2011年10月20日

「私が見た従軍慰安婦の正体」〜小野田寛郎〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



皆さまは小野田寛郎氏をご存知でしょうか…?


大東亜戦争が終了した後も戦争が継続していると信じ、フィリピン・ルバング島に29年間も立てこもり、


1974年3月9日に、かつての上司である谷口義美元少佐から「戦争は終了したこと」を告げられ、任務解除・帰国命令がなされ、帰国された方です。


小野田 寛郎(おのだ ひろお、1922年(大正11年)3月19日 - )は、日本の陸軍軍人。階級は陸軍少尉で情報将校だった。陸軍中野学校二俣分校卒。太平洋戦争終結から29年目にしてフィリピンルバング島から帰国を果たす。
                     Wikipedia 小野田寛郎参照


   
 小野田寛郎/1−8
 小野田寛郎/2−8
 小野田寛郎/3−8
 小野田寛郎/4−8
 小野田寛郎/5−8
 小野田寛郎/6−8
 小野田寛郎/7−8
 小野田寛郎/8−8

お時間がありましたら ぜひこの動画 ↑ の1〜8話全てをご覧になってください。小野寺氏の29年間の生活、国への思い、戦後の日本についてなどを話されています。


    onodera2.jpg


小野田氏の この鋭い目…! ↑ これこそが軍人の目ですね。


小野田氏が日本に戻って最も悲しく思われたこと…それはあまりにも変わってしまった日本の姿だったのです…。


戦後、日本はとても豊かになったけれどもすっかり変わってしまった日本人の心を 小野田氏は強く感じられたのでしょう。


日本政府、そして全国からお見舞金が小野田氏に贈られたのですが、


小野田氏はその見舞金をすべて靖国神社に寄付いたします。


小野田氏は自分は見舞金をもらうことはできない。これは英霊、そして明治時代から日本を築き上げてこられた先人に捧げるべきだと判断されたのです。


しかし靖国神社に寄付をするのは 軍国主義の復活だ!


…と当時の世論は 小野田氏を非難、攻撃します。


その当時の小野田氏の困惑をこちらの動画の10分あたりから話されています。


1974年あたりは「戦争は悪! 反戦平和を唱えることが良いことだ」…と多くの人間が思っていた時代でしたからね…。


自虐史観が徐々に日本人の心に植え込まれていった時代だったのです。


そんな時代に大日本帝国軍人であった小野田氏が すんなりとなじむことは難しかったであろうと想像します。


そういうことがあって 小野田氏は日本に帰国してわずか1年後にブラジルに移住することを決意されたのです。



さて、そんな小野田寛郎氏が 次のような手記 ↓ を書かれています。


お友達ブロガーのさくらにゃんさんが,写真付きでUPされているので そちらを転載させていただきます。
    テレビにだまされないぞぉ
  今こそ知るべし! 小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」


  小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」正論1月号より

  〜〜〜転載ここから〜〜〜

  onodera1.jpg

首相の靖国神社参拝や従軍慰安婦の問題は、全く理由のない他国からの言いがかりで、多くの方々が論じているところだ。
南京大虐殺と同様多言を弄することもあるまいと感じていたのだが、未だに妄言・暴言が消え去らない馬鹿さ加減に呆れている。

戦後六十年、大東亜戦争に出征し戦場に生きた者たちが少なくなりつつある現今、私は証言として、「慰安婦」は完全な「商行為」であったことを書き残そうと考えた。

外地に出動して駐屯する部隊にとって、治安維持と宣撫工作上最も障害になる問題は、兵士による強姦と略奪・放火である。
そのためにどこの国もそれなりの対策を講じていることは周知の通りである。
大東亜戦争時、戦場には「慰安婦」は確かに存在した。当時は公娼が認められている時代だったのだから至極当然である。

野戦に出征した将兵でなくとも、一般に誰でも「従軍看護婦」と言う言葉は常識として知っていたが、「従軍慰安婦」と言う言葉は聞いた者も、また、使った者もいまい。
それは日本を貶める為に後日作った造語であることは確かだ。


淫らな言葉だが、中国戦線では「ツンコ・ピー」「チョウセン・ピー」と呼んでいた筈であるが、他の人の見ている所でする筈のないことだけに、「慰安所」のことも「慰安婦」のことも、公の場で自己の見聞を正確に発表する人が少ない。
あまり詳しいと「よく知ってるね」と冷笑されるのが落ちだろう。

では何故、君は、と私に聞かれるだろうが、幸い私はその実態を外から観察出来る立場にあったから、何も臆することなく、世の誤解を解くために発表することが出来るのだ。



   ◆漢口の「慰安所」を見学

    onodera3.jpg

商社員として十七歳の春、中国揚子江中流の漢口(現武漢)に渡った私は、日本軍が占領してまだ五カ月しか経っていない、言わば硝煙のにおいが残っている様な街に住むことになった。
当時、漢口の街は難民区・中華区・日華区・フランス租界・日本租界・旧ドイツ租界・旧ロシア租界・旧英国租界に分かれていて地区ごとにそれぞれ事情に合った警備体制が敷かれていた。  
日華区とは日本人と中国人とが混じって住んでいる地区で、そこに住む中国人は中華区に住む者と同様「良民証」を携帯しており、そうでない者は警備上難民区に住まされていた。


難民区は日本兵も出入りを禁止されていて、私たち在留邦人は届け出て許可を得なければ出入り出来なかった。それだけ危険な場所だった。

私は、仕事が貿易商だから、難民区以外はよく歩いた。
ある日、汚れた軍服を着た兵士に「慰安所はどこか知りませんか」と路上で尋ねられ、一瞬思い当たらず戸惑った。
しかし看板に黒々と「漢口特殊慰安所」と書いて壁に掲げていて、その前に歩哨と「憲兵」の腕章をつけた兵隊が立っている場所を思い出したのでその通り教えてあげた。
映画館と同様に日華区にあった。
汚れた軍服から推測して、作戦から帰ってきた兵士に間違いない。
街を警備している兵士は、そんな汚れた軍服で外出してないからだ。

私は「特殊慰安所」か、なるほど作戦から帰った兵士には慰安が必要だろう、小遣い銭もないだろうから無料で餅・饅頭・うどん他がサービスされるのだろうと早合点していた。


 onodera4.jpg

ところが、私の知人が営む商社は日用品雑貨の他に畳の輸入もしていて、それを「慰安所」にコンドームなどと一緒に納入していたので「慰安所」の出入りが自由であった。
彼に誘われて一般在留邦人が入れない場所だから、これ幸いと見学に行った。


私たちは、憲兵に集金の用件を話してまず仕事を済ませた。
日が暮れていたので「お茶っぴき」(客の無い遊女)が大勢出てきて、経営者と私たちの雑談に入ろうとしてきたが追い払われた。
そこには内地人も鮮人も中国人もいた(現在、鮮人は差別用語とみなされ、使われない。
しかし朝鮮半島が日本統治だった当時は「日本人、朝鮮人」などと言おうものなら彼らに猛烈に反駁された。
彼らも日本人なのだからと言う理由
である)。


  onodera5.jpg

群がってきた彼女たちは商売熱心に私たちに媚びてきた。
憲兵は特別な事情の時以外は、部屋の中まで調べに来ないからである。
料金は女性の出身地によって上中下がある。
また、利用時間も兵士は外出の門限が日没までだから日中に限られるが、下士官は門限が長く、将校になれば終夜利用出来る。
料金も階級の上の方が割高で、女性たちは当然、同じ時間で多く稼げることになる。

半島出身者に「コチョ(伍長─下士官)かと思ったらヘイチョウ(兵長─兵士)か」、「精神決めてトットと上がれネタン(値段)は寝間でペンキョウ(勉強)する」とか、笑うどころではない涙ぐましいまでの努力をしているのも聞いた。
内地人のある娼妓は「内地ではなかなか足を洗えないが、ここで働けば半年か一年で洗える」といい、中には「一日に二十七人の客の相手をした」と豪語するつわものもいた。


   ◆どこにもいなかった「性的奴隷」

ここで親しくなった経営者の話を紹介しよう。
「体力的に大差がない筈なのに、内地人は兵士たちと言葉が通じるために情が通うのか、本気でサービスして商売を忘れ健康を害してしまう。
そのために送り返さねぱならず、経営者にとって利益が少ない。兵隊さんには内地人ばかりで営業するのが本当だが」と本音を漏らしていた。

私の育った街には花柳界があったので、芸妓と酌婦をよく眼にしたが、当時は玄人女と呼ばれた彼女たちの外出姿でも一般の女性と見分けることが出来た。
その目で見れば漢口の街でも同様だったが、特に朝鮮人の女たちは特色があった。
というのは彼女たちは数人で外出してくるのだが、民族衣装ではなく、着慣れないツーピースの洋装のせいで着こなしが悪く、また歩き方にも特徴があって一目で見分けられた。


  ianfu11-4.jpg

彼女たちは実に明るく楽しそうだった。
その姿からは今どきおおげさに騒がれている「性的奴隷」に該当する様な影はどこにも見いだせなかった。

確かに、昔からの言葉に、「高利貸しと女郎屋の亭主は畳の上で往生出来ぬ」というのがあった。
明治時代になって人身売買が禁止され「前借」と形は変わったが、娘にとっては売り飛ばされた」ことに変わりはなかった。


先述の「足を洗う」とは前借の完済を終えて自由の身になることを言うのだが、半島ではあくどく詐欺的な手段で女を集めた者がいると言う話はしばしば聞いた。
騙された女性は本当に気の毒だが、中にはこんな話もある。
「『従軍看護婦募集』と騙されて慰安婦にされた。私は高等女学校出身なのに」と兵士や下士官を涙で騙して規定の料金以外に金をせしめているしたたかな女もいた。
またそれを信じ込んでいた純な兵士もいたことも事実である。
日本統治で日本語が通じた故の笑えない喜劇でもある。

ところで、その「慰安所」にどれだけの金が流れたのだろうか。
これが「慰安婦」が「商行為」であった確かな事実である。
私の次兄が主計将校で、漢口にある軍司令部に直接関係ある野戦衣糧廠にいたので「慰安所」について次のような統計があると教えてくれた。

当時、漢口周辺には約三十三万人という兵力が駐屯していたが、ある理由で全軍の兵士の金銭出納帖を調べた。
三分の一が飲食費、三分の一が郵便貯金、三分の一が「慰安所」への支出だった。
貯金は給料の僅かな兵士たちにとって嬉しいことではなかったが、上司から躾として教えられている手前せざるを得なかったのが実情だった。
私も初年兵として一ケ年、江西省南昌にいたが、食べたいのを我慢して貯金した。


   ianfu11-1.jpg

一人の兵士がそれぞれ三等分して使った訳ではないだろうが、人間の三大欲は食欲、睡眠欲と性欲と言われるだけに、貯金を睡眠に置き換えると全く物差しで測った様な数字である。
ちなみに当時の給料は兵は一カ月平均十三円程で、その三分の一を約四円として計算すると三十三万人で総額約百三十二万円になる。
「零戦」など戦闘機一機の価格は三万円と言われたが、実に四十四機分にも相当する。
サラリーマンの初任給が四十円そこそこの頃だったのだから、経理部の驚くのも無理のない話である。

以上が、私が商社員として約三年半の間、外部から眺め、また聞き得た「慰安所」と「慰安婦」の実態である。

私が漢口を去った昭和十七年夏以降に、漢口兵站(作戦軍の後方にあって車両・軍需品の前送・補給・修理・後方連絡線の確保などに任ずる機関)の副官で「慰安所」等を監督した将校の著した『漢口兵站』と照合してみたが、地名・位置等について多少の相違点は見いだしたが、本題の「慰安所」について相違はなく、より内情が詳しく記されていた。これでは誰がどう考えても「商行為」であるとしか言いようがないだろう。

「商行為」ではない、軍による「性的奴隷」であるとそれでも強弁するとすれば、知らな過ぎるのか、愚かで騙されているのか、そうでなければ関西人が冗談めかして言う「いくらか貰うてんの?」なのかもしれないが、あまりにも馬鹿げた話である。
 

   ◆問題にして騒ぎ出す者たちの狙い  

次に、軍関与の暴論について証言する。 
私は二十歳で現役兵として入隊、直ちに中支の江西省南昌の部隊に出征した。
初年兵教育が終わって作戦参加、次いで幹部候補生教育、途中また作戦と、一ケ年一度の外出も貰えずに久留米の予備士官学校に入校してしまったから、外出して「慰安所」の門を潜る機会に恵まれなかった。

だが初年兵教育中、古い兵士には外出がある。
外出の度にお土産をくれる四年兵の上等兵に「外出でありますか」と挨拶したら「オー、金が溜ったから朝鮮銀行に預金に行くんだ」と笑って返事をしてくれた。
周りは周知の隠語だからクスリと笑うだけだった。

南昌には師団司令部があった。
「慰安所」には内地人も朝鮮人も中国人もいて、兵士は懐次第で相手を選んで遊んだのだろう。
私は幹部候補生の教育を、南昌から三十キロ以上も離れた田舎の連隊本部で受けた。


  onodera6.jpg

「慰安所」は連隊本部の守備陣地の一隅に鉄条網で囲まれて営業していた。
教育の末期に候補生だけで本部の衛兵勤務につくことになった。もちろん勤務は二十四時間である。

私は営舎係だったので歩哨に立たないから何度も歩哨を引率して巡察に出た。
巡察区域の中に「慰安所」も含まれていた。
前線の歩哨は常時戦闘準備をしている。
兵舎内の不寝番でさえ同様だ。
鉄帽を被り、銃には弾を装填し夜間はもちろん着剣である。
その姿で「慰安所」の周囲だけならまだしも、屋内も巡察し、責任者の差し出す現在の利用者数の記録を確認する。
軍規の維持とゲリラの奇襲攻撃を警戒しているからである。

考えてみるまでもない、そこで遊んでいる兵士は丸腰どころではない。
もっと無防備で不用心な姿の筈である。

その将兵を守るべき責任は部隊にあるのは当然だ。それに性病予防の問題もある。
そんな田舎に医師や病院がある筈がない。
性病予防のため軍医や衛生兵が検査を実施するしかない。

「慰安所」の経営者は中国人だったし、日本では当時公認の娼妓と呼ばれた女たちも中国人だった。
彼らも食料やその他の生活用品が必要だ。
大人数なのだから、それなりの輸送手段もいる。
辺鄙な場所だから部隊に頼る以外方法がない。部隊が移動する時もそうなるだろう。


私の話す湖北省の言葉もだいたい通じたので、経営者と立ち話をして彼女たちについてそれなりの様子も聞き出せた。
今でも「慰安所」の両側に部屋のある中廊下を巡察した不粋な自分の姿を思い出すが、こんな漫画にもならない風景が現実にあったのだ。
これは私の部隊だけではないと思う。

もう六十年も昔のことである。
時代が変わり、また平時と戦時の違いもある。
したがって娼妓(ここでは慰安婦に相当する)に対する解釈も当然変化している。
そうであるにもかかわらず、すでに証拠も不完全になっていることを幸いに、今更これを問題にして騒ぎ出す者たちの狙いは何なのか。
言えることはただ一つ、不完全だからこそ喚き散らしていれぱ、何かが得られると狙っているということだ。


   onodera7.jpg

戦場に身を曝し、敵弾の洗礼を受けた者として最後に言っておく。このことだけは確かだ。
野戦に出ている軍隊は、誰が守ってくれるのだろうか。
周囲がすべて敵、または敵意を抱く住民だから警戒を怠れないのだ。
自分以上に強く頼れるものが他に存在するとでも言うのならまた話は別だが、自分で自分を守るしか方法はないのだ。

軍は「慰安所」に関与したのではなく、自分たちの身を守るための行為で、それから一歩も出ていない。


「異常に多く実を結んだ果樹は枯れる前兆」で「種の保存の摂理の働き」と説明されるが、明日の命も知れぬ殺伐とした戦場の兵士たちにもこの「自然の摂理」の心理が働くと言われる。
彼らに聖人君子か、禅宗の悟りを開いた法師の真似をしろと要求することが可能なのだろうか。

現実は少ない給料の中から、その三分の一を「慰安所」に持って行ったことで証明されている。
有り余った金ではなかったのだ。
「兵隊さん」と郷里の人々に旗を振って戦場に送られた名誉の兵士も、やはり若い人間なのだし、一方にはそうまでしてでも金を稼がねばならない貧しい不幸な立場の女性のいる社会が実際に存在していたのだ。
買うから売るのか売るから買うのかはともかく、地球上に人が存在する限り、誰も止めることの出来ないこの行為は続くだろう。
根源に人間が生存し続けるために必要とする性さがが存在する
からだ。

「従軍慰安婦」なるものは存在せず、
ただ戦場で「春を売る女性とそれを仕切る業者」が軍の弱みにつけ込んで利益率のいい仕事をしていた
と言うだけのことである。

こんなことで騒がれては、被害者はむしろ高い料金を払った兵士と軍の方ではないのか。

            「正論」一月号より

                〜〜〜転載ここまで〜〜〜


慰安婦問題は、韓国・朝鮮人の 元慰安婦のおばあさんたちの証言だけで、真実であったかのように扱われているのですが、


こちらの過去記事 ↓ にも書いたように、元慰安婦の証言は二転三転しているのです。
  「従軍慰安婦」の真実を知ってください


戦時中に慰安婦は存在していたが、軍が強制的に無償で働かしていたという証拠はひとつもなく、


反対に戦時中の慰安婦は,給料をもらって働いていた売春婦であったという証拠はたくさん出てきているのです。


今、元慰安婦に日本政府は謝罪して賠償すべき、基金を作ってかわいそうなおばあさんを助けるべきなどという日本人は、


そのおばあさんの訴えを無条件に信用し、戦後に出てきた多くの証拠や 小野田氏のこういう話は まったく無視するというのでしょうか…?


韓国で定期的に行われている「水曜集会」の「慰安婦デモ」に参加をし、


日本大使館に向かって拳を振り上げる日本人がいます。


  以下の写真はこちらよりお借りいたしました。

   suiyoudemo1.jpg


前の列の「東京」という幟を持った男性とその横の男性は日本人です。


「自治労」の人間 ↑のようですね。左翼活動家なのでしょうか。


この写真 ↑ の小さく写っている左上のスーツ姿の男性は、何と! 日本の国会議員ですよ!


   suiyoudemo2.jpg


この人 ↑ です! 社民党の服部良一氏!


近畿比例区で2009年に比例当選しています。この顔を忘れないでください!


日本の国会議員が 日本政府に向かって拳を振り上げる…って、どういうことですか?


民主党の岡崎トミ子氏も 過去に同じことをやって国会で追求されていましたよね。


こういう日本人こそ「偽善・無責任」であると言わざるを得ません。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
   日本人の心の奥底にある「偽善」の心 



小野田寛郎氏は 来年で御年90歳になられます。


現在も奥さまとブラジルでお元気に暮らされており、


昭和59年より「小野田自然塾」を主催して、日本の子供たちにアウトドア生活の指導を行っておられます。


今年の終戦の日の8月15日には靖国神社に参拝され、次のように講演 ↓ されました。ぜひ、お時間を作って聞いてください。


   小野田寛郎少尉健在 2011.08.15 靖国神社(15分)


何とすばらしい…! 小野田氏の言われる通りだと思います。


小野田氏こそ,真の日本人です!


   onodera8.jpg


何というステキな笑顔でしょうか…。


ぜひ、小野田氏には長生きをしていただいて、戦争のこと、戦争中の軍人の姿、


そして国を守るとはどういうことなのかを,多くの日本の若者に語っていただきたい。


そんな風に思います。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 03:19| Comment(70) | TrackBack(1) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知ってると言うか、小野田氏の帰国の事、テレビで見てました。
あの頃はどの番組でも彼を取り上げてましてね、私はうちの娘くらいだったんですが、曾祖母がちゃんと分かるように話してくれました。
この方は生きる戦争歴史。
多くの事を正しい事を残して欲しく思います。
Posted by ree at 2011年10月20日 07:51
最後の方に小野寺さん、、とありますが、小野田さんのことですよね?
Posted by 通りすがり at 2011年10月20日 11:21

>通りすがりさん。

訂正いたしました。
ご指摘、ありがとうございました!

Posted by えいと@ at 2011年10月20日 11:37
アロハ〜!
小野田さんのブラジル転居は、帰国してからの日本の時代のギャップが、それほどひどかったってことだったんですね。。
本当に残念です。。
日本に居て活躍できれば、生き証人になってくださる方なのに。。
とにかく、知らないということは、相手の言うままという恐ろしい罠にはまります。
日本に里帰りされていたお友達、同級生に今は自分の生活に精一杯で、政治のことまで頭が回らないと言われたそうです。
政治を理解しないと、その自分の生活すら、脅かされることに気づいていないんですよね。
私も他の日本人の方から、同じことを言われました。
首相の今回の5兆円の韓国への融資。。
ニュースで聞いていると、日韓通過融通という言葉なので、お互いに融通しあうって聞こえるんですよね。
そして、なぜか、今だに韓国は日本より経済がいいと思ってる人が多いんですよね。。
増税、増税って、一体誰のためでしょう?



Posted by モリオリママ at 2011年10月20日 12:52
近頃はこういう言説もよく目にするようになりました。
アメリカ下院で従軍慰安婦非難決議に対抗した新聞広告「THE FACT」とか。
あれは個人的には腹がよじれるくらい笑わせてもらいました。
@えいとさんの記事も中々面白くて甲乙つけがたく感じております。

「慰安婦は性奴隷などではなかったのだ」と広めたい政治家や著名人(@えいとさんもそう思っていらっしゃるようですね)はTHE FACTその他諸々で反論したにも関わらず、
海外の複数の議会において満場一致で従軍慰安婦非難決議は採択されてしまいました。
まあ、結論からいうと議論どころか箸にも棒にもかからなかった訳です。

学術的にも政治的にも国際的にも事実認定、認知された従軍慰安婦問題をなかったことにしたいその汗と涙(?)にはある意味感心します。
それ故といっては何ですが、私にも何かお手伝いできる事がないかと思い一考しました。

さて、ここで「慰安婦は性奴隷ではなかったのだ」と本当に広めたい、海外でも認めさせたいと思っていらっしゃる方にクイズです。
@えいとさん以外でも、この考えを広めたいと思っていて正解がわかる方がいれば答えていただいても構いません。

海外の議員達を議論のテーブルにつかせてあなた方の主張を聞いてもらうには、ある「証拠」を提示しなければなりません。
この証拠は「慰安婦は性奴隷ではなかったのだ」という言説に最低限必要なもので、これがなければ彼ら(海外の議員達)からただの阿呆だと思われてしまいます。
それは一体何でしょう?

ヒント:赤線と青線

ちなみに@えいとさんの過去のエントリーでその「証拠」が出てきたことは多分ありませんのであしからず(笑)。
Posted by kgofboston at 2011年10月20日 16:12
こんにちは

小野田さん、お歳を召してもいい顔してますね。
当時の写真と今の小野田さんと比べると目が違いますね。
当時は死ぬか生きるかの、殺すか殺されるかの世界にいたわけですから、厳しい目と表情をしてますね。

横田昭一さんはもう大分前になくなりましたが、しかし、凄いとしか言い様がないですね。

慰安婦の話しに戻りました。1970年頃は台湾も韓国も戒厳令で夜間は外出が出来なかったはずです。私は台湾で一夜お仕事されている女性にお世話になりました。
韓国は行ったことがありませんが、キーセンパーテイーとか呼んでました。日本からも沢山出かけてましたね。つい最近まで韓国のGDPのかなりの部分を占めてました。今は売春は禁止ですが、現在も遊郭が残ってます。

今もホテルに泊まるとその種の女性が声をかけて来るとのことです。お金を出せば旅行の案内や夜のお供もすべてやってくれるパートナーを所望できるそうです。また、日本には5万人の韓流娼婦が鶯谷や川崎にいるそうですよ。アメリカでも不法入国で売春目的の韓国人女性が沢山検挙されてます。

それと韓国の女性の性格がきついと聞きますが、結婚しても姓が変わらないと聞きます。儒教の影響なのか女性が虐げられているようにも感じますね。

それに慰安婦という言葉を始めて聞いたのが、15年くらい前ですかね、この慰安婦問題がマスコミで報じられてからです。それまでは聞いたことがないですね。
最初は娼婦ではなく、看護婦の様な語感で・・本当に慰安婦と呼んでいたのですかね? これは慰安所あり、娼婦と呼ばないで、意図的に慰安婦と言う禁止用語の為に使われた言葉(用語)ではないでしょうか?・・そんな気がします。

良くある事に、当時の状況や生活習慣を理解しないで、現代のモラル感で比較することです。それと戦争と植民地とかを考える時、搾取する側とされる側の二元論で搾取が起きていた事を前提に考えていることです。

Posted by 夢見る親父 at 2011年10月20日 16:25
@えいとさん→えいと@さん 誤記は申し訳ありません。
Posted by kgofboston at 2011年10月20日 16:39
はじめまして
記事をありがとうございます。
わたしは小野田さんは真実を証言していると思います。
なぜ日本のマスコミなどこのような証言を大きく伝えないのでしょうか。
ネットの情報で知ることと新聞、テレビで伝えることの違いをやっとこの頃わかってきた者です。

これからも拝見させてください。感謝。
Posted by 一読者 at 2011年10月20日 20:22
こんばんは。

従軍慰安婦は当時、欧州戦線にもいました。ヘミングウェーの小説にも出てきます。寒国はそういうことを問題にして強請ってきてるだけじゃないですか!

当時、そういう婦人がいたことは確かでしょうが、職業としてやっていたのですよ。強制連行などはなかったと、15年以上前に、帰還兵の老人から聞きました。

それにても、スワップのニュース聞きました?えいとさんなら記事にしてくれると期待してますが。まったくこんな政権を選んだ我が国民がつくずく情けないです;;
Posted by 館主 at 2011年10月20日 20:27
追記です。

えいとさんの記事に挑戦的なコメを寄せる方がいらっしゃいますねえ。えらい褒め殺しようでしたが。。。

では、「彼女らが性奴隷だった」という証拠はあるんでしょうか?そして、それが恣意的に作られたものではないと100%証明できるものは??

正直、この件には反対派も賛成派にもまあ、同じことが当てはまるでしょう。昔のことなんてもうハッキリわからないんですよ。

我々日本人にとって問題なのは、リアルタイムでは経験していない、あったかどうかわからない件で、ゆすられるということなんです。

それを阻止するためには、日本人側としては自分に有利な主張をするしかないと思うわけです。それを得意げに優等生面して、あちらさんに肩入れするなんざ、酔狂としか言いようがない。

仮に当時の日本軍が黒だってことで、謝罪したところで、いつまでも強請りネタにされるようじゃたまったもんじゃありません。あのコメ書いた人にとって清廉で美しく正義に満ちたことだとしても、我々には迷惑千万なことでしかありませんね。

それで、実際に賠償金として税金やらなんじゃら奪われるんですからねえ。まして、非リアルタイムのグレーなかどでですよ!?

いっそ、「性奴隷説」賛成者だけがお金を出し合って賠償なさったらいかがでしょうか?納得しているのでしたら。
Posted by 館主 at 2011年10月20日 20:48

皆さま,いつもコメントをありがとうございます。

本日よりワシントンDCに出かけますので、お返事が遅れます。
申し訳ありません。
戻りましたらお返事をさせていただきますね。


     えいと@


Posted by えいと@ at 2011年10月20日 23:09
こんばんは(*^。^*)

小野田さんを見てるとつくづく昔の日本人はすごいな〜立派だな〜と
思ってしまいます。
察するにどんな思いで30年近くも異国で一人でいたのかと思うと…たまりません。
また帰国してからは日本が変わり過ぎてもっと苦しかったのではないでしょうか?
ブラジルに渡った気持ちがわかるような気がします。

>しかし靖国神社に寄付をするのは 軍国主義の復活だ!
>…と当時の世論は 小野田氏を非難、攻撃します。

えー! 小野田さんは靖国神社に寄付をして非難されてたんですか?
だって立派な行いじゃないですか!
知りませんでした…
つくづく…日本てこんな国だったんですね。
考えてみれば「軍国主義」と言ったコトバもおかしなもので
軍があったら「軍国主義」なんですか? 
だって軍がない国なんかないですよね。

小野田さんへの意味不明の非難も戦後の教育の成果なんでしょうか。
そう言えば日本の教育のがんと言われる「日教組」の正体は
・自虐的教育
・過激な性教育
・ジェンダーフリー教育
・ゆとり教育推進
・道徳教育反対
・国旗国歌反対 
だそうで…(みごとに日本つぶし)
「神社に寄付をして非難」は「自虐的教育」の成果なのかな!?

従軍慰安婦の問題は全くもって他国からの言いがかりですよ。
これは日本の自虐的教育に便乗した詐欺だと思ってます。
あいの子がいないのもヘンですし、常識的に考えて規律の厳しい日本軍
が勝手なことが出来たとは思えません。
国益を損なう間違った認識ウソについては断固抗議すべきです。

P・S
売国議員としておぼえました〜↓ 日本人にあやまれ!
社民党の服部良一氏 民主党の岡崎トミ子氏
Posted by リボン at 2011年10月21日 00:25
ほんとですね〜、小野田さんのフィリピンでの29年間って考えられない時間ですよね。
単純に私の今ぐらいの年齢(すみません、サバ読んでますw)ずっと戦争が終わってないって信じて生きていたって思うと、考えられません。

彼が息をひそめて生きてる間、日本はホントに変わってしまいましたよね。
良くも悪くも。
小野田さんだけじゃなく、日本のために戦争で命を投げ出し、日本の為に戦ってこられた方達の事を思うと、今の日本は。。。。って思ってしまいます。
彼らもこんな日本にするために戦ったんじゃないって思うでしょうね。

もし日本が戦争に勝っていたら今頃どうなってたでしょうか?
軍事国家になっていたのかな?
日本が負けたからこそ、元来の日本人のパワーで国を立て直したんだって思う気もしますが、それが今では平和ボケが強すぎて、、、

リベラルという名のオブラートに包まれてあまりにも日本という国をないがしろにしている気がしますよね。

国際社会に適応するように心がけるのはもちろんだけど
売国になるのは論外。

そこをはき違えて外交、政治をしているような気がしますよね。

そしてほとんどの日本人は政治に無関心ときた日には、今後の日本が思いやられますよね(私もその一人だったけど、汗)

一人でも多くの人がメディアに踊らされず、自分で情報を得るように心がけてくれればいいなって思います。

いつも色んなことを教えてくださるえいと@さんに感謝です♪
Posted by Frau Kuritan at 2011年10月21日 04:49
>では、「彼女らが性奴隷だった」という証拠はあるんでしょうか?

クイズの答えが提示されてこなかった事がそっくりそのまま、彼ら(海外の議員達)が日本を非難する根拠になります。ですので、それが少なくとも彼らにとっては「彼女らが性奴隷だった」という証拠になるんでしょーね(笑)。
Posted by kgofboston at 2011年10月21日 10:46
この問題、朝鮮人と反日左翼と洗脳正義バカがいる限り、ずっと続きます。
なぜなら被害者(デッチ上げも含め)の意見を鵜呑みにすることで
朝鮮人と反日左翼には利益がうまれ、洗脳正義バカの心の満足を満たすことが出来るからです。
こういう輩は始めから加害者の意見は聞きません。
痴漢の冤罪事件とまったく同じ構図ですね。
被害者の嘘は一切問いませんし、初めから本当だったという前提で話を勧め
後の議論は一切ない。
しかも被害者側は慰安婦の証言だけで進められ、確たる証拠なんてありません。
そして加害者側の意見は、どんな証言や証拠を持ってきても「嘘」だと一蹴する。
慰安婦に対しては「証言が一番の証拠」になり、日本大しては「証言だけでは信憑性がない」となる。
これでは永遠に平行線です。
利益が生まれる間は絶対に終わりません。

ただ、チャールズ皇太子も言っているように、娼婦っていうのは世界最古の仕事であり
今後もなくなることはありません。
どんな世の中になっても男と女がある限り、無くすのは無理です。
だから商売になる。
その商売を巧みに利用する人間もいる。
慰安婦に関しては、たまたま戦争が絡むので大罪のような扱いになるが、
戦争がなくても朝鮮にももともと娼婦はいたのですから不思議はありません。
なにせ韓国では娼婦が堂々とデモをするような国ですからね。
戦争という特異な状況だけを盾にとって慰安婦などと主張するのには首を傾げます。
昔からどの国にも娼婦はいて、その入り口に女衒がいたりブローカーがいたりと
闇の組織との繋がりがあって、女の稼ぎで儲ける輩がいるんです。
慰安婦とか言うなら、韓国側もまずそこから洗い出す必要がありますよ。
ブログの証言集は、事実だと思いますよ。
それどどう取るかは、取側の主観なんでしょうけどね。

ちょっと話が逸れますが、赤線・青線が廃止になった時、一番喜んだのは娼婦ではありませんよ。
職場がなくなり困った娼婦もたくさんいるんです。
一番喜んだのは女の権利を叫ぶフェミニスト集団(政治家も含め)です。
娼婦=可哀想な女というのは一概に言えないということです。
望んで娼婦をやっている人もいるのですから。
女の権利を本当に考えるなら、娼婦も含め職業選択の幅を持たせることですね。
オランダでしたっけ?娼婦を公務員扱いしている国もあるのですから。
こういう慰安婦問題も一方的な主観で語られるのは実に危険です。

まず両者の話を聞くというテーブルついてから始めるべき話ですが、
日本は反日を正義と思っている上記のような政治家(バカ)が多いので困ったものです。

Posted by ちょびまめ at 2011年10月21日 12:23
こんばんは

仕事が忙しく

今日も遅くなってしまいました。

小野田さんの事 おぼえていますよ

日本に帰ってきてから うまくとけこめなかったような 記憶があります

ブラジルにいかれたんですね

来年で90歳

ビルマで戦死した叔父を思うことです。

慰安婦、というか

こうした職業・をもつ人は韓国には今もいるんじゃないですか

戦争中彼女達の貧しさを すくったようなものなのに、、

このことでも 多くの日本人がまちがった知識を教え込まれているんですね


DC たのしんできてくださいね

えいとさんも あちこち出かけ お忙しいですね

おきをつけて








Posted by はちきんイジー at 2011年10月21日 13:09
昨日から何度かコメントのアップを試みたのですが、エラーと出るだけでした。きょうも朝鮮(挑戦)

実際私も、赤線、青線、女衒、慰安婦など何一つ体験談を話せませんが、生き証人は殆どいないでしょう。ですから、推測や書き残された書籍、映画などで推測するしかないのですが・・。
つい最近まで韓国では売春街が公然と営業してました。今は取り締まり厳しくなっているようです。通りの写真も沢山ありますね。また、売春婦のデモもありました。これは日本では見られない光景ですね。70年代はまだ戒厳令下で夜間の外出は禁止で、女性と一夜が当たり前で、韓国旅行と言えばキーセンです。今もホテルに泊まればお声がかかると聞いてます。
今もこの種の韓国女性が日本で不法入国等を含め5万人日本で営業していると言われています。戦前も例外ではないでしょうし、軍の衛生上の理由からも従軍慰安婦が理想であったかも知れません。梅毒などの性病や風土病は軍隊では致命的な問題になります。それに各地に混血児を沢山残す事にもなります。
Posted by 夢見る親父 at 2011年10月22日 12:32
いつもいつもご苦労様です。
こちらの記事とは直接関係はないのですが、
今、こんな記事を見つけましたので、お知らせします。

反民主党デモ!!
■韓国5兆円支援なら被災地を支援しろ■
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/

【開催日時】10/30 (日)
【集合場所】水谷橋公園
【集合】15時集合 15時半出発
【解散場所】日比谷公園

主催 日本侵略を許さない国民の会
協賛 在日特権を許さない市民の会・排害社 

デモルート:水谷橋公園→城辺橋左→外堀左→数寄屋橋→日航ホテル前→藤幸町→日比谷公園


取り急ぎお知らせしておきます
夜に記事を書きます
ということです。


追伸:青山さんがパクを向こうにまわして熱い!!
   http://politiceconomy.blog28.fc2.com/
の中の青山さんの悔しさ、怒りがひしひしと伝わってきます。 それにしても、吉川というあの売国奴。
この動画ごらんになりましたか?

本当に今、食い止めないと!!!
私も海外在住です。なにもできない自分が悔しいです。

Posted by ■韓国5兆円反民主党デモ!! at 2011年10月23日 07:38
>クイズの答えが提示されてこなかった事が>

探偵の謎解きのようにもったいつけてヒントを出されても、私などには皆目見当がつきません。誰にでもわかるように、はっきり説明していただかないと……

>ですので、それが少なくとも彼らにとっては「彼女らが性奴隷だった」という証拠になるんでしょーね(笑)。>

この議論が水掛け論になることくらい誰でもわかりそうなことだと思いますが……。だから折れるべきなの??ずいぶん素直なご性格ですね。
Posted by 館主 at 2011年10月23日 08:34
私がこないだ教えてあげたエリアにある、怪しげなスポットね、今度走る時は、注意して見てねw
あの辺で働いてる売春婦、あるいは風俗嬢っていうの?(かなり年配らしいから、嬢もなんやけど)アジア人は韓国人ばっかりらしいよ。
実際、逮捕されて新聞に載ってた売春婦たちも韓国籍って書いてあったしね。
アメリカも、早く彼女らを一掃しないと、後々、慰謝料だの性奴隷だの騒ぎ立てられるね。もっとも、自ら法を犯してまで「慰安」しに来てるんやけどね・・・これだって、時間がたてば「強制連行」されたなんて言い出すのが、お家芸やねんから。



Posted by ジェニ at 2011年10月24日 05:26
クイズ解答編

えいと@さんがいらっしゃらない間に解答書くのは良くないだろうと思っていましたが、個人の都合上この時点で書かせていただきます。
突っ込み等々、後ほど時間があれば返せる時もあるでしょう。

さて解答編です。
随分と琴線に触れられた方もいらっしゃるようで中々、面白い反応をいただきました(笑)。
まあ、ほぼ正解らしき内容を書かれた方もおりましたが。正解は「本人の就業同意の確認」です。

奴隷とは「被差別下における選択肢のない状況」を指します。
奴隷でない事を示すのなら彼女達に選択肢があった事を示さなければなりません。

そして現存のほぼ全ての史料から、慰安婦に選択肢などなかった事実がはっきりしています。
例えばえいと@さんがいつだったか示したミッチナの資料(米軍による実地調査と書いていらっしゃいます)。慰安婦の待遇が悪くなかったという部分だけ都合良くトリミングして引用しています。
ミッチナの資料で重要な点は、かなり恵まれた慰安所においてすら彼女達に職業選択の自由がなかった事です。
そもそもこの米軍による実地調査が彼女達が性奴隷ではなかったという証拠になるのなら、アメリカで非難決議が通るのは矛盾しているでしょう。

残念ながら
1.高額の給料、待遇の良さ(休みが云々)
2.強制連行の有無
3.ブローカーがやったことで軍に責任はない
等々の言い訳は慰安婦が性奴隷ではなかった、という証拠にはなりません。
理由は簡単。同じ文脈、構造で古今東西の奴隷を正当化できちゃいます。

@黒人奴隷は給料をもらっていたし、休みもあった。中には高額の給料をもらう者もいたし、デモだってあった。だから奴隷というのは適切ではない。
 北朝鮮による拉致被害者は、かの国の中では一般国民より待遇は良く豊かな生活を送っていた。だから奴隷ではない。

A黒人奴隷は軍隊に強制連行された者ばかりではない。中には騙されて連れてこられた者もいる。だから奴隷というのは適切ではない。
 北朝鮮による拉致は強制的に行われたケースだけでなく、被害者を騙して拉致したケースもある。だから奴隷ではない。

B黒人奴隷を騙したのは業者であり、軍や政府が連れてきたわけではない。だから軍や政府に責任はない。
 北朝鮮による拉致は一部の特殊機関が暴走した結果であり、政府が命令した訳ではない。だから北朝鮮政府に責任はない。

まだまだいくらでもありますよ。
まあこの辺りの言説を受け入れるというのなら、慰安婦の件も一貫性だけはあります。それが世に受け入れられるかは知りませんが(笑)。

あとよくある言い訳として
4.慰安婦は公娼であった
なんて方もいらっしゃいます。公娼の条件を知ってるのか甚だ疑問だったのでクイズ形式にして誰が答えるか試してみました。
だから赤線、青線なんてヒントまで出した訳です。当時の公娼の条件はいろいろありますが、主なところとしては

‐本人の就業同意の確認
‐未成年者禁止
‐借金のカタに取ることは禁止

です。さて、公娼であるはずの慰安婦の「本人の就業同意の確認」はどこにあるのでしょうね(笑)?

あとは蛇足です。

>女の権利を本当に考えるなら、娼婦も含め職業選択の幅を持たせることですね。
素晴らしい(笑)。ほぼ正解です。で、慰安婦に職業選択の幅があったことを示す、これがあなた方がやるべき事なのです^^

>それを得意げに優等生面して、あちらさんに肩入れするなんざ、酔狂としか言いようがない。
酔狂ではありませんよ。実際、北朝鮮拉致や中国の人権侵害を非難するためには、慰安婦問題であなた方が使う論理は通用しません。
それはダブルスタンダード丸出しで彼らに隙を見せているのと同じです。

>戦前も例外ではないでしょうし、軍の衛生上の理由からも従軍慰安婦が理想であったかも知れません。
なるほど。こーゆうメンタリティなら「性奴隷を認める明るい社会。その方が私(軍)にとって都合が良いのだから。」
と開き直った方が早いのかもしれませんね。公衆の面前で裸踊りをするのも個人の自由ですから(笑)。
Posted by kgofboston at 2011年10月25日 13:22
>えいと@さんがいらっしゃらない間に解答書くのは良くないだろうと思っていましたが>
はた見ると、えいとさんにああ言われて後から考えた的なセリフ感も否めませんが、ああ、そういう理由だったんですね。なるほど、律儀にお帰りを待っていらしたとは。そこまでブログ主を尊重しているようなお言葉使いにはあまり見えませんでしたけど、意外でした。「海外の議員には説明義務があって、我々読者に対してはない」、というのはどういう整合性なんだろうかと思いましたが。

>酔狂ではありませんよ。>
そこが「琴線」に触れたんですねえ。
おや、私が酔狂だと思うのは、何でわざわざ日本に不利な材料をほじくり出してきて、得意げに披瀝されるのかなぁ??ってことです。だって、単に謝罪だけじゃすまないんですよ。血税から賠償金をせびられちゃうじゃん。

私は別に他の方と全く同じ理屈ではありません。大雑把に言うと、前にも触れたように何が真実かというのは、二の次。なるほど説なんてものは諸説あるでしょう。

でも、外交というものは、マキャベリズムでもそうですけど、宗教家のような道徳的にやるものではありません。自分側に有利な説をごり押ししていくべしです。私は専門家ではありませんが、勝てる理屈、説を考え出してくるのが外交術です。多少力技でもね(^^)。中国だって自分のことは棚上げしてるけど、嘘も百回言って通しちゃってるし。

まあ、その筋のお勉強はお詳しいようですが、日本を不利に追い込むような証拠を探しまくって、何が楽しいのかわかんないだけです。増税してくれと言ってるようなもんです。ご自身にとっては高潔な態度でも、ケチな私などには不思議だ、という意味で、「酔狂」だと形容してしまいました。お気にさわったようなのでお詫び申し上げます。
Posted by 館主 at 2011年10月25日 20:37

>reeさん。

>小野田氏の帰国の事、テレビで見てました。
>あの頃はどの番組でも彼を取り上げてましてね、私はうちの娘くらいだったんですが、曾祖母がちゃんと分かるように話してくれました。

29年間もジャングルの中で生活をされていたって、すごいことですよね。
戦争は終わったのだと知ってても,上官からの命令が無かったら帰らない!…というあたりは,本物の軍人だなって思います。
これが日本の軍人の姿なのです。

>この方は生きる戦争歴史。多くの事を正しい事を残して欲しく思います。

本当にそう思います。
小野田氏は御年90歳! まだまだお元気でいらっしゃいます。
そして今の日本をとても憂いておられます。
できるだけ多くのことを語って欲しい。
日本の名誉回復のためにも…!


Posted by えいと@ at 2011年10月26日 04:21

>モリオリママさん。

>小野田さんのブラジル転居は、帰国してからの日本の時代のギャップが、それほどひどかったってことだったんですね。。

寄付金を靖国神社に納めたことを非難する国民なんです。戦後の日本人は…。
日本という国を作り上げてきた先人に捧げることの何が悪いんだ? なぜそれが軍国主義で悪いことなのだ?…と小野田氏は愕然とされたことでしょうね。
戦争に負けて,日本人の心がすっかり失われてしまったのだと痛感されたのでしょう。

>本当に残念です。。日本に居て活躍できれば、生き証人になってくださる方なのに。。

ブラジルで生計をたて、軌道に乗ったあたりから小野田氏は日本とブラジルを往復する生活をされています。
そして、日本の子供たちに「自然と生きる」ことや「国を守るために生きること」を教えておられます。
また,執筆活動もされているようですね。
本当に生き証人です。多くのことを教えていただきたいですね。

>知らないということは、相手の言うままという恐ろしい罠にはまります。

そうなんです。
知らないこと=相手の言うことを鵜呑みにしてしまう…という危険があります。
多くの日本人は子供の頃にきちんと近代の歴史教育を受けていません。
だから知らないのです。
知らないから,韓国や中国の言うことに容易になびいてしまうんですよね…。

>日本に里帰りされていたお友達、同級生に今は自分の生活に精一杯で、政治のことまで頭が回らないと言われたそうです。
>政治を理解しないと、その自分の生活すら、脅かされることに気づいていないんですよね。
>私も他の日本人の方から、同じことを言われました。

確かに忙しいと政治のニュースに興味なんてわかないでしょうね。
政治の難しい話を聞くよりも,頭を使わなくてもいい娯楽番組に傾いてしまうのはやむを得ないことだとは思います。
ですが、自分の国が,自分の生活が脅かされようとしているのに、それでも無関心なままでいるのが今の日本人の姿なのです。
政治のこと、日本の近代史を知らなくても確かに生活はできます。
でも,私たちの世代が無関心でいることで自分たちの子供や孫,後世の世代に大変な時代が来るかもしれないのです。
自分さえよかったらいいはずはないんですけどね…。

>なぜか、今だに韓国は日本より経済がいいと思ってる人が多いんですよね。。

サムスンが好調だからでしょうか…?
サムスンが好調で,アメリカでも欧州でも,今や電化製品は韓国製が主流となってますからね。
日本の電化製品メーカーは大負けしています。
これはウォン安のせいで、けして韓国国内の経済がいいということではありません。
サムスンが大きな利益を出しても,韓国国内の経済が良くなっているとはいえないんですよね。

>増税、増税って、一体誰のためでしょう?

多くの人が誤解していますけど、
通貨スワップは日本人が納めた税金を使うわけではないんですよ。
日銀が外貨準備金などを使って行うもので、
日本人の生活に直接影響するものではないんですよね。

野田総理は震災のツケを次の世代に回さないために増税を…と言っています。
しかし1000年に一度起こるか起こらないかの大地震の被害であったのに、今の世代だけで負担をするのはおかしなはなしですよね。
今,お金をかけてインフラの整備をした設備などは、次の世代も恩恵を受けるわけですから。

今のような不景気な状況で増税をすれば日本経済はどうなってしまうか…。
素人でもわかることです。
それを野田内閣は行おうとしているんです。
もっと国民は声を上げないと…!って思います。

Posted by えいと@ at 2011年10月26日 04:46

>夢見る親父さん。

>小野田さん、お歳を召してもいい顔してますね。

いいお顔ですよねー。
お人柄がよく出ています。

>当時の写真と今の小野田さんと比べると目が違いますね。
>当時は死ぬか生きるかの、殺すか殺されるかの世界にいたわけですから、厳しい目と表情をしてますね。

そうですね。
そして軍人としての誇りがあったのだろうと思います。それが当時の小野田氏の目に表れているのだろうと思います

>キーセンパーテイーとか呼んでました。日本からも沢山出かけてましたね。つい最近まで韓国のGDPのかなりの部分を占めてました。今は売春は禁止ですが、現在も遊郭が残ってます。
>今もホテルに泊まるとその種の女性が声をかけて来るとのことです。お金を出せば旅行の案内や夜のお供もすべてやってくれるパートナーを所望できるそうです。また、日本には5万人の韓流娼婦が鶯谷や川崎にいるそうですよ。アメリカでも不法入国で売春目的の韓国人女性が沢山検挙されてます。

キーセンパーティや韓国女性の売春は有名ですよね。
需要があるから供給があるのでしょう。
私は売春を行っている女性を,単純に非難しようとは思わないんです。
生活のためにやっている女性も多くいると思うからなんですね。

戦時中も同じであったと思います。
特に戦争中の軍人さんや兵士はストレスがたまるでしょうし、発散させる場所が必要です。
そういう需要があったから、斡旋する業者がいて、慰安婦がいて、だからこそ慰安所が存在したのです。
これは日本だけではなく,戦争を経験したどの国もあったことです。
なのになぜ日本だけがここまで追求されるのか…。

>それに慰安婦という言葉を始めて聞いたのが、15年くらい前ですかね、この慰安婦問題がマスコミで報じられてからです。それまでは聞いたことがないですね。

記事の中の写真に写っていますが「慰安所」は存在しました。なので「慰安婦」という言葉はあっただろうと思います。
ただし「従軍慰安婦」というのは存在しなかったのです。
それをあたかも「軍が命令をして、人さらいのようなことをして強制的に働かせた=従軍慰安婦」に変化してしまったのですね。

>最初は娼婦ではなく、看護婦の様な語感で・・本当に慰安婦と呼んでいたのですかね? 

そのへんはよくわかりませんが…。
娼婦とか売春婦という呼び方はしていなかったのでしょうね。
挺身隊は看護婦さんたちでしたが、慰安婦は戦後、「自分たちは慰安婦でした」と言いにくかったので「挺身隊でした」と言ったということは有名ですよね。

>当時の状況や生活習慣を理解しないで、現代のモラル感で比較することです。

そうなんですよね。
今の常識であの当時を考えるから「残酷だ」「かわいそう」という風になってしまうのです。

>戦争と植民地とかを考える時、搾取する側とされる側の二元論で搾取が起きていた事を前提に考えていることです。

そうなんですよね…。
欧米の植民地と日本の植民地は全く異なりました。
搾取するだけであったのなら、あれだけのインフラは整えなかったでしょうし、
軍人になって出世もできなかったろうと思います。
そういう事実を無視して,あの時代を語るのはおかしなことですね。


Posted by えいと@ at 2011年10月26日 05:05

>一読者さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>わたしは小野田さんは真実を証言していると思います。

私もそう思っています。
小野田氏は嘘をつくような人ではありません。目を見たらわかります。
自分の利益になるからこういった証言をされたのではないんですね。
日本のために、先人の名誉のために発言されたのだろうと思います。

>なぜ日本のマスコミなどこのような証言を大きく伝えないのでしょうか。

マスコミが…特亜よりだから…ということでしょう。
フジTVの事件からわかるように、特亜について悪くいうと芸能界から干されてしまいます。
現にひとりの芸能人が解雇されましたよね。
NHKや朝日放送、TBSを見ていてもかなり特亜の国よりな放送がなされていますよね。
小野田氏の証言を取り上げようという放送局はないでしょう。
チャンネル桜くらいでしょうか。

>ネットの情報で知ることと新聞、テレビで伝えることの違いをやっとこの頃わかってきた者です。

気がついてくださって本当に良かった!
きっかけが大切なんです。
マスコミは伝えないし、こういう話題を友人の間ではなかなか上がらない。
なかなか気がつくチャンスが無いのですね。
TVしか見ない人は「情報難民」です。
少しでも多くの方に「情報難民」から脱して欲しい!
そう願っています。

またブログにご訪問くださいね。お待ちしています♪

Posted by えいと@ at 2011年10月26日 05:17

>館主さん。

>従軍慰安婦は当時、欧州戦線にもいました。ヘミングウェーの小説にも出てきます。寒国はそういうことを問題にして強請ってきてるだけじゃないですか!

そうなんです。
慰安婦はどの国の戦場にもいました。
でないと長い間戦えないでしょう。
若い兵士たちのストレスを発散させる場所は絶対に必要なのです。

>当時、そういう婦人がいたことは確かでしょうが、職業としてやっていたのですよ。強制連行などはなかったと、15年以上前に、帰還兵の老人から聞きました。

結局「お金になるから」さわいでいるんでしょうね。
吉田清治という人物が 昭和58年(1983年)に「私の戦争犯罪・朝鮮人連行強制記録」という著書を発表し、(これは後に「全てウソでした」と本人が証言しています)
その後に朝日新聞が 平成3年(1991年)から翌年にかけ4回にわたり掲載した,その後から韓国が騒ぎ始めたのですから。
日本の左翼の弁護士が「慰安婦だったと申し出たら、お金を日本政府からぶんどれるぞ」と韓国人にけしかけたから騒ぎ始めたのです。
本当に従軍慰安婦が存在したのなら,戦後すぐに騒いでいるはずです。

>それにても、スワップのニュース聞きました?えいとさんなら記事にしてくれると期待してますが。まったくこんな政権を選んだ我が国民がつくずく情けないです;;

確かに援助するならするで、しっかり政治力を使ってうまく外交をしてくれたらいいのですが、
それをしない野田総理には怒りしか感じません。

でも、スワップの問題を なぜこんなにみんなが騒いでるのか…と私は疑問に思っているのです。
多くの人が誤解していますけど、
通貨スワップは日本人が納めた税金を使うわけではありません。
日銀が外貨準備金などを使って行うもので、
日本人の生活に直接影響するものではないんですよね。
だから「韓国には援助して日本人に増税なんて許せない!」…って怒ることはナンセンスなのですよ。

IMFを通さずに直接スワップをするのは,確かに危険なことではありますが、
IMFには確か限度額があったと思うのです。
その限度額を超えちゃったのかもしれません。
で、韓国経済が破綻しちゃうと日本の企業も影響を受けますからね。
ほったらかしにはできなかったのだろうと思います。

ただ、日本が韓国にいくら援助しても韓国側はまったく感謝の気持ちを持たないし、相変わらず反日だし、
竹島問題も慰安婦問題も どんなに援助しても韓国側の態度は変わりませんからね。
援助するならするで、もっと外交カードとして使って欲しいもんだと思います。
それが政治力ですからね。
韓国人から献金をもらってる野田総理じゃ 韓国に対して政治力を発揮なんて無理な話でしょうけどね…。

Posted by えいと@ at 2011年10月26日 05:34

>リボンさん。

>小野田さんを見てるとつくづく昔の日本人はすごいな〜立派だな〜と思ってしまいます。
>察するにどんな思いで30年近くも異国で一人でいたのかと思うと…たまりません。

本当に立派な方ですよね。
29年の間で「戦争は終わっているかもしれない」と感じることはあったそうです。
頭の上をジャンボジェット機が飛んで行くのをご覧になってましたから。
あんなでかい飛行機じゃ戦えませんからね。明らかに戦争で使う飛行機ではないなと思われたようです。
それでも出てこられなかった。
やはり軍人としての誇りがあったのでしょう。
上官から「戦闘を解除」する命令が無かったら 任務を放棄はしない!
なんて素晴らしい方なのでしょうか。

>また帰国してからは日本が変わり過ぎてもっと苦しかったのではないでしょうか? ブラジルに渡った気持ちがわかるような気がします。

苦しかったでしょうね…。
戦争で亡くなっていった戦友に対し、顔向けができなかっただろうと想像します。

>えー! 小野田さんは靖国神社に寄付をして非難されてたんですか? だって立派な行いじゃないですか!
>知りませんでした…
>つくづく…日本てこんな国だったんですね。

靖国神社が「戦争を賛美する神社」であるという認識がはびこっていた時代ですからね。今でもそんな風に思っている人はいますけど。
戦後の教育がこんな風に日本人を変えてしまったのです。

>考えてみれば「軍国主義」と言ったコトバもおかしなもので 軍があったら「軍国主義」なんですか? 
>だって軍がない国なんかないですよね。

日本の軍は「悪い軍」ですから。(苦笑)
「日本は悪い国なので、軍を持つ=悪魔に変貌する」…と「軍国主義」などと言う人は信じ切っているのでしょう。

>「神社に寄付をして非難」は「自虐的教育」の成果なのかな!?

その通りです。
すべて戦後の日教組の教育のおかげさまです。
日本人の心の奥にある「自虐史観」を払拭しないと、いつまでも変わらないでしょうね。

>従軍慰安婦の問題は全くもって他国からの言いがかりですよ。これは日本の自虐的教育に便乗した詐欺だと思ってます。

同感です。
結局は日本人の心の奥底に「自虐史観」があること、そしてそれを利用する外国人がいる…ってことなのでしょうね。

>売国議員としておぼえました〜↓ 日本人にあやまれ! 社民党の服部良一氏 民主党の岡崎トミ子氏

日本人でありながら日本政府に拳を振り上げるとは…。
こんな人間が国会議員ですよ? 
この顔は絶対に忘れてはなりません。
有権者はもっとしっかりどんな人物なのかを見て投票しないといけませんね。

Posted by えいと@ at 2011年10月26日 05:49

> Frau Kuritanさん。

>小野田さんのフィリピンでの29年間って考えられない時間ですよね。
>単純に私の今ぐらいの年齢(すみません、サバ読んでますw)ずっと戦争が終わってないって信じて生きていたって思うと、考えられません。

想像を絶する生活であったろうと思います。
日本の再建を信じて29年間もジャングルで暮らされていたんです。
頭が下がる思いです。

>彼が息をひそめて生きてる間、日本はホントに変わってしまいましたよね。良くも悪くも。

そうですね。
生活は豊かになりましたよね。
表面上は平和になりましたし。(拉致事件や領土問題を考えると国家主権を脅かされているということなので,真の平和ではないですけどね)

>小野田さんだけじゃなく、日本のために戦争で命を投げ出し、日本の為に戦ってこられた方達の事を思うと、今の日本は。。。。って思ってしまいます。
>彼らもこんな日本にするために戦ったんじゃないって思うでしょうね。

一番辛い思いをされたのは、実際に兵士として戦争を戦って生きて戻られた方であろうと思います。
何のために戦ったのだろう…。
戦友は何のために死んでいったのか…こんな日本にするために死んでいったのか…と涙をのむことが多かったろうと思います。
それを言うことが許されなかった時代が長く続いたのですから。

>もし日本が戦争に勝っていたら今頃どうなってたでしょうか? 軍事国家になっていたのかな?

あの戦争に勝っていたら…どうなっていたでしょうね。
アメリカとソ連の冷戦ではなく、日本とソ連の冷戦になっていたかもしれませんね。
それはそれで怖いことですけど…。

>日本が負けたからこそ、元来の日本人のパワーで国を立て直したんだって思う気もしますが、それが今では平和ボケが強すぎて、、、

日本は戦争に負けて良かったのだと言う人がいますが,私はそうは思いません。
悲惨な負け方をしてしまったから こんな風にいつまでも戦争責任を言われ続けるのですよ。
もっとはやい時期に講和に持っていくべきだったのです。
判断が遅すぎましたね。まぁ日本人にはありがちなことですが。

>国際社会に適応するように心がけるのはもちろんだけど売国になるのは論外。
>そこをはき違えて外交、政治をしているような気がしますよね。

政治家自身が自虐史観にドップリと浸かっているからでしょう。
売国している考えていないのですよ。
日本が悪いことをしたんだからその償いをしなくてはならないと思い込んでいるのです。
今の政権与党の民主党(野党では社民党)が一番自虐史観が強い連中の集まりなのでしょうね。

>そしてほとんどの日本人は政治に無関心ときた日には、今後の日本が思いやられますよね(私もその一人だったけど、汗)

民主党政権になって以降、だいふ気がつき始めた日本人が増えましたけど、まだまだパワーとしては弱いですね…。
こんな状況でも気がついていない人がいるのですからね…。
今の平和が永久に続くと信じているのでしょうけど…そういう人ほど何かあったら騒ぐんです。
本当に「情報難民」から脱して欲しいです。。。

Posted by えいと@ at 2011年10月26日 06:25

>はちきんイジーさん。

>小野田さんの事 おぼえていますよ
>日本に帰ってきてから うまくとけこめなかったような 記憶があります ブラジルにいかれたんですね

そうなのです。
あの時代は,リベラル旋風が吹き荒れていた時代で「軍事国家=悪」というのが一般的な考えでしたから。
国のために29年間も戦い続けられてこられた小野田氏にとって、あの時代の日本はいたたまれなかったことでしょうね。

戦争に実際に行かれた方は皆さん同じように言われます。
8月に護国神社の「みたま祭り」に参加した時も,戦争を体験された方が「こんな日本にしてしまい申し訳ありません」と英霊に詫びてらっしゃいました。
軍人を悪者にし、戦争を全て否定してしまった戦後の日本。
この教育を変えないと日本はいつまでたっても自虐史観から逃れられないでしょうね。

>慰安婦、というか こうした職業・をもつ人は韓国には今もいるんじゃないですか
>戦争中彼女達の貧しさを すくったようなものなのに、、

その通りです。
戦争中,お金のために身を売った女性は多数存在しました。(現在でも韓国の女性の売春婦は多いですよね)
今,あんな風に騒ぐということは、そういう女性に対して大変失礼なことであると思います。

>このことでも 多くの日本人がまちがった知識を教え込まれているんですね

そうですね。
政治家が確かな証拠も無いのに謝罪してしまいましたからね。
日本の国としての認識を改めないとダメでしょうね。
「慰安婦のおばあさんに謝罪と賠償を〜」と思っている日本人は、
これからもずっと永久に謝罪をし続けたらいいと思っているのでしょうかね…?

Posted by えいと@ at 2011年10月26日 06:35

>夢見る親父さん。

コメント入りにくいですか? ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

>つい最近まで韓国では売春街が公然と営業してました。今は取り締まり厳しくなっているようです。通りの写真も沢山ありますね。また、売春婦のデモもありました。これは日本では見られない光景ですね。

韓国では戦後〜2002年か2004年か、そのあたりまで売春業が合法でしたよね?
それが法律の変更で違法となっったのです。
それまで合法で働いていた韓国の売春婦たちは仕事を失うことになってしまいました。
そりゃデモもしますよね。

>今もこの種の韓国女性が日本で不法入国等を含め5万人日本で営業していると言われています。

違法となった現在でも売春をする韓国女性は多いようですね。
日本やアメリカで売春業をやっているのは韓国人の女性が多いと聞きます。
他の方のコメントで、PA州の私が住んでいる地域を車で30分〜1時間ほど南下した場所で売春を行っているエリアがあるそうなんですけど、
働いている女性の多くは韓国人なんだそうです。
で、源氏名が日本人の女性の名前なんだそうですよ…。(ため息)

>戦前も例外ではないでしょうし、軍の衛生上の理由からも従軍慰安婦が理想であったかも知れません。梅毒などの性病や風土病は軍隊では致命的な問題になります。

その通りです。
小野田氏も書かれていますが、病気の蔓延を防ぐため、また慰安所で遊んでいる兵士(無防備なかっこですからね)を守る意味でも軍が慰安所を警備することは必要であったのです。
そのことを取り上げて「軍が関与していた」とは…まったくもって呆れるばかりですね。。。

>それに各地に混血児を沢山残す事にもなります。

ベトナムには多くの韓国人とベトナム人の混血の子供がいるそうですね。
ベトナム戦争で韓国人自身がやったことはいったいどう弁護するのでしょうか。
聞いてみたいものです。

Posted by えいと@ at 2011年10月26日 07:26

>韓国5兆円反民主党デモ!!さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>それにしても、吉川というあの売国奴。この動画ごらんになりましたか?

先週の土曜日のたかじんNOマネーですね。拝見しました。
青山さんの怒り、よくわかりましたよ…。
日本人ならば,日本人であるなら、韓国で働いていても日本人であるという誇りを持ち、
竹島の議論になった場合でも,日本側の主張をして欲しかったですね。
でも、吉川氏はしなかった。
この人はサムスンに引き抜かれて行った方ですし、韓国よりの考えをお持ちなのかもしれませんね。
あるいは、韓国企業で安定的に働くには,韓国マンセーでいくしか無かったのかもしれません。
日本の技術をサムスンに流用したかもしれませんしね。
こういう日本人がいるってことは悲しいことですね…。。

>本当に今、食い止めないと!!!
>私も海外在住です。なにもできない自分が悔しいです。

一人の力は小さくとも,よれば大きな力となります。
海外在住者は直接デモに参加したり…はできませんが、
その他のことで何かできることはあるはずです。
私もそう信じて、こうやってブログで発信しています。
いっしょに頑張っていきましょう。



Posted by えいと@ at 2011年10月26日 07:36

>ジェニさん。

>私がこないだ教えてあげたエリアにある、怪しげなスポットね、今度走る時は、注意して見てねw

あのへん、めったには通らへんけど、アンティークショップに行く時に通るなぁ〜。
あのへんに車を停めることはないやろうけど、通った時見てみるわー。

>あの辺で働いてる売春婦、あるいは風俗嬢っていうの?(かなり年配らしいから、嬢もなんやけど)アジア人は韓国人ばっかりらしいよ。
>実際、逮捕されて新聞に載ってた売春婦たちも韓国籍って書いてあったしね。

アメリカって売春禁止よなぁ。
それでもこうしてアメリカくんだりまで来て,売春やるってすごいエネルギーやなぁって思うわ。

>アメリカも、早く彼女らを一掃しないと、後々、慰謝料だの性奴隷だの騒ぎ立てられるね。もっとも、自ら法を犯してまで「慰安」しに来てるんやけどね・・・これだって、時間がたてば「強制連行」されたなんて言い出すのが、お家芸やねんから。

ほんまやな。(笑)
せやけど,韓国人はアメリカには訴えへんで、きっと。
相手にしてもらわれへんもん。韓国って強いもんに弱いやん。
日本やから訴えたり騒いだりできるんやで。
日本も無視したらええねん。
せやのに、変に相手してしまうから調子に乗るねん。
日本人の中に「慰安婦のおばあさんかわいそー補償したらんと気の毒ー」って言う人もおるけど、
事実を知ったらひっくり返るやろな。
はよーひっくり返って欲しいって願うわ。


Posted by えいと@ at 2011年10月26日 07:44

>館主さん。

>えいとさんの記事に挑戦的なコメを寄せる方がいらっしゃいますねえ。えらい褒め殺しようでしたが。。。

ほめ殺しなんてもんではありませんよ。(笑)
明らかに私に対する挑戦でしょう。

>「彼女らが性奴隷だった」という証拠はあるんでしょうか?そして、それが恣意的に作られたものではないと100%証明できるものは??

kgofbostonさんがどんな風に思っておられるかは存じませんが、
私は「彼女らが性奴隷だった」という証拠はないと思っています。
それが恣意的に作られたものではないと100%証明できるものは何一つないでしょうね。

>我々日本人にとって問題なのは、リアルタイムでは経験していない、あったかどうかわからない件で、ゆすられるということなんです。
>それを阻止するためには、日本人側としては自分に有利な主張をするしかないと思うわけです。それを得意げに優等生面して、あちらさんに肩入れするなんざ、酔狂としか言いようがない。

その通りですね。私も同感です。
日本人の中で「従軍慰安婦は存在した、慰安婦のおばあさんは気の毒だ,補償をきちんとすべき」だと言い切る方は 戦後何十年も経ってからやっと出て来た証拠を見ないフリをしています。
あるいはその証拠が信じられないと思い込んでいますね。
まぁ,今まで自分が信じて来たことがウソであった…となると,自分自身を否定されるような気分になるからかもしれませんが。

>仮に当時の日本軍が黒だってことで、謝罪したところで、いつまでも強請りネタにされるようじゃたまったもんじゃありません。あのコメ書いた人にとって清廉で美しく正義に満ちたことだとしても、我々には迷惑千万なことでしかありませんね。

平成5年に河野洋平氏が謝罪談話を発表しましたし、その後も当時の宮沢総理は訪韓した際に8回も謝罪をしています。
日本政府は謝罪をしていない、日本はいつまでも反省しないというのはウソです。
ま,この謝罪があったから延々と揺すられる結果になっちゃったわけですけどね。
結局,お金なんですよ。
お金をとるために何度もこの問題を蒸し返しているに過ぎないのです。

>いっそ、「性奴隷説」賛成者だけがお金を出し合って賠償なさったらいかがでしょうか?納得しているのでしたら。

あー! これ! いいですね!
「性奴隷説」賛成者だけがお金を出し合って賠償してください〜ですよね。
でもきっと誰一人しないでしょうね。「日本政府の責任だし」って言いますよ、きっと。
結局ね、偽善者なんですよ、「性奴隷説」賛成者って。
「かわいそう、なんてお気の毒、日本って何て酷い!」
で、内心は「かつての日本に虐げられた人々を気の毒に思う私って、何て良い人なのかしら!」ですよ。
だからやれ賠償だ謝罪だという段になって自腹を切ろうなんて人は、まずいません。
 http://eight-americann.seesaa.net/article/230885355.html


Posted by えいと@ at 2011年10月26日 08:29

>ちょびまめさん。

>この問題、朝鮮人と反日左翼と洗脳正義バカがいる限り、ずっと続きます。
>なぜなら被害者(デッチ上げも含め)の意見を鵜呑みにすることで 朝鮮人と反日左翼には利益がうまれ、洗脳正義バカの心の満足を満たすことが出来るからです。

その通りです!
利益がうまれなかったらこんな運動しませんよね。
80歳を超したおばあさんが、アメリカくんだりまで「反日」を叫びに出かけて行きますか?
普通はできませんし、しませんよ。

>こういう輩は始めから加害者の意見は聞きません。
>しかも被害者側は慰安婦の証言だけで進められ、確たる証拠なんてありません。
そして加害者側の意見は、どんな証言や証拠を持ってきても「嘘」だと一蹴する。
>慰安婦に対しては「証言が一番の証拠」になり、日本大しては「証言だけでは信憑性がない」となる。これでは永遠に平行線です。

その通りですね。
しかし、なぜ慰安婦のおばあさんの証言を100%信じるのでしょうね。
戦後になって,次々に出てくる証拠にはいろいろ難癖をつけて認めようとしないし。
賠償を求める側はわかるんですよ。だって従軍慰安婦がなかったとなったら賠償金をとれませんからね。
お金のためには必死になるのでしょう。ウソでもなんでもいい。
だけど、わからないのは日本人ですよ。
なぜ日本人なのに,自分の首を絞めるようなことをするのか…。これが理解できないんですよね…。

>慰安婦に関しては、たまたま戦争が絡むので大罪のような扱いになるが、
>戦争という特異な状況だけを盾にとって慰安婦などと主張するのには首を傾げます。

そうなんです。ここなんですよ。
戦時には慰安婦がいたのは一般的でした。別に特別なことでも何でもなかったことです。
大東亜戦争の日本軍に対してだけ慰安婦があてがわれた…なんてことはないんですよね。
欧州での戦争でも慰安婦は存在したし、最近の戦争ではベトナム戦争でも朝鮮戦争でも存在しました。
なのになぜ大東亜戦争の日本軍だけ攻撃されるのか…。
なぜその攻撃に対して日本は謝罪してしまったのか…。悔やまれてなりません。

>赤線・青線が廃止になった時、一番喜んだのは娼婦ではありませんよ。
>職場がなくなり困った娼婦もたくさんいるんです。
>一番喜んだのは女の権利を叫ぶフェミニスト集団(政治家も含め)です。
>娼婦=可哀想な女というのは一概に言えないということです。
>望んで娼婦をやっている人もいるのですから。
>女の権利を本当に考えるなら、娼婦も含め職業選択の幅を持たせることですね。

その通り! 私もまったく同感です。
売春をして生計を立てていた女性が数多くいたんです。
その方々の職場を奪ってしまったのは そういう仕事とは無縁のフェミニスト達です。
女性の権利とか何とか言いますが、働く権利を奪ったのですよね。
売春でしか稼げない女性も世の中にはいるってことを,きれいごとを言う人々は考えないのです。

>オランダでしたっけ?娼婦を公務員扱いしている国もあるのですから。

女性の人権を叫ぶフェミニストの力が強いせいか、多くの国が売春を違法とした法律を作っています。
しかし、そんなことをしても売春はこの世からなくなりません。
需要があるから供給があるのです。
私はオランダのやり方はいいと思っています。
合法にして完全に管理をする、その方が健全です。
禁酒法ができてマフィアによって闇のお酒がアメリカ中に出回ったように、
売春が違法になって以後、ヤクザの餌食になっている売春婦の女性は世の中にたくさんいますからね。

>こういう慰安婦問題も一方的な主観で語られるのは実に危険です。
>まず両者の話を聞くというテーブルついてから始めるべき話ですが、
>日本は反日を正義と思っている上記のような政治家(バカ)が多いので困ったものです。

ホントにそうですよね…。
こういう話題になると「両者の話を聞く」というということができない人が多いんですよね。
「慰安婦のおばあさんたち、なんてかわいそう〜」っていう偽善の心が生まれるんです。
偽善者はいい人で「性奴隷などは存在しない」と言う人は「エゴイスト」のように思われるんですね。
日本人自身の心の中にある「偽善の心」がなくならない限り,この問題はなくならないかもしれませんね…。
 http://eight-americann.seesaa.net/article/230885355.html

Posted by えいと@ at 2011年10月26日 09:44

> kgofboston さん。

何度もご訪問、ありがとうございます。
お返事が遅くなりました。申し訳ありません。

はじめに言っておきます。以前にもお願いしたことですけどね。
いろいろとお書きになるのはけっこうなのですが、
kgofbostonさんのコメントを拝見する限り,あなた自身のお考えがまったく見えません。
私の記事に反論があるのはわかりますが、まずあなた自身のお考えをお書きになってください。


さて。
kgofbostonさんとコメントをくださった他の方とのやり取りを含め、kgofbostonさんのコメントを拝見いたしました。
何を言わんとされているのかは理解しました。
「赤線、青線」の話と慰安婦問題と何の関係があのかと思っていましたが、「本人の就業同意の確認」があったかどうかを言いたかったのですね。
「本人の就業同意の確認」があれば「性奴隷」ではなく、なければ「性奴隷であった」と言いたいわけですか。
なるほど。

では反対にお伺いいたします。
kgofbostonさんは「現存のほぼ全ての史料から、慰安婦に選択肢などなかった事実がはっきりしています。」と書かれていますが、
その証拠を挙げてください。
現存のほぼ全ての史料から100%慰安婦に選択肢がなかったと言い切れる、その証拠,あるいはその理由を教えていただけますか。

>慰安婦の待遇が悪くなかったという部分だけ都合良くトリミングして引用しています

都合良くトリミングしたわけではありませんよ。
米軍による実地調査で「慰安婦は一人一部屋与えられ、ラジオも与えられ,清潔な環境で働いていた」という証拠が出て来たのは事実ですしね。
そりゃ1000人の慰安婦がいたら1000人全員が笑顔いっぱいで慰安婦の仕事をしていたとは断言はできませんが、
反対に1000人の慰安婦がいたら1000人全員が不幸で,毎日泣いて暮らしていたとも断言できませんよね。

>この米軍による実地調査が彼女達が性奴隷ではなかったという証拠になるのなら、アメリカで非難決議が通るのは矛盾しているでしょう。

アメリカの下院議会で非難決議が通ったから「慰安婦は性奴隷であった」と言わんばかりですが、
それこそ失笑ものですよ。
下院議会で決議が通ったら、それが全てで正しいことなのですか?
この決議案を提出したマイク・ホンダ氏がどういう方なのかをご存知なのでしょうか?
韓国系のロビー活動だという考え方もできるのですよ。


あと、アフリカから連れてこられたアメリカの奴隷や北朝鮮に拉致をされた拉致被害者と、慰安婦を同列に考えておられるようですけど、
私はこれには賛成できませんね。
慰安婦には100%職業選択の自由はなく、100%本人の就業同意の確認ができていなかったという証拠があるのなら別ですがね。
100%ですよ?
「自らの意志で慰安婦になった」または「お金が貯まったら慰安婦をやめて国に帰ることができた」という元慰安婦が存在するのであれば、アメリカの奴隷や拉致被害者と同じように考えるのはナンセンスです。

あと,もうひとつ質問です。
なぜ韓国人の慰安婦だけが「性奴隷」の被害者として問題になっているとお考えですか? 日本人の慰安婦もいたはずですよね。
それに戦争時にはどの国であっても慰安婦は存在したってことは認識しておられますよね?
第二次世界大戦のヨーロッパ戦線でも、ベトナム戦争でも朝鮮戦争でも慰安婦はいました。
どうして大東亜戦争での 韓国人の慰安婦のみがこんなに大騒ぎをするのでしょうか?
これについての kgofbostonさんの見解をお聞かせください。


お時間がある時ででけっこうです。
よろしくお願いします。

Posted by えいと@ at 2011年10月26日 22:21
遅くなりましたが、突っ込みいただきましたので返答します。

何はともあれ数万から数十万規模の従軍慰安婦の「本人の就業同意の確認」を見つければ、少なくとも海外でもそれなりのインパクトはあるでしょう。国内はいわずもがな。議論のスタートラインに立てる事は保証します。頑張って探すなり、秦郁彦に投資するなりしてください。

>何を言わんとされているのかは理解しました。
>「本人の就業同意の確認」があれば「性奴隷」ではなく、なければ「性奴隷であった」と言いたいわけですか。

違います。本人の就業同意の確認はあくまで「最低限」です。それがなければ、お話にもならないのです。
その確認が脅迫下で行われていたり(借金をタテに契約を迫る)、約束を破って働かせ続けたり、いつでも辞める自由がないのならそれは奴隷です。

>kgofbostonさんは「現存のほぼ全ての史料から、慰安婦に選択肢などなかった事実がはっきりしています。」と書かれていますが、
その証拠を挙げてください。

史料が見たければ、吉見義明の本でも見ればいいんじゃないですか?えいと@さんがお好きなのは秦郁彦かなとも思いますが。お好きなのをどーぞ。秦郁彦じゃ、吉見義明にロジックで太刀打ちできてないですけど。オンラインで見たければ、
http://www.archives.gov/iwg/japanese-war-crimes/
くらいならあります。

>都合良くトリミングしたわけではありませんよ。

要旨を書かずに一部のみを取り出して引用し、本来の論旨と全く異なる事をあたかもその著者が主張しているかの様に書くのを世間ではトリミングと申します。
まあ、ミッチナの資料のトリミングを始めたのはえいと@さんではありませんが。

>アメリカの下院議会で非難決議が通ったから「慰安婦は性奴隷であった」と言わんばかりですが、
それこそ失笑ものですよ。

失笑はこちらの方です。韓国系のロビー活動で米議会だけでなく、オランダ、欧州、カナダ議会も間違った決議を出したと。いやー韓国すごいっす。ロビー活動だけで、ここまで他国を操れるとは(笑)。

ミッチナの資料が性奴隷でなかった証拠になるなら(えいと@さんが書いた事です)、それを知ってるはずのアメリカの議員達は自国の報告書すらまともに読まずに、矛盾した非難決議を出す阿呆共の集まりってことです。
オランダも欧州もカナダもアメリカも阿呆ばっかりってことになりますが、その辺りも主張されたらいかがです(笑)?

>あと、アフリカから連れてこられたアメリカの奴隷や北朝鮮に拉致をされた拉致被害者と、慰安婦を同列に考えておられるようですけど、
私はこれには賛成できませんね。

「言いたいわけ」とか「考えておられるよう」とか私個人の考えであるかのように強調して無駄な抵抗しても意味はありません。
奴隷の定義すら知らないえいと@さんが賛成するかしないか、なんてどーでもいいです。重要なのはそれが一般常識としてコンセンサスを得ているという点です。

一般常識に抵抗したいのならまず古今東西の奴隷制度に当てはまり、従軍慰安婦に当てはまらない独自の奴隷の珍定義でも提示される事をお薦めします。
それが抵抗するために必要な順序というものです。えいと@さんの奴隷の定義がより広範に受け入れられるものならそれが一般常識になるでしょう。精々、奴隷の定義を変える努力でもしてください^^

>慰安婦には100%職業選択の自由はなく、100%本人の就業同意の確認ができていなかったという証拠があるのなら別ですがね。
>「自らの意志で慰安婦になった」または「お金が貯まったら慰安婦をやめて国に帰ることができた」という元慰安婦が存在するのであれば、アメリカの奴隷や拉致被害者と同じように考えるのはナンセンスです。

懲りないですね。100%かどうかに意味などないです。それこそナンセンス。小数の例外で制度そのものが免罪される訳ではありません。

1.「自らの意志で慰安婦になった」
まさかとは思いますが、騙されて自ら応募したのを「自らの意志」なんてお考えですか?「自ら応募」=「自らの意志」ではありません。
確かに全てを承知の上で「自らの意志」で選択し、その条件が守られたのならその人に限っていえば、奴隷ではありません。
しかしそれを示すには当然、本人の就業同意の確認は「最低限」必要になります。全てを知らずに応募するのは、「選択した」ではなく「騙された」というのです。

売春を生業としていた人が、慰安婦という言葉から娼婦であると推察して応募した場合も同じです。(慰安婦という言葉は当時、娼婦の意味ではない。その点でも「騙す」という意味で悪質。)
内容が売春であると本人が察知していたとしても、労働条件の説明もなしに就労させるのは世間では「騙す」といいます。

まあ本当に全てを知って「自らの意志で慰安婦になった」危篤な方がいないとも限りませんから、探してみたらいかがです?
例外があったからといって制度として「慰安婦は性奴隷ではなかった」とはなりませんが。

2.「お金が貯まったら慰安婦をやめて国に帰ることができた」
=「お金が貯まったら(ある一定期間働いたら)、奴隷をやめることができた黒人もいる」。
終了。これまた酷い言い訳出してきたものですね^^

>日本人の慰安婦もいたはずですけどね。

えいと@さんがそう感じているだけです。東南アジア出身、日本人の慰安婦問題だって提起されています。知ろうとしない自分の態度をこちらに転嫁されても困ります。

>それに戦争時にはどの国であっても慰安婦は存在したってことは認識しておられますよね?

まず、第二次世界大戦当時、アメリカ、イギリス軍に慰安所はありません。
そして近代軍隊において当時の日本程、異常な密度で慰安所、慰安婦を「性奴隷制度」として持った例は存在しません。その意味で他の例の追随を許さない悪質さにある点が全く異なります。
私はベトナム戦争の慰安婦も、日本の従軍慰安婦も許されざるべき戦争犯罪だと思っています。「隣のxxxちゃんも悪い事したから、自分の大犯罪も無罪放免♪」とジャイアンしたいならご自由に。

>なぜ韓国人の慰安婦だけが「性奴隷」の被害者として問題になっているとお考えですか? 
>どうして大東亜戦争での 韓国人の慰安婦のみがこんなに大騒ぎをするのでしょうか?

個人的にはここが一番、爆笑しました。これ本気で尋ねているのだとしたら、耳を疑うくらい呆れる質問です。
朝鮮人慰安婦の割合が多かったからに決まっているでしょう。慰安婦にされた人々の出身地の統計も知らずにこんな事を書けるのですから、お腹が痛い(笑)。
韓国が反日だからとでも思っていらしたのでは?と邪推してしまいそうですよ^^

何と申しましょうか、本当に本1冊読むどころか何も調べる気すらないんですね(呆)。その上で慰安婦問題の否定はしたい、と。
旧日本軍を自分と同一視されるのは何かの宗教ですか?
Posted by kgofboston at 2011年10月29日 13:55

>kgofbostonさん。

あなたのコメントを拝見して…私の方こそ笑わせていただきました。
こんな風に「かわいそうな慰安婦は存在したんだから日本には責任がある」とおっしゃる方々は主張されるんですねぇ。
なるほど。
あなたは私の意見を「そう思いこんでいるだけ」と書いておられますけど、
そっくりそのままkgofbostonさんにお返しいたします。


「現存のほぼ全ての史料から、慰安婦に選択肢などなかった事実」の資料が「軍政策としての慰安婦の強制連行があったと主張する人物」の本ですか。
本って言うのは査読が入っていません。
本に書いてあるからと言ってそれが真実であるとは断言できませんよ。
プロパガンダ本っていうこともあるんです。

吉田清治氏が書いた「私の戦争犯罪・朝鮮人連行強制記録」もそうでしたよね。
あの時代(昭和58年)では、吉田氏の本が史実として持ち上げられ,韓国人のみならず日本人もそれを信じこんてしまいました。
吉田氏のプロパガンダ本に書かれていることが真実であると思い込んでしまったのです。
あとで吉田氏は「あれは創作であった」と自ら告白しているんです。
つまり「ウソを書いた本」だったってわけですね。
査読がされていない本とはそういうものですよ。


>韓国系のロビー活動で米議会だけでなく、オランダ、欧州、カナダ議会も間違った決議を出したと。いやー韓国すごいっす。ロビー活動だけで、ここまで他国を操れるとは(笑)。

えっ! こういうことが可能だってことご存知ないのですか!
へぇ〜そうなんだ。(呆)
声の大きい者が何度も何度もロビー活動していれば 決議案くらい出しますよ。
世界でしょっちゅうそういうことが行われているってことくらい常識ですけど。
それに,アメリカの下院議員の決議がどれほどの効力を持つかをご存知ないのでしょうか?
下院議員の決議って言うのはあくまで民衆のガス抜きです。
支持者の要望を議会で取り上げている、それだけの話なんですよ。
上院議員の議決となったら大きな意味を持ちますけど、下院議員で決議されたことはほとんど意味がありません。
世論に「こう言うことが問題になってますよー」っいていうアピールにはなりますけどね。
ま、訴えた慰安婦達はそれが目的だったのでしょうが。


>騙されて自ら応募した

この騙したのは誰ですか? 日本軍とでも言いたいのですか?
日本軍が騙したという証拠があるんですか?(慰安婦の証言以外で)
騙したのが親であったとしても日本軍が悪いんですか?

例えば,今の時代でも売春業ありますよね。
売春をさせろとデモをする売春婦もいましたよね。
彼女達の中には家の事情、借金があるなどの理由でそういう仕事に就かざるを得なかった女性もいるでしょう。
彼女達は性奴隷なんですか?
中には売春業は儲かるからと,自らすすんで売春業を行っている女性もいますよね。
戦争の時代も同じだったと思いますけどね。
当時の女性の工場労働者が月収20〜50円ほどであった時代に300円ものお金を稼げたんです。
この「給料明細」は証拠として出てきているんですよ。(これもトリミングだと言うのですか? 笑)
それとも、そんないい条件ばかりではなかったと言われるのでしょうか。
いい条件でなかったら性奴隷であったと言い切れるのですか。


>「お金が貯まったら(ある一定期間働いたら)、奴隷をやめることができた黒人もいる」。

「ある一定期間働いたら」の一定期間とはどのくらいの期間をさすかご存知なのでしょうか。
まさか,数年働いたら奴隷をやめることができた…なんて考えておられないでしょうね。
奴隷主(マスター)の中には良心的な人間もいて,奴隷に土地を与え自由に使わせ、その土地で作物などを作り販売することで収入を得ていた奴隷は存在しました。
だからといって数年で奴隷をやめる…なんてことはできなかったんですよ。
自分がではなく,自分の子供を独立させるために一生分のお金を貯め,マスターに独立を申し出たんです。一生分のお金ですよ。
しかしね。
多くの方が誤解をしていますが、多くの奴隷はマスターの元を離れようとしなかったのです。
それはなぜか…。
マスターと奴隷の関係が良かったからですよ。
マスターというのは大会社の社長のような存在です。
従業員である奴隷に対しひどい扱いをしていたら、反抗されて仕事ははかどりませんからね。
成功したプランテーションのマスターは奴隷を大切に扱い、奴隷はマスターを信頼してしっかり働いたのです。
奴隷は真面目に働いていたら一生安泰でしたからね。ただし私有財産は残せませんでしたけど。

>奴隷の定義すら知らないえいと@さん

kgofbostonさんは奴隷の研究者なのですか?
もし研究者でないのでしたら あんまりいいかげんなことを書かないでくださいね。
奴隷を研究している学者に対して失礼です。
私は「アメリカの奴隷制度」を研究している学者から直に話を聞きましたし、学術論文も読みました。
その上で申しているんです。
アメリカ奴隷と慰安婦と同列に考えるのはナンセンスであると。


>第二次世界大戦当時、アメリカ、イギリス軍に慰安所はありません。

えっ! 本気でそんな風に思っておられるのですか。
まーびっくりです。(呆)
確かに「日本のようなきちんとした慰安所」はなかったかもしれませんが、存在しましたよ。慰安婦はいました。
「日本のようにきちんとした」というのは、
kgofbostonさんが思い込んでおられるような「当時の日本のように異常な密度で慰安所」という意味ではありませんよ。
小野田寛郎氏がコラムで書かれているように「性病予防のため軍医や衛生兵が検査を実施を行い、慰安所そのものを日本軍が警備した」ということです。
小野田氏は「そこで遊んでいる兵士は丸腰どころではない。もっと無防備で不用心な姿の筈である。その将兵を守るべき責任は部隊にあるのは当然だ」と書かれています。
それだけ日本軍は兵士を大切にしていたということです。
そういう意味で「日本のようにきちんとした慰安所は外国には無かった」と言えるでしょうね。

そして慰安所を設置しなかった国では強姦事件が頻発していました。これは事実です。
これをどうお考えになるのでしょう。

大戦後、日本にはGHQが駐在することになりました。
そのGHQのための慰安所があったってことは もちろんご存知でしょうね。
そこで働いた慰安婦は日本人女性ですよ。
その慰安婦を設置したのは日本政府です。
なぜ戦後に慰安所が設置されたのか…。
GHQ占領の最初の1か月、それも神奈川県下だけで2900件の強姦事件が発生したからです。
それを防ぐためにGHQが慰安所の設置を日本政府に依頼したんですよ。
そのおかげでGHQによる婦女暴行事件は最小限に抑えられたのです。
このことはどうお考えですか? 


>朝鮮人慰安婦の割合が多かったからに決まっているでしょう。慰安婦にされた人々の出身地の統計も知らずにこんな事を書けるのですから、お腹が痛い(笑)。

私の方がお腹が痛いです。(笑)
いったいどの「慰安婦にされた人々の出身地の統計」をご覧になったのでしょうね。
まさか、また「軍政策としての慰安婦の強制連行があったと主張する人物」が書いた本ですか?(笑)


私が kgofbostonさんとこうやってやり取りして感じるのは、
こういう主張は歩み寄ることは無いのだろうな…ということですね。
まぁ,どんな本を読み,何を信じるのかは個人の自由ですが、
私は日本人ですから「日本の無実」を信じます。
妄信するという意味ではなく理論的に信じるという意味です。

実は 私は10数年前までは kgofbostonさんと 同じような考えだったんですよ。でも変わりました。
なぜ変わったのか…。
昔は kgofbostonさんがおススメされているような本ばかり読んでいたからです。
10数年前あたりから反対側の意見が書かれている本を読んで,自分なりに考え、そして変わったんです。

事実が明らかになっていなかった昭和の時代では、プロパガンダ本を読んだり 慰安婦の主張をを聞いただけで「あぁ、そうなのかー」と騙される人間(私も含めてですがね 笑)も多いでしょうが、
今は違います。
騙されない日本人が増えてきています。
でも、いまだに騙されたまんまでいる人が多く存在するんです。
だから,私はこういった記事を書いています。

kgofbostonさんが「慰安婦はかわいそうな性奴隷だったのだ! 」と主張なさるのはご自由です。
私が書く記事にここまで食い付いてこられるんですから、よほどの信念がおありなんでしょう。
だったら ご自分でブログなりなんなり開設されて主張されたらいかがですか?
言論の自由のある国ですからね。日本は。
どこぞの国のように,国の不利益になるようなことを主張すれば財産を奪われたり 投獄されたりするような、そんな国では日本はありませんから。

Posted by えいと@ at 2011年10月30日 00:32
随分頭にこられているようで、ほとんど書いてあることが支離滅裂です(笑)。

>こんな風に「かわいそうな慰安婦は存在したんだから日本には責任がある」とおっしゃる方々は主張されるんですねぇ。

いつ誰が「かわいそうだから責任がある」などと申したのです?捏造とトリミングの世界で生きてる方には文章も読めませんか?

>「現存のほぼ全ての史料から、慰安婦に選択肢などなかった事実」の資料が「軍政策としての慰安婦の強制連行があったと主張する人物」の本ですか。
>査読がされていない本とはそういうものですよ。

えーと、本に関して自爆しているのに気付いていますか?秦郁彦は「強制連行を否定」する側の学者ですよ?
で、提示してあげたリンクくらいは読んだんですか?ま、やらないのでしょうけど。

査読があれば信用おけるとでも?アカデミアに対する貧弱な理解が丸見えで、微笑ましいですね。そんなに査読付きのが読みたいなら
Substance Use and Misuse, vol44, p1768
AMERASIA JOURNAL, vol29, p99 でもどーぞ。本すら読めないえいと@さんに読めるとは思いませんけど。

>声の大きい者が何度も何度もロビー活動していれば 決議案くらい出しますよ。
世界でしょっちゅうそういうことが行われているってことくらい常識ですけど。

日本のロビー活動、THE FACTも声だけは大きかったですね^^相手からどーゆー反応されたかお忘れのようですが。

>日本軍とでも言いたいのですか?
日本軍が騙したという証拠があるんですか?

そーです。募集、移送、管理、運営に直接関わっていて、日本軍以外に誰が騙したと?
業者を使って「軍公認の、軍による、軍のための」慰安所を作っておいて「本人意思の確認すらしない」性奴隷を囲ってた事が問題なのです。
騙してないのであれば、「あって当然の、なければ言い逃れできない」本人の就業同意の確認リストをまず、提示してください。話はそれからです。

>この「給料明細」は証拠として出てきているんですよ。(これもトリミングだと言うのですか? 笑)

トリミングです。「給料が高かったから性奴隷ではない」など、トリミングどころか捏造の域です。そもそも「給料が高かった」も嘘ですから。軍票の件も知らないとお見受けします。

>多くの方が誤解をしていますが、多くの奴隷はマスターの元を離れようとしなかったのです。
それはなぜか…。云々

だから何?要は、「奴隷制度は悪ではない。私は奴隷制度を認める。」と言いたいならはっきり書けばいいんじゃないですか?
奴隷制度を大会社の社長と従業員に例えるのは斬新ですね(笑)。

>kgofbostonさんは奴隷の研究者なのですか?
もし研究者でないのでしたら あんまりいいかげんなことを書かないでくださいね。
>奴隷を研究している学者に対して失礼です。
私は「アメリカの奴隷制度」を研究している学者から直に話を聞きましたし、学術論文も読みました。

アカデミアに対して失礼なのはえいと@さんです。「いいかげん」なんて言葉は熨斗をつけて丁重にお返しします。
「給料が高かったから奴隷ではない」なんて書く人が、奴隷研究の学術論文なんて読んでる訳ないでしょう(笑)。
もう少しましな嘘ついてください。それじゃ誰も騙せません。
私はアカデミアに属する人間ではありませんが、今時こんな言説、小学生でも引っかかりはしません。

くだらん虚勢なんぞ張っていないで、読んでいるのなら「給料が高かったから奴隷ではない」なんて書いてある学術論文を提示してごらんなさい。
「アメリカ奴隷と慰安婦と同列に考えるのはナンセンス」と主張している論文でもいいです。査読付きで。アカデミアを愚弄するのも程々にね(笑)。

「アメリカの奴隷制度」を研究している学者から直に話を聞いてその歪みまくった理解なら、その研究者も随分な徒労で報われませんね^^

で結局、えいと@さんの奴隷の珍定義は何なんですか?それを書かずにぐだぐだ言い訳並べたところで意味ないと申し上げたでしょう。
くだらん負け惜しみばかりしていないで、
>>一般常識に抵抗したいのならまず古今東西の奴隷制度に当てはまり、従軍慰安婦に当てはまらない独自の奴隷の珍定義でも提示される事をお薦めします。
これを早くやってください^^
「アメリカの奴隷制度」を研究している学者から直に話を聞き、学術論文を読んだえいと@さんの崇高な奴隷の珍定義、いつでもお待ちしてます。

>確かに「日本のようなきちんとした慰安所」はなかったかもしれませんが、存在しましたよ。慰安婦はいました。

えーと、それが大きく問題にならないのはあなた方がおっしゃってたよーに公娼として扱われていたからでしょ。
私は公娼制度も非難に値すると思っていますが。

>「日本のようなきちんとした慰安所」
>それだけ日本軍は兵士を大切にしていたということです。

で、日本軍は慰安婦をきちんと性奴隷として扱ったと。

>その将兵を守るべき責任は部隊にあるのは当然だ

軍の都合で集めた慰安婦を軍が性奴隷として扱うなどもっての外だ。

>そして慰安所を設置しなかった国では強姦事件が頻発していました。
>それを防ぐためにGHQが慰安所の設置を日本政府に依頼したんですよ。
>そのおかげでGHQによる婦女暴行事件は最小限に抑えられたのです。

へー、婦女暴行事件を抑えるために、性奴隷制度を容認しろと言いたいのですか?こりゃ青天の霹靂ですな。
すごいすごい(笑)。学術論文にしたらいかがです?多分誰もそんな事書いた人はいませんし、submitだけなら誰でもできます。

で、GHQの慰安所では慰安婦の個人の意志を無視して騙くらかして連行したり、慰安婦の調達が困難な場所では白馬事件みたいなことしてたのですか?
GHQもとんだいいがかりを付けられたものです。

>私の方がお腹が痛いです。(笑)
いったいどの「慰安婦にされた人々の出身地の統計」をご覧になったのでしょうね。
まさか、また「軍政策としての慰安婦の強制連行があったと主張する人物」が書いた本ですか?(笑)

で、朝鮮人慰安婦の割合が多かった事実は否定はしないのですか?
秦郁彦以外どの「慰安婦にされた人々の出身地の統計」であろうが、朝鮮人慰安婦の割合が多かったと出ています。
そして秦郁彦の統計の取り方には問題があります。笑われた程度で青筋立ててかわいいですね^^

>私が書く記事にここまで食い付いてこられるんですから、よほどの信念がおありなんでしょう。

私にとっては唯の遊びです。えいと@さんと違って書いた事に責任は持ちますが。
しかし、もう少しまともな反論の仕方を学習されたらいかがです?
Posted by kgofboston at 2011年10月30日 12:10

>kgofbostonさん。

kgofbostonさんは、あなたのコメントを読んだ私が青筋を立てて怒り狂ってる…と思っておられるのですか?
ばかばかしい。そんなはずないじゃないですか。(笑)
呆れているんですよ。
「まともな反論の仕方を学習されたらいかがです?」という言葉は、そっくりそのままkgofbostonさんにお返しいたします。

時に汚い言葉を使うことはあっても、今までは相手に対し中傷するようなコメントはなかったので、
これまでkgofbostonさんのコメントにお答えしてきましたが、
もうお答えするのはやめにします。
あなたのコメントは中傷以外の何でもありません。

>私にとっては唯の遊びです。

そうですか、遊びですか。
私は遊びでこの問題を考える方とは議論したくはありません。

今後、二度とコメントはなさらないでくださいね。
不愉快ですから。
コメントをされても 即座に削除いたします。
ハンドルネームを変えてもIPアドレスでkgofbostonさんだとすぐにわかりますからね。

あ、まちがっても「えいと@に勝った! 論破してやった」なんて思わないでくださいね。
あなたのコメントなんていくらでも反論できます。
真剣にこの問題を考えておられる方とでしたらいくらでも議論しますが、
遊びでコメントしてくるような方とは議論する気もありませんし、その価値もありません。

あなたが「慰安婦は性奴隷である」と信じ「日本政府は謝罪と賠償をすべき」と思っておられるんでしたら、
どーぞ韓国で日本大使館に向かって拳を振り上げてください。
どこぞの国会議員もしてましたよね。
あの方達は国会議員ですから日本国籍を持っておられますが、
心はきっと朝鮮半島にあるのでしょうね。

Posted by えいと@ at 2011年10月31日 07:32
どこまで口を差し挟もうか迷うととこですが、最後にコメントさせてください。

まず、学者の学説というのも全く恣意性がないとは限らず、恣意性が大いにあるものも多々あります。それは別畑ですが、アカデミックに身を置くご主人にもよくわかるんじゃないでしょうか。学説はあくまで諸説の1つにすぎないんですよ。日本は日本に有利な説を展開すれば良いんですよ。

あと、前述したようにヘミングウェーの小説に従軍慰安婦が出てきます。「誰がために鐘は鳴る」「武器よ、さらば」のどっちか忘れましたが、「女の子の入れ替えをしてほしい」というセリフまで出てきます。主人公はアメリカ人で連合軍側の立場で戦っていました。従軍経験のあるヘミングウェーが全くの創作でそのようなものを書くとは思えず、やはり当時の戦場を映していたと思います。「公式な慰安婦がいなかった」とおっしゃるなら、「非公式」な存在だったのでしょうか?? 当時の欧州の戦勝国側は慰安婦の存在に触れずにいるだけだと思うんですけどね、私は。まあ、アカデミックな例の方なら「じゃあ証拠の学説を引用せよ」と言ってきそうですが、まあ、この板では自由に語らせていただきます(^^)

確かに「必要悪」についての是非はわかりませんけど、慰安婦がいなかったら戦場で民間人への強姦などが間違いなく発生したでしょうね。「性奴隷はいけないから」というおためごかしは当時は言ってはいられなかったのでしょう。

あと、私は「安い正義は振りかざすな! 大局を見るべし!」と申し上げます。

青臭い正義を振りかざすことで、他の多くの人々が多大な不利益を被ることがあります。

例えばとある企業に過去のスキャンダルがあったとしましょう。あるクソ真面目な社員がその秘密をリークします。でも、それで会社が倒産して、多くの社員とその家族が路頭に迷ってしまったら、その社員の行為は自己満足な偽善でしかありません。

野田首相は韓国訪問時に未来永劫謝罪と賠償を約束してきたとか。未だに数百億ドルの借款を返さず、W杯のドーム建設費も踏み倒している国です。今回は通過スワップで5.4兆円の借金の保証人になってあげたのにもかかわらず、その締結の場で「誠意を見せるなら竹島から引け」という厚顔さ。

そのような国に対して、真っ正直に非を認めることの危険性は、小学生でもわかることだと思います。安い正義のために我々を危険に巻き込まないでいただきたいものですね。
Posted by 館主 at 2011年10月31日 10:58

>館主さん。

>学者の学説というのも全く恣意性がないとは限らず、恣意性が大いにあるものも多々あります。
>学説はあくまで諸説の1つにすぎないんですよ。

その通りだと私も思っています。
私は(特に学者である夫は)学説すべてが真実で恣意性がないとは考えていません。
諸説の一つ、その通りです。
査読が入るということは、その学説は公共に認められたもの、ということであって、
それが正しいかどうかは また違った側面からの研究、あるいは後の時代に検証されていくものです。
私が上のコメントで言いたかったのは、
査読もされていない、小説家や記者が書いた本や資料を、さも事実であったかのようにすることを指摘したまでなんですよ。

>確かに「必要悪」についての是非はわかりませんけど、慰安婦がいなかったら戦場で民間人への強姦などが間違いなく発生したでしょうね。

実際、そうだったようですよ。
第二次世界大戦中の欧州では,慰安所を置かなかった地域では強姦がものすごく頻発したという報告がありますからね。
コメントを書かれた方は「婦女暴行事件を抑えるために、性奴隷制度を容認しろと言いたいのですか?」と書かれています。
これでは「婦女暴行事件が頻発したとしても 公的な慰安所を作らないほうが良い」と言わんばかりです。
お金を稼いでいた慰安婦は 強姦された女性よりも気の毒だと言いたいのでしょうか。
私はこういう意見がもっとも腹立たしく感じます。
いったい女性を何だと思っているのでしょうね。
コメントを書かれたあの方は男性ではないかもしれませんけど。

>私は「安い正義は振りかざすな! 大局を見るべし!」と申し上げます。

同感です。
従軍慰慰安婦は存在したと主張することが正義感からなのかどうかは疑問ですけど、
そんな風に主張する人はそう信じているのでしょうね。
あの方は議論が楽しくてやっているようですけど。

今回のコメントのやりとりで、ああいう人には何を言っても無駄なんだということがよくわかりました。
…というか、わかっていたんですけどね。
せっかくコメントをくださったのだし…と思ってコメントに対応していましたが、
もう限界です。
左翼相手に話しているのと同じです。
相手の主張を100%否定するのです。
しかも、それを楽しみでやっておられるとのことなので、
私はこれ以上、あの方を相手にしないと決めました。
そういうことで、あの方には当ブログへの出入り禁止を申し渡しました。
あの方のことですから、もうコメントはされないでしょうね。(そんな気がします)
館主さん、コメントを何度もありがとうございました。
Posted by えいと@ at 2011年11月01日 12:31
kgofbostonさんの認識は、初っ端から間違ってますよ

赤線と青線の違いは、それが当時法的に認められた売春宿であるのか、違法に経営してる売春宿であるかに過ぎません。
青線のような違法な売春宿であれば、当然”性病検査”も行われていませんでしたから、まぁリスクはあっても値段は安かったであろう事は当然です。

赤線であっても、東北地方に限らず、女衒によって強引に連れられきた日本人の少女だって数え切れないですよね。
実を言うと私の出身地は、日本でも3本の指に入る有名な遊郭地だったし、すぐ近くに名残と言えるトルコ風呂もあり、同級生はそこの息子だったため、そんなハナシは腐るほど聞いています。
それでも当時の遊女だった日本人の方々からは、朝鮮人のようなバカな保障を求めるような話は、一切聞いた事がありません。
あなたのように、あんまり想像力だけをたくましくして頼りにするのは感心できませんねぇ。
Posted by 588 at 2011年11月01日 15:00
あ、そうそう!まだあったんで追記です!
連投でスンマセン!!
kgofbostonさんの認識の甘さというか、バカさ加減についてなんですが、売春防止法ができた頃の”お仕事オネェさん”でさえ、”売春に対する契約書”がどうちゃら、っていう事は無かったんですよ。
だって昭和中期の頃、私がお世話になったお仕事オネェさんでさえ”ケホッ!ゲホッ!ゴホッツ!(ココはどうか見なかった事に...)”、”今日から行きたいんだけど(つまりはお仕事オネェさんとして仕事したいんだけど、って事ネ)”ってだけで、契約なんか何もしてないよ、キッパリ言ってましたしね。
売春防止法が施行されてさえもそんな状態ですよ。
これから考えるに、さて、昭和初期の実態がどうであったは、推して知るべし、ですよね。
さて、どうしましょうか?この現実を
それを、現在の売春防止法を持ち出して非難轟々、責め立てるのは、常識外れもかなり限度を超えていますよ。
そこまで責め立てるのであれば、だったら江戸時代の大奥制度とか、遊興の都といえる吉原とか、ドンドン遡れる事になりますよね。
その際に、契約書といった概念がありましたか?。
時系列と、その時点の環境といったモノを、もう少しは良〜く考える事をお勧めしたいと思います。
Posted by 588 at 2011年11月01日 15:54
kgofbostonさんのおっしゃる「慰安婦は性奴隷」というのは間違ってはいないのかも知れません。ただし、性奴隷の主人は日本軍と契約した朝鮮人女衒という意味ですが。何故なら、その名残が今でも韓国芸能界にありますからね。日本で韓流と騒がれている実態は奴隷契約と性上納ですよね。詳しくは申し上げませんが、これによって多くの女優さんが自殺していますね。たしかロスアンジェルスタイムスが報道しましたね。
また、浦項の風俗店の女性8人連鎖自殺という事件もありました。これも原因は奴隷契約でした。詳しくはシンシアリーのブログをご覧ください。
ですから、加害者も被害者もともに韓国人だった、という話ですよ。韓国人というのは、平気なんですよ同朋を蹂躙することなど。四・三事件では済州島刑務所で1200人が韓国軍により殺害され海上にゴミのように投棄されました。その遺骸を日本人が引き上げ対馬の寺院に手厚く葬ったのですよ。ここに良く日本人と韓国人の違いが表わされていると思います。kgofbostonさんがどこのどなたか知りませんが、もう少し良く勉強された方がよいかと思います。
Posted by ヒロ50 at 2011年11月01日 19:34
>娼妓取締規則も知らずに「現在の売春防止法を持ち出して」って時系列も理解してないのね(呆)。

やれやれ、kgofboston氏は一体何を主張したいのか、さっぱり分らないですよ
時系列を理解していないのはアナタの方です。
娼妓取締規則ってのは、法的に”売春婦を明確に認める”法律ですよ。
アナタはその程度も理解できませんか?。
つまり、売春をどのように認めるか、といった制度でしかありません。
その法的に認められた売春婦制度から逸脱してはいけませんよ、っていう事に過ぎません
ハナシの論点をすり替えるのはいい加減に止めなさい。
Posted by 588 at 2011年11月01日 21:20
kgofbostonさんは契約の意味が分かっていません。日本軍は慰安所の設営を朝鮮の売春所たるキーセンの元締めの朝鮮人女衒に依頼したのであって、本来どのように売春婦を調達するかまでは関知するものではないでしょう。
しかし、女性を騙そうとするブローカーを取り締まるため、朝鮮総督府は「警察官」を増員したことも事実です。櫻井よしこさんが説明しています。
http://makizushi33.ninja-web.net/
をご覧ください。そこに該当文書も添付してあります。
また、朝鮮人の人身売買組織が、誘拐した少女を中国人に売り飛ばしていた為、日本政府によって検挙されたことを報じる記事  1933年6月30日付 東亜日報もあります。
kgofbostonさん。理解出来ますか。



Posted by ヒロ50 at 2011年11月02日 16:03
>だから従軍慰安婦のケースは明らかに逸脱してるのだよ(呆)。自傷行為はあんまり良くないと思うよ。個人の自由だけどほどほどにね。

うわッツ!、kgofboston氏はやっぱし左翼かぶれなんでしょうねぇ...。
一体当時の日本軍のどこが慰安所に関してドコがどう逸脱してるのか、事実を示す一次資料をあげて説明して欲しいんですけど...。

>そーですよ。で、それを本来取り締まるべき元締めの日本軍が加担、推奨したから問題なのです。私は別に楼主(朝鮮人、日本人問わず)に責がないとは言っておりません。当時違法の人身売買やってたわけですから。

ウヘッツ!事実誤認も甚だしいですね。当時の軍隊施設内にある”酒保(いわゆる売店ね)”だって、直接経営していたのは民間人だったのはアナタくらいだったら当然知ってますよね(笑)。
他にも米屋だとか色々と、基地の敷地をその借り賃というか対価を支払って借り、経営していた業者がいた事は今更言うまでもない事です。
いわゆる”慰安所”という”売春宿”もその場所を借りた営業形態の一職種にすぎません。
しかも”売春宿”は当時は法的に認められた、立派な職種であり、立派な職業ですよ!。
別に日本軍が直接、”売春宿”を経営していたという事実はドコを探しても全くありませんからね(あったらマジで教えて欲しいわ、大爆笑!)。
あなたのような手法が、まさに論点のスリ替えと言うのです。

>そーですよ。で、それを本来取り締まるべき元締めの日本軍が加担、推奨したから問題なのです。私は別に楼主(朝鮮人、日本人問わず)に責がないとは言っておりません。当時違法の人身売買やってたわけですから。

これも大爆笑です。日本が違法な人身売買を取り締まっている事実の方は資料として残っていますが、日本がそれに法的に縛りつけて加担したり、推奨した資料は一切ありませんよね。これも御存じですよね。
まぁ、数人の日本軍人が暴走して強姦した事実は確かにありますが、しかしその連中は投獄されていますよね。
つまり、拉致まがいのアホな事をした日本の軍人は、たとえそれが同族の日本人といえども、日本軍自身の手によって容赦なく処罰されたという事実さえあるワケです。
アナタも、そのくらいは知ってますよね。(笑)
つまり、当時の日本の”法律”、つまりこの範囲を超えなければ売春してもイイよって認める法律も含めて、日本人は律儀にもそれに則ったフェイルセーフ(安全装置って事ね)がキチンと働いていた何よりの証拠です。

あなたネェ、もっと良くお勉強しましょうね(爆笑)。
Posted by 588 at 2011年11月02日 17:46
当時は、基本的に朝鮮におけるキーセン経営は日本の法律下にあるので、当然娼妓取締規則でキーセンのある管轄区の警察へ就業意思の確認条項を付け登録された者が慰安所に派遣されたと解釈すべきと思います。で、その登録に関し女性を騙そうとするブローカーが多く存在したため、それを取り締まるため、朝鮮総督府は「警察官」を増員したのだと思います。
問題となっているのは、陸軍省副官発北支那方面軍及中支派遣軍参謀長宛通牒、陸支密第745号「軍慰安所従業婦等募集ニ関スル件」(1938年3月4日付)の解釈の仕方だと思います。軍による慰安所の関与がどのようなものであったか、という点だと思います。
学者によって解釈の仕方が正反対なので、これをどうとらえるかの問題ですが、貴方は吉見義明氏や朝日新聞の説が正しいということで、この文書を「軍の関与」を示す決定的証拠としてとらえ、そこから軍には当然の義務として慰安婦に対して適切な保護を与え、虐待や不法行為を防止する監督責任が発生するのであり、それが守られなかった場合には、その責任を問われうるという立場だと思いますが、私は自由主義史観派の慰安所に対する軍の関与を認めつつも、その関与とは業者による「強制連行」「強制徴集」など不法行為の取締であり、この通牒は軍がそのような取締を実際に行っていたことを示す証拠であって、この文書がある以上、たとえ数々の不法行為や虐待、性暴力事件が起きたとしても、それはそのような行為をおこした個々の業者や軍の下部機関、一般将兵が悪いのであって、軍および政府の責任を問うことはできないという説を支持するものです。
ですから、平行線ですね。
Posted by ヒロ at 2011年11月02日 19:23

>588さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

kgofbostonさんへの反論、感謝いたします。
kgofbostonさんの当ブログへの出入り禁止にいたしましたので、あの方のコメントは削除いたしました。
ご了承ください。


>当時の遊女だった日本人の方々からは、朝鮮人のようなバカな保障を求めるような話は、一切聞いた事がありません。
>売春防止法ができた頃の”お仕事オネェさん”でさえ、”売春に対する契約書”がどうちゃら、っていう事は無かったんですよ。
>売春防止法が施行されてさえもそんな状態ですよ。これから考えるに、さて、昭和初期の実態がどうであったは、推して知るべし、ですよね。
>時系列と、その時点の環境といったモノを、もう少しは良〜く考える事をお勧めしたいと思います。

その通りだと思います。
kgofbostonさんは「慰安婦の選択権の有無、意思表示の有無」を重要視し、それを示す証拠が無かったら「性奴隷である」と言わんばかりですが、
時代が違うってことを全く考えていないのですよね。
今の時代の常識を、何十年も前の時代に当てはめて考えているのでしょう。

こういう考えの人間が,日本にウジャウジャいるんですよねぇ。いまだに…。
戦後の学生運動の時代〜バブルの時代のあたりまでは 左翼はインテリだともてはやされました。
時代は変わり,最近は「平和」「人権」「反戦」を叫ぶ左翼の連中のうさんくささが暴露されつつあります。
今では,左翼的な発言はかえって軽蔑されている…ってことに,左翼の方は気がついていません。

左翼の特徴として、まったく聞く耳を持たないことがあります。
kgofbostonさんが左翼なのかどうかは知りませんが、同じニオイを感じますね。
そういう方にはどんなに議論しても無駄なんですね。
ああいえばこういう、ちょっとずつ矛先を変えつつ相手の意見を論破するのに必死です。

そんなわけで、kgofbostonさんが何をコメントしようと即座に削除することに決めました。
他にコメントをくださる方への中傷も目だちますしね。


こんなにも大きくなってしまった慰安婦問題。
河野談話が悔やまれますよ,ホントに…。
日本人が日本の首を絞めてどうするんだ…って思いますね。
先人の名誉を回復することが 我々の世代の役割なのではないかな…と思っています。

12月14日に外務省前で『慰安婦の嘘は許しません!なでしこアクション2011』の抗議活動が行われます。
関東近辺にお住まいの方でお時間がある方は,ぜひ、参加していただきたいと思います。
  http://sakura.a.la9.jp/japan/


Posted by えいと@ at 2011年11月03日 00:36
>ヒロ50さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

kgofbostonさんへの反論、感謝いたします。
kgofbostonさんの当ブログへの出入り禁止にいたしましたので、あの方のコメントは削除いたしました。
ご了承ください。

今も昔も どの国であっても売春は存在します。
今の時代に禁止されていたとしても 売春でお金を稼ぐ女性が存在するのは事実です。
韓国はその傾向が強いのかもしれませんね。
芸能界でのこともそうですし、韓国国内のみならず外国に出かけてでも売春をし「売春をさせろ」とデモをするくらいですから。
それなのに,戦争時代の日本に対してだけ問題にしようとする。
賠償金が目的なのは明らかです。
日本政府がいつまでも謝罪をしたり 基金を設ける…なんてことをするから「もっと賠償しろ! お金よこせ!」と運動しているに過ぎません。

>女性を騙そうとするブローカーを取り締まるため、朝鮮総督府は「警察官」を増員したことも事実です。櫻井よしこさんが説明しています。

その動画はこれですね? ↓
 http://youtu.be/my4IibNkF1s
この動画は当ブログの過去記事にUPしておりましたが、きっとkgofbostonさんは、こういう主張はいっさい無視しておられるのでしょう。


588さんへのコメントのお返事にも書きましたが、
kgofbostonさんのコメントを拝見していますと左翼と同じ傾向があるように感じます。
左翼の特徴として、まったく聞く耳を持たないことがあります。
kgofbostonさんが左翼なのかどうかは知りませんが、同じニオイを感じますね。
ああいえばこういう、ちょっとずつ矛先を変えつつ相手の意見を論破するのに必死です。
こういう方にはどんなに議論しても無駄なのでしょうね…。


こんなにも大きくなってしまった慰安婦問題。
河野談話が悔やまれます…。
日本人が日本の首を絞めてどうするんだ…って思いますね。
先人の名誉を回復することが 我々の世代の役割なのではないかな…と思っています。

12月14日に外務省前で『慰安婦の嘘は許しません!なでしこアクション2011』の抗議活動が行われます。
関東近辺にお住まいの方でお時間がある方は,ぜひ、参加していただきたいと思います。
  http://sakura.a.la9.jp/japan/

Posted by えいと@ at 2011年11月03日 01:00
えいと@さん、588です(^-^*)/コンチャ
実に丁寧なお返事、有難うゴザイマシタ!

>時代が違うってことを全く考えていないのですよね。
今の時代の常識を、何十年も前の時代に当てはめて考えているのでしょう。

そうそう!ソレです!まさにソレなんです!左翼や左翼臭のする人達の最大の欠点は、まさに今の、現代の価値観で何十年も昔を断罪しようとするその無神経さなんですよ。
彼らは、当時の時代背景や価値観がどうであったなど、一切考えようともしません。
もしその手法がまかり通るのなら、武士の無礼討ちや仇討だって、夜鷹だって、なんだって好きなだけ現代の価値観で断罪できますからね。
そんなの正に卑怯なやりかたです!。

それと私は、実質的な売春行為を全否定できない自分がいるんです。
現代のソープランドやキャバクラ嬢のお持ち帰り等々、その他もろもろの風俗店が実質的な売春行為をしている事実がありますよね。
いやね、私だってそれらが表立って良い事だとは絶対に思いませんよ。それらは日影であるべきだと思ってます。ですが完全にそういったモノを無くしてしまうと、人間の生理そのものを否定してしまい、行き場がなくなった連中による強姦などの暴走が起こる確立が上がる事は絶対に間違いありません。
私の場合、まぁ大昔はともかく、少なくとも”結婚してからは”、神に誓ってヨメはんを裏切った事など一度もありませんけれど(いやマジで!笑)、もしもまた一人身になったらば、そういうお仕事オネェさんにお世話にならない!と誓える自信までは、正直いってありませんモン(泣き:大自爆)

最後は大分脱線しましたね
どうも申し訳ありませんでした(笑)
Posted by 588 at 2011年11月03日 06:47
えいと@様
kgofbostonさんのコメントは、吉見義明氏や朝日新聞の説を根拠にしているので、明らかに左翼思想の方だと思います。しかし、軍の強制連行に関し吉見義明氏は広義の強制連行説ですので事実関係の正確さがありません。
また、全く同じ問題が米軍や韓国軍にも存在しているのに韓国や日本の左翼人や左翼団体は一切問題にしていません。おかしなことです。韓国が意図的に日本をターゲットにしていることは周知の事実だと思います。
いろいろ論争が出来て楽しかったです。ありがとうございました。
Posted by ヒロ50 at 2011年11月03日 09:19
やれやれ、 kgofboston氏は往生際が悪いですね
イタチの最後っ屁ってヤツですかね

>違う。そんな捉え方はしていない。時間があるなら「政府調査「従軍慰安婦」関係資料集成1-5 警察庁関係公表資料・外務省関係公表資料」

あなたがどうしても当時の売春婦を「従軍慰安婦」と言い張るのであれば、その階級は一体何だったんですか?(爆笑)
あなたが”従軍(慰安婦)”というからには、必ず所属する隊と階級があるハズですよ。
従軍看護婦にもちゃんと階級があったワケですからね。
その程度は理解できますか?。
米軍の”従軍記者”や”従軍僧侶”にもちゃんと階級があるんですけど、その程度は知ってますよね(笑)

あなたが”従軍慰安婦”という言葉を使う以上、その売春婦には階級が無ければ話の辻褄が合いませんよ。

悪あがきも大概にしなさいね。
マジで見苦しいです。
Posted by 588 at 2011年11月03日 16:34
馬鹿らしい。そもそも従軍慰安婦などという言葉自体ないものだし、誰かの造語でしょう。軍の関与にしても、貴方が認めたように朝鮮人女衒の犯罪行為と取り締まる側と一体どちらに犯罪性があるかは明らかでしょう。
火の無いところに煙を立てたのは、朝日新聞でしょう。吉田清治と朝日新聞の捏造に煽られて韓国民が騒ぎ出し
収拾がつかなくなり、韓国人というのは一旦こうだと思い込むとキチガイになってしまう民族なんですよ。それで仕方なく日本政府が金泳三に強制連行がないと従軍慰安婦問題がなくなってしまうので賠償は求めないので強制連行を認めてくれと言われて認めたのでしょう。結果的にこれが日本政府の間違った対応となってしまったのですが・・・。しかし、日本と韓国とどちらが良心的かは誰の目にも明らかです。
Posted by ヒロ50 at 2011年11月03日 17:11

>588さん。

kgofbostonさんって、もうちょっと潔い方だと思っていましたが…。
ホント、イタチの最後っ屁ですねぇ。(笑)

考えてみたらそうですよね。
588さんが言われるように「従軍」という言葉を使うのであれば階級があるはずなんです。
慰安婦にはもちろん階級などないですよね。
「従軍慰安婦」というのは 後の時代に勝手に作った造語であるという証明ですよね。

「軍の関与があった=軍が若い女性を誘拐して無理矢理慰安婦にしたということ」
kgofbostonさんはこれ ↑ を何度も強調されていますが、
不当なブローカーの取り締まり,性病の管理、慰安所の安全管理。
これを軍がやっていたのは確かですし、このことが軍の関与であったわけです。
軍が若い女性、しかも朝鮮の女性を中心に 次々と誘拐して慰安婦として無理矢理働かせていた、なんていう証拠はどこにもないのに…。

>私は、実質的な売春行為を全否定できない自分がいるんです。

わかります。
私も同じです。あ,私は女なので そういうおねーさんのお店には行きませんが。(笑)
ちなみに,ホストクラブも好きじゃないので行ったことがありません。(笑)

>完全にそういったモノを無くしてしまうと、人間の生理そのものを否定してしまい、行き場がなくなった連中による強姦などの暴走が起こる確立が上がる事は絶対に間違いありません。

同感です。
男性の性を考えた時に、きれいごとではすませないものがあるのですよね。
強姦事件を防ぐためにもそういった場所は必要であると 私も思っています。

>それらが表立って良い事だとは絶対に思いませんよ。それらは日影であるべきだと思ってます。

私はどちらかというと日陰であってはならないと思っているんです。
私は慰安所のような場所は,現在であっても必要であると思っています。
日陰にするから 暴力団の影響下になってしまうのです。
病気だって管理できませんしね。
オランダのように国営にした方がよっぽど健全だと思っています。
こんなこと書いたらフェミニズムの方々からいっせいに攻撃を受けそうですけど。(笑)

世の中,きれいごとではすまされないことってたくさんありますよね。
やりたくない仕事,イヤな仕事なんてこの世にいくらでもあります。
そんな仕事でも,例えばお給料がいいとか,労働条件がいいとか、
条件が良かったら働く人間はいるんです。

戦時中の慰安婦も同じであったと思います。
もちろん、親に売られた女性もいたでしょうし、
悪いブローカーに騙された女性もいたでしょう。
今,訴えている元慰安婦のおばあさんたちは、売られたり騙された かわいそうな慰安婦であったのかもしれません。

でも、今、問題になっているのは「国の責任」を問われている…ということですから、
これにはしっかり抗議していかないといけないと思っています。


何度もコメントをありがとうございました。
588さんの応援コメント、とっても嬉しかったです。

Posted by えいと@ at 2011年11月03日 22:23

>ヒロ50さん。

>全く同じ問題が米軍や韓国軍にも存在しているのに韓国や日本の左翼人や左翼団体は一切問題にしていません。おかしなことです。

そうなんですよね。
ここなんです。
戦争中はどの国であっても同じ問題はあったんです。
kgofbostonさんに言わせると、まるで日本軍や日本の兵士だけが性欲丸出しの鬼畜生であったかのようですよ。
そんなはずはないじゃないですか。
みんな同じ人間、若い男性だったら外国人でも日本人でも同じように性欲があるのですから。

>韓国人というのは一旦こうだと思い込むとキチガイになってしまう民族なんです

戦後、国をあげてあれだけ強烈な反日教育を行っている国ですからね…。
慰安婦問題なんてかっこうの日本たたきの材料になりますよね。
日本政府も無視すりゃ良かったのに,ホイホイ謝罪をしちゃいましたからねぇ。
日本人的感覚では「謝れば水に流す」という考えが根底にありますけど、
韓国人が日本人と同じ感覚を持ってるワケがないんですよね。
謝罪してしまったがために 永久に骨の髄までしゃぶられちゃう勢いですよね。。。


私がわからないのは「反日活動」を行っている日本人ですよ。
韓国人や元慰安婦のおばあさんが騒ぐのはまだわかるんです。(うっとうしいですけどね)
だって,騒ぐことで日本はお金を出してくれるかもしれないじゃないですか。
じゃ〜もっともっと騒ぎを大きくしてやろうって考えますよね。
でも,日本人がなぜこんな問題を作り上げ,今でも日本を貶める活動をし続けているのか…。
これがわからないんです。

戦後の問題は慰安婦問題に限らず、日本人自身の問題のように思いますね…。
自虐史観を持ち続ける限り 日本の戦後は終わらないのだろう…と思います。


何度もコメントをありがとうございました。
ヒロ50さんの応援コメント、とっても嬉しかったです。

Posted by えいと@ at 2011年11月03日 22:44
私は、kgofboston氏が当時の日本軍の行く先々に追いすがって商売していた売春婦達の事を、例えば”追軍売春婦”とでも言うのならば、まだしも理解できるんです。
彼女らの止むにやまれぬ事情だって、当時の時代背景を考えれば、ソコソコ思いやる事だってできるのですから。
ただ、kgofboston氏のような、当時の時代背景や価値観を全く無視し、現代の価値観だけで勝手に造り出した、当時は存在さえしていない言葉である”従軍慰安婦”という単語を持ち出し、当時の日本軍を断罪する事は、全くもって納得いきません!。
時系列を無視した、全くもって自分勝手な言い分です。
ハッキリ言って理解力のカケラの無いです!。
不愉快極まりないですね。
Posted by 588 at 2011年11月03日 22:45
えいと@様

>日本人がなぜこんな問題を作り上げ,今でも日本を貶める活動をし続けているのか…。

そうなんですよ。8月14日から北京盧溝橋で始まった「日本人は歴史とどう向き合ってきたか〜第二次大戦期の日本軍の女性に対する犯罪パネル展」も昨年までNHKエンタープライズ21でプロデューサーを務めた池田恵理子が「日本軍性暴力パネル展実行委員会」の代表者になっていて、中国側に働きかけ、このパネル展を開催しているのです。
日本の市民団体が中国側をけしかけて、こうした展示会をやらせているのは、非常に問題だと思います。このようにして中国の若者たちに、日本人への憎しみが植えつけられていくのですから。
Posted by ヒロ50 at 2011年11月04日 07:34
やれやれ、kgofboston氏は本当に往生際が悪いねぇ
これで最後だとか、もう書かないって、自分で言ってたよね、まさか忘れたとは言わさないよ(爆笑)

それにしても次の書き込みなんか、2chで非常によく見られる左翼の典型的パターンだよね

>資料を読む気のある相手かと思ったが違うよーだね。失敬失敬(笑)。

これって2chの政治系の板でしばしば用いられる左翼の典型的な逃げパターンなんだけど、「過去ログ読め!バカ!」なんてヤツなんかと同類だよね。
kgofboston氏はちょっとだけ言い回しが違うだけで、自分で根拠や説明責任から逃げ回っているにすぎないんだよね。
2chの過去ログに限らず、「○○を読め!」とか「そんなものも読んでないのか!」とか「そんな事も知らないなら議論する資格は無い!」いう言い回しをヤツが左翼にはかなり多いんだけど、そんな事を言う前に、トットと具体的に引用してでも、その場にキッチリ展開するのが礼儀ってモンだよ。
仮に相手が独自にその資料をスミからスミまで精読したとしても、それをどう解釈するかはその資料を読め!と言った者と同じ解釈になる可能性の方がはるかに低いと思うよ。
それほどアナタに自信があるのなら、「○●の資料にこのよう書かれているから、私はこのように解釈している、しかし貴方はどのように思うか?」と、その記述されている文を先ずはすべて晒したうえで、それに対する自分の判断を述べるのが筋ってモンだよ。
○○を読め!というだけの君の態度は、全くもって傲慢以外の何物でもない!アナタはまるで2chのガキそのものだ。
悔しかったら「○○を読め!」ではなくて、そこからキチンと引用した上で、そこを元にしてキチンと自分の意見を述べなさい。
アナタねぇ、もっと大人になりなさいよ。
読んでるこっちが恥ずかしいよ(笑)
Posted by 588 at 2011年11月04日 16:05
kgofbostonは何を言っているのやら。その資料は政府が金泳三の要請に応え、強制連行を認める発言に対応した
韓国側に配慮した政府資料でしょう。で、日韓基本条約を結ぶ上で解決すべき問題として竹島問題とこの慰安婦問題があったため竹島は密約で、慰安婦はこれを日本側が認め補償という形で解決を図ったのでしょう。補償も日本側が個別補償をと提案したにもかかわらず韓国側が全部よこせと言って、韓国側が北朝鮮分の戦後補償と合わせ責任を持って補償をすることになったのでしょう。
よく読んでないのだけど、一体貴方は何が言いたいの。
実際ありもしない従軍慰安婦問題を日本政府が将来の日韓関係を考慮して認め、補償をして解決したはずですよね。韓国側が慰安婦と言っている人たちに補償をしなかったからといっても日本にとっては解決済みの話でしょう。韓国政府と慰安婦の問題でしょう。
貴方が何をゴチャゴチャ言っているのか、何をどうしたいのか、悪いけど理解不能です。
Posted by ヒロ50 at 2011年11月04日 17:17
kgofboston君
もういいかげん私が悪うございました。と、えいと@さんに謝ってしまいなさい。
へりくつこねくり回しても史実を変えることは出来ないのだよ。
Posted by ヒロ50 at 2011年11月04日 19:53

>kgofbostonさん。

もう書かない,と自ら宣言しておきながら何度も当ブログを訪問し、そして執拗にコメントを残されていますね。
まるでストーカーのようです。


>資料を読む気のある相手かと思ったが違うよーだね。

kgofbostonさんこそが そうではありませんか。
自分の都合のいい本や資料ばかりお読みになって、で、あーだこーだと言っておられます。

はじめの方のコメントで書きましたが,私は昔、あなたと同じように考えていたんですよ。
あなたがおススメされているようなたぐいの本ばかり読んでいたからです。
そして、実際に慰安婦のおばあさんの証言を聞く機会があったということもあります。
片方だけの意見、片方の主張が書かれた本や資料ばかり読んでいたんです。
年月が流れ、いろんな本を読むようになって,かつて私が読んでいたこととは全く違う主張が書かれた本に出会いました。
そして両方の主張を照らし合わせて考えてみたのです。
どちらの主張に整合性があるのか、どちらの方が信憑性があるかを考えた上で「今の考え」に至ったのです。
それにはかなりの年月がかかりましたよ。
考えが変わるのに10年くらいかかったと思います。
何も、kgofbostonさんがおススメされているたぐいの本や資料をまったく読んでいないわけではありません。

多くの日本人は私と同じように 考えが変わった…という方が多いと思います。
なぜ多くの日本人が変わってきたのか…そのことをkgofbostonさんはお考えになったことはありませんか。
ま、ないのでしょうけどね。

とにかく。
私はkgofbostonさんのコメントを歓迎いたしません。
他にコメントをくださる方に対しても礼儀をもって書かれているとは思えませんし、
遊びでコメントされる方は 当ブログでは遠慮していただきます。
もうお超しにならないでくださいね。

Posted by えいと@ at 2011年11月04日 22:56

>588さん。

>kgofboston氏が当時の日本軍の行く先々に追いすがって商売していた売春婦達の事を、例えば”追軍売春婦”とでも言うのならば、

いや〜今までのkgofbostonさんが書かれた言い分を読んでおりますと「追軍売春婦」とも思っていないですよ。
あくまで慰安婦は被害者であって,加害者は日本の軍なのです。
そうでなくてはならない、とお考えのようですね。

>当時の時代背景や価値観を全く無視し、現代の価値観だけで勝手に造り出した

このことに関してはkgofbostonさんまったく触れておられませんね。
100%事後法で物事を判断しているのです。
「日韓併合100周年」で謝罪をした菅直人氏とまるで同じですね。

>「○○を読め!」とか「そんなものも読んでないのか!」とか「そんな事も知らないなら議論する資格は無い!」いう言い回しをヤツが左翼にはかなり多い

確かにそうですね。(笑)
かつて、左翼はインテリだともてはやされていました。
左翼的なことを言ってれば頭がいい、右翼的なことを言う人間は馬鹿の集まりだと思い込んでいたんです。(左翼自身が)
今も左翼の連中はそう思っているのかもしれませんね。
だから「こんなことも知らないのぉ〜?」って鼻で笑うんです。
笑われているのは自分の方だってことに気がついていないんですね。

>仮に相手が独自にその資料をスミからスミまで精読したとしても、それをどう解釈するかはその資料を読め!と言った者と同じ解釈になる可能性の方がはるかに低いと思うよ。
>それほどアナタに自信があるのなら、「○●の資料にこのよう書かれているから、私はこのように解釈している、しかし貴方はどのように思うか?」と、その記述されている文を先ずはすべて晒したうえで、それに対する自分の判断を述べるのが筋ってモンだよ。

激しく同感です! その通り!
そういう議論であったら大歓迎ですよ。
反対の意見であっても「なるほど」と思える意見が聞けるからですね。
しかし、kgofbostonさんが書かれるコメントにはそれがありません。
相手を論破するのに必死なコメントだから,読んでいて不快になるんです。

左翼の方と話すると疲れることが多いのですけど、
きっと588さんが書いてくださったことが原因なのでしょうね。
たとえば、田嶋陽子氏の意見など,毎度「はぁー?(呆)」って思うけど、
ああいえばこういうで絶対に人の意見は聞かないし,自分の主張も曲げない。
アレと同じですね。
だからいくら議論しても無駄…ってことなのですね…。

Posted by えいと@ at 2011年11月04日 23:14

>ヒロ50さん。

>NHKエンタープライズ21でプロデューサーを務めた池田恵理子が「日本軍性暴力パネル展実行委員会」の代表者になっていて、中国側に働きかけ、このパネル展を開催している

はぁ〜〜〜? もういい加減にしろと言いたいですね。(怒)
中国にある南京虐殺記念館を造る際にも お金を日本が出したそうですしね。
 http://youtu.be/S4W85wZWRds
社会党 田辺誠氏が中心になって造ったのだそうですね。
あんなのプロパガンダ以外の何ものでもないのに…。
ホントにもう…何をしているのでしょうか,日本人は…。(ため息)

こういう運動を行っている人…って何なのでしょうね?
本当に日本人なのでしょうか…?
日本人だけれども,自虐史観にまみれ、偽善の心でこういう活動を行っているのでしょうか?
「ひどい日本でごめんなさい! 謝る自分ってなんてかっこよくって良い人なんだろう〜」という自己満足に浸るためにこんな活動をするのでしょうか…?


>実際ありもしない従軍慰安婦問題を日本政府が将来の日韓関係を考慮して認め、補償をして解決したはずですよね。韓国側が慰安婦と言っている人たちに補償をしなかったからといっても日本にとっては解決済みの話でしょう。韓国政府と慰安婦の問題でしょう。
>貴方が何をゴチャゴチャ言っているのか、何をどうしたいのか、悪いけど理解不能です

私も同じく理解不能です。
100歩譲って、日本軍の関与があったとしても、それはもう日韓基本条約で全て解決しているはずなんです。
韓国側に渡した莫大な補償金は 韓国政府が個人補償に当てず 経済発展のために使ってしまったのですから。
しかも(不本意ではありますが)河野談話で謝罪をしているんです。
謝罪も補償もしてもらってない!…という主張はおかしいんですよね。
元慰安婦は自分の国に補償を求めるべきなんですよ。

kgofbostonさんは何としても日本軍を悪者にしておきたいのでしょう。
昔はコロリと騙せたのに、最近はちょっとづつ国民の意識が変わってきているので 焦っているのではありませんかねぇ?
そんな気がします。

>もういいかげん私が悪うございました。と、えいと@さんに謝ってしまいなさい。

無理でしょう。(笑)
この手の人間が自分の過ちを認めることはありません。
謝ってもらおうとも思わないですしね。
こういう輩は放っておくに限ります。(苦笑)

Posted by えいと@ at 2011年11月04日 23:41
今日見たらコメント欄がないのでびっくりしました。
思わず左翼の仕業かと思ってしまいました(>_<)
Posted by リボン at 2011年11月07日 23:38
こんばんは(>_<)

あの「河野談話」の売国奴、河野洋平さんが勲章をもらいましたよ。
天皇陛下は熱があって宮内庁病院に入院されたそうですが
私もそれを聞いて熱が出そうです。
もしかして陛下が熱を出されたのはそのせいか?と思ってしまったくらいです。

小林よしのりさん 慰安婦問題でがんばってくれてたんですね〜
よくやってくださいました。
「台湾論」「戦争論」以来のファンです。
でも最近はちょっとお疲れみたいですね…わかる気がしますが。

慰安婦問題は先人への明らかな冒とくです。
命をかけて日本を守ってくれたのに私たちはうまく反論できていません。
ほんとに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

それにしても…左翼にはうんざりですね。
同じ日本人だったら情けないです。悔しいです。
Posted by リボン at 2011年11月08日 00:57

>リボンさん。

>今日見たらコメント欄がないのでびっくりしました。

「反日妄想デモをストップ」の記事はわざとコメント欄を閉じているのですが、
今日の朝(アメリカ東海岸の朝)の一時期、右サイドバーのコメント欄が全て消えていました。
これは私も驚きました。
しばらすくると戻りましたけど…。
何だったんでしょうね???

>あの「河野談話」の売国奴、河野洋平さんが勲章をもらいましたよ。

私も熱が出そうでした…。
まぁ,政治家としての功績もあるにはあったのでしょうけどね。
しかし、勲章をもらうんだったら「河野談話」についてはどう考えているのか、
今の河野氏自身の考えを聞かせてもらいたいものですね。
今,こんなにも問題になっているわけですから。
あの談話でどれほどの国益を失っているか…。
おとしまえつけないでこの世を去ることだけはして欲しくはないですね。

天皇陛下、心配です。。。
お体にはお気をつけてお過ごしになっていただきたいですね。
今の日本では天皇陛下のご存在だけが望みなんですから…。

>小林よしのりさん 慰安婦問題でがんばってくれてたんですね〜でも最近はちょっとお疲れみたいですね…わかる気がしますが。

女系天皇の容認を〜ってあたりから、小林氏、なんかややこしいことを言い出し始めていますよね。
左翼を相手に意見を戦わせているうちに どっかおかしくなっちゃったのかもしれません。
昔の著書はいいものが多いと,私も思います。
日本に一時帰国した際には「天皇論」や「戦争論」「台湾論」など読んでみようかと思っています。

>それにしても…左翼にはうんざりですね。同じ日本人だったら情けないです。悔しいです。

この小林よしのり氏との討論 ↓ を見てても…ホントにうんざりしますよね。
  http://youtu.be/ndE5iAfOxc4
感情的にモノを言ってるとしか思えない。
元慰安婦の証言だけでよくもあそこまで自虐的に語れるもんだと,ある意味感心してしまいます。
この動画の最後の方 ↓ で,小林氏が「なぜそこまでして自分たちの祖父の世代を犯罪人に追い込もうとしているのか?」って質問した時、「関釜裁判を支援する会」の」一人が「私たちの祖先を犯罪人にしたいのではない。政府、軍の責任を問うているんだ」って言いましたね。(4分あたり〜)
  http://youtu.be/oF5qA9PVKYY
これがこやつらの言い分です。
なんでもかんでも軍人のせいにしてりゃ〜いいと思っているんです。
あの時代の軍人も我々の先人に違いは無いのに、軍人だけは別で極悪人だったって言っているのです。
ホントにバカですね。。。(呆)
動画の「その5」の最後の方なんて左翼の言い分は自爆してるんですよ。それに気がついていないって…滑稽ですよね。(笑)
彼らが日本人であるのなら、同じ日本人として恥ずかしいですね,ホントに。。。

Posted by えいと@ at 2011年11月08日 01:44
こんばんは。当ブログも記事をアップしたはずなのに、ブログに反映されず「あれ〜〜〜?」って感じです。これってシー○ーのテクニカル問題なのかしら?

ちなみに内容は民○党批判ビラの文字起こしその2です。

上のコメについて。
>なんでもかんでも軍人のせいにしてりゃ〜いいと思っているんです。>
短絡思考ですね。結局、「すべて軍人が悪うございました」って言っても、寒国の人には通じず、「てめえが責任取れや」って言われてしまうのに。
Posted by 館主 at 2011年11月15日 17:25

>館主さん。

Seesaa、時々変なトラブルがありますよね?
コメント欄のトラブルが多いのですけど、館主さんの場合はブログUPができないのですか…?
どういう原因なんでしょうね?
あまりにも頻繁に起こるようでしたら、直接Seesaaに問い合わせてみられたああいかがでしょうか…?

>短絡思考ですね。結局、「すべて軍人が悪うございました」って言っても、寒国の人には通じず、「てめえが責任取れや」って言われてしまうのに。

現に言ってますしね。(笑)
謝れば水に流そう〜っていうのは,あちらの国には通用しないようですしね。(苦笑)

Posted by えいと@ at 2011年11月16日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231251275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

今こそ知るべし! 小野田寛郎「私が見た従軍慰安婦の正体」
Excerpt: (従軍)慰安婦問題、韓国は女子挺身隊を慰安婦だと言っている等々を先日記事にしましたが、 つい最近も、韓国が国連で慰安婦問題を提起したり、在韓日本大使館前の慰安婦碑設置計画とか強気で日本攻勢をしかけてき..
Weblog: テレビにだまされないぞぉ
Tracked: 2011-10-20 10:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。