2011年03月28日

感動の「選手宣誓!」第83回センバツ高校野球


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問 ありがとうございます。



3月23日より「第83回センバツ高校野球」が始まりました。


東北関東大震災のすぐ後であるため、開催には賛否両論があったようですね。


こんな時だからこそ 高校野球の元気な球児の姿が励みになる。

中止にしたら出場するはずだった選手たちに後悔が残る。こんな時だから頑張るんだと選手はたちは思ってるはず。

今回の災害で大変不安を感じているとは思うが、精一杯プレーして被災地の方々を勇気づけて欲しい。

スポーツは人に勇気を与える、精神的にプラス面が大きいので開催すべき。

経済効果のためにも開催すべきだ。



被災者の苦悩を考えたら開催主張はナンセンス。

他のスポーツは中止にしているのに、なぜ高校野球だけ開催するのか。自粛すべき。

高校野球の選手が「元気を与えたい」と思っているのかもしれないが、それこそ思いあがりだ。

こういう国難の時には余興は我慢すべきだ。



皆さまはどちらの意見に共感されますか…?



ところで、某掲示板でこういう書き込み ↓ を見つけました。

東北から一言。
自粛されても、楽しくも、嬉しくも、感謝の気持ちもないです。
むしろ、このうっ屈した気持ちを一瞬でもいいから断ち切ってほしいです。
芸能でもいい、スポーツでもいい、歌でもいい、節度ある形で、負の感情を断ち切ってください。


自粛自粛って、自粛して何になるの?
自粛する理由は何なのでしょうか?
被災者と共に、悲しんで、何もせずおとなしくしていろということでしょうか?
今は、多くの日本人が被災して、日本全体が悲しみに打ちひしがれ、沈痛なムードです。
しかし、悲しんでばかりではいられません。
これから、復興に向けて、全国民が頑張っていかなければならないことは事実です。
こんなときだからこそ、国民一人ひとりができることをしっかりやることが大切じゃないでしょうか?
そういう意味で、野球で頑張ってきた高校生が甲子園と言う舞台で頑張ることのどこがおかしいのでしょうか?
わたしは、むしろ他のスポーツが自粛することの方がおかしいと思います。



私は開催に賛成です。


いろんな考えがあるでしょう。


やっぱり高校野球は開催すべきじゃない…って思われていた方もおられるでしょう…。


被災され避難所におられる方にとっては まだまだそんな気になれないから自粛した方がいいのでは…という気持ちもわかります。


だけど、こういう時だからこそ高校球児の元気な姿が 負の気持ちを打ち消してくれるのではないかな…って私は思います。


過去記事にも書きましたが、


被災されていない地域の方々は 普通の生活に戻ってもいいのではないか、いや戻るべきだと思うのです。


自分たちの生活を必要以上に自粛する必要はないのです。


被災されて避難所で暮らされている方々のことを思うと きちんと食べることができ、眠る場所があるのは申し訳ないと思うその気持ちもよくわかります。


だけど今後のためにも そろそろ日常生活を取り戻し、前向きに生きることが必要なのではないでしょうか?


おいしいものを食べたり、TVを見て笑ったり、レジャーを楽しんでもいいと思いますよ。


心を元気にして生きていくのが、今後の日本の復興のためのパワーになる!そんな風に思っています。



さて、こちらの動画 ↓ をぜひご覧になってみてください。感動的です。

  
 高校野球・甲子園2011 感動の選手宣誓をありがとう!(1分48秒)


「宣誓!

私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。

今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、

私たちの心は悲しみでいっぱいです。

被災地では全ての方々が一丸となり、仲間とともにがんばっておられます。

人は仲間に支えられることで 大きな困難を乗り越えることができると信じています。

私たちに今、できること。

それはこの大会を精一杯元気を出して戦うことです。


頑張ろう! 日本!

生かされている命に感謝し、

全身全霊で 正々堂々とプレーすることを誓います!」





     【お知らせ】

遅くなりましたが、いただいた過去記事のコメントのお返事を書きました。

いつもコメントをありがとうございます。これからもよろしくお願いします♪

天皇陛下のお言葉 & 日の丸アレルギーを卒業しよう
近代日本の偉大なる天皇陛下〜天皇は日本の宝物〜
天皇・皇后両陛下の温かい心遣い〜被災者にお風呂を提供 
日本を潰しにかかっているのか…? 全てが信じられない民主党
自衛隊は日本の誇り〜これぞ武士道!
義援金は必要なし? 世界は日本を誤解している




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。
       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


     nissekibokin.jpg
        >>日本赤十字社の募金、義援金HP


posted by えいと@ at 13:58| Comment(18) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アロハ〜!
主人がアメリカレッドクロスに、日本赤十字のこと、メールで問い合わせています。
日本復興のためにしたい寄付、ほかに回されるのは、負に落ちません。
もし、何か反応があったら、メールします。

高校球児、毎日こちらの日本語テレビでやっています。
選手宣誓、とっても良かったです。
勝っても負けても、お互いを思いやるオーラが画面から伝わってきますよ。
今年の高校野球は、特別のなにかを感じます。
自制ばかりでは、経済の持ち直しにも、貢献できません。
少しずつ、平常生活に戻すためにも、出来ることはしたほうがと思いまし。
被災された方々、家族をなくされた方々、色々な思いがあると思いますが。。
前向きに進もうとしている方々が多い感じがします。
球児の頑張りは、絶対にいいエネルギーになって、日本を覆いますよ!
Posted by モリオリママ at 2011年03月28日 15:31
えいと@さん、こんばんは

こちらは余震もだいぶ収まってきて落ち着きを取り戻しつつあります。
先週末、ツレが帰って来て津波の様子を語ってくれました。広大な海岸線の道路は二箇所を除き、ほとんど復旧し、港湾は主だった所は皆接岸可能になって出漁した漁船もあったという事です。
有史以来何度も壊滅的な被害を受けては立ち直ってきた地域です、「起こってしまった事は仕方がない、あとは立ち直るだけ」親戚をはじめ ツレも淡々とそう語ります。
高校野球、地元の高校は初戦で敗れてしまいましたが、元気をもらいました。
子供達のためにも観劇やスポーツ等のレクリエーションはやらなくちゃいけないと思います。
TVのCMも自粛とかで毎日同じものばかり、もういい加減にして欲しい!普通のCMを流して欲しいというのが周囲の人たちの一致した意見です。

電池の件と云い、燃料の件と云い現政権には怒り心頭ですよ!仕事をしたくても需要がありすぎる程あっても資材がてに入らないんですから。
そんな中、九州の友人から「こっちは普通だよ」というメールをもらってとても嬉しかったです。
被災地以外の方には「日常」を送っていただいて、目一杯働いてもらって資材をこちらにまわして頂きたいです。
ピンチはチャンスです
今度こそ津波にびくともしない港や町造りをしたい、現に被害に遭わなかった町もあるのですから 出来ますよ。
神懸りの腕前を持った技術屋さんが沢山いる日本なら。
Posted by guten-alten-zeiten at 2011年03月28日 21:23
はじめまして。Angelさんのところから来ました。
私もえいとさんに同感です。最初ブログを休もうかなとか、震災の事で心が苦しくショックでした。でも日に日にこれではだめだと思っているとき「元気な人は元気でいいんだよ、あなたたちまで元気がなくなったら、日本はどうなる」って被災者の方が言われてるのを見て考え違いはだめだなって思いました。
常識の範囲はありますが、必要以上に自分を追い込まない、普通の生活の中から元気を取り戻し、被災者・被災地の復興を皆で考える事が大事なのだと、そう思うようになりました。

長々とすみません。またお伺いしますね。
Posted by 花Momo at 2011年03月28日 21:39
こんにちは、さやーむです。

高校野球好きのワタシとしては、開幕賛成派です!!^^プロとは違って、甲子園は高校球児にとって一生であるかないかの夢の大舞台。今までの練習の成果も存分に発揮して欲しいと応援しています。
まあ、そうではなくとも、自粛すべきだとは思いません。なんでもかんでも自粛というのはかえって日本の元気を阻害すると思います。

今回の選手宣誓、ワタシも感動しました。。。被災地に思いを馳せた心に染みる宣誓でしたね。被災した東北高校のことがTVで放送されていました。被災地で給水や荷物の運搬などのボランティア活動を球児達がしていました。こんな大変な時期に甲子園に行くことに最後まで悩んだようですが、最後は被災地の人たちが温かい拍手で送り出しました。とても感動的でした。(残念ながら1回戦敗退でしたが)

もし被災地に自分がいたら・・・と考えると、毎日原発のニュースばかり見せられたくないです。不安になるばかりですしね。それより、一生懸命白球を追っている球児の姿を見たいです。頑張っている姿。それを見るだけでも元気だそう!と思えそうですから。

さやーむ

さやーむ
Posted by さやーむ at 2011年03月28日 23:12
私も選手宣誓の言葉に涙した一人です。
自粛自粛って言うけれど、自粛したからってどうなるの?て思ってます。
故郷の福島では原発が相変わらず問題になってますし、実家の方では2400人が他の市から移って来られるようで、我が市でもてんやわんやしているようです。
自粛したからと言って、それが円滑になる訳でもなし。
仕事もなければ内定は取り消し。
実家も含めて自営業にとっても厳しい状況下です。
誰も彼も普通の生活に戻りたいんです。
だからこそ、高校球児の頑張る姿は、被災者達、そして他の方々にも力を与えてくれるんだと思います。
Posted by ree at 2011年03月29日 03:11
こんにちは(*^。^*)

高校野球の是非はともかく…
被災された方の心情を察するとまだ「事実を受け入れる」だけで精いっぱいの
段階なのではないでしょうか?
だってまだひと月も経ってないんですよ。
それにものすごい目に遭ってますよね?
まだ物を食べてもおいしくないでしょうし、心から笑ったりもできないでしょうし、
ましてレジャーを楽しむ気にもなれないと思います。
「がんばれ」と言われてもまだそういう段階じゃないと思います。
「なんで がんばれる?」の段階だと思います。
心を元気にするには時間がかかるでしょう。
生活を取り戻さなきゃいけないことはわかっているでしょう。
被災した方は元気に明るく振舞っていても深く傷ついています。
それをわかってあげてほしいと思います。
(もちろん個人差もあるでしょうが…)
決して後ろ向きなことを言っているわけじゃありません。
ただハード的な復興とソフト的な復興も段階があるということです。

Posted by リボン at 2011年03月29日 10:23
こんにちわ。
私も開催には賛成です♪
今、自粛ムードがいっぱいですが、そのために日本の経済状況が傾いてはいけないんですよね。
静岡県内でも私の住んでる富士市は東電の管轄なので
計画停電を実施していますが、数年は続くだろうと言われています。それが当たり前の生活になるんでしょうね。
私達は私達のできることをするのが一番だと
思います。
Posted by べりー at 2011年03月29日 16:15
こんにちは★
今年の選抜高校野球での選手宣誓、
素直に私たちまでもが奮い立ちました。

どこまで自粛すべきなのか、これは判断の分かれるところでしょうが、
やはり気持ちの問題として、被災地以外の人間同士で
窮屈でない範囲で考えて行くべきなのではないでしょうか。

プロ野球は4月12日、セ・パ同時開催で落着しました。
Posted by さどつおる at 2011年03月29日 16:40
えいと@さーーん!!こんにちわ!!

わたしも、賛成でえーーす。やっぱり、こういうことの自粛は必要ないとおもう。
えいと@さんもおっしゃるとうり、被災者のかたたちで、高校野球をみて、元気になるひともいるだろうし、気分の転換というか、話題ができて、活力になるのでは?

えいと@さんの「義捐金」についての、記事興味深くよみました!!コメントもたのしかった!夢見る親父さん!!ありがとうーーわたしは、三橋さんのブログは、、おばかなわたしでは、面倒くさい文字がいっぱいでてきて、読む気がなくなあるんですけど、えいとサンと、夢見る親父さんのコメントのやりとりは、なんだか、わかったような、、(笑)きがしてどちらの意見も「そうなんだーー」って読めました。だから、ありがとうございますー。

その記事の話になりますが、やっぱり、わたしも、こちらの人にいわれたんです。

「ジャパンは、いっぱいお金があるから、それなら、モット貧しい国の人のために、チャリティーをしたほうがいいかも」って、、、

はあーっておもいましたわ。

うちの子供たちの学校でも、ハイチとかのときは、自主的に募金活動をおこなっていましたけど、いまのところ、なにもないみたい。わたしがいってこなくっちゃ。わははh。。

だんなは、お金を、レッドクロスに募金するより、被災者のこどもたちとか、ひきとってあげられないか??っていっていますけど、、


レッドクロスのことですが、英国でも、きになって調べた方がいて、

「いまのところ、英国レッドクロス津波募金が、日本のレッドクロスの津波募金とリンクしているので、それはすべて、日本レッドクロスに送金するらしいですけど、それも、大体、リンクのある、9月くらいまでとのことらしいです。」

でも、肝心の、日本レッドクロスが、そんな状態じゃあ、どうなんだろう。。。

どっちにしても、今後募金活動をするときは、レッドクロスではない、直接活動資金になれるところとか二億朗とおもっていましたけど、まったく、こまってしまいますね。

はなしがづれて、もうしわけありませんーーが、日本人!!!がんばりましょう!!

被災者の方々が、一番くるしいのですから、わたしたちまで、落ち込んでいてはどうにもなりませんものね!!



Posted by のんちゃん at 2011年03月29日 17:19

>モリオリママさん。

>主人がアメリカレッドクロスに、日本赤十字のこと、メールで問い合わせています。

おぉ! 旦那さまが聞いてくださったのですね!
ありがとうございます。
ホントですよね。外国にお住まいの方が「日本の被災地へ」って思って寄付してくださった善意が被災地に届かないのはフに落ちませんよね。
日本の赤十字社からの通達も、ホントのことろはどうなんでしょう。
返事待ちですね、お互いに。。。

>高校球児、毎日こちらの日本語テレビでやっています。

ハワイでは見ることが出来るんですか!
いいなー。
うちはTVジャパンを入れてないので見ることができません。。。
動画で結果をちょろっと見るくらいです。

>勝っても負けても、お互いを思いやるオーラが画面から伝わってきますよ。
>今年の高校野球は、特別のなにかを感じます。

16年前の阪神淡路大震災の時に生まれた若者たちが、
今回の震災の時に高校野球を行う。
何でしょうね…? 本当に特別な何かがあるのかもしれませんね。

>自制ばかりでは、経済の持ち直しにも、貢献できません。
>少しずつ、平常生活に戻すためにも、出来ることはしたほうがと思いまし。

確かに、まだまだ不安な状況ですし、心が休まらない方も多いでしょう。
だからといって、日本全体で喪に服したような気持ちで過ごすことはないと思います。
もちろん被災地のことを忘れてはいけないですし、今後も支援や応援は続けていきながら、
生活や精神状態を整えて、しっかり日本経済を立て直すために頑張っていかないとって思います。

>球児の頑張りは、絶対にいいエネルギーになって、日本を覆いますよ!

そうですね! 私もそう思います。


Posted by えいと@ at 2011年03月30日 03:33

>guten-alten-zeitenさん。

>こちらは余震もだいぶ収まってきて落ち着きを取り戻しつつあります。

そうですか…! それは良かったです。
少しずつ復興に向かっていますね。

>有史以来何度も壊滅的な被害を受けては立ち直ってきた地域です、「起こってしまった事は仕方がない、あとは立ち直るだけ」親戚をはじめ ツレも淡々とそう語ります。

本当ですね。
かつて、日本人は何度も大きな壁にぶち当たって来ました。
災害もそうです。
何度も何度も災害で打ちのめされながらも、そのたびに力強く甦って来ました。
日本人の底力を感じます。

>高校野球、地元の高校は初戦で敗れてしまいましたが、元気をもらいました。

そうでしたか…。
でも、選手たちは一生懸命に戦ったことでしょう。
球児たちに取ってきっと思い出に残る試合だったと思いますよ。
応援していた地元の方の励みにもなったことでしょうね。

>子供達のためにも観劇やスポーツ等のレクリエーションはやらなくちゃいけないと思います。
>TVのCMも自粛とかで毎日同じものばかり、もういい加減にして欲しい!普通のCMを流して欲しいというのが周囲の人たちの一致した意見です。

そうですよね…。
人間って、同じことをずーーーっと考えるって限界があるものです。
気分転換は絶対に必要ですよね。
もちろん、避難所の方はまだまだそんな気分になれないかもしれませんが、
被災された方で自宅に戻れた方々にはレクリェーションが必要だと思いますね…。

>電池の件と云い、燃料の件と云い現政権には怒り心頭ですよ!仕事をしたくても需要がありすぎる程あっても資材がてに入らないんですから。

ホントに無政府状態です!
こういう手配、被災地が困らないようにするのも政府の仕事なのに…!
いったい何やってるんだって聞きたいですね。

>ピンチはチャンスです
>今度こそ津波にびくともしない港や町造りをしたい、現に被害に遭わなかった町もあるのですから 出来ますよ。
>神懸りの腕前を持った技術屋さんが沢山いる日本なら。

被災地の方のそのお気持ちがものすごく心強いです。
やはり日本は強い!
今後は、こういう想定外の津波を考えた防災のあり方を考えていかなくてはなりませんね。

Posted by えいと@ at 2011年03月30日 12:06

>花Momoさん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

>最初ブログを休もうかなとか、震災の事で心が苦しくショックでした。

そんな風に思われてブログをお休みされてる方、多いですよね。。。
そのお気持ちはわかります。
ブログって無理に更新することはないと思うのです。
気分が乗らないときはお休みする…ってのも必要ですよね。

>でも日に日にこれではだめだと思っているとき「元気な人は元気でいいんだよ、あなたたちまで元気がなくなったら、日本はどうなる」って被災者の方が言われてるのを見て考え違いはだめだなって思いました。

その通りだと思います。
被災された方、避難所の方、これからが大変なんです。
被災された方はまだまだ心の傷が癒えてません。
泣きたいことも山ほどあるでしょう。
だけど、被災しなかった人間が一緒に泣いていたのではダメン案ですね…。
今回、被災しなかった人間が元気を出して復興へむけて日本を支えていかないといけないんですね。

>常識の範囲はありますが、必要以上に自分を追い込まない、普通の生活の中から元気を取り戻し、被災者・被災地の復興を皆で考える事が大事なのだと、そう思うようになりました。

その通りですね。
みんなで力をあわせて頑張っていけば 日本は必ず復興します。
いつか被災された方の涙も乾くでしょう。
一緒に頑張っていきましょうね!

Posted by えいと@ at 2011年03月30日 12:14

>さやーむさん。

>高校野球好きのワタシとしては、開幕賛成派です!!

おぉ! 高校野球ファンですか。
さわやかですよね! 高校球児たち!
アメリカに来てからは全然見なくなっちゃいましたよぉ〜。

>まあ、そうではなくとも、自粛すべきだとは思いません。なんでもかんでも自粛というのはかえって日本の元気を阻害すると思います。

そうなんですよね。
確かに、まだそんな気分になれない人もいるでしょうが、
この悲しみを紛らわしたい…って思う人もいますしね。

>今回の選手宣誓、ワタシも感動しました。。。被災地に思いを馳せた心に染みる宣誓でしたね。

こんな宣誓、はじめてです。
この選手宣誓は歴史に残ると思います。
主将の野山慎介君、かっこいいね〜〜〜。

>被災した東北高校のことがTVで放送されていました。被災地で給水や荷物の運搬などのボランティア活動を球児達がしていました。こんな大変な時期に甲子園に行くことに最後まで悩んだようですが、最後は被災地の人たちが温かい拍手で送り出しました。とても感動的でした。(残念ながら1回戦敗退でしたが)

そうだったんですか〜〜〜! うるうる。
きっと,東北高校の給仕たちに取って、一生涯忘れることができない高校野球になったことでしょうね。

>頑張っている姿。それを見るだけでも元気だそう!と思えそうですから。

そうですね。
それがスポーツのパワーだと思います。
ものすごく元気をもらえますよね!
Posted by えいと@ at 2011年03月30日 12:22

>reeさん。

>私も選手宣誓の言葉に涙した一人です。

ですよね〜〜〜。
感度的な選手宣誓でした。
この宣誓は歴史に残ると思いますね〜。

>自粛自粛って言うけれど、自粛したからってどうなるの?て思ってます。

そうなんですよね。
人によって考え方は違うでしょうが、
元気出せる人は元気を出してもいいと思いますし、自粛しないで楽しみもたくさん持てばいいと思います。

>故郷の福島では原発が相変わらず問題になってますし、実家の方では2400人が他の市から移って来られるようで、我が市でもてんやわんやしているようです。

そうなんですか…
原発に関してはまだまだ心配ですよね。。。

>実家も含めて自営業にとっても厳しい状況下です。誰も彼も普通の生活に戻りたいんです。
>だからこそ、高校球児の頑張る姿は、被災者達、そして他の方々にも力を与えてくれるんだと思います。

その通りだと思います。
球児の懸命に戦う姿は、きっと感動を生むと思います。
球児の頑張る姿と、今の日本の姿とを重ねあわせて、今後の復興のために頑張ろう…って思えるんじゃないかな…って思います。
それがスポーツが持つパワーですね。

Posted by えいと@ at 2011年03月30日 12:30

>リボンさん。

>被災された方の心情を察するとまだ「事実を受け入れる」だけで精いっぱいの
段階なのではないでしょうか? だってまだひと月も経ってないんですよ。

そうですね。
被災されて、ご家族を亡くされたり避難所で過ごされている方は、まだまだ笑顔にはなれないと思います。
もちろん、そういった方がおられることはわかります。
まだ日が浅いこと、原発の問題はまだまだ解決していないこと、
そういう意味から高校野球開催は取りやめた方がいいのではないか…という意見もわかります。

>被災した方は元気に明るく振舞っていても深く傷ついています。
>それをわかってあげてほしいと思います。

誤解して欲しくないのは、高校野球をした方がいいと思った人は、
被災地の方の気持ちを無視している訳ではない…っていうことです。
まだ悲しんでいる方もいっしょになって無理矢理でも楽しめばいい…って思っているのではないんですね。
楽しめる人は楽しめばいい…ということです。
そしてだんだん楽しむことができる人が増えていけばいいと思っています。

そして、今回出場した高校球児たち。
彼らはきっと一生、この試合を忘れないでしょう。
今後の日本を支える若者たちです。
この選手宣誓にあるように「私たちが今できること」、それを考えて復興までの時間を生きていけばいいのではないかなと思います。

Posted by えいと@ at 2011年03月30日 12:43

>べりーさん。

>私も開催には賛成です♪
>今、自粛ムードがいっぱいですが、そのために日本の経済状況が傾いてはいけないんですよね。

そうなんです。
今、春休みでしょう?
多くの旅行がキャンセルされているんですよね。
まぁ、仕方がないことですが、マイナスの経済効果がかなり大きいと思います。
しばらくはこういう傾向が続くでしょうから、
日本経済は一時的にドーンと落ち込むでしょうね。。。

>静岡県内でも私の住んでる富士市は東電の管轄なので
計画停電を実施していますが、数年は続くだろうと言われています。それが当たり前の生活になるんでしょうね。

計画停電も辛いですよね。
家庭での停電も辛いでしょうが、小さな中小企業がきつそうです。
電気がなかったら商売上がったりですよ。。。

>私達は私達のできることをするのが一番だと思います。

そうですね。
長丁場になりそうです。全力疾走をせずに、できることを続けていきたいですね。

Posted by えいと@ at 2011年03月30日 12:52

>さどつおるさん。

>今年の選抜高校野球での選手宣誓、素直に私たちまでもが奮い立ちました。

ですよね。
ホントにステキな選手宣誓でした。
歴史に残る宣誓だと思います。

>どこまで自粛すべきなのか、これは判断の分かれるところでしょうが、
>やはり気持ちの問題として、被災地以外の人間同士で窮屈でない範囲で考えて行くべきなのではないでしょうか。

そうですね。
被災地の方はまだまだ辛い毎日が継続するでしょうし。
心から笑えるには月日が必要ですよね。。。

>プロ野球は4月12日、セ・パ同時開催で落着しました。

おぉ、そうなんですか。
ナイターとか電気を多く使っちゃうので、できるだけ中部より西で行った方がいいかもしれませんね。
阪神球場をはじめ、広島球場、福岡ドーム、その他には倉敷のマスカットスタジアム、松山の坊ちゃん球場など、試合ができる球場はたくさんありますしね。

Posted by えいと@ at 2011年03月30日 12:59

>のんちゃん。

>わたしも、賛成でえーーす。やっぱり、こういうことの自粛は必要ないとおもう。
>被災者のかたたちで、高校野球をみて、元気になるひともいるだろうし、気分の転換というか、話題ができて、活力になるのでは?

個人差はあるでしょうが、野球が好きな方もおられるでしょうしね。
高校野球で元気が出る人もおられるでしょうし。

>えいと@さんの「義捐金」についての、記事興味深くよみました!!
>どちらの意見も「そうなんだーー」って読めました。だから、ありがとうございますー。

わはは、どちらの意見にも納得されましたか。(笑)

>「ジャパンは、いっぱいお金があるから、それなら、モット貧しい国の人のために、チャリティーをしたほうがいいかも」って、、、

うーん、やはりそんな風に言われましたか…。
世界は誤解してますね。
日本の国は豊かな国=個人もみんな裕福なんだと思っていますよね。
今回の震災で、家も仕事も財産もなくした方っておられるんですよね。
そういう 全てを失った方が日本で元のように生きていけるようになるには、貧しい国で生きるよりももっと厳しい現実があるように思うのですが…。
なかなか理解されないんですね。。。

>だんなは、お金を、レッドクロスに募金するより、被災者のこどもたちとか、ひきとってあげられないか??っていっていますけど、、

アメリカでもそういう声がありますね。
ハイチの時には多かったです。孤児になった子の養子縁組のビジネスまでありましたよ。

>「いまのところ、英国レッドクロス津波募金が、日本のレッドクロスの津波募金とリンクしているので、それはすべて、日本レッドクロスに送金するらしいですけど、それも、大体、リンクのある、9月くらいまでとのことらしいです。」

9月までですか…。
外国の募金は半年が限度かな…とも思いますね。

>どっちにしても、今後募金活動をするときは、レッドクロスではない、直接活動資金になれるところとか二億朗とおもっていましたけど、まったく、こまってしまいますね。

一番いいのは 直接自治体に送ることでしょうね。
海外からだとなかな直接日本に送金…って難しいですよね。
送金手数料がかかっちゃいますしね。


>被災者の方々が、一番くるしいのですから、わたしたちまで、落ち込んでいてはどうにもなりませんものね!!

その通りです!
日本全体で暗く落ち込んでいてもダメなんです。
元気が出る人からどんどん前向きに、元気出していかないと…ね。


Posted by えいと@ at 2011年03月30日 13:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。