2011年03月27日

義援金は必要なし? 世界は日本を誤解している【4/2・10 追記あり】


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問 ありがとうございます。



3月23日〜24日、バッファローに雪が降りました。


久しぶりの雪で、しかも吹雪きましたよ。


23日はホワイトアウトで出かけられないくらいでした。


けっこう積もって あたりは真っ白になったし、気温もかなり下がりました。


うちのアパートはすきま風が入って来るため風が強い時には強烈に室内の温度が下がります。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   あまりに寒くて暖房デビュー! & すき間だらけのアパート


ここ最近、重ね着をして暖房をつけるのを控えていたのですが、


昨日と一昨日は もうたまらなく寒くて暖房をONにしちゃいました。


あ、いや、私たち夫婦が住んでいるのは外国なので暖房を我慢して電気を節約する必要はないのですけど、


東日本の計画停電、天皇陛下がブレーカーを落としてお過ごしになられていることを考えると、


私たちもちょっとは我慢しようって思ったのですよね。(意味はないんですけどね…)


だけど、一昨日と昨日はものすごく寒くて耐えられなくなっちゃいましたよ。


今日はいいお天気です。


夜の気温はマイナス10度(摂氏)まで下がりますが、日中はマイナス3度(摂氏)まで上がるので、


アメリカの北国、バッファローも だいぶ春めいてまいりました〜♪




さて。


先日の【お知らせ】で書きましたが、今回も外国で集めている義援金、募金について記事にいたします。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
  天皇・皇后両陛下の温かい心遣い〜被災者にお風呂を提供


こちらの記事の【お知らせ】に書いていますが、先週、カナダの新聞に「日本は災害に対してしっかりとした体制ができているので他国からの義援金はもう必要ない」という記事が載っていたそうです。


日本赤十字から他国に対して国際支援の要請がでていない。113カ国が支援をオファーしているが日本政府が受け入れたのは14カ国のみ。


このような理由で日本向けに集めた寄付金は目標額を超えたら余剰分は他のプログラムに使うとうことのようです。


ノルウェーでも同じ噂が出まわってます、日本赤十字は日本への支援金は不要と。現地在住の人から聞きました。(By きみ奴さん

このようなコメント ↑ もいただきましたよ。



アメリカはどうなっているんだろう…?


そう思って調べていたら…! ありました!


  経済大国だから、募金はいらない?
一般にも支援の輪が広がり、セーブ・ザ・チルドレン、米国赤十字社、国境なき医師団といった非営利団体が募金を立ち上げている。
しかしその一方で、米国人から非営利団体への募金は、今のところ様子見の状態であることが明らかになっている。

調査を実施した非営利団体の専門誌「The Chronicle of philanthropy」によると、東日本大震災が起こってから最初の4日間、非営利団体に寄付された金額は4700万ドル。
これは、2010年のハイチ大地震で集まった1億5000万ドル、2005年に起こったハリケーン・カトリーナの1億800万ドルを大きく下回っている。

同誌によると、非営利団体の中には、東日本大震災の募金を開始するかどうかすら決めかねているところもある。
また、「発展途上国に絞って救援活動を行う」という理由で、今回は見送る決断をした非営利団体もある。

慈善団体の募金に詳しいAmerican Institute of Philanthropyのダニエル・ボロコフ氏はCNNの取材に対して「日本はハイチやインドネシアと違って先進国だ。
米国人は、日本を『広範な国際支援が必要な国』とは思わない」と答えている。
日本は経済力があり、災害への備えもしっかりしているので、今回の震災にも対処できると考える向きが多いようだ。

他にも、米国人が日本に募金しない理由がある。
被害の全容が見えないことが、米国人が募金を見送る原因になっている可能性も大きい。

地震当初、死亡者数が数百人から数千人規模と報じられたことを受けて、海外メディアは日本が地震への周到な準備が出来ていたと絶賛した。
しかし、被害状況が次第に明らかになりつつあり、深刻なダメージを受けたことが分かってきた。それでも、死亡者数、そして行方不明者数は、今も増え続けており、どの程度の数字まで達するのか、まだ正確には把握しきれない。
このことが、米国人や海外の一般人が、「募金するほどの災害ではない」という間違った判断をしてしまう事態につながっている。

死亡者数を確定するまで、日本では時間が掛かりすぎるのだ。

多くの専門家が、東日本大震災の被害総額がハイチ地震を超え、世界最大級に達するとの見通しを述べている。
今後、日本が自力で震災から立ち直ることは、容易ではない。
世界中が日本の状況に強い関心を示し、手を差しのべようとしている間に、援助を求めなければならない。
自ら、SOSの声を上げるということだ。

寄付を頼まれて、そこに意義を感じればカネを出す――。
逆に言えば寄付を頼まなければ、米国人から支援してもらえる確率は限りなく低くなっていく。

米国人からの募金が少ない理由 「先進国」「犠牲者少数」というイメージが障害に 日経ビジネスONLINE


えぇえ〜〜〜!


日本は経済大国だから義援金は必要としていない、被害の大きさが理解されていない、求められなければ寄付はしない。


確かに日本は経済大国ではあるけれども、日本の財政は大変なんですよぉ〜〜〜。


それに今回の地震は、地震だけでなく巨大な津波、そして原発事故も伴ってしまったのです。


どれだけの被害額になるかは想定できないくらいなんですけど…。


求められなければ寄付をしない…って!


日本側は本当に寄付を求めていないのでしょうか? そんなバカな!


…とおののき、いろいろ調べておりますと、こちらのブロガーの方 ↓ が記事にされているのを発見!
 Angel Blue 〜アメリカICUナースのブログ〜「義援金は必要ない!」


こちらのブロガーの方 ↑ が書かれていますが、「日本は募金を必要としていない」という間違った印象をアメリカ人が持った理由があるそうなんです。


それがアメリカの主要メディア、ニューヨーク・タイムズの3月15日付けの記事の中にあるということなんです。
 慈善団体が殺到、明確な目的なし(NYタイムス 和訳)


この3月15日付け(アメリカ時間)のNYタイムスの記事にはwealthy Japan is not impoverished Haiti.裕福な日本は貧困国ハイチとは違うと書いてあるんですね。


またThe Japanese Red Cross, for example, has said repeatedlysince the day after the earthquake that it does not want or need outside assistance. 日本赤十字は地震の翌日から何度も、外部の支援は不要であり、支援しないでほしいと表明しているとも書かれています。


どういうことでしょうか…?


アメリカ,カナダの新聞が「日本赤十字社が『外部(外国)からの支援は必要なし』と表明した」と書いているのです。


ノルウェーなどの欧州でもそういう話が出ているということですし。


何で? 本当に日本赤十字社が「支援は必要なし」って表明しているのでしょうか…?


3月15日(日本時間)の赤十字の公報に このようなこと ↓ が書かれてあったそうです。

日本赤十字社は、国際赤十字・赤新月社連盟のサポートを得た上で、外部からの支援は必要ないと判断しました。
従って、現時点では支援希望者からの義援金その他支援は要請していません。

 国際赤十字・赤新月社連盟の公報(3月15日発行) (原文はこちら pdfで開きます)


こちらのブロガーの方がこう締めくくっておられます。

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

なんでそんなこと言っちゃうの??!!

「現時点では」って一応言っているけれど、そんなことより、

「支援は必要としていない」

こちらのほうが、どう考えても印象に残ってしまいますが。。。


NY TIMESの記事を読んだときはNY TIMESを責めたくなったけど、

この赤十字の公報を読んだら、あの記事は無理もないと思いました。


NY TIMESはアメリカの中でも最も主要な新聞の一つ。

この記事が多くのアメリカ人の目に留まり、

これを読んだ多くの人が、日本は支援を必要としていないと勘違いしたはず。


日本のメディアも、この記事がアメリカの主要紙に載ったという事実を取り上げ、

公の場で積極的に反論すべきです!

だってこれ、日本人としては当然憤慨すべき事実じゃないですか?


一生懸命、募金の輪を広げようと頑張っているのに・・・

とても残念でなりません。。。


このブログを読んでくださった皆さん、

あなたの周りのアメリカ人も、募金は必要ないと思っているかもしれません。



日本が国全体で感じた痛み、どんどんアメリカ人に伝えていってください。

日本人だけでなくアメリカ人もチャリティーイベントにどんどん誘ってください。



こんな記事を書かれてしまった以上、

アメリカに住む私達が一丸となって募金の必要性を訴えていかなくてはならないと思います。

どうか、ご協力お願いします!!


                 〜〜〜転載ここまで〜〜〜



東北関東大震災はマグニチュード9.0というこれまでにない大規模の震災です。


しかも原発の事故も伴う大惨事となっています。


復興にどれほどのお金がかかるか未知数です。


16年前の阪神淡路大震災で 10兆円規模の金額が必要でした。


今回はもっと多くの費用が必要になることでしょう。


日本は確かに経済大国ではありますが、


景気は悪く、この震災で経済がさらに落ち込むのは明白です。


日本人自身が頑張っていかないといけないのは事実ですが、


海外からの協力を拒む理由は何もないはずです。


こちらのニュース ↓ でも諸外国の善意と支援行き届かないということが起こっています。
 「恩返しをしたい」の思いが宙に… 諸外国の善意と支援行き届かず 産経ニュース


なぜ日本政府が,外国からの支援に「待った」をかけるのでしょうか?


中国と韓国から来た救援隊にだけ、副総理がわざわざお出迎えをするというのも納得がいきません。



とにかく!


外国にお住まいの皆さま!


もし、お知り合いの方から「日本は経済大国だしお金はいっぱいあるみたいだし,外国からの支援はもういらないんだよね?」と聞かれたら、


日本はまだまだ大変な状況であること、支援は必要であるということを、


皆さんからの募金や義援金は 被災者の方々の励みになっているということをお知り合いの方に伝えてください。



     【4/2追記】


お友達ブロガーのモリオリママさん米国赤十字社に問い合わせをしてくださいました。
 モリーインパラダイス+ オリー<マウイの日々>「海外からの義捐金の誤解」


日本赤十字社は 米国赤十字社等、海外からの義援金をありがたく受け取っている。ただし、日本国外からのボランティアは、受け入れていない。


ということのようです。


日本赤十字社が「海外からの義援金や他のアシスタントを 今の時点ではお願いしておりません」というメッセージを出しているために、


海外では「日本はお金持ちの国だから義援金はいらない」と勘違いされているような節があるのですね。


この「海外からの義援金」を受けるに当たっては問題が確かにあるようなのです。


それは為替に対する影響です。


赤十字を通しての義援金ではなく、個人や企業がその国の通貨で義援金を日本に送った場合、


例えば○○億円という単位で外貨が日本に入って来るわけですね。


そうなると円の急激に変動につながるのです。


為替の変動は常にあることではありますが、急激な変動は経済にいい影響を与えませんから。


こういうこともあって赤十字社を通さない 外国の個人や企業からの義援金はお断りしているのかもしれません。



     【4/10 追記】


米国赤十字社に送られた義援金が、日本から退避するアメリカ人のために使われたという情報が入りました。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
日本から退避するアメリカ人のために使われる米国赤十字社の募金〜義捐金は直接自治体へ!


義捐金を100%,日本の被災者のために使ってもらいたいという方は、各国の赤十字ではなく、日本赤十字社へ直接送金した方がいいようですね。


しかし、今回の震災は広範囲にわたり被害が及んだということで、


日本赤十字社に集まった義援金の各自治体への分配がかなり遅くなっているようです。


その結果、日本政府(民主党)に義捐金の差配を依頼するようなことにつながっているようですし。


今後、日本の被災者のために義捐金を送ろうと思われている方は、


できましたら自治体に直接送っていただけたらと思っています。


自治体に直接入った義捐金や寄付金は すぐに使うことができ、生きたお金になるのです。



とにかく。


日本赤十字社は 赤十字社を通せば、どの国からも義援金を受け取っているようなので、


外国にお住まいの方も義援金を継続的にお願いして欲しいなと思います。


日本はこれからが大変です。


地震と津波だけでも大きな被害があったのに、さらに原発事故の後のことも考えないといけません。


みんなで力をあわせて、復興に向けて頑張っていく必要があると思います。


頑張ろう! 日本!


世界中の支援に感謝しながら、日本人のパワーを出していきましょう!




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


     nissekibokin.jpg
        >>日本赤十字社の募金、義援金HP




posted by えいと@ at 03:18| Comment(23) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。毎日が一喜一憂です。
少し私見を述べます。
義援金は互いに人間として交友する意味で大切だと想ってます。ただお金だけの問題であれば日本政府が全額支援して良いと想ってます。(日本は世界一の金持ちです)日本人が知らないだけです。

義捐金もさることながら、放射能の風評被害の方が大問題です。東北地方の野菜が廃棄されている状況です。
今の放射能レベルは問題ありません。下記は文部科学省の放射能(線)の数値です。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/03/26/1304256_2613_1.pdf


私は東北の農家の人が精魂こめて作った野菜を買ってあげることが何よりの義捐金だと想ってます。無いお金をはたいて義捐金に回し、その分節約していたのでは日本の経済は機能しません。経済を活性化させ、復興に潤沢なお金を使わないと日本はダメになります。喪に服してお金を使わないと経済は回りません。イベントを自粛してはいけません。どんどん金を使うことです。
今は円高です。日本円が強いから円高なんです。それと元々円の流通量が少ないんです。デフレを脱却する意味でも円安(インフレ)にしなくてはなりません。
増税をすれば、財布の紐をより堅く閉めることになります。お金は「単なる紙切れ」です。その信認は日本の生産力(供給力)と国民です。基本的にお金は流通の手段なんです。インフレにすれば財政黒字に成ります。国債を政府に返す必要はありません。今、日銀は国債の直接買取を検討しているそうです。
一般の人の誤解はお金を使うとそのお金が消えると想っていることです。マクロ経済はそのお金は回ってまた、自分の所に戻ってくるんです(単純ですが)。
家庭の経理ではないんです。
Posted by 夢見る親父 at 2011年03月27日 04:11

>夢見る親父さん。

コメントありがとうございます。
ちょこっと反論させてください。

>ただお金だけの問題であれば日本政府が全額支援して良いと想ってます。(日本は世界一の金持ちです)

確かに「日本は世界一の債権国」ではありますが、だからといって「世界一のお金持ち」と言い切ることはどうかと思います。
日本は大量に外国債権を持っていますが、これは簡単に現金に換えることができるものでしょうか?
大量の債権を売却するということは、債券市場を混乱させる要因になり、世界から顰蹙を買うことにつながります。
こういう状況(大震災)なので、多少は債権を売却できるかもしれませんが、日本が持つ外国債の多くは簡単には売却できないと思います。

そしてデフレを脱却し〜って言われていますが、今の状況で簡単に脱却できるのでしょうか?
インフレにすればいい…そんな簡単なことではないように思います。
まずは景気を回復させないと、こんな状況でインフレになったらえらいことです。

今の民主党政権の政策は全然ダメだと思います。
全く景気回復の兆しも見えません。
今のこの状況で「日本は大丈夫、世界一お金持ちなんだから」って言い切っていいのでしょうか…?

日本金融財政研究所所長の菊池英博氏は「小泉内閣の誤った政策によって、日本の総合力が減退し、国家が陥没の危機に瀕している」「小泉改革に良いところはひとつもなかった。日本の経済社会を破壊しただけの理不尽な“改革”だった」と言われていますが、
過去の政策を非難するのは簡単です。
全て結果論で言えますから。
過去にやった政策が間違いであったのなら、今、同じことを繰り返さないようにすべきなのです。
しかし、それができていない。
なぜできないのか。
国民が「できない政党」を選んでしまったからです。
政治に関心が薄く「手当がもらえるから」と安易に政治家を選んでしまう日本国民がいるからでしょう。


>放射能の風評被害の方が大問題です。東北地方の野菜が廃棄されている状況です。
>東北の農家の人が精魂こめて作った野菜を買ってあげることが何よりの義捐金

これは難しいと思いますよ。。。
政府の原発に関する説明があやふやで,国民の不安を煽っているようにしか思えません。
「心配ないけど注意しろ」って言っているようなものです。
国民はどうしていいかわかりませんよ。
そんな状況で「心配ないから東北の野菜を買おう」って呼びかけてもみんな買うでしょうか…?
気持ち的には買ってあげたいって みんな思っていると思いますよ。
でも、もし放射能汚染されていたら…食べて大丈夫なのか…?って不安なんです。
水だってそうです。「心配ないけど乳幼児の子供には飲ませないで」って政府は言いました。
乳幼児だけ? 10歳の子は心配ないのか? 中学生は? 高校生は?
子供を持つお母さんだったら心配になります。
不安になってペットボトルを買い占めに走るのは仕方がないことじゃないでしょうか…?


>無いお金をはたいて義捐金に回し、その分節約していたのでは日本の経済は機能しません。
>喪に服してお金を使わないと経済は回りません。イベントを自粛してはいけません。どんどん金を使うことです。

これにはまったく同感です。
過去記事にも書きましたが、一番大事なのは国民が日本国内でお金を使うことです。
しっかりお金を使って経済を回していくことが、復興のために一番重要なことであると思います。

私は、お金を削って節約して募金をしようと呼びかけているのではないのです。
私は16年前の阪神淡路大震災の時の復興を知っています。
どんなにお金があっても足らないのです。
もちろん、募金や義援金は強制ではないし好意で行うものです。
だけど、世界からの募金は被災者にとってはありがたいものなのです。
それを,日本から断る…というのに疑問を持たざるを得ません。

Posted by えいと@ at 2011年03月27日 05:41
えいと@さん。
>まずは景気を回復させないと、こんな状況でインフレになったらえらいことです。

問題は景気を回復することですが、「失われた20年」で全く景気は回復していないんです。
では、どうしたら景気が回復するのか?これはデフレだからです。ではデフレを脱却するにはインフレしかありません。日銀が金融緩和をしてますが、効果が上がってません。なぜ効果が上がってないんでしょう?
誰も借りたくないからです。それに銀行には預貯金が滞留してます。つまり、貸出率が悪く、これが国債に回っている状況です。これには土地、建物の資産価値が下がっていて貸し出し規制に問題があるのでしょう。
今回の大規模な災害は復興に向けて大量に円を放出する必要があります。国債で賄えばいいのです。外国の債権を売る必要はありません。(売ってもいいですが)
1000兆円の国債額はすでに市場に出ています。金融機関の保有分、日銀の当座預金にもありますが、これでも円高です。それにIMFの資料で世界に占める通貨量ですが、日本はGDP8%のわりに円は3%です。ポンドは5%くらいに、ユーロは25%位です。日本円はGDPの比率の割りに通貨量は少ないです。これは円高の要因でもあります。しかし、基本は日本の潜在生産力で、供給>需要です。供給に余禄があると言うことです。
円高に向っていると言うことは、日本の国力の証明です。ですから、この復興を契機に生産力を高めて、雇用と消費を向上させれば徐々に景気がよくなります。
通貨(金)は「単なる紙切れ」です。問題は日本の潜在生産力で円の信認が決まります。そう言った意味で日本は世界一の金持ちである上に、その国力も持ち合わせていると言うことです。
また、財政を黒字にするにもインフレです。年金を貰っている人達には多少不本意ですが、日本の将来の為です。 そう想ってます。
Posted by 夢見る親父 at 2011年03月27日 06:13
えいと@さん。ごめんなさい、ちょっと興奮してましたかね。
まあ、今の風評被害が想ったより深刻でいろんなところに波及して復旧に支障をきたすことや電力の回復に時間がかかることで、すこし興奮していたみたいです。
この風評被害も「個人の勝手」と言えばそれまでです。一方で中国から野菜を輸入しようとしてます。
私の感性から言えば、真逆の論理です。放射能汚染も回復に向っているようですが・・。それと日本の財政赤字と国債発行額の多さで、これがトラウマになって思考停止状態です。

>過去にやった政策が間違いであったのなら、今、同じことを繰り返さないようにすべきなのです。
しかし、それができていない。
なぜできないのか。

これを一言で言えば、過去何をしたかがわかってないのです。今の政府も与謝野さんも同じ事をしているんです(トラウマ)。神戸の震災後、復旧事業で財政は回復します。そして1998年ですか、もうこれで良いと想って、緊縮財政政策を橋本政権が採ります。それ以後「失われた15年」です。一旦デフレに入ると通貨量を増やさないとデフレスパイラルから抜け出せません。バーナンキはQE2でアメリカの株価を上げてます。もし、彼が量的緩和を躊躇していれば、アメリカは終わっていたかもしれません。未だに住宅不動産は回復してません。その弊害、副作用が中東やアジアのインフレに繋がってます。
日本は円高を半ば放置してます。政府、日銀、財務省の怠慢です。同じ轍を踏むなと言っておきながら、同じ轍を踏んでいるんです。バーナンキは日本から招待を受け、日銀に彼がやった量的緩和を示唆しています。
また、昨日のブルーンバーグの記事
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aaxbiZJaPiNs
で日本の失敗を揶揄してます。

今回の対策は電力回復が最大のポイントで、回復は遅れます。順次回復の流れにあわせた財政出動が望ましいとは思います。
経済政策は公共投資と国防費の増額と金融緩和といっているんですが、今回は復興資金に変わったと考えれば良い訳です。

Posted by 夢見る親父 at 2011年03月27日 07:29
災害復興という公共投資を増やし景気回復を目指す方向でよいと
ワタクシも思いますが、事業仕分け等で日本経済に壊滅的な
打撃を与えてきた民主党が、急に景気回復へ舵をとるとはワタクシも思えません。
この赤十字の件にしても、わざと復興させたくないのかと思うくらいです。
日本は復興により経済回復が可能だと思いますが、義捐金を断る必要はないと思います。

昨日アメリカンアイドルの冒頭で、日本に支援を!とライアンシークレストと
ジャッジズがメッセージをくれた時はおおお!となりましたよ。
気持ちを寄せられていると知るだけであったかい気持ちになるもんです。
断ることなかろう・・・?

Posted by こうめ at 2011年03月27日 08:06
ハイチとちがって大きな額の寄付が少ない事は聞きます

知人に聞くと 先進国でも今回の災害は大きいから 募金はしたい とはいっていましたが 

赤十字が そんな事をいってるなんて、、




Posted by はちきんイジー at 2011年03月27日 08:30
何度も何度もUPしてすみません。
皆さんも御気を悪くなさらないで下さい。私はえいと@さんのファンですから、これからもずーと応援していくことには変わりありません。

そこで、私がUPした後、産経のネットニュースで経済評論家の田村秀男さんが書いた記事がちょうど私の考えと一緒なもので、ここにUPさせてもらいます。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110327/fnc11032708140000-n1.htm

ぜひ参考にしてください。
Posted by 夢見る親父 at 2011年03月27日 08:41
こんにちは、さやーむです。

ワタシもこの赤十字の「義援金はご無用です」というニュース気になっていました。日本国内ではかなり力を入れて募金活動してますけど、外国からの支援は要らない・・・というふうに受け止めてしまいます。(現にアメリカではそうなってるんですもんね・・・)

今回の地震による損害額は阪神大震災を大きく上回るとされている中で、お金はどれだけあっても多すぎて困る、というようなことはないと思います。「日本はハイチのような最貧国とは違う、経済大国だから放っておいても立ち直れる」と世界は思うのでしょうか。ワタシはそうは思いません。日本史上最悪の国難に、人も物も金も最大限に必要になってくると思います。少しでも助けが欲しい、というのが現状だと思います。

東日本が壊滅的な打撃を受けて、今後復興のための公共事業や設備投資が増え、徐々にではあるけども日本の景気も回復傾向に向かっていくという予測もあります。そして今のデフレは脱却してインフレに突入していくと。確かに長い目で見ればそうなっていくでしょうが、材料(人、もの、カネ)が揃ってなければ復興もなにもありません。

タイでは、「困った時はお互い様」精神でいろんな支援活動を展開してくれています。「経済大国だから支援は必要ない」なんて思う人はいないと思います。ワタシも赤十字にちょっともの申してみます(笑)。

さやーむ
Posted by さやーむ at 2011年03月27日 10:05
アロハ〜!
私もこのことを聞いて、ビックリしていたところです。
えいと@さんのブログにきたら、まさにそのことがアップされていて、またまたビックリ。
日本赤十字が受け付けないとなると、今まで集めたアメリカ赤十字の義捐金はどこに行くんでしょう?
そちらの方が心配になりました。
実際阪神大震災を体験したお友達のお話から、個人への義捐金など本当にビビたるものと知りました。
それで、一段落した時期に個人破産したりで、自殺した方もみえたとか。。
今回の災害のひどさからしても、そういうことを、最小限にするための援助資金など、使い道ってあると思うのですが。
遠慮するのも、世界の人々の善意を、踏みにじるようにしか思えないのですが。。

Posted by モリオリママ at 2011年03月27日 16:12
こんばんは

政府が誤解を受けるようなことをしてるんですよ〜!
失礼なことしてるんです。
もう恥ずかしいですよね…
例えば…↓
☆ある国は、毛布を数万枚送ると申し出 →わずか20センチほど「規格」に合わないとわかると、受け入れに強い難色を示す。
☆ある国は救助犬の派遣を真っ先に要請されたのに待ったをかけられた →「空港での検疫に1カ月かかる。これを1週間に短縮してもいいが、救助犬をその間管理できない」と言われ断られた。なのに韓国やニュージーランドはO・Kで特別扱いだった。
☆ある国はコメ数万トン(わざわざモチ米を混ぜる工夫も施されていた)を送る申し出 →日本政府は「国内に余剰米があり、コメが不足しているわけではない」と断った。
☆ある国は食料品を送ろうとした →「食品安全基準のチェックがされていない。日本語の表示ラベルも張られていない」で政府は拒否。
まだまだたくさんあるようですけど…
寄付や義援金て本来、被災の方のためのものでしょう?
頭きますよね〜 ゴーマンですよね〜
これじゃあ日本は援助いらないんだと思われてしまいますよ。
もうどう国を信用していいのかわかりません(>_<)
原発の件でも…なんで?と疑問に思ったことがあります。
(それを指摘してる方がいました)
ご存じのように福島の原発はまだ収拾がつかない状態です。
今日の新聞の様子ですと「原子炉 配管損傷か 冷却機能 障害長期化の恐れ」
などとありましたが、どうも「塩水」を注入すれば
塩の結晶に覆われれば燃料棒の周りの海水の循環が悪くなり、『効率良く冷やすのが難しくなる』ほか、熱によって燃料棒を覆っている金属が破れて『放射性物質が漏れ出す恐れもある』そうです。
『アメリカの専門家が激怒』
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032401000852.html
日本政府がアメリカの冷却材を断ったことは有名ですが、どうして最初から真水じゃなくて塩水を注入したのでしょうか?
原子力に詳しい棺さんは知らなかった?
最近は「臨界てなんだ?」と馬鹿のふりをするような発言をしているようですけどね。
知らないとは思えないので不思議でしょうがないです…



Posted by リボン at 2011年03月27日 20:34
>リボンさん

>日本政府がアメリカの冷却材を断ったことは有名ですが、どうして最初から真水じゃなくて塩水を注入したのでしょうか?

十分な真水が無かったんでしょう。塩水を使う段階でこの議論はありました。危惧していたことです。
それと冷却水は循環させているいる訳です。電源がない暗闇の中での格闘だったと思いますが、当初予備バッテリーで対応していた様です。しかし、本格的なバックアップシステムは津波で破壊され、予想以上の冷却水の減少で状況は一変しました。そして最終的判断で塩水の注入になった経緯があると思います。
まあ、結果論と言えばそれまでですが、悪化が次の悪化を生むケースだと思います。一変に最悪事態が来ると予想できれば、別の対応があったのかも知れません。
私も人生の経験の中で似た思いを沢山してます。

最近の話しで、愛用のグランドチェロキー(車)を廃棄しました。コロラドの厳冬の最中、少しエンジンの調子がいつもと違うと感じていて、次の日にオイル交換を考えていた矢先、一日くらいと思い孫のPick upに夕方エンジンをかけました。エンジンはかかり、アイドリングを意識しながらすこし焦っていたのでアクセルを踏み回転数を上げた瞬間にエンジンは止まりました。
それが愛車の最期でした。早め、早めと言いますが、この事故も制御可能とすこし想ったんではないでしょうか。 貧乏して節約、節約と努力した結果、十分な修理を行えず、逆に取り返しのつかない出費に繋がることはよくあることです。
Posted by 夢見る親父 at 2011年03月27日 22:06
日本赤十字がそんなことを言ってるなんて・・・。日本の中に、それもあちこちに、立ち上がろうとする力を削ごうとする輩がいます。多くの国民はそれに気付かず外国の方には誤解を与えています。
 震災と原発、そして権力を手にした日本を解放しようとする者達。・・・言葉が出ない。
Posted by K  at 2011年03月27日 22:59
日本ユニセフが同じようなコメントを正式に出してたのは知ってましたが、日本赤十字もこんなコメントを言ってるんですね!!!
それはびっくり!
海外在住のほとんどの人が『赤十字なら大丈夫』といって
各国の赤十字に寄付してます

もちろん『お金持ち大国』のイメージはあるかもしれないけど
今までの震災とは規模が違いすぎるし、ましてや
被害の規模に大小つけるのもこれまたどうなのかなと。。。

一人が亡くなろうと100人が亡くなろうと10000人が亡くなろうと、その大切な人を亡くした人からみれば悲しみはとても大きいと思う。
世の中見渡せば『もっと困難な生活をしてる人がいる』と言えばそうかもしれないけど、だからって「お金持ってる人に募金しなくていんじゃない?」ってのはなんか違うような気がしますよね。。。

だって募金って1円だろうと100円だろうと『誰かの為になるのなら』という気持ちでやることであって、お金の価値ではないと思うんですけどねぇ。。。なんだかな〜、もやぁっとしますよね。

ってか日本政府が各国の支援をバッサリ断ってるとこも
こういったことにつながるんでしょうね。。。
困ったときは見返りとか考えずに手を差し伸べてもらえばいいって思うんだけど、私みたいな凡人にはわからん色んな問題があるんでしょうかね??
Posted by Frau Kuritan at 2011年03月28日 04:01

>夢見る親父さん。

またちょこっと反論します。(笑)

>どうしたら景気が回復するのか?これはデフレだからです。ではデフレを脱却するにはインフレしかありません。

これはちょっと違うと思います。
インフレやデフレというのは、景気がどう動いたかで起こる状況の「結果」です。
デフレだからインフレにすればいい、そうすれば景気が回復する…ということではないんです。
景気が悪くなって、その結果デフレになった。
デフレ状態が長く続くと、さらに物が売れなくなる。
そうなると、さらに値下げをすることとなり、デフレスパイラルになってしまうのです。
デフレは景気の悪化の結果なんですよ。
物が売れないのは、欲しいものがないからです。
欲しい物がたくさんあれば値段が上がっても買います。
景気がいいと、欲しい物が変えます。そしたら値段が上がっても買えます。
これがインフレです。
物が売れないのに、欲しい物がないのにインフレに無理やり持っていくというのは絶対に良くはないですし、できません。不可能です。

インフレというのは「お金の価値が下がる」ということです。
景気が良いと物がよく売れて、需要が供給を上回ります。その結果物の値段が上がります。
こういうインフレ ↑ であればいいのですが、
景気が悪い状況で 原材料の価格が高騰したり,制作費用が極端に上がってしまうとかえって景気は落ち込んでしまいます。
そういう状況ではたとえ給料が上がっても、今の状況と何にも変わりません。
物を買わないのは同じですから、景気は回復していきません。


>円高に向っていると言うことは、日本の国力の証明です。ですから、この復興を契機に生産力を高めて、雇用と消費を向上させれば徐々に景気がよくなります。

これには同感です。
まずは雇用です。みんなが働けて稼げる日本を作ることですね。
そしてしっかり消費する。
日本人は物を大事にしますから、いい物を作れば高くても売れます。
そうなれば景気は回復し、その結果インフレになっていくでしょう。

ただ,極端なインフレはかえって経済を冷え込みさせます。
急激にインフレ状態にしてはダメなんです。
その時の景気にあわせ、徐々に物価が上がって,その結果…というのが一番いいように思います。


>えいと@さん。ごめんなさい、ちょっと興奮してましたかね。

いえいえ、いいですよ。(^^)
こういう議論は嫌いではありません。

ただ、私のブログの読者のは多くの方が女性であり、主婦です。
難しい経済の話より、今、どんな状況なのか、今後どうなっていくのか、このままほっといてもいいのか…ってことを考えて欲しいと思って、ブログを書いています。
なので、このブログのコメント欄で経済のお話をしていただいても、
討論が活発にできるとは思いません。
私自身もそんなに経済に強くはないので、あまり難しいことを書かれると困ってしまいます。(苦笑)
難しい経済のお話は、三橋さんのブログの方が活発に行えて いいと思いますよ。


Posted by えいと@ at 2011年03月28日 05:23

>こうめさん。

>災害復興という公共投資を増やし景気回復を目指す方向でよいとワタクシも思いますが、
>事業仕分け等で日本経済に壊滅的な打撃を与えてきた民主党が、急に景気回復へ舵をとるとはワタクシも思えません。

そうそう! そうなんですよね〜〜〜。
私もそう思います。
災害復興という公共投資を増やして景気が回復していけばGoodじゃん!…って思うんですけど、
この1年半で民主党が行って来たことを考えると、
けして日本がいい方向に向かうような政治はしないと思います。
政治で日本の景気は左右されていきますからね。
このまま民主党が政権の座に座ったまま…なんてことになったら、今回の震災は弱り目に祟り目になってしまいますね。。。

>この赤十字の件にしても、わざと復興させたくないのかと思うくらいです。
>日本は復興により経済回復が可能だと思いますが、義捐金を断る必要はないと思います。

そうなんですよー。
なんで断る? もらえるものはありがたく受け取ればいいのではないでしょうか?
本当に日赤が断ったのでしょうか…?
アメリカやカナダには反日の中国系の勢力が政治に入ってますからね。
NYタイムスもバリバリ反日新聞ですし。
うーむ。。。

外国からの支援がこんなにたくさん集まった!…って聞けば、
被災した方々の励みにもなるし、復興のためにはお金が必要なんですから、
断ることはないだろうにって思いますね。

Posted by えいと@ at 2011年03月28日 05:32

>はちきんイジーさん。

>赤十字が そんな事をいってるなんて、、

もし、日本の赤十字社が外国の赤十字にそういうメッセージを送ってるのであれば抗議する必要がありますね。
だって、外国に住む人にとっては直接日本の赤十字に募金…ってしにくいじゃないですか。
特に外国人の方だと、自国の赤十字を通してって方が多いですよね。

日本のために…って思って募金してくださったものが、他に使われる…。
まぁ、他にも義援金が必要なところがあるので、それはそれでいいのでしょうけど、
それでも「日本へ」って気持ちが届かないのは悲しいことですね。


Posted by えいと@ at 2011年03月28日 05:38

>夢見る親父さん。

>何度も何度もUPしてすみません。
>皆さんも御気を悪くなさらないで下さい。私はえいと@さんのファンですから、これからもずーと応援していくことには変わりありません。

ありがとうございます。
夢見る親父さんのお心遣い、ありがたく思っています。

リンク先の田村秀男氏のコラム、拝見しました。
必要なのは迅速な政治決断,その通りですね!
今の民主党政権では全くのぞめません。
決断力がなさ過ぎます。
自民党の谷垣氏も「増税」を言ってますが、これもとんでもないことですね。
先日、京都大学教授の藤井聡氏の動画を見ましたが、ああいった意見をどんどん取り入れて欲しいです。
民主党の批判がだいぶ入ってたので民主党は受け入れないでしょうけどね。

日本の復興のためには何が必要なのかを、国民はもっと考えないといけないと思います。
民主党ではダメです。
国民の意識が低すぎます。
もっと政治に関心を持って欲しいと思っています。

Posted by えいと@ at 2011年03月28日 05:50

>さやーむさん。

>ワタシもこの赤十字の「義援金はご無用です」というニュース気になっていました。
>外国からの支援は要らない・・・というふうに受け止めてしまいます。(現にアメリカではそうなってるんですもんね・・・)

ご存知でしたか!
何なんでしょうね? なんで無用なんですか? 外国の方の善意が無用ってあり得ないんですけど。。。

>今回の地震による損害額は阪神大震災を大きく上回るとされている中で、お金はどれだけあっても多すぎて困る、というようなことはないと思います。

阪神淡路大震災の時にも募金や義援金は集まりました。
でも、個人には100%満足がいく金額は当然のことですが行き渡りません。
50万円もらえるところを70万円もらえたら、家財道具を買う足しにはなるでしょうし。
たくさんお金が集まれば、被災者の方はそれだけ助かるのです。

>「日本はハイチのような最貧国とは違う、経済大国だから放っておいても立ち直れる」と世界は思うのでしょうか。

国が経済大国であっても、個人の生活はこの不況で大変な状況でした。
この状況で今回の大震災…。
世界からの義援金がなくても、そりゃ国はつぶれることはないでしょう。
でも、個人の生活は元のようには決してならないのです。

>東日本が壊滅的な打撃を受けて、今後復興のための公共事業や設備投資が増え、徐々にではあるけども日本の景気も回復傾向に向かっていくという予測もあります。そして今のデフレは脱却してインフレに突入していくと。確かに長い目で見ればそうなっていくでしょうが、材料(人、もの、カネ)が揃ってなければ復興もなにもありません。

そうなんですよね。
デフレだからインフレにしたら景気は回復していく…ということはありません。
みんなが仕事に就けて、お金を儲けて消費しなければ景気は回復しません。

結局、景気って人の気持ちによって左右されるんですね。
多くの方が批判する小泉政権ですが。
私はあの時の国民の上向きの気持ちが景気をあげたのだと思いますよ。
あの時は国民みんなが明るかった。
株も上がった。
ムードが良かったんです。
リーダーが前向きな人間であれば、国民は希望が持てるのです。
みんなでいい国を造ろう、そういう気持ちが大切だと思います。

>ワタシも赤十字にちょっともの申してみます(笑)。

お願いします。
ホントに日赤がそんなことを要求したのか…すごく疑問です。

Posted by えいと@ at 2011年03月28日 06:06

>モリオリママさん。

>日本赤十字が受け付けないとなると、今まで集めたアメリカ赤十字の義捐金はどこに行くんでしょう? そちらの方が心配になりました。

赤十字社は災害だけでなく、貧困などの国や地域にも義援金を送りますから、
ピンハネしたり,特定の企業や団体などに寄付したりはしないので大丈夫だと思います。
ただ、「日本のために」って思って募金をしてくださる方がおられるのに、
その善意が日本には届けられない…っていうことなんですね。

>実際阪神大震災を体験したお友達のお話から、個人への義捐金など本当にビビたるものと知りました。
>それで、一段落した時期に個人破産したりで、自殺した方もみえたとか。。

そうなんですよね。
今まで築いて来た財産が全て失われた人だっているんです。
その5割も補償はされていないでしょう。
たとえ国は経済大国で、外国からの支援がなくても自力で復興できたとしても、
被災された個人の中には もとの生活にはもどれない方が多いだろうと思います。

各自治体が直接義援金を募ることをはじめたようです。
岩手県の場合は、
「岩手県内の被災者に義援金を贈られることを希望する場合」と、
「岩手県が行う災害復旧等対策(被災地の港湾・道路修復など)の財源として県に寄付を希望する場合」で送付先が異なるようです。
これははっっきりしてていいですね。

>遠慮するのも、世界の人々の善意を、踏みにじるようにしか思えないのですが。。

その通りですね。遠慮して何になるというのでしょう。
意味不明ですよね。。。


Posted by えいと@ at 2011年03月28日 06:19

>リボンさん。

>政府が誤解を受けるようなことをしてるんですよ〜! 失礼なことしてるんです。もう恥ずかしいですよね…

外国からものを受け入れる場合には、一般人にはわからないような細かい規定があるのでしょうが…。
今回は非常時ですからね。
そんなこと言ってられないと思うのですけどね。
物資の受け入れは、政府がどう処理していいかわからないからじゃないでしょうか?
これ以上混乱させないでくれ〜〜〜って悲鳴をあげているのかもしれません。

>寄付や義援金て本来、被災の方のためのものでしょう? 頭きますよね〜 ゴーマンですよね〜
>これじゃあ日本は援助いらないんだと思われてしまいますよ。

確かに、国自体は国債発行するなり何なりしてこの窮地を乗り切ることができるでしょうけど、
個人はそうはいきませんよね。
失った財産、中には全財産をなくされた方もおられるでしょうし、
大黒柱を亡くされた方、職場がなくなってしまった方、こういう方がたくさんおられると思います。
国が復興しても、個人の生活が100%元に戻ることはないんですね。
だからこそ、支援が必要なんです。

>原発の件でも…なんで?と疑問に思ったことがあります。
>日本政府がアメリカの冷却材を断ったことは有名ですが、どうして最初から真水じゃなくて塩水を注入したのでしょうか?

これに関しては、夢見る親父さんがお答えになってくださっていますので、そちらをお読みになってくださいね。

>原子力に詳しい棺さんは知らなかった?
>最近は「臨界てなんだ?」と馬鹿のふりをするような発言をしているようですけどね。

これ、マジですか? あちこちのブログで書かれてますが。
原子力に詳しくなくても知ってますよ。だって東海村で臨界事故があったじゃないですか…。
菅さんは,そのニュースも知らないってことになりません?
あり得ない。。。@@;

Posted by えいと@ at 2011年03月28日 06:35

>夢見る親父さん。

チェロキー、残念でしたね。。。
愛車がダメになってしまうって辛いですよね。わかります。。。

>早め、早めと言いますが、この事故も制御可能とすこし想ったんではないでしょうか。 
>貧乏して節約、節約と努力した結果、十分な修理を行えず、逆に取り返しのつかない出費に繋がることはよくあることです。

今回の原発事故は、もちろん大地震、大津波のせいでこんなことになった…ということはあります。
普通の事故ではないってことは明らかですよね。

でも危機管理に問題はなかったか…といえば、けしてなかったとは言えません。
ありありです。
武田邦彦教授やゲラー教授の話を聞くと、本当に恐ろしいですね。
私は原発反対派ではないですが、
もし、東南海大地震が起きたら…って考えると恐怖です。
やはり危機管理、安全対策にしっかりお金を使わないといけないってことですね。

災害対策費や原発の保守点検費用を,事業仕分けを行ったのは民主党、枝野氏や蓮舫氏ですからね…。
そう考えると…今回の原発事故の拡大は人災としか言いようがないです。
このことを日本国民はしっかりと覚えておかないといけないと思います。

Posted by えいと@ at 2011年03月28日 06:50

>Kさん。

Kさんは、「学んでいこうぜ!」のKさんでしょうか…?
違っていたらごめんなさい。

>日本赤十字がそんなことを言ってるなんて・・・。

にわか、信じられないことですよね。
こんなにも大きな災害で、多くの方が家を失い、家族を失い、仕事を失ったというのに…。
個人がもとの生活に戻るにはどんなにお金があっても足らないと思われるのに…。

>日本の中に、それもあちこちに、立ち上がろうとする力を削ごうとする輩がいます。多くの国民はそれに気付かず外国の方には誤解を与えています。

日本の中に立ち上がろうとする力を削ごうとする輩がいる…。
しかもそれが日本人っていうことも考えられるわけですよね。(帰化人っていうこともあるでしょうが)
本当に悲しいです。
日本に住みながら、日本人としての恩恵を受けながら、
日本が復興に向かおうとする力を削ごうとする輩がいるなんて…。(涙)

>震災と原発、そして権力を手にした日本を解放しようとする者達。・・・言葉が出ない。

少なくとも、一刻も早く民主党には政権の座から降りてもらわねばなりません。
このままだと、国が弱ってるスキに何をされるかわかりません。
日本では、この民主党の体たらくを見ても、国民の声はまだ大きくはなりませんか…?

Posted by えいと@ at 2011年03月28日 06:58

>Frau Kuritanさん。

>日本ユニセフが同じようなコメントを正式に出してた

ちょっと違うかもしれません。
日本ユニセフは「必要以上の募金は他国への支援にまわす」ってHPに書いてあるそうです。
つまり、募金は無制限に受け入れますが、必要以上になればアフリカ等にまわします」ってことです。
どうやって必要以上かどうかを判定するのははっきりしませんけどね。
日赤の場合は、受け入れた募金や義援金は全額、被災地へ送られ分配されます。
が、外国から募金や義援金はもういりません,国内だけでOKですって言ってるんです。

>それはびっくり!
>海外在住のほとんどの人が『赤十字なら大丈夫』といって各国の赤十字に寄付してます

そうなんですよねー。
だから,外国の赤十字に「日本のために」と思って募金をしてくださった方の善意が日本には届かないってことなんです。

>もちろん『お金持ち大国』のイメージはあるかもしれないけど
>「お金持ってる人に募金しなくていんじゃない?」ってのはなんか違うような気がしますよね。。。

日本は確かに経済大国です。
国自体は国債発行するなり何なりしてこの窮地を乗り切ることができるでしょうけど、
個人はそうはいきませんよね。
失った財産、中には全財産をなくされた方もおられるでしょうし、
大黒柱を亡くされた方、職場や仕事がなくなってしまった方、こういう方がたくさんおられると思います。
国が復興しても、個人の生活が100%元に戻ることはないんですね。
だからこそ、支援が必要なんです。

>だって募金って1円だろうと100円だろうと『誰かの為になるのなら』という気持ちでやることであって、お金の価値ではないと思うんですけどねぇ。。。なんだかな〜、もやぁっとしますよね。

もやっとしますよね。
善意の気持ちは金額ではないですからね〜。

>ってか日本政府が各国の支援をバッサリ断ってるとこもこういったことにつながるんでしょうね。。。

政府が支援を断るのは何か裏があるのかもしれませんね…。
阪神淡路大震災の時にも、当時の総理大臣の村山富市氏は米国からの支援を断りました。
やはり社会党系の考えは、アメリカ=敵なのでしょうか…?
他の支援物資はちょっとはっきりしたことはわからないのですけど、
たくさんの物資を取りまとめることが民主党ではできないからじゃないかな…なんて疑ってしまいます。

Posted by えいと@ at 2011年03月28日 07:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。