2011年03月23日

自衛隊は日本の誇り〜これぞ武士道!


こんにちは、えいと@です。本日もご訪問 ありがとうございます。 【3/24追記あり】


ありがとう自衛隊! 自衛隊は15日までに1万9000人を救助!

東北関東大震災で15日までに自衛隊が救助した人数は東北地方の沿岸部を中心に1万9000人に上っていることが分りました。頼りになります。
さらに警察や消防、海上保安庁が救助した人数を合わせると2万5460人に上るとのことです。
でも、それでもまだまだ多くの被災者が孤立している状態です...。一人でも多くの人が、少しでも早く救助されることを心から祈っています。
頑張れ自衛隊!

ありがとう自衛隊! 自衛隊は15日までに1万9000人を救助しました 産経ニュース


自衛隊が 15日までに1万9千人を救助!


警察や消防、海上保安庁が救助した人数を合わせると2万5460人もの人が助けられたのですね…。


ありがたい。本当にありがたいです…。


こちらの動画 ↓ をご覧になってください。


   【東日本大震災】自衛隊救援活動特集(23分20秒)


津波で破壊された町の様子と 被災地での自衛隊の活動の様子を見ることができます。


自衛隊は 津波で流された思い出のアルバムや写真,本などをきちんと残しておいているんですね…。(5分あたり、19分あたりから)


被災者の方のために 思い出のものを残しておくんだそうです。


そして、ガレキの下にご遺体がある可能性があるので、手作業で除去をされているのだそうです。


何という心遣いでしょうか…?


そしてお風呂のサービスです!(15分あたりから)


10日ぶりにお風呂に入れた被災者の方々笑顔!


阪神淡路大震災の時にも お風呂のサービスがありましたよ…!


こんな風に救助やがれきの片付けの他にも被災者の方のために一生懸命に動いてくださっているのです。


自衛隊、ありがたくて涙が出る。
自衛隊いらないなんて そんなことはない! 
自衛隊はかっこいい!



これ ↑ が被災者の方々の声です。(12分あたりより)



ところで「自衛隊なんていらない!」って言ってる人は 今はどんな風に思っているのでしょうか?


こちらの動画 ↓ をご覧ください。つい最近のことなんですよ。


   「平和主義者」達の人権侵害(5分54秒)


これ ↑ は3月上旬に沖縄の石垣島に 自衛隊のイージス艦「あたご」が寄港した時の模様です。


「平和な八重山に自衛隊いはいらない」
「自衛隊は歓迎されていない」
「税金の無駄遣い」



こういう言葉を自衛隊の方々に投げつける人々…。


もちろん、すべての沖縄の方がこういう運動をしている訳ではありません。


でもこんな風に運動をする団体がいるのは事実です。


こういう人たちの多くは9条信者ですね。


上の動画 ↑ では「9条を守る会」の幟が見えますね。


憲法9条があれば 平和が永久に続くと信じている人たち…。


こういう人たちは今回の地震の自衛隊の働きを見ても同じことを言うのだろうか…?


有事って 別に戦争だけじゃない。災害も有事です。


それでも「自衛隊は税金の無駄遣い」て叫ぶんだろうか…。



自衛官たちは どんな場合でも国民の命を守ります。


万が一沖縄が災害に遭遇した際、こういった運動している人々も自衛隊は助けるでしょう。


こういう反自衛隊の運動をしている方々に聞きたい!


あなたたちは もし自衛隊に命を助けられても「自衛隊はいらない!」という言葉を投げつけるのか?…と!


ホントに悲しいし 情けないですよ…。


国を、国民の命を守ってくださる自衛隊に対し こんなことができる人間が日本に存在するってことが…。



昭和32年2月、防衛大学第1回卒業式にて、当時の総理大臣吉田茂氏が卒業生に贈った言葉をご紹介しておきます。

「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。
しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、 外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、
国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけ
なのだ。
言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい」

      吉田茂 Wikiquote


吉田茂氏は 戦後の自衛隊が国民から感謝されないことがわかっていたのでしょうか…?


国民から感謝されたり歓迎されることがなくても 懸命に任務を遂行する自衛隊。


災害等の有事の際には命を投げ打って働いてくださる自衛隊。


上の動画のような罵声を自衛隊員に浴びせるのは許せない…!



以下は東北関東大震災の TVでは決して報道されることのない自衛隊の活動の写真 ↓です。
   守りたい人がいる〜陸上自衛隊より画像をお借りしました。

ganbarejieitai5.jpg

ganbarejieitai2.jpg

ganbarejieitai1.jpg

ganbarejieitai6.jpg

ganbarejieitai8.jpg

ganbarejieitai7.jpg

ganbarejieitai3.jpg


写真を見ているだけで 現場の凄まじさを感じます。


こんな危険な場所であっても 救助に向かってくださっているのですね…。


最後の写真…赤ちゃん、助けられて本当に良かった。


自衛隊が命の恩人ですね。



   国旗の重み 自衛隊編〜あなたと同じ自衛官になりました(8分6秒)

以前もご紹介した動画 ↑ です。何度見ても感動で涙が出て来ます。


16年前の阪神淡路大震災の際に 自衛官に命を助けられた10歳の少年が、大人になって自衛隊員となる決意をしたというお話です。


一度なくした命を自衛官として懸けるのが自分の使命。


彼は今、多くの命を救うために被災地でがんばってくださっていることでしょう。



都消防ハイパー・レスキュー隊の活躍に石原都知事が涙しました。(私も涙しました…!)


「放水」の東京消防庁隊員、都知事と面会(動画 56秒)

福島第1原発事故で放水活動を行って帰京した東京消防庁ハイパーレスキュー隊員らの活動報告会が21日、東京都渋谷区の消防学校で行われた。
石原慎太郎知事は参加した115人を前に感極まり、何度も言葉を詰まらせながら感謝を述べた。

「みなさんの家族や奥さんにすまないと思う。ああ…、もう言葉にできません。本当にありがとうございました」
隊員からの活動報告を受けた石原知事は、涙を隠さず、深々と礼をした。

石原知事は、被曝(ひばく)覚悟の活動を「まさに命がけの国運を左右する戦い。
生命を賭して頑張っていただいたおかげで、大惨事になる可能性が軽減された」と称賛。

さらに、「このすさんだ日本で、人間の連帯はありがたい、日本人はまだまだすてたもんじゃないということを示してくれた。
これをふまえて、これにすがって、この国を立て直さなければいかん」と声を震わせた。

活動報告会に参加した隊員の一人は「あの強気の知事が涙を流して礼を言ってくれた。
上から物を言うだけの官邸と違って、われわれのことを理解してくれている。だから現場に行けるんだ」と話した。

「言葉にできない。ありがとう」石原都知事、感極まり言葉詰まらせる 放水活動の消防隊員に謝辞 産経ニュース


この活動報告会に参加した隊員の言葉…。↓


「あの強気の知事が涙を流して礼を言ってくれた。
上から物を言うだけの官邸と違ってわれわれのことを理解してくれている。だから現場に行けるんだ」



まさしくその通りですね。


涙を流して隊員たちに頭を下げる石原都知事。


それに対して官邸の態度は…!


自衛隊の原発への放水作業を「遅い」と 成果が見えない状況にいら立ちを募らせ八つ当たりする総理大臣がいたり、


「速やかに放水をしないと処分する」なんて圧力的発言をする経済産業相(海江田万里)がいたり…。


このあたりが上から物を言うだけの官邸と違うと思わせたのでしょうね。


イヤな上司のもとでは士気がなえるってなもんです。



とにかく!


自衛隊、消防ハイパー・レスキュー隊の方々!


あなた方は真の侍です! 武士です!


国のため、人のために命を惜しまずに任務を遂行する


その心こそ! 武士道である!と私は思います。


命をはって国、国民の命を守ってくださる方々に 感謝の気持ちを、


日本国民 全員で持つ必要があるのではないかな…って、


そんな風に思います。



     【3/24追記】

お友達ブロガーのルナ☆さんのブログより。
日本が危ない今だからこそ!佐々淳行の緊急提言を受け入れるよう声を届けよう

   〜〜〜引用ここから〜〜〜

自衛隊員はご遺体の処理ばかりで、かなり参っているという、二階堂筋の意見も見かけました。
これは本当だと思う。自衛隊員とて人の子。

自衛隊にもエールを送りましょう!ツイッターやってる方はフォローを!

     http://twitter.com/JGSDF_pr

                  〜〜〜ここまで引用〜〜〜




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


     nissekibokin.jpg
      >>日赤への義援金・救護金のお申し込みはこちらから


posted by えいと@ at 18:56| Comment(12) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(震災編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おー一番乗りですか?
嬉しいな。

この自衛隊の救助にはもう感謝の気持ちでいっぱいになります。
仙石氏はこの自衛隊を「暴力装置」と言ってたけど、でも結局は何でも自衛隊頼みとなっています。
この機会に多くの人達の自衛隊を見る目が変わってほしいですね。
もっと日本のマスコミは自衛隊の頑張る姿を報道すべきなんだけど、よけいな事ばかり一生懸命にやってくれるから困るんですよね。
Wあなたと同じ自衛官になりましたWの動画良かったです。
今回の震災で自衛隊に助けてもらった子供達の中からも、将来自衛官になる子が出てくるかもしれないですね。
今のままの丸腰状態ではいけないので、これを機にちゃんと軍としてほしいです。

そして石原都知事の涙は人の心がありますね。
なにかと問題をぶち上げてくれるけど、でもこういう一面もあり、この頑固親父さんも捨てちゃいけませんね。
そして東京都のハイパーレスキュー隊の隊員達にも感謝です。
現場の人達が頑張ってくれてる。
それに感謝!
Posted by kuri at 2011年03月23日 21:50
こんにちは、さやーむです。

本当に自衛隊の方の懸命の救援活動には頭が下がる思いです。自衛隊の組織力がなければ、犠牲者はもっと増えていたでしょう。今もなお、生存者を願い手作業による捜索をされているのも日本人、まさに武士道の心を感じます。NZ地震では1週間で捜索そのものを打ち切っちゃいましたしね・・・。

今朝ほど朝のフジテレビで宮城県松島地区の自衛隊員の方のインタビューを見ました。基地が地震の被害に遭ってしまい、救助ヘリが飛ばせなかったことを悔し涙に言葉を詰まらせておられました。「国民の命を守る」このことを使命に自衛隊の方は命がけで活動しておられるんだと改めて胸が熱くなりました。

石原都知事の言葉は国民の声を代弁していると思います。(平和主義者・左翼を除く)いろいろ物議を醸す人ですが、この時はワタシも思わずもらい泣きしてしまいました・・・。

さやーむ

Posted by さやーむ at 2011年03月23日 23:13
自衛隊のみなさんには感謝しても感謝し切れません!
私の心も救われた気持ちです。
もしかしたら、今回救助された2万人近くの方々やその家族の中にも、自衛隊反対なんて人もいたかもしれませんね。
上の動画の“自衛隊いらない”なんていってるやつら、お前がいらない!ですね。

でも夫も言ってましたが(キャッ!夫だってw)
「今回救助された人たちはいっぱいいて、そして過去に救助された人たちもたくさんいるから、その人たちは自衛隊の皆さんに心から感謝してるし、ちゃんと見てる。だから、自衛隊反対なんて人間がいても、実際に救われた人たちはいっぱいいるんだから、大丈夫だよ」
って言ってました。
私もそう思います。
いくらメディアがひんまがった報道をしようとも、隠蔽しようとも、見てる人は見てる、知ってる人は知ってるんです。だから大丈夫だと思います。

石原氏の動画、観たかったんです!ありがとうございます♪
あの強気な石原氏が涙するなんて、彼らの任務がいかに過酷であったかを物語っていると思うし、そして石原氏と消防隊員みなさんの日本への熱い想いを改めて感じることができました。
Posted by ビバちゃん at 2011年03月24日 00:21
ニュースで、行方不明になられてる娘さんの幼少の頃の写真が・・・ってやってました。
思い出もなにもかも流されちゃった中、こうして思い出が手元に戻ると、それだけで前を向く気力が出ますよね。

ちょっと違う話ですが、息子が日本の歴史に興味があって、まだ早いかな、と思ったけど、ラストサムライを一緒に見たんです。
そこで武士道について話したの。
ラストの方でトムが渡辺謙を刺すでしょう?
あの場面で大事な友の命を死と言う形で救うのも武士道、って話したばかり。
自衛隊も武士道、本当にそうですね。
息子にもそう話して聞かせます。
Posted by ree at 2011年03月24日 06:22
今回の事で 人々の自衛隊にたいする考え 受け入れが 変わるといいですね

そう云えば、、、 関係ないけど 、、、

主人が 軍隊に入っている若者に

今の兵士は皆に歓迎されるのが嬉しい

ベトナム戦争の時はそうでなかった事が多かったと

涙ぐんで 彼らに話していました。

Posted by はちきんイジー at 2011年03月24日 12:41
アロハ〜!
この、対照的な動画、本当に今の日本を象徴してますね。
石垣島では、台風などの災害で、自衛隊に助けられたことは、ないんですかね?
絶対ありますよね。
それなのに、こういうデモが出来る人間って、信じられません。
税金の無駄遣いとかごくつぶしとか言った後、へらへら笑ってるこの方達、もしかしたら単なるお金をもらってのパートタイムジョブ?
とても、反対に信念を持ってのデモにも見えませんでした。
こういう方々が、今の被災地のような状態になったら、真っ先に炊き出しをもらいに行くことでしょう。
本当に自衛隊の方々の努力に、頭が下がります。
Posted by モリオリママ at 2011年03月24日 12:58
私の実兄は消防官です。
普通のレスキュー隊でもなければ、ハイパーレスキュー隊でも
ありません。
しかし、だからこそハイパーレスキューがどういうものかを
知っているつもりです。

消防官なら誰でもなれるという隊ではありません。
もうこれ以上、彼等を現場に足止めさせてはいけない!
今、この瞬間に首都圏でハイパーレスキューを必要とする問題が
起きたらどうなるのか・・・。

自衛隊も然りです。
5万人を一気に10万に増やして、全員を東北に向かわせるのは
あまりにも危険な行為です。
10万人が同時に活動し、休み無しでは隊員が壊れてしまいます。
加えて、その他の県、地域が隙だらけになってしまいます。
現に、ロシアの戦闘機が領空侵犯してきました。

原子炉は、一刻も早くコンクリートで固めてしまわなければ、
汚染区域が広がるだけで、自衛隊、消防庁の働きが無駄になって
しまいます。
科学の知識に秀でているハイパーレスキューの人達が、それを
一番実感していることでしょう。
それを思うと涙がにじみます。
Posted by たまてん at 2011年03月24日 13:37
本当に自衛隊の活動には頭が下がりますね。
そしてとても心強い限りです。
TVでも犠牲者の数だけで無く、
自衛隊が助けた人の数も教えて欲しいですよね。
Posted by コメット at 2011年03月24日 14:41
自衛隊の活動は見ているだけで勇気を貰えます。
本当に感謝すべきですよね。
Posted by みさき at 2011年03月24日 18:29
遅くなりました。皆さんのコメントを読みながら、自衛隊の活躍に感動するばかりです。
美辞麗句では語り尽くせない彼らの精悍な姿に正に「武士道」を感じますね。
東京都のハイパーレスキュー隊の活躍に石原都知事と同じ思いを感じます。
日本は今、いろんな意味で大きく変ろうといている様に見えます。不謹慎ですが、この津波が日本人に取り付いていた悪霊を洗い流した様にも思えます。
これからが復旧と復興です。一歩一歩最高峰の山を目指して進みましょう。「千里の道も一歩から」能書きでは前には進めません。苦難の道を皆で登って行く喜びが感じられます。
Posted by 夢見る親父 at 2011年03月25日 00:13
こんばんは。

私の思いは石原都知事と同じです。
自衛隊を「暴力装置」だと言っていたオッサンが腹立たしいですね。

たまてんさんがおっしゃるように、自衛隊が手薄になると不安ですね。早速、ロシアの戦闘機が領空侵犯してきました。

まあ、この期におよんでも窮条信者は、平和を祈る念波が安全を保障すると言い張るのでしょうな。そのカメハメ波でロシア戦闘機もテポドンも追い払ってほしいものです。

色々な怪しげな宗教が幅を利かせていますが、彼らのその一つでしょう。この震災を機に日本は憑依した悪霊を除霊するのです。

Posted by 館主 at 2011年03月26日 20:30

kuriさん、さやーむさん、ビバちゃん、reeさん、はちきんイジーさん、モリオリママさん、たまてんさん、コメットさん、みさきさん、夢見る親父さん、館主さん。

コメントをありがとうございました。
まとめてのお返事でごめんなさい。

本当に自衛隊員たちには頭が下がります。
この機会に、自衛隊とはいったい日本にとってどういう存在なのかを 国民全員でしっかり考えてみて欲しいです。
もし、自衛隊がいなかったら…被災地はどうなっていたか。
阪神淡路大震災でも多くの自衛官が活躍してくださり、その後の復興のスピードは世界が驚愕するものでありました。
いざという時に頼りになるのが自衛隊です。

この自衛官たちの精神はいったい何なのでしょう。どこからくるのでしょうか。
沖縄に残った陸上自衛隊の方が、
自分も被災地に行きたい!…と言われていました。
でも、沖縄も自衛隊は必要です。尖閣諸島に関して気が抜けません。
自分が真っ先に飛んでいきたい気持ちを抑え、仲間に託されたのです。
本当に素晴らしい精神状態です。
これこそ武士道!

声を出して言いたい!
自衛隊はかっこいい! ステキです!
憧れの職業の第一位になってもいいくらいです!


消防隊の方もすばらしいです。
石原都知事の涙、私も同じ気持ちです。
本当に感謝でいっぱいです。
あぁ、日本人って素晴らしい…って涙が出ます。


>みさきさん。
はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。
またご訪問くださいね、お待ちしています♪

Posted by えいと@ at 2011年03月28日 07:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。