2010年12月23日

近代日本の偉大なる天皇陛下〜天皇は日本の宝物〜


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



前回の記事の続編です。

前回の記事はこちら ↓ をご覧くださいね。
   知れば知るほど驚きの「世界最強の天皇陛下」


前回は天皇陛下は世界最強であるという記事でした。


今回は明治維新後の近代日本の天皇について書きたいと思います。



皆さま ご存知のように慶応3年(1867年)に「大政奉還」が行われ、


第15代将軍徳川慶喜により政権の返上を明治天皇に上奏され、明治天皇がこれを勅許なさいました。


これにより260年続いた江戸時代に終止符がうたれ、


幕府の廃止が宣言され「王政復古の大号令」が発令され、明治時代が始まりました。


   meijitennou.jpg


こちら ↑ は明治天皇です。有名な写真ですよね。


明治天皇は、明治新政府、近代国家日本の指導者として絶対君主として国民から畏敬され、


日常生活は質素を旨とし、自己を律すること峻厳にされた天皇陛下であったようです。


教育熱心な明治天皇は明治23年(1890年)に「教育勅語」を下賜されました。

 【教育勅語の十二の徳目】
孝行 親に孝養をつくしましょう
友愛 兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦ノ和 夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友ノ信 友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜 自分の言動をつつしみましょう
博愛 広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学習業 勉学に励み職業を身につけましょう
智能啓発 知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器成就 人格の向上につとめましょう
公益世務 広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法 法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう
 

「親、兄弟姉妹、友人を大切にし、夫婦仲良く、人に優しく、秩序を守り勤勉であれ」


明治天皇は 国民皆がこうあるよう願われたのですね。


残念なことに大東亜戦争 敗戦後、GHQにより「教育勅語」は廃止されてしまいました。


こんなに素晴らしいこと ↑が書いてあったのに…。


今の日本人が耳を傾けるべき事がたくさん含まれている…って思われませんか?


何とかこのすばらしい「教育勅語」を復活させたいものです。


   taisyoutennou.jpg


こちら ↑ は大正天皇です。


お体が弱く、47歳と若くしてお亡くなりになったので 存在感が薄い天皇ですが、


実は国民に最も慕われた天皇陛下であったんですね。



        大正天皇(7分50秒)


こちら ↑ の動画をぜひご覧になってください。知らなかった大正天皇像を見る事ができます。


大正天皇が九条節子さま(後の貞明皇后)とご結婚されたことは、


寂しい幼少期を送っておられた陛下にとって 大変うれしいことであり、貞明皇后とは仲睦まじくお暮らしになられました。


側室を置かず一夫一妻を貫き、子煩悩で家庭的な夫、父であったそうです。


貞明皇后とのご結婚により 心身共にご健康になられた大正天皇は、皇太子時代に日本全国を行啓されています。


全国を巡啓した際には非常に気さくに国民に気軽に声をかけたりされたのだそうです。


京都帝国大学(後の京都大学)付属病院を訪れた時には患者に声をかけられ 患者が涙にむせんだという逸話も残っています。


他には移動も特別編成のお召し列車ではなく、一般乗客と同じ普通列車にお乗りになり お付きの者をあわてさせたというエピソードも残っているんですねぇ。


「普段の国民の生活を知るには 想定外の行動をするのが一番である。」


こんな風 ↑ にお考えになられていた大正天皇。


病人や貧しい人々にも目配りをされたことで そうした人々の待遇が改善されたり、


また日本全国各地に行啓されることで、皇太子殿下の訪問にあわせ 地方のインフラ整備が整ってていったという話もあります。


「気さく」で「人間味あふれる」お人柄は多くの国民に親しまれた、とてもフレンドリーな皇太子殿下であられたようですね。


しかし、明治天皇の崩御後、即位された大正天皇は、


第1次世界大戦などの国際情勢とその中における日本の立場の大きな変化によりご公務や心労のために病が悪化し、


大正15年12月25日に47歳の若さで崩御されたのです。


…いかがですか? 


大正天皇について、こんな「ほのぼのエピソード」など聞いた事がない方が多いのではないでしょうか?


そして大正天皇を誤解していた人、多くないですか? …私もその一人。すっかり誤解しておりました。


私は 上の動画を見て、そしてこれらの大正天皇のエピソードを知って感動しましたよ。


私は大正天皇がとーっても好きになりました。


   syouwatennou2.jpg


そして こちら ↑ は昭和天皇です。


激動の時代、64年間の昭和の時代に即位された 昭和天皇。


大正時代には 20歳で摂政摂政宮に就任され、病気がちであった大正天皇に代わりご公務を遂行されました。


大正天皇の崩御後、1926年に昭和となり大日本帝国は戦争の渦に巻き込まれていきます。


1945年大東亜戦争に敗戦、8月15日に国民に対してラジオ放送を通じて「戦争終結」(玉音放送)を告げられます。


昭和天皇は1945年9月27日にアメリカ大使館を訪れられ、GHQ総司令官ダグラス・マッカーサと会見されました。


 kaikensengo.jpg


こちら ↑ は有名な昭和天皇とダグラス・マッカーサとの会見時の写真です。


この写真が公開され 国民の目にとまった時、日本国民は日本が本当に敗戦したのだということを悟ったのです。


終戦直後、連合国には天皇に対し厳しい処罰を要求しようとする勢力が強かったにもかかわらず、


マッカーサーは天皇家を維持することを決定します。


なぜでしょうか…? いったい二人の間でどんな会話が交わされたのでしょうか…?


マッカーサーは、回想記にこの日の模様を 次のように記しています。

タバコに火をつけて差し上げたとき、私は、天皇の手が震えているのに気がついた。
天皇の語った言葉は、次のようなものだった。

「私は、国民が戦争遂行するにあたって、政治、軍事両面で行ったすべての決定と行動に対する全責任を負うものとして、
私自身を、あなたの代表する諸国の採決に委ねるため、お訪ねした」

私はこの瞬間、私の前にいる天皇が日本の最上の紳士であることを感じとったのである。

  昭和天皇とマッカーサー会見の時〜日本を動かした一枚の写真〜より


実は、マッカーサーは昭和天皇にお会いするまでは日本の天皇は命乞いして来るだろうと思っていたのです。


戦争や革命で国家が崩壊した場合、国王や元首は 死刑を免れるために亡命する…というのが歴史上の事実ですから。


世界中どこを見ても、国と国民を捨て 我が身の保身を望む元首や国王がほとんどなのです。


しかし昭和天皇は 我が身よりも国民の命、安全を願ってくださったのです。


それだけではなく「我が身はどうなってもよいが、国民が飢えることのないように その配慮をお願いしたい」と天皇家の債権(有価証券)を差し出されたという話も残っています。


このことがマッカーサーを感動させたのです。


天皇というのは何というお方なのだ! これこそ日本の最上の紳士、いや人類の最上の紳士だ!


そして人間宣言を行った後も 天皇陛下に対する国民の厚い信頼、敬意は全く変わる事がない、とマッカーサーは悟ったのですね。


マッカーサーは確信したのです。


日本から天皇を奪ってしまうと 日本は反乱を起こし 混乱状態となり いずれは崩壊し、米国の国益にもならないということが…。


「もしも天皇が戦争犯罪人のかどで裁判にかけられれば、統治機構は崩壊し、全国的な反乱が避けられないだろう」


そして マッカーサーは「天皇に戦争責任を追及できる証拠は一切ない」とアメリカ政府に提言したのです。


昭和天皇のお人柄が 日本を救い、天皇家を守ったのですね…!


そして昭和天皇は 敗戦後の昭和21年2月〜29年8月まで全国の各都道府県を巡幸されました。


こちらのブログ ↓ で「昭和天皇の御巡幸、復興への三万三千キロ」の文字起こしをしてくださっています。ぜひご覧になってください。感動ものです。
   奉祝 天長節(天皇陛下御誕生日) 花うさぎの「世界は腹黒い」さん


 syouwatennou3.jpg


昭和天皇の御巡幸で 天皇陛下のお姿を拝見した国民はどんなに励まされた事でしょう。


大正天皇のお優しさがしっかり昭和天皇にも受け継がれていたのですね…。



さて。


本日12月23日は今上陛下の御誕生日、天長節です。


 fheiseitennou3.jpg
        宮内庁HPより画像をお借りしました。


今上天皇・皇后 両陛下 ↑です。


なんてステキなご夫婦なのでしょう。日本の理想のご夫婦だとは思われませんか?


 天皇陛下の御誕生日を祝寿し、
   御長寿と皇国の益々の繁栄を祈願いたします。


       天皇陛下万歳! 日本国万歳!


いついつまでも天皇・皇后 両陛下がお健やかにお過ごし成られる事をお祈り申し上げます。



天皇は 日本の宝物です。


2600年以上も守られて来た日本の伝統を 今後も守っていけるように、


日本国民一人一人が 天皇が日本にとってどんなに大切な存在であられるのかを知り、


天皇陛下を敬う気持ちを持つことが大切であると思います。


そして国民みんなが 天皇陛下が悲しまれるような事をしないよう、日本人として恥じないように生きること。


これが日本国を発展させていくパワーの源になっていくのだ…と私は思います。




私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 03:34| Comment(29) | TrackBack(0) | えいと@の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本は、天皇を中心とする神の国です。

日本人には日本語があり、日本語には階称 (言葉づかい) がある。
「上とみるか、下とみるか」の判断により序列関係 (義理) を作る。
義理が廃ればこの世は闇と考えられている。

日本人は、礼儀正しい。
日本人の礼儀は、序列作法である。
序列なきところには、礼儀なし。

日本人の社会は、序列社会である。
社会の構成員は、神々と下々に分かれている。
天皇は、序列最高位の人である。

天皇の御前では、全ての国民は「わし」でもなく、「わたし」でもなく、「わたくし」である。
価値観を揃えることで、日本人は一体感を得ている。安心感を得ている。
日本語の無い社会では日本人は価値観に迷いを生じ、心身ともに疲れ果てる。

序列社会では、序列判断とその作法により、人を遇する。
礼儀作法により、人々は向上心を掻き立てられている。
学校でも生徒に「身を立て、名をあげ、やよ励め」と歌わせている。

日本人の社会は、向上心により活気を得ている。
その原動力は、序列競争である。そのための試験地獄もある。
序列人間を作るのが、日本人教育の目的である。

教科の内容は、雑学ていどのものでよい。
日本人の学校は、格差を検出するための道具立てである。
だから、日本人は、序列人間となるために日本の学校で修業しなくてはならない。
四年間、大学で遊ぶことも、また序列作りに必要なことである。
生涯の協力も序列協力でなされるからである。

意思薄弱と他力本願を伴う幼児症に罹っていて、序列の外には出られない。
英国も日本も島国であるが、島国根性になるのは日本人だけである。

移民をすれば、序列社会を出なければならない。
外国では、序列判断も序列協力も成り立たず、日本人は本来の力を発揮できない。
それで、さまよえる日系人となり、精神的な不安定さにさいなまれる。

日系人は、移民先で勢力を拡大することもなく、祖国に帰って国の柱となることもない。
我が国の天皇制は、日本人に心の安らぎを与え、仕事に励ましを与える世俗の上下観である。
我々の過去を語ることもなく、行き着く先を示すこともない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


Posted by noga at 2010年12月23日 05:16
アロハ〜!
大正天皇、本当にご病弱で在位も短かったということしか、知りませんでした。
ご病気の内容もさっぱり分からず。。
時代の変化の時期、色々なジレンマもあったんでしょうね。
特に明治天皇である父君との関係が、良くなかったというのは、お気の毒です。
伝えられることでしか、分からない後世の国民には、本当に真実の教育ということの大切さを感じます。
教育勅語も、初めて全部読みました。
私達の両親の時代にはあったものなのに。。
本当の日本を取り戻す時ですね。

Posted by モリオリママ at 2010年12月23日 07:46
大正は短かったですよね

おからだが弱かったようには聞いていましたが

こういったお話は始めて聞きました。


昭和天皇とマッカーサーとの対話も始めて知りましたね

こういう事があったんですね

昭和天皇のとった態度は とても日本人らしいきがしました

武士って そうではないですか
Posted by はちきんイジー at 2010年12月23日 09:57
曾祖母が明治生まれ、祖母が大正生まれで、祖母はすこぶる健在でして、曾祖母も私が成人してからこの世を去ったので、大正天皇が病弱で・・・と言うのは聞いてましたが、人となりについては全く聞いてなかったので、今日のを読んで心が・・・なんて言うんだろう・・・表現がし辛いけど、兎に角日本人に生まれてよかったな、と思いますね。
教育勅語についても、言われてる事は人として本来ならば当たり前の事なんじゃないかな、と思います。
これこそ今の世の中に広めたい言葉ですね。
Posted by ree at 2010年12月23日 11:40
世界最強で尚かつこんなに人格者であられる天皇陛下がこの日本国の象徴なんて、
私達日本人は幸せだと思います。

話が逸れますが、
この天皇誕生日についての新聞各社の記事を比べてみますと、
敬語が全く使われていない新聞社が目立ちますね。
いわゆる左翼反日媚中新聞ってやつです。
朝日毎日は尊敬語って知らないんじゃないかと勘違いする程ですが
中共に内部まで食いつぶされているので、意地でも「〜された」という尊敬語を使いません。いつも天皇や皇室に関する同じ記事を比べると、例えば産経を読んだ時とでは、印象が全く違って感じられます。
日本人のためになる新聞じゃ無いだろうと、こういう所からも一目瞭然。
国益よサラバ、アカく染まって残虐な独裁国家に支配して欲しいという左翼脳の方の為にはとても有意義な新聞なのでしょうね。
Posted by ケロケロ at 2010年12月23日 16:39
こんばんは、初めてお邪魔致します。
夢見る親父様からこのブログをご紹介頂きました。
米国に住んでおられてしかもお若い方と(自分よりは…笑)お見受けしますが、現在の日本への数々の御意見御提言、とても励みになり、且つ心強く感じています。
自分が小学生の頃、学校では国家斉唱も国旗掲揚もなされませんでした。同級生の中には「君が代」を知らない人もいましたよ。どうも戦前の事は何でも悪、という教育を受けたのだ と気づいたのは卒業後です。
歴史が好きだったもので沢山の本を読んでいるうちに日本の皇室は他の国には例のない稀な存在だと知りました。昭和天皇は固より明治・大正天皇を敬愛し、命に代えても護り抜こうとした人々がいて(西郷隆盛、山岡鉄舟、原敬、乃木希典、岡田啓介など数多)そういう人々に慕われた方は岡田啓介大将が云われた「玉のようなお方」だと云う事を、若い世代に伝えて行かなければならないと思っています。
明治天皇についてはドナルド・キーン氏が好著を上梓しています。海外の方には「日本の天皇」が所謂「国王」や「君主」とは全く違うと云う事を是非理解して頂きたいと思い、英語を勉強中です。
教育勅語に就いては戦中派の義父が「今の若い人に最も教えたい事だ。」と言ってますし、自分もそう思います。もう自国の歴史を真っ直ぐに見つめる時ですよね、
今日も大変読み応えのある記事をありがとうございました!
Posted by guten-alten-zeiten at 2010年12月23日 22:56
こんにちは。
明治天皇のお言葉、全く知りませんでした。
なんだか、世界がイメージする日本人のイメージの要素が詰まったお言葉のように感じました。
謙虚で勤勉、家族仲良く。
アメリカで、日本人以外の人から日本人のイメージを語られると、いつも、今の日本人は違うよ…と思っていたんですが、日本人のイメージはこの頃からこんな感じだったんだろうなぁ…と思います。
今の時代の私たちも、本来の日本人の姿に戻りたいですね。

大正天皇陛下、本当にお優しい方だったんですね。
自分の権力ばかりを誇示したい、今のバカな政治家たちにも見習ってもらいたいものです。
国を動かしたり何かの代表になったりする人は、大正天皇陛下のような本当の優しさを持ち合わせた人であって欲しいと思います。

マッカーサー、よく知りませんでしたが嫌なイメージしかない人だったんですが違うんですね…。
マッカーサーの心をも動かして下さった昭和天皇陛下は真の長ですね。
他国の長にはできない事だろうと、今、私からしても思います。
アメリカ人のマッカーサーにも理解できた天皇という存在の大切さ必要性が、なんで今、一部の日本人には分からなくなってしまったんでしょう…。
以前、「昭和天皇は戦争にGOサインを出した人。昭和天皇のせいで日本は戦争をし、広島・長崎に原爆が落ちた」と誰か大人から聞かされた記憶があります。
こうした戦後の思想が、昭和天皇を悪者に仕立て上げたんですよね…。
私たち国民の事を第一優先で考えて下さった方に、なんて失礼な言い草だったんだろう…と申し訳ない気持ちです。

一日も早く、天皇家の方々に、ストレスなく平和で穏やかにお過ごしになって頂きたいですね。
Posted by 日向夏 at 2010年12月24日 02:52
こんにちは。さやーむです。

大正天皇のことは、ご病気がちでご在位が短かかったというイメージしかなかったので、とても勉強になりました。この時代でこんな気さくな方だったとは、驚きです。

明治天皇と昭和天皇は、「軍国主義」の権化のように戦後のイメージを作られてしまいました。天皇ほど日本国民のことを思っている方はおられないにもかかわらず、それを歪めた形で子孫に伝えようとしていることが本当に悲しいです。

私自身も恥ずかしながら、つい最近になってその歪みの中で生きてきたことを気づいたのですが・・・。日本人として天皇のことを知らないことは本当に恥ずかしいことです。

さて、事後報告になりましたが、ワタクシめの今回の記事にえいと@さんのこちらの記事と前回の記事のリンクを貼らせていただきました!

【奉祝】天皇御誕生日 平成最多!一般参賀に3万人
http://blog.livedoor.jp/siamyamato/archives/1817362.html#

よろしくお願いします〜☆
さやーむ
Posted by さやーむ at 2010年12月24日 21:36

>nogaさん。

>日本は、天皇を中心とする神の国です。

歴史を振り返ると、いろんな場面で奇跡が起こっていますね。
日本は護られている、これはまさしく神の国…そんな風に感じます。

2600年以上も続いて来た日本の天皇。
これは奇跡です。
特に明治時代以降の天皇陛下は、日本にとってかけがえのない存在であったと思います。
このことを日本人は忘れてはいけませんね。

もっともっと多くの方が、天皇とは日本国民にとってどんな存在なのかをしっかり知るべきだと思います。

Posted by えいと@ at 2010年12月25日 06:27

>モリオリママさん。

>大正天皇、本当にご病弱で在位も短かったということしか、知りませんでした。ご病気の内容もさっぱり分からず。。

そうなんですよね。
ご病気がちであった…としか知らされて来ませんでした。
こんなに素晴らしいお方であられたのですね。
そして、大正天皇の民を大切に思うお優しい気持ちは、昭和天皇にもしっかりと受け継がれ、
戦後の御巡幸「復興への三万三千キロ」の旅につながっていたのだと思います。
あの御巡幸のおかげで、国民は一致団結して復興できたんです。
天皇陛下がいつも気にかけてくださっている、天皇陛下が悲しまれることのないようにがんばろう!
国民はそう思い、一生懸命に頑張ったのですね。

>特に明治天皇である父君との関係が、良くなかったというのは、お気の毒です。

明治天皇は「天皇には威厳が必要」というお考えでしたから。
大正天皇のフレンドリーな行動を許せなかったのでしょう。
でも、結果的には大正天皇のお優しさが大東亜戦争後の昭和天皇に受け継がれ、そして国が甦ったのですからね。
大正天皇、万歳!ですね。

>教育勅語も、初めて全部読みました。
>私達の両親の時代にはあったものなのに。。

こんなすばらしい「教育勅語」が戦後 廃止されてしまいました。
GHQの中にはコミンテルンが入っていたと聞きます。
共産主義にとって「教育勅語」は絶対に潰さなければならなかったのでしょうね。

教育は本当に重要です。
学問だけでなく、人間の思想を左右するほどに影響してしまいますね。
強烈な日教組教育を受けた記憶がない私でも、天皇のすごさ、すばらしさを知らないで最近まで来てしまいました。

知ることが本当に大切です。
それから始めないと日本はダメになってしまいますから…。
頑張りましょう〜!

Posted by えいと@ at 2010年12月25日 06:39

>はちきんイジーさん。

>大正は短かったですよね
>おからだが弱かったようには聞いていましたが こういったお話は始めて聞きました。

大正時代はわずか15年間でした。
こういうエピソードを知ると、大正天皇に対するイメージが変わりますよね。

>昭和天皇とマッカーサーとの対話も始めて知りましたね こういう事があったんですね

連合国は 天皇家を潰すことをほぼ決定していたのです。
そして、日本は4つに分割され連合国に統治される予定でした。
それを救ったのが天皇陛下です。
昭和天皇とマッカーサーの会談の中で、きっと本文に書いてある以上の感動がマッカーサーにあったのだろうと思います。

>昭和天皇のとった態度は とても日本人らしいきがしました
>武士って そうではないですか

そうなんです。これが「武士道」なのです。
他人のために死ねる、これなんですね。
どの国の元首、国王も自分の命が惜しくて、何とか死ななくていい方法を考えるものです。
フランス革命の国王、王妃は亡命しようとして失敗して死刑になりました。
フィリピンのマルコス大統領も亡命しましたね。
日本の天皇、昭和天皇は「国民のために死のう」とお考えになられたのです。
「自分の命よりも国民の命が大切だ」というお気持ちを持っておられたのです。
武士道そのものですね…。

こういうすばらしい方が日本の天皇であられることに誇りを感じます。
単に「象徴」であるだけではないのですね。
国民のために存在されているんです。
私たちは感謝しなければ…そう思います。

Posted by えいと@ at 2010年12月25日 06:57

>reeさん。

>大正天皇が病弱で・・・と言うのは聞いてましたが、人となりについては全く聞いてなかったので、今日のを読んで心が・・・なんて言うんだろう・・・表現がし辛いけど、兎に角日本人に生まれてよかったな、と思いますね。

同感です。
私も「あぁ、日本人でよかった!」って心から思います。
こんなすばらしい方が日本の天皇だ…ってことが誇りですよね。

大正天皇は影が薄く、いったいどんな天皇陛下だったのか、私も最近まで知らなかったんですよ。
こんなにステキな陛下であられたのですね…。
昭和天皇、今上陛下のお優しさは 大正天皇がおられたからこそであると思います。

>教育勅語についても、言われてる事は人として本来ならば当たり前の事なんじゃないかな、と思います。
>これこそ今の世の中に広めたい言葉ですね。

ホントに当たり前のことが書いてあるのです。
でも、その当たり前のことができない日本人が、今、どんなに多いことか…。
日本という国があってこその国民なのに、その意識も薄く、
親、兄弟姉妹をも大切にせず、自分のことばっかりです。
夫婦別姓などという法案に必死になっているのも、国のことを考えていない証拠です。

明治天皇は「教育勅語」を下賜されることで、
国民皆が 国を思い勤勉で優しくあって欲しいと願われたのですね。
それが国力につながるとお考えになったのです。
今の日本人にとって すごく必要なものであると思います。

Posted by えいと@ at 2010年12月25日 07:20

>ケロケロさん。

>世界最強で尚かつこんなに人格者であられる天皇陛下がこの日本国の象徴なんて、私達日本人は幸せだと思います。

本当に幸せですよね。
日本に天皇が存在することを心から誇りに思います。

>この天皇誕生日についての新聞各社の記事を比べてみますと、敬語が全く使われていない新聞社が目立ちますね。
>いわゆる左翼反日媚中新聞ってやつです。
>朝日毎日は尊敬語って知らないんじゃないかと勘違いする程ですが

私も思いました。
これね〜〜〜わざとじゃないですか?
わざと敬語を使っていないんじゃないかなと思いますよ。
今の若い人たちに「天皇陛下には敬語を使わなくてもいいのだ」と認識させるためではないかな…って勘ぐってしまいます。

それと、朝日のえげつなさにはびっくりですよ。
23日の一般参賀の様子を載せてあったのですが、
朝日新聞は、天皇・皇后両陛下のお写真の上に、中国がでっち上げた「南京大虐殺」のプロパガンダ記事をデカデカと載せているんですよ…!
いったいどんな神経しているんでしょうか…!(怒)(その新聞の様子がこちらの動画 ↓ 9分50秒あたりから)
http://www.youtube.com/watch?v=d1twP6REe18&feature=player_embedded

>国益よサラバ、アカく染まって残虐な独裁国家に支配して欲しいという左翼脳の方の為にはとても有意義な新聞なのでしょうね。

同じ日本人として悲しくなりますよね…。
いったい日本にとって何が大事なのかですよ。
赤く染まった国の国民が幸せなんですか…?…って聞きたいですね。

日本に生まれて良かったと、天皇陛下のお姿を拝見して思います。
特に近代の日本は動乱の時代。その時代に即位された3人の偉大なる天皇陛下。
そして、今上陛下もまた素晴らしいお方です。
日本人は幸せですね。天皇は日本の誇りです! 宝ですね。

Posted by えいと@ at 2010年12月25日 08:19

>guten-alten-zeitenさん。

はじめまして、ご訪問とコメントをありがとうございます。

>米国に住んでおられてしかもお若い方と(自分よりは…笑)お見受けしますが、現在の日本への数々の御意見御提言、とても励みになり、且つ心強く感じています。

ありがとうございます〜〜〜。
そんな風に言っていただくととても嬉しいし、励みになります。
あんまり若くはないんですけどね…。(苦笑)

>自分が小学生の頃、学校では国家斉唱も国旗掲揚もなされませんでした。同級生の中には「君が代」を知らない人もいましたよ。

そうでしたか…。
同じ教育現場でも、地域によってかなり差があるんですよね。
guten-alten-zeitenさんのように 国歌を習うこともなかった…歌ったことがない…という方も多いですし。
私の地域の学校は入学式や卒業式には国旗は揚がっていましたし国歌も歌っていました。
それでも自虐史観はしっかり植え付けられてしまっていたのです。教育って怖いな…って実感しますね…。

>どうも戦前の事は何でも悪、という教育を受けたのだ と気づいたのは卒業後です。
>歴史が好きだったもので沢山の本を読んでいるうちに日本の皇室は他の国には例のない稀な存在だと知りました。

大人になってから、本を読んだり、歴史に詳しい方の影響を受けて真実が見えて来た…という方が多いんじゃないかなと思いますよ。
子供の頃は習ったまんま疑うことはありませんからね。純粋ですから。
私なんて、恥ずかしながら10年ほど前にやっと気がつきました。
それまではしっかり左巻きの人間でした。お恥ずかしい限りですよ…。

戦後の教育で、日本人は歴史の真実を失ってしまいました。
天皇に関することも「象徴」としてしか教えられず、「象徴」の意味すらわからないのです。
民主党政権になって、日教組の力が戻りつつあります。
せっかく安倍元総理の時に教育改革がなされたのに、民主党はそれを壊してしまっています。
今の教育では期待できません。
だからこそ、大人である我々が真実を知らなければ…と思います。
そうでないと、若い世代、子供たちに伝えて行くことができません。

>海外の方には「日本の天皇」が所謂「国王」や「君主」とは全く違うと云う事を是非理解して頂きたいと思い、英語を勉強中です。

英語を勉強されているのですか。すばらしいですね。
外国に住んでいますと 日本の良さを感じることが多いのです。
日本に住んでいると当たり前のことが、実は当たり前ではなかった。
日本人で良かったとしみじみ感じます。
外国に住む日本人に、日本の天皇について正しく知ってもらいたいですね。
そして日本に住む日本人自身にも…。

>教育勅語に就いては戦中派の義父が「今の若い人に最も教えたい事だ。」と言ってますし、自分もそう思います。

「教育勅語」はすばらしいですよ。
今の日本人にとって必要なことが網羅されています。今こそ、甦させるべきものであると思いますね。

>もう自国の歴史を真っ直ぐに見つめる時ですよね、

そうなんです。そろそろ自虐史観から抜け出しましょうよと言いたいですね。
いつまでも自虐史観に縛られていては自信も生まれません。
歴史認識が間違っているから「日本は悪かった」と思うのです。
「日本だけが悪かったのではない!」と言い切れるようになるには、国民全員が正しい歴史認識を共有しないといけないと思います。

Posted by えいと@ at 2010年12月25日 08:41

>日向夏さん。

>なんだか、世界がイメージする日本人のイメージの要素が詰まったお言葉のように感じました。謙虚で勤勉、家族仲良く。

戦時中までの日本人はそうだったのでしょうね。
天皇陛下の教えでしたから。
戦後、少しずつ変わって来たのでしょう。

>国を動かしたり何かの代表になったりする人は、大正天皇陛下のような本当の優しさを持ち合わせた人であって欲しいと思います。

そうですね。
明治天皇のように厳格で、自分にも国民にも厳しい方も必要でしょうし、
大正天皇のように、心からお優しい方も必要ですね。
昭和天皇は、明治天皇、大正天皇の両方を持ち合わせた天皇陛下であったのだと私は思います。

>マッカーサー、よく知りませんでしたが嫌なイメージしかない人だったんですが違うんですね…。

マッカーサーは占領時代に日本に対しいろんなひどい事をしてくれましたが、
マッカーサーの立場上、仕方がなかったのでしょう。
本当だったら日本列島は4分割されて、連合国の統治下になっていたんです。
4分割ですよ…?
その中にはロシア、中国という共産系の国もあるんです。
北朝鮮のような国が日本の中にできていたかもしれないんですね…。
そして、今の時代にももめていたかもしれないのです。朝鮮半島のように…。
本当に良かったです。
昭和天皇とマッカーサーに感謝ですね。

>マッカーサーの心をも動かして下さった昭和天皇陛下は真の長ですね。
>他国の長にはできない事だろうと、今、私からしても思います。

どんな人間も「自分の身がかわいい」ものです。たとえ国王であっても…。
でも、日本の天皇は違います。
だから、戦争で「特攻隊」攻撃が可能だったのですね。
自分が犠牲になることで国を、家族を守れる、そのためにだったら死ねる。
国民の中にこういう気持ちがあったのは、日本に天皇という存在があったからであろうと思います。
武士道なんですよ、これが…。

>アメリカ人のマッカーサーにも理解できた天皇という存在の大切さ必要性が、なんで今、一部の日本人には分からなくなってしまったんでしょう…。

戦後、日本は共産系の考えに染まっていきました。
共産系、社会党系の考えは、日本に天皇は存在してはいけない…というものなのです。
だから、日本の教育から「天皇」に関することを削ってしまったんですね。
「象徴」である、という言葉だけを残して…。
教えられないことは知る由もないのです…。

>以前、「昭和天皇は戦争にGOサインを出した人。昭和天皇のせいで日本は戦争をし、広島・長崎に原爆が落ちた」と誰か大人から聞かされた記憶があります。
>こうした戦後の思想が、昭和天皇を悪者に仕立て上げたんですよね…。

そうですね。戦後の思想のせいなんですね。
昭和天皇は最後の最後まで開戦には反対をされましたし、いち早く戦争を終結させようと努力されたのも昭和天皇です。
ねじ曲げられた歴史感が、天皇陛下を戦争犯罪者に仕立て上げようとしたんです。

>私たち国民の事を第一優先で考えて下さった方に、なんて失礼な言い草だったんだろう…と申し訳ない気持ちです。

私もですよ…。
天皇陛下の存在の意味も知らず、戦争で戦って命を落とされた先人の方のことも知らず…。
何と失礼な人間であったのかと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
だからこそ、まだ知らない人に伝えていきたいのです。
日本には、天皇っていうすばらしい宝物があるのだよ…って。

>一日も早く、天皇家の方々に、ストレスなく平和で穏やかにお過ごしになって頂きたいですね。

そうなんですね…。いろんなご心労があられることでしょうね。
私の望みは、今上天皇・皇后両陛下に靖国神社にお参りしていただくことです。
それができない今の日本はおかしすぎる!
日本の元首が靖国神社に行けないなんて…普通じゃないですよね…。

Posted by えいと@ at 2010年12月26日 07:50

>さやーむさん。

>大正天皇のことは、ご病気がちでご在位が短かかったというイメージしかなかったので、とても勉強になりました。この時代でこんな気さくな方だったとは、驚きです。

大正天皇について、知らないことが多すぎますよね。
何だか封印されたかのように情報が出回っていません。
こんな風に動画にしてくださった方に感謝ですね。

明治天皇にとっては、こういう「優しさ」を表面にだすことは許せなかったのでしょうが、
大正天皇のお優しさが昭和天皇に引き継がれ、
昭和天皇の、戦後の御巡幸に結びついたのだと思います。
昭和天皇は父君である大正天皇をよくご覧になっておられたんですね。
戦後、ボロボロになった日本。
がっくりとうなだれて、希望を失いつつある国民に希望を持ってもらうには、自分が日本国中を歩いて国民を直接励ます以外に無い!
そうお考えになられたのだと思います。

>明治天皇と昭和天皇は、「軍国主義」の権化のように戦後のイメージを作られてしまいました。天皇ほど日本国民のことを思っている方はおられないにもかかわらず、それを歪めた形で子孫に伝えようとしていることが本当に悲しいです。

そうなんですよ…。
先の戦争前の日本ってものすごい「軍国主義」ってイメージがありますが、
実は、先進国と同じほどに民主主義ができあがっていたのです。
現在の方が民主主義じゃないですよ、きっと。
今のマスコミは偏った報道しかしないしね。

>私自身も恥ずかしながら、つい最近になってその歪みの中で生きてきたことを気づいたのですが・・・。日本人として天皇のことを知らないことは本当に恥ずかしいことです。

ホントにそうですよね…。
私もこんなに無知で今まで来てしまったこと、本当に恥ずかしいです。
でも、やっと気がつきました!
そして、日本における「天皇」の意味がわかり、日本の素晴らしさに気がつきました!
昔に比べて、胸を張れる自分自身があります。
「あぁ、日本人で良かった、日本に生まれて良かった」と心から思えるのです。

こんな風に思える日本人をもっともっと増やしましょう!
今からでも遅くはないです。
さやーむさん、一緒に頑張りましょうね〜!

リンク、感謝です♪

Posted by えいと@ at 2010年12月26日 08:05
初めまして。  

大正天皇については何も知らなかったので
とても勉強になりました。


昭和天皇とマッカーサーの会見については
日本ではマッカーサーを好人物に伝えていますが、
実際はそうでもなかったようですよ。

当初 マッカーサーはとにもかくにも戦争責任を昭和天皇に押し付け、すぐさま処刑をしろと言っていたそうです。 特に米人にとっては神道は邪悪な宗教であり、キリスト以外は神とは認めていないのでマッカーサーの命令に政府からの反対もなかったのですが、側近の一人が「日本人にとって天皇陛下は神です。 陛下は生神なのです。陛下を殺せば米国にもきっと災いが訪れます。 処刑はお止めになった方がいいでしょう。 あなたにイエス キリストを殺す事ができますか?」と問われて、マッカーサーは昭和天皇の処刑を中止しました。

この話は時を違えて、二人の米人から教えてもらったので、米国では結構常識なのかも知れません。

マッカーサーは昭和天皇を処刑することが出来なかったので、その腹いせに日本国憲法の1条から8条までを皇室に関する条項にし、GHQの反日教育で昭和天皇を悪役にしたてたのかもしれませんね。


えいとさんには記事を通じて、
これからも愛国心を忘れた日本人達に
警告を発して欲しいです。



Posted by 通りすがり at 2011年01月05日 04:38

>通りすがりさん。

はじめまして、ご訪問とコメントをありがとうございます。

大正天皇について、私も最近知ったんです。
すばらしい天皇陛下であられたのですね。
大正天皇のお優しい心が昭和天皇、今上陛下に引き継がれているのでしょう。

>昭和天皇とマッカーサーの会見については 日本ではマッカーサーを好人物に伝えていますが、実際はそうでもなかったようですよ。

そうですね。そういう話も聞きますね。
実際、GHQ占領下ではえげつない事が行われてましたしね。
先の戦争では、すぐに倒せると思ってた日本がものすごい抵抗をして、多くのアメリカ兵を殺しましたから。
しかも、日本が戦争を仕掛けたと思い込んでいたでしょうから(ハルノートの存在はアメリカの外務省にも秘密だったそうです)
さぞかし日本を恨んでいたでしょうしね。

昭和天皇とマッカーサーとの会談では、他にも説があるそうです。
マッカーサーは、昭和天皇と会談するまでは、昭和天皇を死刑にしようと心に決めていたんですね。
そして、日本列島を戦勝国で4分割にすることも決めていたそうなんです。
しかし、昭和天皇と会談したことで その考えが180度変わってしまったんですよ。
「イエスキリストを殺せますか」と言われたことも、死刑を取りやめた原因かもしれませんが、
日本の分割統治をすることまでもマッカーサーの判断で取りやめた…っていうことは、
天皇陛下が持つ不思議な力が働いたのではないかと言われているんですね。

そして、実はGHQには多くのコミンテルンが入り込んでいたらしいのです。
日本に共産主義の考えを徹底的に植え付けたのはコミンテルンです。マッカーサーではありません。
日本国憲法を作ったのもコミンテルンの多くが関わったと言われています。

1950年代に入ると、アメリカでは「赤狩り」が行われ 徹底して共産主義者を暴きだし、公職追放にしました。
しかし、日本にはGHQ(コミンテルン)が作り上げた「日教組」が、その後も継続して日本の教育界を牛耳る事になるのです。
そして多くの共産主義者が日本国内に野放しになっています。
その結果が、今の日本なのですね…。

左翼や共産主義者は「愛国心」を毛嫌いします。
国家は必要ないからです。
そして恐ろしい事に、今の日本の政権与党のトップが左翼の塊です。
このままではとんでもない事になりますね。
一刻も早く、多くの国民の方々に気がついてもらって、声を上げてもらいたいと思っています。

Posted by えいと@ at 2011年01月05日 14:37
こんにちは、みあもです。

先日は拙い私のコメントにお忙しい中ご返信を頂戴致しまして、有り難うございました。
お心のこもったご返信に恐縮すると同時に、私の思いがえいと@さんに届いた〜!と、感激しています。
実生活では面識のない相手とこうして繋がれるインターネットって、素晴らしいですね。

ここ数日の自衛隊をはじめ、消防隊員の方々による命がけのご活動には感謝の気持ちで胸がいっぱいです。
そして、天皇陛下のお言葉には涙が溢れました。

日本のマスコミが報道しようとしない重要な記事を、機を逃さずブログへアップして下さるえいと@さんに、多謝。。。

戦後の偏った教育によって、大切な日本のご皇室、並びに近代史の知識がごっそり抜け落ちている私達。
こちらの記事がアップされたときも

「よくぞ、とりあげて下さいました〜!!」(握りコブシ)

と一人で快哉を叫んでおりました。

米国で暮らしはじめてほぼ20年、アメリカ人が日本について最も高い関心を持ち、畏敬の念を抱くのが、<天皇陛下の存在>であると肌で感じております。
どれほど彼らが望もうと、決して手に入れることの出来ないものだからに他なりません。
これはお隣の「中○、韓○」の人々も同様で、だからこそ彼らはその存在を日本から消してしまいたい!と企んでいるのでしょう。
彼らの片棒を担ぐ「朝○新聞、毎○新聞」などもってのほかです。

天皇陛下を敬い、かけがいのないご皇室を我々日本人が一丸となって護ってゆきましょう!!
Posted by みあも at 2011年03月25日 03:10

>みあもさん。

>私の思いがえいと@さんに届いた〜!と、感激しています。
>実生活では面識のない相手とこうして繋がれるインターネットって、素晴らしいですね。

私の方こそ感激です。
インターネットってホントにすごいですよね。
お顔を知らない方からもこうやって激励のコメントをしていただける。
つながっているんだなーって思います。

>日本のマスコミが報道しようとしない重要な記事を、機を逃さずブログへアップ

いやいや、私のブログなど,微々たる力です。
地震の後、訪問くださる人数が増えランキングもやや上がりました。
少しでも多くの方の目にとまって、ちょっと考えるきっかけになったらいいなと思います。

>戦後の偏った教育によって、大切な日本のご皇室、並びに近代史の知識がごっそり抜け落ちている私達。
>こちらの記事がアップされたときも「よくぞ、とりあげて下さいました〜!!」(握りコブシ)

ありがとうございます〜〜〜。
戦後の日本の教育は本当におかしなものでした。
日本古来の天皇のことをちーっとも教えられませんでした。
私なんて、ホントにここ最近ですよ? こんなに日本の天皇って素晴らしい存在だったんだって最近知ったのです。
日本のことを思うようになった私ですら知らないことがいっぱいあるんです。
国民の多くがまだまだ「日本の天皇」について知らないのではないかと思います。
知らないから敬えないのです。
私は知って感動しました。
日本の天皇って何と素晴らしいものなのだと。
天皇を誇りに思わなかったら日本人として恥ずかしい…って思いましたよ。

>米国で暮らしはじめてほぼ20年、アメリカ人が日本について最も高い関心を持ち、畏敬の念を抱くのが、<天皇陛下の存在>であると肌で感じております。
>どれほど彼らが望もうと、決して手に入れることの出来ないものだからに他なりません。

そうですね。その通りだと思います。
これは数十年くらい努力しても手に入れることはできないものです。
だからこそ、日本人は知らなくては!
知らないってもったいないことだと思いますよね。
こんな素晴らしい宝を持ってるのに、その素晴らしさに気がつかないってことは、日本にとって ものすごい損失であると思いますね。

>これはお隣の「中○、韓○」の人々も同様で、だからこそ彼らはその存在を日本から消してしまいたい!と企んでいるのでしょう。

そうなんでしょうね。
同じアジアで場所的にも近い。
特に中韓は同じように「皇帝」を持ってました。
なのに、自分たち自身で壊してしまった。
だから日本の皇室も壊したいのでしょう。
それに乗っかってはいけませんね。

>天皇陛下を敬い、かけがいのないご皇室を我々日本人が一丸となって護ってゆきましょう!!

力いっぱい同感です!
やはり教育でしょうね。
外国がどんなに「壊してやろう」って企んでも、日本国民が「天皇」の大切さ、素晴らしさをしっかり認識していれば壊せるはずはないのです。
今は…本当に危ういです。
日本人自身の中に「必要ないじゃん」って思ってる人がいますから。
日本の中から変えていかないと…って思います。

Posted by えいと@ at 2011年03月26日 03:46
日刊短歌。
というブログで、
昭和天皇御製を読む。
という連載してます。
慢で。
Posted by 矢嶋博士 at 2012年03月27日 06:04
日刊短歌。
というブログで、
昭和天皇御製を読む。
という連載してます。
2012年3月27日も書き終えて、写真を探していて当ページにブチあたりまして、うれしくなりまして。いちど、私のブリグも覗いてみてくださいませ。真を
Posted by 矢嶋博士 at 2012年03月27日 06:08

>矢嶋博士さん。

はじめまして。ご訪問とコメントをありがとうございます。

日本の天皇のことを,今まで日本人は教育されてきませんでした。
だから、天皇陛下ってどういう存在なのか、日本にとって天皇がどれほど重要な意味を持つのか…ということがわからなかったんですね。
最近、やっと天皇陛下,皇室を理解する人が増えてきました。
嬉しいことです。

貴ブログ、訪問させていただきます。

Posted by えいと@ at 2012年03月29日 00:18
自分の命を顧みず、責任を果たす天皇陛下がいらっしゃる日本の国民は幸せもの。陛下は、国民のお手本です。
じわっと涙がこぼれます。↓

●産経オンライン 4月2日付

オピニオン「日本よ」シリーズ
石原慎太郎 天皇陛下の勇気

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120402/imp12040203120002-n1.htm

それに比べて 

●市名す売り渡す大阪・泉佐野市。国を守るために戦った英霊に唾はく行為だと思います。
日本人は、いつからこんな情けない国民になったのでしょうか?

産経オンライン 40X40
宮嶋茂樹 誇りも愛着もないんやな?
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120329/lcl12032908030000-n1.htm
Posted by NYC de OL at 2012年04月03日 09:24

> NYC de OLさん。

>自分の命を顧みず、責任を果たす天皇陛下がいらっしゃる日本の国民は幸せもの。陛下は、国民のお手本です。

ホントにその通りだと思います。
日本国民は幸せものです。
陛下は国民のお手本。
そして、陛下は国民が辛い目にあったり悲しい目にあうことに心を痛められています。
それが理解できると、陛下が悲しまれるようなことにならなうようにしよう、きちんと生きよう…って思えるんですよね。

石原都知事のコラム、産經新聞で読みました。(iPhoneのアプリで読めるんです)
ほんとに…ありがたくて涙が出ますね。
天皇陛下,万歳!

Posted by えいと@ at 2012年04月04日 03:58
両陛下英国ご訪問で、産経新聞に両陛下と会わせてもらった、恵子ホームズさんのことが出ていました。
彼女は、反日の元英国捕虜に、日本が英国人にやった行為を懺悔、その人達を日本に招待して許してもらうという活動をしているそうで、英国から勲章をもらったそうです。また、彼女は、日本に来ていろいろ自虐講演を行っているそうです。
これは、とても日本人から見ると、とても屈辱的なことです。土下座外交としか言えません。
このような活動をして、反日感情を持つ英国人が親日になったところで、全然嬉しくないです。

お口なおしに、ぼやきっくりさんのブログから、

天皇陛下訪英の裏側 
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1194.html#sequel
Posted by NY de OL at 2012年05月23日 20:00

>NY de OLさん。

>彼女は、日本に来ていろいろ自虐講演を行っているそうです。
これは、とても日本人から見ると、とても屈辱的なことです。土下座外交としか言えません。
>このような活動をして、反日感情を持つ英国人が親日になったところで、全然嬉しくないです。

私は、この女性を産經新聞の記事で知りました。
詳しくは書いてなかったので、こういう活動をしている人がいるんだ〜って思ったのですが…。
もう少し恵子ホームズ氏のことを調べてみる必要がありますね。

恵子ホームズ氏は2004年に南京虐殺記念館に出向いて謝罪をしているそうですね、
このあたりから、氏は自虐史観を持ち続け、検証をする事もせず、それを元に活動をしていると考えられます。
日本を思うからこその行動なのでしょうが…。(ため息)



Posted by えいと@ at 2012年05月28日 23:35
2チャンネルのカキコから

6 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2012/08/19(日) 12:39:28.21 ID:nFHJ/vu8i
俺のカミさんはコロンビア人、いわゆるワルい不良外国人と言われているタイプの外国人です
(以前はいかがわしい仕事をしてたけど(笑)今は食品加工のバイトをしてちゃんと税金を払ってるから元ワルですね)
彼女はまともな教育を受けて育った人ではない、貧しかったからたぶん小学校しか行けなかったはずです

今まで俺から彼女に天皇陛下や皇室の事を話した事はなかった
そんな彼女でさえ韓国大統領の今回の発言をスペイン語の新聞を読んで知った時に
普段は大人しい日本人が見せたのと同じ反応をしたから驚いた

彼女は俺に、
エンペラドール(陛下)さんは日本人の心と同じでしょう?
彼は権力者ではない、日本人はエンペラドールの心を愛してるの
エンペラドールは日本の男の良い心、エンペラドーラ(美智子さん)は日本の女の良い心と同じ
彼は神様じゃない、ジーザスやブッダと同じ心の綺麗な人、あなたわかる?

それを悪い言葉で侮辱されたらエンペラドールがかわいそう
エンペラドールを侮辱するのは日本人の心を侮辱されたと同じだからみんなが怒るの
でも怒ってるだけじゃない、本当はみんな凄く心が悲しい
綺麗な心を汚れた人間にノーと言われたから凄く心が痛いの、あなたわかる?


と言ったまま急いで着替えて外出した
帰ってきた時、どこで見つけたのか両陛下のまったり笑っている写真と立派なアンティーク風の額縁を持って帰ってきた
(かっこいい額縁は写真屋さんが両陛下の写真を飾るならこれがいい、持っていきなさいとプレゼントしてくれたそうです)

それから凄いスピードで家の隅々まで掃除をした(南米女性はなぜか掃除好きだから家の中はわりと綺麗ですが)
そして最後に壁に飾った両陛下の写真を撫でながら話しかけたり歌をうたってなぐさめていました
驚いたのは、普段はプライドの塊のような強いコロンビア女性がその時は涙を流していた事です

何かとても大切な事を普段はデタラメなカミさんに教えてもらいました
Posted by 転送 at 2012年08月24日 12:31

>転送さん。

情報をありがとうございます。

日本人以上に、外国人の方が天皇のことを良く理解している場合がありますね。
日本人はもっと天皇のことを知らなくては…と思います。
日本の宝物です、天皇は…。

私も天皇の真実を知って、心から日本人で良かったと思えました。
こんな人格者を国家元首に持つ日本人は幸せです。本当に…。


Posted by えいと@ at 2012年08月27日 02:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174578613
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。