2010年12月13日

差別って何だろう…? 差別と区別の違いを考える


皆さま、こんにちは、えいと@です。


本日もご訪問くださいましてありがとうございます。



先日、「選択制夫婦別姓法案」が強行的に国会に提出されるかもしれないという記事を書きました。

 関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
  危険な「選択制夫婦別姓法案」を民主党が強行に提出しようとしています!


この記事 ↑ で次のようなコメントをいただきました。

最初に言っておきますが、私は夫婦別姓に反対です。
その上で…素朴な疑問です。

なぜ「もともとの日本人」と「帰化した元外国人」の区別がわからなきゃいけないんですか?
私はあと2年でアメリカ市民権を取りますけど、アメリカ生まれじゃないから生粋のアメリカ人じゃない、って言われたら本当に不本意です。
そんなことで差別しないで!!!って。
こっちでは、アメリカ生まれじゃなきゃいけないのは大統領だけです。それも、アメリカ生まれなら、国のことを良くわかっているし、愛国心があるだろうから、という意味で。
(By eternatie950さん


このコメント ↑ は危険な「選択制夫婦別姓法案」を民主党が強行に提出しようとしています!の記事で、


選択制夫婦別姓の問題点として戸籍法を廃止 = 生粋の日本人なのか帰化した人間なのかあいまいになることをあげたことで こういう風 ↑ にお感じになられたのであろうと思います。


さて、ここで考えてみたいのですが。


「もともとの日本人」と「帰化した元外国人」を区別することは差別にあたるのでしょうか…?


差別って一体なんだろう…?


よく「差別をしてはいけません」といいますが、いったい何が差別で、何が差別ではないのでしょうか…?


よくわかる例では男女差別がありますね。


女性差別は「女だからという理由で不当な差別」をすることをいうのですよね。


では、その女性差別ですが、


例えば男女すべてにおいて同等にすることが「差別をしないこと」に当たるのでしょうか…?


男性と女性とでは身体の造りが違います。


女性は肉体的には男性に比べ弱いですし、


また女性には子供を産むという役割がありますよね。


これは保護されるべきものだと思います。


もし男女すべて同等にするのであれば女性保護もすべて見直す必要があるわけです。


これってかえって男女差別になってしまいませんかね…?


それとも保護だけは残して、都合のいい部分だけ男女平等にすべきだということなのでしょうか…?


同じ仕事をしているのに男女で賃金が違うなどは差別に当たるのでしょうけど、


例えば昇進に男女の差があるなどというのは本当に差別なのか、そうでないのかを検証しないと一概には言えません。


女性は結婚、妊娠、出産で仕事を辞める方が少なからず存在することを考えないといけませんよね。


結婚して妊娠、出産することで仕事の継続が難しいかもしれない人が、継続して働く人と同じように昇進させることが果たして平等なのでしょうか…?


何でもかんでも差別でくくってしまうのは問題があるのではないかと、私は思いますが、皆さまはどうお考えになりますか…?



さて、話を戻しまして…。


「もともとの日本人」と「帰化した元外国人」を区別することは差別にあたるかどうかですが…。


結論から言いますと、私は「もともとの日本人」と「帰化した元外国人」を区別することは差別にはあたらないと思っています。


外国人は外国人なんです。


私はアメリカに住む日本人です。


アメリカでは日本人である私は外国人です。


もし将来、市民権をとることになったとしても(たぶんないでしょうけどね…)生粋のアメリカ人ではないのです。


帰化をしたアメリカ人、日系アメリカ人となるんです。


どんなに長く住んでも「日系アメリカ人」であることに変わりはないと思っています。


アメリカは移民の国ですよね。


もともとアメリカに住んでいたネイティブインディアン以外は すべてのアメリカ人が移民です。


イギリス系アメリカ人、スペイン系アメリカ人、イタリア系アメリカ人、ユダヤ系アメリカ人、


他にはインド系アメリカ人、中国系アメリカ人、オーストラリア系アメリカ人、アフリカ系アメリカ人など、


移民はすべてルーツを持っているのです。


ルーツを明確にすることが差別にあたるのでしょうか…?



ところで、こちらの記事で次のようなコメント ↓ をいただきました。

アメリカも正式自己証明書類は、バースディサティフィケイト。
帰化した外国人には、誕生地証明書はありませんから、あるのはアメリカシチズン証明書。
しっかり帰化人と生粋人と区別した書類になってます。
日本は地理上、人種上、戸籍は絶対に必要な制度だと思います。
(By モリオリママさん


自由の国、アメリカでも「アメリカ生まれのアメリカ人と、帰化したアメリカ人を区別」しているんですね。


それだけではなく、アメリカって国は職業によってはどこの出身かこと細かく調べることがあるんです。


皆さま、ご存知のようにアメリカ大統領は「アメリカで生まれた生粋のアメリカ人」でないとなることができませんね。


アメリカ大統領だけでなくどこで生まれ、どこで育ったのかが影響する職種があるんです。


その場合、3代目あたりまで遡ってルーツ、バックグラウンドを調べます。


アメリカにとって友好国でない国の出身だと、就職ができない職種が実際にあるのです。


これは差別にあたるのでしょうか…?



ところで、日本という国は 帰化の要件がアメリカなどの外国に比べ大変ゆるいということを皆さまはご存知でしょうか?

こちらの記事 ↓ をご覧ください。日米の帰化要件の違いを書いています。
やるじゃないか! 日本人! 「外国人参政権に反対する国民大会」に1万人以上が集結!



 エドワーズ博美(大学講師)外国人参政権に反対する一万人大会(7分35秒)


こちらの動画 ↑ は「外国人参政権に反対する国民大会」の中でメリーランド大学講師のエドワード博美氏が発言されたものです。


「日本の帰化の要件はむしろ強化すべきである」と!


「参政権を認めない代わりに帰化要件を緩和せよ」という声が保守論者の中にあるようですが、


エドワード博美氏は安易に帰化させること、国籍を与えることの危険性を訴え、次のように述べられています。

たかだか250年の歴史しかない移民大国のアメリカでさえ、自国の歴史に誇りを持ち、国家への忠誠心、具体的には国防の義務と参政権はセットとして考え、国籍のバーゲンセール、安売りは、絶対に行わない。

2600年も連綿と続く日本が日本人としての生活習慣や文化、日本語の能力、日本の歴史や政府の仕組みに関する知識の取得、そして日本に対する忠誠心を、なぜ、新しく日本人になる人に要求できないのか。

日本が今、為すべきは、国籍取得のハードルをもっと高くするべきで、日本人、日本に忠誠を尽くす外国人にだけ国籍を与えるように法律を改正することである。



これ ↑ を聞いてどうお感じになられますか…?


帰化要件を厳しくするなんて差別だ!…って思われますか…?


私は必要な区別であり、けっして差別ではないと思いますが、皆さまはどんな風に思われるでしょうか…?



日本には戸籍というすばらしいものがあります。


戸籍があるから自分の祖先がわかるのですね。


その戸籍をなくしてしまおうとする動きがあるんです。


それが、民主党、社民党が力いっぱい押し進める選択制夫婦別姓法案です。

 関連記事はこちら ↓ をご覧ください。
  危険な「選択制夫婦別姓法案」を民主党が強行に提出しようとしています!


差別をなくそう、平等な社会に!…といいながら、


この法案を通すことで日本人が不当に差別されることにつながっていく可能性があるんです。


夫婦を別姓にし、親子を別姓にし、戸籍をなくすことが本当に日本にとっていいことなのかを考えてみて欲しいのです。


戸籍がなくなって、日本人なのか帰化した日本人なのかが わからなくなった時に、


ある目的を持って日本の国籍を取る外国人が増えたとしたら…。


日本にはスパイ防止法がないのです。


そのことをよくよく考えて欲しいのです。


国を守るためには必要な「区別」があり、それは決して「差別」ではないのだということに気がついて欲しいと思います。




     【お願い】


今回の記事に賛同いただける方は、
「第3次男女共同参画基本計画・選択制夫婦別姓に反対!」のFAX、電話をお願いいたします!


12月15日くらいまでによろしくお願いします。



与党の「国民新党」は外国人参政権のときにも頑張って反対してくれました!


今回も「国民新党」に強固に反対してもらいましょう!


  <国民新党本部 >
 〒102-0093  千代田区平河町2丁目14番7号 平河町コハセビル3階
 TEL 03-3239-4545
     03-5275-2671
 FAX 03-5275-2675
   http://www.kokumin.or.jp/opinion/
   info@kokumin.or.jp

 亀井静香
  国民新党代表
 TEL 03-3508-7145
  http://www.kamei-shizuka.net/

 自見正三郎
  内閣府特命担当大臣
 TEL 03-6550-0901
 FAX 03-6551-0901
  http://www.jimisun.com/
  jimi@jimisun.com

 下地幹郎(沖縄1区) FAX03−3508−3629
 自見庄三郎(参・比例)   FAX03−6551−0901
 亀井亜紀子(党政調会長・参・島根) FAX03−6551−1220
 森田高(参・富山)  FAX03−6551−1214
 松下忠洋(鹿児島3区) FAX03−3508−7546




自民党は参議院議員選挙で夫婦別姓反対を公約に掲げ議席を伸ばしました。


夫婦別姓の導入を意図する男女共同参画計画が閣議決定されないよう、最大野党として政府に反対するよう呼びかけてください。

 自民党 HP「ご意見」 http://www.jimin.jp/jimin/goiken/index.html
 自民党「ご意見」電話 03−3581−6211(大代表)
 自民党「ご意見」FAX 03−5511−8855(ふれあいFAX)

 自民党総裁 谷垣禎一 ↓
   FAX03−3597−0895
     http://smooth-shop.com/id/tanigaki/contents/code/inquiry?

石破茂(党政調会長・鳥取1区)  FAX03−3502−5174
小池百合子(党総務会長・比例東京) FAX03−3503−6775
安倍晋三  TEL03-3508-7172  FAX 03-3508-3602
西田昌司  TEL03-3508-8512 FAX 03-3502-8897
山谷えり子 TEL03-3508-8611 FAX 03-5512-2611
稲田朋美  TEL03-3508-7035  FAX 03-3508-3835




真の保守政党、たちあがれ日本にも頑張っていただきましょう!

 たちあがれ日本 HP「ご意見、ご要望」↓
      https://www.tachiagare.jp/contact.php
 たちあがれ日本 電話 03-3582-8111(代表) FAX 03-3582-8112 

 平沼赳夫  TEL03-3508-7310 FAX 03-3502-5084




民主党陣営には「絶対に反対!」と抗議の声を届けましょう!

 首相官邸ホームページ http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html

 民主党「国民の声」TEL 03-3595-9988[代表]
      ↑ 深夜でも留守電に吹き込めるそうです。

 民主党「国民の声」FAX 03-9535-7316 

 菅直人 FAX 03-3595-0090
 仙谷由人 FAX 03-3508-3235

 岡崎トミ子(内閣府大臣・男女共同参画担当)FAX03−6551−0415
 東祥三(内閣府副大臣・衆・東京15区) FAX03−3508−3886
 平野達男(内閣府副大臣・参・岩手)   FAX03−6551−0706
 末松義規(内閣府副大臣・東京19区)  FAX03−3508−3403
 園田康博(内閣府政務官・衆・岐阜3区) FAX03−3508−3623
 阿久津幸彦(内閣府政務官・衆・東京24区) FAX03−3508−3322
 和田隆志(内閣府政務官・衆・広島7区) FAX03−3508−3707



国民の声を政治に届けましょう!


よろしくお願いいたします!




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



私たちの日本を護りたい!と思われた方は こちらをクリック ↓ して応援をお願いいたします。

       banner1.png  にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ

ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)
posted by えいと@ at 08:32| Comment(22) | TrackBack(0) | えいと@の独り言(日本を憂う) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アロハ〜!
銀行のお話、ありがとうございました。
どこで、検索しても、答えがなくてやっと分かりました。
このときは、売上金の一部として、汚いコインをいれたので、本当だったら、受け付けるべきですよね。
それすら、受け付けないというお話でした。
新しいものとの交換は、してくれないんですね。

全て同感です〜!
区別と差別の違い、本当に都合よく使おうとする勢力がいるので、恐ろしいです。
差別といえば、何でもまかり通るような。。
アメリカも、差別という言葉に敏感ですが、日本は差別という言葉に弱いと感じます。
区別を差別と利用されないよう、自国民はしっかり判別する能力が必要ですね。
今回の記事も、とっても有意義で興味深い内容でした。
Posted by モリオリママ at 2010年12月13日 13:41
えいと@さん

お久しぶりです。こうめです。
今回のエントリー激しく同意です。
区別と差別は全く違いますね。
日本人は、「差別だ!」といわれると「うっ」と思考停止してしまう方が多いのですが、冷静に「あほか差別と違うわ」と反駁するスキルを身につける必要があると覆っています。
人類みな兄弟で国の境もなく紛争もないのであれば、この区別はいらないのかもしれませんが、現状世界はいつでも戦争が起こりうるし、仮想なり現在進行形なり敵国は存在します。身元を明らかにすることで、無用な軋轢や疑心暗鬼を排除し、円満な社会生活を送ることができます。例えば見た目バリバリ外人なのに、日本人です!と言ったら誰もがその出自に興味を持つでしょう。それを説明し、さらに国がその人の帰化を許可したことで危険人物ではないと証明してくれたことになるわけです。そして何年もルーツを記録し保管してくれるのだから、これがなくなったら、社会的な後ろ盾なく放り出されるのと同じ事ととらえたほうがよいと思います。

逆に区別されたら何の不都合があるのかワタクシはそれが知りたい。
Posted by こうめ at 2010年12月13日 17:22
えいと@さんのおっしゃる事に同感です。
差別と区別は違うと思いますし、帰化しても、やはり帰化した外国人なんですよ。
私もここで生涯を過ごすので、いつかは市民権を取りますが、それでもやはり自分は日本人だと胸を張って言いますよ。
市民権を取ると言う事は、その国においての責任を担う事と思います。
責任を担う事で国からも守ってもらう。

私も差別に関して軽く書きましたが、それとは客にね、日本人ってすごいですよ。
ご先祖様が努力して下さったお陰で、日本人は勤勉であり、真面目だ、って言われてますもん。
ただし、真面目過ぎて融通が利かないって点もあるようですが。
なので日本人は信用度はすごく高いんですよね。

平等についても同感!!
平等にと主張するのなら、産休&育休だってないのが当たり前。
子供の行事ごとで欠勤や早退は許されなくなりますよね。

Posted by ree at 2010年12月14日 00:15
こんにちは、さやーむです。

「区別」自体には何の問題もありませんよね。ただ、「差別」という言葉は「区別」したものに対して人間が「マイナスのレッテル」を貼って、それが一人歩きしていくところに怖さがあると思います。
またそれを利用しようとする人たちが多いのも現実ですしね・・・。

私がタイに住んでいたとき、これは「外国人差別だ!」と思ったことがありました。それは「外国人料金」です!有名な寺院などには必ずこれが設定されていて、タイ人は無料とか10バーツだったりするのに、外国人は200Bだったりします。まあ、彼らからしてみれば所得の高い外国人が多く払うのは当たり前だという「区別」から来ているのでしょう。
でも、当時ワタシは貧乏学生だったので、タイ人の友達の陰にかくれて、タイ人値段で入場しましたけど(笑)。

日本の街頭で配られているビラなどで「差別反対」「平和な社会を」「人権第一」みたいな文言がよく使われていますが、私は要注意ワードはこの「差別」「平和」「人権」の3つじゃないかなあと感じています。
どれも人間の心の弱い部分に訴えかける言葉ですし、よくよくその言葉の本当の意味と使われ方を自分で考えないと、まんまとあっちの思うつぼということにもなりかねませんからね!

さやーむ
Posted by さやーむ at 2010年12月14日 00:25
小中学校ではしきりに差別教育をやってましたね。あれは好かんでした。

極端な例を見せて「差別はいけません」と声高に言いますが、実のところ「差別」言葉の定義がはっきりしていない。どのようにでもとらえられる。「差別が不当かどうか」を議論すべきところを、「差別かどうか」を議論している。

「差別」という言葉が「人を不当に糾弾するツール」になっていると思います。マスコミが多用して小中学校で習った言葉ではそれが多いですね。

差があるのだから別にしないと混乱や不都合が生じます。(上下関係じゃなしに単に差です)
Posted by かげ at 2010年12月14日 02:08
えいと@さん、こんにちは。
差別と区別、実際には難しいですね。グレーな部分が個人の利害や認識にかなりの乖離がありますからね。

私は田舎出で、各駅駅に点在する集落には必ずと言っていいほど部落(同和)がありました。高校のホームルームでこの「差別と区別」を話し合ったものです。
私は高校時代、2回謹慎処分にあってます。一つは文化祭後のクラス会で飲酒したことです。もう一つは喧嘩ですが、構内で一年先輩を殴ったことなんですが、相手がこの部落の出身だったんですが、まあ、何とかおさまりました。私にも多くの同和出身の友達がいますよ。
今でも田舎では心理的な差別は残ってますね。ちょっとしたことでも部落の人たちは集団で個人を攻撃します。それが怖くて控えめにしていますが、勿論いい人達も沢山います。今は同和会が強く、逆差別かも知れません?

今でも在日朝鮮、韓国人、在日中国人、そして同和の人達が従来からの差別の対象になっている訳ですが、今の時代、本人次第で社会から尊敬を受けたり、豊かに暮らすことが出来るわけでから、本人の考え方一つだと思ってます。
アパルトヘイトは何が問題か言えば、差別そのものが法律になっていることだ・・と聞いたことがあります。

日本に帰化すると言うことは、日本に忠誠を誓うことで、極論すれば、国家の為に命を捧げることです。
それさえ、出来ていれば日本人として受け入れられるのではないでしょうか。昨今の外国人犯罪や日本国籍を私利私欲の目的にしている風に見られるから差別がおきるんです。「差別と区別」は言論封鎖に繋がり、言語の多様性を阻害する恐れがあります。これが怖いですね。



Posted by 夢見る親父 at 2010年12月14日 03:32
私も、激しく激しく同感です!
私も差別について自分のトコで書こうかと思った事が何度もありましたが、私が言いたかった事、全てえいと@さんが書いてくれましたー!!

自国を守る為に、生粋の自国民と帰化した自国民を区別する事は必要だと私も思います。
万が一私がアメリカに忠誠を宣言して帰化しても、私の心は日本人であり続けると思いますし、それがアメリカに不利益をもたらさないとも言いきれません。
だから、もし私が当事者なら区別して頂いて結構だと思っています。
日本人は帰化した先の国のルールや文化を受け入れようと努力する人が多いですが、そうでない国の人もたくさんいますし…。

日本人への帰化要件は、私も甘過ぎると思っていました。
以前、北欧の帰化条件について調べた事があるんですが、デンマークは昔移民を受け入れ過ぎて治安が悪くなり、現在は帰化どころか新規の移住は認めていないそうです。
デンマーク人と結婚しても居住許可のビザはなかなか下りなかったり、2010年からはデンマークのテストに合格しないとそもそも結婚ができないそうです。
徹底的に外国人の入国を制限し、自国民を守っているとの事でした。
ちょっと厳し過ぎるな…と思う所もありますが、私は羨ましいと思いました。
それだけ真剣に自国を守りたいと政府が思ってくれているなんて、羨ましいですよね。

ヨーロッパでも、最近は閉鎖的な動きが出ていますよね。
イギリスでも永住権の新規発給や更新の際に、生粋のイギリス人でも答えられないようなイギリス人テストがあったり、フランスもビザ関係は厳しいと聞きました。
もちろん、アメリカもどんどんとビザ関係が厳しくなっていますし。

それに比べて日本は…。
不法入国や不法滞在をしても、たった数年でまた入国できたり、先日のペルー人親子のような特例を認めたり…。
開国にもほどがあるだろうと思います。

日本に対し、「鎖国をやめて開国しろ!差別だ!」と叫んでいた国々が、まさに日本がしてきた事をし始めています。
それに比べて、反対に開国しまくり始めてしまった日本…。
日本の入国制限は甘過ぎる!その上帰化条件も甘過ぎるのに、まだまだ甘くしようとしてるなんて、バカげていると思います。
デンマークの記事を読みながら、日本の行く末だと思いました。

何でも「差別だ!」と言って区別しない事を選んできた国々が、それは間違いだったと証明しているのに、今更“国際化”などと言ってその間違った国の後を追おうとしている日本の政治家は、やっぱり世界が見えていないんだな…と感じます。
今こそ世界の本当の姿を見るべきなのに…。
Posted by 日向夏 at 2010年12月14日 03:49
差別と区別ということが、一体比較になるのか
否か〜これは不明ですが・・
日本人の帰化条件を厳しくするのには賛成です。
当然のことですよね。
Posted by みどり at 2010年12月14日 07:05

>モリオリママさん。

>売上金の一部として、汚いコインをいれたので、本当だったら、受け付けるべきですよね。それすら、受け付けないというお話でした。

えっ! それはおかしいですね。
売り上げとして口座に入れるお金は、たとえ汚いコインだったとしても流通している貨幣なんだから銀行は受け取るはずなんですけどね…?
交換は無理ですが、いったん入金し、その後に出金という形だと受け付けてもらえるはずだと思うんですけど…?
うーん…何だったのでしょうねー?


>区別と差別の違い、本当に都合よく使おうとする勢力がいるので、恐ろしいです。差別といえば、何でもまかり通るような。。

そうなんですね〜。
確かに「区別」「差別」の違いは何ゾエ?…って言われたら曖昧な部分はありますよね。
「区別」されたことで不利益を受ける人にとっては「差別だ!」って思う場合もありますしね。

>アメリカも、差別という言葉に敏感ですが、日本は差別という言葉に弱いと感じます。

そうですね。
アメリカでは人種、性差、年齢による差別には敏感ですよね。
アメリカで定年がないのは「年齢による差別をしてはいけないから」だと聞きました。
定年を一律に何歳って決められるより、自分で決められるっていうのはいいことでしょうけど、
それによって若い雇用を阻害している…って現実もあるんですよね…。

日本は「差別だ!」って言われると震え上がってしまいますね。
別に差別しているつもりではないのに「差別している」って言われると、とりあえず謝っておけばいい、要求をのめばいい…っていう風潮がまだまだあります。

>区別を差別と利用されないよう、自国民はしっかり判別する能力が必要ですね。
>今回の記事も、とっても有意義で興味深い内容でした。

ありがとうございます。
なかなか難しい問題ですけど、いつまでも日本は卑屈になっている必要はないんだと言うこと、
日本を、国を守るためには必要な「区別」があって、
それはけして「差別」にはあたらないんだということを しっかり認識するべきだと思っています。

Posted by えいと@ at 2010年12月14日 07:30

>こうめさん。

>区別と差別は全く違いますね。
>日本人は、「差別だ!」といわれると「うっ」と思考停止してしまう方が多いのですが、
>冷静に「あほか差別と違うわ」と反駁するスキルを身につける必要があると覆っています。

そうなんですよね。
日本人って、よくよく考えたら 別に差別してるわけではないのに「それは差別だ!」って言われると思考停止してしまいますよね。
なんでこんな風になっちゃったんだろう〜って考えたら、やはり「自虐史観」に到達するような気がするんです。
先の戦争に敗戦し、日本が悪かったとずーっと教育されて来た。
朝鮮半島やその他のアジアの人々に対して、何だかものすごっく悪いことをして来たって思い込まされて来たことで、
「差別だ!」って言われると首がくすんでしまう…そんな風になっちゃったのではないかなって思うのですね…。
冷静に「あほか差別と違うわ」と反駁するためには、自分の国に誇りが持てないと無理なのかなぁ〜って思ってみたりするんです。

>人類みな兄弟で国の境もなく紛争もないのであれば、この区別はいらないのかもしれませんが、
>現状世界はいつでも戦争が起こりうるし、仮想なり現在進行形なり敵国は存在します。

そうなんですよね〜。
日本って「性善説」で物事を考えるんですよね。まさか、そんな悪いことをする人はいないでしょ?…って考えです。
そんなことありません。
世界は腹黒いんですよ…。
スキがあったら悪いことを企む、そんな人ばかりではないけれど、そういう外国人が多いのが現実です。

>身元を明らかにすることで、無用な軋轢や疑心暗鬼を排除し、円満な社会生活を送ることができます。

そうなんですよね!
かえって、きちんと身元が分かってる方が安心しますよね。
そして、帰化した日本人は、全員 日本に忠誠を誓っている人であること、
なんかあったら日本のために命をかける覚悟でいてくれる人ばかりであること、
日本が大好きで、日本の文化や習慣や伝統を大事にしたいと思ってくれる人であること、
帰化した外国人がそういう人ばかりだと疑心暗鬼はなくなるのです。
今の日本の帰化の要件では「スパイするために日本人になる」人が存在する可能性があるわけですしね。

>何年もルーツを記録し保管してくれるのだから、これがなくなったら、社会的な後ろ盾なく放り出されるのと同じ事ととらえたほうがよいと思います。

その通りだと思います。
戸籍をなくすなんてありえません! そういう政策を推し進めようとする政党を支持することなんてできませんよね。

>逆に区別されたら何の不都合があるのかワタクシはそれが知りたい。

そうそう! そうなんですよね! 私も知りたいです〜〜〜。
ホント、何の不都合があるのよって聞きたいです。
怪しいことを考えていない限り、どこが出身かなんて問題にならないはず。
私も、もしアメリカに帰化することになったら(ないとおもいますけどね、ホントに)
堂々と「元日本人でした!」って言いますよ。「私は日系アメリカ人です!」とね。

Posted by えいと@ at 2010年12月14日 07:47

>reeさん。

>差別と区別は違うと思いますし、帰化しても、やはり帰化した外国人なんですよ。
>私もここで生涯を過ごすので、いつかは市民権を取りますが、それでもやはり自分は日本人だと胸を張って言いますよ。
>市民権を取ると言う事は、その国においての責任を担う事と思います。責任を担う事で国からも守ってもらう。

その通りだと思います。
もともと外国人である人間が、よその国の国籍を取る…ってことは、
その国に忠誠を誓うことなんですね。
あなたの国に迷惑をかけません、あなたの国のために一生懸命に働きます。
だから国民として仲間にしてください…ってことなんですよね。
もともとの国民と、新たに国民になった人間と何でもかんでも同じすることが平等とは思いません。
「区別」は必要ですし、その「区別」はけして「差別」ではないと思います。

>日本人ってすごいですよ。
>ご先祖様が努力して下さったお陰で、日本人は勤勉であり、真面目だ、って言われてますもん。
>ただし、真面目過ぎて融通が利かないって点もあるようですが。なので日本人は信用度はすごく高いんですよね。

私も感じます!
日本人だってわかると、急にフレンドリーになるアメリカ人がけっこういるんですよね。
我々の祖先がアメリカで一生懸命に生きてこられたからだろうと思います。
感謝ですね! 
だからこそ、私たちも後世のために「日本人として恥じないような生き方」をしたいなって思っています。
自分の行動が「日本人の行動」としてみられるのだということを肝に命じ、恥ずかしくないように生きなきゃって思うのです。

>平等についても同感!!
>平等にと主張するのなら、産休&育休だってないのが当たり前。子供の行事ごとで欠勤や早退は許されなくなりますよね。

同感です。
保護はしっかり請求しておいて、その他のことはすべて男女平等ってありえませんよね。
男性と女性は違うんですから。
「不当な差別」とはいったい何であるのか、けっしてひとくくりにはできない問題であると思います。

Posted by えいと@ at 2010年12月14日 09:13

>さやーむさん。

>「差別」という言葉は「区別」したものに対して人間が「マイナスのレッテル」を貼って、それが一人歩きしていくところに怖さがあると思います。
>またそれを利用しようとする人たちが多いのも現実ですしね・・・。

そうなんですよ。
実際のところ「差別」と「区別」は一体どう違うのかわかりませんよね。
「区別」されたことを「差別」されたと受け取る人がいると、それは「差別」になってしまうのですから。
この「差別」はけっこう利用されていると思います。
特に日本では「差別された!」って言うと要求が通ってしまう傾向がありますからね…。

>「外国人料金」です!有名な寺院などには必ずこれが設定されていて、タイ人は無料とか10バーツだったりするのに、外国人は200Bだったりします。

あぁ、ありますね〜。
中国でも同じことがあるって聞いたことがあります。
レストランで、中国人用のメニューと外国人用のメニューがあって、メニューの中味は同じなのに価格が全く違う…っていうものです。

>まあ、彼らからしてみれば所得の高い外国人が多く払うのは当たり前だという「区別」から来ているのでしょう。

そうですね〜。
これは貨幣価値の感覚の違いっていうことでしょうね。
同じ金額でも、タイ人と外国人の貨幣価値が違うわけです。
外国人は200バーツ払っても寺院を観光したいって思うのに対し、タイ人は200バーツなんてとても高すぎて寺院には行こうと思わないのでしょう。
これは発展途上国によく見られる傾向ですよね。
逆に、先進国ではありませんよね。
日本やアメリカ、欧州では、発展途上国の外国人は観光地の入場料を安くしますよーってのはないですよね。
これって差別なんでしょうかねぇ〜? うーん。。。ちょっとわかんなくなって来ちゃいました。(苦笑)

>日本の街頭で配られているビラなどで「差別反対」「平和な社会を」「人権第一」みたいな文言がよく使われていますが、私は要注意ワードはこの「差別」「平和」「人権」の3つじゃないかなあと感じています。
>どれも人間の心の弱い部分に訴えかける言葉ですし、よくよくその言葉の本当の意味と使われ方を自分で考えないと、まんまとあっちの思うつぼということにもなりかねませんからね!

そうですね。
「人権、平和、平等」このキーワードは要注意ですよね。
だれでも「人権は大事だし、戦争はイヤ、平和がいい、不平等な差別のある社会はイヤだ」って思います。
これらの言葉は、きちんと両面から見て考えないと左翼の思うつぼにハマってしまいますよね。
ホントにこういう言葉には騙されるのですよね〜〜〜。ホント要注意ワードですね。

Posted by えいと@ at 2010年12月14日 09:33

>かげさん。

>極端な例を見せて「差別はいけません」と声高に言いますが、実のところ「差別」言葉の定義がはっきりしていない。
>どのようにでもとらえられる。「差別が不当かどうか」を議論すべきところを、「差別かどうか」を議論している。

そうそう! そうなんですよね〜〜〜。
「差別」の定義がはっきりしていないし、状況によって「差別」にあたるのかどうかさえ微妙なのに、
すぐに「差別だ!」と被害者になったかのように言うのです。

>差があるのだから別にしないと混乱や不都合が生じます。(上下関係じゃなしに単に差です)

ここ最近の教育は、かげさんが受けていた時よりももっとひどくなっているようですよー。
何でもかんでも平等。
学芸会で主人公の王子様やお姫様が何人もいるような劇を発表させるんですって。
お姫様や王子様になれなかった児童がいると不平等なんですって。
脇役はかわいそうなんだそうです。
運動会もかけっこをせーのでゴールさせる。
競争させないんです。
ビリになった子供がかわいそうだからですって。

差があることを「差別」だととらえるんですよね。
負けたことで「くやしい!」って思い「次は頑張ろう!」って気持ちになる。
それが自然なのに、その「差」すら否定するわけです。

>「差別」という言葉が「人を不当に糾弾するツール」になっていると思います。マスコミが多用して小中学校で習った言葉ではそれが多いですね。

これの最たるものが「人権擁護」ですね。
「差別」とは思えないようなことまで「差別」であるとこじつけ、糾弾して行くのです。
恐ろしい話ですよね。。。

Posted by えいと@ at 2010年12月14日 09:43

>夢見る親父さん。

>差別と区別、実際には難しいですね。グレーな部分が個人の利害や認識にかなりの乖離がありますからね。

そうなんですよね。。。
受け取る側によって、同じことでも「差別」とは感じる人と感じない人がいますから、本当にグレーゾーンで難しいですね。

>私は田舎出で、各駅駅に点在する集落には必ずと言っていいほど部落(同和)がありました。高校のホームルームでこの「差別と区別」を話し合ったものです。

私の育った地域もありましたよ。
小学校〜高校までけっこう同和教育に力を入れた学校でした。

>今でも田舎では心理的な差別は残ってますね。ちょっとしたことでも部落の人たちは集団で個人を攻撃します。それが怖くて控えめにしています

私は同和地区の人たちがみんながみんな悪い人だとは思っていません。
でも、子供の頃は同和地区の人たちを「何となく怖い人たち」っていう風に思ってました。
なぜか…。
それは、夢見る親父さんが書かれているように「集団で個人を攻撃する」ことがあるからなんですね。
集団で攻撃をして来るから、もし怒らせたりトラブルが起こると厄介だ。
できるだけトラブルがないように関わらないでおこう。
…これが部落差別の根本的なものだと思うのです。
別に表立った差別は誰もしていないんです。
でも「トラブルになったら厄介な存在」であると思うことが「差別」にあたると、被差別部落の方々は言うのです。

この「差別」を利用する人間もいるんですね。
それは部落解放同盟による数々の利権です。
ところで、元八尾市議会議員の三宅博氏って方をご存知でしょうか?
三宅氏は、だれもメスを入れることができなかった同和利権にメスを入れた勇気ある県会議員です。
「差別」を利用した特権がある部落解放同盟の問題に取り組んでおられるんですね。
http://www.youtube.com/watch?v=le-6h3MWU44&feature=player_embedded(9分58秒)
http://www.youtube.com/watch?v=ILemCBGpYso&feature=player_embedded(7分14秒)
お時間があったらこちらの動画 ↑ をご覧になってみてください。


>日本に帰化すると言うことは、日本に忠誠を誓うことで、極論すれば、国家の為に命を捧げることです。
>それさえ、出来ていれば日本人として受け入れられるのではないでしょうか。

その通りだと思います。
もともと外国人である人間が、日本の国の国籍を取る…ってことは、
日本に忠誠を誓うということなんですね。
日本の文化、習慣、伝統を尊重します。日本の国に迷惑をかけません、日本のために一生懸命に働きます。
だから国民として仲間にしてください…ってことなんですよね。
そう思う人間でなければ帰化を許すべきではないのです。
今の日本の帰化の要件はおどろくほど簡単です。
反日感情を持ったままでも 帰化申請の時だけそれを隠せばいいのです。書類さえそろっていれば申請が通るのが日本です。
これではいけないんじゃないか…と思うのですね。

>昨今の外国人犯罪や日本国籍を私利私欲の目的にしている風に見られるから差別がおきるんです。「差別と区別」は言論封鎖に繋がり、言語の多様性を阻害する恐れがあります。これが怖いですね。

そうなんですね…。
すべての外国人が悪いことをするわけではないけれど、悪いことをする外国人がいる限りハードルを高くしておく必要はあるわけです。
しかし、悪いことをしない外国人にとっては「ひとくくりにするな、差別するな」ってことになってしまうんですね…。
「人権擁護法案」が通ってしまうと、それこそ正当な指摘や批判すら「差別」と受け取られてしまう可能性があるんです。
言いたいことも言えなくなってしまう、つまり言論封鎖ですよ。
この「差別」っていう言葉を利用して、逆に日本人が差別されることになってしまう可能性があるんです。
怖いことですよね…。

Posted by えいと@ at 2010年12月14日 10:35

>日向夏さん。

>万が一私がアメリカに忠誠を宣言して帰化しても、私の心は日本人であり続けると思います

そうそう! そこなんですね。
オリジナリティってすごく大事だと思うのです。
たとえ帰化したとしても、自分の祖国を大切に思うのが普通ですよね?
自分のひいおじいさんか、ひいひいおじいさんの時代に移民して来たアメリカ人の方が「自分の祖国はどこどこだ」って誇りを持って言いますから。
アメリカ人になって、アメリカのために、家族のために一生懸命に働いていても、
祖国を大切に思う気持ちってあると思うんですよね。

>もし私が当事者なら区別して頂いて結構だと思っています。

私も同じ考えです。
区別されることがどうしてイヤなのでしょうね…。
区別をしないことは、かえって祖国を無視されてしまうことで、私だったらイヤですけどね…。

>日本人への帰化要件は、私も甘過ぎると思っていました。

ですよね…。
今でも十分甘いのに、さらに甘くしようとする動きがあるんですよ。
もう、日本をどうしたいのよ…って思います。

デンマークのお話、勉強になりました。
そうなんですよね。
欧州って、デンマークの他にも移民を受け入れていた国が多かったですよね。
でも、過剰な移民政策が国の存続を脅かすことにつながっていると気がついたんです。
いつまでも同化しない異民族。
国を守るためには移民の制限をしなくてはダメだということに気がついたんですね。


ところでスイスはすごいですよ。
犯罪を犯した外国人は国外追放強化が承認されたんですって。↓

「スイスには現在、人口の21.7%に当たる170万人 の外国人が住んでいる。
従来、スイスの外国人融和政策は、ヨーロッパ諸国の中では成功している方だといわれてきた。
しかし近年、旧ユーゴや、シェンゲン協定の「人の往来の自由」によりルーマニアなどの東欧からの移民など、スイス社会に溶け込まず犯罪に走る外国人の数が急増。
実際スイス全土の刑務所で外国人犯罪者は約7割を占める。
こうした状況の中、右派の国民党 ( SVP/UDC ) が、外国人犯罪者の国外追放のイニシアチブ ( 国民発議 ) を提出した。
一般にイニシアチブとは憲法の条項の改正を目的に発議を行うことだが、今回国民党は現行の条項を強化する、「罪、( 特に殺人、性犯罪、麻薬及び人身売買、強盗など ) を犯した外国人、または社会保障 を悪用した外国人の滞在許可証をすべて自動的に取り上げること」を主張した。
これに対し、「外国人犯罪者を自動的に国外追放」という点に特に反対する政府と連邦議会は、このイニシアチブに対抗するプロジェクトを提案。
「犯罪の程度を考慮に入れ、ケース・バイ・ケースで判断して国外追放を決定」し、さらに外国人のスイス社会への融和政策も盛り込んだ。
その結果、外国人犯罪者の国外追放イニシアチブが52.9%の投票者の賛成と、全26州のうち17州と1準州の賛成で可決された。」
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=28901270

スイス! 強いっ!
日本もこれくらいの強さが欲しいですよねぇ〜〜〜。

>それに比べて日本は…。
>不法入国や不法滞在をしても、たった数年でまた入国できたり、先日のペルー人親子のような特例を認めたり…。開国にもほどがあるだろうと思います。

ホントですよ。。。
ペルー人親子の特例は絶対に認めてはいけなかったのです。
日本へ違法に不法入国をしたとしても、子供を日本で生むと許されるという前例を作ってしまいました。
子供を立てにしたら法律を破っても何とかなる…っていうことです。
こんなことがまかり通ってしまうと、「日本は子供さえ作ったら何とかなる甘っちょろい国だ」ということになり、悪用されるケースが増えてしまいます。
きちんと法にのとって処分することが「差別」なのでしょうか…?

>何でも「差別だ!」と言って区別しない事を選んできた国々が、それは間違いだったと証明しているのに、今更“国際化”などと言ってその間違った国の後を追おうとしている日本の政治家は、やっぱり世界が見えていないんだな…と感じます。
>今こそ世界の本当の姿を見るべきなのに…。

ホントにね、日本ってクローバル、グローバルって言うくせに、
世界のことをちっとも見ていないんですよね。
先の戦争でも、アメリカに住み、アメリカをしっかり見た日本人、山本五十六氏や栗林忠道氏は最後の最後までアメリカと戦争をすることに反対しました。
実際にアメリカを見て、戦争すべき国ではないと身をもって知っていたのです。
世界をしっかり見ないと方向を誤るってことは歴史が教えてくれているのに、
日本はどうして歴史を教訓にしないのでしょうか。
悲しくなってしまいます…。

Posted by えいと@ at 2010年12月14日 11:36

>みどりさん。

>差別と区別ということが、一体比較になるのか否か〜これは不明ですが・・

まぁ、そうですね。
「差別」と「区別」っていったい何がどう違うのかって議論は 答えが出ないと思います。
今回は、あえて「区別」って言葉を使いましたけど、
要は「何でもかんでも差別でくくってはダメなんじゃないか」ってことが言いたかったのです。
戸籍をなくすこと=日本国民 皆平等…って考え方には断固反対したいと思っています。

>日本人の帰化条件を厳しくするのには賛成です。

そうですよねぇ〜。
せめて、アメリカ並みにして欲しいな〜と思いますね。

Posted by えいと@ at 2010年12月14日 12:02
差別なんていい始めたら何でも差別になります。
それは受けての感受性の問題にも左右されるので、実に曖昧です。
しかし多くの人は区別と差別を勘違いしていますよね。
えいと@さんのご説明は大変わかりやすい。
日本は65年の左教育のおかげで「韓国人」「朝鮮人」と言うだけでも
後ろめたさを感じるようになっています。
明らかに常識ハズレな行為を見かけても韓国人だと言うだけで注意を躊躇ったり。
なんだか常に後ろ暗い部分が見え隠れなんですよね。
初めから屈折した視点で論議をするから、婚姻で氏名が変わるのが差別だとか
ジェンダーフリーだとか、わけのわからない論議に飛ぶのです。
いくら平等を唱えても生物的に無理なものは無理なのです。
だったら性差を認識し、お互いに出来ること出来ないことで協力する方が建設的ですけどね。
議員のオバサンは見た目も男みたいで、もう十分ジェンダーフリーですけど。
それ以上望むなら性転換でもするしかありません。
少々話しは飛びますが、アメリカは有事の際の救助の順番が決まっているのです。
1、アメリカ人 2、アメリカの市民権がある者 3、英・豪などの主に白人国 4、その他です。
国ってこういうものじゃないでしょうか?
日本は日本国民を一番後回しにしても在日を優先にしないと差別だなんだと言われそうですが。
日本は「差別」という言葉の使いようで利権がうまれる背景があるので
好んで使う人が大勢いるという事実を忘れてはなりません。

Posted by ちょびまめ at 2010年12月14日 15:37

>ちょびまめさん。

>差別なんていい始めたら何でも差別になります。それは受けての感受性の問題にも左右されるので、実に曖昧です。

そうなんですよね。実に曖昧です。
この曖昧な「差別」という言葉に、日本人はなんて弱いのでしょうか。
「あなた、差別してます!」って指摘されると、たとえそれが「差別」かどうか定かでなくても思考停止してしまうのです。

>初めから屈折した視点で論議をするから、婚姻で氏名が変わるのが差別だとか、ジェンダーフリーだとか、わけのわからない論議に飛ぶのです。

その通りだと思います。
なぜ、名前が変わることが「差別」なのか…。
夫側が名前を妻の名前にすることが法律では認められているのに、数が少ないからっていうだけで「女性差別」って、意味が分かりません。

ジェンンダーフリー教育の実態、知った時には驚きましたよ…。
こんな教育、我々の子供の頃にはなかったはず。
ここ10〜15年くらいのことなんですね。ちょうどゆとり教育が始まった頃と重なるように思います。
とんでもない教育をしているんですよ…!
男女差を完全になくし、何でも平等にすることがいいっていう感覚なのです。信じられません。。。

>アメリカは有事の際の救助の順番が決まっているのです。
>1、アメリカ人 2、アメリカの市民権がある者 3、英・豪などの主に白人国 4、その他です。

へぇ〜〜〜そうなんですか。はっきりしていますね。
じゃ、市民権を持たない白人じゃない えいと@夫妻は最後に救助されるってことですね。(笑)
これを日本でしようものなら…ものすごいブーイングが起こりそうですね。命に国籍や人種が関係するのか!…とか何とか。


>日本は「差別」という言葉の使いようで利権がうまれる背景があるので、好んで使う人が大勢いるという事実を忘れてはなりません。

そうなんですよね…。
日本には「差別」を利用して利権を得ている団体がたくさん存在します。
ところで、民主党政府はこういうこと ↓ を始めるそうですよ…!

「アイヌの人々 初の全国調査へ
政府は、全国に暮らすアイヌの人々への生活支援策を盛り込んだ新しい法律の制定を見据えて、北海道以外に暮らす人々を対象にした。
生活状況や民族意識に関する初めての全国規模での聞き取り調査を行うことになりました。
アイヌの人々を巡っては、北海道や国が道内の人々に対して生活面などの支援を行っていますが、北海道以外のほかの都府県に暮らす人々については、支援が届いていないことが課題となっています。
こうしたなか政府は、北海道以外に暮らすアイヌの人々にも支援を行うためには、実情を把握することが必要だとして、初めての全国規模での聞き取り調査を行うことになりました。
学歴や職業、それに年収といった生活状況のほか、 アイヌ民族としての誇りをどのように感じているかや、アイヌ民族であることで差別されたかどうかなど、民族意識に関する調査も行われる予定です。」
http://www.nhk.or.jp/news/html/20101211/t10015792701000.html

何で今頃…?って思いませんか?
アイヌの方々って、もう日本に同化して暮らしている人がほとんどでしょう?
アイヌ民族としての誇りを持って暮らすことはいいと思うけど、
わざわざ探し出して支援しましょうって、こんなこと必要なのでしょうか?
日本人自身はアイヌに対し差別意識など持ってないのに、わざわざ「差別」を作り出そうとしているとしか思えないんですね。

「差別」がなくなると困る団体が存在するんですね。
それを利用する人たちがいるってこと、そのために日本の多額の税金が使われているんだってことを国民は知るべきです。
「差別」に振り回されないようにしないといけないんじゃないかって思いますねぇ。

Posted by えいと@ at 2010年12月15日 03:40
区別と差別

えいとさんのおっしゃるとおりですね

日本人への帰化は 簡単にするべきではないですよね

長い歴史の中で 日本人が築き上げてきたものが

なにか 簡単に壊れていきそうに感じてきます

Posted by はちきんイジー at 2010年12月15日 13:28

>はちきんイジーさん。

差別と区別ははっきりしておいた方がいいと思いますね〜。
なんでも差別だっていうのはどうかなって思うことが、最近けっこうあるんです。
女性は確かに保護されるべきものであるけれど、
それに甘えて、何でもかんでも差別だから何とかしろ、もっと保護しろ、平等にしろ…っていうのはちょっとおかしいような気がします。
人種差別や部落差別なんかも それと同じではないかなって思うことがありますしね…。

>日本人への帰化は 簡単にするべきではないですよね
>長い歴史の中で 日本人が築き上げてきたものが なにか 簡単に壊れていきそうに感じてきます

そうなんです。それなんですよ。
日本人が長い歴史の中で築き上げて来た大切な物があると思うのです。
外国とは違う、日本独自のものなんですね。
それを大切にしたい…って思うこと、他の国と区別したいって思うことが、
差別だと感じる人がいるのも事実なんでしょうが、
そういう区別は残すべきだと思いますね…。

Posted by えいと@ at 2010年12月17日 04:13
えいとさん!!こんにちわ!!
こちらのサイトもあったのですね。これからは、こちらにも、遊びに来させていただきます!!・

ところで、わたしも、ほかのみなさんがコメントなさっているように、えいとさんの意見に大賛成です!!同じようなことを、記事にしようとおもって、かいていたのですが、支離滅裂になってしまい、、(爆)記事にできませんでした。

確か、イギリスでも、親の代3代つづかないと、首相にはなれないとか、そんな感じだったとおもいます。(たしかじゃなくてすみません)

「差別をなくそう、平等な社会に!…といいながら、


この法案を通すことで日本人が不当に差別されることにつながっていく可能性があるんです。」

これ、、まさに、そうですよ。英国人がこのようなめにあってきたのを、わたしはいっぱいみています。

http://dogma.at.webry.info/200704/article_21.html

この↑ページで、英国女性が日本人に殺された事件で、わたしが、昨日までしらなかったことがのっていました。べつに、在日だから悪と、わたしはいっているのではないのですが、
差別だと騒ぎ立てる方々が、
何から何までほりあげてさわぎたてて、スキャンダルにする、日本のマスコミが、何も取り上げてないことについての、「差別」にたいしては何もいわないのは、なぜでしょうかって思いました。

二重国籍についても、これで、なっとくいきました。

わたしは、イギリスにすんでいて、家族と違う、国籍のほうがいいとよく、だん名に言われて、いつも考えるたびに、なんで、英国のように、二重国籍がみとめられないのだろう、、っておもっていたのですが、悪用されることもあるわけですね。。

英国のように、おとな、、(というかずるがしこい、笑)外交政治のできる国ならまだしも、(でも、それでも英国人は移民に逆差別されてますけど)日本のように、 スパイ天国の国では、国益をまもるどころでは、なくなってしまいます。

「差別をなくす」という言葉に酔いしれてはいけないですねエーー。
Posted by のんちゃん at 2010年12月17日 21:31

>のんちゃんさん。

>確か、イギリスでも、親の代3代つづかないと、首相にはなれないとか、そんな感じだったとおもいます。(たしかじゃなくてすみません)

そうなんですか〜。
そりゃーそうですよね? 選挙に勝ちさえすれば首相や大統領になれるってありえませんよね。
日本の場合は帰化した日本人でも議員にはすぐになれますし、総理大臣にだってなれるんですよね。。。
外国人参政権はこういう理由もあって許してはならないんです。
外国人参政権は被選挙権もふくまれますからね。
つまり選挙に出馬できるってことなんです。

>これ、、まさに、そうですよ。英国人がこのようなめにあってきたのを、わたしはいっぱいみています。

イギリスもですか…。
ドイツやオランダではものすごい問題になってますよね。
初めは移民を受け入れて、移民にも平等な権利を〜ってほのぼのとした雰囲気で始まったのですよね。
欧州って「博愛精神」が大きいですから。
でも、それが裏目に出てしまった…。
「平等」を目指したはずが、いつの間にかもともとの国民が逆差別されることにつながっているんです。

>何から何までほりあげてさわぎたてて、スキャンダルにする、日本のマスコミが、何も取り上げてないことについての、「差別」にたいしては何もいわないのは、なぜでしょうかって思いました。

日本のマスコミはかなり偏ってますよ〜〜〜。
マスコミ業界に中に在日外国人がたくさん入っているんだそうです。
その上、TV局の株を外国資本(中国や韓国)が20%近く占めているんだそうで。
つまり、中国や韓国の都合のいい番組を作っているってことですよ。

報道にしてもそうです。
なぜ実名報道しないのか? 
なぜ、この事件が大きく取り上げられて、この事件に関してはほとんど報道されないのか?
おかしすぎるんです。

>二重国籍についても、これで、なっとくいきました。

納得していただけましたか? うれしいですー。
悲しいことに、日本を取り巻く国の中には「日本を何とかして潰したい」と思っている国があるんですよね。
そういう国の国民が、目的を持って日本の国籍を取る場合があるんです。
二重国籍が認められていない今ですらそうです。
もし、これで二重国籍が認められたら、しかも、今のように帰化の要件がゆるい状況で認められたら…。
恐ろしいと思いませんか…?

先ほども書いたように、日本では国籍さえ持っていれば選挙に出馬でき、当選さえすればすぐに国会議員になれます。
蓮舫氏などそうですよね。
蓮舫氏は帰化してすぐに国会議員になりました。
蓮舫氏がスパイかどうかは知りませんが、スパイが二重国籍を持って、日本の政治を操ることだって十分にありえるんです。
日本は日本を守るために「二重国籍」を認めてはいけないんですね。。。

>英国のように、おとな、、(というかずるがしこい、笑)外交政治のできる国ならまだしも、(でも、それでも英国人は移民に逆差別されてますけど)日本のように、 スパイ天国の国では、国益をまもるどころでは、なくなってしまいます。

そうなんです。
二重国籍が認められている国は、それなりにきちんと区別がされるようなシステムができあがっているはずです。
アメリカもそうですよ。
大統領は帰化したアメリカ人ではなれないし、
職種によっては帰化したアメリカ人でも、友好国でないと就職させてくれない職種があるんです。
けっこうシビアなんですよね。

それに対し、日本はどうでしょう。
何かといえば「差別」って言われ、すぐに法律を緩めてしまっています。
こんな無防備な国はないですよ…マジで。。。

>「差別をなくす」という言葉に酔いしれてはいけないですねエーー。

そうなんですよね〜。
この「差別」を悪用する団体があるんだってこと、その「差別」をなくすことで 新たな「差別」を生み出してしまうことがあるってことを、
よくよく考えないといけないって思います。

Posted by えいと@ at 2010年12月19日 04:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。