2011年06月17日

カジュアルに楽しめる ボストンポップス


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@のボストン旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  ボストン旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
       ボストン旅行記 目次



ボストン滞在の最終のイベントで えいと@夫妻はボストンポップスのコンサートに行きました。


 a-BosP11-1.jpg


昨日の記事の最後にチョコッと書きましたが、


ボストン交響楽団(Boston Symphony Orchestra)は世界屈指のオーケストラで、去年で125回目のシーズンを迎えた歴史と伝統あるオーケストラなんです。


そのボストン交響楽団(Boston Symphony Orchestra)の本拠地が Symphony Hallなのですね〜。


 a-BosP11-2.jpg


こちら ↑ がSymphony Hallでございますー。


この Symphony Hallは、ハーバド大学の物理学者のWallace Clement Sabine氏によって、科学的な根拠に基づいて音響が設計された世界初のホールなんだそうです。


つまり豪華さや観客の居心地よりも 音響第一に設計されたホールということなんですね〜。


このファーストバルコニー中央の一番前の席は あの小澤征爾氏が音響の確認をするために座った席なんだそうです。


   a-BosP11-3.jpg


Symphony Hallに飾られていた小澤征爾氏の若かりし頃の肖像画 ↑です。


小澤征爾氏は1973年〜2002年まで このボストン交響楽団の常任指揮者・音楽監督でありました。


小澤征爾氏は 観客を巻き込む形式を取り入れた指揮者なんですね。


音楽に合わせて観客に拍手してもらったり、一緒に歌を歌ったり…という形式をシンフォニーに取り入れた音楽家なのです。


なので ここボストンでもとっても人気のある指揮者なのですね〜。


小澤征爾氏! 日本人として誇りですね!



さて、えいと@夫妻の席は小澤征爾氏が好んで座った席の5列くらい後ろの ファーストバルコニーの真っ正面の席でございました。


そこから舞台の方を見ますと、こんな感じです。↓


 a-BosP11-5.jpg


ね? 真っ正面でしょ?


写真でおわかりいただけるでしょうか? 1階席はお酒や軽食を楽しみながら音楽を聴く席なんです。


演奏中にもウェイターやウェイトレスさんが会場を歩くのが バルコニー席から見えました。


それが気になっちゃう人はバルコニー席のほうがいかも…ですね。



ところで舞台にパイプオルガンがあるんですが、


このオルガンは1949年にシンフォニーホールの50周年とバッハの死後200周年を記念してそなえつけられたものなんだそうです。


全部で5134本のパイプがあり、一番短いパイプはわずか4インチ、最も長いパイプは32フィートもの長さがあるんだそうですよー。


 a-BosP11-6.jpg


こちら ↑ は観客席の壁にある彫刻です。


全部で16個の彫刻があり、そのうちの10個はギリシャ神話の中の神様なんだそうです。


これはボストンが「アメリカのアテネ」と呼ばれることに由来しているんだそうですよ。

パイプオルガン&彫刻についてはこちらのHPを参照させていただきました。
ボストンについて とーっても詳しく書いてくださってますので、興味のあるかたは訪問してみてくださいね。



ボストンポップスは 日本人もなじみのある音楽が演奏されるのでとーっても楽しめちゃいます。


   a-BosP11-12.jpg


こちらがボストンポップスを率いる20代目の指揮者の Keith Lockhart氏 ↑です。


若くてハンサムな指揮者なので、奥樣方に人気があるのでしょうねぇ〜。


ところで、この日はイギリスのコーラスの6人組の特別出演がありました。


ゴスペル調の歌声でとーってもきれいな歌声だったんですよねー。(ゴスペルではないですけど)


ゴスペル調で歌うビートルズの曲があったのですが、


ビートルズとは まったくの別物になっちゃいますね!


本当に楽しかったです〜。


機会があったらぜひ! ボストンポップスを聴きに行ってみてくださいね♪




        【おまけ】


2010年はボストンポップス125周年だったということで125周年記念グッズが売店で売られていました。


なんと! 125周年記念グッズは30%OFF!


今は2011年なので いわゆる売れ残りバーゲンなのですね〜。


んで、買っちゃいました。えいと@夫用に。


   a-BosP11-9.jpg


こちらのポロシャツ ↑です。


しっかりとした しかも肌触りのいい生地のポロシャツでございました。


ブルーでMサイズはこの1枚だけしか残ってなかったので 即! GETです。


そしてこちらも。↓


 a-BosP11-10.jpg


かわいいマグカップでしょー?


こちら ↑ は125周年グッズではなかったので定価販売でしたが…。


こういう楽器のマグカップって他ではないよなーって思って2個、買っちゃいました。




        【おまけ その2】


ボストンポップスのフィナーレは「星条旗よ永遠なれ」が定番のようです。


 a-BosP11-7.jpg


舞台には星条旗が現れます。


そして大歓声の観客たち…。


この曲を聴きながら…この状況を肌で感じながら…いろいろと考えることがありました。


それについては長くなるので、次回、記事にしたいと思います。


また見にお越し下さいまし〜♪




    【インフォーメーション】

  Boston Symphony Hall

ボストン近距離電車 T のグリーンラインE Symphony駅下車してすぐ。

チケットは直接 シンフォニーホールのチケットオフィスに行くか、電話、あるいはインターネットで予約をします。

直接チケットオフィスで購入する場合は手数料不要。


シンフォニーを聴きに行く時は ドレスアップすることが多いのですけど、

ポップスなのでフォーマルでなくてもOK! ドレスコードなしです!

だからといって、短パンや草履ではちょっと…と思いますけどね。


独立記念日などのイベント時には野外コンサートが無料で楽しめるそうですので、

機会があればぜひ! 聴きに行ってみてくださいね。


 617-266-1200  1-888-226-1200
 
 HP → http://www.bso.org/bso/





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


この記事へのコメント
先日、子供達に少しでもクラシックを・・・と思って、メジャーなバッハ、ラフマニノフ、ショパンのCDを買って来たんですが、本格的に聴かせてみたいですね〜。
このホールは本当に素敵。
私も行ってみたいです。
Posted by ree at 2011年06月17日 10:08
素敵なコンサートホールですね
長く生音を聞く機会がないので
聞くと興奮しちゃうでしょうね
重厚な感じなのにポップスなんですね
小澤征爾氏の肖像画に感激しました♪
Posted by at 2011年06月17日 14:01
アロハ〜!
とても、親しみやすいオーケストラ演奏なんですね〜。
建物の重厚なこと。。
本当に本当にアメリカの歴史、感じますね〜。
西部側には、なかなかないんですよね。
さすが世界の小沢を感じました。
アメリカ人の国家演奏&斉唱、見てると涙が出てしまいます。
日本人もこの雰囲気、見て欲しいよって。。
外国で見たことのない人には、分からないんだろうな〜。
この国民としての団結の、美しさ。。
Posted by モリオリママ at 2011年06月17日 14:53
短い滞在だったのに いろんな事をされて楽しまれましたね
ブロードウエイを見に行くと 必ずTシャツを買う私です
記念になっていいですよね

Posted by izy at 2011年06月17日 20:52
ステキなコンサートホール♪
小澤征爾氏ほんとに、日本の誇りですよね☆
素晴らしい!!
もう病気から回復されたかな?

いい席に座れてよかったですね!
やっぱり生の演奏ってCDとぜんっぜん違いますよね。
迫力があって重厚で・・・
舞台の星条旗もすばらしい!!
どこかの国とは大違い!!

このマグカップ、持ち手の形もちょっと変わっててかわいいですね♪
Posted by ビバちゃん」 at 2011年06月17日 23:47
えいと@さん。ハローです。

ボストンポップス。
聴いてみたいです。
いいなあ。
やっぱりこういう贅沢な雰囲気で聴くと
CDやTVとは違って素敵ですよね〜〜♪

日本人が海外で活躍するのは
とても誇らしく海外に住む日本人にとって
励みですよね。

そして、
マグカップ!いいわ〜!
マグカップ好きとしては欲しいです。

Posted by ミント at 2011年06月18日 01:18

>reeさん。

小さい頃からクラシック音楽を聴かせるっていうのはいいことだと思いますよ〜。
私、子供の頃に聴いた音楽はクラシックばっかりなんです。(親の趣味で)
そのおかげか、音楽の授業(だけ)はいつも成績が良かったです。
バレエをやってたってこともありますけど、音感もいい方だと思いますし。

コンサートにいって、実際の生の音を聴くのはとってもいいと思いますよ〜。
迫力が違います。
トークもあるし、おもしろいですしね〜。

Posted by えいと@ at 2011年06月18日 05:18

>E店長さん。

生で聴くとホントに迫力が違います。
舞台に近いと実際に演奏してる姿が見えますしね。
私の席は舞台からは遠かったんですけど、音響が一番いい場所だったようです。

小澤征爾さん、すごいですよね。
このボストン交響楽団でも大人気だったらしくて、そういうのを聞くと同じに本院として嬉しいですね。

Posted by えいと@ at 2011年06月18日 05:25

>モリオリママさん。

西側にはこういうシンフォニーホールって少ないのでしょうか?
それはちょっと寂しいですね…。

>アメリカ人の国家演奏&斉唱、見てると涙が出てしまいます。日本人もこの雰囲気、見て欲しいよって。。
>外国で見たことのない人には、分からないんだろうな〜。この国民としての団結の、美しさ。。

そうなんですよね…!
この感動を 日本人の中の、特に国歌や国旗が嫌いな人に味わって欲しいですよ。
自分の国でこういう感動を味わってみたいって思わないのでしょうか…。
私は味わいたい!
日本が一致団結し、天皇、日の丸を敬い、そして君が代を心から歌えるようなそんな日が来て欲しいと、本当に思います。

ママさんのコメント、次回の記事に使わせていただきますね〜。

Posted by えいと@ at 2011年06月18日 05:38

>izyさん。

シンフォニー、好きなんですけどなかなか日程が組めなかったんですよね。
今回はうまく組めたので良かったです〜。

iyさんはTシャツですか。
私もTシャツ、よく買います!
それとマグカップかな〜。今回のマグは一目惚れ♪
ちょっと高かったけど買っちゃいました〜。

Posted by えいと@ at 2011年06月18日 05:41

>ビバちゃん。

小澤征爾氏は日本の誇りですね!
まだまだ活躍していただきたいです。
お体の方はどうなんでしょうね…?

>舞台の星条旗もすばらしい!!どこかの国とは大違い!!

ですよね〜〜〜!
星条旗が出て来たら、もう大興奮ですよ、アメリカ人たちは。
こういうの、いいなーって思います。
日本もいつか、そういう風になってくれたらいいんだけどね…。

>このマグカップ、持ち手の形もちょっと変わっててかわいいですね♪

あ、ホントだ! 今、気がついた。(笑)
持ち手の部分にも♪があって、中にも♪。
かわいくて一目惚れしちゃいました〜。

Posted by えいと@ at 2011年06月18日 05:44

>ミントさん。

ミントさんの娘さん、大学生だし、そろそろこういう音楽に興味が出てこないかな?
一度行くとけっこう病み付きになりますね。
生の音楽ってやっぱり違いますからね〜。

世界で活躍する日本人。
嬉しいことです。日本人の誇りですね!
これからも頑張って欲しいです。

マグカップ、かわいいでしょー?
ミントさん、マグカップ好きなんですか〜。
もしかしてコレクターですか?

Posted by えいと@ at 2011年06月18日 05:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。