2011年05月15日

アメリカの大学の卒業式〜2011


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



卒業シーズンです!


 a-akademic10-3.jpg


そうなんです。


アメリカの大学は5月が卒業式のシーズンなんですねー!(=^▽^=)b


5月13日は えいと@夫の大学の卒業式でございました。


去年までは、えいと@夫が忙しくて セレモニーには参加ができなかったのですが、


今年は参加してきました! 卒業セレモニーに!\(^▽^)/


…え? えいと@夫の卒業式じゃないの…って?


そーなんです。


えいと@夫は2011年度の卒業生です。


でも、えいと@夫はビザの関係で 2011年度の9月に卒業することにしたのですね。


夫の大学では2月、5月、9月に卒業することができ、9月以降の卒業生は翌年度の5月にセレモニーをするのですねぇ。(大学によって異なります)


えいと@夫は2011年度の9月卒業なので2011年度の卒業生ですが セレモニーは2012年度に行うことになるってわけなんです。



さて、2011年度の卒業セレモニーの様子です。


   a-BUFsotu11-9.jpg


大学構内のこちらのCenter for the Arts ↑ で 午後1時から開始でありました。


   a-BUFsotu11-3.jpg


   音楽の生演奏 ↑がありましたよ! 本格的ですね!


   a-BUFsotu11-1.jpg


まずは教授陣の入場 ↑であります。


教授陣はさすがに迫力がありましたぁー! ものすごい貫禄ですっ!


 a-BUFsotu11-10.jpg


いろんな大学の出身の教授がいるので アカデミックガウン(ドレス)は色とりどりですね!


赤、青、茶色、オレンジ、黄色、水色のガウンなどがあって華やか〜でございましたよ。


教授陣の入場の後に卒業生が入場いたします。


教授陣は舞台の上、卒業生は客席の一番前に座り セレモニー開始です。


まずは全員起立して アメリカ国歌「星条旗」を斉唱いたしました。


日本で「君が代」を斉唱するのと同じですよね。


教授陣も卒業生も、観客席の方も ちゃんと起立して国歌を斉唱していました。


私はアメリカ国歌「星条旗」を聞いて感激してジ〜〜〜ンとしましたよ。


これこそが普通の卒業式の姿なのだと思います。


「国歌」を卒業式で歌わない権利を主張するような教育者や学生は アメリカには一人も存在しません! d( ̄∧ ̄) キッパリ!



ところで、えいと@夫の大学は かなりのマンモス大学で、学士の学生の数はハンパなく多いのですねぇ。


なので学士の卒業式と 修士&博士の卒業式が別に行われます。


えいと@夫妻が参加したのは修士&博士課程の卒業式です。


まずは修士課程の表彰です。


 a-BUFsotu11-2.jpg


一人一人名前と取得学位が呼ばれ、壇上にあがります。↑


そして,次に博士課程の表彰です。


 a-BUFsotu11-5.jpg

 a-BUFsotu11-6.jpg


学部ごとに 起立 ↑します。


皆さん、満面の笑顔です! 本当に嬉しそうな表情をしていますね!


この日が人生で一番 誇り高く嬉しい日なのではないでしょうか…?


   a-BUFsotu11-8.jpg


博士課程は 壇上で一人一人「フッド」を指導教授にかけてもらうのですね〜。


このフッドというのは「帯」のようなもので、


学士フッドの長さは3フィート(91.44cm)、修士フッド3.5フィート(106.68cm)、 博士フッド4フィート(121.92cm)。博士フッドのみ横にパネルがあり、学部により色が決まっているのだそうです。(こちらのHP参照)


こうやってお世話になった指導教授に「フッド」をかけてもらう時の気持ちは 感無量なのでしょうね。(*⌒―⌒*)


かわいい卒業生の諸君! 本当におめでとうございます!かわいい




       【おまけ】


卒業生が着る アカデミックドレス(ガウン)ですが。


えいと@夫の大学のカラーはコバルトブルーなのに、なぜかブラック一色のガウンがあったので どうしてかなーって不思議に思ってたんです。


聞いてみますと、ガウンのレンタルがあるそうなんですね。


ブラック一色のアカデミックドレス(ガウン)は レンタルなんだそうです。


アカデミックに残る場合は必要だけど、一般企業に就職する場合などはガウンは必要がないんですよね。


博士号のガウンは5万円〜8万円と高額なので、買うのはちょっと…って思う卒業生用にレンタルのガウンがあるそうです。


ちなみにアカデミックドレス(ガウン)については去年、詳しく記事にしたのでそちらをご覧になってくださいまし。

  関連過去記事はこちら ↓ をご覧下さいね♪
    これがアカデミックドレスだ!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 04:05| Comment(12) | TrackBack(0) | アメリカ的生活(イベント編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
旦那さま、就職おめでとうございますー!
アメリカに残ることになさったんですね。
次はどこへお引越しだろう?
新しい生活、楽しみですねー♪
お引越しは大変ですが頑張ってください!
Posted by ちい at 2011年05月15日 05:15
おお、ハカセ服!

かっこいいですよねハカセ服。

夫さまに惚れ直しましたか?
Posted by かげ at 2011年05月15日 05:34
ご主人の卒業も目の前ですね!
就職も決まりえいと@さんご夫妻には希望に満ちた毎日ですね!
アメリカでの就職よかったですね!!
Posted by ちょびまめ at 2011年05月15日 06:33
アロハ〜!
そうか〜!卒業シーズンだ〜。
もう、学校に行く子供がいないので、すっかり忘れてました。
卒業式、粛々と行われて、本当に感激ですよね。
私も、アメリカの国旗掲揚、国歌斉唱、胸に手を当てて一斉にみんなで口ずさむ姿。。
いつも、感激で涙がでます。
国家とは、こうでなくちゃね!
Posted by モリオリママ at 2011年05月15日 19:28
お久しぶりです!

ご主人のご卒業、ご就職、本当におめでとうございます!

アメリカで博士を取るってものすごい大変だと聞きました。旦那様、よく努力されましたね!

新しい土地に引っ越されても、その土地での楽しいレポートをお待ちしています。

日本では大抵、博士取った人はポスドクになるか、助教になりますが……
ご主人の今後のご活躍をお祈ります!
Posted by 館主 at 2011年05月15日 19:43

>ちいさん。

ありがとうございます!
やっと決まりました〜。ホッとしています。

>次はどこへお引越しだろう? 新しい生活、楽しみですねー♪
>お引越しは大変ですが頑張ってください!

長く住むと荷物が増えちゃって引っ越しも大変ですよね。
頑張りますー!
引っ越し先が決まったら記事にしますね〜。
BUFとそんなには離れていない場所です。車で引っ越しができるところです。

Posted by えいと@ at 2011年05月16日 13:22

>かげさん。

そーなの、博士ガウン。
これ、じかに見るとめっちゃかっこいいんですよね〜〜〜。

>夫さまに惚れ直しましたか?

えいと@夫は来年です〜。(笑)

Posted by えいと@ at 2011年05月16日 13:24

>ちょびまめさん。

就職が決まるまで本当に長い道のりでした〜。
えいと@夫の年齢だと、普通のサラリーマンだったらもう普通に仕事してて、脂が乗ってる時期ですからねー。

日本に就職じゃなかったのですけど、なかなか100%希望はかないませんね。
だけど、アメリカの大学で日本人が就職するのは至難の業の中、決まって良かったです。
アメリカで夫と二人、今後も頑張っていこうと思います。

Posted by えいと@ at 2011年05月16日 13:28

>モリオリママさん。

>卒業式、粛々と行われて、本当に感激ですよね。
>私も、アメリカの国旗掲揚、国歌斉唱、胸に手を当てて一斉にみんなで口ずさむ姿。。いつも、感激で涙がでます。

本当にその通りです。
これが本当の、普通の国の姿ですよね。
どうして日本は、いまだに「国旗は戦争に使われたからどーのこーの」「国歌は天皇崇拝の歌だからどーのこーの」って言うのでしょうね?
どの国だって戦争はやってますし、日本の国民が天皇陛下を崇拝して何が悪いんだって話ですよ。
おかしな国です、日本は…。

Posted by えいと@ at 2011年05月16日 13:32

>館主さん。

ありがとうございます!
卒業は来年度になるのですが、(ビザの関係で9月卒業にしたので…)
就職が決まって本当にホッとしています。

アメリカでPh.D取得は本当に長い道のりでした。
脱落者も多い世界なのです。
自分の夫ながら、本当によく頑張ってくれたと思います。

>日本では大抵、博士取った人はポスドクになるか、助教になりますが……

そうですね。
日本の大学もかなりの就職難で、オーバードクターがたくさん存在すると聞いています。
なので、ポスドクになってポストが空くのを待つケースが多いようですね。
アメリカでも同じ状況です。
ポスドクや非常勤講師をされてる方、多いです。
厳しい世界ですよね。ホントに。。。

Posted by えいと@ at 2011年05月16日 13:38
おめでとうございます。
博士号取得、就職&卒業
えいとさんの内助の功にも乾杯!!
Posted by masa at 2011年05月16日 22:10

>masaさん。

ありがとうございます!
やっと花が咲きました! 長い道のりでした〜〜〜。

内助の功…、私、なーんにもやってないんですよ〜〜〜。(苦笑)
前回の記事のコメントでも、皆さまに「えいと@の支えがあったから〜」って書いていただいたのですけど、
いったい、私、何をしたんだろーって思うのです。(笑)

やったことといえば…。
無給状態でがんばった…ってことでしょうか?
アメリカの田舎町は 食費が安かったので助かりました。
切り詰めたら何とかいけましたから…。

Posted by えいと@ at 2011年05月16日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。