2010年12月31日

この1年を振り返って〜今年もありがとうございました


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ



日本は本日が大晦日ですね。


アメリカは時差の関係で明日が大晦日であります。


さて皆さまにとって2010年はどんな1年でしたか?


えいと@夫妻の日常生活的には 前の年とさほど大きくは変化はない1年でした。


いまだに学生の身分ですのでお金がない生活ではありましたが、夫婦二人で仲良く1年を過ごすことができましたし。


日本で暮らす両親のことを心配しつつ、日常生活はそれなりに過ごすことができました。


えいと@夫妻をいつも応援してくれている えいと@夫の母、えいと@の両親に感謝です♪



さて、もうすぐ2010年が終わろうとしています。


日本人は「年の瀬にこの1年を振り返る」ことをしますよね。


そして新たな年に期待を寄せ、来年の豊富を考えるのです。


これ、すごっくすばらしいことだって思うんですよ。


日々の暮らしって 何となく過ぎていくことが多いじゃないですか?


1年のうち1日でもじっくりと 自分自身のことや社会のことを振り返り考えるってそうそうないように思うんですね。


年の瀬にこの1年を振り返ってみる 日本人の心の習慣ってすばらしいな〜って思うのです。



私はこの1年で「日本に生まれて良かった、日本人で良かった」とさらに強く感じることができました。


何度かコメント欄には書いてますが、実は私は若い頃はやや左巻きな人間だったのです。


どっちかというとノンポリだったので強烈な左翼ではなかったのですが、


考え方としては左寄りでした。


なぜ左寄りだったのか…。それは真実を知らなかったからなのですね。


私の、この左よりの考えを矯正してくれたのは 実は えいと@夫なのです。


夫は「右翼」などではなく、本当に心から日本を愛している人間なのです。


幼い頃(実に7〜8歳の頃)から多くの本を読み、学校ではけっして教えない「日本の近代史」を身につけてきた人です。


夫と出会い結婚し、夫といろんな話をしていくうちに私自身の中にある「自虐史観」が浮き彫りになり、


それまで信じて来た自分の考えに「矛盾」を感じるようになったのでした。


なぜ「矛盾」を感じたのか…? 今までどうしてその「矛盾」を信じ込んで来たのか…?


それは、きっと一方向的な考えしか教えられてこなかったからだと思うのです。


人間って「一方向から教えられることが最もらしいことであったら信じてしまう傾向」があるんです。


昨日の記事に書いた2009年民主党マニフェストも同じです。

  昨日の記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
    嘘つきマニフェスト〜民主党の総括


子ども手当や高校無料、高速道路無料、増税はしないって聞いたら、そりゃ〜多くの人は歓迎するでしょう。


実際にそれで多くの国民の方が民主党に1票を投じ、民主党政権が出来上がってしまったわけですからね。


一方向のことしか聞かされなっかったら、反対方向からの考えを教えられなかったら、教えられても聞く耳を持たなかったら比較しようがないですもの。


人間って「比較する対象」があるとけっこうきちんと考えられるものなんです。


民主党はマニフェストには載せていない、外国人参政権、選択制夫婦別姓、人権侵害救済法(人権擁護法)(他にもたくさん闇法案あり)などを賢明に成立させようとしています。


日本国籍を有する方でこの法案に賛成されている方は きっと一方向からの考えで判断されているんでしょうね…。



今年は、多くの国民の方々が「日本が沈んでしまうかも知れない危機感」を持ちました。


これは民主党政権になったからこそでしょうね。


今までは見えなかったこと、見てこなかったことに目を向ける人が増えたのです。


何かがおかしい…!と感じた人々が「真実を学ぼう」と考え始めたからこそだと思います。


これね、本当にものすごい成果だと思います。


去年までは 政治にはほとんど関心を持たなかった一般の方々が、


自ら学び、ブログやツィッター、掲示板などで政治の話題を取り上げるなど 危機感を発信し、


そして多くの方がデモに参加したり FAXや電話で抗議の声を上げるようになったのです。


もし自民党政権が継続していたらこれほどの危機感を国民が持つことはなかったでしょうね。


そういう意味では2009年の政権交代、鳩山&菅政権は意味があったと考えます。



私自身のことで言いますと民主党政権になって以降「愛国心」がよりいっそう芽生えた…ということです。


先ほども書いたように、えいと@夫のおかげで自虐史観は払拭されていたのですが、


それでも民主党政権になって以後に 知ったことがたくさんあるんですね。


知れば知るほど「あぁ、日本ってなんて素晴らしい国なのだ」と実感できたのです。


「日本に生まれて良かった、日本人であって良かった」と心の底から感じることができたのですね。


自分の生まれた国に誇りが持てるって なんて素晴らしいことなんだろう…って思いませんか…?



最後に、気持ちよく新年を迎えられるようにこちらの動画 ↓ を貼っておきます。



   浅田真央(mao asada) なんて神秘的な "白鳥の湖"(4分)


なんてすばらしい…!


浅田真央ちゃん、この女性こそ 白鳥です! 


白鳥って優雅に泳いでいるけれど、水の中では一生懸命に水をかいているんですよね。


賢明な努力しているのにそれを見せない美しさ、それが白鳥です。


彼女こそ美しい日本の白鳥であると、私は思います。



日本には「能ある鷹は爪を隠す」という諺がありますね。


日本人って何でも一生懸命に取り組みますよね? 生真面目なくらいに。


でも謙虚だしけっして驕らない、自分を必要以上に大きく見せないじゃないですか?


それが日本人が持つ 神秘的なパワーなのだと、私は思うのです。


ぴかぴか(新しい)頑張ろう! 日本! 頑張ろう! 日本人!ぴかぴか(新しい)


来年はきっといい年になると信じています。




     【ご挨拶】


今年も本当にありがとうございました。(^人^)カンシャ♪


アメリカ日記なんだか政治ブログなんだか、


何だか よくわからないブログにお付き合いくださいまして本当に感謝いたします。


皆さまのコメント、ご意見、たまに来る反論のご意見、どれもありがたく拝見いたしました。


応援クリックも多くの方にしていただいて、すごく励みになっています。


来年もこの調子でブログをやっていくつもりですので、


2011年もよろしくお願いいたします♪ m(。・∇・。)m




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


posted by えいと@ at 12:15| Comment(24) | TrackBack(0) | ごあいさつ&自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えいと@さん、アメリカは未だですが、今年最後になりましたね。本当に数々の力強いテーマ、ありがとう御座いました。お疲れ様です。
この一年、日本、日本人を強く再確認させられた年でした。
私は国際結婚で、アメリカ人である妻から日本の文化を何度も再確認させられましたが、もう長い月日が経ちました。
今も私の家の壁にはエッチングで描かれたわらぶきの農家や合掌造りの絵が沢山架かっています。また、武家箪笥やこけし、木版画があります。国内旅行では必ず妻の趣味である日本の骨董(ジャンク・ストアー)に立ち寄り、昔ながらの家具や日用品、陶器を見て回ったものです。
その頃から家の調度品はそうした物で一杯になってしまいました。今はDVDで「いい旅・夢気分」を見て、各地の温泉地や日本の伝統を見ながら日本人である喜びを噛み締めています。
アメリカに住むからと言って、アメリカびいきに成る訳でもなし、また、日本の心を失うわけでも無いわけです。子供たちにも私の想いを出来るだけ多く残したいと思ってます。
日本いると当たり前で日々意識することは無いでしょうが、外国にいると何かと対比したくなるものです。日本にいらっしゃる皆さんには忘れかけた日本の歴史や伝統、その重さを再認識していただきたいと強く願ってます。

えいと@さん、再度、本当にありがとう御座いました。
皆さん、良いお年を迎えられることを心よりお祈り申し上げます。
Posted by 夢見る親父 at 2010年12月31日 14:40
今年もいろいろこちらで教えて頂いたり考えさせられたりと
とてもお世話になりました。
2011年もまたお邪魔させて頂きますね。
よろしくお願いします。

ホント、民主党の良かった点はあまりにもひどい売国政権なので
多くの今まで政治を意識さえしなかった人達が目覚めて、
これはおかしい!と声をあげ始めた事だと思います。
ルーピーすっから菅の反面教師の貢献?
。。それにしては代償が大き過ぎましたが。。。(涙)

2011年がえいと@さん、みなさん、そして日本にとって、良い年でありますように。。。☆
Posted by ケロケロ at 2010年12月31日 14:48
民主党には辟易していますが、
ヤツラ(笑)のおかげで、えいと@さんとブログ友達になれたことはよかったと思っています。
日本人はバカじゃないです。
正しい情報が伝えられれば、日本を守ろう、大事にしようと考える人々はたくさんいると思います。
ひとりひとりは小さくても、私たちのように思いがたくさん集まっていけば、きっと今の危機をのりこえられると思います。

ということで来年もアッハンウッフンよろしくお願いいたします。

Posted by こうめ at 2010年12月31日 16:54
こんにちは、さやーむです。
前回記事、リンクありがとうございました〜。

本当に民主党になって、この1年で日本は戦後最大のピンチを迎えましたけど、ワタシのようなごく普通〜の主婦が気づいてしまって、人生初のデモ参加までするぐらいですから、日本中で「日本おかしい!」と目が覚めた人は絶対多いはずです。
えいと@さんのおっしゃるように、従来の自民党政権では考えられないような「日本人パワー」が目覚めた1年だったのではないでしょうか。

ワタシはつい最近まで薄ら甘い甘い左巻き思考に浸かっていた人間ですので、日々是勉強なんですが、えいと@さんの記事はとっても分かりやすいのでいつも勉強させていただいてます^^

来年もどうぞよろしくお願いいたします!
アメリカは明日が大晦日ですか。
良いお年をお迎えくださいまし♪

さやーむ
Posted by さやーむ at 2010年12月31日 18:59
えいと@さん、こんばんは。

日本はあと10分程で新しい年を迎えます。

今年は沢山の方のブログやコメントを拝見出来た事で、自分にとって大変実りのある年であったと思います。
特に自分が「日本に住む日本人である」と改めて自覚できたのが大きいです。

ここ2〜3年、海外や国内を旅行する事が多かったのですが、海外へ行くと「日本がいかに素晴らしい国か」がよくわかるんです。
歪んだ器や枯れた花にまで美点を見出す日本人、己の事より相手の事を思い遣る日本人、
そんな日本がとても愛しいです。
現政権のありさまを見るにつけまず自分が出来る事を1つ1つやって行かなければと思います。
先ずはアンケート、tel…えいと@さん、ありがとうございます。

もう新しい年になりました、
今年こそは政権も「新しく」なりますように。
そしてえいと@さんをはじめ皆様にとって実りのある年になりますようお祈り申し上げます。

昨日のコメントありがとうございました。事業を続けていくには大変な環境ですが、自分がしてきた事は間違っていなかったと、とても励みになりました。
今年も頑張ります!
Posted by guten-alten-zeiten at 2011年01月01日 00:22
応援納めで〜す。
よいお年を!
Posted by ree at 2011年01月01日 01:12
えいと@さん、こんにちは。
とうとう今年も今日で幕を閉じてしまいますね。
1年が本当にあっという間でした。
えいと@さんの記事を読ませていただくようになって、自分自身、今まであまり考えなかった事を考えるようになりました。
うんうん、と同感したり、ほぅ、そんな考えもあるんだと勉強になったり、そして何よりも日本の歴史に関しても“真実”が知りたいと思うようになりました。

新年もどうぞよろしくお願いいたします。
えいと@さんご夫妻にとってすばらしい1年となりますように。
Posted by Ziggy at 2011年01月01日 04:45

>夢見る親父さん。

>この一年、日本、日本人を強く再確認させられた年でした。
>私は国際結婚で、アメリカ人である妻から日本の文化を何度も再確認させられましたが、もう長い月日が経ちました。

夢見る親父さんは国際結婚なのですね。
アメリカ人の奥さまとどんな話をされたのでしょう。
アメリカのこと、日本のこと、アメリカ側から、そして日本側から見るとまた違って来ますから。
奥さまは日本の骨董にご興味がおありだったんですね。ステキです。

>今はDVDで「いい旅・夢気分」を見て、各地の温泉地や日本の伝統を見ながら日本人である喜びを噛み締めています。

そうですね。
昔ながらの日本。日本の伝統、文化。
これは世界に誇れるものですもんね。
日本人に生まれて良かった…って心からそう思います。

>アメリカに住むからと言って、アメリカびいきに成る訳でもなし、また、日本の心を失うわけでも無いわけです。

私はアメリカに住んで、昔もっていたアメリカのイメージがだいぶ変わりました。
アメリカびいきをするわけではありませんが、アメリカ、スキですよ。いい国ですよ、アメリカって。
住んでみないと、アメリカ人と接してみないとわからないことってたくさんありますよね。

>子供たちにも私の想いを出来るだけ多く残したいと思ってます。

ハーフの子供さんは2つの祖国を持つことになるんですよね。
アメリカのステキなところ、日本のステキなところ。
両方受け継いでいって欲しいなと思います。

>日本いると当たり前で日々意識することは無いでしょうが、外国にいると何かと対比したくなるものです。
>日本にいらっしゃる皆さんには忘れかけた日本の歴史や伝統、その重さを再認識していただきたいと強く願ってます。

本当にそうですね。
日本の中で暮らしていると、その素晴らしさに気がつかないことってあるんですね。
教えられてこなかったという不幸はあるんですが、
今の時代は、自分から情報を取ることが可能になりました。
もっともっと真実を知って欲しいです。
真実を知れば、日本人であれば日本のことが大好きになって誇りを持つことができます。

日本を貶めようとする勢力が 今もなお日本にはたくさん存在します。
そういう人や団体の口車に乗せられることのないようにしたいものですね。
日本を貶めようとする勢力、左翼って本当に口がうまいですから…。

BUFはあと5時間で新年です。夢見る親父さんのところはあと7時間ですね。
今年は夢見る親父さんとお知り合いになれて嬉しかったです。
来年もよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。


Posted by えいと@ at 2011年01月01日 08:55

>ケロケロさん。

>ホント、民主党の良かった点はあまりにもひどい売国政権なので 多くの今まで政治を意識さえしなかった人達が目覚めて、これはおかしい!と声をあげ始めた事だと思います。

ホントに「あまりにひどい売国政権」ですよね〜〜〜。
かつての旧社会党の村山内閣もたいがいひどかったけど、あの時は自社公連立だったし、自民党がブレーキをかけてましたし、
日本新党の細川政権の時も「えぇえ〜〜〜」と思うようなことをいっぱいやらかしてくれたけど、
国民が悲鳴を上げる前に細川さん自身が悲鳴を上げて辞めてくれましたからね。
まだ良かったんですよね。日本がボロボロにならなかったから。
だけど、あの時には日本国民は目が覚めなかったんです。

今回の「あまりにひどい売国政権」でやっとこさ、国民の目が覚めました。
荒療治ですけど、ある意味よかったんじゃないかなって思います。

>ルーピーすっから菅の反面教師の貢献?
>。。それにしては代償が大き過ぎましたが。。。(涙)

確かに代償は大きいですね〜。
世界の日本に対する評価は地に落ちちゃいましたし。
アメリカとの関係にもヒビが入ってしまいましたし…。
今後、政権がちゃんとした政党に戻ったあとが勝負ですね。
この後の政権が大変ですよ、ホントに…。(ため息)

今年はケロケロさんとお知り合いになれて嬉しかったです。
来年もぜひ! コメントください!
どうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

Posted by えいと@ at 2011年01月01日 09:07
アロハ〜!
えいとさんの言葉、100%同感です〜!
本当にこの民主党があって、初めて本当の歴史の認識も出来ました。
私などは、全くのノンポリでしたので、目が覚めるということもないはずなのに、目覚めさせられました。(笑)
スモーキーママさん、えいとさんと同じセチュエーションです。
左思想を知っているだけに、奥の深いところまで分かるんですね〜。
2011年、日本にとってもどんな年になりますかね?
目が離せません。
真央ちゃん、頑張ってますよね。
動画みて、とっても癒されました。
Posted by モリオリママ at 2011年01月01日 09:16

>こうめさん。

>民主党には辟易していますが、
>ヤツラ(笑)のおかげで、えいと@さんとブログ友達になれたことはよかったと思っています。

わはは〜〜〜ホントですね。
ヤツラが政権をとらなくて、日本がまだのほほ〜んとしてたら、小梅さんとお友達にならなかったですね〜。
そういう意味でも感謝ですのぅ。

>日本人はバカじゃないです。
>正しい情報が伝えられれば、日本を守ろう、大事にしようと考える人々はたくさんいると思います。

そうなんですよ! これなんですね。
日本が大切だ、日本のために頑張ろう!…って思えない人は、実は正しい情報をキャッチしていないからなんですよね。
天皇のことにしても、知っていたら「天皇制はんたーい!」なんて言えないはずです。
先の戦争のことも、真実を知らないから「日本は侵略した卑怯な国でした、ごめんなさーい」っていつまでも謝り続けるのです。
この1年で、真実に気がついた人、すごく多いと思います。
日本人はけっしてバカじゃないですからね。

>ひとりひとりは小さくても、私たちのように思いがたくさん集まっていけば、きっと今の危機をのりこえられると思います。

その通り!
みんなで力を合わせたら、きっといい方向に向かいますね!
来年は(もう日本は本年になっちゃいましたね)危機を乗り越え、本当の日本の姿を取り戻す元年にしたいですね。

こうめさんのブログは、おもしろい上に ピリリとスパイスが効いててすごっく好きですよぉ〜。
来年(今年)も仲良くしてくださいね〜♪

Posted by えいと@ at 2011年01月01日 10:01

>さやーむさん。

>本当に民主党になって、この1年で日本は戦後最大のピンチを迎えましたけど、ワタシのようなごく普通〜の主婦が気づいてしまって、人生初のデモ参加までするぐらいですから、日本中で「日本おかしい!」と目が覚めた人は絶対多いはずです。

これが「民主党の最も大きな功績」だと思いますね。(笑)
よくぞここまで「売国政治」をしてくれたもんですよ。
またわかりやすいったらありませんでしたしね。(笑)
かなり痛手はくらっちゃいましたけど、まだ1年半ですし。
このままあと2年半やられたら、もうそれこそ日本はボロボロののズタボロになっちゃうでしょうけど、
まだ大丈夫! 
もっと多くの方が真実に気がついて「民主党に日本を任せてはならない!」っていう声が大きくなっていけば、
きっと日本は甦ります!

>従来の自民党政権では考えられないような「日本人パワー」が目覚めた1年だったのではないでしょうか。

あの「頑張れ日本」主催のデモには感動的でしたね!
日の丸があんなに美しいって感動しましたよ。

>ワタシはつい最近まで薄ら甘い甘い左巻き思考に浸かっていた人間

一度左巻きになった人っていうのは 実際にどんな風に考えていたかを知っていますから、矛盾点がよりいっそう理解できると思うんです。
私もね、子供の頃〜青春時代はノンポリ、で、社会に出てから左巻きになったんです。(苦笑)
きっと、私ってさやーむさんよりもやや強めの左巻きだったのだろうと思います。(笑)
まぁ、よくも一方的な知識をヤングな脳に植え付けてくださいましたよ、左翼の連中は。
見事なまでに染まりましたもん。
事実を知ったことで どんどん矛盾点に気がついたので、どちらが真実かがはっきりとわかるんですね。

>日々是勉強なんですが、えいと@さんの記事はとっても分かりやすいのでいつも勉強させていただいてます^^

ありがとうございます〜。私も日々、勉強中です。
知らないこと、まだまだたくさんあると思います。
いっしょに頑張っていきましょうね〜。

2011年は展望のある明るい1年にしたいですね!
今後も仲良くしてくださいね♪

Posted by えいと@ at 2011年01月01日 12:03

>guten-alten-zeitenさん。

>今年は沢山の方のブログやコメントを拝見出来た事で、自分にとって大変実りのある年であったと思います。
>特に自分が「日本に住む日本人である」と改めて自覚できたのが大きいです。

そうですね。
「日本人であること」これをしっかりと自覚している人って今までは少なかったと思うんです。
2009年の衆議院選挙時は、数人〜数十人のブロガーが「民主党政権の危険性」をブログで訴えていました。
それが、今ではすごい数のブログになりましたよ。
それだけ危機感を持つ人が多くなったってことです。

>ここ2〜3年、海外や国内を旅行する事が多かったのですが、海外へ行くと「日本がいかに素晴らしい国か」がよくわかるんです。

そうですね。
日本では何てことのない 当たり前のことが、実はものすごいことだった!…ってことがよくあります。
外から見るとよく見えるんですよね。
日本のいいところ、もちろん良くないところもありますが、本当によく見えます。

>歪んだ器や枯れた花にまで美点を見出す日本人、己の事より相手の事を思い遣る日本人、そんな日本がとても愛しいです。

これこそが「神道」そして「武士道」でしょうね。
悲しいことに、戦後はこの「神道」「武士道」の心を日本人の心の中から取り除かれてしまいました。
かつての日本人ほど、今の日本人はこの「神道」「武士道」の心を大切にしていません。
でも、完全に消え去ったのではないんです。
お正月を祝う心、これは「神道」です。
自分を犠牲にしてでも 人のために役に立ちたいと思う心、これば「武士道」です。
日本人の中にあるDNAが完全に消え去ることを食い止めたのでしょう。
教育を見直していけば、きっと本来の日本人の心を取り戻せると思います。

>現政権のありさまを見るにつけまず自分が出来る事を1つ1つやって行かなければと思います。

国民の声、これほど大きなエネルギーはないです。
2009年の選挙では多くの国民が騙されてしまいましたけど、もう騙される人も少なくなったんじゃないでしょうか?
小さい力も寄せれば大きくなります。
電話やFAX、メール、そしてデモに参加して国民の声を政府に届けていきましょう。

>昨日のコメントありがとうございました。事業を続けていくには大変な環境ですが、自分がしてきた事は間違っていなかったと、とても励みになりました。
>今年も頑張ります!

guten-alten-zeitenさんのところように、地道に頑張っている日本の会社、企業を全力で応援します!
お仕事に誇りを持って今後もがんばってくださいね。

BUFはあと1時間半ほどで新年を迎えます。
いい1年にしたいですね!
2011年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by えいと@ at 2011年01月01日 12:24

>reeさん。

いつもありがとう〜。
良いお年を〜♪

Posted by えいと@ at 2011年01月01日 12:29

>Ziggy さん。

>えいと@さんの記事を読ませていただくようになって、自分自身、今まであまり考えなかった事を考えるようになりました。
>うんうん、と同感したり、ほぅ、そんな考えもあるんだと勉強になったり、そして何よりも日本の歴史に関しても“真実”が知りたいと思うようになりました。

ありがとうございます〜。
そういっていただくと嬉しいです。

世の中っていろんな考えがあると思います。
いろんな考えがあって、それで成り立つ部分があるのですが、
こと日本に関しては、明らかに間違った考え、間違った歴史観が存在するんですね。
不幸なことに、間違った考え、間違った歴史観で凝り固まった政党が政権を握ってしまいました。
かつても、とんでもない政党が政権を握ったことはあるんです。
旧社会党の村山内閣、そして日本新党の細川内閣です。
この時もたいがいなことをしてくれたのですが、まだブレーキをかける力があったんですね。
それで何とか、国がおかしな方向に向くことが避けられたのです。

今の民主党政権は2009年の選挙で圧倒的多数で勝ってしまいました。
余裕で過半数を獲得したんです。
数の力ってすごいのです。ブレーキが全くかからない状況なのです。
その数の力をバックにして、民主党は次々に日本を解体するような法案を出して来ているんですね。
このままほっておくととんでもないことになってしまいます。

私たちは外国に住む日本人ですが、
祖国を思う気持ちはありますし、日本がなくなってもいい…なんてゆめゆめ思わないですよね。
大切な日本を守りたい、私はそう思いながら こういった記事をブログに綴っております。

BUFはあと1時間20分ほどで新年です。
2011年もどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by えいと@ at 2011年01月01日 12:42

>モリオリママさん。

>えいとさんの言葉、100%同感です〜!

うわ〜ん、ありがとうございます〜〜〜。100%なんて嬉しすぎます〜。

>本当にこの民主党があって、初めて本当の歴史の認識も出来ました。
>私などは、全くのノンポリでしたので、目が覚めるということもないはずなのに、目覚めさせられました。(笑)

そうだったんですか? ママさんってノンポリだったの?
そんな風には思わなかったです〜。
なんだかすごくしっかりとした考えを持っておられるし、昔からきちんと歴史観を持った方だと思っていましたよ。

>スモーキーママさん、えいとさんと同じセチュエーションです。
>左思想を知っているだけに、奥の深いところまで分かるんですね〜。

…ってことは、なんとな〜く左巻きだったってことですか?
あらら〜私と同じじゃないですか。(笑)
一時期でも左翼思想にかぶれた人(笑)って、真実を知って目覚めたとたんにすごく愛国心バリバリになってしまうんですよね〜。(爆笑)

>2011年、日本にとってもどんな年になりますかね? 目が離せません。

菅政権がどうなるか〜によるでしょうねー。
仙谷さんは辞める方向のようですけど、民主党が政権を話さない限り同じとこの繰り返しです。
人材がいないんですよ。
素人政党ですからね。。。

>真央ちゃん、頑張ってますよね。動画みて、とっても癒されました。

本当にきれいで、うっとりしてしまいますね〜。
バンクーバーオリンピックではいろいろ言われて本当にかわいそうでした。
それでも、彼女は文句ひとつ言わずに努力し続けたんです。
で、先日の選手権では堂々の2位! ホントにがんばり屋さんです。
浅田真央ちゃんは日本の誇りですね!

BUFはあと1時間ちょっとで新年ですー。
そろそろカウントダウンに出かけようかな〜。
花火があがるんですよ♪ 楽しみです。

2011年もどうぞよろしくお願いいたします。
またいろいろ教えてくださいね♪

Posted by えいと@ at 2011年01月01日 12:54
お久しぶりのコメントです〜

Happy New Year~もうそちらは新年になっちゃいましたね〜
昨年は私のブログへも遊びに来ていただいて、ありがとう。 

’真実をしらなかったから左翼だった’。。。私の旦那も同じこと言います。左寄りの人達が何故左翼なのかというのは結局 真実を知らないから、知りたくないからということに至るのではないかと。自分の国を愛していれば、真実を知る・認めるのではないか? 

人民として権威に知識を持つことは結局自分を守ることになるから大事だと思う。 今後も情報提供を期待しています。

今年も、えいと@さんご夫婦にとって素晴らしい年でありますように〜☆
Posted by もみじ饅頭 at 2011年01月01日 14:21
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。
また色々勉強させてくださいね。
えいとさんにとって素敵な一年になりますように。
Posted by コメット at 2011年01月01日 21:23
あけましておめでとうございます

さわやかな 元旦の朝をむかえました

今年も さまざまな ニュースを聞かせてくださいね

良き年を強く心にもちながら

今年も力強く 日々をおくりましょう

またね


Posted by はちきんイジー at 2011年01月02日 03:16
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

日教組の巣窟でもある山梨で小・中・高を過ごし
団塊の世代の両親を持つあたくしは嫌でも左に
染まる環境でしたわ(笑)
NHKみて朝日新聞読んで♪ みたいな。。。

性格的には中性だからジェンダーの概念には
救われたことは事実なんだけどね。

でも正直、自分がどちらかまだ分からないのよ。
日本のことそんなに好きでもないし(笑)
だけど韓国・中国は嫌いだし。
でもワールドカップとかフィギュアとかでは
熱くなって日本を応援してる自分もいるし。
あまりに厚かましい韓国・中国に嫌悪して
右に寄ってるだけかもしれないのよね。
ってか多分そうだわ。
でもきっかけは嫌韓でもそれによって勉強して
見えないことが見えてきたわ♪
えいとさん、これからもいろいろと教えてくださいな♪
Posted by もやこ at 2011年01月02日 08:59

>コメットさん。

明けましておめでとうございます〜。
今年もよろしくお願いします。

私も勉強を続けます!
知らなかった〜ではすまされませんもんね。
頑張りましょう〜。

Posted by えいと@ at 2011年01月02日 14:24

>もみじ饅頭さん。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

>’真実をしらなかったから左翼だった’。。。私の旦那も同じこと言います。左寄りの人達が何故左翼なのかというのは結局 真実を知らないから、知りたくないからということに至るのではないかと。

もみじ饅頭さんの旦那さまがそのようなことを…。(感激)
ホントにその通りなんです!
特に日本の左翼、リベラルに関してはそのものなんですよ。
どこをこう見たらそんな考えになるの?…って言うような歴史観を持ち、
日本を貶めるようなことしかしないんですね。
アメリカのリベラルとはまったく違うんです。
日本の左翼、リベラルっていうのは、アメリカにかつて存在したコミンテルンそのものです。

>自分の国を愛していれば、真実を知る・認めるのではないか? 

そうなんです、普通に考えたらそうなんですよ。
日本の左翼は日本のことが嫌いとしか思えないような発言をします。
口では「日本が大切だ」って言うんですが、そうとは思えない行動や発言があまりにも多くて…。(ため息)

>人民として権威に知識を持つことは結局自分を守ることになるから大事だと思う。 

歴史を知らないとそこから何も生まれないんですね。
歴史を知って、いい部分も悪い部分も認めて、それで反省すべきとことは反省し、いい部分は伸ばしていくようにしないと、
国は発展していきません。
今の日本はおかしいのです。
真実に目を背けている国民があまりに多いことに愕然とします。

>今後も情報提供を期待しています。

ありがとうございます。
もみじ饅頭さんの子供さんは2つの祖国をお持ちですね。
アメリカと日本。
どちらの国もいい部分、良くない部分がありますよね。歴史的にも。
子供さんが公平な目で2つの祖国を見ることが出来るようになってくれることを期待しています。

Posted by えいと@ at 2011年01月02日 14:25

>はちきんイジーさん。

新年明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします。

>さわやかな 元旦の朝をむかえました

おぉーいいですね〜〜〜。
今年もきっと、いい年になりますね!

>良き年を強く心にもちながら 今年も力強く 日々をおくりましょう

そうですね。
力強く生きていきましょうね。
ステキな1年になりますように。。。

Posted by えいと@ at 2011年01月02日 14:29

>もやこさん。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

もやこさん、お久しぶりね〜〜〜。お元気だったかしら?

>日教組の巣窟でもある山梨で小・中・高を過ごし団塊の世代の両親を持つあたくしは嫌でも左に染まる環境でしたわ(笑)
>NHKみて朝日新聞読んで♪ みたいな。。。

なるほどなるほど、そうだったのね。
もやこさんって、昔は左巻きだったのね〜。
環境って怖いわよね。
私もそーよ。就職したところが左系の強い職場でね〜。組合活動とかすごかったのよ。
そんなところにいると染まっちゃうわよね。ドップリと。

>正直、自分がどちらかまだ分からないのよ。日本のことそんなに好きでもないし(笑)

そうなの?
もやこさんって愛国心あると思うけどぉ。

>だけど韓国・中国は嫌いだし。

もやこさんのブログの「好きになれないわけ」を読んだわ〜。
確かにね、あれじゃ〜好きになれないわよね。
好きになれないんじゃなく、間違いなく嫌いになるわね。

>でもワールドカップとかフィギュアとかでは熱くなって日本を応援してる自分もいるし。

ほとんどの日本人はそうよ。
愛国心を意識してようがしていまいが、スポーツになると国民性がでるのよね。
祖国愛っていうのかしら?
自分の国が勝って欲しいって応援しちゃうわよ。

>あまりに厚かましい韓国・中国に嫌悪して右に寄ってるだけかもしれないのよね。ってか多分そうだわ。
>でもきっかけは嫌韓でもそれによって勉強して見えないことが見えてきたわ♪

きっかけって大事よね。
ふと「何で?」って思ったことで真実に気がつくことってあると思うの。
嫌韓からでも勉強を始めるうちに、日本と韓国の関係、韓国と北朝鮮の関係、韓国と中国の関係、そして日本と中国の関係もだんだんわかってくるのよね。
んで、わかってくれば、事実が見えてくるから 自ずと答えは出て来るの。
日本って、ホントにすごい国よ。
知らないでいたらもったいない。
自分が生まれた国がこんなにステキだったって知ったら、日本人でありながら反日活動するなんてありえないわ。

>えいとさん、これからもいろいろと教えてくださいな♪

こちらこそ〜。
「アメリカから〜」の方よりこちらのブログの方が更新はマメにしておりますので、
例のほとぼりが冷めてるようでしたら、またこちらに遊びに来てね♪

Posted by えいと@ at 2011年01月02日 15:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。