2010年11月30日

コロラドの登山鉄道「マニトウ・パイクスピーク・コグ鉄道」


皆さま、こんにちは、えいと@です。


今日もご訪問くださいましてありがとうございます♪ (o^∇^o)ノ


えいと@のコロラド旅行記(旅行じゃないけど)でございますー。

  コロラド旅行記の過去記事はこちら ↓ をご覧くださいね〜♪
    コロラド旅行記 (2010年11月10日〜11月16日)目次


えいと@夫の学会にくっついて行って ちゃっかり観光をしてまいったのでございます。( ´艸`)



さて。


先日はコロラド州のロッキー山脈のひとつ、PIKES PEAK山頂までドライブした記事を書きました。

 関連記事はこちら ↓ をご覧くださいね♪
   コロラド州 PIKES PEAKをドライブ♪
   調子の悪い時には温かいチリスープ♪


先日の記事でも書きましたが、このPIKES PEAK山頂までは 車でドライブ、ハイキングの他に、


マニトウ・パイクスピーク・コグ鉄道という登山鉄道で山頂までいくという方法があります。


今回はその登山鉄道をご紹介いたします♪



マニトウ・パイクスピーク・コグ鉄道が出発する駅がManitou Springsにある山麓駅です。


 a-Cograil10-7.jpg


マニトウスプリングスのダウンタウンから車で5分ほど(徒歩で20分くらい)のところに山麓駅 ↑がありました。


この山麓駅の標高もすでに2000mもあるんです。


マニトウスプリングスそのものが 標高が高い地域なんですねぇ。


そこからグングン標高14110フィート(4300メートル)まで登っていくのであります。


ヨーロッパの鉄道で最も高所に達するのはスイスのユングフラウ鉄道だそうですが、


ユングフラウ鉄道の終点の標高は3454mということなので、


標高4300メートルまで駆け上がるパイクスピーク・コグ鉄道は登山列車としてはすごいんだそうですよ!


この駅から「アプト式ラックレール」でガンガンPIKES PEAKに登っていくのであります。


   a-Cograil10-10.jpg


こちらはパイクスピーク・コグ鉄道の線路 ↑です。


   a-Cograil10-9.jpg 


こしてこちらがコグ ↑です。


コグっていうのは歯車という意味なんですねぇ。


つまり、このパイクスピーク・コグ鉄道は「歯車登山電車」っていうことなんです。


このパイクスピーク・コグ鉄道は、夏のシーズン中は1日8往復、11月以降は1日に1〜2往復になるようです。


雪のシーズンになっても線路上の雪かきが行われ、


天候の状態を見合わせながら、可能な限り電車で登ることができるんだそうですよ。


1月〜4月の間は頂上までではなく12000フィート地点までの運行、または運休されることが多いので要確認です。



えいと@夫妻はPIKES PEAK山頂まで車で登ったわけでありますが、


頂上に到着した時に、運良くパイクスピーク・コグ鉄道の午前の便が山頂に停車しておりました。

a-Cograil10-5.jpg


   真っ赤な登山電車です。


a-Cograil10-1.jpg


a-Cograil10-2.jpg


   a-Cograil10-6.jpg


終点 ↑です。すごい景色ですよね。



えいと@夫妻が頂上に到着して 15分くらいして出発のサイレンが鳴りました。


ものすごい音のサイレンでしたよ。


ま、乗り遅れたらエラいことですもんね。


このパイクスピーク・コグ鉄道の頂上での滞在時間は40〜50分だそうです。


あまり長く滞在すると高山病になってしまうかもしれませんもんね。



さて。


このパイクスピーク・コグ鉄道は、昔は蒸気機関車で押して登っていたそうです。


もちろん、この時代もコグ(歯車)列車です。


   a-Cograil10-11.jpg


こちら ↑ はマニトウのダウンタウンに飾られている2号機です。


 a-Cograil10-12.jpg


こちら ↑ はパイクスピーク・コグ鉄道の山麓駅に飾られている5号機です。


車両が斜めになっているのがわかりますか?


押して登るために、こういう傾斜になっているんです。


ところで、どこかに保管されていると思うんですが4号機は2004年まで使われていたそうなんですよー!


この5号機 ↑ も動くかもしれませんね。


   A-OLDTRAIN.jpg
    パイクスピーク・コグ鉄道HPより画像をお借りしました


蒸気機関車のコグ鉄道が押し登っている時の様子 ↑です。


情緒があっていい雰囲気ですねぇ〜。


えいと@的には蒸気機関車で登ってみたいです。


でも効率を考えると蒸気機関車よりディーゼルなんでしょうね。残念。。。



コグ鉄道の車窓からの景色もすばらしいそうですよ。


コロラドスプリングス、マニトウスプリングス方面に旅行に行かれる際にはおススメ観光ポイントです!


 
     【インフォーメーション】

 Manitou Pike's Peak Cog Railway

  住所 : 515 Ruxton Ave Manitou Springs, Colorado 80829
  電話 : (719) 685-5401
  HP : http://www.cograilway.com/default.asp


 *夏のシーズン中は予約して行かれる方がいいようです。
 *駐車場あり。
 *グループ割引あり。
 *HP内に割引のクーポンがあります。  




それではまた〜。。。(⌒ー⌒)ノ〜〜〜



  今日も読んで下さってありがとうございました! 
こちらをポチッ☆ ↓ と1回ずつ押して応援していただくと更新の励みになります♪


       banner1.png  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ありがと〜♪ いつも応援ポチ感謝です♪ ☆^∇゜)


この記事へのコメント
これ いいですね

今回山にもいきたいと思ってるんですが

なにしろ 小さいのが3人いるんで

思うように行かず 時間が 過ぎています。

確か子どもたちに
人気のトーマスも走っている 所があるんですよね

コロラド



Posted by はちきんイジー at 2010年11月30日 13:15
アロハ〜!
情緒ですよね〜。
赤い登山電車もいいですが、蒸気機関車って面白そう。
ヨイショ!ヨイショ!って応援したくなる映像です。
終着点の先に何にも無いのが、ちょっと怖い〜。
運転手ミスで通り越したら。。ゾゾゾ〜!
ですが、これまた登山電車の醍醐味ですね。
本当にすばらしい展望です。
ロッキー山脈は、見所いっぱいです。
Posted by モリオリママ at 2010年11月30日 14:01
うわぁ〜、素敵ですね〜。
こんな列車にガタンゴトン揺られながら・・・いいなぁ〜。
実家でね、一日に一度機関車を走らせてるんですよ。
帰省すると、隣の駅まで子供達を乗せるんですが、客席は普通のなんで、それがね、情緒がない(苦笑)。
この列車に乗せてみたいなぁ。
Posted by ree at 2010年12月01日 01:45
えいと@さん、こんにちは!
コロラドはアメリカを横断した時にAspenなんかをちょこっと通った程度なのですが、スキーリゾートが多くて自然の美しい場所ですよね。
ご主人の仕事関係とはいえ、観光ができるのはラッキーですね。
蒸気機関車、風情があっていいですよね。私も一度でいいから 景色のよい場所を鉄道旅行してみたいなぁ。。。
Posted by Ziggy at 2010年12月01日 02:34
人は何故か、高いところに憧れますね。
ワタシもその一人。だって、きしゃぽっぽに
揺られて山頂までいくの最高ですよね。
素敵な眺めで楽しかったでしょう^^
歩くのも、また良いトレーニングになりそう(笑)
Posted by みどり at 2010年12月01日 05:30
えいと@さん、こんにちは。
コロラドですね。あのコグ鉄道懐かしいです。あれで登りましたよ。うまく写真をあしらってますね(感激)。

地元の私としまして、すこしコロラド案内を・・・。
スキーシーズンがやって来ました。そこでちょっとスキーリゾートを紹介します。
Telluride-有名です、夏の季節もいい景色を堪能できます。南西に位置しています。
Crested Butte-ガナスンに有り、ここは寒いです。デンバーとは比較になりません。
Aspen-超有名で、金持ちの別荘、セレブのスキー場です。
Breckenridge/Keystone-ポプラーなスキー場、私の行くところです。
Vail-ここもスキー場でお金持ちの別荘が沢山あります。
温泉はGlenwood Springsが一番有名ですが、その他にも沢山温泉がありますが、日本と比較してはいけません。
日本式の温泉と日本食、そして情緒ある庭園と露天風呂がコロラドに出来ればと思ってます。流行るかどうか、わかりませんが、日本食ブームと日本的温泉感覚が受け入れられれば大自然を背景に新しいコロラドをアピール出来ると思うんですが、どう思いますか?
Posted by 夢見る親父 at 2010年12月01日 13:13
すごいですね〜!
標高4300mまで電車で行けるなんて。
下りは怖そうですね〜。
蒸気機関車が可愛らしいですね。
これで押していたんですね〜。
Posted by コメット at 2010年12月01日 13:16

>はちきんイジーさん。

ちいさいお孫さん3人。
なかなか予定通りいかないの、わかりますー。
いつまでご滞在ですか?
コロラド、楽しんでくださいね。

Posted by えいと@ at 2010年12月01日 14:13

>モリオリママさん。

>赤い登山電車もいいですが、蒸気機関車って面白そう。
>ヨイショ!ヨイショ!って応援したくなる映像です。

ですよね〜〜〜。
蒸気機関車のコグ登山鉄道に乗ってみたいですね!
もう今は無理のようですが…。

>終着点の先に何にも無いのが、ちょっと怖い〜。
>運転手ミスで通り越したら。。ゾゾゾ〜!

そうなんですよー!
ストッパーが山のフチギリギリの所に設置してあったんです!
まさか、運転ミスはないでしょうけど、
怖いですよね〜〜〜。

車で登るももちろん楽しかったですけど、
こうやってこぐ電車でオッチラエッチラと登るのも楽しいでしょうね!

Posted by えいと@ at 2010年12月01日 14:48

>reeさん。

reeさんは登山はイヤだし、車も酔いそうって書かれてたから、
この登山電車はいいと思いますよ!
子供さんも喜ぶでしょうね〜!
コロラドに行かれたらぜひ!

日本のご実家の機関車、座席にもちょっとこだわりがあったらいいのにね〜。
保管が難しいのかもしれないけど、せっかくの機関車なんだしね〜。
もったいないー。

Posted by えいと@ at 2010年12月01日 14:51

>Ziggyさん。

コロラドはスキーする人に取ってはパラダイスでしょうね!
1月にもコロラドで学会があるんですが、
日本からも学者さんが来られる予定です。
で、目的は…学会よりもスキーなんだそうです。(笑)

うちの夫はまだ学生なんですが、学会には積極的に参加しています。
私はそれについて行って、ちゃっかり観光して楽しんじゃってます♪
今年はいろいろ行きました〜。
今年はあと一回12月に学会があり、来年早々にもあるんです。
忙しいですねぇ。(夫が 笑)

列車旅行。
私が乗ってみたいなーって思っているのが、カナダ鉄道 VIAカナディアン号「大陸横断鉄道」バンクーバー⇒トロントなんです。
いつか乗ってみたいです♪

Posted by えいと@ at 2010年12月01日 14:59

>みどりさん。

高い所っていいですよねー。
富士山で新年を迎える…って方が多いそうです。
新年の朝日を富士山で拝もうと思われているのでしょうね。
ステキでしょうね〜〜〜新年の富士山!

この山はハイキングでも登れます。
片道2時間くらいかかるそうですよ。
ただ空気が薄いので、はじめて登山する人は無理かもしれません。

Posted by えいと@ at 2010年12月01日 15:28

>夢見る親父さん。

夢見る親父さんはこのコグ電車で登られたんでしたよね!
まだ雪が多い時期だったんじゃないですか?
そんな時期の電車の旅もステキですね〜。

スキー情報、ありがとうございますー!
夢見る親父さんもスキーをされるんですね。

今回、温泉に行けなかったのが残念でした。
あと1泊余分に泊まってたら行けたかも…ですが。
私が行きたかったのはStrawberry Park Hot Springsです。
Glenwood Hot Springsはけっこう有名なようですね。世界一大きな温水プールがあるとか。
一回行ってみたい気がします。

>日本式の温泉と日本食、そして情緒ある庭園と露天風呂がコロラドに出来ればと思ってます。流行るかどうか、わかりませんが、日本食ブームと日本的温泉感覚が受け入れられれば大自然を背景に新しいコロラドをアピール出来ると思うんですが、どう思いますか?

構想としてはステキだと思います。
温泉地に日本食レストランっていうのはすばらしい!
でも、日本式の露天風呂はどうでしょうね…?
アメリカ人って裸のお付き合いって…ないでしょう?
温泉=水着着用ですもんね。
それを覆すのは至難の業かも…。感覚の問題ですから。
私的には、アメリカに日本式の露天風呂があったらムチャクチャうれしいですけどね〜。

Posted by えいと@ at 2010年12月01日 15:39

>コメットさん。

4300メートルの頂上まで電車で行けるってすごいですよね!
景色もステキでしょうし。
私たちは車で登ったんですが、こういう電車で登るのも情緒があっていいですね〜。

昔の登山電車、蒸気機関車のはいいですね〜〜〜。
今も、時々運行したらいいのに…って思います。

Posted by えいと@ at 2010年12月01日 15:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。