2011年04月16日

「原発反対」を先導しているのは左翼イデオロギー


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



今回も原発について記事にしたいと思います。


はじめにお願いしておきます。


私の考えに反論がある方がおられるだろうと思います。


私のブログのスタンスとして反論は受付けておりますので、もし反論がある方はコメント欄にご意見を書いて下さい。


ただし、反論される場合は、あなた自身のお考えを書かれた上での反論をお願いしたいと思います。


単なる批判や中傷はご遠慮くださいますよう、よろしくお願いいたします。



さて、先日の記事で「原発そのものが危険というのではなく、危機管理ができていない 現在の日本の原発の現状が危険なのだということ、


そして「原発=危険=悪!」というのは「自衛隊、憲法9条改正=戦争=悪」と同じことだということを記事にいたしました。

 関連過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
  「原発反対」は「憲法9条改正反対」の主張と変わりなし!



大地震と大津波のため、危機管理のなさのせいで福島原発事故が起こってしまったわけですが、


その後、あちこちで「反原発運動」が行われています。


こんな事故が起こってしまったわけですし、子供さんがおられる方は「子供のためにも危険な原発はなくして欲しい」と思って参加された方もおられるでしょう。


でも、こういう「原発反対」を先導しているのは 必ずしも心から原発に反対しているグループとは限らない…ということを 皆さまはご存知でしょうか…?



こちら ↓ の動画と写真をご覧になってください。


    高円寺・原発やめろデモ!!!!!素人の乱主催(8分10秒)


こちら ↑ は4月10日に高円寺で行われた「反原発デモ」の様子です。


この動画 ↑ のはじめの方に出て来る左腕に黄色の腕章をつけた男性に注目してください。


そして,こちらの動画 ↓ です。


「沖縄に基地を押しつけるな!」新宿で抗議アクション(2分35秒)


こちら ↑ は鳩山政権時代に 新宿で行われた「沖縄の米軍基地に抗議するデモ」の様子です。


この動画 ↑ の2分〜話をしている男性に注目してください。


同じ人物です…!


こちらの写真 ↓ を見てください。(写真はこちらからお借りしました)

  genpatuhantaidemo3.jpg


こちら ↑ は2010年の中国の尖閣諸島事件での「がんばれ日本」のデモの際に乱入し捉えられている男性です。


さらに…。


 genpatuhantaidemo2.jpg


こちら ↑ は2009年の7月に行われた「慰安婦捏造反対デモ」を妨害した男性です。


みんな同じ人物なのですよ…!


ここから「パチンコ屋の倒産を応援するブログ」反原発運動でわかる特亜の工作員より一部転載させていただきます。

   〜〜〜ここから転載〜〜〜

全部同一人物ですね。

今日も中核派の根城として有名な法政大近くの飯田橋駅前では学生が(非学生もいますが)反原発をしつこく訴えています。(31日の反原発デモで中核派が3人逮捕されています)

しかし、やはり「中国の核兵器」には文句を付けません。


日本の反原発運動を盛り上げているのは
「日本に核武装するチャンスを作らせない」という事を目的にしている特亜と、
そこからの資金で動いているプロ市民と見るべきです。


あとは社会経験が無くて頭でっかちな学生をカモにしているだけでしょう。

今回の福島原発での対応で、
民主党政権が必ず最悪の手を選んで混乱を広げていることを利用し、
大げさに騒いでチャンスとばかりに活動をしていると言うことでしょう。


                      〜〜〜転載ここまで〜〜〜


このように、「反原発運動」を煽っている人物には ある法則があるということです。


「反原発を訴える団体」は「米軍基地に反対」するメンバーであり、


かつ「従軍慰安婦問題」が事実であると主張するメンバーであり、


「尖閣諸島は日本のものだ」という主張に真っ向から反対するメンバーということなんですね。


おそらく「護憲派(憲法9条を死守)」でもあり「自衛隊に反対」するという考えも 持ち合わせているでしょう。


ここから何かが見えて来ませんか…?



ところで、先日の記事で、私はこう書きました。


安全保障上の観点からも「原子力」の知識と技術は日本には必要である…と。


日本は核を持たない国ですよね。


日本が唯一「原子力」の研究が継続できているのは「原子力発電所」があるからなのですよ。


原発をすべて廃止し、日本から原子力をなくす、ゼロにしてしまうということは、


原子力の知識も技術も放棄するということになるわけです。


万が一日本が核攻撃されたとしたら…!


そんなことはあってはならないし、絶対にあって欲しくはないことですが、


その万が一が起こってしまった場合に、核の知識、技術がなかったら 何も対処ができなくなってしまうということなんですよ。


まさか…! 核戦争なんて起こるはずはない!…って思われますか…? 言い切れますか…?


そして…先ほど書いたように、


「原発に反対」しているグループは「米軍が日本に存在することに反対」し、


「自衛隊の存在に反対」し、「憲法9条を護り、日本の国防力の拡大を阻止」しようとしているんです。


このことから点が線につながるって思われませんか…?



もちろん純粋な気持ちで「原発に反対」されている方もおられると思います。


私だって危険な原発には絶対に反対です。


でも純粋な気持ちの方々が 左翼イデオロギーの先導に乗せられている…ということに気がついて欲しいのです。


先日の記事に書いたように、


原発そのものが危険なのではなく、危機管理ができていない 現在の日本の原発の現状が危険なのです。


原発そのものに問題があるのではなく、原発の安全管理を怠って来た人間に問題があったのです。


そして、何よりも「原子力」というこんなにも扱いの難しい、一歩間違えば国が傾くような物の管理を、一民間企業に任せていたというところに問題があるわけなんですよ。


日本にスパイ防止法がないのも大きな問題だと思いますね…。


こちらの動画 ↓ をぜひご覧になってください。


 【青山繁晴】「スパイ防止法」に答える!(27分21秒)


お時間のない方は8分あたりから、ものすごい重要なことを言われていますので、ぜひ!お時間を作ってでもご覧になってください。


今の日本では原子力の管理やセキュリティ管理を100%民間に任せているわけですね。


今、事故の処理を懸命に取り組んでくださってる方々は命をかけて頑張ってくださっているわけですし、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


でもね、ここで考えたいのですが。


もし、ここでセキュリティ関連の仕事に一人でもスパイが紛れこんでいたら…!


これってものすごく危険なことなんですよ。


スパイって「007」のジェームズ・ボンドとか、あんなかっこいいスパイでなくても別にいいんですよ。


青山氏が動画で話されていますが東電、あるいは関連会社の社員がスパイになることだって考えられるんですね。


何かで借金を作ったり、ハニートラップに引っかかったりで スパイに弱みを握られたりした普通の一般人がスパイの手先になりうることもあるってことです。


外国人でなくても、日本人であってもスパイになる可能性があるということなのですよ…。


こういう意味でもスパイ防止法は絶対に必要な法律であるし、


原子力という国家機密を扱うような場所のセキュリティは 民間に任せておいていいはずはないと、私は思っています。



ところで代替エネルギーに「メタンハイドレート」の活用について,最近ちょくちょくマスコミが取り上げるようになって来ましたね。

  メタンハイドレートに関してはこちら ↓ の過去記事をご覧ください。
     狙われている? 日本の地下資源


メタンハイドレートというのは天然ガスの一種です。


海底に眠っている天然資源で、これをうまく使うと石油や原子力に依存しなくても多くの電力の生み出すこと可能なんだそうです。


で、多くの良質なメタンハイドレートは日本海側及び尖閣諸島周辺の海底にあるんだそうです。


そこで問題になって来るのが…国の力=国防力なんです。


日本海側や尖閣諸島の資源開発をしようとすると…どこかの国が絶対に圧力をかけて来ることが考えられますよね?


その時には、もちろん外交力が必要なのですが、


防衛力の弱い日本は 外国の圧力に毅然とした外交ができるか…といえばだと、私は思います。


こういうところでも国防力、つまり軍事力が必要になってくるんですよ…。



話を戻しますが原発に反対したり,米軍基地や自衛隊に反対する左翼活動家は、


憲法9条の改正にも絶対に反対でしょうしスパイ防止法にも大反対でしょう。


このあたりからもつながりが見えてくると思いませんか…?


今回の事故で原発に反対される方のお気持ちもわかります。


でも、もし反対をするとしても こういう左翼活動に利用されないで欲しいと思うのです。


こういった左翼イデオロギーを持つ活動に参加することが 日本の将来にどういう影響を与えるのかをしっかり考えて欲しい…と、


私はそんな風に思っています。



       【お願い】

被災された方からのお願いのコメントをいただきました。

皆様にお願いです。
義捐金はなるべく自治体にお願いできないでしょうか。
それはすぐモノに変わり、被災地に向かうのです。
今被災地では新学期にあたり、文房具や学用品などが必要なのです。
子供服も不足しています。
(By guten-alten-zeitenさん


自治体に直接入った義援金や寄付金は すぐに使うことができ、生きたお金になるということです。


これからも募金や義援金を送ろうと思われている方は、


できましたら自治体に直接お願いいたします!m(*- -*)m

  宮城県 HP   岩手県 HP   福島県 HP
   茨城県 HP  千葉県 HP  青森県 HP




     【お知らせ】

  JAPAN DAYのお知らせ


明日の4月16日(土)に NY州バッファローで
JAPAN DAY
という日本文化の紹介をするお祭りが開催されます。

 日時 : 2011年4月16日(土) 午後12時半〜3時半
 場所 : International Institute of Buffalo(864 Delaware Ave, Buffalo, NY)駐車場あり
 入場料 :無料



日本人寿司職人が作るお寿司や日本食をいただくことができますし、(これ、メチャクチャ楽しみっ♪)


アクティビティとして踊り、剣道、日本の歌、尺八や生け花、


茶道や習字、折り紙などの参加型のアクティビティ、ラッフル/サイレントオークションなどのイベントもあります。


同時に東北関東大震災の募金活動、Tシャツ、リストバンドの販売も行います。(売り上げは義援金として日本に送られます)


私もボランティアで参加いたします♪


バッファロー近郊にお住まいの方、お仕事やご旅行でバッファロー近郊に来られている方は、


お友達をお誘いの上 ぜひぜひ! ご参加くださいね。


   JAPAN DAY Disaster Relief     
     (PDFでファイルが開きます)

 

私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 01:42| Comment(41) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
デモに居る人も様々な思惑だと思います。反日の中国人みたいなもので、デモで破壊的な衝動が開放されるのだと思います、スパイに関しては日本は取り締まりませんので問題だと思います。

創価学会や統一教会や勝共連合などウォッチしておく必要があると思います。
Posted by 青野信 at 2011年04月16日 04:22
今、堂々と原発推進の方って中々おられないのでいくつかお尋ねします。

1.「安全な」原発ならOK(私はそうは思いませんが)とのことですが、「安全」にするために他の自然エネルギー源よりコストが高くなり安定供給とやらが崩壊しても必要だと主張するつもりですか?

2.原子力の研究が何を指しているのかわかりませんが、原発関連研究は安全保障とは関係ありませんよ。ピントずれてません?
理由:
・そもそも他国が日本を侵略したいのなら核なんぞで脅しかけなくても原発を通常兵器で攻撃すればいい。(よっぽど安上がり)原発持ってるだけで標的増えるよ?
・ウランは100%輸入(エネルギー安全保障にもならない)
・原発関連研究は金食い虫のくせに成果はろくなものがない。数十年前から技術革新など無い。批判もない。この分野は「研究」としての体を成していない。

私は事故前から原発反対の人間ですが、推進すべしというならこの程度は答えてもらいたいものです。
Posted by kgofboston at 2011年04月16日 05:09
なるほどなるほど
今は原発反対と言うと たくさんの人たちが賛同しますよね
そのグループがどんなものであるか 充分調べる必要はありますね

メタンハイドレートは魅力ですね
確かにその為には軍事力は大切
原発反対ならー尖閣諸島を守るー軍事力強化ー憲法改正
になるべきですね。

日本の日 頑張ってくださいね

先日メールで チェックを送りました
リストバンド 一つですが お願いしますね



Posted by はちきんイジー at 2011年04月16日 08:51
こんにちは

 反対を唱える方の多くは、反対でない者は推進派の危険人物にしてしまう、微妙に論点ずらしたり、こういう人たちは隣国の所有する核兵器については棚に上げ、日本や米国の核(兵器もエネルギー施設も一緒)には何が何でも反対という人が多いような気がします。
 中国や北朝鮮がいくら核実験をしようとスルーですよね、彼らの東側に存在する我が国は、常に危険にさらされている。
 現に存在する『核』まだまだ人間は安心・安全に制御する術を確立していないから、暴走したり核攻撃を受けたとき対処すれば良いのか、被爆したらどうするか、どう廃棄すればいいのかとか素人にはわかりませんが世界で唯一核爆弾を落とされた国として、悲劇を繰り返さないよう研究を続ける義務があると思います。
 「臭いものには蓋をしろ」的にただ危険だからと避けて廃止を唱えても解決には至らないと思いますね。
Posted by masa at 2011年04月16日 10:42
えいと@さん、こんにちは。

原発反対は反対で良いんですが、代替エネルギーは何で賄うつもりなんですかね。火力、水力、地熱、風、太陽などありますが、バランス良くなればいいのでしょうが、今回はとんでも無いことになってしまいました。

今回は福島原発ですが、他のどの原発一基でもこうした事故が起きれば同じことになりますね。フランスは80%の電力は原子力発電だそうです。ドイツは原発は取り止めの状況ですね。でもフランスから電力を買っているそうです。デンマークは風力で至る所に風車が回って景観を破壊し、低周波で悩んでいるそうです。挙句にスウエーデンから電力を買っているそうです。デンバー空港(DIA)に太陽光パネルが広がってますが、景観は悪いし、どれほどの電力が得られるんでしょう。極めて疑問です。今日のニュースで香港の放射線数値が東京より高い事で中国人は頭を抱えてますよ。スリーマイル島の事故も死者はいませんね。タワーの見えるすぐそばに住宅があって楽しく暮らしてますよ。そうかと思うと人間は走る棺おけで毎日通勤していたりで大変です。BSEの問題も関係者3人?が自殺しましたが、BSE(狂牛病)で亡くなった人はいましたっけ、今回は死者が多数出そうですか? チェルノブイリを想定する人は多いでしょうね。中国では火力発電に使う石炭の採掘で爆発が起きたり、生き埋めになったりで沢山の人が死んでます。メキシコ湾のBPの問題で周辺の住民や環境被害は大変なものです。
人口も70億になろうとしてます。どうするんですかね?
Posted by 夢見る親父 at 2011年04月16日 10:49
続き・・・
すぐ利権と絡める人がいますが、お天道様が見てます。
それでも国民がその利益を享受できていることも考えなくてはなりません。今後の課題は沢山ありますが、単純に「何々はダメ、何々ダメ」と現実を無視して考えるバカも多いです。私は右でも左もありませんが、日本や日本の国民が満足できる環境を享受できれば、それが一番です。平和、平和と叫んで尖閣列島を取られたり、沖縄を取られたりするのは最早国家ではないです。

新政権が出来たら、憲法改正で核兵器保持です。それとスパイ防止法の制定です。反日売国奴は徹底的に粛清してもらいたいと思ってます。アメリカも同じようにやってます。TPPは反対ですが、こう言う輩がはびこると、いっそアメリカの51番目の州になった方がコントロールできていいのかも知れませんね(冗談)。
民主党を見ていると、私は精神状態を正常に保てなくなってくるんです。自分自身が怖くなります。
Posted by 夢見る親父 at 2011年04月16日 11:11

>kgofbostonさん。

2011年04月16日 09:38に投稿していただいたコメントは削除いたしました。

はじめにお願いしているように、ご意見があるなら まずはあなたのお考えを述べられた上で書いてください。
単なる批判や中傷、特にコメントをくださるブログの読者の方への批判はやめていただきたいと思います。

はじめにいただいたコメントのお返事は また後ほどいたしますのでお待ちください。


Posted by えいと@ at 2011年04月16日 11:13

賛成を唱える多くの方は、賛成でない者は反対派の危険人物にしてしまう、微妙に論点ずらしたり、こういう人たちは廃棄物問題や原発の地方押し付けについては棚に上げ、自国の原発には何が何でも賛成という人が多いような気がします。
 もんじゅや柏崎がいくら事故を起こそうとスルーですよね、都会から原発を押し付けられた地方は、常に危険にさらされている。

>暴走したり核攻撃を受けたとき対処すれば良いのか、被爆したらどうするか、どう廃棄すればいいのか

原子力黎明期から研究してきてこの辺りは研究成果は出なかったのです。
研究するなとは言いませんが、科学技術でどうにかなると期待するのは無理でしょう。
この辺りはもはや政治判断しかないのが現状です(海外でも)。
Posted by kgofboston at 2011年04月16日 11:44
 原発反対派=サヨクは悲しい現実ですね。日本は戦後いつも偽善者サヨクに騒がれ冷静な判断が出来ず国益を損ねてきました。
 しかし今回の原発事故ではサヨク的思想が無くても原発に慎重になる人は多いと思います。想定外の地震と津波を防ぐ設備を作ったとしても未だに福島におけるデータが公表されていない現実から現政権や原発に絡む既得権益者にこのリスクの高いエネルギーの管理はやはり危険だと感じてしまうからです。
 難しい選択ですが今、電力を下げ、産業の稼働率下げ国力を下げるわけにはいきません。当面は今稼動している原発をより安全に使用し建設予定の原発は見送るべきだと思います。そして原子力を超えた安全で効率の良い新エネルギーに早急に推移していく準備に入る時期に来たのだと思います。
 その準備の一つに政治家や国の安全に拘わる職に就く者は三世代前からの出自を含む身辺調査は当然必要だと考えます。(そもそもそれを反対する人たちが今政治やマスコミにいるのがおかしい。)そこをかえることが出来るのか。しかも早急に・・・。ここが一番の課題です。
 すみません。話が長くなりました。まずは選挙に行ってきます。
Posted by k at 2011年04月16日 12:10
今回の事故と、かかわり無く原発には反対でした。
ただ、とりわけ今回のえいとさんの論旨には異存がありません。おっしゃる通りです。
ただ、それでもなお原発は反対です、イデオロギーではなく、人間の則(のり)をはみ出している、という点で。まず原発に賛成の方の理由は二つでよろしのでしょうか? 一 利便性を手放したくない ニ 核の知識が必要

一に関しては、少々おごっているのでは、と感じます。
電気が乏しかった戦後間もないころの暮らしのトーンまで下げなくてもいいですよね。要するに原発がなかった頃の電化生活。テレビもエアコンも存在していました。原発賛成派の人たちは、ひょっとして原発が無くなる=大変な不便を強いられる、という思い込みがあるのではないでしょうか。
代替エネルギーもありますし、現段階では不安定でも原発が使えないという前提でなら、開発は飛躍的に進むでしょう。また、現在、相当無駄な電力が消費されていますから、それをカットするだけでも相当量の電力が節約できるでしょう。

ニに関しては、う〜ん・・・一理はあるのですが、どうでしょう、現実核を持たない、持てない状況で原発という間接的手段で核のスキルを持ち続けるというのは、国防上、迂遠に過ぎる手段であり、もし国防上を理由に上げるなら明確に国防に絞り込み、核攻撃に備える研究機関を起き、原発とは別立てで考えるべきかと思われます。

・・・・・

原発推進派の人たちの言い分の一つに、原発に反対するのであれば飛行機に乗るな、と。これは危険はどの文明にも織り込み済みだという論議ですが、しかし、飛行機その他の危険性は、皆承知で乗ることを選んでいますし、事故があっても一極性です。しかしながら原発はそれを選んでない人にも累が及びます。
飛行機は絶対安全という触れ込みで人を乗せることはしませんね。機内で、落ちた場合のシミュレーションまでなされます。
原発は違います。絶対安全と、そういう意味では騙されてきたわけです。また原発地域住民の人たち以外は、原発への賛否を表明する機会すら与えられず原発は建設され、反対の立場の人間もいやおうなく巻き込まれてしまいます、選択権のない子どもたち(お腹の胎児も含める)も。

安全性の確保、が約束されるなら無問題です。
しかしながら、それは無いと思うのです。もし絶対安全を言うなら、原発への飛行機墜落、テロリストの攻撃まで織り込んで設計建設されねばならないし、セキュリティも破壊的武器を所持したテロリスト集団から護るだけの堅固なものが必要になってきます。
想定外は許されません。

以上がクリアされるなら、原発もいいのではないかと思います。
ただ、人類がいまだ処理能力を有していないものを所持したことへの無理はどうしてもあるように思います。

核廃棄物ひとつ処理できず、土中に埋める。地球も生きていますから、何かひどく不遜なことをしているような気がします。いずれツケが来るような・・・。

私が一番、びっくりしたのは原発賛成派の人の多くが、煎じ詰めれば現在の安逸な暮らしを捨てたくない、が動機であるように見受けることです。

原発の事故で、やられた子どもたちの実情を多少知っている者としては、そういう悲惨と引き換えにしてまで、生活の便利のほうを選ぶのかなあ、と思ってしまいます。福島の方、まだ明らかになっていませんが、今後徐々に露になって来る部分があるかと思われます。
妊婦の人はノイローゼになる人もいるかもしれません。
また政府が相当隠しているようで、もし噂が真実なら枝野さんはシンガポールに妻と幼稚園児の二人を退避させているようで、となると東京も、危ういのかもしれません。土地もおそらく2,3十年間使い物になりませんね。ここへ持ってきて、別のエリアで事故があったら、「島」である日本はガタガタです。ないとは言い切れない。

万全が期されるならという前提要件でなら私も原発は賛成してもよいです。ただ万全はあり得ないのでは、とこれは素人考えなので分かりません。ただ、廃棄物の処理一つできない人間が持つには、100年早いツールだったな、とは思っています。

左翼の原発事故乗っかりの反対運動と、イデオロギーとは無縁の検知からの反対運動とはきちっと見極めていかないと、後者も巻き込まれて利用されますね。

末尾に・・・どうも原子力は、人間のエゴと欲、競争心の産物のような気がしてなりません。科学の進歩に追いつくほどまだ人間は賢明ではなく愚かです。愚か者の手に核は危険です。
私自身はもし原発廃止で、たとえランプの暮らしになったとしても(そこまでは現実には行きませんが)、喜んでそれを受け入れます。
ただ諸外国との関わり、バランスもあるので、一気には難しいですね。
それと、防衛上の核とも別に考えています。

意を尽くせませんが長くなりすぎるのでこのへんで。
Posted by きみ奴 at 2011年04月16日 15:53
アロハ〜!
スパイ法、拉致問題の時もクローズアップされましたよね。
自国と自国民を守る為の法律制定に、意義を唱える政党があることが、不思議です。
すべて、人権という言葉で包むズルさがあります。
平和を守る為の憲法が、それを邪魔している。。
これも、おかしな話しです。。
こういう、やかましいデモは信頼できません。
デモ自体で、他の人に迷惑をかけているのですから。。
日本人のメンタリティとは、相容れない感じがします。

Posted by モリオリママ at 2011年04月16日 16:06
目に見えることは人間の力で改善できるが、目に見えないことを解決しなければ、それ以上の惨劇を繰返さなければならなくなる。
心は、人間の努力だけでは改善できない。
私たちが、今、しなければいけないことは、『救世主スバル元首様』に、救いを求めることだ。
 もう、時間がない!!
http://www.kyuseishu.com/tanuma-tu-koku.html
http://miracle1.iza.ne.jp/blog/entry/2237566/
Posted by ひかる at 2011年04月16日 16:37
追伸です・・民間から政府管轄へ、という提言ですが、これもどうでしょう、政府が現在の民主党レベルだとしたら・・・。
Posted by きみ奴 at 2011年04月16日 16:38

>青野信さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>デモに居る人も様々な思惑だと思います。反日の中国人みたいなもので、デモで破壊的な衝動が開放されるのだと思います

そうですね。いろんなデモがありますね。
反原発のデモの動画を何本か見ましたけど…太鼓叩いたり奇妙な歌を歌ってたり、チンドン屋があったり…。
う〜〜〜ん…って思いましたね。
表現は自由なんでしょうけど、原発の不安がまだまだ払拭されない状況なのに、なんでチンドン屋…?ってとても違和感を感じました。
見てて気持ちが悪いな…って思いました。

>スパイに関しては日本は取り締まりませんので問題だと思います。

そうですね、大問題ですね。
スパイ防止法制定の話が上がった時に、個人情報がどーたらこーたらと言って反対したのは自民党を除く全ての党、とりわけ大反対したのは左翼政党の社会党、共産党だったそうですね。
マスコミもこぞって大反対したそうで、結局,一度も採決を取ることなく廃案になったそうです。
…特に特亜と関係の深い政党は反対なのでしょう。

>創価学会や統一教会や勝共連合などウォッチしておく必要があると思います。

同感です。

Posted by えいと@ at 2011年04月16日 22:05

>kgofbostonさん。

>1.「安全な」原発ならOK(私はそうは思いませんが)とのことですが、「安全」にするために他の自然エネルギー源よりコストが高くなり安定供給とやらが崩壊しても必要だと主張するつもりですか?

100%安全はあり得ませんが、100%安全に限りなく近づけるための対策は必要であると思います。
そのためにはコストがかかっても、そしてコストがかかるために税金や電気代が高くなってもそれはやむを得ないと思っています。

ただし、他のエネルギー源よりも数段コストが高くなるとは思えません。
例えば、火力発電でのエネルギー供給に重きを置こうとした場合、石油が今以上に必要ですよね。
現在、リビアなどの中東情勢のことはご存知だと思いますが、
石油は今後どれだけ高騰していくか未知数です。
そして、自民党時代に築いて来た中東とのパイプが民主党政権になってかなり怪しくなってしまいました。
パイプがない国に対し石油を簡単に売ってくれるほど世界は甘くはありませんよ。
今まで通りに日本に石油が入ってくることがなくなる可能性が高いのではないか…と私は見ています。

他のエネルギーに関しては過去記事に書いている通りです。
 http://eight-americann.seesaa.net/article/195495877.html
安定供給に関しては、原子力が一番安定していますよ。
石油は ↑ に書いた通りですし、他の自然エネルギーはコストの割には安定的な供給が期待できません。


>2.原子力の研究が何を指しているのかわかりませんが、原発関連研究は安全保障とは関係ありませんよ。ピントずれてません?

原発関連が安全保障の研究をしているとは言っていません。
原子力の研究をし、原子力の知識や技術を継続することが「日本の安全保障」につながっていると言っているんです。

>・そもそも他国が日本を侵略したいのなら核なんぞで脅しかけなくても原発を通常兵器で攻撃すればいい。(よっぽど安上がり)原発持ってるだけで標的増えるよ?

世界中で核戦争が勃発しない限り、今の時代に核弾頭を平和な国にいきなりぶっ放せば、それこそ世界中の世論が許さないでしょうし、その可能性は低いとは思います。
しかし、可能性は低くても「ゼロ」と考えてはいけないのです。
それが「危機管理」であるということです。

原発を通常兵器で攻撃するのも、核戦争を仕掛けるのと同じ意味を持ちますね。
しかし、原発を持つ国はテロの標的にならないような対策をとっています。
普通の兵器ではなかなか攻撃できないよう頑丈に造られていますし、攻撃されないようにセキュリティも万全に行われているはずです。
ただ、日本の場合はそれを全て民間に任せ切っている…というあたりに問題があると思うのです。
他国から攻撃を受ける可能性があるようなモノの安全管理を一民間が行っている国なんて日本だけです。

>・ウランは100%輸入(エネルギー安全保障にもならない)

現在は100%輸入ですね、確かに。
でも、一度輸入すればかなり長持ちする燃料ではあります。
ウランの再利用もされていますしね。それがMOX燃料です。
そして、ご存知であろうかと思いますが、日本でもウランは採掘できるんですよ。
やろうと思えばできます。やってないだけです。

>・原発関連研究は金食い虫のくせに成果はろくなものがない。数十年前から技術革新など無い。批判もない。この分野は「研究」としての体を成していない。

それはちょっと言い過ぎではありませんか…? 研究されている方に失礼ですよ。
確かに日本の原子力の研究は、原子力推進のための研究が主ですから、
例えば、原発に反対を唱えられている京都大学 原子炉実権助教授の小出裕章氏などは あれほどの方なのにいまだに助教です。
反対すれば十分な研究環境が与えられないのが日本の現状のようですね。
これは大きな問題です。
推進派の研究者も必要ですが、危険を訴える反対派の研究者も必要であると思います。
それが危機管理であると私は思うのですが、
日本はそれができていませんね。

>私は事故前から原発反対の人間ですが、推進すべしというならこの程度は答えてもらいたいものです。

記事にも書いていますが、私は何も手放しで「原発推進」をしているわけではありません。
何が何でも原発賛成派ではないんです。
今の日本の管理体制のまま,危機感値のままであったら絶対に反対です。

現実問題として 原発を直ちにやめてしまう、廃炉にするのは不可能でしょう。
そのことはkgofbostonさんもご理解されていますよね?
では、どうしたらいいのかを考えないといけないのではないかと思うのです。
今回の事故で「何が何でも反対派」の方がわぁわぁ騒いでも、何の解決にもならないし、
そういうムードを作ってしまってはいけない…と思うのです。
特に安全保障の面を考えると、安易に「原子力をなくしてしまえ」とは言えないと私は思っています。


Posted by えいと@ at 2011年04月16日 22:59

>はちきんイジーさん。

>今は原発反対と言うと たくさんの人たちが賛同しますよね

まぁ、こんなひどい事故になってしまいましたからね…。
普通に考えたら「反対」したくなるでしょう。
仕方がないですね。。。

>そのグループがどんなものであるか 充分調べる必要はありますね

そうなんです。
純粋に「反対」される方も多いとは思うのですが、
そうではなく、ある意図を持ってデモを先導しているグループが存在するのです。
そういうグループに利用されてしまうことのないように、デモに参加する際には気をつけないといけないと思います。

>メタンハイドレートは魅力ですね
>確かにその為には軍事力は大切 原発反対ならー尖閣諸島を守るー軍事力強化ー憲法改正
になるべきですね。

そうなんです。
国の力が弱いと必ず圧力をかけて来る国がいます。
特に日本海、尖閣諸島周辺に多いそうですから…。

しかし、困ったことに、こういう「何が何でも原発反対」を言われる方は、たいていが「護憲派」なんですね。
憲法の改正は許さない、自衛隊は縮小すべしという考えなのです。
矛盾してるってことがわからないのでしょうか…。
問題山積みですよね。

>日本の日 頑張ってくださいね
>先日メールで チェックを送りました リストバンド 一つですが お願いしますね

了解しました! 行ってきます!


Posted by えいと@ at 2011年04月16日 23:02
こんにちは。

原子力については全面賛成出来るものではありませんが、その代替エネルギーの開発がまったくされていない今の現状では、なくてはならないものだと思います。(「メタンハイドレート」の実用化もまだまだでしょうし)
ただ、あまりにも杜撰な危機管理体制が今回の惨事を拡大したことは否めません。

それにしても、この左翼というかプロ市民の活動というのは凄まじいものがありますね。思想が完全に反日なんでしょうね。沖縄の基地反対デモとかでもそうですけど、同じ日本人としてもの凄く不思議です。。。

スパイ防止法、あまり知られてないですよね。名前ももうちょっと考えればいいのに・・・と思いますけど。過去に自民党が出した法案をことごとく廃案に持ち込んだのは民主党ですからねぇ・・・。

安全保障の面を考えると、常にリスクの点を考慮しておかなければなりません。それは原発問題にも言えることで、「安全神話」ありきでいると、なにか事が起こった時に対応出来ず大変な被害や損害をもたらします。今の政権には何一つ期待出来ない(それどころか国家崩壊)ので、新たに生まれ変わった政権に日本を一から立て直して欲しいです。

さやーむ
Posted by さやーむ at 2011年04月16日 23:25
>えいと@さん

>ただし、他のエネルギー源よりも数段コストが高くなるとは思えません。

推進すべしと言うのだったら、数段高くならないソースを示して反対派を納得させてください。その際には、原発コスト計算で無視されがちな廃炉、廃棄物、送電における電力ロス、事故時のコスト等々ちゃんと含めてくださいね。
いい加減な試算で推進されたら反対派は困ってしまします。それじゃ今までと同じです(笑)。くれぐれも原発コストが電気料金にそのまま反映されているなんてお考えのないようにお願いします。

>石油は今後どれだけ高騰していくか未知数です。

ウランも同じですよ?今後、中国、インド辺りが日本並みに原発建てたらウランの採可年数はあっという間に下がります。
石油なんぞ比べ物にならないくらいあっという間に尽きます。
日本で原発推進しながら他国に原発やめろとでもおっしゃるんですか?
ついでにいえば、ウランは石油のようには採可年数は増えません。

>安定供給に関しては、原子力が一番安定していますよ。

ウランは石油以上に地球上における偏在が激しい希少元素です。
オーストラリア、ロシア(カザフスタン)、カナダ、USA辺りで採れます。
今まで供給が安定していたのは世界全体としてウランの需要が少なかったためです。
(なんせ核爆弾と原発にしか使えないので)
が、(世界中が)原発推進するなら安定供給なんて崩壊することは火を見るより明らかです。ウランのために戦争しますか?

>でも、一度輸入すればかなり長持ちする燃料ではあります。
ウランの再利用もされていますしね。それがMOX燃料です。

これは高速増殖炉を念頭においているのでしょうが、核燃料サイクルの実現はもはや崩壊しています。フランスもUSAも撤退済みです。研究施設としてもありがたくない代物を商用ベースでは無理だ、とね。
フランスのスーパーフェニックスがどういう末路をたどったのか知らないんですか?

>そして、ご存知であろうかと思いますが、日本でもウランは採掘できるんですよ。
やろうと思えばできます。やってないだけです。

なぜ、採掘せずに100%輸入なんですか?結局どういう観点でエネルギー安全保障になるんですか?

>原子力の研究をし、原子力の知識や技術を継続することが「日本の安全保障」につながっていると言っているんです。

だからその原子力の研究って何ですか?核爆弾を作るための知識や技術についてはそもそも日本は研究していないし。
廃炉、廃棄物関連、核燃料サイクルの研究については成果なんて出ていませんよ。

>それはちょっと言い過ぎではありませんか…? 研究されている方に失礼ですよ。

では、以下のどれかを示していただければ撤回、謝罪します。期待してます。
・原発関連研究による技術革新
・原発研究に使われた費用が多分野に比べ大したものではない事実
・仮に上記2つがなかった場合、事故前においてどのような批判があり、どう改善したのか

物理化学研究の世界では、原発関連研究をやれば国策のために莫大な研究費が得られ、その上大した批判にさらされる事もない。というのは学生でも知ってる常識です。反論お待ちしております。

>現実問題として 原発を直ちにやめてしまう、廃炉にするのは不可能でしょう。

日本トータルで見れば原発なくても発電施設は足りています。
http://www.youtube.com/watch?v=PLJVLul6Wz0
小出氏出してきたってことはこの事は知ってますよね?
現実問題としてやめるのが不可能な理由の提示をお願いします。
Posted by kgofboston at 2011年04月17日 08:34

>masaさん。

>反対を唱える方の多くは、反対でない者は推進派の危険人物にしてしまう、微妙に論点ずらしたり、こういう人たちは隣国の所有する核兵器については棚に上げ、日本や米国の核(兵器もエネルギー施設も一緒)には何が何でも反対という人が多いような気がします。

私もそれは感じています。
もし、核そのものをなくしたい…って思うのであれば、
核爆弾として所持している国を徹底的に批判すればいいのに…って思います。
しかも民主主義国家の核はダメで、共産主義国家の核に関してはだんまり〜っていうのにも疑問を持ちますね。

>中国や北朝鮮がいくら核実験をしようとスルーですよね、彼らの東側に存在する我が国は、常に危険にさらされている。

そうですよね。
北朝鮮などは2009年にも実験を行っているんですから…!
事故ではなく実験ですからね。

>現に存在する『核』まだまだ人間は安心・安全に制御する術を確立していないから、暴走したり核攻撃を受けたとき対処すれば良いのか、被爆したらどうするか、どう廃棄すればいいのかとか素人にはわかりませんが世界で唯一核爆弾を落とされた国として、悲劇を繰り返さないよう研究を続ける義務があると思います。
 
そうですね。
核による被害を忘れないためにも、研究は継続していく必要があると思います。
現在行われているのは、まさしくmasaさんが書かれている「暴走したり核攻撃を受けたとき対処すれば良いのか、被爆したらどうするか、どう廃棄すればいいのか」ということなんです。
でもね、悲しいことに「反原発」を唱える方の声が大き過ぎて研究が進んでいないのが現実なのです。
日本は「原発ありき」で国づくりをしてきてしまいましたから、反対派を抑えるために「安全」と言わざるを得なかったという現実があるのですね。
もし暴走したり被曝した場合の研究を進めようとすると、過激な反対派が「安全と言ってたくせにそんな研究をするのか! そんな研究をするのなら危険ということではないか! 安全でないなら辞めてしまえ!」と叫ぶのですね。
結局、過激な反対派が「日本の原子力」の研究の足を引っ張り、その結果、こういう大きな事故につながったのだと思います。

>「臭いものには蓋をしろ」的にただ危険だからと避けて廃止を唱えても解決には至らないと思いますね。

その通りです。
100%安全なものなどこの世にはないのです。
でも「安全神話」を言わざるを得なかった日本の原子力。
私は、隠蔽体質を持つ政府、官僚、東電の上層部に大きな責任があるとは思いますが、
国民自身にも責任があるのではないか…と思っています。

Posted by えいと@ at 2011年04月17日 22:20

>夢見る親父さん。

>原発反対は反対で良いんですが、代替エネルギーは何で賄うつもりなんですかね。火力、水力、地熱、風、太陽などありますが、

そうなんです。
理論的に反対されている方は「原子力がなくても日本には代替エネルギーはあるし、十分まかなえる」と思い込んでおられる節がありますね。
そうでないと強くは原発に反対しないのでしょうけれども。
他の方のコメントで京都大学 原子炉実権助教の小出裕章氏が「代替エネルギーは十分ある」と言われている動画の紹介がありました。
私は小出氏の原子力研究に関しては一流であると思いますし、共感できる部分が多いのですが、
この代替エネルギーが十分まかなえる…という点に関しては疑問に思いました。
30〜50年かけてそうしていくのであれば理解できるのですけど、
今のこの現状で原子力を全て廃炉にして、今ある代替エネルギーでまかなえるとはとても思えません。
火力発電をもっと充実したらいいというお考えですが、コストや環境問題のことは何も触れられていませんしね。

>今回は福島原発ですが、他のどの原発一基でもこうした事故が起きれば同じことになりますね。

その通りです。
で、今回の事故は1000年に一度と言われる地震と津波がなかったら起こらなかった事故なのですよね。
もちろん、そういう地震が起こることを想定外にしていたことには問題がありますが、
チェルノブイリやスリーマイルの事故と同じように考えてはいけないことなのに、
「事故=全て同じ」と考えて「危険=廃止に!」とつながっているのですねぇ。

>ドイツは原発は取り止めの状況ですね。でもフランスから電力を買っているそうです。

そうなんですよ。
ドイツは確かに「反原発」の声が大きい国ですし、今回の選挙も「原発反対派」の候補者が勝ちましたね。
だったらなぜ、フランスから電力を買ってるの…?って話ですよね。
原発をどんどん減らすはいいけど、電力が足らないってことですよね。
なぜ外国から電力を買わなくてもいいように火力発電所をもっとたくさん造らないのか?
このあたりからも理由が見えて来ますよね。

>デンマークは風力で至る所に風車が回って景観を破壊し、低周波で悩んでいるそうです。挙句にスウエーデンから電力を買っているそうです。

そのようですね。
青山氏がデンマークの方に忠告を受けたそうですね。「風力発電はやめとけ」と。
実際に風力発電に力を入れた国がそう忠しているのです。しかも電力はぜんぜん足りていない。

>デンバー空港(DIA)に太陽光パネルが広がってますが、景観は悪いし、どれほどの電力が得られるんでしょう。極めて疑問です。

あぁ、そうでしたね。
あの屋根はソーラーシステムだったんですね。どれほどの電力を生産できているのでしょうね?

>今日のニュースで香港の放射線数値が東京より高い事で中国人は頭を抱えてますよ。

ニュース見ました!
事故が起こったわけでもないのに東京よりも放射線量が多いんですよね。
つまり、これは日常の管理もきちんとできていないってことですよね。(苦笑)

>そうかと思うと人間は走る棺おけで毎日通勤していたりで大変です。

そうですね! 走る棺桶!(爆笑)
よく、車や飛行機と原子力と一緒にするな! 車や飛行機は納得の上で利用している。原子力は罪のない子供まで被害にあう…ということを言われます。
確かにそうかもしれません。
でも、車のもらい事故もありますよね。歩道で信号を待ってたら車が突っ込んで来た…なんて悲しい事故もあります。
何でも同じなのですよ。100%安全はないのです。
放射能汚染があるという、そのことだけなのですね。、まぁ、それが怖いわけですが…。
そのためにも危機管理をもっとしっかりしてもらわないと…って思うわけです。

>中国では火力発電に使う石炭の採掘で爆発が起きたり、生き埋めになったりで沢山の人が死んでます。

そうなんですよね。
日本にはまだまだ炭坑がたくさんあるそうですね。でも採掘をやめた。なぜか。
採掘中の爆発や事故、炭坑で働く方々の健康被害が大きいからですよね。
火力発電にもどす…ということは、そういうリスクも出て来るということなんです。

>すぐ利権と絡める人がいますが、お天道様が見てます。

そうですね。お天道様が見てますね。(笑)
利権の問題は難しいですね、これはどこの国にもあることですし、どうしようもないのではないでしょうか?
だからほっておいていい…ってことではありませんけど。

>国民がその利益を享受できていることも考えなくてはなりません。今後の課題は沢山ありますが、単純に「何々はダメ、何々ダメ」と現実を無視して考えるバカも多いです。

そうなんです。
私が今回の記事で言いたかったことは「反対するのなら課題をしっかり考えないといけないのではないか」ということなんです。
「危険=悪=廃止にしろ」これでは現実問題として成り立ちません。
心から「子供のために、日本の未来のために」原発をなくして欲しいと思われている方もおられると思います。
そういう方々が、左翼のイデオロギーが煽る運動に利用されていくのが心配なのですね。

>平和、平和と叫んで尖閣列島を取られたり、沖縄を取られたりするのは最早国家ではないです。

そうなんですよね、ここなんです。
「平和」と叫んでいれば、それにつけこんで領土が奪われることにつながったりするわけです。
平和は努力しないと得られるものではありません。言ってるだけ、憲法に書いてるだけでは平和は維持できません。
原発も同じですね。
「安全」とただ言うだけではダメです。安全な原発にするためには努力が必要なんです。
その努力をさせてこなかったのは…日本国民ですね。
「平和」と叫んで防衛力を減らして来たこと、「安全」と叫んで危機管理体勢を怠って来たこと。
これが日本のもっとも悪い部分であると思います。

>新政権が出来たら、憲法改正で核兵器保持です。それとスパイ防止法の制定です。

夢見る親父さん、私は核兵器保持には慎重に考えています。(笑)
でも、原子力の技術は捨てるべきではないと思いますし、憲法改正、スパイ防止法はぜったいに必要ですね。

>こう言う輩がはびこると、いっそアメリカの51番目の州になった方がコントロールできていいのかも知れませんね(冗談)。

確かに今のままではコントロールが利かなくなってしまいそうですね。
そして、気がついたら中国にコントロールされている、あるいは中国に国が乗っ取られている…。それだったらアメリカの一部になった方がマシですね。(笑)
そうならないように国民自身が賢くならないと…と思います。

>民主党を見ていると、私は精神状態を正常に保てなくなってくるんです。自分自身が怖くなります。

同じです。日に日にイヤになって来ますね。。。
1日政権がのびると国益がどんどん損なわれていっています。
菅さんははやく退陣し、民主党は解散して欲しいです。。。

Posted by えいと@ at 2011年04月17日 23:06

>kgofbostonさん。

私は「原発を推進すべし」という考えではありませんよ。
「何が何でも原発推進派」ではありません。
私は記事中にもコメント欄にも「危険な原発には絶対に反対」と何度も書いています。

と、同時に、私は学者ではありません。
このことを研究してお金を稼いでいるわけではありません。
私なりに資料を調べて、その上で「私の考え」と「意見」を書いているんです。
日本に住んでいるわけではないので本を買って読むことはできませんが、
ネット上で公開されている資料、動画などを見た上で記事を書いています。
多くの賛成派の方は「賛成派の方が書かれた資料」を、そして多くの反対派の方は「反対派の方が書かれた資料」を見て「そうだ! 賛成だ! 反対だ!」と言われているのでしょうけれども、
私は両方の意見の資料を見ています。(もちろん、全ての資料に目を通してはいませんよ、学者ではないのですから)
その上で、私なりに考えた意見を書いているのです。

kgofbostonさんのコメントを拝見していますと、
私の回答のひとつひとつ揚げ足をとるかのように批判をされているように感じます。
学会などで発表される学術論文ではないのですから、これはどうだ、あれはどうだと批判されても困ります。
こんな風に書くのは kgofbostonさんのご質問に答えられないからではなく、
きっと私なりに答えを書いたとしても「ではこれこれに関してはどうなのか?」と延々と批判&質問が繰り返されるであろうと予測できるからです。


ところで、 kgofbostonさんのお考えがちっとも見えて来ません。
kgofbostonさん自身のお考えをお聞きしていない以上、どういうスタンスで発言されているのかが見えません。
そこで、今回は私の方から質問させていただきますね。
私の質問に対しての回答と、なぜそのように考えられるのかを簡単にお書きください。

1. kgofbostonさんが「原発反対派」であることは承知しました。
では、どういうスタンスで原発に反対されているのでしょうか? 現在稼働している日本の全ての原発を直ちに廃止、廃炉にしたらいいと思われているのか、
それとも「数十年かけて徐々に廃止にしていくべき」と思われているのか、どちらでしょうか。

2. 今回の福島原発の事故の一番の原因は何であると思われていますか?(地震、津波以外の原因でお答えください)

3. 民主党、菅政権の今回の原発事故に対する対処に関してはどうお感じになっていますか?

4. 日本国憲法に関してはどうお考えでしょうか。日本国憲法は今のままであるべきとお考えか、それとも改憲した方がいいというお考えなのでしょうか。憲法9条についてのご意見もお聞かせください。

5. 国防についてはどうお考えでしょう。今の日本の防衛費についてはどう思われていますか。また自衛隊を軍にした方がいいと思われているのか、今のままでいい、自衛隊そのものが不要である。どのお考えでしょう。

6. スパイ防止法に関するあなたのご意見をお聞かせください。


なお、私の意見はほとんど過去記事に書いております。
以前、私の過去記事を覧になったとコメントくださいましたよね。
だから私自身の考えはもうご理解いただけているであろうと思います。(反論はあるでしょうが)
あなたの立ち位置がわかった上で 今後 意見交換をさせていただきたいと思いますので よろしくお願いします。

Posted by えいと@ at 2011年04月17日 23:50
今まで、「世紀を開く〜原子の火〜」などと県民の歌を歌いながら育ち、大人になって電気を使いまくりで暮らして、原発爆発でTVとネットの論調の違いにパニックになってしまった一般市民です。

安全だから、危険な場合について考える必要はない!というスタンスなのは何故?、設計条件を越えたら壊れるという意見は当然なのでは?などと思いましたが、背景が色々あってのことなのかと、この記事で知りました。

単純に、放射能怖い!と思う私ですが、原発だけでない自衛隊や慰安婦などの右翼左翼論争に巻き込まれてしまうのは嫌だな。
原発は危険で便利な施設。危険だからこそ科学者の知恵を集めて作って改善し続けるべき。でもそれができない事情があってこんな事故になった、そう理解しました。

Posted by こぞ at 2011年04月18日 00:34

>Kさん。

>原発反対派=サヨクは悲しい現実ですね。日本は戦後いつも偽善者サヨクに騒がれ冷静な判断が出来ず国益を損ねてきました。

そうなんですね…。
純粋に心配をして原発に反対する人もいると思うのですが、こういうことで左翼に利用されてく可能性がある…と思うと。。。悲しい現実ですね。
戦後もずっとそうでした。
GHQの日本の思想改造はコミンテルンの仕業であることがわかってきています。
それを日教組が受け継ぎ、戦後の日本人の思想を学校教育という方法でコントロールしてきてしまいました。
その結果、多くの国益が損なわれて来たであろうと思われますね。

>しかし今回の原発事故ではサヨク的思想が無くても原発に慎重になる人は多いと思います。想定外の地震と津波を防ぐ設備を作ったとしても未だに福島におけるデータが公表されていない現実から現政権や原発に絡む既得権益者にこのリスクの高いエネルギーの管理はやはり危険だと感じてしまうからです。

その通りだと思います。
私も「今の日本の管理体制を改めない限り、日本は原子力を保有する資格はない」と思っています。
日本では無理なのでしょうかね…? リスクの高い原子力の管理は日本にはできないのでしょうか…?
私は、もちろん政府や官僚、電力会社の姿勢や管理体制には大きく問題があると思っていますが、
国民にも責任はあると思っているのです。
「安全神話」を言わなければいけないようにしてしまったのは…日本の世論ではないか…と、そう感じています。

>難しい選択ですが今、電力を下げ、産業の稼働率下げ国力を下げるわけにはいきません。当面は今稼動している原発をより安全に使用し建設予定の原発は見送るべきだと思います。そして原子力を超えた安全で効率の良い新エネルギーに早急に推移していく準備に入る時期に来たのだと思います。

そうですね。
過激な原発反対論者は「即座に廃止!」と言いますが、これはどう考えても無理があるでしょう。
徐々に他のエネルギーに変えていくことを考える時期に来ているのでしょうね。
ただ、そうなると「国力」という日本の安全保障をもっとしっかりと考えていかないと無理なのではないかと思います。
天然ガスに変えていくとしても…今はほとんどが輸入ですよね。日本海や尖閣諸島周辺には天然ガスが多く眠っている…ということですが、
国力が弱ければ発掘作業すらできません。
いろんな面で、総合的に日本の国を変えていくことを考えないと、単純に「原子力は危険だから廃止」の方向には持っていけないと思います。

>その準備の一つに政治家や国の安全に拘わる職に就く者は三世代前からの出自を含む身辺調査は当然必要だと考えます。(そもそもそれを反対する人たちが今政治やマスコミにいるのがおかしい。)そこをかえることが出来るのか。しかも早急に・・・。ここが一番の課題です。

その通りです!
しかしね、こういうことを言うと「差別だ!」という輩が出て来るのですよ。
これは「差別ではない!」と国は断固として主張すればいいのにしない、できない。
帰化した人間は法律上は日本人ですけど、本当に日本に忠誠を誓っているのか、日本のためには命をかけれるのか…といえば、けして全ての帰化した方がそうであるとは言えないですよね。
危機管理とはこういうことも含まれるのです。
それを「差別」と指摘されるのを恐れてか、クサいモノに蓋をして来た日本の体勢がありますね。

>まずは選挙に行ってきます。

選挙は大切な国民の権利であり、唯一の意志を表明できる場でもありますね。
だからこそ、しっかりと調べて選挙していただきたいと思っています。
Kさんはお若いのに、本当によく日本の政治を研究されていると関心します。(学んでいこうぜ! のKさんですよね? 違ってたらごめんなさい)
私がKさんの年齢の時はのんきなノンポリでした。しかも左寄りのノンポリ。最悪ですよね…。(苦笑)
今回のことで多くの若い方が政治に関心を持つようになってきたこと、
そして これからの日本が変わっていくことを本当に本当に期待します。

Posted by えいと@ at 2011年04月18日 03:08

>きみ奴さん。

>今回の事故と、かかわり無く原発には反対でした。

イデオロギーに関係なく反対されている方もおられると思います。
そして、今回の事故でよけいに反対の気持ちが強くなった…という方もおられると思います。
私自身も こんな状況では日本では原子力の保有は無理なんじゃないかって思いますよ。

>まず原発に賛成の方の理由は二つでよろしのでしょうか? 一 利便性を手放したくない 
>一に関しては、少々おごっているのでは、と感じます。
>電気が乏しかった戦後間もないころの暮らしのトーンまで下げなくてもいいですよね。要するに原発がなかった頃の電化生活。テレビもエアコンも存在していました。原発賛成派の人たちは、ひょっとして原発が無くなる=大変な不便を強いられる、という思い込みがあるのではないでしょうか。

戦後の日本の社会や経済の成り立ち、現在の日本があるのは 原発抜きには考えられなかったと思います。
原発による電気の発電が行われたのは1963年です。
その後の電気エネルギーの安定した供給のおかげで日本の産業や経済が発展したと言っても過言ではないですよね。
1970年の万博博覧会開催。戦後わずか25年であそこまで国が発展したのは、原子力の電気エネルギーが有効利用されてきた成果であると思います。

今回の原発の事故により,日本にある原発をすべて廃止し廃炉にしてしまった場合、いったいどの時代の暮らしにまで戻るのか…?
これはやってみないとわからないのではないでしょうか?
私の個人的な感覚として、一度味わってしまった便利さをすっかり捨てて 昔の生活戻るって そう簡単にできるものではない…と思うのです。
たとえ昭和40〜50年代の生活に戻る程度だとしても、今の電気がたっぷりある生活に慣れてしまった日本人が、
本当にその時代と同じような生活に簡単に戻れるのか…?と思うのですね。
あの時代は そういう多少不便な生活が当たり前の普通のことでしたし、それなりに生きて来れたでしょうけどね。

それに、電気の供給がグッと減ることで失業者がものすごく増えると思います。
そうすればますます景気も落ち込むでしょう。
今の日本の経済は電気があることで成り立っている…という現実に目を背けるわけにはいかないと思います。

>現段階では不安定でも原発が使えないという前提でなら、開発は飛躍的に進むでしょう。また、現在、相当無駄な電力が消費されていますから、それをカットするだけでも相当量の電力が節約できるでしょう。

本当に現在とは全く違う、節約、我慢,忍耐の生活を国民全員ができるのであれば、
しかも短期間ではなく数十年の単位で我慢ができ、我慢した上にコストは高くなる…ということに文句を言うことがないのであれば可能かもしれませんね。

>代替エネルギーもありますし、

きみ奴さんがお考えになっている代替エネルギーとはどの種類のエネルギーでしょうか?
良かったらお聞かせください。


>ニ 核の知識が必要
>ニに関しては、う〜ん・・・一理はあるのですが、どうでしょう、現実核を持たない、持てない状況で原発という間接的手段で核のスキルを持ち続けるというのは、国防上、迂遠に過ぎる手段であり、もし国防上を理由に上げるなら明確に国防に絞り込み、核攻撃に備える研究機関を起き、原発とは別立てで考えるべきかと思われます。

原子力の研究とは核の研究なのですよ。
まったくの別物ではありません。
日本は核を持たない国ではありますが、核の平和利用、つまり発電エネルギーで使うということで研究がなされています。
この平和利用を放棄する、ということは核そのものの研究、知識も放棄することになるのです。

>国防上を理由に上げるなら明確に国防に絞り込み、核攻撃に備える研究機関を起き、原発とは別立てで考えるべきかと思われます。

もちろん、原子力発電所がなくても各大学や研究所が各自に小型の原子炉を持ち 研究が継続されるのであれば問題はないのでしょうが、
原子力発電所を持たなくなった後に 果たして研究に予算が降りるでしょうか?
それこそ、そんな研究は無駄! 核保有をしたいのか!…と左翼の連中に叩かれ、きっと研究そのものができなくなってしまうと思います。
国防のための核の研究など,今の日本では不可能であると私は思います。


>飛行機その他の危険性は、皆承知で乗ることを選んでいますし、事故があっても一極性です。しかしながら原発はそれを選んでない人にも累が及びます。
>原発は違います。絶対安全と、そういう意味では騙されてきたわけです。また原発地域住民の人たち以外は、原発への賛否を表明する機会すら与えられず原発は建設され、反対の立場の人間もいやおうなく巻き込まれてしまいます、選択権のない子どもたち(お腹の胎児も含める)も。

確かにそうかもしれません。
でも、車のもらい事故もありますよね。歩道で信号を待ってたら車が突っ込んで来た…なんて悲しい事故もあります。
これは事故にあった方は承知していないことですよね…?

ところで、今回多くの病院が津波で流されました。
このことをどうお考えになられますか?
これについてどの人も指摘していませんが、病院、特に大きな病院には放射線科がありますね。
放射性物質が病院で管理されているのです。
それが津波で流されたのです。
これもれっきとした放射能汚染ですよ。
でも、だれも病院でのレントゲン検査をやめてしまえ!…とは言いませんね。
病院のレントゲンは安全だから大丈夫!
そうでしょうか…? 津波できれいに流されてしまいましたよ。
今回のような地震ではなくても、もし,放射線技師の中にスパイがいたら…。
安全管理は100%安心とは言い切れませんよね…?
何でも同じなのですよ。100%安全はないのです。

>安全性の確保、が約束されるなら無問題です。
>しかしながら、それは無いと思うのです。もし絶対安全を言うなら、原発への飛行機墜落、テロリストの攻撃まで織り込んで設計建設されねばならないし、セキュリティも破壊的武器を所持したテロリスト集団から護るだけの堅固なものが必要になってきます。
>想定外は許されません。

その通りです。
想定外は許されません。
今回は、そういう意味での危機管理が全くされてこなかったこと、そしてこのような未曾有の災害が起こってしまったことに悲劇がありました。
他の方へのコメントのお返事に書いていますが、
日本政府が、官僚が、電気会社が「100%安全」と言わざるを得なかったことを考える必要があるのではないかと思うのです。
もちろん、政府や官僚、電気会社の体勢にも問題がありますし、利権などいろいろなドロドロした問題もあるでしょう。
100%安全なものはこの世にはありませんが、100%近い安全性を追求することが大切なのです。
日本は少しでも「危険性がある」と言ってしまうと、反対派が「危険だったらやめてしまえ!」と大げさに騒ぎ立てます。
だから言うことができなかった。
この日本の体勢は、政府や官僚、東電だけの責任ではないと思います。
国民が、国民自身が自分たちの首を絞めて来たのだと、そんな風に思っています。

>私が一番、びっくりしたのは原発賛成派の人の多くが、煎じ詰めれば現在の安逸な暮らしを捨てたくない、が動機であるように見受けることです。

まぁ、そういう方もおられるでしょう。正直な方なんだなと思います。

>100年早いツールだったな、とは思っています。

100年経っても同じであろうと思いますよ。
結局は管理をする人間にかかってくるのですから。
技術的には、特に日本の技術はものすごく優れていると思います。
問題は扱う人間、そしてしっかり研究させない日本のムードが一番の問題であろうと思います。


>末尾に・・・どうも原子力は、人間のエゴと欲、競争心の産物のような気がしてなりません。科学の進歩に追いつくほどまだ人間は賢明ではなく愚かです。愚か者の手に核は危険です。

そうですね。人間はエゴの塊ですね。
自然界にはない物質を作り出してしまうなんて、エゴの塊です。
と、同時に。
話はとびますが、臓器移植の問題も、不妊治療の問題も、結局は人間のエゴです。
パンドラの箱を開けてしまった…ということなのですよ。
開けてしまったパンドラの箱は…簡単には閉じることができません。
原子力もそれと同じじゃないかなって思います。


>民間から政府管轄へ、という提言ですが、これもどうでしょう、政府が現在の民主党レベルだとしたら・・・。

もちろんそうですが、そんなことをいったら自衛隊すらも持てませんよ。
自衛隊の最高指揮官は総理大臣なのですから。(笑)
国家機密となるほどのリスクを持つ原子力の管理を一民間に任せっぱなしなんて、本当に危険すぎます。
リスク管理が全くできていない国です,日本は。
原子力を守る、ということは国を守る、ということと同じことだと私は思います。

Posted by えいと@ at 2011年04月18日 04:11
1.
電力需要のムラの問題、既存火力の復旧などがあるため、さあ明日から全てやめようとはいかないのですが、全廃に数十年かける必要もないと思います。遅くとも3-5年を目安に全廃すべきです。
ただし、浜岡原発などは危険性も考慮して即刻止めるべきだと思います。

2.
東電の杜撰かつお粗末な安全管理が直接的な要因です。が、それを今まで容認、推進してきた歴代政府(自民、民主)とそんな政府を選択してきた国民全体の無関心がこの事故の素地としてあります。

3.
ロクなものではありませんね。ただし、東電に対する程に憤慨しているという訳ではありません。なぜなら仮に与党が自民党だったとして、何も変わらない、もしくはもっと悪くなった可能性があると考えるからです。中曽根政権以降、一貫して強力に原発推進してきた自民党に、この事故に関して一体、民主党以上に何ができたのかと考えるとちょっと思いつかないです。何か提示していただけますか?

4.
憲法についてですか。改憲をしたい政治勢力、その主張等を見る限り、改憲したいとは思いません。9条については、今既にかなり形骸化されていないか?という印象を持ってます。自衛隊のイラク派遣等を堂々とやるための改憲なら反対です。

5.
自衛隊のあり方は基本的には今のままでいいと思います。国防費についてですが、特に少ないとは思っていません。そもそも、今の額は中国の0.7倍くらいだったと思いますが(数字は記憶なので確かではありません)。プラス、日米同盟もある。中国から見りゃ、軍事的には日本+アメリカの方がよっぽど脅威でしょう。
そもそも中国の軍事力は日本にだけ向いてる訳でもないですし(北はロシア、南はインド、西はウイグル等小数民族)。防衛費を早急に上げる必要性は感じません。

6.
スパイ防止法ですか。そもそもこの法案自体知りませんでしたが、ちょっと賛成するとは言えませんね。まともな運営が為されるとは信じがたいからです。

>私の質問に対しての回答と、なぜそのように考えられるのかを簡単にお書きください。

追加で聞きたいこと、反論あればどうぞ。
Posted by kgofboston at 2011年04月18日 04:28

>モリオリママさん。

>スパイ法、拉致問題の時もクローズアップされましたよね。

そうですね、拉致問題こそスパイ防止法がなかったことが原因で起こってしまった北朝鮮というならずもの国家の誘拐事件であると思います。

>自国と自国民を守る為の法律制定に、意義を唱える政党があることが、不思議です。
>すべて、人権という言葉で包むズルさがあります。
>平和を守る為の憲法が、それを邪魔している。。これも、おかしな話しです。。

そうなんですよね。
「戦争を二度としない」と言う合い言葉で平和憲法を制定し(アメリカが作ったものですけど)、
平和憲法があることで、日本の防衛力は削がれ、国力が大きく損なわれてしまうという結果になってしまいました。
国力を削ぐことに懸命になる政党が 今でも存在する…っていうところが恐ろしいですよね。
しかも政権取ってるし…!(涙)

>こういう、やかましいデモは信頼できません。

ホントに「日本のことを考えてデモやってるの?」って思います。
だって、今、まだ福島原発は収束してないし、不安な毎日を送っておられる方が多いのに、
なんでチンドン屋なんでしょう…? 変なロックバンドとか、仮装したりとか…。
笑ってデモやるような雰囲気ではないと思うのですけど…???

>日本人のメンタリティとは、相容れない感じがします。

同感です。。。

Posted by えいと@ at 2011年04月18日 04:44

>ひかるさん。

はじめまして、ご訪問とコメントをありがとうございます。

??? 宗教の勧誘でしょうか…?
申し訳ありませんが、私は宗教には興味がありません。



Posted by えいと@ at 2011年04月18日 06:06

>さやーむさん。

>原子力については全面賛成出来るものではありませんが、その代替エネルギーの開発がまったくされていない今の現状では、なくてはならないものだと思います。(「メタンハイドレート」の実用化もまだまだでしょうし)
>ただ、あまりにも杜撰な危機管理体制が今回の惨事を拡大したことは否めません。

そうなんです。
今回の事故が、単に原子炉自体に問題があったのであれば,その問題は人間がどんなに努力しても何とも解決できないものであるのなら真剣にやめてしまうことを考えねばなりません。
日本だけでなく世界中の原子力発電所を廃止にすべきです。
でも、今回の事故は明らかに人災です。
しかも努力すれば防げた可能性があるのです。
だからこそ、しっかりと原因を見つめ直し、今後どうすべきかを考える必要があるのですね。

代替エネルギーも安易に考えておられる方がおられますが、
やはりすぐには難しいと思います。
5〜6年でも…どうでしょうね…? 私は難しいと思います。

>この左翼というかプロ市民の活動というのは凄まじいものがありますね。

何か変でしょう…? 「反原発デモ」気持ち悪いですよ…。
反天連のデモを思い出しましたよ。
本当に日本のことを考えたデモだとは、とても思えません。

>思想が完全に反日なんでしょうね。沖縄の基地反対デモとかでもそうですけど、同じ日本人としてもの凄く不思議です。。。

一連の運動を行っている人がすべて同一人物なんですね。
全ての運動をつなぎあわせたら…見えて来ますよね、いったい何を目的にしているのか…ってことが。

>スパイ防止法、あまり知られてないですよね。名前ももうちょっと考えればいいのに・・・と思いますけど。過去に自民党が出した法案をことごとく廃案に持ち込んだのは民主党ですからねぇ・・・。

自民党政権時代に野党からの猛烈な反対で廃案になった法案ですからね。
そうそう、民主党(旧社会党)が一番力を入れて反対したんですよ。
なぜ反対したのかを考えると、民主党がどういった政党であるかが伺えますよね。

>安全保障の面を考えると、常にリスクの点を考慮しておかなければなりません。それは原発問題にも言えることで、「安全神話」ありきでいると、なにか事が起こった時に対応出来ず大変な被害や損害をもたらします。

そうなんです。
日本って「まさか、そんなことが起こるはずはないだろう」って思うのですね。
「まさか、1000年に一度と言われる大地震が起こるはずはないだろう」
で、最悪の事態を想定した設備にしておらず、その上必要な点検まで減らしてしまったのです。
この「まさか」がこんな事態をおこしてしまいました。
「まさか、中国が日本を乗っ取るなんてことはないだろう」
こんな風に思って国防に力を入れておかないと,同じことになりますよね。

>今の政権には何一つ期待出来ない(それどころか国家崩壊)ので、新たに生まれ変わった政権に日本を一から立て直して欲しいです。

そうですね。
そのためには世論が変わらないとダメだと思います。
安倍晋三元総理は「戦後レジームからの脱却」を宣言しましたが、それを国民が支えなかったためにつぶされてしまいました。
左翼の攻撃に負けてしまっては日本を絶対に立て直すことはできません。
保守政権で日本を生まれ変わらせるためには、国民がしっかりと政治を支えていく必要があると思います。

Posted by えいと@ at 2011年04月18日 06:28

>こぞさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>今まで、「世紀を開く〜原子の火〜」などと県民の歌を歌いながら育ち、大人になって電気を使いまくりで暮らして、原発爆発でTVとネットの論調の違いにパニックになってしまった一般市民です。

そうですね。
今回の原発事故は本当にショックでした。
「安全」だと言われてきたのに、そんなバカな…!とパニックになられた方は多かったことでしょう。

>TVとネットの論調の違い

日本のTVは私は見えていないのですが、
アメリカのTVでも局によってぜんぜん違いましたよ。
原発に反対する考えを持った局の放送はホントに凄まじかったです。
まるで日本が滅びてしまうような扱いでしたよ。(苦笑)

>安全だから、危険な場合について考える必要はない!というスタンスなのは何故?、設計条件を越えたら壊れるという意見は当然なのでは?などと思いましたが、背景が色々あってのことなのかと、この記事で知りました。

当ブログを読んでくださったことを嬉しく思います。
「安全でなければ造らせない」という国民の思い、
「危険を想定し対策をとること=原発は危険」というレッテルを貼る原発反対論者。
その結果「安全であること=100%危険はないこと=事実の隠蔽」をせざるを得なかった国や官僚、電力会社の上層部。
ここに大きな問題があったのです。
「安全だから 危険な場合について考える必要はない」のではなく 「危険について考えることを許さなかった」のです。

>単純に、放射能怖い!と思う私ですが、原発だけでない自衛隊や慰安婦などの右翼左翼論争に巻き込まれてしまうのは嫌だな。

そうなのです。
純粋に「原発は怖いから反対」と言われている人も、こういう左翼のイデオロギーに利用されてしまうことがあるのですね。
デモに参加される場合は どういう団体が主催かをしっかり見る必要があると思います。

>原発は危険で便利な施設。危険だからこそ科学者の知恵を集めて作って改善し続けるべき。でもそれができない事情があってこんな事故になった、そう理解しました。

その通りです。
危険なものだからこそ、学者、研究者の知恵、継続的な危機管理の研究が必要なのです。
日本は「原発は安全である」という「安全神話」に基づいた研究がずっと続けられて来ました。
同じ原子力の研究でも「推進派」の研究には多くの研究費がつぎこまれていましたが、
「慎重派」の研究に対してはそうではなかったようです。
今後は「慎重派」の学者の意見も取り入れ,しっかりとした危機管理を行うことが絶対に必要になってくると思います。

Posted by えいと@ at 2011年04月18日 06:56

>kgofbostonさん。

質問にお答えくださってありがとうございます。
何となくではありますが kgofbostonさんという方が見えて来ました。


>追加で聞きたいこと、反論あればどうぞ。

追加の質問をしてもOKですか。それでは…。


1. kgofbostonさんがお考えになっている代替エネルギーとはどの種類のエネルギーでしょうか? その代替エネルギーはコスト、環境,今後の日本の経済発展には問題はないとお考えなのでしょうか?

2. 今回の事故の原因が「東電の杜撰かつお粗末な安全管理が直接的な要因です。が、それを今まで容認、推進してきた歴代政府(自民、民主)とそんな政府を選択してきた国民全体の無関心がこの事故の素地」であるとお答えくださいました。
今後、こういう体質を改め 危機管理を行うような方向に向かうことになったとしても、原発は全て廃止すべきと考えられますか?

3. 今回の津波で多くの病院が流されてしまいました。これについてあまり指摘されていませんが、病院、特に大きな病院には放射線科がありますね。
放射性物質が病院で管理されているのです。それが津波で全て流されてしまいました。
もちろん、原発ほどの大きな量の放射線を扱っていたわけではありませんが、これもれっきとした放射能汚染です。
でも、だれも病院でのレントゲン検査をやめてしまえ!…とは言いませんね。
これに関してはどのようにお考えですか? 

4. 日本国憲法はアメリカが制作した憲法である…ということはご存知であると思います。
どの国の憲法も自主憲法であるのが当たり前なのに、日本だけアメリカ製の憲法を戦後65年間守っていることに関してどうお考えなのか聞かせてください。

5. 日本国憲法に関して「改憲をしたい政治勢力、その主張等を見る限り、改憲したいとは思いません」とのことですが、改憲をしたい政治勢力、その主張等とはどういったものなのでしょうか? もし具体的にあげられるようであればあげてください。

6. 北方領土や竹島は現在、他国に実効支配されてしまっていますが、尖閣諸島は今のところはまだかろうじて日本が実効支配しています。
しかし、中国では「尖閣諸島は中国の物である」とし、その法律まで作っていますし何度も領海侵犯をしています。東シナ海では中国はどんどんガス田の開発を行っています。
もしkgofbostonさんが日本の政治家であれば、どのように解決すればいいとお考えでしょうか。

7. スパイ防止法をご存じなかったのですね。どんな法律かをお調べになってもう一度「スパイ防止法」についてどう考えるかをお答えになってください。
できましたらこちらの動画 ↓ もご覧になってからお答えください。
http://www.youtube.com/watch?v=L6DFMBy-Icg(8分あたりからご覧ください)
あと、「まともな運営が為されるとは信じがたい」とはどういう意味でしょうか? 法律は運営する物ですか? 
まともな運営、あるいは まともでない運営とはどういう運営をさすのですか?


よろしくお願いします。

Posted by えいと@ at 2011年04月18日 08:30
えいと@さんのご意見に同意です。
私もブログに書きましたけど、こんなことがあれば誰でも原発アレルギーです。
しかし、原発と左翼行動を混同してはならないし、
原発はブームではないのだから、本当に反対なら国民がもっと真剣に話し合うべき。
デモやって廃止して・・で?次は?という討論がなければ無意味。
原発をなくすわかりにどういう生活にしていくか?
どういう経済になるのか?という議論を尽くさねばダメです。
子ども手当の二の舞になるのは本当に迷惑ですわ。

こういう左翼のお坊ちゃんみてると、ちょっと可哀想になります。
彼はどういう趣旨でやっているのかはわかりません。
こっち側の想像です。
しかし、彼がやっていることが正義を信じているのなら
あまりにも哀れですわ。
若いころは、よくもわるくも妄信的にひとつの心理を信じたりする。
大学のような狭い場所における洗脳には世間知らずのボクたちは
すっかりはまってしまうでしょうね。
そのまま大人になって仙谷や菅みたいな偏り人間になるか、
あるときふと広い世界に気が付いて、あんなバカな学生生活やってたなと笑う人になるのか。
社会に出た時がキーポイントですね。
まぁそんなバカがどうなろうと知ったこっちゃないけど、
自分たちが本当の日本の未来を見て行動しているのか考えてほしいですね。
無理だろうけど。
大人たちは、もっと広い世界も知識も持っているのですから、
本当に日本がどうあるべきか良く考えねばなりません。
民主が政権をとったことで、日本が危機的な状態になっていることは
まざまざと判ったと思います。

Posted by ちょびまめ at 2011年04月18日 09:47
【kgofboston】長いですがご容赦を。

1.自然エネルギー全般(太陽光、風力、地熱、マイクロ水力、etc)は有望だと思います。
個別の発電方法を取り上げてコスト、効率、供給不安定を不安視される方はいます。
しかし、それぞれの発電方法はお互い相補的なもので、スマートグリッド(賢い電力網)の実現、量産効果、技術の進歩によってこれらの問題点は海外でクリアされつつあります。
日本で自然エネルギーが普及しない最大の理由は唯一つ、
導入に対して極めて不熱心、無関心を貫く政府、電力会社、経産省の存在です。(彼らにとっちゃ儲からないからね)
欧州の自然エネルギーの普及は目をみはるものがあります。

ついでに言えば日本の自然エネルギーに関する基礎技術は世界の中でもかなり高いです。それなのにコミットしない政府のために海外で応用されて、いいように使われています。
日本の自然エネルギー関連技術は海外に叩き売りされている状態です。悔しくありません?

ま、それでも自然エネルギーは不安だという方もおりましょう。
そういう方にはコンバインドサイクル火力発電などはいかかですか。
詳細は省きますが、効率と環境の面だけから考えても最新鋭火力を導入するだけで既存の火力に比べかなりの効果が得られます。
今の電力消費のまま、経済発展を続けることだって十分できると思ってます。
そもそも上記の様な変革はビジネスチャンスでもあり、新たな産業の創出と雇用が見込めます。

原発やめるやり方なんてこれ以外にも色々あるでしょう。
原発に頼り、今以上の電力の大量消費、大量生産でしか経済発展できない社会は持続可能性が無いので、私はお断りします。

2.基本的に私が原発に反対する理由は、一言でいうなら原子力は徹底的に生態系に反目するからです。
他のエネルギーでもそうですが、人間の排出が生態系の循環作用、処理能力を超えた場合、必ず人間に返ってきます。
化石燃料による地球温暖化、水俣病、酸性雨、etc。公害問題の本質は全てここにあります。
(太陽光をはじめとする自然エネルギーだろうが排出が自然界の処理能力を超えれば必ず問題が起きます。)

人が出した原子力の排出(廃棄物、放射性物質)はテレビでさんざん「閉じ込め」が大事だと言われていますよね。
これは言い換えれば、生態系(我々の世界)には置いておけないという意味です。
そして人間が排出した放射性物質に対する生態系の循環作用、処理能力は極めて低い。(自然界にある放射性物質に対してはあります)
いくら安全システムや危機管理が改善しようが、この本質的な部分は変わりようがないので反対です。

3.別に病院で管理されている放射性物質の漏えいが問題ないとは言いませんが、総量の問題だと思いますけど。
「原発反対=病院のレントゲンに反対」には普通ならないと思います。

4、5.ちなみに改憲そのものに反対している訳ではありません。
改憲してアメリカに尻尾振ってイラク侵略の手伝いを積極的にやるような事態には反対します。
(ま、改憲しなくてもやりましたけどね。)
自民党でも民主党でも改憲したい。って人でイラク派遣に心から反省の弁を述べた政治家っています?

6.日本がどういう交渉してるかわかりませんが、外交でall or nothing目指してもいいことないので、色々条件出して交渉すると思います。
怒らないで読んで欲しいんですが、「尖閣の領有権はもらう。ただし、海洋資源の7割はそちらにやる」とかね(逆でもいいですよ)。他にも条件はいくらでもあるでしょう。
領土問題はお互い引けなくなりがちなので、相手を完膚なきまでに叩き潰そうとすれば、軍拡と戦争しか道は残りません。
軍事力を背景に外交するのに文句つけるつもりもありませんが、戦略のない軍事力を背景とした外交に意味は感じません。
日本政府の「領土問題は存在しない」でしたっけ?あの態度にいかなる戦略があるのか、はなはだ疑問です。

7.動画拝見しました。基本、公務員のスパイ行為を取り締まるという解釈で合ってますか?
いまいち誰が誰のどのような行為をスパイ行為と判断するのか、わからないので運営と書きました。
気になったのは以下のようなケースです。

・いつだったか記憶が定かではありませんが、海上保安庁職員が政府の意向に逆らって中国の漁船との衝突映像をリークしました。
・航空自衛隊幕僚長だった田母神氏は政府解釈と異なる論文出して自衛隊辞めました。

これらのケースはこの法案で処罰の対象になりうると解釈してますが、それで合ってます?(間違いだったらごめんなさい)
比較的保守の人って賞賛してた記憶あるんですが、間違いで処罰すべきってことなんですか?
Posted by kgofboston at 2011年04月18日 16:54
えいとさん。こんにちは。
我が家では、
原発は日本という国家の為(経済・防衛含め)には必要だという主人と、出来れば原発に頼りたくないという私で、さんざん話し合った結果、家庭用太陽光発電システムを取り入れる事にしました。(蓄電することも可能になり進歩してるようです)
主人は飲食のチェーン店を経営していますが、店舗にもシステムを取り入れる為の勉強を始めました。
コストがかなりかかる事と、店舗は一般家庭と違い100%を太陽光でまかなうのは難しいようで、今は頭をかかえてる段階です。(原発付近の放射能汚染、東北地方の工場損壊による出荷見とおしがつかないものの打撃にプラスして計画停電による損害は大打撃だそうで、夏の停電に備えて、背に腹は代えられない状況もあるようです)
原発賛成とか反対とかではなく、原発での発電した電気を使う事自体が、誰かの犠牲の上に成り立っているかもしれない状況は辛い、子ども達の環境と、将来、そして、子ども達にとって「国を大切に思う気持ち」(日本は危険だから、嫌だから日本を捨てる、日本から逃げるなんて事になったら悲しい)を持ってもらいたい。
個人レベルで、何が出来るかではなくて、無理してでもやってみようよーみたいな感じです。
日本の原発をいきなり停止するなんてのは、それこそ自殺行為です。反対派イコール左翼もありえませんし、推進派(早い話が得してる集団)にも左翼はいるはずです。
反対派も推進するしかない派も「日本」を考えての熱い気持ち、守りたいものがある気持ちが痛い程伝わってきます。知恵を出し合って大きな力にする事も可能ですよね?
とりあえず、もうすぐゴールデンウィーク、日本国旗がたくさんの家から揚げられるといいなと思います。


Posted by タロ芋 at 2011年04月19日 12:15
えいとさん。こんにちは。

我が家では、
原発は日本という国家の為(経済・防衛含め)には必要だという主人と
出来れば原発に頼りたくないという私で
さんざん話し合った結果
家庭用太陽光発電システムを取り入れる事にしました。(10年前に比べ、コストが下がったのと、蓄電することも可能になりました)

主人は飲食のチェーン店を経営していますが
店舗にもシステムを取り入れる為の勉強を始めました。
店舗となると一般家庭と違い
コストもさることながら
100%を太陽光発電でまかなうのは難しいようで
今は頭をかかえてる段階です。
原発付近の放射能汚染、東北地方の工場損壊による出荷見とおしがつかないものの打撃にプラスして計画停電による損害は大打撃だそうで、夏の停電に備えて、背に腹は代えられない状況もあるようですが。
それより
原発で発電した電気を使う事自体が
危険と隣り合わせで、(利権がからんでしまうのがより不安)
誰かの犠牲の上に成り立っているかもしれない状況は辛い。
子ども達の環境と、将来の為に
そして、
子ども達にとって「国を大切に思う気持ち」(日本は危険だから、嫌だから日本を捨てる、日本から逃げるなんて事になったら悲しい)を持ってもらいたい。
の為に
何かしなくては・・・
といったところです。

でもこれは、個人レベルの話で

日本の原発を今すぐ全基停止するなんてのは
結局は、それこそ自殺行為です。
反対派イコール左翼もありえませんし
推進派(早い話が得してる集団)にも左翼はいるはずです。
(1部を除いた)反対派も推進するしかない派も
「日本の人々」を考えての熱い気持ち、
守りたいものがある気持ちが痛い程伝わってきます。

とりあえず、もうすぐゴールデンウィーク
日本の国旗がたくさんの家から揚げられるといいなと思います。


昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。

みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。

こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。

改めて、しみじみです。

Posted by タロ芋 at 2011年04月19日 14:02

>ちょびまめさん。

>こんなことがあれば誰でも原発アレルギーです。

そうですよね。
こんな事故が現実に起こってしまったんですから、これで今までと同じ条件で推進していけばいい…なんて言う方はいないでしょうね。

>しかし、原発と左翼行動を混同してはならないし、

そうなんです。
もちろん、すべての反対論者が左翼とは思いませんが、こういう運動を煽るグループがいるということ、そのグループは市民運動家、つまり左翼である場合が多いのですね。
これに気をつけないといけません。

>原発はブームではないのだから、本当に反対なら国民がもっと真剣に話し合うべき。
>デモやって廃止して・・で?次は?という討論がなければ無意味。
>原発をなくすわかりにどういう生活にしていくか?どういう経済になるのか?という議論を尽くさねばダメです。

その通りだと思います。
賛成するのも反対するのもいいけど、では今後どうしていけばいいのかをしっかり考えなくてはなりません。
今、わぁわぁ反対運動してる人って、先のことまでしっかり考えてない人が多いですよね。全てとは言いませんが。

>子ども手当の二の舞になるのは本当に迷惑ですわ。

結局、子ども手当も「損か得か」でしか物事を考えないことが問題なんです。
子ども手当の財源はどうするのか、不正受給はどうやって食い止めるのか,そこまでしっかり考えて実施されたとはとても思えません。
そして、大事なことは「子ども手当」の本当の意味を考えたことがあるか…ということです。
これは近いうちに記事にしようと思っています。

>こういう左翼のお坊ちゃんみてると、ちょっと可哀想になります。彼はどういう趣旨でやっているのかはわかりません。こっち側の想像です。
>しかし、彼がやっていることが正義を信じているのならあまりにも哀れですわ。

先導している男性は明らかに目的を持っていると思いますね。
ただ、純粋に「危険な原発を何とかして欲しい」と思ってデモに参加している人が気の毒です。
正義を信じてやっているんでしょうけど…哀れに感じますね。。。

>若いころは、よくもわるくも妄信的にひとつの心理を信じたりする。
>大学のような狭い場所における洗脳には世間知らずのボクたちはすっかりはまってしまうでしょうね。

若い頃にはありがちです。
左翼っていいことしか言いませんからね。平和、反戦、人権、差別や核の恐怖がないクリーンな世界を!…って。
これだけ聞いてたら「そうだ! そうだ!」って思いますよ。
若い頃って聞いたことのみでしか判断しませんから、どうしても染まってしまいますね。
大学によってカラーがあると思いますが、
左翼活動の強い大学の学生は,周りがそういう人ばかりになるのでどうしても染まっていってしまいます。

>そのまま大人になって仙谷や菅みたいな偏り人間になるか、
>あるときふと広い世界に気が付いて、あんなバカな学生生活やってたなと笑う人になるのか。社会に出た時がキーポイントですね。

そうですね。
普通の人間は、社会に出る時にこんなこと(学生運動)ばっかりやってたら生活できないって思うから、たいていは気がつくんですが、
中には仙谷氏や菅氏、枝野氏、千葉景子氏、福島瑞穂氏などのように 学生の時の脳みそのまんま大人になってしまう人もいるわけです。
そういう人は当然、まともに就職ができませんから、
頭のいい人は弁護士や学者、医者などの、いわゆる士業の道に進むのです。
そういう連中がまさしく今の政権の中枢なんだってこと、多くの国民は気がつくべきですね。

>自分たちが本当の日本の未来を見て行動しているのか考えてほしいですね。無理だろうけど。

なにか社会の壁にぶつかった時に気がつくのかもしれませんね。
そういう機会が来るか来ないかでその人の人生が変わってしまうのでしょうね。

>大人たちは、もっと広い世界も知識も持っているのですから、本当に日本がどうあるべきか良く考えねばなりません。

本当にもっと日本人はしっかり考える…ということをしないといけませんね。
今までが平和すぎたんです。
なーんにも考えなくても世の中は回っていた。
政治に無関心であっても、何とかなってきたんです。
でも今は違います。
無関心ではダメだってことです。
原発の問題も政治のことも、しっかりと考えないといけない世の中になって来ているんですね。

>民主が政権をとったことで、日本が危機的な状態になっていることはまざまざと判ったと思います。

果たしてどれだけ日本が危機的な状況を迎えている…って気がついたでしょうか…?
もちろん、震災で危機的状況になっている…ってことはわかるでしょうが、
菅政権にこれ以上日本を任せていたらとんでもないことになると、どれだけの国民が気がついているか…。
本当にはやく「救国内閣」ができて欲しいです。。。

Posted by えいと@ at 2011年04月20日 08:21

>kgofbostonさん。

100%ではありませんが、kgofbostonさんがどういうお考えをお持ちなのか理解いたしました。
少なくともkgofbostonさんは、単に「原発は危険だから何が何でも反対!」という方とは同じではないと判断いたしました。
kgofbostonさんなりに,今後のエネルギーのことや経済のことまで考えて「原発に反対」されているのであろうと思います。

ただ、私とは根本的に考え方が異なると感じました。
どの部分かというと「国防、安全保障」の点ですね。
この部分に大きく考えの違いがあるので、お互いが納得するような答えは おそらくどれだけ議論しても出てこないであろうと思います。

私のスタンスは、別に意見が違う方を論破することではありません。
世の中にはいろんな意見や考え方があります。
私は私なりに理由を述べた上で「安全に管理されている原発」には賛成であると申し上げているんですね。
もちろん「危険な原発」には絶対に反対ですし、
政府や官僚、電力会社の体勢や考え方、安全管理の方法が今までと何ら変わらないのであれば原発はやめてしまった方がいいと思っています。


先日、ある方とお話しする機会がありまして。
その方は「考えが全く違う者同士は、どんなに話し合っても無理なのよ。
最悪の場合は決裂することだってあるし、最後は後味が悪いことになるの。
それまでは仲が良かったとしても、意見の食い違いで犬猿の仲になってしまうことだってあるんだよ」
と、こう言われました。
まぁそうだろうなーと思います。

でも、私は、たとえ考えが違っても「人の意見に耳を傾ける」という気持ちや姿勢があれば、
まったく違う意見であっても「そっかー、そういう考えもあるのか」と受け入れることができるのではないかなと思います。
私はkgofbostonさんのお考えも一部は理解できるんですよ。
kgofbostonさんのお考えを全て否定しようとは思いませんし、実際していませんよね?
根本的な考えが異なるので、なかなか歩み寄ることは難しいとは思いますけれども。
でもkgofbostonさんは、私の意見に対し「あれはどうなんだ、これはどうなんだ」と攻撃(もしかしたらkgofbostonさんは攻撃をしているつもりはないのかもしれませんが、私にはそう感じ取れました)するようなコメントを書かれて来ました。

前のコメントのお返事でも書きましたが、私は学者でも研究者でもありませんから、
これ以上の議論は意味がないと思います。
私がいくら「安全な原発を!」と叫んでも、果たしてそういう方向に進んでいくのかどうかはわかりませんし、
私にいろいろ言っていただいても何の解決にもなりません。
そして、私はこの考えを変えません。


ところで、スパイ防止法についてですが。
「基本、公務員のスパイ行為を取り締まるという解釈で合ってますか?」と質問されていますが、これは違います。
公務員には守秘義務、職務専念義務という法律があり、公務員として働く以上はこの法律に縛られています。
これはある意味、スパイ防止法の役割を果たしています。

海上保安庁職員が政府の意向に逆らって中国の漁船との衝突映像をリークした件ですが、
これはそうですね。海上保安官は公務員ですから「尖閣諸島」のビデオを保安官の判断で公開したことは守秘義務違反に当たります。
なので処分を受けたのですね。

航空自衛隊幕僚長だった田母神氏は政府解釈と異なる論文出して幕僚長を更迭されましたが、これは守秘義務違反ではありません。
日本の近代史に関して日本政府の公式見解というものがあり、その見解とはまったく異なる論文を航空自衛隊幕僚長が民間の懸賞論文に応募した…といういことで更迭処分になりました。
文民統制(civilian control of the military)の見地から処分されたのです。
私個人の考えとしては、日本政府の公式見解の方に誤りがあり、田母神氏が書かれた論文の内容の方が正しいと思っています。

スパイ防止法とは、もちろん公務員対象にも行われますが、民間でも必要な法律です。
文明国でスパイ防止法を持たない国は日本くらいなものですよ。
動画をご覧になっていただいていたらおわかりであると思いますが、
大きな借金があったり、ハニートラップに引っかかったりして弱みを握られた電力会社の社員がスパイの手先になる可能性がある、ということです。
ものすごい借金があったのに急にどかーんと返済がなされたら怪しいと思いませんか?
そういう人間をチェックする機関がないってことですよ。
こんなに無防備な国は日本以外にありません。
まぁ、国防に関してはkgofbostonさんはかなり楽観的にお考えなので、なぜスパイ防止法がないことが無防備なのか、ご理解いただけないかもしれませんけどね…。


長くなってしまいましたが、私からは以上です。
改めて申しておきますが、私は「何が何でも原発推進派」ではありません。
原発を推進するならする、廃止の方向に持っていくなら持っていくで、それぞれ課題があります。

心配なさらなくても、おそらく日本の原発は減っていく方向に向かうと思いますよ。
こんな事故が起こってしまって、新しい原発の建設ができるとは思いません。
その代替エネルギーをどうするかは今後の課題でしょうね。
kgofbostonさんが言われるように3〜5年で代替エネルギーに全て変更し、原発をゼロにできればいいですね。



Posted by えいと@ at 2011年04月20日 09:29

>タロ芋さん。

自宅の電気を太陽エネルギーにされていることはいいことだと思います。
最近はコストも下がり、蓄電もできるんですか。ステキですね。

>店舗となると一般家庭と違いコストもさることながら100%を太陽光発電でまかなうのは難しいようで今は頭をかかえてる段階です。

そうなんですか…。
店舗の発電となると、電気料も大きくなりますものね。
100%太陽光発電は厳しいということなんですね。

>原発で発電した電気を使う事自体が危険と隣り合わせで、(利権がからんでしまうのがより不安)誰かの犠牲の上に成り立っているかもしれない状況は辛い。

かつての原子力の安全管理は本当にひどいものであったと、今回の事故で発覚しました。
それまで国民には全く知らされてこなかったことですよね。
利権ももちろんですし、こういういい加減な管理体制、いい加減な危機管理意識で運営されて来たのか…その結果、こういう事故につながってしまった…と思うと本当に悔しいし腹立たしく思います。

>子ども達の環境と、将来の為に そして、
>子ども達にとって「国を大切に思う気持ち」(日本は危険だから、嫌だから日本を捨てる、日本から逃げるなんて事になったら悲しい)を持ってもらいたい。

そうですね。
私も今回のことで強く感じたんです。
やはり国民がもっとしっかりしないといけないって。
何でもかんでも人任せ、政治には関心がない,事なかれ主義。
無関心な国民であることをいいことに、事実が隠蔽されてきてしまったのですね。
こういう日本人を作って来たのは戦後の教育の賜物です。
これを何とかしないとダメなんじゃないかって、
「国を大切に思う気持ち」をもっともっと子供たちに持ってもらうような教育をしていかないといけないんじゃないかなって思います。


>日本の原発を今すぐ全基停止するなんてのは結局は、それこそ自殺行為です。

そうですね。
廃止の方向に持っていくとしても、いろんな課題が山のようにあります。
それをどう解決していくか…これが問題ですね。

>反対派イコール左翼もありえませんし 推進派(早い話が得してる集団)にも左翼はいるはずです。

もちろん、反対派の方が全部左翼だとは思っていませんよ。
タロ芋さんのように、純粋に子供のこと、将来の地球のことを考えて反対されている方もおられますしね。

でもね、左翼の多くは「原発に反対」なのです。これは事実なんですよ。
リベラルで左翼な方は、環境汚染が心配だからという理由でエコをめざしますから「原発には反対」ですし。
そういうリベラルな考え方だったらまだいいのですが、
警戒しないといけないのが、本文に書いているような「日本を破壊しようとしている活動家」の過激な左翼たちなのです。
本文に書いている市民運動家の男性は「自衛隊反対、米軍は出て行け、憲法9条改正反対」で「原発反対」であり、「慰安婦問題は事実」「尖閣諸島は日本の領土ではない」と主張しているんですよ。
目的が明らかにですよね…?
タロ芋さんのように純粋に「原発に反対」される方々が、こういうイデオロギーを持つ団体に利用されて欲しくはない…と思っているのです。

私は「安全に管理できるのであれば原発を推進すべき」という考えを持っていますが、
けして得をするから賛成しているのではありません。
日本の安全保障の観点から、原子力をなくしてしまうことは日本の国益を損なうと考えているのです。
日本人は安全保障に関してはあまり深く考えていませんが、
私は重要なことであると思っています。

もし、原子力発電所をゼロにするのであれば、日本は核保有する、あるいは原子力潜水艦を持つべきです。
えっ! そんなこと…無理!…って思われますか?
日本は2回も原爆を落とされたのに、核保有なんてナンセンス!…って思われますか…?
世界が一斉に核を廃止する方向に持っていくのならいいのですが、そうではありませんね。
日本だけが原子力の知識も技術も失う方向に持っていく…ということの意味を考えないといけないと私は思うのです。

「原発に賛成」する方も「反対」する方も、けして感情的になってはいけないと思います。
今はこんな事故が起こって、ナーバスになっている方が多いと思いますが、
日本の将来のこと、環境やエネルギー、経済のこと,安全保障も含めて、
冷静に考えていかないといけない問題であると思います。


>もうすぐゴールデンウィーク
>日本の国旗がたくさんの家から揚げられるといいなと思います。

そうですね!
祝日には日の丸を掲げたいですね。
日本の祝日にはそれぞれに意味があります。
その意味をしっかりと子供さんに受け継いでいって欲しいな…って思います。

Posted by えいと@ at 2011年04月20日 10:11
>スパイ防止法とは、もちろん公務員対象にも行われますが、民間でも必要な法律です。
文明国でスパイ防止法を持たない国は日本くらいなものですよ。
動画をご覧になっていただいていたらおわかりであると思いますが、
大きな借金があったり、ハニートラップに引っかかったりして弱みを握られた電力会社の社員がスパイの手先になる可能性がある、ということです。

誤った認識で申し訳ありませんでした。民間に適用されるんですね。
今のところ、スパイ行為とやらの疑いがかかった人物を公民関わらず監視できるように、個人情報を警察なり公安なりが管理するってことになるのだと理解してます。(さらに間違ってたらすいません。)ま、もう少し調べてみます。

Posted by kgofboston at 2011年04月20日 15:21

>kgofbostonさん。

>今のところ、スパイ行為とやらの疑いがかかった人物を公民関わらず監視できるように、個人情報を警察なり公安なりが管理するってことになるのだと理解してます。

まぁ、大雑把に言えばそういう感じですね。
現在の日本はその法律がないので、スパイ行為の疑いがあるような人物がいたとしても、個人情報まで監視することはできないし逮捕することもできません。

アメリカなどはすごいですよ。
職業によっては3代くらい遡って身元調査がなされています。
軍や国家機密に携わるような関係の仕事などは、国際結婚ではねられますしね。
怪しい人間でなくても そういったバックグラウンドから警戒をし,綿密に調査が行われます。
スパイ防止法ももちろんあります。
以前、アメリカ東海岸の大学院の研究室から国家機密に関わるような情報を外国人留学生に盗まれたことがあるのですが、
この時は盗まれて自国に帰られてしまったらしいんですね。普段は怪しい人物ではなかったのでしょう。
しかし、その盗んだ人物をアメリカは永久にチェックします。
その人物はおそらく二度とアメリカには入国できません。
こういう事件が日本で起こったとしたら野放しになってしまうでしょうね。
怪しい人物を特定できたとしても法律がないので、簡単に日本の場合は再入国できてしまうでしょう。

スパイ防止法があったら「北朝鮮の拉致問題」も起こらなかっただろうといわれています。
犯人は特定できていたにもかかわらず放置してましたしね。法律がないので放置せざるを得なかったのですが。
今でも犯人に協力した人間が日本でのうのうと暮らしています。

日本はスパイにとっては天国のような国です。
日本の場合,国会議員の中にもスパイ、あるいは,スパイに買収された人間がいると言われています。
ある意味怖い国ですよ、日本って。

Posted by えいと@ at 2011年04月21日 11:30
こんにちは、いつも勉強になります。
 原子力発電、個人的には反対です。安全対策をしっかりやって続けてもらいたいです。
 卒論は風力発電でした。自然エネルギーの問題点は、30年近くなるけど変わらないみたいですね。

スパイ防止法は、絶対に必要性です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110421/chn11042118170004-n1.htm
Posted by masa at 2011年04月23日 09:40

>masaさん。

>原子力発電、個人的には反対です。

まぁ、確かにこんな大きな事故になってしまいましたからね…。
全面的に原発に賛成!…と言える人は今現在では いないと思います。

>安全対策をしっかりやって続けてもらいたいです。

そうですね。
今まで通りではなく、今まで以上にしっかり安全対策を行って欲しいですね。

>卒論は風力発電でした。自然エネルギーの問題点は、30年近くなるけど変わらないみたいですね。

そうなんですか、風力発電で卒論をお書きになられたのですか。
風力発電、どういう仮説のもと どういった結論に導かれたのでしょう?
良かったら教えてください。

自然エネルギーだけで日本の電力をまかなえるよう変更していくのは 数年では無理でしょうね。
30〜50年はかかると思います。
私は本文に書いていますが、安全保障の観点から原子力の研究を日本からなくしてしまってはいけないと思っています。
電力だけの問題であればいいのですが、原子力は核ですからね。
安全使用しないのであれば 日本では研究ができなくなってしまいますから…。


Posted by えいと@ at 2011年04月25日 14:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。