2011年10月03日

中川昭一氏の命日によせて〜日本が好きな政治家に日本を任せたい!


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



皆さまは中川昭一氏を覚えておられるでしょうか…?


2009年の7月まで 自民党衆議院議員、財務大臣であった中川昭一氏です。


10月3日は 中川昭一氏の命日であります。


中川昭一氏の急死は 本当にショックでした…。


あんなに日本を憂い、日本のために賢明に、自分の信念を曲げずに政治を行っていた政治家は なかなかいないと思います。


マスコミは どのTV局も、どの番組も中川氏をバッシングしました。


その結果、大臣を辞任することとなり、2009年の衆議院選挙では北海道11区で落選してしまいました。


中川氏の選挙区では小沢一郎被告の疑惑で 有罪判決が出た石川知裕被告が当選してしまったのです。


そして中川氏は…2009年10月3日にお亡くなりになってしまいました…。


中川氏を 死に追いやったのは…。


私たち 日本国民ではないでしょうか…?


真実を確認することもなく、マスコミに流された日本の国民たち…。



中川昭一氏の功績がどれほど すごいものであったのか…。


皆さまはご存知でしたか…?


記憶が薄れてしまっている方は どうか思い出してください…。


こちら ↓ の動画をご覧になってください。氏の功績を説明しています。


      中川昭一氏の功績(8分52秒)

 こちらのサイト ↓ でも詳しく書かれていますので、参考にご覧になってください。
  朦朧会見ばかりが報道された中川氏はローマで何をしてきたか?


また、たちあがれ日本の平沼赳夫氏は次 ↓ のように言われています。


  平沼赳夫議員が語る 中川昭一先生の功績(8分1秒)

こちらのサイトより 書き起こしの転載をさせていただきます。

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

皆様方、こんにちは。いつも大変にお世話になっておりまして、平沼赳夫でございます。
今日は、私の盟友である、中川昭一さんの事について、お話をさせて頂きたいと思っております。
私は、非常ーに残念なのは、テレビでもマスコミでも、この突然の中川昭一氏の死の事を報道しておりますけれども、
彼が政治家として、一生懸命、心血を注いで実績を上げた事に全く触れません。
テレビの画面に出てくるのは、彼の酩酊の記者会見、こればっかりが出てくるわけです。
そして、彼が保守政治家として、いかに立派な実績を残したかという事に関しては全ーく報道がないわけです。
私はこれはある意味では憤りを感じているところであります。

彼は保守政治家として、真っ先に東シナ海のエネルギーの問題について、日本人として正しい主張をして行動いたしました。
中国は日本が引いた良心的な中間線 インセントのラインと言っておりますけれども、ギリギリの所に油田を掘って、そして日本の領海内のエネルギーを吸い出しているわけであります。
中川さんはこれに大変憤りを覚えて、採掘権のある帝国石油に経済産業大臣の時に採掘権まで与えて、日本として東シナ海のエネルギーの問題にも立派にコミットしていこう、こういう事を主張しました。
しかし、この勇気ある発言にもマスコミはほとんど答える事をしませんでした。

また、彼は初代の拉致議連の会長として、国会議員が誰も相手にしなかった拉致問題に身をもって、この解決をやる事が日本人の為だ、こういうことで行動をしました。
当時の野党の人たちは、国会議員は、、何を言ったか。あの国は拉致のような事件を全く引き起こさない。
こう言って、拉致の家族の方々が、その野党の人達を頼って行ったのに、冷たい返事しかしませんでした。
しかし、拉致問題を安倍元総理と共同して軌道に乗せたのは中川昭一氏の本当に個性だと思っています。

今も中国は、今の政権では非常に将来性のある得がたい国だと、こういう評価をしておりますけれども、
しかし一方において、中国は過去21年間、軍事費を2ケタアップしてまいりまして、アメリカに次いでの世界の軍事大国になっています。
当然、原子力潜水艦も保有しておりますし、この一両年には航空母艦まで保有すると言っております。
日本にとって、看過出来ない事は、台湾海峡を目指して中距離弾道弾を1200発も配備しています。
その膨大な軍事費で毎年120基ずつ増やしているわけであります。
もちろん、核弾頭でありますから角度を変えれば全日本がその射程に入るわけであります。
中川さんは日本は被爆国だから、核の問題は慎重にしなければいけないけれども、この日本で核の議論は大いにやるべきじゃないか。
日本はこれだけのプルトニウムを持っている。また、52基の原子力発電所が稼動している。
H2ロケットをはじめとして、運搬手段も持っている。
だからやっぱり世界のバランスを考えた時に、核の開発能力のある日本が真剣に議論をしておく、この事は必要じゃないか。こういう事も勇気をもって主張
してくれました。

財務大臣の時も、IMF、その国際通貨基金に関して、日本の立場を鮮明にして、日本は世界の為にこの国際通貨基金IMFを立派に運用していきたい。
こういう基本的な考え方も彼は明確に述べた
わけであります。

また、日本の尖閣諸島をはじめとする、、彼は北海道代表の代議士ですから、北方4島を含めて、この日本がいかに領土問題を大切にしていかなければならないか、この事も明確に言った政治家です。

こういった諸々の事を、マスコミは何故か取り上げません。
今の自由民主党は、本当に厳しい状況に置かれています。ですから保守の再生をしなければならない。その為には中川昭一先生は得難い人材でした。
わずか56歳でこの世を去ってしまった。日本の保守政治に本当に大きな穴が開いたと、私は残念でなりません。

この中川昭一先生の遺志を継いで、この日本に正しい保守を確立していく為に、平沼赳夫、微力ですけれども、一生懸命にがんばって参りたいと思っております。
中川昭一代議士は今申し上げた立派な功績を持っておりますので、皆様方、是非、そういった面を評価をして頂きたい。
この事を皆様方にお願いを申し上げまして、私の考えの一端を述べさせて頂きました。
ご清聴、本当にありがとうございました。


                  〜〜〜転載ここまで〜〜〜



これほど大きな功績 ↑があったのに、それをマスコミは 生前には 国民にいっさい知らせなかったのです。


中川氏のIMF改革は 世界では「人類の歴史上 最大の貢献」とまで報道されていたのに、日本ではまったく報道されず、


そのかわり毎日毎日 報道されたのは 中川氏の朦朧会見ばかり…!



   眠ったままの日本人へ〜中川昭一氏が残したもの(9分13秒)


私は辛坊治郎氏の この発言 ↑ は許せないと思っています。(動画のはじめの部分をご覧になってください、ひどいですから…)


これ ↑ が日本のマスコミなんですよ…。


さらにバチカン博物館見学の際、酔っぱらった中川氏は、案内役の説明を聞かずに歩き回ったり、


入ってはいけないエリアに足を踏み入れたり、 触ってはいけない展示品を素手で数回触ったりしたしたと報じられましたよね?


中川氏の見学に通訳として動向された バチカン放送局 神父の、和田誠氏が「事実と異なる形で報じられている」と,次のように証言しています。↓

私は見学の間中、通訳として中川前大臣の最もお側近くにおりましたが、
報道のような非常識な行為を、見た記憶はありません。
また、中川前大臣はあの時、酔っているご様子には見えませんでした。
私はアルコールを一滴も受けつけませんので、その臭いには敏感です。
しかし中川前大臣からは、お酒の臭いはしませんでした。

足取りがふらふらしていたかは、見る人の主観によるものでしょう。
しかし言葉がはっきりしなかったとは、いったい誰が言っているのでしょうか。
見学の間中、中川前大臣とお話したのは通訳であった私です。中川前大臣の言葉は、非常にはっきりしておりました。
「案内役の説明を聞かずに歩き回った・・・」というのも、おかしな話です。

案内役とはイタリア人ガイドの事でしょうが、
彼女のイタリア語の説明を中川前大臣が聞けるはずがありません。中川前大臣は、私の通訳を聞いていたのです。
私が通訳をしている間は、。もちろん歩き回りなどしませんでしたし、非常に熱心に耳を傾けておられました。
「入ってはいけないエリアに足を踏み入れたり、触ってはいけない展示品を素手で数回触ったりした」というのも、
私には大いに疑問です。
少なくとも私は、明らかに非常識とされる場面は目撃しませんでした。

                     「正論」2009年5月号より


こちらの中川昭一ライブラリの中の「中川昭一の声」もご覧ください。


こんなにも危機感を持ち、ずっと国民に訴えかけてきた議員さんだったのに…。


どうして、私たちはこんなにもすばらしい政治家を見殺しにしてしまったのでしょうか…?


なぜマスコミの報道をしっかり検証しなかったのか…?


悔やまれてなりません。。。



同じように安倍元総理、麻生元総理もマスコミの餌食となり、


安倍元総理は体調を崩し総理を辞任、


麻生元総理は「漢字が読めない無知な総理」というレッテルを貼られ、支持率を大きく失い解散をいたしました。


安倍元総理や麻生元総理が どれほどの功績を残しているかご存知でしょうか…?


今回は知られざる麻生元総理のG20における功績をご紹介します。


この動画 ↓ をぜひご覧になってください。もう…しびれますから…!


「危機をチャンスに変えろ」〜G20サミットの舞台裏(前編)(11分)


これこそが日本の総理大臣たる姿 ↑ではありませんか…!


他にはこれだけの仕事 ↓ を麻生太郎氏は総理大臣時代に行いました。

 2分で分かる麻生内閣の実績(2分29秒)


すごいではありませんか…!


こんな素晴らしい人材、麻生太郎氏を、


漢字が読めない、カップラーメンの値段を知らないことだけで マスコミは「無知な総理」と国民を煽ったのです。


今の内閣に、民主党政権に これだけのことができますか…?


もう…これ以上マスコミに騙されないようにしましょうよ。


TVや新聞だけから 受動的に情報を得るのではなく、


自ら情報をとり、どの情報が正しい情報なのかしっかりと考えましょうよ…!


民主党のように「党内融和」などと言って党の維持、民主党政権の維持のみを考えている政党に政治を任せていてもいいのか、


よくよく考える必要がある…と思いますが…いかがでしょう?



  麻生太郎の心あたたまる話(3分1秒)


政治はどの政治家ががやっても同じではない!


日本が好きな政治家に 日本の政治を任せたい!


私はそう思います。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 12:37| Comment(18) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日が3回忌の日でしたか…
お恥ずかしい話ですが、私もマスコミの論調に惑わされ、
当時の中川氏の記者会見で、眉をひそめた一人です。

しかしあの時の報道の凄まじさに、もっと冷静になって気づくべきでした。
その結果、あの石川被告…よりによって、あの石川被告を当選させてしまうことになろうとは…
何度悔やんでも、悔やみきれません。

しかし今の日本の惨憺たる有様は
何より私を含む、国民の劣化の表れなのでしょう。
マスゴミに責任を負わせるだけでなく、
自分の持つ1票に、責任を持たねばなりません。

取り上げてくださった映像をくまなく再生すると、
余りにも愚かだった自分を痛感し、泣けてきます。

愚かだった自分がそこにいただけに、今の日本のありようが
ことさら辛いものに感じます。
でもまだ諦めない。諦められません。
この美しい国をもう一度再生させ、次の世代に引き継ぐために、
今度は自分が、やってゆかねばならないのだと
思いを新たにしています。
Posted by さどつおる at 2011年10月03日 13:55
こんにちは。
いろいろあってご無沙汰しちゃってます。。。
いつも覗きにだけは来てるんですが…。

中川氏の死から、まだ2年しか経っていなかったんですね。
なんだか日本はゴタゴタし過ぎで、もっとずーっと前のような気がしていました。
好きな政治家なんていなかった私でしたが、中川氏だけは好きな政治家でした。
なんせ“昭ちゃん”と呼んでいたくらいですから(笑)
マスコミにズタズタにされていた時も、なんだか腑に落ちないなぁ…と思っていましたが、やっぱり事実は隠されていたんですね。
私たちは偉大な政治家を失ってしまったと、後悔してもしきれません。
昭ちゃんが総理大臣になってくれていたら、日本の今はもう少しマシだったんじゃないか…とか考えてしまいます。
実際、いずれは昭ちゃんを総理大臣に!と応援していた政治家の方々がいらっしゃったようですし。

安倍元総理も、麻生元総理も、問題がゼロだったかと言えばそうではないと思うけど、何に関してもパーフェクトな人なんていないですからねぇ。
そこをツツイて潰してしまったマスコミに踊らされてちゃ、肝心な事が見えなくなってしまいますよね…。
民主党になってからと比べたら、安倍元総理や麻生元総理がいかにまともだったのか、気付かされますね。
Posted by 日向夏 at 2011年10月04日 00:52
日本のマスコミが異常なバッシングをすると気づいたのは、
イラクで日本人が3人拘束されたときでした。
でも自民党の議員をバッシングで潰していったのに気づいたのは、
民主が政権をとってからなので、
中川さんのことも嵌められたのだろうと思っていましたが、
ここまで酷いとは思いませんでした。
言いたいことが一杯あったでしょうに、、、。
マスゴミに騙されず真実が何かを見つけないと日本人はバカを見ますね。
Posted by さくら at 2011年10月04日 04:19
理想の人間は、頭(考え)の中に生きている。実際の人間は、頭の外(現実)に生きている。実際の人間は、決して理想の人間になることはない。
自分の理想の内容を明らかにして、その実現のために相手の協力を求めなくてはならない。これは、建設的な態度である。我々の人生である。
実際の人間が理想の人間でないとして、相手を倒すことばかりに明け暮れていても、政治は前に進まない。ただ、総理大臣がくるくると変わるばかりで、社会は停滞する。さらに失われた○○年ができる。

現実の世界は、過不足なく成り立っているので、考え(過去と未来)の世界といえども、過不足のない内容に作り上げなくてはならない。論理の尻が抜け落ちていたのでは、せっかくの考えの内容も現実生活の指針とはならない。ところが、日本人には、非現実(過去と未来)の世界を過不足なく頭の中で組み立てることが難しい。それは、日本語に時制がないためである。

英語には時制があるので、現在の内容は、過去の内容にも未来の内容にも、そっくり置きかえて考えることが可能になる。つまり、世界観(world view)を持つことになる。だから、未来の世界も過去の世界も過不足なく成り立つ内容が頭の中にできあがって、現実の世界の指針となる。これは、温故知新である。学問である。

時制のない人の考えでは、せっかくの理想も空想になる。子供にも受け入れられるアニメの世界にはなっても、大の大人が心底信頼を寄せる理想の追求にはならない。空想の内容は、あくまでも現在に存在し、現実の中の嘘である。未来の世界には存在しないからである。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


Posted by noga at 2011年10月04日 06:30
はじめまして。
ベッラさんのブログで
読者とタレこみをしているものですw
よろしくお願い致します。
全部ではありませんが、エントリを読ませていただきました。内容も公平で中立、思想的に右でも左でもないなものだと思います。
まぁ、アカや在日朝鮮人からすれば「ネトウヨ」など
と言われるような内容ですがそれこそ腐るほどあり
日本が右傾化しているなどととんでもないことを
いいだすのですが、そういった愚か者どもは放置していきましょうw

そういう私もあるきっかけで目覚めましたが、それまでは左巻きの自虐史観でしたw

アメリカ在住ということで、海外から見た日本の様子が良く分かると思います。
エントリを楽しみにしておりますので改めてよろしくお願いたします。
Posted by タレこみ屋 at 2011年10月04日 07:02
中川氏は私が好きな数少ない日本の政治家の一人でした。
例の会見の直後にも激励メールを送りました。
そこに、ぜひ次期総理になって欲しい!とも書きました。

そして、ひさしぶりにネットのニュースで中川氏の顔写真を見つけ「復活してくれたんだ!」と思ったのも束の間、それが訃報だとわかり言葉を失ってしまいました。
そのあとクレちゃんとスカイプをする予定でスカイプしたんですが、あまりの落胆と悲しみでうまく会話できませんでした。
今でも涙が出てきます。

辛坊はほんと許せませんね。
中川氏をハメた女記者も絶対に許せません!
中川氏の奥様が出馬するという話を聞きましたが、夫の無念を晴らして欲しいです!!

麻生氏や安倍氏、西田氏、稲田氏、小泉次進次郎氏など、日本のことを真に考える数少ない政治家と、国を愛する国民こそが最後の砦ですね。
彼らを失うことは、日本の死を意味します。
Posted by ビバちゃん at 2011年10月04日 19:56
こんばんは(*^。^*)

中川さんて立派な政治家だったんですよね。
勉強家で日本のことを真剣に考えていて愛国心が強い方だったと聞いてます。
中でも中川さんが行った政策の中では、IMFのストロスカーン専務理事に
「人類の歴史上最大の貢献だ」と評価されたモノがあったそうで…
ものすごい功績を残されたのですよね。
これも知らなかったんですけど…
とにかくテレビで報道されませんでしたし…
報道されたのは泥酔等のひどいものだけ。
馬鹿な私は中川さんを誤解してましたよ。テレビに騙されました。
実際はそういうことはなかったらしいですけど、そうなると
なぜ? 中川さんをおとしめるような報道をしたのか疑問ですよね?
およそ日本の報道機関とは思えませんもん。

中川さんは生前「人権救済法案で私は消される」と言っていましたね。
動画で見ました。
死因についてはよくわかりません。
でもセキュリティ万全の所でも入れる人は入れるようですね。
というのは以前テレビで見たんですがイリュージョニストの引田天功さんが
北朝鮮の招待を断ってから、しばらくして部屋にあったアンティークのミッキーマウスが
なくなったことがあったそうです。
それもケースに入れて鍵をかけてあったのにです。
しばらくしたらまた戻ってきたようですがそれもしっかり鍵がかかっていたとか…
その鍵も彼女が持っていたにもかかわらずです。
それを聞いてびっくりしたのですが、そういった精鋭部隊ならできるのかもしれませんね。
でもそうやって部屋に入れるとしたら…!?
…考えすぎですかね?

中川さんを亡くしたことは日本の大きな損失だと思います。
中川さんも今の日本を見てどう思っているでしょう。
私もやりきれない気持ちでいます。
Posted by リボン at 2011年10月05日 00:51
私はこの方を存じませんが
日本ではマスコミが大きな力を持っているから
そこから 話を持っていけば 事はうまく運ぶというような事をいっていたアメリカ人の動画を見たことがあります

さまざまな事で 本当に世の中のためになることって 消されて行く事おおいんでしょうね

Posted by はちきんイジー at 2011年10月05日 08:38

>さどつおるさん。

>お恥ずかしい話ですが、私もマスコミの論調に惑わされ、当時の中川氏の記者会見で、眉をひそめた一人です。

実は私もなんですよ…。
私は中川氏を支持していました。
支持していたんですが、あの朦朧会見を見て「政治家があんなことしちゃダメでしょう」って思った一人です。
夫は横で「あのまじめな中川昭一があんなことするか? あの報道はかなり怪しい」と言っていたのですけど、
私はあの記者会見を見て眉をひそめてしまった一人なのでした。

>あの時の報道の凄まじさに、もっと冷静になって気づくべきでした。
>その結果、あの石川被告…よりによって、あの石川被告を当選させてしまうことになろうとは…何度悔やんでも、悔やみきれません。

そうなんですよ…。
北海道の選挙区の方を恨むつもりはないですけど…あの報道では中川氏に投票しなかったのはやむおえないかもしれないけど…。
それでも信じて欲しかったです。選挙区の方は中川氏を信じて欲しかった。
今まで支持してた選挙区の人も、あの報道だけでそれまでの中川氏の評価をゼロにしてしまったのですから…。
それを考えたらマスコミの罪はものすごく重いですね。
一人の議員の命を奪ったも当然ですよ。
みんなでよってたかって袋だたき状態です。
リンチと同じですよ! ひどすぎます。。。

>今の日本の惨憺たる有様は何より私を含む、国民の劣化の表れなのでしょう。
>マスゴミに責任を負わせるだけでなく、自分の持つ1票に、責任を持たねばなりません。

そうなんですよね。
国民が劣化しちゃってるんですよね。
これも…戦後の教育の賜物でしょう。
こうやって徐々に日本の力が失われてしまっているのです。

>取り上げてくださった映像をくまなく再生すると、余りにも愚かだった自分を痛感し、泣けてきます。

ホントですよね…。
こんなにもすばらしい政治家をしっかり評価していなかった自分が…悔しいし情けないです。

>でもまだ諦めない。諦められません。
>この美しい国をもう一度再生させ、次の世代に引き継ぐために、今度は自分が、やってゆかねばならないのだと思いを新たにしています。

そうですね。
まだ遅くはないと思います。
中川氏の思いを継いでくださってる議員さんがおられます。
その方たちを,日本のために頑張ってくださる政治家の方々を力いっぱい応援し、支持しなくてはなりませんね。
見る目を養い、マスコミに流されるのではなく自分で調べる。そして発信していく。
私たち一般人にもできることはあるはずです。
頑張っていきましょう。


Posted by えいと@ at 2011年10月05日 11:10

>日向夏さん。

お久しぶりです〜。お元気ですか?

>中川氏の死から、まだ2年しか経っていなかったんですね。
>なんだか日本はゴタゴタし過ぎで、もっとずーっと前のような気がしていました。

売国政党の政治が継続しちゃってたせいか、この2年がものすごっく長く感じましたよね。
私も夫と「中川さんが亡くなってまだ2年しか経ってないんだね…」って話していたんです。

>好きな政治家なんていなかった私でしたが、中川氏だけは好きな政治家でした。なんせ“昭ちゃん”と呼んでいたくらいですから(笑)
>マスコミにズタズタにされていた時も、なんだか腑に落ちないなぁ…と思っていましたが、やっぱり事実は隠されていたんですね。

そうなんです。
中川氏のことを支持していた人、多かったと思うんですよ。
だけど、あそこまで徹底してひどく報道されると…。
あの頃は今ほどマスコミに疑心暗鬼の気持ちが高くなかったですからね…。
マスコミを信じちゃった人は多かったと思いますね…。

>私たちは偉大な政治家を失ってしまったと、後悔してもしきれません。
>昭ちゃんが総理大臣になってくれていたら、日本の今はもう少しマシだったんじゃないか…とか考えてしまいます。

もう少しどころか大いに変わっていたでしょう。
こんなに堂々と外国に向かって発言できる議員さんは他にいませんよ。
ホントに悔やまれてなりません。

>安倍元総理も、麻生元総理も、問題がゼロだったかと言えばそうではないと思うけど、何に関してもパーフェクトな人なんていないですからねぇ。

もちろんそうです。
100%パーフェクトな人間はいませんよね。
でも、どんな仕事をしているのかはマスコミは報道すべきです。
マイナス面ばかり大きく報道して…! まったくフェアじゃないですよ。

>民主党になってからと比べたら、安倍元総理や麻生元総理がいかにまともだったのか、気付かされますね。

きっと民主党になって、あまりのひどさに自民党時代の良さに気がついた人が多いと思いますね。
それでもいいんです。
気がついたことが大事なんですね。
まだ気がついていない人もたくさんいます。
そういう人に気がついてもらいたい。
日本の将来が左右されるのですから…!

Posted by えいと@ at 2011年10月05日 11:19

>さくらさん。

>自民党の議員をバッシングで潰していったのに気づいたのは、民主が政権をとってからなので、中川さんのことも嵌められたのだろうと思っていましたが、ここまで酷いとは思いませんでした。

マスコミの仕事っていったい何なのでしょうね。
事実を伝えることにあるはずなのに。
なぜこんなにも偏向報道がまかり通ってしまったのでしょう。

今の報道は…民主党庇護のものばかりです。
どんなに民主党の議員がひどいことをやっていてもだんまりですよね。
外国人献金の問題や、北朝鮮との関係のある団体との関係、その他諸々。
おかしすぎますよね。

>言いたいことが一杯あったでしょうに、、、。

あったと思いますね…。
本当に中川氏の死は悔やまれます。
生きていてくださったら…いくらでも名誉挽回できたのに…。
日本にとって大損失ですよ。。

>マスゴミに騙されず真実が何かを見つけないと日本人はバカを見ますね。

バカを見ますし、日本が危機にさらされます。
マスコミが何に牛耳られているのか…?
後ろで操っているのは何なのか…?
しっかりと見ていかないといけないと思います。

Posted by えいと@ at 2011年10月05日 11:27
えいと@さんの添付動画全部拝見しましたが、ショックでした。泣けました。テレビの影響の大きさに今更ながら驚き、中川昭一さんの一連の報道もなんか変だなと思いつつテレビを信じて三面記事をみるようなノリで見ていた自分が恥ずかしい。麻生元総理のこともしかりです。愛国心豊かな阿部元総理は大好きでしたし、彼の功績は大きいと信じてました。いかにマスコミに操作されて、その内容が間違ったまま人々の心に消えずに印象深く残っていくってほんとこわいですよね。今心あらたにマスメディアに翻弄されないようしっかりと見極めていきたいとおもいます。まず教育が人をつくります。今からでも間に合います。日本のゴールデンエイジは必ずきます。小泉さんのような若くてまともな国会議員が沢山排出される日まであきらめず訴えていきましょう。原発の事、火事場どろぼうの意のままになりそうな国防の事、景気回復、少子高齢化対策、教科書問題等々 問題は山積してますが、日本人まだまだ捨てたもんじゃないと希望も持ちつつ暮らしたいですね。
話は飛びますが、約50年ちかく前に中学1年の英語の教科書の表紙がペンシルベニアの小さな教会の写真がのっててそれが味のあるすてきな教会だったというだけの理由で英語が好きになり、大阪の万博や神戸の国際学校で仕事をしましたが、あこがれのアメリカには行けず、こてこての日本人と結婚し、あーあという感じですが、えいと@さんのKOME レストラン見て、やっぱり
外国に暮らし、こういうすてきな日本のレストランで食事っていうのを経験したかったなあと思いました。
アメリカ人と結婚し、テキサスのサンアントニオ在住の
娘家族を毎年訪ねてますが、こんなすてきなお寿司屋さんはありません.こんな風なホッとするステキな情報もうれしいですね。
Posted by navo at 2011年10月06日 21:10

>nogaさん。

コメントをありがとうございます。
Posted by えいと@ at 2011年10月07日 02:31

>タレこみ屋さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>内容も公平で中立、思想的に右でも左でもないなものだと思います。

ありがとうございます!
そう言っていただくと嬉しいです。
実は、ちょっと前に私が「過激な右翼思想を持った人物」だと書かれてしまったもので、
う〜ん、ちょっと過激なのかと悩んでおりました。

>まぁ、アカや在日朝鮮人からすれば「ネトウヨ」などと言われるような内容ですがそれこそ腐るほどあり

わはは、そうですね。
赤い方々や反日意識を持つ方々にとっては、私は 危険(=日本国を守る)な思想を持っているってことになるのでしょうね。(笑)

>日本が右傾化しているなどととんでもないことをいいだすのですが、そういった愚か者どもは放置していきましょうw

そうですね。
しかし、そういう愚か者がまだまだ多いのが今の日本なのですよね…。
激しい売国的思想を持つ者は1割くらいなのでしょうが、それにうまく利用されてしまうノンポリ、あるいは軽い左巻きが多いのが現状なので、
大変ですよね。。。

>そういう私もあるきっかけで目覚めましたが、それまでは左巻きの自虐史観でしたw

そうでしたか…。
だけど、多いですよね。昔は左巻きだったのに、時を経て 愛国心を持つ人間になったという方が。
私もそうですし。
目覚めるきっかけが大事なのだと思います。そのきっかけに気がつくかつかないか…。
これも大きな分岐点になるのでしょうね。

>アメリカ在住ということで、海外から見た日本の様子が良く分かると思います。
>エントリを楽しみにしておりますので改めてよろしくお願いたします。

こちらこそ、よろしくお願いします。
外国に住むからこそ 日本がよく見える…ということがありますね。
外国に住んでから、いっそう日本のことが好きになりましたし、日本の大切さを感じております。
今後も こういう記事を書き、私の思いを発信していきたいと思っています。

Posted by えいと@ at 2011年10月07日 02:44

>ビバちゃん。

>中川氏は私が好きな数少ない日本の政治家の一人でした。
例の会見の直後にも激励メールを送りました。そこに、ぜひ次期総理になって欲しい!とも書きました。

そうだったんですか…。
ビバちゃんはあの報道があっても、中川氏を信じた数少ない日本人の一人だったのですね…。
私の夫も同じでした…。

>今でも涙が出てきます。

私も思い出すと…涙が出て来ます。
私は信じ切ってあげられなかったから…。
あの報道に眉をひそめてしまった一人でしたから、それが悔やまれてなりません。

>辛坊はほんと許せませんね。
>中川氏をハメた女記者も絶対に許せません!

そうですね。
辛抱氏をはじめ、マスコミの連中、アメリカの逃亡中の女性記者、そして中川氏といっしょにイタリアに行っていた官僚…!
許せませんね。

>中川氏の奥様が出馬するという話を聞きましたが、夫の無念を晴らして欲しいです!!

ホントですね。
何としても中川昭一氏の意志を継いでもらいたいです。

>麻生氏や安倍氏、西田氏、稲田氏、小泉次進次郎氏など、日本のことを真に考える数少ない政治家と、国を愛する国民こそが最後の砦ですね。
>彼らを失うことは、日本の死を意味します。

その通りです。
こういう真の日本のためを考えている国会議員を、我々は守らなくてはなりません。
そうでないと…ホントに終わりですよね。
このことにもっと多くの国民が気がついて欲しいです。。。


Posted by えいと@ at 2011年10月07日 03:03

>リボンさん。

>中川さんて立派な政治家だったんですよね。勉強家で日本のことを真剣に考えていて愛国心が強い方だったと聞いてます。

そうなんです。
しかも強い政治家でした。
今のへなちょこな政治家と比べ物にならないくらい、外国に対しものが言える政治家だったんですよ。
本当に…惜しい人材を亡くしてしまいました…。

>これも知らなかったんですけど…とにかくテレビで報道されませんでしたし…
>報道されたのは泥酔等のひどいものだけ。

悪意があったとしか考えられませんね。
日本がまともな国になることを望まない勢力の圧力があったとしか思えません。
あんなにも大きな功績があったのに、多くの日本人が知らないんですよ?
おかしいじゃないですか…。
あんな朦朧会見ばかり くりかえしくりかえし報道してたら…そりゃ〜誰でも眉をひそめます。

>実際はそういうことはなかったらしいですけど、そうなるとなぜ? 中川さんをおとしめるような報道をしたのか疑問ですよね?
>およそ日本の報道機関とは思えませんもん。

今の政権与党を見ていると、何となく察しがつきますね。
日本のためではない、特亜のために賢明に働いている政治家がたくさんいますもんね…。

>中川さんは生前「人権救済法案で私は消される」と言っていましたね。動画で見ました。

はっきりとモノを言う…ということは、外国にとっては聞きたくないこともあるんです。
だけど日本のためには主張しなくてはならない。
「人権救済〜」が成立すると、相手側にとって不快な事柄であれば、それを「差別」とすることで一政治家を葬ることができてしまいます。

死因は…不明ですよね。
自殺ではないことははっきりしています。
だって、氏は落選したものの「今後も頑張っていく」と断言しておられたんですから。
今後も頑張ると言っている人が自殺なんてしませんよ。
あんなに強い精神力を持ってた中川氏なんですから…!
民主党に政権が奪われたからこそ、次の選挙で巻き返す! 必ず返り咲いて日本のために仕事をする!
それくらいの気持ちを持っておられたと思います。

>中川さんを亡くしたことは日本の大きな損失だと思います。
>中川さんも今の日本を見てどう思っているでしょう。私もやりきれない気持ちでいます。

ホントにやりきれませんね。。。
今の日本を見て…嘆いておられるでしょうか…。
中川氏の意志を継ぐ政治家に頑張ってもらいたいですね。
そういう政治家を、私たちは守らなくてはなりませんね。。。

Posted by えいと@ at 2011年10月07日 03:17

>はちきんイジーさん。

>日本ではマスコミが大きな力を持っているから そこから 話を持っていけば 事はうまく運ぶというような事をいっていたアメリカ人の動画を見たことがあります

日本に限らず、こういうことはアメリカにもあります。
ただ、中川氏のあの報道はあんまりでした。
氏の功績はないひとつ報道されず、その代わりに朦朧会見ばかり くりかえしくりかえし報道したんです。
悪意があったとしか思えませんね…。

>さまざまな事で 本当に世の中のためになることって 消されて行く事おおいんでしょうね

そうかもしれませんね…。
消されないように、かつ世の中のために働く…というのは難しいことなのかもしれませんね…。

Posted by えいと@ at 2011年10月07日 03:20
>NAVOさん。

>えいと@さんの添付動画全部拝見しましたが、ショックでした。泣けました。

真実がわかると…愕然としますよね…。
こういう事実が出て来たのは、中川氏が亡くなってからなんです。
亡くなってから功績を報道し始め、朦朧会見もバチカンでの行動の報道も、なんか怪しい…ということが言われ始めたんですよね…。

>テレビの影響の大きさに今更ながら驚き、

TVの影響は大きいですよね。
だからこそ、もっと偏向報道を問題にすべきなんです。
偏向報道、嘘のドキュメント、嘘の歴史ドラマをどんどん垂れ流すことで、どれだけの国益が失われているか…。

>いかにマスコミに操作されて、その内容が間違ったまま人々の心に消えずに印象深く残っていくってほんとこわいですよね。今心あらたにマスメディアに翻弄されないようしっかりと見極めていきたいとおもいます。

その通りですね。
日本人の自虐史観や公共心の喪失は、学校教育だけにあるのではないのですね。
もちろん、今の教科書には大きな問題はありますが、
それとともにマスコミの報道、TV番組にも大きな原因があると思います。

>まず教育が人をつくります。今からでも間に合います。日本のゴールデンエイジは必ずきます。小泉さんのような若くてまともな国会議員が沢山排出される日まであきらめず訴えていきましょう。

次の記事に書いていますが、戦後、教科書、教員、そしてTVやマスコミが、
とことん、日本の文化を否定し 品位を失わせるような教育や報道を行って来ました。
だけど、最近は気がつく人も増えて来ました!
嬉しいことです。
まともな国民をもっと増やすために、私たちの力は微々たるモノかもしれないけど、
あきらめずに訴え続けたいと思います。


>話は飛びますが、約50年ちかく前に中学1年の英語の教科書の表紙がペンシルベニアの小さな教会の写真がのっててそれが味のあるすてきな教会だったというだけの理由で英語が好きになり、

おぉ! そうなんですか!
PA州は歴史がある街が多いのです。
古い建物や教会がたくさんあります。ステキな街ですよ〜。

娘さんが国際結婚をされているんですね。
じゃ〜娘さんのところに遊びに来られて、アメリカを感じることができるじゃないですか。
ステキなお店もありますよ、きっと。
娘さんの旦那さまともお話ができるし、いろんな体験ができると思います。

私は夫と結婚してなかったら アメリカに住むこともなかったでしょう。
その前に、今でも左巻きのまんまだったかもしれません。(笑)
自虐史観のかけらもない、まっすぐな夫のおかげで 私は目覚めたのですから…。
人との出会い、住むことになった場所。
人生ってわかりませんね。
今、こうやってアメリカから「日本を憂う」記事を書いているのも…10年前の私は想像もしなかったことでしょう…。


Posted by えいと@ at 2011年10月07日 03:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/228573409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。