2011年09月30日

危険な日本の教科書〜自虐史観を持つ日本人はこうして作られていく


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



昨日の記事の続編です。

 昨日の記事 ↓ はこちらをご覧ください。
   自虐史観からの脱却


こちらの記事 ↑ で今、日本の教科書が大変なことになっているということを書きました。


現在の日本の教科書がどういう状況になっているのか、いったい何が問題なのか、


今回は日本の教科書問題について取り上げて見たいと思います。



まず、こちらの動画 ↓ をご覧になってください。

 
【藤岡信勝】民団による「つくる会教科書」採択阻止運動の実態(38分40秒)

ちょっと長い動画ですが,お時間を作ってぜひ ご覧になってください。とても大切なことをたくさん言われています。


はじめに こちらの動画 ↑ で民団によって 作る会「自由社」の教科書の採択阻止運動、妨害活動が行われていることを言われていますが、


どうして外国(韓国)の勢力が よその国(日本)の教科書に文句を付けるんですか?


作る会「自由社」の教科書に対しての 民団の抗議の目的はこうだそうです。↓


日本の植民地支配、侵略戦争を正当化、及び 美化している日本の教科書を阻止する!


…というものだそうですよ。


先日、アメリカでもニュージャージー州において、韓国系法務法人が 現地の日本人学校に対して、


「独島(日本名:竹島)を日本の領土と教える教育を中断せよ」という内容の行政訴訟を起こしたそうですけど。

 ソースはこちら ↓
「ニュージャージー州の日本人学校よ、独島歪曲教育をやめろ」〜米国の韓人法務法人が訴訟


…まぁ、あちこちで韓国にとって気に入らないことがあったら こんな風に抗議したり騒いだりするのは 韓国の得意技なのでしょうが…。


自国の教科書採択に 外国の横やりが入るのを許している国って…日本以外にあるのでしょうか…?



さて。


現在、日本の小学校、中学校で使われている主な教科書は「東京書籍」「日本文教出版」「教育出版」「清水書院」「帝国書院」「扶桑社」「育鵬社」「自由社」があります。


今の日本の子供たちが、いったいどういう内容の歴史教育を受けているのか、


それの何が問題なのかを考えてみたいと思います。


お友達ブロガーのさやーむさん教科書問題について取り上げて記事にされていました。
 タイのち日本の嵐「大阪の「教科書展示会」に行ってきました!」


さやーむさんは,今年の6月〜7月に開催された「教科書展示会」に行かれて、実際に教科書を見た上で記事にされていました。一部、転載させていただきます。


   〜〜〜転載ここから〜〜〜

内容的には3社(扶桑社、育鵬社、自由社)以外の大部分の教科書で、「日本は侵略国で悪者」という位置付けがなされています。
例えば、豊臣秀吉の全国統一よりも朝鮮半島への侵略に重点が置かれ、
李舜臣(*イスンシン、とルビ)は朝鮮を救った英雄として韓国の各地に銅像が建てられているといった記述と写真があったり、
わざわざ「日本軍による犠牲者の記念碑」という写真が載せられていたりします。


kyoukasyo11-1.jpg
             東京書籍

悪意さえ感じるこれらの「日本は侵略国で極悪国」だと言わんばかりの教科書全てに欠如している点は、
大きな歴史の流れであり、世界の中の日本という視点
です。
戦争の悲惨さばかりが強調され、なぜ日本が戦争へと突き進んでいったのか、
当時の国際情勢や経済的背景には触れられておらずかなり偏った内容
になっています。

日本だけが歴史の中で動いているのではありません。
この視点が欠如すればそれは歴史とは呼ばず、単なる主観論になってしまいます。


例えば、「明治維新」の項目を見ると、政治・経済・社会の近代化を目指して進められた一連の改革、とあります。(東京書籍をはじめとする大半の教科書)ワタシもこのように習いました。

しかし「新しい教科書」を見てみると、読み物コラムとして2ページに渡って解説してあり、
第1次世界大戦が始まる頃には欧米各国の植民地支配が地球上の陸地の約84%まで拡大していたこと、
明治維新とはこの間に起こった出来事であり、もし明治維新がなければ日本も欧米列強の支配下に組み込まれていたであろうことが解説
されています。

どちらの解説が歴史の流れを学ぶ上で理解しやすいか一目瞭然です。

世界中のどの国の歴史にも誇るべき部分があり、また同時に暗い部分もありますが、
未来の国を背負って立つ子ども達に誇りを持たせる教育をするのが世界的に見ても当たり前だと思います。
しかし今の日本の教科書は暗い部分ばかりが過度に強調されていて、
誇りどころか「罪悪感」さえ植え付けかねない内容
となっています。


                       〜〜〜転載ここまで〜〜〜


皆さまはどうお感じになられますか?


教科書でこういうことを学んでも、大人になったらちゃんと真実がわかってくるから大丈夫じゃない?…と思われますか…?


昨日の記事の、私の友人のように学校を卒業してウン十年経過しても「日本は侵略国家であった」と思い込んでいる人も存在するのです。


そういった自虐史観を持っている人が悪いと言っているのではありません。


受けてきた教育が悪いのです。


植え付けられた自虐史観に気がつくきっかけを持てればいいのですが、


残念ながら気がつかないまま,誤った歴史認識を持ったまま一生を終える人もいるでしょうね。


私自身も自虐史観の持ち主でありましたが、幸いにも私は 真実に気がつき、自虐史観から脱却しました。


今の日本の様子を見ていると徐々に 自虐史観に気がつき始めている人が増えてきているように感じます。


しかし、気がつき始めた人の中にさえ日の丸には抵抗がある、君が代を歌うのを躊躇する…という日本人がいるのです。


まだまだ日本は戦前、戦時中にとんでもなく悪いことをしてしまったという強迫観念のような意識が残っているからではないでしょうか…?


もし自虐史観を持ったままの親が 我が子に謝った歴史観を伝えてしまう…ということがまだまだ多いのだしたとしたら…問題ではありませんか…?


学校教育だけでなく、TV番組からも 歴史を知る機会がありますが、


残念ながら現在の日本のTV局は、けして真実を報道しているとは限らないのですよ…。


だからこそ! 教育が大切なのです。



現在のところ「扶桑社」「育鵬社」「自由社」が 真実にのっとった教科書となっているようですね。


その一部をさやーむさんのブログの記事からお借りいたします。


   〜〜〜ここから転載〜〜〜

ワタシが“まとも”と感じた教科書のうち自由社(だったと思う)の教科書に、
神話の「神々の系図」が詳細に載っていました。
左翼の人たちからすれば、天皇につながるものは全て批判の対象になるでしょうが、
日本の歴史は天皇とは切っても切れないものです。
天皇を否定するならば、日本人であることをやめるしかありません。


こちらは、23年度版「新しい歴史教科書」(扶桑社)のコラムページです。
従前の教科書にはまず見られない項目、「東京裁判」と「昭和天皇」について。↓


kyoukasyo11-3.jpg

kyoukasyo11-2.jpg

「パール判事」の名前や昭和天皇とマッカーサーの会見などこれまでの教科書で見たことがありません
きっと左翼の人たちには「右翼的」と映り、「トンデモ教科書だ!」と叫んで採択阻止の運動を展開するのでしょう。
日本人である限り、当然知っていなければならないことが「知られたらまずい」かの如く、今の教科書では封印され歪曲されています。

子ども達に「日本は侵略国で悪者である」という意識を植え付け、罪悪感を抱かせるためだけの授業がなされているのが現状です。

まともな国はまともな国民から!
まともな国民はまともな教育からです!


                   〜〜〜転載ここまで〜〜〜


さやーむさんが、私が言いたいことを全て語ってくれています。↑


参考までにこちらのHP ↓ をご覧になってください。
 教室で使われてきたトンデモ教科書のほんの一部を紹介します

アジア諸国を侵略した極悪非道な日本人(By 清水書院)
明治維新もアジアの国々の侵略への第一歩(By 教育出版)
広島・長崎の原爆投下も日本が悪かったから(By 東京書籍)
日本の歴史上の英雄は 今では誰もが大悪人(By 帝国書院 日本書籍)
誰も知らない教科書のなかの英雄たち(By 東京書籍 他)
古代から現代まで 「支配者と立ち上がる民衆物語」(By 大阪書籍)
日本政府を訴え続ける外国の訴訟団(By 日本書籍)
革命を夢見る社会主義社の理想を追求(By 日本書籍 清水書院)
訂正されない「南京大虐殺30万人」(By 日本書籍 清水書院 他)


…いかがですか? 


見出しを見てるだけでビックリ仰天しちゃいません…?


誰も知らない教科書のなかの英雄たち(By 東京書籍 他)の英雄というのは、次の人物 ↓ だそうですよ。

沙也可、シャクシャイン、ラクシュミー=パーイー、李舜臣、安重根、柳寛順


いったい誰ですか…?…って言いたくなります。


かろうじて知ってるのは安重根ですかね? 


日本の初代総理大臣である伊藤博文氏を暗殺したといわれている安重根。


安重根って英雄なんですか? 


韓国では英雄かもしれませんけど、日本では犯罪者ですよ? 


だって日本の総理大臣を暗殺した人物なのですから。


そういう人物を「英雄」として日本の教科書に載せる…って、いったいどこの国の教科書なんでしょうね?



私は少し前までは 教科書なんてどこも大差はないと思っていました。


…と同時に教科書には多少は自虐的なことを書かれているんだろうなって思ってはいたのですが、


ここまでひどい 歪曲した歴史を教えているとも思っていませんでした。


しかも…しかもね。


まともなことが書かれている「扶桑社」「育鵬社」「自由社」の採択率は3社合わせても10%に満たないんだそうですよ。


非常に自虐的な、子ども達に「日本は侵略国で悪者である」という意識を植え付けるためのプロパガンダ本か?!


…と言ってもいい「東京書籍」「日本文教出版」「教育出版」が90%のシェアを占めているんだそうです。


これって…! 怖いことですよ…!


だって子供にとって学校の先生の言うこと、教えられることは全て正しいことなんですから。


たとえ教師が間違ったことを子供たちに教えても、子供たちはそれを正しいと信じるのですよ。


教師は教科書に沿って授業をするわけですから、


こんなとんでもない教科書を 日本の学校の9割が採用している…って!


恐ろしいことではありませんか…!



自民党の安倍政権で「教育」にやっとメスが入り「教育改革」が行われようとしていたのに、


民主党政権になって以降、逆行するかのような流れができています。


しかも!


野田政権の幹事長は「日教組」のドン、輿石東氏ですし、


日教組出身の神本美恵子氏、水岡俊一両氏が文部科学政務官と首相補佐官に起用されてしまいましたからね。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
日本の教育が危ない! 日教組ドンの幹事長+日教組出身者の文科政務官


日教組の大きな柱は「人権教育」と「平和教育」です。


これ ↑ って一見、いいことのように聞こえますが、


日教組の真の目的は「愛国心やモラルを剥奪して日本人を骨抜きにし、日本を弱体化させること」にあるのです。



一番はじめに紹介した動画の中で,加瀬英明氏が言われたこと ↓ をあげておきます。

日本は最悪の事態を想定することができない国となってしまった。

これこそが事なかれ主義である。

敗戦後、日本は米国GHQが作成し、日本に強制的に押し付けた「平和憲法」である「日本国憲法」を いまだに日本の憲法としているが、

「平和憲法」を持ち続けることが本当に「平和」を維持することにつながるのか。

牛や豚などの家畜は、屠殺されるまでは「平和」なのである。

日本人はこのことに気がつかなければいけない。



牛や豚の部分は 的確すぎて笑っちゃいましたけど、本当にその通りだと思われませんか…?


「平和憲法」を掲げているだけで「平和」が維持できるのでしょうか…?


最悪の事態を想定しそれに備えることこそが危機管理であり、


最悪の事態を想定することができる人間を育てることが教育なのではないでしょうか?


教科書とは何のためにあるのか?

それは、真っ当な日本人を育成するためにある。

歴史を振り返り、見習うべきところは見習い、反省すべきところは反省し、

日本の先人の知恵、勇気、決断力を知り、

日本人としての誇りを持ち,自分の国、愛する家族を守る。

その教育をするために教科書がある!



この通り ↑ だと思われませんか…?



さらに沖縄県での教科書採択が大きく問題に上がりました。(報道はあまりされてないようですが)

これ ↑ に関しては お友達ブロガーお二人が記事にされているので、こちら ↓ をご覧になってください。
  八重山地区の教科書採択問題(By starさん
  異常過ぎる!!「沖縄教科書問題」(By さやーむさん



我々の子々孫々に至るまで 自虐史観を持たせたままいいのでしょうか…?


いつまでも自虐史観から逃れられず、自国に誇りを持てず、国を愛せない国民が増えていくのをこのまま黙ってみていていいのでしょうか…?


このまま放っておくといずれ国は弱体化していきます。


そうなったら…国は滅んでしまうことにつながっていくのです。


子供さんをお持ちのお父さん、お母さん!


「知らなかった」ではすまされないですよ。


自分の子供たちにこんなことを教えられて黙っていていいのですか?


現在の教科書問題は もう無視できないところにきています。


日本国民みんなで考えないといけない重要な問題であると私は思いますが…。


皆さまはどうお考えになられますか…?




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 08:02| Comment(26) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
酷いですね。
各教科書の見出しを見ているだけで吐き気がしそうです。
 私の田舎、調べてみたら東京書籍でした。最悪です。
昔の人達がまだ多くいて幾分マシな教科書で育った私でも、日本は中国や朝鮮半島の人達に酷いことをしたのでその国の人達が怒るのは仕方がない。謝罪を拒んだりすべきではない。と考えていました。
 今現在、子供達がこんなに酷い教科書で勉強していたら人として日本人として誇りも持てずどこかうしろめたさを感じたひ弱な大人になっていくのは自然なことです。
「今の若者に先人達の築いた日本を守れるか。」と若者批判するよりこんな状況にしていて気付かなかった大人達の反省が先かもしれません。 
 私はマスコミの偏向報道をきっかけに気付いたのですが、それからは学校で習ってた時より数倍、意欲的に日本の歴史を知りたいと思い今に至ってます。
 日本と子供達を守るには、まずは拡散ですね。
フジテレビや花王のデモに参加してる人達はもう気付いてるでしょう。まだ気付いていない人もそのデモを支持してくれてる人達はすぐに理解し納得してくれると思います。
右でも左でもない愛国心に目覚めた人達ですから。
 おかしな教育、おかしなマスコミ、おかしな政治の根っこはひとつ。日本が嫌い、もしくは日本を取り込みたいという考えを持つ者達。
でも残念なことにやつらは力を持ち日本の国内に多く存在し影響力がすごいということ。
 拡散し、同じ考えを持つ人達が増え、気軽に政治や自虐史観の話が出来るようになり、多くの国民の声として一致団結しなければ・・・待ったなしの状況なんですから。
 友達との会話で、時々傷つく事もあるけれど、えいとさんのブログ、解かり易くて人にも勧めやすいです。ありがたい。これからも応援してます。
 
Posted by TT at 2011年09月30日 12:35
アロハ〜!
教科書のこと、ひどいと言うのは聞いていましたが、具体的には知りませんでした。
こういうことも、具体的に知らないと、親達は自分の子供が何を勉強しているのか、知らないでしょうね。
あえて、教科書を読む親もいないでしょう。。
日本国内から、ちゃんとした歴史を教を教えてくれなければ、海外にいる子供達にますます伝わりません。
こういった、自分勝手な主張されても反論するすべがなくなります。
実際、アメリカの教科書でも、日本についての記述に、それは違うよっと、娘に訂正したこともあります。
自国の歴史教科書を、全うにしてこそ、海外へのアピールにもなるんです。
Posted by モリオリママ at 2011年09月30日 16:19
こんばんは、
捏造してまで自分の国が由緒正しく高貴な国だったという教科書を作る半島の国もあれば、世界的には良い國だったと評価を受けているのに、近隣諸国に配慮して悪い国だったと教える変な國があります、子供達にとって今の教科書は百害あって一利なしですね。
沖縄の教科書問題は、あまり良い方向ではないですね。
日教組と県教委&マスコミが結託して自虐史観教科書にしてしまいそうです。
 台湾の八田與一(はったよいち)氏だったと・・・なので「與」でいいと思います。
あと六氏先生の話や台湾で神様になった森川巡査の話も台湾の発展に尽力された歴代総督も・・日本人ですから
長文失礼しました。
Posted by masa at 2011年09月30日 23:40
こんにちは、さやーむです。

記事の転載、ありがとうございます〜♪
教科書にそんな違いがあるなんて、ワタシも知りませんでした。まあ、見比べてみてビックリ仰天ですよ。多分、ワタシの時代より偏向度合いはきつくなっている気がします。だからこそ、「新しい教科書」が出てきたんでしょうね。これではマズイ!と。

子どもは先生の言ってることを信じるし、教科書に載っていることは正しいと疑わないですからね。結局そのまんま成長して、自分の国のことを知らない大人ばっかりになってしまうんです。知らないばかりか「日本が悪かった」なんていう偏った思想が蔓延することにもつながります。

教育こそ思想の根底を築くものだと思います。教科書がいつまでも「問題」になって、大論争になるような国から早く脱却できるようになりたいものです。

さやーむ

Posted by さやーむ at 2011年10月01日 00:39
こんにちは

ひとつ前の記事にコメ残したんですが
消えちゃった 
たいしたことではないのでいいですが
ちょっと気になったことがあり
その記事を ある方に紹介しました
こうした教育のために
えいとさんが表現される自虐史観というのが できてしまったんですね
彼女 記事を読み 考えることが出来たと 言われました


Posted by はちきんイジー at 2011年10月01日 03:52
ビックリしちゃったって言うか、末恐ろしくなりました。
日本の教科書なのに?ですか・・・。
率直に感想を言えば、日本で子育てしないで本当によかった、とさえ思いますよ。
ここにいれば、私自身の口から日本の歴史を、少しかもしれないけど、間違ってもこんな風な形で教えなくて済みます。
うちはアメリカ人の父ちゃんですが、戦争についても、原爆投下についても、日本が悪かったなんてこれっぽっちも思ってないですよ。
歴史の中の悲しい出来事、って言ってますし、ドキュメンタリーになった時も涙を流してみてたくらい。

えいと@さんもご存知のように「震災お祝いします」でしたっけ?
あんな事を平気で出来る人種なんですよ。
大きなニュースになったようですが、その行為を見て、日本国民は全く目が覚めないんでしょうか、それとも今まで教えられた事が先に立って、目を覚ますのを妨害してるんでしょうか。

先生の言った事を信じる・・・だからこその学校教育なのに、歴史を改ざんしたり、削除したりなんてもってのほか!!
よい部分も悪い部分もあっての歴史なんですから。
Posted by ree at 2011年10月01日 04:59
こんにちは(*^^)v

歴史は戦勝国が作るものだそうです。
戦後の日本の歴史はGHQの作ったものでした。
日本が二度と戦争をしないように
「日本はアジアの人にひどいことをした」
「日本は悪い国だった」と教育するためだったそうですね。
それに付け込んで便乗して韓国や中国はいわばゆすりたかりの行為を
してきたんだと思います。
でも今やそういうことは通じない時代になっています。
民団がいくら『日本の植民地支配、侵略戦争を正当化、及び 美化している日本
の教科書を阻止する!』って言われてもねぇ…

じゃあ朝鮮進駐軍についてはどうなんですか? って聞きたいですよ。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.html

戦後の火事場に日本人を4千人以上殺してるんですよ。
これはアメリカのGHQの記録に残ってるから確かだと思います。
土地も不法占拠してるんですよ。
私も都会の一等地をこれだけの土地を外国人がどうやって手に入れたのかって
思ってましたよ。
日本人が何も言わない言えないのをいいことにひどいですよね。

韓国に朴大統領という方がいました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%B4%E6%AD%A3%E7%85%95
この方は日本の統治時代に日本の教育を受けていました。
失礼ながら日本の統治がなかったら貧しい農民で一生を終えていたかも
しれない方です。
日本の統治を事実上肯定的に評価している一人で日本との関係を
真剣に考えていた方だったそうです。
きっと日本が好きだったのですね。
でも奥さまは日本の終戦記念日に朝鮮総連に指示された在日韓国人に殺され
大統領本人も暗殺され政治家になった娘さんは応援演説会場で男に襲撃され
たそうです。
どうも韓国での「親日」は大変なめに遭うようです。
きっと自虐史観は大変な利権なんでしょうね。

今、日本は震災、原発もあって大変なめにあっています。
その言わば火事場に乗じて周辺諸国が不穏な動きをしています。
日本は大変な時です。
時代が違いますし、もういい加減自虐史観はやめてもらいたいです。
民団のあつかましさにはうんざりです。
まだ特権がほしいんですかね…ここは日本ですよ。
Posted by リボン at 2011年10月01日 09:52
こんにちは♪

拝見してて、今の教育に浸透している自虐史観に、胃が痛くなりましたが、
我が町の教科書も東京書院…胃に穴が空きそうです。

学校での一方的な教育にも
微動だにしない家庭教育が必要ですね…
親として、もう一遍勉強し直す気持ちを持って、子供達に向き合いたいと思いました。

我が家のセガレは障害児で、
特別支援学校に通っているのですが、
職員室や会議室の廊下や壁には
「九条の会」のポスターが張ってあったりして、
思いっきりドン引きしました。
…家庭訪問の時、我が家の玄関にミニミニ国旗&旭日旗が飾ってあるのを見た先生も
ドン引きしたかもしれませんが……居直ってます。

日本国内はもう、待ったなしの状態だというのに
政治は殆ど動かず、
何の改革も期待出来ないまま、増税が既定路線になり、
弱り目に祟り目で、野心と計算高い周辺諸国は
北に南に、不穏な動きを強めてきていて
「誰がこの国を守ってくれるのか?」と考え、
「まず自分が」…こう考えて行動しています。

えいと@さんの記事はいつも大変心に響くので、
参考&発憤剤にさせていただいています。
今回の記事も、拙ブログで紹介させて頂きました。
(毎度、事後承諾で申し訳ありません)
Posted by さどつおる at 2011年10月01日 16:11
久々にコメントの仲間入りさせて下さい。
starさんやさやーむさんのコメントも尤もだとうなずきながらいつも拝見してましたが、ここへきてなんとかしてみんなで立ち上がらなくてはいけないよなあってウズウズしてます。
前に沖縄の教科書採択に関して少しコメントしましたが、
左翼のやつらが住民票まで沖縄に移して育鵬社にならないように運動したそうです。
民主党に政権が移ってから1代目2代目の内閣のおばかさんぶりというかなかみ空っぽ内閣がどんどん露呈してきましたが、気がついてるのは私たちだけじゃないかしらとおもいます。
まだ大半の日本人はこの国がどんどん社会主義国になってきてることに気がついてないように思われます.
戦後60年以上たって、憲法9条を未だ変えないことにまず誰も異論を唱えない。少なくとも9条の解釈のしかたを変えないと、本当に豚や牛は死ぬまでは平和だった状態にこの国はなりますよね。
ここでえいと@さんのファンの方々に是非見て頂きたいのでアドレスを転記します。
国の政(まつりごと)は基本は正教一致です。
ここを府に落としておかないと教育も政治もうまくいきません。
私は幸福実現党を支持しています。
震災復興、教育、外交問題、景気回復、少子高齢化対策等々、かなり具体的にしかも理にかなった政策をかかげているのは幸福実現党のみです。
マスコミの偏重報道のせいで知らない方も多いと思いますが、まずは見て下さい。よろしく。
そして最後に自虐史観から脱却するにはこの本がお勧めです。
渡部昇一 日本史から見た日本人

http://www.hr-party.jp/new/category/hrnewsfile
Posted by NAVO at 2011年10月01日 20:32
私は高校の時に自虐史観を植えつけられたという自覚があります。確か山川出版社の日本史の教科書を使っていたと思うのですが、教科書以外の時間に「日本が戦争中にどれだけアジア各国に酷い事をしてきたか」を学びましたね。まだ純粋だった私はそれを鵜呑みにして、「日本人って・・・」と心を痛めたものです。
これぞまさしく日教組の思惑通りですよね。

こんなに自分の国を卑下することを教える国なんて日本くらいじゃないでしょうかね?日の丸を掲げれば掲げたで、「右翼」呼ばわりですものね。そうするとアメリカなんて「総右翼」ですよね・・・(笑)
Posted by おえし at 2011年10月02日 00:14
私の時は、ここまで酷い教科書ではなかったように思うけど、それでもやっぱり自虐史観持ってたねぇ。
当時の若い先生(団塊の世代やね)の中には、日教組の集会あるから言うて、学校休んで集会行ってしまう先生もいてたしね。当時は意味がわからんかったけど、今思うと本末転倒、とんでもない話やよね。

それで、NYの語学学校に通うようになって、中韓も含む色んな国々の人たちと交流するようになって、なんかおかしいって思うようになってきてん。
どこの国から来た人も、みんな自分の祖国には誇りを持ってるんよ。どんな歴史があろうが、どんなに貧しい国だろうが、みんな誇りを持ってる。
日本から来た人たちだけ違うのよ。
そこでだんだん目覚めてきてんけどね。
とにかくね、子供たちが日本人であることを、日本に生まれたことを誇りに思える教育をしてほしい。

日本は絶対おかしいよ。どんどん変な方向に進んでる。
これから国際社会で活躍できる人間になってほしいとか言うてるのに、自虐的な内容の教科書で教育するし。
外国で暮らしてるからこそ言えるけど、自分の祖国、出自に誇りを持たれへん人間は、自分に自信持たれへんし、そんな人間が世界で活躍なんか出来るわけがない。
Posted by ジェニ at 2011年10月02日 15:16

>TTさん。

>酷いですね。各教科書の見出しを見ているだけで吐き気がしそうです。
>私の田舎、調べてみたら東京書籍でした。最悪です。

ホントに、こんなことを真面目に教えられている…って思うと…!
背筋が寒くなりますよね。
東京出版が占めるシェアは多いと思いますね。
関東の多くは東京出版jなやいでしょうか?

>今現在、子供達がこんなに酷い教科書で勉強していたら人として日本人として誇りも持てずどこかうしろめたさを感じたひ弱な大人になっていくのは自然なことです。

そうなんです。
うすらぼんやりとした自虐教育しか受けてこなかった私たちでも、こんなにしっかりとした自虐史観が備わってしまったのですから、
こんな教科書で教育を受けた子供たちが大人になった時、どんな歴史観を持つのか…。
矯正することができるのか…。ホントに恐ろしいですよ。

>「今の若者に先人達の築いた日本を守れるか。」と若者批判するよりこんな状況にしていて気付かなかった大人達の反省が先かもしれません。 

そうなんです。
今まで気がつかず放置してきた我々にも責任がありますね。

>私はマスコミの偏向報道をきっかけに気付いたのですが、それからは学校で習ってた時より数倍、意欲的に日本の歴史を知りたいと思い今に至ってます。

マスコミの偏向報道で気がつかれた方も多いですね。
「あれ?」っていう疑問が重なって「何かおかしい」と思う。
これもきっかけですね。
気がついた人は、まだ気がついいていない人に働きかけていって欲しいと思います。

>おかしな教育、おかしなマスコミ、おかしな政治の根っこはひとつ。日本が嫌い、もしくは日本を取り込みたいという考えを持つ者達。

日本人であるのになぜ日本が嫌いなのか…。
日本が嫌いって言っている人は…目的を持って日本人になった元外国人なのか…?
日教組を始め、左翼の思いがわからないです。
なぜ…?って思いますね。

>残念なことにやつらは力を持ち日本の国内に多く存在し影響力がすごいということ。
 
そうなんですよね…。
いまだに影響力は衰えていません。これが問題ですよね…。

>友達との会話で、時々傷つく事もあるけれど、

お友達とこういう会話をされているのですね。
ホント、凹むこと、多いですよね…。

>えいとさんのブログ、解かり易くて人にも勧めやすいです。ありがたい。これからも応援してます。

ありがとうございます!
少しでも多くの方に、まだ気がついていない方に知っていただきたいですね。
日本は危機的状況なのだと…。

Posted by えいと@ at 2011年10月04日 10:22

>モリオリママさん。

>教科書のこと、ひどいと言うのは聞いていましたが、具体的には知りませんでした。

でしょ〜?
私もここまでひどいとは思わなかったですよ。
すごくショックです。

>こういうことも、具体的に知らないと、親達は自分の子供が何を勉強しているのか、知らないでしょうね。

子供が,どういうことを習っているのかを親子の会話の中で出せばいいのですけどね…。
教科書をチェックするか、会話を持つかしないと親は気がつきませんよね。

>日本国内から、ちゃんとした歴史を教を教えてくれなければ、海外にいる子供達にますます伝わりません。こういった、自分勝手な主張されても反論するすべがなくなります。

歴史教育は何のためにするのか。
単に事実を教えるためだけではありません。今の歴史教科書は事実ともかなり乖離していますし…これも問題です。
今の教育は自信が持てなくなるような、そんな教育になっちゃってるんですよね。
そんな日本人を大量に作ってしまっては、外国から謝罪を要求されてホイホイ謝るような総理大臣が出ちゃうのです。
これでは国力が失われます。

>実際、アメリカの教科書でも、日本についての記述に、それは違うよっと、娘に訂正したこともあります。

アメリカの教科書は、アメリカ側から見た教科書になってますからね。
日本側から見たら 明らかに間違っていることもあるでしょう。
それをそのままにしておくか、訂正できるか…。
これは国際結婚をした親御さんの力量にかかってくると思います。
ちゃんとした教育を受けずに外国に住むことは怖いことですよね…。

Posted by えいと@ at 2011年10月04日 10:34

>masaさん。

>捏造してまで自分の国が由緒正しく高貴な国だったという教科書を作る半島の国もあれば、世界的には良い國だったと評価を受けているのに、近隣諸国に配慮して悪い国だったと教える変な國があります、

そうですね〜。
しかし、怖いのは「捏造してまで自分の国が由緒正しく高貴な国だったという教科書を作る半島の国の日本に対する歴史観」と、「近隣諸国に配慮して悪い国だったと教える変な國の自国の歴史観」が同じってことです。
どこかでつながっているのでしょうか…?

>子供達にとって今の教科書は百害あって一利なしですね。

日本の子供たちにとってはまったく利がありませんね。
捏造してまで自分の国が由緒正しく高貴な国だったという教科書を作る半島の国には利があるのでしょうけど…。

>沖縄の教科書問題は、あまり良い方向ではないですね。
>日教組と県教委&マスコミが結託して自虐史観教科書にしてしまいそうです。
 
沖縄の教科書問題、いい方向にいきませんか…。
決まってた教科書を力で持って覆すなんて…! それが民主国のすることか!…って言いたいですね。

>台湾の八田與一(はったよいち)氏だったと・・・なので「與」でいいと思います。

ありがとうございます。そうですね。「よいち」さんでしたもんね。

>あと六氏先生の話や台湾で神様になった森川巡査の話も台湾の発展に尽力された歴代総督も・・日本人ですから

他にもたくさん、台湾や朝鮮半島、その他の東南アジアで,その国の発展のために頑張った日本人は多くおられると思います。
それを抹殺してしまう日本の教育…。
問題がいっぱいですね…。

Posted by えいと@ at 2011年10月04日 10:46

>さやーむさん。

>教科書にそんな違いがあるなんて、ワタシも知りませんでした。まあ、見比べてみてビックリ仰天ですよ。多分、ワタシの時代より偏向度合いはきつくなっている気がします。

ですよね〜〜〜。
ぜったいにパワーアップしてますよね!
私たちも確かに自虐的な教育を受けただろうけど、ここまでひどくはなかったように感じます。

>だからこそ、「新しい教科書」が出てきたんでしょうね。これではマズイ!と。

「作る会」の方のお話を聞いてますと、昭和50年代末頃から急激に左傾化してきたんだそうです。
で、60年代にはあまりにもひどい内容になってきたので、これはマズい!…と危機感を感じて新しい教科書作りを始めたそうです。

>子どもは先生の言ってることを信じるし、教科書に載っていることは正しいと疑わないですからね。結局そのまんま成長して、自分の国のことを知らない大人ばっかりになってしまうんです。知らないばかりか「日本が悪かった」なんていう偏った思想が蔓延することにもつながります。

今でさえそうなのに、こんなえげつない教科書で学んだ子供が大人になったら…!
考えるだけで怖いですよ。
菅直人氏みたいな人間ばっかりになったら…日本は終わりですよね。

>教育こそ思想の根底を築くものだと思います。教科書がいつまでも「問題」になって、大論争になるような国から早く脱却できるようになりたいものです。

ホントですよ…。
こんなことで争ってる国って…先進国とは言えないですよね。
国民みんなが同じ歴史認識を共有できて、そして’自国に誇りを持ち、国の発展のために働く。
そういう日本にはやくなって欲しいです。。。

Posted by えいと@ at 2011年10月04日 11:04

>はちきんイジーさん。

コメント残ってますよ♪

>こうした教育のために えいとさんが表現される自虐史観というのが できてしまったんですね

自覚がない方もおられますが、
多かれ少なかれ自虐的な教育を受けてきてしまったのです。
心の奥底で自虐的な感覚があるため「君が代に抵抗がある」という風に思うのでしょうね。

>彼女 記事を読み 考えることが出来たと 言われました

うれしいです。
大切なのはきっかけですから。
彼女が「自虐史観」から脱出するチャンスをつかんでくれることを期待します。

Posted by えいと@ at 2011年10月04日 11:09

>reeさん。

>ビックリしちゃったって言うか、末恐ろしくなりました。
>日本の教科書なのに?ですか・・・。

今の日本はおかしいのです。
日本人なのに「日本を骨抜きにしたい」と考える人間がいるのですから。
そういう思想を持つ物が集まって、こういうとんでもない教科書を作り上げてきてしまったのですね。

>率直に感想を言えば、日本で子育てしないで本当によかった、とさえ思いますよ。

ホントにね…。
日本で教育を受けている子供たち…。
いったいどんな思想を持って大きくなっていくのか…?
不安ですね。。。

>うちはアメリカ人の父ちゃんですが、戦争についても、原爆投下についても、日本が悪かったなんてこれっぽっちも思ってないですよ。
>歴史の中の悲しい出来事、って言ってますし、ドキュメンタリーになった時も涙を流してみてたくらい。

戦争の真っ最中は自分の国の国益のことしか考えませんから、
アメリカにとっては日本は悪者であったでしょうけど、
歴史というのは50年も経てば真実が見えて来るものです。
アメリカ人も、あの戦争は日本の侵略戦争ではなかった…と考える人が増えてきていますよね。
それが普通の国です。公平に物事を考えられる国なんです。

>えいと@さんもご存知のように「震災お祝いします」でしたっけ? あんな事を平気で出来る人種なんですよ。

あれは…ひどいですね。人間性を疑います。
しかも、韓国は「日本は自省せずに他国を非難している、ひどい」なんて言ってるんですよ…。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0930&f=national_0930_031.shtml
こんなことが平気ででき、しかも国民がこういうことをやる人間を擁護する。
何なのでしょうね…?

>大きなニュースになったようですが、その行為を見て、日本国民は全く目が覚めないんでしょうか、それとも今まで教えられた事が先に立って、目を覚ますのを妨害してるんでしょうか。

そう言う国がもつ歴史認識と、日本の自虐史観は同じってことです。
つまり、韓国がああいった行動に出るのは「日本が悪かったから」と思っている日本人がいるってことなんですよ。
これが自虐史観ですね。

>先生の言った事を信じる・・・だからこその学校教育なのに、歴史を改ざんしたり、削除したりなんてもってのほか!! よい部分も悪い部分もあっての歴史なんですから。

その通りです。
歴史は歴史。なかったことにはできません。
歴史を振り返り、良い部分は見習い、悪かった部分は反省する。
そういう振り返りがあってこそ、同じ間違いを犯さないことにつながるのです。
歴史を抹消するなんて…もっての他ですね!

Posted by えいと@ at 2011年10月04日 11:25

>リボンさん。

>歴史は戦勝国が作るものだそうです。

そうですね。
歴史は勝者によって作られていく、その通りだと思います。

>戦後の日本の歴史はGHQの作ったものでした。
>日本が二度と戦争をしないように「日本はアジアの人にひどいことをした」「日本は悪い国だった」と教育するためだったそうですね。

アメリカは日本が恐ろしかったのだと思います。
白人でない…というだけで種類が違う人間だとでも思っていたのか、
その中には人種差別的な感情が入っていたのか、
とにかく黄色人種である「日本人」が、ここまで白人に抵抗することに恐怖を感じたのでしょうね。
それで「日本人から牙を抜く」とうな政策がとられたのだろうと思います。
その結果、将来的にアメリカを脅かすことになることも知らずに…。

中国はともかく、韓国はアメリカに乗せられてしまったんだと思いますね。
アメリカは日本と韓国を敵対させることで、日本の国力を弱めたかったのだと思います。

>でも今やそういうことは通じない時代になっています。
>民団がいくら『日本の植民地支配、侵略戦争を正当化、及び 美化している日本
の教科書を阻止する!』って言われてもねぇ…

戦後半世紀以上が経過し、徐々に真実が明るみになって来ています。
それでも、中国や韓国は明るみになりつつある真実を何とか覆い隠そうと必死です。
世界中で行われているプロパガンダはそうですよね。
そして、困ったことに日本人の多くが まだ自虐史観にまみれたまんまであるということ。
そして、今後、日本を背負って立つ日本の子供に、まだまだ自虐史観を受け付けようとしているところです。
世界は真実に気がついてきているのに、当の日本人が気がついていない…ということのなってしまうのです。

朝鮮進駐軍のことも知らない人が多いでしょうね。
私も…ほんの数年前ですから。このことを知ったのは。

>日本人が何も言わない言えないのをいいことにひどいですよね。

知りながら何も言わない人もいるでしょうが、知らない日本人が大多数だからでしょうね。
戦後の日本人が持ち始めた自虐史観に乗っかって、韓国・朝鮮人たち特権を獲得してきました。
今の若い在日の方は、それを「当然の権利だ」と考えているのです。

日本が好きな韓国人もいるのでしょうが、
それを言わせないムードが韓国にはあります。
それが盧武鉉大統領時代に花が咲きました。
親日派の韓国人は、時代をさかのぼって調査され、財産没収です。
そんなことが法律で決められてしまったら、たとえ親日であっても言えませんよ、怖くて。

>今、日本は震災、原発もあって大変なめにあっています。
>その言わば火事場に乗じて周辺諸国が不穏な動きをしています。日本は大変な時です。

火事場泥棒をする国が近隣にあるのだ…ということを日本人はしっかりと自覚しないといけませんね。
今の政党では「火事場泥棒のお手伝いをしているのだ」ということに気がつかなければ…!

>もういい加減自虐史観はやめてもらいたいです。
>民団のあつかましさにはうんざりです。まだ特権がほしいんですかね…ここは日本ですよ。

このまま日本人の「自虐教育」がなくならない限り、中国や韓国の思うままでしょうね。
10年後20年後の日本が心配です。
なぜ気がつかない…! 
9割もこんなトンデモ教科書を使っていることに怒らない日本人に脱力感を感じます。

Posted by えいと@ at 2011年10月04日 23:11

>さどつおるさん。

>拝見してて、今の教育に浸透している自虐史観に、胃が痛くなりましたが、我が町の教科書も東京書院…胃に穴が空きそうです。

うわ〜〜〜東京書院ですか〜〜〜。胃に穴があきそうですね、ホント。。。
関東は東京書院を採用しているところが多いんじゃないかなと思いますよ。。。

>学校での一方的な教育にも微動だにしない家庭教育が必要ですね…
>親として、もう一遍勉強し直す気持ちを持って、子供達に向き合いたいと思いました。

さどつおるさんのように、子供さんが習ってきたことを,子供さんと話し合う時間を持って欲しいですね、多くの親御さんたちに。
そのためには親がしっかりとした歴史観を持っておかなければ話し合いもできませんけどね…。

>職員室や会議室の廊下や壁には「九条の会」のポスターが張ってあったりして、思いっきりドン引きしました。

うわ〜〜〜これはドン引きですね!
しかし、ドン引きしない親御さんもおられるのでしょう。
9条の会がいったい何を目的にした会なのかを知らない方もおられると思います。
ただ単に「平和を守ろうの会」だと思っている人も多いでしょう。

>…家庭訪問の時、我が家の玄関にミニミニ国旗&旭日旗が飾ってあるのを見た先生もドン引きしたかもしれませんが……居直ってます。

教師の中には「日の丸を見ただけで気を失いそうになる」なんてバカなことを言う輩もおりますしね。
今の厚生労働大臣の小宮山洋子氏などは「君が代を聴くと吐き気がする」とまで言ったお方ですから。

>日本国内はもう、待ったなしの状態だというのに政治は殆ど動かず、何の改革も期待出来ないまま、増税が既定路線になり、
>弱り目に祟り目で、野心と計算高い周辺諸国は北に南に、不穏な動きを強めてきていて
>「誰がこの国を守ってくれるのか?」と考え、「まず自分が」…こう考えて行動しています。

そうですね。まずは自分が…です。
国や学校に頼っていてはダメなんです。
まずは自分が行動し、それを広げていく…、そして世論の力で変えさせていく。
そうしていかないと無理です。

リンク、ありがとうございます。
できるだけ多くの方に気がついて欲しいですね。今の日本の教科書がどんでもないことになっている!…ということに…。

Posted by えいと@ at 2011年10月04日 23:23

>NAVOさん。

>左翼のやつらが住民票まで沖縄に移して育鵬社にならないように運動したそうです。

そうそう! そうなんです。
沖縄の問題は、沖縄県民自身が思っていることではなく、
東京などから左翼が沖縄に住民票を移して運動しているんですよね。
基地問題もそうだと思いますよ。
沖縄県民の方の100%が反対してるなんてことはないんです。
反対している人は基地に関係のない那覇市の住民です。
そしてあおり立てている本土の左翼の連中です。
基地と関わりのある人は基地がなくなったらかえって困るのですから。

この住民票を移してまで反対する…って何なのでしょうね?
普通は、自分の生活を守りつつ、その上でいろんな運動をする物じゃないですか?
左翼の連中は自分自身の生活基盤を変えてでも過激に運動をするんですね。
あのエネルギーが怖いですよ…。

>民主党に政権が移ってから1代目2代目の内閣のおばかさんぶりというかなかみ空っぽ内閣がどんどん露呈してきましたが、気がついてるのは私たちだけじゃないかしらとおもいます。
>まだ大半の日本人はこの国がどんどん社会主義国になってきてることに気がついてないように思われます.

そうですね…。
まだまだ「民主党は売国政権」だということの自覚がない人が多いのでしょうね。
だから野田氏に変わってこんなにも落ち着いちゃったんです。
菅さんがあまりにひどかったからでしょうけど…。
菅さんを降ろせばそれで解決〜♪って思っている人が多いってことですよね。

>戦後60年以上たって、憲法9条を未だ変えないことにまず誰も異論を唱えない。少なくとも9条の解釈のしかたを変えないと、本当に豚や牛は死ぬまでは平和だった状態にこの国はなりますよね。

平和憲法を崇拝している人は、屠殺される前の家畜状態が天国だって思っている人たちですね。
殺されるまでは平和なんです。つかの間の平和です。
殺されようとする時に抵抗する術を持たないとどうなってしまうか…。
そういう思考にならないのでしょうね。

>ここへきてなんとかしてみんなで立ち上がらなくてはいけないよなあってウズウズしてます。

ウズウズする日本人がもっともっと増えてくれることを望みます。
このままでは日本は沈没します,間違いなく。
この危機感を日本人みんなで共有したい…と強く思いますね…。

ご紹介してくださったリンク、また読んでみますね。
渡部昇一氏の本はまだ読んでいませんが、氏が出演されている動画はよく見ております。
氏が言われていること、本当にその通りだと思っています。

Posted by えいと@ at 2011年10月05日 00:20

>おえしさん。

>私は高校の時に自虐史観を植えつけられたという自覚があります。確か山川出版社の日本史の教科書を使っていたと思うのですが、教科書以外の時間に「日本が戦争中にどれだけアジア各国に酷い事をしてきたか」を学びましたね。

授業以外で「日本が戦争中にどれだけアジア各国に酷い事をしてきたか」を学ぶ時間があったんですか…!
おえしさんの学校は日教組の力が強い学校だったのかもしれませんね。

>まだ純粋だった私はそれを鵜呑みにして、「日本人って・・・」と心を痛めたものです。これぞまさしく日教組の思惑通りですよね。

そうなんです。
こういう反日教育をする教師は「片方からの見方」しか教えません。
戦争直後じゃないんです。
いろんな学術論があり、いろんな方向から見た歴史があるんです。
なのに一方からだけの歴史観を、それこそ押し付けるように教え込むんですね。
高校生くらいまではまだ純粋ですよね。
コロリと洗脳されてしまいます。

>こんなに自分の国を卑下することを教える国なんて日本くらいじゃないでしょうかね?

その通りです。
自国に誇りを持つことを教えない国などありません。
自国に誇りを持ち、国を大切にする心を育てることが国力につながって行くのです。
それを日本は「自ら捨てて」いるんですよ。
それも「日本人自身の手」によって…!
あり得ませんよね。

>日の丸を掲げれば掲げたで、「右翼」呼ばわりですものね。そうするとアメリカなんて「総右翼」ですよね・・・(笑)

ホントにそうですよね。
アメリカには左翼も多くいますが、アメリカの左翼、改革派は愛国心を持っています。
アメリカのために改革をしたいと思っていますよね。(コミンテルンを除く)
だからアメリカ人は保守派も改革派も、みんな国旗に敬礼をするし 誇りを持って国歌を歌うのです。
日本もそうあるべきですよ。
日の丸に抵抗がある…とか、君が代を歌えない…とか。
ホントに何なんだ?…って思いますね。

Posted by えいと@ at 2011年10月05日 00:32

>ジェニさん。

>私の時は、ここまで酷い教科書ではなかったように思うけど、それでもやっぱり自虐史観持ってたねぇ。

そうそう。
私の学校もそないにひどい教育じゃなかったと思うんよね。
君が代も教えてもろたし。入学式や卒業式には日の丸掲げてたん覚えてるもん。
せやけど、うすらぼんやりと自虐史観は持っててん。
今の教科書みたいにあからさまじゃなくても、あちこちに自虐的なメッセージが入っていたんやろうなって思うわ。

TV番組もそうやで。
気付かんと見てたけど、番組の中に自虐的に誘導するような、そんなメッセージがものすごーっくたくさん入ってたんやわ。
昔は気がつかへんかったけど、今、昔の動画とか見たら「えぇー! これはあかんやろー!」って思うの多いもん。

>当時の若い先生(団塊の世代やね)の中には、日教組の集会あるから言うて、学校休んで集会行ってしまう先生もいてたしね。当時は意味がわからんかったけど、今思うと本末転倒、とんでもない話やよね。

うわ〜! ジェニさんの学校はバリバリの日教組やってんね!
昔は日教組の組織率、すごかったしな。
集会に参加せなあかんムードが、教員の中にあったんやろうなって思うわ。

>それで、NYの語学学校に通うようになって、中韓も含む色んな国々の人たちと交流するようになって、なんかおかしいって思うようになってきてん。
>どこの国から来た人も、みんな自分の祖国には誇りを持ってるんよ。どんな歴史があろうが、どんなに貧しい国だろうが、みんな誇りを持ってる。日本から来た人たちだけ違うのよ。
>そこでだんだん目覚めてきてんけどね。

なるほど〜ジェニさんはアメリカの学校で感じたんや。なんかおかしい…って。
ハンガリー・ブダペスト市出身の川口ユディ氏(テレビレポーター、ジャパンタイムズ・コラムニスト)って人が ジェニさんと同じこと言ってたよ。
彼女はこう語っています。↓
「十七年くらい前、シカゴの大学に留学しているときに、たくさんの日本人留学生に会ったんです。
けれどその人たちはみんな日本に対する誇りがなかった。
日本は不思議な国だと思いましたね。
大学にはアメリカ人、メキシコ人、ブラジル人、セネガル人、いろんな国の人がいたけど、みんな自分の国が好きでしたよ。 」
 http://eight-americann.seesaa.net/article/145042988.html

>とにかくね、子供たちが日本人であることを、日本に生まれたことを誇りに思える教育をしてほしい。

そうなんよね。
歴史を教えるのに、負の部分ばかり、それも誇大的に歪曲して教える。
そんなことがあってはならないと思う。
今の日本があるのは歴史があってこそなんやから、自分の国を誇れる、自分の祖先を敬うことができるような教育をせんとあかん。

>日本は絶対おかしいよ。どんどん変な方向に進んでる。

最近、今まで受けてきた教育がおかしいって言う声が増えてきてるやんか?
どんどん外国に行くようになって、日本がちょっと変なんちゃう?…って気がつく国民が増えてきた。
だから焦ってるように感じるんよ。
今まではちんたら教育してても良かったけど、もうあかん!
急激に「反日感情」を日本人自身に植え込まんとあかん!
…って焦ってきて、こないなえげつない教科書ができてるン違うかなって思う。
日本人が外国で活躍したら困るって反日感情を持つヤツらは思てるんや。
だから何としても、国に誇りが持てない国民にしとかなあかんのやろうな。

このままほっといたら日本はダメになる。
こういう時に国のトップがしっかりせんとあかんのに…アレやもんな〜。
もうどうしたらええねん…って思うわ。。。

Posted by えいと@ at 2011年10月05日 00:59
東京書籍の日本史Aを読み、暗然とした気持ちになりました。長年、中学校で社会科を教えてきましたが、使う教科書は東京書籍か教育出版のもので日本が悪いという趣旨で一貫していました。若い頃は自らも日本が悪いと教えられてきたこともあり同様に教えていました。色々な主張に触れ、その後態度を変えましたが、いまだに教科書の論調が変わっていないのには驚きました。とりわけ最初からグローバルという言葉で国境のない世界を取り上げ日本人という意識自体から脱却という外国人の主張を扱うなど教科書全体がうまくまとめあげられています。安重根も英雄としてコラムに取り上げられており、どこの国の教科書なのでしょう。そうか。グローバルですよね。力のない教師ならよっぽどでない限り対抗できませんね。
Posted by matumokei at 2014年05月22日 20:39
こんなこと初めて知りました(゚o゚;
真実を教えてくださり、とても感謝しています!
Posted by ゆい at 2014年07月06日 10:32
全く同感です。 自虐中年、自虐少年を作り出した日教組の罪は重すぎる。元はと言えば、共産主義は歴史の必然、との殺人教義に日本人の多くがまだ縛られています。
Posted by 佐藤公彦 at 2015年09月04日 10:50
『宮崎美子のすずらん本屋堂』観てたら、有名写真家の息子の篠山輝信が『もう一度読む山川世界史』を読んでるって、この人危ない奴ですね。

まあ『山川日本史』じゃないだけマシだが、山川の歴史教科書なんか反日自虐史観で有名なのに。


倉山満の『常識から疑え!山川日本史』を読んだ方がいいわ。内容が世界史にもまたがってるし勉強になると思う。
図書館で借りたら無料だし。

歴史モノなら藤岡信勝教授や渡部昇一教授の本の方が分かりやすいかもしれないけど。
Posted by 日本人 at 2015年10月30日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。