2011年01月20日

国が安全でなければ 安定した国民の生活はない!&「竹島プロジェクト2011」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



先日「尖閣諸島の日」がはじめて制定されたという記事を書きました。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   「尖閣諸島の日」記念式典に総理大臣の出席なし


国の安全保障の要となる大事な尖閣諸島を象徴する「尖閣諸島の日」に 日本の総理大臣は欠席いたしました。


総理大臣だけでなく、民主党議員から一人の出席もなかったそうです。


民主党にとって 辺境を守る事、国の安全保障は二の次であるということなのでしょうか…?(-。ー;)



ところで、去年の参議院選挙で 「ことら大尉」こと宇都隆史氏が当選されました。


宇都隆史氏は 元航空自衛官の方で、


現在の日本の国防に危機感を持たれて立候補、見事に当選された方です。


こちらの動画 ↓ をご覧になってください。ちょっと長いのですが見る価値、ありますよ!


   【宇都隆史】元航空自衛官として臨む国防政策(22分34秒)


こちらの動画 ↑ で宇都隆史氏は「安全保障は国の根幹である」と言っておられます。


「安全保障なくして 他の政策はない」とも言われています。


子ども手当のための財源確保のためでしょうか、


民主党は省の予算を一律10%カットを決めたそうですが、


その際に国を守るための費用「防衛費」もカットの対象になったそうです。


日本の防衛費は 8年連続で下がり続けており、これ以上削減したら国を守れないところにまで来ているにもかかわらずさらに防衛費の削減ですって…!(@Д@;


そして民主党は「事業仕分け」で自衛隊の人員削減や 4000億円もの防衛費のカットを実施したわけですよ。


国防って固定費や維持費は削れないですから、


防衛費の削減=人員の削減につながってしまうってことですよね。


災害や有事があった際に救助に駆けつける自衛隊の人員が減ってしまうわけですよ?


大丈夫か…? 日本…? (゚_゚i)


国民の生命や財産を守ることは国の義務であるはずなのに、


その国の義務を放棄するのか?…という政策を継続している民主党。


社会保障や消費税の増税に懸命な民主党。


国が安全でなければ 安定した国民の生活はないということを声を大にして訴えていきたいです。



      宇都隆史の叫び(その1)
      宇都隆史の叫び(その2)
      宇都隆史の叫び(その3)

こちら ↑ は去年の参議院選挙の際の宇都隆史氏の演説です。


感動的ですよ。お時間がある時にぜひ ご覧になってみてください。


こういう若い議員さんが出て来てくれたこと、本当にうれしく思います。


宇都隆史さん! 応援していますよっ! (* ̄0 ̄*)/ オゥッ!!



ところで宇都隆史氏のブログでこのような記事 ↓ がありました。
   寒風は、日本人の胸の中に吹く

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

今日(1月14日)は「尖閣諸島開拓の日」です。

明治28年(1895年)に、日本政府は国際法に則り、尖閣諸島を日本領土として閣議決定した記念すべき日です。

昨年の尖閣沖の外国人船長逮捕問題を受けて、石垣市議会が条例を可決し、1月14日は「尖閣諸島開拓の日」となりました。

そこで、本日は日本会議が全国で「尖閣を守れ!」の署名運動を行うということで、私も有楽町駅前広場に街頭演説に伺いました。

現場に到着して、演説をするまでの間、日本会議のみなさんと一緒になってビラ配りをしたり、署名の嘆願をしたりしました。

ところが…。

道行く市民の皆様の冷たいこと…。

会釈をして下さる方はまだいい方で、殆どは無視…。中には、あからさまに嫌な顔をして避けて通る方も…。

同朋の日本人が「国を守りたい」という純粋な気持ちから、ボランティアで寒風の中で頑張っているのに、何も感じることなどないのでしょうか…

外は冷たい風が吹いていましたが、もっと寒々しい風が、道行く人の心の中に吹いているような気がして、つい、

「皆さん、あなた達に国を愛する気持ちはないのですか!」と声にしてしまいました…。

仕方がないことだとは判っているのですが、国民が自分の国に関心を持たなくなってしまったら、未来はありません。

「愛の反対は憎しみではなく、無関心である」といったマザーテレサの言葉が胸に刺さりました。

政治は「やらせてみて」いては決して良くなりません。そのような態度では、どの政党に任せても一緒です。

政治は自分たちで動かすものです。

「国が何をしてくれるかではなく、自分が国に何が出来るのかを考える」

そんな国民として当たり前の「公的精神」は、もう日本にはないのでしょうか…。


                 〜〜〜転載ここまで〜〜〜


宇都氏は「尖閣諸島を守ろう!」の街頭演説 & 署名運動に参加された際に、


道行く方々の反応の鈍さに愕然とされたようですね…。


去年の中国の漁船の領海侵犯の事件以降、目が覚めた国民の方は多いとは思いますが、


まだ国民の6〜7割は「尖閣諸島問題? 何それ」という反応なのです。


実際に戦争にでもならない限り 100%の国民が危機感を持つことはないでしょうね…。


だからといって諦めてはいけないと思います。


知らないから危機感を持っていないだけなのです。


現実に何が起こっているのか、その事実を知れば 危機感を持たない国民はいないと思うのです。


草の根の活動は絶対に必要です!


今年の5月か6月に 中国人が尖閣諸島に大群で押し寄せる計画をしているという噂があります。


もし尖閣諸島に中国人が上陸し、実質的に実効支配してしまったら、本当に今の竹島と同じ状況になってしまいます。


絶対に阻止しないと 国家の主権は守れません!



さて、その竹島ですが。


こちらのブログ ↓ で竹島プロジェクト2011の呼びかけをされています。
     ぼやきくっくり 竹島プロジェクト2011

    222takesima-6.jpg

   〜〜〜転載ここから〜〜〜

 今年も「さくら日和」の佐倉純さんがプロジェクトを担当されています。
  
2006年以来参加中の「竹島プロジェクト」ですが、2011年ももちろんやります!

政治の右や左の細かいことや、菅直人の読み方がカンチョクトなのかどうかはわからんが
竹島は間違いなく、日本の物だ!
この一点において、またその心意気に賛同いただける方々で、ブログを使い、この認識を広めていただける方に参加いただきたいと思っています。
また同時に「2月22日は竹島の日」という認識を広めるべく活動いただける方を募集します。

普段政治系のネタをやっているとかやっていないとか、関係ありません。
むしろ普段政治ネタをやっていないブログの皆様が参加してこそ、運動が広がる契機になります。
ぜひよろしくお願いします。

参加概要:
ブログやホームページに竹島の画像、イラスト、文字等を配置し、互いにリンクする。
島根県Web竹島問題研究所へのリンクをはり、2/22竹島の日のアピールに勤めます。


期間:
2月22日 竹島の日まで。


みなさまよろしくお願いします。


●画像(バナー)の持ち帰り方法
 こちらが参考になります。「Heart To Me」という素材屋さんの解説ですが、大変分かりやすいです。
 なお、ダウンロードした画像(バナー)のファイル名はお好みで変更して下さい(そのままでも可です)。
 
●タグについて
 上記画像(バナー)のソースを参考にし、あなたのサイトやブログの任意の場所に貼り付けて下さい。画像のサイズとか細かな調整はご都合に合わせて適当にお願いします。
 リンクは必ず「竹島問題研究所」へ貼って下さい。
   http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/

                 〜〜〜転載ここまで〜〜〜


竹島は日本の固有の領土です!


敗戦後のGHQ占領下にあった時代、1952年の1月18日に、韓国政府が一方的に「李承晩ライン」を引き、


竹島を「独島」と勝手に韓国の領土に組み入れてしまったのです。


敗戦した日本は まったくの弱腰外交しか行うことができず、韓国の実効支配がなされてしまいました。


それに対して日本は「遺憾の意」を示すばかりで きちんとした抗議を行ってこなかったのです。


その結果…現在はどうでしょうか? 


戦争でもしない限り 竹島は日本には戻って来ません。残念ながら…。


しかし、だからといってこのまま黙っていてはダメなんです。


竹島は日本の領土だ!


これを言い続けないと 実質的に 竹島は100%韓国の領土になってしまいます。


そうさせないためにも声を上げ続けることが大切なのです。



ブログやHPをお持ちの日本国民の皆さま!


ブログでこのことを広め、サイドバーに「2月22日は竹島の日」のバナーを貼付けてくださいませんか。


   222takesima-2.jpg

    222takesima-6.jpg

222takesima-1.jpg  222takesima-7.jpg  222takesima-5.jpg


賛同いただける方は よろしくお願いします!m(*- -*)m




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 07:30| Comment(22) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自然災害が一度も日本を襲った事がないのなら、戦争が、この先絶対ないと言い切れるのなら、防衛予算を・・・ってのは分からなくはないけれど、今の日本と隣接の国の状況を考えるのなら、いつ何が起きてもおかしくないでしょうに。
金曜から子供達がまた三連休ですし、バスケも始まり忙しくなるので、ブログで取り上げる事、ちょっと先になってしまうと思います。
取り合えず竹島のバナーだけ持ち帰らせて頂いて、早速サイドバーに貼らせて頂きますね!!
Posted by ree at 2011年01月20日 10:20
こんにちは、さやーむです。

宇都氏は元自衛官ということもあって、「国の守りが一番大事」というのは現場の声を反映されたものなんでしょうね。国防を考える時に現場の制服組の意見を聞かないまま防衛予算が決定されていく国というのは日本ぐらいしかないのではないでしょうか。

宇都氏の街頭演説は他ブロガーさんも紹介されていて全部見ました。「国を思う」熱い気持ちがひしひしと伝わってきて感動しました。国民受けするような「バラマキ」を言うことは簡単ですけど、こういう国の根幹である国防を語れる人は少ないと思います。こういう方を一人でも多く国会に送れるようになりたいものです。

竹島プロジェクト、ワタシも微力ながら参加させていただきます。バナー貼りに手間取るかもしれませんが(笑)。

さやーむ
Posted by さやーむ at 2011年01月20日 12:18
今の日本に必要な方が選ばれよかったですね

これからの活躍に期待します

彼のブログを読み

日本人の方が尖閣諸島の件に無関心であるというのに

ちょっと驚きました

ブログ関係で見る限りは 皆が非常な感心を持っているように思っていたので、、

Posted by はちきんイジー at 2011年01月20日 12:42
こんにちは。
「尖閣諸島の日」これは今後も大事にしていってほしいですね。
せめて総理は出席しないと意味ないのにな。
今年の6月頃だったか、中国が尖閣に漁船を大量に送りこむという話があります。
その前までに今の内閣がどうにかならないものかと思います。

そして紹介されてる宇都隆史議員。
この方の志は人の心を打つんですよね。
松下政経塾出身だということらしいですが、故松下幸之助氏はこういう人材を政界へ送りだしたかったのかな。
そんなふうに感じました。
真っ直ぐな感じなのでその分、大きな壁にぶちあたりそうな感じもしますが、志のとおりにいってもらいたいです。
若い世代にこんな感じの政治家誕生は嬉しいことですね。
私も応援しています。
Posted by kuri at 2011年01月20日 13:02
アロハ〜!
自衛官出身の議員さん。
本当に、国防を現場で判ったいる方々が、国政に携わってくださること、心強いですね。
国防費も節減ですか!?
中国は、どんどん膨張、日本は節減。。
なんだか、寒くなるお話です。
竹島のことは、ほとんど目にしないですよね。
韓国に実効支配されてることも、知らない人多いでしょうね。
尖閣諸島、あの問題があったにもかかわらず、町行く人の反応はイマイチなんですね〜。。
戦うことを好まない日本人ということでしょうか。。



Posted by モリオリママ at 2011年01月20日 13:47
国民、政府、マスコミ、みんなこの安全保障を他人まかせにしてきたことが問題ですね。
安全保障と水は只という意識を今こそ変えなければなりません。外交交渉も全てが、「この平和ボケ日本」が問われている最大の課題です。経済もしかりです。
日本国民が目覚めなければ日本は変わりません。今、世界は自国中心主義、つまり保護主義化に向ってます。
何もグローパリズムが良い訳ではありません。そして、保護主義になれば成る程、自国に愛し国防意識を高めなければなりません。
政府にしろやっていることはデタラメです。アメリカに安全保障をたのむ時代は終わりました。お互いが助け合う必要はありますが、国防は国民自らの手でおこなうものです。対等以上の関係を保つことによって正義が成り立つのです。竹島は今、韓国によって占拠されてます。
ここで、えいと@さんが言っていることです。
有耶無耶に事を進めるのではなく、国土は明確にすべきものです。北方領土、尖閣列島、竹島、これらは全て国防力の無さが外交をあやふやな形にしたのです。
政府は国民の代表であって、その主権は国民にあることを認識しなければなりません。その責任は国民にあります。国を奪われて彷徨の民になっても、全ての非は国民です。民主党を生かしておくことは国を失うことです。
Posted by 夢見る親父 at 2011年01月20日 14:45
ご無沙汰してます^^;;

暮れから調子が悪くて、ネットからも遠ざかっていたので、
政治の動向が全く解らない状態になってます。

それにしても、民主の売国奴精神は相変わらずですね。
子供手当に関しては、「絶対続けます」と、中国に約束している
としか思えない必死さですよね。
防衛費削減も言うに及ばず。全ては中国の為の「配慮」でしかな
いと思えます。

日々の暮らしだけで手一杯、目一杯。
政治なんてスケールの大きい事は自分に関係ない。
と、未だに思っている人が多いのが実に残念です。
政治=生活に直結する
といった教育の仕方をまるでしない日本の教育にも大きな問題が
ありますよね。
大人になっても幼稚な考えしか出来ないなんて、実に情けない。
Posted by たまてん at 2011年01月20日 15:07
えいと@さん、こんばんは。

以前にもお話しましたが 自分の父は特攻隊の生き残りでした。でも父からは「軍備はいらない」というような話は聞いた事がないんです。「戦争をしたくないからこその軍備」という話はよく聞きましたが…

語り継ぐ戦争ー戦争の悲惨さ はよく学校でも話されるそうですが、何故戦争に突入したのか何故国土が焼き尽くされるまで継続したのか その辺りの事は全く教えないんですね、学校では。
今 世界を見渡しても戦争は至る所で起きている、米国は自国の都合で日本を守ってくれているが自国の利益と背反した時にはどうなるか解らないという事を皆は学ぶべきです。

明治維新は日本の総人口(当時)のわずか7%の武士階級が起こした「革命」でした。WW2後は「米国の賜物」の民主主義で、日本には本当の「国民意識」が育っていなかったのだと思います。
今の政権がこけたら その時こそ戦前の歴史の総点検を!といいたい。
明治以前だってこの国には通史というものがなく、かの水戸光圀が始めた「大日本史」の編纂が幕末に完成してそれが倒幕に繋がった事情を考えれば出来ない事なないと思ってます。

「一身独立して一国独立す」

まず我々一人一人の意識が独立しなければ…

Posted by guten-alten-zeiten at 2011年01月20日 22:49
おおおーーえいとさーーん!!

こんにちわ!!

本当にそうだよ。

平和っていうのは安全で暮らせるってことでもあるよねえ。
国防なしでは、不安がよぎるよ。特に、尖閣諸島の問題はついこの前で、あちらのおかたたちは、尖閣諸島はわしらのものって宣言しているんだからね。
竹島のもんだいもおなじことだよ。。
テレビとかみていて、あちらの若い方たちが、声高にそういうことを主張している横に、日本人の若者は「シラーー」って、なにもわかっていなさそうだよね。。

まあ、頭に噴火させてしまってもだめだけどさ、わたしのように、、はははh−。

この、元自衛隊の方は、選挙で感動的ナ演説をした方ですね。

実はわたし、昔は、自衛隊って、いいイメージがなかったの。これって、偏見だよね。。

いまはすっかり、そんなイメージはふきとんでいるのでうけど、やっぱり、自衛官のかたたちが、しっかりしているのって、実践にでて、現実をいうものをしっかりと
直視されているからですね。。
夢物語の中にすんでいないんだよ。

ところで、、この竹島のバーツ。。つけたいんだけど、、例のごとく、、つけられない。。。(爆)

えいとさんもしよかったら、またおくってくれるでしょうかああーー???

すみません。。甘えん坊なむすめで。。(爆)
Posted by のんちゃん at 2011年01月21日 01:41

>reeさん。

>今の日本と隣接の国の状況を考えるのなら、いつ何が起きてもおかしくないでしょうに。

そうなんですよ。
誰だって、いつ何時起こるかわからない災害にも備えってしておきますよね?
地震や火事などの保険をかけるのだってそうです。
今の日本の周辺諸国の現状を考えると、国を守るための準備をしておくことは重要なことなんです。
なのに…。(ため息)

>取り合えず竹島のバナーだけ持ち帰らせて頂いて、早速サイドバーに貼らせて頂きますね!!

ありがとうございます!
reeさんのお友達ブロガーの方にも、竹島のことを知ってほしいです。
近いうちに竹島の、今起こっている問題の記事を書く予定にしていますので、よろしくお願いします。

Posted by えいと@ at 2011年01月21日 07:16

>さやーむさん。

>宇都氏は元自衛官ということもあって、「国の守りが一番大事」というのは現場の声を反映されたものなんでしょうね。

実際に自衛官として働いていて、防衛費をどんどん削られることの危機感を身をもって感じられたのでしょうね。

>国防を考える時に現場の制服組の意見を聞かないまま防衛予算が決定されていく国というのは日本ぐらいしかないのではないでしょうか。

そうなんですよねー。
アメリカを例に取ると、政界の人間の半数以上は軍人上がりです。(下院議員はそうでもないらしいけど)
だから国防に関してしっかり考えてるんでしょうね。

>宇都氏の街頭演説は他ブロガーさんも紹介されていて全部見ました。「国を思う」熱い気持ちがひしひしと伝わってきて感動しました。

そうなんですよね。
今までの議員で、ここまで愛国心を訴えた人はいませんでしたよ。
多くが「国民の生活を何とかします」みたいな感じですよね。
その方が当選しやすいですから…。(ため息)

>国民受けするような「バラマキ」を言うことは簡単ですけど、こういう国の根幹である国防を語れる人は少ないと思います。こういう方を一人でも多く国会に送れるようになりたいものです。

ほんとにそうですよ。
今までは平和ボケでも何とかなった日本だけど、
これからはそういうわけにはいきませんからね。
国を守ることを真剣に考える議員さんがもっともっと増えてほしいですね。

>竹島プロジェクト、ワタシも微力ながら参加させていただきます。バナー貼りに手間取るかもしれませんが(笑)。

みんなで「竹島は日本のものだ〜! おーっ!」
って意思表示しましょう!
韓国のように過激に暴れたりすつる必要はないんです。
日本人は竹島を忘れてないぞ!…っていう意思表示がだいじなんですよね。
頑張ろう! 日本!


Posted by えいと@ at 2011年01月21日 07:41

>はちきんイジーさん。

>今の日本に必要な方が選ばれよかったですね これからの活躍に期待します

期待したいですね。
今後もこういう「国を守る」ことを公約にする議員さんがどんどん出てきてほしいですね。

>彼のブログを読み 日本人の方が尖閣諸島の件に無関心であるというのに ちょっと驚きました
>ブログ関係で見る限りは 皆が非常な感心を持っているように思っていたので、、

現実はこんなもんですよ…。
まだまだ気がついてない人のほうが圧倒的に多いのです。
多くの方はマスコミ(TVや新聞)からしか情報を取りませんからね。
ネット人口が増えたとはいえ、どんな情報を取るかはその人次第ですから。

尖閣諸島の問題、竹島の問題を知らない日本人がまだまだ多いのが現実です。
だからこそ口コミで、こういう問題があるのだということを知ってもらい、危機感を持つ日本人を増やしたい思っているのです。
日本を守るにはまず、知ることからだって思っています。

Posted by えいと@ at 2011年01月21日 07:48
こういうの国民にはまったく周知されませんね。
本来なら菅が一番に出席しなければいけないはずです。
菅曰く「諸外国へ配慮」なんでしょうけど、配慮も度が過ぎて侵略されては困ります。
まぁ菅からしたら、さっさと愛する韓国に対馬あたりまで侵略させたいのでしょうけど。
全共闘は、日本壊滅は考えても、壊滅後のビジョンはなさそうですからね。
仕分け仕分けって、いったいどれくらいの効力があるのか示してほしいですよ。
まったくもって効力ないじゃないですか。
レンホウの数百万の洋服代になるだけですよ。
レンホウは親父と一緒に台湾バナナ売ってりゃいいんですよ!

日本は完全に増税にシフトしました。
景気が低迷しているこの時期にやったら完全に日本終わります。
諸外国も驚くでしょうね。
日本の政治家は日本の方を向いてない。
だってマニフェストも「心眼」で作ったそうですから。
こんなバカしかいない集団に、なぜかじ取りを任せたのか。
票を入れた人は本当に責任とってくれー!という感じです。
一日も早く解散です。
じゃないと竹島も対馬も尖閣も沖縄も北方領土も北海道も全部取られます。

Posted by ちょびまめ at 2011年01月21日 09:30

>kuriさん。

>「尖閣諸島の日」これは今後も大事にしていってほしいですね。
>せめて総理は出席しないと意味ないのにな。

そうなんですよね。総理大臣の出席は必要でした。
せめて、副大臣とか官房長官とか、重要ポストの民主党議員が行くべきでした。
ひとりの参加もなかったのですよ、民主党からは…。
これだけでも尖閣諸島に関して民主党は真剣に考えてないってことがわかりますよね。

>今年の6月頃だったか、中国が尖閣に漁船を大量に送りこむという話があります。
>その前までに今の内閣がどうにかならないものかと思います。

ほんとですよね。。。
民主党では、中国にブレーキをかけることはできません。
もし、中国人が大群で尖閣諸島周辺の日本の領海にやって来たら…。
海保ではとても防御できませんよ。
海保の職員の命が危ないです。
自衛隊だって同じ。こちらからは何もできないんですから…。(涙)

>そして紹介されてる宇都隆史議員。この方の志は人の心を打つんですよね。
>真っ直ぐな感じなのでその分、大きな壁にぶちあたりそうな感じもしますが、志のとおりにいってもらいたいです。

こういう志を持った若井議員がもっともっと増えて欲しいですね。
今の日本では、こんな風に「国防」というだけで反発する大きな壁があるのですよね…。
その壁にぶち当たって壊れてしまわないように、我々国民がしっかりとサポートしないといけないと思います。
本当に頑張っていただきたいですね。

Posted by えいと@ at 2011年01月22日 04:20

>モリオリママさん。

>自衛官出身の議員さん。
>本当に、国防を現場で判ったいる方々が、国政に携わってくださること、心強いですね。

現場で働かれている際にどんどん予算が削られていく状況を見て、その中で国を守る訓練を継続しないといけない。
かなりの危機感があったと思います。
よくぞ! 国会議員になってくださいました!…って言いたいですね。

>国防費も節減ですか!?
>中国は、どんどん膨張、日本は節減。。なんだか、寒くなるお話です。

そうなんです。
日本はここ10年ちかく、ずーーーっと防衛費を削減し続けているんです。
社民党や共産党、民主党の圧力があったからです。
防衛費よりも社会保障に!…って声が大きかったのですよ。
その間に、お隣の国はどんどん軍事費の拡大をしてきました。
数年前の20倍もの軍事力をつけたと言われています。(恐)

>竹島のことは、ほとんど目にしないですよね。

日本人はあまり大きな問題として取り上げないですよね。
韓国政府が一方的に「李承晩ライン」を引いた時は、日本はGHQの占領下だったので何もできなかった…ということがありましたが、
その後には何らかの対処法があったはずなんです。
でも、弱腰の遠慮外交しかしてこなかった日本は何ももの申さず、
その結果、どんどん実効支配が確立されてしまったのですね…。

>韓国に実効支配されてることも、知らない人多いでしょうね。

知らない人、多いのでしょうか…?
たとえ知っていたとしても「もう仕方がないじゃん、言っても無駄」って考える日本人は多いでしょうねぇ。
確かに、今の状況ではどんなに頑張っても取り戻すことはできないかもしれませんが、
声を上げなくなってしまったら、それこそおしまいですから。

>尖閣諸島、あの問題があったにもかかわらず、町行く人の反応はイマイチなんですね〜。。

みたいですね〜。
やはりマスコミが大々的に取り上げないからですよ。
日本のマスコミの責任は大きいですね。

>戦うことを好まない日本人ということでしょうか。。

これもあるでしょうね〜。事なかれ主義というか…。
自分に直接ふりかかる問題であると、まだまだ考えられないのでしょう。
領土が奪われるってどういうことなのか、尖閣諸島をもし実効支配されたら…!
シーレーンが奪われてしまうってこと、沖縄も狙われるってこと、
そこまで考えが及ばないんでしょうね…。(ため息)

Posted by えいと@ at 2011年01月22日 04:34

>夢見る親父さん。

>国民、政府、マスコミ、みんなこの安全保障を他人まかせにしてきたことが問題ですね。

そうですね…。
日本は「平和憲法を持つんだから二度と争いごとをしないし、しかけられることもない」って思い込んでいるところがあるのでしょう。
そして「何かあったらアメリカが守ってくれるはず」っていう期待感が大きいのでしょうね。
そんなわけないのに…。
アメリカは自国の国益に沿う場合しか助け舟を出しません。
それなのに、ほぼ100%アメリカの傘があるから大丈夫だと信じ切ってしまっている日本なのです。

>安全保障と水は只という意識を今こそ変えなければなりません。外交交渉も全てが、「この平和ボケ日本」が問われている最大の課題です。経済もしかりです。
>日本国民が目覚めなければ日本は変わりません。

そうなんですよね…。
でも、悲しいかな、今のこのご時世であっても目覚めない日本人はまだまだ多く存在するんです。
経済界もマスコミも、中国との関係がなくなったら日本経済はボロボロになるって言い切っています。

他の方のブログのコメントで、私が「軍事力の強弱で外交力が決まる」的なコメントをしたところ、
「貴方様の意見は、倫理、論理が欠如しており 同じ日本人として恥ずかしく感じました。」って書かれてしまいましたよ。(苦笑)
国を守ることの必要性、国の力が弱いと発言力がないことをどんなに説明しても、わかってもらうことはできませんでした。
私の文章に説得力がないせいかもしれませんが…。(涙)

>政府にしろやっていることはデタラメです。アメリカに安全保障をたのむ時代は終わりました。
>お互いが助け合う必要はありますが、国防は国民自らの手でおこなうものです。対等以上の関係を保つことによって正義が成り立つのです。

そうなんですよね。
アメリカは変化して来ています。かつてのアメリカではもうなくなってきていますよね。
世界情勢の変化に、なぜ日本はついていけないのでしょうか…?
いつまでも平和が継続する…って本気で思い込んでいる人たち。
自分の国を自分で守ることに、なぜそんなに消極的なのか…。理解に苦しみます。

>有耶無耶に事を進めるのではなく、国土は明確にすべきものです。北方領土、尖閣列島、竹島、これらは全て国防力の無さが外交をあやふやな形にしたのです。

北方領土、竹島、ともに「火事場泥棒」的な感じで奪われ実効支配されてしまいました。
その後の交渉のやり方…。日本はあまりにも何も言えない遠慮外交でした。
これは軍を持たないからです。
日本は軍事力がないから、ぜったいに攻撃して来ることはない…って舐められてしまっているのですね。

今後も同じような対処しかしないでいたら、尖閣諸島は中国人に簡単に実効支配されるでしょうね。
そうしたら竹島、北方領土と同じようになってしまうでしょう。
民主党ではダメです。
ほんとに一刻も早く解散総選挙して欲しい…って思いますね…!

Posted by えいと@ at 2011年01月22日 04:53

>たまてんさん。

>暮れから調子が悪くて、ネットからも遠ざかっていたので、政治の動向が全く解らない状態になってます。

わかりますー。
ネットから離れちゃうと政治のことに疎くなっちゃいますよね〜。
たまてんさんのPC部屋って寒かったんでしたもんね…。(苦笑)

>民主の売国奴精神は相変わらずですね。
>子供手当に関しては、「絶対続けます」と、中国に約束しているとしか思えない必死さですよね。

ホントに相変わらずですわ〜。
与謝野氏は民主党に入ったとたん「子ども手当に理解できる」なんてコロッと考えを変えちゃいましたし…。(涙)
何のために自民党 → たちあがれ日本 に移籍し、民主党に入ったんだよっ!(怒)
そんなに簡単に信念って変えることができるのかっ!(激怒)
はぁ〜もう、失望いたしましたよ。脱力感MAXですわ…。

>防衛費削減も言うに及ばず。全ては中国の為の「配慮」でしかないと思えます。

日本の防衛費が増やす〜とかの議論になると、なぜかお隣の中国や韓国が文句を言ってきますよね。
何で? 日本の国の予算なのに何で中国や韓国が文句を言うの?
内政干渉じゃないですか! 
自分たちはどんどん軍事力を伸ばしてるくせに!(怒)

>日々の暮らしだけで手一杯、目一杯。政治なんてスケールの大きい事は自分に関係ない。と、未だに思っている人が多いのが実に残念です。

そうなんですよ…。
安定した生活があるのは、国がちゃんとしてるからなんですよね。
数年前までは国民が政治に無関心でも何とかなって来ましたけど、
今はもう、無関心ではダメなんですよね。時代は変わって来ているんです。
確かに毎日の暮らしに精一杯で…っていうのはわかるんですが、その生活の基盤が危うい時代に入って来ているってこと、もっと自覚して欲しいです。

戦争を回避するために、しっかり国を守らなきゃいけない。
国を守るためには、外国に言うべきことはしっかり主張しなきゃいけない。
だけど、国に力がなかったらどの国も言うことなんて聞きません。
ギリギリまで我慢して、その結果、爆発する方が怖い結果になると思うんですけど。
爆発しないように、外国にしっかり主張するために、軍事力を持つことが必要なんです。
軍事力が弱い、何をしても仕返しをしてこない国は、力のある国にいいようにされてしまうのですよね…。
護憲派の方はそれがわからないのでしょうか…。

>政治=生活に直結する といった教育の仕方をまるでしない日本の教育にも大きな問題が
ありますよね。
>大人になっても幼稚な考えしか出来ないなんて、実に情けない。

日本の教育は大きな問題ですね。
戦後の教育は本当に日本人を骨抜きにしてしまいました。
その教育は今でも継続しています。
このままでは日本は沈む一方でしょうか…。
本当に不安で胸がドキドキしてしまいます。大丈夫なのか…日本は…?

Posted by えいと@ at 2011年01月22日 05:14

>guten-alten-zeitenさん。

>以前にもお話しましたが 自分の父は特攻隊の生き残りでした。でも父からは「軍備はいらない」というような話は聞いた事がないんです。「戦争をしたくないからこその軍備」という話はよく聞きましたが…

そうでしたか…。
私の夫の叔父(父親の弟)も特攻隊の作戦で戦死しています。(桜花作戦です)
 http://eight-americann.seesaa.net/article/134997504.html
夫の父も戦後にシベリア抑留経験を持ち、苦労された一人です。
そんな夫の父親は、夫に「日本を守るとは」ということを幼い息子(夫)によく話して聞かせていたそうです。
戦争をしないため、回避するための軍備なのですよね。

>語り継ぐ戦争ー戦争の悲惨さ はよく学校でも話されるそうですが、何故戦争に突入したのか何故国土が焼き尽くされるまで継続したのか その辺りの事は全く教えないんですね、学校では。

そうなんですよね。
学校だけではありません。TVなどのマスメディアもそうです。
流される戦争ものの番組の多くは「戦争は悲惨だ、戦争になったらこんなにひどい目にあうのだ」ということのみしか伝えません。
どれだけの日本人が、先の戦争はなぜ始まったのか、その原因を理解しているのでしょうか…?
日清戦争も、日露戦争もそうです。
理由があるんです。国を守る、自衛するという理由が…。
それを学校教育ではちっとも教えないし、マスコミはぜんぜん伝えないのです

>今 世界を見渡しても戦争は至る所で起きている、米国は自国の都合で日本を守ってくれているが自国の利益と背反した時にはどうなるか解らないという事を皆は学ぶべきです。

その通りで、アメリカは100%日本を守ることはありません。
アメリカの国益に合致した場合のみしか守ることはしません。
もし、日本を100%守ってくれるはずなのであれば、北方領土も竹島も、日本の領土なのだから(アメリカは日本の領土であると認めています)
そのために働いてくれるはずでしょう? ひとつもそんな様子ありませんもんね。

>明治維新は日本の総人口(当時)のわずか7%の武士階級が起こした「革命」でした。WW2後は「米国の賜物」の民主主義で、日本には本当の「国民意識」が育っていなかったのだと思います。

そうですね。
先の戦争が終わって、日本は民主国家になった、アメリカのおかげだ、良かった良かった〜って思ってる人は多いですが、
けっしてそうではないですよね。
戦後の日本は、日本人は 脊椎が抜かれてしまったかのようです。

>今の政権がこけたら その時こそ戦前の歴史の総点検を!といいたい。

ホントにそう願いたいです。
最近、識者による日中韓で歴史認識の会議かなんか開かれたそうですが、
参加者を見て愕然としましたよ…。
日本からの出席者は左巻きばっかり…!
なぜか日本からの参加者として在日韓国人の大学の教授なども入ってますし…。
こんなんじゃ〜中国、韓国の都合のいい歴史認識が 北アジアの歴史ってことになっちゃうじゃありませんか…!
だいたい、国が違えば歴史は違うものなのです。
国の国益は国によって変わるのですから、同じ歴史認識を持つことなんて不可能なんです。

>「一身独立して一国独立す」
>まず我々一人一人の意識が独立しなければ…

その通りですね!
我々一人一人の意識の独立が必要ですね。
だけど、今の現状では…どうなんでしょうか…。
最近、だんだんしんどくなって来ちゃって…。
日本の左巻きの人数の多さに愕然としています。
あぁ、でも諦めたらおわり、チーンですもんね。頑張らなきゃ…ですね。

Posted by えいと@ at 2011年01月22日 05:43

>のんちゃん。

>平和っていうのは安全で暮らせるってことでもあるよねえ。

そうなんですよ。
アフリカを見ればそれがよくわかると思うのです。
アフリカの多くの国は今でも内戦状態で、たくさんの難民を出していますよね。
中国や北朝鮮もそうです。
ちゃんと生活ができているのは一部の特権階級のみで、多くの国民は飢えています。学校にさえ行けない国民が多いんですよ。
国が安定して平和でなければ、国民の幸せはないんですよね。

>国防なしでは、不安がよぎるよ。
>特に、尖閣諸島の問題はついこの前で、あちらのおかたたちは、尖閣諸島はわしらのものって宣言しているんだからね。

そうなんですよね〜。
中国は「尖閣諸島は中国のもの」って法律まで作っちゃってるし、
教育現場でも、中国国民全員に「尖閣諸島は中国領土! 日本が不法に占拠している」って教えているんですよ。
そりゃ〜取り返せー!ってことになっちゃうでしょうよ。

>竹島のもんだいもおなじことだよ。。
>テレビとかみていて、あちらの若い方たちが、声高にそういうことを主張している横に、日本人の若者は「シラーー」って、なにもわかっていなさそうだよね。。

竹島に関しても、韓国人の100%は「独島は韓国領土!  日本が不法に領有権を主張している」って思い込んでいますからね。
でもさー考えてみたんだけど。
韓国は実効支配してるわけでしょ? 軍を竹島に常時駐在させてるし、ヘリポートも作っちゃってるし。
なのに何であんなにわーわー騒ぐんだろう?
普通さ、実効支配されちゃってる側、つまり日本が「返せー」って騒ぐのが普通じゃん?
なのに、日本人は「しら〜〜〜っ」って感じで、韓国人がいつも熱くなって「ドクトはーーー!」ってやってるの、なんか変だよね? 
逆じゃね?…って思うんだけども。(笑)

ま、日本人はわかってない人が多いんでしょうね〜。
竹島の位置も知らない人がいるみたいだし。
そういうわけで、くっくりさんが「竹島の位置」を示したバナーを作ってくれました〜。

>この、元自衛隊の方は、選挙で感動的ナ演説をした方ですね。
>実はわたし、昔は、自衛隊って、いいイメージがなかったの。これって、偏見だよね。。

偏見というより、のんちゃんは今まで「自衛隊」に関してよくわかってなかったでしょう?
だからだよ。
自衛隊のこと、どんな活動をしているのかを知ったら「悪いイメージ」なんて払拭されちゃいます。
だって、ホントに頭が下がるもの。
こんな訓練を毎日してるんだ…。こんな風に活動されてるんだ…って、知れば知るほど尊敬できます。
「自衛隊は日本にはいらない」なんて言ってる人は知らないんですよ、自衛隊がいったいどんな活動をしているかを。

>自衛官のかたたちが、しっかりしているのって、実践にでて、現実をいうものをしっかりと直視されているからですね。。
>夢物語の中にすんでいないんだよ。

だって、現場に行くのは自衛官なんだもん。
災害があって救助に向かった時、あぁ、こういう機材があったらもっと効率よく救助できるのに…とか、もっと人員がいたらスムーズにコトが運ぶのに…って思うことがいっぱいあったと思うんです。
現場の人間にしかわからないことってあるもんね。
政治の世界で、机の上で論議しているだけではダメなんです。
現場の声って大事なのよね。
本当だったら、国会議員の半数くらいは軍人上がりの人がなるべきだと思う。
そうでないと「国防」のことなんてわかんないもの。

>ところで、、この竹島のバーツ。。つけたいんだけど、、例のごとく、、つけられない。。。(爆)
>えいとさんもしよかったら、またおくってくれるでしょうかああーー???
>すみません。。甘えん坊なむすめで。。(爆)

わはは〜〜〜甘えん坊な娘!(爆笑)
よしよし、了解よ。メールしました。
のんちゃんのブログのコメント欄に「非公開コメント」でURLを送ったよ。
うまくいくといいんだけど。

Posted by えいと@ at 2011年01月22日 06:07

>ちょびまめさん。

>こういうの国民にはまったく周知されませんね。

尖閣諸島の日が制定されたこと、あまりニュースにならなかったそうですね。
国家の主権に関わる大事な尖閣諸島なのに。
去年、あんな事件があって、国民が大騒ぎしたっていうのに。
なんで無視できるのでしょうか…?

>本来なら菅が一番に出席しなければいけないはずです。
>菅曰く「諸外国へ配慮」なんでしょうけど、配慮も度が過ぎて侵略されては困ります。

菅総理が 内閣改造・組閣人事を14日に持って来たのは、
菅総理自身が「尖閣諸島の日」の記念式典に出席をしたくなかったからなのではないか…ってわたくしは疑ってます。
予定がなかったら行かないって理由がありませんもん。
「尖閣諸島の日」の式典に出席したら、中国様のご機嫌が悪くなるだろうからどーしても欠席したかった。
で、17日に予定されていた内閣改造・組閣人事を前倒しで持って来たのではないかと思うわけです。

>まぁ菅からしたら、さっさと愛する韓国に対馬あたりまで侵略させたいのでしょうけど。

動画で見たんですけど、
「ドクトを日本が取り戻すというなら、韓国は対馬をとってやるー!」って韓国人が日章旗を燃やしながら叫んでました。
はぁ〜?…って感じですよね。
対馬に米軍基地、持ってってもいいんじゃないの?…って思っちゃう今日この頃ですわ〜。

>全共闘は、日本壊滅は考えても、壊滅後のビジョンはなさそうですからね。

そうそう! そうなんですよね。
破壊活動に命をかけてるけど、その後のことなんてちーっとも考えてませんよね。
左巻きの人っていつでもそうですよ。
尖閣諸島に中国の大群が押し寄せて来ても自衛隊を出せば戦争になるからダメ!…って言うんですけれどもね。
じゃ〜どうしたらいいの?…には答えられないんです。
海保で対処しろ、とか警察を出せ…って言うけど、バカですか?…って言いたいです。

>仕分け仕分けって、いったいどれくらいの効力があるのか示してほしいですよ。
>まったくもって効力ないじゃないですか。

仕分けしてこれだけの無駄が出ました〜♪…ってやってますけど、
そのせいで重要な科学技術が後退したり、研究開発ができなくなったりしてるんですよね。
日本人の夢も壊れつつあります。
日本の将来を潰して、子ども手当ですか…。
ホントに呆れちゃいますよね。。。

>日本は完全に増税にシフトしました。
>景気が低迷しているこの時期にやったら完全に日本終わります。
>諸外国も驚くでしょうね。

驚いていますよ〜。
子ども手当が始まろうとしていたとき、夫の大学の教授陣(経済学者)はみんな「日本は何を考えてるんだ?」って驚いてましたよ。
そして景気がこんな状況で、めちゃくちゃな増税…。
さらに景気は冷えてしまいますやんか。
デフレスパイラルから逃れることができなくなっちゃいます。
私たちのような一般の人間が考えてもあり得ない経済政策…。
止めて欲しいですよ、マジで。。。

>日本の政治家は日本の方を向いてない。だってマニフェストも「心眼」で作ったそうですから。
>こんなバカしかいない集団に、なぜかじ取りを任せたのか。
>票を入れた人は本当に責任とってくれー!という感じです。

ホントに「自民党にお灸を据えてやろうと思った」とか「一回民主党にやらせてみたらいいじゃん」で票を入れた有権者!
責任を感じてくださいよ〜〜〜〜。
このまま民主党政権が継続したら もう日本はおしまいです〜〜〜。(涙)

Posted by えいと@ at 2011年01月22日 06:28
こんにちは。

しかし、石垣と沖縄ではこんなにもムードが違うとはねえ。喉元に迫っている場所の人は危機感をもっているのでしょうね。

宇都議員。これから応援したいですね。

安全保障>スイスが永世中立国なのは、自軍を持っているからですよね。有事には24時間以内に、国境に軍隊を配備できるそうです。

憲法変わりますよ!私が予言します(^^)

それから、毒チョコからもこちらにリンクさせていただきました。
Posted by 館主 at 2011年01月23日 01:27

>館主さん。

>石垣と沖縄ではこんなにもムードが違うとはねえ。喉元に迫っている場所の人は危機感をもっているのでしょうね。

そうなんでしょうね〜。
石垣の方は、直接被害に遭われてる方もおられますしね。
沖縄本島では、そういうはじっこの島の方の意見をきちんと聞かないのでしょうかね…?
同じ沖縄県民なのに…。

>安全保障>スイスが永世中立国なのは、自軍を持っているからですよね。有事には24時間以内に、国境に軍隊を配備できるそうです。

そうなんですよね。
中立国って、なんだか平和主義のように思ってる人もいるんですけど違いますよね。
徴兵制だってあるし、ものすごい軍事力です。
国防に関する国民への意識教育もすごいんですよ。
日本はちったぁ見習うべきですよねぇ。

>憲法変わりますよ!私が予言します(^^)

変わって欲しいです!
…でも、民主党政権下で変わるのはどうかなーって思いますね。
憲法を改正するのなら、中途半端なものではなくきちん変えないと。
そして、その前に歴史認識です。
日本政府の歴史認識があいまいなままですからね…。
これも何とかしないと!…って思います。

Posted by えいと@ at 2011年01月23日 11:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。