2011年01月03日

神道の心が込められた日本のお正月 & 伝えていきたい「教育勅語」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



1月1日はお正月ですね。


皆さまはお正月って何かって考えたことがありますでしょうか?


国によって考え方は異なりますが、今回は日本のお正月について考えてみたいと思います。


昔から元旦には「年神様(としがみさま)」という新年の神様が、1年の幸福をもたらすために各家庭に降臨するとされています。
年神様はその年の五穀豊穣を司り、人々に健康や幸福をもたらす神様で、「正月様」「歳徳神(としとくじん)」ともいいます。
その年神様を迎え入れてお祝いし、たくさんの幸せを授けてもらうために、様々な正月行事や風習が生まれました。
新しい年を“迎える”と表現したり、“一年の計は元旦にあり”といったりするのも、
年神様を元旦にお迎えすることから来ています。

         そうだったのか!正月行事の由来 All about参照


毎年1月になれば新年を迎えるのは、単に新しい年になったからだけではないんですね。


日本のお正月には「神道」の心が込められているのです。


だからこそ日本人はお正月には玄関に門松やしめ縄を飾り、お節やお雑煮を食し、初詣に出かけるのですね。


「神道」の心が日本人のDNAの奥深くに根付いているからなのでしょう。



さて。1月2日には皇居で「一般参賀」が行われました。

新年恒例の一般参賀が2日、皇居・宮殿で行われ、7万7000人あまりが訪れた。
天皇、皇后両陛下や皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻などの皇族方は計5回、長和殿のベランダに立ち、東庭に集まった人々の祝意に笑顔で手を振って応えられた。
モーニング姿の陛下はすべての回であいさつし、「今年がみなさん一人一人にとり、少しでもよい年となるよう願っています。年頭に当たり、世界の平安と人々の幸せを祈ります」などと述べられた。

   陛下「少しでもよい年に」 一般参賀に約8万人 産経ニュース
      (写真は全て産経ニュースよりお借りしました)

j-tennouheika11-1.jpg

「昨年は,多くの地域で猛暑が続き,また経済の状況も厳しく、人々の生活にはさまざまの苦労があったことと察しています。
家族や社会の絆を大切にし、国民皆が支え合ってこれらの困難を克服するとともに、世界の人々とも相携え、その安寧のために力を尽くすことを切に願っています。
本年が我が国と世界の人々にとって幸せな年になることを念じています。」

        天皇陛下のご感想(新年にあたり) 宮内庁HPより


天皇陛下は日本のために、日本国民のために、世界のために 毎日祈ってくださっているのですねぇ。


何とありがたいことではありませんか…。

  関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    知れば知るほど驚きの「世界最強の天皇陛下」

     
j-tennouheika11-2.jpg

j-tennouheika11-3.jpg


多くの国民が こうやって日の丸を振って 天皇陛下と共に新年を迎えられる。


こんなに素晴らしい光景は他にはないと思われませんか…?


ところで。お友達ブロガーのこうめさんが、一般参賀に行かれた模様を記事にしてくださっています。


天皇・皇后 両陛下のお姿を拝見したとたん、こうめさんったら 涙がブワッと出てきたんだそうです。


それほどまでに感動する一般参賀であったのですね〜。


こうめさんの詳細な一般参賀レポート ↓ をぜひ、ご覧になってくださいね。
     こうめのブログ「一般参賀!」



さて、以前の記事 ↓ にも書きましたが、
    近代日本の偉大なる天皇陛下〜天皇は日本の宝物〜


今上陛下のひいおじいさまであられる明治天皇は「教育勅語」をお作りになられました。

【教育勅語の十二の徳目】
孝行 親に孝養をつくしましょう
友愛 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦ノ和 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友ノ信 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜 自分の言動をつつしみましょう
博愛 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学習業 勉学に励み職業を身につけましょう
智能啓発 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器成就 人格の向上につとめましょう
公益世務 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう
 

「親、兄弟姉妹、友人を大切にし、夫婦仲良く、人に優しく、秩序を守り 勤勉であれ」


明治天皇は 日本国民が皆 こうあって欲しいと願われたのですね。


この「教育勅語」に書かれている内容って今の日本人に必要なものであると思われませんか…?


「教育勅語」は人間としてあるべき姿を表しているように感じます。


この「教育勅語」は 子々孫々に伝えていきたいお言葉であります。


当ブログを読んでくださっている方の中に子供さんをお持ちの方がおられましたら、


次の動画 ↓ を ぜひ! 子供さんと一緒にご覧になってください。


     教育勅語(2分17秒)


できましたら子供さんに読んで聞かせてあげてくださいね。


大昔に 私たちの祖先が「にっぽん」いう国をつくったとき、

心のきれいな人たちが住む立派な国にしようと思いました。

そしてみんながその気持ちを大切にして、心をひとつにして頑張ったから

今の「日本」があるのですし、それはとても誇らしいことです。


みなさんは、お父さん、お母さんを大切にして、兄弟姉妹は助け合いましょう。

お父さん、お母さんは仲良くしましょう。

友達は大切にして、意地悪をしたり嘘を言ってはいけません。

いばったり、自慢したりせずに、

困っている人がいたら助けてあげましょう。

勉強は怠けずに、いろいろなことを覚えたり考えたりして、賢くなりましょう。

人のことをうらやましがったり、ひがんだりせず、

すすんでみんなのためになる事をしましょう。

ずるをしたりせずに、決まりはきちんと守りましょう。

もし、大変なことが起こったら、勇気を出してみんなのために頑張りましょう。


このお約束は、昔からみんなが大事にしてきました。

みんなが大きくなっても、外国に言っても変わらない、本当に大切な事ですから、

みなさんもこのお約束を守って、立派な人になってくださいね。





それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 14:28| Comment(16) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えいと@さん
あけまして おめでとうございます。

今日、ツレの実家から帰って来ました。
義父は今でも戦時中の教科書を持っていて、その冒頭にはちゃんと「教育勅語」が載っています。(青年学校の本なので文語調、息子には読めません、今の学校は古文もロクに教えていないようです。)
「戦前の事は何でも悪いとされているが、ここに書いてある事の何が悪いのかさっぱりわからない。」
と義父は言います。
「嘘をつくな、弱いものいじめをするな。」
は小さい頃から教えられてすっかり身についてしまったので、ツレが「もう少しズルく生きろ。」と言ってもなかなかそうは行きません、商売をする上でも企業経営でも 何といっても大切なのは
「信頼」
だと実感していますから。
家庭生活でも一番大事だと思うのですが、こういう事を言うツレって…

知り合いのご主人がホテルマンで、今上陛下が皇太子だった頃にホテルにお泊りになられた時の事を聞いた事があります、
「分刻みのスケジュールをこなしておられて、常人にはとても真似の出来ないお仕事をなさっていると驚嘆しました。」

雅子妃についてもマスコミが色々喧しいですが、お健やかに、と願わずにはいられません。
少なくとも皇族に対する無礼云々より、人としての礼儀を弁えない国会議員などには早くご退場願いたいですね。

ともあれ今年も貴重な情報、御意見を宜しくお願いいたします。

Posted by guten-alten-zeiten at 2011年01月03日 22:22
明けましておめでとうございます♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
わたしも日本式のお正月、満喫中です!
おせち、お雑煮、初詣などなどたまりません。

教育勅語って歴史の時間に習ったと思うけど
内容までは触れてなかったような…
でもどれも本当に大切なことですよね。
みんながこうだったら平和な世の中になるんだろうな。
Posted by ちい at 2011年01月04日 02:15
一般参賀での天皇陛下のお言葉には、常に国民の平安を願って、見守って下さっています。やはり、日本人の心の支えの原点なんですね。
天皇陛下は政治上の関係で靖国神社には行かれないそうですが、地方に出向かれた折、英霊の祭られた場所では必ずお祈りをされているそうです。

去年から今年にかけて、日本は原点回帰の年だと思ってます。
もう一度国民は国家とは何か、日本とは何かを考えなくてはいけません。政治が常にぶれるのは国家、国民の安全と幸福への基本的な理念が無いからです。
教育勅語はこうした理念に基づいて書かれています。
戦後、如何にその論理が歪められてきたか・・。
田母神さんが言ってます。
「日本の国を良い国だと言ったら、自衛官を辞めさせられた。」正にこれが日本の歪みを象徴していると思います。日本を愛し、世界を愛せるそんな国と国民になってもらいたいです。

>guten-alten-zeitenさん

おめでとう御座います。貴方のコメントにすごい実直さを感じてます。読んでいて気持ちがいいですね。
一所懸命に努力されて、仕事にも常に原点を追い求めていらっしゃるように感じてます。
三橋ブログでも忌憚のない意見をどしどし揚げてください。えいと@さんのブログで恐縮ですが、一言申し上げたくて追記させていただきました。
Posted by 夢見る親父 at 2011年01月04日 02:24
あけましておめでとうございます。
2010年は猛暑による農作物の被害だけじゃなく、畜産農家も大変でしたものね。
2011年は本当、いい年になって欲しいもの。
こう言った当たり前の教えもそうですが、現代って隣人が何をしてるか分からない人も多いでしょう?
分からないって言うより関心がない、って言う方が正しいでしょうけど、商店街で隣近所も家族のように育った私には考えられない事。
親兄弟や親戚だけじゃなく、もっと人との繋がりを大事にするよう教えたくもありますね。
Posted by ree at 2011年01月04日 03:06
今晩ケイズがくるので この動画 一緒に見てみますね

この国でも こうした 精神 教え というものが 薄くなりつつあるんじゃないでしょうかね

見失った 青年たちが おおくなって来ているようにも感じます

Posted by はちきんイジー at 2011年01月04日 07:53
アロハ〜!
戦後、日本神話も学校では教えませんよね。
以前、古事記を分かりやすく現代語にしたものを読んだのですが、本当に面白かった。
神国日本の歴史と思いました。
戦争や略奪に明け暮れる大陸から、平和を求めてやってきたのが、日本列島。
そこに、平和とみんなが手を取り合って生きる、理想の土地を作りたかったのが、倭人ではないのでしょうか?
神国日本の成り立ち、心の教育。。
これからの日本の教育に、復活して欲しいですね。
Posted by モリオリママ at 2011年01月04日 11:37
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。
今年も色々勉強させて下さい。

教育勅語は、いま日本に一番必要な教育です。
これは至極当たり前なことを説いているのであって、
これを右翼呼ばわりする人は、実にヘンですね。
日本人というより、どの国も教育勅語のような道徳が無ければ
人の生活はガタガタになりますよ。
個人主義もいいけれど、いきすぎはモラル崩壊だけです。

Posted by ちょびまめ at 2011年01月04日 15:29

>guten-alten-zeitenさん。

>義父は今でも戦時中の教科書を持っていて、その冒頭にはちゃんと「教育勅語」が載っています。(青年学校の本なので文語調、息子には読めません、今の学校は古文もロクに教えていないようです。)
>「戦前の事は何でも悪いとされているが、ここに書いてある事の何が悪いのかさっぱりわからない。」と義父は言います。

えぇえ〜〜〜今って古文もろくに教えないんですか! @@;
何ででしょうね? 日本の文化なのに…。
戦前の日本って軍国主義で国民の平和や自由なんてこれっぽっちもなかった!…って戦後に教え込まれて来たんですよね。
そんなことはありません。
この教育勅語を見たらわかります。こんなに優しさにあふれた世界はないですよね。
お義父さまがお持ちの教科書にはちゃんと書いてあるんですね。今でも残されているってすばらしいですね。
教育勅語は何としても復活させたいですね。

>「嘘をつくな、弱いものいじめをするな。」は小さい頃から教えられてすっかり身についてしまったので、ツレが「もう少しズルく生きろ。」と言ってもなかなかそうは行きません、
>商売をする上でも企業経営でも 何といっても大切なのは「信頼」だと実感していますから。

なるほど〜〜〜。
まぁ、今の世の中、正直一直線では痛い目にあう事がありますしね。
正直に誠実に生きる事はもちろん大切ですけど、
時には裏を読んだり ずる賢く生きないと、してやられちゃう事もありますからね。
連れの方はきっとそういう意味で言われているんじゃないでしょうか?

>家庭生活でも一番大事だと思うのですが、こういう事を言うツレって…

家族間では嘘や隠し事はないようにしたいですね。
特に夫婦ってもともとは他人ですし。
お互いに誠実で お思いやって生きる事が大切だと思います。

皇室の方に対し、無礼な国会議員は許せませんね。
「はやく座れよ」っていった国会議員は、国会議員の資格なしですね。
国会議員も含め、国民がみんなで天皇陛下を敬い、皇室の存続を願う事が、日本の発展につながっていくのだと言う事に気がついて欲しいですね。

Posted by えいと@ at 2011年01月05日 11:00

>ちいさん。

>わたしも日本式のお正月、満喫中です! おせち、お雑煮、初詣などなどたまりません。

いいなぁ〜〜〜。うらやましい〜〜〜。
日本のお正月、最高ですよね〜。
おいしいもの、いっぱい食べてくださいねー。

>教育勅語って歴史の時間に習ったと思うけど 内容までは触れてなかったような…

えっ! ちいさん、習ったの?
そうなんだ〜。私、習った事がなかったんですよー。
大人になって存在を知りました。

>でもどれも本当に大切なことですよね。みんながこうだったら平和な世の中になるんだろうな。

この教育勅語は、明治の時代の日露戦争後に世界に絶賛されたんだそうですよ。
戦前の日本人の教養の高さ、規律正しさ、礼儀正しさ、親切さが あの時代に認められていたのです。
イギリスは積極的にこの教育勅語を輸入したんだそうです。
日本から教育者まで呼んで、指導を受けたんだそうですよ。
そして、世界中に訳されて、教育の基本としての地位があるんだそうです。
忘れているのは日本人だけです。
悲しいですよね、制作した国の国民が忘れちゃってるなんて。
何とか復活させたいですね。

Posted by えいと@ at 2011年01月05日 11:07
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

軍人勅諭や教育勅語など、道義について人として生き方についてしっかりと教育をしていたのだと思います。
しかし現代人は現代語訳などがないと読めません、GHQ(日教組)が仕組んだのでしょうが、戦後と切り離し戦前の日本を否定しやすくするためでしょうね。

動画、かわいくて良いですね。
Posted by masa at 2011年01月05日 12:31

>夢見る親父さん。

>一般参賀での天皇陛下のお言葉には、常に国民の平安を願って、見守って下さっています。やはり、日本人の心の支えの原点なんですね。

そうですね。
このお言葉をお聞きしたいがために、お姿をちらりとでも拝見したいがために多くの方が皇居に行かれるのですね。
毎日、国民のため、日本国のため、そして世界のためにお祈りくださってるって、
本当にありがたいことです。

>天皇陛下は政治上の関係で靖国神社には行かれないそうですが、地方に出向かれた折、英霊の祭られた場所では必ずお祈りをされているそうです。

そうなんですか…。
私は、天皇陛下にこそ靖国神社に参拝をしていただきたいと思います。
そんな時代が来て欲しいです。近いうちに…。
一時、富田メモで「昭和天皇はA級戦犯が祀られているから靖国参拝をお取りやめになられた」とか何とか騒がれましたが、
そんな事はないと私は思っています。
昭和天皇が参拝されることによって よその国が騒ぎ立てる事がおわかりだったので、靖国参拝をおやめになったんですよね。
とても残念に思われた事でしょうね。

>去年から今年にかけて、日本は原点回帰の年だと思ってます。
>もう一度国民は国家とは何か、日本とは何かを考えなくてはいけません。政治が常にぶれるのは国家、国民の安全と幸福への基本的な理念が無いからです。

同感です!
去年〜今年にかけて、日本人が日本人として誇りを持って生きる元年であると思います。
政治家も、ぶれない政治をするためには、しっかりとした国家感、歴史認識を持つべきですよね。

田母神氏は「日本はいい国だった」と述べて更迭されてしまいました。
自分の国を誉めてクビになるってあり得ませんよね。
でも、私は田母神氏の更迭はある意味、良かったのではないかなと思っています。
田母神氏はクビになった事でフリーの身になり、現在のような活動ができるようになりましたし、
多くの国民が「なぜ田母神氏が更迭? おかしいのではないか?」と疑問に思う事ができたからです。
麻生元総理がここまで考えて更迭したかどうかはわかりませんが、
結果的にいい方向に向かっていますよね。
田母神氏の講演などに耳を傾ける若者が多くなっています。
去年の尖閣諸島の事でも多くの国民が気がつきましたしね。
こういうきっかけってすごく大事だと思います。

今後、きっと日本はいい方向に向かうと思います。
今年が頑張り時かなって思います!

Posted by えいと@ at 2011年01月05日 13:10

>reeさん。

>こう言った当たり前の教えもそうですが、現代って隣人が何をしてるか分からない人も多いでしょう?

そうですよね。
当たり前の教えなのに、それを教えない。なぜ…?って思いますよね。
日本では、引っ越しをするととなりご近所に挨拶をしに行きましたよね。
賃貸では、かえって挨拶とかをしないんだそうですよ。
となりに誰が住んでるか知らない、何をしてようが知らん顔…って、なんだかなーって思いますね。

>分からないって言うより関心がない、って言う方が正しいでしょうけど、商店街で隣近所も家族のように育った私には考えられない事。
>親兄弟や親戚だけじゃなく、もっと人との繋がりを大事にするよう教えたくもありますね。

戦後の教育で昔と違う事は「個人主義」になったってことです。
他人は他人なんですね。
ヘタしたら家族の絆も怪しくなって来つつあるんです。
なんだかおかしな方向に向かってますよ…日本。。。

教育勅語をしっかり学校教育で教えて欲しいですね、
今の日本人にかけている事がいっぱい書かれています。
これが当たり前の事〜って思えるようになるまで、しっかり教え込まなきゃ〜って思います。

Posted by えいと@ at 2011年01月05日 13:25

>はちきんイジーさん。

>今晩ケイズがくるので この動画 一緒に見てみますね

うれしいです〜〜〜。
日本語の勉強にもなりますしね。
ぜひぜひ! ケイズに見せてあげてくださいね〜。

>この国でも こうした 精神 教え というものが 薄くなりつつあるんじゃないでしょうかね
>見失った 青年たちが おおくなって来ているようにも感じます

そうなんですか〜。
でもね、アメリカはまだマシです。日本に比べたら。
だって、愛国心がありますもの。
この愛国心、国家感。これって大事なんです。
いざとなったら国を守る! 家族を守る!って思いがあると思うんです。
今の日本人は、いざとなったら逃げる〜ですよ。悲しくなりますよ、ホント。。。

Posted by えいと@ at 2011年01月05日 13:28

>モリオリママさん。

>戦後、日本神話も学校では教えませんよね。
>以前、古事記を分かりやすく現代語にしたものを読んだのですが、本当に面白かった。神国日本の歴史と思いました。

私も! 動画でですがNHKの「その時日本が動いた、古事記」を見たところです!
おもしろいですよね〜〜〜。これです。↓
http://www.youtube.com/watch?v=N85-qJFuW2w&feature=related
この時のNHKはいい番組を作っていたのにな…。

>戦争や略奪に明け暮れる大陸から、平和を求めてやってきたのが、日本列島。
そこに、平和とみんなが手を取り合って生きる、理想の土地を作りたかったのが、倭人ではないのでしょうか?
>神国日本の成り立ち、心の教育。。これからの日本の教育に、復活して欲しいですね。

本当ですよね。
日本の原点を教えないでどうするのって思います。
神話もちゃんと教えて、近代歴史も教えなきゃいけません。
日本人は日本のことを知らなさすぎです。

教育改革、せっかく安倍元総理がやろうとしてたのに…。
民主党はそれもめちゃくちゃにしてしまいました。
ため息しか出ませんね。。。

Posted by えいと@ at 2011年01月05日 13:36

>ちょびまめさん。

>>教育勅語は、いま日本に一番必要な教育です。
これは至極当たり前なことを説いているのであって、これを右翼呼ばわりする人は、実にヘンですね。

教育勅語はいけないもの!…って言ってる人間はこれの内容を知らないんでしょうね。
こんな至極当たり前の事が書いてあるのに、なぜいけないのか。
GHQがこの「教育勅語」を廃止したのは、日本人を愚民化するためで目的があったわけですが、
その後の教育でなぜ「日本人としての道徳観」を取り戻さなかったのか。
なぜ日本人が自分たち自身を愚民化させないといけないのか…。
ホントに左翼連中の頭の中ってどーなってるのって聞きたいですね。

>日本人というより、どの国も教育勅語のような道徳が無ければ人の生活はガタガタになりますよ。

他の方のお返事に書いてますが、
この教育勅語は、明治の時代の日露戦争後に世界に絶賛されたんだそうですね。
戦前の日本人の教養の高さ、規律正しさ、礼儀正しさ、親切さが あの時代に認められていたのです。
イギリスは積極的にこの教育勅語を輸入したんだそうです。
日本から教育者まで呼んで、指導を受けたんだそうですよ。
そして、世界中に訳されて、教育の基本としての地位があるんだそうです。
日本人でなくても、世界で「すばらしい道徳心である」と評価されたものなのです。
なのに、日本人はすっかり忘れてしまいました。
悲しいですよね、制作した国の国民が忘れちゃってるなんて。
何とか復活させたいものですね。

>個人主義もいいけれど、いきすぎはモラル崩壊だけです。

もうすでに破壊しかけてますよね。
アメリカは個人主義だけど、愛国心があり、国家観もきちんとしています。
その上での個人主義だからまだいいのです。
日本は、愛国心や国家観がない状態での個人主義を目指そうとしています。
これってとんでもないですよ。
おかしな方向にどんどん持っていこうとしていますよね、民主党は…。
今年こそはなんとか民主党の暴走を食い止めないと!…ですね。

Posted by えいと@ at 2011年01月05日 13:50

>masaさん。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいします。

>軍人勅諭や教育勅語など、道義について人として生き方についてしっかりと教育をしていたのだと思います。

そうですね。
戦後にGHQが廃止をしたのは、日本人の道徳心を壊したかったからでしょうね。

>しかし現代人は現代語訳などがないと読めません、GHQ(日教組)が仕組んだのでしょうが、戦後と切り離し戦前の日本を否定しやすくするためでしょうね。

先の戦争時、アメリカは日本がよほど恐ろしかったのでしょう。
だから、戦後に日本人を愚民化させる政策をとったんですよね。
しかし、占領が終わってからも愚民化教育は変わらなかった。
日本人自身が国民の愚民化教育を続けてしまったのです。
その結果、すっかり国民はふぬけのようになってしまいましたね…。

先の戦争前の日本は軍事国家で、日本国民の自由も平和もなかったと、今でも信じている人がいます。
明治、大正時代のデモクラシーを知らないのか…って聞きたいですよ…。

>動画、かわいくて良いですね。

かわいいですよね〜。
これだったら子供さんにもいいんじゃないかなって思います。
まずは大人ですけどね。(笑)
大人がきちんと知っておかないと、子供に教えられませんから。

Posted by えいと@ at 2011年01月05日 13:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。