2011年03月31日

最悪のシナリオを想定〜「福島原発事故」は人災


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



今回は、まだまだ予断を許さない 福島原発について触れてみたいと思います。


まず、こちらの動画 ↓ をご覧になってください。
お断り : 福島県近辺にお住まいの方はご覧にならない方がいいかもしれません。これは可能性として考えられることではありますが、不安が増強する場合があるので そういった方はご覧になられない方がいいと思います。


  あえて最悪のシナリオとその対処法を考える【Part1】(63分52秒)


   あえて最悪のシナリオとその対処法を考える【Part2】(178分34秒)


気が遠くなるほど長い動画ですが大切なことがぎっしり詰まっています。


お時間がない方は、Part1の5分〜24分及びPart2の2分35秒〜38分をピックアップしてご覧になってください。


こちら ↑ では京都大学 原子炉実験所 助教の小出裕章氏により、


今後、考えられる原発事故の最悪の状態についての可能性を述べられています。


パニックを煽ったり怖がらせるために この動画を紹介するのではなく、


現実問題として、こういうことが考えられるのだということを知っておいた方がいいと思ったのでUPしました。


私自身、とても勉強になりましたし。(全部で4時間! 見ましたよぉ〜〜〜)


政府や東京電力、保安員の説明は 安全なのか危険なのか曖昧でわかりにくい部分が多いのですが、


こちら ↑ の小出裕章氏の説明はかなりわかりやすいので、お時間を作ってご覧になって欲しいと思います。


小出氏は原子力の専門家として 最悪のことも考えておく必要があると、学者の良心、信念で話されています。


「最悪の状態」…とても怖いです。


小出氏が言われている「最悪の状態」にならないよう祈るばかりです。



そして、Part2の1時間17分〜1時間50分も ぜひご覧になってください。


元岐阜大学医学部助教授の松井英介氏により内部被曝についての説明がされています。


「内部被曝」については 今の段階ではTVではほとんど取り上げられていません。


放射性物質が体内に入ると内部被曝をするわけですが、


何が怖いかというと身体の外に排泄されなかった放射性物質が、生きている間 永久に体内で被曝を繰り返すということなんですね…。


しかも内部被曝は「晩発障害」として症状が出るわけですね。


数年、数十年経過してから症状(肺癌、白血病 等)が出るということです。


できるだけ内部被曝しないように注意する必要があるんです。


放射性物質は目に見えないだけに難しいのですけどね…。


これらのこと ↑ をふまえてPart1の29分33秒〜36分30秒をご覧いなっていただけると民主党の枝野官房長官の説明がいかに曖昧であったかがよくわかります。


こんな風に安全なのか、そうでないのか,国民はどうしたらいいのかの明確な指示がないことで、


余計に国民を不安に陥らせているとしか思えません。



この動画 ↑ に出演されている方々は原発は危険だから廃止にすべきというスタンスのようです。(Part2の最後の方で議論されています)


原発の是非については しっかり考える必要があるのですが、


原発は危険! だから廃止だっ!…という簡単な問題ではないと私は思っています。


あらかじめ言っておきますが私は原発賛成派でもないし反対派でもありません。


私は「危険な原発」には絶対に反対です。


そしてヒステリックに「危険だから反対!」と ただ叫ぶことにも反対です。


もちろんこのような事故が起こってしまったことは悲劇ですし残念です。


しかし原発を全部 即座に停止しろ! 廃止しろ!…って言われる方は日本から原発をすべて排除した後のことはどうお考えなのか。


代替エネルギーはどうするのか? すでに使用している核廃棄物はどう処理するのか?


そして,何よりも原子力発電所を廃止することで 核の知識や技術を捨てることになるが 安全保障上はどうなのか?


そういうことまで考えた上で「賛成 or 反対」をするべきではないか?…と思うのです。


日本は地震が非常に多い国です。


今回はマグニチュード9.0に加え、大津波が襲うという未曾有の大災害が起こってしまいました。


今後も今回のような大きな地震が来る可能性があるということを考えて、


これからの原発のあり方を考える必要があると思うのです。



上の動画 ↑ では太陽、風力、水力、火力エネルギーで全てのエネルギーを代替できると言われていますが、


私は現在の生活や経済力を維持するためには 太陽、風力、水力、火力エネルギーだけでは無理があると思っています。


なぜ無理だと思うのか…ということについては、長くなるので,機会があればいつか記事にしたいと思います。



とにかく危険だから原発に反対!…と 単に反対するだけなら誰にだってできることです。


電気の供給、経済活動、安全保障を含めて、今後の日本のエネルギーについて真剣に考える必要があると思うのです。


その前に、今の政府で本当にいいのか、民主党に任せていて日本は甦るのかを考えないといけません。


地震は天災ですが民主党の危機管理は人災です。


同盟国であるアメリカとの関係に亀裂を入れ、


事業仕分けで災害対策費用や 原発のメンテナンス費用を削り、


「安心だけど注意しろ」と国民を惑わすような説明しかせず、


総理大臣が司令塔として全く機能していない民主党…!


 genpatuminsyu.jpg
      完全に一致より画像をお借りしました。



こんな危機管理のない,国民を守ろうとしない党を政権与党にしたのは まぎれもなく日本の有権者です。


有権者自身にも責任があるということなんですね。


政治は誰がやっても同じではないということを肝に銘じなくてはなりません。


このことを、私たちは教訓にしないといけないと思います。



そんな中、自民党が「野菜は安全」とアピールしてくれています!

「野菜は心配ありません」
福島第1原発の放射能漏れ事故の影響で野菜への風評被害が広がる中、自民党の逢沢一郎国対委員長ら有志議員が30日、党本部で東北・関東の野菜を食べる会を開いた。
茨城、福島両県産のキュウリや栃木県産のトマトなどを地元出身議員が持ち寄り、おいしそうに食べて安全性をアピール。
茨城を地盤とする永岡桂子衆院議員は「市場には安全なものしか出回っていないことを知ってほしい」と呼び掛けていた。

   「野菜は安全」とアピール=自民 jijiドットコム


ホントに…どっちが政府与党やねん。。。って言いたくなりますね。


こんな風 ↑ に出荷されている野菜は「食べて良し!」ってきっぱり言ってくれたら安心できるのです。


民主党が言ったように、市場に出回っている野菜を「摂取制限」するなどは もっての他ですっ!(怒)


国民の食を守るのも、不安を取り除くのも政府の役割でしょうがっ!(怒)


本来だったら菅総理自身が 厚生大臣時代にカイワレを食べたように 東北の野菜を食べて 国民に安心してもらうべきでしょう?


ぜんぜん政府としての役割を果たしていない=民主党です!


こういうことを 我々は忘れないようにしないといけませんね。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


     nissekibokin.jpg
        >>日本赤十字社の募金、義援金HP
posted by えいと@ at 09:23| Comment(31) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、えいと@さん。

原発の問題、かなり深刻になってきましたね。自分なりに情報を得ていたつもりですが、専門家の間でも捉え方が随分違いますね。また、判らなくなりました。
今回は自然災害と人災の両方と言っても、究極的な安全を何処までコントロールできるかが問題です。人は安全が守られれば、無かったように忘れてしまいます。
今回の様な原発事故は今後も可能性があります。京大の助教授が言っている様に700キロ圏内の生活圏が失われると日本は終わってしまいます。

ただ素人の考えですが、広島、長崎の原爆で起きた核種の放射能汚染と福島との総合比較はどうなんでしょうか? 原爆は95%の濃縮ウランで、原発は25%のウランを使用していると聞いています。また、広島も長崎も廃墟にはなっていません。まあ、癌の発生率は多いといっていましたが、日本は癌の死亡率は高い国です。

まあ、原発に替わる代替エネルギーがあればいいですが・・。メタンハイドレードが日本の近海に大量にあるそうですが、まだ採取の段階でコストの問題もありますね。 素人が考えても問題解決にはならないかも知れません。
Posted by 夢見る親父 at 2011年03月31日 13:49
わーーわたしも、この、動画みましたあーー紹介しようっておもっていたら、ここにのっていたので、なんだか、うれしかったですー!!

この動画のなかでもいっているように、「今後の対策が、っ政府にできているのか??」

っていうことがきになります。

わたしみたいな、素人でもそうおもうのですから、やっぱり、かんがえているのでしょうね。。。。
っておもいたいんですけど、

だいたい、まだ、避難所にいるかたたちの住居の確保もされていないようだし、、長期場になるに、ちがいないのだから、とっとと、緊急住居を確保する委員会とか、つくればいいのに、、っておもいます。

原発については、、こうなる前からずっとかんがえているんですけど、、、

完璧な準備がないかぎり、いまのままでは、すすめてはいけないのでは、、っておもいます。代替エネルギーの開発をすすめられないのでしょうか?
まあ、いろいろな問題があるんでしょうけど、いろいろなシュミレーションをたててほしいですわ。災害についての、、だいたい、しろうとでも、地震津波って、いっしょくたに、かんがえますよね。
その対処ができていなかったことのほうが、びっくらです。そんな対処で、よくもまあ、あんな危険なばしょにたてたか、、と、

今回も、地震では びくともしなかったとか、、津波によって、冷却作用ができなかったこと、、などといっていますけど、そんなの、考えられる、シュミレーションですよね。

っていうことは、もっと、ほかに、いえないようなことがおきたとしか、いいようがないですよねー。

だから、陰謀論。。とかも、かんがえちゃうんですよ。。。

って、こうしてかいていて、おもってしまいました。。

(ああ、熱くなってしまいましたわ。。爆)

どっちにしても
、こうやって、起こったっことを、こーっだったら、とか、あーだったら、、とかいってもしょうがないので、これからのことを、かんがえなければですね。

だから、政府なんですけど、、(爆)話がもどってしまいましたわ。。
Posted by のんちゃん at 2011年03月31日 16:03
アロハ〜!
今日、東電の会長さんがインターネット記者に、事故の中マスコミのトップを連れて、中国旅行に行っていたそうですが、旅費は東電持ちですか?と質問されてる動画がアップされてました。
http://www.youtube.com/watch?v=oWnkLKpPYls
マスコミを買収ですかね〜。
いずれにせよ、会見聞いてても、スキッとしない。。
じゃあ、なんなの?危険なの?危険じゃないの?
?マークばかりの言葉の綾ずくしで。。
やることなすこと、日本国を潰そうとしてるとしか思えないですよね。
アハハ〜!マークがおかしい〜!!そのものですね〜!!
Posted by モリオリママ at 2011年03月31日 21:07
えいと@さん、こんにちは〜★

被災地支援もそうですが、原発関連の情報の曖昧なこと…
えいと@さんが上げて下さった記事&動画で、
ようやく「なるほど☆」と思えるようになりました。
まず落ち着いて、でも楽観せず…
心を鍛えて、備えることが必要ですね。

で、今日のエントリをぜひ紹介したく、
リンクを貼らせていただきました。
http://babonotsuredure.blog.shinobi.jp/Entry/874/
事後報告で申し訳ありません。

原発の処理では、現場の作業員の決死の作業が続いています。
それなのに東電も政府も、アメリカからのアドバイスを無視して、
作業員の血液幹細胞も採ってないそうです(泣
作業の安全確保に必要な、線量計も満足に設置できてないみたいで……
どうにか増設できないのでしょうか…と
思ってしまいます。
Posted by さどつおる at 2011年03月31日 21:41
政府 自治体 大企業ほか 売りつけているアメリカなどたくさんの人たちが 甘いシルを吸う為に
地震国の日本に
必要以上の原発が建っている事

あらためて 原発を考えるときでしょうね

Posted by はちきんイジー at 2011年03月31日 22:07
確かに原子力発電があったからこそ、日本もここまで成長したんでしょうけど、考えるべきです。

起こり得る確率を出した方が・・・もっともだと思います。
大丈夫、大丈夫と言って悪化するから不安になるだけじゃなく、福島の人達は、いつか爆発する、と思ってる人達も多いんですよ。
祖母はそうなっても年寄りだから、自分の土地に留まる、って事まで言い出しちゃってるし・・・。
そんな気持になってる人達の心、お偉いさんはどう思うの?と問いたい気分で一杯です。
Posted by ree at 2011年04月01日 02:32
まだビデオは見てないんですが、絶対見ます!
ビデオみてからコメいれたかったんだけど、
いれそびれないうちにいれときます!!

私も、えいと@さんの意見すんごいわかるんですよね〜、
原発反対と口で言うのは簡単だけど、皆はホントにその意味をわかってるのかなと???(私も反対ではありますが。。。)
今までさんざん電力に頼ってきた日本人、計画停電にさえ不満をもらす人もいる中(私は海外にいるから偉そうなこと言えないけど)
突如原発がなくなって電力がすぐ供給できなくなって困るのは国民なんじゃないかなって思うんです

もちろん、ゆくゆくより安全なエネルギーにとってかわってくれれば一番いいんですけどね。。。

私もこの話をブログに書こうかな〜って思ってたんですが
うまくまとめれるかわかりませんのでえいと@さんのこのブログのリンクを紹介させてもらいないと思いますが大丈夫ですか?
Posted by Frau Kuritan at 2011年04月01日 06:56
たびたびお邪魔します。

現在屋内退避措置のまま、
文字通りの「兵糧攻め」になっている
南相馬市の市長さんが、
YOUTUBEを通して、世界の方々に救援を求めています。
http://www.youtube.com/watch?v=70ZHQ--cK40
日本国民を見殺しにする現政権を
これ以上許すわけにはいきません。

Posted by さどつおる at 2011年04月01日 13:11
こんにちは(>_<)!☆

もう血圧上がりっぱなしですよ〜
ほんとに一体菅さんは日本をどうする気なんでしょう?
この期に及んで廃炉にしたくないからと画策してるんでしょうか?
しろうとの私から見ても『キチガイか?』と思いますよ。
国益を考えたら、まず放射性物質の流出を防ぐことを念頭に考えるんじゃないですか?
米軍に頼むべきじゃないですか?
一刻も早く収束させることを考えますよね?
長くなればなるほどいろんな影響が出てきますよね?
今週の文春でも 『なぜ原発に米軍を触れさせたがらないのか?』で
「原子力行政に米国を介入させたくない」「メンツ」「東京電力に判断を投げた」
「原発の再稼働に色気がある」など諸説があるが『明確な理由はわからない』 
とありました。
スリーマイルは7日、チェルノブイリは10日でケリがついたそうです。
福島は? もう20日ですよ。
しかもスリーマイルは1基でしたけど福島は4基もあるんですよ。
どうも…収束させるように向いてるとは思えないんですよ。
当初、東電がアメリカやフランスに泣きついたら政府に拒否されたと聞きました。
拒否ってなんでしょう? 
で その結果がこれですよ。 
もう今の段階だと政府による人災です。
そのくせ…事故後の対応のスピードは遅いくせに
野菜や原乳は『すぐ』「出荷停止」ですもんね。
「出荷停止」されたら市場に出ないから買いたくても買えないんですよ。
「直ちに影響はない」と言ったところで選択の余地がないんですよ。
私もせめてお野菜を買いたいと思ってたんですけどね。
福島のアンテナショップは売上30%増とか聞きましたけど
みなさん同じこと考えてたのかもしれません。
原発が落ち着かないと国民も落ち着かないですよね。
これからの日本の方向性が見えないですよ。
被災地の救援といい国が何を考えてるのかさっぱりわかりません。

あ ビデオはこれから見ますね(*^。^*)
Posted by リボン at 2011年04月01日 13:31
しっかりと先を見据えた議論と対策が急務の時です。
しかし、未だにTVに出てくるのは原発推進派の御用学者達ばかり。
ウンザリです。
チェルノブイリの事故があった当時、高校生以上だった人なら
誰もがあのチェルノブイリを遥かに越えていると解ってますよ。
曖昧な発言…というよりも言い繕いなんぞせず、原発を推進する
以上、口先で騙すことに必死になってないで、100%の安全性を
追求することに命をかけろ!と、言いたいです。
推進することで莫大なお金を貰っておきながら、最悪のケースを
想定したことがないとか、遠隔操作で作業できるようなロボット
を開発してこなかったとか、TVに出て来る学者や専門家やらは
今まで何をしてきたのだ!

私は40歳を過ぎたし、もう十分人生を楽しんだ感があるので
特別長生きしたいとは思いませんが、まだ小学校にも上がって
ない甥や姪を思うと涙が出そうです。
30代の夫が「俺はまだ死にたくない」と、こぼした言葉にも
胸がえぐられるようでした。

経済大国と言われてきた日本ですが、この先はドンドン貧しく
なっていくことでしょう。
それとは逆に、原発被害による病人は増え続けるでしょう。
そのとき、確かな医療が受けられるのか?

諸々を含め、原発を考えるって簡単な事ではないですよね。
スグに停止させられるものでもないし、停止したからといって
ゼロになるわけでもない。
使用済み核燃料という爆弾が存在し続けるんですものね。

福島原発が史上最悪の事故になったのは、東電の怠慢と民主の愚行
によるものですが、利権に群がるばかりで本当の安産対策を
軽視してきた日本という国にも国民にも問題があると言えますね。

だって、もんじゅの事件&現状を知っている人が何人いるかしら?
青森県の六ヶ所村に使用済み核燃料がどれだけ集められているか
知っている人がどれだけいるかしら?

原発を推進する側は、それこそ全てを公開する責任があるし、
反対する側は、それに換わるエネルギーをどうするか具体案を
出す義務がありますよね。


嗚呼…いずれにしても、もう胸一杯の深呼吸が出来ない現実が
悔しい。
杉花粉はイヤ〜〜、と呑気に言っていた頃を返して欲しい。

Posted by たまてん at 2011年04月01日 14:26
私もえいと@さんの原発に対する考え方と、まっったくいっしょです!
あまりにも同じでビックリしたぐらいw

>原発は危険! だから廃止だっ!…という簡単な問題ではないと私は思っています。あらかじめ言っておきますが私は原発賛成派でもないし反対派でもありません。

私もそうです。
原発危ないのは十分わかってます。でも資源のない日本は原発なしでは今のところ成り立たないと思います。対案がありません。
私がもし原発に反対するなら、それに対する対案を持ってから、と思っています。

危険な原発なしでエネルギーを供給できる方法が見つかり、そしてかつそれが実現可能ならば(資金・土地・安全性諸々含め)、危険性の少ないエネルギーにシフトした方がいいだろうな、とは思います。
しかし今の日本にとってそれは不可能だし、非常に非現実的です。
だから、原発反対を声高に叫ぶ人たちに、それでは原発をなくして日本はどうしたらいいのですか?と聞きたいです。
私は原発賛成!といっているわけでもありません。
原発は今の日本には必要不可欠だと思うので、温存しつつ、なくしていく方向で考えた場合に、どのような代替エネルギーが現実的に存在しうるかを研究していくことが今はベストかな、と思っています。

そういう観点からも、私は原発の問題は賛成or反対とハッキリ決める問題ではないし、その必要もないように思います。
Posted by ビバちゃん at 2011年04月01日 21:19

>夢見る親父さん。

>原発の問題、かなり深刻になってきましたね。自分なりに情報を得ていたつもりですが、専門家の間でも捉え方が随分違いますね。また、判らなくなりました。

そうなんですよね…。
専門家の中でも意見がいろいろわかれるんですよね。
だから余計にわからなくなってしまうのですが…。

>今回は自然災害と人災の両方と言っても、究極的な安全を何処までコントロールできるかが問題です。人は安全が守られれば、無かったように忘れてしまいます。
>今回の様な原発事故は今後も可能性があります。京大の助教授が言っている様に700キロ圏内の生活圏が失われると日本は終わってしまいます。

この最悪の700キロ〜ということになれば、それこそ最悪で大変です。
関東のみならず大都市の名古屋もダメですし、関西まで汚染範囲に入ってしまいますからね。
こうなると…もう日本が終わる…ということになるでしょうね…。

>ただ素人の考えですが、広島、長崎の原爆で起きた核種の放射能汚染と福島との総合比較はどうなんでしょうか? 

広島、長崎の核に関する研究が、実はしっかり行われてこなかったと聞きました。
アメリカはしっかり情報を取り、研究したようですが、
日本は戦後、核に関してのアレルギーの凄まじさがあり、しっかりとした研究がなされなかったようです。
大まかな違いはわかっても根本的な違いは不明でしょうね。
アメリカに聞けばどうか…とは思いますが、核についての情報はいくら同盟国でも簡単にはくれないでしょう。

>原発に替わる代替エネルギーがあればいいですが・・。

これはなかなか難しいでしょうね。
自然エネルギーだけに依存することは不可能でしょうし。
石油も、中東情勢を見てるとかなり怪しくなってますしね。
今までのように簡単には石油が日本に入って来なくなるでしょう。

>メタンハイドレードが日本の近海に大量にあるそうですが、まだ採取の段階でコストの問題もありますね。 

メタンハイドレートは石油の利権があって、なかなか開発の予算が降りないようですね。
そして、軍事力を高めないと開発は不可能です。
日本海、東シナ海でメタンはイドレートの開発をはじめようとすると、中国、韓国、ロシアが黙ってるはずがありません。
やはり軍事力がモノを言うのですよね。
軍事力が弱い国は、威嚇されると強く出られないんですよね。(今までがそうだったように…)
戦争にならないように上手に外国を威嚇するのも、国防であり、国民のためなんですけどね。。。
このあたりことをリベラルの人はぜんぜんわかってないのですね。
エネルギーを確保するにも国力がモノを言うってことなんですけどね。


ところで、最近しばらくお見えになられてなかったので、ちょこっと心配しておりました。
もしかして、前のコメントのお返事で「経済のことをコメントで書かれたら困る」と書いたからかな…?って思っていました。
あの後、他の方から「夢見る親父さんと えいと@さんのやりとりが勉強になりました」というコメントをいただいたんです。
あぁ、なるほど、コメント欄のやり取りを読んでくださる方もいて、
それで「なるほどな〜」って思う方もおられるんだということを知りました。

なので、夢見る親父さん。
経済のこと,今後もどんどん書いてください。
私は、そんなに経済には強くないのですが、
わからないことは、夫に聞きながらコメントをお返ししますので。

今後もよろしくお願いします♪


Posted by えいと@ at 2011年04月02日 10:42

>のんちゃん。

>この動画のなかでもいっているように、「今後の対策が、っ政府にできているのか??」っていうことがきになります。

ですよね。
ものすごーっく気になります。
…てか、できてないんじゃないんじゃないかなって思いますわ。。。

>まだ、避難所にいるかたたちの住居の確保もされていないようだし、、長期場になるに、ちがいないのだから、とっとと、緊急住居を確保する委員会とか、つくればいいのに、、っておもいます。

そうそう!
「節電大臣」とか、いらんポスト作らんでええ!…っちゅーねん!(怒)…あ、関西弁、ごめりんこー。(笑)

>完璧な準備がないかぎり、いまのままでは、すすめてはいけないのでは、、っておもいます。代替エネルギーの開発をすすめられないのでしょうか?

そうなんですよね。
100%安全な原発はないかもしれないけど、限りなく100%近く安心な原発でなかったら造るべきではなかったですよね…。
でも、もう造っちゃったんですよね。
その便利さ快適さ、コストの安さに、日本人全員が慣れちゃいましたし。

でね、事故が起こりました=危険!=もう原発はやめましょー!
…って簡単な話ではないのですよね。
石油,石炭だとやはり公害は問題だし、事故もあるし。
他の自然エネルギーだけでは絶対に供給量が足らないんですよ、コストもメチャクチャ高くなるし。

>その対処ができていなかったことのほうが、びっくらです。そんな対処で、よくもまあ、あんな危険なばしょにたてたか、、と、

場所に関しては、北朝鮮やロシアのことがあって、できるだけ日本海側には造らないように…ってことだったようです。
原発が日本入って来たのは冷戦時代でしたしね。

中部大学の武田邦彦先生のこの動画、のんちゃん見た? ↓
http://www.youtube.com/watch?v=jyou9oG1qBg&feature=related(12分31秒)
http://www.youtube.com/watch?v=YDcYUlTHYyQ&feature=related(6分52秒)
まだ見てなかったらぜひ見てみて。
日本の本質を指摘されています。
警察と泥棒が一緒くたになってるような組織が「原子力保安員」なんですね〜。
こんな状況で、よく「原発は安全」だなんて言えたなと思いますね。

>だから、陰謀論。。とかも、かんがえちゃうんですよ。。。

東電のトップや保安員は、結局は利権ですよ。役人根性ですね。
陰謀論は、私は民主党にあると思いますね〜。
この事故をうまく利用して,国を破壊してやろう〜って思ってるんじゃないかな…って疑っています。

Posted by えいと@ at 2011年04月02日 11:08

>モリオリママさん。

>マスコミを買収ですかね〜。

してるんでしょうね。
今までもそうだったのでしょう。
安全だって言い切って来たのも、マスコミを使ってですし。

あるTV局が昔、原発のこと(危険性とか)を番組で扱ったことがあるんですが、
その後、東電がスポンサーを降りたんですって。
そういう圧力があるってことなんですね。
問題提起をすると、スポンサーを降りる。
こんなことがあったら、スポンサーの顔色を伺うような番組しか作れないですよね。

>やることなすこと、日本国を潰そうとしてるとしか思えないですよね。

東電は日本を潰してやろう〜とまでは思ってないと思いますよ。
結局は利権と利益でしょう。
こういう安全保障にも関わるような原発を、民間だけに任せておくことに大きな問題があると思います。

国を潰してやろう〜と思ってるのは…言わずとしれた民主党です。
この政党は本当に怖いです。
静かなる赤軍だと、私は思っています。

Posted by えいと@ at 2011年04月02日 11:17

>さどつおるさん。

>被災地支援もそうですが、原発関連の情報の曖昧なこと…
>まず落ち着いて、でも楽観せず…心を鍛えて、備えることが必要ですね。

そうですね。
人間は、はじめに安心しておいて、後にドッカーンとショックなことがあるよりも、
はじめに最悪の事態を知っておいて、結局は「ここまでですんだ、良かった」と思う方がよほど精神的に楽なんですよね。
そういう心理的なことも考えて報道して欲しいですよね。

>で、今日のエントリをぜひ紹介したく、リンクを貼らせていただきました。

おぉ、ありがとうございますー!
事後承諾でも何でもOKですよん。

>原発の処理では、現場の作業員の決死の作業が続いています。
>それなのに東電も政府も、アメリカからのアドバイスを無視して

なぜ、アメリカのアドバイスを受け入れないのでしょうか?
だって、核に関してはアメリカの方がよほど情報を持っているんですよ?
事故が起こった時もアメリカはいろんなデータをもとに対処してるんです。
実際にスリーマイル島での事故がありましたし、核実験もやってるわけですしね。
情報は日本の比ではないほど持ってるのに…。
なぜ素直にアドバイスを受けないのか…。

本当に日本の対応には疑問がいっぱいですね。
だいたい、こんな安全保障に関わる原発を、一民間だけに任せていたというのが恐ろしいです。

↑の「のんちゃん」のコメントのお返事に貼付けた動画、もしご覧になってなかったら見てみてください。
日本の管理体制のずさんさに愕然としますよ。。。

Posted by えいと@ at 2011年04月02日 11:28

>はちきんイジーさん。

>政府 自治体 大企業ほか 売りつけているアメリカなどたくさんの人たちが 甘いシルを吸う為に地震国の日本に必要以上の原発が建っている事

アメリカは自国の国益のため、そして日本は政府や一部の企業の利権のために取り入れた原発ですが。
そのおかげで日本人は低コストで電気が使え、日本の産業が発展して経済大国になった…というプラス面もあります。

>あらためて 原発を考えるときでしょうね

地震が多いこと、原発の危険性も考えあわせての対策がもっともっと必要だったのですが、
それがなされてこなかったことに問題があると思います。
原発の是非はしっかりと考えないといけないでしょうね。

Posted by えいと@ at 2011年04月02日 11:33

>reeさん。

>確かに原子力発電があったからこそ、日本もここまで成長したんでしょうけど、考えるべきです。

そうですね。
お金をしっかりかけて、震度7にも耐えうる物を造っておけば、
万が一のことがあった場合に、きちんと対処ができるという危機管理ができていたら…。
これは人災です。そう思うと本当に悔しいし悲しいです。

お偉いさん…。
原発が壊れるほどの大きな地震や災害が起こるはずはない…と、本当に信じ切っていたのでしょうか…?
そうだとしたら危機管理がなさ過ぎです。
こんな危機管理しかできない国は、原発を持つ資格はないでしょうね…。

根本的なことを変えないとダメですね。
自分たちの利益のためだけに、国民の命が犠牲になる…。
こんな国であっていいはずはありません。

危険な原発というのは、原発そのものの設備だけでなく、
扱う人間の危機管理意識、国や国民を守るという意識の高さが欠如している、そういうことだと私は思います。
危険な原発はいりませんね…!

Posted by えいと@ at 2011年04月02日 11:42

>Frau Kuritan さん。

>まだビデオは見てないんですが、絶対見ます!

長いけど頑張って見てね〜。
時間がなかったら、本文に書いてあるところだけでもピックアップして見てみてくだされ。

>原発反対と口で言うのは簡単だけど、皆はホントにその意味をわかってるのかなと???(私も反対ではありますが。。。)
>今までさんざん電力に頼ってきた日本人、計画停電にさえ不満をもらす人もいる中(私は海外にいるから偉そうなこと言えないけど)
>突如原発がなくなって電力がすぐ供給できなくなって困るのは国民なんじゃないかなって思うんです

そうなんです。
言うは易し〜なんですね。
計画停電での不便さは思いっきり感じておられると思いますが、
この計画停電はあくまで一時的なことなんですよね。
もし、東電だけでなく,関電や九電の原発も全部とめてしまうのであれば、
どれだけの電力が不足するか…!
それが何十年も続くのです。
それに耐えられるのか…ってことなんですよ。

>もちろん、ゆくゆくより安全なエネルギーにとってかわってくれれば一番いいんですけどね。。。

100%安全なエネルギーなんて実はないんですよね。
火力発電は空気汚染が著しいでしょう? 石油はタンカー事故などで海を汚染することだってあるし。
石油が今後も安定的に日本に輸入できるか…って言えばNOですよね。
水力は、もうダムを造る場所が日本にはないんです。
人間が住む近くにダムを造ろうとすると、反対運動がすごいでしょう?
風力は,騒音以外にも人間の耳に聞こえない超音波を発してて大きな健康被害があるんですよ。
その裁判がアメリカで起こっています。
太陽高熱はコストがね…あまりにもかかりすぎるし、お天気の悪い梅雨の時期などは電力が不足する可能性が出て来ます。

日本の原発での発電は3割くらいらしいのですが、
その3割を原子力以外で発電しようとしても、なかなか…。
コストがすごくかかる割にエネルギー効率が良くないのですよね。

まぁ、難しいですよ。
結局、こんなに便利な生活に慣れちゃって、それで経済大国になった日本があるってことを忘れちゃいけないってことです。
反対するのは簡単だけど、じゃ〜廃止した後どうするの?
ビジョンもないのに反対するのは誰にだってできます。

>えいと@さんのこのブログのリンクを紹介させてもらいないと思いますが大丈夫ですか?

ぜ〜んぜんOKでございますよ〜〜〜。どぞどぞ。(^^)
多くの方に知っていただきとうございます。


Posted by えいと@ at 2011年04月02日 12:01

>さどつおるさん。

>現在屋内退避措置のまま、文字通りの「兵糧攻め」になっている南相馬市の市長さんが、YOUTUBEを通して、世界の方々に救援を求めています。

本当にひどい…!
もう3週間も経過したというのに、なぜ物資が届かないのでしょうか…?
反自衛隊の辻元清美ボランティア補佐官は何をしているのでしょうか?
見殺しじゃないですか…!

もう許せません。。。
こんなまったく政府として機能していない素人政権はいりません!

Posted by えいと@ at 2011年04月02日 12:10

>リボンさん。

>もう血圧上がりっぱなしですよ〜

この政権がやってることを知る度に血圧がババーンと上がっちゃいますよね。

>国益を考えたら、まず放射性物質の流出を防ぐことを念頭に考えるんじゃないですか?
>米軍に頼むべきじゃないですか? 一刻も早く収束させることを考えますよね?
>『なぜ原発に米軍を触れさせたがらないのか?』で
>「原子力行政に米国を介入させたくない」「メンツ」「東京電力に判断を投げた」「原発の再稼働に色気がある」など諸説があるが『明確な理由はわからない』 とありました。

確かに原子力はおいそれと外国に公開すべきものではありません。
でも、今回の場合はやむおえなかったのではないかなと思います。
だって、はじめの段階でもうかなりヤバい状況だった…と、今になってわかってきましたからね。
だったら、アメリカの協力を受け入れるべきだったのです。
アメリカには原子力の事故の対処のノウハウがあります。
この緊急時には、そのノウハウを借りることが必要だったのでは…と悔やまれます。

>当初、東電がアメリカやフランスに泣きついたら政府に拒否されたと聞きました。
拒否ってなんでしょう? で その結果がこれですよ。 
>もう今の段階だと政府による人災です。

本当に完全に人災ですね。
東電の管理体制や、かつての管理委員会や保安員の体勢にも大きな問題があります。これも人災のうちのひとつです。
しかし、政府が事故の後にやってることをみると…ホントに解決する方向に持っていってるのか…?って疑いたくなります。
わからないように徐々に混乱させ、わざと福島原発を再起不能な状態に持っていこうとしているのでは…?って疑ってしまいますよ。。。

>「出荷停止」されたら市場に出ないから買いたくても買えないんですよ。
>「直ちに影響はない」と言ったところで選択の余地がないんですよ。

直ちに影響はない…この言い方は本当に混乱を招く言い方であるし、責任逃れをするために言ってますね、枝野氏は。
もし、本当に野菜が放射能汚染されている場合は「出荷停止」はやむを得ません。
放射能汚染されてるのに出荷することの方が問題です。
動画に出て来ますが「内部被曝」が怖いのです。
洗い流せませんからね。いったん体内に入ると「生涯、体内で被曝が続く」わけですから。

でも「摂取制限」はひどすぎますよ。
一般人にどう判断しろっていうのでしょう。
だから、出荷している野菜は全て安心だとメッセージを出すべきなのです。
それをしない民主党。
国民をわざと混乱させているとしか思えません。

>ビデオはこれから見ますね(*^。^*)

長いですよ〜〜〜頑張ってみてくださいね。
時間がない時には、本文に書いているところだけピックアップしてご覧になってくださいね。

Posted by えいと@ at 2011年04月02日 12:27

>たまてんさん。

>しっかりと先を見据えた議論と対策が急務の時です。
>しかし、未だにTVに出てくるのは原発推進派の御用学者達ばかり。ウンザリです。

そうなんですか…。
地上波では推進派の学者はどんな風に言っているのでしょうか?
こんな状況になっても「安全だ」と言っているのでしょうか…?

>曖昧な発言…というよりも言い繕いなんぞせず、原発を推進する以上、口先で騙すことに必死になってないで、100%の安全性を追求することに命をかけろ!と、言いたいです。

その通りです。
造る限りは100%に限りなく近い安全な原発でなくてはなりませんでした。
100%に限りなく近い安全な原発を造るには、今どころではないくらいのコストがかかります。
税金の投入ももっとしなくてはなりませんでした。
国民の「核アレルギー」をどうやって抑え、安価なエネルギー供給ができるかを考えて来た結果がこれです。

>推進することで莫大なお金を貰っておきながら、最悪のケースを想定したことがないとか、遠隔操作で作業できるようなロボットを開発してこなかったとか、TVに出て来る学者や専門家やらは今まで何をしてきたのだ!

結局は自分の身を守るため…だったのでしょう。
電力会社はできるだけ危険性を表に出されたくはないと思いますよね。だって利益に関わりますから。
現に、あるTV局が「原発の危険性」のような番組を放送したとたん、東電はスポンサーを降りたそうです。

そして、学者もね、動画の中で司会者がちょっと触れていましたが、
「原発の危険性」をあからさまに訴える学者は干されるのですよ。
この京大の原子炉実権助教授の小出裕章氏は、長年、原発の危険性を研究していた方ですが、
いまだに助教です。昔の助手ですよ。
動画での小出氏の説明を聞いてますと、ものすごく優秀な方であることが伺えます。
しかし、原発に反対するような研究論文を出しているということで干されてしまうのです。
こういう現実が日本にはあるんですね。。。

>経済大国と言われてきた日本ですが、この先はドンドン貧しくなっていくことでしょう。

でしょうね…。
この震災で日本の経済は間違いなく落ち込みます。
そして,今後は原発の反対運動が起こり、新たな原発はもう造れないでしょうね。
そうなると…エネルギーがどんどん下がり、もっともっと経済は落ち込むでしょうね。

>福島原発が史上最悪の事故になったのは、東電の怠慢と民主の愚行によるものですが、
>利権に群がるばかりで本当の安産対策を軽視してきた日本という国にも国民にも問題があると言えますね。

その通りです。
日本人自身の責任も大きいと思います。
「広島」や「長崎」の件があって、日本人には「核アレルギー」を持つ人が多いと思います。
その「核アレルギー」が,原発をしっかり知る、ということから遠ざけて来たような気がします。
反対するだけで知ろうとしない、そんな国民像が見えますね。

>原発を推進する側は、それこそ全てを公開する責任があるし、
>反対する側は、それに換わるエネルギーをどうするか具体案を出す義務がありますよね。

その通りです。
賛成するにも反対するにも、問題は山積みです。
しっかり議論しないで、ただヒステリーに「反対!反対!反対!」と叫んでいる人が増えたことがものすごく懸念材料です。
とにかく冷静にならなければ!
将来の日本をどのようにするか、しっかり議論して結論を導かないといけないと思います。

>嗚呼…いずれにしても、もう胸一杯の深呼吸が出来ない現実が悔しい。
>杉花粉はイヤ〜〜、と呑気に言っていた頃を返して欲しい。

本当ですね…。
そういえば、花粉症対策費用も民主党の事業仕分けで削られてましたよ。
麻生政権時代に計上された花粉対策費100億円が 事業仕分けでたったの2億円になったそうです。

Posted by えいと@ at 2011年04月02日 12:53

>ビバちゃん。

>私もえいと@さんの原発に対する考え方と、まっったくいっしょです!
>あまりにも同じでビックリしたぐらいw

ホント? そうなんだ〜〜〜。なんか嬉しい♪

>原発危ないのは十分わかってます。でも資源のない日本は原発なしでは今のところ成り立たないと思います。対案がありません。
>私がもし原発に反対するなら、それに対する対案を持ってから、と思っています。

そうそう、そうなんです。
100%安全な原発なんてないんですよね。
でも日本が発展するためには、原発の導入はやむをえなかった。
原発で安定的な電力の供給があり、経済が発展し、国民の生活は潤ったのです。
そのことを日本人は忘れてはならないと思います。

>原発反対を声高に叫ぶ人たちに、それでは原発をなくして日本はどうしたらいいのですか?と聞きたいです。

きっとね、自然エネルギーに変えていけばいい!…って言いますよ。
それしか回答がないんですもの。
原発はたったの3割。だから他のエネルギーで代替できるって思い込んでいるのです。

反対している人が「40〜50年前の生活に戻ってもいい」なんて、誰一人考えてないと思いますよ。
今の生活を維持しつつ、原発だけポコッと取り除けばいいって思っているのです。
それがどういう意味を持つのか…なんて考えることをせずに。

>原発は今の日本には必要不可欠だと思うので、温存しつつ、なくしていく方向で考えた場合に、どのような代替エネルギーが現実的に存在しうるかを研究していくことが今はベストかな、と思っています。

私もビバちゃんに同感です。

ただ、私が思うに、完全に原発がゼロになるのは、おそらく世界中が平和になって国境がなくなってる時代だろう…って思います。(あり得ないことでしょうが…)
国境があって、国が自国の国益を中心に考えている時代では「核」はなくなりません。
そのためにも核の知識、技術を放棄してはならないのです。
核の知識や技術というものは、原発だけのためではありませんからね…。

Posted by えいと@ at 2011年04月02日 13:05
興味深く見させていただきました。
ユーチューブをみてびっくりしたのは、ど素人の私が発言していたことと同じ発言が何度もあったことです。あ〜。私だけがこう思っていたんじゃないんだと思いました。テレビにでてくる専門家もうさんくさいなと思っていたし、メディアも規制されていると感じていました。
ドイツ人相方といっしょに見ました。
Posted by シュミット タマ at 2011年04月02日 19:15

>シュミット タマ さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>ユーチューブをみてびっくりしたのは、ど素人の私が発言していたことと同じ発言が何度もあったことです。

そうなんですよね。
やはり最悪の場合はどうなるの…?って考えている人はいると思うんです。
でも、それを口には出してはいけない…という雰囲気がありましたね。
多くの報道では、ある程度の危険性をいう専門家はいても、
最悪のことを伝える専門家はいませんでした。
メディアの規制もあったでしょうし、
被災された方の気持ちを考えて、パニックにさせないように…という思惑があったのだろうとは思います。

でも、最悪の事態になるかならないかは別として、
考えられる可能性は知らせて欲しいですよね。
はじめに「大丈夫」って言われていて安心させられてて、徐々に状況が悪くなっていく…という状態より、
はじめに「可能性として最悪の状況」をきちんとした説明があって、でも、結果的には最悪の事態にはならなかった…って言われる方がいいように感じます。

タマさんのブログの「震災」のカテゴリーの記事を拝見しました。
福島県40キロ地点にお住まいの方のメールも拝見しました。
胸が詰まる思いで読ませていただきました…。

タマさんが最新記事で書かれていた「原発の状況を24時間見れる番組を作ってもいいと思う。というか作ってもらいたいです」というご意見。
私もそうしていただきたいです。
そして、外国に住む日本人にも原発の情報を流して欲しいです。
2週間くらいは「USTREAM」で日本の地震の状況を見ることができていましたが、
3月25日で終わってしまいました。
24時間ぶっとうしでなくてもいいから、時間制限でもいいから流して欲しいって思います。(無理なのかな…)

まだまだ心配な状況が続く福島原発ですね…。
本当にはやく解決して欲しいです。
そうしたら、一致団結して復興にのぞめるのに…。
祈る思いです。。。


Posted by えいと@ at 2011年04月03日 03:12
メディア・リテラシーが欠落した、政府の御用聞きでしかない報道
今、放射能が広がっている地球の他の国々が怒る理由はココと思っています。

この、チャンネル9のキャスターが呆然と言葉を失う
幾度もの爆発音と高々と上がる黒鉛映像は日本のニュースは流しません。
http://www.youtube.com/watch?v=T_N-wNFSGyQ

そして、日本の放射能基準は厳しい、日本の原発保全技術は世界一
と言う根拠ない事を言いまくって、隠蔽能力が世界一なのを知らしめました。

海外のカメラマン、そしておそらく世界中のどのメディアからも独立した
最古の報道雑誌なナショナル・ジオグラフィックは真実を見せてくれると思っています。
Posted by ルコント at 2011年04月20日 02:09

>ルコントさん。

>メディア・リテラシーが欠落した、政府の御用聞きでしかない報道
今、放射能が広がっている地球の他の国々が怒る理由はココと思っています。

その通りだと思います。
政府や保安員の説明が事実とかけ離れているのでは…と、どの国も疑問に思いました。
特にアメリカは航空母艦「ロナルド・レーガン」を派遣しましたからね。
米軍に余計な被曝はさせたくなかったでしょうし、アメリカは独自で放射能汚染の調査を行っていたようです。

>幾度もの爆発音と高々と上がる黒鉛映像は日本のニュースは流しません。

アメリカのTVではかなりはやい時期に1号機の爆発の映像が流れたんですよ。
これを見て、私たち夫婦は「おかしい、日本政府の説明通りであるはずがない」とずっと思っていました。
日本ではかなり時間が経ってからしか流れませんでしたよね。この爆発…。
それで京大の小出氏の動画を見つけたんです。
愕然としましたよ。。。

>日本の放射能基準は厳しい、日本の原発保全技術は世界一 と言う根拠ない事を言いまくって、隠蔽能力が世界一なのを知らしめました。

本当に日本の原子力の信用はがた落ちですね。
隠蔽体質が露呈してしまいました。
まぁ、これはある意味よかったことなんだろうと思いますけどね。
結局、こういう大きな事故でもない限り隠蔽体質は変わっていかなかったでしょうから。

>海外のカメラマン、そしておそらく世界中のどのメディアからも独立した最古の報道雑誌なナショナル・ジオグラフィックは真実を見せてくれると思っています。

ナショナル・ジオグラフィック、私も一時は年間購読をしておりました。
ああいう報道写真は真実を語ってくれますね。
日本にはああいった報道写真を撮り、真実を訴えかけるようなカメラマンはいないのでしょうか…?

Posted by えいと@ at 2011年04月20日 11:16
海外メディアが撮影した写真を拝見しました。

日本では放送されてない場面ばかりです。
初めて震災の本当の姿を見たように思います…
一つ一つの写真が心に刺さりました。

ますます 出来ることから協力していきたいと思いました。
Posted by 奈緒美 at 2011年04月20日 16:44
そのような写真は見たことないです。

海外の写真家はこんな風に取っていたのですね。
涙が出そうになり、胸が痛くなるような写真ばかりで
災害地が別の角度から見えたように思います
想像を絶します

言葉が無いです

自衛隊・警察・消防団など・・・ 

今も続く余震のなか自分たちの家族も行方い不明なのにもかかわらず

救助に死力を尽くされています

この震災からは、僕自身へも辛い思いを与えられました
Posted by 奈緒美 at 2011年04月20日 16:47

>奈緒美さん。

>海外メディアが撮影した写真を拝見しました。
>日本では放送されてない場面ばかりです。
>初めて震災の本当の姿を見たように思います… 一つ一つの写真が心に刺さりました。

>海外の写真家はこんな風に取っていたのですね。
>涙が出そうになり、胸が痛くなるような写真ばかりで災害地が別の角度から見えたように思います  想像を絶します

そうなんですか…。
ネットでも見れるでしょうか? もし見ることができるのであればURLを教えていただけたら…って思います。

>自衛隊・警察・消防団など・・・ 
>今も続く余震のなか自分たちの家族も行方い不明なのにもかかわらず 救助に死力を尽くされています

自衛隊、警察、消防、海保。
彼らは武士です。武士道の精神で日本のために戦ってくださっています。
日本にとってなくてはならない存在ですね。
感謝の気持ちを持たない日本人には、きっと罰が当たるでしょう。

>ますます 出来ることから協力していきたいと思いました。

そうですね!
できることで協力していきたいですね。

Posted by えいと@ at 2011年04月21日 14:57
遅くなりました。

>ネットでも見れるでしょうか? もし見ることができるのであればURLを教えていただけたら…って思います。

海外のメディアが流している写真です。

http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51609331.html
Posted by 奈緒美 at 2011年05月03日 01:50

>奈緒美さん。

ご紹介ありがとうございました。

Posted by えいと@ at 2011年05月03日 07:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193381166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。