2011年02月25日

国益がどんどん損なわれていく…民主党政権


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



ニュージーランド南島のクライストチャーチ付近で起きた大規模地震で、25日、死者が113人になったそうですね…。


亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。


そして安否が確認されていない方々がまだ大勢おられるんだそうです。


一刻も早く被災者の方々が救助されることを祈っています…。



ところで外国に住んでおられる方は 在留届けを提出されておられますか?


万が一、外国で事件や事故が発生した場合、在外公館はこの在留届をもとに、日本人の方の所在地や緊急連絡先を確認して援護活動を行うことになっています。


3ヶ月以上外国に住所を置く場合は 必ず「在留届」を提出しておきましょう。

   参考HP → 在ニューヨーク日本国総領事館「在留届」




さて、こういった緊急時には政府専用機が使われることが多いのですが、


なんと! こんなことがあったようなんです!

ejipitokan.jpg
    花うさぎの「世界は腹黒い」さんよりお借りいたしました。

  エジプト騒乱で菅首相がキレた 
   「邦人救出よりも自分の外遊」

エジプトの独裁政権が国民の力で打倒されるなか、日本では菅直人首相の国民軽視ともいえる言動がー。 

外務省関係者が明かす。
「エジプトでデモが激化し、治安が悪化して邦人旅行者らが帰国できなくなる事態が生じた際、外務省は政府専用機を邦人救出に使おうとしたのですが、それを聞いた菅首相は激怒し、『(専用機は)私がダボス会議に行くのに使う』『勝手に(エジプトに)行った奴をなぜ助けるのか』などとい言ったというのです。
前原誠司外相が翻意を促しても、聞き入れなかったそうです」
 
菅氏がスイスで開かれたダボス会議に出席したのは、まさに治安悪化の最中のこと。1月28日夕に出発し、30日午後に帰国した。
外務省は29日、緊急対策本部を設置したが、その時点ですでに約500人の邦人がカイロ国際空港で足止めされており、翌30日にはさらに増えた。
不安を訴える邦人を前に日本大使館員は「政府の救援機が来る見通しは立っていません」と言うばかりだったという。
その間、菅氏は邦人保護にも利用できる政府専用機で悠々と帰国の途にあった。
 
これは官邸周辺でも波紋を呼んだという。
「国民を切り捨てるなんて首相として許しがたい、他国では救出機を送っている、いったい何のための飛行機で費用はどこから出ているんだなど、非難の声が噴出しました」(外務省関係者)
(後略、週刊朝日3月4日号P141から)


これ ↑ は週刊朝日という週刊誌の記事だそうですが…。


そういや,あの時エジプトに残された邦人は 政府専用機ではなく チャーター機での帰国でしたよね?


菅総理が「邦人救出より自分の外遊を優先させた」のが事実だとしたらもっと大きな問題にすべきではないでしょうか?


しかも菅総理は ダボス会議で「TPPで日本を開国する」って大ボラをふいてきたわけですよね?


日本は別に鎖国してるわけでもないのに、TPPが日本にとって必要なのかどうかを検討している最中なのに!


菅総理自身がTPPのことをしっかり把握していない状況で「参加」することを前提に演説してきちゃった あのダボス会議です。


あれに参加するために邦人の救出を後回しにしたのだとしたら…! 


日本の総理大臣としては失格なんじゃないでしょうか?


これが事実かどうか、しっかり検証していただきたいものですね!



それにしても…! 鳩山元総理にしても 菅総理にしても…!


まだ決定してもないことを 国際会議の場でペラペラとしゃべって来るのやめてもらえませんか?


…って言いたいです、マジで。。。



さて、先日の2月23日に「第2回党首討論」が行われました。


  【党首討論】 菅総理 vs 谷垣禎一、山口那津男(50分24秒)


ちょっと長いんですけど、ぜひ、ご覧になってください。


かなりおもしろいです。ヘタなドラマ見てるよりもおもしろいですよん。


お友達ブロガーのこうめさんが 今回の党首討論の内容(谷垣総裁vs菅総理)をUPされております。↓(文字お越しは産経ニュースさんによるものです)
  こうめデラックスのニュースの見方!その1 その2 その3 その4


ま〜〜〜菅総理は「イラ菅」炸裂ですのぅ。


何としても「予算を通したい」の一点張りなんですね。


民主党が掲げる「マニフェスト」は破綻しているのはもうわかっていることです。


民主党が自ら「作り直す」って言っているわけですしねぇ。


しかも今回と押そうとしている予算は 破綻したマニフェストを元にして立てられた予算なわけですから。


そんな「破綻したマニフェストを元にした予算」を通すことに野党も賛成しろ! 何としても予算を通せ!…って言われてもねぇ。


谷垣氏は国民の声を聞いて 体勢を立て直していくしかないと言われています。


その通りだと思います。


菅政権の現時点での支持率は10%台なんです。


ほとんどの国民はもう民主党ではダメだ、菅内閣には任せられないと思っているんです。


マニフェストが破綻しているということは国民に対しての約束が守られなかったということですから、


解散総選挙を行って 国民の信を問うのが筋だと思われませんか?



今回の党首討論では野党の攻めはなかなか良かったとは思いますが、


できたら領土問題についてもっと強く追求して欲しかったですね。


北方領土についての追求はありましたが竹島や尖閣諸島についての追求がありませんでした。


特に尖閣諸島に関しては一刻もはやく自衛隊を駐屯させるなどの対策が必要なんです。


中国に配慮する外交は 中国をやりたい放題にさせるだけです。


日本が尖閣諸島を実効支配している現状では、中国側もそう簡単に手は出せまい、そう考えるのは、お人好しの日本人だけだ。
先般、アメリカを訪問した温家宝首相は、現地の華僑を集めた席で「尖閣列島は中国固有の領土であり、日本に寸土も譲るつもりはない」と断言した。
この発言と呼応するかのように、世界に散らばる華人系団体が、来年の6月に600隻から800隻の大船団を擁して、大挙して魚釣島に上陸するという計画があることが明らかになっている。
そもそも彼らは、04年に魚釣島に不法上陸した際、島にあった尖閣神社を破壊した“前科”がある。
そのため、元島民である古賀家の屋敷跡や記念碑などを壊し、自分たちの石碑を建てる行動に出る可能性も高い。この計画は、すでに在米華僑を通じて大がかりな資金集めが行なわれているという。
かつて周恩来やケ小平は「棚上げ論」を主張した。
その後、中国側がこの論を律儀に守ってきたのかと言えば、とんでもない。その間にも中国は、官・軍・民挙げて“尖閣占領”を「水面下」で推し進めてきたのだ。
何も知らず、平和の惰眠を貪っていたのは、わが日本だけだったのである。

 山本皓一氏「中国 尖閣諸島へ来年6月「800隻大船団で上陸」計画が進行中」
        SAPIO2010年11月24日号



中国は 今年の6月に600隻から800隻の大船団を擁して 大挙して魚釣島に上陸するという計画を立てているらしいのです。


まさか…そんなことしてこないだろう…?って言い切れますか?


もし実際に中国が集団で尖閣諸島にやって来たとしたら…海保で対処できるんですか?


重要なことは 危機管理のためには何をすべきなのかということなのです。


民主党では危機管理がなさ過ぎです。悲しいくらいに…。


民主党が政権に居座れば居座るほど 日本の国益は損なわれているといっていいでしょうね…。




     【お知らせ】

決起せよ!反ファッショ山手線一周国民ラリー 
アジアに自由と平和を!菅民主党政権打倒! 中国の尖閣・台湾・アジア侵略阻止!



今週末の2月26日(土)に頑張れ日本!全国行動委員会主催の街宣ラリーが行われます。


  【草莽崛起】2.26 反ファッショ山手線一周国民ラリー(2分2秒)

期日:平成23年2月26日(土)

内容 : 12時00分〜13時30分 「渋谷」駅 ハチ公前広場 街頭宣伝
   14時00分〜14時45分 「池袋」駅西口交番前 街頭宣伝
   15時15分〜16時00分 「上野」駅丸井前 街頭宣伝
   16時30分〜17時30分 「有楽町」駅 交通会館前 街頭宣伝

※ 各駅での街頭宣伝終了後、ご参加いただいた皆さんとJR山手線で移動。途中参加も可能。

《注意事項》
・プラカード持参可(ただし、民族差別的なものは禁止)。
・国旗以外の旗類、拡声器の持ち込みはご遠慮ください。
・山手線での移動に参加される場合、プラカードは首にかけられる程度のもの、国旗は小旗程度のものに限ります。

主催 : 頑張れ日本!全国行動委員会
   草莽全国地方議員の会
   日本李登輝友の会
   台湾研究フォーラム

ご連絡先 : 頑張れ日本!全国行動委員会
      TEL 03-5468-9222
   http://www.ganbare-nippon.net/news/diary.cgi?no=33

※ チラシ(PDF版)は こちら ↓
   http://www.ch-sakura.jp/sakura/H230226_flyer.pdf



お時間がある方で お近くの方は ぜひ! 参加をよろしくお願いします!




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 18:45| Comment(14) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今から 仕事です

流し読みでしたが

邦人救出よりも自分の外遊

って 

びっくりしました。


今日もいい日を、、、
Posted by はちきんイジー at 2011年02月25日 23:45
こんばんは(*^。^*)

もともと民主党のマニフェストは無理だったんですよ。
無理なものを通そうとするからややこしいんですよね〜
最近は党内で身内の管さんイジメもやってますし…(そうみえます)
見ててほんといやですね。
16人の離脱?だかも…意味わかりません。

中国の尖閣上陸は公言してますからね。
来ると思いますよ。
政府は対策をどうするつもりなんでしょう?
なにしろ中国サマには何も言えなくて船長釈放の前科がありますからね。
不安ですね〜
また中国サマに「配慮」してしまうんではないかと思ってしまいます。
また その頃日本でなにか大きなことがあるんではないかとも言われてますね。
そのどさくさで尖閣上陸とか…
Posted by リボン at 2011年02月26日 00:44
私もこのニュース、見ましたよ。
国民あっての日本であり総理であるのに。
でもこれで国民の怒りを買った訳ですし。

今日リンクさせていただきました。
なんだか書いているうちに支離滅裂になってしまって・・・。

今日はこれから子供達の学校に行くので、今日も慌しくお邪魔しちゃってごめんなさい。
Posted by ree at 2011年02月26日 02:26
アロハ〜!
そんなことがあったんですか!?
全くリーダーシップって。。情けない。。
一国のリーダーに危機意識がないんですね。
イラン・イラク戦争の時はJALに見捨てられて、トルコ航空が助けてくれた。
今回は、自国の総理に見捨てられた。。
日本人って、何かあったら、自国から救援されない国民。。?
Posted by モリオリママ at 2011年02月26日 09:48
えいと@さん
リンクありがとうございます!

しかし書き起こしをしたのはワタクシではないのです!
書き起こし最初の1本分までやったところで、死ぬ!と思って、他力本願でネット探したら、産経くんがやっていたのを見つけたのでござる。

書き起こしへの賞賛は、韓国株主に負けじと頑張ってる産経の中の人へ!お願いします!
Posted by こうめ at 2011年02月26日 12:57

>こうめさん。

あらら、そうだったのね〜〜〜。
失礼いたしました。。。

でも、こうめさんの切り込みがおもしろいから、リンクはそのまま貼っておきまする♪

Posted by えいと@ at 2011年02月26日 13:17

>はちきんイジーさん。

>邦人救出よりも自分の外遊って びっくりしました。

びっくりですよね?
ダボス会議に是非ともsなんかしたかったのでしょうけど、
事態を考えるよ…って思ってしまいますよね。
これが、今の日本のリーダーの姿なんですね…。

Posted by えいと@ at 2011年02月26日 15:35

>リボンさん。

>もともと民主党のマニフェストは無理だったんですよ。無理なものを通そうとするからややこしいんですよね〜

そうなんですよね。
自民党は2009年の選挙のときから、民主党のマニフェストは不可能! どこにそんな財源があるんだって言ってたんです。
でも、民主党は「無駄を省けばお金はあるっ! 埋蔵金はあるっ!」って言い張り、
国民にいいことばっかり言って票を集めたのですよね。。。

>最近は党内で身内の管さんイジメもやってますし…(そうみえます)
>見ててほんといやですね。16人の離脱?だかも…意味わかりません。

内ゲバですね。左翼にとっては日常茶飯事です。

>中国の尖閣上陸は公言してますからね。来ると思いますよ。

やはり来るでしょうか? 恐ろしいですよ〜〜〜。
来てから対処してたんでは遅いのに…。
何のための危機管理なんでしょうね…?

>政府は対策をどうするつもりなんでしょう?
>なにしろ中国サマには何も言えなくて船長釈放の前科がありますからね。不安ですね〜
>また中国サマに「配慮」してしまうんではないかと思ってしまいます。

不安です、思いっきり不安ですよ。
今度配慮したら上陸されてしまいます。
いったん上陸したら、尖閣諸島で生活を始めてしまいますよ。
中国だったらお金を渡して、懸隔諸島で生活をする人を募集しているはず。
貧しい人が多いから、お金をもらえるんだったら…ってことで住み着いちゃいますよ、きっと。。。

>また その頃日本でなにか大きなことがあるんではないかとも言われてますね。そのどさくさで尖閣上陸とか…

えっ! なにかあるんですか? 日本で???
どんなことでしょう? 教えてくだされ。。。

Posted by えいと@ at 2011年02月26日 15:43

>reeさん。

>私もこのニュース、見ましたよ。
>国民あっての日本であり総理であるのに。でもこれで国民の怒りを買った訳ですし。

ご覧になりましたか。
で、このチャーター機の利用代金を請求したんだそうですね。民主党政府は。
こんな予測できない事態で、取り残された方々の不安はMAXだったろうに、それに加えて飛行機代って…。
もう驚きました。。。

Posted by えいと@ at 2011年02月26日 16:01

>モリオリママさん。

>そんなことがあったんですか!?

ひどいですよね?
何でチャーター機なのかな〜って不思議には思っていたんですよ。
こういうことがあったんですねぇ。
もうびっくりです。

>全くリーダーシップって。。情けない。。一国のリーダーに危機意識がないんですね。

国民の命を第一に考えるのが国のトップのすることじゃないですか。
なのに「勝手に旅行に行ったんだから知らん」ですって。
こんなことを言ったのが事実だとしたら…許せませんね。
過激なデモや混乱が起こってる状況で渡航したわけじゃなく、旅行中に勃発したんですよね。
それって予測不可能じゃないですか…。
なんて冷たい日本の総理…。いや、菅直人氏だからでしょうね。
人間性が見えますね。

>イラン・イラク戦争の時はJALに見捨てられて、トルコ航空が助けてくれた。

これね、本当は自衛隊が救助に向かうはずだったんです。
でも憲法9条の縛りで行くことができなかった。
あの時代は「自衛隊が外国に行く=戦争を起こす」って思い込まれていたため、強い反対が起こったんです。(今でも社民党はそんな風に言いますけどね)
そこでJALに…ってことになったんですよね。
だけど、JALもANAもあの当時はテヘランに乗り入れていなかったんですね。
かなり危険だという噂も飛んでいましたし、JALは特に組合が強い会社でしたから救助に向かえなかったのでしょう。
自衛隊が救助に向かえない…って言うことが一番問題ですよね。
日本の法律が日本人の命を守らないことにつながっているんだって言うことを、日本国民はもっと酔う考える必要があると思います。

>今回は、自国の総理に見捨てられた。。

今回のはひどいですよね。
政府専用機をどうしても使いたいのであれば、総理自らが他の飛行機を手配するように支持をするとかすべきです。
この記事が事実かどうかは定かではないんですが、民主党だったらあり得る話だと思わせるところがもうダメですね。

>日本人って、何かあったら、自国から救援されない国民。。?

そうなんです。
憲法9条がある限り 自衛隊が救助に向かうことはできません。
となると、何度も同じことが起こるでしょうね。
今、中東が混乱していますよね。
いつ何時住んでいる地域が内戦状態になるかわかりません。
そういう時にすぐに救助できる態勢をきちんと整えておくべきだと思います。

Posted by えいと@ at 2011年02月26日 17:37
こんにちは、さやーむです。

菅氏の『勝手に(エジプトに)行った奴をなぜ助けるのか』発言はワタシもネットで知って、やっぱりいろんなブログなどで叩かれていました。ニュースにはなってないですけどね。その発言の真偽のほどは分かりませんが、政府専用機がそこにあったということは事実です。自分が日本国の首相だという自覚なんてこれっぽっちもないんじゃないでしょうか。プライベートジェットと勘違いしているんじゃないの!?怒
これ、もし自民党だったらマスコミも総バッシングでしょうね・・・。

党首討論の時間がなんで夕方の4時なのか?といつも思います。7時とか7時半とか、仕事している人が見られる時間にやるべきでしょー。そしたら、あの見苦しいまでのイラ菅が全国のお茶の間に流れるのに。。。あれ見たら「自民党もひどかった」なんて言ってられないぐらいの酷い政権が与党に居座っているということが分かります。

日本を愛する人にこの国を任せたいだけなんだよ〜〜(涙)それがなんと難しいことか・・・!!

さやーむ

Posted by さやーむ at 2011年02月26日 18:47
>こんばんは♪ えいと@さん

>また その頃日本でなにか大きなことがあるんではないかとも言われてますね。
>そのどさくさで尖閣上陸とか…

>えっ! なにかあるんですか? 日本で???
>どんなことでしょう? 教えてくだされ。。。

えーとですね。
どこで聞いたか見たか忘れたんですけど…(ごめんなさい(>_<))
その時期に何かあるんではないかとおっしゃられてる人がいましたよ。
具体的なことはわかりませんけど関心をそっちへ向けるようなことを
仕組む人たちがいるんではないかと…
TVでも「どうしてこればっかりやってるの?」とさほど重要でないようなことでも
繰り返し報道してることがありますよね?
そういった時には政治とか何か隠したい報道がある時らしいです。
だから私はそれを聞いて中国が尖閣に来るときには日本で何かあるのかもしれないと
思ったんです。
だって中国の工作員はマスコミ、学者、政治あらゆるところにいるらしいので…
もちろん何もない方がいいですよ。
それに越したことはありません。
でも日本に帰化した鳴霞さんは「来る」って言ってますよね…

Posted by リボン at 2011年02月26日 21:53

>さやーむさん。

>自分が日本国の首相だという自覚なんてこれっぽっちもないんじゃないでしょうか。プライベートジェットと勘違いしているんじゃないの!?怒
>これ、もし自民党だったらマスコミも総バッシングでしょうね・・・。

本当ですよね。普通だったらこんなことを言ったら叩かれまくりの総パッシングですよね。
なぜ、自民党議員が言ったことはニュースに取り上げて、民主党に関しては取り上げないのでしょうか?
不思議で仕方がありません。

>党首討論の時間がなんで夕方の4時なのか?といつも思います。7時とか7時半とか、仕事している人が見られる時間にやるべきでしょー。
>そしたら、あの見苦しいまでのイラ菅が全国のお茶の間に流れるのに。。。

夕方の4時? えぇえ〜〜〜そんな時間にゆっくりTV見てる人は少ないでしょー?
仕事してる人はもちろん、主婦だって午後4時っていったら夕食の支度などで忙しいですよね。
わざと見せないようにしているのかしら???

>あれ見たら「自民党もひどかった」なんて言ってられないぐらいの酷い政権が与党に居座っているということが分かります。

そうですよね。
でも、最近はこうやって動画にUPされるので 見ようと思えば見れますよね。
特に、外国暮らしの者にとっては本当にありがたい。
国会中継がこんなにおもしろいって思わなかったですわ〜。
今まで(自民党が与党時代)も時々は見てましたが、今ほどおもしろいなって思わなかったですねぇ。

>日本を愛する人にこの国を任せたいだけなんだよ〜〜(涙)それがなんと難しいことか・・・!!

そうですね〜〜〜。
マスコミのフィルターにかかった状態で国民の目に触れますからね。
TVしか見ない人は「本当に日本のことを考えているのはどの政党で、どの議員か」はなかなかわかりにくいのでしょうね。
難しいことですよ、ホントに。。。

Posted by えいと@ at 2011年02月27日 14:44

>リボンさん。

>具体的なことはわかりませんけど関心をそっちへ向けるようなことを仕組む人たちがいるんではないかと…
>TVでも「どうしてこればっかりやってるの?」とさほど重要でないようなことでも
繰り返し報道してることがありますよね?
>そういった時には政治とか何か隠したい報道がある時らしいです。

ありますね!
海老蔵のときもそうでしたし、ノリピーのときも感じましたよ。
そして、今回の大相撲…。
なんか変ですもんね?
なんでそこまで…っていうほどの報道ぶりだったそうですから。
去年の9月の尖閣諸島の事件の時にはエビエビっておかしかったですもんね。
歌舞伎と大相撲に関しては、日本の伝統文化を壊そうとしている力が働いているのかしら…とも思いますし。

>だから私はそれを聞いて中国が尖閣に来るときには日本で何かあるのかもしれないと
思ったんです。
>だって中国の工作員はマスコミ、学者、政治あらゆるところにいるらしいので…

なろほど〜〜〜。
とにかく、中国はしたたかな国ですし。
尖閣諸島は中国のものだと法律まで作ってしまってますしね。
何年かけても中国のものにする!…って断言してますから。要注意です。
日本政府はしっかりとその対策をとっておかないといけません。
なのに、他人ごとな民主党政権。。。もう国会中継聞いててイヤになっちゃいますよ。

>日本に帰化した鳴霞さんは「来る」って言ってますよね…

鳴霞さんの情報は確かだと思いますね。
彼女からの情報にはしっかり耳を傾ける必要があると思います。

Posted by えいと@ at 2011年02月27日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。