ at 2011年12月08日 10:40
えいと@さん、日本だそうですね。
靖国神社に参拝にいられるとのことで、頭の下がる想いがします。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/111207/amr11120722410009-n1.htm

今日の産経ニュースの記事に、フーバー元大統領が残した手記にルーズベルトの陰謀が出てましたね。驚くべき事実が発見された訳です。これは以前から言われていたことなんですが、私もそう思ってました。
早速、この記事を機械翻訳ですが、英文に直して彼女や身近な人に知らせようと思ってます。
えいと@さんやここにこられる皆さん、また、こうした愛国精神を守ろうとする方々の力で日本は変わると思います。今更ながらこの歳になるまで何もできなかったことを悔やむばかりです。ネットの力の偉大さを感じますね。

参拝後の感想など期待してます。
Posted by 夢見る親父 at 2011年12月08日 11:26
こんにちわ。
今日本に帰ってこられているのかな?
靖国神社には参拝に行ったのでしょうか?
先日のお友達との旅行での話しの中に
靖国神社へは参拝に行くべきたという話を
していたんですよ。
歴史・・・どこでどのように歪められてきたんでしょう?
事実を曲げてはいけません。
真実だけを伝えていかなければ・・・・。
Posted by べりー at 2011年12月09日 09:52

>はちきんイジーさん。

>字幕つきですね

そうなんです。字幕付きですのでぜひ、ご家族の方にも見ていただきたいですね。
日本は決して侵略戦争をしたのではないってこと、
すべてのアメリカ人には無理でも、せめて日本人を配偶者に持つ方だけには理解して欲しいな…って思います。

>これは 私も全部見ていないので 一緒に見てみたいと思います

ぜひぜひ!
ご覧になった感想をお聞きしたいですね〜。
また聞かせてくださいね。


Posted by えいと@ at 2011年12月09日 15:56

>モリオリママさん。

>靖国行かれる予定なんですね〜!

ハイ、行ってきました。
何度行っても心が洗われますね〜。

>私も将来、できることならと思っていますが、たぶん無理なので。。

そうなんですか…。
ママさんのふるさとは東京からは遠いのでしょうか…。
でも、機会があったら1度だけでも行かれてくださいね。

>今だ、私の知り合いにも、靖国のついて自虐見解を真に受けている方がいます。また、戦争では日本軍がひどいことをしたと。。真珠湾も日本の一方的な、奇襲だと。。

これこそが、戦後に戦勝国に植え付けられた歴史観なのですね。
そんな風に言われる方に聞いてみてほしいです。
日本は具体的にどんなひどいことをしたのか…?
理由もなく奇襲攻撃をするものなのか…?
あの時代、帝国主義がふつうにあった時代です。
先進国であるには 日本もまた欧米列強国と同じく帝国主義であらねばならなかったのです。
そうしなければ日本は他のアジアの国々ように植民地にされてしまっていたでしょう。
日本軍がひどうことをした、と言われる方は日本が植民地になった方が良かったと思われているのでしょうか…?

>やはり、海外に出てみないと、愛国の本当の意味、他国からの他国に都合の良い見解ではない、自国からの見解や歴史を理解するべきということが分からないのかと、がっかりします。

いや、外国に住んでも自虐史観をもったままの人はいますよ。
何にも考えていない人もいますし。
やはり教育でしょうね。
それと、自分の周辺にきちんとした歴史観を持った人がいるかどうか。
これによっても大きく変わるでしょう。

>日本人とこう言う論議をするのも嫌です。
>なぜ、自国を愛することで、同じ日本人と口論しなくてはいけないのか。。
>本当にやるせないですから。

わかります…!
私も「どうしてこんな不毛な言い合いをしなくてはならないのか?」と思います。
だけど、嫌な思いをするからと このテーマを避けていては いつまでも変わらないですからね…。
正しい歴史に気がついた人が「事なかれ主義」になってしまっては、何も変わっていかないんじゃないかな…って。
そんな風に思います。


Posted by えいと@ at 2011年12月09日 16:16

>ちょびまめさん。

>この国はおもしろいなぁ〜とつくづく思いました。
>今朝テレビをつけいていると、「真珠湾攻撃による日米開戦が」と始まるわけですよ。

そうそう! 私も思いました!
TVが堂々と「真珠湾攻撃で戦争は始まった」と言ってますよね。
これに対して「それ、違う」って言う声が上がらないところも…日本の国の不思議なところですよね。。。

>「真珠湾攻撃によって犠牲者2千数百人(細かい数字は忘れた)」と
しきりに詳細な数を繰り返し発表してるのですが、これってなんでしょうか? まるで米国が自国民に向けて発表してるような感じ。

ほんとですよね。。。
で、日本兵が亡くなったことも、まるで日本の軍の上層部が悪いかのような感じで番組が作られているのです。
アメリカ兵が亡くなったのも、日本兵が亡くなったのも、
どちらも日本が悪いんですね。
そういう歴史感が いまだに日本では常識っていうことなのでしょうか…?

>近年の報道にはウンザリだわ。
>この戦争、アメリカを含め世界中の国が日本の犠牲になったと言わんばかりな姿勢。
>日本の戦死者は浮かばれませんわ。自国民に戦犯扱いですからね。

ほんとにそうですね。。。
すべて日本が悪かったと言っておけば、外国から何も文句は言われない…ということなのでしょうか。
開戦70年。
いまだに日本は侵略者の汚名をかぶったまま、それを自らしっかり着込んで脱ごうとしない…って感じですね…。(ため息)


Posted by えいと@ at 2011年12月09日 16:45

>夢見る親父さん。

>今日の産経ニュースの記事に、フーバー元大統領が残した手記にルーズベルトの陰謀が出てましたね。驚くべき事実が発見された訳です。これは以前から言われていたことなんですが、私もそう思ってました。

正しい歴史に気づいた方はとっくに知っていたことですが、
まだまだ「日本がいきなり奇襲攻撃をして、その結果 先の戦争は始まった」と信じている外国人、そして日本人にとっては大きなニュースですね。

>早速、この記事を機械翻訳ですが、英文に直して彼女や身近な人に知らせようと思ってます。

戦争は「日本の真珠湾攻撃で始まった」ということを信じているアメリカ人はまだまだ多いですよね…。
もう開戦から70年も経過するのだから、過去のこととして冷静に見つめることができる人が多いといいのですが、
自国のやったことを否定されることにもつながるわけですから、
なかなか受け入れられない人も多いかもしれませんね。

>えいと@さんやここにこられる皆さん、また、こうした愛国精神を守ろうとする方々の力で日本は変わると思います。

変わって欲しいですね。
あと30年もしたら戦争から100年になるんです。
もうそろそろ、日本人皆がしっかりとした歴史認識を持たないといけないんじゃないかと思いますね…。

>ネットの力の偉大さを感じますね。

ネットの力は大きいです。
戦後にGHQにより強力な「日本人の牙を抜く教育」が行われましたが、
それがおかしいと声を上げる場がありませんでしたし、その時代のムードもあったでしょうから、自虐史観が出来上がってしまったのやむを得ないと思います。
だから、今からなんです。
こんなにネットが普及してても、まだまだ自虐史観を持つ人が多数派なのですからね…。

>参拝後の感想など期待してます。

やはりいいですね。
心が洗われます。清々しい気持ちになります。
多くの日本人にも感じて欲しい、何とも言えない気持ちよさです。
そして、英霊が守ってくださる…と実感できるんですよ。
これ、本当に不思議なんですけど、そんな風に感じるのです。
また東京に行く機会があったら、靖国神社には参拝しようと思っています。


Posted by えいと@ at 2011年12月09日 16:59

>べりーさん。

>今日本に帰ってこられているのかな? 靖国神社には参拝に行ったのでしょうか?

そうなんです。
今回は3週間ですが、日本に帰国しております。
そして昨日まで東京に行っておりまして、靖国神社に行き昇殿参拝をしてまいりました。

>先日のお友達との旅行での話しの中に靖国神社へは参拝に行くべきたという話をしていたんですよ。

すばらしいですね!
東京近郊にお住まいの方以外は、なかなか行けないですけど、
機会があったらぜひ、靖国神社で参拝をしてください。
空気が違うんです。
この不思議な感覚を味わって欲しいなって思います。

>歴史・・・どこでどのように歪められてきたんでしょう? 事実を曲げてはいけません。真実だけを伝えていかなければ・・・・。

どこで歪められたか…それは戦後ですね。
戦後に、アメリカのGHQは徹底して日本の教育に干渉してきました。
国を愛し、天皇陛下を敬い、先祖を大切にし、家族の為に生きる。
これが日本の強さでした。
それを徹底的に破壊する教育を行ったのです。
また武士道の精神を失わせるような教育を、戦後ずっと行われてきてしまいました。
日本が二度と白人に歯向かわないように、GHQは日本人の牙を抜く教育を徹底的に行いました。
GHQの占領が終了した後、日教組がその教育を引き継ぎ、現在に至るのです。

戦争を仕掛けた日本が間違っていたのだ。
日本は侵略をするという野望のために真珠湾を攻撃し、
多くのアメリカ兵を殺し、東南アジア人を虐殺した。
日本人は悪くはない。悪かったのは日本政府であり軍の上層部だ。

…こんな風 ↑ に教育されてきたのです。
だから戦争で戦って命を落とした先人を敬うことができないのです。
靖国神社にお参りしよう…と思う日本人が多数派にならないのですよ。
これがおかしいことだと気がついて欲しい…。
先の戦争は日本だけが悪いのではないってこと。
日本は自存自衛のために戦ったのだということに気がついて欲しい…と思います。

Posted by えいと@ at 2011年12月09日 17:11
この時期にアメリカにいてると、嫌な思いすることたまにあるね。私も真珠湾攻撃では、おっさんと大喧嘩になってあわや離婚ってとこまで行ったから、我が家ではタブーの話題(お互い絶対に折り合うことの出来へん話題やから)
日本でえいとちゃんが言うてるようなこと言うと、戦争賛美って糾弾されるけどさ、ちゃうねんな。そういうことちゃうねん。
話すと長くなるし、私も感情入りすぎてしんどくなるからとにかく、えいとちゃんの言うてることわかるし、アメリカのやり口も、この国に長いこと住んでるからわかるし、当時の日本の「日本を西洋の属国にしてたまるか、植民地にするもんか」っていう気持ちも凄くわかるって言いたくて出て来てん。
今、日本を狙ってるのは西洋の属国になるどころの騒ぎやない、残虐で恐ろしい国やからね。日本はええ加減目覚まさんとあかん、ほんま。
Posted by ジェニ at 2011年12月12日 02:22

>ジェ二さん。

>この時期にアメリカにいてると、嫌な思いすることたまにあるね。私も真珠湾攻撃では、おっさんと大喧嘩になってあわや離婚ってとこまで行ったから、我が家ではタブーの話題(お互い絶対に折り合うことの出来へん話題やから)

そっかー…。
旦那さんとはタブーになっちゃってるんや…。
まぁ、確かにな。アメリカでは「正義の戦争」って教えてるし、
真珠湾攻撃は日本の一方的な攻撃って教えられてるさかいに、けんかになっちゃうのは仕方が無いかもしれんよな…。

国際結婚した人でも、相手の国のことを芯から理解するのは難しいことなんやろうな。
今、日本とアメリカは仲が良いし、友好国やんか?
震災のときでも「友達作戦」でものすごい助けてくれたやん?
せやけど、過去のことは「日本が悪い」ことで決着がついちゃってるんやね。
今は友好な関係が持ててる国同士の国際結婚でも、過去をちゃんと検証するのは難しいことなんやね…。

現在でも日本を敵対視してる国、反日感情の強い国の人と結婚したら それこそ大変やろうな…。
100%この話題はタブーになるか、話したところで多くのケースが「日本が悪かった」で受け入れることになってるんやろうな。。。
下手したら、日本人自ら「日本が悪かった」って相手の国で言ってるのかもしれんな…。


>日本でえいとちゃんが言うてるようなこと言うと、戦争賛美って糾弾されるけどさ、ちゃうねんな。そういうことちゃうねん。

そやねんね。
戦争賛美でこういうこと言うんと違うねん。
日本がまともな国で、ちゃんと正しく歴史を伝えて来てたらわざわざこんなこと言う必要はないし、ブログでこんなこと書かんでもええねん。
せやけど、日本、おかしいもん。
なんでいきなり戦争が始まるかって話やねん。
戦争に至った歴史、知らん人が多すぎるねん。
靖国神社に行く言うたら「あんた右翼か」って言われる、それがおかしいねんよ。
近い人にも言われたんやで。「なんで高い交通費と宿泊代まで出して靖国になんか行くねん」て。
涙出そうになったわ。
「身内が特攻作戦で亡くなってるねん! 遺族なんや!」ってどなってもうた。(苦笑)

>えいとちゃんの言うてることわかるし、アメリカのやり口も、この国に長いこと住んでるからわかるし、当時の日本の「日本を西洋の属国にしてたまるか、植民地にするもんか」っていう気持ちも凄くわかるって言いたくて出て来てん。

おおきに。コメント嬉しい。
アメリカにも事情があったし、私はアメリカだけが悪いとは言うつもりはないねん。
だけど、日本側にも事情がったんやってことを、日本人自身がわかろうとしない、それが悲しいねん。

誰も戦争なんかしとうはなかったんよ。
せやけど、戦争せんと日本はどうにも立ちいかんなったんよ。
石油も何もかも止められて、しかも日清、日露戦争で勝ち得た権益もすべて手放せって要求されてん。
そんな理不尽なことあるかいな。
日清、日露戦争を日本人はどんな思いで戦ったか。
それを白紙にしろ言うねん。
黄色人種の日本が欧米列強国と肩を並べることが許されへんかったんやろうな。
日本は出る杭やってん。だから打たれたんや。
あの時に生きた日本人の悔しさ、考えたら涙出る。


>今、日本を狙ってるのは西洋の属国になるどころの騒ぎやない、残虐で恐ろしい国やからね。日本はええ加減目覚まさんとあかん、ほんま。

そやねん。
歴史をしっかり学ばんと、同じことを繰り返してしまうねん。
歴史から学ぶことっていっぱいあるのに、それに目をそむけてんねん。
今、日本を狙てる国は それこそ独裁の国やさかいにな。
もし戦争になんかなってみ。
日本はアウトやわ。
戦うことなんてできひん。
自衛隊が戦うて、それでおしまいや。
あとは自滅の道やろうな。

日本を自分の国を自分たちで守られへんような国にしたアメリカには腹が立つけど、
それにへいへいと乗って来た日本はほんまにあかん。
戦争直後は情報が限られてたし、仕方がない部分もあったけど、
今もなお、平和ぼけがぎょーさんいてる日本はホンマにあかんで…。

だんだんしんどなってきて、こういうテーマでブログを書くのはもう辞めようかって思うこともあるねん。
次の衆議院選挙で民主党や社民党、共産党が票をのばすようなことがあったら、
私はきっと日本を見限るやろうな。
次の選挙が鍵やわ…。

Posted by えいと@ at 2011年12月12日 10:22
えいと@さん、ジェ二さんとええ会話してますね。

歳のせいですかね、しみじみと感傷的に読ませてもらいました。実は昨日コメントアップを何度も試みましたが、エラーが出て出来ませんでした。

でも、今まではこうした会話を普通の日本人同士で普通に出来なかったのでしょうね。私も子供がいたり、娘婿がいますが、色んなところで衝突します。タブーの会話はありますよ、勝っても負けても後味の悪いものはタブーです。

どちらが優位に立つとかの問題ではないんですが、判っていても認めてはいけないこともありますね。
そこに至る経緯とか、背景、メンタリティーの様な物を共有したいんですね。
今、世界経済が混乱してます。来年は大変な年になりそうですが、狩猟民族の体質なのか、勝てば官軍で、勝者が敗者を裁くもの、植民地も支配者が搾取するものと考えて来たのでしょうが、その終焉が近づいているようにも感じます。

話が飛びましたが、女性が柔和にこうした話ができる環境が、理想で心温まりますね。男とは違った女の技量を感じさせますね。
Posted by 夢見る親父 at 2011年12月16日 04:56

>夢見る親父さん。

>えいと@さん、ジェ二さんとええ会話してますね。

ありがとうございます。
ジェニさんとのこの会話、いつか記事にUPしたいなと思っています。

>今まではこうした会話を普通の日本人同士で普通に出来なかったのでしょうね。

そうなんですね。
こういう話題、特に戦争に関してははタブーですよね。
国によって戦争の目的は異なりますし、その国の事情というものは外国人にはなかなか理解しがたいことであるでしょうしね。

日本は戦争に負けたけれども、日本が行った戦争は日清、日露戦争を含めて東南アジア諸国に少なからず、いえ多大な影響を及ぼしました。
多くの植民地であった国々が独立するきっかけになったのです。
これは事実です。
日本人がこの事実を知らない…ということが大きな問題であると思っています。

外国の評価はさまざまです。
いろんな見方がありますしね。
悪く評価する国があるのはやむを得ないことでしょう。
でも、日本人はひとつにならないといけません。
今の日本は世論がバラバラです。
これでは、外国に向かって「日本はこういう国なのだ」と主張することはできません。
1日もはやく日本人がきちんとした歴史認識を持ち、日本に誇りをもって胸をはって生きる時代が来て欲しいと願っています。


Posted by えいと@ at 2011年12月25日 01:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。