2011年08月01日

竹島は日本の領土だ! 3人の勇士を力いっぱい支持する!【追記あり】


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



8月1日〜4日まで 自民党議員の新藤義孝氏、稲田朋美氏、佐藤正久氏は 予定通り訪韓することを決めたそうですね!


この話が出た時に、自民党幹事長の石原伸晃氏は視察の中止を求めた そうですけど、何でそんなことしたのでしょうか。


別に日本の国会議員が韓国に行って反韓デモをしたり抗議活動をしに行くわけではないのに。


視察に行くだけなのに、なんで日本側が中止を求めるのでしょうね? 


竹島は日本の領土であること、韓国が不法に占拠してることは 日本政府の公式見解なわけですから。


本来だったらもっともっと強く抗議すべきことなんです。


しかし、異常なほどに韓国に対して遠慮する外交を行ってきたのですよ、今までずっと!


その結果、竹島は韓国に実効支配され、最近ではヘリポートの改修、住民宿泊所の拡張工事、


それだけでなく新たに海洋科学基地を建設しようとしているんです。日本の領海に!です。


   takesima11.jpg
  自民党議員の新藤義孝氏のHPより画像をお借りしました。


これです。これが韓国の海洋科学基地 ↑ですよ。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   竹島が危ない!& 絶対に統一地方選挙に行こう!


日本の領海に他国の構築物が新たに建設されることは 重大な主権侵害となることは明らかです。


今までの韓国に対する異常なまでの「遠慮外交」のせいで、このような現状になってしまったのです。


こちらの過去記事に書きましたが、主張しないでいると「竹島は韓国領」であることを認めることになるのですよ。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧ください。
竹島〜韓国の主張は全くの嘘〜黙っていること=日本は竹島が韓国領であると認めること 


こちらの記事 ↑ で韓国が竹島を実効支配した経緯を書いていますので、ご存知のない方はぜひ、お読みになってください。



 竹島は日本領土 韓国に竹島を描いた古地図は存在するか(8分30秒)


この動画 ↑ を見ると明らかに「竹島は日本の固有の領土」であることがわかります。


竹島の位置や方角、形を正確に描いた地図が 日本の古い地図にはたくさん存在します。


それに対し韓国の古い地図に描かれた竹島(韓国名 独島)である「宇山島」は、東西南北、鬱陵島の周囲をグルグル移動しているかのようです。


きちんとした「これが韓国領・独島だ」という証拠はまったく存在しないのです。


まず、日本人はこのことをしっかり押さえておく必要があると思います。


その上で、日本政府はしっかりと韓国に抗議をするよう要望しなくてはなりません。



ところで、今回の自民党議員の鬱陵島訪問予定に対し 韓国側はかなり反発しているようですね。


 hannitikankoku2011.jpg
     画像はこちらよりお借りいたしました。

 ソウルからヨボセヨ 鬱陵島の秘密
領土問題に関心の自民党議員たちが、竹島(韓国名・独島)に近い韓国の鬱陵(ウルルン)島を見学する話が韓国では「上陸阻止!」とか「入国拒否!」などと官民挙げて大騒ぎになっている。
韓国人は自由に島根県を訪問し、県庁前で堂々と「独島は韓国のモノ!」と反日デモをやっているのに…。

本土から約200キロの鬱陵島の住民は約1万人。夏場は観光客でにぎわうが、岩山ばかりで海水浴には向かない。
名物はイカとカボチャあめ。本格的なイカ漁は日本統治時代に日本人によってもたらされた。これだけでは観光にならないので近年は「独島」を売りモノにしている。
その観光ポイントが「独島博物館」で、展望台には「独島が見える」と大型望遠鏡も備えてある。

ところが博物館の入り口には竹島ではなく何と「対馬は元はわが国の地」という石碑が建っている。
さる古文献に出ているというのだが、こんなの日本人に見られたらまずい?
 
竹島は鬱陵島からは肉眼では見えない。
実は鬱陵島の沖には「竹島」という島があって、韓国の古地図に描かれた島はこれなのだ。
はるかかなたの「独島」は当時、韓国側の視野にはなかった。

それにしても「入国拒否」とは、発展と自信の韓国にしては何とも余裕がなくケチくさい。(黒田勝弘)

   ソウルからヨボセヨ 鬱陵島の秘密(産経ニュース)


こちら ↓ は韓国ハンナラ党の議員が発言したことです。

「もし自民党議員派遣団(新藤義孝団長)の鬱陵島訪問が独島を国際紛争地域であると、日本国内及び海外に周知しようとする陰謀や、独島が日本の領土だと主張しようとする計略ならば、これは明白な大韓民国の領土主権の侵害だ。
このような目的の訪韓は絶対許すことはできない。
韓国の地のどこにも彼らの足を受け入れることができない、特に鬱陵島訪問は絶対許容しない。」by李在五(韓国、ハンナラ党)

    政治家の発言データべースより


自民党の3人の議員さんは「鬱陵島の視察」に行くだけですよ?


まぁ、鬱陵島にある「独島博物館」に展示がされている内容を日本の国会議員に見られるとまずいのでしょうけど。


官民あげて「日本の国会議員の鬱陵島上陸阻止」ですってよ。


「もし上陸したら国会議員の身の安全は補償しない」などと言ってるようですが。


これって「韓国という国はそれほど治安が悪い国でっせ」って自ら言ってるようなもんじゃないですか?


そんなことで冬季オリンピックを開催しますなんて、よく言えたもんですね。


日本の島根県で開催された「竹島の日」に 韓国の議員が日本にやってきて抗議行動をしましたけど、


日本側は入国拒否はしませんし、身の安全の補償はないなんて脅したりもしませんでしたけど。


もちろん、韓国の国旗を燃やしたり、議員の写真を踏みつけたり顔にバッテンを書いたりなんて、


そんな民度の低いことを日本はしませんでした。


もし、韓国側が自信を持って「独島は韓国領土だ」と言い切るなら、「どうぞ視察してください」くらい言えるはずですよね。


視察されて何も困ることがないのなら、大人の対応ができるはずです。


それができないのが…韓国という国なのでしょうけど…。



自民党の新藤義孝氏、稲田朋美氏、佐藤正久氏にエールを送ります!


ぜひ、しっかりと鬱陵島を視察してきてください。


そして鬱陵島で見たもの、「独島博物館」の中で どんな展示をされていたのかを国会で公表してください!


この3人の国会議員を 我々日本人は力いっぱい支持しなくてはなりません。


日本人であるなら、日本の主権を守りたいと思っているのなら、


国益を考え行動する3人の国会議員をしっかりと支持し、守る必要があると思います。


事実を述べただけで「差別だ」などと言う輩が出て来る可能性がありますからね。



いよいよ8月1日に出発です!


がんばれ! 新藤義孝氏、稲田朋美氏、佐藤正久氏!


     鬱陵島訪問について〜新藤領土特命委員長代理インタビュー(35分43秒)



************************************************************


       【追記】

先ほど(日本時間の午前11時半頃)佐藤正久氏が「通常の入国管理とは別の部屋で待機、部屋の外には多くの報道陣、空港の外には約500人のデモ隊がいるとの情報も」というツィートをされました。

多くの報道陣と500人のデモ隊!

どうかご無事で! そして 圧力に負けないでくださいね!



       【追記 その2】

シンシアリーさんのブログで 次のように書かれていました。
   シンシアリーーのブログ「3人の自民党議員、GIMPO空港に到着」  

    〜〜〜転載ここから〜〜〜

11時20分、GIMPO空港に到着したとの報道が入りました。
入国を拒否し、そのまま送り返すとしています。

ちなみに韓國が「極右」と指定し、3人の議員と一緒に入国禁止にしていた下條正男教授が昨日の夜9時半、インチョン空港から入国しましたが午前1時40分、入国を拒否されそのまま日本に帰りました。

韓國では「こっそり入ろうとしたが見つかった」と、嘲笑っています。
  

                      〜〜〜転載ここまで〜〜〜


あぁ…何てことでしょうか…。 


日本の国会議員、そして一般人である大学教授をテロリスト扱いするんですね…。


韓国ってそういう国だったということですね…。(ため息)




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 06:41| Comment(18) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
先程、20分前に新藤義孝議員のつぶやきで「今から出発します」とありました。
いよいよ出発です。
今まで何もしてこなかったツケは大きいですね。
その間に勝手にやりたい放題されてますもんね。
この訪問が竹島を取り戻すための一歩につながればと思います。
青山繁晴さんの話では竹島近辺のメタンハイドレートを2014年までに韓国が実用化するという話がありました。
大事な海底資源までも盗られることになります。
3人の議員が韓国に到着後、韓国側がどういう対応をするか、そして日本のマスゴミがどういう報道をするか見ものですね。
Posted by kuri at 2011年08月01日 09:14
>kuriさん。

先ほど、ツィッターで新藤氏のフォロアーになり(笑)激励のコメントを入れておきました。
「今から行ってきます」っていうご挨拶されてましたね。
本当に頑張ってきて欲しいと思います。

>今まで何もしてこなかったツケは大きいですね。その間に勝手にやりたい放題されてますもんね。

そうなんです。
結局、日本側がこの話題にはできるだけ触れないでおこうと避けてきたことで、韓国に好き放題させてしまう結果になってしまいました。
このツケは大きいです。
実効支配され、ヘリポートや宿泊所を建設されてしまい、挙げ句の果てには日本の領海に海洋科学基地まで建設を予定されてしまっています。
これ以上黙ってたら地下資源もちゃっかりと横取りされてしまいますよね。

最後の動画、インタビューしてる韓国人の記者、タジタジでしたね。(笑)
新藤氏は真っ当なことしか言ってません。
なのに、韓国側は 歴史がどうとか,教科書に竹島のことを書いて韓国人の感情を刺激してるとか。
何を言ってるんだって思いますよね。
韓国人がやってることの方がはるかに過激ではありませんか…。
自分がしてることって見えないのでしょうかね。

さぁ、韓国に入国できるでしょうか…?
韓国のマスコミ、そして日本のマスコミはどんな風に報道するか…!
見守りたいと思います!

Posted by えいと@ at 2011年08月01日 09:30
アロハ〜!
もう、行かれたんですね〜。
これって、日本にとって、状況を生で伝えてもいいくらいの大きなニュースですよね。
石原氏の中止要請にも、ビックリでした。
こういう態度が今の状況を作っているのですから、これからの日本のあり方のいい手本になる行動。。
国を挙げて、応援した欲しいのに。。
今後の展開に注目です。。

日本の方々にお聞きしたら、今だに、竹島の存在さえ知らないのにビックリでした。
竹島という名は知っていても、どこにあり、どういう状況かは全くご存知ない方の多いこと。。
Posted by モリオリママ at 2011年08月01日 15:34
初めて、コメントさせていただきます。
ほめられた対応じゃないと半分は笑っていますが、自民党議員が訪韓するという、情報収集の早さや、ほどよい人数の抗議活動などバックでコントロールされてる臭いはしますね。そこを見落とさないようにしないと、この迷惑な隣人の対応を見誤るかもしれないと思います。
Posted by ken at 2011年08月01日 15:38
韓国の歴代の大統領は反日教育を行ってきた。
その結果と思われるが、韓国には日本人に対してとんでもない悪質ないたずらをする男共がいる。
街中で日本人と見るや、いきなり後から来て足を上げた瞬間に片方の靴を、あっという間に脱がせて、その靴を持って逃げてどこかへ消える。
とても手馴れた技と行動なので、今まで何百人もの日本人に対して行ってきたのだろう。
こんな格好ではとても日本に帰れない。
日本人と見るや、どんな嫌がらせをされるか分からないので、韓国へ行く人はそれなりの覚悟が必要。
と言うよりは、行かないに限る。
韓国は反日、台湾は親日と感じた旅であった。
Posted by 菅左人 at 2011年08月01日 20:24
えいと@さーーん!!こんにちわ。

はっきりいって、外交問題にして日本政府も堂々と抗議にしないといけないですよね。わたし、よくわからないですけど。

これは、本当に外交問題です!!またいいますけど。

韓国の幼稚な態度、、この態度日本にしかしませんよ。アメリカのバックがあるのでしょうね。

日本はすぐにでも国際社会にむかってこのあほな韓国の態度を知らせるべきです。

「幼稚」だと。。


ツイッター、、やっぱり便利ですね。やろうかな、、今日のえいとサンのコメントみて英語でツイッターやってひろめないとか、、とおもいました。(え??わたしの英語か??・爆)

はっきりいって、日本人の保守ブロガーが怒りくるてつるんでいてもだめですわ。

わたしたちで英語のツイッターやりません??(爆)

えいとサンの今日の記事リンクさせていただきまっせーー(めっちゃわかりやすいから。。いつもありがとうございます)
(ちっと、きょうはいそがしいかもだから、更新できるかわからないけど、ぜったいリンクさsていただきますわ)

そうそう、、南京大虐殺館の動画もありがとうございますーー
かってにえいとさんのコメントとともに、のせちゃいましたー。

わたしあほですね。。日本人がお金だしたんですねーーそうそう。。雑誌でまえによんだんですよー。
桜ちゃんねるデ確認できてよかった。

まったくおそろしすぎますわ。。

うちのだんななんて、もうわたしのいうことしんじていません。。だって、「日本人がお金出したってことは、本当にあったんでしょ」


ってなかんじですよーーああ。



でも、、普通そういう風にかんがえますよね。。


まったくどうしたらいいんでしょうねえーーーーー
Posted by のんちゃん at 2011年08月01日 20:32

>モリオリママさん。

>もう、行かれたんですね〜。

ハイ。もう行かれて入国拒否で帰ってこられましたよ…。

>これって、日本にとって、状況を生で伝えてもいいくらいの大きなニュースですよね。

その通りです。
日本の国家主権の問題ですよ? どうしてもっと騒がないのかって思います。
入国拒否の報道も、NHKはまったく報道なし。
他の民法は少し報道したそうですけど、
フジTVの木村太郎氏は「韓国側から竹島に行くと向こうの領有権を認めることになるから空港で止められてよかった」って発言したそうです。
竹島に行くんじゃないっつーの! 鬱陵島なのっ!
ほんとに何 ボケてるんでしょうか、フジのキャスターは!(怒)
新藤氏、稲田氏、佐藤氏が竹島に行くのに韓国側から行くはずがないでしょうが! 
民主党議員だったら行きそうですけどね。

>石原氏の中止要請にも、ビックリでした。

もしかしたら、選挙が近いからかもしれません。
竹島に関しては「100%日本の領土だ」って言うと票を失うことにつながりますからね。
日本の有権者の中には「竹島は韓国領だ」っていう人、いますから。

>日本の方々にお聞きしたら、今だに、竹島の存在さえ知らないのにビックリでした。
>竹島という名は知っていても、どこにあり、どういう状況かは全くご存知ない方の多いこと。。

それだけ、この問題に目が向けられてこなかったということです。
韓国はあんなに大騒ぎなのに、日本人は領土問題がある竹島の存在すら知らない。
これも戦後の愚民化教育の賜物でしょうね。
日本人自身が自ら気がつかないと、今後もこのような状況は継続するでしょう。
だって、マスコミがこういう状況ですからね…。

Posted by えいと@ at 2011年08月01日 23:37

>kenさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>ほめられた対応じゃないと半分は笑っていますが、自民党議員が訪韓するという、情報収集の早さや、ほどよい人数の抗議活動などバックでコントロールされてる臭いはしますね。

そうですね。
日本の野党議員が鬱陵島に行くって行っただけで、これだけのでも人数が集まるんですから。
この情報網はすごいですよね。

>そこを見落とさないようにしないと、この迷惑な隣人の対応を見誤るかもしれないと思います。

そうですね。
それにしても…本当に迷惑な隣人ですね。
歴史は自分たちの都合のいいように変えちゃうし、
親日派の同胞を思いっきり叩き、財産まで没収するし。
日本側がちょっと抗議するようなそぶりを見せただけで日の丸を焼いたりして 大騒ぎだし…。
この迷惑な隣人、どう扱えばいいのか…困りますね。。。

Posted by えいと@ at 2011年08月01日 23:43
こんにちは、さやーむです。

ワタシも今回の件をタイトルアップしました。事前に韓国から「入国拒否」を通告されていたので、どうなるかなあと心配していましたが、3議員がそんな脅しに屈することなく行ってくれました!でも、予想通りの展開で、強制帰国となりましたが・・・。

それにしても、韓国という国はなんですか!?空港で唐辛子ぶちまけたり、国旗燃やしたり・・・。それも国民の代表である国会議員に対してですよ!そんな様子を見れば「安全確保出来ない」と大統領自らが言い出すのも納得です。
日本人の感覚からすれば到底考えられない民度の低さです。

ことこの韓国に対しては(中国もだけど)言うべきことは言うという断固とした姿勢を貫かなければ、相手がつけ上がるだけだということを肝に銘じる必要がありますね。

今回の件は、日韓関係の再考に一石を投じたのではないかと思います。

さやーむ

Posted by さやーむ at 2011年08月02日 00:09

>菅左人さん。

>韓国の歴代の大統領は反日教育を行ってきた。

そうですね。
戦後からの朝鮮の国の方針ですから。
反日は国策なのでしょう。

>その結果と思われるが、韓国には日本人に対してとんでもない悪質ないたずらをする男共がいる。 街中で日本人と見るや、いきなり後から来て足を上げた瞬間に片方の靴を、あっという間に脱がせて、その靴を持って逃げてどこかへ消える。
>とても手馴れた技と行動なので、今まで何百人もの日本人に対して行ってきたのだろう。こんな格好ではとても日本に帰れない。

そんなことをするんですか…! 信じられない…! 目が点になっちゃいます。。。

>日本人と見るや、どんな嫌がらせをされるか分からないので、韓国へ行く人はそれなりの覚悟が必要。 と言うよりは、行かないに限る。

韓流で韓国への旅行者が増えているそうですね。
好きでいく人は勝手に行けばいいとは思いますけど…。
今回の3人の勇士の鬱陵島訪問計画で、韓国はものすごい火病を起こしているようですし、
行かない方がいいでしょうね…。自分の身の安全のためにも…。

>韓国は反日、台湾は親日と感じた旅であった。

私は去年の6月に台湾に行きましたが、本当にいい国だと感じました。
どれだけ多くの台湾人に親切にされたか…!
私が日本人だとわかると、お年寄りが本当にうれしそうに話しかけて来るのです。日本語でです。
本当に台湾って親日国なのだと感じました。
多くの日本人に言いたいです。
近距離の海外旅行を考えてるのなら台湾に行ってください!…と。
体験して欲しい、台湾人の方のすばらしさを…!

Posted by えいと@ at 2011年08月02日 00:14

>のんちゃん。

>はっきりいって、外交問題にして日本政府も堂々と抗議にしないといけないですよね。
>これは、本当に外交問題です!!またいいますけど。
>韓国の幼稚な態度、、この態度日本にしかしませんよ。アメリカのバックがあるのでしょうね。

アメリカのバックがあるかどうかはわからないけど…。
日本だからここまで強気に出れる…っていうのはあるでしょうね。
今回も、政府は「遺憾の意を韓国政府に伝えた〜」だけでしょ?
これくらいの抗議しかしないから舐めた真似をするんですよ。韓国って国は…。

>日本はすぐにでも国際社会にむかってこのあほな韓国の態度を知らせるべきです。「幼稚」だと。。

新藤氏ら3人は、韓国に出発する前に外国メディアにもアピールしておくべきだったかなと思いますね。
テロでも何でもない、日本の国会議員が韓国を訪問して視察をするだけで入国拒否をする国だ!…ってことが世界にアピールできたのにな…って思いますね〜。

>ツイッター、、やっぱり便利ですね。やろうかな、、今日のえいとサンのコメントみて英語でツイッターやってひろめないとか、、とおもいました。(え??わたしの英語か??・爆)
>はっきりいって、日本人の保守ブロガーが怒りくるてつるんでいてもだめですわ。

そうそう! 英語でツィッターができたらいいなって思うのよ。
こういうのって、世界に発信していかないとって思うわ。

>わたしたちで英語のツイッターやりません??(爆)

え、私の英語…うーん、ちょっと無理かも。。。(汗)
私ね、自慢じゃないけど英語、マジでできないのよ。これホントなの。恥ずかしいんだけどさ。
あぁ〜こういうことがあるんだったらもっと真面目に英語を勉強しておくんだったわ。
のんちゃんだけでもはじめほしいな。
フォローするし。

>えいとサンの今日の記事リンクさせていただきまっせーー(めっちゃわかりやすいから。。いつもありがとうございます)(ちっと、きょうはいそがしいかもだから、更新できるかわからないけど、ぜったいリンクさsていただきますわ)

ありがとう! いつでも使って! 

>そうそう、、南京大虐殺館の動画もありがとうございますーーかってにえいとさんのコメントとともに、のせちゃいましたー。

あ、のんちゃんのその記事、読んだよ♪
私もね、機会を見つけて南京事件のことを取り上げようと思ってるんです。
みんな知らないでしょ? 中国にある南京虐殺記念館を造ったのは実は日本人だったなんてさ。
しかもご丁寧にお金まで出してあげちゃって。
もうね、何やってんの?…って思うよね。
まぁ、あの頃は左翼の力が強かったし、保守派の意見なんてかき消されちゃってたからね。
嘘も言い続けたら事実だと誤解されて、いつのまにか真実になっちゃうって いい見本だよね。
撤回していかないと!
日本のために賢明に戦ってくださった先人のためにもね!

リンクや記事やコメントの転載、のんちゃんだったらいつでもOKだよ。
どんどん拡散して〜

>うちのだんななんて、もうわたしのいうことしんじていません。。だって、「日本人がお金出したってことは、本当にあったんでしょ」ってなかんじですよーーああ。

なんだってぇえぇえーーーーーっ!
うーん、まぁ、普通はそう思っちゃうよね。
だって、日本人がホイホイお金出してるんだもん。んで、謝罪も何度もしてるしね。
あぁ〜やっぱこういう風に思われちゃうんだよな〜。
安易に謝罪するって、ものすごい問題なんだよ。
どうにかしないとね、この日本。。。

Posted by えいと@ at 2011年08月02日 00:36

>さやーむさん。

>事前に韓国から「入国拒否」を通告されていたので、どうなるかなあと心配していましたが、3議員がそんな脅しに屈することなく行ってくれました!

そうなんですよね。
これで「じゃ〜やめます」ってやっちゃったら脅しに屈したってことになりますからね。

>予想通りの展開で、強制帰国となりましたが・・・。

そうですね。3人の勇士の方はきっとこうなるってわかってたのでしょうね。

>それにしても、韓国という国はなんですか!?空港で唐辛子ぶちまけたり、国旗燃やしたり・・・。それも国民の代表である国会議員に対してですよ!

ホントに民度が低いっていうか…幼稚っていうか…。
韓国人はこれを見てどう思ってるんだろう? 
もっとやれ〜って思ってるのかな? それとも恥ずかしいって思うのかな?
私が もし韓国人だったら恥ずかしいですよ。同胞がこんなことやってるって思ったら…。

>そんな様子を見れば「安全確保出来ない」と大統領自らが言い出すのも納得です。

いや、普通の国であれば、外国の国会議員が正式なルートを経て入国するという場合に、
国民の反発が予想されるのであれば、警察なり軍隊なりを使って外国の国会議員を守るでしょうよ。
大統領はそれくらいの権限を持ってるはずです。
それができないのが韓国って国なんですよ。

>ことこの韓国に対しては(中国もだけど)言うべきことは言うという断固とした姿勢を貫かなければ、相手がつけ上がるだけだということを肝に銘じる必要がありますね。

その通りですよね。
でも、日本の場合,日本の中で不協和音があるんですよね…。
これも問題なんです。
日本人でありながら、韓国にシンパシーを感じる輩がいるんですよね。
日教組なんてモロにそうでしょ? 日本人でありながら「ドクト」って言うし、北教祖ははっきりと「竹島は韓国の領土」って言ってますしね。
この不協和音を何とかしないと…って思います。

>今回の件は、日韓関係の再考に一石を投じたのではないかと思います。

入国拒否されて帰国しましたーで終わりにしてはいけませんね。
高岡蒼甫氏の解雇に件もそうだし、日本人がしっかりと考えないといけない問題だと思います。

Posted by えいと@ at 2011年08月02日 00:55
入国拒否のニュースを私も見ましたが、それっておかしいでしょう?あんたら!強い態度になぜ日本は出れないんでしょう?
これであちらの日本に対する気持がハッキリしたと言ってもいいので、ここいらで目をしっかり覚まして欲しいですね。
Posted by ree at 2011年08月02日 05:29
佐藤正久らは文句を言う相手を考えた方がいい。
ウルルン島に行くより、ワシントンに行って、米国地名委員会(United State Board on Geographic Names)に文句を言うべきです。
そこでは、竹島を韓国領と表記してます。元外交官の孫崎さんのおっしゃる通りです。韓国政府が働きかけて、竹島を韓国領と米国に認めさせてます。当時は自民党政府で官房長官は町村だった。彼は、いちいち反応しないとコメントしたが、大チョンボだ。
つくづく、日本は米国と冊封体制をとる属国なのかと思います。どの政党が政権を取ろうと、日本人自身が日本が米国の属国であると自覚しないと、ダメです。
Posted by 通りすがり at 2011年08月02日 11:56
ええーー通りすがりさん!!本当ですかーーー??

えいとさん!!!やっぱりアメリカっすよ。。。

ひどい。。

これが本当なら、日本政府は断固として抗議するべきです!!!!

これで、青山さんが先週いっていたこと、「アメリカがEAST SEAという表示を認めている」

って言う意味がわかりましたね。


ぐぐぐ。。

おっと、横槍してごめんごですー(爆)
Posted by のんちゃん at 2011年08月03日 00:30

>reeさん。

>入国拒否のニュースを私も見ましたが、それっておかしいでしょう?あんたら!

おかしいです。
これが,先進国、文明国、法治国家のすることでしょうか…?

>強い態度になぜ日本は出れないんでしょう?

入国の際にはその国の方針に従わないと、それこそ逮捕されちゃいますからね。
どんなに理不尽なことであっても、国が「入国させない」といえば従うしかないのです。
日本側としては、今後も何度も鬱陵島訪問の計画を立てたらいいと思います。
日本は視察に行くだけです。
韓国側が「竹島は韓国領度だ」と主張するその根拠を、国会議員が見に行くだけです。
韓国側が,本当に自信を持っているのなら、あんな大騒ぎをする必要はないんですよ。

>これであちらの日本に対する気持がハッキリしたと言ってもいいので、ここいらで目をしっかり覚まして欲しいですね。

そうですね。
日本人自身がまず、目を覚まさなければいけないと思います。
この問題を知らない日本人がまだかなりいます。
教育してないからですよ。
政治家もマスコミもこの問題を避けてきましたし。
今ですら「せっかく仲良くなってるのに諍いを起こさないで」みたいなことをいう日本人が存在しますからねぇ。
沈黙していれば「韓国領だ」と認めたことになってしまう。
我々の子孫のためにも、今、我々が声を上げなければ…と思います。

Posted by えいと@ at 2011年08月03日 00:31

>通りすがりさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

今回、鬱陵島に3人の勇士が行ったことは評価できると思います。
韓国に対し、日本はもう黙っちゃいないぞと意思表示することが必要なのです。
でないと、いつまでも韓国はやり放題です。

>>ウルルン島に行くより、ワシントンに行って、米国地名委員会(United State Board on Geographic Names)に文句を言うべきです。
>そこでは、竹島を韓国領と表記してます。元外交官の孫崎さんのおっしゃる通りです。韓国政府が働きかけて、竹島を韓国領と米国に認めさせてます。当時は自民党政府で官房長官は町村だった。彼は、いちいち反応しないとコメントしたが、大チョンボだ。

一時、竹島は韓国に帰属するということになったようですね。
でも、その後にアメリカ政府の地名委員会は竹島を「韓国領」から「帰属未確定」に変更した、という話を聞いたのですが。
現在はどうなっているのでしょう?
外務省のHPを見ても、日本海は「東海」ではなく「Sea of Japan」が、当該海域について同委員会が認める唯一の公式的な名称であることを正式に決定した上でその旨を公表している、と述べているだけで、
竹島に関してのことが載ってないんですよね。
私の探し方が悪いのかな…。

日本は今まで、世界に対してのアピールを積極的には行ってきませんでした。
キャンキャン吠えることが得策ではないという判断からでしょうが、
やはり声の大きい者が勝つのが、今の状況から見ても明らかですよね。
日本が韓国のような方法をとることには賛成しませんが、
きちんとした方法で、しっかりと主張をし、世界にもアピールしていかなければいけないと思います。

Posted by えいと@ at 2011年08月03日 00:57

>のんちゃん。

通りすがりさんが書かれてること、調べてみたんだけどね。
一時、竹島は韓国に帰属するということになったのは事実みたい。
でも、その後にアメリカ政府の地名委員会は竹島を「韓国領」から「帰属未確定」に変更した、という話を聞いたんだよね。
現在はどうなっているのかなぁ?
このことが載ってないのよ、外務省のHPに。
探し方が悪いのかもしれないんだけどさ、どっかに情報ないかなぁ〜。

アメリカの力が働いてる件、
のんちゃんのブログのコメントにも書いたけど、
私、このことをずっと考えてたんだ。
で、ホントにそうかもしれないって思うようになった。
だってさ、おかしいもんね。
韓国がなんであんなに強気なのか。
テロでも何でもない、友好国の国会議員を強制送還って、普通じゃあり得ない。
しかも禁止されている空港での異常なほどの激しいデモ。
あれも、もしかしたら政府がやらせたのかもしれないな…。
そして、あれだけの強気な韓国には…バックにアメリカがついてるんじゃないかなって。
今,そんな風に思っています。

メタンハイドレートの件でよくわかったよね。
アメリカは本当は日本とメタンハイドレートの開発をやりたいと思ってるはず。
日本海にいっぱいメタンハイドレートはあるんだから、日本と組んだ方がいいのは明白だよね。
でも、日本政府はちっとも開発しようとしない。
韓国は官民で開発に力を入れている。
じゃ〜韓国と手を結んだ方が手っ取り早いって思うよね。
アメリカだって自国の利益を考えるもの。
いつになったら動き出すのかわからない日本を待つより、すでに動き始めている韓国と手を組んだ方がいいって思うよね。

このへんからも,日本はもう負けてるんだ。
世界情勢が見えていないんだよ,日本の政府には。
なんでいつもこうなんだろう。
日本って賢い民族のはずなのに、本当はとんでもない愚民の集まりなんだろうか…。
利権とか、そんなことばっかりにとらわれて、世界がちっとも見えてないんだよね。
もっと日本の国益を考える人間に政治をしてもらいたいよ。
自分の利益ばっかり追求する政治家はもういらない。


Posted by えいと@ at 2011年08月03日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217744706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。