2011年02月20日

反捕鯨団体のテロに屈した日本〜捕鯨船の引き上げ


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



この2月18日に日本の捕鯨船に対し、反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の執拗な妨害行為があったために、


南極海で3月まで実施予定だった今期の調査捕鯨が打ち切られ たそうです…!


  kaizoku.jpg
  反捕鯨団体シー・シェパード(SS)の旗 ↑  ウィキペディアより画像をお借りしました。


南極海で調査捕鯨を続けていた日本の船団が、反捕鯨団体「シー・シェパード」の執拗な攻撃を受けて、今季の捕鯨を予定より1か月早く打ち切り、帰国することになった。
妨害行為は2005年から本格化しているが、捕鯨中止に追い込まれたのは初めてのことだ。
日本人乗組員の生命が脅かされる状況に至った以上、農林水産省が安全を優先し、捕鯨続行を断念したのは、やむを得まい。

だが、1987年に始まった日本の調査捕鯨は、国際捕鯨取締条約に基づく正当な活動である。
それを暴力的手段で封じようとするシー・シェパードの行為は、決して許されるものではない。
シー・シェパードの妨害行為に対しては、国際捕鯨委員会(IWC)が、全会一致で強く非難する決議を採択している。

昨年7月には、捕鯨船への不法侵入や乗組員への傷害などの罪に問われたシー・シェパードの小型高速船の元船長が、東京地裁で有罪判決を受けた。
しかし、こうした世界的な批判をあざ笑うかのように、妨害活動は年々、激しくなっている。

人工衛星で捕鯨船団の位置を把握し、異常接近したうえで、発煙筒を投げつけ、発火弾を発射する。
捕鯨船のスクリューにロープを絡ませ、航行を阻むなどエスカレート
する一方だ。

懸念されるのは、捕鯨の中止で、「日本は妨害に屈した」との印象を反捕鯨団体などに与えないかということだ。
そうならぬよう調査捕鯨の正当性を国際社会に改めて訴えることが必要である。

妨害船の寄港地である豪州は、反捕鯨国で、シー・シェパードの監視には及び腰だったが、今回は豪州船籍の妨害船が含まれているという。
豪政府に厳重な取り締まりを求めるべきだ。

妨害活動が半ば放置されているのは、捕鯨国と反捕鯨国の対立が一向に解消しないためでもある。
日本は反捕鯨国との対話を粘り強く積み重ねるしかあるまい。その意味で、昨年のIWC総会は一つの転換点として注目されよう。
議長から、日本の調査捕鯨の捕獲枠を10年間で大幅に削減するかわりに、日本が求める沿岸の商業捕鯨を上限付きで認める案が出されたからだ。
合意には至らなかったが、妥協の機運は高まった。

南極海の調査捕鯨は現在、年間約900頭を捕獲する計画となっている。
鯨肉消費の低迷などを考えれば、今後の捕鯨政策は、IWC案を軸に見直すべきだろう。

 調査捕鯨中止 悪質な妨害行為は許されない(2月19日付・読売社説)


これに対して反捕鯨団体シー・シェパード(SS)側は次のように述べているそうです。↓

【シドニー時事】反捕鯨団体シー・シェパード(SS)代表のポール・ワトソン容疑者(調査捕鯨妨害事件で国際指名手配)は18日、時事通信の電話取材に対し、日本政府が今季の調査捕鯨を中止すると発表したことについて、
「一頭一頭のクジラを救うことが勝利だ。これはわれわれにとって大きな勝利だ」と述べた。
同容疑者は、SSの抗議船「スティーブ・アーウィン号」に乗って日本の調査船を追尾中。
次の捕鯨シーズンには、さらに1隻増やして4隻態勢で抗議活動を展開したいとの考えを示した。
(2011/02/18-12:17)
 調査捕鯨中止は「大きな勝利」=シー・シェパード代表 時事ドットコム



さて、日本人の皆さんは捕鯨問題に関してはどんな風に思われているのでしょうか?


捕鯨推進派の主張は主に次のようなことです。↓

鯨は日本の食文化なのだから 他国に文句やイチャモンをつけられる筋合いはない。

鯨を食べるのはかわいそうで 他の動物とは違うとか、家畜は殺しても良くて野生はダメとか、そういう考えに賛成できない。

捕鯨で生計を立てている人間もいるのに、捕鯨を100%辞めてしまうことは その人たちの職を奪うことになる。

捕鯨を完全に辞めてしまえば、捕鯨技術が伝承されず、将来的に捕鯨再開する必要が出た時には捕鯨が不可能になってしまう。



そして捕鯨反対派は次のように主張します。↓

鯨は賢い動物だから 殺して食べるなんてとんでもない。

鯨を捕る様子をビデオで見たことがあるが、残酷すぎる。

別に鯨を食べなくても 他に食べる物があるんだから、外国に嫌われてまで捕鯨をしなくていいのではないか?

鯨は絶滅の危機にあると聞いた。環境保護のためにも捕鯨は中止すべき。



皆さまはどちらの意見に賛同されますか…?



捕鯨は日本の文化です。


肉食ではなかった日本人にとって鯨は重要なタンパク源であったし、


日本人は鯨の肉も骨も皮も筋も脂も、残すところなく全て使ってきたのです。


皆さまは浄瑠璃はご存知でしょう?


浄瑠璃の人形を動かすために鯨のヒゲが使われているのですよ。


鯨は日本の文化そのものなのです。


でも、そういうことをいくら外国人に話したとしても外国人が日本文化を理解するのは困難であると思いますけどね…。



さて、お友達ブロガーののんちゃんが ご自身のブログで次のように書かれています。
   今のところWALES 「現実の世界」 「 シーシェパードに告ぐ」

   〜〜〜引用ここから〜〜〜

調査で、なんでそんなに、鯨をとらなければいけないのか??って、よく人はいうけれど、日本の調査船は、IWCといって、国際捕鯨委員会の規則を忠実に守っているのだ。

鯨が少なくなってきたから、保護のために鯨の捕鯨派禁止だといわれたときも、日本はそれを守ったし、その後ある鯨の数が増えてきているから、調査が必要となれば、その会議できまったことしかしていない。

鯨と聞けば、素人のわたしたちは、一種類、、もしくは、あっても、5,6種類くらいとおもいがちだが、何百種類もあって、そのひとつの種類をしらべるのに、1頭や、2頭を捕鯨しても、すべてのことがわかるわけではない。

それでも、日本の調査船は、データーをこつこつと積み重ね、IWCに言われるとうりのことをしてきたのだ。

ある一定のデーターをだした、それを提出すると、「このデーターではデーター不足だ」といわれ、不必要な捕鯨をさせたのは、IWCだ。

グリーンピースがいう、「日本は違法捕鯨をしている」というのは、まったくのうそっぱちなのだ。


「日本人は、鯨を食べることが、伝統だから、捕鯨をするんだ、じゃあ、牛を殺している君達西洋人はなんなんだ??」という感情的な議論よりも、わたしは、

「違法じゃないんですけど、、文句をいうなら、IWCにいって!!」

といったほうが、はやいとおもうわ。


「日本しか、調査をしていない」

っていうけど、じゃあ、IWCが、調査団を組めっていうの!!

こちらのブログもよんでほしいんですけど、

日本が一番鯨についての、飼料を持って、科学的に分析をしているんですわ。

しかも、IWCできめられたことにのっとって、仕事をしているんですわ。


いちおう、反対の意見の、日本グリーンピース代表星川氏の意見 ↓ もぽちっとおしてみてもいいけど、
  「捕鯨問題」 グリンピースの主張まとめ(動画 8分39秒)

あまり、信憑性がないって印象をうけました。(わたしはね)


だいたい、調査のために、申し訳ないけど殺してしまった鯨さんをさーー捨てろっていうのかいな??

わたしたちの生きるために(この場合今後の人類の食糧確保の調査のために)死んでくれた動物(哺乳類)を敬って、「ありがとう」っていいながら、大切にたべてあげたほうがいいんでないかい??

それが、食物連鎖、、自然のサイクルにしたがうってことじゃないの??

動物保護とか、エコとか、自然をだいじにしましょうとか、、もろもろ、、 いろいろいっていますけど、

自然っていうのは、残酷だったりするもので、

いつもにこにこちょうちょうが自分のまわりにとびまわっているわけじゃないんだからさ。。


                  〜〜〜引用ここまで〜〜〜


私自身ものんちゃんと100%同じ意見です。


「違法なんてしてないんですけど! 文句をいうならIWCに言いに行って!」


これ ↑ につきますね。



ところで、のんちゃんのブログ ↑ にも載せてくださっていますが、こちらの動画 ↓ をぜひご覧になってください。


  「捕鯨」の問題を持ち出すことで儲ける人達がいる(10分54秒)


こちらの動画 ↑ ではなぜここまで反捕鯨派は執拗な活動を行うのかを述べられています。


結局ね、反捕鯨の活動をすればするほど お金儲けができるんですよ。


グリンピースなどは反捕鯨の活動をすることで、年間200億円もの寄付金を企業から集めているんだそうです。


もともとは環境保護をうたって始めた活動ではあったのでしょうが、


メディアの力を使って「捕鯨=残酷=悪」というイメージを世界中に広めたのですね。



ところで、皆さまは牛や豚を殺す「屠殺場」を見学されたことありますか?


私はあります。屠殺場見学に行ったことがあるのです。


若かった私は屠殺場で大泣きをしてしまいました。


だって…ものすごく残酷だったんですもの。正視できないほど残酷だったのです。


その後しばらく牛肉や豚肉を食べることができなくなってしまったという経験を持っています。あの頃は若かったのね…。


今は普通に食べています。


人間に限らず 動物は必ず他の生物の命をいただいて生きているって理解したからです。


シーシェパード代表のポールワトソン氏はヴィーガン(完全な菜食主義者)らしいですね。


完全なる菜食主義者の中には「動物を食べるのは残酷なことだ、だから野菜しか食べないんだ」って言われる方がいますけど、


それって生命に順序があるって言ってるようなものですね。


植物にだって命があるんですから。


我々人間は動植物の命をいただいて自分の生命を維持しているんです。


他の動植物の命をいただくことで、我々の命をつないでいるんです。


鯨を殺して食べるのは残酷だなんて自分勝手な理論で、


きちんとルールに乗っ取って捕鯨をしている日本の捕鯨船に対するテロ行為は絶対に許せません!



話を戻して牛や豚の屠殺についてですが。


TVや映画で牛や豚の屠殺シーンを放映することなんてないでしょう?


なのに鯨が殺されるシーンは 何度でもTVや映画で放映するわけです。


殺すシーンを見せられて 目を背けない人がいるでしょうか?


そんな風にして「捕鯨=残酷=悪」というイメージが作られていったというわけです。


「残酷な捕鯨に対して抗議しよう!」というプロパガンダに 多くの企業が賛同し、寄付を行い、


シーシェパードやグリンピースなどの反捕鯨活動団体にとって いいお金儲けとなっているのが現実なんですね。。。



    シー・シェパード レーザー攻撃で妨害(59秒)

こちら ↑ は今回のシーシェパードによる日本の捕鯨船に対する攻撃です。


レーザーによる攻撃って…!


もし乗組員の目に当たれば失明してしまいます!


明らかにテロ行為じゃありませんか!


こんなこと許されてもいいのでしょうか…?



    環境破壊団体シーシェパード vs 日本船(5分2秒)

こちら ↑ は2008年のシーシェパードの日本の捕鯨船に対する攻撃です。


この時 ↑ には環境保護とかいいながら硫酸などの劇薬を 捕鯨船に向けて投げつけたんですよ。


船体に当たった便が割れて、中の劇薬が海に流れてしまっているんです。


これに対して本当の環境保護団体は何も言わないのでしょうか…?



そして、何と言っても南極海で3月まで実施予定だった今期の調査捕鯨が打ち切られたということがショックです。


なぜならこれは テロに屈したってことに他ならないからです。


今回の処分は民主党政権内の誰かが決めたことでしょうが、いったいなのでしょうか?


今回の調査捕鯨の打ち切りは、今後の捕鯨活動に支障をきたすことにつながる可能性が極めて高いと考えられます。


テロは一度相手が屈すると どんどんエスカレートしていくからです。


ホントに民主党はロクな判断をしないですね!


乗組員の命を守るためだったら自衛隊、あるいは海保の護衛をつけるべきです。


今まで何度も テロまがいの攻撃にあってきたわけですから。


え? 自衛隊をつけるのは 戦争を引き起こすことになるからダメダメ〜!…って言ってる そこのあなた。


自衛隊をつけたくらいで 戦争なんかになるわけがないでしょうが。


認められた調査捕鯨をしているのです、日本は。


別に違法なこと、悪いことをしているわけではないのです。


それなのにテロリストが 暴力的な行為で妨害してきているのですよ。


乗組員の、国民の命を守るのが自衛隊の役割なんじゃないんですか?


国は国民の命を守るために自衛隊を出すべきではないのですか?


これも憲法9条の縛りがあってできないのでしょうか…。



いいかげん国を守る、国民の命を守るってことはどういうことか、真剣に考えましょうよ。


何度も言いますが、今回の南極海で3月まで実施予定だった今期の調査捕鯨が打ち切られたということは、


テロに屈したということです。


テログループは、今後「日本が悪いから逃げ帰った」と世界に宣伝するでしょう。


問題を先延ばしにして、いつも問題を大きくしているのです。


その場限りの対処をしていたのではダメだということを、


国民はしっかりと認識しなくてはならないのではないでしょうか…?




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 12:04| Comment(24) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおーーえいとさん!!ありがとううー
なんだか、未熟な文ですけど、えいとさんのところでみると、まともにみえてくるから不思議ですわ。

ところで、、どうですか?アメリカでのニュースは?
こちらのほうは、まったく、日本の言い分はなにものべられず、あのグリーンピースのおっさんの言い分なんてテレビでとりあげられて、しかも、いかにも、日本がわるいから、レーザー光線もしょうがないな、、というような、印象をうける(わたしだけかもしれないけど)ニュースのながしかたなので、まったく、あたまがいたいです。
実は、、(爆)だんなとも、けんかしてしまいました。。ぶっははhーー。だってーー「グリーンピースがレーザー光線するのはわるいけど、日本も、たべきれないほどの鯨をとるべきではない」とかいいうんですよ。。わかりますよ。テレビで、たべきれないほどの鯨の冷凍肉がうつるんです。
こうなると、わたしもどうしていいのかわからなくなります。
たしかに、日本人の鯨をたべる量はへってきているのでとらなくっていいのでしょうけど、でも、IWCで、つきつけられる、科学調査の立証は、しなければいけないほうにもってこられているし、、そうですね、えいとさんのおかげでおもいだしました。自分の文章を、、爆!!

まったく、そういうことは、ニュースでのべられないんですよね。。

IWCといっしょにわざと日本たたきをおこしているとしか、かんがえられません。

わたしだって、全滅に瀕する動物をころせっていってるんじゃないんですよねーー。

ああ、なんだか、頭の中がまとまってきました。

えいとさんもみたんですね。。動物が殺されるところ、、じつは、うちのむすこもベジタリアンになりましたんですわ。。(爆)やっぱり、おなじく、映像をみてですけど、、まだ、3週間くらいなんで、(爆)tどうなることやらですけど、、

わたしも、またまた、リンクさせてもらいますわ!!この記事。。(えいとさんの記事のほうがわかりやすいしね。。爆)
Posted by のんちゃん at 2011年02月20日 17:52
アロハ〜!
打ち切り命令、ビックリでした〜。
またまた、屈してって思いました。
以前、ハイジャックに屈した時、あの後ハイジャックが頻発しましたよね。
屈すればいい気になる、それがテロリストです。
シアラクラブが、ハワイのスーパーフェリーを、妨害中止に追い込み、相当な損害と失業を出しました。
これも、高速フェリーが鯨を傷つけ、自然を壊すからの理由。
島国のハワイにフェリーが無いこと自体が、私には不思議です。
グリーンピースもシアラクラブも、元をただせば繋がっているんじゃないでしょうかね。
結局は、あれだけのテロ行為は、お金に繋がっているんですね〜。納得です。。
捕鯨にしても、イルカ漁にしても、他国がテロ行為をしてまで、口出しをすることではないと思います。
元々、乱獲で絶滅危惧種にまで追い込んだのは、このテロ行為をしてる団体の国々。。
鯨は油だけ取って、後は捨ててたとか。。
イヌイットの鮭漁業も、絶滅を危惧して、規制したんですよね。
それを、生活のつてとしている、民族にとっては、本当に迷惑な話しです。
結局、いつも、乱獲した者がその尻拭いを、弱い立場の者に暴力でさせてる構図です。

テレビのナショナルジオグラフィックチャンネルで、このシー・シェパードの活動をドキュメンタりーで流していました。
今もやってるかしら。
見ていて、自分勝手さに腹が立ち、大笑いもしてしまいました。
見ているアメリカ人の多くも、矛盾点や勝手さ、馬鹿さ加減は分かったと、思いますが。。
勝手に調査船に乗り込んで行って、捕まったら拉致されたと大騒ぎ。

しかし、このまま行ったら、日本は根性なしの負け犬国の道、まっしぐらですね。

Posted by モリオリママ at 2011年02月20日 18:05
こんにちは、さやーむです。

こういうニュースを見るにつけ、日本の立場というものがありとあらゆるところで弱体化していっていることを感じます。なぜ、正面から主張出来ないのか、歯がゆいというか情けないというか。。。

シー・シェパードは保護団体とは名ばかりで、寄付というお金を集めるために鯨を餌にして日本叩きに躍起になっているだけの集団ですよね。日本のマスコミは一切そういうこと報道しませんから、日本人の中でも「鯨かわいそう」とか言う人が出てきてしまうんですよ。怒

えいと@さんは屠殺場に行かれたことがあるんですね。日本でですか?私はありませんが、見たらやっぱりしばらくは食べられないでしょうね・・・。うん。。。
でも、私たちは生きている限りいろんな命をいただいていかなければなりません。日本語の「いただきます」には本来そういう食べ物に対する感謝の気持ちが表れていると思います。

そういえば、例のテキサス親父の動画にこのシー・シェパードをこき下ろしているのがありましたね。口直しにちょっと見てきます(笑)。

さやーむ
Posted by さやーむ at 2011年02月20日 23:25
もう この反捕鯨団体はキチガイですよね!
あげく調査捕鯨が打ち切られて日本はかわいそう過ぎます。
クジラを食べるのは食文化の違いですよ。
クジラを食べることが残酷だと言うなら韓国は犬、オーストラリアは
カンガルーを食べてることをどう説明するんでしょうか?
結局、日本は反捕鯨活動をすることで利益を得てる人たちの餌食なんですよね。
Posted by リボン at 2011年02月20日 23:38
この調査捕鯨の一時中止はSSの資金源を断つ目的と言うのがありましたね。

えいと@さん、こんにちは。
実際のところ、その真意は判らないのですが、SSの行動には何か西洋人的思考と言うか、キリスト教的と言うかそんな一元的な正義感の様なものを感じます。
昔、ヤコペテーの作品に「世界残酷物語」がありました。Moreの曲で有名です。
その中にアフリカに住むピグミー族の象狩りのシーンがあります。彼らは未開の土人ですが、過去からずーと象狩りをしてきた訳です(常習ではなく)。そこに西洋人がライフルを持ち込み、また象牙の獲得で象の頭数が減って来る訳ですね。すると、西洋人独特の自制本能か?法律で象の狩猟を禁止し始めます。生活習慣としてきたピグミーの食生活を根本から崩壊させることになりました。単にさほどの欲も無く、昔ながらの生活を維持していた無邪気な彼らの生活基盤を奪ってしまいました。

新大陸発見後、ヨーロッパの人々がこのアメリカに入植してきます。そして西部開拓へと大きな流れが生まれます。この大陸を覆いつくしていた多くのバッファーは絶滅の淵に立たされます。余談ですが、あの「ニューヨーク・カット・ステーキ」は移民がニューヨークに着き、憧れの肉にたどり着き、その喜びの一表現として生まれたとの話です。

ジョン万次郎がアメリカ人の船長に助けられ、アメリカに渡ったのも、船長の持つ捕鯨船です。当時はランプの油と女性のコルセットに使われ、食肉にはならなかったそうです。まあ、西洋思想と言うか、何か彼らの中には身勝手な正義感が盲目的な行動を起こすようです。
これを私はキリスト教的と思考と呼んでます。まあ、世界人口の増大がいろんな所で波紋を起こしているのでしょうが、生活意識の乖離を強く感じます。
Posted by 夢見る親父 at 2011年02月20日 23:45
何と言うか…日本は何に関してもやられっぱなしですね…。

捕鯨の問題は、反捕鯨団体の言う事が本当に動物愛護の気持ちによるものであれば、全く分からない訳でもないな…と思います。
ただ、それは単に“クジラ(動物)を殺す事に対して申し訳ない気持ちが無くはない”というだけで、それは牛でも豚でも鶏でも魚でも同じです。

シーシェパードのやり方は明らかにテロ行為だと私も思います。
日本は世界で認められた方法で捕鯨を行っているし、ただむやみに殺している訳でもないし、捕鯨のおかげでクジラを知る事ができ、クジラを守る事もできるようになっているというのに、批判される筋合いはこれっぽっちもナイですよね。
なぜ、明らかに違法行為をしているテロ組織シーシェパードが国際法的に罰せられないのか不思議です。
私が知らないだけで罰せられているんでしょうか??
Posted by 日向夏 at 2011年02月21日 06:30
子どもの頃貧しかったこともあり
鯨は大切な 蛋白源でした。
牛肉なんて あまり食べられなかったし

国際捕鯨委員会の規則を守って捕鯨がされているなら
家畜を食べる事とにたような事のように思います

グリーンピースって聞こえはいいけど
かなり癖のあるグループである事は みみにしていましたが
利益もからんでいるんですね

知らなかった

Posted by はちきんイジー at 2011年02月21日 14:08
何かで見たのですが、シーシェパードの船長はハッキリ「儲かるからやる」と言っていました。
欧米では動物愛護とか環境保護とかが有名人や企業のイメージアップに必要不可欠ですから、大きな活動をするところに当たり前のようにお金が集まるのですよね。
本当にクジラの生態に興味がある人が何人いるでしょうかね?
たぶん大半が売名行為で寄付している以外何もないと思いますよ。
それに白人は黄色人種である日本人だからこそ攻めやすいという説もあるようです。
ノルウェーも捕鯨をしてるそうですが、今まで問題になったことがないとか。
だとしたらなんと立派な愛護団体でしょ!
片方で人種差別と金儲けをしながら、片方で動物愛護なんて。
ありえませんね。
本当にクジラが絶滅の危機を迎えているなら、日本は捕鯨をやめるべきです。
しかし現実にはクジラは増えすぎているとの話があります。
椅子の足以外何でも食べる中国人が攻められないのに、日本の捕鯨一点でやってくるのは
いかに日本が政治的にも舐めらえているかよくわかる問題です。

私の記事を取り上げて下さりありがとうございます。
ちょっと体調不良なんかで、先週は何もせずにいた感じです。

Posted by ちょびまめ at 2011年02月21日 16:46
 お久しぶりです。
とにかく、クジラを食べること。日本人の私に出来る事は、それしかないのです。
Posted by ショウノジ at 2011年02月21日 18:15
こんばんは。私もこの件に、以前から強い憤りを感じております。

他の方が「ノルウェーには攻撃しないくせに」とおっしゃっていましたが、その理由はその方が言われる理由以外に、同国が毅然としているからではないでしょうか?

ノーベル平和賞の件でも毅然としたところを見せていましたし。本当は、日本の駆逐艦が同行できるのが理想なんですよ。後ろ手を縛られているのが歯がゆいです。

グリーンピースってオーストラリアにある団体なんですか? だったら、日本人は豪州旅行をボイコットするぐらいの勢いで同国政府に圧力を掛けるべきですよ。もっと取り締まってくれないと旅行に行かないし、物も買わないとと強気で出るんです。
Posted by 館主 at 2011年02月21日 23:24

>のんちゃん。

>どうですか?アメリカでのニュースは?
>こちらのほうは、まったく、日本の言い分はなにものべられず、あのグリーンピースのおっさんの言い分なんてテレビでとりあげられて、しかも、いかにも、日本がわるいから、レーザー光線もしょうがないな、、というような、印象をうける(わたしだけかもしれないけど)ニュースのながしかたなので、まったく、あたまがいたいです。

アメリカではそんなに大きなニュースニはなってないように思いますねぇ。
まぁ、アメリカのニュースを片っ端から読んでるわけじゃないからわかりませんけど。
…っていうのが、捕鯨に関しては 表向きにはアメリカは反対の立場の人が多いんだけど、
実際のところは「どっちでもいいんじゃないの」って思っている人が多いように感じますねぇ。
捕鯨反対!…って激しく運動している人はごく一部で、ほとんどのアメリカ人はあまり興味なし…って感じなんですよね。
地域にもよるのかもしれませんが。

>だってーー「グリーンピースがレーザー光線するのはわるいけど、日本も、たべきれないほどの鯨をとるべきではない」とかいいうんですよ。。

いや、食べないというか、けっこう需要はあるんですよ。
鯨の専門店もあるし。
私、何度か食べに行きましたよ。希少価値なのかむっちゃ高かった!
もっと出回ったら安くなって 消費もUPするのになって思います。

>テレビで、たべきれないほどの鯨の冷凍肉がうつるんです。

これは印象操作でしょうね。
「こんなに冷凍保存されているから余まくってる」ってやったら、旦那さまのように思われる方が増えちゃうでしょうね。
鯨っていつもいつも獲れないじゃないですか? だから冷凍保存するしかないんですよ。冷凍せにゃ腐っちゃうもん。
そこだけクローズアップされちゃってるんですね。くやしいなぁ〜偏向報道!

>たしかに、日本人の鯨をたべる量はへってきているのでとらなくっていいのでしょうけど、

のんちゃん、ちがうよー。
食べる量が減ったから獲らなくてもいい〜ではなく、獲る量が減ってきたから食べなくなっちゃったんだよー。
戦後の日本の食卓ってアメリカの食文化が一気に入ってきて ごろっと変わっちゃったけど、
それでも私の子供の頃は鯨肉がよく出回っていましたよ。
学校の給食にも出たしね。
あったら食べるんですよ。だって、日本人にとって懐かしい味だもん。

>IWCで、つきつけられる、科学調査の立証は、しなければいけないほうにもってこられているし、、

そうなんです。調査は必要なんです。
こういう調査すらやめれっていう人、おかしいですよ。
調査もしないで獲る方が、よっぽど非科学的だし 乱獲の原因になっちゃうのですよ。
昔、欧米がやってたようにね。。。

>えいとさんもみたんですね。。動物が殺されるところ、、じつは、うちのむすこもベジタリアンになりましたんですわ。。(爆)やっぱり、おなじく、映像をみてですけど、、まだ、3週間くらいなんで、(爆)tどうなることやらですけど、、

社会見学ということで屠殺場に(強制的に)連れて行かれました。
もうね、ものすごいショックでしたよ。今でも忘れられません。
だけど、屠殺場があって、そこで働く人がいてくれるから私たちは牛肉、豚肉をいただくことができるんですよね。
魚だってそうですよ。漁だって残酷です。魚さん、苦しい〜って暴れてるじゃない。
でも、そうやって漁師さんががんばって漁をしてくれてるから魚をいただくことができるんです。

息子さんはまだ幼いしね…。そういう時期に屠殺場の番組を見るのは良くなかったかもしれませんね。
感情で物事を考えてしまいますから。

この反捕鯨団体は確実にお金儲けでやってますが、
「残酷さ」をウリにして、世界中の人々の感情に訴えかけてメッセージを発信しています。
感情を利用してお金儲けをするって、しかも、何の非もなく罪もない日本の捕鯨船に攻撃を仕掛けるなんて。
こういう偽善人間たち、絶対に許せません。

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 07:11

>モリオリママさん。

>打ち切り命令、ビックリでした〜。またまた、屈してって思いました。
>以前、ハイジャックに屈した時、あの後ハイジャックが頻発しましたよね。屈すればいい気になる、それがテロリストです。

その通りですよね。
結局ね、どこまでやったら屈するのか、どの国が屈しやすいのかを推し量ってるんですよ。
日本はかっこうの餌食でしょうね。
このままではどんどんエスカレートしていくでしょう。

>シアラクラブが、ハワイのスーパーフェリーを、妨害中止に追い込み、相当な損害と失業を出しました。
>これも、高速フェリーが鯨を傷つけ、自然を壊すからの理由。島国のハワイにフェリーが無いこと自体が、私には不思議です。
>グリーンピースもシアラクラブも、元をただせば繋がっているんじゃないでしょうかね。

そういうことがあったのですね。。。
環境保護、動物保護。確かに必要なことではありますが、何でもいき過ぎると…テロ組織になってしまいますよね。
シエラクラブは合法的に活動を行う…ということなので、シーシェパードのような過激派のようなことはしないのかもしれませんが、
でも、ハワイのフェリーを運航中止にもっていくなんて。
フェリー会社の従業員の中には失業することになった人がいたでしょうし、フェリーを利用して生活をしていた人はものすごく迷惑だったことでしょう。

>結局は、あれだけのテロ行為は、お金に繋がっているんですね〜。納得です。。

お金になるからやるんですね。
しかも、捕鯨国を悪者にして…です。こんな悪どいことってないですね。

>元々、乱獲で絶滅危惧種にまで追い込んだのは、このテロ行為をしてる団体の国々。。鯨は油だけ取って、後は捨ててたとか。。

そうなんです。
自分たちはかつてさんざん乱獲してきたのに、現在は石油があることで 自分たちは鯨の脂が必要なくなったという理由で 捕鯨国を攻撃しています。
これほど勝手なことってあるでしょうか。
日本は鯨の肉だけではなく、脂、ヒゲ、骨に至まであますところなく使ってきました。
鯨は日本にとって文化そのものだからなんですね…。

>イヌイットの鮭漁業も、絶滅を危惧して、規制したんですよね。

イヌイットやエスキモーは捕鯨に関しては保護されているはずです。
原住民族枠っていうんでしょうか。
特にアラスカのバローなどは 狩りをしないと生きていけませんからね。
鯨は大切な生きるための獲物ですから。

本当に鯨を守れ!…って言うのであれば、日本やノルウェーの捕鯨国だけではなく、世界中の捕鯨に対し反対運動すべきです。
それをしないのは、日本が叩きやすい…お金儲けになる。これしかないってことですよね。

>テレビのナショナルジオグラフィックチャンネルで、このシー・シェパードの活動をドキュメンタりーで流していました。
>見ていて、自分勝手さに腹が立ち、大笑いもしてしまいました。
>見ているアメリカ人の多くも、矛盾点や勝手さ、馬鹿さ加減は分かったと、思いますが。。勝手に調査船に乗り込んで行って、捕まったら拉致されたと大騒ぎ。

アメリカ人はわかってる人、多いと思いますよ。
私の周りでは捕鯨に関して「ナンセンスだ!」っていう人、少ないです。(ゼロではないけど)
国が反対の立場なので、おおっぴらには賛成にはまわらないのでしょうが、
シーシェパードの行動には批判的な声を聞きますね。ありゃ〜やりすぎだろう…って。

>しかし、このまま行ったら、日本は根性なしの負け犬国の道、まっしぐらですね。

その通りです。
結局ね、何も言わないからどんどんエスカレートしてるんです。
次に捕鯨に行く際には護衛をつけるべきです。
シーシェパードが近づいてきたら こちらも容赦しないというメッセージを送るべきですね。

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 07:46

>さやーむさん。

>こういうニュースを見るにつけ、日本の立場というものがありとあらゆるところで弱体化していっていることを感じます。なぜ、正面から主張出来ないのか、歯がゆいというか情けないというか。。。

そうなんですよね。
今回がはじめてのことじゃないのに、前回もその前も、何度もひどいことをされてきているのですよ。
なのに、毎回こういうことの繰り返し。
今回の引き上げというのは最悪ですね。
これを決定した人、いったい誰なのって聞きたいです。

>シー・シェパードは保護団体とは名ばかりで、寄付というお金を集めるために鯨を餌にして日本叩きに躍起になっているだけの集団ですよね。日本のマスコミは一切そういうこと報道しませんから、日本人の中でも「鯨かわいそう」とか言う人が出てきてしまうんですよ。怒

そうなんです! 日本人が「鯨、かわいそうじゃん〜日本人は鯨なんて食べなくてもいいよー」なんていう人がいるんです。結構な数で!
シーシェパードやグリンピースの広報にすっかりマインドコントロールされちゃってますね。
目的は「お金儲け」なのだと知っても「反捕鯨活動を支持する」っていうのでしょうか…?

>えいと@さんは屠殺場に行かれたことがあるんですね。日本でですか?私はありませんが、見たらやっぱりしばらくは食べられないでしょうね・・・。うん。。。

ハイ、日本でね。社会見学〜ってことで強制的に連れて行かれました。
ホントに残酷です。今でも忘れられませんよ。しばらくトラウマになりました。

>でも、私たちは生きている限りいろんな命をいただいていかなければなりません。日本語の「いただきます」には本来そういう食べ物に対する感謝の気持ちが表れていると思います。

そうなですよ!
人間は「命」をいただいて生かせてもらっているのです。
感謝していただく、これが大事なのですね。
日本の「いただきます」というのは感謝の言葉。これはすばらしい文化だと思います。

残酷なシーンを見たらだれだって嫌悪感を持ちますよ。
持たない方がおかしい。
そういうシーンをピックアップして感情に訴える反捕鯨団体のやり方…。許せません。

>そういえば、例のテキサス親父の動画にこのシー・シェパードをこき下ろしているのがありましたね。口直しにちょっと見てきます(笑)。

テキサス親父さんの動画はいいですね。ほっこりします。(笑)

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 07:56

>リボンさん。

>もう この反捕鯨団体はキチガイですよね!

ホントにそうですね。
硫酸ぶっかけたり、レーザー光線を当ててきたり…って。
なんで逮捕しないの? 以前のようにちゃんと逮捕すべきなのに、どうして捕鯨を中止しちゃったの?
こういう行為があったら、撃っちゃってもいいんですよ。だって公海ですから。
テロが勝利しちゃうなんて…ありえない!
やはり民主党政権ではダメです。腹がたって仕方がないです。。。

>クジラを食べるのは食文化の違いですよ。
>クジラを食べることが残酷だと言うなら韓国は犬、オーストラリアはカンガルーを食べてることをどう説明するんでしょうか?

国によって食文化が違うのは当たり前のことなんですね。
オーストラリアはカンガルーやワニを食べるし、中国や韓国では犬や猫を食べます。
でも、それはその国の食文化。
他の国がヤイヤイ言うことではないんです。

イスラム教の方々は豚肉を食べません。ヒンドゥー教の方々は牛肉を食べません。
ケニアのキクユ族とカレンジン族の一部は魚を食べることを禁忌とし、食べません。
他にも宗教などによって食べてはいけないものが定められている国や民族は多いですよね。
だけど、そういう人が「自分たちは食べないんだから、他の国も食うな」とは言わないです。
言ってるのはアメリカやオーストラリア、ニュージーランド、欧州、つまり白人社会の一部の人間ってことでしょうか。
自分は食べないから他の国も食うな!…っていうのはエゴでしかありません。

>結局、日本は反捕鯨活動をすることで利益を得てる人たちの餌食なんですよね。

そういうことなのでしょう。
こういう環境保護団体はお金儲けが目的なので、何でもいいんです。
鯨であろうがイルカであろうが何でもいいわけです。
鯨やイルカはインパクトが強いし、感情に訴えかけたら世界の人を「反捕鯨」にすることなんて簡単です。
そして、ターゲットは日本。
日本ほど、何にも言わない国はないですからね。いい餌食なんでしょうね。


Posted by えいと@ at 2011年02月22日 08:15

>夢見る親父さん。

>この調査捕鯨の一時中止はSSの資金源を断つ目的と言うのがありましたね。

そうなんですか?
SSの資金源を断つ目的で一時中止になったんですか?
今回、こんな風に日本を追い込めた、一時中止にできたってことで、SSはヨーロッパのどっかの企業からものすごい金額の報奨金だか寄付金高をもらってましたよ?

>実際のところ、その真意は判らないのですが、SSの行動には何か西洋人的思考と言うか、キリスト教的と言うかそんな一元的な正義感の様なものを感じます。
>西洋思想と言うか、何か彼らの中には身勝手な正義感が盲目的な行動を起こすようです。
>これを私はキリスト教的と思考と呼んでます。まあ、世界人口の増大がいろんな所で波紋を起こしているのでしょうが、生活意識の乖離を強く感じます。

そうかもしれませんね。
西洋人的な思考で行っているのでしょう。
SSはお金儲けの手段としてやっているのでしょうが、
それに賛同する人や企業は、西洋的なキリスト教的な考えがあってなんでしょうね。

西洋文化やキリスト教を批判するわけではないですが、
それがキリスト教でない国が行う行為を否定したり弾圧することになっているのだとしたら…
何とも言えない悔しい気持ちが沸き上がってきますね。

でも、まぁ日本人は、だからといって暴動を起こしたりすることはしませんし、
ここは法治国家として毅然と抗議を行い、
必要があればこちらからも攻撃するという強い態度でいくしかないなと思います。

しかし、これ ↑ が今の日本には欠けている部分です。
明らかに不法行為を受けていても、それに対し毅然とした対応をしていない。
だったらもっとやってまえ〜ってことになっちゃいますよね。
今回の日本側の判断は明らかに誤っていると思います。
歯がゆくて仕方がありません。。

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 08:47

>日向夏さん。

>何と言うか…日本は何に関してもやられっぱなしですね…。

そうなんです。
舐められてきってますよね。日本側は何もしないから。

>捕鯨の問題は、反捕鯨団体の言う事が本当に動物愛護の気持ちによるものであれば、全く分からない訳でもないな…と思います。
>ただ、それは単に“クジラ(動物)を殺す事に対して申し訳ない気持ちが無くはない”というだけで、それは牛でも豚でも鶏でも魚でも同じです。

日向夏さんのように思うのが当然ですし、普通の感覚です。
でも、SSは「鯨、イルカ」などの海洋ほ乳野生動物だけに限定しているんですね。
他の動物は、牛であろうが豚であろうが、鶏、魚、なんでもいいんです。
鯨やイルカだけが非人道的って言っているんですよ。おかしいですよね?

>シーシェパードのやり方は明らかにテロ行為だと私も思います。
>日本は世界で認められた方法で捕鯨を行っているし、ただむやみに殺している訳でもないし、捕鯨のおかげでクジラを知る事ができ、クジラを守る事もできるようになっているというのに、批判される筋合いはこれっぽっちもナイですよね。

そうなんです。日本が批判される筋合いは1ミリたりともないんです。
でも、SSやGPなどの環境保護団体は、鯨やイルカを殺戮する残酷なシーンを世界に発信し、
「残酷な捕鯨を非難しよう!」というプロパガンダをつくりあげているんです。
それにすっかり乗せられてしまっている人が世界中にいるってことなんですね。

>なぜ、明らかに違法行為をしているテロ組織シーシェパードが国際法的に罰せられないのか不思議です。私が知らないだけで罰せられているんでしょうか??

去年の捕鯨時には SSのメンバーが捕鯨船に侵入し捕鯨船の破壊行為とともに 乗組員に怪我をさせています。
それで日本で裁判が行われ、元船長は有罪と判決が出ました。たしか懲役2年執行猶予5年だったと思います。
執行猶予で帰っちゃったんですよ。母国に。
で、また反捕鯨活動をするって言い切っているんです。

このとき ↑ SS代表のワトソン船長は元船長を除名処分にしたんですが、これは日本での裁判を有利に持っていくためで、
執行猶予で釈放された後に除名を撤回しているそうです。
何で執行猶予つけちゃったかなぁ〜って思いますね。実刑にすべきでしたよ。日本はゆるすぎます。。。

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 09:04

>はちきんイジーさん。

>子どもの頃貧しかったこともあり 鯨は大切な 蛋白源でした。
>牛肉なんて あまり食べられなかったし

私の子供の頃も鯨肉を食べてましたよ。
立田揚げなんておいしかったなぁ〜。
給食にも出てましたしね。

>国際捕鯨委員会の規則を守って捕鯨がされているなら 家畜を食べる事とにたような事のように思います

普通に考えたらそうなんですが、SSやGPはそうではないんですね。。。
感情論で世界に訴えかけているんですよ。
「鯨を殺す時ってこんな風にやってるんですよー、海が血でまっ赤になるんです、ね? ひどいでしょ?」ってやられちゃうと、
普通の人は「残酷だわ、こんなことやめさせないとっ!」って思っちゃいますよね。
「残酷=悪」なわけです。

>グリーンピースって聞こえはいいけど かなり癖のあるグループである事は みみにしていましたが
>利益もからんでいるんですね 知らなかった

一番の目的がお金儲けでしょうね。
日本はかっこうの獲物なんです。こんなに叩きやすい国はないってことなのでしょう。

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 09:17

>ちょびまめさん。

>何かで見たのですが、シーシェパードの船長はハッキリ「儲かるからやる」と言っていました。

「儲かるからやる」ってはっきり言ってるんですか。
それはそれですごいですが、きっと世界に向けての発信ではないでしょうね。

>欧米では動物愛護とか環境保護とかが有名人や企業のイメージアップに必要不可欠ですから、大きな活動をするところに当たり前のようにお金が集まるのですよね。

そうなんです。
環境保護、動物保護〜って言っていればいい人、いい企業って言うイメージができあがりますからね。
どれだけの人がSSは海賊と同じテロ組織だってわかっているのでしょうね。

>本当にクジラの生態に興味がある人が何人いるでしょうかね?

多くの欧米人は あまり興味がないと思いますね。
白人社会が捕鯨に反対しているのは事実でしょうが、みんながみんなでもないんです。
多くの人はどっちでもいいんじゃないの?…って思っているように感じます。
聞かれたら表向きには「反対」って答えるのでしょうけどね。
そういっておかないと残酷な人って思われちゃうから。

>それに白人は黄色人種である日本人だからこそ攻めやすいという説もあるようです。
>ノルウェーも捕鯨をしてるそうですが、今まで問題になったことがないとか。

これに関してはね〜私は疑問視しています。
ノルウェーも批判されていますよ。日本と同じです。
でも、ノルウェーは批判に対しきちんと反論しています。
だから突っ込みにくいのではないでしょうか。
白人だから〜有色人種だから〜っていうのはあまりないように思いますよ。

>本当にクジラが絶滅の危機を迎えているなら、日本は捕鯨をやめるべきです。
>しかし現実にはクジラは増えすぎているとの話があります。

調査捕鯨の結果、そういうデーターが出てますね。
これは国際的にも認められた調査結果です。ねつ造でもなんでもありません。
だから日本は批判される理由は1ミリたりともないんです。

それに鯨には天敵がいません。人間だけが唯一の天敵です。
今後、捕鯨をしないと鯨は増え続けます。
そうなると他の海洋資源に影響が出ます。
肉食鯨は魚を食べますからね。

カナダではコッド(カナダ沿岸で獲れる鱈の一種)の枯渇を避けるため、アザラシを駆除したことがあります。
これに対しても環境保護団体が抗議しました。
でも、カナダは毅然と反論し、テロまがいな行為をする団体に対して武力を使ったんです。
それ以来、環境団体は何も言わなくなった…ということです。

>日本の捕鯨一点でやってくるのはいかに日本が政治的にも舐めらえているかよくわかる問題です。

その通りで、日本の対応が悪いから舐められているだけなんですね。
今後はきちんと対応しないと、いくら認められている捕鯨であっても もうできなくなってしまう可能性があります。
自衛隊を護衛させるべきですね。
そのくらいしないともう無理でしょう。

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 09:35

>ショウノジさん。

お久しぶりです〜。

>とにかく、クジラを食べること。日本人の私に出来る事は、それしかないのです。

そうですね。
鯨肉を食べよう運動、していきたいですね。

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 09:40
私はクジラを捕獲し食べる事、全然反対じゃないですよ。
大体昔から人は狩りをし、動物を食べて生きて来たわけでしょう?
私が子供の頃、すき焼きは桜肉、刺身って言えば馬刺し。
馬を食べる事に反対なんて聞いた事ないし、クジラが頭がいいから、って言うのなら、ブタちゃんだって賢い。
金儲けねぇ・・・。
↑のお返事で、確かに!!
日本人は事なかれ主義者が多いから、叩かれれば従う、って思われるのも無理はないです。
Posted by ree at 2011年02月22日 09:40

>館主さん。

>他の方が「ノルウェーには攻撃しないくせに」とおっしゃっていましたが、その理由はその方が言われる理由以外に、同国が毅然としているからではないでしょうか?

私もそう思います。
有色人種だから差別されて叩かれるのだ…ということではなく、毅然と抗議しないからだと思います。

↑の他の方へのコメントのお返事に書きましたが、
カナダではコッド(カナダ沿岸で獲れる鱈の一種)の枯渇を避けるため、アザラシを駆除したことがあります。
これに対しても環境保護団体が抗議しました。
でも、カナダは毅然と反論し、テロまがいな行為をする団体に対して武力を使ったんです。
それ以来、環境団体は何も言わなくなった…ということです。
やはりしっかりと抗議し、有り余る暴力行為にはこちらもそれなりの対処をする!…という態度を示すことが必要なのだと思います。

>本当は、日本の駆逐艦が同行できるのが理想なんですよ。後ろ手を縛られているのが歯がゆいです。

そうですよね。
前回、あんなひどいことをされていながら、まだ護衛官なしで捕鯨に行かせるとは…。
なんてひどい国でしょう、日本は…!
だって、乗組員の命がかかっているのです。乗組員にも家族がいるのですから。

>グリーンピースってオーストラリアにある団体なんですか? 

GPはオランダのアムステルダムに本部を置くNPOですね。
カナダ・アメリカ・フランス・ドイツ・デンマーク・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・オランダの9カ国のグループがあるそうです。
2008年時点での支部は世界41ヶ国で、世界全体でのサポーター(会費を払い活動を支援する会員)は約290万人。有給専従職員は約1000人だそうです。
すごい大きな団体ですね。
やはりお金儲けができるから大きくなったのでしょうね。

どこの船籍かを突き詰める必要がありますね。
同じ団体でも過激な行動をするグループは決まっているはずです。
そのグループの船の船籍をしっかりと確認し、その国に抗議をする必要はあるでしょうね。

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 09:54

>reeさん。

>私はクジラを捕獲し食べる事、全然反対じゃないですよ。
>大体昔から人は狩りをし、動物を食べて生きて来たわけでしょう?

そうなんです。
欧米人は狩猟民族なんですよね、もともとは。
野生動物を殺して、その肉をいただいて生命を維持してきたのです。
その殺し方もけっして美しいものではないですよね。残酷なものです。

>私が子供の頃、すき焼きは桜肉、刺身って言えば馬刺し。
>馬を食べる事に反対なんて聞いた事ないし、クジラが頭がいいから、って言うのなら、ブタちゃんだって賢い。

そうなんですよね。
賢い動物は食べちゃダメ〜なんておかしいですよね。
牛だって豚だって知能は高いです。
だってね、泣くんですよ? 屠殺場で殺される時、牛が泣くんです。
私、見ましたもん。牛の涙を。
ホントに辛かった。あれを見て私はしばらく肉が食べられなくなっちゃったんです。

でも、牛や豚だけじゃなく、鶏だって魚だって殺す時には残酷なんです。
だけど、食べないと人間は生きられませんよね。
だからこそ、感謝するんですよ。命をいただいて生かせてもらっている。
動物たちに感謝していただくんです。鯨だって同じですよね。

>金儲けねぇ・・・。

お金儲けが目的でやってる…って知った上で支持できる人、どれだけいるんだろう…って思いますよね。
資金を出してる企業や映画俳優たちは わかってやってるのかもしれませんが、
一般の人で捕鯨に反対している人は、お金儲けが目的だなんて考えたことないでしょうね。

>↑のお返事で、確かに!!
>日本人は事なかれ主義者が多いから、叩かれれば従う、って思われるのも無理はないです。

事なかれ主義っていうか、その場限りの対応ばっかりやって来たんですよね。
だから叩かれやすいんです。
その場限りの対応が、さらに悪循環を生んでいるんだってことに気がつかないといけませんね。。。

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 10:10
えいと@さん、こんにちは♪
はじめまして^^
先日はコメントを下さり、ありがとうございました♪♪
ご挨拶を・・・と思いながら、なかなかコメントも
残せず失礼いたしました。

おっしゃる通り、人間は昔から他の生き物の命を頂いて命をつないでいるのですよね。
自分のことは棚にあげて自然保護をうたう団体のどれだけの人が感謝の気持ちを抱いているでしょうか・・・。
法律で守られた規定の中で捕鯨していることと、牛や豚を食していることと一体どこが違うのか聞きたいです。

考えさせられること、発見・・と、いろいろ学ばせていただいています!
えいと@さん、これからもどうぞよろしくお願いしますね!また遊びにうかがいます♪
Posted by クリスタル at 2011年02月22日 10:33

>クリスタルさん。

ようこそお越し下さいました〜。コメントありがとうございます。

>人間は昔から他の生き物の命を頂いて命をつないでいるのですよね。

そうなんです。
私たちは常にこのことを忘れずに感謝の気持ちを持ちたいものですね。

>自分のことは棚にあげて自然保護をうたう団体のどれだけの人が感謝の気持ちを抱いているでしょうか・・・。

どうなんでしょうねぇ〜。
SSの行動は環境保護など考えているようには思えませんね。
硫酸を捕鯨船に投げつける〜なんてことするんですよ。
乗組員にかかれば大問題ですし、
そういう事故にならなかったとしても、瓶が船に当たって中の硫酸が海に流れていってしまったんです。
海洋汚染を起こしているんですよ。
ホントに腹立たしい連中です。

>法律で守られた規定の中で捕鯨していることと、牛や豚を食していることと一体どこが違うのか聞きたいです。

彼らにとっては違うことなのでしょうね。
牛や豚は家畜だからいいんだ、鯨は野生動物で、しかも頭がよくかわいい動物だ。
かわいい鯨を殺して食べる日本人は野蛮だ…ということのようです。

>考えさせられること、発見・・と、いろいろ学ばせていただいています!

おぉ〜ありがとうございます〜。
こちらこそよろしくお願いします。
気軽にコメントくださいまし。
最近、難しいテーマが多くなっちゃったのでコメントしにくいかも…ですが。。。
また懲りずに遊びにきてくださいね♪

Posted by えいと@ at 2011年02月22日 15:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186845078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。