2011年04月27日

国民一流・政治は三流〜政治の話題を出すとドン引きされる日本


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



先日、日本に電話をかけました。


東北関東大震災のこと、福島原発の事故のことなどを話し、


本当に日本はこれから大変な状況になるということなどを話しました。


そして震災に対処している民主党のふがいなさに関しても話題に出たのですが、


その時に、電話の相手の方(Aさん)がこう言われたのです。


「まぁ、自民党でもどこでも同じでしょうけど」…と。


電話の相手の方は、かなりのインテリで政治に関しても無関心な方ではないのですが、


社会や政治に関する情報を 主に新聞から得ているという方なのですね。


で、ここからしばし、政治の話になったわけです。


私 : 「いや〜自民党は頑張ってますよー! 今、自民党が与党だったらこんなひどい状況にはなってなかったと思いますねぇ」

Aさん :「そんなことはないでしょ、どこがやっても同じよ」

私 : 「どの党がやっても同じってことはないと思いますよ。民主党に日本を任せていたらえらいことになると思います」

Aさん :「あなたね、他でもそんなこと言ってるの? 政治家でもない人間が政治のことに首を突っ込んで あれこれ言っちゃダメ」

私 :「え? どうしてですか? 国民が政治のことを話したらダメなんですか?」

Aさん :「政治にあれこれ文句を言いたいのなら政治家になりなさい。政治家でもないのにあれこれ 言うモノじゃない」

私 :「そうなんですか? 日本の政治がどうあるべきか、国民がいろいろ考えたり発言したらダメなんですか?」

Aさん :「政治のことは政治家に任せておけばいいの」



…国際電話だし、討論するつもりもなかったので「そうですか」で、この話題は終わったのですが…。


昔から日本では他人とは「政治と宗教の話はするな」って言われています。


宗教に関してはわかるのですが政治の話をタブー視する風潮が現在においてもありますよね。


今回は、これについて考えてみたいと思います。



私は成人した頃はまだ学生で、選挙権はあったにもかかわらず学生の間は一度も選挙に行ったことはありませんでした。


学友たちも同じような感じで、選挙時であっても特に選挙が話題にのぼることもなかったように記憶しています。


私がはじめて選挙に行ったのは…社会人になってから、しかも職場が左巻きで 選挙の時になると選挙活動が盛んであったから…なのですね。


政治には興味がなく、職場において言われるがまま投票していたのです。恥ずかしいことですけれども…。


20歳も過ぎたいい大人なのに なぜ政治に興味がなかったのだろう…?


そういや家族や職場の友人と政治のことを話題にしたことはなかったな…と、今になって思うのです。


友人はともかく、家族の会話の中で政治の話が出たことがない…って…。


皆さまのお宅ではどうでしたか? ご両親や祖父母と政治の話をしたことはありますか…?


我が家だけでしょうか…?


いや、きっと家族や親戚に政治家がいるという家庭でない限り家庭内で政治や政党の話をすることはさほど多くはないのではないかと思います。


なぜなのか…?


これは学校教育の問題ではなかろうかと思うのです。


学校教育では「政治経済や現代社会」で一通りの政治の系統的知識を子供に学習させることになっていますが、


教育基本法第8条第2項で「法律に定める学校は、特定の政党を支持し又はこれに反対するための政治教育その他政治的活動をしてはならない」と規定されています。


つまり教師が特定政党の支持に結びつける目的を持ち、特定の政治的イデオロギーを一方的に価値の高いものとして教え込むような教育を行うことは禁止されているわけです。


「望ましい政治の在り方及び主権者としての参政の在り方について」の教育にとどまり、政党の政策を具体的に学習する機会がないのですね。


その結果、成人して選挙権を行使する際に どの党に投票して良いかの判断材料を持っていないという現状があるのではないか…と思うのです。



ところで、外国ではどのように教育がさなれているのでしょうか。


私が住んでいるアメリカにおいては家庭内で政治の話が日常的に行われていることが多いようです。


選挙があったり、政治家が何か問題を起こしたりした時に、自然と政治の話が家族間で行われるそうなのです。(もちろん 全ての家庭で そうだとは言い切れませんが)


父親が共和党、母親が民主党支持者(逆もあり)など家族間で支持政党が異なる家庭もけっこうあるようで、


夫婦間で徹底的に議論しあうことがあるそうなんですね。


子供は幼い頃から政治の話を聞いて育つのです。


そして学校の授業では「共和党派 VS 民主党派」に別れ、ディベートを行う授業があります。


「共和党派」のグループは共和党、「民主党派」のグループは民主党に関して事前に一生懸命に下調べを行い、そしてディベートに参加し、生徒同士で意見を戦わせるのですね。


そういう授業を通して政治に関心を持つようになるようなんですね。


多くのアメリカ人は16〜18歳頃になると 自分が支持する政党が決まっているということのようです。


日本と全く違いますよね。


日本で成人式に出ている若者の何%が 支持政党をしっかり持っているのでしょうね…?


皆さまはどちらの教育の方がいいと思われますか…?



そして、もうひとつの日本の大きな問題は日教組の存在です。

日教組に関して詳しくご存知ない方は こちら ↓ の過去記事をご覧になってください。
 民主党に潜む「日教組」の魔の手から日本の子供を守ろう!
 日本の将来をつぶす「日教組」の教育


教育基本法において「教師が特定政党の支持に結びつける目的を持ち、特定の政治的イデオロギーを一方的に価値の高いものとして教え込むような教育を行うことは禁止」されているにもかかわらず、


民主党や社民党(旧社会党)と深く関わりを持ち、政治的イデオロギーを持って教壇に立つ教師が存在するのです。(全ての教師がそうではありません)


私がよく覚えている教師の言葉に「棄権も国民の権利である」というものがありました。


つまり自分が支持しようと思う政治家がいなければ選挙を棄権してもいい,それも権利のひとつだというのです。


その当時はさらっと聞き流していましたが、これってとんでもないことなんですよ!


選挙を棄権することは「主権を放棄」していることに他ならないのです。


  touhyouritu.jpg
             総務省HPより


見てくださいよ…この年々下がり続ける投票率 ↑を…。ものすごい右肩下がりではありませんか…。


  選挙:統一地方選 投票率最低「対決型」少なく
統一地方選後半戦で行われた73市長選は投票率が伸び悩んだ。
投票率が最も低かったのは群馬県館林市(34・97%)で、過去最低を記録。
東日本大震災による選挙運動自粛ムードに加え、民主党と自民党が対決する選挙が四つにとどまり、選挙戦も低調だったことが一因とみられる。
一方、30歳の全国最年少市長が誕生した北海道夕張市は82・67%だった。
73市長選の平均投票率は52・97%と、07年の前回選挙に比べ、0・53ポイント下回り、過去最低を更新した。
ただ、民主党と自民党が事実上、対決する構図となった大分市長選では37・49%で、前回選挙を12・47ポイント上回った。
新藤宗幸・東京市政調査会研究担当常務理事は、今回の統一選の低投票率について
「民主党は独自候補の擁立数が少なく、政権党の責任を果たしていない。有権者の政治へのあきらめや幻滅感が投票率に表れた」と分析している。

  選挙:統一地方選 投票率最低「対決型」少なく 毎日JP


投票率の平均が53%って…!


二人に一人は棄権していることですよね?


有権者の政治へのあきらめや幻滅感が投票率に表れたって…!


ちょっと、ちょっとぉ〜ダメですよぉ〜〜〜!


棄権する事は「政治家が何をやろうとお任せします,好き勝手やってください」という意思表示なんですよ!


   棄権=白紙委任
棄権する事は政治家がより好き放題な事をする事にお墨付きを与えることでしかないのだ。
与党に投票する事は「現在の政治を承認する事」の意思表示になり、野党に投票する事は「現在の政治を承認しない事」の意思表示になる。
それに対し棄権する事は「今後も、政治家が何をやろうとお任せします」という意思表示になるのだ。
その結果推進される政治のもとで、棄権者のみが被害にあうならまだいい。
しかし、政治の結果はすべての国民に影響を与える。
その結果、棄権しなかった人までが棄権した人の「白紙委任」に迷惑をこうむってしまうのだ。

  選挙を棄権する、ということより一部引用


政治に関心を持たない国民が多ければ多いほど いい加減な政治家が増えるのです。


国民がしっかりと厳しい目で政治を見ていれば 政治家はいい加減なことはできないし、いい加減な人が立候補することもないのですよ。


まともな人材がいないから棄権するという人もいますが、


人材がいないっていっても、立候補したその中から誰かが当選してしまうわけですから。


いい人材がいないと思うなら自分が立候補すればいい。


それができないのであれば、立候補している人の中から消去法でもいいから一番マシな人を選ぶしかないのです。


それが民主主義というものなのです。


民主主義は「最悪で最善のシステム」といわれています。


国民の意向無視の独裁政治ではなく、民意で選ばれた人物が政治を行う=最善


しかし数で勝負するため とんでもない人材が選ばれたり、とんでもな政策が採択されたりする可能性がある=最悪なのですね。


だからこそ! 政治にしっかり関心を持って、間違った方向に流れないようにしなくてはならないのです。


国民は一流、政治は三流といわれている日本ですが、


政治を見る目に関しては日本国民は 三流であると私は思っています。


「政治を見る目」に関しても一流になるためには普段から政治の話ができる雰囲気を作る必要があるのではないかと考えています。


ママ友や職場でのランチタイムに「政治」の話をしてもドン引きされないムードができたら、


その時こそ! 日本の政治が一流になる時なのではないかな…と思います。



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 17:06| Comment(41) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったくもって、そのと〜〜〜〜り!!!で、ございます。
激しく同意(^0^)/
いい大人が政治の話も出来ないなんて幼稚ですよ。

えいと@さんの電話のお相手Aさんは、こう言っては申し訳ないの
ですが・・・ちょっとおバカさん?
(ひょっとして以前も記事に出てきた方からしら? それはアメリカ
的な考えよね。とか何とか言ってたお方だったりして?)
政治の話は政治家に任せておけって、それじゃー何の為の選挙なの
かしら。

ただね、日本で積極的に政治の話をする人はイコール創価学会。
と、思われてしまう節もあるんですよね。
それが非常にネックです(u_u)
学会の人間が無駄に選挙に熱くならなければ、もう少し話しやすい
環境になるんじゃないかな〜、と若い頃に感じましたもの。

私の実家は、両親が教職員だったせいか比較的政治に関する話は
多かったですね。
TVは常にNHKだったし・・・汗
幸い日教組に毒されていない親でもあるので、言いたい放題言って
ましたよ。(笑)
なので、逆に政治の話を友人とはまったく出来ない状態というのが
変に感じる事が多かったです。

まぁ、だからといって政治に詳しい訳でもないので、あまり偉そうな
ことは言えませんが、何か変じゃない?とか、あの法案はどういう
事なのよ!といった簡単な疑問や不信さえも感じない友人達には
「???」となってました。(今もそうですが)
消費税ばかりが生活の全てみたいな思い込みが、一番不思議ですね。

Posted by たまてん at 2011年04月27日 18:20
あああーわかりますーー。

私も、似たような経験があります。

まあ、だからこそ、プロとしての、政治家にしっ仮自覚をもって仕事してほしいのですけど、いま、私が口をつっこみたくなるのは、国民の税金で、多額の給料をもらっているくせに、国民のための政治をしていないと感じるし、プロとしての自覚をもっているのかしら?とおもうからですわ。

しっかりしてくれてるんなら、むずかしい法案なんて、頭がつかれてしまうし、(爆)勉強したくありませんわ。だから、わたしは、普通の主婦で、給料だってないんですから。(笑)

うちの実家の家庭は、そうだな。。政治のことははなさなかったな。でも、父が、なにげにいろいろとおしえてくれていたようで、(いまになってわかるんだけど、)母は、「政治と、宗教のことは、友達でも話さないほうがいい」といっていたくらいだけど、うまく、中和していた、家庭だったかな?

今の、うちの家庭は、だんなが、結構、左気味なので、(爆)わたしと、論争になるけど、子供たちはそれを聞いて、中くらいのところをとっているようです。うまくいっているかも、、(爆)

このあいだ、雑誌で、日教組のことを批判している人の記事をよんだのだけど、

そのひとは、こういっていたよ。

「自民党って、保守といわれているけど、世界的な感覚でみたら、左よりで、イギリスでいったら、コンサバティブ(保守党)じゃなくて、レイバー(労働党)なんだよね。(イギリスは、この2大政党が政権をゆずりあっています)

日本は、日本も、左よりの自民党がレイバー(労働党)として、あたらしく、ちゃんとした、保守党をつくれば、この、2大政党ってことで、つりあいがとれるとおもう。」


って書いてありました。


本当にそうおもいます。


自民党も、民主党よりはましだけど、歴史感にしたって、「」靖国神社に反対」なんていっている人がいるようじゃ、だめだわ。っているか、保守として、なに考えているのか??っておもう。

実は、私も、自分が保守かだなんて、わからないのだけど、(爆) 、、、

 日本の文化を大事にし、伝統をまもり、ご先祖様に感謝して、天皇陛下も、誇りにおもっていますわ。とくに、国民のために、毎日おいのりをしてくださっていある方ですし、この制度をなくすことはないとおもいます。


それだけなんだけどな。


いろいろな考えの人がいるって、差し引いても、、

そンなことさえ、反対する、この世の中のほうが、おかしいとおもうんだけどな、



いつもおもうのだけど、えいとさんも、ふつーーーーウのこといっているとおもうのよ。

まったく、おもしろいね。今の世の中。


あ、そうそう!!わたしもサザンすきだよーーーーー!!!
 
 
Posted by のんちゃん at 2011年04月27日 20:40
同じことを考えている人はここにもいた、と安心しています。私も日本の混乱は政治の無関心に起因するというのが持論でしたが、この認識がもっと広まれば、日本は変わると思っています。

ただ、ネットユーザの政治意識も低いんですよね…
http://learn0000.blog10.fc2.com/blog-entry-116.html

…先は長そう。
Posted by K at 2011年04月27日 22:20
えいと@さん

うなりました!!
今日のエントリーとっても勉強になりました。
教育基本法にそんなことが書いてあるとは・・・。


うちの母親は政治の話をすると、
「アンタ、外でそんなことあんまり人に言うんじゃないよ!」というのです。
びっくり!!!
私もアメリカ生活経験があるせいか、
政治の話のひとつもできていっちょまえの大人、という感覚があって、
自分が最近政治の話をできるようになって、やっと大人になりました!と思っていたので、
自分の母の言葉に驚き、いい年してアンタよく恥ずかしくなくそんなこと言うね!
と思ったものです。
まあ、自分も若い頃アホで、政治に無関心だったからあんまり人のこと言えないのですが。
政治と宗教はタブー、これってWGIPの影響がまだまだ残っているのでしょうかね。


政治家は国民の代表。代議士ですよ。
国民の代わりに議論して、国民の代わりに政治をするんです。
町内会の役員が、みんなから集めたお金から報酬を得て
専業するようなものと考えたら分かりやすいですよね。
顔がいいだの育ちがいいだのと言ってるだけで選んで無関心でいて、
知らぬ間に自分ちの隣にごみ処理場とか建てられていいの?と
そういうことですよね。
あとからわあわあ言ったってだめだぞ?と。

まあ極端なたとえ話書きましたけれども、
選挙で街頭で美辞麗句を並べている候補がいたら、
みんなで聞き耳たてて、
「そんであんたどんな役にたつ仕事できんの?」って
いきなり質疑応答が始まるくらいでちょうどいいと思います。

今の日本の危機は、われわれ日本人の無関心が招いたともいえます。
ひとりひとりの意識を高めていかなければいけませんね!
Posted by こうめ at 2011年04月27日 23:16
上の方が書かれてましたが、
>ただ、ネットユーザの政治意識も低いんですよね…

ブログランキング見ても判るように芸能ネタがトップ10ですよ。悲しくなりますね。
まあ、堅い話がすべていい訳ではありませんが、どうにか成らないものかと感じます。世界から見れば日本は「性善説」の人が多く、「まあ、人は悪いようにはしないよ」と言った意識が潜在的にあるように思います。
だから、本当の危機にならないと動かないんでしょう。

>国民は一流、政治は三流といわれている日本ですが、
>政治を見る目に関しては日本国民は 三流であると私は思っています

全くその通りです。
日本は村社会で「みんな顔見知り」的な一面と「和を持って尊しとなす」で強いリーダーシップを必要とせず、市民の合議制と性善説のコラボレーションでやってこれた国だからだと思います。宗教が同じ、顔、髪、目、食べ物も同じです。教育による参政権の意義については必要です。まだまだ専制政治や絶対君主の国も多くあります。中国は民主化もできてません。日本はバカをやっていても生活できる国なんですね。
賛成はしかねますが、グローバル化が政治意識を高めるかも知れませんね。
このままでは「ヤカンの中の蛙」で気付いたときは「死」と成るのだけは避けたいです。
Posted by 夢見る親父 at 2011年04月28日 01:06
今回もまたまたその通りだな〜って思いました。
私も恥ずかしながら、政治に全く関心のないごく普通のそこらへんの日本人でした。
昔の私なら、えいと@さんのブログとか絶対見ないタイプですww

海外暮らしをするようになって、様々な人種にふれ、政治観、宗教観なども含め、ありとあらゆる文化の違いも経験しました
ここドイツにいたっては特に政治に対する関心が高く、私の主人も学生の時から、普通に飲みにでも行く感覚で政治家のスピーチを聞きにいってました。当時の私は「この人、なんで政治オタクなの?」って思ったくらいです

でもドイツじゃ、主人だけじゃなく、周りの学生も皆、政治に関心が高く、お茶するときも、飲みに行くときも友達同士で政治ネタを話しています。
また、家族内でも同じです。主人の家族が集まって、政治ネタの話をする事も普通ですし、政治討論番組があれば皆こぞって見てます

一方日本は???政治関係のテレビは視聴率は悪いし、私も友達と政治の話なんかしたこともありません。

今更ながら政治に関心を持つようになりましたが、遅くとも目覚めた事は良かったって思っています。
今後の日本が良くなるくも悪くなるくも国民次第。
国民一人一人がもっと政治に関心をもち、間違った政治家を選ぶことなく、かつ間違った行動を起こすような政治家がいれば、声をあげるべきだと思います

まだまだ勉強することが山ほどありますが、知識を増やしていきたいと思います。

いつもありがとうございます☆
Posted by Frau Kuritan at 2011年04月28日 01:35
こんにちは。ご無沙汰しちゃいました。

米国人の旦那くんと結婚して彼の両親と同居させて貰っていた時、ディナーの会話が政治だった時が何度かありました。
みんなサラッと普通に話すんですよね。
選挙にも当然行くし、アメリカ人は政治が大好きなんだろうなぁっと思っていたんですが、学校でそんな授業があるんですね。
我が子にも、そういう経験をさせてあげたいな…と思いました。

「棄権も国民の権利」、そう言われてしまえば、それも間違いではないんですよねぇ…。
選挙は国民の義務だ!という声もありますが、憲法上の義務とかではないですもんね…。

私も、考えはえいと@さんと同じです。
棄権をする=政治家の好きにさせる事、私もそう思います。
ただ…投票したいと思える人がいない現状が多々あるのも現実。
それなら!と自分で立候補すればいいじゃないか!と私も思いますが、そんな簡単にはいかない事も現実。
何の後ろ盾もない一般人が突然立候補したところで、当選できないのなら選挙権を捨てたのと意味は違っても結果は同じ…という気もしてしまいますし…。
棄権してしまう人たちは、こんな葛藤の中で「選挙を無視する」という一番簡単な方法を取ってしまっているんじゃないのかな…と思います。

それでも、本当は逃げずに最善だと思う人を選ばないといけないんだろうとは思いますが、そう分かっていても「誰を選べって言うのよ…?」って言いたくなる選挙もありますよね…。
元々政治に興味のない日本人なのに、是非この人に頑張って欲しい!と思える候補者がいない現実は難しいですね。

日本にも、普通の意見交換として政治の話ができる環境が整ってくれれば☆と私も思います。
Posted by 日向夏 at 2011年04月28日 02:12
はじめまして、えいと@さん!
勝手にリンク貼ってますジェニです(笑)
初めてえいと@さんのブログを読んだ時
そうそう!そうなんよ!
私が言いたいことはこういうことやねん!
って思って、読めば読むほど賛同できるエントリーばかり。
私はこういうことうまく書けないし、以前のブログでちょこっと思ったこと書いただけで、
お前らどっから来てん??って言いたくなるくらい、左側の人がうじゃうじゃ湧いてきて、執拗に嫌がらせコメントされたことが何度かあったので、そして、自分も勉強不足でうまく返せなかったので、政治的なことを書くことをやめてしまいました。
でも私が何を支持するか、どんな思想を持つかは私の勝手やし、と思ってえいと@さんのブログをお気に入りに入れてます。
私も若い時はえいと@さんと同じような感じでした。アメリカに来て、はじめて、なんかおかしいって思うようになったんです。
日本に住んでた時に気がつけば、こんな私でも祖国の役にも立ったかもしれへんのにと、悔やまれます。
えいと@さんのブログこれからも支持します!
Posted by ジェニ at 2011年04月28日 02:19
いえいえ、こちらでもそうですよ。
友達の間で宗教や政治の話は大丈夫ですが、しない方がいいですね。
考え方、支持するのも人それぞれ。
うちの父ちゃんは以前、義母の友達と政治の話で大喧嘩した事があります。
我が家では子供達がまだまだ幼い時からしてますね。
どのご家庭でもそうだと思うし、学校でもお友達と議論したりするみたいですよ。


Posted by ree at 2011年04月28日 02:47
うちは父が比較的、政治の話をする方でした。
私は父とまっったく馬が合わないのですがw政治に関してだけは考えが非常に似ています。
あと曽祖父が市長選に出たりしていて、祖母も非常に政治について考える人です。
こちらに来てからも、義理の家族と気軽に政治の話しますね。
先日、夫の投票についていきましたが、こちらでは18才の候補者や20代、30代の候補者も少なくありません。

>政治に関心を持たない国民が多ければ多いほど いい加減な政治家が増えるのです。

その通りです。
夫も「国民の投票率が低いほど、悪い政治家が当選する」と言っていました。
そして“一般国民の投票率が低い=組織票がものを言う”のだと思います。日本では組織票というものがすごいですからね。(レンホー夫の893票だって組織票のみでしょ)

福沢諭吉先生の仰ったとおり、まさに「愚民の上に苛き政府あり」だと思います。
この政権はひどすぎますが、残念ながらこれは愚民が多いゆえの結果なんですよね。
彼らは自然発生したのではありません。愚民の上には愚かなリーダーしか現れないんですよね。

大半の日本人は、危険な左翼思想を持っているのではなく、ただ単に“無関心”で“事なかれ主義”なんです。
そしてそれが大惨事を引き起こしていて、日本をどん底へと導いている事に気づいていないのです。

私の母の知り合いで、定年間近だというのに大学の社会人コースに通っている人がいるんですね。
はじめは「はー、すごいなぁ」と感心していましたが、彼女はアジア史かなんかを勉強していて、尖閣諸島における衝突事件で船長が捕まった際、母に「もう!早く保釈しないとダメよね!戦争になってしまうやんね!今度このこと論文に書いて発表しよう」と言っていたようです・・
母もガッカリしたようですが、大半の日本人がこういう考えだと思います。彼女は興味を持っているだけまだましなのかな?いやましじゃないか。

長い事日本人が政治に無関心であった結果がこれです。
石原都知事が仰った“天罰”にはこれも含まれているだろうと思います。
政治に無関心では政治家のいいようにされてしまいます。
中韓の悪行の中でたったひとついいことは、ボケてた日本人をどっさり覚醒させたことだと思います。
手遅れにならないうちに、一刻も早く日本国民全員に目覚めてほしいです!
Posted by ビバちゃん at 2011年04月28日 03:54
えいとさん!!
ごめんまた!!
あれみた??ア○カー。。(ごめん。。暗号みたいで)

みてなかったら、うちにきてーー

じゃあ。とりいそぎまた!!!(ほら、すぐに消されちゃうでしょ)
Posted by のんちゃん at 2011年04月28日 04:28
アロハ〜!
もう、ため息ものですね。
教えたくても聞き耳持たない。。
それでも、説明しようとすると、こちらがおかしい。。
そんな感じです。
私は、ある意味民主に感謝です。
自分の無関心の恐ろしさを、気づかせてくれたことに。
こちらは、知れば知るほど、危機を感じて、話したい。。
でも、聞きたくない。。
ジレンマです。
これだけのことが起こっていても、まだ気づかない普通の日本国民がいるとしたら。。
もう、お手上げです。。
あとは見守るのみ。。
人間って、自分の身に何か起こらないと、分からないですからね。
ましてや生まれてから、一度も危機を感じたことのない、世代が大半の現在です。。


Posted by モリオリママ at 2011年04月28日 09:16
私も同じような経験あります。
昨年の宮崎の口蹄疫の時、友人に民主党の酷さを話たのですが、政治には関心のない友人だったので、見事にドン引きされました。
政治の話はしてはいけない、政治の話は重くて嫌だという感じですね。
私もお花畑の期間が長かったので偉そうなことは言えないけど、でも政治に関心をもつことがとても大事だということをミンスを通して実感してます。
この点だけはミンスが反面教科書で役に立ってる。
「自民党がやっても同じよ」
この考えはまさにマスコミから擦り込まれたものですね。
政治に関心をもつようになり、自民党の議員さんの活動を追いかけてると目から鱗です。
ちゃんと活動してるし、いざという時の動きも早い。
さり気なく当たり前のようにさらっとやってしまうんですよね。
マスコミが大げさに騒動して報道しないと記憶に残らないだけなんです。
普通に何事もなく不安も感じず過ごせるように、裏ではきちんと政治をやってくれてたんですよね。
でもそれに気づいてない人が多いし、派手なことをするのが政治だと勘違いされている人も多いんでしょうか。
アメリカのように日本でも政治に関して議論できるような世の中になってほしいです。
教育も元凶の一つですね。
1日も早くミンスから政権交代になり、新しい政権が教育などの土台から立て直してほしいです。
Posted by kuri at 2011年04月28日 09:54
同感です。
仕事の同僚やママ友、同級生・・・。
どこで話しても引かれる事はあっても同意された事はありません。家族においても民主党を支持していませんがその危険性を話したりマスコミ批判をすると変人扱いでうるさがられます。
「菅政権は無能だけど自民がやっても同じ。」とか「枝野さんは頑張っている。」とかの返事にまわりが頷いたりするのがストレスになってきてますが諦めきれません。
 
Posted by K at 2011年04月28日 11:35
はじめまして。
いつも拝読させていただいております。

以前、勝間和代氏が
「政治を政治家に任せるな」
と言っていました。
彼女の評価は脇に置いて、この言葉はとてもいいと思います。

仰るとおり、日本の政治のレベルが低いのは
とりもなおさず、日本国民の政治レベルが諸外国に比べて極端に低いことから来ていると思います。
まずは、自覚からですね。
Posted by ぶらっくすわん at 2011年04月28日 12:27
おはよう


原発を作り始める頃に それに関係したアメリカ人が

日本人は 新聞からの影響を強く受ける民族だから その新聞の大本者を手にいれれべ 事がうまく運ぶというような事を話していました、、、


えいとさんも昔は政治の話しをしなかったんですね

その傾向は日本人にあるんでしょうね

そのせいか こちらで 様々な人たちが政治に対して感心を持ち あれこれ 話しているが 不思議にも感じた事があります


Posted by はちきんイジー at 2011年04月28日 21:32
えいとさんのおっしゃる通りだと思います。

あくまで政治に関してですが
国民が一流で政治家が三流というのはありえないと思います。国民が政治に対して三流だから政治家も三流だと思いますね。
逆もあまり考えにくいと思います。

政治、宗教、野球は、三大タブーだと言われます。特に政治のタブーは国民性なのかもしれませんね。長所の裏返しというところでしょうか。

しかし、国際化の流れと価値観の多様性から今まで通りの、人任せで生活の向上と安全が保たれなくなりました。
今こそ自分達の国の事を自分達で考える時が来ていると思います。

政治も一流になると、困る人達がいるでしょうけど。
Posted by ヨシツネ at 2011年04月29日 17:33

>たまてんさん。

>まったくもって、そのと〜〜〜〜り!!!で、ございます。激しく同意(^0^)/

ありがと〜〜〜うれしいです♪

>いい大人が政治の話も出来ないなんて幼稚ですよ。

そうなんですよね。
政治の話が出来ない雰囲気があるのです、日本には。それが幼稚であることに気がついていないのですね…。

>えいと@さんの電話のお相手Aさんは、こう言っては申し訳ないのですが・・・ちょっとおバカさん?(ひょっとして以前も記事に出てきた方からしら?)

うはは、あたりー。(笑)昔からの読者のたまてんさんならではの鋭い指摘ですな。(笑)
この方は頭はすごっくいいのです。超難関の資格を持ち、独立して働いておられる切れ者なのですよ。
でも、いかんせん、こういう部分があるのですね〜。

>政治の話は政治家に任せておけって、それじゃー何の為の選挙なのかしら。

ん〜いったん選んだんだからゴチャゴチャ言うな!…ってことなんでしょうね。
で、政治はみんなで語り合うことではなく、自分の中でいろいろ考えて選挙に挑むべきと考えているようですな。

>ただね、日本で積極的に政治の話をする人はイコール創価学会。と、思われてしまう節もあるんですよね。それが非常にネックです(u_u)

確かに!
選挙になったら電話をかけて来る…ってイメージがありますよね。

>私の実家は、両親が教職員だったせいか比較的政治に関する話は多かったですね。
>TVは常にNHKだったし・・・汗

おぉ! そうなんですか〜!
実は、私の家も教員一家なのです。両親ともに教師です。(日教組ではないですよ)
で、私の実家もTVはNHKでした。
子供の頃はNHKしか番組がないって思ってましたもん。
他のチャンネルでCMを見た時はびっくりしたもんです。NHK以外にチャンネルがあったのか!…って。
新鮮な驚きでした。(笑)

>幸い日教組に毒されていない親でもあるので、言いたい放題言ってましたよ。(笑)
なので、逆に政治の話を友人とはまったく出来ない状態というのが変に感じる事が多かったです。

そうなんですかー! すばらしい!
うちはノンポリでしたね〜。家庭内で政治の話はなかったですねぇ〜。

>何か変じゃない?とか、あの法案はどういう事なのよ!といった簡単な疑問や不信さえも感じない友人達には「???」となってました。(今もそうですが)

なるほど〜〜〜やはり子供の頃から政治の話をしていると、たまてんさんのようにしっかり世の中を見ることが出来るように成長するんですね。
私なんて、恥ずかしながら…結婚してからですよ。
夫が政治に興味がある人間で,夫の影響のおかげで今の私がおりまする。(笑)

いつになったら日本人が「自分の国」のことをしっかり考えられるようになるのでしょうね…。
事なかれ主義もここまで来ると…ね。
もう平穏な時代ではないんだから…って思います。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 02:36

>のんちゃん。

>あああーわかりますーー。私も、似たような経験があります。

のんちゃんも経験あり?
やっぱ日本って、どこでもこう言う雰囲気ってあるのねぇ…。

>いま、私が口をつっこみたくなるのは、国民の税金で、多額の給料をもらっているくせに、国民のための政治をしていないと感じるし、プロとしての自覚をもっているのかしら?とおもうからですわ。

その通り! 私も同感です。
特に民主党は「権力を握る」ことが目的ですからね。
そのためには手段を選びません。第3国に魂を売ってでも権力の座にいたいのです。
だから、ほっておいたら日本が破壊されちゃうって心配があるのですよね…。

>うちの実家の家庭は、そうだな。。政治のことははなさなかったな。でも、父が、なにげにいろいろとおしえてくれていたようで、(いまになってわかるんだけど、)

のんちゃんのお父さまは思慮深い方なんだろうなって思います。
のんちゃん、今の政治を憂いてお父さまといろいろ話をされているでしょう?
きっとお父さま、喜んでおられると思いますよ。

>母は、「政治と、宗教のことは、友達でも話さないほうがいい」といっていたくらいだけど、うまく、中和していた、家庭だったかな?

ホントね、中和してるね。(笑)
お母さまは人間関係を重要視しておられるのでしょうね。
政治や宗教の話で熱くなっちゃって、友達なくす…ってこと、けっこうあると思うもんね。

>今の、うちの家庭は、だんなが、結構、左気味なので、(爆)わたしと、論争になるけど、子供たちはそれを聞いて、中くらいのところをとっているようです。うまくいっているかも、、(爆)

旦那さま、左よりか〜〜〜。
でも、そうやって夫婦で話をしているのを子供さんたちはしっかりと見てますよ。
そういう家庭で育つことが大切なんだろうなって思います。

>「自民党って、保守といわれているけど、世界的な感覚でみたら、左よりで、イギリスでいったら、コンサバティブ(保守党)じゃなくて、レイバー(労働党)なんだよね。(イギリスは、この2大政党が政権をゆずりあっています)
>日本は、日本も、左よりの自民党がレイバー(労働党)として、あたらしく、ちゃんとした、保守党をつくれば、この、2大政党ってことで、つりあいがとれるとおもう。」

そうなのよ。
自民党の中でも保守派と改革派に別れるんです。
大きな政党だからいろんな考えが混ざってるんですよね〜。
今、ちゃんとした保守党は「たちあがれ日本」でしょうね。
ただ人数が少ないから力が弱い…。
自民党の保守派とたちあがれ日本がいっしょになって、日本のことを真剣に考える保守政党が出来たらいいのになって思います。

>自民党も、民主党よりはましだけど、歴史感にしたって、「靖国神社に反対」なんていっている人がいるようじゃ、だめだわ。っているか、保守として、なに考えているのか??っておもう。

「え? 何でこんな考えの人が自民党の中にいるの?」って思う議員さん、いるよねー。
歴史観に関しては…政治家も不勉強な人がいるってことです。
今の40〜60代って戦後洗脳教育をモロに受けた世代だしね。

>実は、私も、自分が保守かだなんて、わからないのだけど、(爆) 、、、

のんちゃんは保守派でしょう、間違いなく。(笑)

>日本の文化を大事にし、伝統をまもり、ご先祖様に感謝して、天皇陛下も、誇りにおもっていますわ。とくに、国民のために、毎日おいのりをしてくださっていある方ですし、この制度をなくすことはないとおもいます。

日本から皇室をなくしてしまったら…日本は何も特徴のないアジアの一国にすぎない…ということになってしまいます。
日本から皇室をなくそうとしている勢力は、日本が世界で認められる皇室を持つ国であることが許せないのですよ。

日本は2670年以上も皇室を継承して来た素晴らしい国であるのに、
戦後の教育で「天皇が戦争を駆り立て多くの国民を犠牲にした、よって天皇には戦争責任がある」などと教え、
日本人の心から「天皇」を抹殺しようと教育して来たのですね。
現在、目覚めた日本人も多いと思うけど、まだまだ「天皇? 必要ないじゃん。天皇陛下がいてもいなくても何にも変わらないし、生きていけるよ」っていう人がいるのも事実。

>いつもおもうのだけど、えいとさんも、ふつーーーーウのこといっているとおもうのよ。まったく、おもしろいね。今の世の中。

だよね?
私、何も特別なこと言ってるって思わないんだけど。
政治の話をしたり、天皇の話をすると…退かれちゃうってことがあるのですね〜。
日本人はまだまだ成熟していないなって思います。

>あ、そうそう!!わたしもサザンすきだよーーーーー!!!

ホント? いいよね〜サザン!
私たち夫婦の結婚式の披露宴ね、サザンの音楽で統一したんだよー。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 04:00

>Kさん。

>同じことを考えている人はここにもいた、と安心しています。私も日本の混乱は政治の無関心に起因するというのが持論でしたが、この認識がもっと広まれば、日本は変わると思っています。

そうですね。
日本人は気がついていないんですよね。
政治に無関心であることが,結局は自分たちの首を絞めているんだってことに。
そのことに気がついた時に やっと日本は変わっていくのであろうと思います。

>ただ、ネットユーザの政治意識も低いんですよね…
>…先は長そう。

同感です…。
ネットを扱えるのだから、もっと有効に情報を取ればいいのに…って思います。
やっぱ教育でしょうね…。
根本的なところから変えていかないと…って思いますね…。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 04:06

>こうめさん。

>うなりました!! 
>今日のエントリーとっても勉強になりました。
>教育基本法にそんなことが書いてあるとは・・・。

おぉ! こうめさん。うなってくださいましたか〜〜〜。うれすぃ♪

>うちの母親は政治の話をすると、
>「アンタ、外でそんなことあんまり人に言うんじゃないよ!」というのです。

そうそう! そんな感じなんですよねー。
政治の話をする人間はうさんくさい…ってイメージがあるのでしょうかねぇ?
政治家の評価も決して高くないですもんね?
まぁ、イマイチな政治家が多いのは事実だけど、
かつての政治家についても、すごい功績を残した人なのにあまりいい評価になってない…ってことがありますよね。

>私もアメリカ生活経験があるせいか、政治の話のひとつもできていっちょまえの大人、という感覚があって、

やはりこうめさんも そうお感じになられましたか〜。
アメリカじゃ〜政治と国民の生活は密接してるって考えですもんね。
自分たちがしっかり政治を見ていい政治家を選挙で選ばないと みんなの生活にふりかかって来るっていう、そういう責任感があるのだと思います。

>まあ、自分も若い頃アホで、政治に無関心だったからあんまり人のこと言えないのですが。

私も若い頃はアホでした〜。(苦笑)
ほんとにこのトシになるまでまともに政治のことを考えたことがありませんでしたね。
恥ずかしい限りです。。。

>政治と宗教はタブー、これってWGIPの影響がまだまだ残っているのでしょうかね。

そうかもしれませんね〜。
宗教は…日本から「神道」の精神や「天皇」に対する気持ちを喪失させたかったから話題に出せないようにしたのでしょうしね。
3R・5D・3S政策の結果、政治に無関心で深く考えることがない日本国民を作り上げて来たってことでしょうね。

>政治家は国民の代表。代議士ですよ。国民の代わりに議論して、国民の代わりに政治をするんです。
>顔がいいだの育ちがいいだのと言ってるだけで選んで無関心でいて、知らぬ間に自分ちの隣にごみ処理場とか建てられていいの?とそういうことですよね。
>あとからわあわあ言ったってだめだぞ?と。

そうなんですよね。
私の知り合いのAさんは「後からわぁわぁ言ったってダメ,いったん選んだ限りは文句は言えない」と考えているのです。
でも、ちゃんとした政治家を選ぶためには、政治の話題を普段から出して日常的に政治を考える…ということをしないといけないのでは…?って思うのです。
それが出来ていないのが日本。
だから、知名度とかマスクの良さとかで選んじゃうのですね〜。

>選挙で街頭で美辞麗句を並べている候補がいたら、みんなで聞き耳たてて、
>「そんであんたどんな役にたつ仕事できんの?」っていきなり質疑応答が始まるくらいでちょうどいいと思います。

そうですよね。
夏の参議院選挙で、街頭演説している候補者に質問しようとしたら止められてその場から退場させられた人がいたって何かに書いてました。
おかしいですよね? 
こうやって質疑させない、深く考えさせないような社会が出来上がっているってことですよね。

>今の日本の危機は、われわれ日本人の無関心が招いたともいえます。ひとりひとりの意識を高めていかなければいけませんね!

その通り!
去年の尖閣諸島事件、今年の韓国人献金問題、そしてこの大震災での民主党の対応を見て、
ちょっとは意識が高まった国民が増えたとは思いますけど、
まだまだ…でしょうね。
草の根ですけど、がんばっていきましょう!

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 04:42

>夢見る親父さん。

>>ネットユーザの政治意識も低いんですよね…
>ブログランキング見ても判るように芸能ネタがトップ10ですよ。悲しくなりますね。

そうなんですよね…。
まぁ、TVや芸能界に興味があることは悪いことではないんでしょうけど…。
何だかなーって思いますね。

>世界から見れば日本は「性善説」の人が多く、「まあ、人は悪いようにはしないよ」と言った意識が潜在的にあるように思います。
>だから、本当の危機にならないと動かないんでしょう。

日本の「性善説」の考え方。
これはこれで素晴らしい精神なんだけど、通用しないことも多々あるんですよね…。

本当の危機にならないと動かない…って言うのは、これは日本人の本質だと思います。
原発に関しても、危険性は何度も国会で議論されているのに、そのための対策もちゃんと話し合われているのに、
結局、こんな大惨事になってしまいました。
新潟県中越地震で原発に問題が起こりましたが、幸いなことに大事故には至りませんでした。
危機的状況にならなかったから,その後の対処しなかったんです。先延ばしにして来たんですね。
もし、新潟県中越地震の際に危機管理をもっとしっかり改善されていたら…と、悔やんでも仕方がないですけど、そう思います。

>日本は村社会で「みんな顔見知り」的な一面と「和を持って尊しとなす」で強いリーダーシップを必要とせず、市民の合議制と性善説のコラボレーションでやってこれた国だからだと思います。

そうなんですね…。
本当に日本の体質そのものが問題なんだろうなって思います。
強いリーダーは必要です。
でも、あまり強いと反発を食らってしまい潰されてしまうこともありますね。
日本には強いリーダーは必要なしと考える一部の団体の姿があるのでしょうね。

>教育による参政権の意義については必要です。

それを教えていません。日本の教育では。
制度は教えられますが、なぜ参政権なのか、1票がどういう意味を持つのかの教育はないのですね。
「棄権も権利」などと教えるとんでもな教育者がいるのです、本当に…。

>日本はバカをやっていても生活できる国なんですね。

国民が政治に関してあまり賢くなると困るんでしょうね。
バカでいてくれる方が政治家は都合がいいのだろうと思います。
国民がバカでいることで 政治家は好きなことができ、その結果、国民は自分自身の首を絞めているのだということに気がつかないといけませんね。

>このままでは「ヤカンの中の蛙」で気付いたときは「死」と成るのだけは避けたいです。

戦後の日本人は「ヤカンの中の蛙」状態です。いまだに…です。
そろそろ熱湯になって来そうなのに、まだまだ気がつかずにお湯にのんびりと浸かっているんです。
はやく気がつかないと…って思いますね。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 05:16

>Frau Kuritanさん。

>私も恥ずかしながら、政治に全く関心のないごく普通のそこらへんの日本人でした。昔の私なら、えいと@さんのブログとか絶対見ないタイプですww

そうですか〜〜〜絶対に私のブログを見ないタイプでしたか。
いったい何がFrau Kuritanさんを変えたんだろう〜。聞きたいわぁ〜。

>ここドイツにいたっては特に政治に対する関心が高く、私の主人も学生の時から、普通に飲みにでも行く感覚で政治家のスピーチを聞きにいってました。当時の私は「この人、なんで政治オタクなの?」って思ったくらいです

ドイツでもそうなんだ〜。
政治オタク、いいですね〜〜〜。日本の学生もそうあって欲しいです。
飲み会で政治の話なんかしちゃったら、もう飲み会に呼んでもらえなくなっちゃいますもんね。日本の場合は…。(ため息)

>ドイツじゃ、主人だけじゃなく、周りの学生も皆、政治に関心が高く、お茶するときも、飲みに行くときも友達同士で政治ネタを話しています。
>また、家族内でも同じです。主人の家族が集まって、政治ネタの話をする事も普通ですし、政治討論番組があれば皆こぞって見てます

もうーすばらしすぎますよ。
そうあるべきなんですよね、それが普通の独立国の姿なのです。
同じ敗戦国なのに、何でこうも違うんでしょうね…?

>一方日本は???政治関係のテレビは視聴率は悪いし、私も友達と政治の話なんかしたこともありません。

ですよね〜〜〜?
日本はどうしてこうなんでしょうね…?
若い頃、別に煎じに感心がなくても何とも思わなかったですしね。

>今更ながら政治に関心を持つようになりましたが、遅くとも目覚めた事は良かったって思っています。

Frau Kuritanさん、ホントに良かった!
ところで、目覚めたらはやいと思いません?
これは今まで受けてきた教育のどこかに「矛盾」を感じていたから…なんじゃないかなって思います。
今まで「なんかおかしいな」と思いながらも、誰かに聞ける雰囲気はないし、
聞いたところで「何言ってるの〜!」って言われるだけだしね。
「おかしい」って思いながら大人になって、ある日真実を知るとそれまでの矛盾がいっきにさーーーっと解けるのです。
そういうことがあるので、他のことにも興味が持てるのですね。
で、どんどん受けて来た教育が実は事実ではなかった…ってことに気がつくのですね。

>今後の日本が良くなるくも悪くなるくも国民次第。
>国民一人一人がもっと政治に関心をもち、間違った政治家を選ぶことなく、かつ間違った行動を起こすような政治家がいれば、声をあげるべきだと思います

その通りですね。
政治家っていろいろいますからね。
政治家を全部調べるのは大変ですが、せめて自分の選挙区だけでもしっかり調べて投票して欲しいですね。

>まだまだ勉強することが山ほどありますが、知識を増やしていきたいと思います。

一緒に勉強していきましょうね〜♪

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 05:35

>日向夏さん。

>米国人の旦那くんと結婚して彼の両親と同居させて貰っていた時、ディナーの会話が政治だった時が何度かありました。みんなサラッと普通に話すんですよね。

多くのアメリカの家庭では ディナーの時の会話が政治…ってことがありますよね。
家庭内で違う政党を支持しているってこともありますから、たまには熱くなってケンカになっちゃうってことも聞きますし。(笑)
日向夏さん、旦那さまのご実家に行かれた時は会話にはいるのが大変でしょうね。(笑)
アメリカの政治の勉強もしないといけないし。がんばれ〜。

>選挙にも当然行くし、アメリカ人は政治が大好きなんだろうなぁっと思っていたんですが、学校でそんな授業があるんですね。

アメリカでは投票率、高いですよね。びっくりするくらい。
それだけ政治が身近なんだろうなって思います。
アメリカの教育が100%Goodとは言えないとは思いますが、こういう政治を考えさせる授業があるのはいいことだなって思います。
教師が持つ政治の考え方、イデオロギーを子供にダイレクトに教えるのではなく、子供に調べさせて子供自身の頭で考えさせる。コレがいいのでしょうね。

>「棄権も国民の権利」、そう言われてしまえば、それも間違いではないんですよねぇ…。
>選挙は国民の義務だ!という声もありますが、憲法上の義務とかではないですもんね…。

これこれ〜〜〜日向夏さんも日本の教育にしっかり洗脳されちゃってますよぉ〜。(私もでしたが 笑)
「棄権」をするってことは、いっさい口を出さないってことです。
「今の政治、おかしいんじゃない?」と思ったり、言ったりする権利を放棄するってことです。
「棄権も国民の権利」というのは、国民は政治に関して関心を持つべきではない…という日教組の思惑にドップリはまることになるんですね。

>ただ…投票したいと思える人がいない現状が多々あるのも現実。

確かにそうですね。
そういう政治家しか出さない,出てこないことが日本の悪いところだと思います。
それを許して来たのは日本の雰囲気、いい人材がいなかったら棄権したらいいっていう,それも原因のひとつかなって思います。

>棄権してしまう人たちは、こんな葛藤の中で「選挙を無視する」という一番簡単な方法を取ってしまっているんじゃないのかな…と思います。

そうなんでしょうね〜。
でもね、結局、どんなに多くの有権者が「ロクな立候補者がいない」って思って棄権しても、
立候補した候補者の中から誰かは当選しちゃうのです。
だからこそ、消去法でもいいから誰かを選ばないといけないんですね。

>それでも、本当は逃げずに最善だと思う人を選ばないといけないんだろうとは思いますが、そう分かっていても「誰を選べって言うのよ…?」って言いたくなる選挙もありますよね…。

結局ね、日教組が「棄権も国民の権利」って言う その言葉の裏には、自分たち(日教組)に関わりの深い人物を政界に送りたいからです。
投票率が下がると、イデオロギーを持った候補者が当選するのはそのためなんですよ。
多くの人が「選ぶ人材がない」って棄権しても、イデオロギーを持つ人たちは絶対に選挙に行きますからね。
それを阻止するためにも、「誰に入れていいかわかんない〜」っていう人の1票が大切なんです。

>日本にも、普通の意見交換として政治の話ができる環境が整ってくれれば☆と私も思います。

すぐには難しいでしょうけどね…。
民主党政権のおかげで、ちょっと気がついた人もいるでしょうし、
今後,少しずつ変わっていくことを期待したいなって思います。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 06:16

>ジェニさん。

>勝手にリンク貼ってますジェニです(笑)

おぉお〜〜〜ジェニさん♪ いらっさいませー。

>初めてえいと@さんのブログを読んだ時 そうそう!そうなんよ! 私が言いたいことはこういうことやねん!って思って、読めば読むほど賛同できるエントリーばかり。

おぉお〜〜〜そうなんですか〜〜〜。なんかすんごく嬉しいです♪

>私はこういうことうまく書けないし、以前のブログでちょこっと思ったこと書いただけで、
>お前らどっから来てん??って言いたくなるくらい、左側の人がうじゃうじゃ湧いてきて、執拗に嫌がらせコメントされたことが何度かあったので、

あぁ〜〜〜わかります。
私のブログは弱小ブログなので、比較的変なコメントがつくのはまだ少ないのですが、ないことはないですね〜。
ジェニさんとこに うじゃうじゃ湧いて来たんだ〜〜〜。そっか〜。
ホントにどっから来たんや?…って思いますよね。

>そして、自分も勉強不足でうまく返せなかったので、政治的なことを書くことをやめてしまいました。

そうなんですか…。残念。ジェニさんの浪速政治節を聞きたかったですわ〜。

>でも私が何を支持するか、どんな思想を持つかは私の勝手やし、と思ってえいと@さんのブログをお気に入りに入れてます。

ありがとうございます! めっさうれしゅうございます。

>私も若い時はえいと@さんと同じような感じでした。アメリカに来て、はじめて、なんかおかしいって思うようになったんです。

アメリカに住むと、どうしても日本と比較しちゃいますよね。
もちろん、日本のいいとこもいっぱいあるんだけど、「ん??? これって日本、へんじゃね?」って思うことがガンガンでてくるんですよね。
外からの方が客観的な目で見ることができる…ってことがあるのでしょうね。

>日本に住んでた時に気がつけば、こんな私でも祖国の役にも立ったかもしれへんのにと、悔やまれます。

いやいやいや。アメリカに住んでても祖国を思う気持ちは同じです。
変な左巻きが湧いてこない程度に(笑)日本に向けてメッセージを書くこともできると思いますよ。
ジェニさんの大阪弁の語り口で政治を語るのもおもしろいやろうなーって思いますよん。

>えいと@さんのブログこれからも支持します!

ありがとうです! たまにくる批判コメントにもめげずに頑張ろうって思いますっ!

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 06:27

>reeさん。

>友達の間で宗教や政治の話は大丈夫ですが、しない方がいいですね。考え方、支持するのも人それぞれ。

そうなんですよね。人それぞれですよね。
日本人の場合、ちょっと考えが違ったり批判されたりしたら、もうお付き合いしませーんってとこがありません?
だから、こういうディープな話ができないのかもなぁ〜って思います。

>うちの父ちゃんは以前、義母の友達と政治の話で大喧嘩した事があります。

アメリカ人ってそうですよね。
意見を戦わせる時って真剣! でもあとがあっさりしてるっていうか…。
そういう部分はいいなぁ〜って思います。

>我が家では子供達がまだまだ幼い時からしてますね。
>どのご家庭でもそうだと思うし、学校でもお友達と議論したりするみたいですよ。

これが大切なんですよね。
日本では家庭では政治の意話はしないし、もちろん学校教育では政治を考える授業などありませんからね。
根本的に違っているんですよね…。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 06:41

>ビバちゃん。

>うちは父が比較的、政治の話をする方でした。私は父とまっったく馬が合わないのですがw政治に関してだけは考えが非常に似ています。
>あと曽祖父が市長選に出たりしていて、祖母も非常に政治について考える人です。

そうだったのですか!
だからビバちゃんは政治に詳しいし、いろんな知識がおありなのですね!
やはり小さい頃からの家庭環境って大事ですよね。

>こちらに来てからも、義理の家族と気軽に政治の話しますね。

ビバちゃんの旦那さまのご家族もそうなんですね。
ドイツも敗戦国なのに、なぜこうも日本とは雰囲気が違うのか…って思います。

>先日、夫の投票についていきましたが、こちらでは18才の候補者や20代、30代の候補者も少なくありません。

えっ! ドイツって18歳から被選挙権があるの? それはすごい!
日本は選挙権は20歳からで、被選挙権は確か衆議院は25歳からで参議院は30歳からです。
うーん、このへんからも政治に関しての未熟さがでてますな。
日本で18歳から立候補出来るようにしちゃうと、とんでもないふざけたヤツがわんさか出て来そうだわ。。。(苦笑)

>夫も「国民の投票率が低いほど、悪い政治家が当選する」と言っていました。
そして“一般国民の投票率が低い=組織票がものを言う”のだと思います。日本では組織票というものがすごいですからね。(レンホー夫の893票だって組織票のみでしょ)

そうそう! 
投票率が低いと組織票が強くなるんですよね。
結局ね、「棄権は国民の権利」だなんて言って 選挙に興味を持たせないようにして来たのは、
日教組などの組織票で イデオロギーを持つ候補者を政界に送りたいからなんでしょうね。
それにズッポリとハマってはいけませんね。

>福沢諭吉先生の仰ったとおり、まさに「愚民の上に苛き政府あり」だと思います。
>この政権はひどすぎますが、残念ながらこれは愚民が多いゆえの結果なんですよね。
>彼らは自然発生したのではありません。愚民の上には愚かなリーダーしか現れないんですよね。

その通り!
実はブログの本文にも「愚民」って書きたかったんだけどね、やめといた。(笑)
でも、ホントにそうなのよ。
政治が三流なのは選ぶ人間が「愚民」だからに他なりません。
2009年の選挙はまさしく! 愚民が愚かな政治家を選んでしまった典型ですね。

>大半の日本人は、危険な左翼思想を持っているのではなく、ただ単に“無関心”で“事なかれ主義”なんです。
>そしてそれが大惨事を引き起こしていて、日本をどん底へと導いている事に気づいていないのです。

そうなんです。気がついてないんです。コレが怖い。
日本の人口1億3000万人の中の芯からの左翼はきっと1割ちょっとくらいでしょう。
かる〜い左巻き、あるいはノンポリがほとんどだと思います。
そのノンポリの方々が、日教組の「事なかれ主義」にどっぷりと洗脳されちゃったってわけですね。

>尖閣諸島における衝突事件で船長が捕まった際、母に「もう!早く保釈しないとダメよね!戦争になってしまうやんね!今度このこと論文に書いて発表しよう」と言っていたようです・・

ありゃりゃりゃ〜〜〜そうなんですか…。
これはガックリですね。
それだけ高い志しをお持ちの方だから、てっきり「日本政府は断固中国に抗議するべき」って言ってくれるのかなって思ったのに…。

>母もガッカリしたようですが、大半の日本人がこういう考えだと思います。彼女は興味を持っているだけまだましなのかな?いやましじゃないか。

う〜ん。
でも、あのビデオを見た国民の多くは「えっ! なんで釈放しちゃったの? 完璧に中国が悪いんじゃん」って思ったと思うんだけどな…。
あの事件で目が覚めたって人もいるしね。

>石原都知事が仰った“天罰”にはこれも含まれているだろうと思います。
>政治に無関心では政治家のいいようにされてしまいます。

そうなんですよね。
石原都知事はこのことを言いたかったのでしょうね。
もっとしっかり将来を見据えて生きなくてはいけないってことです。
今が良かったらいい、自分さえ良かったらいいという国民、政治家が多いってことなんですね。

>中韓の悪行の中でたったひとついいことは、ボケてた日本人をどっさり覚醒させたことだと思います。
>手遅れにならないうちに、一刻も早く日本国民全員に目覚めてほしいです!

そうですね。
今回の震災で、どの国と仲良くしていくべきなのかもよくよくわかったでしょうし。
まだ間に合うと思います! 頑張っていかないとね!

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 07:28

>のんちゃん。

見た見た! ありがとね〜〜〜。
You Tubeは消されるのはやいね! ニコニコの方がマシですわー。
消された動画、ニコニコに貼り直しました。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 07:31

>モリオリママさん。

>もう、ため息ものですね。教えたくても聞き耳持たない。。それでも、説明しようとすると、こちらがおかしい。。そんな感じです。

政治の話題になったら「え? なんでそんな話するの?」って顔をされちゃうことがありますもんね。
たまに話ができる子もいるけど「へぇ〜」って感心するだけで、自分で考えようとしないしね…。

>私は、ある意味民主に感謝です。自分の無関心の恐ろしさを、気づかせてくれたことに。

きっと、民主党政権になって気がついた人、多いと思います。
私は前から民主党はいかんぜよーって思ってたけど、民主党が政権握ってから知ったことも多いですからね。
こんなにひどかったのかと、改めてびっくりしたこと数しれずです。

>これだけのことが起こっていても、まだ気づかない普通の日本国民がいるとしたら。。もう、お手上げです。。

いや〜日本には まだまだ多くの情報難民がいますよ。
いまだに情報はTVからのみとか、新聞のみって人、けっこう多いですもん。
携帯でネットは十分って思ってる人多いしね。日本ってPC普及率は低いんです。
携帯ではどうしても情報が限られますしね…。

>人間って、自分の身に何か起こらないと、分からないですからね。

そうですね。
今回の大震災で、日本人のいい面はいっぱい出て来ましたけど、
反対にコレは気をつけないと…って思うことも出て来ましたね。
ムードに流される日本人。
本当に気をつけないと、すぐに左翼に利用されちゃいますからね…。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 11:05

>kuriさん。

>昨年の宮崎の口蹄疫の時、友人に民主党の酷さを話たのですが、政治には関心のない友人だったので、見事にドン引きされました。

口蹄疫の件は知らない人が多かったですもんね。
九州でもあまりニュースにならなかったのでしょうか? 身近な事件だったのにね。
あれは、赤松元大臣の人災です。民主党は本当に国民の命と財産を守らない政党なんだってつくづく思いましたよ。

>政治の話はしてはいけない、政治の話は重くて嫌だという感じですね。

確かに重いんですけどね〜。
でも、こう言う事なかれ主義が今の民主党政権を生んだんだってことなんですよね。
民主党がどういう人物の集まりかを知っていれば、2009年の選挙はあんなことにならなかったと思います。

>私もお花畑の期間が長かったので偉そうなことは言えないけど、でも政治に関心をもつことがとても大事だということをミンスを通して実感してます。この点だけはミンスが反面教科書で役に立ってる。

お花畑の人は多かったと思いますよ。そういう教育を受けて来たんですもん。
おかしいって気がついただけよほどいいですよ。
こんな状況になっても気がつかない人もいるんですよね…。
それと、菅さんだけ変えたらいいって考えている人も…。

>「自民党がやっても同じよ」この考えはまさにマスコミから擦り込まれたものですね。
>政治に関心をもつようになり、自民党の議員さんの活動を追いかけてると目から鱗です。ちゃんと活動してるし、いざという時の動きも早い。

今回の震災でも、自民党はよく動いてますよね。
TVではそういう報道をしないから、TVで情報を取る人には見えないんですよね。
日本人は特にマスコミに流されやすい国民性を持ってますよね。素直なんでしょうけど…。
マスコミの責任は重いですよね。

>教育も元凶の一つですね。

教育は本当に大切ですよ。
せっかく安倍元総理が教育を見直そうと頑張ってたのに…。
安倍元総理はマスコミに潰されたようなものですね。悔しくて仕方がないです。

はやく日本の政治がまともになって欲しいです。
左翼が政治をしたらダメだってこと、これでよくよくわかっただろうと思います。…そう思ったと信じたい!

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 11:17

>Kさん。

>同感です。仕事の同僚やママ友、同級生・・・。どこで話しても引かれる事はあっても同意された事はありません。

やっぱりそうなんですね…。
何でしょうね? この雰囲気。いつかこの雰囲気が打破される日は来るのでしょうか…?

>家族においても民主党を支持していませんがその危険性を話したりマスコミ批判をすると変人扱いでうるさがられます。

そうなんですか…。
うちも2009年の選挙の時にはそうでした。
民主党には入れたらあかん!…って親に言ったのですが、いぶかしげな目で見られてしまいましたよ。
でも、去年一時帰国した際には、だいぶ話を聞いてくれるようになりました。(笑)

>「菅政権は無能だけど自民がやっても同じ。」とか「枝野さんは頑張っている。」とかの返事にまわりが頷いたりするのがストレスになってきてますが諦めきれません。

そうですね。諦めたらおしまいですからね。
「枝野産が頑張ってる」…この言葉はアメリカ在住の日本人からも聞きましたよ…。
もう…どこが頑張ってるんだよ〜〜〜って叫びたくなりました。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 12:51

>ぶらっくすわんさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>以前、勝間和代氏が「政治を政治家に任せるな」と言っていました。
>彼女の評価は脇に置いて、この言葉はとてもいいと思います。

彼女の評価は脇に置いて…ですな。ははは。。。
「政治を政治家に任せるな」ですか。なりほどね…。

>仰るとおり、日本の政治のレベルが低いのはとりもなおさず、日本国民の政治レベルが諸外国に比べて極端に低いことから来ていると思います。

全く同感です。

子供の頃から政治の話を聞かずに育つ。
   ↓
政治の話をしようとすると「あんた! そんなことよそで言うたらアカンで!」と怒られる。
  ↓
政治に関心を持たなくなる
  ↓
選挙に行かない、棄権する、知名度や顔の好みで投票する。
  ↓
どんな政治が行われているか知る由もなく、国益を損なっていても気がつかない。
  ↓
日本終了〜チーン


>まずは、自覚からですね。

そうですね。今回の大震災の民主党の対応のひどさで多くの方が「このままではいかん!」って気がついてくれ手、政権交代のパワーになってくれたらいいのですが…。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 13:08

>はちきんイジーさん。

>原発を作り始める頃に それに関係したアメリカ人が
>日本人は 新聞からの影響を強く受ける民族だから その新聞の大本者を手にいれれべ 事がうまく運ぶというような事を話していました、、、

まぁ、どこの国も外国と何か交渉する時には戦略を持っているものです。
日本だって同じですよ。
今の政府はそういう能力はないでしょうが。

>えいとさんも昔は政治の話しをしなかったんですね

しなかったですね〜。
たま〜に祖母が政治の話をしていた記憶があります。
先の戦争後に社会党が政権を握った時のことを話してくれました。
二度と社会党を信用しないと言ってましたね。

>その傾向は日本人にあるんでしょうね

戦後の教育のせいでしょうね。
政治に関心を持たさないように教育されて来ましたからね。

>そのせいか こちらで 様々な人たちが政治に対して感心を持ち あれこれ 話しているが 不思議にも感じた事があります

アメリカは移民の国ですしね。国民の意思決定の重要さをみんな知っているのでしょう。
政治家によって自分たちの生活が変わることを知っているのですね。
日本もそうあって欲しいなと思います。

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 13:17

>ヨシツネさん。

>あくまで政治に関してですが国民が一流で政治家が三流というのはありえないと思います。国民が政治に対して三流だから政治家も三流だと思いますね。

そうなんですよね。
TVの番組でどなたかが「日本国民は一流なのに、なぜ政治はこんなにひどいんだろう」と言われていたのですね。
それを聞いて「ちょっと違うだろー」って思い、今回の記事を書くことを決めました。

>政治、宗教、野球は、三大タブーだと言われます。

野球もですか? そうなんだ〜〜〜。
確かに巨人ファンと阪神ファンは仲が悪いかもですね…。(笑)

>国際化の流れと価値観の多様性から今まで通りの、人任せで生活の向上と安全が保たれなくなりました。
>今こそ自分達の国の事を自分達で考える時が来ていると思います。

その通りだと思います。
今までは無関心でも何とかなっていました。
政治家の仲にはひどいのもいましたが、今ほどの危機感を持つほどひどくはなかったように感じます。

>政治も一流になると、困る人達がいるでしょうけど。

ん???…誰でしょうか…? 特亜でしょうか…?(笑)

Posted by えいと@ at 2011年05月01日 14:31
はじめまして。
今、私の周りの今の政治に対しての無関心さったら。
自民党でも同じでしょ?とだいたいそう言う方たちは言いますね!
たまに自分がこんなに心配しているのはオカシイ?のか、と思う時もあって切なくなります。やっぱり私がちょっと考え過ぎなのでしょうか?
私はただ日本はとてもいい国だからこれからもそうあって欲しいと願う気持ちだけなんですけどね。
20代の頃は正直政治に関心なんてありませんでしたが、今はちゃんと下調べをしてから選挙にも行く様に慎重になりましたね。
慎重になった分、その後も追うようになりますから、やっぱり選挙は大事な入口だと思っています。
Posted by アナスタシア at 2011年11月07日 18:13

>アナスタシアさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>今、私の周りの今の政治に対しての無関心さったら。
>自民党でも同じでしょ?とだいたいそう言う方たちは言いますね!

アナスタシアさんの周辺も同じような状況なのですね…。
確かに政治家がどんな活動を行っているかなんて、一般人にはわかりにくいですもんね。
一般に公開できないようなこともあるでしょうし。
特に自民党時代は,自民党議員の功績はいっさいマスコミは報道せず、スキャンダルとかトラブルとか、
そんなことばっかり報道してましたからね。
そりゃ〜自民党に対する評価は低くなってしまいますよね。

>たまに自分がこんなに心配しているのはオカシイ?のか、と思う時もあって切なくなります。やっぱり私がちょっと考え過ぎなのでしょうか?

考え過ぎ…ってことはないと思いますよ。
だって、国民一人一人が政治のことを考えないともうどーしょうもないような時代になってしまっているんですもん。
だけど,その変化に多くの国民は気がついていないんですね。
そんな中、アナスタシアさんは気がつかれているんです。
周りの反応はもどかしいことが多いと思いますけど、
このままほっておいたら,日本は間違いなく沈みます。
それを食い止めるためにも政治に興味を持つ人間を増やしたいのです。増やさなくてはならないんですね。

>私はただ日本はとてもいい国だからこれからもそうあって欲しいと願う気持ちだけなんですけどね。

これ ↑ は、すごっく大事なことなんです。
日本が日本らしさを失わずにいい国づくりができたのは、
もちろん政治の力もあったでしょうが,国民自身の意識の問題が大きいと思うんです。
変化していく時代の中で,日本の良い部分を残しながら、そして外国の良い部分も取り入れてきたんですね。
それで今の日本があるのだと,私は思っています。
だけど、それを壊そうとする勢力があるのも事実なんです。
日本が日本らしくあってはならない、そう考える団体が日本の中には確実に存在します。

>20代の頃は正直政治に関心なんてありませんでしたが、今はちゃんと下調べをしてから選挙にも行く様に慎重になりましたね。
>慎重になった分、その後も追うようになりますから、やっぱり選挙は大事な入口だと思っています。

アナスタシアさんのように考える方が増えて欲しいと思います。
残念ながら,戦後の教育で「選挙を棄権することは国民の権利だ」などという思い込みを植え付けられてしまいました。
その結果、無関心でもいいのだという風潮が作られてしまったのです。責任の放棄ですね。
政治は政治家が行うものですが、その政治家を選ぶのは国民自身なんです。
無関心な国民が多いということは、国を好きなように動かされても文句は言えないのだということを、
多くの国民に気付いてもらいたいな…と願っています。


Posted by えいと@ at 2011年11月08日 03:56

下のコメントなのですが、
間違って投稿をしてしまいました。
削除をお願いしても宜しいでしょうか?
お手数をおかけいたしまして
大変申し訳ございません。



突然のコメント申し訳ありません。

エイト様のブログを拝見させて 頂きまして、
コメントを投稿させて
頂きたいと思った次第でございます。

選挙は現在23歳ですが
20歳のときから
投票させて頂いています。

私のような未熟ものですが
支持している政党もございます。

以前友人と政党近くになった際、
支持をしている政党を
聞いたことがあります。

エイト様のような、
政治について考えている
若者はエイト様が
思われているよりも
沢山いると思います。

私の周りでは
しっかりと
支持する政党を持っている
友人は多いです。

私の考えが正しいとは
思っておりませんので
それぞれの感じ方、
考え方があるという
考えでございます。

まだまだ尻の青い若造の、
口答えだと思って読んでくだされば
幸いでございます。




Posted by たま at 2012年12月04日 18:49

>たまさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありません。
ひとつめのコメントの削除依頼、了解しました。

若い方が政治に関心を持ってくださっていることは大変喜ばしいことです。
たまさんの周辺の方々は多くの方が関心を持ち、ちゃんと考えておられるのですね。
すばらしいです。
私の周りは…残念ながら…そうではないんですね。

いろんな考えがあって、どの政党を支持するのかは個人の自由。
私も同感です。
ただ、ちょっと不安なのは、人から聞いた話だけで支持政党を決めている、そんな人が多い傾向がある…と感じることがあります。
日本の教育は、政治に関して真剣に考えるような教育が行われていません。
そんな中で、ある一定のイデオロギーを吹き込まれると…けっこう簡単に考えが決まってしまう、そんな傾向が日本人にはあるのです。
そのイデオロギーが、日本のため、日本の将来のためになるような考えであればいいのですが、
そうではないこともあるわけです。

自分で調べて自分の頭で考える。
これが、今の日本人に必要なことであると思っています。

Posted by えいと@ at 2012年12月26日 13:54
どうして宗教がタブー視されていることはわかるんですか?
Posted by 自分は無宗教ですが at 2013年12月14日 06:08

>自分は無宗教ですが さん

はじめまして、ご訪問とコメントをありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。。

日本人は宗教を生活そのもの、人生そのものとしている人はそんなに多くないと思いますが、
イスラム教やユダヤ教、キリスト教を信仰している人たちの信仰心はものすごいものがあります。
違う宗教の人同士が 宗教を話題にして会話すると、かならずケンカになります。
自分の宗教が一番正しいと信じている人たちばかりだから。

宗教に限らず、違う考え方の人を尊重する…ということは大切なことでしょうが、難しいことでもあるのだろうと思います。


Posted by えいと@ at 2013年12月30日 15:12
単にカルト宗教の信者じゃねえかw
Posted by ななし at 2016年03月25日 13:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/198013934
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。